Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内

◆ドイツのドルニエ(Dornier)Do-Jワール/スパーワール飛行艇
写真(上)1925年5月21日、ノルウェー北部、スピッツベルゲン島から北極飛行を行ったロトアール・アムンゼンの使用したドルニエDo-Jワール(Wal:鯨)飛行艇(登録コード:N25)
;エンジン上面にはエンジンを保護するためのシートが被されているが、液冷エンジンを冷却器(ラジエーター)の設置部分だけ膨らんでいる。機首・胴体側面には、ガラス窓はない。機動隊後方には、スキー板が8組立てかけられている。
Identifier: DEX_W_00146Institution Fotografering: 1925 Fotograf: Wilse, Anders Beer Identifier: DEX_W_00146 Part of collection: Sparebankstiftelsen Sparebankstiftelsen Institution: Norsk Teknisk Museum Date published: March 13, 2014 Date updated: February 2, 2016 DIMU-CODE: 011012600513 UUID: f8ae1a41-f4cc-410a-b13b-f1df15c5be3b.
Norsk Teknisk Museum ・Identifier: DEX_W_00146引用。

写真(上)1926年、ドイツ、ドルニエDo-Jワール(Wal:鯨)飛行艇(登録コード:D-861)
;エンジンナセルの上面に、液冷エンジンを冷却する冷却水のために空気式冷却器(ラジエーター)が設置されている。機首側面には、乗客用の視界を確保するためにガラス窓4枚が付けられている。1933年1月のナチ党政権以降に、ドイツ機の国籍識別マークは、垂直尾翼に赤帯に白丸を描きそこにナチ党のスワスチカ(カギ十字)を記入した。
Flugboot Dornier J "Wal" mit Kennung D-861 "Hai" Date 1926 Photographer Unknown Institution German Federal Archives Blue pencil.svg wikidata:Q685753 Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl (Bild 102) Accession number Bild 102-00855.
Bundesarchiv ・File:Bundesarchiv Bild 102-00855, Flugboot Dornier J "Wal".jpg引用。

写真(上)1941年、ルーマニア、黒海に進出したドイツ軍のドルニエ(Dornier)Do-24哨戒飛行艇
;1937年7月3日に初飛行したドルニエDo-24飛行艇は270機が生産された。全長: 27.00 m、全幅: 22.00 m、全高: 5.45 m、全備重量: 18,400 kg 発動機: BMWブラモ 323R 1,000馬力3基、最高速力: 332 km/h、航続距離: 4,700 km 実用上昇限度: 7,500 m、兵装 20ミリ機関銃1丁、7.92ミリ機関銃1丁、乗員: 6名。
Inventory: N 1603 Bild - Grund, Horst.- Bildbestand Signature: N 1603 Bild-063 Old signature: Bild 160-063 Archive title: Rumänien, Schwarzes Meer.- Deutsches Flugboot Dornier Do 24 Dating: 1941 ca. Photographer: Grund, Horst Origin: Bundesarchiv .
写真はBundesarchiv・N 1603 Bild-063 引用。


◆当研究室掲載のドイツ連邦アーカイブ写真は,Wikimediaに譲渡された解像度の低い写真ではだけではなく,アーカイブに直接,届出・登録をした上で引用しているものが大半です。引用は原則有料,他引用不許可とされています。
◆2011年7月刊行の『写真・ポスターに見るナチス宣伝術―ワイマール共国からヒトラー第三帝国へ』青弓社(2000円)では、WW2も詳解しました。
◆2011年9月2日・9日(金)午後9時からNHK-BS歴史館「側近がみた独裁者ヒトラー」でRudolf Hess ルドルフ・ヘス及びLeni Riefenstahl レニ・リーフェンシュタールを検討。再放送は9/4(日)12時、9/7(水)24時及び9/11(日)12時、9/13(水)24時。


1.ドルニエ(Dornier)Do-Jワール(鯨)飛行艇

写真(右)1922年11月に完成した最初のドルニエDo-J Kas飛行艇軍用試作1号機機(MWAA);陸上を移動させるために、大きな木製車輪が取り付けられているが、これは取り外し可能。エンジン2基を縦列串型タンデム配置し、プロペラは4翅プロペラで全部は牽引式、後部は推進式。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46169215 - Catalog:16_007394 - Title:Dornier "Wal" first military "Wal" built in 1922 Nowarra Collection - Filename:16_007394.TIF .
写真はSDASM Archives・Catalog #: 16_007394引用。



写真(右)1925年頃、ドイツ、ドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇
;民間登録コードが記入されていない機体なので、できたばかりの試作機のようだ。エンジンは主翼上面に2翅プロペラ2組を重ね、4翅プロペラとした。液冷エンジンを2基の縦列串型に配備している。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46169279 - Catalog:16_007399 - Title:Dornier Do J Wal SDASM Photo Collection - Filename:16_007399.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation.
写真はSDASM Archives・PictionID:46169279引用。



写真(右)1925年頃、ドイツ、ドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇
;民間登録コードが記入されていない機体なので、できたばかりの試作機のようだ。機首には、先端に観測席があり、そのすぐ後方に操縦席がある。どちらもコックピットも開放式で、密閉ガラス風防で覆われてはいない。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image Catalog #: 00078629 - Catalog:16_007399 - Title: Dornier Do J Wal SDASM Photo Collection - Filename:16_007399.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation.
写真はSDASM Archives・Catalog #: 00078629引用。



写真(右)1925年頃、ドイツ、ドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇(G-EBQQ)
;エンジンは主翼上面に2翅プロペラ2組を重ね、4翅プロペラとした。液冷エンジンを2基の串型に配備している。
SDASM Archives Dornier Do-J Catalog #: 00078635 Manufacturer: Dornier Designation: Do-J Official Nickname: Wal.
写真はSDASM Archives・Catalog #: 00078635引用。


ドルニエDo-Jワール飛行艇(Dornier Do J "Wal")は、信頼性が高く、航続距離が長く、飛行艇として、飛行場が整備されていない地域でも利用可能だったために、1925年のロアール・アムンセンの北極飛行、1932年のヴォルフガング・フォン・グロナウの世界一周飛行など、冒険飛行に使用された。


写真(右)1925年頃、ドイツ、ドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇の正面
;胴体中央部の左右に張出し式フロート(浮き)が大きく見える。飛行艇の重量が軽い空虚状態の為か、張出し式フロートが浮き上がっている。エンジンは縦列串型で2基が配置されている。プロペラは、前部は牽引式、後部は推進式の回転となっている。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image Catalog #: 00078631 - Catalog:16_007399 - Title:Dornier Do J Wal SDASM Photo Collection - Filename:16_007399.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation.
写真はSDASM Archives・Catalog #: 00078631引用。


ドルニエDo-Jワール飛行艇(Dornier Do J "Wal")の諸元
初飛行 1922年
  全幅:22.50m 全長:17.25m 全高:5.20m
総重量:5,700kg
  発動機:ロールス・ロイス・イーグルV型12気筒液冷エンジン360馬力2基
巡航速力:140km/h 航続距離:2,200km
乗員2名、乗客:8名

写真(右)1925年頃、ドイツ、ドルニエDo-Jワール(Wal)飛行艇(I-DEOR);エンジンは主翼上面に2翅プロペラ2組を重ね、4翅プロペラとした。液冷エンジンを2基の串型に配備している。
SDASM Archives Dornier Do-J Catalog #: 00078634 Manufacturer: Dornier Designation: Do-J Official Nickname: Wal.
写真はSDASM Archives・Catalog #: 00078634引用。


ドルニエ(Dornier)が設計したツエッペリン-リンダウ(Zeppelin-Lindau)Rs.IV 飛行艇(flying boat)を第一次世界大戦の時期に登場した。そこてドルニエDo-Jワール飛行艇(Dornier Do J "Wal")はその発展型後継機として、1922年11月6日に初飛行した。Do-Jワール飛行艇の生産は1932年まで続けられたが、工場はイタリアに置かれていた。というのは、イタリアは飛行艇生産が盛んだったこともあるが、敗戦後のドイツはベルサイユ条約(Treaty of Versailles)で飛行機生産の制限を受けていたためで、それを回避するためにイタリアでの生産を選択したのである。なんと、ドイツにおけるDo-Jワール飛行艇の生産は、1931年から開始された。ドイツでの生産終了は、1936年である。


写真(右)1925年頃、ドイツ、ドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇
;機首の主翼前縁下に、開放式の並列コックピットがあり、そこにガラス風防がついている。パイロットらしい人物が、操縦席に座っている。エンジンは主翼上面に液冷エンジンを2基を縦列串型に配備している。そのエンジンナセル上に、板状のラジエーターがあるが、空気抵抗が大きいようだ。ガラス窓4枚が機首の客室に開いている。
SDASM Archives Dornier Do-J Catalog #: 00078612 Manufacturer: Dornier Designation: Do-J Official Nickname: Wal.
写真はSDASM Archives・Catalog #: 00078612引用。


ドルニエ社は、高翼パラソル式単葉、全金属製の双発飛行艇として、斬新なDo J(Dornier Do J)飛行艇を開発した。設計は、クラウディウス・ドルニエ自らの手になり、1924年に初飛行に成功した。Do-J飛行艇は、その形状と海を進む姿から、愛称をワール(Wal;鯨)と命名された。主翼は、胴体から支柱を伸ばしてその上にパラソル式に装着した。発動機は、胴体中央の主翼の上に2基を縦型に配置する串型だった。胴体中央部左右からは、水上安定性を高めるために、張出式のプロート(浮き)を設けている。


写真(右)1925年頃、ドイツ、桟橋に横付けしているドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇
;機首の客室上には、整備員らしい人物が昇降口付近に見える。エンジンは主翼上面に液冷エンジンを2基を縦列串型に配備している。ガラス窓4枚が機首の客室に開いている。開放式の並列コックピットが機首の主翼前縁下にある。そのガラス風防の後ろにパイロットらしい人物の頭が見える。エンジンは主翼上面に液冷エンジンを2基を縦列串型に配備している。そのエンジンナセル上に、板状のラジエーターがあるが、空気抵抗が大きいようだ。
SDASM Archives Dornier Do-J Catalog #: 00078613 Manufacturer: Dornier Designation: Do-J Official Nickname: Wal.
写真はSDASM Archives・Catalog #: 00078613引用。



写真(右)1925年頃、ドイツ、桟橋に横付けしているドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇
;機首の客室付近に5名の人物が見える。胴体上のエンジン前、主翼のエンジン脇に各々整備員1名がエンジンを調整している。機首の客室の昇降口は、機首上面にあり、そこに梯子が欠けられている。ガラス窓4枚が機首の客室に開いている。
SDASM Archives Dornier Do-J Catalog #: 00078614 Manufacturer: Dornier Designation: Do-J Official Nickname: Wal.
写真はSDASM Archives・Catalog #: 00078614引用。


飛行艇・水上機は、水上滑走による離着陸を行うために、防水性・耐波性・非腐食性・水上での整備性などにも配慮を要した。また、これらの構造が、空中における空気抵抗増大など、飛行性能を低下させた。


写真(右)1925年頃、ドイツ、桟橋に横付けしているドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇
;手前の埠頭には、コートを着た飛行艇の艇長らしい人物が立っている。胴体中央部左右にある張出しフロート(浮き)の断面は、紡錘型であることが分かる。機首の客室にはガラス窓4枚がある。
SDASM Archives Dornier Do-J Catalog #: 00078618 Manufacturer: Dornier Designation: Do-J Official Nickname: Wal.
写真はSDASM Archives・Catalog #: 00078618引用。



写真(右)1925年頃、ドイツ、ドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇(D-2069)
;エンジンは主翼上面に2翅プロペラ2組を重ね、4翅プロペラとした。液冷エンジンを2基の串型に配備している。
SDASM Archives Dornier Do-J Catalog #: 00078633 Manufacturer: Dornier Designation: Do-J Official Nickname: Wal.
写真はSDASM Archives・Catalog #: 00078633引用。


ドルニエDo-Jワール飛行艇(Dornier Do J "Wal")はの諸元
全長 17.25m 全幅 22.50m、全高 5.25m
主翼面積 96.00平方メートル
自重 3,630kg、全備重量 5.700kg
発動機: ロールスロイスイーグル9水冷式V型12気筒エンジン 360馬力 2基
最高速力 185km/h、巡航速力 150km/h
航続距離 2,200km
乗員 3名、乗客 8名


写真(右)1925年、ノルウェー、スバールバル諸島スピッツベルゲン島、キングズ湾に進入し氷を割りながら進むノルウェーのロアール・アムンセン(Roald Amundsen)隊、氷の海にやってきた支援船ファーム(ドルニエDo-J飛行艇2機を梱包して搭載)、輸送船ホビーからデリックを使って降ろされるDo-Jワール飛行艇N25、貨物を下ろしている輸送船ホビー
:1925年にロアール・アムンセンは、Do-J飛行艇2機を南極に分解して船舶輸送し、南極の雪原で2機を組み立てた。そして、北極飛行に成功した。機首側面には、”DOENIER-WAL”と記入されている。ドルニエ社が南極での記録達成、技術的優秀性をアピールするために、Do-Jワール飛行艇2機をアムンゼン隊に貸与したようだ。
Description Album page with four photographs. (from top left)
1. The expedition participants keep a channel open in the ice at Kings Bay in Ny- Ålesund(New Ålesund)
2. The escort ship Farm moored at the edge of the ice
3. The flying boat N25 is turned ashore from the freighter Hobby.
4. Unloading of material from the freighter Hobby
From the album about the Amundsen-Ellsworth polar flight 1925.
写真はWikimedia Commons, Preus museum・File:NMFF.000148-3 (6168441723).jpg引用。


ノルウェーの探検家ロアール・アムンセンRoald Amundsen:1872-1928)は、イギリス人ロバート・スコット大佐と競い合って、1911年12月14日にと人南極点到達一番乗りを達成した。その後、 1925年5月、ノルウェー、スバールバル諸島スピッツベルゲン島を飛び立った、ドルニエDo-Jワール飛行艇(Dornier Do J "Wal")N24とN25の2機で、北緯87度 43分まで北極点近くまで飛ぶ、飛行記録を残した。1926年5月12日には、イタリアの飛行船「ノルゲ(ノルウェー)」で北極点へ到達している。アムンゼンは、南極点と北極点の双方に足を延ばした。

写真(右)1925年、ノルウェー、スバールバル諸島スピッツベルゲン島、ノルウェーの探検家ロアール・アムンセン(Roald Amundsen)は、分解したドルニエDo-Jワール(Wal)飛行艇N24とN25の2機を船で南極に持ち込ん で、南緯87度44分まで飛行した。:1925年にロアール・アムンセンRoald Amundsen)は、Do-J飛行艇で北極飛行に成功した。機首側面には、乗客用のガラス窓はついていない。
Description Album page with four photographs. (from top left) 1. The expedition participants keep a channel open in the ice at Kings Bay in Ny-Ålesund(New Ålesund) 2. The Dornier-Wal flying boat N24 3. The boat hulls are pulled up from the ice 4. The expedition participants in front of flying boat N25. From the album about the Amundsen-Ellsworth polar flight 1925.
Date 14 March 2011, 13:34 Source NMFF.000148-6 Author Preus museum.
写真はWikimedia Commons, Preus museum・File:NMFF.000148-6 (6168976420).jpg引用。



写真(右)1925年、ノルウェー、スバールバル諸島スピッツベルゲン島、ノルウェーの探検家ロアール・アムンセン(Roald Amundsen)は、分解したドルニエDo-Jワール(Wal)飛行艇N24とN25の2機を輸送船で南極に持ち込ん で、南緯87度44分まで飛行した。
:1925年にロアール・アムンセンは、Do-J飛行艇で北極飛行に成功した。機首側面には、乗客用のガラス窓はついていない。
Description Album page with four photographs. (from top left) 1. The expedition participants keep a channel open in the ice at Kings Bay in Ny-Ålesund(New Ålesund) 2. The Dornier-Wal flying boat N24 3. The boat hulls are pulled up from the ice 4. The expedition participants in front of flying boat N25. From the album about the Amundsen-Ellsworth polar flight 1925.
Date 14 March 2011, 13:34 Source NMFF.000148-4 Author Preus museum.
写真はWikimedia Commons, Preus museum・NMFF.000148-4引用。



写真(右)1925年、ノルウェー、スバールバル諸島スピッツベルゲン島、ノルウェーの探検家ロアール・アムンセン(Roald Amundsen)が用意した足回りの装備、エンジン起動準備の整ったドルニエDo-Jワール(Wal)飛行艇N24またはN25、ロアール・アムンゼンとジャーナリスト、ドルニエDo-Jワール(Wal)飛行艇N25の搭乗員
:1925年、ロアール・アムンセンRoald Amundsen)は、Do-J飛行艇2機を北極に分解して船舶輸送し、南極の雪原で2機を組み立てた。そして、北極飛行に成功した。機首側面には、”DOENIER-WAL”と記入されている。ドルニエ社が北極での記録達成、技術的優秀性をアピールするために、Do-Jワール飛行艇2機をアムンゼン隊に貸与したようだ。
Description Album page with four photographs. (from top left) 1. The expedition participants keep a channel open in the ice at Kings Bay in Ny-Ålesund(New Ålesund) 2. The Dornier-Wal flying boat N24 3. The boat hulls are pulled up from the ice 4. The expedition participants in front of flying boat N25. From the album about the Amundsen-Ellsworth polar flight 1925. 14 March 2011, 13:36 Source NMFF.000148-9 Author Preus museum.
Album page with four photographs. (from top left)
1. The expedition's varied footgear.
2. One of the Dornier-Wal engines is readied
3. Amundsen talking with journalists (?)
4. Group portrait of the crew of the N25 wearing sealskin coats.
From the album about the Amundsen-Ellsworth polar flight 1925. 写真はWikimedia Commons, Preus museum・File:NMFF.000148-10 (6168438471).jpg引用。


写真(右)1925年、ノルウェー、スバールバル諸島スピッツベルゲン島、ノルウェーの探検家ロアール・アムンセン(Roald Amundsen)隊、北極飛行準備のなったドルニエDo-Jワール(Wal)N24またはN25、Do-JワールN25の発進直前、Do-JワールN24の発進直前
Description Album page with four photographs. (from top left) 1. The expedition participants keep a channel open in the ice at Kings Bay in Ny-Ålesund(New Ålesund) 2. The Dornier-Wal flying boat N24 3. The boat hulls are pulled up from the ice 4. The expedition participants in front of flying boat N25. From the album about the Amundsen-Ellsworth polar flight 1925. Date 14 March 2011, 13:34 Source NMFF.000148-10 Author Preus museum.
Album page with four photographs. (from top left)
1. One of the Dornier-Wal planes is prepared for take-off
2. N25 with crew just before take-off
3. N24 with crew just before take-off
4. Both Dornier-Wal planes with crew and other expedition participants before the start.
写真はWikimedia Commons, Preus museum・File:NMFF.000148-10 (6168438471).jpg引用。


1925年、ロアール・アムンセンRoald Amundsen)は、ドルニエDo-J飛行艇N24とN25の2機を分解し箱詰めにし、輸送船ホビー(Hobby)でノルウェー、スバールバル諸島スピッツベルゲン島に輸送した。そして、到着後、輸送船ホビーからドルニエDo-J飛行艇を降ろし、雪原でN24とN25の2機を組み立てた。そして、北極飛行に成功した。機首側面には、”DOENIER-WAL”と記入されている。ドルニエ社が南極での記録達成、技術的優秀性をアピールするために、Do-Jワール飛行艇2機をアムンゼン隊に貸与したようだ。ドルニエ・ワール(Do-J ”Wal”)飛行艇N24とN25の2機に乗り込んで発進準備をした。この飛行艇は、南緯87度44分まで飛行することができた。


写真(上)1925年5月、ノルウェー、スバールバル諸島スピッツベルゲン島、ノルウェーの探検家ロアール・アムンセン(Roald Amundsen)が使用したドルニエDo-Jワール(Wal)飛行艇N24
:僚機N25は無事帰還したが、この機体N24は、探検中に事故で喪失することになる。一般的な旅客輸送用のDo-Jの機首側面には、乗客用の視界を確保するガラス窓4枚が付けられてたが、この探検型には窓は不要である。
Description Norsk bokmål: Bildet er hentet fra Nasjonalbibliotekets bildesamling Ny-Ålesund, Svalbard Date May 1925 Source "FMRA311. Dornier Wal-flyet, "N24" på isen i Ny-Ålesund" National Library of Norway.
写真はWikimedia Commons, Nasjonalbiblioteket・FMRA311引用。


1928年5月25日、遭難した飛行船搭乗のイタリア北極探検ウンベルト・ノビレ(Umberto Nobile)隊を捜索・救助のためにロアール・アムンセンRoald Amundsen)は、1928年6月18日、ノルウェー北部のトロムソをフランスのラタム 47(Latham 47)飛行艇で飛び立ったが、行方不明となった。


写真(上)1925年、ノルウェー、スバールバル諸島スピッツベルゲン島、ノルウェーの探検家ロアール・アムンセン(Roald Amundsen)が北極飛行を行ったドルニエDo-Jワール(Wal)"N25"
;胴体前方の機首の客室に丸窓ガラス4カ所があるが、胴体後方にはない。
Roald Amundsens Dornier Wal Rolls Royce Eagle IX V-12 motorer i tandem 360 hk Fotografering: 1925 Fotograf: Berge, Paul Identifier: NTM C 8890 Part of collection: NTM Owner of collection: Norsk Teknisk Museum Institution: Norsk Teknisk Museum Date published: August 11, 2014 Date updated: August 11, 2014 DIMU-CODE: 011014273846 UUID: 45C0FBBE-83D6-4D6D-B0A8-FD95A20FEA6B
写真はNorsk Teknisk Museum・Identifier: NL.05160341 引用。



写真(上)1927年、ノルウェー、アムンゼンが北極飛行に使用したドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇N25
;機首の搭乗口は厳寒を意識してか、小さな丸扉。客室部にガラス窓はなく、操縦席は主翼真下に並列で置かれているが、ガラス風防ではなく、丸みを帯びた金属風防のようだ。プロペラは、2翅を交差させた4翅で、エンジンの上には液冷エンジン用の箱板型ラジエーター(冷却器)が設けてある。
Identifier: NTM MFF 471 Subject: Dornier-Wal N 25 fra postflyvning Fotografering: 1927 (Protokoll) Identifier: NTM MFF 471 Part of collection: NTM Owner of collection: Norsk Teknisk Museum Institution: Norsk Teknisk Museum Date published: August 11, 2014 Date updated: August 11, 2014 DIMU-CODE: 011014275066 UUID: 1D3D6235-DEDA-4EBB-94E0-88EDEA2376D0 .
写真はNorsk Teknisk Museum・Identifier: NTM MFF 471 引用。


アムンゼンの北極飛行で使用されたドルニエ・ワール(Do-J ”Wal”)飛行艇は、N24は損傷放棄されたが、N25は無事に戻ってきた。そのドルニエDo-Jワール(Do-J ”Wal”)飛行艇N25は、ドイツのドルニエ社に返され、ドイツ航空輸送学校で教材となり、その後、ミュンヘンのドイツ博物館で野外展示された。1944年の連合軍機の空襲で喪失。

写真(右)1926年、ドイツ、ドルニエDo-Jワール(Wal)飛行艇(D-861):機首側面には、乗客用の視界を確保するためにガラス窓4枚が付けられている。1933年1月のナチ党政権以降に、ドイツの国籍識別マークは、垂直尾翼に赤帯に白丸を描きそこにナチ党のスワスチカ(カギ十字)を記入した。
FlugbootDornier J Wal mit Kennung D-861 "Hai" Date 1926 Photographer Unknown Institution German Federal Archives Blue pencil.svg wikidata:Q685753 Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl (Bild 102) Accession number Bild 102-00857 .
Bundesarchiv ・File:Bundesarchiv Bild 102-00857, Flugboot Dornier J "Wal".jpg引用。


写真(右)1926年、ドイツ、ドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇(D-861);エンジンは主翼上面に2翅プロペラ2組を重ね、4翅プロペラとした。液冷エンジンを2基の縦列串型にタンデム配備している。
Flugboot Dornier J Wal "Wal" mit Kennung D-861 "Hai" Date 1926 Photographer Unknown Institution German Federal Archives Blue pencil.svg wikidata:Q685753 Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl (Bild 102) Accession number Bild 102-00858.
写真は Wikimedia Commons, Category:Dornier Do J Wal・File:Bundesarchiv Bild 102-00858, Flugboot Dornier J "Wal".jpg引用。


写真(右)1917-1925年、フィアットA22Rエンジン2基をタンデム配置で装備したドルニエ Do-J ワール(Dornier Do R "Wal")双発飛行艇;1922年11月6日に初飛行したドルニエDo-Jワール双発飛行艇だが、堅牢で実用性に富み、価格も安かったために、1930年代でも現役で使用された。
Photographer: Unbekannt
Title: Dornier "Wal" mit Fiat-Motoren
Dating: 1917-1925
Is Part Of: Junkers Flugzeugwerke AG, [1917-1925]. 2 Alben mit 659 Bildern (alle digitalisiert)
Photography : paper print, mounted on cardboard
Colour: black and white Orientation: Square
Categories: Propellers, View Collection, Unknown, Dornier, Propeller-driven
Record Name: Ans_05338-02-207-AL-FL .
写真はETH Library: Record Name: Ans_05338-02-207-AL-FL引用。


ドルニエ(Dornier)Do J ワール”Wal”飛行艇の諸元
搭乗員 3名、乗客 8-10名
全長 17,25 m、全幅 22,50 m、全高 5,20 m
主翼面積 96,00 平方メートル
空虚重量 3630 kg、全備重量 5500-7000 kg
プロペラ 2翅 (直径3 m)
発動機2基各種装備
ヒスパノスイザ(Hispano-Suiza) 42エンジン300 馬力 (220 kW)
ロールスロイス(Rolls-Royce)イーグル”Eagle” IXエンジン 360 馬力 (265 kW)
イソッタ・フランチー二(Isotta Fraschini)je エンジン500馬力 (370 kW)
フィアット(Fiat) A22Rエンジン
最高速力 170-185 km/h
上昇限度 3500 m

写真(右)1926年、ドイツ、ドルニエDo-Jワール(Wal)飛行艇 D-861 "Hai" (?):機首側面には、乗客用ガラス窓はついていない。1933年1月のナチ党政権以降に、同幾基の国籍識別マークは、垂直尾翼に赤帯に白丸を描きそこにナチ党のスワスチカ(カギ十字)を記入した。
Flugboot Dornier J "Wal" mit Kennung D-861 "Hai" (?).- Passagiere (Ehrengäste, Journalisten) beim Betreten Depicted place Flugboot 、Dornier J Wal (?) Date 1926 Photographer Unknown Institution German Federal Archives Blue pencil.svg wikidata:Q685753 Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl (Bild 102) Accession number Bild 102-00859 .
Bundesarchiv ・File:Bundesarchiv Bild 102-00859, Flugboot Dornier J Wal (-), Passagiere.jpg引用。


写真(右)1928年、ドイツ南部、ヴュルテンベルク州、ボーデン湖畔のフリードリヒスハーフェン(?) 、ドルニエ Do-J (Dornier Do J "-Wal")双発飛行艇「ハイ」 "Hai"(D-861);ドルニエ Do-J 飛行艇「ハイ」 "Hai"(D-861)は、1926年製造、ロールス・ロイス(Rolls-Royce)社イーグル(Eagle IX)液冷エンジン2基を装備。イーグル(Eagle)は、ロールス・ロイス(Rolls-Royce)が第一次大戦中の開発した液冷エンジンで、1915年に登場したEagle Iは 250馬力、1917年に登場したEagle VIは 275馬力で、ハンドレページ( Handley Page)O形爆撃機(Type O)にも搭載され、300台が生産されている。
Creditline Verkeer Creditline Nationaal Archief/Collectie Spaarnestad/Het Leven/Max Kettel Fotograaf display Max Kettel Codec-plaatsing 2734-1 Flying boats. Twelve-engined Dornier flying boat on the water. Germany, 1928. (wrong:オリジナル解説だが、Do-Xのことで明らかに誤記) Collectie Het Leven (LEVEN 022) Publicatie 1 - naam - jrgng - nr - pag. Het Leven;1928;18;563 Kleur Zwart-Wit Opnamedatum vanaf (*) 1928.
写真は2015 Spaarnestad Photo : beeldnummer SFA022812035引用。


写真(右)1928年、ドイツ南部、ヴュルテンベルク州、ボーデン湖畔のフリードリヒスハーフェン、巨大飛行船「グラーフ・ツェッペリン」とボーデン湖に待機するドルニエ Do-J (Dornier Do J "-Wal")双発飛行艇(登録コード:D-1835);ツェッペリン飛行船が開発されたのは、ボーデン湖畔のフリードリヒスハーフェンのツエッペリンの飛行船工場においてである。
Creditline Verkeer Creditline Nationaal Archief/Collectie Spaarnestad/Het Leven/Max Kettel Fotograaf display Max Kettel Codec-plaatsing 2752-1 Airships. The Graf Zeppelin returns to his base Friedrichshafen after a succesful journey, here it is flying over a Dornier Superwahl plane. 1928. Trefwoorden Engels Airships Graf Zeppelin Land Duitsland Plaats Friedrichshafen Collectie Het Leven (LEVEN 022) Publicatie 1 - naam - jrgng - nr - pag. Het Leven;1928;45;1433 Kleur Zwart-Wit Opnamedatum vanaf (*) 1928.
写真は2015 Spaarnestad Photo : beeldnummer SFA022812046引用。


ドルニエ Do-J (Dornier Do J "-Wal")双発飛行艇の発動機は、ロールス・ロイス(Rolls-Royce)が、第一次大戦中の1915年に開発したイーグル(Eagle)液冷エンジンの発展型のイーグルIX(Eagle IX)液冷エンジンで、360馬力あった。原型となったのは、1915年に登場したEagle Iで、250馬力で、1917年に登場したイーグル(Eagle)VIは 275馬力に向上しており、300第量産された。これらイーグル液冷エンジンは、イギリス空軍の最大級の爆撃機ハンドレページ( Handley Page)O型爆撃機(Type O)にも搭載されている。イーグルIX液冷エンジンは、360馬力で、第一次大戦後、1922年から1928年に373台製造された。

写真(右)1930年9月、ドイツ、ベルリン郊外ポツダム、テンプリン湖、ドルニエDo-Jワール(Wal)飛行艇(D-1422):機首側面には、乗客用ガラス窓はついていない。1933年1月のナチ党政権以降になって、ドイツ機の国籍識別マークは、垂直尾翼に赤帯に白丸を描きそこにナチ党のスワスチカ(カギ十字)を記入した。
Der jubelde Empfang des deutschen Ozean-Bezwingers von Gronau auf dem Templiner See in Potsdam! Hunderte von Booten umfahren das Flugzeug von Gronau nach seiner glücklichen Ankunft auf dem Templiner See in Potsdam. Depicted people Gronau, Wolfgang: Flieger, Luftfahrtattaché in Japan, Präsident des Aero-Clubs, Deutschland Date September 1930 Photographer Unknown Institution German Federal Archives Blue pencil.svg wikidata:Q685753 Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl (Bild 102) Accession number Bild 102-10438.
Bundesarchiv ・File:Bundesarchiv Bild 102-00857, Flugboot Dornier J "Wal".jpg引用。


キース・コート(Kees Kort)によれば、ドルニエDo-Jワール(Wal)飛行艇(登録コード:D-1422) は、1924年10月にイタリア、ピサのCMASA (Costruzioni Meccaniche Aeronautiche S.A) で生産された。そして、ノルウェーでN-25の登録コードを付与され、ノルウェー協会による1925年のアムンゼン北極探検に使用された。探検終了後、ドルニエに戻され、ドイツ航空輸送学校 (DVS:Deutsche Verkehrsflieger Schule )に売却され、民間登録コードD-1422を付与された。 この機体は、1932年、ミュンヘンのドイツ博物館(Deutsches Museum)に野外展示されたが、1944年の連合軍機の空襲で破壊された。

A picture of Dornier Do J Wal (c/n 37) civil registration D-1422, seen as an outdoor exhibit at the Deutsches Museum in Munich. Probably a family snapshot from the late 1930's.
This sturdy all metal high wing monoplane flying boat was construction by CMASA [Costruzioni Meccaniche Aeronautiche S.A] at Marina di Pisa. Ordered on 23 October 1924 by the Norwegian Norse Luftseiladsforenings A/S it was registered as N-25 in Norway. It was used on the polar flights of Amundsen.
Later it was bought back by Dornier and equipped with BMW 6 engines. It was later sold to the Deutsche Verkehrsflieger Schule and got civil registration D-1422.
This Wal [D-1422] was exhibited from 1932 in the Deutsches Museum at Munich, being destroyed in 1944 by Allied bombing.(source:flickrKees Kort

写真(右)1930年、北大西洋、ドルニエ(Dornier)Do-J 飛行艇ワールの胴体側方、主翼下面からみた遊覧船の夫妻
Collectie / Archief Het Leven (LEVEN 022) Beschrijving Oceaanvluchten Noord-atlantische. Het grootste watervliegtuig ter wereld, Duitsland 1930-1932. Foto: Dit beeld toont de uitzonderlijk grootte van het Dornier Wal vliegtuig, in vergelijking met de motorboot die langszij vaart. Datum 1930 Fotograaf Onbekend
写真はNationaal Archief: Spaarnestad Photo 引用。


写真(右)1930年頃、離水するドイツのドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇(G-EBQQ);エンジンは主翼上面に2翅プロペラ2組を重ね、4翅プロペラとした。液冷エンジン2基を縦列串型にタンデム配備している。堅牢な構造と整備性の良さから信頼性が高く、飛行場が未舗装で数か少なかった時代、穏やかな海、湖畔を滑走路とそて使用できる飛行艇は、航路をいたるところに延ばすことができて便利な乗り物だった。ただし、飛行艇・水上機は、水上滑走による離着陸を行うために、防水性・耐波性・非腐食性・水上での整備性などにも配慮を要した。また、これらの構造が、空中における空気抵抗増大など、飛行性能を低下させた。
SDASM Archives Dornier Do-J Catalog #: 00078628 Manufacturer: Dornier Designation: Do-J Official Nickname: Wal.
写真はSDASM Archives・Catalog #: 00078628引用。


ドルニエDo-Jワール飛行艇(Dornier Do J "Wal")の生産
軍用-Walの生産
CMASA 74 機
アビオランダ(Aviolanda:ドイツ) 38 機
ソ連国営工場 45機 セバストポリ(Sevastopol)国営工場 ~ 20 機
ソ連国営工場 31 機 タガンログ(Taganrog:黒海沿岸) 6機

輸送用-Walの生産 / Wal Cabin

CMASA 30機
ピアッジオ(Piaggio:イタリア) 14機
CASA 2 機(Do-O)
川崎 2機

軍用-Wal IIの生産
ドルニエ ~50機
輸送用-Wal IIの生産
ドルニエ 34機?


図(上)1932-1933年、大西洋上、ルフトハンザ航空ドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇(D-2069)を飛行艇母船「ヴェストファーレン」にデリックで収容し、整備・補給の後、カタパルトで射出する大西洋横断定期航路
;蒸気船「ヴェストファーレン」SS Westfalenは、ドイツ、ハノーバー港のヨー・テクレンボルグ(Joh. C. Tecklenborg)社で、1905年11月竣工、総トン数5,098トン、全長: 124.8 m、全幅(ビーム): 16.06 m、吃水 (Draught): 8.52 m 、蒸気機関: 1 × 3,000馬力、4缶、1 スクリュー(screw)、最高速力: 12 ノット、乗員(Complement): 54名
SDASM Archives henry cord meyer image pictionid61646346 - catalogillustration of westfalen steamer with catapult launch of dornier 10-t wal seaplane. - titlearray - filenamemeyer0018.tif---Image from the Henry Cord Meyer Collection
写真はSDASM Archives・pictionid:61646346 引用。


写真(右)1930年-1933年以前、大西洋(南アフリカ?)、飛行艇母船「ヴェストファーレン」SS Westfalenのカタパルトに据え付けられたルフトハンザ航空航Do-Jワール飛行艇。飛行艇母船「ヴェストファーレン」がデリックで、ドルニエDo-J 10tワール(Whale)飛行艇(D-2069)を船上のカタパルトに引揚げている。;船尾には、海上にある飛行艇の動揺を緩和するためのシート・マットが流されている。マストには、ドイツ共和国の三色旗が掲げられている。ナチ党の定めたカギ十字のドイツ国旗ではないので、1933年1月のヒトラー首相就任前の撮影。
Ray Wagner Collection Image henry cord meyer image pictionid61646358 - catalogsteamer westfalen with a dornier 10-t wal seaplane aboard. - titlearray - filenamemeyer0019.tif---Image from the Henry Cord Meyer Collection
写真はSDASM Archives・61646358引用。


写真(右)1930-1935年頃、大西洋上、ルフトハンザ航Do-Jワール飛行艇用の飛行艇母船がデリックで、ドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇(D-2069)を船上に引揚げている。
Ray Wagner Collection Image PictionID:46169304 - Catalog:16_007401 - Title:Dornier Do J Wal SDASM Photo Collection - Filename:16_007401.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation.
写真はSDASM Archives・Catalog #: 00078633引用。



写真(右)1930-1935年頃、大西洋上、ルフトハンザ航空が待機させていた飛行艇母船前甲板に設置されたカタパルトの上の台車に据え付けられたドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇(D-2069?)
;ルフトハンザ航空は、大西洋上に飛行艇母船を待機させ、そこを中継地として、大西洋横断の定期郵便航路を開いた。波浪で海上滑走で発進できない、燃料搭載量が多く重量過大で水上滑走発進ができない、という困難さを克服するために、母船上には大型カタパルトを装備し、デリックで飛行艇をカタパルトの台車上に据え付ける。そして、カタパルトの上を、圧搾空気あるいは火薬で射出、飛行させる。
Fotografering: 1930 - 1940 Giver/siste eier: Sem-Jacobsen junior, Einar Identifier: NL.03120010 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: November 21, 2014 Date updated: December 18, 2014 DIMU-CODE: 021015548348 UUID: E06B4883-5076-41C5-9E38-4358B0A054A7
写真はNorsk Luftfartsmuseum・Identifier: NL.03120010 引用。


写真(右)1933年、大西洋上、飛行艇母船「ヴェストファーレン」 (Westfalen?)のカタパルトに据え付けられたドルニエ Do-J ワール(Dornier Do R "Wal")双発飛行艇;ドルニエDo-Jワール双発飛行艇では、無着陸で大西洋横断はできないが、大西洋上の飛行艇母船に引揚げ、整備・補給をして、船上からカタパルトで射出して、発進させた。
Creditline Nationaal Archief/Collectie Spaarnestad/Het Leven/Fotograaf onbekend Fotograaf display Onbekend Codec-plaatsing 2734-1 The German Dornier flying boat on catapult on ship (Westfalen?). 1933. Kleur Zwart-Wit Publicatie 1 - naam - jrgng - nr - pag. Het Leven;1933;38;1211 Opnamedatum vanaf (*) 1933.
写真はNationaal Archief: beeldnummer SFA022812048引用。


写真(右)1933年、大西洋上、飛行艇母船「ヴェストファーレン」 (Westfalen?)のカタパルトに据え付けられたドルニエ Do-J ワール(Dornier Do R "Wal")双発飛行艇の正面;ドルニエDo-Jワール双発飛行艇は、台車に乗せられ、カタパルトの軌道上を水上機圧を使って押し出し、カタパルトの軌道にいる間に離陸可能な速度にまで加速し、射出する。
Creditline Nationaal Archief/Collectie Spaarnestad/Het Leven/Fotograaf onbekend Fotograaf display Onbekend Codec-plaatsing 2734-1 The German Dornier flying boat on catapult on ship (Westfalen?). 1933. Kleur Zwart-Wit Publicatie 1 - naam - jrgng - nr - pag. Het Leven;1933;38;1210 Opnamedatum vanaf (*) 1933.
写真はNationaal Archief: beeldnummer SFA022812044引用。


写真(右)1933年頃、大西洋上、飛行艇母船「ヴェストファーレン」 (Westfalen?)のカタパルトに据え付けられたドルニエ Do-J ワール(Dornier Do R "Wal")双発飛行艇の正面;ドルニエDo-Jワール双発飛行艇は、台車に乗せられ、カタパルトの軌道上を水上機圧を使って押し出し、カタパルトの軌道にいる間に離陸可能な速度にまで加速し、射出する。
Ray Wagner Collection Image PictionID:46169317 - Catalog:16_007402 - Title:Dornier Do J Wal - Filename:16_007402.TIF .
写真はSDASM Archives: PictionID: 46169317引用。



写真(右)1934年、大西洋(南アフリカ?)、飛行艇母船「ヴェストファーレン」SS Westfalenのカタパルトに据え付けられたルフトハンザ航空航Do-Jワール飛行艇。飛行艇母船「ヴェストファーレン」がデリックで、ドルニエDo-J 10tワール(Whale)飛行艇(D-A---)を船上のカタパルトに引揚げた。
;蒸気船「ヴェストファーレン」SS Westfalenは、ドイツ、ハノーバー港のヨー・テクレンボルグ(Joh. C. Tecklenborg)社で、1905年11月竣工、総トン数5,098トン、全長: 124.8 m、全幅(ビーム): 16.06 m、吃水 (Draught): 8.52 m 、蒸気機関: 1 × 3,000馬力、4缶、1 スクリュー(screw)、最高速力: 12 ノット、乗員(Complement): 54名
Ray Wagner Collection Image henry cord meyer image pictionid61653052 - cataloglufthansa ship westfalen with dornier wal seaplane on the catapult. 1934. - titlearray - filenamemeyer0478.tif
写真はSDASM Archives・61653052引用。


写真(右)1930年-1933年以前、大西洋(南アフリカ?)、飛行艇母船「ヴェストファーレン」SS Westfalenのカタパルトに据え付けられたルフトハンザ航空航Do-Jワール飛行艇。飛行艇母船「ヴェストファーレン」がデリックで、ドルニエDo-J 10tワール(Whale)飛行艇(D-2069)を船上の長大なカタパルトに引揚げている。;艦首には船名「ヴェストファーレン」 Westfalenの名前が見える。マストには、ドイツ共和国の三色旗が掲げられている。ナチ党の定めたカギ十字のドイツ国旗ではないので、1933年1月のヒトラー首相就任前の撮影。
SDASM Archives henry cord meyer image pictionid61646398 - catalogdornier wal seaplane on catapult launch of base-ship westfalen. - titlearray - filenamemeyer0022.tif---Image from the Henry Cord Meyer Collection
写真はSDASM Archives・pictionid61646398引用。


写真(右)1933年、大西洋上、ルフトハンザ航空航ドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇(D-2069)をカタパルトから射出した飛行艇母船「ヴェストファーレン」と見物人;蒸気船「ヴェストファーレン」SS Westfalenは、ドイツ、ハノーバー港のヨー・テクレンボルグ(Joh. C. Tecklenborg)社で、1905年11月竣工、総トン数5,098トン、全長: 124.8 m、全幅(ビーム): 16.06 m、吃水 (Draught): 8.52 m 、蒸気機関: 1 × 3,000馬力、4缶、1 スクリュー(screw)、最高速力: 12 ノット、乗員(Complement): 54名
SDASM Archives henry cord meyer image pictionid61653064 - catalogdornier wal seaplane launched by catalpult from base-ship westfalen. 1933.
写真はSDASM Archives・pictionid61653064引用。


写真(右)1930年頃、大西洋上、ルフトハンザ航空が待機させていた飛行艇母船のカタパルトから射出されたドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇。後方から見た。右側には、船上への上げ下ろしに使用するデリック(クレーン);ルフトハンザ航空は、大西洋上に飛行艇母船を待機させ、そこを中継地として、大西洋横断の定期郵便航路を開いた。波浪で海上滑走で発進できない、燃料搭載量が多く重量過大で水上滑走発進ができない、という困難さを克服するために、母船上には大型カタパルトを装備し、デリックで飛行艇をカタパルトの台車上に据え付ける。そして、カタパルトの上を、圧搾空気あるいは火薬で射出、飛行させる。
Fotografering: 1930 - 1940 Giver/siste eier: Sem-Jacobsen junior, Einar Identifier: NL.03120011 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: November 21, 2014 Date updated: December 18, 2014 DIMU-CODE: 021015548349 UUID: 38693BE8-6796-47E7-A963-5029F473214A.
写真はNorsk Luftfartsmuseum・Identifier: NL.03120011引用。


写真(右)1933-1939年頃、大西洋上、ルフトハンザ航空航ドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇(D-2069)を船尾のデリックで吊り上げ搭載している飛行艇母船「シュワーべンランド」MS "Schwabenland";蒸気船「ヴェストファーレン」SS Westfalenを継いだ2番目の飛行艇母船が「シュワーべンランド」MS "Schwabenland"は、1925年にハンザ汽船の商船として就航、1934年にK-9カタパルトを搭載し15トンまでの艦載機を151km/hの速力で射出できるように改造された。総トン数8500トン、全長: 124.8 m、全幅(ビーム): 16.06 m、吃水 (Draught): 8.52 m 、ディーゼル機関、最高速力: 12 ノット。1936年からは、新たな飛行艇母船「オストマルク」 MS Ostmarkが就役している。Do-Jによる大西洋横断航空便輸送は、約300回実施された。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46169329 - Catalog:16_007403 - Title:Dornier Do J Wal on MS "Schwabenland" - Filename:16_007403.TIF .
写真はSDASM Archives・PictionID: 46169329引用。


写真(右)1933年、大西洋上、飛行艇母船が艦尾から海上にシート・マットを流して、波を静かにし、ドルニエ Do-J ワール(Dornier Do R "Wal")双発飛行艇を引き上げようとしている。;ドルニエDo-Jワール双発飛行艇では、無着陸で大西洋横断はできない。しかし、大西洋上に飛行艇母船を配置し、そこで整備・補給を行えば、大西洋を横断可能である。この飛行艇母船には、「ヴェストファーレン」SS Westfalenが知られており、この母船も「ヴェストファーレン」であろう。
Creditline Nationaal Archief/Collectie Spaarnestad/Het Leven/Fotograaf onbekend Fotograaf display Onbekend Codec-plaatsing 2734-1 Flying boats. A German Dornier flying boat on the towsail of a German ship (Westfalen?) 1933. Kleur Zwart-Wit Opnamedatum vanaf (*) 1933.
写真はNationaal Archief: beeldnummer SFA022812043引用。


飛行船や水上機を荒れた海上に置いたままにはできない。そこで、大西洋上に静かな海面が確保できない以上、飛行船や水上機を母船の甲板に引揚げてから、整備・点検し、燃料その他を補給することが考えられる。

 飛行船を母船甲板に引揚げるには、母船にデリック(クレーン)を取り付け、それで持ち上げればよいが、荒れた海上では飛行艇が動揺しており、クレーンの先端のフックを飛行艇に引っ掛けるのは難しい。そこで、海上に母船艦尾からシート・マットを流して、海上の波を打ち消し、母船の船体を利用して波を弱めながら、船尾からデリックで飛行船を収容した。

このような母船からシート・マットを流して、波を打ち消し、水上機をデリックで収容する方法は、日本海軍が艦艇に搭載した艦載機(水上偵察機機)の収容するときにも一時的だが、採用している。

写真(右)1933年6月6日、大西洋、飛行艇母船「ヴェストファーレン」SS Westfalenのデリックで吊り上げられ、カタパルトに据え付けられようとするルフトハンザ航空航ドルニエDo-J 10tワール(Whale)飛行艇(D-2069?);デリックの右側にカタパルトがある。
Ray Wagner pictionid61646385 - catalogdornier wal seaplane stopping over at base-ship westfalen to be serviced and relaunched by catapult. 6 jun 1933. - titlearray - filenamemeyer0021.tif
Image from the Henry Cord Meyer Collection-Please tag these photos so that the information will be kept with our Digital Asset Management System
写真はSDASM Archives: 61646385引用。


1934年、ドイツのルフトハンザ航空による世界初の大西洋横断大陸間連絡定期航路を開拓し、ドルニエDo-Jワール飛行艇(Dornier Do J "Wal")によって、ドイツのベルリン−ブラジルのリオデジャネイロ間の郵便貨物専用路線に就航させた。

しかし、Do-Jワール飛行艇の航続力を以てしても、無着陸で大西洋横断はできなかったため、ルフトハンザ航空は大西洋上に飛行艇母艦を待機させ、その近くにドルニエDo-Jワール飛行艇(Dornier Do J "Wal")を着水させ補給を行った。飛行艇母艦のデリックで、Do-J飛行艇を船上に引き上げて整備と燃料などの補給を行い、カタパルトを使って射出し、大重量の飛行艇を確実に安全に飛行させた。大西洋横断には、4日間で1万2000キロを飛び、ヨーロッパ大陸と南米大陸とを連絡した。

ドイツ蒸気船「ヴェストファーレン」SS Westfalenの諸元
建造:ドイツ、ハノーバー港
造船所:ヨー・テクレンボルグ(Joh. C. Tecklenborg)社
1905年11月14日竣工
総トン数5,098トン
積載重量:10,700 トン
全長: 124.8 m
全幅(ビーム): 16.06 m
吃水 (Draught): 8.52 m
蒸気機関: 1 × 3,000馬力、4缶、1 スクリュー(screw)
最高速力: 12 ノット
乗員(Complement): 54名

写真(右)1934年、大西洋(南アフリカ?)、飛行艇母船「ヴェストファーレン」SS Westfalenのカタパルトに据え付けられたルフトハンザ航空航Do-Jワール飛行艇。飛行艇母船「ヴェストファーレン」がデリックで、ドルニエDo-J 10tワール(Whale)飛行艇(D-A---)を船上のカタパルトに引揚げた。;蒸気船「ヴェストファーレン」SS Westfalenは、ドイツ、ハノーバー港のヨー・テクレンボルグ(Joh. C. Tecklenborg)社で、1905年11月竣工、総トン数5,098トン、全長: 124.8 m、全幅(ビーム): 16.06 m、吃水 (Draught): 8.52 m 、蒸気機関: 1 × 3,000馬力、4缶、1 スクリュー(screw)、最高速力: 12 ノット、乗員(Complement): 54名
Ray Wagner Collection Image henry cord meyer image pictionid:61653076 - catalogdornier 10-t wal seaplane on the catapult sled of the steamer westfalen. 1934. - titlearray - filenamemeyer0480.tif
写真はSDASM Archives・61653076引用。


写真(右)1920 - 1929年、ルフトハンザ航空が使用したドルニエDo J-11 Wal.飛行艇(D-2112);胴体前方の機首の客室に丸窓ガラス4カ所があるが、胴体後方にはない。
Dornier Do J-11 WalGiver/siste eier: Sem-Jacobsen junior, Einar nr.: D-2112.
2x 255 hk Rolls-Royce Eagle IX. Vingespenn: 26,4 m. Lengde: 16,2 m. Hyde: 4,7 m
Giver/siste eier: Thelle, Thorstein sikker Fotografering: 1920 - 1929
Identifier: NL.05160341 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum
Date published: November 21, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015552313 UUID: 587363EA-8EFB-444B-B2C9-E63A9440E904
写真はNorsk Luftfartsmuseum・Identifier: NL.05160341 引用。


写真(右)1920 - 1929年、ルフトハンザ航空(Lufthansa)が使用したドルニエDo J-11 Wal.飛行艇(D-1397)のコックピットと操縦士;飛行防・ゴーグルと厚手の飛行服に身を包んでいるが、飛行中はかなり寒くなるであろう。それでも前面ガラス風防のみの開放式コックピットとしたのは、良好な視界を得るためである。金属外皮の胴体には鋲が撃たれていて、鋲の頭が浮き出た影を作っている。後に、高速戦闘機には、空気抵抗を少しでも減らすために、沈頭鋲が導入される。
Dornier Wal. D-1397, Lufthansa. Fra cockpit. to personer, flygere, i cockpiten. nr.: D-2112.
Identifier: NL.97010449 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum
Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695953 UUID: F90B5A3A-0629-48E9-9F6F-D72A476E987A
写真はNorsk Luftfartsmuseum・Identifier: NL.97010449 引用。


写真(右)1928年、イタリア、ムッソリーニ政権下、イタリア空軍が使用したドルニエDo-18”Wal” 飛行艇(I-XAAF);垂直尾翼にイタリアの国籍マークが描かれている。背後には、醸造施設のような建物、船着き場が見えている。
Dornier-Wal I-XAAF Fotografering: 1928 (CA.)
Identifier: NL.98090001 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum
Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015697009 UUID: C23A1DE2-E948-4A91-9282-E5591F161E6F.
写真はNorsk Luftfartsmuseum・Identifier: NL.98090001 引用。


ドルニエDo-Jワール飛行艇(Dornier Do J "Wal")は、ドイツ、イタリア、スイスのほか、大日本航空、アルゼンチン海軍航空隊(Argentine Naval Aviation)、ブラジルのヴァリグ(Varig)航空・シンジカト・コンドル航空(Syndicato Condor)、中華民国空軍、コロンビア空軍、デンマーク海軍、オランダ海軍航空隊、ソ連空軍、ポルトガル空軍、スペイン空軍、ユーゴスラビア海軍が採用している世界的傑作飛行艇である。

写真(右)1930年頃、アメリカ領、プエルトリコ(?)の埠頭に係留されたドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇;中央に星条旗が立っているのは、軍曹から見て集まっているのはアメリカ軍兵士である。エンジンは主翼上面に2翅プロペラ2組を重ね、4翅プロペラとした。エンジンの上には液冷エンジン用の箱型ラジエーター(冷却器)が設けてある。
SDASM Archives Dornier Do-J Catalog #: 00078636 Manufacturer: Dornier Designation: Do-J Official Nickname: Wal.
写真はSDASM Archives・Catalog #: 00078636引用。


クラウディウス・ドルニエClaudius Dornier)の開発したDo-J飛行艇の2組のプロペラは、前部エンジンは牽引式だが、後部エンジンは推進式のピッチで装備されていた。また、プロペラは、当時木製2翅が常識だったが、D0-Jのプロペラは、2翅プロペラ2組を交差させて4翅としたもの。Do.Jワール飛行艇で採用したのと同じ串型エンジン配置は、Do-18飛行艇にも引き継がれている。

写真(右)1932年9月、南シナ海の上を、中国の香港からフィリピンのマニラに飛行する世界一周航海途上のヴォルフガング・フォン・グロナウ(Wolfgang von Gronau)のドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇(D-2053);機首のコックピットは、開放式であり、操縦士はゴーグルをして、革製の飛行帽・手袋・ジャケットを着こんでいたが、視界は満点だった。当時は密閉式は閉塞感もあって嫌われていた。主翼のエンジンナセルの上には、小型の冷却器がついているようだ。民間航空の世界一周冒険飛行のためか、主翼、胴体、垂直尾翼のどこにも、国籍マークが描かれていない。
In July 1932, Wolfgang von Gronau embarked on an around-the-world demonstration flight. The U.S. Army Air Corps took this photo as his Dornier Do J Wal approached Manila in September.
3B-01293 Copyright/Owner: Smithsonian Institution Source: U.S. Army Air Corps.
写真はNational Air and Space Museum・3B-01293引用。


ヴォルフガング・フォン・グロナウWolfgang von Gronau)は、1893年生まれのドイツの飛行家で、ドルニエDo-Jワール(Wal)飛行艇(D-2053)で1932年に世界一周周遊飛行に成功した。

1932年7月22日にドイツ北端シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州リストを出発、アイスランドのレイキャビク - グリーンランド - カナダのモントリオール・オタワ - アメリカのデトロイト・シカゴ・ミルウォーキー・ミネアポリス - カナダのウィニペグ ‐ アラスカのジュノー・ダッチハーバー・アッツ島 - 日本の幌筵島・根室・東京(1932/9/4)・名古屋・鹿児島- 中国の上海・香港 - アメリカ領フィリピンのマニラ・サンボアンガ -オランダ領インドネシアのスラバヤ・バタビア - イギリス領のマレーのマラッカ) - ビルマのラングーン・アキャッブ - インド帝国のコロンボ・ボンベイ・カラチ - イランのバンダルアッバース - イラクのバスラ - キプロス - ギリシャのアテネ - イタリアのローマ・ジェノバ ‐ ドイツのボーデン湖と、1932年11月9日に帰国した。

ドルニエDo-Jワール(Wal)飛行艇(D-2053)によるヴォルフガング・フォン・グロナウWolfgang von Gronau)の西回りの世界世界一周飛行は、110日を要し、搭乗者は合計4名だった。


写真(上)1930年、ノルウェー、オスロ、ルフトハンザ航空のドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇
;機首の客室は丸窓ガラス、操縦席は客室の後方・主翼真下に並列で置かれている。プロペラは、2翅を交差させた4翅とした。胴体中央脇の張出しフロート(浮き)には厚みがあり、丸いハッチがあるが、これは燃料吸入口であろう。エンジンの上には液冷エンジン用の箱板型ラジエーター(冷却器)が設けてある。アメリカ海軍が同伴する飛行機から撮影した写真。
Identifier: NTM C 3550 Subject: Lufthansa "Dornier Wal", omkring 1930 Avbildet sted: Norge Oslo Gressholmen Fotografering: 1930 (Omkring) Owner of collection: Norsk Teknisk Museum Institution: Norsk Teknisk Museum Date published: August 11, 2014 Date updated: July 18, 2015 DIMU-CODE: 011014273482 UUID: 4F502A72-516F-46C8-854C-B5F6A1D45D7B .
写真はNorsk Teknisk Museum・Identifier: NTM C 3550引用。



写真(上)1930−1935年頃、オランダ、オランダ海軍航空隊が採用したドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇(コード:CCCP-H8)
;主翼左右の端と垂直尾翼に、オランダの三色国籍マークがついている。主翼上面のマークは円形だが、垂直尾翼のマークは旗型。エンジンは2基の縦列串型タンデムに配備している。前部のプロペラは4翅プロペラ。
SDASM Archives Dornier Do-J Catalog #: 00078624 Manufacturer: Dornier Designation: Do-J Official Nickname: Wal.
写真はSDASM Archives・Catalog #: 00078624引用。


写真(右)1929年5月、オランダ、干拓地上を飛行するオランダ海軍航空隊のオランダ製ドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇(コード:D21);ドルニエ社から製造権を購入したオランダは、自国でDo-J飛行艇を生産した。主翼左右の端と垂直尾翼に、オランダの三色国籍マークがついている。主翼上面のマークは円形だが、垂直尾翼のマークは旗型。エンジンは2基の縦列串型タンデムに配備している。前部のプロペラは4翅プロペラ。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46169341 - Catalog:16_007404 - Title:Dornier Do J Wal D21, built under license in Holland, May 1929 Nowarra photo - Filename:16_007404.TIF .
写真はSDASM Archives・Catalog #: 16_007404 引用。


写真(右)1929年5月、日本、神戸、大日本航空はが購入したドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇(コード:J-BCDO);神戸、松山など瀬戸内海沿岸の民間航路に就役した。前部のプロペラは4翅プロペラ。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46169227 - Catalog:16_007395 - Title:Dornier Wal (Na 15 ?) Ka Kawasaki at Kobe - Filename: 16_007395.TIF .
写真はSDASM Archives・Catalog #: 16_007395引用。


写真(右)1925年、南米、コロンビア、ドルニエDo-Jワール(Whale)A飛行艇「アトランティコ」”Atlantico”[大西洋](コード:A19);エンジン2基を縦列串型タンデム配置し、プロペラは4翅プロペラで全部は牽引式、後部は推進式。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46169241 - Catalog:16_007396 - Title: Dornier Do J Wal A-A-19 1925 Columbia - Filename:16_007396.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. .
写真はSDASM Archives・Catalog #: 16_007396引用。


写真(右)1930年頃、ソビエト連邦、ソ連が採用したドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇(コード:CCCP-H8);キリル文字でCCCPとあるが、これはローマ字のUSSR、すなわちソビエト社会主義共和国連邦の略称である。主翼のエンジンナセルの上には、液冷エンジンに使用する板状の冷却器(ラジエーター)が乗っている。
SDASM Archives Dornier Do-J Catalog #: 00078619 Manufacturer: Dornier Designation: Do-J Official Nickname: Wal.
写真はSDASM Archives・Catalog #: 00078619引用。


写真(右)1930年頃、ソビエト連邦、ソ連が採用したドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇(コード:CCCP-H2);主翼上面のエンジンは2基の縦列串型に配備している。前部のプロペラは、2翅プロペラ2組を重ねた4翅プロペラだが、後部の推進式プロペラは2翅プロペラで、前後が異なっているように見える。主翼のエンジンナセルの上には、液冷エンジンに使用する板状の冷却器(ラジエーター)が乗っているが、空気抵抗が大きそうに見える。キリル文字でCCCPとあるが、これはローマ字のUSSR、すなわちソビエト社会主義共和国連邦の略称である。エンジンナセルの上面に、液冷エンジンを冷却する冷却水のための空気式冷却器(ラジエーター)が乗っている。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46169292 - Catalog:16_007400 - Title:Dornier Do J Wal SDASM Photo Collection - Filename:16_007400.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation .
写真はSDASM Archives・PictionID:46169292引用。


写真(右)1933−1938年、ドイツ第三帝国、ドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇(コード:60-G12);操縦席前にある機首と胴体後上方に、7.92ミリMG15旋回機関銃の銃座があるが、機首銃座には機銃は装着されていない。ナチ党政権になってから、ドイツ軍機の国籍マークは、胴体側面には白縁付き黒の鉄十字、垂直尾翼に赤帯、白丸に黒のナチ党スワスチカ(カギ十字)が描かれている。主翼上面のエンジンは2基の縦列串型に配備している。前部のプロペラは、2翅プロペラ2組を重ねた4翅プロペラだが、後部の推進式プロペラは2翅プロペラで、前後が異なっているように見える。キリル文字でCCCPとあるが、これはローマ字のUSSR、すなわち疎に絵と社会主義共和国連邦の略称である。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46169354 - Catalog:16_007405 - Title:Dornier Do J Wal 33 Nowarra photo - Filename:16_007405.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. .
写真はSDASM Archives・PictionID:46169354引用。



写真(右)1938年、デンマーク、デンマーク海軍が採用した白色塗装のドルニエDo-J/IIIワール(Whale;鯨)の正面
;機首のコックピットは、密閉式ガラス風防で、開放式ではない。主翼のエンジンナセルの上には、強化したBMW VI液冷エンジンにカバーが欠けられている。その上方の盛り上がっているところが冷却器(ラジエーター)のある。垂直尾翼には、赤地に白十字のデンマーク海軍旗が描かれている。TitleMarineflyvernes Nyerhvervelse - Dornier Wal-Maskinen - kom som ventet i Gaar Vandet ud for Flyvebaadstationen CreatorWissing, O. Resource typeFotografi GenresDokumentar og Pressefoto Begivenhed Date created1938 Topicfly flyvemaskiner flyvebåde propelmaskiner Ekspedition Aftenbladet 27. Apr. 1938 ekspeditioner IdDH008919.tif Shelf markBilledsamlingen. Historisk Kronologisk Samling, Danmark, 4° (1938) CommentOmbord var Marineingeniør Eskildsen
写真はDanmarks Nationalbibliotek Det Kgl. Bibliotek: IdDH008919.tif 引用。



写真(右)1938-1940年、デンマーク、デンマーク海軍が採用した白色塗装のドルニエDo-J/IIIワール(Whale)飛行艇(50)
;機首のコックピットは、厳寒を考慮して、開放式ではなく、密閉式でガラス風防が取り付けられている。桟橋につけている。主翼のエンジンナセルの上には、強化したBMW VI液冷エンジンにカバーが欠けられている。その上方の盛り上がっているところが冷却器(ラジエーター)のある。垂直尾翼には、赤地に白十字のデンマーク海軍旗が描かれている。
写真はDanmarks Flymuseum・Du er her: Generelt>Fly 1911 - 1940>Dornier DO J/III Wal (F.M.I) 1938-1940引用。


ドルニエ(Dornier)Do-J/IIIワール(Whale)飛行艇の諸元
巡航速度 190 km/h 最高速度 221 km/h
旋回直径: 11,27 m
空虚重量:6084?/全備重量:9500 kg
搭乗員: 4名
製造所: ドルニエ・フリードリヒスハーフェン工場(Dornier Werke, Friederichshafen, Tyskland)
発動機: BMW VI, 660馬力2基

写真(右)2010年、スペイン、マドリッド、スペイン航空博物館(Museo Del Aire Madri)、スペインの国籍マークを付けたドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇「プラス・ウルトラ」(Do16 Wal "Plus Ultra");Do16はDo-J IIの軍用型、Do-J IIは、Do-Jのロールス・ロイス(Rolls-Royce)エンジンをBMW VIエンジンに変換した発展型。スペイン南部、フエルバからアルゼンチン、ブエノスアイレスに1926年に初めて飛行したDo-Jワール(Whale)飛行艇。エンジンは主翼上面に2翅プロペラ2組を重ね、4翅プロペラとした。エンジンを2基の串型に配備している。
Description CASA built Dornier Do16 Wal "Plus Ultra" of AE, the first aircraft to fly from Spain (Huelva) to South America (Buenos Aires). 4/10. Date 20 April 2010, 09:01 Source Dornier Do16 Wal "Plus Ultra" Uploaded by Oxyman Author Hugh Llewelyn
写真は Wikimedia Commons, Category:Dornier Do J Wal・File:Dornier Do16 Wal "Plus Ultra" (5381218001).jpg引用。


ドルニエ(Dornier)Do-J飛行艇 IIは、Do-J飛行艇の搭載していたロールス・ロイス(Rolls-Royce)V型12気筒液冷エンジン(360馬力)エンジン2基を、BMW VI V型12気筒液冷エンジン(600馬力)2基に変換した発展型である。このドルニエDo-J II飛行艇を軍用型としたのが、ドルニエDo-16飛行艇と呼ばれた。


写真(右)2010年、スペイン、マドリッド、スペイン航空博物館(Museo Del Aire Madri)、スペインの国籍マークを付けたドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇「プラス・ウルトラ」(Do16 Wal "Plus Ultra")の正面
;1926年、スペイン南部、フエルバからアルゼンチン、ブエノスアイレスに初めて飛行したDo-Jワール(Whale)飛行艇。エンジンは主翼上面に2翅プロペラ2組を重ね、4翅プロペラとした。エンジンを2基の串型に配備している。
Description CASA built Dornier Do16 Wal "Plus Ultra" of AE, the first aircraft to fly from Spain (Huelva) to South America (Buenos Aires). 4/10. 20 April 2010, 10:58 Source Dornier Do16 Wal "Plus Ultra" Uploaded by Oxyman Author Hugh Llewelyn
写真は Wikimedia Commons, Category:Dornier Do J Wal・File:Dornier Do16 Wall (5382112872).jpg引用。



写真(右)2016年、ドイツ、バーデン=ヴュルテンベルク州、フリードリヒスハーフェン(Friedrichshafen)、ドルニエ博物館(Dornier Museum)、アムンゼンによる1925年5月の北極圏飛行に使用されたドルニエDo-Jワール(Whale)飛行艇N25のレプリカ
;エンジンは主翼上面に2翅プロペラ2組を重ね、4翅プロペラとした。液冷エンジンを2基の串型に配備している。
Description Dornier Do.J Wal replica at the Dornier Museum, Friedrichshaven airport,Germany, 20/04/16. Date 20 April 2016, 15:37 Source N25 Author Alec Wilson from Khon Kaen, Thailand.
写真はCategory:Dornier Museum・File:N25 (27001391275).jpg引用。


⇒写真集Album:ドルニエ(Dornier)Do-X飛行艇を詳細に見る。


Dornier Do J "Wal" :ドルニエDo-Jワール飛行艇の映像


The Amudson Polar Flight (1925) :アムンゼンの北極飛行の映像


2.ドルニエ Do-R ズーパーワール "Super-Wal" 飛行艇

写真(右)1917-1925年、ドイツ・ルフトハンザ航空ドルニエ Do-R ズーパーワール(Dornier Do R "Super-Wal")飛行艇「ブラウワール」(Blauwal:青鯨:シロナガスクジラ);陸上用で運用可能なように、胴体に巨大なゴム車輪を取り付けている。
Photographer: Unbekannt .
Title: Dornier "Superwal" Dating: 1917-1925.
Is Part Of: Junkers Flugzeugwerke AG, [1917-1925]. 2 Alben mit 659 Bildern (alle digitalisiert) .
Physical Description: Photography : paper print, mounted on cardboard .
Colour: black and white Orientation: Horizontal Special Size: ohne Angabe.
Categories: Propellers, View Collection, Unknown, Dornier, Propeller-driven aircraft Record Name: Ans_05338-02-205-AL-FL.
写真はETH-Bibliothek Zürich・Ans_05338-02-205-AL-FL 引用。


写真(右)1930年、離水急上昇するドイツ・ルフトハンザ航空ドルニエ Do-R ズーパーワール(Dornier Do R "Super-Wal")飛行艇
Photographer: Unbekannt .
Title: Grossverkehrsflugboot Typ Dornier Superwal Caption: Flugzeug, Wasserflugzeug, beim Wasserstart, Flugzeugname LUFT-HANSA Dating: ca. 1930 .
Is Part Of: Junkers Flugzeugwerke AG, [1917-1925]. 2 Alben mit 659 Bildern (alle digitalisiert) .
Physical Description: Photography : paper print.
Special Size: 8,5 x 13,5 cm Categories: View Collection, Unknown, 1921-1930, Dornier, 1931-1940, Hydroplanes Record Name: Ans_05035-461.
写真はETH-Bibliothek Zürich・Ans_05035-461引用。


写真(右)1929年12月20日、ドイツ・ルフトハンザ航空ドルニエ Do-R2 ズーパーワール(Dornier Do R2 "Superwal")飛行艇のキャビン;重量軽減のために客席は重量のある革製ソファーではなく籐椅子となっている。
Photographer: Photographisches Institut der ETH Zürich.
Title: Vordere Kabine einer Dornier R 2 Superwal Dating: 20.12.1929.
Physical Description: Reproduction photography : glass-plate negative Colour: black and white Orientation: Horizontal Format: 9 x 12 cm
Categories: ETH, Photographical Institut, Photographisches Institut der ETH Zürich, Architectural photography, Seating, 1921-1930, Aircrafts, Cabin
Record Name: PI_29-B-0239 .
写真はETH-Bibliothek Zürich・PI_29-B-0239 引用。


図(上)1920-1940年、ドルニエ DO-R-Jas ズーパーワール(Dornier DO-R-Jas "Super-Wal")飛行艇の三面図と内部図解;DO-R-Jasは、四発エンジンの大型飛行艇で、21座席とベットのあるキャビンを持つ。これは、双発のDO-J飛行艇を拡大した設計であり、飛行性能も悪くないが、経費が掛かりすぎる、すでに量産され使い慣れたDo-J飛行艇が多数就航していた2点から、Do-Rスーパーワールは大量生産されずに終わった。
Photographer: Unbekannt .
Title: Dornier Metall-Verkehrs-Flugboot Caption: Type DO-R-Jas Dating: 1920-1940
Physical Description: Photography : gelatine silver print.
Special Size: 13 x 21,7 cm Categories: Plans + Sketches, 1931-1940, Hydroplanes, View Collection, Unknown, 1921-1930, Dornier, Europe, Product photography, Propeller-driven aircraft Record Name: Ans_05050-082 .
写真はETH-Bibliothek Zürich・Ans_05050-082 引用。



写真(右)1930年頃、スペイン、ドルニエDo-R ズーパーワール "Super-Wal" 飛行艇
;ドルニエDo-R ズーパーワール は、Do-Jワール飛行艇を大型化し、エンジン2基だったのを2倍の4基として出力を向上した。エンジンは主翼上面に4翅プロペラでエンジンを2基の縦列串型タンデム配備している。初期型なので、操縦席の開放式。スペイン、カタルーニャ州、 ジャナラリター・デ・カタルーニャ(Arxiu Nacional de Catalunya : ANC)の保管するDo-Rの写真.
写真はEuropena Collections 引用。


写真(右)1928年、ノルウェー、オスロフィヨルド、グレスホルムン島上空を飛ぶドルニエ Do-R ズーパーワール(Dornier Do R "Super-Wal")四発飛行艇;ドルニエDo-Jワール双発飛行艇を大型化し、エンジンを2基から4基に増やし、20人乗りの飛行艇となった。これがDo-Rスーパー・ワール"Super-Wal"飛行艇である。後方、岸壁に横付けしている帆船はスパインの練習船であろうか。
Creditline Nationaal Archief/Collectie Spaarnestad/Het Leven/Fotograaf onbekend Fotograaf display Onbekend Codec-plaatsing 2734-1 The largest flying boat in the world the four engined Dornier Napier with room for 20 passengers in full flight. 1928. Kleur Zwart-Wit Opnamedatum vanaf (*) 1928 .
写真は2015 Spaarnestad Photo : beeldnummer SFA022812046引用。


写真(右)1928年6月、デンマーク、スピッツベルゲンで待機しているドルニエ Do-R ズーパーワール(Dornier R 4 Superwal)四発飛行艇 :エンジンは480馬力4基を搭載している。北極探検飛行中に行方不明になったイタリアのノビレ隊の飛行船「イタリア」"Italia"を捜索するために、スピッツベルゲンに向かった。
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-06004.
Original title: info Deutsche Hilfe für die Suche nach der verschollenen "Italia". Das deutsche Dornier-Grossflugboot mit vier 480 P.S. Motoren, welches zur Hilfeleistung des verschollenen Nobile und seinem Luftschifff nach Spitzbergen entsandt wird.
Archive title: Flugboot Dornier R 4 Superwal" der Società Anonima Navigazione Aerea (SANA), Kennung "I-RENE".
Dating: Juni 1928.
Photographer: o.Ang. Origin: Bundesarchiv .
写真はBundesarchiv: Signature: Bild 102-06004 引用。


写真(右)1933年、ノルウェー、オスロフィヨルド、グレスホルムン島上空を飛ぶドルニエ Do-R ズーパーワール(Dornier Do R "Super-Wal")飛行艇
Dornier "Super-Wal" i luften over Gressholmen, omkring 1933 Fotografering: 1933 - 1934 Identifier: NTM C 27979 Part of collection: NTM Owner of collection: Norsk Teknisk Museum Institution: Norsk Teknisk Museum Date published: August 11, 2014 Date updated: July 17, 2015 DIMU-CODE: 011014273177 UUID: 7F3667EF-3F34-4908-976A-6640465AC9F4 .
写真はNorsk Teknisk Museum・Identifier: NTM C 3550引用。


ドルニエ Do-R ズーパーワール(Dornier Do R "Super-Wal")飛行艇は、Do-Jワール双発飛行艇を四発飛行艇に拡大した大型飛行艇。Do-Rでは、前方キャビン(11名)だけでなく、後方キャビン(8名)も拡充し、乗客19名を運ぶことができた。ドルニエ Do-R ズーパーワール試作1号機(D-1115)は、ロールス・ロイス コンドル-IIIエンジン650馬力2基を縦列串型のタンデム配置とし、前部の牽引式プロペラ、後部の推進式プロペラを駆動するのはDo-Jワール飛行艇と同じだが、エンジンは2組4基搭載している。初飛行は、1926年9月30日だったが、生産機数は19機とDo-Jワール飛行艇よりもはるかに少なかった。

写真(上)1933-1934年、ノルウェー、オスロフィヨルド、グレスホルムン島上空を飛ぶドルニエ Do-R ズーパーワール(Dornier Do R "Super-Wal")飛行艇
"Super-Wal" og kaptein Meisterlin, Gressholmen, 1933-34. Motor: Bristol Jupiter. Fotografering: 1933 - 1934 Identifier: NTM C 27978 Part of collection: NTM Owner of collection: Norsk Teknisk Museum Institution: Norsk Teknisk Museum Date published: August 11, 2014 Date updated: July 17, 2015 DIMU-CODE: 011014273176 UUID: BD35834D-C854-4FE6-A3FF-D85C11EA101A .
写真はNorsk Teknisk Museum・Identifier: NTM C 27978 引用。


写真(右)1933年、ノルウェー、オスロフィヨルド、グレスホルムン島、ドルニエ Do-R ズーパーワール(Dornier Do R "Super-Wal")飛行艇(D-1447)
Dornier "Super-Wal" D-1447 vannet ved Gressholmen, omkring 1933 "Dornier-Superwal" D-1447, (innsats 1928-29). Luft-Hansa i samarbeid m. Norske Luftruter a/s. Fotografering: 1933 - 1934 Identifier: NTM C 27980 Part of collection: NTM Owner of collection: Norsk Teknisk Museum Institution: Norsk Teknisk Museum Date published: August 11, 2014 Date updated: August 11, 2014 DIMU-CODE: 011014273178 UUID: D60E4A6C-9263-449D-97C3-6F675660DECF .
写真はNorsk Teknisk Museum・Identifier: NTM C 3550引用。



3.ドルニエ(Dornier)Do-18飛行艇


写真(右)1930-1931年頃、ドイツ、ドルニエDo 18 DV-1飛行艇試作1号機
;エンジンは主翼上面に3翅プロペラの液冷エンジンを2基の串型に配備している。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46169991 - Catalog:16_007456 - Title:Dornier Do 18 DV-1 prototype of D series Nowarra Collection - Filename:16_007456.TIF.
写真はSDASM Archives・PictionID:46169991引用。


ドルニエ社は、ベストセラーになったDo.Jワール飛行艇の後継機として、形状を一回り大型化した輸送飛行艇を、ドイツ・ルフトハンザ航空のために開発した。この機体の構造は、Do.Jワール飛行艇を踏襲し、胴体支柱の上にエンジンとパラソル式の主翼を備えていた。そして、胴体左右に水上安定を確保する図る浮きを張り出させている。エンジン配置は、Do.Jワール飛行艇で採用したのと同じ串型で、主翼中央上面に、縦に置き、3翅の牽引式プロペラと推進式プロペラを備えている。発動機は、ユモJumo205ディーゼル6気筒エンジンで、燃費がいいために、航続距離の延長に寄与できた。


写真(右)1930-1931年頃、ドイツ、ドルニエDo 18 D飛行艇
;1933年ナチ党政権樹立以来、ドイツの国籍標識には、垂直尾翼に赤帯、白丸、黒の鍵十字を描いているが、この民間航空の国籍標識は、1935年のドイツ再軍備宣言、ドイツ空軍創設以降も引き継がれ、1939年9月の第二次世界大戦勃発まで続く。大戦では、この赤白の国籍指標は廃止され、ナチ党逆卍を白縁取りの黒で描いている。エンジンは主翼上面に3翅プロペラの液冷エンジンを2基の串型に配備している。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46170028 - Catalog:16_007459 - Title:Dornier Do 18D Nowarra
Collection - Filename:16_007459.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation.
写真はSDASM Archives・PictionID:46170028引用。


1934年、ドルニエは、ルフトハンザ航空用に大西洋横断定期郵便事業用の飛行艇を開発することになった。ルフトハンザ航空は、Do Jワール飛行艇を、ポルトガルのリスボンからブラジルに、大西洋横断便を就航させていた。

ドルニエ(Dornier)Do18は、1935年3月15日に初飛行した。1936年9月、ハンブルクから、アゾレス諸島を経由して、ニューヨークまで4,460kmを22時間15分で飛行した。ルフトハンザ航空は「世界初の西廻り大西洋横断定期郵便飛行に成功」と喧伝したが、1938年3月には、イングランドのデボン州からブラジルまでの8,391kmをノンストップ43時間で飛行し、水上機の飛行距離世界記録を達成した。

ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇の信頼性と航続力に注目したドイツ空軍は、1936年にDo18飛行艇を哨戒偵察機として制式し、1940年までに100機を生産した。しかし、第二次世界大戦緒戦時点で、性能的には高性能とはいえなかったが、信頼性が高いために、後方の連絡、海難救助の任務では1945年の終戦まで現役で使われた。しかし、ドルニエDo-18飛行艇は、前線任務には旧式化が歴然としていたために、1942年には後継のブローム・ウント・フォス BV 138に置き換えられた。



ドルニエDo18飛行艇は、戦前からルフトハンザ航空などの民間航路で活躍し、1939年に第二次世界大戦が勃発してからも、信頼性と航続力の高さを活かして、ドイツ空軍で当初は、哨戒偵察機として、後には、後方における連絡用務輸送、海難救助の任務で活躍した。生産機数は100機と飛行艇としては、それなりに量産されているが、旧式で鈍足の飛行艇が、1945年のドイツ敗戦時まで現役で使われていたのには驚かされる。


Dornier Do 18 :ドルニエDo-18飛行艇の映像


The S.S. Schwabenland catapults a 10 ton Dornier Do-18 flying boat. HD Stock Footage :飛行艇母船からカタパルト発射されるドルニエDo-18飛行艇の映像


4.ドルニエ(Dornier)Do-X超大型飛行艇

写真(右)1929年、ドイツ、ドルニエ社の格納庫でほぼ完成したと思われるドルニエDo-X 飛行艇;肩翼上面にシーメンス(Siemens)社ジュピター "Jupiterエンジン520馬力2基を縦列串型タンデム配置で6セット12基を搭載した。飛行艇の機首下面は、水・造波抵抗が少ないように鋭角になっているので、固定する木製台が敷かれている。金属製の船体は光り輝いており、ガラスの丸窓もきれいに並んでいる。プロペラは4翅木製一体構造である。
Collectie / Archief Het Leven (LEVEN 022) Beschrijving Vliegboten. Twaalfmotorige Dornier-vliegboot in hangaar. Duitsland, 1929. Datum 1929 Fotograaf Onbekend
写真はNationaal Archief: Spaarnestad Photo 引用。


Do-Jワール、Do-18飛行艇と同じく、超大型のDo X飛行艇は、水上安定性を確保するために、胴体中央部左右に浮きを張り出し、胴体上部に主翼をパラソル式に配備し、その上にエンジンを縦列縦型に配置している。正面から見ると、主翼上面にエンジンナセル6基が見えるが、これは前後2基のエンジンを縦列串型にエンジン12基を配置したため。エンジンは、シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)9気筒空冷星型エンジン525馬力で、流線型ナセルに縦列串型配置、12基の合計出力は6600馬力となる。

写真(右)1929年10月21日、ドイツ南部、スイス国境のボーデン湖、ドルニエDo-X 飛行艇(登録コード:D-1929)と乗客たちの搭乗記念写真;パラソル式主翼の上面に、シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を2機ずつ流線型のナセルに収納して、縦列串型に配置している。
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-08577 Original title: info Der Weltrecord-Flug des Dornier-Riesenflugbootes"Do X" mit 169 Passagieren in Altenrhein a/Bodensee!. Es ist das erste Mal, dass 169 Personen mit einem Luftfahrzeug beffördert wurden; ausser dem mitgefführten Betriebsstoff für 1200 km. was einem Gesamtgewicht von ca. 300 Passagieren entspricht. Die 169 Passagiere, welche den Recordflug des "Do X" mitmachten, vor dem Flugboot. Archive title: Altenrhein / Bodensee.- Flugboot Dornier Do X (D-1929) mit Passagieren, Weltrekord-Flug am 21.10.1929 Dating: 21. Oktober 1929 Photographer: Pahl, Georg Origin: Bundesarchiv .
写真はWikimedia Commons, Category:Dornier Do X・File:Bundesarchiv Bild 102-08577, Flugschiff Dornier Do X mit Passagieren.jpg引用。


ドルニエ(Dornie)Do X飛行艇D-1929は、前作のDo-Jワール、Do-18飛行艇と同じく、水上安定性を維持する胴体中央部左右の張出式の浮き(フロート)、胴体上部のパラソル式主翼、主翼上面の縦列串型エンジン配置を踏襲している。エンジンナセルは6カ所で、前後2基のエンジンを縦列串型に配置しているために、空気抵抗が半減できる。プロペラの回転は、前部が牽引式、後部が推進式である。

1929年の完成時には、シーメンス社のジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型(タンデム)配置で12基装備して合計 6600馬力だった。しかし、これでは50トンもある巨人飛行艇としてがアンダーパワーだった。そこで、エンジン変換がなされた。

写真(右)1930年8月 -1932年頃、海上を滑走・タキシングするドイツ共和国のドルニエDo-X 飛行艇(登録コード:D-1929);カーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン610馬力12基を2機ずつ箱型ナセルに縦列串型に搭載し、合計7680馬力を発揮できる。エンジンナセルは6個あるが、エンジンは前後の串型に装備しているので、エンジンは12基ある。これだけの数のエンジンを同一出力に調整するのは難しい作業で、それが本機の稼働率を低くした一員である。1933年のナチ党政権獲得前なので、尾翼には、ナチ党のスワスチカ(鍵十字)の国籍マークは描かれていない。
SDASM Archives Dornier Do-X PictionID:38275015 - Catalog:AL-135B 137 Dornier Do-X D-1929 - Filename:AL-135B 137 Dornier Do-X D-1929.tif - This image is from a photo album donated to the Museum by JL Highfill which includes images taken in the Pacific during the Second World War.
写真はSDASM Archives・PictionID:38275015引用。


ドイツのドルニエ(Dornier)Do X飛行艇(登録コード:D-1929)は、1929年7月に完成した。これは、エンジン12基を縦列前後に串型配置し、乗客100名を乗せることのできる重量70トンの巨人飛行艇である。1929年の完成時には、シーメンス社のジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型配置で12機装備していた。これで合計出力は最大で 6600馬力だった。

 しかし、総重量5トンに達するドルニエ(Dornier)Do X飛行艇(登録コード:D-1929)には馬力不足で、飛行性能が悪かったために、1930年8月には、エンジン変換、強化した。このエンジン変換後は、カーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン610馬力12基を2機ずつ箱型ナセルに縦列串型タンデム配置で搭載している。これで、合計出力は最大7680馬力を発揮できるようになった。

ドルニエ(Dornier)Do X飛行艇(登録コード:D-1929)は、1930年11月から1932年5月にかけて、18カ月をかけて、大西洋を周遊するデモ飛行を行った。大西洋周遊ツアーには、ドルニエ社の創始者(Claude Dornier)と搭乗員14名で、ドイツのバーデン湖から出発し、ポルトガルのリスボン、スペイン・カナリア諸島ラス・パルマス、スペイン領サハラのリオデオロ、ブラジル東岸リオデジャネイロ、 プエルトリコ(アメリカ領)、アメリカのフロリダ州マイアミ、ニューヨーク、 大西洋のアゾレス諸島(ポルトガル領)などを経由して、ベルリンへ周遊飛行に成功した。

⇒写真集Album:ドルニエ(Dornier)Do-X巨人飛行艇を詳しく見る。


5.ドルニエ(Dornier)Do-24 飛行艇


写真(右)1933年頃、ドイツ、ドルニエDo 24V-1飛行艇試作1号機
;ドルニエDo 24V-1飛行艇試作1号機は、1937年7月3日、初飛行。エンジンにはユモJumo205ディーゼルエンジンを装備。機首上面と胴体後上面にも銃座はない。胴体には、ドイツの国籍標識の黒の鉄十字、尾部には、ナチ党のスワスチカ(鍵十字)のドイツ国籍マークが記入されているはずである。
Ray Wagner Collection Image PictionID:46170215 - Catalog:16_007474 -
Title:Dornier Do 24V-1 Dornier photo - Filename:16_007474.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation .
写真はSDASM Archives・PictionID:46170215引用。


写真(右)1937-1938年頃,水上待機中のドルニエ(Dornier) Do 24V-1 飛行艇試作機1号機 :Do24飛行艇試作機1号機V1は、1937年初飛行なので試作2号機V2の飛行写真は、それ以降のものである。オランダへの輸出向け機体。エンジンは、ドルニエでの開発当初、燃費のいいユンカース社ディーゼルエンジンを搭載していた。しかし、発注者のオランダ軍は、自国で普及しているライト・サイクロン空冷星形エンジンを搭載することを求めたた。そこで、Do 24V-2 飛行艇試作機2号機では、エンジンを変換し、要求に応じた。垂直尾翼にナチ党のマークを引用した赤帯に白丸とハーケンクロイツを描いた国籍マークが描かれている。
SDASM Archives Wagner Collection Image PictionID:46170228 - Catalog:16_007475 - Title:Dornier Do 24V-1 Nowarra Collection - Filename:16_007475
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46170228引用。


写真(右)1938-1939年頃、オランダ海軍航空隊が採用したドニエDo 24飛行艇;主翼の両端と胴体後部側方にオランダの国籍マークが描かれている。機首上面と胴体後上面に銃座があり、そこに各々7.92ミリ旋回機銃各1丁が搭載されている。
SDASM Archives Dornier Do 24 Charles Daniels Collection Photo from "German Aircraft" Album
PictionID:38235310 - Catalog:Array - Title:Array - Filename:15_002297.TIF - -------Image from the Charles Daniels Photo Collection.----Album: German Aircraft.
写真はSDASM Archives: PictionID: 38235310引用。


ドルニエDo24飛行艇は、胴体中央部の両側に張出し式フロートを備え、パラソル式主翼にていた。エンジン3基を装備した。エンジンは、当初、燃費のよいユンカースJumo205ディーゼルエンジンを搭載したが、オランダから発注を受けた際に、オランダで使用しているアメリカ製ライト(Wright)社のサイクロン(Cyclone)R-1820 空冷星形9気筒エンジン1200馬力を搭載するよう変更された。試作第1号機V1は、1937年7月に初飛行。

ドイツ機の国籍記章は、1933年1月末、ナチ党政権となってから、当初は、黒白赤三色ストライプの国章だったが、1935年の再軍備宣言、ドイツ空軍創立以降、垂直尾翼にナチ党のマークを使った赤帯に白丸とハーケンクロイツを描いた国籍マークが採用された。プロシア貴族、ユンカーの伝統ではなく、新たなナチ党の人種的イデオロギーを具現化したハーケンクロイツは、ヒトラーンは是が非でも軍に取り込みたいと感じていた。その後、1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、赤帯と白丸は目立つために敵からの標的にされやすかった。しかし、ハーケンクロイツを外すことは許されず、黒色のハーケンクロイツのみが小さく描かれるようになった。

写真(右)1937-1940年,オランダ海軍航空隊所属のドルニエ(Dornier) Do 24V-3 飛行艇X-1:Do24V-3飛行艇試作機3号は、1937年初飛行したオランダへの輸出向け機体。エンジンは、ドルニエでの開発当初、燃費のいいユンカース社ディーゼルエンジンを搭載していた。しかし、発注者のオランダ軍は、自国で普及しているライト・サイクロン空冷星形エンジンを搭載することを求めたた。そこで、Do 24V-2 飛行艇試作機2号機では、エンジンを変換し、要求に応じた。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46170278 - Catalog:16_007479 - Title:Dornier Do 24V-3 after delervy to the Royal Dutch Navy Dornier photo - Filename:16_007479.TIF .---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46170278引用。


ドルニエ(Dornier)Do 24飛行艇は、第二次世界大戦前、オランダがドイツのドルニエ社に発注した軍用飛行艇で、オランダ海軍航空隊が、東インド諸島(インドネシア)のオランダ植民地で使用するための偵察飛行艇である。ドルニエ社は開発を受けてドルニエ(Dornier)Do 24飛行艇試作機V1を1937年に初飛行させ、オランダが採用して、ライセンス生産された。

第二次世界大戦で、1940年5月にドイツがオランダを占領すると、オランダ軍が使用していた飛行機は、ドイツ軍に鹵獲され、さらにオランダが生産していた軍用機の生産も、ドイツの監督下で、ドイツ軍のために継続され、合計 279機が生産された。ドルニエ(Dornier)Do 24飛行艇は、ドイツ空軍において海上救助、洋上偵察用に投入された。

写真(右)1940年4月,ノルウェー、ナルビクのフィヨルドに停泊するドイツ空軍ドルニエ(Dornier)Do-24 飛行艇 (TJ+HR ?)
Inventory: Bild 101 II - Propagandakompanien der Wehrmacht - Marine Signature: Bild 101II-MW-5618-02 Archive title: Norwegen, Narvik.- Beschädigte Hafenanlagen, zerstörte Gebäude auf einem Kai. Davor ein Wasserflugzeug Dornier Do 24 (TJ+HR ?) wassernd; PK Dating: April 1940 Photographer: Böttger, Gerd Origin: Bundesarchiv
写真はドイツ連邦アーカイブBundesarchiv・File:Bundesarchiv Bild 101II-MW-5618-02, Narvik, beschädigter Hafen, Flugboot Do 24.jpg引用。



Dornier Do24の動画


Dornier Do24K の動画


6.ドルニエ(Dornier)Do 26飛行艇

写真(右)1938-1939年,第二次大戦勃発前のドルニエ(Dornier) Do 26飛行艇試作機V-1 :ドルニエDo-26飛行艇の初飛行は、第二次大戦15カ月前の1938年5月21日で、大戦前のドイツの国籍識別マークは、垂直尾翼の赤帯に白丸を背景にしたスワスチカ(ナチ党のカギ十字)
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46170329 - Catalog:16_007483 - Title:Dornier Do 26V-1 Nowarra Collection - Filename:16_007483.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46170329引用。


1938年5月21日に初飛行したドルニエ(Dornier)Do 26四発飛行艇は、民間機として使われるはずだったが、1939年9月に第二次世界大戦が勃発、ドイツ空軍の哨戒偵察機として使用されるることになった。ただし、Do 26飛行艇の生産数は試作機6機のみ。

ドルニエ(Dornier)Do 26飛行艇の諸元
全長: 24.50m、全幅: 30.0m、全高: 6.90m
翼面積: 120 平方メートル
空虚重量: 10,200 kg、搭載量: 500 kg
全備重量: 20,000kg
発動機: ユンカース ユモ 205C 600馬力 4基
最高速力: 335km/h、巡航速度: 310km/h
航続距離: 9,000km、巡航高度: 4,600 m

写真(右)1939-1943年,飛行中の迷彩塗装をほどこしたドイツ空軍ドルニエ(Dornier) Do 26飛行艇試作6号機V-6:主翼後上方には機銃スポンソンを設けているが、機首の15.1ミリMG151動力式銃塔は未装備。飛行艇が地上を低空飛行しているが、迷彩塗装の硬化が窺われる。ドイツの国籍識別マークは、戦前は垂直尾翼の赤帯に白丸を背景にしたスワスチカ(ナチ党のカギ十字)だったが、戦時中は黒のスワスチカだけになった。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46170380 - Catalog:16_007487 - Title: Do 26V-6 front MG 151 turret not yet installed Dornier photo - Filename:16_007487.TIF .
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46170380 引用。



7.クロード・ドルニエ(Claude Dornier)の飛行機開発

写真(右)1927年,ドルニ エ金属加工有限会社社長クロード・ドルニエ(Claude Dornier)博士
Inventory: Bild 183 - Allgemeiner Deutscher Nachrichtendienst - Zentralbild Signature: Bild 183-R02094 Original title: info Zentralbild Prof. Dr.-Ing. h.c. Claude Dornier, Flugzeugkonstrukteur, geb. 14.5.1884 in Kempten/Allgäu; Chef der Dornier-Metallbauten GmbH in Friedrichshafen a.B.; er baute 1922 den Dornier-Wal, 1926 das Dornier-Superwal-Flugzeug und 1929 die "Do X". Aufnahme 1927 12301-27 Archive title: Claude Dornier am Schreibtisch sitzend Dating: 1927 Photographer: o.Ang. Agency: Scherl Origin: Bundesarchiv
写真はBundesarchiv,File:Bundesarchiv Bild 183-R02094, Claudius Dornier.jpg引用。


写真(右)1930年3月,ドルニエ金属加工有限会社社長クロード・ドルニエ(Claude Dornier)博士:1929年、世界最大の巨人機ドルニエDo-X飛行艇を完成させ、乗客169名を乗せて飛行性世界記録を樹立した。
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-09496 Original title: info Dr. Dornier, der geniale Construkteur und Schöpfer des größten deutschen Flugbootes Do X, wird dasselbe bei seiner Fahrt nach Amerika begleiten Archive title: Porträt Claude Dornier Dating: März 1930 Photographer: Pahl, Georg Origin: Bundesarchiv
写真はBundesarchiv,File:Bundesarchiv Bild 102-09496, Claude Dornier.jpg引用。


クロード・ドルニエClaude Dornier)は、フランス人の父とドイツ人の母の子として、1884年5月14日にドイツ帝国バイエルン王国で生まれ、ミュンヘン工科大学で機械工学を学んだ。卒業後、1910年に、ツェッペリン飛行船(Luftschiffbau Zeppelin)に入社し、社長のツェッペリン伯爵に引き立てられて、1913年にドイツ国籍を取ることができた。ドルニエを、クロード(Claude)とフランス語風にではなく、クラウディウス (Claudius) とドイツ語風に呼び習わすのは、そのためである。 クラウディウス・ドルニエClaudius Dornier)は、ドイツ南部、ボーデン湖畔リンダウに設立されたツェッペリン・リンダウ製作所で飛行機の開発を行った。

 1914年8月、第一次世界大戦が勃発すると、航空兵力の重要性が高まったため、クラウディウス・ドルニエClaudius Dornier)にも才能を発揮する機会が訪れた。1916年、設計事務所をフリードリヒスハーフェンFriedrichshafen)に設けた。1917年、ドルニエの部署は、ツェッペリン・コンツェルンの中 リンダウ・ツェッペリン工場有限会社(Zeppelin Werk Lindau GmbH)ととして独立し、ドルニエが社長に就任した。こうして、ドルニエは、ツェッペリン‐リンダウ(Zeppelin-Lindau)CL.I複葉機、とドルニエ・ツェッペリン(Dornier-Zeppelin)D.I戦闘機を設計、開発した。これら複葉機は、金属応力外皮の堅牢な機体で、片持翼で支柱のない洗練された主翼を持っていた。

写真(右)1931年,Do K-3輸送機の前に立ったドルニ エ金属加工有限会社社長クロード・ドルニエ(Claude Dornier)博士:ドルニエ Do K‐1(Dornier Do K)は、クラウディウス・ドルニエにより開発された、乗客8名の旅客輸送機で、1929年5月7日に初飛行をした。しかし、パワー不足の為、300馬力のワルター空冷星形エンジン4基に強化したDo K-3輸送機が作られたが、性能はあまり改善せず、結局、3機試作されただけで終わった。
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-03504A Original title: info Flugzeugkonstrukteur Dornier Archive title: Prof. Dr. Claude Dornier vor Flugzeug Dornier Do K-3 (Kennung D-2183; Erstflug August 1931) Dating: 1931 ca.
写真はBundesarchiv,File:Bundesarchiv Bild 102-03504A, Claudius Dornier.jpg引用。


第一次世界大戦でドイツが破れ、1919年11月に、ベルサイユ条約が結ばれると、ドイツは戦車・潜水艦の保有は禁止され、航空兵力も事実上禁止されるなど、大幅な軍備制限を受けることとなった。しかし、敗戦後のドイツ・ワイマール共和国でも、航空機の重要性は認識されており、クラウディウス・ドルニエClaudius Dornier)らは、ベルサイユ条約による妨害を受けずに飛行機を開発しようと、ベルサイユ条約の制限のない国外に飛行機の設計・開発・製造の拠点を移した。フリードリヒスハーフェンFriedrichshafen)航空会社を維持しつつ、ドイツ南部、ボーデン湖畔のスイス側のロールシャッハに工場を設け、1921年8月には、3座の小型飛行艇「リベレ」“Libelle“を初飛行させた。

 Do A小型飛行艇「リベレ」“Libelle“は、のちのDo-Jワールの小型版といった形だった。即ち、パラソル式高翼、主翼上のエンジン、胴体中央部の張出し式フロートが、備わっている。

Do-A小型飛行艇「リベレ」“Libelle“の諸元
ヴュルテンベルク州ボーデン湖畔、フリードリヒスハーフェンFriedrichshafen)工場で製造
全長: 7.18 m、全幅: 8.5 m、全高: 2.27 m
翼面積: 14 平方メートル
空虚重量: 420 kg、総重量: 640 kg
シーメンス(Siemens-Halske Sh 4)5気筒空冷星形エンジン (60馬力)1基搭載
最高速力:120 km/h、巡行速力: 100 km/h、
航続距離: 300 km、実用上昇限度(Service ceiling): 1,600 m

写真(右)1930−1940年頃,ドルニ エ金属加工有限会社社長クロード・ドルニエ(Claude Dornier)博士:、1884年5月14日 - 1969年12月5日)は、ドイツの航空技術者。バイエルンで生まれ。
Dornier, Claude Catalog #: BIOD00316 Last Name: Dornier First Name: Claude Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSDASM Archives,Catalog #: BIOD00316引用。


 クラウディウス・ドルニエClaudius Dornier)は、1922年、イタリア、ピサ海岸(Marina di Pisa)に(CMASACostruzioni Mechaniche Aeronautiche S.A.)を設立したが、ここではドルニエの世界的傑作機Do.J ワール飛行艇が開発され、1922年11月に初飛行させている。べルサイユ条約の航空兵力禁止により、ドイツ国内では大型の飛行艇の製造が事実上できなかったため、ドルニエは、1922年、イタリアのマリーナ・ディ・ ピサ海岸(Marina di Pisa)の飛行機修理工場を買い取り、子会社とし、Do‐Jワール“Wal”飛行艇の組み立てを行ったのである。

ドルニエDo-J飛行艇の成功のおかげで、1922年、クラウディウス・ドルニエClaudius Dornier)は、リンダウ・ツェッペリン工場有限会社の共同出資者に昇格し、これをドルニエ金属加工有限会社(Dornier Metallbauten GmbH)と改称して、ボーデン湖畔のドルニエ・ボーデン湖畔、フリードリヒスハーフェンFriedrichshafen)を充実させた。こうして、ドルニエは飛行機製造者として独立したのである。


写真(上)1942年、ドイツ、コンスタンツ湖、アルテンハインのドルニエ(Dornier)工場の飛行艇滑走路、空港ターミナル;シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)9気筒空冷星型エンジン525馬力を流線型ナセルに縦列串型配置で12基装備、合計6600馬力。プロペラは4翅木製一体構造ガラスの丸窓もきれいに並んでいる。
Title: Altenrhein, Dornier Werke
Caption: Im Vordergrund: Staad/SG mit der Eisenbahnlinie Staad-Rheineck Dating: 1942 Photography : gelatine silver print
Special Size: 12,5 x 17,5 cm Categories: Airport buildings + Airport terminals, Views of locations and cities, Runway, Places, View Collection, Unknown, Lake of Constance, Altenrhein
写真はETH-Bibliothek Zürich・Record Name: Ans_13644引用。


写真(右)1930−1940年頃,飛行技師クロード・ドルニエ(Claude Dornier)博士:1884年5月14日生まれ、- 1969年12月5日死去。
SDASM Archives Dornier, Claude Dornier, Claude Catalog #: BIOD00317 Last Name: Dornier First Name: Claude Notes: Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSDASM Archives,Catalog #: BIOD00317引用。


永岑三千輝(2016) 「ヴェルサイユ体制下ドイツ航空機産業と秘密再軍備(4)」 「『横浜市立大学論叢』Vol.67、No.1・2 には、次のようにある。

ナチスの政権掌握(1933年1月)とともに始まった大々的な秘密再軍備 (公然化は1935年)の中で、航空機産業の軍用機生産はとりわけ急速に拡 大した。その前提となったのは、ワイマール期、ヴェルサイユ条約履行体 制下の民需用飛行機の開発であった。既述のハインケルとユンカースがナ チス期再軍備の中核に位置付けられたことは言うまでもないが、ドルニエ 社も、1934−35年のミルヒの航空機秘密再軍備の計画の中で、計画の筆 頭にあげられ、重要な位置を占めていた1。いやむしろ、爆撃機においては、生産者の筆頭にあげられ、ユンカースが副次的役割(補助的爆撃機の 生産)に置かれている。そのことは、下記の表4−1が示すとおりであり、 ドルニエ社の陸上爆撃機320機は、ユンカースの陸上爆撃機450機に次ぐ 大量の製造計画となっている。水上機タイプでも21機、実験的新型爆撃機 シリーズを含むその他各種の機種のなかにも、ハインケル111機、ユンカー ス86機と並んで、ドルニエ17機が含まれている。

このミルヒ計画が拡大された1934年1月1日の緊急計画(ラインラント 計画)においても、爆撃機としてのドルニエ機(Do11,Do13/Do23)の生 産計画は総数400機で、ユンカース450機とほぼ並び、ハインケルの各機 種の合計693機についできわめて大きな役割を与えられていることは明確である。 それでは、このドルニエ社は、ヴェルサイユ体制下においては、どのよ うに開発・活動実績を上げ評価されていたのであろうか。

結論的に言えば、 民間航空機開発で世界的に注目を集める開発を次々に成功させ、その実績 が世界的にも認められていたということである。ドルニエは、飛行機にお ける軍需から民需への転回においてユンカースとともに当時の世界の最先 端を走ったということである。その当時の名声のもと、外国の顧客の要望 に応じて軍用機需要にも対応し、自社の軍用機生産の技術・ノウハウも蓄 積し人員を養成して行った。

写真(右)1950−1960年頃,飛行技師クロード・ドルニエ(Claude Dornier)博士:1884年5月14日生まれ、- 1969年12月5日死去。
Dornier, Claude Catalog #: BIOD00315 Last Name: Dornier First Name: Claude Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSDASM Archives,Catalog #: BIOD00315引用。


  1933年1月末のナチ政権誕生直後からの航空戦力における秘密再軍備の 規模と迅速さの意味合いを確認するために、まず、1920年から32年の民 間機と軍用機の生産の統計を確認しておこう。
表4−3から明らかなように、1920−32年の間の軍用機生産が合計でわ ずかに343機であり、飛行機生産の一割程度であることがわかる。民間機 から軍用機への改造はこの程度の機数があれば経験を蓄積でき、最低限必 要な設計変更を行ったということであろう。ともあれ、この統計でヴェル サイユ体制下・空軍力禁止下の軍用機生産規模を確認することが出来る。 ヴェルサイユ体制下13年間の総生産機数は3284機である。ミルヒ計画 はわずか2年間に4千機を超える大々的な計画となっている。いかにナチ 政権とともに軍用機生産の飛躍的拡大が目指されたかがわかるであろう。 そして、それが可能であったのは、非常にポピュラーなユンカース52、あ るいはドルニエ機、例えば周知のドルニエ「クジラ」が特別の困難もなく長距離偵察機に転換できたからであった6。当時の飛行機の発達段階からして、民間旅客機と軍用機との相互転用関係、用途・機能の転回は非常に 容易なレベルにあったといえよう。

もう一つ確認できることは、この秘密再軍備計画において主要な実戦用 ないし作戦用軍用機は、ドルニエ、ハインケル、ユンカースの三社が担っ ていたということであり、他の機種ではアラドが一部戦闘機に食い込んで いるだけであった。その他のワイマール期の多数の航空機生産企業は、パ イロット訓練用の練習機中心であり、語の厳密な意味からは軍用機とは必 ずしも言えない類の機種の生産を託されただけである。

したがって、ハイ ンケル、ユンカース、そしてドルニエに焦点を当てることは、ヴェルサイ ユ体制下ドイツ航空機産業の発達、生産と市場の軍需用から民需用への転 回、さらには民需用から軍需用への再転回、秘密再軍備の実態を考える上 では妥当な選択ではないだろうか。 ナチ政権初期の秘密再軍備政策以降、軍用機は、ワイマール期航空機生 産企業のうち旅客機等の民間機で最先端の実績を上げ、それを国内外で提 供し、世界的な評価を確立した優良企業に託された、ということであろう。

永岑三千輝(2016) 「ヴェルサイユ体制下ドイツ航空機産業と秘密再軍備(4)」 「『横浜市立大学論叢』Vol.67、No.1・2 引用終わり。


Die Anfänge von Claude Dornier :クロード・ドルニエの映像


Claude Dornier :クロード・ドルニエ伝記映像

2011年7月刊行の『写真・ポスターに見るナチス宣伝術-ワイマール共和国からヒトラー第三帝国へ』青弓社(2000円)では、反ユダヤ主義、再軍備、ナチ党独裁、第二次世界大戦を扱いました。
 ここでは日本初公開のものも含め130点の写真・ポスターを使って、ヒトラーの生い立ち、第一次大戦からナチ党独裁、第二次大戦終了までを詳解しました。
バルカン侵攻、パルチザン掃討戦、東方生存圏、ソ連侵攻も解説しました。


◆毎日新聞「今週の本棚」に『写真・ポスターから学ぶ戦争の百年 二十世紀初頭から現在まで』(2008年8月25日,青弓社,368頁,2100円)が紹介されました。ここでは,第二次大戦,ユダヤ人虐殺・強制労働も分析しました。


ナチ党ヒトラー独裁政権の成立:NSDAP(Nazi);ファシズムの台頭
ナチ党政権によるユダヤ人差別・迫害:Nazis & Racism
ナチスの優生学と人種民族:Nazis & Racism
ナチスT4作戦と障害者安楽死:Nazism & Eugenics
ドイツ国防軍のヒトラー反逆:Ludwig Beck
ゲオルク・エルザーのヒトラー暗殺未遂:Georg Elser
ポーランド侵攻:Invasion of Poland;第二次大戦勃発
ワルシャワ・ゲットー写真解説:Warsaw Ghetto
ウッジ・ゲットー写真解説:Łódź Ghetto
ヴィシー政権・反共フランス義勇兵:Vichy France :フランス降伏
バルカン侵攻:Balkans Campaign;ユーゴスラビア・ギリシャのパルチザン
バルバロッサ作戦:Unternehmen Barbarossa;ソ連侵攻(1)
スターリングラード攻防戦;Battle of Stalingrad :ソ連侵攻(2)
ワルシャワゲットー蜂起:Warsaw Uprising
アンネ・フランクの日記とユダヤ人虐殺:Anne Frank
ホロコースト:Holocaust;ユダヤ人絶滅
アウシュビッツ・ビルケナウ収容所の奴隷労働:KZ Auschwitz
マウトハウゼン強制収容所:KZ Mauthausen
ヒトラー:Hitler
ヒトラー総統の最後:The Last Days of Hitler
自衛隊幕僚長田母神空将にまつわる戦争論
ハワイ真珠湾奇襲攻撃
ハワイ真珠湾攻撃の写真集
開戦劈頭の「甲標的」特別攻撃隊

サイパン玉砕戦:Battle of Saipan 1944
沖縄玉砕戦と集団自決:Battle of Okinawa 1945
沖縄特攻戦の戦果データ
戦艦「大和」天1号海上特攻 The Yamato 1945
人間爆弾「桜花」Human Bomb 1945
人間魚雷「回天」人間爆弾:Kaiten; manned torpedo
海上特攻艇「震洋」/陸軍特攻マルレ艇
日本陸軍特殊攻撃機キ115「剣」
ドイツ軍装甲車Sd.Kfz.250/251:ハーフトラック
ドイツ軍の八輪偵察重装甲車 Sd.Kfz. 231 8-Rad
スターリングラード攻防戦;Battle of Stalingrad
ソ連赤軍T-34戦車
VI号ティーガー重戦車
V号パンター戦車
ドイツ陸軍1号戦車・2号戦車
ドイツ陸軍3号戦車・突撃砲
ドイツ陸軍4号戦車・フンメル自走砲
イギリス軍マチルダMatilda/バレンタインValentine歩兵戦車
イギリス陸軍A22 チャーチル歩兵戦車: Churchill Infantry Tank Mk IV
イギリス軍クルーセーダーCrusader/ カヴェナンター/セントー巡航戦車
イギリス陸軍クロムウェル/チャレンジャー/コメット巡航戦車
アメリカ軍M3Aスチュアート軽戦車/M3グラント/リー中戦車
アメリカ陸軍M4シャーマン中戦車Sherman Tank
イギリス軍M4A4シャーマン・ファイアフライ Sherman Firefly戦車
シャーマン・クラブフライル地雷処理戦車 Sherman Crab Flail
英軍M10ウォルブリン/アキリーズ駆逐自走砲GMC
アンネの日記とユダヤ人
与謝野晶子の日露戦争・日中戦争
ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He111爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-188爆撃機/Ju388高高度偵察機
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
ブロームウントフォッスBV138飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機/夜間戦闘機
ドイツ空軍(Luftwaffe)メッサーシュミット戦闘機
ドイツ空軍フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw-190戦闘機
ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥
ハンセン病Leprosy差別

2018年5月4日開設の鳥飼研究室へのご訪問ありがとうございます。データ引用の際は,出所を明記するか,リンクをしてください。
連絡先: torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 
東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Fax: 0463-50-2078
Flag Counter


Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 7000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.
Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2018 All Rights Reserved.