Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内

◆双発水上機ハインケルHe59救難機/水上偵察機
写真(右)1940-1941年、イギリス本土航空決戦時、木製桟橋に待機しているドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59水上偵察機/救難機
;1930年にドイツ海軍が、ハインケルに観測/標的曳航機の試作機開発を要求したが、当時、1919年のヴェルサイユ条約によって、ドイツは軍用飛行機の開発も保有も一切禁止されていた。しかし、ハインケルは、スウェーデンで軍用機を開発し、双発複葉のHe 59試作機を1931年に初飛行させた。
Vliegers lopen vanaf het Zeeburgereiland over de steiger naar hun toestel. militairen en een Duitse herdershond in de Arado Ar 196. Nadat de Britse overheid medio juli 1940 had afgekondigd dat de wit gespoten HE 59’s evengoed zouden worden neergeschoten, kregen deze toestellen alsnog camouflagekleuren en militaire kentekens. Op de foto loopt een bemanning van de 6. Seenotstaffel vanaf het Zeeburgereiland over de steiger naar hun toestel. De opname dateert vermoedelijk uit de tweede helft van 1940 of 1941.
写真は Nederlands Instituut voor Militaire Historie: Defensie.nl引用。

写真(上)1940年5月10日、オランダ、イギリス本土航空決戦時、ドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59水上偵察機/救難機
北海の偵察と不時着した航空機搭乗員を救助する任務に就いた。第二次大戦時には旧式化していたが、北海、大西洋方面で、偵察と不時着した航空機搭乗員を救助する任務に就いた。
Collectie Fotoafdrukken Koninklijke Luchtmacht Beschrijving Duits watervliegtuig, Heinkel He 59, glijdt met hoge snelheid over het water van een rivier. Plaats Rotterdam, Zuid-Holland, Nederland Datering van 1940-05-10 Trefwoorden Heinkel, watervliegtuigen, vliegtuigen Vervaardiger Onbekend Copyright NIMH Bijzonderheden De tekst die bij de foto is gevoegd, luidt: "Een Heinkel He 59 landt hier met Luftlandestruppen op de Maas bij Rotterdam".
写真はNIMH Beeldbank.defensie.nl・Objectnummer 2157_008299 引用。

1.ハインケル He-59双発水上救難機

ハインケルHe115の前作といえるのが、He 59双発水上救難機は、双発の偵察機/雷撃機で、ラインホルト・メーヴェス(Reinhold Mewes)設計になる。当初のHe 59には、水上型と陸上型があったが、大半は双フロート付の水上機型である。第二次世界大戦にも投入され、白色塗装、赤十字マークを付けた海難救助機として活躍した。

写真(右)1935年頃,ドイツ軍のハインケル(Heinkel)He 59L偵察機の陸上機型:1931年9月、2基を装備して初飛行したハインケル(Heinkel)He 59偵察機は、陸上型と水上型があったが、結局、142機が量産されたが、ほとんどは水上型だった。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46168732 - Catalog:16_007356 - Title:Heinkel He 59L Nowarra Collection - Filename:16_007356.TIF -
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive, PictionID: 46168732引用。


写真(右)1935年頃,ドイツ軍のハインケル(Heinkel)He 59b 偵察機双フロート付き水上機型試作機V2(プロトタイプ) :陸上木型と水上機型が同時に試作されたが、採用されたのは水上機型だけだった。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46168744 - Catalog:16_007357 - Title:Heinkel He 59b prototype of floatplane version Nowarra Collection - Filename:16_007357.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46168758引用。


ドイツ機の国籍記章は、1933年1月末、ナチ党政権となってから、当初は、黒白赤三色ストライプの国章だったが、1935年以降、再軍備宣言がなされ、ドイツ空軍が創立されると、赤帯に白丸とハーケンクロイツを描いた国章が決まった。その後、1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、赤帯と白丸は目立つために敵からの標的にされやすかった。そこで、黒色のハーケンクロイツのみが小さく描かれるように変更された。

写真(右)1935年-1939年,ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He 59b 水上偵察機 :ドイツ空軍の国籍記章は、1933年1月末、ナチ党政権となってから、当初は、黒白赤三色ストライプの国章だったが、1935年以降は、赤帯に白丸とハーケンクロイツを描いた国章とされた。その後、1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、赤帯と白丸は目立つために敵からの標的にされやすかった。そこで、黒色のハーケンクロイツのみが小さく描かれるように変更された。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46168758 - Catalog:16_007358 - Title:Heinkel He 59b Nowarra Collection - Filename:16_007358.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46168758引用。


写真(右)1935年、ドイツ、ロストック、海上を滑走するドイツ海軍ハインケル(Heinkel)HE 59 双発水上偵察機;白色の塗装を施しているので、救難機として使用されている様だ。
Collectie Foto Technische Dienst Luchtvaartafdeeling Beschrijving Duitse Heinkel He 59 (drijvervliegtuig) tijdens de start. Ontworpen als torpedobommenwerper en verkenner. Plaats Rostock, Duitsland Datering van 1935 Datering tot 1935 Trefwoorden Foto Technische Dienst Luchtvaartafdeeling, Luchtvaartafdeeling, torpedobommenwerpers, bommenwerpers, verkenningsvliegtuigen, vliegtuigen, watervliegtuigen, vliegtuigen, Heinkel He 59, bommenwerpers Copyright CC-BY-4.0
写真は, Nederlands Instituut voor Militaire Historie (NIMH): Bijzonderheden K22-403 引用。


写真(右)1940-1941年頃、西部戦線、オランダ(?)、陸上に引揚げられたドイツ海軍ハインケル(Heinkel)HE 59 双発水上偵察機;双フロートに車輪付き台座を装着し、トレーラーで牽引して、陸上の基地に引揚げた。ドイツ海軍は、イギリス本土航空決戦のために、北フランスから、ベルギー、オランダンの沿岸部に航空兵力を展開し、北海、大西洋で、海上哨戒、偵察、不時着した飛行兵などの救助任務に水上機や飛行艇を投入した。
De onderhoudswerkzaamheden aan de watervliegtuigen vonden op de wal plaats. Op de foto wordt een He 59 reddingsvliegtuig na een inspectie door een tractor weer uit de hangaar getrokken voor de tewaterlating.
Nederlands Instituut voor Militaire Historie Defensie beschermt wat ons dierbaar is. Een HE 59 taxiet weg van een aanlegsteiger op Schellingwoude.
写真は, Nederlands Instituut voor Militaire Historie (NIMH): Beeldnummer 128引用。


写真(右)1940-1941年頃、西部戦線、オランダ(?)、陸上に引揚げられたドイツ海軍ハインケル(Heinkel)HE 59 双発水上偵察機;双フロートに車輪付き台座を装着し、トレーラーで牽引して、陸上の基地に引揚げた。ドイツ海軍は、イギリス本土航空決戦のために、北フランスから、ベルギー、オランダンの沿岸部に航空兵力を展開し、北海、大西洋で、海上哨戒、偵察、不時着した飛行兵などの救助任務に水上機や飛行艇を投入した。
De onderhoudswerkzaamheden aan de watervliegtuigen vonden op de wal plaats. Op de foto wordt een He 59 reddingsvliegtuig na een inspectie door een tractor weer uit de hangaar getrokken voor de tewaterlating.
Nederlands Instituut voor Militaire Historie Defensie beschermt wat ons dierbaar is. Een HE 59 taxiet weg van een aanlegsteiger op Schellingwoude.
写真は, Nederlands Instituut voor Militaire Historie (NIMH): Beeldnummer 128引用。


ドイツ語「U-Boot(ウーボート:Unterseeboot)」とは、水面下の艦船の意味で、狭義には、ドイツ海軍の潜水艦を意味する。英語でもU-Boat(ユーボート)といわれるが、これも第一次世界大戦および第二次世界大戦でイギリス本土を封鎖しようとした敵国ドイツ海軍の潜水艦を指示している。Uボートは、ハンブルクを中心としたブローム・ウント・フォスBlohm & Voss)など造船所で建造され、ドイツ海軍潜水艦隊司令長官(BdU)カール・デーニッツKarl D6ouml;nitz)提督の指揮下に置かれた。第二次大戦当初、レーダーを搭載しておらず、目標とする敵艦船を目視によって発見するしかなかった。また、海面上5メートルもない潜水艦艦橋からの視界は限られており、敵発見は天候・気象にも依存した困難な任務だった。

 敵艦船発見を容易にするため、潜水艦の目となるような航空機によって、洋上哨戒偵察をすることが考えられた。しかし、ドイツでは空飛ぶ兵器、軍用機はみなドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリングHermann Goering)の指揮下に置くという原則があった。そのため、ドイツ海軍航空隊は、海軍艦艇に搭載する偵察用艦載水上機程度しか保有を許されなかった。その後、1941年3月にはドイツ空軍第三航空軍の下に、大西洋司令部(Fl.F.Atlantic) が置かれ、ドイツ海軍潜水艦隊司令長官(BdU)と連携して、水上基地航空部隊や洋上航空部隊の作戦が展開されるようになった。特に、フォッケウルフFw200コンドル長距離偵察哨戒機を配備した第40爆撃航空団第1飛行隊(I/KG40)は、ドイツ海軍潜水艦隊司令長官(BdU)カール・デーニッツKarl D6ouml;nitz)提督隷下の潜水艦Uボートと連携した交通破壊戦に参加し、大きな戦果を挙げた。


写真(右)1940-1941年頃、ノルウェー、トロンヘイム、ドイツ空軍ハインケルHe59救難機(?W-HN)
;波の静かなフィヨルドに停泊している機体に、小型のゴムボートを漕いでHe59に乗り移ろうとしている搭乗員。海岸にフロートで接岸しているが、機体中央側面にある機内への出入り口扉が開いている。
Flyet er en Heinkel 59. Identifier: RAU.0003-00092 Institution: Romsdalsmuseet Date published: March 15, 2014 Date updated: April 19, 2015 DIMU-CODE: 011012695861 UUID: 39e28baf-055e-4339-a612-e3fba8cdad52
写真はRomsdalsmuseet ・Identifier: RAU.0003-00092 引用。



写真(右)1941年、ノルウェー、ドイツ空軍第76駆逐戦闘団所属のハインケルHeinkel He 59E救難機(登録コード:6J+ZK)
;浅瀬の砂浜海岸にフロートで接岸しているが、双フロート(浮舟)の後端に整備員らしき人物2人が作業をしている。第76駆逐戦闘団は、ノルウェーからイギリス北部の空襲をする爆撃機部隊の長距離護衛Bf110戦闘機部隊である。その洋上進出際に不時着しても、搭乗者を救出できるように、水上救難機が配備されている。
Soldater og fly, et Heinkel He 59E, i Trondheim, 1940-1945. Fotografering:1940 - 1945 Eierskap Aksesjon:1988 Part of collection:Nord-Troms Museum Owner of collection:Nord-Troms museum Institution: Nord-Troms Museum Date published:August 11, 2014 Date updated:November 30, 2017
写真はNorsk Luftfartsmuseum・Identifier: NTRMF39-06121引用。



写真(右)1940-1941年頃、ノルウェー、トロンヘイム、ドイツ空軍ハインケルHe59救難機E型(登録コード:6J+ZK)
;第76駆逐戦闘団は、ノルウェーからイギリス北部の空襲をする爆撃機部隊の長距離護衛Bf110戦闘機部隊である。その洋上進出際に不時着しても、搭乗者を救出できるように、水上救難機が配備されている。浅瀬の砂浜海岸にフロートで接岸しているが、機体後方に多数のドイツ軍将兵が集まっている。この機体に乗って輸送してもらうのか。
Soldater og fly, muligens et Henkel 59, Trondheim, 1940-1945.Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Avbildet sted: Trondheim Fotografering: 1940 - 1945 Identifier: NTRMF39-06122 Part of collection: Nord-Troms Museum Owner of collection: Nord-Troms museum Institution: Nord-Troms Museum Date published: August 11, 2014 Date updated: October 31, 2014 DIMU-CODE: 011014213736 UUID: E807DFB8-6FEA-4289-A8F3-49B00766D8D2
写真はNord-Troms Museum・Identifier: NTRMF39-06122 引用。


写真(右)1941年、ノルウェー、ドイツ空軍第76駆逐戦闘団所属のハインケルHeinkel He 59 救難機(登録コード:6J+ZK);浅瀬の砂浜海岸にフロートで接岸しているが、双フロート(浮舟)の後端に整備員らしき人物2人が作業をしている。第76駆逐戦闘団は、ノルウェーからイギリス北部の空襲をする爆撃機部隊の長距離護衛戦闘機部隊である。その洋上進出際に不時着しても、搭乗者を救出できるように、水上救難機が配備されている。
1 fly ved strandkanten, delvis oppe på land, Heinkel He 59 6J+ZK fra ZG.76. Sett skrått bakfra, hakekors på halepartiet. Flere personer på stranda og ved flyet. Bak sees et større våningshus. Fotografering: 1941 Identifier: NL.99020002 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 19, 2014 Date updated: December 19, 2014 DIMU-CODE: 021015697391 UUID: BBC4D53D-C12D-4FE3-804D-DC5B9F4ABD1D
写真はNorsk Luftfartsmuseum・Identifier: NL.99020001 引用。



写真(右)1941年、ノルウェー、ドイツ空軍第76駆逐戦闘団所属のハインケルHeinkel He 59 救難機(登録コード:6J+ZK)
;浅瀬の砂浜海岸にフロートで接岸しているが、双フロート(浮舟)の後端に整備員らしき人物2人が作業をしている。第76駆逐戦闘団は、ノルウェーからイギリス北部の空襲をする爆撃機部隊の長距離護衛戦闘機部隊である。その洋上進出際に不時着しても、搭乗者を救出できるように、水上救難機が配備されている。
1 fly ved strandkanten, delvis oppe på land, Heinkel He 59 6J+ZK fra ZG.76. Sett skrått bakfra, hakekors på halepartiet. Flere personer på stranda og ved flyet. Bak sees et større våningshus. Fotografering: 1941 Identifier: NL.99020002 Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 19, 2014 Date updated: December 19, 2014 DIMU-CODE: 021015697391 UUID: BBC4D53D-C12D-4FE3-804D-DC5B9F4ABD1D
写真はNorsk Luftfartsmuseum・Identifier: NL.99020002 引用。


写真(右)1941年頃、ノルウェー、トロンヘイム、ドイツ空軍第76駆逐戦闘団所属のハインケルHeinkel He 59 救難機(登録コード:6J+ZK);浅瀬の砂浜海岸にフロートで接岸している。
1 fly ved strandkanten, delvis oppe på land, Heinkel He 59 6J+ZK fra ZG.76. Sett skrått bakfra, hakekors på halepartiet. Flere personer på stranda og ved flyet. Bak sees et større våningshus.
Fotografering: 1941 Metadata Copies:1 Positivkopi, svart/hvitt, Arkivkopi Identifier: NL.99020003 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 19, 2014 Date updated: December 19, 2014
写真はNord-Troms Museum・ NL.99020003引用。


写真(右)1940-1941年頃、ノルウェー、トロンヘイム(?)、ドイツ海軍ハインケルHe59救難機と沖に停泊中のドイツ海軍巡洋戦艦「クナイゼナウ」;交通破壊戦用のドイツ海軍巡洋戦艦「クナイゼナウ」は、1938年5月21日の就役の新鋭艦で、主砲は28センチ三連装砲塔3基9門。
Oppklaringsflyet, det lette bombeflyet Heinkel 59 med slagskipet Gneisenau i bakgrunnen. Tilhører samling av fotografier tatt av ukjente tyske soladater under 2.verdenskrig. Bildene var sendt inn til framkalling og kopiering hos Harald Renbjørs fotoforretning i Levanger. Familen Renbjør dobbeltkopierte noen av fotografiene og beholdt en kopi selv. Dette var strengt ulovlig. Mest sannsynlig gjorde de dette av etterretningsgrunner for motstandsbevegelsen eller på eget initiativ.
Identifier: LEM.018.19.07 Institution: Levanger Fotomuseum Date published: October 15, 2014 Date updated: March 16, 2018 DIMU-CODE: 011015437709 UUID: C9A915AB-6A1A-4023-BBBC-AC80E6A8D899
写真はLevanger Fotomuseum・Identifier: NTRMF39-06122 引用。



写真(上)1940-1943年頃、ノルウェー侵攻、飛行中のハインケルHe59水上機

Heinkel 59. med flottører. Tilhører samling av fotografier tatt av ukjente tyske soladater under 2.verdenskrig. Bildene var sendt inn til framkalling og kopiering hos Harald Renbjørs fotoforretning i Levanger. Familen Renbjør dobbeltkopierte noen av fotografiene og beholdt en kopi selv. Dette var strengt ulovlig. Mest sannsynlig gjorde de dette av etterretningsgrunner for motstandsbevegelsen eller på eget initiativ. Fotografering 1940 - 1945 Ukjent tysk soldat.
Part of collection Levanger Fotomuseum Owner of collection Levanger Fotomuseum Institution Levanger Fotomuseum Date published October 15, 2014 Date updated March 16, 2018 DIMU-CODE 011015437716
写真はLevanger Fotomuseum ・Identifier LEM.018.20.07 引用。


図(右)1940年、ノルウェー侵攻最中のハインケルHe59水上機のスケッチ
Tysk sjøfly av typen He 59 evakuerer de første tyske sårede fra Sund. Kampene i Norge 1940, bind 2, side 124.
Specific subject terms Kampene i Norge 1940 Part of collection FMU Owner of collection Forsvarsmuseet Institution Forsvarets museer Date published March 17, 2014 Date updated September 1, 2018 DIMU-CODE 011012727451
写真はForsvarsmuseet ・Identifier FMU.400390 引用。


ハインケルHe59水上機は、木金混交の構造で、主翼は2本桁で合板製フレーム(wooden frame)と羽布張だった。胴体は金属骨格に羽布張、尾翼部分は軽量金属構造。フロート(浮布)は、内部を燃料タンク(片方で900 L、合計1800L)で、胴体内部の燃料タンクにも合わせて900L、合計 2,700 Lの燃料を搭載できる。さらに、胴体爆弾倉に追加補助燃料タンク500Lを搭載すれば、合計 3,200 L (845 US gal)の燃料を積むことができる。プロペラは、4翅固定ピッチ(fixed-pitch)プロペラである。

写真(右)1940年11月、西部戦線、オランダ、飛行中のドイツのハインケル(Heinkel)HE 59 水上偵察機;ドイツは、イギリス本土航空決戦のために、北フランスから、ベルギー、オランダンの沿岸部に航空兵力を展開した。
Collectie NIOD
Locatie Naam: Noord-Holland Land: Nederland
Bijschrift He 59 Deze foto maakt onderdeel uit van een collectie originele negatieven gemaakt door Karl Rauscher, beroepsfotograaf in dienst van de Luftwaffe. De divisie van Rauscher is in 1940 enkele maanden gestationeerd op de Fliegerhorst Schellingwoude, Amsterdam. Vliegoefening van de Luftwaffe te Schellingwoude. Tijdens de bezetting was in Schellingwoude een steunpunt voor watervliegtuigen van de Duitse Kriegsmarine voor het leggen van zeemijnen en het redden van neergestorte piloten. Het in de IJmond gelegen kunstmatige eiland Zeeburg ten oosten van Amsterdam is tot 1945 als een kleine gecamoufleerde vesting ingericht. Deze zogenaamde Fliegerhorst Schellingwoude werd uitgebouwd tot de grootste basis voor watervliegtuigen en -boten in Nederland.
Periode november 1940 Negatiefsoort Origineel Vervaardiger Karl Rauscher
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 128引用。


写真(右)1940年夏,ベルギーからフランスの海岸、イギリス本土航空決戦の時期、白色・赤十字のマークを付けたドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機
Inventory: Bild 101 I - Propagandakompanien der Wehrmacht - Heer und Luftwaffe Signature: Bild 101I-342-0612-02A Archive title: Belgien, Frankreich.- Wasserflugzeug Heinkel He 59 (D-A+NYI; Werksnummer 1628) als Sanitätsflugzeug; KBK Lw 3 Dating: 1940 Sommer Photographer: Jütte Origin: Bundesarchiv
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・引用(他引用不許可)。


ハインケルHeinkel He 59双発水上救難機諸元
全長: 17.40 m、全幅: 23.70 m 全高: 7.10 m、全備重量: 9,100 kg
発動機: BMW VI 6.0 ZU 水冷 1気筒660hp2基
最高速力: 209 km/h、実用上限高度: 3,500 m
航続距離: 1,750 km
兵装 7.92ミリ旋回機銃 2丁、搭載量:爆弾 700 kg
乗員: 4名。

写真(右)1941年,フランスの海岸(?)、ハインケル(Heinkel)He 59n水上救難機
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46168783 - Catalog:16_007360 - Title: Heinkel He 59n 1941 Nowarra Collection - Filename:16_007360.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46168783引用。


1940年に英仏海峡で活動していたドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機は、万国共通の攻撃対象外の機体として、無武装で白色塗装の上に大きな赤十字を描いていた。しかし、バトルオブブリテンで必死の本土決戦を戦っているイギリス空軍には、海上に漂うドイツ軍のパイロット救出を黙認する余裕はなかった。そこで、白色塗装の救難機He59も攻撃対象となった。そこで、このような目立つ白色の塗装は廃止され、グレーン系統の迷彩塗装が施され、防御用の旋回機銃が搭載された。

写真(右)1941年,フランス海岸(?)、ドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 59水上救難機機
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46168783 - Catalog:16_007360 - Title:Heinkel He 59n 1941 Nowarra Collection - Filename:16_007360.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46168783引用。


ハインケルHeinkel He 59双発水上救難機諸元
全長: 17.40 m、全幅: 23.70 m 全高: 7.10 m、全備重量: 9,100 kg
発動機: BMW VI 6.0 ZU 水冷 1気筒660hp2基
最高速力: 209 km/h、実用上限高度: 3,500 m
航続距離: 1,750 km
兵装 7.92ミリ旋回機銃 2丁、搭載量:爆弾 700 kg
乗員: 4名。

写真(右)1942年,フランスの海岸、イギリス本土航空決戦に敗退し、白色・赤十字のマークを付けた救難機であることを示してもイギリス軍機に攻撃されたため、迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機
Heinkel, He 59 Catalog #: 01_00081265 Title: Heinkel, He 59 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 59 Tags: Heinkel, He 59 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真は,SDASM Archives・Catalog #: 01_00081265引用(他引用不許可)。


1937年、第二次大戦勃発2年前、ドイツ海軍総司令官レーダー提督は、国防軍総司令官ブロンベルク元帥に対して、沿岸防衛の範囲に関して、ドイツ海軍とドイツ空軍との分担の取り決めを依頼したが、実際に海軍と空軍の責任範囲について協定文書がまとまったのは、戦争直前の1939年2月3日だった。これは、ドイツ海軍司令部空軍代表General der Luftwaffe beim Oberbefehlshaber der Marine)を置き、戦時には海軍司令部空軍代表を海軍総司令官の指揮下に行動するというものである。しかし、ドイツ近海を離れた海上は、ドイツ空軍の責任範囲で、ドイツ海軍が作戦行動を行う場合のみ、ドイツ海軍が哨戒偵察の責任を負うとした。また、水上艦艇同士の海戦、航空機による機雷敷設については、海軍と空軍の合意のもとに、実施するとした。

しかし、ドイツ海軍潜水艦Uボートは、当時、レーダーを搭載しておらず、船団攻撃のためには、空中哨戒偵察が効果的であると考えられ、1941年1月になって、潜水艦の交通破壊戦を支援するための長距離海上偵察部隊として、フォッケウルフFw200コンドルを配備した第40爆撃航空団の一部をドイツ海軍総司令官の指揮下に置くことが提言された。しかし、ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング国家元帥は、航空兵力は全て空軍に所属するとの原則を強硬に主張し 海上哨戒偵察部隊は、ドイツ空軍が大西洋航空司令部の隷下として、潜水艦Uボート部司令部と協力することとなった。こうして、ドイツ海軍司令部空軍代表General der Luftwaffe beim Oberbefehlshaber der Marine)は、指揮権のない空軍の連絡絡官・副官のような存在となった。1941年12月、ドイツ海軍は艦載水上偵察機を除いた航空兵力を空軍の指揮下に入れ、海上作戦における航空兵力の指揮権は、事実上、ドイツ空軍が独占することとなった。

写真(右)1942年,フランス沿岸水上機基地、トラクターで移動中の迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機 :奥には海から水上機を陸地に引揚げるためのランプ(坂道)が作られているが、これは飛行艇・水上機基地の特徴である。
Inventory: Bild 101 I - Propaganda-kompanien der Wehrmacht - Heer und Luftwaffe Signature: Bild 101I-357-1857-28A Archive title: Reichsgebiet oder Frankreich.- Ein Wasserflugzeug Heinkel He 59 (Kennung: +BN) wird mit Hilfe eines Traktors an Land gezogen; KBK Lw 3 Dating: 1942 Photographer: Doelfs Origin: Bundesarchiv
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・引用(他引用不許可)。


1939年11月に始まった冬戦争で、フィンランド軍は、総司令官 カール・グスタフ・マンネルヘイム(Carl Gustaf Mannerheim)元帥の下、数的に遥かに勝るソ連赤軍相手に善戦した。しかし、ドイツからも、スカンジナビア諸国からも、英仏からも軍事援助を受けることができず、孤軍奮闘だったために、長期戦には耐えることはできなかった。

フィンランド国防軍は、総司令官 カール・グスタフ・マンネルヘイムCarl Gustaf Emil Mannerheim)元帥の下、数的に遥かに勝るソ連赤軍相手に善戦したが、ドイツからも、スカンジナビア諸国からも、英仏からも軍事援助を受けることができず、孤軍奮闘だったために、1940年3月12日に、ソ連の領土要求を受け入れて講和した。

ドイツのソビエト連邦侵攻は、1941年6月22日だが、フィンランドは、1939年11月30日から1940年3月12日の対ソビエト冬戦争に敗北していた。フィンランド軍は、総司令官 カール・グスタフ・マンネルヘイムCarl Gustaf Mannerheim)元帥の下、数的に遥かに勝るソ連赤軍相手に善戦したが、ドイツからも、スカンジナビア諸国からも、英仏からも軍事援助を受けることができず、孤軍奮闘だったために、1940年3月12日、フィンランド大統領リスト・ヘイッキ・リュティ(Risto Heikki Ryti)は、ソ連の領土要求を受け入れて、講和した。

冬戦争に敗北したフィンランド大統領リスト・ヘイッキ・リュティRisto Heikki Ryti)は、今度は、その報復として、1941年6月26日から1944年9月19日にかけて、ドイツとともに対ソビエト継続戦争を戦った。冬戦争の2カ月前から、イギリスもフランスも連合国として、ドイツと第二次世界大戦を戦っていたが、ソ連とは戦っておらず、あえてフィンランドを助けるために、ソ連と会戦するはずがなかった。

 1941年7月、フィンランド国防軍総司令官カール・グスタフ・マンネルヘイムCarl Gustaf Mannerheim)元帥の指揮の下、フィンランド軍は、フィンランド南東部、ソ連に割譲させられていたカレリア地方を攻撃し、再占領し、冬戦争で奪われた領土を取り戻しつつあった。

写真(右)1941年6月以降,フィンランド、迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機:ナチスのソ連侵攻に参加し、同盟国として参戦したフィンランドには、ドイツ軍が派遣された。 :手前には、搭乗員が乗り写るために、手漕ぎボートに乗っている。
It:n alas pakoittama saksalainen kone Lauttasaaren rannassa. Sot. virk. E. Mäkinen, valokuvaaja Sotamuseo It:n alas pakoittama saksalainen kone Lauttasaaren rannassa. Kyseessä Heinkel He 59 meritoimintakone.
写真は,Sotamuseo 引用。


1941年6月22日に、ドイツは、不可侵条約を保護にして、共産主義のソビエト連邦に侵略を開始した。すると、フィンランドは、ナチスと同盟を組んで、1939年の冬戦争で敗北して失ったカレリア地方を奪回し、ソ連ボリシェビキに報復しようと、ドイツと同盟を結んで、1941年7月からソ連に侵攻を開始した。

フィンランド国防軍は、総司令官カール・マンネルハイム(Carl Gustaf Emi lMannerheim)元帥の指揮の下、ソ連相手に善戦し、レニングラードを包囲し、住民を疲弊させ、北部の不凍港ムルマンスクを攻撃して、西側連合軍の補給物資がソ連に届かないようにする作戦を展開していた。つまり、ナチスとフィンランドは、連携して共産主義・ボリシェビキのソ連を屈服させるために共闘しており、密接な軍事同盟関係にあった。

写真(右)1941年6月以降,フィンランド、迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機:ナチスのソ連侵攻に参加し、同盟国として参戦したフィンランドには、ドイツ軍が派遣された。 :手前には、搭乗員が乗り写るために、手漕ぎボートに乗っている。
It:n alas pakoittama saksalainen kone Lauttasaaren rannassa. Sot. virk. E. Mäkinen, valokuvaaja Sotamuseo It:n alas pakoittama saksalainen kone Lauttasaaren rannassa. Kyseessä Heinkel He 59 meritoimintakone.
写真は,Sotamuseo 引用。


写真(右)1941年6月以降,フィンランド、迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機:ナチスのソ連侵攻に参加し、同盟国として参戦したフィンランドには、ドイツ軍が派遣された。 :手前には、搭乗員が乗り移るために、ボートをフロートに寄せている。
It:n alas pakoittama saksalainen kone Lauttasaaren rannassa. Sot. virk. E. Mäkinen, valokuvaaja Sotamuseo It:n alas pakoittama saksalainen kone Lauttasaaren rannassa. Kyseessä Heinkel He 59 meritoimintakone.
写真は,Sotamuseo 引用。


1939年の冬戦争で失ったカレリア地方を奪還するために、1941年6月22日のドイツのソ連侵攻をチャンスととらえたフィンランド大統領リスト・ヘイッキ・リュティ(Risto Heikki Ryti)は、7月には、ナチスと同盟して、ソ連を敵として、攻撃を開始した。これは、事実上、フィンランドが枢軸同盟国の一員として、第二次世界大戦に参加することを意味した。フィンランドは、ナチスと組んで軍事作戦を展開し、レニングラードを包囲し住民を餓死させ、不凍港ムルマンスクを攻略し、ソ連への西側連合国の輸送船団を途絶させる作戦を展開した。

しかし、フィンランド側は、イギリス、アメリカには戦争を仕掛けたいとは思っていなかった。そこで、あくまで、ソ連に対して1939年の冬戦争で奪われた国土の回復を求めた防衛戦争であるとの立場を主張した。しかし、ソ連がドイツの攻勢を一国で受け止めている状況で、イギリスもアメリカも、フィンランド側の言う「継続戦争」であり、イギリス・アメリカと戦う第二次大戦への参戦ではないという身勝手な論理は受けつかなかった。これを梃子にして、ヒトラーはフィンランドに対して、ソ連への軍事的攻勢を強化するように強く要請した。

写真(右)1941年6月以降,フィンランド、迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機:ナチスのソ連侵攻に参加し、同盟国として参戦したフィンランドには、ドイツ軍が派遣された。 :フロートにはボートが付けられていて、乗員が搭乗している最中である。
It:n alas pakoittama saksalainen kone Lauttasaaren rannassa. Sot. virk. E. Mäkinen, valokuvaaja Sotamuseo It:n alas pakoittama saksalainen kone Lauttasaaren rannassa. Kyseessä Heinkel He 59 meritoimintakone.
写真は,Sotamuseo 引用。


1942年6月4日、フィンランド軍総司令官カール・マンネルハイム元帥の75歳の誕生日に、ドイツ総統アドルフ・ヒトラーは、フィンランドにFw200コンドル輸送機で出かけ、マンネルハイムを祝福し、鉄十字章を授けた。その返礼に、1942年6月27日、フィンランド、ヘルシンキ(Helsinki)郊外、マルミ(Malmi)空港から、マンネルハイムは、Fw200コンドルに乗ってドイツ総統アドルフ・ヒトラーの訪問に敬意を表した。フィンランド国防軍総司令官カール・マンネルハイム(Carl Mannerheim)元帥は、1942年6月27日、ドイツの東プロイセン州ラステンブルクの総統大本営「狼の巣」を訪れ、そこで開かれていた最高指導作戦会議に出席した。マンネルハイムは、総統大本営のヒトラーを訪問しばかりではなく、引き続いて、列車でドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング国家元帥の下にも馳せ参じて、彼の下で祝宴に参加している。

当時、フィンランドは、枢軸国のナチス・ドイツの同盟国であり、反ボリシェビキ(Bolshevik)を掲げて、共産主義のソビエト連邦と戦っていた。ヒトラーは、マンネルハイムに一層激しい攻勢をソ連に仕掛けることを強く要請した。しかし、マンネルハイムは、フィンランドの国力の低さ、作戦地域の地形や天候の要害を理由にして、攻勢をかけることの困難さを訴えた。マンネルハイムは、同盟国ドイツと運命を共にするつもりは全くなく、フィンランドの国益、すなわち独立の保障の最優先していた。

写真(右)1942年9月4日,フィンランド、迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機とハインケルHe-60水上偵察機 :ともに複葉水上機で、西部戦線では低性能のために使途が制限されていたはずだが、北極戦線では、ソ連空軍が非力だったためか、使用に耐えると判断された旧式機が投入されている。
Vesitasolaivue Käkisalmessa Sot.virk. C.G. Rosenqvist, valokuvaaja Vesitasolaivue Käkisalmessa. Suurin osa miehistöä ja koko päällystö ovat eestiläisiä vapaaehtoisia. Kuvassa Heinkel He 59 ja kaksi Heinkel He 60 -konetta meripelastuskomennuskuntana. Aineistotyyppi ?Valokuva Kuvaustiedot: 1942-09-14 Sot.virk. C.G. Rosenqvist, valokuvaaja
写真は,Sotamuseo 引用。


1944年6月のノルマンディ侵攻で、西側連合軍地上軍が西ヨーロッパでドイツ軍を圧倒し、ドイツの敗戦が確実になる中、1944年8月8日にエドウィン・リンコミエス首相(日本の勲一等旭日大綬章佩用)は辞任、後任首相には、アンッティ・ハックゼル(Antti Hackzell)が就いた。そして、フィンランド大統領フィンランド大統領リスト・ヘイッキ・リュティRisto Heikki Ryti)も辞職し、8月4日にフィンランド国防軍総司令官カール・グスタフ・マンネルヘイムCarl Gustaf Mannerheim)元帥が後継の大統領に就任した。

写真(右)1942年9月4日,フィンランド、湖沼に不時着した迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機 :ヴィボルグ(Вы́борг:Vyborg)は、現在、ロシア連邦レニングラード州の都市でフィンランド語ではヴィープリ(Viipuri)、スウェーデン語ではヴィボリ(Viborg)の名で呼ばれていた。ドイツ語ではWiborg(ヴィボルク)と表記される。フィンランド湾に面し、カレリア地峡の北西端に位置し、レニングラードから北西130キロである。複葉水上機で、西部戦線では低性能のために使途が制限されていたが、北極戦線では、ソ連空軍が非力だったためか、旧式機が投入されている。
Saksalainen lentokone Vuoksella pakkolaskun jälkeen; Kuvattuna Lankisten rannasta Lankinen Jalmari, kuvaaja 1942
Subject detail Kuvattuna Lankisten rannasta
Subject place Antrea, Viipurin lääni, Suomi
Subject date 1942 Organisation Lappeenranta museums
Collection Juha Lankisen kokoelma
Inventory ID LANKV31:12 Measurements 5 x 7 cm
写真は,Museot Finna、Lappeenranta museums M40:LANKV31:12引用。


1944年8月4日、新たにフィンランド大統領に就任したカール・マンネルハイム(Carl Mannerheim)元帥は、1944年9月19日、モスクワ休戦協定を結んで、事実上、ソ連に降伏した。講和条件は、カレリア地峡・ペッツァモの譲渡、戦争賠償金の支払い、フィンランド国内におけるソ連軍の基地使用、ドイツ軍のフィンランドからの排除(事実上の対ドイツ戦争)である。

写真(右)1942年9月4日,フィンランド、湖沼に不時着した迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 59双発水上救難機 :ヴィボルグ(Вы́борг:Vyborg)は、現在、ロシア連邦レニングラード州の都市でフィンランド語ではヴィープリ(Viipuri)、スウェーデン語ではヴィボリ(Viborg)の名で呼ばれていた。ドイツ語ではWiborg(ヴィボルク)と表記される。フィンランド湾に面し、カレリア地峡の北西端に位置し、レニングラードから北西130キロである。複葉水上機で、西部戦線では低性能のために使途が制限されていたが、北極戦線では、ソ連空軍が非力だったためか、旧式機が投入されている。
Saksalainen lentokone pakkolaskun jälkeen Lankisten rannassa; Taustalla Kuukaupin sillan rauniot Lankinen Jalmari, kuvaaja 1942
Subject detail Taustalla Kuukaupin sillan rauniot
Subject place Antrea, Viipurin lääni, Suomi
Subject date 1942 Organisation Lappeenranta museums
Collection Juha Lankisen kokoelma Inventory ID LANKV31:11
Measurements 9 x 16 cm Photo info: 1942 5 x 7 cm
写真は,Museot Finna、Lappeenranta museums M40:LANKV31:12引用。



ハインケルHe-59水上救難機


2.ハインケル He-60水上艦載偵察機

写真(右)1935年頃,ドイツ軍のハインケル(Heinkel)He 60艦載水上偵察機試作機V1(Heinkel He 60a (V-1) First Prototype) :陸上木型と水上機型が同時に試作されたが、採用されたのは水上機型だけだった。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46168808 - Catalog:16_007362 - Title:Heinkel He 60 a (V-1) First Prototype Nowarra Collection - Filename:16_007362.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46168808引用。


 ハインケルHe 60は、He 59と同じラインホルト・メーヴェス設計になる木材/金属混合構造、羽布張りの単発複葉水上機で、当時の標準的な保守的スタイルだった。試作機はBMW液冷エンジン660馬力を搭載、1933年初飛行した。

写真(右)1933年頃,ドイツ軍ハインケル(Heinkel)He 60水上艦載偵察機 :機体は尾翼にドイツ軍伝統の黒白赤三色ストライプの国章を描いている。1935年に再軍備宣言がされると、ドイツ空軍が創設され、尾翼の国章は、赤帯に白丸とハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)を描いた国章とされた。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46168834 - Catalog:16_007364 - Title:Heinkel He 60 - Filename:16_007364.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46168834引用。


ハインケルHe 60水上艦載偵察機がドイツ海軍に試験的に配備されたのは1933年のヒトラー政権下で、1934年からHe 60がドイツ海軍艦隊の艦載水上偵察機として配備された。1936年のスペイン内戦にも実戦投入されたが、1939年の第二次世界大戦時には、後続の艦載水上偵察機アラド(Arado) Ar 196に代替されていた。

写真(右)1935年以降,ハインケル(Heinkel)He 60水上艦載偵察機 :1935年までは、ドイツ軍伝統の黒白赤三色ストライプの国章だったが、1935年の再軍備宣言、ドイツ空軍の設立以降は、尾翼に赤帯に白丸とハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)を描いた国章とされた。その後、1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、赤帯と白丸のハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)は目立つために敵からの標的にされやすかったので取りやめになった。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46168846 - Catalog:16_007365 - Title::Heinkel He 60(V-8) with DB 600 Nowarra Collection - Filename:16_007365.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46168846引用。


ドイツ帝国軍は、第一次大戦の敗戦後、ベルサイユ条約によって、陸軍は10万人規模に大幅に縮小され、参謀本部も廃止、戦争遺憾の保有禁止、航空兵力の保有禁止と束縛された。しかし、ドイツ帝国軍人が引き継いだドイツ共和国軍は、密かにフライコール(義勇軍)を擁立して陸軍の拡充を図り、火砲や戦車を外国で子会社や外国企業と開発した。また、共和国時代から、スポーツ航空や民間航旅客・貨物・郵便・通信航空を隠れ蓑に、軍用機を開発していた。その時代は、プロシア以来のドイツ軍伝統の黒白赤三色ストライプを尾翼に描いで国章としていた。

写真(右)1937-1939年8月,ドイツ海軍艦艇のクレーンで吊り下げられたドイツ海軍ハインケル(Heinkel)He 60水上艦載偵察機 :ドイツ機の国籍マークは、垂直尾翼に1935年までの旧ドイツ軍の黒白赤三色の国章を、1935年のドイツ空軍設立以後は、赤帯に白丸とハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)の国章を付けた。その後に、機体と主翼上下に黒のバルカンクロス(鉄十字)の国章を追加した。
SDASM Archives Heinkel, He 60 PictionID:46168884 - Catalog:16_007368 - Title:He 60C-1, 1937 Nowarra Collection - Filename:16_007368.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:46168884引用。


しかし、1933年1月末、ナチ党を首班とする連立政権が成立、アドルフ・ヒトラーは、貴族的なプロシア軍の伝統を軽蔑しており、ナチ党のイデオロギーを軍に浸透させるべきであると考えていた。そこで、ドイツ軍機の国章は、1935年の再軍備宣言、ドイツ空軍の設立以降は、垂直尾翼尾翼に赤帯に白丸とハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)を描いた国章とされた。その後、1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、赤帯と白丸のハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)は目立つために敵からの標的にされやすかったので取りやめになった。

写真(右)1940年,デンマーク、ハインケル(Heinkel)He 60水上艦載偵察機 :1935年までの旧ドイツ軍の黒白赤三色の国章を、1935年のドイツ空軍設立以後は、赤帯に白丸とハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字:スワスチカ)の国章に変更し、その後に、機体にバルカンクロス(鉄十字)の国章を追加した。しかし、1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、尾翼の赤帯と白丸のハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)は敵から発見されやすいことが分かり、取りやめになったが、垂直尾翼と主翼上下面に黒色白縁取りのナチ党のカギ十字(スワスチカ)を付け足した。
SDASM Archives Heinkel, He 60 Catalog #: 01_00081266 Title: Heinkel He 60 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 60 Tags: Heinkel He 60
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,Catalog #: 01_00081266引用。


ヒトラー政権になっても、1935年3月のドイツ再軍備宣言までは、プロイセン軍、旧ドイツ帝国軍の伝統である黒白赤三色の国章を、ドイツ機の尾翼に描いて、国籍マークとしていた。しかし、1935年、ヒトラーが再軍備を宣言し、第一次世界大戦の撃墜王ヘルマン・ゲーリングの下、ドイツ空軍が設立されると、ドイツ軍機は、尾翼に赤帯に白丸とスワスチカ(ハーケンクロイツ:ナチ党のカギ十字)の国籍マークを採用した。スワスチカは、ナチ党のイデオロギー、政治思想を軍人にまで浸透させることを反映したもので、軍人の忠誠宣言がドイツに対してでは、ヒトラーに対する忠誠を誓うものと変更されたのと同じ動機である。また、高速の機体の国籍、敵味方の認識をしやすくするため、機体・主翼の上下にも、白の縁取り付きの黒色バルカンクロス(鉄十字)の国章を追加した。

写真(右)1940年,デンマーク、ハインケル(Heinkel)He 60水上艦載偵察機 (奥):
Inventory: Bild 101 II - Propagandakompanien der Wehrmacht - Marine Signature: Bild 101II-MN-1017-21 Archive title: Dänemark .- Seefliegerhorst. Marineangehörige / Piloten vor Wasserflugzeug Heinkel He 60 (Kennung +WH); PK Marine Nord Dating: April 1940 Photographer: Eschenburg, Karl Origin: Bundesarchiv
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・引用(他引用不許可)。


1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、激しい航空戦が展開され、敵の空襲も予期する必要があったため、尾翼の赤帯と白丸のハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字:スワスチカ)は敵から発見されやすいいとして、取りやめになった。その代わり、ナチ党のイデオロギーを示す国章として、尾翼に黒色白縁取りのナチ党のカギ十字(スワスチカ)を付け足した。ハインケルHe 60 のような旧式水上偵察機は、第一線で活動してはいないはずだが、このような古い機種についても国政マークの変更を行っている。後に、白渕が目立ちやすいとして、黒のバルカンクロス(スワスチカ)、ハーケンクロイツの白の縁取りは廃されている。

Heinkel He60の動画


3.艦載水上偵察機ハインケルHe-114

写真(右)1938-1939年9月以前、ドイツ、3翅プロペラ装備のハインケルHe 114V-1水上偵察機試作1号機:試作機(Prototype)として1938年に完成した。フロートの尾部には、水上滑走中の方向を決める方向舵が取り付けられている。第二次大戦が始まる前なので、ナチ党政権下のドイツ軍国籍マークとして、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカを描いている。
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935951 - Catalog:16_005288 - Title:Heinkel He 114V-1 Nowarra photo - Filename:16_005288.TIF - - - - - - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID: 43935975 引用。


ハインケルHe 114水上偵察機は、前作のHe60艦載水上偵察機の後継機として開発された双フロート、複葉水上偵察機だが、上部主翼は操縦席近傍の胴体から直接伸びたパラソル翼である。下部翼は上部翼よりかなり短いが、縦横比は上部翼と同じである。

写真(右)1938-1939年9月以前、ドイツ、3翅プロペラ装備のユモJumo210液冷倒立V型12気筒エンジンを搭載した ハインケルHe 114V-2水上偵察機試作2号機(登録コード:D-UGAT):試作機(Prototype)として1938年に完成した。第二次大戦が始まる前なので、ナチ党政権下のドイツ軍国籍マークとして、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカを描いている。フロートの尾部には、水上滑走中の方向を決める方向舵が取り付けられている
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935963 - Catalog:16_005289 - Title:Heinkel He 114V-2 Nowarra photo - Filename:16_005289.TIF
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID: 43935963引用。


写真(右)1938-1939年9月以前、ドイツ、ユモJumo210液冷倒立V型12気筒エンジン装備のハインケルHe 114V-2水上偵察機試作2号機(G-UGAT) :フロートの尾部には、水上滑走中の方向を決める方向舵が取り付けられている。試作機(Prototype)として1938年に完成した。第二次大戦が始まる前なので、ナチ党政権下のドイツ軍国籍マークとして、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカを描いている。
Ray Wagner Collection Image Heinkel, He 114 Catalog #: 01_00081316 Title: Heinkel, He 114 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 114 Tags: Heinkel, He 114 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真は,Flickr, SDASM Archives Catalog #: 01_00081316引用。


ハインケルHe 114水上偵察機は、成功作とはいえず、前作のHe60水上偵察機と代わり映えしない飛行性能で、安定性が悪かったために、生産機数は98機と少なかった。前作のHe60水上偵察機は、飛行性能は低かったが、使いやすいために、前線では長い期間、使用された。他方。1939年に搭乗したアラドAr-196単葉機は、成功作だったため、艦載水上偵察機として普及したこともあって、ドイツにおけるHe114水上偵察機の使用期間は短かった。

写真(右)1938-1939年9月以前、ドイツ、2翅プロペラ装備のハインケルHe 114V-4 水上偵察機試作4号機(登録コード:D-IOGD):試作機(Prototype)としてBMW132D空冷星形9気筒エンジンを搭載、3翅ではなく2翅プロペラ装備。第二次大戦が始まる前なので、ナチ党政権下のドイツ軍国籍マークとして、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカ(カギ十字:卍)を描いている。
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935975 - Catalog:16_005290 - Title:Heinkel He 114V-4 Nowarra photo - Filename:16_005290.TIF - - - - - - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID: 43935975 引用。


ハインケルHe 114水上偵察機は、ドイツの外貨獲得のため、ルーマニアに24機が輸出された。そして、ルーマニアでは8機が1960年5月まで部隊で使用されていた。スペインに対しても、1943年7月に、12機のA型、C型が輸出され、1954年まで部隊で使用されていた。

写真(右)1938-1939年9月以前、ドイツ、ハインケルHe 114V-5水上偵察機試作5号機(登録コード:D-IDWS):3翅ではなく2翅プロペラ装備のBMW132空冷星形9気筒エンジンを搭載している。試作機(Prototype)として1938年に完成した。第二次世界大戦が始まる前なので、ナチ党政権下のドイツ軍国籍マークとして、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカ(カギ十字:卍)を描いている。フロートの尾部には、水上滑走中の方向を決める方向舵が取り付けられている。
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935987 - Catalog:16_005291 - Title:Heinkel He 114V-5 Nowarra photo - Filename:16_005291.TIF
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID: 43935975 引用。


写真(右)1938-1939年9月以前、ドイツ本土海域、ハインケルHe 114A-1 水上偵察機:3翅ではなく2翅プロペラ装備のBMW132空冷星形9気筒エンジンを搭載している。第二次世界大戦が始まる前なので、ナチ党政権下のドイツ軍国籍マークとして、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカ(カギ十字:卍)を描いている。フロートの尾部には、水上滑走中の方向を決める方向舵が取り付けられている。
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935999 - Catalog:16_005292 - Title:Heinkel He 114A-1 Pete Bowers photo - Filename:16_005292.TIF -
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID: 43935975 引用。


写真(右)1939年9月-1941年頃、ドイツ本土海域、ハインケルHe 114A-1 水上偵察機(登録コード:IY-YF):第二次大戦が始まると、垂直尾翼にあったナチ党政権下のドイツ軍国籍マークの黒色スワスチカは残されたが、赤帯白丸は、敵に目立ちやすいために廃止された。
Heinkel, He 114 Catalog #: 01_00081312 Title: Heinkel, He 114 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 114 Tags: Heinkel, He 114 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive-
写真は,Flickr, SDASM Archives Catalog #: 01_00081312引用。


ハインケル He 114A-2水上偵察機の諸元
搭乗員: 2名
全長: 11.65 m、全高: 5.23 m、全幅: 13.60 m
翼面積: 42.3平方メートル
空虚重量: 2,300 kg 、全備重量: 3,670 kg
発動機: BMW 132K 空冷 星型エンジン(960 hp)
最高速力: 335 km/h
航続距離: 920 km
実用上昇限度: 4,900 m
兵装: 7.92ミリMG15旋回機銃1丁
搭載爆弾:50キロ爆弾2発

写真(右)1939年9月-1941年頃、ドイツ本土海域、ハインケルHe 114A-1 水上偵察機:3翅ではなく2翅プロペラ装備のBMW132空冷星形9気筒エンジンを搭載している。第二次大戦が始まると、垂直尾翼にあったナチ党政権下のドイツ軍国籍マークの黒色スワスチカは残されたが、赤帯白丸は、敵に目立ちやすいために廃止された。
Ray Wagner Collection Image Heinkel, He 114 Catalog #: 01_00081313 Title: Heinkel, He 114 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 114 Tags: Heinkel, He 114 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive -
写真は,Flickr, SDASM Archives Catalog #: 01_00081313 引用。


写真(右)1939-1942年頃、ドイツ、淡水湖で多数の半裸の整備員がドイツ軍ハインケルHe 114 水上偵察機の収容作業をしている様だ。:第二次世界大戦が始まると、垂直尾翼にあったナチ党政権下のドイツ軍国籍マークのカギ十字を残すのみと支、目立ちすぎる赤帯白丸は廃止された。
Heinkel, He 114 Catalog #: 01_00081317 Title: Heinkel, He 114 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 114 Tags: Heinkel, He 114 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive-
写真は,Flickr, SDASM Archives Catalog #: 01_00081317引用。


写真(右)1938-1939年9月、ドイツ本土海域、ハインケルHe 114 水上偵察機:防御兵装は、コックピット後方、偵察員席に 7.92ミリMG 15旋回機銃1丁を装備するのみだが、左右の主翼下面に50キロ爆弾各1発を懸架できる。第二次世界大戦が始まると、垂直尾翼にあったナチ党政権下のドイツ軍国籍マークのカギ十字を残すのみと支、目立ちすぎる赤帯白丸は廃止された。
Heinkel, He 114 Catalog #: 01_00081311 Title: Heinkel, He 114 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 114 Tags: Heinkel, He 114 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive-
写真は,Flickr, SDASM Archives Catalog #: 01_00081311引用。


写真(右)1938-1939年9月、ドイツ本土海域、ハインケルHe 114A-1 水上偵察機:アラドAr-196水上偵察機が、1937年5月に初飛行し、1938年11月に部隊配備されると、He114水上偵察機は、艦載機から、順次、代替されていった。
Heinkel, He 114 Catalog #: 01_00081315 Title: Heinkel, He 114 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 114 Tags: Heinkel, He 114 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive-
写真は,Flickr, SDASM Archives Catalog #: 01_00081315引用。



4.双発水上偵察機ハインケル(Heinkel)He-115

写真(右)1935年頃,ドイツ、ハインケル(Heinkel)He 115水上偵察機試作機1号機V1(Heinkel He 115V-1 Prototype)D-AEHF :1937年8月に初飛行。
SDASM Archives PictionID:43936025 - Catalog:16_005294 - Title:Heinkel He 115V-1 Nowarra photo - Filename:16_005294.TIF
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive, PictionID:43936025引用。


1935年, ドイツ航空省 (RLM: Reichs-luftfahrt-ministerium) は、哨戒、爆弾あるいは航空魚雷による対艦船攻撃が可能な双発水上機の開発を各社に要求し、ハインケル(Heinkel )社とブロームウントフォス(Blohm & Voss)社(子会社がハンブルク航空社)がそれを受けた。1935年11月、He 115とHa 140が各々3機ずつの試作機を完成させた。ハインケルの試作機第1号は、1937年8月に初飛行し、ハンブルク社のHa 140は1938年初頭に初飛行した。そして、1938年代初頭、さらに10機の試作機が発注されている。この機体は、1,000 km (620 mi) と 2,000 kmの円周で、平均速力は 328 km/hで水上機の世界記録を打ち立てた。

写真(右)1942年4月24日、ドイツ、自ら開発したHE 115 水上偵察機をバックにした教授エルンスト・ハインケル博士(Professor Dr. Ernst Heinkel);He115の搭載したBMW132空冷星形9気筒エンジンと3翅プロペラが背後に見える。
Collectie NIOD
Trefwoorden Duitsers, Luftwaffe, Oorlogsindustrie, Vliegtuigen, Portretten
Locatie Naam: Federal Republic of Germany Land: Germany
Personen Heinkel, Ernst
Bijschrift Professor Heinkel zum Pionier der Arbeit ernannt. Auf Grund seiner hervorragenden Leistungen auf den Gebiet des deutschen Flugzeugbaues wurde Professor Ernst Heinkel, der Schöpfer zahlreicher unübertroffener Flugzeugtypen vom Führer zum Pionier der Arbeit ernannt. Professor Dr. h.c. Ernst Heinkel vor einen seiner Kampfflugzeuge, der He 115.
Type Foto
Datum 24/04/1942 Datum type Opname
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 29482引用。


エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、1888年1月24日、ドイツ南部、ヴュルテンベルク州シュヴァーベン(Schwaben)地方のグルンバッハ(Grunbach )に生まれ、自ら独立心旺盛で自尊心の高い短気なシュワーベン人であると自負していた。

第一次世界大戦時、エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、ドイツの航空機メーカー、アルバトロス(Albatros)社で主に設計の仕事をし、戦後の1922年には、ドイツ北部ヴァーネミュンデにハインケル航空機を設立した。ここは、バルト海を挟んでスウェーデンに面しており、1919年のベルサイユ条約によって軍用機の開発・保有を一切禁止されたドイツにあって、対岸のスェーデンで軍用機を開発できるという利点があった。この時期、エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、日本海軍のために、1925年、HD-25水上機、すなわち愛知航空機 二式複座水上偵察機Heinkelも開発している。

1933年1月末、ナチ党総統アドルフ・ヒトラーが、首相に任命され、1935年にドイツ再軍備を宣言して、ドイツ空軍を設立すると、エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、政権獲得前から既存の飛行機を活かして、軍用機として開発したHe59双発水上機、He60水上偵察機などを採用され、航空機メーカーとして、順調に飛行機製造を拡張することができた。特に、高速輸送機として開発したHe111は、爆撃機として採用され、さらにHe51複葉戦闘機の量産も受注することで、ドイツ有数の航空機メーカーに成長してゆく。

写真(右)1935年頃,ドイツ、ハインケル(Heinkel)He 115水上偵察機試作機V2(Heinkel He 115V-2 Prototype) D-APDS:1937年11月に初飛行。1935年の再軍備宣言までは、プロイセン軍、旧ドイツ帝国軍の伝統である黒白赤三色の国章を、垂直尾翼に大きく描いていた。1935年のヒトラーの再軍備宣言以降は、ドイツ機は、垂直尾翼に赤帯に白丸を描き、黒のハーケンクロイツ(スワスチカ:ナチ党のカギ十字)の国籍マークを付けた。これは、ナチ党の政治的、人種的イデオロギーを軍人にも浸透させる企図があった。軍人の忠誠宣言も、ドイツに対してではなく、ヒトラー総統に対する忠誠を誓うものに変更された。また、航空機の高速化で、敵味方の識別しやすいように、機体と主翼上下面にも、白の縁取り付き黒色バルカンクロス(鉄十字)の国籍マークを記入した。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:43936037 - Catalog:16_005295 - Title:Heinkel He 115V-2 Nowarra photo - Filename:16_005295.TIF - - - - - - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive, PictionID:46168808引用。


写真(右)1935年頃,ドイツ、ハインケル(Heinkel)He 115水上偵察機試作機3号機V3(Heinkel He 115V-3)D-ABZV :1938年3月に初飛行したA型の原型(A-series prototype)。双フロートの下に地上での移動がしやすいように台座付き車輪を装備している。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:43936085 - Catalog:16_005299 - Title:He 115V-3 Nowarra photo - Filename:16_005299.TIF
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive, PictionID:43936085引用。


1933年1月末に、ヒンデンブルク大統領は、アドルフ・ヒトラーを首相に任命し、ヒトラー政権が成立したが、ドイツ機の国籍マークは、1935年の再軍備宣言までは、プロイセン軍、旧ドイツ帝国軍の伝統である黒白赤三色の国章を、垂直尾翼に大きく描いていた。1935年のヒトラーの再軍備宣言以降は、ドイツ機は、垂直尾翼に赤帯に白丸を描き、黒のハーケンクロイツ(スワスチカ:ナチ党のカギ十字)の国籍マークを付けた。これは、ナチ党の政治的、人種的イデオロギーを軍人にも浸透させる企図があった。軍人の忠誠宣言も、ドイツに対してではなく、ヒトラー総統に対する忠誠を誓うものに変更された。また、航空機の高速化で、敵味方の識別しやすいように、機体と主翼上下面にも、白の縁取り付き黒色バルカンクロス(鉄十字)の国籍マークを記入した。

写真(右)1935年頃,ドイツ、ハインケル(Heinkel)He115V-4水上偵察機試作機4号機V4(Heinkel He115V-4)D-AHME:1938年5月に初飛行した量産型の原型(production prototype)。双フロートの下に地上での移動がしやすいように車輪付き台座を装備している。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:43936049 - Catalog:16_005296 - Title:Heinkel,He 115V-4 Nowarra photo - Filename:16_005296.TIF
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive, PictionID:43936049引用。


写真(右)1938-1939年,ドイツ、ハインケル(Heinkel)He 115C-1 水上偵察機 :BMW 132K空冷星形9気筒エンジン960hp2基を装備、機首に7.92ミリMG15旋回機関銃1丁(弾数525発)のほかに、機首下面にも固定式の15.1ミリMG151機関銃1丁を搭載している。沿岸に設けられた水上機基地で問口に引揚げるランプの端に台座を置き、その上に駐機している。胴体後方の鉄十字(バルカンクロス)の国籍マークは、白色で描かれていて、コード番号同様に目立つために、うえから迷彩色で塗って消されている。
SDASM Archives PictionID:43936121 - Catalog:16_005302 - Title:Heinkel He 115C-1 Nowarra photo - Filename:16_005302.TIF
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive, PictionID:43936121引用。


写真(右)1940年夏,ベルギー、フランス、給油中のハインケルHe 115水上偵察機:左手前のドラム缶には航空燃料が入っていて,そこからパイプを使って,主翼付け根にある給油口に燃料を送っている。1937年試作機完成,1939年より138機生産。右奥にある単発水上機は,アラドAr-196偵察機。
Belgien, Frankreich.- Betanken eines Wasserflugzeugs Heinkel He 115; KBK Lw 3 Dating: 1940 Sommer Photographer: Jütte撮影。 Origin: Bundesarchiv
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・Bild_101I-342-612-13A引用(他引用不許可)。


アメリカ、イギリス、オランダ、日本、イタリアのような海洋国は、飛行艇や水上機を多用したが、軍用飛行艇・水上機は、一般的に海軍の所属だった。しかし、ドイツでは、飛行機の所管は、空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥の支配下に置かれたために、ドイツ軍の基地航空隊所属の飛行艇、水上機の多くは、空軍の隷下に置かれ、海軍艦艇、潜水艦との連携に不都合な面があった。ドイツ海軍の航空機は、巡洋艦以上の大型艦船が搭載する艦載水上機に限られた。

写真(右)1939-1940年,ハインケル飛行機工場で生産中のハインケルHe 115水上偵察機とHe 111 P-4爆撃機(手前):生産ラインの手前のハインケルHe111爆撃機のすぐ後ろに双発水上偵察機He-115の生産ラインがある。水上偵察機Heinkel He 115は全金属製で、アメリカのプラット&ホイッ トニー社ホーネットエンジンをコピーしたBMW132エンジンを搭載した双発機である。試作機は1937年8月に完成。ドイツ軍だけでなく、ノルウェー、スウェーデンも採用したために、ドイツのノルウェー侵攻では、両軍が同じHe-115で戦うことになった。
Inventory: Bild 101 I - Propagandakompanien der Wehrmacht - Heer und Luftwaffe Signature: Bild 101I-774-0011-34 Archive title: Reichsgebiet.- Bau des Bombers Heinkel He 111 P-4 (vorne NA+IU, Werksnummer 2922), dahinter Wasserflugzeug Heinkel He 115 im Bau (u.a. GA+CR); PK F.W. Dating: 1939/1940 ca. Photographer: Hubmann, Hanns Origin: Bundesarchiv
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・Bild 101I-774-0011-34引用(他引用不許可)。


写真(右)1940年,クレーンでつり上げられたハインケルHe 115B水上偵察機:フロートの形状がよくわかる。胴体コックピット後方とフロート船尾の間には、背後が装着されているが、これは搭乗員がコックピットに昇降するための使用する。
A German Heinkel He 115B seaplane of 1./Küstenfliegergruppe 206 on a crane. Date 1940年 Source Royal Air Force Battle of Britain campaign diaries [1] photo [2]
写真は,Commons:WikiProject Aviation/recent uploads/2012 April 21-30引用


ハインケル(Heinkel)He 115水上偵察機は、1937年8月に初飛行した機体で、海上の哨戒偵察以外にも、船団への魚雷攻撃、機雷敷設、輸送などにも投入された多用途機だった。ヘルマン・ゲーリング総司令官のドイツ空軍に飛行機を集中させられたため、ドイツ海軍航空隊は貧弱であり、ハイケルHe115水上偵察機は、艦艇に搭載することは想定されておらず、水上機基地をベースに活動することを前提としていた。そのため、He115水上偵察機の総生産機数は138機のみであった。しかし、北大西洋、地中海方面では、水上機の特性を生かして、海上哨戒偵察、対艦船攻撃(爆弾・航空魚雷・機雷)に有効な働きをしている。

写真(右)1938年頃,ノルウェーがドイツ、ハインケル社から購入したハインケル(Heinkel)Heinkel HE 115 A.水上偵察機 (Fly nr 60):沿岸に設けられた水上機基地の沖合をタキシングしている。胴体コックピット後方とフロート船尾の間には、搭乗員がコックピットに登るための梯子が固定されている。
Heinkel HE 115 A.2 = Fly nr 60. Part of collection MMU Owner of collection Marinemuseet Institution Forsvarets museer Date published November 20, 2014 Date updated November 20, 2014 DIMU-CODE 021015534239
写真は,Forsvarets museer Marinemuseet , Identifier: MMU.941835引用。


ノルウェー軍がドイツのハインケル社から購入したハインケル(Heinkel)HE 115 A.水上偵察機は、ノルウェー軍に配備された。その際に、国籍識別マ―クとして、主翼の両端および垂直尾翼後端に、外側から赤白青の順に、ノルウェー国旗と同じ、記章が描かれた。しかし、胴体後方、主翼上面・下面に、これ以外に国籍惜別マークは描かれておらず、他の諸国の軍用機の塗装とはかなり異なった印象を受ける。

写真(右)1939-1940年,ノルウェーがドイツ、ハインケル社から購入したハインケル(Heinkel)He115 A-2水上偵察機(Reg. nr.: 52) :沿岸に設けられた水上機基地で問口に引揚げるランプの端に台座を置き、その上に駐機している。胴体後方下面には、整備員らしい多数の人員が集まっている。コックピットの上には、帰投用の環状ループアンテナが装備されている。垂直尾翼後端に、外側から赤白青の順に、ノルウェー国旗と同じ、国籍識別マ―クが描かれている。
Ray Wagner Collection Image PictionID: 43936061 - Catalog: 16_005297 - Title: Heinkel He 115A-2 for Norway Nowarra photo - Filename: 16_005297.TIF.
写真は,SDASM Archives, PictionID: 43936061引用。


写真(右)1939-1940年,ノルウェー中部、ボドー、ノルウェーがドイツ、ハインケル社から購入したハインケル(Heinkel)He115 A-2水上偵察機 :沿岸に設けられた水上機基地の大型ハンガーに、浮舟(フロート)下に陸上移動用の車輪を装着した状態で格納されている。主翼下面に、外側から赤白青の順に、ノルウェー国旗と同じ、国籍識別マ―クが描かれているのが分かる。
1 fly på bakken, ant. inne i hangar, Heinkel He 115 (N) A 2. Litt av annet fly t.h., dobbeldekker. 2 personer
Aksesjon 1998 Informant Bodø Luftfartshistoriske Forening Giver/siste eier Ebeland, Bjørn E.
Fotografering 1939 - 1940
Produsent Egeland, Knut sikker Production place Bergen Hordaland Flatøya sikker Aksesjon 1998
Copies 1 Positivkopi, svart/hvitt, Arkivkopi
Part of collection Norsk Luftfartsmuseum
Owner of collection Norsk Luftfartsmuseum
Institution Norsk Luftfartsmuseum
Date published December 18, 2014 Date updated December 18, 2014
DIMU-CODE 021015696991
UUID AFC7B792-B44D-46AF-85AD-BF0F0F032897
写真はForsvarets museer ,Norsk Luftfartsmuseum, Identifier NL.98080001 引用。


ハインケル(Heinkel)He-115水上偵察機の諸元
全長 17.3メートル,全幅 22.3メートル
搭載量 1トン
全備重量 1.1トン
発動機: BMW132空冷星形9気筒エンジン 960馬力2基
最高速力 320キロ
航続距離 2800キロ
兵装:7.92ミリMG17機銃4丁,爆弾 1トンあるいは航空魚雷1本
搭乗員: 3名

写真(右)1939-1940年,ノルウェー中部、ボドー、ノルウェーがドイツ、ハインケル社から購入したハインケル(Heinkel)He115 A-2水上偵察機 :主翼前縁および垂直尾翼後端に、赤白青の順に、ノルウェー国旗と同じ色彩で、国籍識別マ―クが描かれているのが見て取れる。
Ett fly på vannet, Heinkel He 115. Produsentland: Tyskland. Tekn. data: motor: 2x 960 hk BMV 132 K. Vingespenn: 22,275 m. Lengde: 17,3 m. Høyde: 6,6 m. Maks TO vekt: 9 345 kg. Maks hast.: 315 km/t.
Giver/siste eier:Thelle, Thorstein sikker Fotografering:1939 - 1940
Copies:1 Positivkopi, svart/hvitt, Arkivkopi1 Negativ, svart/hvitt, Arkivkopi Identifier:NL.05160207 Part of collection:Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection:Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published:November 21, 2014 Date updated:December 18, 2014 DIMU-CODE:021015552134
写真はForsvarets museer ,Norsk Luftfartsmuseum, Identifier:NL.05160207 引用。


He-115は,飛行艇ではなく,発進・降着用にフロート(浮舟:ふしゅう)を2本を装備した水上偵察機で,雷撃装備も可能だった。機首の下に20ミリ機銃を搭載した銃撃型もある。
戦前,スウェーデン,フィンランド,ノルウェーにも輸出された。

1988年,ノルウェーのベルゲン海底で戦時中に沈んだHe-115水上偵察機(機体番号S4+EH)が破損した状態で発見された。

写真(右)1939-1940年,ノルウェー中部、ボドー、ノルウェーがドイツ、ハインケル社から購入したハインケル(Heinkel)He115 A-2水上偵察機 :双フロートの後端から、胴体上のコックピット迄、搭乗員昇降用の梯子が固定されている。この昇降用梯子は、左右双方に装着されているので、フロートを支える骨格構造の一翼をなしていることが分かる。垂直尾翼後端に、赤白青の順に、ノルウェー国旗と同じ色彩で、国籍識別マ―クが描かれているのが見て取れる。
1 fly på bakken, ant. inne i hangar, Heinkel He 115 (N) A 2. Litt av annet fly t.h., dobbeldekker. 2 personer
Aksesjon 1998 Informant Bodø Luftfartshistoriske Forening Giver/siste eier Ebeland, Bjørn E.
Fotografering 1939 - 1940
Produsent Egeland, Knut sikker Production place Bergen Hordaland Flatøya sikker Aksesjon 1998
Copies 1 Positivkopi, svart/hvitt, Arkivkopi
Part of collection Norsk Luftfartsmuseum
Owner of collection Norsk Luftfartsmuseum
Institution Norsk Luftfartsmuseum
Date published December 18, 2014 Date updated December 18, 2014
DIMU-CODE 021015696991
UUID AFC7B792-B44D-46AF-85AD-BF0F0F032897
写真はForsvarets museer ,Norsk Luftfartsmuseum, Identifier NL.98080001 引用。


写真(右)1938-1940年、ノルウェー、ドイツから購入したハインケル(Heinkel)HE 115 A-2水上偵察機(Fly nr 60):水上機を陸上に引揚げられるように、海と接したランプは傾斜がついている。沿岸に設けられた水上機基地の大型ハンガーに、浮舟(フロート)下に陸上移動用の車輪を装着した状態で格納されている。
左右主翼・垂直尾翼後端に、赤白青の順に、ノルウェー国旗と同じ色彩で、国籍識別マ―クが描かれているのが見て取れる。
Part of collection:MMU Owner of collection:Marinemuseet Institution: Forsvarets museer Date published:November 20, 2014 Date updated:November 20, 2014
写真は Forsvarets museer Identifier:MMU.941838引用。


ノルウェーは、1937年8月に初飛行し、偵察など多用途に使えるHe 115水上偵察機7機を購入した。これらの機体は、ノルウェー海軍に配備され、1940年4月のドイツのノルウェー侵攻時に、ドイツ軍との戦いに投入された。

写真(右)1939年5月7日から1940年2月5日,ノルウェーがドイツ、ハインケル社から購入したハインケル(Heinkel)He115 A-2水上偵察機(Reg. nr.: 52) :沿岸に設けられた水上機基地に接岸したところ。水上機を陸上に引揚げられるように、海と接したランプは傾斜がついている。
1 fly, Heinkel He 115 (N) A 2, skrått forfra. Taues inn på land. Produsentland: Tyskland. Reg. nr.: 52. Serienr.: 119.
Tekn. data: Motor: 2x 960 hk BMW 132K. Vingespenn: 22,275 m. Lengde: 17,3 m. Htøyde: 6,6 m. Maks TO vekt: 9 345 kg. Maks hast.: 315 km/t. Historie: Brukt av Marinens Flyvåpen 5/7-1939 - 2/5-1940.
Fløyet til Storbritannia 2/5-1940. Overtatt av RAF som BV186 24/9-1940.Copies 1 Positivkopi, svart/hvitt, Arkivkopi Identifier NL.98080002 Part of collection Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection Norsk Luftfartsmuseum Institution Norsk Luftfartsmuseum Date published December 18, 2014 Date updated December 18, 2014 DIMU-CODE 021015696992
写真はForsvarets museer ,Marinemuseet, Foto-nummer 98080002 引用。


写真(右)1939年5月7日から1940年2月5日,ノルウェーがドイツ、ハインケル社から購入したハインケル(Heinkel)He115 A-2水上偵察機(Reg. nr.: 52) :主翼に、赤白青の順に、ノルウェー国旗と同じ色彩で、国籍識別マ―クが描かれている。双フロートの後端から、胴体上のコックピット迄、搭乗員昇降用の梯子が固定されている。この昇降用梯子は、左右双方に装着されているので、フロートを支える骨格構造の一翼をなしていることが分かる。
Ett fly på bakken, Heinkel He 115 med flotørrer. Flere sjøfly i bakgrunnen på vannet.
Giver/siste eier: Thelle, Thorstein sikker Fotografering: 1939 - 1940 Copies:1 Positivkopi, svart/hvitt, Arkivkopi1 Negativ, svart/hvitt, Arkivkopi Identifier: NL.05160146 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: November 21, 2014 Date updated: December 18, 2014
写真はForsvarets museer ,Norsk Luftfartsmuseum , Identifier:NL.05160146 引用。


ハインケル(Heinkel)He115 水上偵察機は、大型の水上機のため、フロートの後方から胴体上部コックピットに搭乗員が出入りするために、昇降用の梯子が取り付けられている。この昇降用梯子は、フロートの左右双方の後端から伸びており、フロートを支える骨格構造の一部となっている。

写真(右)1939-1940年,ノルウェー中部、トロムソ沖をタキシングするノルウェーがドイツ、ハインケル社から購入したハインケル(Heinkel)He115 A-2水上偵察機 :沿岸に設けられた水上機基地の大型ハンガーに、浮舟(フロート)下に陸上移動用の車輪を装着した状態で格納されている。
Sjøfly, propellfly, ute på fjorden. 2 personer står på flyskroget. Fjell bak. Marinens Flystasjon, 3.Flyavdeling Tromsø 1937-1940
Fotografering:1940 Eier: Forsvaret sikker Avbildet sted: Tromsø Troms Skattøra
Copies:1 Negativ, svart/hvitt Part of collection:Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection:Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published:December 18, 2014 Date updated:March 28, 2016
写真はForsvarets museer ,Norsk Luftfartsmuseum, Identifier:NL.97150005 引用。


写真(右)1939-1940年,ノルウェー、水上滑走するノルウェー軍のハインケル(Heinkel)He 115 (N) A 2.水上偵察機(Reg. nr.: 52) :沿岸に設けられた水上機基地から発進し、フィヨルドの海上をタキシングする。主翼の両端には、赤白青のノルウェー国旗と同じ、国籍識別マークが描かれている。
1 fly i sakte fart på havoverflata, Heinkel He 115 (N) A 2. Land i bakgrunnen.
Fotografering 1939 - 1940 Produsent Egeland, Knut sikker Production place Bergen Hordaland Flatøya sikker Aksesjon 1998 Informant Bodø Luftfartshistoriske Forening Giver/siste eier Ebeland, Bjørn E. Copies 1 Positivkopi, svart/hvitt, Arkivkopi Part of collection Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection Norsk Luftfartsmuseum Institution Norsk Luftfartsmuseum Date published December 18, 2014 Date updated December 18, 2014 DIMU-CODE 021015696997
写真はForsvarets museer ,Norsk Luftfartsmuseum , Identifier NL.98080007 引用。


写真(右)1939-1940年,ノルウェーがドイツ、ハインケル社から購入したハインケル(Heinkel)He115 A-2水上偵察機 :沿岸に設けられた水上機基地で問口に引揚げるランプの端に台座を置き、その上に駐機している。胴体コックピットには、整備員が集まって作業をしている。主翼の両端および垂直尾翼後端には、赤白青のノルウェー国旗と同じ、国籍識別マークが描かれている。
1 fly på bakken, Heinkel He 115 (N) A 2, skrått bakfra. 3 personer i arbeid med flyet. Bygninger rundt. Fotografering 1939 - 1940 Produsent Egeland, Knut sikker Production place Bergen Hordaland Flatøya sikker Aksesjon 1998 Informant Bodø Luftfartshistoriske Forening Giver/siste eier Ebeland, Bjørn E Copies 1 Positivkopi, svart/hvitt, Arkivkopi Part of collection Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection Norsk Luftfartsmuseum Institution Norsk Luftfartsmuseum Date published December 18, 2014 Date updated December 18, 2014 DIMU-CODE 021015697001
写真はForsvarets museer ,Norsk Luftfartsmuseum, Identifier NL.98080011 引用。


1940年4月9日、ドイツ軍はデンマークとノルウェーに侵攻、理由は、スウェーデンの鉄鉱石を不凍港ナルビクNarvik)を通じて安定して輸入するためだったが、イギリスがノルウェーの機雷封鎖や保障占領を企図していることもあった。このノルウェー侵攻「ウェーゼル演習作戦」では、四発大型旅客輸送機ユンカースJu-90が、オスロに兵員を輸送した。デンマークは侵攻初日の4月9日、国王クリスチャン10世Christian 10)、デンマーク政府が即座に降伏したが、ノルウェーは、イギリス軍の支援を受けて、激しく戦った。しかし、ドイツ軍のフランス侵攻で、5月下旬にはフランスの危機、イギリスの孤立化が確実になったため、ノルウェーの連合軍は6月に撤退した。ノルウェーには、傀儡ヴィドクン・クヴィスリングVidkun Quisling)政権が樹立され、ドイツ海軍潜水艦Uボートの基地となった。

写真(右)1940年,ノルウェー中部、ソール・トロンデラーグ県トロンハイム、フィヨルドで待機しているドイツ海軍軽巡洋艦「ニュルンベルク」と多数のハインケル(Heinkel)Heinkel HE 115 水上偵察機:1933年11月4日にドイチェ・ヴェルケで起工されたドイツ海軍軽巡洋艦「ニュルンベルク」は、1934年12月8日進水、1935年11月2日就役、排水量 9,040 トン、全長 181.3 m、全幅 16.30 m、吃水 5.74 m、 航続距離 10ノットで3,900マイル、 15センチ60口径三連装3基、8.8センチ76口径連装高射砲4基8門、53センチ(21インチ)三連装魚雷発射管4基、艦載機:アラドAr-196水上偵察機2機。
Tyske sjøfly og krysser i Ilsvika Intervju og fotostatkopi av album finnes på TF. Se FTTF 54613. "Tyske sjøfly ligger i Ilsvika på flottør. I bakgrunnen sees et orlogsfartøy - "Hipper"?. Tatt fra Steinberget."
Tilleggsinfo (Jørn Nikolaysen): Heinkel He 115 sjøfly og sansynligvis krysseren Nürnberg
1) - Kommentar fra www.digitaltmuseum.no: Den tyske krysseren Nurnberg. Skrevet av: Espen Arnestad (08.12.2013)
2) - 'FTTF.054644' er kommentert av: Navn: Jørn Nikolaysen (02.03.2015) Flyene er av type Heinkel He 115 og tilhører sannsynligvis Küstenfliegergruppe 506.
Subject Tyske sjøfly og krysser i Ilsvika Avbildet sted Norge Sør-Trøndelag Trondheim Ila Ilsvika
Part of collection Trøndelag Folkemus Owner of collection MIST Institution Sverresborg Trøndelag Folkemuseum Date published March 18, 2014 Date updated November 22, 2017 DIMU-CODE 011012872890
写真は,Forsvarets museer Trøndelag Folkemuseum , Identifier FTTF.054644 引用。


1940年4月9日,イギリス軍に先んじて,ドイツ軍がノルウェーに侵攻,その後,4月14日,トロンヘイムに英仏軍,ポーランド軍の連合軍1万2000名を上陸させた。ナルヴィクにも,4月20日に連合軍3万名を上陸させた。1940年5月10日,ドイツ軍のベルギー,オランダに侵攻に直面して,連合軍はナルヴィクを撤退。チェンバレンは,戦局悪化と対独宥和政策の破綻の責任を取って,首相を辞任。 戦時挙国一致内閣として,1940年5月10日に、チャーチル(Winston Churchill)がイギリス首相に就任した。

写真(右)1940年頃、西部戦線、オランダ、飛行中のドイツのハインケル(Heinkel)HE 115 C-1水上偵察機(登録コード:VF+UY、製造番号 WNr 3252) ;この機体は、試験飛行中なのか、防御用火器を搭載していない。ドイツは、イギリス本土航空決戦のために、北フランスから、ベルギー、オランダンの沿岸部に航空兵力を展開した。
Collectie NIOD
Trefwoorden Luftwaffe, Gevechtsvliegtuigen, Luchtmacht, Vliegtuigen
Bijschrift Unsere Wehrmacht. Eine Heinkel He 115 im Wolkenmeer. Type Foto
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 43333 引用。


ハインケルHe 115水上機は、対艦船攻撃用に、航空魚雷LTF 5(760?)かLTF 6bを1本、あるいはSD 500爆弾(500 kg)か SC 250爆弾(250 kg)を搭載したが、後に、航空機雷LMB III あるいは LMAを搭載し、空中機雷敷設の任務にも投入された。

写真(右)1940年10月、オランダ、オランダ、オランダ軍が採用したハインケル(Heinkel)HE 115 水上偵察機と連絡用の小型舟艇;He 115 水上偵察機は、1937年8月の初飛行で、生産数138機のみだが、最前線の新鋭機ではない。そのためか、宣伝用のPK写真が比較的豊富である。ハインケル(Heinkel)He 115 水上偵察機は、輸出や鹵獲を通じて、ブルガリア、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、イギリスなどが使用した。
Collectie NIOD
Trefwoorden Kriegsmarine, Legerbases, Luftwaffe, Vliegtuigen Locatie Naam: Nederland Land: Nederland
Bijschrift Deze foto maakt onderdeel uit van een collectie originele negatieven gemaakt door Karl Rauscher, beroepsfotograaf in dienst van de Luftwaffe. De divisie van Rauscher is in 1940 enkele maanden gestationeerd op de Fliegerhorst Schellingwoude, Amsterdam. Het originele bijschrift luidt: 'Bootfahrt'. Een watervliegtuig bij Fliegerhorst Schellingwoude. Tijdens de bezetting was in Schellingwoude een steunpunt voor watervliegtuigen van de Duitse Kriegsmarine voor het leggen van zeemijnen en het redden van neergestorte piloten. Het in de IJmond gelegen kunstmatige eiland Zeeburg ten oosten van Amsterdam is tot 1945 als een kleine gecamoufleerde vesting ingericht. Deze zogenaamde Fliegerhorst Schellingwoude werd uitgebouwd tot de grootste basis voor watervliegtuigen en -boten in Nederland.
Type Foto Periode oktober 1940 Negatiefsoort Origineel Vervaardiger Karl Rauscher Gebruiksrechten NIOD
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 152115引用。


写真(右)1940年10月、オランダ、ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)HE 115 水上偵察機;この写真と上の写真はともに、ドイツ空軍(Luftwaffe)の宣伝用の写真で、カメラマンのKarl Rauscherが作成したオリジナルネガのコレクションに収められている。彼は、アムステルダムに1940年に数ヶ月間滞在した。元のキャプションには、「ボートに乗って」(Bootfahrt)と書かれている。水上飛行機に乗るためにボートで移動したドイツ空軍の搭乗員たち。この機体は、ドイツ海軍(Kriegsmarine)と連携して、海上の哨戒偵察のための支援を行った。また、空中投下機雷の敷設をしたり、海上に墜落した搭乗員の救助の任務にも就いた。アムステルダム東部の人工島(Zeeburg)は、戦時中、オランダにおける北海方面の海上作戦の基地としてに発展し、1945年まで、偽装も施されていた。
Collectie NIOD
Trefwoorden Kriegsmarine, Legerbases, Luftwaffe, Vliegtuigen Locatie Naam: Nederland Land: Nederland
Bijschrift Deze foto maakt onderdeel uit van een collectie originele negatieven gemaakt door Karl Rauscher, beroepsfotograaf in dienst van de Luftwaffe. De divisie van Rauscher is in 1940 enkele maanden gestationeerd op de Fliegerhorst Schellingwoude, Amsterdam. Het originele bijschrift luidt: 'Bootfahrt'. Een watervliegtuig bij Fliegerhorst Schellingwoude. Tijdens de bezetting was in Schellingwoude een steunpunt voor watervliegtuigen van de Duitse Kriegsmarine voor het leggen van zeemijnen en het redden van neergestorte piloten. Het in de IJmond gelegen kunstmatige eiland Zeeburg ten oosten van Amsterdam is tot 1945 als een kleine gecamoufleerde vesting ingericht. Deze zogenaamde Fliegerhorst Schellingwoude werd uitgebouwd tot de grootste basis voor watervliegtuigen en -boten in Nederland.
Type Foto Periode oktober 1940 Negatiefsoort Origineel Vervaardiger Karl Rauscher Gebruiksrechten NIOD
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 152122引用。


写真(右)1940年10月、オランダ、ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)HE 115 水上偵察機;この写真と上の写真はともに、ドイツ空軍(Luftwaffe)の宣伝用の写真で、カメラマンのKarl Rauscherが作成したオリジナルネガのコレクションに収められている。彼は、アムステルダムに1940年に数ヶ月間滞在した。元のキャプションには、地名に因んで「シェリンブルテの部隊、1940年11月」 'Einsatz Schelinwoude, November 1940'と書かれている。
Collectie NIOD
Trefwoorden Kriegsmarine, Legerbases, Luftwaffe, Vliegtuigen Locatie Naam: Nederland Land: Nederland
Bijschrift Deze foto maakt onderdeel uit van een collectie originele negatieven gemaakt door Karl Rauscher, beroepsfotograaf in dienst van de Luftwaffe. De divisie van Rauscher is in 1940 enkele maanden gestationeerd op de Fliegerhorst Schellingwoude, Amsterdam. Het originele bijschrift luidt: 'Einsatz Schelinwoude, November 1940'. Tijdens de bezetting was in Schellingwoude een steunpunt voor watervliegtuigen van de Duitse Kriegsmarine voor het leggen van zeemijnen en het redden van neergestorte piloten. Het in de IJmond gelegen kunstmatige eiland Zeeburg ten oosten van Amsterdam is tot 1945 als een kleine gecamoufleerde vesting ingericht. Deze zogenaamde Fliegerhorst Schellingwoude werd uitgebouwd tot de grootste basis voor watervliegtuigen en -boten in Nederland.
Type Foto Periode november 1940 Negatiefsoort Origineel Vervaardiger Karl Rauscher Gebruiksrechten NIOD
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 152099引用。


写真(右)1940年、西部戦線、ドイツ、飛行中のドイツのハインケル(Heinkel)He 115水上偵察機;枢軸軍の双フロート双発以上の水上機には、ハインケルHe115のほかハインケルHe59救難機、イタリア軍のCASA RS.C14水上偵察機、カント Z.506 水上偵察爆撃機などがあり、いずれも飛行性能は、秀でているわけではないが、堅牢な構造で、使いやすい機体だった。
Collectie NIOD
Trefwoorden Luftwaffe, Vliegboten, Vliegtuigen
Locatie Naam: Federal Republic of Germany Land: Germany
Bijschrift Heinkel vliegboot, He 115. Type Foto
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 128引用。


ドイツ海軍航空隊は、艦船に乗せて運用する艦載水上機を指揮下に置いたものの、それ以外の航空兵力は、沿岸部に基地を設けた水上機や飛行艇ですらも直接指揮する権限がなかった。つまり、ドイツ海軍航空隊は、攻撃、偵察、哨戒に関して有効な航空支援を得ることが困難になった。このように、ドイツ海軍航空隊が簸力であったために、そのため、海軍艦艇、特に潜水艦Uボートとの連携支援が疎遠になる傾向があった。これはドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥が、飛行機と航空兵力は全て自分の隷下に置くことを主張したためである。そこで、イギリス本土の交通破壊戦や海上封鎖に、航空機による索敵、偵察が十分に行えないという欠点が露呈した。

写真(右)1940年、西部戦線、ドイツ、海上を滑走しているドイツ軍ハインケル(Heinkel)He 115水上偵察機;ドイツ海軍航空隊は、艦船に乗せて運用する艦載水上機を除いて、直接航空部隊を指揮する権限はなかった。そのため、海軍艦艇、特に潜水艦Uボートとの連携支援が疎遠になる傾向があった。これはドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥が、飛行機と航空兵力は全て自分の隷下に置くことを主張したためである。
Collectie NIOD
Trefwoorden Luftwaffe, Vliegboten, Vliegtuigen
Locatie Naam: Federal Republic of Germany Land: Germany
Bijschrift Heinkel vliegboot, He 115. Type Foto
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 129引用。


枢軸軍の双フロート双発以上の水上機には、ハインケルHe115のほかハインケルHe59救難機、イタリア軍のフィアットCMASA RS.C14水上偵察機、カントZ.506 水上偵察爆撃機 などがあり、いずれも飛行性能は、秀でているわけではないが、堅牢な構造で、使いやすい機体だった。

写真(右)1940年、西部戦線、オランダ、ドイツのハインケル(Heinkel)HE 115 水上偵察機;機首のガラス風防には、A銃座に7.92ミリMG15旋回機銃が装備されているのが明瞭にわかる。
Collectie NIOD
Trefwoorden Kriegsmarine, Legerbases, Luftwaffe, Vliegtuigen
Locatie Naam: Schellingwoude Land: Nederland
Bijschrift Deze foto maakt onderdeel uit van een collectie originele negatieven gemaakt door Karl Rauscher, beroepsfotograaf in dienst van de Luftwaffe. De divisie van Rauscher is in 1940 enkele maanden gestationeerd op de Fliegerhorst Schellingwoude, Amsterdam. Het originele bijschrift luidt: 'Flugzueg aufnamen'. Een watervliegtuig He 115 bij Fliegerhorst Schellingwoude. Tijdens de bezetting was in Schellingwoude een steunpunt voor watervliegtuigen van de Duitse Kriegsmarine voor het leggen van zeemijnen en het redden van neergestorte piloten. Het in de IJmond gelegen kunstmatige eiland Zeeburg ten oosten van Amsterdam is tot 1945 als een kleine gecamoufleerde vesting ingericht. Deze zogenaamde Fliegerhorst Schellingwoude werd uitgebouwd tot de grootste basis voor watervliegtuigen en -boten in Nederland.
Periode 1940 Negatiefsoort Origineel Vervaardiger Karl Rauscher Gebruiksrechten NIOD
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 152170引用。


写真(右)1940年、西部戦線、オランダ、アムステルダム、ドイツのハインケル(Heinkel)HE 115 水上偵察機の機首側面ガラス風防と機首(A)銃座の7.92ミリMG15旋回機関銃;機首銃座は、体格のいい搭乗員にとっては、窮屈で、居住性は良くないように見えるが、ガラス風防に覆われているために、視界は十分に確保されている。
Collectie NIOD
Trefwoorden Kriegsmarine, Legerbases, Luftwaffe, Vliegtuigen
Locatie Naam: Gemeente Amsterdam Land: Nederland
Bijschrift Deze foto maakt onderdeel uit van een collectie originele negatieven gemaakt door Karl Rauscher, beroepsfotograaf in dienst van de Luftwaffe. De divisie van Rauscher is in 1940 enkele maanden gestationeerd op de Fliegerhorst Schellingwoude, Amsterdam. Het originele bijschrift luidt: 'Flugzueg aufnamen'. Een watervliegtuig He 115 bij Fliegerhorst Schellingwoude. Tijdens de bezetting was in Schellingwoude een steunpunt voor watervliegtuigen van de Duitse Kriegsmarine voor het leggen van zeemijnen en het redden van neergestorte piloten. Het in de IJmond gelegen kunstmatige eiland Zeeburg ten oosten van Amsterdam is tot 1945 als een kleine gecamoufleerde vesting ingericht. Deze zogenaamde Fliegerhorst Schellingwoude werd uitgebouwd tot de grootste basis voor watervliegtuigen en -boten in Nederland.
Periode 1940 Negatiefsoort Origineel Vervaardiger Karl Rauscher
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 152172引用。


写真(右)1940年、西部戦線、オランダ、ハインケル(Heinkel)HE 115 水上偵察機の機首と装備された7.92ミリMG15旋回機関銃;7.92ミリMG15旋回機関銃の下側にある金属製球形容器は、撃ち終わった薬莢を受けるもので、これがないと、機内に薬莢が散乱してしまう。
Collectie NIOD
Locatie Naam: Nederland Land: Nederland.
Bijschrift Deze foto maakt onderdeel uit van een collectie originele negatieven gemaakt door Karl Rauscher, beroepsfotograaf in dienst van de Luftwaffe. De divisie van Rauscher is in 1940 enkele maanden gestationeerd op de Fliegerhorst Schellingwoude, Amsterdam. Het originele bijschrift luidt: 'Flugzueg aufnamen'. Een watervliegtuig He 115 bij Fliegerhorst Schellingwoude. Tijdens de bezetting was in Schellingwoude een steunpunt voor watervliegtuigen van de Duitse Kriegsmarine voor het leggen van zeemijnen en het redden van neergestorte piloten. Het in de IJmond gelegen kunstmatige eiland Zeeburg ten oosten van Amsterdam is tot 1945 als een kleine gecamoufleerde vesting ingericht. Deze zogenaamde Fliegerhorst Schellingwoude werd uitgebouwd tot de grootste basis voor watervliegtuigen en -boten in Nederland.
Periode 1940 Negatiefsoort Origineel Vervaardiger Karl Rauscher
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 152174引用。


写真(右)1940年、西部戦線、オランダ、アムステルダム、ドイツのハインケル(Heinkel)HE 115 水上偵察機;周囲の状況から、上の2枚の写真と同じ場所にある同じ機体と思われる。胴体後方側面の白色の鉄十字、垂直尾翼のスワスチカ(カギ十字:卍)は目立ちすぎるためか、塗りつぶされている。
Collectie NIOD Trefwoorden Kriegsmarine, Legerbases, Luftwaffe, Vliegtuigen
Locatie Naam: Gemeente Amsterdam Land: Nederland
Bijschrift Deze foto maakt onderdeel uit van een collectie originele negatieven gemaakt door Karl Rauscher, beroepsfotograaf in dienst van de Luftwaffe. De divisie van Rauscher is in 1940 enkele maanden gestationeerd op de Fliegerhorst Schellingwoude, Amsterdam.
Het originele bijschrift luidt: 'Flugzueg aufnamen'. Een watervliegtuig He 115 bij Fliegerhorst Schellingwoude. Tijdens de bezetting was in Schellingwoude een steunpunt voor watervliegtuigen van de Duitse Kriegsmarine voor het leggen van zeemijnen en het redden van neergestorte piloten. Het in de IJmond gelegen kunstmatige eiland Zeeburg ten oosten van Amsterdam is tot 1945 als een kleine gecamoufleerde vesting ingericht. Deze zogenaamde Fliegerhorst Schellingwoude werd uitgebouwd tot de grootste basis voor watervliegtuigen en -boten in Nederland.
Periode 1940 Negatiefsoort Origineel Vervaardiger Karl Rauscher
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 152175引用。


写真(右)1941年10月13日、西部戦線、オランダ、ドイツのハインケル(Heinkel)HE 115 水上偵察機;フロート(浮舟)の間に艀を置いて、胴体下面に航空魚雷を搭載しようとしている。機首A銃座の7.92ミリMG15旋回機銃は、銃座を上方に回転させ、機首上面のハッチから乗り出した整備員が手入れをしている。
Beeldnummer 43394 Collectie NIOD
Trefwoorden Bommenwerpers, Luchtmacht, Vliegtuigen, Bommen
Bijschrift He 115, Type Foto
Datum 13/10/1941
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 43394 引用。


ドイツ空軍が1941年から使用した代表的な航空魚雷LT I A1 F5bで、直径45センチ、全長 5.5メートル、蒸気駆動、速力40ノット、射程距離2000メートルだった。他方、ドイツ海軍は、潜水艦用に開発した電気魚雷TII G7eは、直径53.3センチ、全長7.1メートル、速力30ノット、射程距離5000メートルだった。

写真(右)1940-1944年,ノルウェー中部、ソール・トロンデラーグ県トロンハイム、フィヨルドで待機している2機のドイツ空軍ハインケル(Heinkel)Heinkel HE 115 水上偵察機
Heinkel 115, med flottører, antakelig ved Hommelvik.
Tilhører samling av fotografier tatt av ukjente tyske soladater under 2.verdenskrig. Bildene var sendt inn til framkalling og kopiering hos Harald Renbjørs fotoforretning i Levanger. Familen Renbjør dobbeltkopierte noen av fotografiene og beholdt en kopi selv. Dette var strengt ulovlig. Mest sannsynlig gjorde de dette av etterretningsgrunner for motstandsbevegelsen eller på eget initiativ. Fotografering 1940 - 1945 Ukjent tysk soldat.
Part of collection Levanger Fotomuseum Owner of collection Levanger Fotomuseum Institution Levanger Fotomuseum Date published October 15, 2014 Date updated March 16, 2018 DIMU-CODE 011015437715
写真は,Levanger Fotomuseum, Identifier LEM.018.20.06引用。


1939年の冬戦争で、フィンランド軍は、総司令官 カール・グスタフ・マンネルヘイムCarl Gustaf Mannerheim)元帥の下、数的に遥かに勝るソ連赤軍相手に善戦した。しかし、ドイツは、西方戦役の準備のため、1939年独ソ不可侵条約を順守し、スカンジナビア諸国からも、英仏からも軍事援助を受けることができず、孤軍奮闘するしかなかった。その結果、1940年3月12日、フィンランド大統領リスト・ヘイッキ・リュティRisto Heikki Ryti)は、ソ連の領土要求を受け入れざるを得ず、フィンランドは降伏の道を選んだ。

写真(右)1941年8月24日、ソビエト連邦と戦う継承戦争時、枢軸国フィンランドの装備したドイツ製ハインケル(Heinkel)HE 115 A水上偵察機;ドイツからフィンランドに飛来、鹵獲したHe115水上偵察機を、フィンランド空軍が鹵獲し、第44飛行隊(LLv.44)に配属して輸送任務に投入した。
SA-kuvat ovat lisensoitu Nimeä 4.0 Kansainvälinen (CC BY 4.0) -lisenssillä ja ne ovat vapaasti käytettävissä ja julkaistavissa. Kuvat ovat nähtävissä myös www.sa-kuva.fi -palvelussa. Photo info: undated Kartto - Peronkoski, valokuvaaja
Kuvaustiedot: 1941-08-24 Lassi Hämäläinen, valokuvaaja
写真は Finna.fl : Identifier:sa-kuva-61917引用。


フィンランドは、ロシア革命時期にその独立が定まった反面、その後のソビエト連邦の共産主義には、強い警戒感を抱いていた。フィンランド国内での共産主義革命の動きがあったからである。そこで、反共産主義の象徴として、白丸に青の鍵十字を描いたカギ十字「ハカリスティ」(Hakaristi)を用いるようになった。1917年のロシア革命に追随する赤軍に対抗する白軍以来のシンボルとしてである。フィンランドの内戦では、反共産主義の赤軍に反対する、白軍が自由のシンボルとして、カギ十字(卍)を採用した。白軍を支援したスウェーデン人エリック・フォン・ローゼン伯爵が鈎十字「ハカリスティ」(Hakaristi)を譲渡した飛行機に描いたこともある。フィンランド軍は、1918年に採用したカギ十字「ハカリスティ」(Hakaristi)を、1944年の対ソ講和の時に廃止した。 このスワスチカが、対ソビエト連邦の戦い、すなわち1939年の冬戦争、1941年の継承戦争でも採用されている。

写真(右)1941年8月24日、ソビエト連邦と戦う継承戦争時、枢軸国フィンランドの装備したドイツ製ハインケル(Heinkel)HE 115 A水上偵察機の破損した主翼;フィンランド軍が使用したが、このHe115水上偵察機は、ソビエト軍の対空砲火に被弾して、破損したようだ。
SA-kuvat ovat lisensoitu Nimeä 4.0 Kansainvälinen (CC BY 4.0) -lisenssillä ja ne ovat vapaasti käytettävissä ja julkaistavissa. Kuvat ovat nähtävissä myös www.sa-kuva.fi -palvelussa. Photo info: undated Kartto - Peronkoski, valokuvaaja
Kuvaustiedot: 1941-08-24 Lassi Hämäläinen, valokuvaaja
写真は Finna.fl : Identifier:sa-kuva-61929引用。


当初、スウェーデン人エリック・フォン・ローゼン伯爵が、白軍を支持して、この鍵卍「ハカリスティ」(Hakaristi)には、フィンランドにおける共産主義者との内戦で、反共産主義とソ連・ロシアからの独立の意味で、フィンランド軍が1918年に「ハカリスティ」(Hakaristi)として、軍の国籍マークとして採用し、フィンランドの軍用機や戦車に標識として描いている。しかし、1944年、リスト・ヘイッキ・リュティRisto Heikki Ryti)はフィンランド大統領を辞職、新大統領カール・グスタフ・マンネルヘイム元帥の下で、ソ連との講和、対ドイツ戦争の開始とともにカギ十字「ハカリスティ」(Hakaristi)は、廃止された。wikipedia「ハカリスティは本来ナチスのハーケンクロイツとは無関係であった」というのは、後世、フィンランドにおける白軍と赤軍の内戦、ドイツと組んで対ソ戦を戦った継承戦争、ナチ党の残虐性を忌避するために唱えられた方便か、カギ十字を好む人物の誤解に基づく思い込みである。

写真(右)1941-1943年頃、ソビエト連邦と戦う継承戦争時、枢軸国フィンランドの装備したドイツ製ハインケル(Heinkel)HE 115 A水上偵察機(Fly nr 52)、購入したフランス製モラーヌ・ソルニエ(Morane-Saulnier)M.S.406戦闘機と ソ連から鹵獲したソ連製ポリカルポフ(Polikarpov) I-16戦闘機;ドイツからフィンランドに飛来、鹵獲したHe115水上偵察機を、フィンランド空軍が鹵獲し、第44飛行隊(LLv.44)に配属して輸送任務に投入した。フィンランド軍にとっても、白丸に青の鍵十字を描いたカギ十字「ハカリスティ」(Hakaristi)は、軍の国籍識別マークで、1917年のロシア革命に追随する赤軍に対抗する白軍以来のシンボルである。フィンランドの内戦では、反共産主義の赤軍に反対する、白軍が自由のシンボルとして、カギ十字(卍)を採用した。白軍を支援したスウェーデン人エリック・フォン・ローゼン伯爵が鈎十字「ハカリスティ」(Hakaristi)を譲渡した飛行機に描いたこともある。フィンランド軍は、1918年に採用したカギ十字「ハカリスティ」(Hakaristi)を、1944年の対ソ講和の時に廃止した。
Lentokonetehdas. Etummaisena Heinkel He 115 A (tunnus HE-115), sen takana Morane-Saulnier M.S.406 (tunnus MS-302) ja viimeisenä Polikarpov I-16. Photo info: undated Kartto - Peronkoski, valokuvaaja
写真は Finna.fl : Identifier:sa-kuva-61921引用。


1939年の冬戦争で失ったカレリア地方を奪還するために、1941年6月22日のドイツのソ連侵攻をチャンスととらえたフィンランド大統領リスト・ヘイッキ・リュティ(Risto Heikki Ryti)は、6月22日には、ナチスと同盟して、ソ連を敵として、継承戦争Continuation War)を開始した。これは、事実上、フィンランドが枢軸同盟国の一員として、第二次世界大戦に参加することを意味した。フィンランドは、ナチスと組んで軍事作戦を展開し、レニングラードを包囲し住民を餓死させ、不凍港ムルマンスクを攻略し、ソ連への西側連合国の輸送船団を途絶させる作戦を展開した。

しかし、1941年6月22日の継承戦争Continuation War)を始めたフィンランド側は、イギリス、アメリカには戦争を仕掛けたいとは思っていなかった。そこで、あくまで、ソ連に対して1939年の冬戦争で奪われた国土の回復を求めた防衛戦争であるとの立場を主張した。しかし、ソ連がドイツの攻勢を一国で受け止めている状況で、イギリスもアメリカも、フィンランド側の言う継承戦争Continuation War)であり、イギリス・アメリカと戦う第二次大戦への参戦ではないという身勝手な論理は受けつかなかった。これを梃子にして、ヒトラーはフィンランドに対して、ソ連への軍事的攻勢を強化するように強く要請した。

写真(右)1941-1943年頃、ソビエト連邦と戦う継承戦争時、枢軸国フィンランドの装備したドイツ製ハインケル(Heinkel)HE 115 A水上偵察機(Fly nr 52);フィンランド軍の国籍識別マークは、カギ卍「ハカリスティ」(Hakaristi)で、色彩は白丸に青のカギ十字を描いたものある。1917年、フィンランドでは、ロシア革命に追随する赤軍に対抗して、白軍が組織され、その時に反共産主義の自由のシンボルとして、鈎十字採用された。
Lentokonetehdas. Lentokone on Hienkel He 115 A (tunnus HE-115).. Photo info: undated Kartto - Peronkoski, valokuvaaja
写真は Finna.fl : Identifier:sa-kuva-9800引用。


ドイツのソビエト連邦侵攻は、1941年6月22日だが、フィンランドは、1939年11月30日から1940年3月12日の対ソビエト冬戦争に敗北していた。冬戦争に敗北したフィンランド大統領リスト・ヘイッキ・リュティRisto Heikki Ryti)は、今度は、その報復として、1941年6月26日から1944年9月19日にかけて、ドイツとともに対ソビエト継続戦争を戦った。冬戦争の2カ月前から、イギリスもフランスも連合国として、ドイツと第二次世界大戦を戦っていたが、ソ連とは戦っておらず、あえてフィンランドを助けるために、ソ連と会戦するはずがなかった。

 1941年7月、フィンランド国防軍総司令官カール・グスタフ・マンネルヘイムCarl Gustaf Mannerheim)元帥の指揮の下、フィンランド軍は、ハカリスティ(Hakaristi)を再び掲げて、フィンランド南東部、ソ連に割譲させられていたカレリア地方を攻撃し、再占領し、冬戦争で奪われた領土を取り戻しつつあった。

写真(右)1940年4月10日、ノルウェーの海岸に待機しているドイツ軍のハインケル(Heinkel)HE 115 水上偵察機を撮影したイギリス空軍機の偵察写真;海面に4機のハインケル(Heinkel)HE 115 水上偵察機が写っている。
Collectie NIOD
Trefwoorden Luchtfotografie, Royal Air Force, Bombardementen, Havens Locatie Naam: Kingdom of Norway Land: Norway
Bijschrift First picture of the R.A.F. in action over the Norwegian coast. A low altitude photographed of four He 115 seaplanes moored off bergen. Taken by an R.A.F. aircraft in the course of actual operations against the enemy. The large white shape of a bomb dropping is seen on the edge of the photograph - picture taken 10th April.
Datum 12/04/1940
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 15301引用。


ハインケル(Heinkel)He 115水上偵察機は、1937年8月に初飛行した機体で、海上の哨戒偵察以外にも、船団への魚雷攻撃、機雷敷設、輸送などにも投入された多用途機だった。ヘルマン・ゲーリング総司令官のドイツ空軍に飛行機を集中させられたため、ドイツ海軍航空隊は貧弱であり、ハイケルHe115水上偵察機は、艦艇に搭載することは想定されておらず、水上機基地をベースに活動することを前提としていた。そのため、He115水上偵察機の総生産機数は138機のみであった。しかし、北大西洋、地中海方面では、水上機の特性を生かして、海上哨戒偵察、対艦船攻撃(爆弾・航空魚雷・機雷)に有効な働きをしている。

写真(右)1943年頃、ノルウェー、イギリス空軍モスキート双発戦闘機の銃撃を受けるハインケルHe-115双発水上戦闘機:イギリス輸送船団を捜索中のハインケルHe115双発水上偵察機は、180メートルまで接近したイギリス空軍第333戦隊モスキート戦闘機に襲撃され、この写真が撮影された直後に海上に墜落した。軸線が機銃の弾道とは異なるので、ガンカメラではなく偵察用の手持ちカメラで写したものであろう。
Catalogue number: CE 118, Part of AIR MINISTRY SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION, Subject period: Second World War, Object description: A Heinkel He 115 on fire and trailing smoke, photographed by the observer of De Havilland Mosquito 'P' of No. 333 (Norwegian) Squadron RAF based at Leuchars, Fife, which intercepted the seaplane 200 feet above the sea off Bremanger, Norway, while conducting a shipping reconnaissance. The Mosquito closed to within 200 yards to finish off the Heinkel with cannon fire, which crashed into the sea shortly afterwards. 写真はイギリス帝国戦争博物館 Imperial War Museum登録・ IWM (CE 118)


ヘルマン・ゲーリングHermann Göring)のドイツ空軍第一航空軍Luftflotte 1)に属していたJG54は、1941年6月21日、バルバロッサ作戦初日,ヴィルヘルム・リッター・フォン・レープWilhelm Ritter von Leeb)元帥を司令官とする北方軍集団(レープ元帥)を支援し、フィンランド、バルチック海周辺、レニングラードで戦った。1941年から1943年には、JG54は、レニングラード包囲戦、イイリメニ湖周辺のソ連軍攻撃のために、フィンランドにも駐屯した。

写真(右)1943年頃、ノルウェー、イギリス空軍モスキート双発戦闘機(絵前の液冷エンジン)の銃撃を受けるハインケルHe-115双発水上偵察機(左中の機体前半部分):イギリス輸送船団を捜索中のハインケルHe115双発水上偵察機は、180メートルまで接近したイギリス空軍第333戦隊モスキート戦闘機に襲撃され、この写真が撮影された直後に海上に墜落した。軸線が機銃の弾道とは異なるので、ガンカメラではなく偵察用の手持ちカメラで写したものであろう。
En Heinkel He-115 blir forfulgt og skutt ned av en Mosquito, 6. februar 1944. Specific subject terms: RAF Royal Air Force
History Under hele 2. verdenskrig ble tyske mål i Norge bombet av allierte fly. Det første angrepet skjedde allerede om ettermiddagen 9. april 1940, da fly fra RAFs 9-, 50- og 115 skvadron bombet havnen i Bergen. Grunnet dårlig sikt var bombingen meget upresis, og ingen mål ble truffet.
Datidens lave presisjonsnivå under bombing fra fly førte til mange tragiske resultater. Til sammen 752 sivile nordmenn ble drept av allierte bomber. Norske myndigheter i London protesterte ved flere anledninger mot bombing på norsk jord, første gang høsten 1941, da RAF bombet sildoljefabrikker som regjeringen mente ikke hadde militær betydning. Bombeaktiviteten var forholdsvis lav inntil den amerikanske 8th. Air Force ble overført til England. Interessen for tungtvannsproduksjonen til Norsk Hydro lå bak en viss opptrapping fra høsten 1942, som førte til nye norske protester. Norske myndigheter forsøkte å påvirke beslutningsprosessen for valg av bombemål ved å utarbeide egne mållister, men de alliertes myndigheter, spesielt de amerikanske, tok ikke alltid hensyn til norske synspunkter. Frykten for økt alliert bombing lå bak forslaget fra enkelte norske militære om kraftig opptrapping av sabotasjeaksjoner fra slutten av 1943, men forskjellige hensyn gjorde dette uaktuelt for Milorg.
Derfor opprettet RAF Coastal Command, 18. Group, flere nye flybaser i Skottland. Formålet var å senke det de kunne av tysk "skipsfart" langs Norges kyst, først og fremst ubåter, samt forsynings- og malmskip, som gikk i skytteltrafikk mellom Norge og Tyskland.
Det kanskje mest kjente og betydningsfulle vellykkede angrepet utført av RAF på norsk territorium, var senkingen av det tyske slagskipet Tirpitz. Aksjonen fant sted ved Håkøya utenfor Tromsø den 12. november 1944. Lancaster bombefly fra RAFs 617 og 9 skvadron, utrustet med Barnes Wallis Tallboy-bomber, utførte bombingen. Over tusen tyske soldater og besetningsmedlemmer ombord ble drept.
av Tirpitz endret det strategiske bildet av krigen på en avgjørende måte. Murmanskkonvoiene kunne gå friere, og forsyningene til nord- og østfronten ble styrket. Dessuten kunne store sjøstridskrefter settes inn andre steder, bl.a. til ubåtjakt, eller sendes til Middelhavet og Stillehavet.
Part of collection:FMU Owner of collection:Forsvarsmuseet Institution: Forsvarets museer Date published:March 17, 2014 Date updated:March 17, 2014
写真はForsvarets museer 登録: Identifier:FMU.402455


写真(右)1944年2月6日、ノルウェー、イギリス空軍モスキート双発戦闘機(手前の機首風防)の銃撃を受けるハインケルHe-115双発水上偵察機(中央奥に機影):イギリス輸送船団を捜索中のハインケルHe115双発水上偵察機は、180メートルまで接近したイギリス空軍第333戦隊モスキート戦闘機に襲撃され、この写真が撮影された直後に海上に墜落した。軸線が機銃の弾道とは異なるので、ガンカメラではなく偵察用の手持ちカメラで写したものであろう。
En Heinkel He 115 sekunder før den blir truffet av ild fra en Mosquito, 333 skvadronen, utenfor norskekysten, 6. februar 1944.
History Den opprinnelige 333 skvadronen ble opprettet 8. februar 1942 i Woodhaven, Skottland, etter initiativ fra kaptein Finn Lambrechts. Skvadronen tilhørte da Marinens Flyvevåpen. I mai 1943 fikk den betegnelsen 333 (N) Squadron, og besto av den allerede operative 1477 Norwegian Flight, forsterket med en ny norsk gruppe.
333 skvadronen var stasjonert i Skottland (Woodhaven og Leuchars), og sto under kommando av britiske Coastal Command. Den var oppsatt med Catalina flybåter (A Flight), og etterhvert også Mosquito jagerbombere (B Flight). Denne flytypen hadde en unik konstruksjon - skrog og vinger var bygget av treverk. Dette gjorde den svært lett, og flyene ble dermed meget raske og manøvrerbare. Operasjonsområdet var Nordsjøen, norskehavet og langs hele norskekysten. Oppdraget var ubåtjakt, konvoieskorte, angrep mot tyske skip og ilandsetting av agenter til hemmelig oppdrag i Norge, samt å hente dødsdømte motstandsfolk i Norge til sikkerhet i Storbritannia. Dessuten ble de benyttet til flydropp av diverse varer i Norge, bl.a. kaffe og tobakk.
333 skvadronens innsats under krigen var betydelig: 251 tokt resulterte blant annet i 4 senkede og 8 ødelagte ubåter, samt 18 nedskutte fly. Skvadronen mistet selv 28 mann og 18 fly.
Owner of collection:Forsvarsmuseet Institution: Forsvarets museer Date published:March 17, 2014 Date updated:March 17, 2014
写真はForsvarets museer 登録: Identifier:FMU.402608


写真(右)1941年10月10日、西部戦線、胴体下面に航空魚雷の搭載準備をしているドイツのハインケル(Heinkel)HE 115 水上偵察機。機首(A)銃座には7.92ミリMG15旋回機関銃を装備。;水上機基地では、飛行機を陸上に引揚げやすいように、海面との境には、緩傾斜のランプが備わっていて、ウインチを使って、機体を引き上げることができた。これは、漁港で小型船を引き上げるのと同じ要領である。
Collectie NIOD
Trefwoorden Luftwaffe, Bommenwerpers, Luchtmacht, Vliegtuigen, Vliegvelden Bijschrift Das deutsche Torpedoflugzeug. Auf einem Transportkarren bringen Mannschaften des Fliegerhorstes dem Torpedo zum bereitliegenden Flugzeug Heinkel He 115. tot de grootste basis voor watervliegtuigen en -boten in Nederland.
Datum 10/10/1941 Datum type Opname
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 43354 引用。


写真(右)1941年10月10日、西部戦線、胴体下面に航空魚雷の搭載準備をしているドイツのハインケル(Heinkel)HE 115 水上偵察機。機首(A)銃座には7.92ミリMG15旋回機関銃を装備。;ドイツは、イギリス本土航空決戦のために、北フランスから、ベルギー、オランダンの沿岸部の北海、大西洋に航空兵力を展開した。
Collectie NIOD
Trefwoorden Luftwaffe, Bommenwerpers, Luchtmacht, Vliegtuigen, Vliegvelden Bijschrift Das deutsche Torpedoflugzeug. Auf einem Transportkarren bringen Mannschaften des Fliegerhorstes dem Torpedo zum bereitliegenden Flugzeug Heinkel He 115. tot de grootste basis voor watervliegtuigen en -boten in Nederland.
Datum 10/10/1941 Datum type Opname
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 43346引用。


写真(右)1940-1943年,ドイツ軍のハインケル(Heinkel)He 115B-1水上雷撃機(Heinkel He 115B-1) :胴体下面の爆弾倉に航空魚雷を搭載する準備をしている。水上にあるために、800キロ近い魚雷を特製の艀のような整備フロートに載せて海上のHe-115 の下まで運搬し搭載する。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:43936073 - Catalog:16_005298 - Title:Heinkel He 115 B-1 Nowarra photo - Filename:16_005298.TIF - - - - - - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:43936073 引用。


写真(右)1940-1943年,ドイツ軍のハインケル(Heinkel)He 115B-1水上雷撃機(Heinkel He 115B-1) :胴体下面に予備のフロートを搭載しているが、僚機がフロートを破損したために、修理・交換用のフロートを運搬したようだ。He115は、船団攻撃のために、爆弾、航空魚雷から磁気感応機雷まで搭載することができた多用途水上機だった。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:43936097 - Catalog:16_005300 - Title: Heinkel He 115B-1 transferring a new float for another He 115 in Norway Nowarra photo - Filename:16_005300.TIF - - - - - - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive,PictionID:43936097 引用。


写真(右)1942-1943年頃、西部戦線、ドイツ、機首の顎に20ミリMG151/20機関銃1丁を装備して、対艦船銃撃をを行えるように兵装を強化したドイツのハインケル(Heinkel)HE 115 C型水上偵察機;北海、大西洋方面では、船団攻撃にも従事したので、航空魚雷や爆弾を胴体下面の大きな爆弾倉に搭載することができた。
Collectie NIOD
Trefwoorden Luftwaffe, Gevechtsvliegtuigen, Officieren, Vliegtuigen, Duitse strijdkrachten
Locatie : Federal Republic of Germany
Land: Germany
Bijschrift He 115 Ein Fliegerführer besucht seine Seeflieger. Der Fliegerführer besucht seine Staffel. Der Staffelkapitän hält ihm Vortrag über die bisherigen Einsätze und Erfahrungen.
Vervaardiger PK-Berichter Hirschfelder
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 84 引用。


ハインケル(Heinkel)HE 115 C-1水上機は、発動機は BMW 132K空冷星形9気筒エンジン856馬力2基を装備し、乗員3名で、全長 17.30 m、全幅 22.28 m、全高 6.59 m、空虚重量 6680 kg、最大重量 10390 kgの大型水上機である。最高速力は 355 km/hと遅く、実用上昇限度も 6500 mと低かったが、航続距離は 3350 kmと長いうえに、兵装は、機首に15ミリMG 151機関銃1丁、機首・胴体後方などに7.92ミリMG15旋回機銃最大6丁を装備し、爆弾・魚雷・機雷など最大 1250 kgまで搭載可能だった。

ハインケル(Heinkel)HE 115 C-1型水上機の性能は、偵察機というより、攻撃機に近く、HE115は、事実上、水上偵察攻撃機と見なすことができる。


Heinkel He 115の動画


5.艦上水上偵察機アラドAr-196

アラドArado Ar 196 水上偵察機は、第二次大戦中にドイツ海軍で広範囲に使用された、低翼単葉、双フロートの艦載機。BMW132K空冷星型エンジン960馬力搭載、機首と後部座席の7.92mm機銃2挺、主翼内に20mm機関銃2挺、主翼下面に50kg爆弾2発搭載可能。第二次大戦の始まった1939年に部隊配備開始、戦艦ビスマルク、重巡洋艦ヒッパーなど大型水上艦艇に搭載。沿岸水上機部隊にも配備された。

写真(右)1938-1939年9月以前、ドイツ本土海域、アラド(Arado)社アラドAr-196A水上偵察機試作機(登録コード:D-IHQI):試作機(Prototype)として1938年に完成した。第二次大戦が始まる前なので、ナチ党政権下のドイツ軍国籍マークとして、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカを描いている。
Arado AR-196A Catalog #: 00075053 Manufacturer: Arado Designation: AR-196A
写真は,Flickr, SDASM ArchivesCatalog #: 00075053引用。


アラドAr 196水上偵察機は、ドイツ海軍(Kriegsmarine )艦艇に搭載する艦載水上偵察機としてアラド社(Arado)で開発された。Ar 196水上偵察機の試作は、1936年から開始され、ドイツ海軍の競争試作機として他社を抑えて採用され、500機が製造された。第二次大戦の全期間を通じて、ドイツ海軍の水上偵察機として活躍した。

写真(右)1939年9月-1941年頃、アラドAr-196A水上偵察機(登録コード:BB+YQ):Ar-196A(登録コード:Sktz BB+YQ)は、製造番号 Werk Nr. 013701、第二次大戦が始まると、垂直尾翼のドイツ国籍マークの赤帯白丸に黒のスワスチカは、目立ちすぎるために前線では廃止になり、白縁付き黒色スワスチカだけになった。双フロートの尾部には、水上滑走の方向を変更するために舵が取り付けられているのが分かる。
Arado AR-196A Catalog #: 00075053 Manufacturer: Arado Designation: AR-196A
写真は,Flickr, SDASM ArchivesCatalog #: 00075053引用。


1935年のドイツ再軍備宣言直後に、ドイツ空軍が創設され、それまでドイツ航空省(RLM)の大臣だったへルマン・ゲーリングが空軍総司令官に任命された。彼は、第一次大戦のエースパイロットで、ナチ党初期からの功労者であったため、航空兵力を一手に自分の配下に置こうとし、ドイツ海軍が航空隊を持つことを拒否した。しかし、海軍艦艇に搭載する艦載水上機の必要性は認めており、艦艇には、ハインケルHe 60水上機を搭載し、それを海軍が指揮することを認めていた。しかし、ハインケルHe 60複葉水上偵察機は、1935年の再軍備の過程で旧式化することは避けられず、1936年にドイツ航空省(RLM)は、フォケウルフ社とアラド社に新機種の開発を依頼した。試作要請を受けて、アラド社は、当時としては先進的な金属製単葉機を設計し、5機の試作機を受注することができた。1937年から1938年に、2機が双フロート式水上機Ar 196A、3機が単フロート(両翼に補助フロート装着)水上機Ar 196Bとして試作機が完成した。そして、水上と飛行中の安定性のよさから、安定性に勝る双フロート式のアラドAr196Bが採用されることになった。胴体構造は、鋼管骨組、前部金属張り、後部羽布張り、主翼は金属張り(エルロンは羽布張)だった。

写真(右)1939-1944年,アラド社アラドAr-196水上偵察機の製造工場/格納庫:左側にメッサーシュミットBf-109戦闘機(F型?)が見える。この戦闘機は,メッサーシュミット以外にも生産が発注されていた。
Ar-196水上偵察機は,双フロートの水上偵察機で,ドイツ海軍の巡洋艦以上の艦艇の艦載機としても使用された。
機首のカウリングに7.92ミリMG17機銃2丁,主翼に20ミリMG-FF機銃2門を装備した。
Flugzeugproduktion/ -wartung.- Arado Ar 196 in einer Werkhalle/Hangar Dating: 1939/1945 ca. Photographer: o.Ang. Origin: Bundesarchiv
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・引用(他引用不許可)。


1933年1月末に、ヒンデンブルク大統領は、アドルフ・ヒトラーを首相に任命し、ヒトラー政権が成立したが、ドイツ機の国籍マークは、1935年の再軍備宣言までは、プロイセン軍、旧ドイツ帝国軍の伝統である黒白赤三色の国章を、垂直尾翼に大きく描いていた。1935年のヒトラーの再軍備宣言以降は、ドイツ機は、垂直尾翼に赤帯に白丸を描き、黒のハーケンクロイツ(スワスチカ:ナチ党のカギ十字)の国籍マークを付けた。これは、ナチ党の政治的、人種的イデオロギーを軍人にも浸透させる企図があった。軍人の忠誠宣言も、ドイツに対してではなく、ヒトラー総統に対する忠誠を誓うものに変更された。また、航空機の高速化で、敵味方の識別しやすいように、機体と主翼上下面にも、白の縁取り付き黒色バルカンクロス(鉄十字)の国籍マークを記入した。

写真(右)1940年頃、飛行中のドイツ空軍アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察(登録コード;GA+DX):水上偵察飛行機アラドArado Ar 196は、車輪式は着陸装置の代わりに水上用フロートが装備されている。 識別コードは、機体側面に白色の文字で塗られている。
Collectie Fotoafdrukken Koninklijke Luchtmacht Beschrijving Watervliegtuig Arado Ar 196 tijdens de vlucht. Het vliegtuig is voorzien van drijvers i.p.v. een landingsgestel. De identificatiecode is in witkleurige letters geschilderd op de zijkant van de romp en luidt: GA+DX. Trefwoorden watervliegtuigen, vliegtuigen, Arado Ar 196, verkenningsvliegtuigen Specifieke kenmerken GA+DX, 68967 Vervaardiger Onbekend Bijzonderheden Dit zelfde watervliegtuig wordt ook afgebeeld op het internet door de websites: "ww2db.com" en "commons.wikimedia.org". De laatste website vermeldt nog dat dit watervliegtuig akomstig is van de door de Amerikanen geconfisqeerde kruiser van de Kriegsmarine, "Prinz Eugen". In 1947 heeft de US Navy met dit watervliegtuig nog proeven gedaan. Sinds 1961 is dit vliegtuig tentoongesteld in Silver Hill, in de Amerikaanse staat Maryland. Het bij de identificatiecode behorende werknummer luidt: 68967. Materiaalsoort Ontwikkelgelatinezilverdruk Kleur/Zwart-wit Zwart-wit
写真はNational Institute of Mental Health (NIMH) Beeldbank.defensie.nl・Objectnummer 2157-018-001 引用。


写真(右)1940年2月23日、ドイツ空軍のアラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察の主翼下面のラックに50キロ爆弾を懸架する整備員;オリジナル解説では、主翼支柱に注目してドルニエ(Dornier)DO-24飛行艇というが、これは低翼式、双フロートを備えた水上機である。
Collectie Fotoafdrukken Koninklijke Luchtmacht Beschrijving Militairen van de Luftwaffe bouwen een machinegeweer in een Dornier Do.18 vliegboot en laden munitie in. Plaats Onbekend Datering van 1940-02-23 Datering tot 1940-02-23 Trefwoorden Luftwaffe, Duitse strijdkrachten, mitrailleurs, handvuurwapens, munitie, bewapening, verkenningen, inzet, Tweede Wereldoorlog, conflicten, activiteiten, Dornier Do 18, vliegboten Vervaardiger PK.-Tews (Weltbild) Materiaalsoort Ontwikkelgelatinezilverdruk Kleur/Zwart-wit Zwart-wit
写真はNational Institute of Mental Health (NIMH) Beeldbank.defensie.nl・Objectnummer 2157-112-021 引用。


写真(右)1940年,デンマーク、飛行中のアラド(Arado)Ar 196 水上偵察機:ハインケルHe 60複葉水上機の後継機としてアラド社が開発した単葉金属製の水上機で、1937年に試作機が完成し、双フロート水上機、艦載偵察機として採用された。機体構造は、鋼管骨組の胴体に、前部は金属張り、後部は羽布張り、主翼は金属製だった。
Inventory: Bild 101 II - Propagandakompanien der Wehrmacht - Marine Signature: Bild 101II-MN-1517-09 Archive title: Dänemark (?).- Wasserflugzeug Arado Ar 196 in (Kennung CK+EQ der Küstenfliegergruppe 706, stationiert in Aalborg-See) im Flug; PK Marine-Nord Dating: 1940 ca. Photographer: Eschenburg, Karl Origin: Bundesarchiv
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・引用(他引用不許可)。


写真(右)1940年,ノルウェー、飛行中のアラド(Arado) Ar 196 水上偵察機と並んだハインケル(Heinkel)He 59双発水上偵察機 (奥):ハインケルHe 59は、双発の偵察機/雷撃機で、当初は水上型と陸上型があったが、大半は双フロート付の水上機型である。第二次世界大戦にも投入され、白色塗装、赤十字マークを付けた海難救助機としても活躍した。
Inventory: Bild 101 II - Propagandakompanien der Wehrmacht - Marine Signature: Bild 101II-MN-1533-07 Archive title: Norwegen, Seefliegerhafen.- Wasserflugzeuge Arado Ar 196 und Heinkel He 59 an einem Anleger; PK Marine-Nord Dating: 1940 ca. Photographer: Eschenburg, Karl Origin: Bundesarchiv
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・引用(他引用不許可)。


写真(右)1942年冬、ノルウェー水域のアラド社アラドAr-196艦上水上偵察機:主翼を90度回転させて折りたためるので、狭い艦船上での搭載・運用が容易になる。
Inventory: Bild 101 II - Propagandakompanien der Wehrmacht - Marine Signature: Bild 101II-MW-6081-11 Archive title: Norwegen.- Verladen eines Wasserflugzeugs Arado Ar 196 Dating: 1942 Winter Photographer: Schöppe, Walter Origin: Bundesarchiv
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・引用(他引用不許可)。


アラドAr 196水上偵察機は、ドイツ海軍の巡洋艦以上の艦艇用の艦載水上偵察機として1937年にHe-60水上偵察機の後継機として開発され、BMW132空冷星型9気筒エンジン(880馬力)を装備した。双フロートのAr196A型、単フロートのAr196B型が試作され、1938年に、双フロート式のA型が採用された。


写真(右)1940-1941年頃、ノルウェー、トロンヘイム、停泊中のドイツ海軍軽巡洋艦「ニュルンベルク」に搭載されたアラドAr-196水上偵察機
;波の静かなフィヨルドに停泊している。
Lett krysser Nürenberg, med obesrvasjonsflyet Arado 196, sted ukjent.
Tilhører samling av fotografier tatt av ukjente tyske soladater under 2.verdenskrig. Bildene var sendt inn til framkalling og kopiering hos Harald Renbjørs fotoforretning i Levanger. Familen Renbjør dobbeltkopierte noen av fotografiene og beholdt en kopi selv. Dette var strengt ulovlig. Mest sannsynlig gjorde de dette av etterretningsgrunner for motstandsbevegelsen eller på eget initiativ.
Fotografering:1940 - 1945Ukjent tysk soldat.
Part of collection:Levanger Fotomuseum Owner of collection:Levanger Fotomuseum Institution: Levanger Fotomuseum Date published:October 15, 2014 Date updated:March 16, 2018 DIMU-CODE:011015437707
写真はLevanger Fotomuseum ・Identifier:LEM.018.19.06 引用。


1933年11月4日にドイチェ・ヴェルケで起工されたドイツ海軍軽巡洋艦「ニュルンベルク」は、1934年12月8日進水、1935年11月2日就役、排水量 9,040 トン、全長 181.3 m、全幅 16.30 m、吃水 5.74 m、 航続距離 10ノットで3,900マイル、 15センチ60口径三連装3基、8.8センチ76口径連装高射砲4基8門、53センチ(21インチ)三連装魚雷発射管4基、艦載機:アラドAr-196水上偵察機2機。

アラドAr 196水上偵察機が部隊配備されたのは、第二次世界大戦の勃発した1939年9月からである。その後、主翼の7.92ミリMG17機関銃(左右合計2丁)を20ミリMG-FF機関銃(合計2丁)にう強化したA-2型が主力となった。活動海域は、主に大西洋、北海、バルト海だが、黒海、地中海方面でも使用されている。アラドAr 196水上偵察機は、1944年までに500機が製造された。第二次大戦の全期間を通じて、ドイツ海軍の水上偵察機として活躍した。

写真(右)1939年中頃、西欧、ドイツ海軍装甲巡洋艦「グラーフ・シュペー」のカタパルトに乗せられたアラドAr196 艦載水上偵察機;1935年の再軍備宣言までは、プロイセン軍、旧ドイツ帝国軍の伝統である黒白赤三色の国章を、垂直尾翼に大きく描いていた。1935年のヒトラーの再軍備宣言以降は、ドイツ機は、垂直尾翼に赤帯に白丸を描き、黒のハーケンクロイツ(スワスチカ:ナチ党のカギ十字)の国籍マークを付けた。これは、ナチ党の政治的、人種的イデオロギーを軍人にも浸透させる企図があった。軍人の忠誠宣言も、ドイツに対してではなく、ヒトラー総統に対する忠誠を誓うものに変更された。また、航空機の高速化で、敵味方の識別しやすいように、機体と主翼上下面にも、白の縁取り付き黒色バルカンクロス(鉄十字)の国籍マークを記入した。
Title:Admiral Graf Spee Description:(German Armored Ship, 1936) In European waters in mid-1939, prior to her departure for the south Atlantic. An Arado Ar 196A-1 floatplane, one of the first of its type to enter German Navy service, is visible on Admiral Graf Spee's catapult, just forward of the ship's after main battery rangefinder. Note the triple eleven-inch gun turret. U.S. Naval History and Heritage Command Photograph.
写真は Naval History and Heritage Command: NH 80897 Admiral Graf Spee引用。



アラドAr-196水上偵察機諸元
乗員:2名
全長: 11.0メートル,全幅: 12.5メートル
翼面積: 28.4平方メートル
自量: 2トン,全備重量: 3.7トン
エンジン: BMW132 空冷 960馬力1基
最高時速: 320キロ
航続距離: 1000キロ,上昇限度: 7,000メートル
武装: 20ミリMG-FF機関砲2門,7.92ミリMG17機銃2丁
50キロ爆弾2発
初飛行1937年5月
生産開始1938年11月からで、1944年3月までに540機が産された。


5.ブローム・ウント・フォス (Blohm & Voss )BV-138飛行艇


写真(右)1945年、第二次大戦後、ドイツ、キール、ドイツ軍から鹵獲したブローム・ウント・フォス (Blohm & Voss )BV-138飛行艇を点検するイギリス海軍軍予備軍ドブスン中佐ら先遣部隊
;機体には小銃弾らしい弾痕が列をなしているが、これは占領したイギリス軍が気まぐれに発砲を楽しんだためであろう。このような無秩序な仲間の兵士の破壊・掠奪を抑え、戦利品を確保するのが、先遣隊の役割の一つだった。
Object description Lieut Cdr (A) W Dobson RNVR, attached to the Advanced Naval Party at Kiel, inspecting a captured German Blohm and Voss seaplane.
Related period Second World War (production), Second World War (content) Creator McNeill, M H A (Lt) Catalogue number A 29084 Part of ADMIRALTY OFFICIAL COLLECTION
写真は, Imperial War Museums Catalogue number A 29084引用。


1945年、第二次大戦後、ノルウェー北部、ナルビク北150キロ、トロムス県トロムソ、ドイツ軍が放棄したブローム・ウント・フォス (Blohm & Voss )BV-138飛行艇をノルウェー軍が鹵獲し使用した。

⇒写真集Album:ブロームウントフォッス(Blohm & Voss)BV-138偵察飛行艇を詳しく見る。

2011年7月刊行の『写真・ポスターに見るナチス宣伝術-ワイマール共和国からヒトラー第三帝国へ』青弓社(2000円)では、反ユダヤ主義、再軍備、ナチ党独裁、第二次世界大戦を扱いました。
 ここでは日本初公開のものも含め130点の写真・ポスターを使って、ヒトラーの生い立ち、第一次大戦からナチ党独裁、第二次大戦終了までを詳解しました。
バルカン侵攻、パルチザン掃討戦、東方生存圏、ソ連侵攻も解説しました。


◆毎日新聞「今週の本棚」に『写真・ポスターから学ぶ戦争の百年 二十世紀初頭から現在まで』(2008年8月25日,青弓社,368頁,2100円)が紹介されました。ここでは,第二次大戦,ユダヤ人虐殺・強制労働も分析しました。


ナチ党ヒトラー独裁政権の成立:NSDAP(Nazi);ファシズムの台頭
ナチ党政権によるユダヤ人差別・迫害:Nazis & Racism
ナチスの優生学と人種民族:Nazis & Racism
ナチスの再軍備・人種差別:Nazism & Racism
ナチスT4作戦と障害者安楽死:Nazism & Eugenics
ドイツ国防軍のヒトラー反逆:Ludwig Beck
ゲオルク・エルザーのヒトラー暗殺未遂:Georg Elser
ポーランド侵攻:Invasion of Poland;第二次大戦勃発
ワルシャワ・ゲットー写真解説:Warsaw Ghetto
ウッジ・ゲットー写真解説:Łódź Ghetto
ヴィシー政権・反共フランス義勇兵:Vichy France :フランス降伏
バルカン侵攻:Balkans Campaign;ユーゴスラビア・ギリシャのパルチザン
バルバロッサ作戦:Unternehmen Barbarossa;ソ連侵攻(1)
スターリングラード攻防戦;Battle of Stalingrad :ソ連侵攻(2)
ワルシャワゲットー蜂起:Warsaw Uprising
アンネ・フランクの日記とユダヤ人虐殺:Anne Frank
ホロコースト:Holocaust;ユダヤ人絶滅
アウシュビッツ・ビルケナウ収容所の奴隷労働:KZ Auschwitz
マウトハウゼン強制収容所:KZ Mauthausen
ヒトラー:Hitler
ヒトラー総統の最後:The Last Days of Hitler
自衛隊幕僚長田母神空将にまつわる戦争論
ハワイ真珠湾奇襲攻撃
ハワイ真珠湾攻撃の写真集
開戦劈頭の「甲標的」特別攻撃隊

サイパン玉砕戦:Battle of Saipan 1944
沖縄玉砕戦と集団自決:Battle of Okinawa 1945
沖縄特攻戦の戦果データ
戦艦「大和」天1号海上特攻 The Yamato 1945
人間爆弾「桜花」Human Bomb 1945
人間魚雷「回天」人間爆弾:Kaiten; manned torpedo
海上特攻艇「震洋」/陸軍特攻マルレ艇
日本陸軍特殊攻撃機キ115「剣」
ドイツ軍装甲車Sd.Kfz.250/251:ハーフトラック
ドイツ軍の八輪偵察重装甲車 Sd.Kfz. 231 8-Rad
スターリングラード攻防戦;Battle of Stalingrad
ソ連赤軍T-34戦車
VI号ティーガー重戦車
V号パンター戦車
ドイツ陸軍1号戦車・2号戦車
ドイツ陸軍3号戦車・突撃砲
ドイツ陸軍4号戦車・フンメル自走砲
イギリス軍マチルダMatilda/バレンタインValentine歩兵戦車
イギリス陸軍A22 チャーチル歩兵戦車: Churchill Infantry Tank Mk IV
イギリス軍クルーセーダーCrusader/ カヴェナンター/セントー巡航戦車
イギリス陸軍クロムウェル/チャレンジャー/コメット巡航戦車
アメリカ軍M3Aスチュアート軽戦車/M3グラント/リー中戦車
アメリカ陸軍M4シャーマン中戦車Sherman Tank
イギリス軍M4A4シャーマン・ファイアフライ Sherman Firefly戦車
シャーマン・クラブフライル地雷処理戦車 Sherman Crab Flail
英軍M10ウォルブリン/アキリーズ駆逐自走砲GMC
アンネの日記とユダヤ人
与謝野晶子の日露戦争・日中戦争
ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He111爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-188爆撃機/Ju388高高度偵察機
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
ブロームウントフォッスBV138飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機/夜間戦闘機
ドイツ空軍(Luftwaffe)メッサーシュミット戦闘機
ドイツ空軍フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw-190戦闘機
ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥
ハンセン病Leprosy差別

2018年9月3日開設の鳥飼研究室へのご訪問ありがとうございます。データ引用の際は,出所を明記するか,リンクをしてください。
連絡先: torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 
東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Fax: 0463-50-2078
Flag Counter


Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 7000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.
Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2018 All Rights Reserved.