Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内

◆ハインケル(Heinkel)He 59 救難機/水上偵察機
写真(右)1940-1941年、イギリス本土航空決戦時、木製桟橋に待機しているドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 水上偵察機/救難機
;1930年にドイツ海軍が、ハインケルに観測/標的曳航機の試作機開発を要求したが、当時、1919年のヴェルサイユ条約によって、ドイツは軍用飛行機の開発も保有も一切禁止されていた。しかし、ハインケルは、スウェーデンで軍用機を開発し、双発複葉のHe 59試作機を1931年に初飛行させた。
Vliegers lopen vanaf het Zeeburgereiland over de steiger naar hun toestel. militairen en een Duitse herdershond in de Arado Ar 196. Nadat de Britse overheid medio juli 1940 had afgekondigd dat de wit gespoten HE 59’s evengoed zouden worden neergeschoten, kregen deze toestellen alsnog camouflagekleuren en militaire kentekens. Op de foto loopt een bemanning van de 6. Seenotstaffel vanaf het Zeeburgereiland over de steiger naar hun toestel. De opname dateert vermoedelijk uit de tweede helft van 1940 of 1941.
写真は Nederlands Instituut voor Militaire Historie: Defensie.nl引用。

写真(上)1940年5月10日、オランダ、イギリス本土航空決戦時、ドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 水上偵察機/救難機
北海の偵察と不時着した航空機搭乗員を救助する任務に就いた。第二次大戦時には旧式化していたが、北海、大西洋方面で、偵察と不時着した航空機搭乗員を救助する任務に就いた。
写真はNIMH Beeldbank.defensie.nl・Objectnummer 2157_008299 引用。



写真(上)1940年5月10日、オランダ、イギリス本土航空決戦時、ドイツのハインケル(Heinkel)He 59 水上救難機
国際赤十字の規約に従い、全面白色塗装、赤十字マークを付け、海上に不時着した敵味方の搭乗員・水兵を無差別に救助することになっていた。
Source: Tim Brown Illustration Credit line Tim Brown Illustration / akg-images Event date: 1940 Image date: 2019
Originally operated as a reconnaissance aircraft and bomber, its main use during the Battle of Britain was air-sea rescue, aircraft employed in this service being given civilian registrations and Red Cross markings; D-ASUO was one of these. Belief that the Luftwaffe was using the aircraft to report Allied shipping positions while undertaking these duties led to the RAF shooting them down despite protests that such actions broke the terms of the Geneva Convention, and consequently the aircraft was camouflaged and re-armed with the single 7.92 mm machine guns in nose, dorsal and ventral positions it had carried in Spain.
写真は akg images ・引用。


写真(右)1940年頃、ドイツ、エルンスト・ハインケル(Ernst Heinkel):楕円型の曲面主翼、細長胴体の高速旅客機・郵便機として開発され、932年12月1日に初飛行。楕円主翼は曲線構造で、製造の手間がかかったが、飛行性能を向上させるとしてあえて採用された。
Datensatz 70246184 Eschen, Fritz: Portraitserie Ernst Heinkel
Persons and corporations: Darstellung: Heinkel, Ernst
Keywords / Classification: Bildnis, Portrait Lebensdaten : 1888-1958
Beruf : Flugzeugkonstrukteur. Foto: Eschen, Fritz
写真は,ETH-Bibliothek Zürich, Aufn.-Nr.: df_e_0050034引用。

エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、1888年1月24日、ドイツ南部、ヴュルテンベルク州シュヴァーベン(Schwaben)地方のグルンバッハ(Grunbach )に生まれ、自ら独立心旺盛で自尊心の高い短気なシュワーベン人であると自負していた。

第一次世界大戦時、エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、ドイツの航空機メーカー、アルバトロス(Albatros)社で主に設計の仕事をし、戦後の1922年には、ドイツ北部ヴァーネミュンデにハインケル航空機を設立した。ここは、バルト海を挟んでスウェーデンに面しており、1919年のベルサイユ条約によって軍用機の開発・保有を一切禁止されたドイツにあって、対岸のスェーデンで軍用機を開発できるという利点があった。

この時期、エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、日本海軍のために、1925年、HD-25水上機、すなわち愛知航空機 二式複座水上偵察機も開発している。

1.ハインケル(Heinkel)He 59 双発水上機

写真(右)1935年頃,ドイツ軍のハインケル(Heinkel)He 59L偵察機の陸上機型:1931年9月、2基を装備して初飛行したハインケル(Heinkel)He 59偵察機は、陸上型と水上型があり、142機が量産されたが、ほとんどは水上型だった。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46168732 - Catalog:16_007356 - Title:Heinkel He 59L Nowarra Collection - Filename: 16_007356.TIF
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive, PictionID: 46168732引用。


1930年にそれまで単発複葉機を多数生み出していたハインケル(Heinkel)が大型双発偵察機として,ハインケル(Heinkel)He 59 を設計した。これは、浮舟フロート2本を備えたHe 59a水上機型(試作1号機:D-2214)と、大型ズボン型スパッツ覆いのある車輪を付けたHe 59b陸上機型(試作2号機:D-2215)があった。ハインケルHe115の前作といえるHe 59双発水上救難機は、双発の偵察機/雷撃機で、ラインホルト・メーヴェス(Reinhold Mewes)設計になる。

写真(右)1931年9月以降、ドイツ軍のハインケル(Heinkel)He 59b偵察機の陸上機型試作2号機(D-2215):1931年9月、2基を装備して初飛行したハインケル(Heinkel)He 59偵察機は、陸上型と水上型があったが、結局、142機が量産されたが、ほとんどは水上型だった。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46168758 - Title:Heinkel He 59b Nowarra Collection - Filename:16_007358.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation-
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive, - Catalog:16_007358 引用。


浮舟フロート2本を備えたハインケル(Heinkel)He 59 a水上機型が試作1号機(D-2214)とされたが、それより先に1931年9月に初飛行したのは、ハインケル(Heinkel)He 59 b陸上機型の試作2号機(D-2215)だった。He 59a水上機型が試作1号機(D-2214)は、陸上機型試作2号機から4か月後、1932年1月に初飛行した。

ハインケル(Heinkel)He 59 の胴体は鋼管骨組みに羽布張で、主翼は木製で、前縁は合板で後縁は羽布張である。

写真(右)1935年頃,ドイツ軍のハインケル(Heinkel)He 59b 偵察機双フロート付き水上機型試作機V2(プロトタイプ) :陸上木型と水上機型が同時に試作されたが、採用されたのは水上機型だけだった。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46168744 - Catalog:16_007357 - Title:Heinkel He 59b prototype of floatplane version Nowarra Collection - Filename:16_007357.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46168758引用。


1932年春、ハインケル(Heinkel)He 59 a水上機型を原型に、He 59A水上偵察機が審査のために少数生産された。審査の結果、He 59A水上偵察機は良好な結果を示したために、若干の装備を変更し、兵装として7.92mmMG15旋回機関銃を機首の開放式銃座に搭載したHe 59B-0が開発され、それを踏まえてハインケル(Heinkel)He 59 B-1双発水上機が、ハインケル社とアラド社で生産されることになった。つまり、He59には、水上型と陸上型があったが、大半は双フロート付の水上機型である。

第二次世界大戦にもハインケル(Heinkel)He 59水上機は投入され、白色塗装、赤十字マークを付けた海難救助機として活躍した。

写真(右)1935年-1939年,ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He 59b 水上偵察機 :ドイツ軍機の国籍記章は、1933年1月末、ナチ党政権となってから、当初は、黒白赤三色ストライプの国章だったが、1935年以降は、赤帯に白丸とハーケンクロイツを描いた国章とされた。その後、1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、赤帯と白丸は目立つために敵からの標的にされやすかった。そこで、黒色のハーケンクロイツのみが小さく描かれるように変更された。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46168758 - Catalog:16_007358 - Title:Heinkel He 59b Nowarra Collection - Filename:16_007358.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46168758引用。


1933年1月末に、ヒンデンブルク大統領は、アドルフ・ヒトラーを首相に任命し、ヒトラー政権が成立したが、ドイツ機の国籍マークは、1935年の再軍備宣言までは、プロイセン軍、旧ドイツ帝国軍の伝統である黒白赤三色の国章を、垂直尾翼に大きく描いていた。

ドイツ機の国籍記章は、1933年1月末、ナチ党政権となってから、当初は、黒白赤三色ストライプの国章だったが、1935年以、ドイツ再軍備宣言がなされ、ドイツ空軍が創立されると、垂直尾翼に赤帯に白丸を描き、黒のスワスチカ、ナチ党カギ十字の国籍マークを付けた。これは、ナチ党の政治的、人種的イデオロギーを軍人にも浸透させる企図があった。軍人の忠誠宣言も、ドイツに対してではなく、ヒトラー総統に対する忠誠を誓うものに変更された。また、航空機の高速化で、敵味方の識別しやすいように、機体と主翼上下面にも、白の縁取り付き黒色バルカンクロス(鉄十字)の国籍マークを記入した。

その後、1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、スワスチカ国籍マークの赤帯と白丸は目立つために敵からの標的にされやすいとして、黒色で小さく描かれるように変更された。

写真(右)1935年、ドイツ、ロストック、海上を滑走するドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 双発水上偵察機;白色の塗装を施しているので、救難機として使用されている様だ。
Collectie Foto Technische Dienst Luchtvaartafdeeling Beschrijving Duitse Heinkel He 59 (drijvervliegtuig) tijdens de start. Ontworpen als torpedobommenwerper en verkenner. Plaats Rostock, Duitsland Datering van 1935 Datering tot 1935 Trefwoorden Foto Technische Dienst Luchtvaartafdeeling, Luchtvaartafdeeling, torpedobommenwerpers, bommenwerpers, verkenningsvliegtuigen, vliegtuigen, watervliegtuigen, vliegtuigen, Heinkel He 59, bommenwerpers Copyright CC-BY-4.0
写真は, Nederlands Instituut voor Militaire Historie (NIMH): Bijzonderheden K22-403 引用。


ハインケル(Heinkel)He 59 B-2双発水上機は、発動機としてBMW VI 6.0ZU液令V型12気筒エンジン2基を装備、木金混合の構造だったが、機首はあらたに爆撃手用のガラス窓を備えた全金属製の機首に改変され、兵装も機首に加えて、後上方、後下方の合計3か所に7.92mmMG15旋回機関銃を各1挺、合計3丁を装備した。

写真(右)1932年頃、ドイツ、ハインケル(Heinkel)HE 59 双発水上機;双フロート民間機とされたが、実際はドイツ共和国「影の国防軍」の航空兵力の一端を担っていた。尾翼のドイツ国籍マークは、ドイツ共和国の三色旗である。
Title Heinkel He 59 Description Photo 1 is a front view of a flying aircraft. Coverage Wehrmacht. Luftwaffe Language eng Type Photograph Format Three b/w photographs on an album page Conforms To Pending text-based transcription Publisher IBCC Digital Archive Rights This content is available under a CC BY-NC 4.0 International license (Creative Commons Attribution-NonCommercial 4.0). It has been published ‘as is’ and may contain inaccuracies or culturally inappropriate references that do not necessarily reflect the official policy or position of the University of Lincoln or the International Bomber Command Centre. Contributor David Bloomfield Identifier PThomasAF20070009 Transcription [black and white photographs] Heinkel He 59 Photo 1 is a front view of a flying aircraft. Collection Thomas, Arthur Froude. Album 6 Citation “Heinkel He 59,” IBCC Digital Archive, accessed October 21, 2021,.
写真はUniversity of Lincoln , IBCC Digital Archive: Heinkel He 59引用。


ハインケル(Heinkel)He 59 B-2双発水上機が部隊に配備され、就役を始めたのは、1936年である。また、1936年に勃発したスペイン内戦にも、He59はドイツコンドル軍団の夜間爆撃機、対艦船海上哨戒に実戦テストされたが、このときは艦船銃撃用に機首銃座には20mmMG FF機関銃1挺を装備している。また、1937年には、アラド社は、ハインケルHe 115 V1双発水上機試作1号機の機首を装備したハインケル(Heinkel)He 59水上機運用審査を受けている。

ハインケル(Heinkel)He 59 B-2双発水上機の審査の結果は良好だったため、偵察任務専用のハインケル(Heinkel)He 59水上機運用審査を受けている。

ハインケル(Heinkel)He 59 B-3双発水上偵察機では、兵装が7.92mmMG15旋回機関銃2丁に減らされている。また、胴体燃料タンクに通じる浮舟フロート内部にも燃料タンクを常備した。


写真(上)1933年-1934年頃、ドイツ、ドイツ軍ハインケル(Heinkel)HE 59 双発水上偵察機
;尾翼のドイツ国籍マークは、ドイツ共和国の三色旗ではなく、1933年1月30日に成立したナチ党ヒトラー政権になって採用された赤字白丸鍵十字というナチ党旗を模したドイツ軍の国籍マークで、これは1935年のドイツ再軍備宣言後も踏襲されている。
Title Heinkel He 59 Description Photo 1 is a front view of a flying aircraft. Coverage Wehrmacht. Luftwaffe Language eng Type Photograph Format Three b/w photographs on an album page Conforms To Pending text-based transcription Publisher IBCC Digital Archive Contributor David Bloomfield Identifier PThomasAF20070009 Transcription [black and white photographs] Heinkel He 59 Photo 2 is a side view of a landing aircraft. Collection Thomas, Arthur Froude. Album 6 Citation “Heinkel He 59,” IBCC Digital Archive, accessed October 21, 2021,.
写真はUniversity of Lincoln , IBCC Digital Archive: Heinkel He 59引用。


ハインケル(Heinkel)He 59 C-2双発水上救難機は、機首のガラス風防がなくなり、爆撃照準器も撤去されたが、救命ボート6隻、海上救難機ts任務の装備を搭載している。ハインケル(Heinkel)He 59 C-1双発水上機は、He 59 C-1から海上救難用の装備を撤去し、長距離偵察機としたもので、練習機としても使用された。

ハインケル(Heinkel)He 59 D-1双発水上練習機は、操縦士、無線士、航法士の訓練に使用された。無線設備を改良し、より航法訓練に適した機体が、ハインケル(Heinkel)He 59 N双発水上練習機である。 ハインケル(Heinkel)He 59 D-1 双発水上練習機と同様の機体に、魚雷を搭載し、雷撃訓練に供されたのがハインケル(Heinkel)He 59E-1双発水上練習である。6機生産されたハインケル(Heinkel)He 59 E-2長距離偵察機は、偵察用写真機3台を搭載している。

写真(右)1933-1934年頃、ドイツ、海上に待機中のドイツ軍ハインケル(Heinkel)HE 59 双発水上偵察機;後方には掃海艇が見えている。
Title Heinkel He 59 Description Photo 1 is a front view of a flying aircraft. Coverage Wehrmacht. Luftwaffe Language eng Type Photograph Format Three b/w photographs on an album page Conforms To Pending text-based transcription Publisher IBCC Digital Archive David Bloomfield Identifier PThomasAF20070009 Transcription [black and white photographs] Heinkel He 59 Photo 3 is a front/side view of an aircraft settled on the water. Collection Thomas, Arthur Froude. Album 6 Citation “Heinkel He 59,” IBCC Digital Archive, accessed October 21, 2021,.
写真はUniversity of Lincoln , IBCC Digital Archive: Heinkel He 59引用。


ハインケルHe59水上機は、木金混交の構造で、主翼は2本桁で合板製フレーム(wooden frame)と羽布張だった。胴体は金属骨格に羽布張、尾翼部分は軽量金属構造。フロート(浮舟)は、内部を燃料タンク(片方で900 L、合計1800L)で、胴体内部の燃料タンクにも合わせて900L、合計 2,700 Lの燃料を搭載できる。さらにハインケル(Heinkel)He 59 の胴体爆弾倉に追加補助燃料タンク500Lを搭載すれば、合計 3,200 L (845 US gal)の燃料を積むことができる。プロペラは、4翅固定ピッチ(fixed-pitch)プロペラである。


写真(右)1937年頃、スペイン内戦時、スペイン、フランコ将軍の反乱軍国民戦線政府のドイツ・コンドル軍団ハインケル(Heinkel)He 59 B-2水上偵察機
無塗装で、国籍マークは、胴体後方側面に黒丸●、垂直尾翼方向舵に白色黒×である。機首には髑髏と骨のエンブレムが描かれている。このエンブレムは、後にスペードのエースに置き換えられた。
Source: Tim Brown Illustration Credit line Tim Brown Illustration / akg-images Event date: 1940 Image date: 2019
写真は ru_aviation Никита Донцов ・He-59 на испанской войне. Окончание 引用。



写真(右)1937年頃、スペイン内戦時、スペイン東方、バレアレス諸島マリョルカ島(Mallorca)北端、ポリェンサ(Pollensa)港、フランコ将軍の反乱軍国民戦線政府のドイツ・コンドル軍団ハインケル(Heinkel)He 59 B-2水上偵察機(71-3)
無塗装で、国籍マークは、胴体後方側面に黒丸●、垂直尾翼方向舵に白色黒×である。機首のエンブレムは、髑髏と骨ではなく、スペードのエースに置き換えられている。
71-3, февраль 1939 года
He-59B-2 по прибитыии в Полленсу. Отметим не закрашенную эмблему с черепом и костями. Вскоре ее заменят на пикового туза
写真は ru_aviation Никита Донцов ・He-59 на испанской войне. Окончание 引用。


1936年2月8日、スペイン東方、バレアレス諸島マリョルカ島(Mallorca)の守備隊は、スペイン共和国政府に反抗し、島の守備隊長に左遷されハインケルHe-59B-2水上機で赴任したフランシスコ・フランコFrancisco Franco: 1892-1975)将軍は、反乱軍を指揮した。深夜、別のハインケル(Heinkel)He 59 Bが島のトラック輸送隊を空襲し、翌2月9日の正午までに、マヨルカ島の支配権をフランコ派が握ることになった。

1936年3月5日、スペイン南部カルタヘナの守備隊も共和国政府に反乱を起こしたスペイン内戦の時、スペイン、フランシスコ・フランコFrancisco Franco)将軍の反乱軍国民戦線政府を軍事援助するために、ドイツはコンドル軍団に所属するハインケル(Heinkel)He 59水上偵察機を派遣した。

このスペインで行動したハインケル(Heinkel)He 59 B-2水上偵察機(71-3)は、共和国政府軍のソ連製ポリカルポフ(Polikarpov)I-15複葉戦闘機に襲撃され、不時着した。しかし、そこは国民戦線のイタリア製カントZ-501飛行艇がパトロールしていた海域だったために、発見された不時着したHe59水上機の搭乗員は、カントZ-501飛行艇に救助され、損傷していた機体は沈められた。


写真(右)1935年3月-1939年9月、ドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He60水上偵察機の低空編隊飛行を迎えて、離水を開始したドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 水上偵察機(60−G13)
;左側面から撮影。akpool GmbH社、第三帝国の絵葉書ポストカードは、芸術、研究、啓蒙目的での使用が認められている。
Ansichtskarte / Postkarte Heinkel Flugzeuggeschwader bei Start, He 59 B, Wasserflugzeug - Klinke FI 112 Nr. 10.517.905 Zustand, siehe Scan, gelaufen ca 14 cm X 9 cm
写真は、Ihr Onlineshop für alte Ansichtskarten・He 59 B, Wasserflugzeug - Klinke FI 112引用。

1933年1月末に、ヒンデンブルク大統領は、アドルフ・ヒトラーを首相に任命し、ヒトラー政権が成立したが、ドイツ機の国籍マークは、1935年の再軍備宣言までは、プロイセン軍、旧ドイツ帝国軍の伝統である黒白赤三色の国章を、垂直尾翼に大きく描いていた。1935年のヒトラーの再軍備宣言以降は、ドイツ機は、垂直尾翼に赤帯に白丸を描き、黒のハーケンクロイツ(スワスチカ:ナチ党のカギ十字)の国籍マークを付けた。これは、ナチ党の政治的、人種的イデオロギーを軍人にも浸透させる企図があった。軍人の忠誠宣言も、ドイツに対してではなく、ヒトラー総統に対する忠誠を誓うものに変更された。また、航空機の高速化で、敵味方の識別しやすいように、機体と主翼上下面にも、白の縁取り付き黒色バルカンクロス(鉄十字)の国籍マークを記入した。

写真(右)1935年3月-1939年9月、低空編隊飛行するドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He60水上偵察機を追って、水上を離水しようとするハインケル(Heinkel)He 59 水上偵察機(60−G13);左側面から撮影。akpool GmbH社、第三帝国の絵葉書ポストカードは、芸術、研究、啓蒙目的での使用が認められていル。・
Ansichtskarte / Postkarte Deutsche Luftwaffe, Heinkel He 59 Seeflugzeuge beim Start Nr. 2.621.009 ungelaufen, sehr guter Zustand
写真は、Ihr Onlineshop für alte Ansichtskarten・He 59 B, Wasserflugzeug - Klinke FI 112引用。

ドイツ海軍航空隊は、艦船に乗せて運用する艦載水上機を指揮下に置いたものの、それ以外の航空兵力は、沿岸部に基地を設けたハインケル(Heinkel)He 59水上機や飛行艇ですらも直接指揮する権限がなかった。つまり、ドイツ海軍航空隊は、攻撃、偵察、哨戒に関して有効な航空支援を得ることが困難になった。

このように、ドイツ海軍航空隊が弱体であったために、そのため、海軍艦艇、特に潜水艦Uボートとの連携支援が疎遠になる傾向があった。これはドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥が、飛行機と航空兵力は全て自分の隷下に置くことを主張したためである。そこで、イギリス本土の交通破壊戦や海上封鎖に、航空機による索敵、偵察が十分に行えないという欠点が露呈した。


写真(右)1935年3月-1939年9月、海面を滑走しているドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 水上偵察機(D-ATYP)の上面
;akpool GmbH社、第三帝国の絵葉書ポストカード
Ansichtskarte / Postkarte Deutsche Luftwaffe, Zweimotoriges See Mehrzweckeflugzeug Heinkel He 59, Wasserflugzeug, D-ATYP Nr. 2.621.628 gelaufen, sehr guter Zustand
写真は、Ihr Onlineshop für alte Ansichtskarten・Heinkel Heinkel He 59, Wasserflugzeug, D-ATYP引用。

1935年のヒトラーによるドイツ再軍備宣言の直後に、ドイツ空軍が創設されると、それまでドイツ航空省(RLM)の大臣だったへルマン・ゲーリングが空軍総司令官に任命された。ゲーリングは、第一次大戦のエースパイロットで、ナチ党初期からの功労者であったため、航空兵力を一手に自分の配下に置こうとし、ドイツ海軍が航空隊を持つことを拒否した。

しかし、ドイツ海軍艦艇に搭載する艦載水上機の必要性は認めていた。そこで、ハインケルHe 60水上機がドイツ海軍の軽巡洋艦以上の主力艦に艦載偵察機として搭載された場合、それを海軍が指揮することを認めた。


写真(右)1935年3月-1939年9月、海上を3機編隊で滑走しているドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 水上偵察機(D-AHET), He 59 (D-ANES), He 59 (D-AGOR)の上面
;akpool GmbH社、第三帝国の絵葉書ポストカード
Ansichtskarte / Postkarte Deutsche Luftwaffe, See Mehrzweckeflugzeug Heinkel He 59, Wasserflugzeug, D-AHET, D-ANES, D-AGOR Nr. 2.621.627 ungelaufen, sehr guter Zustand
写真は、Ihr Onlineshop für alte Ansichtskarten・Heinkel He 59, Wasserflugzeug, D-AHET, D-ANES, D-AGOR引用。

ドイツ潜水艦Uボート ドイツ語「U-Boot(ウーボート:Unterseeboot)」とは、水面下の艦船の意味で、狭義には、ドイツ海軍の潜水艦を意味する。英語でもU-Boat(ユーボート)といわれるが、これも第一次世界大戦および第二次世界大戦でイギリス本土を封鎖しようとした敵国ドイツ海軍の潜水艦を指している。

ドイツ海軍潜水艦Uボートは、ハンブルクを中心としたブローム・ウント・フォスBlohm & Voss)など造船所で建造され、ドイツ海軍潜水艦隊司令長官(BdU)カール・デーニッツKarl D6ouml;nitz)提督の指揮下に置かれた。第二次大戦当初、レーダーを搭載しておらず、目標とする敵艦船を目視によって発見するしかなかった。また、海面上5メートルもない潜水艦艦橋からの視界は限定的で、敵輸送船を見つけることは天候・気象に恵まれない限り困難だった。


写真(右)1935年3月-1939年9月、海面上を低空飛行するドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 水上偵察機の2機編隊
;右正面から撮影。akpool GmbH社、第三帝国の絵葉書ポストカード
Ansichtskarte / Postkarte Deutsche Luftwaffe, Kampfflugzeug Heinkel He 59, Staffel steht startbereit Nr. 2.621.619 ungelaufen, sehr guter Zustand
写真は、Ihr Onlineshop für alte Ansichtskarten・He 59, Wasserflugzeug in Bereitschaft, Luftwaffe, Kriegsmarine引用。


写真(右)1935年3月-1939年9月、海面上を低空飛行するドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 水上偵察機の2機編隊
;左後方から撮影。akpool GmbH社、第三帝国の絵葉書ポストカード
Ansichtskarte / Postkarte Deutsche Luftwaffe, Kampfflugzeug Heinkel He 59, Wasserflugzeug Nr. 2.621.621 ungelaufen, sehr guter Zustand
写真は、Ihr Onlineshop für alte Ansichtskarten・He 59, Wasserflugzeug in Bereitschaft, Luftwaffe, Kriegsmarine引用。


写真(右)1935年3月-1939年9月、、海面上を低空飛行するドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 水上偵察機の3機編隊
;左後方から撮影。akpool GmbH社、第三帝国の絵葉書ポストカード
Ansichtskarte / Postkarte Deutsche Luftwaffe, Kampfflugzeug Heinkel He 59, Wasserflugzeug, Eine Staffel startet Nr. 2.621.622 ungelaufen, sehr guter Zustan
写真は、Ihr Onlineshop für alte Ansichtskarten・He 59, Wasserflugzeug in Bereitschaft, Luftwaffe, Kriegsmarine引用。


写真(右)1935年3月-1939年9月、波のある海面に待機するドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 水上偵察機の戦列
;左側面から撮影。akpool GmbH社、第三帝国の絵葉書ポストカード
Ansichtskarte / Postkarte Deutsche Luftwaffe, Seekampfflugzeuge Heinkel He 59 wassern Nr. 2.622.014 ungelaufen, sehr guter Zustand
写真は、Ihr Onlineshop für alte Ansichtskarten・Seekampfflugzeuge Heinkel He 59 wassern引用。


写真(右)1935年3月-1939年9月、水上機基地に待機するドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 水上偵察機の戦列
;左正面方から撮影。akpool GmbH社、第三帝国の絵葉書ポストカード
Ansichtskarte / Postkarte Deutsche Luftwaffe, Kampfflugzeug Heinkel He 59, Staffel steht startbereit Nr. 2.621.619 ungelaufen, sehr guter Zustand
写真は、Ihr Onlineshop für alte Ansichtskarten・He 59, Wasserflugzeug in Bereitschaft, Luftwaffe, Kriegsmarine引用。

 敵艦船発見を容易にするため、潜水艦の目となるハインケル(Heinkel)He 59のような航空機によって、洋上哨戒偵察をすることが考えられた。しかし、ドイツでは空飛ぶ兵器、軍用機はみなドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリングHermann Goering)の指揮下に置くという原則があった。そのため、ドイツ海軍航空隊は、海軍艦艇に搭載する偵察用艦載水上機程度しか保有を許されなかった。その後、1941年3月にはドイツ空軍第三航空軍の下に、大西洋司令部(Fl.F.Atlantic) が置かれ、ドイツ海軍潜水艦隊司令長官(BdU)と連携して、ハインケル(Heinkel)He 59の水上基地航空部隊や洋上航空部隊の作戦が展開されるようになった。


写真(右)1935年3月-1939年9月、海辺の水上機基地の滑走台に待機するドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 水上偵察機
;左正面方から撮影。akpool GmbH社、第三帝国の絵葉書ポストカード
Ansichtskarte / Postkarte Deutsches Militärflugzeug He 59, Wasserflugzeug in Bereitschaft, Luftwaffe, Kriegsmarine Nr. 10.478.802 Zustand, siehe Scan ca 14 cm X 9 cm
写真は、Ihr Onlineshop für alte Ansichtskarten・He 59, Wasserflugzeug in Bereitschaft, Luftwaffe, Kriegsmarine引用。

特に、フォッケウルフFw200コンドル長距離偵察哨戒機を配備した第40爆撃航空団第1飛行隊(I/KG40)は、ドイツ海軍潜水艦隊司令長官(BdU)カール・デーニッツKarl D6ouml;nitz)提督隷下の潜水艦Uボートと連携した交通破壊戦に参加し、大きな戦果を挙げた。

アメリカ、イギリス、オランダ、日本、イタリアのような海洋国は、飛行艇や水上機を多用したが、軍用飛行艇・水上機は、一般的に海軍の所属だった。しかし、ドイツでは、飛行機の所管は、空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥の支配下に置かれたために、ドイツ軍の基地航空隊所属の飛行艇、ハインケル(Heinkel)He 59水上機の多くは、空軍の隷下に置かれ、海軍艦艇、潜水艦との連携に不都合な面があった。ドイツ海軍の航空機は、巡洋艦以上の大型艦船が搭載する艦載水上機に限られた。


写真(右)1935年3月-1939年9月、海辺で待機するドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 水上偵察機
;左側面方から撮影。akpool GmbH社、第三帝国の絵葉書ポストカード
Ansichtskarte / Postkarte Deutsche Luftwaffe, Zweimotoriges See Mehrzweckeflugzeug Heinkel He 59, Wasserflugzeug Nr. 2.621.630 ungelaufen, sehr guter Zustand
写真は、Ihr Onlineshop für alte Ansichtskarten・Heinkel He 59, Wasserflugzeug引用。

当初のハインケル(Heinkel)He 59には、水上型と陸上型があったが、大半は双フロート付の水上機型である。第二次世界大戦にもハインケル(Heinkel)He 59水上機は投入され、白色塗装、赤十字マークを付けた海難救助機として活躍した。


写真(右)1935年3月-1939年9月、海辺で待機するドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 水上偵察機の正面
;akpool GmbH社、第三帝国の絵葉書ポストカード
Ansichtskarte / Postkarte Deutsche Luftwaffe, Zweimotoriges See Mehrzweckeflugzeug Heinkel He 59, Wasserflugzeug Nr. 2.621.629 ungelaufen, sehr guter Zustand
写真は、Ihr Onlineshop für alte Ansichtskarten・Heinkel He 59, Wasserflugzeug引用。


写真(右)1940年発行のFirma akpool GmbH社、第三帝国の絵葉書ポストカード、海面を波を立てて滑走し離水しようとするドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 水上偵察機の左側面

Ansichtskarte Ansichtskarte / Postkarte Deutsche Luftwaffe, Kampfflugzeug Heinkel He 59, Wasserflugzeug Nr. 2.621.625 gelaufen 1940, sehr guter Zustand
写真は、Ihr Onlineshop für alte Ansichtskarten・Heinkel He 59, Wasserflugzeug引用。


写真(右)1939年9月以降、水上機基地のドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 B水上偵察機の戦列
;水上機の機首には、開放式旋回銃座に7.92mmMG15機関銃が搭載されている。陸上では、水上機ゴム車輪付き台座の上に載せられて移動を容易にしている。左側方から撮影。Firma akpool GmbH社、第三帝国の絵葉書ポストカード
Ansichtskarte / Postkarte Heinkel He 59 B, Schwimmflugzeug, Seekampfflugzeug, Luftwaffe Nr. 10.403.348 Zustand, siehe Scan
写真は、Ihr Onlineshop für alte Ansichtskarten・Heinkel He 59, Wasserflugzeug引用。


写真(右)1935年3月-1939年9月、水上機基地に待機するドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 水上偵察機の戦列
;左正面方から撮影。Firma akpool GmbH社、第三帝国の絵葉書ポストカード
Ansichtskarte / Postkarte Deutsche Luftwaffe, Kampfflugzeug Heinkel He 59, Staffel steht startbereit Nr. 2.621.619 ungelaufen, sehr guter Zustand
写真は、Ihr Onlineshop für alte Ansichtskarten・He 59, Wasserflugzeug in Bereitschaft, Luftwaffe, Kriegsmarine引用。

ドイツ潜水艦Uボート 1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、激しい航空戦が展開され、敵の空襲も予期する必要があったため、尾翼の赤帯と白丸のハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字:スワスチカ)は敵から発見されやすいいとして、取りやめになった。その代わり、ナチ党のイデオロギーを示す国章として、尾翼に黒色白縁取りのナチ党のカギ十字(スワスチカ)を付け足した。ハインケルHe 60 のような旧式水上偵察機は、第一線で活動してはいないはずだが、このような古い機種についても国籍マークの変更を行っている。後に、ドイツ空軍の優位が崩れた1943年以降になると、白縁が目立ちやすいとして、黒の鍵十字(スワスチカ)と鉄十字の白の縁取りは廃されている。

写真(右)1939年9月以降、水上機基地のドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 B水上偵察機胴体後部の偵察席付近の後上方7.92mmMG15旋回機関銃座と後下方7.92mmMG15の旋回機関銃座;左側方から撮影。Firma akpool GmbH社、第三帝国の絵葉書ポストカード
Ansichtskarte / Postkarte Deutsches Kampfflugzeug Heinkel He 59, Seeflugzeug, hintere Kampfstände, Maschinengewehr Nr. 2.621.689 ungelaufen, rückseitig Klebereste, sonst guter Zustand
写真は、Ihr Onlineshop für alte Ansichtskarten・Heinkel He 59, Wasserflugzeug引用。

ドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 B水上偵察機の機首には、7.92mmMG15機関銃装備の開放式旋回銃座、胴体方法下面には7.92mmMG15機関銃装備の開閉式旋回銃座、後席には7.92mmMG15機関銃装備の開放式旋回銃座が設けられている。

ハインケル(Heinkel)He 59 B水上偵察機の上主翼後方・広報偵察席前方には、長距離洋上飛行で航法をたすける帰投無線航法用のループ・アンテナ支柱が立っている。陸上では、水上機ゴム車輪付き台座の上に載せられて移動を容易にしている。主翼後方・後席前方に帰投航法用ループアンテナ支柱が立っている。

ハインケルHeinkel He 59双発水上偵察機の諸元
全長: 17.40 m
全幅: 23.70 m
全高: 7.10 m
全備重量: 9,100 kg
発動機: BMW VI 6.0 ZU 水冷 1気筒660hp2基
最高速力: 209 km/h
実用上限高度: 3,500 m
航続距離: 1,750 km
兵装 7.92ミリ旋回機銃 2丁、搭載量:爆弾 700 kg
乗員: 4名。

カラー写真(右)1940年5月12日頃、西部戦線、オランダ中部海岸、ロッテルダム南部、ニューウェ・マース(Nieuwe Maas)川、、ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He 59 D水上偵察機;機首に7.92ミリMG15旋回機関銃1丁、開放式のコックピット、上主翼後ろの航法用ループアンテナ、2翅木製プロペラを2個重ねた4翅固定ピッチプロペラ、浮舟フロートを支持する支柱と下主翼の結合部分がよくわかる。
He 59 lost at Rotterdam (op Nieuwe Maas) on 12-05-1940 (SGLO ref: T0549)
At the date of 12-05-1940, time: not known, the aircraft type He 59 has been lost. The location of the plane was found at: Rotterdam (op Nieuwe Maas). The unit of crew and plane is: unknown unit. First flyer rank: No rank known, name: . The plane belonged to the German forces.
写真は Back to Normandy: history引用。


カラー写真(右)1940年5月12日頃、西部戦線、オランダ中部海岸、ロッテルダム南部、ニューウェ・マース(Nieuwe Maas)川、、ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He 59 D水上偵察機;機首・胴体背部・胴体腹部に各々7.92ミリMG15旋回機関銃1丁を設けた銃座がある。開放式のコックピット、上主翼後ろの航法用ループアンテナ、2翅木製プロペラを2個重ねた4翅固定ピッチプロペラ。
Heinkel He-59 Torpedo Bomber Airplane.
写真は Back to Normandy: history引用。


写真(右)1940年5月10日、西部戦線、オランダ中央海岸部、ロッテルダム南部、ニューウェ・マース(Nieuwe Maas)川を水上滑走し、ザイデルケルク(Willemsbrug)に向かうドイツのハインケル(Heinkel)He 59 D水上偵察機;マース橋へのドイツ軍の攻撃があった。背景には、右側に印象的な教会の尖塔が見える。
Titel Duitse aanval op de Maasbruggen. Een Duitse Heinkel He-59D watervliegtuig landt op de Nieuwe Maas en is op weg naar de Willemsbrug. Op de achtergrond de Boompjes met rechts de markante toren van de Zuiderkerk.
Datering van 1940-05-10
Bijzonderheden De foto is door mevr. C. Baars genomen vanuit haar woning aan de Maaskade 97 om 05.00 uur. De Zuiderkerk, gevestigd Gedempte Glashaven / Jufferstraat, was de kerk van de Hervormde Gemeente Rotterdam - Centrum.
Plaats Rotterdam, Zuid-Holland, Nederland
Collectie Fotoafdrukken Koninklijke Landmacht
写真は Beeldbank WO2 : Objectnummer 2155_035560 引用。


写真(右)1940-1941年頃、西部戦線、オランダ(?)、陸上に引揚げられたドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 双発水上偵察機;双フロートに車輪付き台座を装着し、トレーラーで牽引して、陸上の基地に引揚げた。
De onderhoudswerkzaamheden aan de watervliegtuigen vonden op de wal plaats. Op de foto wordt een He 59 reddingsvliegtuig na een inspectie door een tractor weer uit de hangaar getrokken voor de tewaterlating.
Nederlands Instituut voor Militaire Historie Defensie beschermt wat ons dierbaar is. Een HE 59 taxiet weg van een aanlegsteiger op Schellingwoude.
写真は, Nederlands Instituut voor Militaire Historie (NIMH): Beeldnummer 128引用。


ドイツ海軍潜水艦Uボートは、当時、レーダーを搭載しておらず、船団攻撃のためには、空中哨戒偵察が効果的であると考えられ、1941年1月になって、潜水艦の交通破壊戦を支援するための長距離海上偵察部隊として、フォッケウルフFw200コンドルを配備した第40爆撃航空団の一部をドイツ海軍総司令官の指揮下に置くことが提言された。

しかし、ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング国家元帥は、航空兵力は全て空軍に所属するとの原則を強硬に主張し 海上哨戒偵察部隊は、ドイツ空軍が大西洋航空司令部の隷下として、潜水艦Uボート部司令部と協力することとなった。こうして、ドイツ海軍司令部空軍代表General der Luftwaffe beim Oberbefehlshaber der Marine)は、指揮権のない空軍の連絡絡官・副官のような存在となった。

1941年12月、ドイツ海軍は艦載水上偵察機を除いた航空兵力を空軍の指揮下に入れ、海上作戦における航空兵力の指揮権は、事実上、ドイツ空軍が独占することとなった。

写真(右)1940-1941年頃、西部戦線、オランダ(?)、陸上に引揚げられたドイツ海軍ハインケル(Heinkel)HE 59 双発水上偵察機;双フロートに車輪付き台座を装着し、トレーラーで牽引して、陸上の基地に引揚げた。ドイツ海軍は、イギリス本土航空決戦のために、北フランスから、ベルギー、オランダンの沿岸部に航空兵力を展開し、北海、大西洋で、海上哨戒、偵察、不時着した飛行兵などの救助任務に水上機や飛行艇を投入した。
De onderhoudswerkzaamheden aan de watervliegtuigen vonden op de wal plaats. Op de foto wordt een He 59 reddingsvliegtuig na een inspectie door een tractor weer uit de hangaar getrokken voor de tewaterlating.
Nederlands Instituut voor Militaire Historie Defensie beschermt wat ons dierbaar is. Een HE 59 taxiet weg van een aanlegsteiger op Schellingwoude.
写真は, Nederlands Instituut voor Militaire Historie (NIMH): Beeldnummer 128引用。


ハインケル(Heinkel)He 59双発水上偵察機 は、1939年9月の第二次世界大戦の勃発時には、既に旧式機となっていた。しかし、部隊配備されたHe 59は、国際赤十字社、ジュネーブ条約に従って、白色塗装として、大きな赤十字マークを付けた海上救難機として活躍した。これは、味方のドイツ機の不時着搭乗員だけではなく、敵のイギリス空軍機の不時着搭乗員の救助も行った人道的な行為だった。

写真(右)1940年,ノルウェー、飛行中のアラド(Arado) Ar 196 水上偵察機と奥に待機するハインケル(Heinkel)He 59 双発水上偵察機 :ハインケルHe 59は、双発の大型偵察機で、水上機型と陸上機型が試作されたが、量産されたのは、双浮舟フロート付きの水上機型のみである。
Inventory: Bild 101 II - Propagandakompanien der Wehrmacht - Marine Signature: Bild 101II-MN-1533-07 Archive title: Norwegen, Seefliegerhafen.- Wasserflugzeuge Arado Ar 196 und Heinkel He 59 an einem Anleger; PK Marine-Nord Dating: 1940 ca. Photographer: Eschenburg, Karl Origin: Bundesarchiv
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・引用(他引用不許可)。


1933年1月末、ナチ党を首班とする連立政権が成立、アドルフ・ヒトラーは、貴族的なプロシア軍の伝統を軽蔑しており、ナチ党のイデオロギーを軍に浸透させるべきであると考えていた。そこで、ドイツ軍機の国章は、1935年の再軍備宣言、ドイツ空軍の設立以降は、垂直尾翼尾翼に赤帯に白丸とハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)を描いた国章とされた。その後、1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、赤帯と白丸のハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)は目立つために敵からの標的にされやすかったので取りやめになった。


写真(右)1940-1941年頃、ノルウェー、トロンヘイム、ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He 59 救難機(?W-HN)
;波の静かなフィヨルドに停泊している機体に、小型のゴムボートを漕いでHe59に乗り移ろうとしている搭乗員。海岸にフロートで接岸しているが、機体中央側面にある機内への出入り口扉が開いている。
Flyet er en Heinkel 59. Identifier: RAU.0003-00092 Institution: Romsdalsmuseet Date published: March 15, 2014 Date updated: April 19, 2015 DIMU-CODE: 011012695861 UUID: 39e28baf-055e-4339-a612-e3fba8cdad52
写真はRomsdalsmuseet ・Identifier: RAU.0003-00092 引用。


ヒトラー政権になっても、1935年3月のドイツ再軍備宣言までは、プロイセン軍、旧ドイツ帝国軍の伝統である黒白赤三色の国章を、ドイツ機の尾翼に描いて、国籍マークとしていた。しかし、1935年、ヒトラーが再軍備を宣言し、第一次世界大戦の撃墜王ヘルマン・ゲーリングの下、ドイツ空軍が設立されると、ドイツ軍機は、尾翼に赤帯に白丸とスワスチカ(ハーケンクロイツ:ナチ党のカギ十字)の国籍マークを採用した。スワスチカは、ナチ党のイデオロギー、政治思想を軍人にまで浸透させることを反映したもので、軍人の忠誠宣言がドイツに対してでは、ヒトラーに対する忠誠を誓うものと変更されたのと同じ動機である。また、高速の機体の国籍、敵味方の認識をしやすくするため、機体・主翼の上下にも、白の縁取り付きの黒色バルカンクロス(鉄十字)の国章を追加した。


写真(右)1941年、ノルウェー、ドイツ空軍第76駆逐戦闘団所属のハインケル(Heinkel)He 59 E救難機(登録コード:6J+ZK)
;浅瀬の砂浜海岸にフロートで接岸しているが、双フロート(浮舟)の後端に整備員らしき人物2人が作業をしている。第76駆逐戦闘団は、ノルウェーからイギリス北部の空襲をする爆撃機部隊の長距離護衛Bf110戦闘機部隊である。その洋上進出際に不時着しても、搭乗者を救出できるように、水上救難機が配備されている。
Soldater og fly, et Heinkel He 59E, i Trondheim, 1940-1945. Fotografering:1940 - 1945 Eierskap Aksesjon:1988 Part of collection:Nord-Troms Museum Owner of collection:Nord-Troms museum Institution: Nord-Troms Museum Date published:August 11, 2014 Date updated:November 30, 2017
写真はNorsk Luftfartsmuseum・Identifier: NTRMF39-06121引用。


1940年4月9日、ドイツ軍はデンマークとノルウェーに侵攻、理由は、スウェーデンの鉄鉱石を不凍港ナルビクNarvik)を通じて安定して輸入するためだったが、イギリスがノルウェーの機雷封鎖や保障占領を企図していることもあった。このノルウェー侵攻「ウェーゼル演習作戦」では、四発大型旅客輸送機ユンカースJu-90が、オスロに兵員を輸送した。


写真(右)1940-1941年頃、ノルウェー、トロンヘイム、ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He 59 E救難機E型(登録コード:6J+ZK)
; 浅瀬の砂浜海岸にフロートで接岸しているが、機体後方に多数のドイツ軍将兵が集まっている。この機体に乗って輸送してもらうのか。
Soldater og fly, muligens et Henkel 59, Trondheim, 1940-1945.Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Avbildet sted: Trondheim Fotografering: 1940 - 1945 Identifier: NTRMF39-06122 Part of collection: Nord-Troms Museum Owner of collection: Nord-Troms museum Institution: Nord-Troms Museum Date published: August 11, 2014 Date updated: October 31, 2014 DIMU-CODE: 011014213736 UUID: E807DFB8-6FEA-4289-A8F3-49B00766D8D2
写真はNord-Troms Museum・Identifier: NTRMF39-06122 引用。


デンマークは侵攻初日の1940年4月9日、国王クリスチャン10世Christian 10)、デンマーク政府が即座に降伏したが、ノルウェーは、イギリス軍の支援を受けて、激しく戦った。しかし、ドイツ軍のフランス侵攻で、5月下旬にはフランスの危機、イギリスの孤立化が確実になったため、ノルウェーの連合軍は6月に撤退した。ノルウェーには、傀儡ヴィドクン・クヴィスリングVidkun Quisling)政権が樹立され、ドイツ海軍潜水艦Uボートの基地となった。

写真(右)1941年、ノルウェー、ドイツ空軍第76駆逐戦闘団所属のハインケル(Heinkel)He 59 救難機(登録コード:6J+ZK);浅瀬の砂浜海岸にフロートで接岸しているが、双フロート(浮舟)の後端に整備員らしき人物2人が作業をしている。第76駆逐戦闘団は、ノルウェーからイギリス北部の空襲をする爆撃機部隊の長距離護衛戦闘機部隊である。その洋上進出際に不時着しても、搭乗者を救出できるように、水上救難機が配備されている。
1 fly ved strandkanten, delvis oppe på land, Heinkel He 59 6J+ZK fra ZG.76. Sett skrått bakfra, hakekors på halepartiet. Flere personer på stranda og ved flyet. Bak sees et større våningshus. Fotografering: 1941 Identifier: NL.99020002 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 19, 2014 Date updated: December 19, 2014 DIMU-CODE: 021015697391 UUID: BBC4D53D-C12D-4FE3-804D-DC5B9F4ABD1D
写真はNorsk Luftfartsmuseum・Identifier: NL.99020001 引用。


1940年4月9日,イギリス軍に先んじて,ドイツ軍がノルウェーに侵攻,その後,4月14日,トロンヘイムに英仏軍,ポーランド軍の連合軍1万2000名を上陸させた。ナルヴィクにも,4月20日に連合軍3万名を上陸させた。1940年5月10日,ドイツ軍のベルギー,オランダに侵攻に直面して,連合軍はナルヴィクを撤退。チェンバレンは,戦局悪化と対独宥和政策の破綻の責任を取って,首相を辞任。 戦時挙国一致内閣として,1940年5月10日に、チャーチル(Winston Churchill)がイギリス首相に就任した。


写真(右)1941年、ノルウェー、ドイツ空軍第76駆逐戦闘団所属のハインケル(Heinkel)He 59 救難機(登録コード:6J+ZK)
;浅瀬の砂浜海岸にフロートで接岸しているが、双フロート(浮舟)の後端に整備員らしき人物2人が作業をしている。第76駆逐戦闘団は、ノルウェーからイギリス北部の空襲をする爆撃機部隊の長距離護衛戦闘機部隊である。その洋上進出際に不時着しても、搭乗者を救出できるように、水上救難機が配備されている。
1 fly ved strandkanten, delvis oppe på land, Heinkel He 59 6J+ZK fra ZG.76. Sett skrått bakfra, hakekors på halepartiet. Flere personer på stranda og ved flyet. Bak sees et større våningshus. Fotografering: 1941 Identifier: NL.99020002 Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 19, 2014 Date updated: December 19, 2014 DIMU-CODE: 021015697391 UUID: BBC4D53D-C12D-4FE3-804D-DC5B9F4ABD1D
写真はNorsk Luftfartsmuseum・Identifier: NL.99020002 引用。


ドイツ空軍第76駆逐戦闘団は、ノルウェーからイギリス北部の空襲をする爆撃機部隊の長距離護衛メッサーシュミットBf110双発戦闘機を配備した部隊である。その洋上進出際に不時着しても、搭乗者を救出できるように、ハインケル(Heinkel)He 59水上機水上救難機が配備されている。

写真(右)1941年頃、ノルウェー、トロンヘイム、ドイツ空軍第76駆逐戦闘団所属のハインケルHeinkel He 59 救難機(登録コード:6J+ZK);浅瀬の砂浜海岸にフロートで接岸している。
1 fly ved strandkanten, delvis oppe på land, Heinkel He 59 6J+ZK fra ZG.76. Sett skrått bakfra, hakekors på halepartiet. Flere personer på stranda og ved flyet. Bak sees et større våningshus.
Fotografering: 1941 Metadata Copies:1 Positivkopi, svart/hvitt, Arkivkopi Identifier: NL.99020003 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 19, 2014 Date updated: December 19, 2014
写真はNord-Troms Museum・ NL.99020003引用。


1939年11月に始まった冬戦争で、フィンランド軍は、総司令官 カール・グスタフ・マンネルヘイム(Carl Gustaf Mannerheim)元帥の下、数的に遥かに勝るソ連赤軍相手に善戦した。しかし、ドイツからも、スカンジナビア諸国からも、英仏からも軍事援助を受けることができず、孤軍奮闘だったために、長期戦には耐えることはできなかった。

ハインケル(Heinkel)He 59 水上機は、1930年代前半の複葉水上機であり、1940年代の西部戦線では低性能のために前線での使途が制限されていた。しかし、フィンランドが参戦した北極戦線では、継続戦争緒戦では、ソ連空軍が非力だったたので、ハインケル(Heinkel)He 59 水上機のような旧式機でも活躍できたようだ。もっとも、フィンランド空軍は、飛行機不足に悩んでおり、外国から機会が得られる限り、旧式機であっても輸入し、さらにソ連空軍から鹵獲した機体も修理して部隊配備して再使用していた。

写真(右)1940-1941年頃、ノルウェー、トロンヘイム(?)、ドイツ海軍ハインケルHe59救難機と沖に停泊中のドイツ海軍巡洋戦艦「クナイゼナウ」
Oppklaringsflyet, det lette bombeflyet Heinkel 59 med slagskipet Gneisenau i bakgrunnen. Tilhører samling av fotografier tatt av ukjente tyske soladater under 2.verdenskrig. Bildene var sendt inn til framkalling og kopiering hos Harald Renbjørs fotoforretning i Levanger. Familen Renbjør dobbeltkopierte noen av fotografiene og beholdt en kopi selv. Dette var strengt ulovlig. Mest sannsynlig gjorde de dette av etterretningsgrunner for motstandsbevegelsen eller på eget initiativ.
Identifier: LEM.018.19.07 Institution: Levanger Fotomuseum Date published: October 15, 2014 Date updated: March 16, 2018 DIMU-CODE: 011015437709 UUID: C9A915AB-6A1A-4023-BBBC-AC80E6A8D899
写真はLevanger Fotomuseum・Identifier: NTRMF39-06122 引用。


ドイツ海軍巡洋戦艦「クナイゼナウ」(Gneisenau) は、1935年5月6日起工、1938年5月21日の就役、満載排水量3万8,900トンの大型新鋭艦で、主砲は28センチ三連装砲塔3基9門でイギリス戦艦の攻撃力に劣るが、速力は31.6ノットで優位にあり、装甲も舷側350mm、甲板95mm、砲塔前面 360mmと戦艦と同等以上の重防御を施している。つまり、ドイツ海軍「クナイゼナウ」は、敵戦艦と砲撃戦、艦隊決戦に使用する戦艦ではなく、少数で洋上の交通破壊作戦に従事する巡洋戦艦である。


写真(上)1940-1943年頃、ノルウェー侵攻、飛行中のハインケルHe59水上機

Heinkel 59. med flottører. Tilhører samling av fotografier tatt av ukjente tyske soladater under 2.verdenskrig. Bildene var sendt inn til framkalling og kopiering hos Harald Renbjørs fotoforretning i Levanger. Familen Renbjør dobbeltkopierte noen av fotografiene og beholdt en kopi selv. Dette var strengt ulovlig. Mest sannsynlig gjorde de dette av etterretningsgrunner for motstandsbevegelsen eller på eget initiativ. Fotografering 1940 - 1945 Ukjent tysk soldat.
Part of collection Levanger Fotomuseum Owner of collection Levanger Fotomuseum Institution Levanger Fotomuseum Date published October 15, 2014 Date updated March 16, 2018 DIMU-CODE 011015437716
写真はLevanger Fotomuseum ・Identifier LEM.018.20.07 引用。


1940年5月、ドイツ軍の西方侵攻に際して、ハインケル(Heinkel)He 59 水上機はロッテルダムの架橋を占領するためのドイツ軍兵士をひそかに送り込む任務に就いた。これは、マース沖にハインケル(Heinkel)He 59水上機12機で、120名のドイツ軍兵士を空輸して、海上から着水し送り込んだ。この空挺作戦に参加したハインケル(Heinkel)He 59 水上機12機のうち、4機が失われたが、架橋をおさえる作戦は成功した。

図(右)1940年、ノルウェー侵攻最中のハインケル(Heinkel)He 59水上機のスケッチ
Tysk sjøfly av typen He 59 evakuerer de første tyske sårede fra Sund. Kampene i Norge 1940, bind 2, side 124.
Specific subject terms Kampene i Norge 1940 Part of collection FMU Owner of collection Forsvarsmuseet Institution Forsvarets museer Date published March 17, 2014 Date updated September 1, 2018 DIMU-CODE 011012727451
写真はForsvarsmuseet ・Identifier FMU.400390 引用。


写真(右)1940年11月、西部戦線、オランダ、飛行中のドイツのハインケル(Heinkel)HE 59 水上偵察機;ドイツは、イギリス本土航空決戦のために、北フランスから、ベルギー、オランダンの沿岸部に航空兵力を展開した。
Collectie NIOD
Locatie Naam: Noord-Holland Land: Nederland
Bijschrift He 59 Deze foto maakt onderdeel uit van een collectie originele negatieven gemaakt door Karl Rauscher, beroepsfotograaf in dienst van de Luftwaffe. De divisie van Rauscher is in 1940 enkele maanden gestationeerd op de Fliegerhorst Schellingwoude, Amsterdam. Vliegoefening van de Luftwaffe te Schellingwoude. Tijdens de bezetting was in Schellingwoude een steunpunt voor watervliegtuigen van de Duitse Kriegsmarine voor het leggen van zeemijnen en het redden van neergestorte piloten. Het in de IJmond gelegen kunstmatige eiland Zeeburg ten oosten van Amsterdam is tot 1945 als een kleine gecamoufleerde vesting ingericht. Deze zogenaamde Fliegerhorst Schellingwoude werd uitgebouwd tot de grootste basis voor watervliegtuigen en -boten in Nederland.
Periode november 1940 Negatiefsoort Origineel Vervaardiger Karl Rauscher
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 128引用。



写真(上)1939年9月-1940年9月,デンマークからオランダ、フランス沿岸、水上機基地に接岸し待機中のハインケル(Heinkel)He 59 N海上救難機(D-AGUI)(製造番号:c/n 1511)
:国際赤十字の白色塗装・非武装。エンジンは停止している。
Location: Not known Country:Denmark Photo Date:December 1939 to September 1940 Photo from:AirHistory.net Photo Archive
An He 59 of the German air rescue service, spotted perhaps during the invasion of Denmark and Norway. The picture was supposedly taken in Aabenraa, the photographer's home town, but the background does not seem to match. Photo by: T Christesen / National Museum of Denmark
写真は,Airhistory.net  Photo ID:355570引用。


写真(右)1940年5月22日-1940年9月30日,オランダ アムステルダム バイテン=エイの水上機基地、国際赤十字の白色塗装・非武装のハインケル(Heinkel)He 59海上救難機(D-ANYI; 製造番号:c/n1628)
Registration / Serial: D-ANYI Aircraft Original Type: Heinkel He 59 Aircraft Generic Type:Heinkel He 59 Aircraft Version:Heinkel He 59N C/n (msn):1628 City / Seaplane Base:Schellingwoude - Seaplane Country:Netherlands Photo Date: 22 May 1940 to 30 September 1940 Photo from: Peter de Jong Collection
An A rescue aircraft of the Seenotdienst (literally, sea emergency service) at Schellingwoude, near Amsterdam. Until 25 November 1940 this was a paramilitary organisation, hence the civil registration and the so-called Reichsdienst (Reich service) flag on the tailfin. A He 115 is on the left.
写真は,Airhistory.net  Photo ID:355570引用。


アンリー・デュナン(Jean-Henri Dunant:1828-1910)は、カルヴァン高校 ( Collège Calvin ) 中退後、金融業に就き、26歳でフランス植民地アルジェリアで土地の開発と金融の会社を興し、実業界で成功した。そして、31歳で、アルジェリアの水利権を得るために、フランス元首ナポレオン3世に直訴しようと北イタリアに向かった、当時、混沌としていたイタリアでは、オーストアリアに対して、イタリア・フランスとが「イタリア統一戦争」を戦っており、ナポレオン3世もイタリアにいたのである。

写真(右)1940年夏,ベルギーからフランスの海岸、イギリス本土航空決戦の時期、白色・赤十字のマークを付けたドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機(D-ANYI)
Inventory: Bild 101 I - Propagandakompanien der Wehrmacht - Heer und Luftwaffe Signature: Bild 101I-342-0612-02A Archive title: Belgien, Frankreich.- Wasserflugzeug Heinkel He 59 (D-A+NYI; Werksnummer 1628) als Sanitätsflugzeug; KBK Lw 3 Dating: 1940 Sommer Photographer: Jütte Origin: Bundesarchiv
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・引用(他引用不許可)。


北イタリアに向かったスイス人実業家アンリー・デュナン(Jean-Henri Dunant)は、1859年6月、フランス・サルディニア連合軍とオーストリア軍の間で戦われたソルフェリーノ激戦地を目の当たりし、敵味方の負傷者4万人が放置されているのにショックを受け、敵味方を差別さずに負傷者救援を行った。その後、帰国したアンリー・デュナンは、1859年にジュネーブで『ソルフェリーノの思い出』を著した。そして、この書籍の中で、国際救護団体の結成の必要性を主張した。

写真(右)1940年,オランダあるいはフランス沿岸水上機基地、国際赤十字の白色塗装・非武装のハインケル(Heinkel)He 59海上救難機(D-AHIK) :海上で波浪のために大きく傾いている。エンジンは停止している。
The first multiple air-sea rescue operation occurred on December 18, 1939. A group of 24 British Vickers Wellington medium bombers were frustrated by low clouds and fog in their mission to bomb Wilhelmshaven, and they turned for home. The formation attracted the energetic attention of Luftwaffe pilots flying Bf 109 fighter aircraft as well as Bf 110 heavy fighters, and more than half of the Wellingtons went down in the North Sea. German Seenotdienst rescue boats based at H?rnum worked with He 59s to save some twenty British airmen from the icy water.(Duggy)
写真はForums,Duggy's Reference Hangar  Heinkel He 59引用。


アンリー・デュナンは、1859年にジュネーブで『ソルフェリーノの思い出』で、次の3点を主張した。
(1)戦場の負傷者と病人の敵味方の無差別の救護
(2)平時から各国に救護団体を組織すること
(3)救護団体の維持のための国際条約
この訴えは、ヨーロッパ各国に大きな反響を呼び、1863年2月赤十字国際委員会の前身となる5人委員会が設置され、5人委員会の下に、ヨーロッパ16ヵ国が参加して国際会議が開催され、十字規約が完成した。こうして、ヨーロッパ諸国は、国際救護の組織のために、1864年ジュネーブ条約に署名し、国際赤十字社が組織されたのである。

写真(右)1940年,オランダあるいはフランス沿岸水上機基地、国際赤十字の白色塗装・非武装のハインケル(Heinkel)He 59海上救難機(D-AHIK) : 胴体後下方の銃座部分から、海上に不時着水した搭乗員を機内に引き上げることができる。
In 1940 as the German advance moved to occupy Denmark and Norway, the Seenotdienst added bases along the coasts of those countries.A squadron of obsolescent Dornier Do 18s that had been used for sea reconnaissance was assigned to air-sea rescue. Some of the Heinkels that had been flying out of the island of Sylt were transferred to Aalborg in northern Denmark. The two bases in Norway were located at Stavanger and Bergen. In many cases local rescue societies cooperated with the Seenotdienst.(Duggy)
写真はForums,Duggy's Reference Hangar  Heinkel He 59引用。


ハインケルHeinkel He 59双発水上救難機の諸元
全長: 17.40 m
全幅: 23.70 m
全高: 7.10 m
全備重量: 9,100 kg
発動機: BMW VI 6.0 ZU 水冷 1気筒660hp2基
最高速力: 209 km/h
実用上限高度: 3,500 m
航続距離: 1,750 km
兵装 7.92ミリ旋回機銃 2丁、搭載量:爆弾 700 kg
乗員: 4名

写真(右)1940年,オランダあるいはフランス沿岸水上機基地、国際赤十字の白色塗装・非武装のハインケル(Heinkel)He 59海上救難機の機首 : 機首の銃座に相当する先端付近に、発火信号機のようなものが設置されているが、海上に不時着水した搭乗員に知らせるための装置であろうか。
When the Netherlands and France fell to the German advance in May and June 1940, more rescue bases were put into operation. The Hague and Schellingwoude became rescue bases in the Netherlands, and Boulogne and Cherbourg in France hosted rescue units that were soon to be active during the Battle of Britain. The Seenotdienst was taken formally into the Luftwaffe in July 1940, becoming Luftwaffeninspektion 16 (German Air Force Inspectorate 16) under the direction of Generalleutnant Hans-Georg von Seidel, the Quartermaster General of the Luftwaffe, and thus indirectly under General der Flieger Hans Jeschonnek, the Chief of the Luftwaffe General Staff.(Duggy)
写真はForums,Duggy's Reference Hangar  Heinkel He 59引用。


1940年、イギリス侵攻を準備していたドイツは、海上に不時着水した飛行機パイロットや偵察員など搭乗員を救難するために、ドイツ空軍に、ハインケル(Heinkel)He 59 からなる海難救助部隊Seenotdienst)を組織していた。これは、国際赤十字社ジュネーヴ条約意向に沿って、救命用ゴムボートなどを備えた救難用双発水上機ハインケル(Heinkel)He 59 を14機を配備していた。ハインケル(Heinkel)He 59 救難機は、非武装で機体前面を目立つように白色塗装し、大きな赤十字マークを記入していた。そして、民間機とそいて登録し、国際赤十字にのっとって赤十字標章を付けた敵味方を区別しない救難機として、活動を開始したのである。

写真(右)1940年,オランダあるいはフランスの海上を低空飛行する国際赤十字の白色塗装・非武装のハインケル(Heinkel)He 59海上救難機(D-AHIK)ともう1機の海上救難機(D-AGUI)の2機編隊 :垂直尾翼の国籍マークのある赤帯先端に、ドイツの国章「鷲の留まる鍵十字」が描かれている。機首の下面先端に、発火信号機のようなものが設置されているが、海上に不時着水した搭乗員に知らせるための装置であろうか。
Dutch rescue craft belonging to the Noord- en zuid-Hollandsche Redding Maatschappij (NZHRM, translated North and South Royal Netherlands Sea Rescue Institution) and the Zuid-Hollandsche Maatschappij tot Redding van Schipbreukelingen (ZHMRS) were incorporated into the Seenotdienst during the occupation of the Netherlands. The fast motor life boats were painted white with red crosses, though twice the boats were strafed by Allied aircraft.Civilian boatmen enjoyed good relations with German authorities. Between 1940 and 1945, the Dutch boats saved some 1,100 seamen and airmen. Near the end of the occupation some local boat commanders defied the Nazi regime, and three Dutch lifeboats escaped across the Channel, one carrying 40 Jews to sanctuary in England..(Duggy)
写真はForums,Duggy's Reference Hangar  Heinkel He 59引用。


海難救助部隊Seenotdienst)のハインケルHe59救難水上機には、救命用ゴムボート、電熱寝袋、人工呼吸器、信号弾発射銃(信号弾)、海面着色剤など救命用機器が準備されている。He59救難水上機は、旧式で低速だったが、戦闘用の軍用機ではなく、国際救難用の民間機として救護活動を認められいたのである。

1940年代当時、このようなハインケル(Heinkel)He 59 水上機を中核とした空海一体型の海上救難部隊は、操作能力、救護能力が高く、優れた救難システムだった。戦時中とはいえ、海難救助部隊Seenotdienst)のハインケル(Heinkel)He 59 救難水上機は、アンリー・デュナンの意思を受け継いだ空のヨーロッパ騎士道精神を具現するものと言えたが、これは制空権を保持できる優勢なドイツ空軍だったからこそなしえた国際救難任務だった。


写真(右)1939年9月以降、海上救難機として活躍中の演出をした白色塗装のドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59 B水上偵察機と救命用ゴムボートを漕ぐ2人の乗員
;水上機の機首と胴体後上方の偵察隕石には。各々に開放式旋回銃座があって、7.92mmMG15機関銃が搭載されている。胴体後下方にも下方銃座があって、そこに7.92mmMG15機関銃が搭載されている。主翼後方・後席前方には、帰投航法用ループアンテナ支柱が立っている。左後側方から撮影。Firma akpool GmbH社、第三帝国の絵葉書ポストカード
Ansichtskarte / Postkarte Deutsche Luftwaffe, Seenotflugzeug Heinkel He 59 rettet Besatzung aus dem Schlauchboot Nr. 10.534.667Z ustand, siehe Scan ca 11 cm X 15 cm
写真は、Ihr Onlineshop für alte Ansichtskarten・Heinkel He 59, Wasserflugzeug引用。

ハインケル(Heinkel)He 59 は、イギリスのテムズ川河口に夜間、機雷敷設に従事したが、航空機から機雷をパラシュートで投下する空中からの機雷敷設は、最新の戦術だった。それに従事したのが、旧式鈍重な双発水上機だったのは興味深い。

また、イギリス本土航空決戦の本格化する1940年夏までに、ハインケル(Heinkel)He 59水上機は、イギリス海峡における不時着機搭乗員の救出任務にあたったが、空中戦が激化するにつれて、墜落した搭乗員の救難任務は多忙なものとなった。国際赤十字公認の白色塗装のHe59救難機をイギリスが撃墜するようになったのは、ハインケル(Heinkel)He 59 が無線通信でドイツ空軍爆撃機に情報を送信していることにイギリスが気づいたからだといわれている。(Antony L. Kay、J. Richard Smith、Eddie J. Creek German Aircraft of the Second World War: Including Helicopters and Missiles Putnam Aviation引用)

写真(右)1941年,フランスの海岸(?)、ハインケル(Heinkel)He 59n水上救難機
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46168783 - Catalog:16_007360 - Title: Heinkel He 59n 1941 Nowarra Collection - Filename:16_007360.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46168783引用。


1940年7月11日、イギリス南東端ケント州沖で、ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He 59B-2水上救難機(D-ASUO)は、イギリス海峡に不時着したメッサーシュミットBf110の搭乗員の捜索、救援任務に非武装であたっていた。しかし、その付近でドイツ空軍Bf109と付近の船舶を援護する任務を負ったイギリス空軍スピットファイア(Supermarine Spitfire)戦闘機と空中戦が起こり、それに巻き込まれた、ハインケル(Heinkel)He 59 水上救難機は、イギリス空軍スピットファイア(Supermarine Spitfire)戦闘機に襲撃され、イギリス本土東岸のケント州ウェルマー沖に着水し搭乗員はイギリス軍の捕虜となった。

これに対して、イギリス空軍スピットファイア(Supermarine Spitfire)戦闘機によるハインケル(Heinkel)He 59 B-2水上救難機(D-ASUO)攻撃は、イギリス・ドイツ双方が国際赤十字公認の救難機として公認し、白色塗装、非武装で、人道的理由で救難任務に就いていた機体だったため、本来は、攻撃対象としないことをイギリスも認めていた。

しかし、ケント州沖で鹵獲されたハインケル(Heinkel)He 59 をウェルマー港に曳航し、機体内部を捜索すると、飛行記録が発見され、そこにイギリス側輸送船団の位置と進行方向が記載されていた。そこで、人道的な救難任務として、攻撃を受けないとされたドイツ軍救難機が、実は国際赤十字規約を破ってスパイ偵察機として、軍事任務に就いていたとイギリスは非難し、これらの救難機を人道的理由から攻撃対象としないという条項を放棄した。(Lawrence Paterson Eagles over the Sea 1935-1942: A History of Luftwaffe Maritime Operations pp.225-226参照。)

写真(右)1940年6月以降-1941年頃、オランダ沖(?)、西部戦線、国際赤十字公認の白色塗装のドイツのハインケルHeinkel He 59 救難機とゴムボートで接近するドイツ軍兵士たち;沖合に停泊する水上機に搭乗員が乗り移ったり、陸上に戻ったりするためには、小舟が使用された。フロートも白色塗装されている。右手前の不時着した搭乗員は、ライフジャケット(救命胴衣)を着用し、遭難機に積んでいた富士着水用ゴムボートに乗っている。
kitchener.lord.
Heinkel He 59.
写真はkitchener.lord・引用。


1940年に英仏海峡で活動していたドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He 59 双発水上救難機は、万国共通の国際赤十字公認の攻撃対象外の非武装民間機として届け出をし、機体全面を白色塗装し、大きな赤十字マークを描いていた。

しかし、バトルオブブリテンで必死の本土防空戦を戦っているイギリス空軍は、敵ドイツ空軍よりも劣勢であり、海上に漂う味方の搭乗員を救助する飛行機を割く余裕はなかった上に、敵機がドイツ軍パイロット救出を黙認する余裕もなかった。イギリス本土防衛のために有利とあらば、国際赤十字規約を破ることもまた当然だった。

また、ドイツ海難救助飛行隊ゼーノートディーンスト:Seenotdienst)のハインケル(Heinkel)He 59 が、人道的援助として、イギリス空軍飛行機搭乗員を救助したとしても、イギリス航空戦力は回復せず、かえって捕虜となったイギリス機の搭乗員から情報漏洩や軍事機密の遺漏が危惧された。そこで、敵ドイツの白色塗装の国際赤十字ハインケル(Heinkel)He 59 海上救難機も攻撃対象としたのである。

写真(右)1941年,西部戦線、フランス海岸(?)、ドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59水上救難機機
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46168783 - Catalog:16_007360 - Title:Heinkel He 59n 1941 Nowarra Collection - Filename:16_007360.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46168783引用。


確かに、イギリス側が国際的に認められた海難救助飛行隊ゼーノートディーンスト:Seenotdienst)所属の非武装白色塗装のハインケル(Heinkel)He 59 救難機を攻撃したのは、救難機が輸送船団の密かに捜索任務にあたっていたという反証であったが、実際には、ドイツ側の搭乗員の救出を阻止し、味方のイギリス搭乗員からの情報漏洩を防ぐために、非武装の救難機の救助活動を認めなかったと考えられる。

イギリス側がドイツの救難活動を否認すると、ハインケル(Heinkel)He 59 救難機の目立つ白色の塗装、赤十字マークは廃止され、グレーン系統の迷彩塗装が施され、防御用の旋回機銃が搭載されるようになった。

写真(右)1942年,フランスの海岸、イギリス本土航空決戦に敗退し、白色・赤十字のマークを付けた救難機であることを示してもイギリス軍機に攻撃されたため、迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機
Heinkel, He 59 Catalog #: 01_00081265 Title: Heinkel, He 59 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 59 Tags: Heinkel, He 59 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真は,SDASM Archives・Catalog #: 01_00081265引用(他引用不許可)。


写真(右)1942年,フランス沿岸水上機基地、トラクターで移動中の迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機 :奥には海から水上機を陸地に引揚げるためのランプ(坂道)が作られているが、これは飛行艇・水上機基地の特徴である。
Inventory: Bild 101 I - Propaganda-kompanien der Wehrmacht - Heer und Luftwaffe Signature: Bild 101I-357-1857-28A Archive title: Reichsgebiet oder Frankreich.- Ein Wasserflugzeug Heinkel He 59 (Kennung: +BN) wird mit Hilfe eines Traktors an Land gezogen; KBK Lw 3 Dating: 1942 Photographer: Doelfs Origin: Bundesarchiv
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・引用(他引用不許可)。


ハインケル(Heinkel)He 59 双発水上偵察機 は、1939年9月の第二次世界大戦の勃発時には、既に旧式機となっていた。しかし、海難救助飛行隊ゼーノートディーンスト:Seenotdienst)">海難救助飛行隊(ゼーノートディーンスト:Seenotdienst)に配備されたHe 59は、国際赤十字社、ジュネーブ条約に従って、白色塗装として、大きな赤十字マークを付けた海上救難機として活躍した。ハインケル(Heinkel)He 59 は、味方のドイツ機の不時着搭乗員だけではなく、敵のイギリス空軍機の不時着搭乗員の救助も行った人道的な行為だった。

その後、1940年夏にイギリス本土航空決戦が本格化する中で、イギリス側は、不時着したハインケル(Heinkel)He 59 の機内を捜索したとき、イギリスの輸送船団についての交信記録を発見し、救難機を偽装して、敵対的なスパイ行為をしているとみなし、国際赤十字の救難機とは認めないとした。そして、イギリスは、救難機を偽装したHe59をスパイ機として攻撃対象とした。

このようにイギリス人の著作では記述され、それがwebsiteでも通説として出回っているが、イギリス側が国際的に認められた白色塗装で非武装のハインケル(Heinkel)He 59 救難機を攻撃した理由は、救難機が輸送船団の密かに捜索任務にあたっていたというのは、国民や国際社会、特に中立国アメリカに対するプロパガンダだったとも考えられる。

写真(右)1941年7月9日、オランダ、西部戦線、水上機基地の滑走台に帰投したドイツ軍ハインケルHeinkel He 59 救難機は、救出したイギリス空軍ブレンハイム双発爆撃機の搭乗員たちを連れている。;前後には、水上機基地のドイツ空軍兵士とHe59救難機の搭乗員が見える。右端には、浅瀬の砂浜海岸にフロートで接岸している。
A Blenheim pilot who flew the forgotten bomber of the forgotten force of Bomber Command.
Ken Fenton’s aircraft had ditched, the dinghy was spotted by 3 Short Stirling 1’s from 7 Squadron, N6013 MG-A piloted by F/O Dennis Theodore Witt and N3655 MG-? Piloted by Sgt. Bernard Keith Madgwick. These aircraft were returning to Oakington from a daylight attack on Emden and Aurich, but having experienced a lack of cloud cover over their main target, they bombed Borkum seaplane base instead by daylight with 16 x 500lb bombs as an alternative on their return to base. Bursts were seen across the harbour and on the slipway. They met considerable defence from fighters, the Germans claimed 2 Stirlings at this point but none were lost at that time. Uffz Summerer from 3./JG52 claimed a Stirling at 14.00 hours 15Km West of Bokrum and another claim was made at 14.05 hours by Uffz Brey of 1./JG52, at a point North of Bokrum. Meanwhile, at Schellingwoude at 12.01 hours, 2 Arado 196’s took off for an anti U-boat patrol off the Dutch coast.
写真はKen Fenton's War・ A Blenheim pilot who flew the forgotten bomber of the forgotten force of Bomber Command引用。


ドイツ海難救助飛行隊ゼーノートディーンスト:Seenotdienst)の非武装ハインケル(Heinkel)He 59 水上機による海上救難といっても、実際には、味方のドイツ側の搭乗員の救出が優先されるのは当然で、ドイツのハインケル(Heinkel)He 59 がイギリス搭乗員を救助してもそれはイギリス空軍の戦力にはならないどころか、捕虜となり尋問を受けることで、機密情報の漏洩にもつながってしまう。したがって、制空権の上でも不利な立場にあったイギリスは、ドイツ側ハインケル(Heinkel)He 59 の乗員救援活動も、イギリス側の搭乗者救出もイギリス軍に不利になるとわかっていた。そこで、ドイツ側の非武装の救難機の救助活動を認めなかったと考えられる。

ただし、イギリス側がドイツのハインケル(Heinkel)He 59の救難活動を否認すると、自国民ばかりか、アメリカや国際赤十字社など国際社会の世論から非人道的だと反発を受けてしまうかもしれない。そこで、ハインケル(Heinkel)He 59救難機が、実際は敵対的な活動、スパイ活動、偵察・誘導任務をひそかに行っていたとして、国際赤十字の保護の対象から除外するとしたと考えられる。こうして、イギリスの攻撃対象となったドイツ軍のハインケル(Heinkel)He 59 救難機は、目立つ白色の塗装、赤十字マークは廃止して、グレーン系統の迷彩塗装をして、機首・後上方・後下方防に7.92ミリMG15旋回機銃を搭載し、防御力を付与されたのである。

写真(右)1941年7月9日、オランダ、西部戦線、水上機基地にドイツのハインケルHeinkel He 59 救難機で救出され空輸護送されたイギリス空軍ブレンハイム双発爆撃機の搭乗員たち;前後には、水上機基地のドイツ空軍兵士とHe59救難機の搭乗員が見える。右端には、浅瀬の砂浜海岸にフロートで接岸している。
tormentor4555Follow.
Crew of the downed RAF Blenheim Bomber, that were rescued by German Heinkel HE-59 near the Netherlands 9th July 1941.
写真はtormentor4555・ NL.99020003引用。


国際赤十字社公認のドイツ海難救助飛行隊ゼーノートディーンスト:Seenotdienst)He59救難水上機は、非武装・全面白色塗装・赤十字マークの民間機で、敵のイギリス・カナダ・オーストラリアなど連合国側も、攻撃対象としないことを公約していた。

しかし、すぐにイギリスは、ドイツ側が国際赤十字の規約を破り、密かにスパイ偵察機として使用していると非難し、攻撃対象とするようになった。

国際赤十字社公認のドイツの海難救助飛行隊Seenotdienst)は、非武装・全面白色塗装・赤十字マークの民間機で、イギリス・カナダ・オーストラリアなど連合国側も、攻撃対象としないことを公約していた。

しかし、すぐにイギリスは、ドイツ海難救助機が、密かにスパイ偵察機として使用し国際赤十字の規約を破っていると非難し、攻撃対象とするようになった。

イギリスは、ドイツ海難救助飛行隊ゼーノートディーンスト:Seenotdienst)が、効果的に運営されていることを知ると、人命救助に危機感を高めた。その理由は、
(1)ドイツ不時着機の救助によるドイツ空軍力の回復
(2)イギリス不時着機の搭乗員「人道的救助」によるイギリス空軍戦力の無効化
(3)ドイツ軍がイギリス人捕虜へ尋問することで、ドイツ側がイギリス機密情報を取得すること
という3点で、ドイツ空軍よりも劣勢のイギリス空軍に、ドイツ機による人命救助が軍事的不利が大きかったからである。イギリスはドイツの「人道的救助」を、イギリスを弱体化させると正しく判断し、敵視したのである。ドイツHe59救難機が、イギリス近海での軍事偵察などスパイ任務に就いていたというのは、あくまでアメリカ向け、国民向けの世論操作のプロパガンダだったように思われる。



写真(右)1941年6月以降,フィンランド、迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機:ドイツのソ連侵攻に参加し、同盟国として参戦したフィンランドには、ドイツ軍が派遣された。 :左側には、水上機を陸上に引き上げるスロープ(ランプ)があるが、水上機の整備は陸上機よりも手間がかかった。場合によっては、水上の機体に搭乗員が乗り移るために小型ボートが使用される。
Finnish Air Force Heinkel He 59.
写真は,Finnish Air Force Heinkel He 59引用。


フィンランド国防軍は、総司令官 カール・グスタフ・マンネルヘイムCarl Gustaf Emil Mannerheim)元帥の下、数的に遥かに勝るソ連赤軍相手に善戦したが、ドイツからも、スカンジナビア諸国からも、英仏からも軍事援助を受けることができず、孤軍奮闘だったために、1940年3月12日に、ソ連の領土要求を受け入れて講和した。

ドイツのソビエト連邦侵攻は、1941年6月22日だが、フィンランドは、1939年11月30日から1940年3月12日の対ソビエト冬戦争に敗北していた。フィンランド軍は、総司令官 カール・グスタフ・マンネルヘイムCarl Gustaf Mannerheim)元帥の下、数的に遥かに勝るソ連赤軍相手に善戦したが、ドイツからも、スカンジナビア諸国からも、英仏からも軍事援助を受けることができず、孤軍奮闘だったために、1940年3月12日、フィンランド大統領リスト・ヘイッキ・リュティ(Risto Heikki Ryti)は、ソ連の領土要求を受け入れて、講和した。

冬戦争に敗北したフィンランド大統領リスト・ヘイッキ・リュティRisto Heikki Ryti)は、今度は、その報復として、1941年6月26日から1944年9月19日にかけて、ドイツとともに対ソビエト継続戦争を戦った。冬戦争の2カ月前から、イギリスもフランスも連合国として、ドイツと第二次世界大戦を戦っていたが、ソ連とは戦っておらず、あえてフィンランドを助けるために、ソ連と開戦するはずがなかった。

 1941年7月、フィンランド国防軍総司令官カール・グスタフ・マンネルヘイムCarl Gustaf Mannerheim)元帥の指揮の下、フィンランド軍は、フィンランド南東部、ソ連に割譲させられていたカレリア地方を攻撃し、再占領し、冬戦争で奪われた領土を取り戻しつつあった。

写真(右)1941年6月以降,フィンランド、迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機:ナチスのソ連侵攻に参加し、同盟国として参戦したフィンランドには、ドイツ軍が派遣された。 :手前には、搭乗員が乗り写るために、手漕ぎボートに乗っている。
It:n alas pakoittama saksalainen kone Lauttasaaren rannassa. Sot. virk. E. Mäkinen, valokuvaaja Sotamuseo It:n alas pakoittama saksalainen kone Lauttasaaren rannassa. Kyseessä Heinkel He 59 meritoimintakone.
写真は,Sotamuseo 引用。


1941年6月22日に、ドイツは、不可侵条約を保護にして、共産主義のソビエト連邦に侵略を開始した。すると、フィンランドは、ナチスと同盟を組んで、1939年の冬戦争で敗北して失ったカレリア地方を奪回し、ソ連ボリシェビキに報復しようと、ドイツと同盟を結んで、1941年7月からソ連に侵攻を開始した。

フィンランド国防軍は、総司令官カール・マンネルハイム(Carl Gustaf Emi lMannerheim)元帥の指揮の下、ソ連相手に善戦し、レニングラードを包囲し、住民を疲弊させ、北部の不凍港ムルマンスクを攻撃して、西側連合軍の補給物資がソ連に届かないようにする作戦を展開していた。つまり、ナチスとフィンランドは、連携して共産主義・ボリシェビキのソ連を屈服させるために共闘しており、密接な軍事同盟関係にあった。

写真(右)1941年6月以降,フィンランド、迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機:ナチスのソ連侵攻に参加し、同盟国として参戦したフィンランドには、ドイツ軍が派遣された。 :手前には、搭乗員が乗り写るために、手漕ぎボートに乗っている。
It:n alas pakoittama saksalainen kone Lauttasaaren rannassa. Sot. virk. E. Mäkinen, valokuvaaja Sotamuseo It:n alas pakoittama saksalainen kone Lauttasaaren rannassa. Kyseessä Heinkel He 59 meritoimintakone.
写真は,Sotamuseo 引用。


ドイツのソビエト連邦侵攻は、1941年6月22日だが、フィンランドは、1939年11月30日から1940年3月12日の対ソビエト冬戦争に敗北していた。冬戦争に敗北したフィンランド大統領リスト・ヘイッキ・リュティRisto Heikki Ryti)は、今度は、その報復として、1941年6月26日から1944年9月19日にかけて、ドイツとともに対ソビエト継続戦争を戦った。

冬戦争の2カ月前の1939年9月から、イギリスもフランスも連合国として、ドイツに宣戦布告し第二次世界大戦を戦っていたが、ソ連とは第二次大戦に参戦していなかった。しかし、ドイツとソ連は、1939年8月の独ソ不可侵条約Molotov–Ribbentrop Pact)で、軍事同盟に近い関係にあったから、イギリス・フランスは、フィンランドを助けるために、ソ連とい戦争する不利をするはずがなかった。

 1941年7月、フィンランド国防軍総司令官カール・グスタフ・マンネルヘイムCarl Gustaf Mannerheim)元帥の指揮の下、フィンランド軍は、反共産主義を表す青色鍵十字のハカリスティ(Hakaristi)を再び掲げて、フィンランド南東部、ソ連に割譲させられていたカレリア地方を攻撃し、再占領し、冬戦争で奪われた領土を取り戻した。そして、フィンランドは、自国領土保全・安全保障のために、旧国境を越えてソビエトを侵略し、緩衝安全地帯とする大フィンランド建国の方向に前進した。

写真(右)1941年6月以降,フィンランド、迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機:ナチスのソ連侵攻に参加し、同盟国として参戦したフィンランドには、ドイツ軍が派遣された。 :手前には、搭乗員が乗り移るために、ボートをフロートに寄せている。
It:n alas pakoittama saksalainen kone Lauttasaaren rannassa. Sot. virk. E. Mäkinen, valokuvaaja Sotamuseo It:n alas pakoittama saksalainen kone Lauttasaaren rannassa. Kyseessä Heinkel He 59 meritoimintakone.
写真は,Sotamuseo 引用。


1939年の冬戦争で失ったカレリア地方を奪還するために、1941年6月22日のドイツのソ連侵攻をチャンスととらえたフィンランド大統領リスト・ヘイッキ・リュティ(Risto Heikki Ryti)は、6月22日には、ナチスと同盟して、ソ連を敵として、継承戦争Continuation War)を開始した。

事実上、フィンランドが枢軸同盟国の一員として、ロシア帝国サンクト・ペテルスブルグ騎兵学校出身のフィンランド軍総司令官カール・マンネルハイムCarl Gustaf Emil Mannerheim :1867-1951)元帥の下に、第二次世界大戦に参加することを意味した。フィンランドは、ナチスと組んで軍事作戦を展開し、レニングラードを包囲し住民を餓死させ、不凍港ムルマンスクを攻略し、ソ連への西側連合国の輸送船団を途絶させる作戦を展開した。

しかし、1941年6月22日の継承戦争Continuation War)を始めたフィンランド側は、イギリス、アメリカには戦争を仕掛けたいとは思っていなかった。そこで、あくまで、ソ連に対して1939年の冬戦争で奪われた国土の回復を求めた防衛戦争であるとの立場を主張した。しかし、ソ連がドイツの攻勢を一国で受け止めている状況で、イギリスもアメリカも、フィンランド側の言う継承戦争Continuation War)であり、イギリス・アメリカと戦う第二次大戦への参戦ではないという身勝手な論理は受けつかなかった。これを梃子にして、ヒトラーはフィンランド軍総司令官カール・マンネルハイムCarl Gustaf Emil Mannerheim )元帥に対して、ソ連への軍事的攻勢を強化するように強く要請した。

写真(右)1941年6月以降,フィンランド、迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機:ナチスのソ連侵攻に参加し、同盟国として参戦したフィンランドには、ドイツ軍が派遣された。 :フロートにはボートが付けられていて、乗員が搭乗している最中である。
It:n alas pakoittama saksalainen kone Lauttasaaren rannassa. Sot. virk. E. Mäkinen, valokuvaaja Sotamuseo It:n alas pakoittama saksalainen kone Lauttasaaren rannassa. Kyseessä Heinkel He 59 meritoimintakone.
写真は,Sotamuseo 引用。


1942年6月4日、フィンランド軍総司令官カール・マンネルハイム元帥の75歳の誕生日に、ドイツ総統アドルフ・ヒトラーは、フィンランドにフォッケウルフFw200コンドル輸送機で出かけ、マンネルハイムを祝福し、鉄十字章を授けた。その返礼に、1942年6月27日、フィンランド、ヘルシンキ(Helsinki)郊外、マルミ(Malmi)空港から、マンネルハイムは、フォッケウルフFw200コンドルに乗ってドイツ総統アドルフ・ヒトラーの訪問に敬意を表した。

フィンランド国防軍総司令官カール・マンネルハイム(Carl Mannerheim)元帥は、1942年6月27日、ドイツ差し回しのフォッケウルフFw200コンドルに乗ってドイツの東プロイセン州ラステンブルクの総統大本営「狼の巣」を訪れ、そこで開かれていた最高指導作戦会議に出席した。マンネルハイムは、総統大本営のヒトラーを訪問しばかりではなく、引き続いて、列車でドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング国家元帥の下にも馳せ参じて、彼の下で祝宴に参加している。

当時、フィンランドは、枢軸国のナチス・ドイツの同盟国であり、反ボリシェビキ(Bolshevik)を掲げて、共産主義のソビエト連邦と戦っていた。ヒトラーは、マンネルハイムに一層激しい攻勢をソ連に仕掛けることを強く要請した。しかし、マンネルハイムは、フィンランドの国力の低さ、作戦地域の地形や天候の要害を理由にして、攻勢をかけることの困難さを訴えた。マンネルハイムは、同盟国ドイツと運命を共にするつもりは全くなく、フィンランドの国益、すなわち独立の保障の最優先していた。

写真(右)1942年9月4日,フィンランド、迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機とハインケルHe-60水上偵察機 :ともに複葉水上機で、西部戦線では低性能のために使途が制限されていたはずだが、北極戦線では、ソ連空軍が非力だったためか、使用に耐えると判断された旧式機が投入されている。
Vesitasolaivue Käkisalmessa Sot.virk. C.G. Rosenqvist, valokuvaaja Vesitasolaivue Käkisalmessa. Suurin osa miehistöä ja koko päällystö ovat eestiläisiä vapaaehtoisia. Kuvassa Heinkel He 59 ja kaksi Heinkel He 60 -konetta meripelastuskomennuskuntana. Aineistotyyppi ?Valokuva Kuvaustiedot: 1942-09-14 Sot.virk. C.G. Rosenqvist, valokuvaaja
写真は,Sotamuseo 引用。


ドイツ海軍は、イギリス本土航空決戦のために、北フランスから、ベルギー、オランダンの沿岸部にハインケル(Heinkel)He 59水上機など航空兵力を展開し、北海、大西洋で、海上哨戒、偵察、不時着した飛行兵などの救助任務に水上機や飛行艇を投入した。

写真(右)1942年9月4日,フィンランド、湖沼に不時着した迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機 :ヴィボルグ(Вы́борг:Vyborg)は、現在、ロシア連邦レニングラード州の都市でフィンランド語ではヴィープリ(Viipuri)、スウェーデン語ではヴィボリ(Viborg)の名で呼ばれていた。ドイツ語ではWiborg(ヴィボルク)と表記される。フィンランド湾に面し、カレリア地峡の北西端に位置し、レニングラードから北西130キロである。
Saksalainen lentokone Vuoksella pakkolaskun jälkeen; Kuvattuna Lankisten rannasta Lankinen Jalmari, kuvaaja 1942
Subject detail Kuvattuna Lankisten rannasta
Subject place Antrea, Viipurin lääni, Suomi
Subject date 1942 Organisation Lappeenranta museums
Collection Juha Lankisen kokoelma
Inventory ID LANKV31:12 Measurements 5 x 7 cm
写真は,Museot Finna、Lappeenranta museums M40:LANKV31:12引用。


1937年、第二次大戦勃発2年前、ドイツ海軍総司令官レーダー提督は、国防軍総司令官ブロンベルク元帥に対して、沿岸防衛の範囲に関して、ドイツ海軍とドイツ空軍との分担の取り決めを依頼したが、実際に海軍と空軍の責任範囲について協定文書がまとまったのは、戦争直前の1939年2月3日だった。これは、ドイツ海軍司令部空軍代表General der Luftwaffe beim Oberbefehlshaber der Marine)を置き、戦時には海軍司令部空軍代表を海軍総司令官の指揮下に行動するというものである。しかし、ドイツ近海を離れた海上は、ドイツ空軍の責任範囲で、ドイツ海軍が作戦行動を行う場合のみ、ドイツ海軍が哨戒偵察の責任を負うとした。また、水上艦艇同士の海戦、航空機による機雷敷設については、海軍と空軍の合意のもとに、実施するとした。

写真(右)1942年9月4日,フィンランド、湖沼に不時着した迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機 :ヴィボルグ(Вы́борг:Vyborg)は、現在、ロシア連邦レニングラード州の都市でフィンランド語ではヴィープリ(Viipuri)、スウェーデン語ではヴィボリ(Viborg)の名で呼ばれていた。ドイツ語ではWiborg(ヴィボルク)と表記される。フィンランド湾に面し、カレリア地峡の北西端に位置し、レニングラードから北西130キロである。複葉水上機で、西部戦線では低性能のために使途が制限されていたが、北極戦線では、ソ連空軍が非力だったためか、旧式機が投入されている。
Saksalainen lentokone pakkolaskun jälkeen Lankisten rannassa; Taustalla Kuukaupin sillan rauniot Lankinen Jalmari, kuvaaja 1942
Subject detail Taustalla Kuukaupin sillan rauniot
Subject place Antrea, Viipurin lääni, Suomi
Subject date 1942 Organisation Lappeenranta museums
Collection Juha Lankisen kokoelma Inventory ID LANKV31:11
Measurements 9 x 16 cm Photo info: 1942 5 x 7 cm
写真は,Museot Finna、Lappeenranta museums M40:LANKV31:12引用。


1944年6月のノルマンディ侵攻で、西側連合軍地上軍が西ヨーロッパでドイツ軍を圧倒し、ドイツの敗戦が確実になる中、1944年8月8日にエドウィン・リンコミエス首相(日本の勲一等旭日大綬章佩用)は辞任、後任首相には、アンッティ・ハックゼル(Antti Hackzell)が就いた。そして、フィンランド大統領フィンランド大統領リスト・ヘイッキ・リュティRisto Heikki Ryti)も辞職し、8月4日にフィンランド国防軍総司令官カール・グスタフ・マンネルヘイムCarl Gustaf Mannerheim)元帥が後継の大統領に就任した。

1944年8月4日、新たにフィンランド大統領に就任したカール・マンネルハイム(Carl Mannerheim)元帥は、1944年9月19日、モスクワ休戦協定を結んで、事実上、ソ連に降伏した。講和条件は、カレリア地峡・ペッツァモの譲渡、戦争賠償金の支払い、フィンランド国内におけるソ連軍の基地使用、ドイツ軍のフィンランドからの排除(事実上の対ドイツ戦争)である。

図(右)、ハインケル(Heinkel)He 59 B-2水上偵察機三面図
Heinkel He 59B-2 Category WW2 Airplanes
ID Heinkel Width x height 1487 x 1051 px
Source Dr Dan Saranga 90.716 Blueprints online 22.800 Vector drawings for sale
写真は,the-blueprints.com Heinkel He 59B-2 引用。


ハインケルHeinkel He 59 D 水上偵察機 (He 59 B-2)の諸元 乗員Crew: 4
全長Length: 17.4 m (57 ft 1 in)
全幅Wingspan: 23.7 m (77 ft 9 in)
全高Height: 7.1 m (23 ft 4 in)
主翼面積Wing area: 153.2 m2 (1,649 sq ft)
空虚重量Empty weight: 5,010 kg (11,045 lb)
総重量Gross weight: 9,119 kg (20,104 lb)
発動機Powerplant: BMW VI 6.0 倒立V-12気筒液令エンジン 660 PS (485 kW)
圧力比compression ratio 6:1
プロペラPropellers: 4翅固定ピッチ(fixed-pitch)

図(右)1940年、ハインケル(Heinkel)He 59 D 海上救難機の三面図:非武装・全面白色塗装・赤十字マークの国際赤十字社後任のドイツ民間機で、敵のイギリス・カナダ・オーストラリアなど連合国側も、攻撃対象としないことを公約していた。しかし、すぐにイギリスは、ドイツ側が国際赤十字の規約を破り、密かにスパイ偵察機として使用していると非難し、攻撃対象とするようになった。(1)ドイツ不時着機の救助によるドイツ空軍力の回復、(2)イギリス不時着機の搭乗員「人命救助」によるイギリス人捕虜への尋問によるドイツ側の情報入手、という二つの利点があったため、イギリスはドイツの「人道的行為」を、イギリスを弱体化させると正しく判断し、攻撃対象としたようだ。
Heinkel He 59D Category WW2 Airplanes ID Heinkel Width x height 975 x 1211 px Source Dr Dan Saranga 90.716 Blueprints online 22.800 Vector drawings for sale
写真は,the-blueprints.com,Heinkel He 59B-2 引用。


ハインケルHeinkel He 59水上偵察機 (He 59 B-2)の性能Performance
最高速力Maximum speed: 221 km/h (137 mph, 119 kn)
巡行速力:205 km/h
航続距離Range: 942 km (585 mi, 509 nmi)
長距離移動Ferry range: 1,530 km (950 mi, 830 nmi) /500L2個の補助燃料タンク
実用上昇限度Service ceiling: 3,500 m (11,500 ft)
上昇時間Time to altitude: 1,000 m (3,281 ft)/4 分 42 秒 2,000 m (6,562 ft) / 11 分 12 秒
離陸滑走距離:500m
兵装Armament
7.92 mm (.312 in) MG 15 旋回機関銃3丁(機首nose, 後上方dorsal、後下方ventral)
爆弾Bombs: :2× 500 kg (1,100 lb)
4 × 250 kg (551 lb)
20× 50 kg (110 lb) bombs
1 × 800 kg (1,764 lb)魚雷


ハインケルHe-59水上救難機

ヘルマン・ゲーリングHermann Göring)のドイツ空軍第一航空軍Luftflotte 1)に属していたJG54は、1941年6月21日、バルバロッサ作戦初日,ヴィルヘルム・リッター・フォン・レープWilhelm Ritter von Leeb)元帥を司令官とする北方軍集団(レープ元帥)を支援し、フィンランド、バルチック海周辺、レニングラードで戦った。1941年から1943年には、JG54は、レニングラード包囲戦、イイリメニ湖周辺のソ連軍攻撃のために、フィンランドにも駐屯した。


2.ハインケル He-60水上艦載偵察機

写真(右)1933年頃,ドイツ軍ハインケル(Heinkel)He 60水上艦載偵察機 :機体は尾翼にドイツ軍伝統の黒白赤三色ストライプの国章を描いている。1935年に再軍備宣言がされると、ドイツ空軍が創設され、尾翼の国章は、赤帯に白丸とハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)を描いた国章とされた。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID: 46168834 - Catalog: 16_007364 - Title:San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46168834引用。


 ハインケルHe 60は、He 59と同じラインホルト・メーヴェス設計になる木材/金属混合構造、羽布張りの単発複葉水上機で、当時の標準的な保守的スタイルだった。試作機はBMW液冷エンジン660馬力を搭載、1933年初飛 ハインケルHe 60水上艦載偵察機がドイツ海軍に試験的に配備されたのは1933年のヒトラー政権下で、1934年からHe 60がドイツ海軍艦隊の艦載水上偵察機として配備された。1936年のスペイン内戦にも実戦投入されたが、1939年の第二次世界大戦時には、後続の艦載水上偵察機アラド Ar 196に代替されていた。

ドイツ帝国軍は、第一次大戦の敗戦後、ベルサイユ条約によって、陸軍は10万人規模に大幅に縮小され、参謀本部も廃止、戦争遺憾の保有禁止、航空兵力の保有禁止と束縛された。しかし、ドイツ帝国軍人が引き継いだドイツ共和国軍は、密かにフライコール(義勇軍)を擁立して陸軍の拡充を図り、火砲や戦車を外国で子会社や外国企業と開発した。また、共和国時代から、スポーツ航空や民間航旅客・貨物・郵便・通信航空を隠れ蓑に、軍用機を開発していた。その時代は、プロシア以来のドイツ軍伝統の黒白赤三色ストライプを尾翼に描いで国章としていた。

⇒写真集:Albumハインケル(Heinkel)He 60 複葉水上偵察機を見る。


3.艦載水上偵察機ハインケルHe-114

写真(右)1938-1939年9月以前、ドイツ、2翅プロペラ装備のハインケルHe 114V-4 水上偵察機試作4号機(登録コード:D-IOGD):試作機(Prototype)としてBMW132D空冷星形9気筒エンジンを搭載、3翅ではなく2翅プロペラ装備。第二次大戦が始まる前なので、ナチ党政権下のドイツ軍国籍マークとして、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカ(カギ十字:卍)を描いている。
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935975 - Catalog:16_005290 - Title:Heinkel He 114V-4 Nowarra photo - Filename:16_005290.TIF - - - - - - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID: 43935975 引用。


ハインケルHe 114水上偵察機は、成功作とはいえず、前作のHe60水上偵察機と代わり映えしない飛行性能で、安定性が悪かったために、生産機数は98機と少なかった。前作のHe60水上偵察機は、飛行性能は低かったが、使いやすいために、前線では長い期間、使用された。他方。1939年に搭乗したアラドAr-196単葉機は、成功作だったため、艦載水上偵察機として普及したこともあって、ドイツにおけるHe114水上偵察機の使用期間は短かった。

⇒写真集:Albumハインケル(Heinkel)He 114水上偵察機を見る。


4.双発水上偵察機ハインケル(Heinkel)He-115

写真(右)1940年、西部戦線、ドイツ、飛行中のドイツのハインケル(Heinkel)He 115水上偵察機;枢軸軍の双フロート双発以上の水上機には、ハインケルHe115のほかハインケルHe59救難機、イタリア軍のCASA RS.C14水上偵察機、カント Z.506 水上偵察爆撃機などがあり、いずれも飛行性能は、秀でているわけではないが、堅牢な構造で、使いやすい機体だった。
Collectie NIOD
Trefwoorden Luftwaffe, Vliegboten, Vliegtuigen
Locatie Naam: Federal Republic of Germany Land: Germany
Bijschrift Heinkel vliegboot, He 115. Type Foto
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 128引用。


ハインケルHe 115水上機は、対艦船攻撃用に、ドイツ空軍が1941年から使用した代表的な航空魚雷LT I A1 F5bを1本、あるいはSD 500爆弾(500 kg)か SC 250爆弾(250 kg)を搭載したが、後に、航空機雷LMB III あるいは LMAを搭載し、空中機雷敷設の任務にも投入された。

枢軸軍の双フロート双発以上の水上機には、ハインケルHe115のほかハインケルHe59救難機、イタリア軍のフィアットCMASA RS.C14水上偵察機、カントZ.506 水上偵察爆撃機 などがあり、いずれも飛行性能は、秀でているわけではないが、堅牢な構造で、使いやすい機体だった。

ハインケル(Heinkel)HE 115 C-1水上機は、発動機は BMW 132K空冷星形9気筒エンジン856馬力2基を装備し、乗員3名で、全長 17.30 m、全幅 22.28 m、全高 6.59 m、空虚重量 6680 kg、最大重量 10390 kgの大型水上機である。最高速力は 355 km/hと遅く、実用上昇限度も 6500 mと低かったが、航続距離は 3350 kmと長いうえに、兵装は、機首に15ミリMG 151機関銃1丁、機首・胴体後方などに7.92ミリMG15旋回機銃最大6丁を装備し、爆弾・魚雷・機雷など最大 1250 kgまで搭載可能だった。
ハインケル(Heinkel)HE 115 C-1型水上機の性能は、偵察機というより、攻撃機に近く、HE115は、事実上、水上偵察攻撃機と見なすことができる。

⇒写真集:Albumハインケル(Heinkel)HE 115 水上偵察機を見る。


5.アラド(Arado)Ar-196水上偵察機

ハインケルHe 60複葉水上偵察機は、1935年の再軍備の過程で旧式化することは避けられず、1936年にドイツ航空省(RLM)は、フォケウルフ社とアラド社に新機種の開発を依頼した。試作要請を受けて、アラド社は、当時としては先進的な金属製単葉機を設計し、5機の試作機を受注することができた。1937年から1938年に、2機が双フロート式水上機Ar 196A、3機が単フロート(両翼に補助フロート装着)水上機Ar 196Bとして試作機が完成した。そして、水上と飛行中の安定性のよさから、安定性に勝る双フロート式のアラドAr196Bが採用されることになった。胴体構造は、鋼管骨組、前部金属張り、後部羽布張り、主翼は金属張り(エルロンは羽布張)だった。


アラドAr-196水上偵察機諸元
乗員:2名
全長: 11.0メートル,全幅: 12.5メートル
翼面積: 28.4平方メートル
自量: 2トン,全備重量: 3.7トン
エンジン: BMW132 空冷 960馬力1基
最高時速: 320キロ
航続距離: 1000キロ,上昇限度: 7,000メートル
武装: 20ミリMG-FF機関砲2門,7.92ミリMG17機銃2丁
50キロ爆弾2発
初飛行1937年5月
生産開始1938年11月からで、1944年3月までに540機が産された。

⇒写真集:Albumアラド(Arado)Ar-196水上偵察機を見る。

アラドAr 196水上偵察機が部隊配備されたのは、第二次世界大戦の勃発した1939年9月からである。その後、主翼の7.92ミリMG17機関銃(左右合計2丁)を20ミリMG-FF機関銃(合計2丁)にう強化したA-2型が主力となった。活動海域は、主に大西洋、北海、バルト海だが、黒海、地中海方面でも使用されている。アラドAr 196水上偵察機は、1944年までに500機が製造された。第二次大戦の全期間を通じて、ドイツ海軍の水上偵察機として活躍した。


6.ブローム・ウント・フォス (Blohm & Voss )BV-138飛行艇


写真(右)1945年、第二次大戦後、ドイツ、キール、ドイツ軍から鹵獲したブローム・ウント・フォス (Blohm & Voss )BV-138飛行艇を点検するイギリス海軍軍予備軍ドブスン中佐ら先遣部隊
;機体には小銃弾らしい弾痕が列をなしているが、これは占領したイギリス軍が気まぐれに発砲を楽しんだためであろう。このような無秩序な仲間の兵士の破壊・掠奪を抑え、戦利品を確保するのが、先遣隊の役割の一つだった。
Object description Lieut Cdr (A) W Dobson RNVR, attached to the Advanced Naval Party at Kiel, inspecting a captured German Blohm and Voss seaplane.
Related period Second World War (production), Second World War (content) Creator McNeill, M H A (Lt) Catalogue number A 29084 Part of ADMIRALTY OFFICIAL COLLECTION
写真は, Imperial War Museums Catalogue number A 29084引用。


1945年、第二次大戦後、ノルウェー北部、ナルビク北150キロ、トロムス県トロムソ、ドイツ軍が放棄したブローム・ウント・フォス (Blohm & Voss )BV-138飛行艇をノルウェー軍が鹵獲し使用した。

⇒写真集Album:ブロームウントフォッス(Blohm & Voss)BV-138偵察飛行艇を見る。


8.ドルニエ(Dornier)Do-22水上偵察機

1938年7月15日初飛行のドイツの輸出仕様ドルニエ(Dornier)Do 22複葉偵察機は、陸上型と水上機型がある。1939年9月の第二次世界大戦勃発で戦備増強を図ったギリシアがDo22Kg複葉偵察機12機を、ユーゴスラビアがDo22Kj複葉偵察機12機を輸入した。


写真(右)1943年7月29日、フィンランド、水上基地に帰還し負傷者を降ろすフィンランド空軍ドルニエ(Dornier)Do 22 Kf 水上偵察機
:ドイツのドルニエ(Dornier)Do 22はギリシャに輸出され、それがドイツ軍に鹵獲されて、同盟国フィンランドに供与された機体である。
28.-29.7.1943 oli Metsätaistelukurssin ohjelmassa kaukopartiotoimintaa. Haavoittunut nostetaan lentokoneeseen, jolla kuljetus omalle puolelle tapahtuu. Lentokone on Dornier Do 22. Sotamuseo Kuvaustiedot 1943-07-29 Kersantti N.Verronen, valokuvaaja
写真はThe Finnish Defence Forces、Museot Finna・sa-kuva-140104引用。


ドルニエ(Dornier) Do 22の諸元
乗員Crew: 3名 (操縦士、銃手、通信士)
全長Length: 13.12 m (43 ft 1 in)
全幅Wingspan: 16.2 m (53 ft 2 in)
全高Height: 4.85 m (15 ft 11 in)
主翼面積Wing area: 45 m2 (480 sq ft)
空虚重量Empty weight: 2,600 kg (5,732 lb)
総重量Gross weight: 4,000 kg (8,818 lb)
発動機Powerplant: 1 × イスパノスイザ(Hispano-Suiza) 12Ybrs 液令V-12 気筒エンジン 641 kW (860 hp)
性能Performance
最高速力Maximum speed: 350 km/h (220 mph, 190 kn) at 3,000 m (9,800 ft)
巡行速力Cruise speed: 310 km/h (190 mph, 170 kn)
航続力Range: 2,300 km (1,400 mi, 1,200 nmi)
実用上昇限度Service ceiling: 9,000 m (30,000 ft)
上昇時間Time to altitude: 5,000 m (16,000 ft) / 13 分
兵装Armament
2 × 7.92 mm (0.312 in) MG 15 機関銃(後上方・下方)
1 × 7.92 mm (0.312 in) MG 17 機関銃(機首固定)
Bombs: 1 × 800 kg (1,800 lb) 魚雷あるいは 4 × 50 kg (110 lb) 爆弾

⇒写真集Album:ドルニエ(Dornier) Do 22Kf 水上偵察機を見る。



2011年7月刊行の『写真・ポスターに見るナチス宣伝術-ワイマール共和国からヒトラー第三帝国へ』青弓社(2000円)では、反ユダヤ主義、再軍備、ナチ党独裁、第二次世界大戦を扱いました。
 ここでは日本初公開のものも含め130点の写真・ポスターを使って、ヒトラーの生い立ち、第一次大戦からナチ党独裁、第二次大戦終了までを詳解しました。
バルカン侵攻、パルチザン掃討戦、東方生存圏、ソ連侵攻も解説しました。


◆毎日新聞「今週の本棚」に『写真・ポスターから学ぶ戦争の百年 二十世紀初頭から現在まで』(2008年8月25日,青弓社,368頁,2100円)が紹介されました。ここでは,第二次大戦,ユダヤ人虐殺・強制労働も分析しました。

ナチスの優生学と人種民族:Nazis & Racism
ナチスの再軍備・人種差別:Nazism & Racism
ナチスT4作戦と障害者安楽死:Nazism & Eugenics
ドイツ国防軍のヒトラー反逆:Ludwig Beck
ゲオルク・エルザーのヒトラー暗殺未遂:Georg Elser
ポーランド侵攻:Invasion of Poland;第二次大戦勃発
ワルシャワ・ゲットー写真解説:Warsaw Ghetto
ウッジ・ゲットー写真解説:Łódź Ghetto
ヴィシー政権・反共フランス義勇兵:Vichy France :フランス降伏
バルカン侵攻:Balkans Campaign;ユーゴスラビア・ギリシャのパルチザン
バルバロッサ作戦:Unternehmen Barbarossa;ソ連侵攻(1)
スターリングラード攻防戦;Battle of Stalingrad :ソ連侵攻(2)
ワルシャワゲットー蜂起:Warsaw Uprising
アンネ・フランクの日記とユダヤ人虐殺:Anne Frank
ホロコースト:Holocaust;ユダヤ人絶滅
アウシュビッツ・ビルケナウ収容所の奴隷労働:KZ Auschwitz
マウトハウゼン強制収容所:KZ Mauthausen
ヒトラー:Hitler
ヒトラー総統の最後:The Last Days of Hitler<
ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He111爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-188爆撃機/Ju388高高度偵察機
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機/夜間戦闘機
ドイツ空軍(Luftwaffe)メッサーシュミット戦闘機
ドイツ空軍フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw-190戦闘機
ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥

2018年9月3日開設、2021年11月15日増補の鳥飼研究室へのご訪問ありがとうございます。データ引用の際は,出所を明記するか,リンクをしてください。
連絡先: torikai007@yahoo.co.jpp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
東海大学HK社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Fax: 0463-50-2078
Flag Counter


Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 10,000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.
Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2018 All Rights Reserved.