Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内

◆ドルニエ(Dornier)Do-X 12発飛行艇;大西洋横断航路の開拓
写真(上)1929年、ドイツ、ドルニエ社の格納庫でほぼ完成したドルニエDo-X 飛行艇
;肩翼上面にシーメンス(Siemens)社ジュピター (Jupiter)エンジン520馬力2基を縦列串型タンデム配置で6セット12基を搭載した。飛行艇の機首下面は、水・造波抵抗が少ないように鋭角になっているので、固定する木製台が敷かれている。金属製の船体は光り輝いており、ガラスの丸窓もきれいに並んでいる。プロペラは4翅木製一体構造である。
Categorie Verkeer Creditline Nationaal Archief/Collectie Spaarnestad/Het Leven/Fotograaf onbekend Fotograaf display Onbekend Codec-plaatsing 2734-1 Bijschrift NL Vliegboten. Twaalfmotorige Dornier-vliegboot in hangaar. Duitsland, 1929. Bijschrift EN Flying boats. Twelve-engined Dornier flying boat in hangar. Germany, 1929. Trefwoorden Engels Land Duitsland Collectie Het Leven (LEVEN 022) Publicatie 1 - naam - jrgng - nr - pag. Het Leven;1929;29; Kleur Zwart-Wit Opnamedatum vanaf (*) 1929
写真は2015 Spaarnestad Photo SFA022812041引用。

写真(上)1931年8月26日、バージニア州ノーフォーク(Norfolk )、ドイツ共和国のドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)
;全長 40m、全幅 48.05m、全高 6.4m、翼面積 450平方メートル、 空虚重量 29,500kg、全備重量 56,000kg、発動機(ジュピターを換装): カーチス・コンカラーエンジン(600馬力)12基、最高速力 215km/h、巡行速力 190km/h、航続距離 2800km。1933年のナチ党政権獲得前なので、尾翼には、ナチ党のスワスチカ(鍵十字)の国籍マークは描かれていない。
SDASM Archives Dornier Do-X PictionID:38276032 - Catalog:AL-135B 139 Dornier Do-X D-1929 New York 1931 - Filename:AL-135B 139 Dornier Do-X D-1929 New York 1931.tif .
写真はSDASM Archives・PictionID:38276032 引用。


写真(右)1929年10月29日に初飛行したのドルニエ(Dornier) Do X 大型飛行艇の側面構造図と上面図
:全長40m、全幅48.05m、全高6.4m、翼面積450m2、総重量52,000kg、最高速速力215km/h、航続距離2800km、乗員10名、乗客160名。
Datensatz 70046962 Katalog: Technikgeschichte - Verkehr - Luft- und Raumfahrt - Motorflugzeuge - Hersteller - Dornier Foto: Unbekannter Fotograf, undatiert
写真は, SLUB / Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: df_hauptkatalog_0020391引用。

◆当研究室掲載のドイツ連邦アーカイブ写真は,Wikimediaに譲渡された解像度の低い写真ではだけではなく,アーカイブに直接,届出・登録をした上で引用しているものが大半です。引用は原則有料,他引用不許可とされています。


1.ドルニエ(Dornier)Do-X大型飛行艇

写真(右)ドイツ、ドルニエ社の格納庫で製造中のドルニエDo-X 飛行艇(登録コード:D-1929);主翼の骨組みを製造中で、全高が高いので、階段付きの足場が組まれている。金属製の船体は光り輝いており、ガラスの丸窓もきれいに並んでいる。
Fra Verksted/fabrikk. Dornier DO.X Fly: Motorer: 12x 520 hk Siemens "Jupiter". Vingespenn: 47,8 m. Lengde: 40,5 m. Maks totalvekt 49000 kg. Maks hast.: 242 km/t. Eierskap Giver/siste eier: Gyldendal Norsk Forlag sikker Fotografering: 1927 - 1930
Identifier: NL.03080068 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum
Date published: November 21, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015548246 UUID: 1763942C-909F-4A76-B6F0-88935CB5AA27
写真はNorsk Luftfartsmuseum: Identifier: NL.03080068 引用。


写真(右)1929年7月、ドイツ,ドルニエ社の格納庫、完成したばかりのドルニエDo-X 飛行艇(登録コード:D-1929);Do-Jワール、Do-18飛行艇と同じく、水上安定性を確保するために、胴体中央部左右に浮きを張り出し、胴体上部に主翼をパラソル式に配備し、その上にエンジンを縦列縦型に配置している。正面から見ると、主翼上面にエンジンナセル6基が見えるが、これは前後2基のエンジンを縦列串型にエンジン12基を配置したため。エンジンは、シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)9気筒空冷星型エンジン525馬力で、流線型ナセルに縦列串型配置、12基の合計出力は6600馬力となる。
Original title: info Das grösste Flugboot der Welt "Do X" ein Wunderwerk deutscher Technik! Das grösste 12 Motoren-Flugboot der Welt "Do X" wurde in den Dornier-Werken in Altenrhein/Schweiz nach anderthalbjähriger Arbeit fertiggestellt. "Do X" , genannt das fliegende Hotelschiff, kann hundert Passagiere aufnehmen und 12 Motoren von insgesamt 6000 P.S. treiben das fliegende Hotel zu einer Höchstgeschwindigkeit von ca. 250 km. in der Stunde an. Höchster Komfort, wie Passagier-Deck, Tanzsaal, Salon, sind in dem Riesen-Flugboot vorhanden. Die Tragflächen des Flugbootes haben eines Länge von insgeamt 42 m. Eigens durch die Maschinen-zentrale werden unter dem Kommando eines Ingenieurs die 12 Motoren bedient. Blick in das grösste Flugboot der Welt "Do X" in den Dornier-Werken in Altenrhein/Schweiz.
Archive title: Altenrhein / Bodensee.- Flugboot Dornier X (D-1929) im Hangar Photographer Unknown Institution German Federal Archives Blue pencil.svg wikidata:Q685753 Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl (Bild 102) Accession number Bild 102-01224.
写真はWikimedia Commons, Category:Dornier Do X: File:Bundesarchiv Bild 102-08048, Flugschiff Do X im Hangar.jpg引用。


写真(右)ドイツ、ドルニエ社の格納庫でほぼ完成したと思われるドルニエDo-X 飛行艇(登録コード:D-1929);肩翼上面にシーメンス(Siemens)社ジュピター "Jupiterエンジン520馬力2基を縦列串型タンデム配置で6セット12基を搭載した。飛行艇の機首下面は、水・造波抵抗が少ないように鋭角になっているので、固定する木製台が敷かれている。金属製の船体は光り輝いており、ガラスの丸窓もきれいに並んでいる。プロペラは4翅木製一体構造である。
Fra Verksted/fabrikk. Dornier DO.X Fly: Motorer: 12x 520 hk Siemens "Jupiter". Vingespenn: 47,8 m. Lengde: 40,5 m. Maks totalvekt 49000 kg. Maks hast.: 242 km/t.
Eierskap Giver/siste eier: Gyldendal Norsk Forlag sikker Fotografering: 1927 - 1930
Identifier: NL.03080067 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum
Date published: November 21, 2014 Date updated: December 18, 2014 DIMU-CODE: 021015548245 UUID: 306FBEE0-9DD4-486E-AB6C-01E5EA8202D0
写真はNorsk Luftfartsmuseum: Identifier: NL.03080067引用。


写真(右)1929年、ドイツ、ドルニエ社の格納庫でほぼ完成したと思われるドルニエDo-X 飛行艇;肩翼上面にシーメンス(Siemens)社ジュピター "Jupiterエンジン520馬力2基を縦列串型タンデム配置で6セット12基を搭載した。飛行艇の機首下面は、水・造波抵抗が少ないように鋭角になっているので、固定する木製台が敷かれている。金属製の船体は光り輝いており、ガラスの丸窓もきれいに並んでいる。プロペラは4翅木製一体構造である。
Collectie / Archief Het Leven (LEVEN 022)
Beschrijving Vliegboten. Twaalfmotorige Dornier- vliegboot in hangaar. Duitsland , 1929. Serie van meerdere foto's.
Datum 1929 Fotograaf Onbekend
写真はNationaal Archief: Spaarnestad Photo 引用。



写真(右)1929年後半、ドイツ南部、ドルニエ工場で完成直後、ボーデン湖(コンスタンツ湖)に進水したドルニエDo-X巨人旅客飛行艇
;大重量の飛行艇を離水させるために、ドルニエDo-X飛行艇Dornire DO-X)肩翼式の主翼上面に、エンジンを縦列串型に12基もタンデム配置した。エンジンは、当初、シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに装備。水上安定性を確保するために、胴体中央部左右に浮きを張り出し、胴体上部に主翼をパラソル式に配備し、その上にエンジンを縦列串型に配置している。まだ、塗装も終わっていないようだが、この時期は、ナチ党政権獲得(1933年1月)以前なので、カギ十字のドイツ国籍マークはまだ存在しない。
M-269. [Copy negative of print of left side view of the Dornier DO X moored in the water, c.1929.]
photographer Curtiss Aeroplane and Motor Company See more items in Curtiss-Wright Corporation Records
Date Circa 1929 Repository Loc. National Air and Space Museum, Archives Division, MRC 322, Washington, DC, 20560
Type Glass negatives
写真はSmithsonian Institution: Local number:NASM-CW8G-M-0269引用。


ドルニエDo-X飛行艇Dornire DO-X)は、合計3機が試作されたが、ドイツ・ルフトハンザで就航したのは1機のみ、その他2機はイタリアに売却され、技術習得、試験飛行に使用されて終った。ユンカースG38巨人輸送機も、2機のみの試作で終わっている。1929年に初飛行したドルニエとユンカースの初頭の巨人機は、大型機のために機構が複雑で、整備が困難であり、部品の管理も手間がかかったために、実用性・信頼性が低く、量産されずに終わった。そこで、ルフトハンザ航空は、ドルニエDo-X飛行艇Dornire DO-X)を「世界に誇るドイツの巨人旅客機」として宣伝材料として使用した。


図(上)1929年12月20日、ドイツ、ドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇
;シーメンス社のジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン装備。
Photographer: Photographisches Institut der ETH Zürich
Title: Flugschiff Dornier Do. X
Caption: Besteller: Leopold Karner, ETH-Professor für Baustatik, Hoch-und Brückenbau in Holz und Eisen. Reproduktion eines Papierabzugs
Dating: 20.12.1929
Physical Description: Reproduction photography : glass-plate negative Format: 9 x 12 cm
Categories: ETH, Photographical Institut, Photographisches Institut der ETH Zürich, Plans + Sketches, 1929, Airships, Dornier DO X, Product photography
Record Name: PI_29-B-0278.
写真はETH-Bibliothek Zürich・PI_29-B-0278引用。



図(上)1929年末、ドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇の側面図
;シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)9気筒空冷星型エンジン525馬力装備。
Photographer: Unbekannt Title: Modellflugboot Dornier DO X
Caption: Verkehrsflugschiff Dating: 1920-1940
Physical Description: Reproduction Photography : gelatine silver print
Format: 10,9 x 17,2 cm
Categories: Models, 1931-1940, Dornier DO X, Hydroplanes, View Collection, Unknown, 1921-1930, Europe, Product photography, Propeller-driven aircraft
Record Name: Ans_05050-080 .
写真はETH-Bibliothek Zürich・Ans_05050-080 引用。



図(右)1929年末、ドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇の上面図
;ジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)を流線型ナセルに縦列串型配置で12基装備、合計6600馬力。
Photographer: Unbekannt Title: Modellflugboot Dornier DO X
Caption: Verkehrsflugschiff Dating: 1920-1940
Physical Description: Reproduction Photography : gelatine silver print
Format: 12 x 16,2 cm
Categories: Models, 1931-1940, Dornier DO X, Hydroplanes, View Collection, Unknown, 1921-1930, Europe, Product photography, Propeller-driven aircraft
Record Name: Ans_05050-081 .
写真はETH-Bibliothek Zürich・Ans_05050-081引用。


写真(右)1929年7月、ドイツ、完成したばかりのドルニエDo-X 飛行艇(登録コード:D-1929)のコックピット;操縦桿は、大型のものが2輪ついているが、パワーステアリングではないので、大きな力がないと操作は困難であった。
Original title: info Das grösste Flugboot der Welt "Do X" ein Wunderwerk deutscher Technik! Das grösste 12 Motoren-Flugboot der Welt "Do X" wurde in den Dornier-Werken in Altenrhein/Schweiz nach anderthalbjähriger Arbeit fertiggestellt. "Do X" genannt das fliegende Hotelschiff, kann hundert Passagiere aufnehmen und 12 Motoren von insgesamt 6000 P.S. treiben das fliegende Hotel zu einer Höchstgeschwindigkeit von ca. 250 km. in der Stunde an. Höchster Komfort, wie Passagier-Deck, Tanzsaal, Salon, sind in dem Riesen-Flugboot vorhanden. Die Tragfl&aouml;chen des Flugbootes haben eines Länge von insgeamt 42 m. Eigens durch die Maschinen-zentrale werden unter dem Kommando eines Ingenieurs die 12 Motoren bedient. Blick in das grösste Flugboot der Welt "Do X" in den Dornier-Werken in Altenrhein/Schweiz.
Archive title: Altenrhein / Bodensee.- Flugboot Dornier X (D-1929) im Hangar
Photographer Unknown Institution German Federal Archives Blue pencil.svg wikidata:Q685753 Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl (Bild 102) Accession number Bild 102-08049 .
写真はWikimedia Commons, Category:Dornier Do X・File:Bundesarchiv Bild 102-08049, Flugschiff Dornier Do X, Cockpit.jpg引用。


写真(右)1929年、ドイツ、ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇コックピットの正操縦士;大型双発機は、長時間飛行するために、操縦士の休憩・睡眠は必須である。そこで、操縦席を二つ設けている。その計器の配置には若干の差異があるが、後ろから見て、左が正操縦士、右が副操縦士の席である。一般的には、搭乗員の数が多くなると重量が嵩み飛行性能が悪化するので、正操縦士が機長を兼ねる場合が多いが、航法や通信を担当する搭乗員が機長の場合もある。しかし、大型機では、全般的な指揮を士気をとるには、指揮任務のみに当たる機長がつく。大型漁船でも、船運航責任者の船長よりも、運航と漁業の双方の監督指揮する「船頭」のほうが地位が高い。
Collectie / Archief Het Leven (LEVEN 022)
Beschrijving Vliegboten. Bestuurder van een twaalfmotorige Dornier-vliegboot.Duitsland, 1929. Serie van meerdere foto's.
Datum 1929 Fotograaf Onbekend
写真はNationaal Archief: Spaarnestad Photo 引用。


写真(右)1929年、ドイツ、ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇の機関室;機関室では、主翼上面に装備したシーメンス(Siemens)社ジュピター "Jupiterエンジン520馬力、燃料系統などの調整がなされる。エンジンは、縦列串型タンデム配置で6セット12基もあるために、その出力調整やメインテナンスに忙しかったと思われる。
Collectie / Archief Het Leven (LEVEN 022)
Beschrijving Vliegboten. Machinekamer van een twaalfmotorige Dornier vliegboot. Duitsland, 1929. Serie van meerdere foto's.
Datum 1929 Fotograaf Onbekend
写真はNationaal Archief: Spaarnestad Photo 引用。


写真(右)1929年7月、ドイツ、完成したばかりのドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)の機関室;主翼上面にシーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)9気筒空冷星型エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型配置しているが、これら1基ずつ調整するのは容易ではない。Do X飛行艇は前後2基のエンジンを縦列串型に配置しているため、後方のエンジンが冷却不足になるリスクもあった。合計出力は6600馬力もあるので、燃料調整も難しかったであろう。
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-10658 Old signature: Bild 102-08051
Original title: info Das grösste Flugboot der Welt "Do X" ein Wunderwerk deutscher Technik! Das grösste 12 Motoren-Flugboot der Welt "Do X" wurde in den Dornier-Werken in Altenrhein/Schweiz nach anderthalbjähriger Arbeit fertiggestellt. "Do X", genannt das fliegende Hotelschiff, kann hundert Passagiere aufnehmen und 12 Motoren bedient.
Das Herz des Riesen-Flugbootes "Do X", die Mascohinen-Zentrale und Kommandoraum, von welcher aus die zw&oml;lf Motoren geleitet werden.Dating: Juli 1929
Photographer: Pahl, Georg Origin: Bundesarchiv .
写真はWikimedia Commons, Category:Dornier Do X・File:Bundesarchiv Bild 102-10658, Flugschiff Dornier "Do X", Maschinenzentrale.jpg引用。


写真(右)1929年、ドイツ、巨人機ドルニエ(Dornier)Do X飛行艇(登録コード:D-1929)の機関室
Verkehrsflugboot Dornier Do X. Bedienstand im Maschinenraum Schlagwort: Fotografie; Foto; Fotos
Description: Verkehrsflugboot Dornier Do X. Bedienstand im Maschinenraum
Geschaffen (von wem): Unbekannter Fotograf (Fotograf); Techno-Photo Archiv Berlin (Fotograf); Dornier-Metallbauten GmbH
Gesammelt (von wem): SLUB/Deutsche Fotothek Language: Deutsch
Location: Sächsische Landesbibliothek - Staats- und Universitätsbibliothk Dresden
Rights: Deutsche Fotothek Foto: Unbekannter Fotograf, Techno-Photo Archiv Berlin
写真はEuropeana Collections Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: df_hauptkatalog_ 0017985引用。


写真(右)1929年、ドイツ、シーメンス(Siemens)社ジュピター "Jupiterエンジン520馬力12基駆動して上昇するドルニエDo-X 飛行艇;肩翼上面にシーメンス(Siemens)社ジュピター "Jupiterエンジン520馬力2基を縦列串型タンデム配置で6セット12基を搭載した。飛行艇の機首下面は、水・造波抵抗が少ないように鋭角になっているので、固定する木製台が敷かれている。手前の船では、記録・記念の撮影を行っているので、試験飛行の時であろう。プロペラは4翅木製一体構造である。
Collectie / Archief Het Leven (LEVEN 022)
Beschrijving Vliegboten. Twaalfmotorige vliegboot Dornier met honderd passagiers aan boord komt terug uit Amerika. Duitsland, 1929.
Datum 1929 Fotograaf Onbekend
写真はNationaal Archief: Spaarnestad Photo 引用。


写真(右)1930年、ドイツ、シーメンス(Siemens)社ジュピター "Jupiterエンジン520馬力12基駆動して離水するドルニエDo-X 飛行艇;肩翼上面にシーメンス(Siemens)社ジュピター "Jupiterエンジン520馬力2基を縦列串型タンデム配置で6セット12基を搭載した。飛行艇の機首下面は、水・造波抵抗が少ないように鋭角になっているので、固定する木製台が敷かれている。手前の船では、記録・記念の撮影を行っているので、試験飛行の時であろう。プロペラは4翅木製一体構造である。
Collectie / Archief Het Leven (LEVEN 022)
Beschrijving Vliegboten. Landing van een Dornier vliegboot. Plaats en land onbekend. 1930.
Datum 1930 Fotograaf Onbekend
写真はNationaal Archief: Spaarnestad Photo 引用。


写真(右)1930 年頃、ドイツ、ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)の乗客用の豪華なサロンとラジオ受信機;サイドボード右には、イヤホーンが置かれている。
Fra flycabinen til en Dornier X. Salong med radio.
Giver/siste eier:Gyldendal Norsk Forlag sikker Fotografering:1915 - 1935.
Copies:1 Positivkopi, svart/hvitt, Arkivkopi2 Negativ, svart/hvitt, Arkivkopi Part of collection:Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection:Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published:November 21, 2014 Date updated:December 18, 2014 DIMU-CODE:021015548199 .
写真は, Norsk Luftfartsmuseum・FileIdentifier: NL.03080021 引用。


写真(右)1930 年8月、ドイツ、ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)の乗客用ラウンジ
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-10251
Original title: info Das deutsche Riesenflugboot "Do X" rüstet für den Amerika-Flug ! Die ersten Probeflüge mit den neuen amerikanischen Curtis- Wright-Motoren sind vollendet. Blick in das Innere des mit allem Comfort ausgestatteten Riesen-Flugboots.
Dating: August 1930 Photographer: o.Ang. Origin: Bundesarchiv .
写真はWikimedia Commons, Category:Dornier Do X・File:Bundesarchiv Bild 102-10251, Flugschiff Dornier Do X, Innenraum.jpg引用。


写真(右)1930 年8月、ドイツ、ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)の乗客用の豪華な特別室
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-10252
Original title: info Das deutsche Riesenflugboot "Do X" rüstet für den Amerika-Flug ! Blick in den luxeriös ausgestatteten Speiseraum.
Dating: August 1930 Photographer: o.Ang. Origin: Bundesarchiv .
写真はWikimedia Commons, Category:Dornier Do X・File:Bundesarchiv Bild 102-10252, Flugschiff Dornier Do X, Speiseraum.jpg引用。


ドルニエ(Dornie)Do X飛行艇D-1929は、前作のDo-Jワール、Do-18飛行艇と同じく、水上安定性を維持する胴体中央部左右の張出式の浮き(フロート)、胴体上部のパラソル式主翼、主翼上面の縦列串型エンジン配置を踏襲している。ドルニエDo-X飛行艇Dornire DO-X)は、エンジンナセルは6カ所で、前後2基のエンジンを縦列串型に配置しているために、空気抵抗が半減できる。4翅プロペラの回転は、前部が牽引式、後部が推進式である。

写真(右)1929年、ドイツ、ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇の客室に座っている第一次世界大戦の20機撃墜のエース、フリードリッヒ・クリスチャンセン(Friedrich Christiansen:1879-1972)[奥]:彼は、第二次世界大戦中は、オランダにおけるドイツ国防軍の司令官になった。最終階級は空軍大将。丸いガラス窓には遮光用カーテンがついている。テーブルには、小鳥籠が置かれている。カナリアを飼育しているのであろうか。
Collectie / Archief Het Leven (LEVEN 022)
Beschrijving Friedrich Christiansen (1879-1972), o.a. vliegbootcommandant, oorlogsvlieger en later Duits militair bevelhebber in Nederland tijdens de Tweede Wereldoorlog. Hier met één van zijn officieren bij parkiet in vogelkooi in de salon van vliegboot Dornier Do-X. [1930].
Persoonsnaam Christiansen, Friedrich
写真はNationaal Archief: Spaarnestad Photo 引用。


写真(右)1930年、ドイツ(?)、陸地に引揚げたドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇の前で記念撮影する機長のフリードリッヒ・クリスチャンセン(Friedrich Christiansen:中央)と搭乗員たち;中央にいるのは、第一次世界大戦で撃墜20機のエースだったフリードリッヒ・クリスチャンセン(Friedrich Christiansen:1879-1972)は、第二次世界大戦中は、オランダにおけるドイツ国防軍の司令官になった。最終階級は空軍大将。
Collectie / Archief Het Leven (LEVEN 022)
Beschrijving Vliegboten. De bemanning van de Dornier vliegboot poserend voor de boot. Duitsland, 1930
Datum 1930 Fotograaf Onbekend
写真はNationaal Archief: Spaarnestad Photo 引用。


写真(右)1929年10月21日、ドイツ南部、スイス国境のボーデン湖、ドルニエDo-X 飛行艇(登録コード:D-1929)と乗客たちの搭乗記念写真;パラソル式主翼の上面に、シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を2機ずつ流線型のナセルに収納して、縦列串型に配置している。
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-08577
Original title: info Der Weltrecord-Flug des Dornier-Riesenflugbootes"Do X" mit 169 Passagieren in Altenrhein a/Bodensee!. Es ist das erste Mal, dass 169 Personen mit einem Luftfahrzeug beffördert wurden; ausser dem mitgefführten Betriebsstoff für 1200 km. was einem Gesamtgewicht von ca. 300 Passagieren entspricht. Die 169 Passagiere, welche den Recordflug des "Do X" mitmachten, vor dem Flugboot.
Archive title: Altenrhein / Bodensee.- Flugboot Dornier Do X (D-1929) mit Passagieren, Weltrekord-Flug am 21.10.1929
Dating: 21. Oktober 1929 Photographer: Pahl, Georg Origin: Bundesarchiv .
写真はWikimedia Commons, Category:Dornier Do X・File:Bundesarchiv Bild 102-08577, Flugschiff Dornier Do X mit Passagieren.jpg引用。


ドルニエ(Dornier)Do X飛行艇(登録コード:D-1929)は、ドルニエDo-JワールDo-18飛行艇と同じく、水上安定性を確保するために、胴体中央部左右に浮きを張り出し、胴体上部に主翼をパラソル式に配備し、その上にエンジンを縦列串型に配置している。正面から見ると、主翼上面にエンジン6基が見えるが、これは前後2基のエンジンを縦列串型に配置しているためで、エンジンは12基ある。エンジンは、当初、1930年前半までは、シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型配置で12基を装備した。

写真(右)1929年10月21日、ドイツ南部、スイス国境のボーデン湖(コンスタンツ湖)、小型動力船でドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)に乗り移ろうとする乗客たち;シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型配置で12基装備。水上安定性を確保するために、胴体中央部左右に浮きを張り出し、胴体上部に主翼をパラソル式に配備し、その上にエンジンを縦列串型に配置している。正面から見ると、主翼上面にエンジン6基が見えるが、これは前後2基のエンジンを縦列串型に配置しているためで、エンジンは12基ある。
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-08578
Original title: info Der Weltrecordflug des Dornier-Flugbootes "Do X" mit 169 Passagieren in Altenrhein a/B. Die Passagiere werden mittels Motorboote zu dem Recordflug an Bord des Flugschiffes gebracht. Dating: Oktober 1929
Photographer: Pahl, Georg Origin: Bundesarchiv .
写真はWikimedia Commons, Category:Dornier Do X・File:Bundesarchiv Bild 102-08578, Flugschiff Dornier Do X.jpg引用。


写真(右)1929年10月、ドイツ、ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)の機内客室の乗客たち;169名もの乗客を乗せて飛行して、世界最多乗客飛行記録を樹立した。最後尾に立っているのは、ドルニエDo-X飛行艇Dornire DO-X)を開発したクラウディウス・ドルニエ技師(Claude Dornier)自身であろうか。
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-
Original title: info Der Weltrecordflug des Dornier-Riesenflugbootes "Do X" mit 169 Passagieren in Altenrhein a/Bodensee. Es ist das erste Mal, dass 169 Personen mit einem Luftfahrzeug beffördert wurden; ausser dem mitgefführten Betriebsstoff für 1200 km. was einem Gesamtgewicht von ca. 300 Passagieren entspricht.
Blick in den Passagierraum des Flugbootes "Do X" mit den Passagieren während des Recordfluges.
Depicted place Flugschiff Dornier Do X
Date October 1929 Photographer Unknown Institution German Federal Archives Blue pencil.svg wikidata:Q685753 Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl (Bild 102) Accession number Bild 102-01224.
写真はWikimedia Commons, Category:Dornier Do X・Bild 102-01224引用。


1929年10月、Do-X飛行艇は、世界最多の169名の客を乗せて飛行することに成功した、この偉業を達成した開発者のクラウディウス・ドルニエ(Claudius Dornier)工学博士を讃えるドイツ技術栄冠記念ブロンズメダル(Medal, Dr. Dornier and the Triumph of German Technology )が発行され、次のように記名されている
"DR. ING. C. DORNIER ERBUAER DES Do. X 1929" - "Doctor (of Engineering) C. Dornier, creator of the Do X"; Reverse: relief of the Dornier Do. X depicted flying over the ocean depicted, embossed text "TRIUMPH DEUTSCHER TECHNIK START DES DO.X. MIT 169 MANN" - "Triumph of German technology - takeoff of the Do X with 169 people."

写真(右)1929年10月、ドイツ、ドルニエDo-X 飛行艇(登録コード:D-1929)の機内客室の乗客たち;記録更新のための短時間の飛行であるため、乗客169名を乗せて飛んだ。最後尾に立っているのは、クラウディウス・ドルニエ技師(Claude Dornier)自身であろうか。
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-01224
Original title: info Der Weltrecordflug des Dornier-Riesenflugbootes "Do X" mit 169 Passagieren in Altenrhein a/Bodensee. Es ist das erste Mal, dass 169 Personen mit einem Luftfahrzeug beffördert wurden; ausser dem mitgeff&:uuml;hrten Betriebsstoff für 1200 km. was einem Gesamtgewicht von ca. 300 Passagieren entspricht.
Blick in den Passagierraum des Flugbootes "Do X" mit den Passagieren während des Recordfluges.
Dating: Oktober 1929 Photographer: Pahl, Georg.
写真はWikimedia Commons, Category:Dornier Do X・Bild 102-01224引用。


 ドルニエDo-X飛行艇Dornire DO-X)記念ブロンズメダルの大きさは、直径6cm厚み 0.5cmである。 表には、ドルニエの肖像、裏には、肩翼式の主翼上面に、エンジンを縦列串型に12基もタンデム配置したドルニエDo-X 飛行艇(登録コード:D-1929)が描かれ、169名を乗せて飛行し世界記録を更新したことを謳っている。この飛行艇が搭載したエンジンは、当初、シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基で、これを流線型ナセルに装備した。しかし、出力不足だったために、エンジンを換装し、カーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン610馬力を箱型ナセルに2基ずつ、合計12基(7200馬力)に強化した

写真(右)1929-1930年、海上に待機するドイツのドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇D-1929;オリジナル写真解説には、1932年撮影とあるが、シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)9気筒空冷星型エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型配置で12基を装備している。したがって、エンジン強化前の原型の状態で、1930年8-11月以前の状態である。1933年のナチ党政権獲得前なので、尾翼には、ナチ党のスワスチカ(鍵十字)の国籍マークは描かれていない。
SDASM Archives Dornier, DO-X Catalog #: 01_00091430 Title: Dornier, DO-X Corporation Name: Dornier .
写真はSDASM Archives・pictionid:61653040引用。


写真(右)1929年、ドイツ、シーメンス(Siemens)社ジュピター "Jupiterエンジン520馬力2基を一組として、縦列串型タンデム配置12基を装備して飛翔する巨人機ドルニエ(Dornier)Do X飛行艇(登録コード:D-1929):エンジンを換装後。
Verkehrsflugboot Dornier Do X im Flug über einer Wasserfläche. Ansicht von oben Datensatz 90030716
Erstflug : 1929 Persons and corporations: Urheber: Dornier-Metallbauten GmbH , Herstellerfirma
写真はEuropeana Collections Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: df_hauptkatalog_ 0017984引用。


写真(右)1929年、ドイツ、シーメンス(Siemens)社ジュピター "Jupiterエンジン520馬力2基を一組として、縦列串型タンデム配置12基を装備して飛翔する巨人機ドルニエ(Dornier)Do X飛行艇(登録コード:D-1929):エンジン換装前。
Verkehrsflugboot Dornier Do X auf einer Wasserfläche. Ansicht von oben Datensatz 87705510 Erstflug : 1929
Persons and corporations: Urheber: Dornier-Metallbauten GmbH , Herstellerfirma Verkehrsflugboot Dornier Do X im Flug über einer Wasserfläche. Ansicht von oben
Datensatz 90030716 Foto: Unbekannter Fotograf, Techno-Photo Archiv Berlin, 1929/1930
写真はEuropeana Collections Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: df_hauptkatalog_0017983引用。


ドルニエ(Dornier)Do X飛行艇(登録コード:D-1929)は、主に旅客輸送を目的に開発されていたため、胴体側方には、丸井ガラス窓が大小20個ついている。機体が大きいので、窓は小さく見えるが、乗客にとって十分な視界を確保していると思われる。

ドルニエ(Dornier)Do X飛行艇(登録コード:D-1929)は、パラソル式主翼の上面にエンジンナセル6個を置いて、離着水時、波や飛沫をエンジンやプロペラが被ることがないように配置している。これらエンジンは前後の串型に装備されているので、エンジンは12基ある。これだけの数のエンジンの出力を同一出力に調整するのは難しい作業で、それが本機の稼働率を低くした一因であろう。

写真(右)1929年10月21日、ドイツ南部、スイス国境のボーデン湖畔、アルテンルハイン(Altenrhein)、ドルニエDo-X 飛行艇(登録コード:D-1929)。シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)9気筒空冷星型エンジン525馬力を流線型ナセルに縦列串型配置で12基装備、合計6600馬力。
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-09321 Old signature: Bild 102-08579
Original title: info Der Weltrecord-Flug des Dornier-Riesenflugbootes "Do X" mit 169 Passagieren in Altenrhein a/Bodensee! (Neueste Aufnahmen unseres nach dort entsandten Sonder-Bild-Bericht-Erstatters!) Es ist das erste Mal, dass 169 Personen mit einem Luftfahrzeug befördert wurden; ausser dem mitgeführten Betriebsstoff für 1200 km, was einem Gesamtgewicht von ca. 300 Passagieren entspricht. Die riesigen 12 Motoren des Flugbootes "Do X" mit seiner Gesamtstärke von 6000 P.S. welche den Recordflug ermöglichten. Die Passagiere sind alle an Bord udn das Flugboot ist zum Start fertig.
Archive title: Altenrhein / Bodensee.- Flugboot Dornier Do X (D-1929), Weltrekord-Flug am 21.10.1929 Photographer: Pahl, Georg Origin: Bundesarchiv .
写真はWikimedia Commons, Category:Dornier Do X・File:Bundesarchiv Bild 102-09321, Flugschiff Dornier "Do X".jpg引用。



写真絵葉書(上)1930年、ドイツ、ボーデン湖(Bodensee:コンスタンツ湖)、ドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇の
;シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)9気筒空冷星型エンジン525馬力を流線型ナセルに縦列串型配置で12基装備、合計6600馬力。
Photographer: Unbekannt
Title: Dornier Flugschiff Do. X mit Motoren à 500 Ps
Impressum: Stuttgart : Graph. Kunst- u. Verlagsanstalt U. Weber & Co. Physical Description: Postcard Format: 9 x 14 cm Categories: 1931-1940, Dornier DO X, Hydroplanes, View Collection, Unknown, 1921-1930, Product photography, Germany, Lake of Constance
Dating: 11/1932 Physical Description: Reproduction photography : glass-plate negative Format: 9 x 14 cm
Record Name: PK_001251 .
写真はETH-Bibliothek Zürich・LBS_SR03-04009引用。



写真絵葉書(上)1930年、ドイツ、ボーデン湖(Bodensee:コンスタンツ湖)、ドルニエ(Dornier)Do-X大型輸送飛行艇;シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)9気筒空冷星型エンジン525馬力を流線型ナセルに縦列串型配置で12基装備、合計6600馬力。プロペラは4翅木製一体構造ガラスの丸窓もきれいに並んでいる。
Photographer: Unbekannt
Title: Dornier Flugschiff Do. X mit Motoren à 500 Ps
Impressum: Stuttgart : Graph. Kunst- u. Verlagsanstalt U. Weber & Co. Physical Description: Postcard Format: 9 x 14 cm
Categories: 1931-1940, Dornier DO X, Hydroplanes, View Collection, Unknown, 1921-1930, Product photography, Germany, Lake of Constance
Dating: 11/1932
Physical Description: Reproduction photography : glass-plate negative Format: 9 x 14 cm Record Name: PK_001251
写真はETH-Bibliothek Zürich・LBS_SR03-04009引用。



写真(右)1929年末ー1932年前半、スイス、チューリッヒ湖、160名の乗客を乗せたドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇
;シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)9気筒空冷星型エンジン525馬力を流線型ナセルに縦列串型配置で12基装備、合計6600馬力。
Photographer: Swissair
Title: Dornier Do-X auf Zürichsee (Splügenflug,160 Passagiere)
Caption: Besteller: Leopold Karner, ETH-Professor für Baustatik, Hoch-und Brückenbau in Holz und Eisen. Reproduktion eines Papierabzugs
Dating: 11/1932 Physical Description: Reproduction photography : glass-plate negative Format: 9 x 12 cm
Categories: Reportage photography, 1931-1940, Dornier DO X, Hydroplanes, Lake Zurich, Propeller-driven aircraft, Swissair, Swissair Archive Record Name: LBS_SR03-04009 .
写真はETH-Bibliothek Zürich・LBS_SR03-04009引用。



写真(右)1929年末ー1932年前半、スイス、チューリッヒ郊外、160名の乗客を乗せたドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇
;シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)9気筒空冷星型エンジン525馬力を流線型ナセルに縦列串型配置で12基装備、合計6600馬力。巨人飛行艇Do-Xを見物に3万6000名の見物客がつめかけたという。
Photographer: Swissair
Title: Dornier Do X am Bürkliplatz in Zürich
Caption: Besteller: Im November 1932 war die Dornier Do X für zwei Wochen in Zürich und konnte in der Hafenanlage am Bürkliplatz von rund 36'000 Personen
Dating: 11/1932 Physical Description: Reproduction photography : glass-plate negative Format: 9 x 12 cm
Categories: Reportage photography, 1931-1940, Dornier DO X, Hydroplanes, Lake Zurich, Propeller-driven aircraft, Swissair, Swissair Archive Record Name: LBS_SR02-10293
写真はETH-Bibliothek Zürich・LBS_SR02-10293引用。



写真(上)1929年末ー1932年前半、スイス、チューリッヒ郊外、160名の乗客を乗せたドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇
;シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)9気筒空冷星型エンジン525馬力を流線型ナセルに縦列串型配置で12基装備、合計6600馬力。巨人飛行艇Do-Xを見物に3万6000名の見物客がつめかけたという。
Photographer: Swissair
Title: Dornier Do X am Bürkliplatz in Zürich
Caption: Besteller: Im November 1932 war die Dornier Do X für zwei Wochen in Zürich und konnte in der Hafenanlage am Bürkliplatz von rund 36'000 Personen
Dating: 11/1932 Physical Description: Reproduction photography : glass-plate negative Format: 13 x 18 cm
Categories: Reportage photography, 1931-1940, Dornier DO X, Hydroplanes, Lake Zurich, Propeller-driven aircraft, Swissair, Swissair Archive Record Name: LBS_SR02-10290
写真はETH-Bibliothek Zürich・LBS_SR02-10290 引用。



写真(右)1929年末ー1932年前半、スイス、チューリッヒ郊外、160名の乗客を乗せたドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇
;シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)9気筒空冷星型エンジン525馬力を流線型ナセルに縦列串型配置で12基装備、合計6600馬力。巨人飛行艇Do-Xを見物に3万6000名の見物客がつめかけたという。
Photographer: Swissair
Title: Dornier Do X am Bürkliplatz in Zürich
Caption: Besteller: Im November 1932 war die Dornier Do X für zwei Wochen in Zürich und konnte in der Hafenanlage am Bürkliplatz von rund 36'000 Personen
Dating: 11/1932 Physical Description: Reproduction photography : glass-plate negative Format: 9 x 12 cm
Categories: Reportage photography, 1931-1940, Dornier DO X, Hydroplanes, Lake Zurich, Propeller-driven aircraft, Swissair, Swissair Archive Record Name: LBS_SR02-10291
写真はETH-Bibliothek Zürich・LBS_SR02-10291 引用。



写真(右)1929年末ー1932年前半、スイス、チューリッヒ郊外、160名の乗客を運んだドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇
;1932年11月、スイス、チューリッヒ郊外にDo-X巨人飛行艇が飛来した際には、3万6000名もの見物客がつめかけたという。しかし、写真の機体はシーメンス社ジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型(タンデム)配置で装備しているので、オリジナル解説の1932年11月撮影というのは誤り。1932年前半までに撮影されたものと判断できる。
Photographer: Swissair
Title: Dornier Do X am Bürkliplatz in Zürich
Caption: Besteller: Im November 1932 war die Dornier Do X für zwei Wochen in Zürich und konnte in der Hafenanlage am Bürkliplatz von rund 36'000 Personen
Dating: 11/1932 Physical Description: Reproduction photography : glass-plate negative Format: 9 x 12 cm
Categories: Reportage photography, 1931-1940, Dornier DO X, Hydroplanes, Lake Zurich, Propeller-driven aircraft, Swissair, Swissair Archive Record Name: SR02-10292
写真はETH-Bibliothek Zürich・SR02-10292引用。



写真(右)1929年末ー1932年前半、スイス、チューリッヒ郊外、160名の乗客を乗せたドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇
;シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)9気筒空冷星型エンジン525馬力を流線型ナセルに縦列串型配置で12基装備、合計6600馬力。巨人飛行艇Do-Xを見物に3万6000名の見物客がつめかけたという。
Photographer: Swissair
Title: Dornier Do X am Bürkliplatz in Zürich
Caption: Besteller: Im November 1932 war die Dornier Do X für zwei Wochen in Zürich und konnte in der Hafenanlage am Bürkliplatz von rund 36'000 Personen
Dating: 11/1932 Physical Description: Reproduction photography : glass-plate negative Format: 9 x 12 cm
Categories: Reportage photography, 1931-1940, Dornier DO X, Hydroplanes, Lake Zurich, Propeller-driven aircraft, Swissair, Swissair Archive Record Name: LBS_SR02-10294
写真はETH-Bibliothek Zürich・LBS_SR02-10294 引用。



写真(右)1929年末ー1932年前半、スイス、チューリッヒ郊外、160名の乗客を乗せたドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇
;シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)9気筒空冷星型エンジン525馬力を流線型ナセルに縦列串型配置で12基装備、合計6600馬力。巨人飛行艇Do-Xを見物に3万6000名の見物客がつめかけたという。
Photographer: Swissair
Title: Dornier Do X am Bürkliplatz in Zürich
Caption: Besteller: Im November 1932 war die Dornier Do X für zwei Wochen in Zürich und konnte in der Hafenanlage am Bürkliplatz von rund 36'000 Personen
Dating: 11/1932 Physical Description: Reproduction photography : glass-plate negative Format: 9 x 12 cm
Categories: Reportage photography, 1931-1940, Dornier DO X, Hydroplanes, Lake Zurich, Propeller-driven aircraft, Swissair, Swissair Archive Record Name: LBS_SR02-10294
写真はETH-Bibliothek Zürich・LBS_SR02-10294 引用。



写真(上)1929-1932年、スイス、チューリッヒ郊外(?)、ドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇
;シーメンス社ジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型(タンデム)配置で装備し合計6600馬力。オリジナル解説の1917-1925年というのは設計段階のことをいうのであろうか。
Photographer: Unbekannt
Title: Dornier "Do X" mit Siemens-Jupiter-Motoren
Caption: Besteller: Im November 1932 war die Dornier Do X für zwei Wochen in Zürich und konnte in der Hafenanlage am Bürkliplatz von rund 36'000 Personen
Dating: 1917-1925
Categories: View Collection, Unknown, Propeller-driven aircraft, Dornier DO X, Hydroplanes Record Name: Ans_05338-02-210-AL-FL
写真はETH-Bibliothek Zürich・Ans_05338-02-210-AL-FL 引用。



写真(上)1929-1930年、スイス、チューリッヒ郊外(?)、ドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇
;シーメンス社ジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型(タンデム)配置で装備し合計6600馬力。オリジナル解説の1917-1925年というのは設計段階のことをいうのであろうか。
Photographer: Unbekannt
Title: Dornier "Do X" mit Siemens-Jupiter-Motoren
Caption: Besteller: Im November 1932 war die Dornier Do X für zwei Wochen in Zürich und konnte in der Hafenanlage am Bürkliplatz von rund 36'000 Personen
Dating: 1917-1925
Categories: View Collection, Unknown, Propeller-driven aircraft, Dornier DO X, Hydroplanes Record Name: Ans_05338-02-208-AL-FL
写真はETH-Bibliothek Zürich・Ans_05338-02-208-AL-FL引用。


写真(右)1930 年初期、ドイツ、ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)の発動機をカーチス・コンカラーエンジン(600馬力)1を串型縦列タンデム配置で2基1組、合計12基に変換作業中;Do-X 飛行艇は、当初は、シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン(525馬力)12基を装備していたが、出力と信頼性の不足からか、カーチス・コンカラーエンジン(600馬力)12基に変換した。プロペラは4翅木製一体構造。
Motorer til Dornier DO.X. under montering. Type 12 600 hk Curtis Conqueror..
Giver/siste eier:Gyldendal Norsk Forlag sikker Fotografering:1915 - 1935.
Copies:1 Positivkopi, svart/hvitt, Arkivkopi2 Negativ, svart/hvitt, Arkivkopi Part of collection:Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection:Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published:November 21, 2014 Date updated:December 18, 2014 DIMU-CODE:021015548199.
写真は, Norsk Luftfartsmuseum・FileIdentifier: NL.03080021 引用。


ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇は、唯一1基のみ登録コードD-1929が製造され、1929年10月29日の初飛行には、シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン(525馬力)12基を装備していた。このエンジンは、シリンダー部分が冷却も兼ねて露出している。しかし、巨大な飛行艇の発動機としては、出力が不足し、エンジンの整備・調整が困難だったためか、1930年8月頃、カーチス・コンカラーエンジン(600馬力)12基に変換されている。

写真(右)1930年11月、ドイツ南部、スイス国境のボーデン湖畔、ドルニエDo-X 飛行艇(登録コード:D-1929)
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-10659 Original title: info Das Riesenflugboot "Do X" startet zum ersten Europa- und Amerika-Flug! Die riesige Motorenanlage des Flugbootes "Do X" mit den 12 Jupiter-Curtis-Wright-Motoren in einer Gesamtstärke von 6.600 P.S., welche dem Flugzeug eine Stundengeschwindkeit von über 200 km. geben. Archive title: Tatsächlich betrug die Gesamtleistung der Motoren 5640 kW (7680 PS) Dating: November 1930 Photographer: Pahl, Georg Origin: Bundesarchiv .
写真はWikimedia Commons, Category:Dornier Do X・File:Bundesarchiv Bild 102-10659, Flugschiff Dornier "Do X", Motorenanlage.jpg引用。


ドルニエDo-X 飛行艇(登録コード:D-1929)は、1929年に感染したが、1930年8月頃、エンジンを換装した。当初のエンジンは、シーメンス社のジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型(タンデム)配置で12機装備して合計 6600馬力だった。エンジン換装によって、カーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン610馬力を箱型ナセルに2基ずつ、合計12基(7200馬力)に強化された。コックピの外側に”DO-X”と記入していない。

写真(右)1930年8月、ドイツ南部、スイス国境のボーデン湖(Bodensee:コンスタンツ湖)、畔、カーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン610馬力を箱型ナセルに2基ずつ、合計12基(7680馬力)に強化したドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)正面;機首は、海面上で波切の抵抗が少ないように鋭利な角度で組み合わされている。1929年の完成時にドルニエDo-X飛行艇Dornire DO-X)は、シーメンス社のジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型(タンデム)配置で12基装備して合計 6600馬力だった。しかし、これでは50トンもある巨人飛行艇としてがアンダーパワーだった。そこで、エンジン変換がなされたのである。
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-10271 Original title: info Das deutsche Dornier-Riesen-Flugschiff "Do X" startete mit seinen neuen Motoren in einer Gesamtstärke von 7.000 PS in Altenrhein am Bodensee! Der Bug des deutschen Riesen-Flugbootes "Do X" mit den dahinterliegenden Motoren. Archive title: Tatsächlich betrug die Gesamtleistung der Motoren 5640 kW (7680 PS) Dating: August 1930 Photographer: Pahl, Georg Origin: Bundesarchiv .
写真はWikimedia Commons, Category:Dornier Do X・File:Bundesarchiv Bild 102-10271, Flugschiff Dornier Do X.jpg引用。


ドルニエ(Dornier)Do X飛行艇(登録コード:D-1929)のエンジンナセルは6個あるが、エンジンは前後の縦列串型(タンデム)に装備しているので、エンジンは12基ある。これだけの数のエンジンを同一出力に調整するのは難しい作業で、それが本機の稼働率を低くした一員である。1933年のナチ党政権獲得前なので、尾翼には、ナチ党のスワスチカ(鍵十字)の国籍マークは描かれていない。

写真(右)1930年8月、ドイツ南部、スイス国境のボーデン湖(Bodensee:コンスタンツ湖)、小型動力船でドルニエDo-X 飛行艇(登録コード:D-1929)を見物に来た観光客たち
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-10270
Original title: info Das deutsche Dornier-Riesen-Flugschiff "Do X" startete mit seinen neuen Motoren in einer Gesamtstärke von 7.000 PS in Altenrhein am Bodensee! Das deutsche Riesen-Flugschiff "Do X" mit den neuen 12 Motoren von insgesamt 7.000 PS , welche dem Schiff eine Stundengeschwindigkeit von über 200 km geben, auf dem Bodensee.
Dating: August 1930 Photographer: Pahl, Georg Origin: Bundesarchiv .
写真はWikimedia Commons, Category:Dornier Do X・File:Bundesarchiv Bild 102-10270, Flugschiff Dornier Do X.jpg引用。


ドルニエDo-X 飛行艇コックピの外側に”DO-X”と書かれていない。Do-Jワール、Do-18飛行艇と同じく、水上安定性を確保するために、胴体中央部左右に浮きを張り出しが浮いているが、これは搭載重量が少ないためである。胴体上部に主翼をパラソル式に配備し、その上にエンジンを縦列串型にカーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン610馬力12基を2機ずつ箱型ナセルに縦列串型に搭載しているので、オリジナル解説の日時が正確であれば、エンジン変換は、1930年8月には終了していたことになる。

写真(右)1930年11月、ドイツ南部、スイス国境のボーデン湖(Bodensee:コンスタンツ湖)、畔、ドルニエDo-X 飛行艇(登録コード:D-1929)の後面;尾部は、垂直尾翼の都合で長くならざるを得ないが、重量軽減のために細長く軽量化している。
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-10660 Original title: info Das Riesenflugboot "Do X" startet zum ersten Europa- und Amerika-Flug! Die gewaltige Steueranlage der "Do X", welche allein schon wie ein Flugzeug anmutet. Dating: November 1930 Photographer: Pahl, Georg Origin: Bundesarchiv.
写真はWikimedia Commons, Category:Dornier Do X・File:Bundesarchiv Bild 102-10660 , Flugschiff Dornier Do X.jpg引用。


1929年の完成時ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇は、シーメンス社ジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型(タンデム)配置で12基装備して合計 6600馬力だった。しかし、これでは50トンもある巨人飛行艇としてがアンダーパワーだった。そこで、カーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン610馬力を箱型ナセルに2基ずつ、合計12基(7680馬力)に強化した。主翼の上面のエンジンナセルの下には、ナセルの補強支柱を兼ねた人員落下防止のための柵・バーが設けられている。 写真(右)1930年8月-1932年頃、海上を離水しようとエンジンを全開したドイツ共和国のドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929);コックピと外側に”DO-X”とある。主翼中央上面にカーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン610馬力12基を2機ずつ箱型ナセルに縦列串タンデム式に搭載している。
SDASM Archives henry cord meyer image
pictionid61653040 - catalogdornier do x. - titlearray - filenamemeyer0477.tif--Image from the Henry Cord Meyer Collection-Please tag these photos so that the information will be kept with our Digital Asset Management System.
写真はSDASM Archives・pictionid:61653040引用。


写真(右)1930年8月 -1932年頃、海上を滑走・タキシングするドイツ共和国のドルニエDo-X 飛行艇(登録コード:D-1929);カーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン610馬力12基を2機ずつ箱型ナセルに縦列串型に搭載し、合計7680馬力を発揮できる。エンジンナセルは6個あるが、エンジンは前後の串型に装備しているので、エンジンは12基ある。これだけの数のエンジンを同一出力に調整するのは難しい作業で、それが本機の稼働率を低くした一員である。1933年のナチ党政権獲得前なので、尾翼には、ナチ党のスワスチカ(鍵十字)の国籍マークは描かれていない。
SDASM Archives Dornier Do-X
PictionID:38275015 - Catalog:AL-135B 137 Dornier Do-X D-1929 - Filename:AL-135B 137 Dornier Do-X D-1929.tif - This image is from a photo album donated to the Museum by JL Highfill which includes images taken in the Pacific during the Second World War.
写真はSDASM Archives・PictionID:38275015引用。


1930年8月頃、 ドイツのドルニエ(Dornier)Do X飛行艇(登録コード:D-1929)は、1929年7月に完成した。これは、エンジン12基を縦列前後に串型配置し、乗客100名を乗せて飛行可能な重量70トンの巨人飛行艇である。1929年の完成時には、シーメンス社のジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型配置で12機装備していた。これで合計出力は最大で 6600馬力だった。

 しかし、総重量5トンに達するドルニエ(Dornier)Do X飛行艇(登録コード:D-1929)には馬力不足で、飛行性能が悪かったために、1930年8月には、エンジン変換、強化した。このエンジン変換後は、カーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン610馬力12基を2機ずつ箱型ナセルに縦列串型タンデム配置で搭載している。これで、合計出力は最大7680馬力を発揮できるようになった。

写真(右)1930-1931年頃、離水したドイツのドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929);Do-Jワール、Do-18飛行艇と同じく、水上安定性を確保するために、胴体中央部左右に浮きを張り出し、胴体上部に主翼をパラソル式に配備し、主翼中央上面にカーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン610馬力12基を2機ずつ箱型ナセルに縦列串タンデム式に搭載している。
SDASM Archives Dornier Do X Charles Daniels Collection Photo from "German Aircraft" Album PictionID:38235241 - Catalog:Array - Title:Array - Filename:15_002295.TIF .
写真はSDASM Archives・PictionID:38235241引用。


写真(右)1930年、オランダ、アムステルダム、ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)に船を使って搭乗する:コックピと外側に”DO-X”とある。主翼の上面に装備されているのは、カーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン610馬力を箱型ナセルに2基ずつ、合計12基(7200馬力)である。これ以前の旧型では、シーメンス社ジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を装備していた。
Collectie / Archief Het Leven (LEVEN 022) Beschrijving Vliegboten. De Dornier DO X - een enorme vliegboot - op het IJ. Langszij een boot van de Amsterdamse politie. Foto 1930. Datum 1930 Locatie Amsterdam Fotograaf Onbekend
写真はNationaal Archief: Spaarnestad Photo 引用。


写真(右)1930年11月6日、オランダ、アルテンハイム(Altenheim?)、ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇のと乗員たち;中央にいるのは、第一次世界大戦で撃墜20機のエースだったフリードリッヒ・クリスチャンセン(Friedrich Christiansen)。かれは、第二次世界大戦中は、オランダにおけるドイツ国防軍の司令官になった。最終階級は空軍大将。
Collectie / Archief Spaarnestad(1985年設立のオランダ、ハーレムの写真館で1300万枚の貴重な写真を保管) Beschrijving Aanloop Tweede Wereldoorlog(第二次大戦前). Duitsland. Friedrich Christiansen (1879 - 1972) Generaal Flieger ( generaal in Nazi Duitsland). Van 1940-1945 Wehrmachts bevelhebber in Nederland. Foto: De grootste vliegboot ter wereld de Duitse Dornier Dox na de laatste inspectie voor zijn reis naar de Verenigde Staten. Generaal Christiansen (midden in trui) woont de inspectie bij in Altenheim. 6 november 1930. Datum 6 november 1930 Locatie Altenheim Persoonsnaam Christiansen, generaal Friedrich Fotograaf Onbekend
写真はNationaal Archief: Spaarnestad Photo 引用。


写真(右)1930年、オランダ、アムステルダム、ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)を訪問したオランダ国防大臣ラウレンチィウス・ニコラス・デッカー(Laurentius Nicolaas Deckers:1883-1978)(左端):コックピと外側に”DO-X”とある。当時、カーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン610馬力を箱型ナセルに2基ずつ、合計12基(7200馬力)搭載している。
Collectie / Archief Het Leven (LEVEN 022) Beschrijving Vliegboten. In 1930 brengt de Minister van Defensie, Laurentius Nicolaas Deckers [1883-1978] een bezoek aan de vliegboot Dornier DO-X in Amsterdam. Datum 1930 Locatie Amsterdam Fotograaf Onbekend
写真はNationaal Archief: Spaarnestad Photo 引用。


写真(右)1930年11月5日、ドイツ南部、スイス国境のボーデン湖畔、アルテンルハイン(Altenrhein)、飛行機格納庫前のドルニエDo-X 飛行艇(登録コード:D-1929)。ここから大西洋周遊のために、オランダ、アムステルダムに飛んだ。;胴体上部に主翼をパラソル式に配備し、その上にエンジンを縦列串型にカーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン610馬力12基を2機ずつ箱型ナセルに縦列串型に搭載。している。フランスのシェルブール、ポルトガルのリスボンンへのフライトを飛んだ。
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-10654 Original title: info Das Riesenflugboot "Do X" startet zum ersten Europa- und Amerika-Flug! Die erste Etappe führt das Flugschiff von Altenrhein/Schweiz nach Amsterdam. Von hier aus besucht das Flugboot die englische Hafenstadt Southhampton, wo sie vom Prinzen of Wales besichtigt wird. Dann fliegt sie weiter nach Cherbourg und Lissabon, von wo der endgültige Start über den Ozean nach Amerika stattfindet. Das Riesenflugboot "Do X" wird in Altenrhein am Bodensee aus der Halle gebracht. Archive title: Altenrhein / Bodensee.- Flugboot Dornier Do X (D-1929) vor Hangar Dating: November 1930 Photographer: Pahl, Georg Origin: Bundesarchiv .
写真はWikimedia Commons, Category:Dornier Do X・File:Bundesarchiv Bild 102-10654, Flugschiff Dornier "Do X" vor der Halle.jpg引用。


写真(右)1931年、スペイン、大西洋、カナリア諸島ラスパルマス(Las Palmas)、ドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇
Photo library Title: DORNIER [Material gráfico] Publication: 1931 Physical description: 1 FOTOGRAFÍA : GELATINA PAPEL GELATINA Series: (Coleccóin) Notes: Copia digital. Madrid : Ministerio de Educación, Cultura y Deporte. Subdirección General de Coordinación Bibliotecaria, 2015
Subject / Place: Militares Associated bibliographical records Puertos Associated bibliographical records Transporte aéreo Associated bibliographical records Gran Canaria Associated bibliographical records Las Palmas de G.C
写真はVirtual Library of Bibliographic Heritage Foundation for Ethnography and Development of Crafts of the Canary Islands (FEDAC)・Ans_05338-02-208-AL-FL引用。


写真(右)1931年、スペイン、大西洋、カナリア諸島ラスパルマス(Las Palmas)、ドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇
Title: EL DORNIER EN EL PUERTO DE LA LUZ [Material gráfico] Publication: 1931 Physical description: 1 FOTOGRAFÍ: GELATINA PAPEL GELATINA Series: (Colección ULISES PARADA PÉREZ) Notes: Copia digital. Madrid : Ministerio de Educación, Cultura y Deporte. Subdirección General de Coordinación Bibliotecaria, 2015
Subject / Place: Puertos Associated bibliographical records Transporte aéreo Associated bibliographical records Gran Canaria Associated bibliographical records Las Palmas de G.C
Holdings: Foundation for Ethnography and Development of Canarian Crafts (FEDAC)/Cabildo of Gran Canaria Ubicación: Archivo de Fotografía Histórica de Canarias Signature: 14488
写真はVirtual Library of Bibliographic Heritage ?Foundation for Ethnography and Development of Crafts of the Canary Islands (FEDAC)・引用。


写真(右)1931年1月31日、スペイン、大西洋、カナリア諸島ラスパルマス(Las Palmas)、ドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇
Title: HIDROALA DORNIER EN EL PUERTO [Material gráfico] Publication: 1931 Physical description: 1 FOTOGRAFÍA : GELATINA ; 13X10 13X10 GELATINA Series: (Colección JOSEoacute; A. PEoacute;REZ CRUZ) Notes: ADQUIRIDA POR EL COLECCIONISTA EN LAS PALMAS DE G.C. FOTO SOBRE CARTULINA DE DETALLE DE LA CABINA DEL HIDROAVION "DORNIER" Copia digital. Madrid : Ministerio de Educación, Cultura y Deporte. Subdirección General de Coordinación Bibliotecaria, 2015 Subject / Place: Reportaje Associated bibliographical records Transporte aéreo Associated bibliographical records Gran Canaria Associated bibliographical records Las Palmas de G.C. Associated bibliographical records
Subject / Place: Puertos Associated bibliographical records Transporte aéreo Associated bibliographical records Gran Canaria Associated bibliographical records Las Palmas de G.C
Holdings: Foundation for Ethnography and Development of Canarian Crafts (FEDAC)/Cabildo of Gran Canaria Ubicación: Archivo de Fotografía Histórica de Canarias Signature: 2621
写真はVirtual Library of Bibliographic Heritage ?Foundation for Ethnography and Development of Crafts of the Canary Islands (FEDAC)・Signature: 2621
引用。


写真(右)1931年1月31日、スペイン、大西洋、カナリア諸島ラスパルマス(Las Palmas)、ドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇
Title: EL HIDROALA DORNIER [Material gráfico] Publication: 1931 Physical description: 1 FOTOGRAFÍA : GELATINA ; 13X10 13X10 GELATINA Series: (Colección JOSÉ A. PÉREZ CRUZ) Notes: ADQUIRIDA POR EL COLECCIONISTA EN LAS PALMAS DE G.C. FOTO SOBRE CARTON DE "HIDROAVION DORNIER ALEMAN" VISTA LATERAL TRASERA Copia digital. Madrid : Ministerio de Educación, Cultura y Deporte. Subdirección General de Coordinación Bibliotecaria, 2015 Subject / Place: Reportaje Associated bibliographical records Transporte aéreo Associated bibliographical records Gran Canaria Associated bibliographical records Las Palmas de G.C. Associated bibliographical records
Holdings: Foundation for Ethnography and Development of Canarian Crafts (FEDAC)/Cabildo of Gran Canaria Ubicación: Archivo de Fotografía Histórica de Canarias Signature: 2621
写真はVirtual Library of Bibliographic Heritage Foundation for Ethnography and Development of Crafts of the Canary Islands (FEDAC)・Signature: 2621
引用。


写真(右)1931年1月31日、スペイン、大西洋、カナリア諸島ラスパルマス(Las Palmas)、ドルニエ(Dornier)Do-X輸送飛行艇
REPARACIÓN DEL HIDROALA DORNIER EN TIERRA [Material gráfico] Publication: 1931 Physical description: 1 FOTOGRAFIoacute;A : GELATINA ; 13X10 13X10 GELATINA Series: (Colección JOSÉ A. PÉREZ CRUZ) Notes: ADQUIRIDA POR EL COLECCIONISTA EN LAS PALMAS DE G.C. LLEGÓ EL 31 DE ENERO DE 1931, FUE REPARADO POR CURTISS, INGENIERO AMERICANO DESPLAZADO AL EFECTO, Y DESPEGÓ EL 1 DE MAYO. FOTO SOBRE CARTON DE "HIDROALA DORNIER". VISTA DE FRENTE LEVEMENTE LADEADO Copia digital. Madrid : Ministerio de Educación, Cultura y Deporte. Subdirección General de Coordinación Bibliotecaria, 2015 Subject / Place: Puertos Associated bibliographical records Reportaje Associated bibliographical records Transporte aéreo Associated bibliographical records Gran Canaria Associated bibliographical records Las Palmas de G.C. Associated bibliographical records
Subject / Place: Puertos Associated bibliographical records Transporte aéreo Associated bibliographical records Gran Canaria Associated bibliographical records Las Palmas de G.C
Holdings: Foundation for Ethnography and Development of Canarian Crafts (FEDAC)/Cabildo of Gran Canaria Ubicación: Archivo de Fotografía Histórica de Canarias Signature: 2621
写真はVirtual Library of Bibliographic Heritage ?Foundation for Ethnography and Development of Crafts of the Canary Islands (FEDAC)・Signature: 2621
引用。


ドルニエdo-x ドルニエ(Dornier)Do X飛行艇(登録コード:D-1929)は、1930年11月5日から1932年5月にかけて、18カ月をかけて、大西洋を周遊するデモ飛行を行った。

ドルニエDo-X 飛行艇による大西洋周遊ツアーには、ドルニエ社の創始者(Claude Dornier)と搭乗員14名で、1930年11月5日、ドイツのボーデン湖アルテンハイム(Altenrhein) を出発し、オランダのアムステルダム(Amsterdam)に到着した。アムステルダムを、11月10日に出発、イギリス南部ニューハンプシャー州カルショット(Calshoy)に到着。カルショットを11月14日に出発、フランスのラロッシュ近くを経由して、11月15日、ボルドー(Bordeaux)に到着。ボルドーを11月17日に発って、ブライ(Blaye)を経由し、11月20日、スペインのサンタンデール(Santander)に到着。サンタンデールを11月23日に発って、ラ・コルーニャ(La Coruna)に到着。スペインのラ・コルーニャを1930年11月27日に発って、ポルトガルのリスボン(Lissabon)に到着。リスボンでは、排気炎によってカバーが燃え上がり、左の主翼を火災で損傷。大西洋横断は中断、修理後に再開。

写真(右)1931年1月31日、大西洋、スペイン領カナリア諸島、大カナリア島ラス・パルマス(Las Palmas)沖、ドイツのドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)、ポルトガルのリスボン(Lissabon)から到着。船を使って搭乗員が行き来した。:大西洋を横断するには、航続距離が不足であり、安全上も不着陸横断はリスクがある。そこで、カナリア諸島を中継し、ブラジル方面に向かえば、大西洋横断がしやすくなる。コックピと外側に”DO-X”とはないようだ。主翼の上面に装備されているのは、カーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン610馬力を箱型ナセルに2基ずつ、合計12基(7200馬力)である。これ以前の旧型では、シーメンス社ジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を装備していた。
Dornier DO X
写真はNationaal Archief: Spaarnestad Photo 引用。


写真(右)1931年1月31日、大西洋、スペイン領カナリア諸島、大カナリア島ラス・パルマス(Las Palmas)沖、ドイツのドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)、ポルトガルのリスボン(Lissabon)から到着。船を使って搭乗員が行き来した。:1931年1月31日、Do-X飛行艇は、ポルトガルのリスボン(Lissabon)を出発、スペイン領カナリア諸島ラス・パルマス(Las Palmas)に到着。その後は、スペイン領サハラのリオデオロ、ポルトガル領ギニアビサウ(Guinea-Bissau)のブバケ(Bubaque)などアフリカ中西部を訪問している。を経由して、1931年6月5日、ブラジル東岸ナタール(Natal)に到着した。
Dornier DO X
写真はNationaal Archief: Spaarnestad Photo 引用。


1931年1月31日、ドルニエDo-X巨人飛行艇は、大西洋横断を再開し、ポルトガルのリスボン(Lissabon)を出発、スペイン領カナリア諸島ラス・パルマス(Las Palmas)に到着。スペイン領サハラのリオデオロ、ポルトガル領ギニアビサウ(Guinea-Bissau)のブバケ(Bubaque)などアフリカ中西部を訪問。その後、5月30日、アフリカのポルトガル領ギニアビサウのボラマ(Bolama)を出発、 大西洋上、ポルトガル領カーボベルデ諸島プライア(Praia)に到着。6月4日、カーボベルデ諸島プライアを離水し、ブラジル東端沖のフェルナンド・デ・ノローニャ(Fernando de Noronha)島に到着。1931年6月5日、そこを発って、南米大陸ブラジル東岸ナタール(Natal)に到着した。ナタールを6月18日に出発し、バイア(Bahia)、ラゴアドアラムアマ(Lagoa do Araruama)を経由して、6月20日にリオデジャネイロに到着した。


写真(右)1931年8月26日、バージニア州ノーフォーク(Norfolk )、ドイツ共和国のドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)
;1933年のナチ党政権獲得前なので、尾翼には、ナチ党のスワスチカ(鍵十字)の国籍マークは描かれていない。
SDASM Archives Dornier Do-X PictionID:38276114 - Catalog:AL-135B 139 Dornier Do-X D-1929 New York 1931 - Filename:AL-135B 139 Dornier Do-X D-1929 New York 1931.tif .
写真はSDASM Archives・PictionID:38276114引用。


リオデジャネイロを出発したのは、1931年8月5日になってからで、バイア、ナタール等を経由して、8月8日にパラ(Para)に到着した。ブラジルのパラの出発は、8月18日で、オランダ領スリナムのパラナリボ(Paramaribo)、プエルトリコ(アメリカ領)サン・フアン(San Juan)、キューバ東部アンティヤ(Antilla)を経由して、アメリカのフロリダ州マイアミ(Miami)に8月22日に到着した。マイアミを8月25日に発って、チャールストン(Charleston )を経由し、8月26日に、バージニア州ノーフォーク(Norfolk )に到着。翌1931年8月27日、ニューヨーク(New York)に到着した。


写真(右)1931年8月26日、バージニア州ノーフォーク(Norfolk )、アメリカ海軍水上機母艦「ライト」USS Wright (AV-1)から撮影したドイツ共和国のドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)
;1933年のナチ党政権獲得前なので、尾翼には、ナチ党のスワスチカ(鍵十字)の国籍マークは描かれていない。
80-HAN-27-2: German Dornier Do X aircraft, bow view, August 26, 1931. Photographed by USS Wright (AV-1). At the time, the aircraft was the largest, heaviest and most powerful flying boat in the world. U.S. Navy photograph, now in the collections of the National Archives. (2016/04/05). .
写真はSDASM Archives・80-HAN-27-2引用。



写真(右)1931年8月26日、バージニア州ノーフォーク(Norfolk )、アメリカ海軍水上機母艦「ライト」USS Wright (AV-1)から撮影したドイツ共和国のドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)

80-HAN-27-2: German Dornier Do X aircraft, bow view, August 26, 1931. Photographed by USS Wright (AV-1). At the time, the aircraft was the largest, heaviest and most powerful flying boat in the world. U.S. Navy photograph, now in the collections of the National Archives. (2016/04/05).
写真はSDASM Archives・80-HAN-27-2引用。



写真(右)1931年8月26日、バージニア州ノーフォーク(Norfolk )、アメリカ海軍水上機母艦「ライト」USS Wright (AV-1)から撮影したドイツ共和国のドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)
;1933年のナチ党政権獲得前なので、尾翼には、ナチ党のスワスチカ(鍵十字)の国籍マークは描かれていない。
8080-HAN-27-3: German Dornier Do X aircraft, rear view, August 26, 1931. Photographed by USS Wright (AV-1). At the time, the aircraft was the largest, heaviest and most powerful flying boat in the world. U.S. Navy photograph, now in the collections of the National Archives. (2016/04/05).
写真はSDASM Archives・80-HAN-27-2引用。



写真(右)1931年8月26日、バージニア州ノーフォーク(Norfolk )、アメリカ海軍水上機母艦「ライト」USS Wright (AV-1)から撮影したドイツ共和国のドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇(登録コード:D-1929)
;1933年のナチ党政権獲得前なので、尾翼には、ナチ党のスワスチカ(鍵十字)の国籍マークは描かれていない。
80-HAN-27-5: German Dornier Do X aircraft, close up of engines, August 26, 1931. Photographed by USS Wright (AV-1). At the time, the aircraft was the largest, heaviest and most powerful flying boat in the world. U.S. Navy photograph, now in the collections of the National Archives. (2016/04/05).
写真はSDASM Archives・80-HAN-27-2引用。



写真(上)1931年、アメリカ、ニューヨークを訪問した、ドイツのドルニエ(Dornie)Do-X旅客輸送飛行艇(登録コード:D-1929)
;主翼中央に巨大な星条旗を掲げている一方で、ドイツ共和国の国旗は、胴体後方にやや小型のものを掲げている。ドルニエ(Dornier)Do X飛行艇(登録コード:D-1929)は、全長 40m、全幅 48.05m、全高 6.4m、翼面積 450平方メートル、 空虚重量 29,500kg、全備重量 56,000kg、発動機 カーチス・コンカラーエンジン(600馬力)12基、最高速力 215km/h、巡行速力 190km/h、航続距離 2800km。
Dornier Do-X PictionID:38275467 - Catalog:AL-135B 141 Dornier Do-X D-1929 - Filename:AL-135B 141 Dornier Do-X D-1929.tif - This image is from a photo album donated to the Museum by JL Highfill which includes images taken in the Pacific during the Second World War .
SDASM Archives・PictionID:38275467引用。


ニューヨークを出発したのは、1932年5月19日になってで、カナダ東岸ニューファウンドランドを経由して, 5月21日、大西洋のアゾレス諸島(ポルトガル領)オルタ(Holta)に到着。翌5月22日に出発し、スペインのビゴ(Vigo)に到着。翌5月24日、イギリス南部ニューハンプシャー州カルショット到着。翌5月24日、カルショットを出発し、ベルリン(Berlin)郊外ミュッゲル湖(Müggelsee) に到着した。

写真(右)1932年11月、スイス、ボーデン湖(?)、ドルニエ(Dornier)Do X “D-1929”飛行艇1号機を見物に多数の人々が集まってきた。;カーチス・ライト(Curtis- Wright)エンジンに変換、馬力を強化し、大西洋を横断し、アメリカまで渡った。
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-10251
Original title: info Das deutsche Riesenflugboot "Do X" rüstet für den Amerika-Flug !
Die ersten Probeflüge mit den neuen amerikanischen Curtis- Wright-Motoren sind vollendet. Blick in das Innere des mit allem Comfort ausgestatteten Riesen-Flugboots.
Dating: August 1930 Photographer: o.Ang. Origin: Bundesarchiv .
写真は, Bundesarchiv・Bild 102-14029引用。



写真(右)1930-1932年11月、スイス、ボーデン湖(?)、ドルニエ(Dornier)Do X “D-1929”飛行艇1号機
;コックピット外側下に”DO-X”と記入されている。ドイツでは1機のみ使用されただけだが、イタリアでは、ドルニエDo X2 “Umberto Maddalena”,Do X3 “Alessandro Guidoni”の2機が使用された。エンジンは、シーメンス社のジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型(タンデム)に12基配置している。
Photographer: Unbekannt
Title: Dornier "Do X" mit amerikanischen Curtiss-Conqueror-Motoren
Dating: 1917-1925 Is Part Of: Junkers Flugzeugwerke AG, [1917-1925]. 2 Alben mit 659 Bildern
Physical Description: Photography : paper print, mounted on cardboard Record Name: Categories: View Collection, Unknown, Propeller-driven aircraft, Dornier DO X, Hydroplanes Record Name: Ans_05338-02-209-AL-FL
写真はETH-Bibliothek Zürich Ans_05338-02-209引用。



写真(右)1932年11月2日、スイス、ボーデン、ドルニエ(Dornier)Do X “D-1929”飛行艇1号機
;ドイツでは1機のみ使用されただけだが、イタリアでは、ドルニエDo X2 “Umberto Maddalena”,Do X3 “Alessandro Guidoni”の2機が使用された。エンジンは、シーメンス社のジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を一体化ナセルに縦列串型(タンデム)に12基配置している。
Photographer: Swissair
Title: Dornier Do X, D-1929 am Boden
Dating: 2.11.1932 Physical Description: Neapel, Campi Flegrei. Sammlung mit 272 Bildern (Auswahl digitalisiert)
Format: 13 x 18 cm Categories: Reportage photography, 1931-1940, Dornier DO X, Hydroplanes, Europe, Spectators, Propeller-driven aircraft, Swissair, Swissair Archive Record Name: LBS_SR02-10324
写真はETH-Bibliothek Zürich Record Name: LBS_SR02-10324引用。



写真(右)1932年11月2日、スイス、ボーデン、ドルニエ(Dornier)Do X “D-1929”飛行艇1号機
;ドイツでは1機のみ使用されただけだが、イタリアでは、ドルニエDo X2 “Umberto Maddalena”,Do X3 “Alessandro Guidoni”の2機が使用された。エンジンは、シーメンス社のジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型(タンデム)に12基配置している。
Photographer: Swissair
Title: Dornier Do X, D-1929 am Boden
Dating: 2.11.1932 Physical Description: Neapel, Campi Flegrei. Sammlung mit 272 Bildern (Auswahl digitalisiert)
Format: 13 x 18 cm Categories: Reportage photography, 1931-1940, Dornier DO X, Hydroplanes, Europe, Spectators, Propeller-driven aircraft, Swissair, Swissair Archive Record Name: LBS_SR02-10323
写真はETH-Bibliothek Zürich Record Name: LBS_SR02-10323引用。



写真(右)1932年11月2日、スイス、ボーデン湖(コンスタンツ湖)、ドルニエ(Dornier)Do X “D-1929”飛行艇1号機
;ドイツでは1機のみ使用されただけだが、イタリアでは、ドルニエDo X2 “Umberto Maddalena”,Do X3 “Alessandro Guidoni”の2機が使用された。エンジンは、シーメンス社のジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型(タンデム)に12基を配置している。
Photographer: Swissair
Title: Dornier Do X, D-1929 am Boden
Dating: 2.11.1932 Physical Description: Neapel, Campi Flegrei. Sammlung mit 272 Bildern (Auswahl digitalisiert)
Format: 13 x 18 cm Categories: Reportage photography, 1931-1940, Dornier DO X, Hydroplanes, Europe, Spectators, Propeller-driven aircraft, Swissair, Swissair Archive Record Name: LBS_SR02-10322
写真はETH-Bibliothek Zürich Record Name: LBS_SR02-10322 引用。



写真(右)1932年11月2日、スイス、チューリッヒ郊外、ドイツのドルニエ(Dornier)Do-X飛行艇(D-1929)の指揮官のフリードリッヒ・クリスチャセン

Photographer: Swissair
Title (German): Kommandant Friedrich Christiansen der Dornier Do X, D-1929
Dating: 02.11.1932 Physical Description: Reproduction photography : glass-plate negative Format: 13 x 18 cm
Categories: Reportage photography, 1931-1940, Dornier DO X, Hydroplanes, Lake Zurich, Propeller-driven aircraft, Swissair, Swissair Archive Record Name: LBS_SR02-10327
写真はETH-Bibliothek Zürich・LBS_SR02-10327 引用。



写真(右)1932年11月2日、スイス、チューリッヒ郊外、ドイツのドルニエ(Dornier)Do-X飛行艇(D-1929)の航法士ナビゲーターのフンカー

Photographer: Swissair
Title (German): Navigator-Funker in der Dornier Do X, D-1929
Caption (German): Der Navigator-Funker beim Drehen der Peilantenne, um die Richtung zur Bodenstation zu ermitteln
Dating: 02.11.1932 Physical Description: Reproduction photography : glass-plate negative Format: 9 x 12 cm
Categories: Reportage photography, 1931-1940, Dornier DO X, Hydroplanes, Lake Zurich, Propeller-driven aircraft, Swissair, Swissair Archive Record Name: LBS_SR02-10319
写真はETH-Bibliothek Zürich・Record Name: LBS_SR02-10319引用。



写真(右)1932年11月2日、スイス、チューリッヒ郊外、ドイツのドルニエ(Dornier)Do-X飛行艇(D-1929)の航法士ナビゲーターのフンカー

Photographer: Swissair
Title (German): Navigator-Funker in der Dornier Do X, D-1929
Caption (German): Der Navigator-Funker beim Drehen der Peilantenne, um die Richtung zur Bodenstation zu ermitteln
Dating: 02.11.1932 Physical Description: Reproduction photography : glass-plate negative Format: 9 x 12 cm
Categories: Reportage photography, 1931-1940, Dornier DO X, Hydroplanes, Lake Zurich, Propeller-driven aircraft, Swissair, Swissair Archive Record Name: LBS_SR02-10320
写真はETH-Bibliothek Zürich・LBS_SR02-10320 引用。


写真(右)1932年6月12日、ドイツ、ベルリン東、グローセル・ミュクゲル湖、ドルニエ(Dornier) Do X 大型飛行艇D-1929:ベルリン中心部から路面電車で行くこともできるグローセル・ミュクゲル湖は、砂浜、公園が広がる静かな湖で、長さ4.3キロ、幅2.6キロ、面積7.4平方キロ、最深部8メートルのベルリン周辺で最大の湖で憩いの場でもある。
Datensatz 71690359 Pragher, Willy: Dornier Do X auf dem Müggelsee, 1932.06.12 Verwalter: Freiburg im Breisgau, Landesarchiv Baden-Württemberg, Staatsarchiv Freiburg, Signatur/Inventar-Nr.: W 134 Nr. 004352 Location: Müggelsee Keywords / Classification: Deutschland, Flugzeuge, Seen Literature: Pragher, Willy: Zeit-Aufnahmen 1926-1991. Stationen einer Generation. Freiburg 1992 .
写真はEuropeana Collections, SLUB / Deutsche Fotothek Foto: Pragher, Willy, 1932.06.12 Aufn.-Nr.: fg_sta_0091452 引用。


写真(右)1932年6月12日、ドイツ、ベルリン東、グローセル・ミュクゲル湖、ドルニエ(Dornier) Do X 大型飛行艇D-1929:ベルリン中心部から路面電車で行くこともできるグローセル・ミュクゲル湖は、砂浜、公園が広がる静かな湖で、長さ4.3キロ、幅2.6キロ、面積7.4平方キロ、最深部8メートルのベルリン周辺で最大の湖で憩いの場でもある。
Foto: Pragher, Willy, 1932.06.12 Aufn.-Nr.: fg_sta_0091453 Datensatz Eigentümer: Landesarchiv Baden-Württemberg, Abt. Staatsarchiv Freiburg Verwalter: Freiburg im Breisgau, Landesarchiv Baden-Württemberg, Staatsarchiv Freiburg, Signatur/Inventar-Nr.: W 134 Nr. 004353 alte Inventar-Nr.: 496 Google-Maps-Lokalisierung: Stadt: Freiburg im Breisgau, Provinz: Baden-Württemberg, Land: Deutschland.
写真はEuropeana Collections, SLUB / Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: fg_sta_0091453引用。


写真(右)1932年6月12日、ドイツ、ベルリン東、グローセル・ミュクゲル湖、ドルニエ(Dornier) Do X2 大型飛行艇:ベルリン中心部から路面電車で行くこともできるグローセル・ミュクゲル湖は、砂浜、公園が広がる静かな湖で、長さ4.3キロ、幅2.6キロ、面積7.4平方キロ、最深部8メートルのベルリン周辺で最大の湖で憩いの場でもある。
Datensatz 71690361 Pragher, Willy: Dornier Do X auf dem Müggelsee: Montage am Motor, 1932.06.12 Serie: Sammlung Willy Pragher I: Glasplattennegative; Flugzeuge Location: Müggelsee Deutschland, Flugzeuge, Seen.
写真はEuropeana Collections, SLUB / Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: fg_sta_0091454引用。


写真(右)1932年6月12日、ドイツ、ベルリン東、グローセル・ミュクゲル湖、エンジン整備中のドルニエ(Dornier) Do X 大型飛行艇のカーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン:プロペラには、カバーがかけられているが、これは翅を保護すると同時に羽を固定して海難しないようにする役割がある。グローセル・ミュクゲル湖は、淡水なので、飛行艇の金属を腐食させるリスクは、海水よりは小さい。しかし、水面では整備にも不便であり、飛行艇といえども、スロープから陸上に引き上げて、整備する必要があった。
Datensatz 71690365 Pragher, Willy: Dornier Do X auf dem Müggelsee: Montage am Motor, 1932.06.12 Foto: Pragher, Willy, 1932.06.12 Aufn.-Nr.: fg_sta_0091458 Datensatz Eigentümer: Landesarchiv Baden-Württemberg, Abt. Staatsarchiv Freiburg Serie: Sammlung Willy Pragher I: Glasplattennegative; Flugzeuge .
写真はEuropeana Collections, SLUB / Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: fg_sta_0091458引用。


ドルニエ(Dornier) Do X 大型飛行艇(D-1929)は、胴体上部のパラソル式主翼上部に、カーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン(610馬力)を2機ずつ箱型ナセルに縦列串タンデム式に12台も搭載している。整備するのも、運航時の発動機調整も大変な労力と熟練技術が必要だったであろう。

写真(右)1932年6月12日、ドイツ、ベルリン東、グローセル・ミュクゲル湖、ドルニエ(Dornier) Do X 大型飛行艇(D-1929):退役した後、偉業をたたえるために、ベルリンの航空輸送博物館に保管されることになったDo-Xだったが、第二次大戦末期の1945年のベルリン空爆により破壊された。
Foto: Pragher, Willy, 1932.06.12
Aufn.-Nr.: fg_sta_0091455
Datensatz Eigentümer: Landesarchiv Baden-Württemberg, Abt. Staatsarchiv Freiburg
Datensatz 71690362
Pragher, Willy: Dornier Do X auf dem Müggelsee: Cockpit von unten, 1932.06.12
Serie: Sammlung Willy Pragher I: Glasplattennegative; Flugzeuge.
写真はEuropeana Collections, SLUB / Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: fg_sta_0091455引用。


ドルニエ(Dornier) Do X 大型飛行艇(D-1929)は、製造時には、胴体上部のパラソル式主翼上部に、シーメンス社力ブリストル:ジュピター9気筒空冷星型エンジン(525馬)を2台1組の流線型ナセルに縦列串タンデム式に12台搭載していた。合計7680馬力を発揮できる予定だった。

しかし、出力不足とエンジン不調でのために、エンジンを変換した。1930年8月頃、発動機を換装し、新たにカーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン(610馬力)で、やはり2台1組の箱型ナセルに縦列串タンデム式に12台搭載した。

写真(右)1932年6月12日、ドイツ、ベルリン東、グローセル・ミュクゲル湖、ドルニエ(Dornier) Do X 大型飛行艇(D-1929)の発動機カーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン(610馬力)
Foto: Pragher, Willy, 1932.06.12 Datensatz Eigentümer: Landesarchiv Baden-Württemberg, Abt. Staatsarchiv Freiburg
Datensatz 71690363 Pragher, Willy: Dornier Do X auf dem Müggelsee: Motor wird geölt, 1932.06.12 Serie: Sammlung Willy Pragher I: Glasplattennegative; Flugzeuge
Location: Müggelsee
Keywords / Classification: Deutschland, Flugzeuge, Seen.
写真はEuropeana Collections, SLUB / Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: fg_sta_0091456引用。


ドルニエ(Dornier) Do X 大型飛行艇(D-1929)の発動機は、完成当初は、シーメンス社力ブリストル・ジュピター9気筒空冷星型エンジン(525馬)を2台1組の流線型ナセルに縦列串タンデム式12台を胴体上部のパラソル式主翼上部に装備していたが、エンジンの出力不足が懸念された。そこで、搭載方法は同じだが、1930年8月頃、エンジンを換装することにした。新たに搭載された発動機は、カーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン(610馬力)である。2台1組の箱型ナセルに縦列串タンデム式12台装備した。

しかし、ドルニエ(Dornier) Do X 大型飛行艇の全高は6.4mもあり、最上部のエンジンを12台も整備するのは、労力と熟練が必要なはずで、それを海上・湖水上で行う場合、機体の動揺もあったはずで、整備は大変手間がかかったはずだ。さらに、水面下にある胴体やフロートの汚れや腐食も点検する必要があった。

写真(右)1932年6月12日、ドイツ、ベルリン東、グローセル・ミュクゲル湖、ドルニエ(Dornier) Do X 大型飛行艇(D-1929)の発動機カーチス社コンカラー(Curtiss Conqueror) V型12気筒液冷エンジン(610馬力):発動機は、パラソル式主翼上面に、箱型ナセルに2台1組の縦列串タンデム配置され、合計12台搭載している。
Foto: Pragher, Willy, 1932.06.12 Datensatz Eigentümer: Landesarchiv Baden-Württemberg, Abt. Staatsarchiv Freiburg
Datensatz 71690364 Pragher, Willy: Dornier Do X auf dem Müggelsee: Motor wird geölt, 1932.06.12 Serie: Sammlung Willy Pragher I: Glasplattennegative; Flugzeuge
Location: Müggelsee
Keywords / Classification: Deutschland, Flugzeuge, Seen.
写真はEuropeana Collections, SLUB / Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: fg_sta_0091457引用。


飛行艇の保管・格納には、珠がかかる。機体は金属製なので、海面・水面上では腐食しやすくなる。また、水上では機体・発動機の整備にも手間がかかる。特に海上での利用には整備が大変だったが、淡水湖であれば、金属腐食の心配ははるかに少ない。それでも、水面上に長期停泊はできないので、飛行艇といえども、陸上に引き上げて、整備・格納する配慮が必要である。

ベルリン中心部から路面電車で行くこともできるグローセル・ミュクゲル湖は、砂浜、公園が広がる静かな湖で、長さ4.3キロ、幅2.6キロ、面積7.4平方キロ、最深部8メートルのベルリン周辺で最大の湖で憩いの場でもある。

写真(右)1932年6月12日、ドイツ、ベルリン東、グローセル・ミュクゲル湖、ドルニエ(Dornier) Do X2 大型飛行艇D-1929の主翼支柱とフロート:12基のカーチス・コンカラー・エンジンは、2基一組のタンデム配置で、一体化した箱型ナセルに収められている。
Foto: Pragher, Willy, 1932.06.12 Aufn.-Nr.: fg_sta_0091459
Datensatz Eigentümer: Landesarchiv Baden-Württemberg, Abt. Staatsarchiv Freiburg
Datensatz 71690366
Pragher, Willy: Dornier Do X auf dem Müggelsee: Tragfläche wird gefirnisst, 1932.06.12
Serie: Sammlung Willy Pragher I: Glasplattennegative; Flugzeuge.
写真はEuropeana Collections, SLUB / Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: fg_sta_0091459引用。


ドルニエ(Dornier) Do X (D-1929)は、全長 40m、全幅 48.05m、全高 6.4m、自量空虚重量 29,500kg、全備重量 52,000kgの超大型飛行艇は、その浮力も大きくすることが必要である。そこで、ドルニエ社はDo-Jで試みた胴体中部の大型フロートをDo-Xにも採用した。 主翼は450平方メートルもあるので、大重量の翼をささえる支柱も強度を維持するために太いものが取り付けられている。

ドルニエDo.X飛行艇の内部は、調度品が整えられ、豪華ホテルのような居住環境を提供した。1930年代の長距離航空路線は飛行艇の全盛期だったが、実際に就航した飛行艇で最大のボーイング314でも、乗客数は74人だった。乗客数150人のDO.Xはケタはずれの大型機だったが、当時の技術では実用化できなかった。【時事通信社

写真(右)1931年10月12日、ドイツ、上シュヴァーベン(Upper Swabia)、ボーデン湖(Bodensee:コンスタンツ湖)、飛行艇用スロープ・桟橋を備えたドルニエ飛行艇工場
Foto: Mittelholzer, Walter, 1931.10.12 Aufn.-Nr.: z_eth_0456870 Negativ (Kunststoff, 2,4 x 3,6 cm, schwarzweiß) Eigentümer: ETH-Bibliothek Zürich, Bildarchiv/Siftung Luftbild SchweizArchitektur & Bodensee Fabriken & Gebäude der Maschinen-, Metallverarbeitenden-, Elektro- und Fahrzeugindustrie & Gewässer & Industriegebäude & Natur & Profanarchitektur & Profanbauten & Seen & Weiher.
写真はEuropeana Collections, SLUB / Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: z_eth_0456870引用。


ドルニエ飛行艇工場は、ドイツ南部、ドイツ、オーストリア、スイスの国境のボーデン湖(Bodensee:コンスタンツ湖)畔にある。ボーデン湖は、付近ではレマン湖についで第二の面積、536平方キロと大きな湖である。ドルニエ(Dornier)Do X大型飛行艇は、1929年に試作的に1機のみ生産されただけで、量産はなされなかった。

写真(右)1931年10月12日、ドイツ、上シュヴァーベン(Upper Swabia)、ボーデン湖(Bodensee:コンスタンツ湖)、飛行艇用スロープ・桟橋を備えたドルニエ飛行艇工場:ドイツ、オーストリア、スイスの国境のボーデン湖(コンスタンツ湖)は、付近ではレマン湖についで第二の面積、536平方キロと大きな湖で、そのほとりにドルニエ飛行艇工場がある。ここでドルニエ(Dornier) Do X2 大型飛行艇が1機のみ1929年に生産された。
Foto: Mittelholzer, Walter, 1931.10.12 Aufn.-Nr.: z_eth_0456869
Negativ (Kunststoff, 2,4 x 3,6 cm, schwarzweiß) Eigentümer: ETH-Bibliothek Zürich, Bildarchiv/Siftung Luftbild Schweiz
Serie: Photoflug Gaswerk nach Zürich via Friedrichshafen mit B. Zimmermann und Dr. Tilgenkamp, 12.10.1931. Reportage mit 25 Bildern (alle digitalisiert)
Location: Bodensee-Oberschwaben .
写真はEuropeana Collections, SLUB / Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: z_eth_0456869引用。



写真(上)1933年6月、イタリア、ナポリ港で製造途上のドルニエ(Dornier) Do X2 “Umberto Maddalena”,輸送飛行艇
;尾翼が装着されていない状態なので、製造途上と思われる。巨人飛行艇Do-Xは、ドイツでは1機のみ使用されたが、イタリアでは2機が生産され、Do X2 “Umberto Maddalena”,Do X3 “Alessandro Guidoni”と命名された。一時的に、使用された。シーメンス社のジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型(タンデム)配置しているようだ。
Photographer: Friedlaender, Immanuel
Title: U. Maddalena im Hafen von Napoli
Caption: Dornier Do X2 “Umberto Maddalena”, ohne Leitwerk: Vorbereitungen für den Einbau eines Heckstandes?
Dating: 6/1933 Physical Description: Neapel, Campi Flegrei. Sammlung mit 272 Bildern (Auswahl digitalisiert)
Categories: Reportage photography, 1931-1940, Hydroplanes, Friedlaender, Immanuel, 1871-1948, Ships + Railways + Vehicles, Harbours + Ports + Lighthouses, Friedlaender, Immanuel, Naples
Record Name: Hs_1309-0014-007
写真はETH-Bibliothek Zürich・Hs_1309-0014-007 引用。



写真(上)1933年6月、イタリア、ナポリ港で製造途上のドルニエ(Dornier) Do X2 “Umberto Maddalena”,輸送飛行艇
;尾翼が装着されていない状態なので、製造途上と思われる。巨人飛行艇Do-Xは、ドイツでは1機のみ使用されたが、イタリアでは2機が生産され、Do X2 “Umberto Maddalena” ,Do X3 “Alessandro Guidoni”と命名された。一時的に、使用された。シーメンス社のジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型(タンデム)配置しているようだ。
Photographer: Friedlaender, Immanuel
Title: U. Maddalena im Hafen von Napoli
Caption: Dornier Do X2 “Umberto Maddalena”, ohne Leitwerk: Vorbereitungen für den Einbau eines Heckstandes?
Dating: 6/1933
Physical Description: Neapel, Campi Flegrei. Sammlung mit 272 Bildern (Auswahl digitalisiert)
Categories: Reportage photography, 1931-1940, Hydroplanes, Friedlaender, Immanuel, 1871-1948, Ships + Railways + Vehicles, Harbours + Ports + Lighthouses, Friedlaender, Immanuel, Naples Record Name: Hs_1309-0014-006
写真はETH-Bibliothek Zürich・Hs_1309-0014-006引用。



写真(上)1933年6月、イタリア、ナポリ港で製造途上のドルニエ(Dornier)Do X3 “Alessandro Guidoni”輸送飛行艇
;尾翼は、イタリアの緑・白・赤の縦三色のイタリア三色旗(Tricolore italiano)が描かれている。イタリアでは、ドルニエDo X2 “Umberto Maddalena”, Do X3 “Alessandro Guidoni”の2機が生産されている。エンジンは、シーメンス社のジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型(タンデム)配置しているようだ。
Photographer: Friedlaender, Immanuel
Title: U. Maddalena im Hafen von Napoli
Caption: Dornier Do X3 “Alessandro Guidoni”
Dating: 6/1933 Physical Description: Neapel, Campi Flegrei. Sammlung mit 272 Bildern (Auswahl digitalisiert)
Categories: Reportage photography, 1931-1940, Hydroplanes, Friedlaender, Immanuel, 1871-1948, Ships + Railways + Vehicles, Harbours + Ports + Lighthouses, Friedlaender, Immanuel, Naples Record Name: Hs_1309-0014-006
写真はETH-Bibliothek Zürich・Hs_1309-0014-006引用。



写真(上)1933年6月、イタリア、ナポリ港ドルニエ(Dornier)Do X3 “Alessandro Guidoni”輸送飛行艇
;尾翼は、イタリアの緑・白・赤の縦三色のイタリア三色旗(Tricolore italiano)が描かれている。巨人飛行艇Do-Xは、ドイツでは1機のみ使用されたが、イタリアでは2機が生産され、Do X2 “Umberto Maddalena”,Do X3 “Alessandro Guidoni”と命名された。一時的に、使用された。シーメンス社のジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)エンジン525馬力12基を流線型ナセルに縦列串型(タンデム)配置しているようだ。
Photographer: Friedlaender, Immanuel
Title: U. Maddalena im Hafen von Napoli
Caption: Dornier Do X2 “Umberto Maddalena”, ohne Leitwerk: Vorbereitungen für den Einbau eines Heckstandes?
Dating: 6/1933 Physical Description: Neapel, Campi Flegrei. Sammlung mit 272 Bildern (Auswahl digitalisiert)
Categories: Reportage photography, 1931-1940, Hydroplanes, Friedlaender, Immanuel, 1871-1948, Ships + Railways + Vehicles, Harbours + Ports + Lighthouses, Friedlaender, Immanuel, Naples Record Name: Hs_1309-0014-005
写真はETH-Bibliothek Zürich・Hs_1309-0014-005 引用。



Dornier Do X Flying Boat.1929. :ドルニエDo-X 飛行艇の映像


A flight aboard the DoX - 1930 . :1930年のドルニエDo-X 飛行映像


Do X 1929 - A Giant Flying Boat :ドルニエDo-X 飛行艇による大西洋周遊ツアーの映像


2.クロード・ドルニエ(Claude Dornier)の飛行機開発

写真(右)1927年,ドルニ エ金属加工有限会社社長クロード・ドルニエ(Claude Dornier)博士
Inventory: Bild 183 - Allgemeiner Deutscher Nachrichtendienst - Zentralbild Signature: Bild 183-R02094 Original title: info Zentralbild Prof. Dr.-Ing. h.c. Claude Dornier, Flugzeugkonstrukteur, geb. 14.5.1884 in Kempten/Allgäu; Chef der Dornier-Metallbauten GmbH in Friedrichshafen a.B.; er baute 1922 den Dornier-Wal, 1926 das Dornier-Superwal-Flugzeug und 1929 die "Do X". Aufnahme 1927 12301-27 Archive title: Claude Dornier am Schreibtisch sitzend Dating: 1927 Photographer: o.Ang. Agency: Scherl Origin: Bundesarchiv
写真はBundesarchiv,File:Bundesarchiv Bild 183-R02094, Claudius Dornier.jpg引用。


写真(右)1930年3月,ドルニエ金属加工有限会社社長クロード・ドルニエ(Claude Dornier)博士:1929年、世界最大の巨人機ドルニエDo-X飛行艇を完成させ、乗客169名を乗せて飛行性世界記録を樹立した。
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-09496 Original title: info Dr. Dornier, der geniale Construkteur und Schöpfer des größten deutschen Flugbootes Do X, wird dasselbe bei seiner Fahrt nach Amerika begleiten Archive title: Porträt Claude Dornier Dating: März 1930 Photographer: Pahl, Georg Origin: Bundesarchiv
写真はBundesarchiv,File:Bundesarchiv Bild 102-09496, Claude Dornier.jpg引用。


クロード・ドルニエClaude Dornier)は、フランス人の父とドイツ人の母の子として、1884年5月14日にドイツ帝国バイエルン王国で生まれ、ミュンヘン工科大学で機械工学を学んだ。卒業後、1910年に、ツェッペリン飛行船(Luftschiffbau Zeppelin)に入社し、社長のツェッペリン伯爵に引き立てられて、1913年にドイツ国籍を取ることができた。ドルニエを、クロード(Claude)とフランス語風にではなく、クラウディウス (Claudius) とドイツ語風に呼び習わすのは、そのためである。 クラウディウス・ドルニエClaudius Dornier)は、ドイツ南部、ボーデン湖畔リンダウに設立されたツェッペリン・リンダウ製作所で飛行機の開発を行った。

 1914年8月、第一次世界大戦が勃発すると、航空兵力の重要性が高まったため、クラウディウス・ドルニエClaudius Dornier)にも才能を発揮する機会が訪れた。1916年、設計事務所をフリードリヒスハーフェンFriedrichshafen)に設けた。1917年、ドルニエの部署は、ツェッペリン・コンツェルンの中 リンダウ・ツェッペリン工場有限会社(Zeppelin Werk Lindau GmbH)ととして独立し、ドルニエが社長に就任した。こうして、ドルニエは、ツェッペリン‐リンダウ(Zeppelin-Lindau)CL.I複葉機、とドルニエ・ツェッペリン(Dornier-Zeppelin)D.I戦闘機を設計、開発した。これら複葉機は、金属応力外皮の堅牢な機体で、片持翼で支柱のない洗練された主翼を持っていた。

写真(右)1931年,Do K-3輸送機の前に立ったドルニ エ金属加工有限会社社長クロード・ドルニエ(Claude Dornier)博士:ドルニエ Do K‐1(Dornier Do K)は、クラウディウス・ドルニエにより開発された、乗客8名の旅客輸送機で、1929年5月7日に初飛行をした。しかし、パワー不足の為、300馬力のワルター空冷星形エンジン4基に強化したDo K-3輸送機が作られたが、性能はあまり改善せず、結局、3機試作されただけで終わった。
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-03504A Original title: info Flugzeugkonstrukteur Dornier Archive title: Prof. Dr. Claude Dornier vor Flugzeug Dornier Do K-3 (Kennung D-2183; Erstflug August 1931) Dating: 1931 ca.
写真はBundesarchiv,File:Bundesarchiv Bild 102-03504A, Claudius Dornier.jpg引用。


第一次世界大戦でドイツが破れ、1919年11月に、ベルサイユ条約が結ばれると、ドイツは戦車・潜水艦の保有は禁止され、航空兵力も事実上禁止されるなど、大幅な軍備制限を受けることとなった。しかし、敗戦後のドイツ・ワイマール共和国でも、航空機の重要性は認識されており、クラウディウス・ドルニエClaudius Dornier)らは、ベルサイユ条約による妨害を受けずに飛行機を開発しようと、ベルサイユ条約の制限のない国外に飛行機の設計・開発・製造の拠点を移した。フリードリヒスハーフェンFriedrichshafen)航空会社を維持しつつ、ドイツ南部、ボーデン湖畔のスイス側のロールシャッハに工場を設け、1921年8月には、3座の小型飛行艇「リベレ」“Libelle“を初飛行させた。

 Do A小型飛行艇「リベレ」“Libelle“は、のちのDo-Jワールの小型版といった形だった。即ち、パラソル式高翼、主翼上のエンジン、胴体中央部の張出し式フロートが、備わっている。

Do-A小型飛行艇「リベレ」“Libelle“の諸元
ヴュルテンベルク州ボーデン湖畔、フリードリヒスハーフェンFriedrichshafen)工場で製造
全長: 7.18 m、全幅: 8.5 m、全高: 2.27 m
翼面積: 14 平方メートル
空虚重量: 420 kg、総重量: 640 kg
シーメンス(Siemens-Halske Sh 4)5気筒空冷星形エンジン (60馬力)1基搭載
最高速力:120 km/h、巡行速力: 100 km/h、
航続距離: 300 km、実用上昇限度(Service ceiling): 1,600 m

写真(右)1930−1940年頃,ドルニ エ金属加工有限会社社長クロード・ドルニエ(Claude Dornier)博士:、1884年5月14日 - 1969年12月5日)は、ドイツの航空技術者。バイエルンで生まれ。
Dornier, Claude Catalog #: BIOD00316 Last Name: Dornier First Name: Claude Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSDASM Archives,Catalog #: BIOD00316引用。


 クラウディウス・ドルニエClaudius Dornier)は、1922年、イタリア、ピサ海岸(Marina di Pisa)に(CMASACostruzioni Mechaniche Aeronautiche S.A.)を設立したが、ここではドルニエの世界的傑作機Do.J ワール飛行艇が開発され、1922年11月に初飛行させている。べルサイユ条約の航空兵力禁止により、ドイツ国内では大型の飛行艇の製造が事実上できなかったため、ドルニエは、1922年、イタリアのマリーナ・ディ・ ピサ海岸(Marina di Pisa)の飛行機修理工場を買い取り、子会社とし、Do‐Jワール“Wal”飛行艇の組み立てを行ったのである。

ドルニエDo-J飛行艇の成功のおかげで、1922年、クラウディウス・ドルニエClaudius Dornier)は、リンダウ・ツェッペリン工場有限会社の共同出資者に昇格し、これをドルニエ金属加工有限会社(Dornier Metallbauten GmbH)と改称して、ボーデン湖畔のドルニエ・ボーデン湖畔、フリードリヒスハーフェンFriedrichshafen)を充実させた。こうして、ドルニエは飛行機製造者として独立したのである。


写真(上)1942年、ドイツ、コンスタンツ湖、アルテンハインのドルニエ(Dornier)工場の飛行艇滑走路、空港ターミナル;シーメンスのジュピター・カーチス・ライト(Jupiter-Curtis-Wright)9気筒空冷星型エンジン525馬力を流線型ナセルに縦列串型配置で12基装備、合計6600馬力。プロペラは4翅木製一体構造ガラスの丸窓もきれいに並んでいる。
Title: Altenrhein, Dornier Werke
Caption: Im Vordergrund: Staad/SG mit der Eisenbahnlinie Staad-Rheineck Dating: 1942 Photography : gelatine silver print
Special Size: 12,5 x 17,5 cm Categories: Airport buildings + Airport terminals, Views of locations and cities, Runway, Places, View Collection, Unknown, Lake of Constance, Altenrhein
写真はETH-Bibliothek Zürich・Record Name: Ans_13644引用。


写真(右)1930−1940年頃,飛行技師クロード・ドルニエ(Claude Dornier)博士:1884年5月14日生まれ、- 1969年12月5日死去。
SDASM Archives Dornier, Claude Dornier, Claude Catalog #: BIOD00317 Last Name: Dornier First Name: Claude Notes: Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSDASM Archives,Catalog #: BIOD00317引用。


永岑三千輝(2016) 「ヴェルサイユ体制下ドイツ航空機産業と秘密再軍備(4)」 「『横浜市立大学論叢』Vol.67、No.1・2 には、次のようにある。

ナチスの政権掌握(1933年1月)とともに始まった大々的な秘密再軍備 (公然化は1935年)の中で、航空機産業の軍用機生産はとりわけ急速に拡 大した。その前提となったのは、ワイマール期、ヴェルサイユ条約履行体 制下の民需用飛行機の開発であった。既述のハインケルとユンカースがナ チス期再軍備の中核に位置付けられたことは言うまでもないが、ドルニエ 社も、1934−35年のミルヒの航空機秘密再軍備の計画の中で、計画の筆 頭にあげられ、重要な位置を占めていた1。いやむしろ、爆撃機においては、生産者の筆頭にあげられ、ユンカースが副次的役割(補助的爆撃機の 生産)に置かれている。そのことは、下記の表4−1が示すとおりであり、 ドルニエ社の陸上爆撃機320機は、ユンカースの陸上爆撃機450機に次ぐ 大量の製造計画となっている。水上機タイプでも21機、実験的新型爆撃機 シリーズを含むその他各種の機種のなかにも、ハインケル111機、ユンカー ス86機と並んで、ドルニエ17機が含まれている。

このミルヒ計画が拡大された1934年1月1日の緊急計画(ラインラント 計画)においても、爆撃機としてのドルニエ機(Do11,Do13/Do23)の生 産計画は総数400機で、ユンカース450機とほぼ並び、ハインケルの各機 種の合計693機についできわめて大きな役割を与えられていることは明確である。 それでは、このドルニエ社は、ヴェルサイユ体制下においては、どのよ うに開発・活動実績を上げ評価されていたのであろうか。

結論的に言えば、 民間航空機開発で世界的に注目を集める開発を次々に成功させ、その実績 が世界的にも認められていたということである。ドルニエは、飛行機にお ける軍需から民需への転回においてユンカースとともに当時の世界の最先 端を走ったということである。その当時の名声のもと、外国の顧客の要望 に応じて軍用機需要にも対応し、自社の軍用機生産の技術・ノウハウも蓄 積し人員を養成して行った。

写真(右)1950−1960年頃,飛行技師クロード・ドルニエ(Claude Dornier)博士:1884年5月14日生まれ、- 1969年12月5日死去。
Dornier, Claude Catalog #: BIOD00315 Last Name: Dornier First Name: Claude Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSDASM Archives,Catalog #: BIOD00315引用。


  1933年1月末のナチ政権誕生直後からの航空戦力における秘密再軍備の 規模と迅速さの意味合いを確認するために、まず、1920年から32年の民 間機と軍用機の生産の統計を確認しておこう。
表4−3から明らかなように、1920−32年の間の軍用機生産が合計でわ ずかに343機であり、飛行機生産の一割程度であることがわかる。民間機 から軍用機への改造はこの程度の機数があれば経験を蓄積でき、最低限必 要な設計変更を行ったということであろう。ともあれ、この統計でヴェル サイユ体制下・空軍力禁止下の軍用機生産規模を確認することが出来る。 ヴェルサイユ体制下13年間の総生産機数は3284機である。ミルヒ計画 はわずか2年間に4千機を超える大々的な計画となっている。いかにナチ 政権とともに軍用機生産の飛躍的拡大が目指されたかがわかるであろう。 そして、それが可能であったのは、非常にポピュラーなユンカース52、あ るいはドルニエ機、例えば周知のドルニエ「クジラ」が特別の困難もなく長距離偵察機に転換できたからであった6。当時の飛行機の発達段階からして、民間旅客機と軍用機との相互転用関係、用途・機能の転回は非常に 容易なレベルにあったといえよう。

もう一つ確認できることは、この秘密再軍備計画において主要な実戦用 ないし作戦用軍用機は、ドルニエ、ハインケル、ユンカースの三社が担っ ていたということであり、他の機種ではアラドが一部戦闘機に食い込んで いるだけであった。その他のワイマール期の多数の航空機生産企業は、パ イロット訓練用の練習機中心であり、語の厳密な意味からは軍用機とは必 ずしも言えない類の機種の生産を託されただけである。

したがって、ハイ ンケル、ユンカース、そしてドルニエに焦点を当てることは、ヴェルサイ ユ体制下ドイツ航空機産業の発達、生産と市場の軍需用から民需用への転 回、さらには民需用から軍需用への再転回、秘密再軍備の実態を考える上 では妥当な選択ではないだろうか。 ナチ政権初期の秘密再軍備政策以降、軍用機は、ワイマール期航空機生 産企業のうち旅客機等の民間機で最先端の実績を上げ、それを国内外で提 供し、世界的な評価を確立した優良企業に託された、ということであろう。

永岑三千輝(2016) 「ヴェルサイユ体制下ドイツ航空機産業と秘密再軍備(4)」 「『横浜市立大学論叢』Vol.67、No.1・2 引用終わり。


Die Anfänge von Claude Dornier :クロード・ドルニエの映像


Claude Dornier :クロード・ドルニエ伝記映像


3.ユンカースG38 大型輸送機

写真(右)1932年9月4日、航空記念日(NS-Flugtag)、ドイツ中部、ザクセン州ドレスデン飛行場、ユンカース(Junkers)G38 旅客輸送機(登録コード:D-2500)。1932年以前、G38輸送機の主翼は、エンジンナセル先端・前縁から主翼中部までエンジン取り付け部分を黒で部分的に塗装している。そこで、1933年の「ヒンデンブルク」命名式典の1年ぐ倍前の上空からの撮影と思われる。 :並んでいるのは、ユンカースA-25複座単葉機。1933年1月のヒンデンブルク大統領によるアドルフ・ヒトラー首相任命後、垂直尾翼に、ナチ党のカギ十字スワスチカ(逆卍)をドイツの国籍マークとして描いている。これは、赤帯に白丸、その中に黒で鍵十字で、非常に目立つものだった。飛行場には、2機のフォッカー F.VII(Fokker F.VII)三発輸送機(1926年就役)と1機のフォッカーユニバーサル(Fokker Super Universal)単発輸送機(1928年就役)がG38の前に駐機しているが、空撮のために比較用におかれているようだ。航空大臣・国会議長ヘルマン・ゲーリングが「ヒンデンブルク」号が命名したが、これは大統領のパウル・フォン・ヒンデンブルク元帥を記念するものであり、ナチ党の保守派・伝統派への敬意を表すものと考えられていた。このような絶好の機会に、空撮をして、巨人機G28、ユンカース社、ドイツ第三帝国を喧伝した。
Flugplatz Dresden-Heller, Junkers G 38 Datensatz 70058804 Location: Dresden-Heller Google-Maps-Lokalisierung: Stadt: Dresden, Provinz: Sachsen, Land: Deutschland
写真はEuropeana Collections, SLUB / Deutsche Fotothek 引用。Aufn.-Nr.: df_hauptkatalog_ 0310190


1929年11月,ドイツ、ユンカース・デッサウ工場で、ユンカース(Junkers)G.38輸送機が完成した。完成したばかりの写真を見ると、主翼にも胴体にも、国籍マーク、登録コードは描かれておらず、塗装もないように見える。プロペラのブレードは、主翼内側1組は4翅、主翼外側1組は2翅で異なっている。後に、エンジンを変換して、エンジン4基ともプロペラのブレードは4翅に変更されている。

ユンカースJunkers G 38 の諸元
乗員:5-7名、乗客13-34名
全長: 21.45m、全幅: 44/00 m、全高:6.85m
主翼面積: 290 平方メートル
空虚重量: 16,850 kg、全備重量: 24,100 kg
前期発動機:
ユンカースL55 V-12液冷12気筒エンジン離昇首都力690馬力(514 kW)2基(主翼内側):1927年に前作L5液冷6気筒エンジンを2台つなげて完成
ユンカース L8a液冷6気筒エンジン413馬力(主翼外側) :1922年完成でユンカースF.13 に装備。
(後期型:ユンカース L 88液冷12気筒V-12エンジン800馬力4基に変換)
最高速力:200 km/h、搭載時最高速力 180 km/h
巡航速力 100 km/h
上昇時間 3000 m/34分、上昇率 1.40 m/秒
上昇限度 3,150 m
航続距離 775 km

宮崎駿監督(2013)アニメ映画『風立ちぬ』の一シーンに、ドイツに航空技術を学びに行った三菱の堀越二郎が、同僚本庄季郎とともにユンカース社デッサウ航空機工場を訪問し、巨人機ユンカースG38に搭乗する場面がある。G38は、日本陸軍が軍用型6機を試作したものの、ドイツでは、2機しか生産されず、第二次大戦中にはほとんど使用されずに終わった。そのため、知名度はいま一つだが、 宮崎駿監督(2013)映画『風立ちぬ』で日本でも実機の存在が知られるようになった。ユンカースG38に何とか乗せてもらえた堀越二郎たちは、巨大な機体の内部構造を見て歩き、その技術に関心するとともに、巨人機の飛翔の様子が豪快に描かれている。

後に「九六式艦上戦闘機」「零式艦上戦闘機」の設計者となる堀越二郎とイタリアの飛行機設計家ジョヴァンニ・カプロニGiovanni Caproni)とが語り合う『風立ちぬ』 の時代背景は、関東大震災から始まり、世界大恐慌、貧困、ファシズム、言論弾圧から戦争に続く時代閉塞の時期である。この時代に、飛行機づくりを夢見る主人公、堀越二郎が初めに手掛けた「三菱七試艦上戦闘機」は1933年3月に飛行したが駄作の「アヒル」であった。
他方、イギリス人ハーバート・スミス設計になる「十三式艦上攻撃機」は、それより10年前の設計にもかかわらず世界初の空母「鳳翔」での運用試験に成功し、堀越が派遣されたドイツでは、1919年 6月初飛行のユンカース F.13輸送機による航空路線が整備され、巨人機ユンカースG38輸送機が飛んでいた。飛行機設計技師の堀越二郎は、それらの経験をもとに、自分の夢に向かって進み、優秀な軍用機を生み出そうと努力する。

「日常生活は、地味な描写の積みかさねになる。夢の中は、もっとも自由な空間であり、官能的である。時刻も天候もゆらぎ、大地は波立ち、飛行する物体はゆったりと浮遊する。カプローニと二郎の狂的な偏執をあらわすだろう。
 技術的な解説や会議のカリカチュア化。航空技術のうんちくを描きたくはないが、やむを得ない時はおもいっきり漫画にする。この種の映画に会議のシーンが多いのは日本映画の宿痾(しゅくあ:持病)である。個人の運命が会議によって決められるのだ。この作品に会議のシーンはない。やむを得ない時はおもいきってマンガにして、セリフなども省略する。描かねばならないのは個人である。 リアルに、幻想的に、時にマンガに、全体には美しい映画をつくろうと思う。」2011.1.10 宮崎 駿

⇒写真集Album:ユンカース(Junkers)G38輸送機を見る。


4.ブロームウントフォス(Blohm & Voss)BV222「ヴィーキング」"Wiking"六発大型飛行艇

写真(右)1940年、ブローム・ウント・フォス (Blohm & Voss )BV-222 V-1六発大型飛行艇「ヴィーキング」"Wiking"試作1号機(登録コード:D-ANTE);BV 222試作1号機は、1940年9月7日に初飛行したが、これはドルニエ(Dornier)Do-X 12発巨大飛行艇の10年後だった。
Beeldnummer 109 Collectie NIOD Trefwoorden Luftwaffe, Transportvliegtuigen, Vliegtuigen, Duitse strijdkrachten
Bijschrift Blohm und Voss, BV 222 'Wicking', neues leutsches Grossflugboot. Das neue deutsche Grossraumflugboot 'Wicking' ist derzeit das grösste Flugboot der deutschen Lufwaffe. Das zweistöckige Boot ist 37 m lang und 5,6 hoch, die Spannweite der Tragfläche beträgt 46 m.
写真はFlikers, BeeldbankWo2 Beeldnummer 109引用。


ドルニエ(Dornier)Do-Xの完成から10年以上たった1940年9月7日に初飛行したブローム・ウント・フォス (Blohm & Voss )BV 222試作1号機は、ブラモBMW323Rファニール( Fafnir )空冷星型9気筒エンジン(1,000馬力)6基を装備、民間登録記号D-ANTEをつけていた。しかし、戦局は、このような六発大型飛行艇を量産することを許さなかった。生産機数は、事実上試作機として合計13機のみ。

ドイツ・ルフトハンザ航空は、ドイツ〜アメリカ間を横断できる長距離旅客飛行艇を求めており、旅客16名、飛行時間20時間の要望を出していた。これにブローム・ウント・フォス (Blohm & Voss)社が応じて開発したのが、Bv 222大型輸送飛行艇だったが、試作機完成前の1939年9月に第二次世界大戦が勃発し、民間の長距離旅客機としての需要は途絶えてしまった。

1930年代後半、ルフトハンザ航空Deutsche Luft Hansa)は、大西洋航路で使用可能な長距離大型旅客輸送機を求めていたが、大重量、大量の燃料を積んで離陸する巨大な滑走路が不必要で、非常時には海上に不時着可能な安全性の高い飛行艇式の旅客輸送機が有利ではないかと目されていた。そこで、巨大旅客飛行艇の開発を、リヒャルト・フォークト博士に依頼し、BV 222飛行艇3機を発注した。

試作機V1号機の製造は1938年1月から開始し、第二次大戦勃発1年後の1940年9月7日に、初飛行を実施した。ペイロードは、乗客92名あるいは救急担架72基で、最高速力は385 km/hで早いとはいえなかった。これは、同じような大西洋横断ルート開拓を視野に入れたドルニエ(Dornier)Do-X 12発巨大飛行艇の初飛行から10年以上も経過している時期である。

ブローム・ウント・フォス (Blohm & Voss )BV 222試作1号機は、ブラモBMW323Rファニール( Fafnir )空冷星型9気筒エンジン(1,000馬力)6基を装備、民間登録記号D-ANTEをつけて、1940年9月7日に初飛行した。その後のBv-222C六発大型飛行艇は、初期に生産された8機は、試作機としてV1からV8と命名された。BV-222飛行艇の後期生産型は量産機で、V-9がBv 222C-0とされ、C-09からC-013までの形式で呼ばれることになる。、戦局は、このような六発大型飛行艇を量産することを許さなかった。生産機数は、事実上試作機として合計13機のみ。

ブローム・ウント・フォス(Blohm & Voss)BV 222飛行艇試作機V1は、1941年8月19日までの7回の運航で、ハンブルクとノルウェー北部のヒルケネス間を合計65トンの貨物、負傷者221名を運んだ。総飛行距離は3万キロに達した。また、BV222飛行艇は、地球海方面面では、1941年10月16日から11月6日の17回の運航で、北アフリカに派遣されたドイツ・アフリカ軍団に対する物資を補給した。

⇒写真集Album:ブローム・ウント・フォス(Blohm & Voss)BV 222を見る。


5.東京日日新聞 1936.11.22 (昭和11)「比較にならぬ劣勢」

「情ない」の一語に尽きる我が民間航空陣
最近欧米漫遊から帰朝する人は異口同音に欧米に比しわが国の軍器特に航空機の著しき劣勢を説く、近代的戦争が機械化し立体化して来た今日飛行機の軍事上における重要性は頗る大なるものがあり制空権の獲得は即ち戦いの勝敗を決するとさえいわれる、フランスがドイツやイタリーの感情を無視してまでもロシアと相互援助協定を結んだのは世界無比と称せられるロシア空軍の偉力に頼らんとしたためといわれている、近代的戦闘におけるその重要性の増大が即ち各国をして飛行機の発達と空軍の充実に狂奔せしめる所以である

然し空軍はその性質上戦端開始後短時間に消耗される、従って間断なくこれを補充する能力、即ち飛行機の新造と操縦士とを養成する能力の大小が即ち各国の空軍勢力の優劣を決めるのである、そこでまず飛行機製造工業の確立が必要であると共に如何に製造設備が充実していてもその設備を平時遊ばせて置く訳にはいかぬから平時間断なく製造される飛行機を消化する方法が考えられねばならない、各国が競って商業航空路の拡張に熱狂しつつあるのは即ち平時において製造される飛行機の消化を考えているからである

最近欧米各国は競って民間航空を国防上の観点から見ようとしている、即ち民間航空を国防の一部門として兵力量の一斑としての考慮を払いつつある、民間航空は即ち空軍第二陣であるから世界各国はその第二陣の発達を促すために必死の拡張戦を演じ殊に最近その触手は極東に向けられつつある

写真(右)1934年頃,アメリカ、パンアメリカン航空マーチン M130(Martin model 130)四発旅客飛行艇チャイナ・クリッパー:1934年12月30日に初飛行しサンフランシスコ、ハワイ諸島ホノルル、ミッドウェー島、ウェーク島、グアムを経由してアメリカ植民地フィリピンのマニラとの航路を開拓したが3機しか生産されていない。「チャイナ・クリッパー」China Clipper (NC14716)、「ハワイ・クリッパー」(NC14714)、「フィリピン・クリッパー」Philippine Clipper (NC14715)があった。
Catalog #: 00068814 Manufacturer: Martin Designation: 130 Official Nickname: Clipper Notes: Repository: San Diego Air and Space Museum Archive Date 7 May 2010, 12:09 Source Martin : 130 : Clipper Uploaded by Rybec Author SDASM Archives
写真は,Category:Martin 130 of Pan American Airways File:Martin 130 Clipper (4589906869).jpg引用。


即ち最近汎アメリカ会社のチャイナ・クリッパー機によって処女航空路が開拓されたニューヨーク、香港間の定期郵便飛行をはじめ英国は本国と各植民地間の連絡のためロンドンより南阿ケープタウン線をシンガポールまで延長し、更にこれを香港、上海まで延長して完全に本国と東亜との連絡を完成せんとしている、フランスはパリ、サイゴン線をハノイまで延長し、更にこれを広東を経て上海に延長の計画をもっている、ドイツはベルリン−アテネ線をサイゴン−広東−上海に延長し、更にこれを東京まで延長の計画を持ちオランダはアムステルダムよりジャワ島のスラバヤに至る極東線を付近の蘭領諸島を経てマニラに延長する線の経営に著手し、ソヴィエトはモスクワ浦塩幹線から北平への支線を出し、またアラスカのノームまで延長してアメリカと連結せんとし、また浦塩より日本への延長をさえ望んでいる。

かくの如く今や欧米列強の空の触手はすべて東亜に向って集中し、日本はこれ等の航空路によって四面より包囲される体形である、これに対してわが民間航空は情ないほど貧弱である、今各国が経営しつつある定期航空路の総延長及び飛行場の数を示すと(一九三六年五月現在)

世界の定期航空路の総延長及び飛行場の数(1936年5月現在)
       航空路     飛行場
イギリス  7万3419km 395か所
ドイツ   5万6km    231か所
フランス  4万9069km 112か所
イタリリア 1万5561km  67か所
ソヴィエト 4万8982km
アメリカ 10万2290km 2334か所
日本     5840km    20か所

右の表は空軍の第二陣であり補充母体であるわが民間航空の現状が世界の重要国に比し如何に劣勢の状態にあるかを示している、しかも、各国の飛行機製造会社はそれぞれ優秀なる機体或はエンジンの特許権を有しその海外輸出を行っているが、わが国の飛行機会社はこれ等の優秀機を高価に買入れて研究し模倣するか或は特許を買って製造するという情ない有様である、世界に対してこれが日本産の優秀機なりとして外国へ輸出し得るようなものは未だない

東京日日新聞 1936.11.22 (昭和11)引用。

写真(右)1934年頃,アメリカ、パンアメリカン航空マーチン M130(Martin model 130)四発旅客飛行艇チャイナ・クリッパー:1935年10月に「フィリピン・クリッパー」Philippine Clipper (NC14715)が太平洋フィリピン航路に初就役し、1945年1月に最後の1機。「チャイナ・クリッパー」China Clipper (NC14716)が事故で失われるまで使用された。全長27.7m、全幅39.7m、翼面積330 m2、プラット・アンド・ホイットニー (Pratt & Whitney)R-1830ツインワスプ(Twin Wasp)空冷星形14気筒エンジン830 hp (708 kW)4基搭載。全備重量:23,701 kg、最高速力290 km/h、航続距離5150km。
Catalog #: 00068825 Manufacturer: Martin Designation: 130 Official Nickname: Clipper Notes: Repository: San Diego Air and Space Museum Archive Date 7 May 2010, 12:10 Source Martin : 130 : Clipper Uploaded by Rybec Author SDASM Archives
写真は,Category:Martin 130 of Pan American Airways File:Martin 130 Clipper (4589907269).jpg引用。


民間航空の発達は優秀にして廉価な飛行機を大量に作り料金を安くして誰でも手軽に乗れるようにしなければならない、米国や英国では四、五千ドルで優秀な軽飛行機が買えるという、最近航空国策が叫ばれ政府も航空事業の発達に対して稍力を入れるようになり一千万円の研究費を投じて航空機検査所、航空機試験所等を新設することとなり、他面内地、台湾線をシンガポールまで延長し更に台北−香港−ハノイ−バンコック線を新設してヨーロッパからの三定期空路と握手せんとする計画をもっているがこれが十年計画だというから情ない、わが内地−台湾空路に使用している十四人乗の優秀機だがこれはアメリカから買入れたものだ、アメリカの太平洋空路に就航するチャイナ・クリッパーは乗組七名、乗客四十三名の寝台設備を有しフランスの誇りラテコール五二一型機は客席七十を有する豪華さである

写真(右)1936年3月,イタリア、ラテコエール 521(Latécoère 521)六発旅客飛行艇:初飛行は1935年1月10日で、大西洋横断旅客飛行艇として登場した大型機で、発動機6基を搭載、内側2基は串形タンデム式の搭載のために、一見すると四発機に見える。1機のみしか生産されていない。全長31.62 m、全幅49.31 m、翼面積330 m2、全備重量:37,933 kg、最高速力247 km/h、航続距離3,900 km。
Fiera di Milano - Salone internazionale aeronautico 1935 - Sezione italiana Non identificato
Description English: Latécoère 521 photo from NACA-AC-202 Date 1 March 1936 Source https://ntrs.nasa.gov/archive/nasa/casi.ntrs.nasa.gov/19930090517.pdf Author NACA Aircraft Circular
写真は,Category:Latécoère 521 File:Latécoère 521 NACA-AC-202.jpg引用。


こんな優秀機をわが国産機として見出し得るのは果していつの日か? 各国はこういう大旅客機を競争的に建造しつつあるが他面機体と別にガソリン発動機に対しディゼル航空発動機の研究競争が行われドイツの如き旅客機は勿論軍用機にもすでにディゼル発動機が装置されて実用化している、フランスにおいてはディゼルエンジンによる一万キロ無著陸飛行機完成に対して政府は一千万フランの懸賞を賭けて奨励している、然るに日本においては漸く最近ディゼル航空発動機を買入れて研究を始めたという万事に立遅れの状態である

図(右)1936年3月,イタリア、ラテコエール 521(Latécoère 521)六発旅客飛行艇の胴体内部構造三面図:ラテコエール 521は最大乗客数72名、下層デッキにサロンとしてテーブル席20名分、客席はバスルーム付きツインルームと22席、上層デッキに客席18名分、さらに機関士室があった。フランス航空の長距離輸送機として、1939年5月から7月の間にフランス=ニューヨーク間を4回の往復している。
English: Latécoère 521 interior layout drawing from NACA-AC-202 Date 1 March 1936 Author NACA Aircraft Circular
写真は,Category:Latécoère 521 File:Latécoère 521 interior layout NACA-AC-202.png引用。


これ等の情報を耳にするとしみじみ日本の航空界の劣勢が痛感される、日本の科学者の頭脳が彼等に劣る結果だとは考えたくない、一九三五年度において、民間航空事業に対してドイツは一億三千三百万円、フランスは四千万円の補助奨励金を支出しているがわが国は僅かに五百万円前後にすぎない、この国家の力の入方の相違が発達の差の原因をなしている、この全面的立遅れを取戻すためには科学者の動員と政府の熱意と民間の協力が可欠の要件である
東京日日新聞 1936.11.22 (昭和11)引用終わり。

⇒写真集Album:マーチン(Martin)M-130四発飛行艇 を見る。



2011年7月刊行の『写真・ポスターに見るナチス宣伝術-ワイマール共和国からヒトラー第三帝国へ』青弓社(2000円)では、反ユダヤ主義、再軍備、ナチ党独裁、第二次世界大戦を扱いました。
 ここでは日本初公開のものも含め130点の写真・ポスターを使って、ヒトラーの生い立ち、第一次大戦からナチ党独裁、第二次大戦終了までを詳解しました。
バルカン侵攻、パルチザン掃討戦、東方生存圏、ソ連侵攻も解説しました。

◆毎日新聞「今週の本棚」に『写真・ポスターから学ぶ戦争の百年 二十世紀初頭から現在まで』(2008年8月25日,青弓社,368頁,2100円)が紹介されました。ここでは,第二次大戦,ユダヤ人虐殺・強制労働も分析しました。


ナチ党ヒトラー独裁政権の成立:NSDAP(Nazi);ファシズムの台頭
ナチ党政権によるユダヤ人差別・迫害:Nazis & Racism
ナチスの優生学と人種民族:Nazis & Racism
ナチスの再軍備・人種差別:Nazism & Racism
ナチスT4作戦と障害者安楽死:Nazism & Eugenics
ドイツ国防軍のヒトラー反逆:Ludwig Beck
ゲオルク・エルザーのヒトラー暗殺未遂:Georg Elser
ポーランド侵攻:Invasion of Poland;第二次大戦勃発
ワルシャワ・ゲットー写真解説:Warsaw Ghetto
ウッジ・ゲットー写真解説:Łódź Ghetto
ヴィシー政権・反共フランス義勇兵:Vichy France :フランス降伏
バルカン侵攻:Balkans Campaign;ユーゴスラビア・ギリシャのパルチザン
バルバロッサ作戦:Unternehmen Barbarossa;ソ連侵攻(1)
スターリングラード攻防戦;Battle of Stalingrad :ソ連侵攻(2)
ワルシャワゲットー蜂起:Warsaw Uprising
アンネ・フランクの日記とユダヤ人虐殺:Anne Frank
ホロコースト:Holocaust;ユダヤ人絶滅
アウシュビッツ・ビルケナウ収容所の奴隷労働:KZ Auschwitz
マウトハウゼン強制収容所:KZ Mauthausen
ヒトラー:Hitler
ヒトラー総統の最後:The Last Days of Hitler
自衛隊幕僚長田母神空将にまつわる戦争論
ハワイ真珠湾奇襲攻撃
ハワイ真珠湾攻撃の写真集
開戦劈頭の「甲標的」特別攻撃隊
サイパン玉砕戦:Battle of Saipan 1944
沖縄玉砕戦と集団自決:Battle of Okinawa 1945
沖縄特攻戦の戦果データ
戦艦「大和」天1号海上特攻 The Yamato 1945
人間爆弾「桜花」Human Bomb 1945
人間魚雷「回天」人間爆弾:Kaiten; manned torpedo
海上特攻艇「震洋」/陸軍特攻マルレ艇
日本陸軍特殊攻撃機キ115「剣」
ドイツ軍装甲車Sd.Kfz.250/251:ハーフトラック
ドイツ軍の八輪偵察重装甲車 Sd.Kfz. 231 8-Rad
ソ連赤軍T-34戦車
VI号ティーガー重戦車
V号パンター戦車
ドイツ陸軍1号戦車・2号戦車
ドイツ陸軍3号戦車・突撃砲
ドイツ陸軍4号戦車・フンメル自走砲
イギリス軍マチルダMatilda/バレンタインValentine歩兵戦車
イギリス陸軍A22 チャーチル歩兵戦車: Churchill Infantry Tank Mk IV
イギリス軍クルーセーダーCrusader/ カヴェナンター/セントー巡航戦車
イギリス陸軍クロムウェル/チャレンジャー/コメット巡航戦車
アメリカ軍M3Aスチュアート軽戦車/M3グラント/リー中戦車
アメリカ陸軍M4シャーマン中戦車Sherman Tank
イギリス軍M4A4シャーマン・ファイアフライ Sherman Firefly戦車
シャーマン・クラブフライル地雷処理戦車 Sherman Crab Flail
英軍M10ウォルブリン/アキリーズ駆逐自走砲GMC
ドイツ国防軍のヒトラー反逆:Ludwig Beck
アンネの日記とユダヤ人
与謝野晶子の日露戦争・日中戦争
ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He111爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-188爆撃機/Ju388高高度偵察機
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
ブロームウントフォッスBV138飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機/夜間戦闘機
ドイツ空軍(Luftwaffe)メッサーシュミット戦闘機
ドイツ空軍フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw-190戦闘機
ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥
ハンセン病Leprosy差別

2018年9月3日開設の鳥飼研究室へのご訪問ありがとうございます。データ引用の際は,出所を明記するか,リンクをしてください。
連絡先: torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 
東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Fax: 0463-50-2078
Flag Counter


Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 7000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.
Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2018 All Rights Reserved.