Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内
◆ダグラス(Douglas)DC-1旅客輸送機
写真(上)1934-1939年前半、アメリカ、飛行場の舗装滑走路に並んだトランス・ワールド航空 (Trans World Airlines: TWA)のダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(NC-C223Y)[中央]とTWAのロゴを機首に描いたダグラスDC-1輸送機試作機(中央)と両脇のDC−2旅客輸送機4機
(左右):
Image from an Album (AL-77) belonging to Charles Rector SOURCE INSTITUTION: San Diego Air and Space Museum Archive Date 27 June 2014, 10:38:06 Source https://www.flickr.com/photos/sdasmarchives/14519942282/ Author San Diego Air & Space Museum Archives Flickr sets Charles Rector Album Collection (AL-77)
写真は, SDASM Archives AL77B-006 引用。


1.ダグラス(Douglas)DC-1 輸送機

写真(右)1934年、アメリカ西岸、カリフォルニア州ロサンゼルス市北15km、グレンデール(Glendale)、グランド・セントラル・エアポート(Grand Central Airport)(グレンデール・エアターミナル(GCAT))、トランス・ワールド航空 (Trans World Airlines: TWA)ダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(NC-C223Y)無塗装のダグラス(Douglas)DC-1輸送機(登録コード:NC-223Y):TWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air)(後のトランスワールド)航空に引き渡される前の完成時の撮影と思われる。
Douglas : DC-2 Manufacturer: Douglas Designation: DC-2.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065449用。


写真(右)1934年後半、アメリカ西岸、カリフォルニア州ロサンゼルス市北15km、グレンデール(Glendale)、グランド・セントラル・エアポート(Grand Central Airport)(グレンデール・エアターミナル(GCAT))、トランス・ワールド航空 (Trans World Airlines: TWA)ダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(NC-C223Y):ダグラス(Douglas)DC-1試作機は、DC-2 輸送機の原型となった。実際にはDC-1は試作1機のみだが、アメリカ、イギリス、フランス、スペインと持ち主が変わった。
Douglas, DC-1 Title: Douglas, DC-1 Corporation Name: Douglas Aircraft Designation: DC-1 Tags: Douglas, DC-1 Additional Information: USA, Prototype developed into the DC-2 & 3.
写真は, SDASM Archives  San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065447引用。

写真(右)1934年後半、アメリカ西岸、カリフォルニア州ロサンゼルス市北15km、グレンデール(Glendale)、グランド・セントラル・エアポート(Grand Central Airport)(グレンデール・エアターミナル(GCAT))、飛行場管制塔近くに待機するトランス・ワールド航空 (Trans World Airlines: TWA)ダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(NC-C223Y):ダグラス(Douglas)DC-1試作機は、DC-2 輸送機の原型となった。実際にはDC-1は試作1機のみだが、アメリカ、イギリス、フランス、スペインと持ち主が変わった。現在でもこのターミナルビルは歴史遺産として保存されている。
Douglas : DC-1 Catalog #: 00065454 Manufacturer: Douglas Designation: DC-1 Official Nickname: Notes: Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真は, SDASM Archives  San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065454引用。

グランド・セントラル・ターミナルGrand Central Terminal)とは、グランド・セントラル・エアポート(Grand Central Airport)のターミナルで、カリフォルニア州ロサンゼルス市郊外、北15kmに位置するグレンデール(Glendale)にあるグレンデール・エアターミナル(Grand Central Air Terminal:GCAT)のことである。1920年代に開設され、管制塔や空港ビルが設けられたのは1928年である。

写真(右)1928年末−1929年、アメリカ西岸、カリフォルニア州ロサンゼルス市北15km、グレンデール(Glendale)、グランド・セントラル・エアターミナル(Grand Central Air Terminal: GCAT))、ターミナルビル、足場が掛けられた建設中の航空管制塔。手前の飛行機は、ボーイング80(Boeing Model 80A)で機首側面に翼のはえたBOEING(縦書)のロゴ(1930年代)が描かれている。:ボーイング80機首のエンジンは、プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)R-1690 ホーネット(Hornet)空冷星形9気筒エンジン386 kW(520hp)。
GCAT During Construction, Ca. Late 1920s (Source: Site Visitor)
The terminal building (which was not complete when the airfield was rededicated) was a masterpiece of Art Deco design, constructed under the guidance of the architect and engineer Henry L. Gogerty (1894-1990). His firm was cited on the architectural drawings, below. Avobe is an image of the terminal building before it was completed in the late 1920s. The airplane is a Boeing trimotor Model 80, NC224M (not a Register airplane)..
写真は, the Register of the Grand Central Air Terminal, Glendale, CA 引用。


ボーイング80(Boeing Model 80A)は、1928年7月27日初飛行、乗員: 3人、乗客: 18人、全長: 17,20 m、全幅: 24,40 m、最大離昇陸重量: 7.930 kg、プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)R-1690 ホーネット(Hornet)空冷星形9気筒エンジン520hp(排気量27.7L)3基搭載、巡航速力: 201 km/h、最高速力: 222 km/h、上昇限度: 4.270 m、航続距離: 740 km。

写真(右)1929年、アメリカ西岸、カリフォルニア州ロサンゼルス市北15km、グレンデール(Glendale)、グランド・セントラル・エアターミナル(Grand Central Air Terminal: GCAT))、飛行場全景の航空写真:中央斜めに4,200フィート(1280メートル)舗装滑走路(ランウェイ)、左に舗装誘導路(タキシング・ウェイ)と飛行場ターミナルビルが見える。 Aerial View, Grand Central Air Terminal, 1929 (Source: Koontz)
Stepping back from the engineering details, below, courtesy of G.B. Koontz, is an aerial photograph from 1929. The view is to the southeast and shows the site before full development of the aviation infrastructure surrounding the terminal and runways. Note the absence of the tower on the terminal, which is located left, center. Compare the terminal building in this aerial with the second one down at the link taken in 1930. The tower is constructed and operational on the terminal building..
写真は, the Grand Central Air Terminal, Glendale, CA 引用。


写真(右)1933年8月16日頃、アメリカ西岸、カリフォルニア州ロサンゼルス市北15km、グレンデール(Glendale)、グランド・セントラル・エアポート(Grand Central Airport)(グレンデール・エアターミナル(GCAT))、舗装滑走路上に待機するトランス・ワールド航空 (Trans World Airlines: TWA)所属のダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(NC-C223Y):当初は、固定式尾輪に流線型カバーを装着していた。
Douglas DC-1
Catalog #: 00065457
Title: Douglas DC-1
Collection: Miles Blaine Collection
Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives  San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065457引用。


 ダグラス(Douglas)DC-1輸送機は、ボーイング(Boeing)247輸送機と同じく、低翼、単葉、金属製の機体構造、膠着装置の聞き込み式構造、密閉式ガラス風防コックピットなど、当時の軍用機、戦闘機が複葉、羽布張り、固定脚、開放式コックピットだったのとは対照的に、革新的な設計だった。

ダグラス(Douglas)DC-2輸送機に発展するDC-1 輸送機の試作機だが、機首の2個の照明灯、機首の貨物室、客室キャビンの形状、主翼形状、尾翼計上、膠着装置の構造などは、DC-2は原型DC-1とは同一であり、DC-1の改良型がDC-2輸送機であった。

ダグラスDouglas)社は新型機DC-1の売り込みのために、DC-1/DC-2輸送の実機を使ったデモンストレーション飛行を行った。

このようなDC-1のような金属製の斬新な巨体が軽々と飛翔する様子は格好の宣伝材料になったといえる。また、ダグラスDC-1輸送機は、アメリカ大陸横断飛行も実施し、13時間5分の記録を作った。この時の経験が、この後に登場するダグラス寝台機DST、すなわちダグラスDC-3輸送機の原型につながった。

写真(右)1933年8月16日、アメリカ西岸、カリフォルニア州ロサンゼルス市北15km、グレンデール(Glendale)、グランド・セントラル・エアターミナル(Grand Central Air Terminal: GCAT))とトランスワールド(TWA)航空ダグラスDC-1輸送機(NC-C223Y)右側面:完成時のDC-1は、固定式尾輪に流線型の整形カバーを装着していた。
English: The new Douglas DC-1 dropped in unannounced at Grand Central Air Terminal, Glendale, California on August 16, 1933 Dansk: Den nye Douglas DC-1 kom på uanmeldt besøg i Grand Central Air Terminal, Glendale, Californien den 16. august 1933 Date 16 August 1933 Source Grand Central Air Terminal Glendale Author Glendale Public Library.
写真はWikimedia Commons, Category:Grand Central Air Terminal File:Douglas DC-1 at Grand Central Air Terminal 1933.jpg引用。


アメリカ西岸、カリフォルニア州ロサンゼルス市北15km、グレンデール(Glendale)、グランド・セントラル・エアターミナル(Grand Central Air Terminal: GCAT))は、1923年に 112エーカー(acre)すなわち0.45 km2の敷地に地方空港として開設された。飛行機滑走路は、幅100フィート(30 m)で、長さ3,800フィート(1,200 m)のコンクリート舗装である。

写真(右)1936年、アメリカ西岸、カリフォルニア州ロサンゼルス市北15km、グレンデール(Glendale)、グランド・セントラル・エアターミナル(Grand Central Air Terminal: GCAT))とフォードトライモーター輸送機:。Photographic copy of reproduced photograph dated 1936. Exterior view, south elevation. Air show in progress - Grand Central Air Terminal, 1310 Air Way, Glendale, Los Angeles County, CA Title Photographic copy of reproduced photograph dated 1936. Exterior view, south elevation. Air show in progress - Grand Central Air Terminal, 1310 Air Way, Glendale, Los Angeles County, CA Depicted place California; Los Angeles County; Glendale Dimensions 4 x 5 in. Current location Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540 USA http://hdl.loc.gov/loc.pnp/pp.print Accession number HABS CAL,19-GLEND,2-47.
写真はWikimedia Commons, Category:Grand Central Air Terminal File:Photographic copy of reproduced photograph dated 1936. Exterior view, south elevation. Air show in progress - Grand Central Air Terminal, 1310 Air Way, Glendale, Los Angeles HABS CAL,19-GLEND,2-47.tif引用。


グランドセントラルエアターミナル "Grand Central Air Terminal"と命名され空港は、すぐに新たな所有者の手によって、 175エーカー(0.71 km2)に拡張された。ターミナルの管制塔が建設されたのは、1929年2月22日で、設計はヘンリー・ジョージ(Henry L. Gogerty)の手になる。内装は古典的な鉄道ターミナル駅と似ている。カリフォルニアの文化を意識して、スペイン・コロニアル復古調(Spanish Colonial Revival)のジグザク模様を取り入れた アールデコ(Art Deco)様式である。GCATは、ロサンゼルスの主要空港となり、アメリカ西岸で初めての舗装滑走路の完備した空港になった。


着色絵葉書(上)1930年代、アメリカ西岸、カリフォルニア州ロサンゼルス市北15km、グレンデール(Glendale)、グランド・セントラル・エアターミナル(Grand Central Air Terminal: GCAT))とフォードトライモーター輸送機(NC8413)
:English: Exterior view of the Administration Building at the Grand Central Airport in Glendale. A Ford 5-AT-C Tri-Motor of Maddux Air Lines, registered NC-8413, is in front of the building. Historical Background: The City of Glendale, situated at the eastern end of the San Fernando Valley and bisected by the Verdugo Mountains, is considered a suburb of the Greater Los Angeles Area. Incorporated in 1906, Glendale was originally part of Rancho San Rafael, founded by Don Jose Maria Verdugo who settled in the area in 1784. The Grand Central Airport Terminal was designed by Henry L. Gogerty in 1928 blending the Spanish Colonial Revival style with Art Deco influences. The Airport first began its service between Los Angeles and New York, and it played a vital role as the premier airport in Southern California. The building represents the simple concept of early airport terminal design, and it is listed on the Glendale Register of Historic Resources. Date circa 1930 Source Werner von Boltenstern Postcard Collection.
写真はWikimedia Commons, Category:Grand Central Air Terminal File:Administration Building, Grand Central Airport, Glendale, Calif (post 00219).jpg引用。


ロサンゼルス郊外、グランド・セントラル・エアターミナルGrand Central Air Terminal: GCAT)は、1997年から、ウォルト・デズニー社(The Walt Disney Company)のグランド・セントラル・クリエイティブ・キャンパス(Grand Central Creative Campus :GC3)となっている。滑走路は、3,800フィート、1,200 mの1本で、今は大通りとして機能している。ターミナルビルは、2017年3月にグランド・セントラル・ターミナルGrand Central Terminal)歴史遺産(National Register of Historic Places)に登録されている。

写真(右)2000年代、アメリカ西岸、カリフォルニア州ロサンゼルス市北15km、グレンデール(Glendale)、グランド・セントラル・エアターミナル(Grand Central Air Terminal: GCAT))、復旧された管制塔:翼と天使の像がタワーの周囲には、1925年パリ万国装飾美術博覧会から1930年代に一世を風靡したアールデコ(Art Déco)様式の彫刻があり、豪華さと高級感を演出している。Restored GCAT Tower Because of structural issues (stairway not restored), it was not possible for me to climb into the tower to photograph the view out. Below, a wider view of just the tower. Three of the Deco-themed, winged pilots can be seen in this view. Notice the Art Deco accents on the building exterior.
GCAT has a glamorous and enrolling history. It became an official airport entity as Glendale Municipal Airport on March 17, 1923. It was given a name change of Grand Central Air Terminal and rededicated February 22, 1929. The beautiful terminal building (see below) was under construction, about half-way completed, at the time of the 1929 dedication. It was one of 143 landing fields in the state of California at the time. The small filler article from Aeronautics magazine, December, 1929, right, provides background. For 30 years GCAT hosted scheduled air transport companies, record setters, local industries, famous aircraft and famous people in and out of aviation. A good resource, which includes many period photographs, including the terminal building under construction, is John Underwood's informative book, cited in the left sidebar. Please note, while GCAT was an airfield from 1923 to 1959 (see below), the dates you see in the banner above are the dates that the known REGISTER was kept at the field.
写真は, the Grand Central Air Terminal, Glendale, CA 引用。


1925年パリ開催の現代産業装飾芸術国際博覧会はアール・デコ博覧会として有名になった。アール・デコは、1920-30年代に芸術・建築にあって、第一次世界大戦の後輩から復活したフランス芸術を代表する様式となった。アール・デコは、繊細で複雑なアール・ヌーヴォーとは対照的に、幾何学的な力強さが示され、工芸的的作品として、商品・衣装・建築にも取り入れられ、モダニズムと都市文化の結合によって、新しい産業芸術に繋がり、アメリカ、ヨーロッパとその植民地に広がった。


写真(上)2000年代、アメリカ西岸、カリフォルニア州ロサンゼルス市北15km、グレンデール(Glendale)、グランド・セントラル・エアターミナル(Grand Central Air Terminal: GCAT))
:トランス・ワールド航空 (Trans World Airlines: TWA)のダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(NC-C223Y)の基地となった。
In 1921, local businessman Leslie Brand decided to promote the idea of “air-mindedness” to the citizens of Glendale so he hosted a party at his home. But there was a catch: he locked the gates to his estate, preventing anyone from driving up. The only way to get into the party was to FLY in! The party was a hit, luring the best pilots and a host of Hollywood stars. It prompted Glendale to consider building a public airfield. The Glendale Municipal Airport officially opened on March 17, 1923, and was commemorated with an air rodeo. Kinner Airplane and Motor Corporation was one of the first companies to move in at the new airfield. Kinner was known as a company that built affordable and reliable airplanes. One of their early customers was a young Amelia Ear.
写真は, Grand Central Air Terminal 引用。


グランド・セントラル・ターミナルGrand Central Terminal)とは、1913年にアメリカ、ニューヨーク市マンハッタン区に開業した鉄道のターミナル駅であるが、これと同じ名称をTWAは、ニューヨーク市の飛行場に使用した。このグランド・セントラル・ターミナルGrand Central Terminal)とは、年開業のTWAフライトセンター(TWA Flight Center:Trans World Flight Center)で、ニューヨーク市のJFK(John F. Kennedy)国際空港の飛行場、ホテル、商業施設などの複合施設である。


写真(上)2000年代、アメリカ西岸、カリフォルニア州ロサンゼルス市北15km、グレンデール(Glendale)、グランド・セントラル・エアターミナル(Grand Central Air Terminal: GCAT))
:トランス・ワールド航空 (Trans World Airlines: TWA)のダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(NC-C223Y)の基地となった。
Commercial aviation was just beginning to gain popularity in the early 1930s and no airline was more audacious than Transcontinental Air Transport (TAT). The company hired famed pilot Charles Lindbergh as an executive and promised 48 hour coast-to-coast service using a scheme of trains and planes to cross the country. Actress Mary Pickford christened the TAT Ford Tri-Motor in July 1929 at Grand Central Air Terminal using a bottle of grape juice instead of champagne due to Prohibition. The event marked the beginning of transcontinental air service between New York and Los Angeles (Glendale).
写真は, Grand Central Air Terminal 引用。


トランス・ワールド航空 (Trans World Airlines: TWA)は、アメリカ東のニューヨークと西のロスアンゼルスを結ぶ大陸横断航路を1930年代に開設したが、この時から東西に同じグランド・セントラル・ターミナルGrand Central Terminal)と名付けた飛行場があったのである。

写真(右)1942年、太平洋戦争勃発直後、アメリカ西岸、カリフォルニア州ロサンゼルス市北15km、グレンデール(Glendale)、偽装用の迷彩塗装を施されたグランド・セントラル・エアポート(Grand Central Airport)(グレンデール・エアターミナル(GCAT))空港管制塔:整備士の服装をした兵士と女性補助員が管制塔の周りに集まっている。戦時中は、アメリカ陸軍航空隊の基地として活用された。
Photographic copy of reproduced photograph dated 1942. Exterior view, west elevation. Building camouflaged during World War II. - Grand Central Air Terminal, 1310 Air Way, Glendale, Los Angeles County, CA Depicted place California; Los Angeles County; Glendale Dimensions 4 x 5 in. Current location Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540 USA http://hdl.loc.gov/loc.pnp/pp.print Accession number HABS CAL,19-GLEND,2-48.
写真は, SDASM Archives  San Diego Air and Space Museum Archive File:Photographic copy of reproduced photograph dated 1942. Exterior view, west elevation. Building camouflaged during World War II. - Grand Central Air Terminal, 1310 Air Way, HABS CAL,19-GLEND,2-48.tif引用。


写真(右)1933-1939年前半、アメリカ西岸、カリフォルニア州ロサンゼルス市北15km、グレンデール(Glendale)、グランド・セントラル・エアポート(Grand Central Airport)(グレンデール・エアターミナル(GCAT))、トランス・ワールド航空 (Trans World Airlines: TWA)ダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(NC-C223Y):ダグラス(Douglas)DC-1試作機は、DC-2 輸送機の原型となった。実際にはDC-1とDC-2は同一機体の改造型といってよかった。
Douglas, DC-1 Title: Douglas, DC-1 Corporation Name: Douglas Aircraft Designation: DC-1 Tags: Douglas, DC-1 Additional Information: USA, Prototype developed into the DC-2 & 3.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 01_00091384引用。


ダグラスDouglas)DC-1は、ライト(Wright)R-1820-F3 サイクロン(Cyclone)を2基装備して、1933年7月1日に初飛行を成功させた。そして、その後の試験飛行や改修作業が行われたが、当時の世界の航空会社の主力旅客輸送機は、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3mトライモーター三発輸送機、ロッキード(Lockheed)モデル 10 エレクトラ (Electra)双発輸送機などアメリカ製が多かった。そこで、ダグラス社も世界の航空会社に対するDC-1/DC-2輸送機を喧伝し、売り込みを図った。イタリアのフィアット(Fiat)G. 18 Vの開発にも影響を与えたと考えられる。

写真(右)1939-1940年、アメリカTWA(Trans World Airline)航空のロゴを描いたダグラス(Douglas)DC-1 輸送機の機首:スイス航空の保管していた写真だが、アメリカ西岸、カリフォルニア州ロサンゼルス市北15km、グレンデール(Glendale)、グランド・セントラル・エアポート(Grand Central Airport)(グレンデール・エアターミナル(GCAT))の空港管制塔を消去して写真に修正を加えている。機首側面にTWA(Transcontinental & Western Air)のロゴが記入されている。左主翼下面に登録コード:NC-223Yが、右主翼にTWA(Transcontinental & Western Air)も文字が記入されているようだ。
Douglas : DC-1 Manufacturer: Douglas Designation: DC-1 Official Nickname: Notes: Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真は, SDASM Archives Catalog #: 00065463 引用。


写真(右)1933-1934年10月以前、トランス・ワールド航空 (Trans World Airlines: TWA)のダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(登録コード:NC 223Y) "City of Los Angeles"の機首貨物収納庫への貨物搭載作業(機首左側面):ダグラス(Douglas)DC-1は輸送機として採用された。DC-1機首には貨物室があったが、ここに荷物を収納するためには、機首に届く階段を据える必要があった。
Description English: Douglas DC-1 "City of Los Angeles" of TWA (aircraft registration NC 223Y). Français : Un des Douglas de la lignetranscontinentale reçoit son chargement de messageries accélérées. Date circa 1934 Source L'Illustration, volume 92, issue 4785, page 393, 1934-11-17 Author Anonymous.
写真は, SDASM Archives  San Diego Air and Space Museum Archive File:Douglas DC-1 NC 223Y.jpg引用。


ダグラスDouglas)DC-1輸送機は全金属製、低翼の旅客機で1933年7月1日に試作機が初飛行した。ダグラス(Douglas)DC-1は、引込み式脚の降着装置で、ライト(Wright)R-1820-F3 サイクロン(Cyclone)空冷星形9気筒星型エンジン690 hp (510 kW)2基装備、12座席の旅客機で生産機数は1機のみである。

写真(右)1934-1938年、アメリカ西岸、カリフォルニア州ロサンゼルス市北15km、グレンデール(Glendale)、グランド・セントラル・エアポート(Grand Central Airport)(グレンデール・エアターミナル(GCAT))、、TWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air)(後のトランスワールド)航空の飛行機格納庫前、舗装滑走路に待機するTWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air)のダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(EC-AGN):ダグラス(Douglas)DC-1試作機は、1936年に、ハワードヒューズの所有になるTWAに売却され、1938年にはイギリスに再転売された。その後、イベリア航空に移籍されている。
Douglas : DC-1 Catalog #: 00065463 Manufacturer: Douglas Designation: DC-1 Official Nickname: Notes: Repository: San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives  San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065463引用。


登録コードNC-223Yの1機しか試作されなかったダグラス(Douglas)DC-1輸送機だが、TWAで新鋭旅客機として短期間使用されたのに、イギリス、さらにスペインのリベリア航空で民間輸送機として使用された実績を持っている。

写真(右)1938-1939年、スペイン、TWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air)(後のトランスワールド)航空の飛行機格納庫前、舗装滑走路に待機するTWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air)のダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(EC-AGN):機首側面にはないが、胴体後部側面にTWAのロゴが記入されている。垂直尾翼上部に登録コードNC-223Yが記載されている。
Douglas : DC-1 Catalog #: 00065463 Manufacturer: Douglas Designation: DC-1 Official Nickname: Notes: Repository: San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives  San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065452引用。


写真(右)1934-1939年前半、トランス・ワールド航空 (Trans World Airlines: TWA)のダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(NC-C223Y)(後上方から撮影):左右主翼上面には登録コード(NC-223Y)もTWA(Transcontinental & Western Air)の文字も何も記入されていないる。
Douglas DC-1 SDASM CATALOG #: Blaine_00263 Title: Douglas DC-1 Collection: Miles Blaine Collection Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives  San Diego Air and Space Museum Archive SDASM CATALOG #: Blaine_00263引用。


DC-2ライト(Wright)R-1820-F3 サイクロン(Cyclone)は、1931年から実用化されたエンジンである。その後、カーチス・ライトは、ライト(Wright)R-1820-F3 サイクロン(Cyclone)空冷星形9気筒エンジンを複列して18気筒化し排気量を2倍の3350立方インチの大型エンジンの開発を始めた。これがライト R-3350 サイクロン 18(Wright R-3350 Cyclone)である。

写真(右)1933-1940年、アメリカ、TWA航空のダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(NC-C223Y)(後上方から撮影):左右主翼上面に登録コード:NC-223YもTWA(Transcontinental & Western Air)の文字が記入されていない、上と同一の写真。
Photographer: Swissair Title: Douglas DC-1 der TWA am Boden in Dübendorf
Caption: Dating: 1933-1940 Physical Description: Photography : nitrate-negative
Colour: black and white Orientation: Horizontal Format: 9 x 12 cm
Categories: Die DC-1 bei den ersten Testflügen 1933. Sie hatte noch schmale Vorflügel zwischen Motoren und Rumpf, die aber bald entfernt wurden, da sie keine Vorteile brachten. 1936 kam die DC-1 in den Besitz von Howard Hughes (Hauptaktionär der TWA), der sie 1938 nach England verkaufte. Via Bürgerkrieg in Spanien kam sie 1939 zur Iberia, wo sie im Dezember 1940 beim Start in Malaga verunglückte,
写真は, ETH-Zürich Record Name LBS_SR02-10643 引用。


ダグラスDouglas)DC-1 輸送機は1機のみ製造された。当初、エンジンと胴体の間にまだ狭いスラットがあったが、これは撤去された。

写真(右)1934-1939年前半、トランス・ワールド航空 (Trans World Airlines: TWA)のダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(NC-C223Y):右主翼上面に登録コード(NC-223Y)が、左主翼上面にTWA(Transcontinental & Western Air)の文字が記入されている。ダグラス(Douglas)DC-1試作機は、DC-2 輸送機の原型となった。実際にはDC-1とDC-2は同一機体の改造型といってよかった。
Douglas DC-1 CATALOG #: Blaine_00263 Title: Douglas DC-1 Collection: Miles Blaine Collection Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives  San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065481引用。


写真(右)1939-1940年、アメリカTWA(Trans World Airline)航空のロゴを描いたダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(登録コード:NC-223Y):雨の後、水たまりのある舗装滑走路に到着した旅客機から乗客が降機している。乗客はスーツ、ハットの紳士で、婦人は見えない。左主翼上面にTWA(Transcontinental & Western Air)も文字が記入されている。
Douglas : DC-1 Manufacturer: Douglas Designation: DC-1 Official Nickname: Notes: Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真は, SDASM Archives Catalog #: 00065482 引用。


アメリカのトランス・ワールド航空(TWA)は、エンジン出力の向上、搭乗客数の2席増員の注文を付けて、ダグラスDouglas)DC-1/DC-2を20機発注した。このTWA仕様DC-1改修型がDC-2と、新しい名称で新型機として登場したのである。

写真(右)1934-1940年、アメリカTWA(Trans World Airline)航空所属のダグラス(Douglas)DC-1 輸送機の客室キャビン(12座席):DC-2(14座席)とほとんど同じ仕様である。
Photographer: Swissair Title: Kabine einer Douglas DC-1
Caption: Dating: 1933-1940 Physical Description: Photography : nitrate-negative
Colour: black and white Orientation: Vertical Format: 9 x 12 cm
Categories: Douglas DC-1, Product photography, Propeller-driven aircraft, Cabin, Swissair, Swissair Archive, Trans World Airline (TWA)
写真は, ETH-Zürich Record Name LBS_SR02-10641 引用。


ダグラスDouglas)DC-1 輸送機は1933年7月1日の初飛行で、性能は上々でDC(ダグラスコマーシャル)航空機の最初の成功作だった。テスト飛行後、DC-1は12人の乗客を輸送できる双発輸送機としてTWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air)(後のトランスワールド)航空が採用した。

しかし、TWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air)(後のトランスワールド)航空が採用は、ダグラスDouglas)DC-1を14人の乗客増員することを要求し、20機を発注した。これが、新たにDC-2と命名された輸送機となる。

写真(右)1934年、アメリカ、TWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air)(後のトランスワールド)航空のダグラス(Douglas)DC-1輸送機(登録コード:NC-223Y)の客室キャビン:モデルや社内重役が座席に座っているようで、宣伝用の写真撮影だが、実際の機内客室キャビンの要するよくわかる。残念ながら、1930年代の日本の民間航空輸送の客室キャビンの様子は、写真など記録がほとんどないようだ。
Douglas : DC-2 Manufacturer: Douglas Designation: DC-2.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065453用。


TWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air)(後のTWAトランスワールド)航空のダグラス(Douglas)DC-1輸送機(登録コード:NC-223Y)の客室キャビンは、中央通路、座席上の手荷物収納ネット(軽量化のためネットが使用されている)、座席上の通風孔、窓ガラスの遮光カーテンが配備されている。最後尾には、パーサーが乗客に新聞や雑誌を配布しているようだ。

写真(右)1934年、アメリカ、地面から見上げたTWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air)(後のTWAトランスワールド)航空のダグラス(Douglas)DC-1輸送機(登録コード:NC-223Y):垂直尾翼上部に登録コードNC-223Yが、胴体前側面に宣伝文が記載されている。左主翼下面に登録コード:NC-223Yが記入されている。
Douglas : DC-2 Manufacturer: Douglas Designation: DC-2.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065456用。


トランスコンチネンタル・アンド・ウエスタン・エアー(Transcontinental & Western Air)は、アメリカ東部のニューヨークと西部のロスアンゼルスを結ぶ大陸横断航路を開設した航空業界である。この大陸横断航路は、途中、セントルイス(St. Louis),、カンザスシティー(Kansas City)などを経由するもので、フォードトライモーター(Ford Trimotor)が担っていた。そして、トランスコンチネンタル・アンド・ウエスタン・エアー(Transcontinental & Western Air)は、アメリカン航空(American)、ユーナイテッド航空(United)、イースタン航空(Eastern)と並んでアメリカの四大航空会社"Big Four" だった。11932年に、TWAは、低翼単葉の全金属製最新ダグラス DC-1輸送機を就役させ、その量産型DC-2、その大型化DC-3を導入して、本格的なアメリカ大陸横断航路に就役させ、その航空路線網をアメリカ全土に広げていった。

写真(右)1934年、アメリカ、舗装滑走路上のTWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air)(後のTWAトランスワールド)航空のダグラス(Douglas)DC-1輸送機(登録コード:NC-223Y):機首側面と胴体後部側面にTWAのロゴが記入されている。左主翼下面に登録コード(NC-223Y)が記入されている。
Douglas : DC-2 Manufacturer: Douglas Designation: DC-2.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065449用。


1939年に、トランスコンチネンタル・アンド・ウエスタン・エアー(Trans World Airlines)は、大富豪の実業家で飛行家でもあるハワード・ヒューズ(Howard Hughes)に買収されたが、第二次世界大戦が勃発し、1941年12月にアメリがも参戦すると、アメリカ民間航空は飛行機と搭乗員をアメリカ軍に徴用されたために、民間航空は弱体化し、民間航路も衰退してしまった。しかし、1945年に第二次世界大戦に勝利したアメリカは、戦後の好況と、ヨーロッパ民間航空が戦争の痛手によって衰退したために、世界の航空業界を席巻するようになる。

1950年、フラッグキャリアのパンアメリカン航空が独占していた国際線航路への参入が認められると、トランス・ワールド・エアーTrans World Airlines)は、大西洋航路、中東航路、アジア航路を拡張し、世界一周航路の形成へと航路を拡大していった。そして、1950年代末から、ジェット旅客機ボーイング707を導入し、世界一周路線の確立によって、パンアメリカン航空と並ぶアメリカのナショナルフラッグとみなされるようになった。他方、健康状態が悪化したヒューズは1966年に保有するTWA株の多くを売却し、TWAの経営権を手放し、新経営方針は収益性の低い路線を手放したために、TWAは、世界一周路線から撤退したのである。

写真(右)1934年、アメリカ、飛行するTWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air:後のトランスワールド)航空が採用したダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(登録コード:NC-223Y):飛行中なので、主翼形状と下面の様子がよくわかる。左主翼下面に登録コード:NC-223Yが、右主翼にTWA(Transcontinental & Western Air)も文字が記入されている。
Douglas : DC-2 Manufacturer: Douglas Designation: DC-2.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065492用。


ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)のTWA株の譲渡によって。経営方針が堅実なものとなったTWAは、1967年にホテルチェーンのヒルトン・インターナショナルを買収し、宿泊観光業への多角化を志向した。しかし、1980年代になるヨーロッパ航空業界の伸長の下、航空業・路線認可・路線価格の自由化が競争激化を招いたために、TWAの業績は悪化した。そして、TWAは、2001年にアメリカン航空に吸収合併され消滅した。

写真(右)1934年、アメリカ、カリフォルニア上空(?)、飛行するTWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air:後のTWAトランスワールド)航空が採用したダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(登録コード:NC-223Y):飛行中なので、主翼形状と下面の様子がよくわかる。右主翼上面に登録コードNC-223Yが、左主翼上面にTWA(Transcontinental & Western Air)も文字が記入されている。
Douglas : DC-2 Manufacturer: Douglas Designation: DC-2.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065455用。


TWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air)航空のダグラス(Douglas)DC-1輸送機は、左主翼上面にTWA(Transcontinental & Western Air)の文字が、右主翼上面に登録コード(NC-223Y)が記入されている。他方、DC-1の左主翼下面には登録コード(NC-223Y)が、右主翼下面にTWAの文字が記入されている。

写真(右)1938-1939年、スペイン、未舗装駐機場のイベリア航空(Iberia Airlines)ダグラス(Douglas)DC-1 輸送機(EC-AGN):ダグラス(Douglas)DC-1試作機は、1936年に、ハワードヒューズの所有になるTWAに売却され、1938年にはイギリスに再転売された。その後、イベリア航空に移籍されている。
Description EC-AGN Date 23 June 2004, 14:05:57 Source Flickr: DC- 1 Author Iberia Airlines.
写真は, SDASM Archives  San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 01_00091384引用。


イギリスでは、乗員2人、乗客14人のダグラス(Douglas)DC-1輸送機機を短期間使用したことがある。このDC-2は、民間機の登録コードX223Y、製造番号c/n 1137で、1933年7月1日に初飛行した機体である。完成後、まずアメリカの民間航空TWAで、そしてその富豪ハワード・ヒューズの個人機としてアメリカにあったが、1938年5月に、イギリスのフォーブズ卿に売却された。このフォーブズ卿の個人機のダグラス(Douglas)DC-1輸送機は、1938年7月29日、民間登録コードG-AFIFとして、イギリス、ロンドン南部、クロイドン(Croydon)を基地とした。しかし、1938年9月にはフランスに売却され、すぐにスペインのスペイン航空便ライナーのEC-AGIの登録コードを得た。そして、1940年にイベリア航空に移転し、ダグラス(Douglas)DC-1「ネグロン」登録コードEC-AAEとなった。この機体は、1940年12月に1940年12月にスペイン南部マラガで事故を起こし破棄された。


2.ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機の登場

写真(右)1934年、アメリカ、完成したばかりの無塗装のダグラス(Douglas)DC-2 輸送機:空港ビルの上からの撮影なので、上面の様子がよくわかる。
Douglas : DC-2 Manufacturer: Douglas Designation: DC-2.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065473用。


ダグラスDouglasDC-2輸送機は、DC-1の改良型で1934年5月11日に初飛行し、その直後の5月18日にTWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air)(後のトランスワールド)航空に採用された。そして、KLMオランダ航空とパンアメリカン航空(Pan American Airways)が採用を決めた。軍用仕様のC-39輸送機35機も含めて、1934年から1939年にかけて198機が生産された。

写真(右)1934年、アメリカ、完成したばかりのダグラス(Douglas)DC-2 輸送機:飛行中の機体で、主翼にはDOUGLASと会社名とDC-2と機種名を記載している。
Douglas : DC-2 Manufacturer: Douglas Designation: DC-2.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065488用。


ダグラスDouglas)社が開発したDC-1は、ジェームス・キンデルバーガー、ジャック・ノースロップが設計した引き込み脚、全金属製、低翼の新技術を取り入れた双発輸送機で1933年6月1日に試作1号機のDC-1が初飛行した。発動機は、ライト・サイクロン空冷星形9気筒エンジン690hp2基で可変ピッチ金属プロペラを装備した乗客12座席の旅客輸送機であった

TWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air)航空は、1928年に設立で、当時は世界周遊はできない状況であり、「アメリカ大陸横断航路」を開設を企図して大西洋横断飛行を達成したチャールズ・リンドバーグを顧問に迎えるなど、顧客開拓や営業面にも重視していた。

TWAトランスコンチネンタル・エアー・トランスポート(Transcontinental & Western Air)航空は、1932年に、全金属製の低翼、引き込み脚のダグラスDC-1を採用した。その後もTWAは、引き続きダグラス(Douglas)DC-2とDC-3を導入し、アメリカ東部のオハイオ州コロンバス(Columbus)=ピッツバーグ=ニューアーク航路、アメリカ大陸横断路航路を開設した。

写真(右)1939年6月、アメリカ、カリフォルニア州、サンフランシスコ空港(San Francisco International Airport)、 TWAトランスコンチネンタル航空のダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:N1934D)
Description DC-2twaSF Date June 1939
Source DC-2twaSF Author Bill Larkins
写真は, Wikimedia Commons, Author John Murphy File:DC-2twaSF (4422982706).jpg引用。


アメリカの航空会社トランス・ワールド航空 (Trans World Airlines: TWA) は、DC-1に満足したが、エンジン出力向上、機体延長による2座席増の14座席の確保を要求し、この仕様で20機を発注した。そこで、ダグラスDouglas)社はDC-1を原型に若干の改修を施し、これを新鋭機ダグラス(Douglas)DC-2と命名して、生産した。

したがって、DC-2輸送機も、全金属製、低翼、引込み式脚の降着装置の旅客輸送機であり、胴体が延長され、発動機も同じライト・サイクロン Wright R-1820-F52 サイクロン(Cyclone) 710 hp (652 kW)搭載で、1934年5月11日に試作機が初飛行した。フィアット(Fiat)G. 18 Vは、その1年後の初飛行で、エンジン出力は向上されている。

ダグラス(Douglas DC-2)の性能
最高速力Maximum speed: 210 mph (340 km/h, 180 kn) at 8,000 ft (2,400 m)
巡行速力Cruise speed: 190 mph (310 km/h, 170 kn) at 8,000 ft (2,400 m)
航続距離Range: 1,000 mi (1,600 km, 870 nmi)
実用上昇限度Service ceiling: 22,450 ft (6,840 m)
上昇率Rate of climb: 1,000 ft/min (5.1 m/s)
翼面荷重Wing loading: 19.8 lb/sq ft (97 kg/m2)
出力重量比Power/mass: 0.082 hp/lb (0.135 kW/kg)

⇒写真集Album:ダグラス(Douglas)DC-2輸送機を見る。



3.軍用仕様ダグラス(Douglas)C-39輸送機

アメリカ陸軍航空隊のダグラス(Douglas)C-39軍用輸送機は、35機が生産されただけだったが、DC-2とDC-3のハイブリッド型輸送機であり、C-47軍用輸送機の先行生産型といえる。

写真(右)1939-1942年頃、アメリカ、未舗装滑走路で待機しているアメリカ陸軍航空隊C-39軍用輸送機:ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機の軍用仕様。日差しが強いので主翼の下の日陰で搭乗員たちが待機しているのか。後方には、飛行格納庫やその他の施設が見えている。
Douglas : C-39 : Manufacturer: Douglas Designation: C-39
Source The last flying Douglas DC-2
写真は,SDASM Archives, San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00012890引用。


アメリカ陸軍航空隊が採用したダグラス(Douglas)C-39軍用輸送機は、DC-2民間輸送機よりも悪条件での戦場での使用が想定されていたために、降着装置の強度をより高めて、堅固なものとし、さらに貨物室の内装を簡易化する一方で、強度を向上している。

民間旅客機DC-2は機首に照明灯2個を装備し、夜間着陸や夜間の運用の便を図っていた。しかし、DC-2軍用仕様のC-39輸送機は、照明灯を撤去している。その理由は、
1)敵から発見されやすいため、
2)量産性向上のため、
という2つの理由である。

⇒写真集Album:アメリカ陸軍C-39輸送機を見る。


4.胴体拡張型ダグラス(Douglas)DC-3輸送機

写真(右)1937-1948年4月、スイス、チューリッヒ郊外、デュードルフ空港の空港ビルから眺めたスイス航空(Swissair)のデハビランド(De Havilland)ドラゴン(Dragon)DH-89(登録コード:HB-APA)輸送機、DC-3輸送機(機体コード:226, 登録コード:HB-IRI) と奥のもう1機のダグラスDC-3輸送機(機体コード:216, 登録コード:HB-IRA)(最奥左):原典(誤)「DC-2 115-B, HB-ITA」⇒正「DC-3-216, HB-IRA」手前のフェンスのうち側では見送りや見物の人々が集まり、右には登場する乗客が待機している。ただし、右のDC-3の昇降口には乗客がすでに集まっている。
Zuschauerterrasse und die Douglas DC-2 115-B, HB-ITA, Douglas DC-3-216, HB-IRI und De Havilland Dragon DH-89, HB-APA auf dem Flugplatz Dübendorf
Photographer Swissair Dating 1937-1948
Caption Die Fracht ist vom Camion in die HB-IRO umgeladen worden
Physical Description Fotografie : Nitratnegativ Format 6 x 6 cm Colour schwarz/weiss
Orientation Square Categories Douglas DC-2 115-B, HB-ITA, Reportage photography, Dübendorf, Douglas DC-3-216, HB-IRA, Aerodrome Dübendorf, de Havilland Dragon Rapide D.H. 89A, HB-APA
写真は, ETH-Zürich LBS_SR01-01065引用。


2機のDC-3輸送機(機体コード:216, 登録コード:HB-IRA)と(機体コード:216, 登録コード:HB-IRA)は、1937年6月にスイス航空が1機当たり52万7000スイス・フランで新規購入した機体である。前者・後者ともに、1955年3月にアメリカのオザーク航空(Ozark Air Lines)売却された。オザーク航空は1986年10月にTWAに買収され、TWAは2001年にアメリカン航空に合併された。

デハビランドDH.89 デハビランド(De Havilland)ドラゴン(Dragon)ラピードDH-89複葉機は、1934年4月17日に初飛行した木製・複葉羽布張り主翼・固定脚という堅実な設計だった。全長10.5 m、全幅14.6 m、全高3.1 m、主翼面積32 m²、空虚重量1,460 kg、全備重量2,490 kgで、発動機製自社のデハビランド(De Havilland)ジプシークイン(Gipsy Queen)空冷6気筒エンジン205 hp (153 kW)2基を搭載し、乗客8名、最高速力253 km/h、航続距離920 kmだった。

wikipediaでは「ドラゴン・ラピードは主に近距離旅客機として運用され、戦時中は軍事用として運用された。またイギリスで1930年代に開発されたほかの航空機よりも操縦性に優れていたため、最も商業的成功を収めた機体であった。」と説明しているが、デハビランド(De Havilland)ドラゴン(Dragon)DH-89複葉機は、民間旅客機としては200機程度の生産で、その後、第二次世界大戦中はイギリス空軍にデハビランド・ドミニエ機上練習機として制式され、500機が生産された。つまり、民間旅客機と練習機と合計でデハビランドDH-89複葉機は、727機が量産され、1946年の生産終了後も堅牢な構造を生かして、長期間、世界中で活躍し続けた。

写真(右)1946年4月16日、スイス、チューリッヒ郊外、デュードルフ空港の空港ビルから眺めたスイス航空(Swissair)ダグラス(Douglas)DC-3輸送機(登録コード:HB-IRB)、DC-3輸送機(機体コード:227A, 登録コード:HB-IRO) と奥のダグラスDC-2(機体コード:115-B, 登録コード:HB-ITO)(最奥)とダグラス:DC-2もDC-3ともに10年間もスイス航空に就航しているベテランである。
Douglas DC-3-227A, HB-IRO und Douglas DC-3D, HB-IRB sowie Douglas DC-2 115-B, HB-ITEPhotographer
Photographer Swissair Dating 25.4.1946
Caption Die Fracht ist vom Camion in die HB-IRO umgeladen worden
Physical Description Fotografie : Nitratnegativ Format 6 x 6 cm Colour schwarz/weiss
Orientation Quadrat Categories ◾Sachkatalog > Verkehrsmittel > Luftverkehr > Flugzeugtyp nach Hersteller > Douglas > Douglas DC-2 115-B, HB-ITE
写真は, ETH-Zürich LBS_SR01-03075 引用。


ダグラスDSTDouglas Sleeper Transport)は、寝台14名分を二段ベットとして2列14寝台を配置した。DSTは、アメリカン航空で1936年6月25日に就航した。そして、DSTの寝台を乗客座席に変更したのがDC-3輸送機で、座席配置は3列7行21座席を確保することができた。DC-3輸送機もアメリカン航空によって採用され1936年9月に就航した。こうして、DC-3は、1941年末の太平洋戦争勃発までに、アメリカのTWA、ユナイテッド航空、イースタン航空、デルタ航空、スイス航空、KLMオランダ航空、日本航空輸送から採用された。

⇒写真集Album:ダグラス(Douglas)DC-3輸送機を見る。


5.DC-2の手本ボーイング(Boeing)247輸送機

写真(右)1934年10月、マックロバートソン飛行レースに出場したボーイング(Boeing)247 D 輸送機レースナンバー5番(左)とイギリスのデハビランド(de Havilland)DH.88 コメット(Comet):1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)飛行レースのマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に尾翼のレース参加番号5番で出場した。イギリスのデハビランド(de Havilland)DH.88 コメット(Comet)双発レーサー専用機(G-ACSS)で1934年9月8日初飛行したがレーサー専用機であって、商業機でも量産機でもない。、垂直尾翼には、翼のついたボーイングのロゴとレースナンバー5番が記入されている。また、製造番号c/rのNR257Yも記入されている。
Charles M. Daniels Collection Photo Title: Charles M. Daniels Collection Photo Aircraft/Subject: Boeing 247D Daniels Album Name: Roscoe Turner IV Album Page #: 7 Notes From Album: Roscoe Turner's Boeing 247D, NR257Y.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 15_001173引用。


1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)マックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に参加したボーイング(Boeing)247 D 輸送機レースナンバー5番(製造番号c/r:NR257Y)は、アメリカからイギリスまで大西洋を海路横断するときに、すでに垂直尾翼にレース参加番号5番、翼のついたボーイングのロゴ、登録コードc/r:NR257Yが記入されている。

ボーイング(Boeing)247 D 輸送機(製造番号c/r NR257Y)は、1934年10月のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)、飛行距離1万1,300マイル(1万8,200 km)、賞金1万5,000ポンド、に出場した。この機体は、長距離飛行用に量産型に8個の燃料タンクを増設したもので、レースナンバー5番をもらっている。

ボーイング(Boeing)247輸送機は、全金属構造、引き込み脚の降着装置、低翼の最新技術を実用化した高速輸送機で1933年2月8日に初飛行した。当時は、金属骨格に木製あるいは羽布張、複葉、固定脚の飛行機が多かったことを思うと、民間旅客輸送機で、このような最新技術を実用化したのは、驚異的だった。

写真(右)1933-1939年頃、アメリカ、ボーイング(Boeing)247 輸送機の客室キャビン:宣伝用の撮影であろうが、乗客1名ずつに日除けカーテン付きのガラス窓が設けられている。座席には、ひじ掛けがついている。キャビンは狭いので、上部天井に荷物棚はないが、上部に小型荷物用のネット、側面に帽子掛けはついている。短時間、少人数の乗客のであっても、一流のサービスを好む金持ち用に若い美人女性のホステス(スチュワーデス)がついている。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: On the ground Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives  San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061578引用。


ボーイング(Boeing)247輸送機は,それ以前、アメリカで国産され広く使用されていた1926年6月11日初飛行の肩翼式フォード・トライモータ(Ford Trimotor)三発輸送機の最高速力212 km/hより100 km/hも高速で、航続距離820kmより長距離の1207kmを飛ぶことができた。客室キャビンの座席は、2列5行の10席が確保され、アメリカ大陸飛行も可能だった。

ボーイング(Boeing)247 輸送機の客室キャビンには、乗客1名ずつに日除けカーテン付きのガラス窓が設けられている。座席は、クッションとひじ掛けがあり、座席ベルトも備わっている。上部に小型荷物用のネット、側面に帽子掛けがついている。

⇒写真集Album:ボーイング(Boeing)247輸送機を見る。


6.DC2を手本にしたフィアット(Fiat)G. 18 輸送機


写真(右)1935-1940年頃,イタリア、イタリア航空(Avio Linee Italiane :ALI)所属フィアット(Fiat)G. 18 双発旅客輸送機(I-ETNA)
:フィアット(Fiat)G. 18の空冷星形9気筒エンジンを搭載した初期型は3基製造された。機体の胴体側面には9個のガラス窓が並んでいるが、主翼にも胴体にも国籍記章が描かれていない。降着装置の支柱などの構造は、ダグラスDC-2/DC-3輸送機に酷似している。1935年3月18日初飛行で、生産数9機のみ。
Italiano: Fiat G-18 con marche I-ETNA, numero si serie 3, della ALI Avio Linee Italiane; il velivolo compì il primo volo nel 1935 e rimase distrutto in un incidente di prova presso Milano il 16 novembre 1942 Date 18 September 2007, 18:13:46 Source Own work Author Paolobon140
写真はWikimedia Commons, Category:Fiat G.18 File:Fiat G-18 I-ETNA.jpg引用。


フィアット(Fiat)G. 18旅客輸送機は、ジュゼッペ・ガブリエッリGiuseppe Gabrielli)技師の設計でフィアット A.59空冷星形9気筒エンジン750hpを装備した原型で3機製造された。全金属製低翼機、引込み式降着装置を装備し、ダグラスDC-2に匹敵する斬新なデザインだった。

G.18は1937年2月26日に初飛行したが、発動機の出力が低かったため、換装してフィアットA.80空冷星型14気筒エンジン 1,000 hp(750 kW)(排気量45.72L)2基を搭載した発展型G.16Vが作られた。しかし、初期型G.16は3機、発展型G.16Vも6機が製造されただけだった。

写真(右)フィアット(FIAT) G 18輸送機の三面図:客席9座席左右2列18席分の窓ガラスがついている。飛行機旅行の楽しみは、空からの眺めだった。当時の飛行機の運用高度は、数千メートルなので、街並み、田園、山岳地、海岸など空からの景色は、旅客輸送に重要だった。胴体が箱形なのは、内部構造の余裕と使いやすさのためである。
Fiat G.12, transport. (Regia Aeronautica Photos).
写真は, Alchetron.com ~ Free Social Encyclopedia for the World Alchetron Fiat G.18引用。


アメリカのダグラス(Douglas)DC-2輸送機は、全金属製、引込み脚式降着装置を備え低翼式で、1934年5月11日に初飛行した。1年後、1935年3月11日初飛行のイタリアフィアット(Fiat)G. 18は、アメリカで1年前に開発されたDC-2と前後反対の低翼形状(空力学的には同様の効果がある)、同じ構造の引込み式降着装置と尾翼を備え、スケールも似ている。フィアットG.18は、このダグラスDC-2輸送機の技術を取り込んで開発されたイタリア機であると考えられる。

ダグラス(Douglas)DC-2フィアット(Fiat)G. 18 Vの比較
初飛行 1934年5月11日 1935年3月11日
全長: 19.1 m  18.81 m
全幅: 25.9 m  25.00 m
全高: 4.8 m  5.01 m
主翼面積: 87.3m2  88.3 m2
空虚重量: 5,650 kg  7,200 kg
総重量: 8,420 kg  10,800 kg
発動機:ライトR-1820サイクロン空冷星型9気筒(29.88 L)  フィアットA.80空冷星型18気筒(45.72 L)
出力: 730 hp (540 kW)  1,000 hp(750 kW)
最高速力: 338km/h  400 km/h
実用上昇限度: 6,930 m   8,700 m
航続距離: 1,750 km  1,675 km
乗客座席数: 14人  18人
生産機数: 198機  9機

⇒写真集Album:フィアット(Fiat)G. 18 輸送機を見る。


7.スイス航空のフォッカー(Fokker)F.VII輸送機

写真(右)1935年、イギリス、ロンドン、クロイドン空港、スイス、チューリッヒ郊外、デュードルフ空港に駐機しているスイス航空のフォッカー(Fokker)F.VII a単発輸送機(機体コード CH-157、登録コード HB-LBO)とダグラスDC-2(機体コード:115-B, 登録コード:HB-ITE) (奥):スイス航空の保有するフォッカーF,VIIは1機のみ。空港ビルの上から撮影した。
Fokker F.VII a, CH-157 (HB-LBO) und Douglas DC-2 115-B, HB-ITE am Boden in Dübendorf Photographer Swissair Dating ca. 1935 Caption Douglas DC-2 115-B, HB-ITE, Reportage photography, Dübendorf, Aerodrome Dübendorf, Fokker F.VII a, CH-157 (HB-LBO), Physical Description Fotografie : Nitratnegativ Square Format: 6 x 6 cm Colour schwarz/weiss Orientation Querformat Categories ◾Reportagefotografien ◾Sachkatalog > Verkehrsmittel > Luftverkehr > Flugzeugtyp nach Hersteller > Douglas > Douglas DC-2 115-B, HB-ITO
写真は, ETH-Zürich Record Name LBS_SR02-10730引用。


1928年6月17−18日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"に同乗したアメリカ人アメリア・イアハート(Amelia Earhart)は、カナダのニューファウンドランド島からイギリスのウェールズまで、大西洋横断無着陸飛行した初めての女性となったが、これはアメリカ人男性リンドバーグの大西洋単独無着陸飛行に続く世界史上に残るアメリカの快挙だった。このような高性能なフォッカーF.VIIb-3mトライモーターを、スイス航空は8機購入し、個別機体名称CH-162、CH-163、CH-164,CH-165,CH-166,CH-190CH-192、CH-193として、1931年から1935年まで使用した。

⇒写真集Album:フォッカー(Fokker)F.VIIb-3mトライモーターを見る。

⇒写真集Album:アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)のフォッカーF.VIIによる大西洋横断飛行を見る。

フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m輸送機の諸元
製造:フォッカー(Fokker), オランダ(NL) ・アムステルダム(Amsterdam)
全幅Span: 21.70m
全長Length: 14.60 m
全高Height: 4.50 m
発動機出力Power:3x 200hp
乗客Passengers: 8-10名
航続距離Range: 800 km

スイス航空は、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m輸送機をCH-162、CH-163、CH-164,CH-165,CH-166,CH-190CH-192、CH-193の合計8機購入し1935年まで使用している。そのほか、スイス航空は、1931-1950年フォッカー(Fokker)F.VIIa単発輸送機(157)、1931年ドルニエ・メルクール単発輸送機(171)、1931-1938年BFWメッサーシュミットM-18b(191)単発輸送機、1932-1936年ロッキード9Bオリオン単発輸送機(167)、1934-1936年ジェネラル・アビエーション・クラークGA単発輸送機(CH-169)、1934年カーチスAT-32Cコンドル双発複葉機(170)のような多様な機種を1機ずつ採用した。


8.サヴォイア・マルケッティSM.75三発輸送機

写真(右)1939年頃,イタリア半島南端、タラント=グロッターリエ飛行場(Taranto Grottaglie Airport)未舗装滑走路で待機するイタリア航空(アラリットリオ:Ala Littoria)サヴォイア・マルケッティ(Savoia Marchetti)SM 75輸送機(HA-SMA):後方には、かまぼこ型の飛行機格納庫がある。
Magyar: Olaszország Grottaglie repülőtér, a Malert Savoia - Marchetti SM-75 utasszállító repülőgépe 1939
Date 1939 Source FOTO:Fortepan — ID 39327: Home pagePictureInformation page Author Hídvégi Zoltán.
写真はWikimedia Commons, Category:Savoia-Marchetti SM.75 File:Savoia-Marchetti S.M.75.jpg引用。


サヴォイア・マルケッティSM 73輸送機の後継機が、同じ会社のサヴォイア・マルケッティ(Savoia Marchetti)SM 75輸送機であり、旅客と貨物の双方に利用する民間機として、イタリア航空(アラリットリオ:Ala Littoria)の要望に応えた機体で、設計はアレッサンドロ・マルケッティ技師である。前作のSM 73は、固定脚だったが、後継機SM.75では空気抵抗を減少させ、より高出力のエンジンを搭載して、引込み脚の降着装置を備えた。しかし、基本構造は、SM.73と同じく軽量化を優先し、SM.75でも金属鋼管フレームの骨格に羽布張り、合板の胴体・主翼表面のつくりとした。

サヴォイア・マルケッティ(Savoia Marchetti)SM 75輸送機の発動機は、アルファロメオ 126 RC.34 空冷星型9気筒エンジン559 kW (750 hp)3基で、最高速力363 km/h/高度6,250 m、航続距離1,720 km だった。乗員は4名。客室には乗客25名を収容可能だった。

⇒写真集Album:サボイア・マルケッティ(Savoia Marchetti)SM-75輸送機を見る。


9.東京日日新聞 1936.11.22 「比較にならぬ劣勢」 「情ない」の一語に尽きる我が民間航空陣


写真(右)1934年頃,アメリカ、パンアメリカン航空マーチン M130(Martin model 130)四発旅客飛行艇チャイナ・クリッパー"China Clipper"(NC14716):1945年1月に「チャイナ・クリッパー」China Clipper (NC14716)は、サンフランシスコ郊外に墜落し失われた。全長27.7m、全幅39.7m、、全備重量:23,701 kg、プラット・アンド・ホイットニーPratt & Whitney)R-1830ツインワスプ空冷星形エンジン840馬力4基搭載、最高速力290 km/h、航続距離5150km。
Bilstein_00088 Martin 130 NC14716 Pan American Airlines Image from the Roger Belstein Collection--Please tag these photos so information can be recorded.---Note: This material may be protected by Copyright Law (Title 17 U.S.C.)--Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はSDASM Archives Bilstein_00088 Martin 130 NC14716 Pan American Airlines引用。


最近欧米漫遊から帰朝する人は異口同音に欧米に比しわが国の軍器特に航空機の著しき劣勢を説く、近代的戦争が機械化し立体化して来た今日飛行機の軍事上における重要性は頗る大なるものがあり制空権の獲得は即ち戦いの勝敗を決するとさえいわれる、フランスがドイツやイタリーの感情を無視してまでもロシアと相互援助協定を結んだのは世界無比と称せられるロシア空軍の偉力に頼らんとしたためといわれている、近代的戦闘におけるその重要性の増大が即ち各国をして飛行機の発達と空軍の充実に狂奔せしめる所以である。

然し空軍はその性質上戦端開始後短時間に消耗される、従って間断なくこれを補充する能力、即ち飛行機の新造と操縦士とを養成する能力の大小が即ち各国の空軍勢力の優劣を決めるのである、そこでまず飛行機製造工業の確立が必要であると共に如何に製造設備が充実していてもその設備を平時遊ばせて置く訳にはいかぬから平時間断なく製造される飛行機を消化する方法が考えられねばならない、各国が競って商業航空路の拡張に熱狂しつつあるのは即ち平時において製造される飛行機の消化を考えているからである。

写真(右)1934年,ソ連、ツポレフ(Tupolev)ANT-22 六発飛行艇:ANT-22 (MK-1)は1934年8月8日初飛行、全長24.1 m、全幅51.0 m、翼面積304.5 m2、発動機ミクーリン(Mikulin) M-34R 液令12気筒エンジン820 hp (612 kW)6基搭、空虚重量21,663 kg、全備重量33,560 kg、最高速力233 km/h、航続距離1,350 km、兵装20 mmエリコン機関銃2丁、7.62mm ShKAS機関銃4丁、爆弾6000kg。
Catalog #: 00068825 Manufacturer: Martin Designation: 130 Official Nickname: Clipper Notes: 27 December 2010 (original upload date) Source Transferred from ru.wikipedia to Commons. Author .The original uploader was Капитан Немо at Russian Wikipedia. Permission (Reusing this file) PD-OLD-70; PD-OLD-70/Алгоритм решения проблемы.
写真は,Category:Tupolev ANT-22 File:Tupolev ANT-22.jpg引用。


最近欧米各国は競って民間航空を国防上の観点から見ようとしている、即ち民間航空を国防の一部門として兵力量の一斑としての考慮を払いつつある、民間航空は即ち空軍第二陣であるから世界各国はその第二陣の発達を促すために必死の拡張戦を演じ殊に最近その触手は極東に向けられつつある。

即ち最近汎アメリカ会社のチャイナ・クリッパー機によって処女航空路が開拓されたニューヨーク、香港間の定期郵便飛行をはじめ英国は本国と各植民地間の連絡のためロンドンより南阿ケープタウン線をシンガポールまで延長し、更にこれを香港、上海まで延長して完全に本国と東亜との連絡を完成せんとしている、フランスはパリ、サイゴン線をハノイまで延長し、更にこれを広東を経て上海に延長の計画をもっている、ドイツはベルリン−アテネ線をサイゴン−広東−上海に延長し、更にこれを東京まで延長の計画を持ちオランダはアムステルダムよりジャワ島のスラバヤに至る極東線を付近の蘭領諸島(インドネシア)を経てマニラに延長する線の経営に著手し、ソヴィエトはモスクワ浦塩(ウラジオストーク)幹線から北平への支線を出し、またアラスカのノームまで延長してアメリカと連結せんとし、また浦塩より日本への延長をさえ望んでいる。

写真(右)1934年,ソ連、チェトヴェリコフ MDR-6(Chyetverikov MDR-6)飛行艇:チェトヴェリコフ MDR-6は1937年7月初飛行、乗員:3名 搭乗者数:3名、全長:15.73 m (51 ft 7.25 in)、全幅:19.4 m (63 ft 7.75 in)、全高: 翼面積:52.3 m2 (562.97 ft2)、空虚重量:4,100 kg (9,039 lb)、全備重量:7,200 kg (15,873 lb) エンジン:2 × シュベツォフ M-63 星型エンジン、821 kW (1,100 hp)、最高速力:360 km/h (224 mph)、巡航速力:220 km/h (137 mph)、航続距離:2,650 km (1,647 miles)、 12.7 mm UBT機関銃1丁、7.62mm ShKAS機関銃1丁、爆弾 1,000 kg (2,205 lb)。
Description Русский: Самолет Че-2 (МДР-6). English: Chyetverikov Che-2 (MDR-6) plane. Date 20 June 2015 Author Unknown author
写真は,Category:Chyetverikov MDR-6 File:Mdr-6 (Che-2) plane.jpg引用。


東京日日新聞 1936.11.22 (昭和11)
かくの如く今や欧米列強の空の触手はすべて東亜に向って集中し、日本はこれ等の航空路によって四面より包囲される体形である、これに対してわが民間航空は情ないほど貧弱である、今各国が経営しつつある定期航空路の総延長及び飛行場の数を示すと(一九三六年五月現在)

世界の定期航空路の総延長及び飛行場の数(1936年5月現在)
       航空路     飛行場
イギリス  7万3419km 395か所
ドイツ   5万6km    231か所
フランス  4万9069km 112か所
イタリリア 1万5561km  67か所
ソヴィエト 4万8982km
アメリカ 10万2290km 2334か所
日本     5840km    20か所

右の表は空軍の第二陣であり補充母体であるわが民間航空の現状が世界の重要国に比し如何に劣勢の状態にあるかを示している、しかも、各国の飛行機製造会社はそれぞれ優秀なる機体或はエンジンの特許権を有しその海外輸出を行っているが、わが国の飛行機会社はこれ等の優秀機を高価に買入れて研究し模倣するか或は特許を買って製造するという情ない有様である、世界に対してこれが日本産の優秀機なりとして外国へ輸出し得るようなものは未だない

写真(右)1935年7月,フランス、ラテコエール 521(Latécoère 521)六発旅客飛行艇:初飛行は1935年1月10日で、大西洋横断旅客飛行艇として登場した大型機で、発動機6基を搭載、内側2基は串形タンデム式の搭載のために、一見すると四発機に見える。1機のみしか生産されていない。全長31.62 m、全幅49.31 m、翼面積330 m2、全備重量:37,933 kg、最高速力247 km/h、航続距離3,900 km。
English: Late 521 photo from L'Aerophile July 1935 Date 1 July 1935 Author L'Aerophile magazine
写真は,Category:Latécoère 521 File:Late 521 photo L'Aerophile July 1935.jpg引用。


民間航空の発達は優秀にして廉価な飛行機を大量に作り料金を安くして誰でも手軽に乗れるようにしなければならない、米国や英国では四、五千ドルで優秀な軽飛行機が買えるという、最近航空国策が叫ばれ政府も航空事業の発達に対して稍力を入れるようになり一千万円の研究費を投じて航空機検査所、航空機試験所等を新設することとなり、他面内地、台湾線をシンガポールまで延長し更に台北−香港−ハノイ−バンコック線を新設してヨーロッパからの三定期空路と握手せんとする計画をもっているがこれが十年計画だというから情ない、わが内地−台湾空路に使用している十四人乗の優秀機だがこれはアメリカから買入れたものだ、アメリカの太平洋空路に就航するチャイナ・クリッパーは乗組七名、乗客四十三名の寝台設備を有しフランスの誇りラテコール五二一型機は客席七十を有する豪華さである。

図(右)1936年3月,フランス、ラテコエール 521(Latécoère 521)六発旅客飛行艇の三面図と内部構造図:ラテコエール 521は最大乗客数72名、下層デッキにサロンとしてテーブル席20名分、客席はバスルーム付きツインルームと22席、上層デッキに客席18名分、さらに機関士室があった。フランス航空の長距離輸送機として、1939年5月から7月の間にフランス=ニューヨーク間を4回の往復している。
English: Latécoère 521 detail drawing from NACA-AC-202 Date 1 March 1936 Author NACA Aircraft Circular
写真は,Category:Latécoère 521 File:Latécoère 521 detail NACA-AC-202.png引用。


こんな優秀機をわが国産機として見出し得るのは果していつの日か? 各国はこういう大旅客機を競争的に建造しつつあるが他面機体と別にガソリン発動機に対しディゼル航空発動機の研究競争が行われドイツの如き旅客機は勿論軍用機にもすでにディゼル発動機が装置されて実用化している、フランスにおいてはディゼルエンジンによる一万キロ無著陸飛行機完成に対して政府は一千万フランの懸賞を賭けて奨励している、然るに日本においては漸く最近ディゼル航空発動機を買入れて研究を始めたという万事に立遅れの状態である。

これ等の情報を耳にするとしみじみ日本の航空界の劣勢が痛感される、日本の科学者の頭脳が彼等に劣る結果だとは考えたくない、一九三五年度において、民間航空事業に対してドイツは一億三千三百万円、フランスは四千万円の補助奨励金を支出しているがわが国は僅かに五百万円前後にすぎない、この国家の力の入方の相違が発達の差の原因をなしている、この全面的立遅れを取戻すためには科学者の動員と政府の熱意と民間の協力が可欠の要件である
東京日日新聞 1936.11.22 (昭和11)引用終わり。


Martin M-130 (1935)
The Martin M-130 was a commercial flying boat designed and built in 1935 by the Glenn L. Martin Company in Baltimore, Maryland, for Pan American Airways.

マーチン M-130(Martin model 130)四発旅客飛行艇は、1934年12月30日に初飛行しサンフランシスコ、ハワイ諸島ホノルル、ミッドウェー島、ウェーク島、グアムを経由してアメリカ植民地フィリピンのマニラとの航路を開拓したが3機しか生産されていない。マーチン M-130「チャイナ・クリッパー」China Clipper (NC14716)、「ハワイ・クリッパー」(NC14714)、「フィリピン・クリッパー」Philippine Clipper (NC14715)があった。


10.満州日日新聞 1937.3.26(昭和12)「目覚ましき躍進列国の航空工業技術戦」

写真(右)エジプト(?)、エジプト航空デハビラント(De Havilland)DH 84 ドラゴン(Dragon)複葉輸送機(SU-ABJ:製造番号C/n 6051):乗客:8名、全長10.5 m、全幅14.6 m、高さ3.1 m、翼面積32 m²、空虚重量1,460 kg、全備重量2,490 kg、発動機ジプシークイン エンジン 200 hp(150 kW)2基、最高速力253 km/h、航続距離920 km、上昇限界5,090 m。1938年6月製造のようだが、第二次大戦後もしばらく使用されている。
Hilda Jarmuth Collection Photo Catalog:Array - Title:Array - Filename:Hilda Jarmuth Collection Photo_00013.TIF - Image from the Hilda Jarmuth Personal Papers. Little is known about Hilda Jarmuth, an early aviatrix who was born on November 22, 1900. She may have been a member of the Ninety-Nines Club, which was founded on November 2, 1929, for the mutual support and advancement of women pilots. She was married to Charles F. Jarmuth in Cook County, Illinois, on June 12, 1923. She was widowed in 1927 when Charles drowned while attempting to rescue her from an undertow. Around 1949, she remarried to his first cousin, Louis T. Jarmuth. While little more is known about her other than she traveled extensively, she passed away in Los Angeles, CA, on July 1, 1976.--Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はSDASM Archives PictionID:40983859 - 引用。


飛行機は科学の尖端を行く最新兵器である。これを製造する技術の優劣は、飛行機の性能を左右するものであるから、列強は競って航空技術の進歩に努力している。元来航空工業は、重工業中機械工業の部門に属し、就中航空用発動機製作は、精密工業に属すべきものであるが、その円満なる発達のためには単に航空工業の進展を期すれば可なりというものではなく、その関聯するところ甚だ広汎にして、重工業全般特に材料を供給する金属工業の進展に俟つもの甚だ多いのである。例えば優秀機のパテントを外国から購入し、これを模作することが出来るとしても、材料そのものに欠陥があれば、同一の性能は勿論求め得られないばかりでなく各部の亀裂又は折損を生ずること少くないのである。而して列強の航空工業は、ソ聯邦を除きては、殆ど大戦以来二十有余年の歴史を有しているのであって決して一朝一夕の間に培養されたものではなく、大戦以来今日まで巨額の国費を投入して漸く今日の進運を来したものであることを思えば、航空技術なり、航空工業の躍進を求むることは尋常一様の方法では至難であるといわねばならぬ。最近における列強の技術及航空工業を概術すれば次の如くである。

写真(右)1940年7月25日、イギリス、第25爆撃飛行隊のブリストル(Bristol)ブレニム (Blenheim)Mk.I型爆撃機:初飛行は、1935年4月12日。全幅 17.17 m、全長 12.12m、翼面積 84.0 m2、自重4,441 kg、総重量 6,532 kg 発動機ブリストル(Bristol) マーキュリー (Mercury)空冷星形9気筒エンジン840 hp2基、 最高速力 418 km/h、航続距離 1810 km、乗員3名、兵装 7.7 mm 機関銃2丁、爆弾搭載量454 kg。
English: RAF Fighter Command 1940 Blenheim Mk IFs of No. 25 Squadron at Martlesham Heath, 25 July 1940. The foreground aircraft is equipped with AI Mk III radar. The squadron was used for night fighter operations. Date 25 July 1940 (Second World War)
Author Press Agency photographer Part of Ministry of Information Second World War Press Agency Print HU 104652 Imperial War Museums.
.
写真はWikimedia Commons Category:Bristol Blenheim Mk.I of the Royal Air Force File:Bristol Blenheim - Martlesham - RAF Fighter Command 1940 HU104652.jpg引用。


写真(右)1939年-1944年、イギリス、イギリス空軍第14爆撃飛行隊ショート(Vickers)S.29 スターリング (Wellesley)Mk.I型爆撃機:初飛行は、1935年7月19日、胴体形状は。円筒形の大圏構造を採用した。1936–1938年に177機生産。全幅 22.66 m 、全長11.96 m、翼面積 59m2、空虚重量3,066 kg、総重量5,67kg、発動機 ブリストル(Bristol)ペガサス(Pegasus)空冷星型9気筒エンジン925 hp 排気量28 L (690 kW)1基、最高速力 367 km/h,、航続距離 1,960 km、乗員3名、兵装 7.7 mmビッカース(Vickers)機関銃2丁、爆弾搭載量 2,000 ポンド (910 kg)。
English: AIRCRAFT OF THE ROYAL AIR FORCE 1919-1939 The pilot of a Vickers Wellesley of 14 Squadron, Royal Air Force, is assisted with his harness prior to take off from RAF Amman in Transjordan H(AM) 379 Imperial War Museums Royal Air Force official photographer
写真はWikimedia Commons Category:Vickers Wellesley File:AIRCRAFT OF THE ROYAL AIR FORCE 1919-1939 H(AM)379.jpg引用。


写真(右)1937-1938年、イギリス東部、ケンブリッジ州アップウッド(Upwood)基地、イギリス空軍第52爆撃飛行隊イギリス空軍第218爆撃飛行隊フェアリー バトル (Fairey Battle)Mk.I 爆撃機:初飛行は1936年3月10日、全長: 12.90 m、全幅:16.46 m、翼面積: 39.2m2、空虚重量: 3,015 kg、最大離昇重量: 4,895kg、ロールスロイス(Rolls-Royce)マーリン(Merlin) II V-12 )液令V12気筒1,030 hp (770 kW)1基、最高速力:414 km/h、航続距離:1,600 km、7.7mm機関銃2丁、爆弾搭載量は最大4,000 lb (1,800 kg)、1937-1940年に2,201機量産、乗員 3名。
English: IWM caption : A Fairey Battle Mk.I of 52 Squadron, Royal Air Force, at RAF Upwood. Date between 1937 and 1938 H(AM) 179 the Imperial War Museums. . Author assumed RAF .
写真はWikimedia Commons Category:Fairey Battle File:52 Squadron RAF Fairey Battle at Upwood IWM H(AM) 179.jpg引用。


写真(右)1940年8月、イギリス、田園地帯を低空編隊飛行するイギリス空軍第149爆撃飛行隊ビッカース(Vickers)ウェリントン(Wellington)爆撃機:初飛行は1936年6月15日、全長: 19.68 m、全幅: 25.26 m、翼面積: 、空虚重量: 19,278 kg、最大離昇重量: 29,484 kg、ブリストル(Bristol)ブリストル・ペガサス17 空冷9気筒 1000 hp2基、最高速力:378km/h、航続距離:2,000km、爆弾搭載量は最大 2.041kg。
English: RAF Bomber Command 1940 Vickers Wellington Mk IC bombers of No. 149 Squadron in flight, circa August 1940. Date between 1939 and 1945.
Author Press Agency photographer HU 107812 Imperial War Museums.
写真はWikimedia Commons Category:Handley Page Halifax File:Vickers Wellington - RAF Bomber Command 1940 HU107812.jpg引用。


写真(右)1941年11月21日、イギリス東部、リンカン州ワディントン田園地帯を低空編隊飛行するイギリス空軍第44爆撃飛行隊ハンドレページ (Handley Page)ハンプデン(Hampden)爆撃機:初飛行は1936年7月21日、全長: 17.32 m、全幅:21.08 m、翼面積: 63.9 m2、空虚重量: 5,790 kgkg、最大離昇重量: 10,206 kg、ブリストル(Bristol)ブリストル・ペガサス17 空冷9気筒1,000 hp (750 kW) 2基、最高速力:398 km/h、航続距離:2,770 km、爆弾搭載量は最大4,000 lb (1,800 kg)。
English: Aircraft of the Royal Air Force 1939-1945- Handley Page Hp.52 Hampden and Hereford. Hampden Mark Is, AE257 ‘KM-X’ and AE202 ‘KM-K’, of No. 44 Squadron RAF based at Waddington, Lincolnshire, in flight. Both aircraft were lost on raids over Germany, AE257 on the night of 21/22 October 1941 flying to Bremen, and AE202 over Hamburg on 26/27 July 1942.CH 3478 Imperial War Museums. Air Ministry Second World War Official Collection Subjects Associated people and organisations Royal Air Force, 44 Squadron Associated places Bremen, Bremen, Germany, Hamburg, Hamburg, Germany, Waddington, Lincolnshire, England, UK .
写真はWikimedia Commons Category:Handley Page Halifax File:Vickers Wellington - RAF Bomber Command 1940 HU107812.jpg引用。


英国

航空技術及航空工業は、空軍省内補給研究局において主宰し、統制指導機関として多くの委員会を組織している。工業技術進歩改善のためには科学産業委員会を設け、官民の全研究機関を連繋せしむる制度を採り、航空技術は航空研究委員会において統制し、これが進展を図っている。又空軍における研究機関と審議機関とを完全に分離し、前者は文官を主とし、後者は武官を主とし、各々一流の権威者を集中していることは、制度上の特徴と認むべきである。現在飛行機工場としては、大小を合し三七会社があるが、空軍が利用しているのは、大製造能力を有する一流の一五会社にして、その他は戦時これを利用する程度であろう。発動機工場は一八会社であって、大規模のものは五個に過ぎない。而してこれ等工場の製作能力は年産四〇〇〇−五〇〇〇機といわれている。

写真(右)1939年-1944年、イギリス、イギリス空軍第7爆撃飛行隊ショート(Short)S.29 スターリング (Stirling)Mk.I型爆撃機:初飛行は、1939年5月14日、1945年までに2,371機生産。全幅 30.20 m 、全長26.59 、翼面積 136m2、自重22,498 kg、総重量26,943 kg、発動機ハーキュリーズ Mk.XI空冷星型14気筒1,500hp4基、 最高速力 454 km/h、航続距離 3.755 km 、乗員7名、兵装 7.7 mm M1919機関銃8丁、爆弾搭載量6,350kg。
English: Aircraft of the Royal Air Force 1939-1945- Short S.29 Stirling. Stirling Mark I, N3641 ‘MG-D’, of No. 7 Squadron RAF, running up its engines on the ground at Oakington, Cambridgeshire. Date between 1939 and 1945 CH 3138 Imperial War Museums Royal Air Force official photographer Part of Air Ministry Second World War Official Collection Subjects Associated people and organisations Royal Air Force, 7 Squadron.
写真はWikimedia Commons Category:Short Stirling File:Aircraft of the Royal Air Force 1939-1945- Short S.29 Stirling. CH3138.jpg引用。


写真(右)1943-1944年頃、イギリス、イギリス空軍ハンドレページ(Handley Page)ハリファックス(Halifax)重爆撃機:初飛行は1939年9月24日、全長: 29.59 m、全高: 8.0 m、翼面積: 330.2 m2、空虚重量: 19,278 kg、最大離昇重量: 29,484 kg、ブリストル(Bristol)ハーキュリーズ(Hercules )Mk VI 空冷星形14気筒ロエンジン1204 kW (1615 hp)4基、最高速力:454 km/h、航続距離:爆弾搭載量は最大5897 kg(13,000ポンド)、生産機数6,176機。
English: Halifax Bomber Source Canadian Forces Expired crown copyright. All images made by canadian forces more than 50 years ago.
写真はWikimedia Commons Category:Handley Page Halifax File:Halifax Bomber 7 ExCC.jpg引用。


写真(右)1944年2月10日、イギリス南東部、ロンドン北90キロ、ハンティンドン(Huntingdon)、イギリス空軍第156爆撃飛行隊アブロ(Short)ランカスター (Lancaster)Mk.I型爆撃機:初飛行は、1941年1月9日、1945年までに7,377機生産。全幅 31.09m 、全長21.18m 、翼面積 120m2、自重16,783 kg、総重量28,576 kg、発動機 ロールス・ロイス マーリン XX V型12気筒レシプロエンジン 1,280hp(954 kW)4基、 最高速力 450 km/h、航続距離 4,300 km、乗員7名、兵装 7.62mm ブローニング(Browning)M1919機関銃8丁、爆弾搭載量6,400 kg、生産機数7,377機。
English: Royal Air Force 1939-1945- Bomber Command King George VI and Queen Elizabeth visited three Pathfinder stations on 10 February 1944. Here they are seen talking to ground crew of No 156 Squadron at Warboys, Huntingdonshire, beneath the imposing bulk of one of the squadron's Lancasters protruding from a T2 hangar. Date 10 February 1944.
CH 12153 Imperial War Museums
Associated people and organisations Elizabeth, Queen, George VI, King, Royal Air Force, 156 Squadron Associated places Warboys, Huntingdonshire, England, UK
写真はWikimedia Commons Category:Avro Lancaster File:Avro Lancaster - RAF Warboys - Royal Air Force 1939-1945- Bomber Command CH12153.jpg引用。



写真(右)1945年2月9日、イギリス南東部、ロンドン北90キロ、ケンブリッジ(Cambridgeshire)、メパール (Mepal)、エンジン整備中のイギリス空軍第75ニュージーランド爆撃飛行隊アブロ(Short)ランカスター (Lancaster)Mk.I型爆撃機
:胴体下面の爆弾倉は長大で爆弾倉扉は開放状態にある。爆弾搭載量は最大6,400 kg、。
Royal Air Force 1939-1945- Bomber Command Mechanics working on the port-outer Merlin engine of a No 75 (New Zealand) Squadron Lancaster at Mepal, Cambridgeshire, 9 February 1945. Date 9 February 1945 Royal Air Force 1939-1945- Bomber Command Mechanics working on the port-outer Merlin engine of a No 75 (New Zealand) Squadron Lancaster at Date 9 February 1945
写真はWikimedia Commons Category:Avro Lancaster File:Avro Lancaster - Mepal - Royal Air Force 1939-1945- Bomber Command CH14681.jpg引用。


仏国

航空省内に、技術及び製造工業全般の指導に任ずる航空製造局があって、技術及び科学研究所、製造部契約部、各地実験所を統轄している。航空技術は、昭和三−七年(一九二八−三二年)間航空省当時の技術局長カッコー氏の広汎なる奨励指導政策に依り、放漫の避難を受けてはいるが、著しく進歩し、特に金属機製作技術の向上には観るべきものがあった。殊にその優秀機試作奨励政策は後年における性能優秀なる軍用機多量生産の根柢をなしたのである。併しながらこれがため大小製作会社が簇出して五〇個以上に達し、これが統制を行うの必要に迫られ、ドナン航空相は、昭和九−一〇年(一九三四−三五年)に八個の群に統合して会社の強化を図ったのであるが、なお充分に目的を達成するに至らず、昨年七月ブルム内閣に依り、軍需工業国営を行うことに依って、初めてこの問題が解決したのであった。


写真(右)1937年、フランス、フランス空軍ブロシュ(Bloch)MB.210 双発爆撃機
:1935年7月初飛行、全長:18.82 m、全幅:22.80m、全高:6.70 m、全備重量:10,190 kg、発動機:ノームローン14N10 空冷14気筒エンジン 950 hp基、最高速力:310 km/h、航続距離:1,300km、爆弾1,600kg、兵装:7.5mm機関銃3丁、乗員5名。生産機数は、1935-19378年に298機。
Polski: Samolot Amiot 143 podczas lotu Date 1 January 1937 Source Narodowe Archiwum Cyfrowe Author Autor nieznany
写真はWikimedia Commons Category:Amiot 143 File:Amiot 143 1.jpg引用。


写真(右)1938年以降、フランス、フランス空軍アミオ(Amiot)350双発爆撃機("Grandpappy" 登録番号:35-277): 1934年から開発が始まり1937年12月6日にイスパノスイザ12Y28エンジンを搭載して初飛行。全幅 22.83 m、全長14.50 m、翼面積 258.4 m2、自重 37,709 lb (17,141 kg)、全備重量 11,285 kg)、発動機 発動機をノームローン 14N38空冷星形14気筒エンジン850 hp(634 kW)2基、最高速力479 km/h、航続距離 2,500 km、乗員4名。20 mm (0.79 in)イスパノ・スイザ(Hispano-Suiza)HS.404機関砲1門、7.5 mm (.295 in) MAC1934機関銃2丁、爆弾 1200kg。生産機数84機。
Amiot 350 Manufacturer: Amiot French medium bomber 2 x Gnome & Rhone 14N/48 1060 Hp each Top speed: 480 Km/h at 4000m Cruise speed: 350 Km/h Range: 2500 Km Crew:4
写真はSDASM Archives Catalog #: 00074864引用。



写真(上)1930年5月1日メーデー、ソ連、モスクワ赤の広場で披露されたソ連ツポレフ(Tupolev)ANT-9大型輸送機
:初飛行は、1929年5月5日。全幅 23.80 m、全長 16.65 m、翼面積 84.0 m2、自重 3,680 kg、離昇重量 5.690 kg、発動機:ライト(Wright)ワールウィンド(Whirlwind)空冷星形9気筒エンジン300 hp (224 kW)3基、最高速力 205 km/h、航続距離 700 km、乗員2名、乗客9名。
Description English: Tupolev ANT-9 photo from Aero Digest May,1930 Date 1 May 1930 Source https://archive.org/details/aerodigest1617unse/page/n147 Author Aero Digest magazine
写真はWikimedia Commons Category:Tupolev ANT-9 File:Tupolev ANT-9 Aero Digest May,1930.jpg引用。


ソ聯

航空工業は重工業省の統轄するところで、航空技術は昭和三年(一九二八年)までは漸く外国製に模倣する程度であったが、第一次五ケ年計画の遂行に依り急速なる進展を遂げ、その製造工場も百数十に達し、更に第二次五年計画の実行過程にあるので、その製造能力は飛躍的進展をなすものと思われる従来航空技術方面に於ては創造的特色に乏しいようであったが、航空技術研究機関として大規模の施設を有する中央飛行科学研究所を設け、世界的に有名なるア・エヌ・トボレフ技師をその長とし多くの優秀技術者を集中して、統一せる研究を行うとともに、高級技術者の養成を企図し、又技術大学を多数設立して技術員の養成に努力しているので、その将来は刮目して睹るべきものがあると思う


写真(上)1930年12月以降、ソ連、ソ連空軍ツポレフ(Tupolev) TB-3(ANT-6)大型爆撃機
:胴体に共産党(CCCP)H-の符号を記入している。ツポレフTB-3重爆撃機は、1930年12月22日に初飛行、1937年までに818機量産された。全幅 39.5m、全長 24.4m、翼面積 84.0 m2、自重 3,680 kg、離昇重量 17,200kg 発動機 :ドイツのB.M.Wを国産化したミクーリン(Mikulin)M-17F液冷12気筒V型 715hp4基、最高速力 197 km/h、航続距離1,350km、乗員8名、兵装 7.62mm機関銃6-8丁、爆弾2,000kg。
Tupolev, TB-3 Manufacturer: Tupolev Designation: TB-3 Notes: USSR Repository: San Diego Air and Space Museum Archive Tags: Tupolev, TB-3, USSR
写真はSDASM Archives Catalog #: 01_00088930引用。


写真(上)1935年以降、ソ連、ソ連空軍ツポレフ(Tupolev) TB-3(ANT-6)大型爆撃機と両翼に懸架されたポリカルポフ(Polikarpov)I-16-5戦闘機(250キロ爆弾2発搭載)の親子飛行機ズヴェノー(Zveno)Z-6:親子飛行機ズヴェノーZ-6は、1935年8月に初飛行。子機ポリカルポフI-16戦闘機は、1933年12月30日初飛行、全幅9m、全長6.13 m、翼面積 14.5 m2、総重量 1,941 kgあったので、ツポレフTB-3重爆撃機(爆弾2,000kg)に2機懸架すると子機の揚力はあるとはいっても、過重量だったはずだ。しかし、1941年の独ソ戦では、ルーマニア爆撃、ドニエプル川架橋爆破に出撃し戦果を挙げたという。
Tupolev, TB-3 Manufacturer: Tupolev Designation: TB-3 Notes: USSR Repository: San Diego Air and Space Museum Archive Tags: Tupolev, TB-3, USSR
写真はSDASM Archives Catalog #: 01_00088935引用。


写真(右)1939年頃、ソ連、ソ連空軍ツポレフ (De Havilland)SB 2M爆撃機:1934年10月7日に初飛行、乗客:8名、全長12,27m、全幅20,33 m、翼面積51,95m²、空虚重量4,768kg、全備重量6,308 kgkg、発動機クリーモフ(Klimov) M-103 液冷V12気筒エンジン960 hp (716 kW)2基、最高速力450 km、航続距離2,300km、上昇限度9500 m、7.62mm ShKAS機関銃4丁、爆弾搭載量500 kg。1936年 - 1941年に6,945機製造。独ソ戦の初期の主力爆撃機だったが、1942年には退役。中国空軍が1937年の日中戦争勃発時にSB-2M爆撃機60機を貸与し、その後の中国空軍主力爆撃機となった。チェコスロバキア空軍は、ドイツとの戦争を意識し1938年にSB爆撃機60機を購入した。フィンランド空軍は、1939-1940年の対ソ連冬戦争でSB爆撃機8機を鹵獲し使用した。
Tupolev, SB Manufacturer: Tupolev Designation: SB Notes: USSR Repository: San Diego Air and Space Museum Archive Tags: Tupolev, SB, USSR
写真はSDASM Archives Catalog #: 01_00089058 引用。


独逸

軍用機の製作は一昨年の空軍再建以来の事実であるから、列強の水準に達し居るやは疑問であるが、工業技術の発達、特に民用機の製造技術より観るとき、列強を凌駕するの日遠からざるを想わしむるものがある。而して飛行製作会社は大小合せて二十四個であって、特にハインケル、ユンカース、ドルニエー等は最も大規模のものである。その生産力は米国側の観測に従えば、月製一〇〇〇機以上で、戦時二五〇〇機に拡張し得る設備ありとしている。

写真(右)1936年、ドイツ、ドルニエ(Dornier)Do 19V-1重爆撃機試作1号機:1936年10月28日に初飛行し1938年には輸送機に改造された。生産機数3機のみ。全幅35.0m、全長 25.4 m、翼面積 162 m2、自重 11,865kg、全備重量 18,500 kg、発動機 BMW 132空冷倒立9気筒エンジン604 kW (810 hp)4基、最高速力 315 km/h、航続距離1,600 km、乗員10名。
Ray Wagner Collection Image PictionID:46170090 - Title:Dornier Do 19V-1 with 4 BMW 132 1936 Nowarra Collection - Filename:16_007464.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation
Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はSDASM Archives Catalog:16_007464 -引用。


写真(右)1938年、ドイツ、ドルニエ(Dornier)Do 19V-1重爆撃機試作1号機:初代ドイツ空軍参謀長ヴァルター・ヴェーファー(Walther Wever)中将の推進した長距離戦略爆撃機「ウラル爆撃機」として開発され、1936年10月28日に初飛行した。しかし、ヴェーファー空軍参謀長は、1936年6月3日、ハインケルHe 70高速輸送機の操縦中に墜落死したため、ドイツ空軍は、従来の第一線で活躍する戦術爆撃機の開発に専念することになった。生産機数3機み。
The German Dornier Do 19 bomber prototype in flight, circa in 1938. Date circa 1938 Source Strategy for Defeat: The Luftwaffe 1933-1945 photo [1] Author Unknown author
写真はCategory:Dornier Do 19He 70の設計を流用し File:Dornier Do 19 bomber in flight c1938.jpg引用。


写真(右)1939年9月の第二次大戦勃発後、ドイツ、ハインケル(Heinkel)He 116偵察機:He 70の設計を流用し1936年12月9日に初飛行し1938年までに郵便輸送機として14機が生産された。全幅 22,00 m、全長 13,70 m、翼面積 62,90 m2、自重 4220kg、全備重量 7046 kg、発動機 ヒルト(Hirth) HM 508空冷倒立8気筒エンジン240 PS (177 kW) 排気量7.97L 4基、最高速力 325 km/h、航続距離 4,100 km、乗員4名。第二次大戦中は、ドイツ空軍で偵察機として使用された。
Deutsch: He 116 Date 18 April 2013 Source Image rights owned by the San Diego Air & Space Museum, which has released the image with no known copyright restrictions. Author San Diego Air & Space Museum
写真はWikimedia Commons Category:Heinkel He 116 File:He 116 2013.jpg引用。


写真(右)1930年代、イタリア、サヴォイア・マルケッティ(Savoia-Marchetti) S.M.73輸送機:1934年7月4日に初飛行し48機が生産された。全幅 24,00m、全長 18,37 m、翼面積 92,20 m2、自重 7300 kg、全備重量 10.800 kg、発動機 ヒルト(Alfa Romeo ) 126 RC.10空冷星形8気筒エンジン800 PS (ca. 590 kW) 3基、最高速力 325 km/h、航続距離 1000km、乗員4名、乗客18名。
Description Italiano: Savoia-Marchetti SM.73 Date before 1950 Author Unknown author
写真はWikimedia Commons Category:Savoia-Marchetti S.73 File:Savoia-Marchetti SM.73.jpg引用。


伊国

空軍省に研究実験局があって、航空技術及び航空工業を統轄指導している。航空器材は空軍大臣監督の下に民間会社に製造せしむるとともに、一方国家総動員の見地より国防最高会議隷下にある工業監察官をしてこれが製作を監察せしめている。昭和八年(一九三三年)一月ムッソリーニ首相空軍大臣を兼摂するや、航空器材の自給自足は国防上における最重要事項であると為し、優秀なる自国発動機を産出せんが為め、航空総監督部を創設するとともに、各種の方面に奨励保護を行ったので、現今に於ては国産発動機として優秀なるものを産出するに至った。研究機関としては研究実験局があって、理論実験のみならず試作研究をも実施している。飛行機製作会社は十五個あり、中カプローニ、サボイア、フィアット、ブレダ等は大規模であって、社名機は伊国を代表している優秀機に属するものである。

米国

陸、海、商務各省に航空局があって各々技術関係事項を統轄し、飛行機は民間会社に注文する制度である。米国の航空工業は民間航空工業の飛躍的進展により急速なる発達を遂げ、世界に覇を唱えている状態である。飛行機会社は大小を合して八三個あり、中マーチン、ボーイング、ベランカ、フェヤチャイルド、ダグラス、カーチス等は代表的なものである。年製機数は民用機のみにても次の如くである

▲大正八年(一九一九年)六六二機
▲昭和四年(一九二九年)六一九三機
▲昭和五年(一九三〇年)三四三七機(世界不況のため減少)
▲昭和八年(一九三三年)一三二四機


写真(上)1935年、アメリカ、アメリカ陸軍航空隊第25爆撃戦隊マーチン(Martin)B-10双発輸送機
:初飛行は、1932年2月16日。全幅 70 ft 6 in (21.49 m)、全長 44 ft 9 in (13.64 m)、翼面積 70 ft 6 in (21.49 m) m2、自重 9,681 lb (4,391 kg)、離昇重量 14,700 lb (6,668 kg)、 発動機ライト(Wright) R-1820サイクロン(Cyclone)空冷星形9気筒775 hp (578 kW)2基、最高速力 213 mph (343 km/h, 185 kn)、航続距離 1,240 mi (2,000 km, 1,080 nmi)、乗員3名。 0.30 in (7.62 mm) ブローニング機関銃3丁、爆弾 2,260 lb (1,025 kg)。1940年までに348機量産。
English: 25th Bombardment Squadron B-10s Date 1935 Source USAF Author US Air Force Museum
写真はWikimedia Commons Category:Martin B-10 File:25th Bombardment Squadron B-10s.jpg引用。


写真(右)1936-1940年頃、アメリカ、アメリカ陸軍航空隊第88偵察戦隊ダグラス(Douglas)B-18 ボロ(Bolo)双発爆撃機:初飛行は、1936年4月。全幅 89 ft 6 in (27.28 m)、全長 57 ft 10 in (17.63 m)、翼面積 89.1 m2、自重 16,320 lb (7,403 kg)、総重量 24,000 lb (10,886 kg)、 発動機 ライト(Wright) R-1820サイクロン(Cyclone)空冷星形9気筒1,000 hp (750 kW)2基、最高速力 216 mph (348 km/h, 188 kn)、航続距離 900 mi (1,400 km, 780 nmi)、乗員6名。 0.30 in (7.62 mm) ブローニング機関銃3丁、爆弾 2,000 lb (910 kg) 。1939年までに351機量産。
English: Douglas B-18 of the 88th Reconnaissance Squadron Source US Goverment
写真はWikimedia Commons Category:Douglas B-18 Bolo File:Douglas B-18 061128-F-1234S-010.jpg引用。


飛行機の輸出は大戦間欧洲列強に対し実施したのを始めとし、大正五年(一九一六年)には二六九機昭和八年(一九三三年)四〇六機の多きに達した。航空技術は航空事業が殷盛となるに従い著しく進歩し、昭和九年(一九三四年)にはソ聯邦航空視察団が渡米して米国軍用機多数を購入し、昭和十年(一九三五年)には仏国よりも技術者渡米し軍用機を購入する等今や米国の製作技術は列強をリードしあるの観があって、特に豊富なる資力を以てする多量製産は勢い実験的研究の歩を進め、逐年性能優秀なる飛行機を製作しある状況である。

写真(右)1937年10月以降、アメリカ、1937年10月15日に初飛行したメリカ陸軍航空隊ボーイング(Boeing)XB-15 四発試作重爆撃機("Grandpappy" Serial Number 35-277)とボーイング(Boeing)P-26戦闘機: 全幅 149 ft 0 in (45.43 m)、全長87 ft 7 in (26.70 m)、翼面積 258.4 m2、自重 37,709 lb (17,141 kg)、離昇重量 70,706 lb (32,139 kg)、発動機 Pratt & Whitney R-1830空冷星形14気筒エンジン850 hp(634 kW)4基、最高速力 197 mph (317 km/h, 171 kn)、航続距離 5,130 mi (8,260 km, 4,460 nmi)、乗員10名。 0.30 in (7.62 mm) M1919ブローニング機関銃3丁、0.50 in (12.7 mm) M2 ブローニング3機関銃2丁、爆弾 12,000 lb (5,400 kg)。試作機1機のみ。XB-15の厚い主翼の中には通路があり、エンジン点検が可能だった。また、自動操縦装置を搭載し長距離飛行を容易にした。
Boeing XB-15 with Boeing P-26 From the Paul Fedelchak Collection. Fedelchak was born in Brownsville PA, June 22, 1917, served as an aerial photographer in the USAAC from 1939. His duties included service at Chanute Field, Washington and Alaska where he was involved in the aerial surveys that made the Alcan Highway possible. These photos were loaned to the museum for copy by the family. Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSDASM Archives 引用。



写真(上)1937年10月以降、アメリカ、飛行するアメリカ陸軍航空隊ボーイング(Boeing)XB-15 四発試作重爆撃機("Grandpappy" Serial Number 35-277)とボーイング(Boeing)P-26ピーシューター(Peashooter)戦闘機
: XB-15 (Boeing 294)は、1934年から開発が始まり1937年10月15日に初飛行。ボーイングP-26の初飛行は1932年3月20日、プラット・アンド・ホイットニー P&W R1340空冷星形9気筒エンジン542 hp (404 kW)、最高速力377 km/h、7.62 mm ブローニング M1918機関銃2丁、生産数162機。
Boeing XB-15 with P-26 PictionID:40972044 - Title:Boeing XB-15 with P-26 - Filename:15_002709.tif - Image from the Charles Daniels Photo Collection album "US Army Aircraft."----PLEASE TAG this image with any information you know about it, so that we can permanently store this data with the original image file in our Digital Asset Management System.----SOURCE INSTITUTION: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSDASM Archives Catalog:15_002709 -引用。


之を要するに列強の航空技術は各々特徴を有し直に優劣を論することは困難であるが、これが進歩向上を図るため、官民一致努力を傾注しあることは、列強その軌を一にしている。併し乍らこれが方法としては

1、理論、実験共に大規模の中央研究機関を設け、技術の研究進歩を図ると共に、優秀なる技術者を養成するに努めあること。
2、軍民需要数並に外国輸出の増加を図り、多量製産、機種更新に因り、又は多額の研究試作費を投じ、以て製造会社の自発的研究を促進すること。
3、研究機関と審査機関とを分離し一流の権威技術の向上を図ること。

等であって、何れも国情により適切なる方策を採用している。

航空工業においては、製作会社の数が必ずしもその実勢力を現しているものではない。仏国の例に観るも必要以上に増加したものはこれを合同統制するのでなければ、これが培養強化を困難ならしむるものであって、小会社を多数簇生せしむることは、財政豊でない国家にあって、却て有害無益であって、寧ろ必要最小限度の大規模の会社に限定し、これを強化する方が有利であるとされている。又航空工業の製産能力を国家総動員の見地から戦時の要求に合致せしむるため、民用航空の進展により飛行機の需要を促進し、戦時能力を保持せしめることが極めて重要であって、列強が大戦後採用した航空政策の基調は此処に存しているのである。

満州日日新聞 1937.3.26(昭和12)「目覚ましき躍進列国の航空工業技術戦」引用おわり。




ナチ党ヒトラー独裁政権の成立:NSDAP(Nazi);ファシズムの台頭
ナチ党政権によるユダヤ人差別・迫害:Nazis & Racism
ナチスの優生学と人種民族:Nazis & Racism
ナチスT4作戦と障害者安楽死:Nazism & Eugenics
ドイツ国防軍のヒトラー反逆:Ludwig Beck
ゲオルク・エルザーのヒトラー暗殺未遂:Georg Elser
ポーランド侵攻:Invasion of Poland;第二次大戦勃発
ワルシャワ・ゲットー写真解説:Warsaw Ghetto
ウッジ・ゲットー写真解説:Łódź Ghetto
ヴィシー政権・反共フランス義勇兵:Vichy France :フランス降伏
バルカン侵攻:Balkans Campaign;ユーゴスラビア・ギリシャのパルチザン
バルバロッサ作戦:Unternehmen Barbarossa;ソ連侵攻(1)
スターリングラード攻防戦;Battle of Stalingrad :ソ連侵攻(2)
ワルシャワゲットー蜂起:Warsaw Uprising
アンネ・フランクの日記とユダヤ人虐殺:Anne Frank
ホロコースト:Holocaust;ユダヤ人絶滅
アウシュビッツ・ビルケナウ収容所の奴隷労働:KZ Auschwitz
マウトハウゼン強制収容所:KZ Mauthausen
ヒトラー:Hitler
ヒトラー総統の最後:The Last Days of Hitler
ヒトラー暗殺ワルキューレ Valkyrie作戦: Claus von Stauffenberg
アンネの日記とユダヤ人
与謝野晶子の日露戦争・日中戦争
ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He111爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-188爆撃機/Ju388高高度偵察機
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
ブロームウントフォッスBV138飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機/夜間戦闘機
ドイツ空軍(Luftwaffe)メッサーシュミット戦闘機
ドイツ空軍フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw-190戦闘機
ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥

2022年6月30日開設の当サイトへのご訪問ありがとうございます。写真,データなどを引用する際は,URLなど出所を明記してください。
連絡先: torikai007@yahoo.co.jpp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
東海大学HK社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Fax: 0463-50-2078
東海大への行き方|How to go
Flag Counter
Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 10,000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.


Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2022/6/30 All Rights Reserved.