Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内

◆アラド(Arado)Ar196艦載水上偵察機
写真(上)1944年、アムステルダム郊外のシェリンブルデ(Schellingwoude)水上機基地、アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機(登録コード:6W+??)
乗組員は、1944年に5./BFlGr196所属のアラドAr 196の新しい機体が飛行し到着した。この部隊の場合、とりわけ、より大きなドイツ海軍艦艇に水上機が配属された。 これらの機体は、沖合にあったとき、航空機は艦船とともに行動した。 彼らが港に着いたときには、艦載機は水上機基地に展開した。Ar 196は飛行するのが容易だったため、乗組員にとても人気があった。
Een bemanning maakt zich in 1944 op voor een nieuwe vlucht met een Arado Ar 196 van de 5./BFlGr196. Bij onder meer deze eenheid waren de boordvliegtuigen van de grotere Duitse oorlogsbodems ingedeeld. Wanneer deze schepen buitengaats waren, namen zij deze toestellen mee. Lagen zij in een haven, dan werden de watervliegtuigen vanaf vliegkampen ingezet. De Arado Ar 196 was erg geliefd bij haar bemanningen, omdat het heel gemakkelijk te vliegen was.-
写真は
写真(上)1939年4月以前、ドイツ海軍装甲巡洋艦(ポケット戦艦)「アドミラル・グラーフ・シュペー」(Admiral Graf Spee )の後部カタパルトに搭載されたアラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
装甲巡洋艦「アドミラル・グラーフ・シュペー」は、1932年10月1日起工、1934年6月30日進水、1936年1月6日就役、28センチ (11 in)三連装砲塔3基、15センチ砲8門、 53.3センチ(21.0 in)四連装魚雷発射管2基、 搭載機2機。基準排水量1万2,100トン、満載排水量1万6,200トン、全長186 m、全幅21.6 m。 大西洋からインド洋で交通破壊戦に投入されたが、1939年12月13日、大西洋、アルゼンチン沖のラプラタ沖海戦でイギリス海軍巡洋艦「エグゼター」「アキリーズ」「エイジャックス」3隻の砲撃で損傷、中立国ウルグアイのモンテビデオ港に避難したが、イギリス軍による包囲を突破すのを諦めて、1939年12月17日。港外で自沈。
Admiral Graf Spee Description:(German Armored Ship, 1936) Underway in the English Channel. The original print is dated April 1939. Note the Arado Ar 196A-1 floatplane on her catapult, amidships, and the freighter passing by in the background U.S. Naval History and Heritage Command Photograph.
Naval History and Heritage Command・Catalog #:NH 80973引用。

1.アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機

写真(右)1938-1939年9月以前、ドイツ本土海域、アラド(Arado)社アラドAr-196A水上偵察機試作機(登録コード:D-IHQI):試作機(Prototype)として1938年に完成した。第二次大戦が始まる前なので、ナチ党政権下のドイツ軍国籍マークとして、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカを描いている。
Arado AR-196A Catalog #: 00075053 Manufacturer: Arado Designation: AR-196A
写真は,Flickr, SDASM ArchivesCatalog #: 00075053引用。


アラドAr 196水上偵察機は、ドイツ海軍(Kriegsmarine )艦艇に搭載する艦載水上偵察機としてアラド社(Arado)で開発された。Ar 196水上偵察機の試作は、1936年から開始され、ドイツ海軍の競争試作機として他社を抑えて採用され、500機が製造された。第二次大戦の全期間を通じて、ドイツ海軍の水上偵察機として活躍した。

写真(右)1939年9月-1941年頃、アラドAr-196A水上偵察機(登録コード:BB+YQ):Ar-196A(登録コード:Sktz BB+YQ)は、製造番号 Werk Nr. 013701、第二次大戦が始まると、垂直尾翼のドイツ国籍マークの赤帯白丸に黒のスワスチカは、目立ちすぎるために前線では廃止になり、白縁付き黒色スワスチカだけになった。双フロートの尾部には、水上滑走の方向を変更するために舵が取り付けられているのが分かる。
Arado AR-196A Catalog #: 00075053 Manufacturer: Arado Designation: AR-196A
写真は,Flickr, SDASM ArchivesCatalog #: 00075053引用。


1935年のドイツ再軍備宣言直後に、ドイツ空軍が創設され、それまでドイツ航空省(RLM)の大臣だったへルマン・ゲーリングが空軍総司令官に任命された。彼は、第一次大戦のエースパイロットで、ナチ党初期からの功労者であったため、航空兵力を一手に自分の配下に置こうとし、ドイツ海軍が航空隊を持つことを拒否した。しかし、海軍艦艇に搭載する艦載水上機の必要性は認めており、艦艇には、ハインケルHe 60水上機を搭載し、それを海軍が指揮することを認めていた。しかし、ハインケルHe 60複葉水上偵察機は、1935年の再軍備の過程で旧式化することは避けられず、1936年にドイツ航空省(RLM)は、フォケウルフ社とアラド社に新機種の開発を依頼した。試作要請を受けて、アラド社は、当時としては先進的な金属製単葉機を設計し、5機の試作機を受注することができた。1937年から1938年に、2機が双フロート式水上機Ar 196A、3機が単フロート(両翼に補助フロート装着)水上機Ar 196Bとして試作機が完成した。そして、水上と飛行中の安定性のよさから、安定性に勝る双フロート式のアラドAr196Bが採用されることになった。胴体構造は、鋼管骨組、前部金属張り、後部羽布張り、主翼は金属張り(エルロンは羽布張)だった。

写真(右)1939-1944年,アラド社アラドAr-196水上偵察機の製造工場/格納庫:左側にメッサーシュミットBf-109戦闘機(F型?)が見える。この戦闘機は,メッサーシュミット以外にも生産が発注されていた。
Ar-196水上偵察機は,双フロートの水上偵察機で,ドイツ海軍の巡洋艦以上の艦艇の艦載機としても使用された。
機首のカウリングに7.92ミリMG17機銃2丁,主翼に20ミリMG-FF機銃2門を装備した。
Flugzeugproduktion/ -wartung.- Arado Ar 196 in einer Werkhalle/Hangar Dating: 1939/1945 ca. Photographer: o.Ang. Origin: Bundesarchiv
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・引用(他引用不許可)。


1933年1月末に、ヒンデンブルク大統領は、アドルフ・ヒトラーを首相に任命し、ヒトラー政権が成立したが、ドイツ機の国籍マークは、1935年の再軍備宣言までは、プロイセン軍、旧ドイツ帝国軍の伝統である黒白赤三色の国章を、垂直尾翼に大きく描いていた。1935年のヒトラーの再軍備宣言以降は、ドイツ機は、垂直尾翼に赤帯に白丸を描き、黒のハーケンクロイツ(スワスチカ:ナチ党のカギ十字)の国籍マークを付けた。これは、ナチ党の政治的、人種的イデオロギーを軍人にも浸透させる企図があった。軍人の忠誠宣言も、ドイツに対してではなく、ヒトラー総統に対する忠誠を誓うものに変更された。また、航空機の高速化で、敵味方の識別しやすいように、機体と主翼上下面にも、白の縁取り付き黒色バルカンクロス(鉄十字)の国籍マークを記入した。

写真(右)1940年頃、飛行中のドイツ空軍アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察(登録コード;GA+DX):水上偵察飛行機アラドArado Ar 196は、車輪式は着陸装置の代わりに水上用フロートが装備されている。 識別コードは、機体側面に白色の文字で塗られている。
Collectie Fotoafdrukken Koninklijke Luchtmacht Beschrijving Watervliegtuig Arado Ar 196 tijdens de vlucht. Het vliegtuig is voorzien van drijvers i.p.v. een landingsgestel. De identificatiecode is in witkleurige letters geschilderd op de zijkant van de romp en luidt: GA+DX. Trefwoorden watervliegtuigen, vliegtuigen, Arado Ar 196, verkenningsvliegtuigen Specifieke kenmerken GA+DX, 68967 Vervaardiger Onbekend Bijzonderheden Dit zelfde watervliegtuig wordt ook afgebeeld op het internet door de websites: "ww2db.com" en "commons.wikimedia.org". De laatste website vermeldt nog dat dit watervliegtuig akomstig is van de door de Amerikanen geconfisqeerde kruiser van de Kriegsmarine, "Prinz Eugen". In 1947 heeft de US Navy met dit watervliegtuig nog proeven gedaan. Sinds 1961 is dit vliegtuig tentoongesteld in Silver Hill, in de Amerikaanse staat Maryland. Het bij de identificatiecode behorende werknummer luidt: 68967. Materiaalsoort Ontwikkelgelatinezilverdruk Kleur/Zwart-wit Zwart-wit
写真はNational Institute of Mental Health (NIMH) Beeldbank.defensie.nl・Objectnummer 2157-018-001 引用。


写真(右)1940年2月23日、ドイツ空軍のアラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察の主翼下面のラックに50キロ爆弾を懸架する整備員;オリジナル解説では、主翼支柱に注目してドルニエ(Dornier)DO-24飛行艇というが、これは低翼式、双フロートを備えた水上機である。
Collectie Fotoafdrukken Koninklijke Luchtmacht Beschrijving Militairen van de Luftwaffe bouwen een machinegeweer in een Dornier Do.18 vliegboot en laden munitie in. Plaats Onbekend Datering van 1940-02-23 Datering tot 1940-02-23 Trefwoorden Luftwaffe, Duitse strijdkrachten, mitrailleurs, handvuurwapens, munitie, bewapening, verkenningen, inzet, Tweede Wereldoorlog, conflicten, activiteiten, Dornier Do 18, vliegboten Vervaardiger PK.-Tews (Weltbild) Materiaalsoort Ontwikkelgelatinezilverdruk Kleur/Zwart-wit Zwart-wit
写真はNational Institute of Mental Health (NIMH) Beeldbank.defensie.nl・Objectnummer 2157-112-021 引用。


写真(右)1940年,デンマーク、飛行中のアラド(Arado)Ar 196 水上偵察機:ハインケルHe 60複葉水上機の後継機としてアラド社が開発した単葉金属製の水上機で、1937年に試作機が完成し、双フロート水上機、艦載偵察機として採用された。機体構造は、鋼管骨組の胴体に、前部は金属張り、後部は羽布張り、主翼は金属製だった。
Inventory: Bild 101 II - Propagandakompanien der Wehrmacht - Marine Signature: Bild 101II-MN-1517-09 Archive title: Dänemark (?).- Wasserflugzeug Arado Ar 196 in (Kennung CK+EQ der Küstenfliegergruppe 706, stationiert in Aalborg-See) im Flug; PK Marine-Nord Dating: 1940 ca. Photographer: Eschenburg, Karl Origin: Bundesarchiv
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・引用(他引用不許可)。


写真(右)1940年,ノルウェー、飛行中のアラド(Arado) Ar 196 水上偵察機と並んだハインケル(Heinkel)He 59双発水上偵察機 (奥):ハインケルHe 59は、双発の偵察機/雷撃機で、当初は水上型と陸上型があったが、大半は双フロート付の水上機型である。第二次世界大戦にも投入され、白色塗装、赤十字マークを付けた海難救助機としても活躍した。
Inventory: Bild 101 II - Propagandakompanien der Wehrmacht - Marine Signature: Bild 101II-MN-1533-07 Archive title: Norwegen, Seefliegerhafen.- Wasserflugzeuge Arado Ar 196 und Heinkel He 59 an einem Anleger; PK Marine-Nord Dating: 1940 ca. Photographer: Eschenburg, Karl Origin: Bundesarchiv
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・引用(他引用不許可)。


写真(右)1942年冬、ノルウェー水域のアラド社アラドAr-196艦上水上偵察機:主翼を90度回転させて折りたためるので、狭い艦船上での搭載・運用が容易になる。
Inventory: Bild 101 II - Propagandakompanien der Wehrmacht - Marine Signature: Bild 101II-MW-6081-11 Archive title: Norwegen.- Verladen eines Wasserflugzeugs Arado Ar 196 Dating: 1942 Winter Photographer: Schöppe, Walter Origin: Bundesarchiv
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・引用(他引用不許可)。


アラドAr 196水上偵察機は、ドイツ海軍の巡洋艦以上の艦艇用の艦載水上偵察機として1937年にHe-60水上偵察機の後継機として開発され、BMW132空冷星型9気筒エンジン(880馬力)を装備した。双フロートのAr196A型、単フロートのAr196B型が試作され、1938年に、双フロート式のA型が採用された。


写真(右)1940-1941年頃、ノルウェー、トロンヘイム、停泊中のドイツ海軍軽巡洋艦「ニュルンベルク」に搭載されたアラドAr-196水上偵察機
;波の静かなフィヨルドに停泊している。
Lett krysser Nürenberg, med obesrvasjonsflyet Arado 196, sted ukjent.
Tilhører samling av fotografier tatt av ukjente tyske soladater under 2.verdenskrig. Bildene var sendt inn til framkalling og kopiering hos Harald Renbjørs fotoforretning i Levanger. Familen Renbjør dobbeltkopierte noen av fotografiene og beholdt en kopi selv. Dette var strengt ulovlig. Mest sannsynlig gjorde de dette av etterretningsgrunner for motstandsbevegelsen eller på eget initiativ.
Fotografering:1940 - 1945Ukjent tysk soldat.
Part of collection:Levanger Fotomuseum Owner of collection:Levanger Fotomuseum Institution: Levanger Fotomuseum Date published:October 15, 2014 Date updated:March 16, 2018 DIMU-CODE:011015437707
写真はLevanger Fotomuseum ・Identifier:LEM.018.19.06 引用。


1933年11月4日にドイチェ・ヴェルケで起工されたドイツ海軍軽巡洋艦「ニュルンベルク」は、1934年12月8日進水、1935年11月2日就役、排水量 9,040 トン、全長 181.3 m、全幅 16.30 m、吃水 5.74 m、 航続距離 10ノットで3,900マイル、 15センチ60口径三連装3基、8.8センチ76口径連装高射砲4基8門、53センチ(21インチ)三連装魚雷発射管4基、艦載機:アラドAr-196水上偵察機2機。

アラドAr 196水上偵察機が部隊配備されたのは、第二次世界大戦の勃発した1939年9月からである。その後、主翼の7.92ミリMG17機関銃(左右合計2丁)を20ミリMG-FF機関銃(合計2丁)にう強化したA-2型が主力となった。活動海域は、主に大西洋、北海、バルト海だが、黒海、地中海方面でも使用されている。アラドAr 196水上偵察機は、1944年までに500機が製造された。第二次大戦の全期間を通じて、ドイツ海軍の水上偵察機として活躍した。

写真(右)1939年中頃、西欧、ドイツ海軍装甲巡洋艦「グラーフ・シュペー」のカタパルトに乗せられたアラドAr196 艦載水上偵察機;1935年の再軍備宣言までは、プロイセン軍、旧ドイツ帝国軍の伝統である黒白赤三色の国章を、垂直尾翼に大きく描いていた。1935年のヒトラーの再軍備宣言以降は、ドイツ機は、垂直尾翼に赤帯に白丸を描き、黒のハーケンクロイツ(スワスチカ:ナチ党のカギ十字)の国籍マークを付けた。これは、ナチ党の政治的、人種的イデオロギーを軍人にも浸透させる企図があった。軍人の忠誠宣言も、ドイツに対してではなく、ヒトラー総統に対する忠誠を誓うものに変更された。また、航空機の高速化で、敵味方の識別しやすいように、機体と主翼上下面にも、白の縁取り付き黒色バルカンクロス(鉄十字)の国籍マークを記入した。
Title:Admiral Graf Spee Description:(German Armored Ship, 1936) In European waters in mid-1939, prior to her departure for the south Atlantic. An Arado Ar 196A-1 floatplane, one of the first of its type to enter German Navy service, is visible on Admiral Graf Spee's catapult, just forward of the ship's after main battery rangefinder. Note the triple eleven-inch gun turret. U.S. Naval History and Heritage Command Photograph.
写真は Naval History and Heritage Command: NH 80897 Admiral Graf Spee引用。


写真(右)1939年中頃、西欧、ドイツ海軍装甲巡洋艦「グラーフ・シュペー」のカタパルトに乗せられたアラドAr196 艦載水上偵察機
Title:Admiral Graf Spee Description:(German Armored Ship, 1936) Seen from astern, while underway in the English Channel. The original print is dated April 1939. Note the armored torpedo tubes on her after deck, triple 28cm gun turret and the Arado Ar 196A-1 floatplane on her catapult, amidships. U.S. Naval History and Heritage Command Photograph. Catalog #:NH 80974
写真は Naval History and Heritage Command: NH 80974 Admiral Graf Spee 引用。


1937年、第二次大戦勃発2年前、ドイツ海軍総司令官エーリヒ・レーダーErich Raeder)提督は、国防軍総司令官ブロンベルク元帥に対して、沿岸防衛の範囲に関して、ドイツ海軍とドイツ空軍との分担の取り決めを依頼したが、実際に海軍と空軍の責任範囲について協定文書がまとまったのは、戦争直前の1939年2月3日だった。これは、ドイツ海軍司令部空軍代表General der Luftwaffe beim Oberbefehlshaber der Marine)を置き、戦時には海軍司令部空軍代表を海軍総司令官の指揮下に行動するというものである。しかし、ドイツ近海を離れた海上は、ドイツ空軍の責任範囲で、ドイツ海軍が作戦行動を行う場合のみ、ドイツ海軍が哨戒偵察の責任を負うとした。また、水上艦艇同士の海戦、航空機による機雷敷設については、海軍と空軍の合意のもとに、実施するとした。

しかし、ドイツ海軍潜水艦隊司令長官(BdU)カール・デーニッツKarl D6ouml;nitz)提督の指揮する潜水艦Uボートは、当時、レーダーを搭載しておらず、船団攻撃のためには、空中哨戒偵察が効果的であると考えられ、1941年1月になって、潜水艦の交通破壊戦を支援するための長距離海上偵察部隊として、フォッケウルフFw200コンドルCondor)を配備した第40爆撃航空団の一部をドイツ海軍総司令官の指揮下に置くことが提言された。しかし、ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリングHermann Goering)国家元帥は、航空兵力は全て空軍に所属するとの原則を強硬に主張し 海上哨戒偵察部隊は、ドイツ空軍が大西洋航空司令部の隷下として、潜水艦Uボート部司令部と協力することとなった。こうして、ドイツ海軍司令部空軍代表General der Luftwaffe beim Oberbefehlshaber der Marine)は、指揮権のない空軍の連絡絡官・副官のような存在となった。1941年12月、ドイツ海軍は艦載水上偵察機を除いた航空兵力の指揮も行ったが、形式的な指揮権は空軍の指揮下に入れ、海上作戦における航空兵力の指揮権は、ドイツ空軍が独占する形となった。

写真(右)1939年12月、ドイツ海軍装甲巡洋艦「アドミラル・シュペー」のカタパルトで火災を起こし焼け崩れたアラドAr196 艦載水上偵察機
Title:Admiral Graf Spee Description:(German Armored Ship, 1936) View of the ship's port side, amidships, taken while she was at anchor in Montevideo harbor, Uruguay in mid-December 1939, following the Battle of the River Plate. Note the burned-out remains of an Arado Ar 196A-1 floatplane atop the ship's catapult, 15cm broadside guns, boat and aircraft crane, secondary gun battery director (at left), and damage to her side plating from shell fragments. U.S. Naval History and Heritage Command Photograph. Catalog #:NH 59661
写真は Naval History and Heritage Command: NH 59661 Admiral Graf Spee 引用。


ドイツ潜水艦UボートType IX C

ドイツ語「U-Boot(ウーボート:Unterseeboot)」とは、水面下の艦船の意味で、狭義には、ドイツ海軍の潜水艦を意味する。英語でもU-boat(ユーボート)といわれるが、これも第一次世界大戦および第二次世界大戦でイギリス本土を封鎖しようとした敵国ドイツ海軍の潜水艦を指示している。Uボートは、ハンブルクを中心としたブローム・ウント・フォスBlohm & Voss)など造船所で建造され、ドイツ海軍潜水艦隊司令長官(BdU)カール・デーニッツKarl D6ouml;nitz)提督の指揮下に置かれた。第二次大戦当初、レーダーを搭載しておらず、目標とする敵艦船を目視によって発見するしかなかった。また、海面上5メートルもない潜水艦艦橋からの視界は限られており、敵発見は天候・気象にも依存した困難な任務だった。

 敵艦船発見を容易にするため、潜水艦の目となるような航空機によって、洋上哨戒偵察をすることが考えられた。しかし、ドイツでは空飛ぶ兵器、軍用機はみなドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリングHermann Goering)の指揮下に置くという原則があった。そのため、ドイツ海軍航空隊は、海軍艦艇に搭載する偵察用艦載水上機程度しか保有を許されなかった。その後、ドイツ海軍大西洋司令部の下に、水上基地航空部隊や洋上航空部隊の指揮が任されるようになり、ドイツ海軍潜水艦隊司令長官(BdU)カール・デーニッツKarl Dönitz)提督隷下の潜水艦Uボートと連携した交通破壊戦をするために、水上偵察機、偵察用飛行艇が配備されるようになった。

写真(右)1939年12月、ドイツ海軍装甲巡洋艦「アドミラル・シュペー」のカタパルトで火災を起こし焼け崩れたアラドAr196 艦載水上偵察機;後方マスト上には、大きなドイツ海軍旗が誇らしげに掲げられている。
Title:Admiral Graf Spee Description:(German Armored Ship, 1936) View of the after part of the ship's superstructure, port side, taken while she was in Montevideo harbor, Uruguay in mid-December 1939, following the Battle of the River Plate. Note the burned-out remains of an Arado Ar 196A-1 floatplane on the ship's catapult and the German naval ensign flying from the mast mounted atop the after rangefinder. U.S. Naval History and Heritage Command Photograph. Catalog #:NH 80976
写真は Naval History and Heritage Command: NH 71324 German ARADO 196 float plane 引用。


写真(右)1940年頃、ドイツ海軍巡洋戦艦「クナイゼナウ」のカタパルトに乗せられたアラドAr196 艦載水上偵察機
Title:German ARADO 196 float plane Caption:On the catapult of a German warship, during World War II. Note Nazi ensign flying from mast. Description: Catalog #:NH 71324 Copyright Owner:Naval History and Heritage Command Original Creator: After this Year:1939 Before this Year:1945
写真は Naval History and Heritage Command: NH 71324 German ARADO 196 float plane 引用。


ドイツ海軍巡洋戦艦「クナイゼナウ」は、1934年12月8日ドイチェヴェルケ社起工、1936年12月8日進水、1938年5月21日竣工。第二次大戦初頭、1939年11月23日にフェロー諸島沖海戦において、15.2cm単装砲8門装備のイギリス海軍仮装巡洋艦「ラワルピンディ」を僚艦「シャルンホルスト」と撃沈した。1940年4月9日には僚艦「シャルンホルスト」とノルウェー侵攻に参加、6月8日、ノルウェー沖でイギリス空母「グローリアス」を砲撃で撃沈した。6月20日、ノルウェーのトロンハイム沖で、イギリス海軍潜水艦「クライド」で雷撃よって損傷、修理。

写真(右)1940年、ドイツ海軍巡洋戦艦「クナイゼナウ」のカタパルトに乗せられたアラドAr196 艦載水上偵察機;左に、測距儀、その上のマストには、ドイツ海軍旗が掲げられている。右には、艦載機の吊り上げ・吊り下げに使用するデリック(艦載クレーン)の基部が見える。
Title:German ARADO 196 float plane Caption:View of the catapult; amidships section, in about 1940. Note details of crane; catapult; gun director; and Arado 196 seaplane on catapult. Description: Catalog #:NH 83610 Copyright Owner:Naval History and Heritage Command After this Year:1940 Before this Year:1949
写真は Naval History and Heritage Command: NH 83610 GNEISENAU (German BB, 1936) 引用。


シャルンホルスト

1941年1月から3月まで、僚艦「シャルンホルスト」と通商破壊戦に出撃、2月8日、HX106船団を発見したが、護衛に当たっていたイギリス海軍戦艦「ラミリーズ」のために退避、3月8日、SL67船団を発見したが、護衛に当たっていたイギリス戦艦「マレーヤ」のために退避した。ドイツ海軍は、優勢なイギリス艦隊に対して、正面からの攻撃を掛けることをせず、通商破壊戦による商船、輸送船団の攻撃に専念した。しかし、イギリス海軍が船団護衛に戦艦・巡洋艦を投入していたために、船団を発見しても攻撃をかけないままに終わったのである。

写真(右)1940年、ドイツ海軍巡洋戦艦「クナイゼナウ」(?)のカタパルトに乗せられ、射出準備のなったアラドAr196 艦載水上偵察機;射出方向の舷側左舷に、カタパルトは回転している。機内コックピットには搭乗員2名が見える。
Title:GNEISENAU (German BB, 1936) Caption:View taken circa 1940, showing a catapult launch of an Arado 196 seaplane. Description: Catalog #:NH 83611 Copyright Owner:Naval History and Heritage Command Original Creator: After this Year:1940 Before this Year:1949
写真は Naval History and Heritage Command:NH 83611 GNEISENAU (German BB, 1936) 引用。


1940年4月9日、ドイツ軍はデンマークとノルウェーに侵攻、理由は、スウェーデンの鉄鉱石を不凍港ナルビクNarvik)を通じて安定して輸入するためだったが、イギリスがノルウェーの機雷封鎖や保障占領を企図していることもあった。このノルウェー侵攻「ウェーゼル演習作戦」では、四発大型旅客輸送機ユンカースJu-90が、オスロに兵員を輸送した。デンマークは侵攻初日の4月9日、国王クリスチャン10世Christian 10)、デンマーク政府が即座に降伏したが、ノルウェーは、イギリス軍の支援を受けて、激しく戦った。しかし、ドイツ軍のフランス侵攻で、5月下旬にはフランスの危機、イギリスの孤立化が確実になったため、ノルウェーの連合軍は6月に撤退した。ノルウェーには、傀儡ヴィドクン・クヴィスリングVidkun Quisling)政権が樹立され、ドイツ海軍潜水艦Uボートの基地となった。

写真(右)1940-1941年頃、ドイツ海軍巡洋戦艦「クナイゼナウ」(?)のカタパルトから射出されたアラドAr196 艦載水上偵察機;カタパルトの先端には、機体を乗せていた移動台車が残っている。ここに機体を乗せるが、射出する際は、台車に期待を固定せず、カタパルト先端に来た時に、台車から機体が離れるようになっている。
Title:ARADO 196 float plane Caption:Catapulted from a German warship during World War II. Description: Catalog #:NH 71325 Copyright Owner:Naval History and Heritage Command Original Creator: After this Year:1939 Before this Year:1945
写真は Naval History and Heritage Command: NH 71324 German ARADO 196 float plane 引用。


写真(右)1941年9月30日、ドイツ海軍巡洋戦艦「グナウゼナウ」にデリックで吊り上げられたアラドAr196 艦載水上偵察機;28.3cm(54.5口径)三連装砲の装甲は、前面 360mm、側方200mm、後方180mm、天蓋180mmだった。28cm砲は、商船を攻撃するには十分な威力、発射速度、射程があったが、イギリス海軍戦艦と砲撃戦には威力不足で苦戦することになる。
Collectie NIOD Trefwoorden Geschut, Marine, Oorlogsschepen, Vliegdekschepen, Vliegtuigen Locatie Naam: United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland Land: United Kingdom Bijschrift Arado 196 Blockade um England. Schwerer Kreuzer schlägt zu in uebersee. Enorm Grosses leistete uns unser Bordflugzeug, das nach mancher Erkundungsflug mit der Meldung zurückkam 'feindlicher grosser Frachter in so und so viel Grad gesichtet'. Einsetzen des Bordflugzeuges. Type Foto Datum 30/09/1941 Datum type Opname
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 43437 引用。


写真(右)1940-1942 年頃、アムステルダム郊外のシェリンブルデ(Schellingwoude)水上機基地アラドAr196 艦載水上偵察機;フロートの先端をぶつけないように目立つ赤で塗っている。BMW132空冷星形9気筒エンジンと3翅プロペラを装備。ドイツのAR 196は、ドイツ海軍(Kriegsmarine)の艦船が沖合を航行したときに機体は艦船に乗っていた。
Een Duitse AR 196. Als de grote oppervlakteschepen van de Kriegsmarine zich buitengaats waagden, bevonden deze watervliegtuigen zich aan boord. Wanneer de oorlogsbodems in de haven lagen, opereerden de Arado's onder meer vanaf vliegkamp Schellingwoude.
写真はNederlands Instituut voor Militaire Historie (NIMH): Schellingwoude 引用。


アメリカ、イギリス、オランダ、日本、イタリアのような海洋国は、飛行艇や水上機を多用したが、軍用飛行艇・水上機は、一般的に海軍の所属だった。しかし、ドイツでは、飛行機の所管は、空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥の支配下に置かれたために、ドイツ軍の基地航空隊所属の飛行艇、水上機の多くは、空軍の隷下に置かれ、海軍艦艇、潜水艦との連携に不都合な面があった。ドイツ海軍の航空機は、巡洋艦以上の大型艦船が搭載する艦載水上機に限られた。

写真(右)1941 年頃、酸素ボンベをゴムボートで運んだ整備員と背後のアラドAr196 艦載水上偵察機;BMW132空冷星形9気筒エンジンと3翅プロペラを整備するのに、金属製フレームの台を置いて整備している。兵装は、主翼に20ミリ機関銃2丁 、後方に7.92ミリMG15旋回機銃1丁、主翼下面に50キロ爆2発搭載可能。 1938- 1944年の間に541機が生産された。
Collectie NIOD Trefwoorden Waterwegen, Luftwaffe, Bommenwerpers, Vliegtuigen, Bommen, Duitse strijdkrachten Bijschrift Arado 196 Laden van watervliegtuig bommenwerper. Type Foto Vervaardiger Stapf Bilderdienst
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 43437 引用。



写真(上)1945刊行アメリカ軍「ドイツ海ハンドブック」に掲載された1940年ののドイツ空軍アラドAr 196A-2艦載水上偵察機 (登録コード:OU+AR)

Description A German Arado Ar 196A-2 (OU+AR) seaplane taxiing. Date 1940 Source U.S. War Department publication TM-E 30-451: Handbook of German Military Forces (1945); Chapter X: German Air Force photo [1] Author Unknown
写真は TM-E 30-451 Handbook on German Military Forces 1945 by United States. War Dept , CHAPTER X German Air Forceより引用。


写真(右)1941年頃、ドイツ海軍巡洋艦「アドミラル・ヒッパー」のカタパルト台車上のアラドAr196 艦載水上偵察機;フロートの下、カタパルトの脇には大きなボンベ(圧搾タンク)があるが、これはカタパルト射出する際に開放される圧搾空気ボンベである。
Frankreich.- Kreuzer "Admiral Hipper", Bordflugzeug Arado Ar 196 auf Katapult Date 1941 Photographer Hipper Institution German Federal Archives Blue pencil.svg wikidata:Q685753 Propagandakompanien der Wehrmacht - Marine (Bild 101 II) Accession number Bild 101II-MW-1949-03
写真は Wikimedia Commons, Bundesarchiv: Accession number Bild 101II-MW-1949-03 引用。


ドイツ海軍巡洋艦「アドミラル・ヒッパー」Admiral Hipper)は、起工1935年7月6日、進水1937年2月6日 、就役1939年4月29日 、全長 202.8m、全幅 21.3m、基準排水量1万4050トン、常備排水量1万6170トン、満載排水量 1万8500トンの大型重巡洋艦。兵装は、60口径20.3センチ連装砲4基8門、10.5センチ高角砲連装6基12門、53.3センチ三連装魚雷発射管4基12門。

写真(右)1941年、ドイツ占領下ポーランド、グダニア、ドイツ海軍巡洋艦「アドミラル・ヒッパー」のカタパルトに搭載されたBMW132空冷星形9気筒エンジン装備のアラドAr196 艦載水上偵察機;フロートの下、カタパルトの脇には大きなボンベ(圧搾タンク)があるが、これはカタパルト射出する際に開放される圧搾空気ボンベである。
Description GDYNIA, POLAND, 1941. "6 W" THE ARADO 196, A TWO SEATER RECONNAISSANCE FLOAT PLANE BEING LOADED ONTO THE CATAPULT LANDING GEAR ABOARD THE 10,000 TON GERMAN HEAVY CRUISER "ADMIRAL HIPPER". Unit Cruiser Admiral Hipper Place Europe: Poland Collection type Photograph Object type Black & white Physical description Black & white Maker Schroeder Conflict Second World War, 1939-1945
写真は Australian War Memorial: Accession Number 042676 引用。


写真(右)1941年、ドイツ占領下ノルウェー、海上を滑走するドイツ海軍巡洋艦「アドミラル・ヒッパー」のアラドAr196 艦載水上偵察機; 写真右上に、ドイツ海軍巡洋艦「アドミラル・ヒッパー」の艤装が写っている。
Description NORWAY, 1941. THE ARADO 196, A TWO SEATER RECONNAISSANCE FLOAT PLANE, LANDS ON THE WATER NEAR THE 10,000 TON GERMAN HEAVY CRUISER "ADMIRAL HIPPER" AFTER COMPLETING A RECONNAISSANCE FLIGHT. IN THE FOREGROUND CAN BE SEEN A SECTION OF THE CRANE USED TO HOIST THE AIRCRAFT ABOARD THE VESSEL. Unit Cruiser Admiral Hipper Place Europe: Norway Object type Black & white Physical description Black & white Maker Schroeder Conflict Second World War, 1939-1945
写真は Australian War Memorial: Accession Number 042677 引用。


写真(右)1941年頃、ドイツ海軍巡洋艦「アドミラル・ヒッパー」のカタパルトから射出される台車上のアラドAr196 艦載水上偵察機;BMW132空冷星形9気筒エンジンが始動し、3翅プロペラが回転している。コックピット偵察員が使う後方防御用の7.92ミリMG15旋回機銃1丁。1938-1944年に541機が生産された。
German Heavy Cruiser ADMIRAL HIPPER (Admiral Hipper Class). Photo circa 1942 Caption:German Heavy Cruiser ADMIRAL HIPPER (Admiral Hipper Class). Photo circa 1942. Description:German Ships: ADMIRAL HIPPER - ADMIRAL SCHEER Catalog #:NH 110796 Copyright Owner:Naval History and Heritage Command Original Creator: After this Year:1940 Before this Year:1949
写真はNaval History and Heritage Command: NH 110796 German Heavy Cruiser ADMIRAL HIPPER (Admiral Hipper Class). Photo circa 1942 引用。


ニュルンベルク

ドイツ海軍軽巡洋艦「ニュルンベルク」Nürnberg )の諸元
1933年11月4日にドイチェ・ヴェルケで起工、1934年12月8日進水
1935年11月2日就役
基準排水量 9,040 トン
全長 181.3 m、全幅 16.30 m、吃水 5.74 m
航続距離 10ノットで3,900マイル
兵装:15センチ60口径三連装3基9門
8.8センチ76口径連装高射砲4基8門
53.3センチ(21インチ)三連装魚雷発射管4基12門
艦載機:アラドAr-196水上偵察機2機。

写真(右)1941-1943年頃、ノルウェー、トロンヘイム、停泊中のドイツ海軍戦艦「ティルピッツ」のデリックで吊り上げられてカタパルトに乗せられようとするアラドAr-196水上偵察機;15センチ55口径連装砲、10.5センチ65口径連装高射砲の報道が見える。ドイツ海軍戦艦「ティルピッツ」は、「ビスマルク」級戦艦2番艦として、起工 1936年11月2日、進水 1939年4月1日、就役 1941年2月25日、 基準排水量:4万2,900トン、満載排水量:5万3,500トン、全長 253.6m、水線長241.7m、全幅 36.0m、速力30.8ノット。38センチ48.5口径連装砲4基、15センチ55口径連装砲6基、10.5センチ65口径連装高射砲8基を搭載。
Slagskipet Tirpitz i Fættenfjorden fotografert fra taubåt, Flyet i kranen er et Arado 196 oppklaringsfly..
Slagskipet Tirpitz og søsterskipet Bismarck var de største slagskipene i den tyske krigsmarinen, Kriegsmarine, under andre verdenskrig. Skipet var oppkalt etter den tyske marineminister og storadmiral Alfred Freiherr von Tirpitz.
Skipet lå i en periode i Fættenfjord i Nord-Trøndelag.
,Tirpitz ble til slutt senket ved Håkøya utenfor Tromsø den 12. november 1944. Avro Lancaster bombefly fra RAF 617. og 9. skvadron, utrustet med Barnes Wallis' tallboy-bomber, utførte bombingen. 916 av mannskapet omkom. Av dem som overlevde, ble 87 reddet ved at redningsmannskapene skar seg inn gjennom skutesiden. ( Kilde: Wikipedia)
Tilhører samling av fotografier tatt av ukjente tyske soladater under 2.verdenskrig. Bildene var sendt inn til framkalling og kopiering hos Harald Renbjørs fotoforretning i Levanger. Familen Renbjør dobbeltkopierte noen av fotografiene og beholdt en kopi selv. Dette var strengt ulovlig. Mest sannsynlig gjorde de dette av etterretningsgrunner for motstandsbevegelsen eller på eget initiativ.
Fotografering:1940 - 1945Ukjent tysk soldat.
Part of collection:Levanger Fotomuseum Owner of collection:Levanger Fotomuseum Institution: Levanger Fotomuseum Date published:October 15, 2014 Date updated:March 16, 2018 DIMU-CODE:011015437707
写真はLevanger Fotomuseum ・Identifier:LEM.018.18.02 引用。



写真(上)1944年7月、ドイツ海軍の哨戒艇上空を飛行するアラド196A-3 艦載水上偵察機
;この哨戒艇は、イタリア海軍の哨戒艇を鹵獲して使用している様だ。
Description Polski: Niemiecki wodnosamolot Arado Ar 196A-3 w czasie zabezpieczania torpedowca na morzu na froncie włoskim. Date July 1944 Source https://audiovis.nac.gov.pl/obraz/2390/ (ze zbiorów Narodowego Archiwum Cyfrowego) Author Unknown
写真は Wikimedia Commons, File:Arado Ar 196 Italy 1944.jpgおよび Narodowego Archiwum Cyfrowego:Sygnatura: 2-2450 引用。


写真(右)1944年、アラドAr196 艦載水上偵察機(登録コード:6W+??);機体コックピット後方には部隊のペットの牧羊犬シェパードが乗っている。後席にか7.92ミリMG15旋回機銃1丁とそのドラム弾倉が見える。コックピットに登るための足掛けには白線でマークがしてあり、前方操縦席用と後席偵察員用途の2カ所ある。蓋がついていて足を退けると閉鎖する構造になっている。国籍マーク「鉄十字」は、白枠のある黒の十字。座席にいるドイツシェパードが実際に戦闘飛行中に飛行機に乗ったかどうかは問題だ。
Vliegers lopen vanaf het Zeeburgereiland over de steiger naar hun toestel. militairen en een Duitse herdershond in de Arado Ar 196. Nog een detailopname van de cockpitsectie van de Arado Ar 196. Of de Duitse Herder op de zitplaats van de waarnemer-luchtschutter ook daadwerkelijk mee de lucht is gegaan tijdens de gevechtsvlucht in is maar de vraag.
写真は Nederlands Instituut voor Militaire Historie (NIMH): Schellingwoude 引用。


写真(右)1945年戦争末期あるいは戦後直後、陸上に引揚げられたアラドAr-196A水上偵察機:Arado AR-196A Catalog #: 00075054 Manufacturer: Arado Designation: AR-196A
写真は,Flickr, SDASM ArchivesCatalog #: 00075054引用。


ドイツ海軍航空隊は、艦船に乗せて運用する艦載水上機を指揮下に置いたものの、それ以外の航空兵力は、沿岸部に基地を設けた水上機や飛行艇ですらも直接指揮する権限がなかった。つまり、ドイツ海軍航空隊は、攻撃、偵察、哨戒に関して有効な航空支援を得ることが困難になった。このように、ドイツ海軍航空隊が簸力であったために、そのため、海軍艦艇、特に潜水艦Uボートとの連携支援が疎遠になる傾向があった。これはドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥が、飛行機と航空兵力は全て自分の隷下に置くことを主張したためである。そこで、イギリス本土の交通破壊戦や海上封鎖に、航空機による索敵、偵察が十分に行えないという欠点が露呈した。

写真(右)1945年1月10日、ドイツ海軍巡洋戦艦「グナウゼナウ」(?)にデリックで吊り上げられたアラドAr196 艦載水上偵察機;Arado 196水上偵察機は、艦船から周囲の偵察に飛び立ち、帰還後、艦船にデリックで吊り上げられる。原典に1945年1月10日とあるのは、写真を鹵獲した日付であろうか。
Collectie NIOD Trefwoorden Luftwaffe, Vliegboten, Vliegtuigen Locatie Naam: Federal Republic of Germany Land: Germany Bijschrift Arado 196 Von Aufklärungsflug zurück. Das Wasserflugzeug wird, nachdem es die weitere Umgebung des Schiffes aufgeklärt hat, wieder an Bord genommen. Heinkel. Type Foto Datum 10/01/1945 Datum type Opname
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 43437 引用。


枢軸軍の双フロート双発以上の水上機には、ハインケルHe115のほかハインケルHe59救難機、イタリア軍のフィアットCMASA RS.C14水上偵察機、カントZ.506 水上偵察爆撃機 などがあり、いずれも飛行性能は、秀でているわけではないが、堅牢な構造で、使いやすい機体だった。

写真(右)1945年5月、敗戦直後、ドイツ海軍重巡洋艦「プリンツ・オイゲン」のカタパルトに乗せられたアラドAr196 艦載水上偵察機
Title:PRINZ EUGEN (German CA, 1938) Caption:View of the after port superstructure, looking aft from alongside, soon after V-E Day. Note 105mm anti-aircraft guns and their directors, torpedo tubes, tripod mainmast and AR-196 aircraft. Description: Catalog #:NH 96478 Copyright Owner:Naval History and Heritage Command Original Creator: After this Year:1939 Before this Year:1945
写真は Naval History and Heritage Command: NH 96478 PRINZ EUGEN (German CA, 1938) 引用。


写真(右)1945年5月、敗戦直後、ドイツ北西部、ヴィルヘルムス・ハーフェンの浮きドックに収容されたドイツ海軍重巡洋艦「プリンツ・オイゲン」のカタパルトに乗せられたアラドAr196 艦載水上偵察機;左側は、艦橋、煙突と続き、右側には円筒状の高角砲射撃用の測距儀が見える。左はドックに装備された大型のクレーンで、右には、巡洋艦の船体に装備された小型クレーン(デリック)の上部が見える。
Title:PRINZ EUGEN (German CA, 1938) Caption:In floating drydock at Wilhelmshaven, soon after V-E day, showing AR-196 seaplane and other midships details. Description: Catalog #:NH 96437 Copyright Owner:Naval History and Heritage Command Original Creator: After this Year:1930 Before this Year:1939
写真は Naval History and Heritage Command: NH 96437 PRINZ EUGEN (German CA, 1938) 引用。


写真(右)1945年5月、敗戦直後、ドイツ海軍重巡洋艦「プリンツ・オイゲン」の前部から俯瞰した煙突(手前)、カタパルトに乗せられたアラドAr196 艦載水上偵察機、舷側両側に10.5センチ連装高角砲塔、後部メインマストと両脇の高角砲射撃用の測距儀と53.3センチ三連装魚雷発射管
Title:PRINZ EUGEN (German CA, 1938)
Caption:Arrangement aft, showing Ar-196 floatplane stowage, radar, A. A. directors and torpedo tubes. Taken in floating drydock, probably at Bremen, soon after V-E Day.
Description: Catalog #:NH 96369
Copyright Owner:Naval History and Heritage Command
Original Creator: After this Year:1939
Before this Year:1945
写真は Naval History and Heritage Command:NH 96369 PRINZ EUGEN (German CA, 1938) 引用。


写真(右)1945年5月、敗戦直後、ドイツ海軍重巡洋艦「プリンツ・オイゲン」後部から俯瞰したカタパルト上のアラドAr196 艦載水上偵察機、煙突と両脇銃座の20ミリ四連装機関銃、その奥の球状の高角砲射撃用の測距儀、艦橋トップ
Title:PRINZ EUGEN (German CA, 1938) Caption:Arrangement looking forward form the mainmast, while ship was in a floating drydock, probably at Bremen, soon after V-E Day. Note Ar-196 seaplane.
Description: Catalog #:NH 96371
Copyright Owner:Naval History and Heritage Command
Original Creator: After this Year:1939
Before this Year:1945
写真は Naval History and Heritage Command:NH 96371 PRINZ EUGEN (German CA, 1938) 引用。


ドイツのソビエト連邦侵攻は、1941年6月22日だが、フィンランドは、1939年11月30日から1940年3月12日の対ソビエト冬戦争に敗北していた。冬戦争に敗北したフィンランド大統領リスト・ヘイッキ・リュティRisto Heikki Ryti)は、今度は、その報復として、1941年6月26日から1944年9月19日にかけて、ドイツとともに対ソビエト継続戦争を戦った。冬戦争の2カ月前から、イギリスもフランスも連合国として、ドイツと第二次世界大戦を戦っていたが、ソ連とは戦っておらず、あえてフィンランドを助けるために、ソ連と会戦するはずがなかった。

 1941年7月、フィンランド国防軍総司令官カール・グスタフ・マンネルヘイムCarl Gustaf Mannerheim)元帥の指揮の下、フィンランド軍は、ハカリスティ(Hakaristi)を再び掲げて、フィンランド南東部、ソ連に割譲させられていたカレリア地方を攻撃し、再占領し、冬戦争で奪われた領土を取り戻しつつあった。

写真(右)1947年、アメリカ、ペンシルベニア州フィラデルフィアに運ばれたドイツ海軍重巡洋艦「プリンツ・オイゲン」のアラド(Arado) Ar 196A-5 艦載水上偵察機(登録コード:GA+DX 、製造番号:Werk-No. 68967);ドイツ海軍重巡洋艦「プリンツ・オイゲン」は、ビキニ環礁の核爆発実験に使用されたが、艦載機は残され, 1961年にアメリカ海軍博物館に保管された。
Description A German Arado Ar 196A-5 seaplane being catapulted in 1947 at the Naval Air Materiel Center in Philadelphia, Pennsylvania (USA). The plane and the catapult were saved from the German heavy cruiser Prinz Eugen which was expended at the Bikini Atoll nucelar tests. The plane is now on display at the U.S. National Air and Space Museum (Smithonian Institution). NASM description of the plane: "When the US Navy took custody of Prinz Eugen, they were more interested in the catapult system used to launch the floatplane rather than the Ar 196 but they saved two aircraft anyway. The NASM airplane has only 14 hours of operational flying time and U. S. Navy pilots added just four more hours during testing and evaluation at the Naval Air Materiel Center in Philadelphia, Pennsylvania. The '196 Werk-Nummer (serial number) is 623167 however the Navy evidently repainted the airplane with markings copied from a different aircraft. That floatplane bore the Stammkennzeichen code letters GA+DX and Werk-Nummer 68967. Today, the National Air and Space Museum's Ar 196A-5 still carries the bogus paint and markings of GA+DX. After years in storage, the Navy transferred the airplane to the Museum in 1961. It is now on display at the Paul E. Garber Facility in Silver Hill, Maryland." Official (illiterate) U.S. Navy description: "Institute members watch a German Arada seaplane being launched from a catapult Nazi's Prinz Eugen." Date 1947 Source U.S. Naval Aviation News August 1947 [1] (PDF) Author USN Permission (Reusing this file) U.S. Navy photograph
写真は Category:Arado Ar 196: File:Ar 196 catapult test 1947 NAN8-47.jpg引用。


ハインケル(Heinkel)He 115水上偵察機は、1937年8月に初飛行した機体で、海上の哨戒偵察以外にも、船団への魚雷攻撃、機雷敷設、輸送などにも投入された多用途機だった。ヘルマン・ゲーリング総司令官のドイツ空軍に飛行機を集中させられたため、ドイツ海軍航空隊は貧弱であり、ハイケルHe115水上偵察機は、艦艇に搭載することは想定されておらず、水上機基地をベースに活動することを前提としていた。そのため、He115水上偵察機の総生産機数は138機のみであった。しかし、北大西洋、地中海方面では、水上機の特性を生かして、海上哨戒偵察、対艦船攻撃(爆弾・航空魚雷・機雷)に有効な働きをしている。

写真(右)第二次大戦後、保管・展示されたアラドAr-196A水上偵察機:胴体は鋼管骨組、前部は金属張り、後部は羽布張り、主翼は金属張り。艦載機としてカタパルトからの射出が可能。
Ar-196A-3は、 全長 11.0m、全幅12.4m、全備重量 3,720 kg、発動機BMW 132K 空冷星型9気筒エンジン 960馬力、最高速力 312km/h、 航続距離 800km、乗員 2名、兵装 20ミリMGFF機関銃2丁(前方固定)、7.92ミリMG15後方旋回機銃1丁。
Arado AR-196A Catalog #:00075051 Manufacturer: Arado Designation: AR-196A
写真は,Flickr, SDASM ArchivesCatalog #: 00075051引用。


写真(右)第二次大戦後、保管・展示されたアラドAr-196A水上偵察機:水上に浮くためのフロートは2本で、それを鋼管で固定している。強度は十分にありそうだが、反面、空気抵抗が大きく、飛行性能に悪影響を与えたようだ。
Arado AR-196A Catalog #:00075050 Manufacturer: Arado Designation: AR-196A
写真は,Flickr, SDASM ArchivesCatalog #: 00075050引用。


アラドArado Ar 196 水上偵察機は、第二次大戦中にドイツ海軍で広範囲に使用された、低翼単葉、双フロートの艦載機。BMW132K空冷星型エンジン960馬力搭載、機首と後部座席の7.92mm機銃2挺、主翼内に20mm機関銃2挺、主翼下面に50kg爆弾2発搭載可能。第二次大戦の始まった1939年に部隊配備開始、戦艦ビスマルク、重巡洋艦ヒッパーなど大型水上艦艇に搭載。沿岸水上機部隊にも配備された。


アラドAr-196水上偵察機諸元
乗員:2名
全長: 11.0メートル,全幅: 12.5メートル
翼面積: 28.4平方メートル
自量: 2トン,全備重量: 3.7トン
エンジン: BMW132 空冷 960馬力1基
最高時速: 320キロ
航続距離: 1000キロ,上昇限度: 7,000メートル
武装: 20ミリMG-FF機関砲2門,7.92ミリMG17機銃2丁
50キロ爆弾2発
初飛行1937年5月
生産開始1938年11月からで、1944年3月までに540機が産された。

ヘルマン・ゲーリングHermann Göring)のドイツ空軍第一航空軍Luftflotte 1)に属していたJG54は、1941年6月21日、バルバロッサ作戦初日,ヴィルヘルム・リッター・フォン・レープWilhelm Ritter von Leeb)元帥を司令官とする北方軍集団(レープ元帥)を支援し、フィンランド、バルチック海周辺、レニングラードで戦った。1941年から1943年には、JG54は、レニングラード包囲戦、イイリメニ湖周辺のソ連軍攻撃のために、フィンランドにも駐屯した。


2.ハインケル He-60艦載水上偵察機

写真(右)1935年頃,ドイツ軍のハインケル(Heinkel)He 60艦載水上偵察機試作機V1(Heinkel He 60a (V-1) First Prototype) :陸上木型と水上機型が同時に試作されたが、採用されたのは水上機型だけだった。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46168808 - Catalog:16_007362 - Title:Heinkel He 60 a (V-1) First Prototype Nowarra Collection - Filename:16_007362.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46168808引用。


 ハインケルHe 60は、He 59と同じラインホルト・メーヴェス設計になる木材/金属混合構造、羽布張りの単発複葉水上機で、当時の標準的な保守的スタイルだった。試作機はBMW液冷エンジン660馬力を搭載、1933年初飛行した。

写真(右)1933年頃,ドイツ軍ハインケル(Heinkel)He 60水上艦載偵察機 :機体は尾翼にドイツ軍伝統の黒白赤三色ストライプの国章を描いている。1935年に再軍備宣言がされると、ドイツ空軍が創設され、尾翼の国章は、赤帯に白丸とハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)を描いた国章とされた。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46168834 - Catalog:16_007364 - Title:Heinkel He 60 - Filename:16_007364.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46168834引用。


ハインケルHe 60水上艦載偵察機がドイツ海軍に試験的に配備されたのは1933年のヒトラー政権下で、1934年からHe 60がドイツ海軍艦隊の艦載水上偵察機として配備された。1936年のスペイン内戦にも実戦投入されたが、1939年の第二次世界大戦時には、後続の艦載水上偵察機アラド Ar 196に代替されていた。

写真(右)1935年以降,ハインケル(Heinkel)He 60水上艦載偵察機 :1935年までは、ドイツ軍伝統の黒白赤三色ストライプの国章だったが、1935年の再軍備宣言、ドイツ空軍の設立以降は、尾翼に赤帯に白丸とハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)を描いた国章とされた。その後、1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、赤帯と白丸のハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)は目立つために敵からの標的にされやすかったので取りやめになった。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46168846 - Catalog:16_007365 - Title::Heinkel He 60(V-8) with DB 600 Nowarra Collection - Filename:16_007365.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46168846引用。


ドイツ帝国軍は、第一次大戦の敗戦後、ベルサイユ条約によって、陸軍は10万人規模に大幅に縮小され、参謀本部も廃止、戦争遺憾の保有禁止、航空兵力の保有禁止と束縛された。しかし、ドイツ帝国軍人が引き継いだドイツ共和国軍は、密かにフライコール(義勇軍)を擁立して陸軍の拡充を図り、火砲や戦車を外国で子会社や外国企業と開発した。また、共和国時代から、スポーツ航空や民間航旅客・貨物・郵便・通信航空を隠れ蓑に、軍用機を開発していた。その時代は、プロシア以来のドイツ軍伝統の黒白赤三色ストライプを尾翼に描いで国章としていた。

写真(右)1937-1939年8月,ドイツ海軍艦艇のクレーンで吊り下げられたドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 60水上艦載偵察機 :ドイツ機の国籍マークは、垂直尾翼に1935年までの旧ドイツ軍の黒白赤三色の国章を、1935年のドイツ空軍設立以後は、赤帯に白丸とハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)の国章を付けた。その後に、機体と主翼上下に黒のバルカンクロス(鉄十字)の国章を追加した。
SDASM Archives Heinkel, He 60 PictionID:46168884 - Catalog:16_007368 - Title:He 60C-1, 1937 Nowarra Collection - Filename:16_007368.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46168884引用。


しかし、1933年1月末、ナチ党を首班とする連立政権が成立、アドルフ・ヒトラーは、貴族的なプロシア軍の伝統を軽蔑しており、ナチ党のイデオロギーを軍に浸透させるべきであると考えていた。そこで、ドイツ軍機の国章は、1935年の再軍備宣言、ドイツ空軍の設立以降は、垂直尾翼尾翼に赤帯に白丸とハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)を描いた国章とされた。その後、1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、赤帯と白丸のハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)は目立つために敵からの標的にされやすかったので取りやめになった。

写真(右)1933-1939年頃,ジブラルタル海峡でイギリス軍によって撮影された装甲巡洋艦「ドイッチュラント」(Deutschland)艦体中央のカタパルトに搭載されたドイツ軍ハインケル(Heinkel)He 60水上艦載偵察機:装甲巡洋艦「ドイッチィエラント」は、1929年2月5日 起工、1931年5月19日進水、1933年4月1日就役、主砲:28センチ (11 in)三連装砲塔2基、15センチ砲(55口径)8基、 53.3センチ(21.0 in)四連装魚雷発射管2基、 搭載機2機。基準排水量1万2,100トン、満載排水量1万6,200トン、全長186 m、全幅21.6 m。 大西洋方面の交通破壊戦に投入された。第二次世界大戦勃発翌年の1940年に、ヒトラーは、ドイツを意味する「ドイッチュラント」の撃沈が面子を失うことを危惧して、艦名を「リュッツォウ」に変更した。
Title:DEUTSCHLAND (German Battleship, 1931) Caption:View taken at Gibraltar, circa 1937-1939. Close-up view shows plane (HEINKELHE.60), bridge, and forward 11' gun turret. Note eagle marking on turret, and red/white/black stripes as well. These were neutrality markings adopted during the Spanish Civil War period. Also note crew sunbathing on deck abaft the turret. Description: Catalog #:NH 50230 Copyright Owner:Naval History and Heritage Command Original Creator: After this Year:1930 Before this Year:1939
写真は,Naval History and Heritage Command,NH 50230 DEUTSCHLAND (German Battleship, 1931) 引用。


写真(右)1933-1939年頃,装甲巡洋艦「アドミラル・シェーア」(ADMIRAL SCHEER)艦体中央のカタパルトに搭載されたドイツ軍ハインケル(Heinkel)He 60艦載水上偵察機:装甲巡洋艦「ドイッチィエラント」は、1931年6月25日 起工、1933年4月1日 進水、1934年11月12日 就役、28センチ (11 in)三連装砲塔2基、15センチ連装砲6基12門、10.5センチ(65口径)連装高角砲7基14門、 搭載機3機。基準排水量:3万1,850トン、満載排水量:3万8,900トン、全長234.9m、全幅30.0m。 大西洋方面の交通破壊戦、1942年末のバレンツ海海戦に投入された。
Title:ADMIRAL SCHEER German Armored Ship, 1933-45 Caption:Detail view amidships of aircraft catapult, Heinkel He 60 aircraft, and one 15 cm gun, photographed 1935-38. Description: Catalog #:NH 45564 Copyright Owner:Naval History and Heritage Command Original Creator: After this Year:1930 Before this Year:1939
写真は,Naval History and Heritage Command,NH 45564 ADMIRAL SCHEER German Armored Ship, 1933-45 引用。


写真(右)1940年,デンマーク、ハインケル(Heinkel)He 60水上艦載偵察機 :1935年までの旧ドイツ軍の黒白赤三色の国章を、1935年のドイツ空軍設立以後は、赤帯に白丸とハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字:スワスチカ)の国章に変更し、その後に、機体にバルカンクロス(鉄十字)の国章を追加した。しかし、1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、尾翼の赤帯と白丸のハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)は敵から発見されやすいことが分かり、取りやめになったが、垂直尾翼と主翼上下面に黒色白縁取りのナチ党のカギ十字(スワスチカ)を付け足した。
SDASM Archives Heinkel, He 60 Catalog #: 01_00081266 Title: Heinkel He 60 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 60 Tags: Heinkel He 60
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,Catalog #: 01_00081266引用。


ヒトラー政権になっても、1935年3月のドイツ再軍備宣言までは、プロイセン軍、旧ドイツ帝国軍の伝統である黒白赤三色の国章を、ドイツ機の尾翼に描いて、国籍マークとしていた。しかし、1935年、ヒトラーが再軍備を宣言し、第一次世界大戦の撃墜王ヘルマン・ゲーリングの下、ドイツ空軍が設立されると、ドイツ軍機は、尾翼に赤帯に白丸とスワスチカ(ハーケンクロイツ:ナチ党のカギ十字)の国籍マークを採用した。スワスチカは、ナチ党のイデオロギー、政治思想を軍人にまで浸透させることを反映したもので、軍人の忠誠宣言がドイツに対してでは、ヒトラーに対する忠誠を誓うものと変更されたのと同じ動機である。また、高速の機体の国籍、敵味方の認識をしやすくするため、機体・主翼の上下にも、白の縁取り付きの黒色バルカンクロス(鉄十字)の国章を追加した。

写真(右)1940年,デンマーク、ハインケル(Heinkel)He 60水上艦載偵察機 (奥):
Inventory: Bild 101 II - Propagandakompanien der Wehrmacht - Marine Signature: Bild 101II-MN-1017-21 Archive title: Dänemark .- Seefliegerhorst. Marineangehörige / Piloten vor Wasserflugzeug Heinkel He 60 (Kennung +WH); PK Marine Nord Dating: April 1940 Photographer: Eschenburg, Karl Origin: Bundesarchiv
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・引用(他引用不許可)。


1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、激しい航空戦が展開され、敵の空襲も予期する必要があったため、尾翼の赤帯と白丸のハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字:スワスチカ)は敵から発見されやすいいとして、取りやめになった。その代わり、ナチ党のイデオロギーを示す国章として、尾翼に黒色白縁取りのナチ党のカギ十字(スワスチカ)を付け足した。ハインケルHe 60 のような旧式水上偵察機は、第一線で活動してはいないはずだが、このような古い機種についても国政マークの変更を行っている。後に、白渕が目立ちやすいとして、黒のバルカンクロス(スワスチカ)、ハーケンクロイツの白の縁取りは廃されている。

Heinkel He60の動画


3.ハインケルHe-114艦載水上偵察機

写真(右)1938-1939年9月以前、ドイツ、3翅プロペラ装備のハインケルHe 114V-1水上偵察機試作1号機:試作機(Prototype)として1938年に完成した。フロートの尾部には、水上滑走中の方向を決める方向舵が取り付けられている。第二次大戦が始まる前なので、ナチ党政権下のドイツ軍国籍マークとして、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカを描いている。
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935951 - Catalog:16_005288 - Title:Heinkel He 114V-1 Nowarra photo - Filename:16_005288.TIF - - - - - - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID: 43935975 引用。


ハインケルHe 114水上偵察機は、前作のHe60艦載水上偵察機の後継機として開発された双フロート、複葉水上偵察機だが、上部主翼は操縦席近傍の胴体から直接伸びたパラソル翼である。下部翼は上部翼よりかなり短いが、縦横比は上部翼と同じである。

写真(右)1938-1939年9月以前、ドイツ、3翅プロペラ装備のユモJumo210液冷倒立V型12気筒エンジンを搭載した ハインケルHe 114V-2水上偵察機試作2号機(登録コード:D-UGAT):試作機(Prototype)として1938年に完成した。第二次大戦が始まる前なので、ナチ党政権下のドイツ軍国籍マークとして、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカを描いている。フロートの尾部には、水上滑走中の方向を決める方向舵が取り付けられている
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935963 - Catalog:16_005289 - Title:Heinkel He 114V-2 Nowarra photo - Filename:16_005289.TIF
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID: 43935963引用。


写真(右)1938-1939年9月以前、ドイツ、ユモJumo210液冷倒立V型12気筒エンジン装備のハインケルHe 114V-2水上偵察機試作2号機(G-UGAT) :フロートの尾部には、水上滑走中の方向を決める方向舵が取り付けられている。試作機(Prototype)として1938年に完成した。第二次大戦が始まる前なので、ナチ党政権下のドイツ軍国籍マークとして、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカを描いている。
Ray Wagner Collection Image Heinkel, He 114 Catalog #: 01_00081316 Title: Heinkel, He 114 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 114 Tags: Heinkel, He 114 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真は,Flickr, SDASM Archives Catalog #: 01_00081316引用。


ハインケルHe 114水上偵察機は、成功作とはいえず、前作のHe60水上偵察機と代わり映えしない飛行性能で、安定性が悪かったために、生産機数は98機と少なかった。前作のHe60水上偵察機は、飛行性能は低かったが、使いやすいために、前線では長い期間、使用された。他方。1939年に搭乗したアラドAr-196単葉機は、成功作だったため、艦載水上偵察機として普及したこともあって、ドイツにおけるHe114水上偵察機の使用期間は短かった。

写真(右)1938-1939年9月以前、ドイツ、2翅プロペラ装備のハインケルHe 114V-4 水上偵察機試作4号機(登録コード:D-IOGD):試作機(Prototype)としてBMW132D空冷星形9気筒エンジンを搭載、3翅ではなく2翅プロペラ装備。第二次大戦が始まる前なので、ナチ党政権下のドイツ軍国籍マークとして、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカ(カギ十字:卍)を描いている。
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935975 - Catalog:16_005290 - Title:Heinkel He 114V-4 Nowarra photo - Filename:16_005290.TIF - - - - - - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID: 43935975 引用。


ハインケルHe 114水上偵察機は、ドイツの外貨獲得のため、ルーマニアに24機が輸出された。そして、ルーマニアでは8機が1960年5月まで部隊で使用されていた。スペインに対しても、1943年7月に、12機のA型、C型が輸出され、1954年まで部隊で使用されていた。

写真(右)1938-1939年9月以前、ドイツ、ハインケルHe 114V-5水上偵察機試作5号機(登録コード:D-IDWS):3翅ではなく2翅プロペラ装備のBMW132空冷星形9気筒エンジンを搭載している。試作機(Prototype)として1938年に完成した。第二次世界大戦が始まる前なので、ナチ党政権下のドイツ軍国籍マークとして、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカ(カギ十字:卍)を描いている。フロートの尾部には、水上滑走中の方向を決める方向舵が取り付けられている。
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935987 - Catalog:16_005291 - Title:Heinkel He 114V-5 Nowarra photo - Filename:16_005291.TIF
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID: 43935975 引用。


写真(右)1938-1939年9月以前、ドイツ本土海域、ハインケルHe 114A-1 水上偵察機:3翅ではなく2翅プロペラ装備のBMW132空冷星形9気筒エンジンを搭載している。第二次世界大戦が始まる前なので、ナチ党政権下のドイツ軍国籍マークとして、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカ(カギ十字:卍)を描いている。フロートの尾部には、水上滑走中の方向を決める方向舵が取り付けられている。
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935999 - Catalog:16_005292 - Title:Heinkel He 114A-1 Pete Bowers photo - Filename:16_005292.TIF -
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID: 43935975 引用。


写真(右)1939年9月-1941年頃、ドイツ本土海域、ハインケルHe 114A-1 水上偵察機(登録コード:IY-YF):第二次大戦が始まると、垂直尾翼にあったナチ党政権下のドイツ軍国籍マークの黒色スワスチカは残されたが、赤帯白丸は、敵に目立ちやすいために廃止された。
Heinkel, He 114 Catalog #: 01_00081312 Title: Heinkel, He 114 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 114 Tags: Heinkel, He 114 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive-
写真は,Flickr, SDASM Archives Catalog #: 01_00081312引用。


ハインケル He 114A-2水上偵察機の諸元
搭乗員: 2名
全長: 11.65 m、全高: 5.23 m、全幅: 13.60 m
翼面積: 42.3平方メートル
空虚重量: 2,300 kg 、全備重量: 3,670 kg
発動機: BMW 132K 空冷 星型エンジン(960 hp)
最高速力: 335 km/h
航続距離: 920 km
実用上昇限度: 4,900 m
兵装: 7.92ミリMG15旋回機銃1丁
搭載爆弾:50キロ爆弾2発

写真(右)1939年9月-1941年頃、ドイツ本土海域、ハインケルHe 114A-1 水上偵察機:3翅ではなく2翅プロペラ装備のBMW132空冷星形9気筒エンジンを搭載している。第二次大戦が始まると、垂直尾翼にあったナチ党政権下のドイツ軍国籍マークの黒色スワスチカは残されたが、赤帯白丸は、敵に目立ちやすいために廃止された。
Ray Wagner Collection Image Heinkel, He 114 Catalog #: 01_00081313 Title: Heinkel, He 114 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 114 Tags: Heinkel, He 114 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive -
写真は,Flickr, SDASM Archives Catalog #: 01_00081313 引用。


写真(右)1939-1942年頃、ドイツ、淡水湖で多数の半裸の整備員がドイツ軍ハインケルHe 114 水上偵察機の収容作業をしている様だ。:第二次世界大戦が始まると、垂直尾翼にあったナチ党政権下のドイツ軍国籍マークのカギ十字を残すのみと支、目立ちすぎる赤帯白丸は廃止された。
Heinkel, He 114 Catalog #: 01_00081317 Title: Heinkel, He 114 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 114 Tags: Heinkel, He 114 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive-
写真は,Flickr, SDASM Archives Catalog #: 01_00081317引用。


写真(右)1939-1940年、第二次大戦勃発直後、ハインケル(Heinkel)He 114 A-1 艦載水上偵察機;第二次大戦勃発直前に、He-60艦載水上偵察機の後継機とされた。しかし、ナチ党政権下のドイツ軍国籍マークには、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカを描いていた。
Charles Daniels Collection Photo from "German Aircraft" Album Heinkel He 114 PictionID:38236934 - Catalog:Array - Title:Array - Filename:15_002342.TIF -
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID:38236934 引用。


写真(右)1938-1939年9月、ドイツ本土海域、ハインケルHe 114 水上偵察機:防御兵装は、コックピット後方、偵察員席に 7.92ミリMG 15旋回機銃1丁を装備するのみだが、左右の主翼下面に50キロ爆弾各1発を懸架できる。第二次世界大戦が始まると、垂直尾翼にあったナチ党政権下のドイツ軍国籍マークのカギ十字を残すのみと支、目立ちすぎる赤帯白丸は廃止された。
Heinkel, He 114 Catalog #: 01_00081311 Title: Heinkel, He 114 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 114 Tags: Heinkel, He 114 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive-
写真は,Flickr, SDASM Archives Catalog #: 01_00081311引用。


写真(右)1938-1939年9月、ドイツ本土海域、ハインケルHe 114A-1 水上偵察機:アラドAr-196水上偵察機が、1937年5月に初飛行し、1938年11月に部隊配備されると、He114水上偵察機は、艦載機から、順次、代替されていった。
Heinkel, He 114 Catalog #: 01_00081315 Title: Heinkel, He 114 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 114 Tags: Heinkel, He 114 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive-
写真は,Flickr, SDASM Archives Catalog #: 01_00081315引用。



4.ハインケル(Heinkel)He 115 水上偵察機

写真(右)1941-1943年頃、ソビエト連邦と戦う継承戦争時、枢軸国フィンランドの装備したドイツ製ハインケル(Heinkel)HE 115 A水上偵察機(Fly nr 52);フィンランド軍の国籍識別マークは、カギ卍「ハカリスティ」(Hakaristi)で、色彩は白丸に青のカギ十字を描いたものある。1917年、フィンランドでは、ロシア革命に追随する赤軍に対抗して、白軍が組織され、その時に反共産主義の自由のシンボルとして、鈎十字採用された。
Lentokonetehdas. Lentokone on Hienkel He 115 A (tunnus HE-115).. Photo info: undated Kartto - Peronkoski, valokuvaaja
写真は Finna.fl : Identifier:sa-kuva-9800引用。


He-115は,水上からの発進・降着用にフロート(浮舟:ふしゅう)を2本を装備した大型双発水上偵察機で,雷撃装備も可能だった。機首の下に20ミリ機銃を搭載した銃撃型もある。戦前,スウェーデン,フィンランド,ノルウェーにも輸出された。

ハインケル(Heinkel)He-115水上偵察機の諸元
全長 17.3メートル,全幅 22.3メートル
搭載量 1トン
全備重量 1.1トン
発動機: BMW132空冷星形9気筒エンジン 960馬力2基
最高速力 320キロ
航続距離 2800キロ
兵装:7.92ミリMG17機銃4丁,爆弾 1トンあるいは航空魚雷1本
搭乗員: 3名

写真(右)1942年4月24日、ドイツ、自ら開発したHE 115 水上偵察機をバックにした教授エルンスト・ハインケル博士(Professor Dr. Ernst Heinkel);He115の搭載したBMW132空冷星形9気筒エンジンと3翅プロペラが背後に見える。
Collectie NIOD
Trefwoorden Duitsers, Luftwaffe, Oorlogsindustrie, Vliegtuigen, Portretten
Locatie Naam: Federal Republic of Germany Land: Germany
Personen Heinkel, Ernst
Bijschrift Professor Heinkel zum Pionier der Arbeit ernannt. Auf Grund seiner hervorragenden Leistungen auf den Gebiet des deutschen Flugzeugbaues wurde Professor Ernst Heinkel, der Schöpfer zahlreicher unübertroffener Flugzeugtypen vom Führer zum Pionier der Arbeit ernannt. Professor Dr. h.c. Ernst Heinkel vor einen seiner Kampfflugzeuge, der He 115.
Type Foto
Datum 24/04/1942 Datum type Opname
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 29482引用。


エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、1888年1月24日、ドイツ南部、ヴュルテンベルク州シュヴァーベン(Schwaben)地方のグルンバッハ(Grunbach )に生まれ、自ら独立心旺盛で自尊心の高い短気なシュワーベン人であると自負していた。

第一次世界大戦時、エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、ドイツの航空機メーカー、アルバトロス(Albatros)社で主に設計の仕事をし、戦後の1922年には、ドイツ北部ヴァーネミュンデにハインケル航空機を設立した。ここは、バルト海を挟んでスウェーデンに面しており、1919年のベルサイユ条約によって軍用機の開発・保有を一切禁止されたドイツにあって、対岸のスェーデンで軍用機を開発できるという利点があった。この時期、エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、日本海軍のために、1925年、HD-25水上機、すなわち愛知航空機 二式複座水上偵察機も開発している。

1933年1月末、ナチ党総統アドルフ・ヒトラーが、首相に任命され、1935年にドイツ再軍備を宣言して、ドイツ空軍を設立すると、エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、政権獲得前から既存の飛行機を活かして、軍用機として開発したHe59双発水上機、He60水上偵察機などを採用され、航空機メーカーとして、順調に飛行機製造を拡張することができた。He70高速輸送機など高性能機も開発し、1935年のドイツ再軍備宣言後には、ドイツ空軍の創設に伴い高速輸送機として開発したHe111を爆撃機として採用させ、さらにHe51複葉戦闘機の量産も受注することで、ドイツ有数の航空機メーカーに成長してゆく。第二次大戦前に、He112戦闘機を開発したが、Bf109戦闘機との競争試作に敗れた。しかし、その後も、 He177四発重爆撃機、He219夜間戦闘機、He280ジェット戦闘機など数々の軍用機を開発、生産して、ハインケル社を興隆させた。

1881年1月24日生まれのエルンスト・ハインケル(Ernst Heinkel)は、二人兄弟、3回結婚し、連れ子2人を含め7人の子供をもつ。1958年1月30日逝去。

⇒写真集Album:ハインケル(Heinkel)He 115 双発水上偵察機を詳しく見る。


5.ドルニエ(Dornier)Do-24三発飛行艇

写真(右)1943年10月19日、ドイツ、海上を滑走中のドイツ空軍ドルニエ(Dornier)Do-24三発飛行艇;機首には、円筒形の銃座が備わっているが、これは動力回転銃座ではない。胴体後上方には、20ミリMG151/20機関銃を装備した動力銃座が設けられている。
Collectie NIOD Trefwoorden Luftwaffe, Vliegboten, Vliegtuigen
Locatie Naam: Federal Republic of Germany Land: Germany
Bijschrift Start einer Do 24 (Dornier). Das dreimotorige Wasserflugzeug hat sich als Seenot-Flugzeug hervorragend bew&aml;rt.
Type Foto 19/10/1943
写真はBeeldbankWo2.nl・Beeldnummer 121引用。


⇒写真集Album:ドイツ空軍ドルニエ(Dornier)Do-24三発飛行艇を詳しく見る。


6.ブローム・ウント・フォス (Blohm & Voss)BV-138飛行艇

写真(右)1943年秋,ノルウェー沖の氷の海で、ドイツ海軍潜水艦Uボートと会合して、軽油燃料補給を受けようとするブローム・ウント・フォス(Blohm & Voss)BV 138 飛行艇:手前の鉄棒は、Uボート艦橋後部の機銃台の手摺。
Inventory: Bild 101 I - Propagandakompanien der Wehrmacht - Heer und Luftwaffe Signature: Bild 101I-507-B0111-09 Archive title: Norwegen, Eismeer.- Bergung / Versorgung eines Wasserflugzeugs Blohm & Voss Bv 138 C-1 mit Hilfe eines U-Boots; PK Lfl 5 Dating: 1943 Herbst Photographer: Hirschfelder Origin: Bundesarchiv
写真はドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・引用


⇒写真集Album:ブロームウントフォス(Blohm & Voss)BV-138飛行艇を詳しく見る。


写真(右)1938年9月29日、ドイツ、ミュンヘン会談の際、ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング(Hermann Göring)国家元帥とイタリア外相チアーノを従えたヒトラー、イタリア統領ムッソリーニ
:イギリス首相チェンバレン、フランス首相ダラディエに対して、ソ連もチェコも無視して、チェコのズテーテン地方のドイツへの割譲に同意させた。
Title Münchener Abkommen, Hitler und Mussolini Original caption For documentary purposes the German Federal Archive often retained the original image captions, which may be erroneous, biased, obsolete or politically extreme. Info non-talk.svg ADN-Zentralbild / Archiv Am 29. September 1938 wurde durch die Unterzeichnung des berüchtigten Münchener Abkommens Hitler die Handhabe für den Überfall auf tschecheslowakisches Gebiet gegeben. Hiermit verrieten England und Frankreich die Tschecheslowakei und machten dem Faschismus den Weg frei zu weiteren Verbrechen an den Völkern Europas. UBz: Mussolini, Adolf Hitler, (hinten ihm rechts) Graf Ciano und Hermann Göring beim Verlassen des Führerbaus in München. 12892-38
Depicted people Göring, Hermann: Reichsmarschall, Oberbefehlshaber der Luftwaffe, Ministerpräsident von Preußen, Deutschland Hitler, Adolf: Reichskanzler, Deutschland Mussolini, Benito: Ministerpräsident, Regierungschef, Chef des Faschistischen Großrates, Italien Depicted place Münchener Abkommen Date 29 September 1938 Collection German Federal Archives Blue pencil.svg wikidata:Q685753
写真は Wikimedia Commons, Hermann Göring in 1938 File:Bundesarchiv Bild 183-H28790, Münchener Abkommen, Hitler und Mussolini.jpg引用。


1938年9月29日から30日にかけて、ドイツ南部、ミュンヘンにおいて、イギリス首相チェンバレン、フランス首相ダラディエ、イタリア統領ムッソリーニ、ドイツ首相アドルフ・ヒトラー総統が会談し、チェコスロバキアの北部で、多数のドイツ系住民が居住していたズデーテン地方のドイツ割譲を決定した。イギリスとフランスは、ドイツがこれ以上の領土割譲要求をしないとの条件で、1938年9月29日にミュンヘン協定に署名し、平和が守られたと宣言した。このミュンヘン会談は、第二次世界大戦前のイギリス・フランスの対ドイツ宥和の頂点にして、最後の機会だった。この時、ゲーリングは、ドイツ空軍がチェコ空襲をいつでも始める覚悟があると威嚇のポーズをとっていたのである。

1939年9月のドイツのポーランド侵攻を契機に勃発した第二次大戦緒戦で、ドイツは、イギリスに先んじて1940年4月9日にノルウェー侵攻「ヴェーザー演習作戦」(Unternehmen Weserübung)を開始した。4月10日以降、ノルウェー北部のナルヴィク海戦でドイツ海軍駆逐艦は大打撃を受け、4月14日、イギリス軍がナルヴィク近郊に上陸し5月28日にナルヴィクを占領下。しかし、5月のドイツ軍フランス侵攻により、イギリス軍は、5月24日にノルウェーから撤退した。

写真(右)1940年4月20日、ドイツ、ヒトラー総統がドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥を祝福している。
Adolf Hitler(1889-1945) op zijn verjaardag. Hij bedankt maarschalk Göring .
CreatorCollection / Archive Het Leven (LEVEN 022) Description Adolf Hitler(1889-1945) op zijn verjaardag. Hij bedankt maarschalk Göring voor het verjaarscadeau, de "Metallspende" door het Duitse volk. Zonder plaats, 20 april 1940. Date 20 april 1940 Person names Hitler, Adolf, Göring, Herman Photographer Heinrich Hoffmann
写真はEuropeana Swedish Open Cultural Heritage | K-samsök ・Dataset: 2024909_Ag_EU_EuropeanaPhotography_UA_1005 Identifier: 01662422.jpg , 引用。


1943年8月のハンブルクの大空襲、1943年8月17日の秘密兵器実験場ペーネミュンデへの空襲でショックを受けたドイツ空軍参謀総長ハンス・イエショネク(Hans Jeschonnek)大将は、ラステンブルク(Rastenburg)の総統大本営(狼の巣)で自殺した。ただし、ペーネミュンデとの関連性を秘匿するために、イェショネク大将の死亡日は、その前日の1943年8月19日として公表された。

 後任の参謀総長に任命されたのはギュンター・コルテン大将だが、彼も1年たたない1944年7月20日、ヒトラー暗殺未遂事件に巻き込まれ、総統大本営で爆死した。

ドイツ空軍参謀総長の初代ヴェーフェル、2代ケッセルリンク、3代シュトゥンプ、4代イェショネク、5代コルテン、6代クライプ、7代コラーと続くが、権力の永続化を狙う総司令官ゲーリングとの信頼関係を気づくことは難しかったようだ。

1943年10月20日、ロンドンで17カ国が集まる国際会議において、連合国戦争犯罪委員会(UNWCC)の設置が決まり、ドイツ指導者の裁判は、国際戦争犯罪裁判で裁くことを申し合わせた。1945年8月8日、米英仏ソの四大国はロンドンで国際軍事裁判所憲章に署名、国際軍事裁判所の構成や役割について合意し、戦争犯罪を「平和に対する罪」「通例の戦争犯罪」「人道に対する罪」「共同謀議」の4点とし、ニュルンベルグ国際軍事裁判で裁くことが決まった。

ニュルンベルグ国際軍事裁判において、ヘルマン・ゲーリングHermann Göring)は被告人第1号とされ、最も指導的な地位についていた戦争犯罪容疑者と見なされ、当初から注目を浴びた。

ニュルンベルグ国際軍事裁判では、犯罪組織(犯罪集団)に所属していると訴追対象となったが、これは、ナチ党指導部、内閣(政府)、親衛隊(SS)、突撃隊(SA)、親衛隊保安本部(ゲシュタポ・SD)、参謀本部・国防軍最高司令部の6組織である。また、ニュルンベルグ国際軍事裁判の事犯としては、ユダヤ人大量殺戮、ホロコーストが未曽有の殺戮と認識され、C級戦犯の「人道に対する罪」として裁かれた。死刑対象者は、1946年10月16日に絞首刑にされ、有期刑対象者はベルリン郊外のシュパンダウ刑務所に収監された。


2011年7月刊行の『写真・ポスターに見るナチス宣伝術-ワイマール共和国からヒトラー第三帝国へ』青弓社(2000円)では、反ユダヤ主義、再軍備、ナチ党独裁、第二次世界大戦を扱いました。
 ここでは日本初公開のものも含め130点の写真・ポスターを使って、ヒトラーの生い立ち、第一次大戦からナチ党独裁、第二次大戦終了までを詳解しました。
バルカン侵攻、パルチザン掃討戦、東方生存圏、ソ連侵攻も解説しました。


◆毎日新聞「今週の本棚」に『写真・ポスターから学ぶ戦争の百年 二十世紀初頭から現在まで』(2008年8月25日,青弓社,368頁,2100円)が紹介されました。ここでは,第二次大戦,ユダヤ人虐殺・強制労働も分析しました。


ナチ党ヒトラー独裁政権の成立:NSDAP(Nazi);ファシズムの台頭
ナチ党政権によるユダヤ人差別・迫害:Nazis & Racism
ナチスの優生学と人種民族:Nazis & Racism
ナチスの再軍備・人種差別:Nazism & Racism
ナチスT4作戦と障害者安楽死:Nazism & Eugenics
ドイツ国防軍のヒトラー反逆:Ludwig Beck
ゲオルク・エルザーのヒトラー暗殺未遂:Georg Elser
ポーランド侵攻:Invasion of Poland;第二次大戦勃発
ワルシャワ・ゲットー写真解説:Warsaw Ghetto
ウッジ・ゲットー写真解説:Łódź Ghetto
ヴィシー政権・反共フランス義勇兵:Vichy France :フランス降伏
バルカン侵攻:Balkans Campaign;ユーゴスラビア・ギリシャのパルチザン
バルバロッサ作戦:Unternehmen Barbarossa;ソ連侵攻(1)
スターリングラード攻防戦;Battle of Stalingrad :ソ連侵攻(2)
ワルシャワゲットー蜂起:Warsaw Uprising
アンネ・フランクの日記とユダヤ人虐殺:Anne Frank
ホロコースト:Holocaust;ユダヤ人絶滅
アウシュビッツ・ビルケナウ収容所の奴隷労働:KZ Auschwitz
マウトハウゼン強制収容所:KZ Mauthausen
ヒトラー:Hitler
ヒトラー総統の最後:The Last Days of Hitler
自衛隊幕僚長田母神空将にまつわる戦争論
ハワイ真珠湾奇襲攻撃
ハワイ真珠湾攻撃の写真集
開戦劈頭の「甲標的」特別攻撃隊

サイパン玉砕戦:Battle of Saipan 1944
沖縄玉砕戦と集団自決:Battle of Okinawa 1945
沖縄特攻戦の戦果データ
戦艦「大和」天1号海上特攻 The Yamato 1945
人間爆弾「桜花」Human Bomb 1945
人間魚雷「回天」人間爆弾:Kaiten; manned torpedo
海上特攻艇「震洋」/陸軍特攻マルレ艇
日本陸軍特殊攻撃機キ115「剣」
ドイツ軍装甲車Sd.Kfz.250/251:ハーフトラック
ドイツ軍の八輪偵察重装甲車 Sd.Kfz. 231 8-Rad
スターリングラード攻防戦;Battle of Stalingrad
ソ連赤軍T-34戦車
VI号ティーガー重戦車
V号パンター戦車
ドイツ陸軍1号戦車・2号戦車
ドイツ陸軍3号戦車・突撃砲
ドイツ陸軍4号戦車・フンメル自走砲
イギリス軍マチルダMatilda/バレンタインValentine歩兵戦車
イギリス陸軍A22 チャーチル歩兵戦車: Churchill Infantry Tank Mk IV
イギリス軍クルーセーダーCrusader/ カヴェナンター/セントー巡航戦車
イギリス陸軍クロムウェル/チャレンジャー/コメット巡航戦車
アメリカ軍M3Aスチュアート軽戦車/M3グラント/リー中戦車
アメリカ陸軍M4シャーマン中戦車Sherman Tank
イギリス軍M4A4シャーマン・ファイアフライ Sherman Firefly戦車
シャーマン・クラブフライル地雷処理戦車 Sherman Crab Flail
英軍M10ウォルブリン/アキリーズ駆逐自走砲GMC
ドイツ国防軍のヒトラー反逆:Ludwig Beck
ゲオルク・エルザーのヒトラー暗殺未遂:Georg Elser
アンネの日記とユダヤ人
与謝野晶子の日露戦争・日中戦争
ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He111爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-188爆撃機/Ju388高高度偵察機
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
ブロームウントフォッスBV138飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機/夜間戦闘機
ドイツ空軍(Luftwaffe)メッサーシュミット戦闘機
ドイツ空軍フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw-190戦闘機
ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥
ハンセン病Leprosy差別

◆毎日新聞「今週の本棚」に,『写真・ポスターから学ぶ戦争の百年 二十世紀初頭から現在まで』(2008年8月25日,青弓社,368頁,2100円)が紹介されました。ここでは,第二次大戦,ユダヤ人虐殺・強制労働も分析しました。
2018年9月3日開設の鳥飼研究室へのご訪問ありがとうございます。データ引用の際は,出所を明記するか,リンクをしてください。
連絡先: torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 
東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Fax: 0463-50-2078
東海大への行き方|How to go
Flag Counter


Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 7000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.
Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2018 All Rights Reserved.