鳥飼行博研究室Torikai Lab Network
社会環境課程の授業ゼミ写真 2004
Search the TORIKAI LAB Network

google検索 サイト内検索

◆東海大学社会環境課程HK鳥飼行博ゼミ Photo Gallery & Virtual Seminars

〇東海大学新教養学部、文系と理系が融合する人間環境学科では、社会環境課程、教職課程、「人間学」「経済学」「社会福祉概論」「財政学」、鳥飼ゼミ、海外・フィールド調査、国際社会ゼミの授業は廃止です。入試は英語、国語・数学、理科・社会の3分野で各70分100点満点。

【懐かしの2016年社会環境課程鳥飼ゼミ写真リンク】



写真フロント
新入生研修 武蔵野ビール工場 浅川水再生センター
リンク 鳥飼入門ゼミ新入生研修会 サントリー武蔵野ビール工場見学 浅川水再生センター
解説
東海大学湘南キャンパスにおける社会環境課程の新入生研修では鳥飼ゼミ3年生が履修相談を担当、図書館フィットネスセンター、室内温水プールなどを紹介。
府中市にあるサントリー武蔵野ビール工場は天然地下水を100%利用した唯一の大手ビール。CSR(企業の社会的責任)として、森と水の保全活動も展開。
日野市浅川水再生センターを訪問しターボ式汚泥焼却炉を見学。ゼミやレポート課題作成者など申請者にアクセス制限。メール連絡にて申請を受付。



写真フロント
三栄 浮島 多摩清掃
リンク 川崎エコタウン古紙再生 浮島資源センター発電所 多摩環境組合清掃工場
解説
川崎エコタウンゼロエミッション工業団地をゼミで訪問し、難再生古紙からトイレットペーパーを製造する工程を案内していただいた。
川崎の環境教育の場「エコ暮らし未来館」、浮島資源化施設メガソーラーを訪問し、循環型社会について考察。
多摩清掃工場でのごみ選別・破砕・焼却、廃棄物発電の案内・解説を受け、エコにこセンターでフェアトレードを体験。



写真フロント
パヤタス 診療所 カリエド
リンク マニラ貧困層の廃棄物リサイクル スラムの医療・福祉・援助 マニラ世界遺産研修
解説
マニラパヤタス廃棄物最終処分場を訪問し、リサイクル世帯、木炭小売世帯に聞き取りをし、バイオマスエネルギー利用を調査した。
パヤタス貧困地区のPhil Heath健康保険公社)、縫製作業所リカを訪問し、公共事業や女性エンパワーメントを考察した。
世界遺産イントラムロス(Intramuros)を訪問、スペイン統治、ホセ・リサール、マニラ市街戦を考察した。2016年8月。 。



写真フロント
トンド スモーキー
リンク マニラ市トンド草の根民活 マニラ市スモーキーマウンテン 渋谷清掃工場(準備中)
解説
マニラ市のトンド地区を訪問し、住民移転問題、袋(サック)リサイクル、バランガイ運営の無償保育園などの自主的活動を調査した。
マニラ市の旧廃棄物処分場スモーキーマウンテンを訪問し、インファーマル・セットラーに聞き取りをし、教会援助を調べた。
都心にある廃棄物発電所。

【懐かしの社会環境課程2015年鳥飼ゼミ写真リンク】



写真フロント
ビール 太陽光 馬場氏
リンク サントリー武蔵野ビール工場 浮島メガソーラー・資源化施設 馬場安氏/大刀洗の一式戦隼
解説
東京都府中市の サントリー武蔵野ビール工場の麦芽、ホップ、天然水から仕込み・発酵、熟成、缶詰の製造工程。地下天然水を100%利用した唯一の大手ビール。
かわさきエコ暮らし未来館で、環境展示、廃棄物処理施設・東京電力の太陽光発電所(7000kW、11ha)を訪問。民間委託によるミックスペーパー等の手選別作業。
2015年5月26日開催の社会環境オープンセミナー。逓信省印旛飛行訓練所・大刀洗陸軍飛行学校の教育。ビルマ・フィリピン・台湾での特攻機や輸送船の支援任務。



写真フロント
多磨下水 社会環境セミナ 精工
リンク 多摩上流水再生センター調査 社会環境セミナー研究会 三栄レギュレータ―/三光精工
解説
東京都下水道局の多摩水再生センター八王子水再生センターをゼミで訪問し、屎尿・下水処理技術、再生水の利用、生物多様性を調査。2015年5月29日。
2015年6月5日開催の 社会環境課程教員の高木俊之氏「中国雲南省の都市と鉱産資源」と拙者「フィリピン都市のインフォーマル部門のリサイクル」の研究報告
川崎エコタウン事業ゼロエミッション工業団地にある古紙再生トイレットペーパー製造と発電所部品などの六価クロムめっき排水処理の聞き取り調査。



写真フロント
多磨全生園www.geocities.jp/torikai007/tokai/2015-7hansen.html 日産 トンド
リンク ハンセン病資料館/全生園 日産自動車座間事業所 マニラの荷袋リサイクルの調査
解説
東京都東村山市の国立療養所多磨全生園ハンセン病資料館をゼミで訪問し、国の財政と福祉の誤りを学んだ。2015年7月10日。
日産自動車座間事業所を訪問して、次世代自動車、環境施設から歴代の生産車の実物を案内していただいた。2015年11月19日。
フィリピンマニラ首都圏トンド地区の荷袋リサイクル(都市インフォーマル部門)とバランガイの役割の調査。2015年8月。



写真フロント
洗濯 リカ縫製 マニラ首都圏
リンク スモーキーマウンテン調査 マニラのNGOリカ縫製作業所 廃棄物処理のマニラ研修
解説
マニラ市の廃棄物処分場跡地SmokeyMountain住民の農業・生活の調査のゼミ研修。2015年8月。
マニラのケソン市のバランガイ・パヤタスで活動するNGOリカ縫製作業所に訪問した鳥飼ゼミナール聞き取り調査。2015年8月。
2015年8月に実施したフィリピンマニラ首都圏パヤタス廃棄物最終処分場周辺ののスラム住民の暮らしとリサイクルのフィールド調査。

【懐かしの社会環境課程2014年鳥飼ゼミ写真リンク】



写真フロント
浮島 日東 フィリピン
リンク 浮島処理センター・太陽光発電所 日東亜鉛めっき川崎工場 フィリピンの下町と市場
解説
エコ暮らし未来館川崎市浮島処理センター発電所を訪問し、メガソーラーなど再生可能エネルギーとごみリサイクルを調査。
金属材料を溶融亜鉛めっきすることで耐久性を向上させる方法、めっき後の排水処理やリサイクルを調査した鳥飼ゼミ
マニラ首都圏ケソン市パヤタス廃棄物処分場周辺のスラムの生活・NGO・キリスト教会への訪問、聞き取り調査。



写真フロント
ハンセン 多摩上流 川崎エコタウン
リンク 国立ハンセン病療養所多磨全生園 多摩上流水再生センター調査  川崎ゼロエミッション工業団地
解説
ハンセン病資料館と国立療養所「多磨全生園」自治会長佐川修氏のお話を伺い、強制隔離による人権侵害、人兼回復闘争、人権の森構想などを学んだ。
八王子水再生センターと多摩川を隔てて連絡管で繋がっている多摩上流水再生センターを訪問し、下水処理の沈殿池・バクテリア・清流復活事業を調べた鳥飼ゼミ
川崎エコタウン会館川崎ゼロエミッション工業団地を訪問し、製紙工場での難再生古紙・ミックスペーパーのリサイクル、トイレットペーパー製造工程を調査。



写真フロント
リンク 小島康次氏/中国での輜重部隊 西崎信夫氏/海軍特別年少兵 渡辺亘氏/予科練少年飛行兵
解説
満州建設義勇隊、輜重兵の自動車部隊、くろがね四駆から歯磨き粉・「蛍の光」の社会環境オープンセミナー2014年6月3日(金)15:10-16:40開催。
広島の大竹海兵団から、駆逐艦「雪風」でマリアナ沖、レイテ沖、沖縄海上特攻に出撃した元水兵の戦争体験談。2013年10月25日(金)13:25〜14:55開催。
厚木・佐伯で偵察機「彗星」に乗り、能代で「東海」による対潜哨戒に従事した海軍予科練少年飛行兵の戦争体験談。2013年6月14日(金)15:10〜16:50開催。

【2013年鳥飼ゼミ写真リンク】



写真フロント
スラム13 ごみ イントラムロ
リンク マニラの貧困生活/スラム調査 パヤタスごみ集積場  世界遺産イントラムロス見学
解説
ケソン市パヤタスの廃棄物処分場のリサイクル/スラム生活の調査
マニラ市スモーキーマウンテン住民の貧困生活/農業の調査
マニラ市の世界遺産スペイン風教会群と城塞



写真フロント
ぐりーん 道頓堀 西成
リンク おおさかATCグリーンエコプラザ ゼミ大阪ミナミ道頓堀旅行 大阪西成区ホームレス調査
解説
アジア太平洋トレードセンター(ATC)で企業の環境経営・環境調和型商品・CSR(企業の社会的責任)を調べた鳥飼ゼミ大阪研修
鳥飼ゼミ大阪研修で訪問し、串カツ食事会を開いたミナミの浪速区新世界とお好み焼きの中央区道頓堀を紹介
鳥飼ゼミ大阪研修で聞き取りをした西成区の貧困・ホームレス・職安・リサイクル・生活保護・ボランティアの報告



写真フロント
エイジレス 就活 芝浦
リンク 2013大阪ATCエイジレスセンター 鳥飼ゼミ就職支援ガイダンス 下水道局芝浦水再生センター
解説
老人福祉・介護保険・シルバービジネスの福祉経営に関する鳥飼ゼミ大阪研修
鳥飼ゼミ室における東海大学キャリア支援課による就職活動準備ゼミ別ガイダンス
東京都港区芝浦水再生センターの下水処理・屋上緑化・都心再開発の鳥飼ゼミ環境保全研修

【鳥飼行博担当授業ゼミ写真リンク】



写真フロント
リンク  2013年「開発経済学」授業写真  2004年「開発経済学」授業写真 鳥飼ゼミナールのホームページ
解説
講義「開発経済学」を2013年秋学期に受講する東海大学の学生
講義「開発経済学」を2004年秋学期に受講する東海大学の学生
東海大学教養学部人間環境学科鳥飼ゼミナールのホームページ



写真フロント
リンク 2003年鳥飼ゼミ・卒論口述審査 2004年「開発経済学」授業 2006年鳥飼ゼミ・卒論口述審査
解説
2003/2004年の東海大学教養学部人間環境学科鳥飼ゼミ学生
2004年の東海大学教養学部「開発経済学」授業
2005/2006年の東海大学教養学部人間環境学科鳥飼ゼミ学生

【鳥飼行博研究室の大学教育リンク】



写真フロント
リンク 戦後70年を考える写真集 博物館・美術館・資料館 生物多様性
解説
日清日露戦争・日中戦争・日中戦争・第二次大戦・太平洋戦争
日本と世界の魅力ある博物館・美術館・資料館リンク集
生物多様性・森林の保全に関するリンク集



写真フロント
リンク 社会環境課程の鳥飼ゼミwebsite 大学教育とその改革 開発途上国の写真
解説
鳥飼ゼミの卒業論文の題目や担当授業の紹介
大学教育のあり方,大学改革に関する議論。
中国,タイ,フィリピンの農業/家内工業/窯業/製造業/廃棄物


HK「入門ゼミ」 Virtual Seminars Free OnLine Seminar

鳥飼入門ゼミのレポート提出方法(課題共通)
1)レポートは、ワード(Word)作成、添付ファイルで学番メールを使いtorikai@tokai-u.jp宛に送信。
2)ワード(Word)作成レポート本文には,ふさわしい題名,学番,学生氏名を明記。
3)メール提出の件名には、「各回指定コード」に続けて学生氏名を明記。例「Ministry 0CHK3401 鈴木花子」

入門ゼミの課題(1)
テキスト:ユニセフ『世界子供白書 2017 ―デジタル世界の子どもたち』
UNICEF“The State of the World’s Children 2017: Children in a digital world”
課題
1−1)ユニセフ『世界子供白書 2017』最初の「謝辞」が書かれているページを見ると、白書作成に多数の援助専門家、国連職員、大学研究者、NGO職員、住民、ジャーナリストなどがかかわっていることがわかる。一機関から複数の人々が加わった場合は、そのチームの代表者の名前があげられている。一体、この白書を作成するため、主だった人々だけでも、何カ国の何人がかかわっていたのか。ユニセフについて知ったうえで、具体的に数値を示して、その意義を論じなさい。
1−2)「まえがき」は、ユニセフ事務総長の巻頭言である。白書のような政府・国際機関刊行物では、その著名な機関の長、最高責任者が所信表明する大切な個所である。ユニセフの全職員は、ユニセフ事務総長の隷下にあり、その行動はユニセフ事務総長の承認・責任の下で行われる。この「まえがき」に示されたユニセフの基本方針を説明しなさい。

レポートは、各自工夫してワード(Word)で作成、文字数自由、書式自由。ただし、学番・氏名を明記。
レポート提出時のメール件名にコード「UNICEF+学生氏名」を記載。例「UNICEF 山田花子」
提出期限:2020年5月17日2359(既に提出済みでも、再度提出してください。加筆・修正もOK。)


入門ゼミの課題(2)
鳥飼研究室のアジア写真集の右段リンク
ルブアガン町の小学校教員 School Teachers 2013
カリンガ州山村の小学校 Elementary School 2012
の2本のページから、掲載写真を観察してフィリピン山村の小学校初等教育の様子を具体的に説明しなさい。そして、その小学校初等教育の素晴らしい点と今後の問題について、自分なりに考察しなさい。

上記の課題をレポートとしてワード(Word)で作成し、添付ファイルで提出してください。
レポートの章立て、強調などは、各自で書式・様式を工夫してください。
添付するレポート本文には、題名、学番・氏名を明記。文字数は800文字以上。
レポート提出時のメール件名にコード「Kalinga 学生氏名」を記載し、手紙のルールを守って送信してください。
提出期間:2020年5月20日(水)から5月24日(日)2359
◆5/20/1000鳥飼入門ゼミteams講話では、閲覧しての感想、意見など各自1分以上、話てもらいます。


Katy Perry Visits Madagascar | UNICEF(2013/04/08 公開)
UNICEF reports on singer and songwriter Katy Perry's recent trip to Madagascar to visit sites of UNICEF programmes.

入門ゼミの課題(3)5/27
UNICEF【2019年9月19日  ニューヨーク/ジュネーブ発】
「最新の推定によると、2018年に亡くなった15歳未満の子どもは620万人にのぼります。そのうち530万人は5歳未満で亡くなっており、さらにその約半数が生後1カ月以内に亡くなっています。また、2017年に妊娠中あるいは出産時に合併症により亡くなった女性は29万人以上にのぼりました。」

「最新の推定によれば、サハラ以南のアフリカに暮らす女性と子どもの死亡のリスクは、他のどの地域よりも高く、世界的な格差が拡大しています。
高所得国に比べて、サハラ以南のアフリカ地域では、妊産婦死亡の水準は50倍近く高く、新生児が生後1カ月以内に死亡する確率は10倍高くなっています。
2018年、サハラ以南のアフリカでは13人に1人の子どもが5歳未満で亡くなっています。これは、5歳未満児死亡が196人に1人の割合であるヨーロッパに比べて15倍高い割合です。
サハラ以南のアフリカの女性が直面する生涯に妊娠・出産で死亡するリスクは、37回に1回の割合であるのに対し、ヨーロッパの女性は6500回に1回の割合です。サハラ以南のアフリカと南アジアにおける妊産婦と新生児の死亡数は、世界の80%を占めています。
紛争や人道危機にみまわれている国々では、医療制度が脆弱になり、女性や子どもは、命を救うために不可欠なケアを受けることができません。」(引用終わり)


ベッカム親善大使 : 「緊急事態下の子どもたちに支援を」
2014/03/03 公開/日本ユニセフ協会

テキストのユニセフ『世界子供白書 2017』pp.147-157から、つぎの課題を考えてください。
1)5歳未満児死亡率 (U5MR:Under-five mortality rate (per 1,000 live births) とは、この世に埋めれた出生1000人当たり1年間で何人が死亡したかを示す数値であり、特に単位はない。5歳未満児死亡数とは、1年間に死亡した5歳未満児の人数であり、単位は人である。2016年1年間の世界の5歳未満児死亡数が530万人ということは、世界の5歳未満児死亡数は、1日当たり何人か、1時間当たり何人か、1分当たり何人かを計算しなさい。

2)2016年、日本の値は、5歳未満児死亡率が3、5歳未満児死亡数が3000人である。この日本の値は、世界各国、各地域を比較して、どれだけ恵まれた状況かを、国別格差、地域格差に言及しながら論じなさい。日本と比較する対象国や地域は、自分で説明がしやすいように自由に選択して、具体的数値を上げて比較すること。まだ5歳未満死亡率の格差の原因を説明する必要はありません。

添付するレポート本文には、題名、学番・氏名を明記。文字数は800文字以上。
レポート提出時のメール件名にコード「U5MR 学生氏名」を記載し、手紙のルールを守って送信してください。
提出期間:2020年5月27日(水)から5月31日(日)2359
◆5/27/1000鳥飼入門ゼミteams講話では、閲覧しての感想、意見など各自1分以上、話てもらいます。


入門ゼミの課題(4)6/3
テキストのユニセフ『世界子供白書 2017』から、つぎの課題を考えてください
UNICEF【2019年9月19日  ニューヨーク/ジュネーブ発】
「最新の推定によると、2018年に亡くなった15歳未満の子どもは620万人にのぼります。そのうち530万人は5歳未満で亡くなっており、さらにその約半数が生後1カ月以内に亡くなっています。また、2017年に妊娠中あるいは出産時に合併症により亡くなった女性は29万人以上にのぼりました。」

ユニセフ『世界子供白書 2017』の表1基本統計に示される5歳未満児死亡率、さらに生まれたばかりの新生児が、その出生時の人口集団の標準的な死亡の危険のもとで生きられる年数、すなわち出生時の平均余命(年)には国によって大きな格差がある。5歳未満児死亡率の格差には、さまざなま理由が考えられるが、同じテキストの表2栄養指標、表3保健(保険ではありません)指標から推測してみよう。

つまり、5歳未満児死亡率が高い原因はどこにあるのかを、ユニセフ『世界子供白書 2017』表2栄養指標、表3保健指標から考察してほしい。

1)5歳未満児死亡率が高い原因には、特殊な理由、すなわち母親が子供を大切に育てないとか、人々の衛生知識が不足しているとかいった理由が見いだされるであろうか。開発途上国の人々が教育水準が低いから、5歳未満児死亡率が高くなっているのであろうか。青年海外協力隊のようなボランティアが、「食事の前には手を洗いましょう」「汚いものは体に毒ですから食べないようにしましょう」と教えれば、5歳未満児死亡率を引き下げることができるのか。

2)2018年に亡くなった15歳未満の子どもは620万人もいるが、これを引き下げるためには、最先端の医療技術や新薬を開発する必要があるのか、先進工業国から多数の医師や看護師が5歳未満児死亡率の高い地域に出向いてボランティアをする必要があるのか。日本政府や医療専門家は、日本の高度医療を提供し医療専門家を派遣したり、最新設備を備えた病院を設置したりする援助を提唱している。そして、実際に日本の開発途上国に対する政府開発援助には、金額ベースでみると、そのような高度技術の援助が高い比率を占めている。

ただし、栄養・保健のデータの推計や比較は、少し難しい。低出生体重のデータは、2014 年11 月以来更新されていない。世帯調査をしてみると、多くの場合、子どもたちの体重が測られていないためである。そこで、推計するしかないが、方法については結論は出ていない。また、水と衛生について、飲料水と衛生施設の普及率の推計値が掲載されているが、その値はWHO)(世界保健機関)とユニセフの水と衛生共同モニタリング・プログラム(JMP)から得られたものである。このJMPの推計は、利用可能な世帯調査と国勢調査を基にした線形回帰式から算出しているため、年代ごとの比較をする時系列分析には適していない。予防接種ワクチンの普及率は、BCGでは国の定期予防接種計画を推進している国が太陽。DPT、ポリオ、はしか、B型肝炎、インフルエンザ菌b型(Hib)、ロタウィルスのワクチンは、すべての国が国際地域別の値に組み込まれている。 破傷風は、妊産婦および新生児破傷風の流行地域のみが、国際地域別の値に組み込まれている。

◆6/3/1000鳥飼入門ゼミteams講話では、特定の国で5歳未満児死亡率が高い原因とその引き下げの方法について、感想、意見など各自1分半以上、話てもらいます。


入門ゼミの課題(5)6/10

ユニセフ『世界子供白書 2017』の5歳未満児死亡率は、先進工業国と開発途上国では大きな格差があり、特に、サブサハラのアフリカ諸国では、5歳未満児死亡率が高く、近年引き下げられたとはいっても、依然高い水準にある。そこで、表2栄養指標、表3保健指標から推測してみると、 1)5歳未満児死亡率が高い原因には、開発途上国の母親が子供を大切に育てても、衛生知識があって安全な水をつかったり、手を洗ったりする必要性は理解していても、十分に発育できるだけの母乳が出ない、粉ミルクが買えない、予防接種を受けられない、安全な飲料水が確保できないといった状況が指摘できる。

2)2018年に亡くなった5歳未満児死亡は530万人もあるが、これを引き下げるためには、最先端の医療技術や新薬を提供する高度医療施設を1か所作っても、十分ではない。先進工業国から多数の医師や看護師が地域に出向いても言葉や地理に通じていなければ、十分な活動はできない。日本政府や医療専門家が開発途上国に提供したような高度医療設備や機材は、貧困者が利用できるような料金ではない。

ユニセフ『世界子供白書 2017』表2栄養指標、表3保健指標から考察すると、5歳未満児死亡率を引き下げる場合には、どのような原因に対して、対策をとることが必要か見えてくる。低体重児、予防接種率、安全な水へのアクセス困難など、貧困者が直面してい衛生・医療の問題がこれである。そこで、どのような援助が効果的か、貧困者でも利用できるような衛生・医療が可能になるかを考えてもらいたい。

◆6/10/1000鳥飼入門ゼミteams講話では、5歳未満児死亡率引き下げに関連して、日本の「母子手帳」について感想、意見など各自1分半以上、話てもらいます。


入門ゼミの課題(6)6/17

ユニセフ『世界子供白書 2017』の5歳未満児死亡率は、先進工業国と開発途上国、特にサブサハラのアフリカ諸国では、5歳未満児死亡率の格差が大きく、今後も死亡率の引き下げが望まれる。そこで、表2栄養指標、表3保健指標から、5歳未満児死亡率の高さが、次のような原因で高いと考えられることを学んだ。 1)5歳未満児を育てる育児環境として、安全な水、粉ミルクの供給、薬剤や診療など育児に関わる貧困の問題点

2)5歳未満児を育てる家庭、特に母子の衛生・医療に関するシステムや政府の支援がないという育児にかかわる制度上の問題

ユニセフ『世界子供白書 2017』表2栄養指標、表3保健指標から考察すると、5歳未満児死亡率を引き下げるには、長期的には貧困の解消が重要であるが、貧困者でも利用できるような衛生・医療が可能になるシステムや政府の支援も早急に必要である。そのために、日本の母子健康手帳のような仕組みを採用すること、そのための支援が、低予算でも効果の高い援助となる可能性がある。そこで、日本の母子健康手帳を自ら手に取ったり、ウェッブサイトを活用したりして、自ら調べてほしい。

◆6/17/1000鳥飼入門ゼミteams講話では、5歳未満児死亡率引き下げに関連して、ユニバーサルデザインに配慮した母子健康手帳Mother and Child Health Notebook)の書式や配布の効果について、感想、意見など各自1分半以上、話てもらいます。

サブサハラのアフリカなど開発途上国における5歳未満児死亡率 (U5MR:Under-five mortality rate (per 1,000 live births) )の引き下げのための援助として、どのような援助が有効性が高いかを、次の援助方法を比較しながら、説明しなさい。

1)教育・衛生概念を持っていない母子が多いようなので、食事の前には石鹸で綺麗に手を洗う、食器を洗剤で綺麗に洗う、ごみやほこりの付いた汚いものや古くなった食料をとらないように、日本人ボランティアを派遣して、衛生概念について、紙芝居や演劇などわかりやすい手段で教えてあげる。

2)WHO)(世界保健機関)や日本の医療技術を体現した最先端器材を提供し、設備の整った立派な大病院を建設し、さらに先端技術を扱える日本人の医師・看護師・技師など専門家を派遣する。

3)母子健康手帳のような簡単な仕組みを普及させる。

上記の課題をレポートとしてワード(Word)で作成し、添付ファイルで提出してください。
レポートの章立て、強調などは、各自で書式・様式を工夫してください。
添付するレポート本文には、題名、学番・氏名を明記。文字数は850文字以上。
レポート提出時のメール件名にコード「aid 学生氏名」を記入。
レポートの受付期間は、2020/6/17/1300−2020/6/22/2359


入門ゼミの課題(7)6/24

テキストユニセフ『世界子供白書 2017 ―デジタル世界の子どもたち』(UNICEF“The State of the World’s Children 2017: Children in a digital world)の表5 教育指標を見て、世界の教育、特に初等教育について考えてみたい。

1)表5 教育指標の初めの項目には、若者(15-24歳の識字率)が男女別に記載されているが、識字率(%)とは、15-24歳の若者の識字者数÷-24歳の若者の総人口、と定義される。ここで、カナダ・日本のような先進工業国の数値がないのはなぜだろうか。また、ここから国別格差、開発途上国と先進工業国の南北格差、さらに男女別の格差にはどのような特徴があるのかを考えてもらいたい。

2)表5 教育指標の2番目の項目には就学前教育の「総就園率」項目があるが、これは年齢に関わらず就学前教育を受ける子どもの人数÷就学前の教育就学年齢の総人口、と定義される。ここで、就学前教育とはどのような「教育」を指すのであろうか。また、ここから国別格差、開発途上国と先進工業国の南北格差、さらに男女別の格差を理解してもらいたい。

3)教育と学校は密接に結びついているが、家庭で教育することはできないのであろうか。文字を教えたり、算数を教えたりなら、教師でなくとも十分に可能なのではないか。しかし、家庭での識字教育ができないとすれば、それはなぜか、家庭における教育の制約要因を考えてほしい。

◆6/24/1000鳥飼入門ゼミteams講話では、上記の教育に関する識字率、就学前教育、家庭教育の制約について、各自1分半以上、話してもらいます。


入門ゼミの課題(8)7/1

テキストユニセフ『世界子供白書 2017 ―デジタル世界の子どもたち』(UNICEF“The State of the World’s Children 2017: Children in a digital world)の表5 教育指標を見て、世界の教育、特に初等教育について考えてみたい。

1)表5 教育指標の初めの項目には、2011–2016年の初等教育総就学率(初等学校の就学人数÷就学年齢の児童人口)が男女別に記載されているが、ここで、アフガニスタンは男性132%、女性91%、ニジェールは男性78%、女性67%、オーストラリアは男女とも102%、日本は男女とも101%である。総就学率が100%を上回っているのはどのような状態か。それは良いことなのか。

2)表5 2011–2016年の初等教育総就学率が男女別に記載されているが、国別格差、開発途上国と先進工業国の南北格差、さらに男女別の格差にはどのような特徴があるのかを考えてもらいたい。

3)表5 2011–2016年の初等教育純就学率が男女別に記載されているが、国別格差、開発途上国と先進工業国の南北格差、さらに男女別の格差にはどのような特徴があるのかを考えてもらいたい。

◆7/1/1000鳥飼入門ゼミteams講話では、上記の教育に関する初等教育総就学率、純就学率について、各自1分半以上、話してもらいます。

開発途上国における就学前教育初等教育の実情について、南北格差と男女格差(ジェンダー)の視点から、実情を説明しなさい。

上記の課題をレポートとしてワード(Word)で作成し、添付ファイルで提出してください。
レポートの章立て、強調などは、各自で書式・様式を工夫してください。
添付するレポート本文には、題名、学番・氏名を明記。文字数は800文字以上。
レポート提出時のメール件名にコード「education 学生氏名」を記入。
レポートの受付期間は、2020/7/1/1300−2020/7/6/2359


入門ゼミの課題(9)7/8

テキストユニセフ『世界子供白書 2017 ―デジタル世界の子どもたち』(UNICEF“The State of the World’s Children 2017: Children in a digital world)の表5 教育指標を見て、世界の教育、特に2011–2016年の前期中等教育について考えてみたい。

1)表5 教育指標にある、2011-2016年の前期中等教育純就学率は、中学校という前期中等教育就学年齢に相当する子ども総人口に対する前期中等学校に就学している子どもの人数の比率である。この国別、男女別の準就学率にはどのような特徴があるか。

2)表5 教育指標にある、2011-2016年の前期中等教育純出席率は、中学校という前期中等教育就学年齢に相当する子ども総人口に対する前期中等学校通学者の人数の比率である。この純出席率は、純就学率とどのような関係にあるのか。また国別、男女別の準就学率にはどのような特徴があるか。

3)前期中等教育への純就学・純出席率を低い水準にとどめている要因は、どのようなことが考えられるか。

◆7/8/1000鳥飼入門ゼミteams講話では、上記の教育に関する前期中等教育純就学率、純出席率について、各自1分半以上、話してもらいます。


入門ゼミの課題(10)7/15

テキストユニセフ『世界子供白書 2017 ―デジタル世界の子どもたち』(UNICEF“The State of the World’s Children 2017: Children in a digital world)の表6 人口統計指標を見て、世界の各国の人口、年齢構成比について考えてみたい。

1)表6 人口統計指標にある、国連人口局の推計した2016年の人口が、一国で1億人以上ある大国を全て上げて、その国の数を数え、その国を開発途上国か、先進工業国か、どちらかに区分してください。

2)表6 人口統計指標にある、1990-2016年の年間人口増加率の高い国とマイナスの国を挙げて、各々どのような原因あるいは特徴があるかを考えなさい。

3)表6 人口統計指標にある、1990-2016年の年間人口増加率と2016-2013年の年間人口増加率との関係を、タイムシリーズ(時系列)で比較すると、一般的な傾向はどのようなものか。


入門ゼミの課題(11)7/22

テキストユニセフ『世界子供白書 2017 ―デジタル世界の子どもたち』(UNICEF“The State of the World’s Children 2017: Children in a digital world)の表6 人口統計指標を見て、世界の各国の合計特殊出生率をクロスセクション(横断)とタイムシリーズ(時系列)で考えてみたい。

1)表6 人口統計指標にある合計特殊出生率とは、「女性が定められた出産可能年齢の間に存命であるとして、年齢別に通常の出生率を維持してて子どもを産むとした場合、その女性が一生の間に出産する子どもの数」のことであるが、2016年の合計特殊出生率が4以上の国はどのような開発途上国か。

2)2016年の合計特殊出生率が、2未満の国はどのような先進工業国か。

3)表6 人口統計指標にから、年間人口増加率を1990-2016年と2016-2010年とを比較して、そこから類推すると、世界各国の合計特殊出生率は、タイムシリーズ(時系列)で、一般的な傾向を持っていると考えられるか。

◆7/22/1000鳥飼入門ゼミteams講話では、上記の合計特殊出生率について、各自1分半以上、話してもらいます。


入門ゼミの課題(12)7/29

テキストユニセフ『世界子供白書 2017 ―デジタル世界の子どもたち』(UNICEF“The State of the World’s Children 2017: Children in a digital world)の表6 人口統計指標を見て、世界各国の都市人口増加都市化の進展をクロスセクション(横断)とタイムシリーズ(時系列)で考えてみたい。

1)表6 人口統計指標にある都市人口の割合(%)とは、「各国が最新の人口調査で用いた都市と定義された都市地域で暮らす人口の割合」であるが、2016年の都市人口の割合が30%以下の国はどのような開発途上国か。

2)2016年の都市人口の割合が、80%以上の国はどのような先進工業国か。

3)表6 人口統計指標から、1990-2016年と2016-2010年との都市人口の年間平均増加率(%)を世界各国で比較すると、一般的にどのような都市化の傾向を持っていると考えられるか。

◆7/29/1000鳥飼入門ゼミでは、上記の都市人口・都市化を追加して、各自でレポートを最終報告書として作成してもらいたい。

入門ゼミの課題(13)8/1

テキストユニセフ『世界子供白書 2017 ―デジタル世界の子どもたち』(UNICEF“The State of the World’s Children 2017: Children in a digital world)の表6 人口統計指標の中で、世界各国で進展している都市化の状況を人口の上で確認した。そこで、次に都市化とそれに伴う光と影の実態をマニラ首都圏のスラムSlum)から具体的に検討する。そして、都市化が急速に進んでいる開発途上国のスラムSlum)について、SDGsSustainable Development Goals:(持続可能な開発目標)の「住み続けられるまちづくり」の視点も踏まえて、考えてみたい。

世界の人口増加は、緩やかになっており、今後、世界の少子高齢化が進展する一方で、農村から都市への人口移動が加速され、開発途上国でも都市化急速に視点している。しかし、都市生活は、大量生産・大量消費を基本とするため、大気や水の汚染だけでなく、廃棄物問題も深刻化している。また、急激な都市化がなインフラが未整備で不衛生なスラムSlum)の拡大をもたらしている。人々の人間の安全保障、居住環境の改善も含めて、SDGsSustainable Development Goals:持続可能な開発目標)でも、開発途上国におけるスラムSlum)に関連して、SDG「アジア写真集にリンクの張ってある
[右段]「パヤタス廃棄物処分場ゼミ研修 Payatas Slum 2015」
[右段]「マニラのパヤタス廃棄物処理場 Scavenger at Payatas, 2002」
を閲覧して、スカベンジャー(廃品収集者)、ジャンクショップ(屑屋)の様子から、開発途上国フィリピンマニラ首都圏におけるスラムSlum)を考えなさい。

2)鳥飼行博研究室のアジア写真集にリンクの張ってある
[右段]「スラムの福祉・医療 Empowerment Institute」
を閲覧して、マニラ首都圏におけるスラムSlum)の子供たちの状況を想像しなさい。

◆8/4/1000鳥飼入門ゼミteams最終講話では、上記のマニラ首都圏のスラムと子供たちについて、各自1分半話してもらいます。

◎2020年度春学期鳥飼担当「入門ゼミ1」で作成・提出した全レポートを1本にまとめて、各自で章立てやフォントなど工夫して、最終報告書を作成しなさい。ただし、入門ゼミの課題(9)7/8以降の授業で扱った前期中等教育、人口増加率、合計特殊出生率、都市化の課題についても追加して記述、説明すること。

上記の課題レポートを最終報告書としてワード(Word)で作成し、添付ファイルで提出してください。PDFやメール本文での提出は受理できません。
レポートの章立て、強調などは、各自で書式・様式を工夫してください。
添付するレポート本文には、題名を「世界の子供たち」とし、副題、学番・氏名を明記。文字数は制限なし
レポート提出時のメール件名にコード「child 学生氏名」を記入。
レポートの受付期間は、2020/7/29/1200ー2020/8/5/2359の1週間。


◆2020年鳥飼入門ゼミの授業や課題をさらに学びたい人は、鳥飼入門ゼミ室に出てください。

ゼミのアドミッション‐ポリシー Admission Policy

3年生のHKゼミナールは、1週間1時間半2コマ、半年1学期30回の授業で4単位に過ぎませんが、これからの大学生活の中では、極めて重要な位置を占めています。まさに、これで自分の進路、就職が決まるといっても過言ではありません。

 進路就職には、部活動、サークル、アルバイトなど大学時代に時間をかけた経験がものをいいますが、その主軸やベースとなるのは、大学で学んだ自分の専門分野です。これを欠いてしまえば、大学生あるいは大卒とは言えないからです。

 学びには、地道な勉強や広く深い知識が求められますが、これはなかなか自分のものにはできません。なぜなら窮屈で退屈で楽しい時があまりないのが勉強だからです。ですが、これを乗り越えて、社会人や会社のスタッフよりも少しは勝っている、分かっている、ということが表現できれば、自信がついて、どんな分野の進路就職でもついてくるのです。なるほど、こんなことも知ってるとはしっかりしている、俺にもできないこんな経験をしてきたのか、といった具合に相手が感心してくれれば、自分の専門を認めさせることができます。相手が納得してくれれば、進路就職の道も大きくひらかれます。

 そのためには、自分の専門とする分野で働く人たちに聞き取りをしたり、その現場を訪問・見学したりするフィールド調査が役に立ちます。鳥飼ゼミでは、ゼミナール1だけでも、環境保全施設(下水浄化場、清掃工場など)、環境配慮型工場(ゼロエミッション工業団地、メガソーラーなど)から被差別者の住む国立療養所など6-7カ所を毎年訪問、聞き取り調査をしています。また、夏季休業を利用して、4-5泊程度のフィリピン(あるいは中国、韓国)研修を実施し、スラム、地方自治体、診療所、保育園、NPO、環境保全施設、大学で住民、行政マン、大学生、農家に聞き取りをしています。このような経験は、一流の社会人でも滅多にできないことで、大学生のうちにフィールド調査の経験を積むことは、忘れられないインパクトを持って、皆さんのやる気や能力を引き出してくれます。

 残念ながら、新たな挑戦を恐れ、日常のマンネリの中で居続ける学生も少なくありません。機会もあり、資力もあるのに「外」で出て「非日常」を経験するのを億劫がっているようです。楽に過ごしたいなら、レポートを引き写し、ほどほどに受講してもOKかもしれません。卒業するだけなら卒論以外それほどの難しいことではないようです。しかし、卒業単位のために大学生活の4年間を無為に過ごすのは、青春とお金の無駄遣いです。人生最高の時が、数百万円がその程度で使い切るというこです。それよりも、大切な時とお金を積極的な活動やインパクトのある経験に使い、それを通して学び、自分の思いを叶える進路就職、人に巡り合うというのが理想です。

  就職・進路は学生にとって大きい問題ですが、会社に合わせて自分の学びをする、能力を高める、のではありません。自分のやりたいこと、自分の能力を生かせる場、自分が少しでもかかわりたいこと、を目指す進路が理想です。その結果、三菱東京銀行、三井住友銀行、東京海上火災、JR東海、小田急鉄道、トヨタのような世界的大企業を選んだ卒業生もいれば、市役所、県警、警視庁、農協、学校教員、動物愛護協会のような公的な仕事を選ぶ人もいます。早稲田、筑波、法政、杏林、東海など大学院に進学した人もいます。好きな音楽・料理、ゲーム・インターネットデザインなど様々な選択があってよいと思います。

 全国の環境施設、福祉施設、大企業の工場をコミュニケーション力を使って訪問する約束を取り付け、そこの専門家や入所者に聞き取りをした学生たちの力と経験は、とても得難いものです。さらに、大企業や国際機関の専門家でも訪れることのできないスラムに行き、住民に話を聞いて、家に招いてもらえれば、これはもはや東大生でも不可能なことなのです。こういった鳥飼ゼミの独自の取柄は、決して有名大企業や公務員になったり、有名大学大学院に進学するためのものではありません。自分だけの立身出世を目指すのでhなく、隣人や他の人の心配をしてあげられる思いやりと余裕が得られれば、十分だと思います。自分がどのよう進路を選ぶのか自分で決められる、こんな最高の自由が与えられている境遇に感謝です。

東海大学講義 Virtual Lecture Series OnLine Education

HK「財政学」(火3)準備室:講義教室を案内

HK「環境協力論」(水2)準備室:講義教室の案内

<資料>
環境省『令和元年版 環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書』

鳥飼行博研究室 TorikaiLab OnLine
当写真館へのご訪問ありがとうございます。このサイトは,おもに鳥飼担当授業の履修者のために用意したものです。被撮影者の方は,web公開の同意を得ていますが,撮影者の方々の個人情報保護のために写真,データの引用を控えていただきますようお願いいたします。

当研究室へのご訪問ありがとうございます。論文,データ,写真等を引用する際は,URLなど出所を記載してください。ご意見,ご質問をお寄せ下さる時には,ご氏名,ご所属,ご連絡先を明記してください。
◆東海大学2022年教養学部、文系理系が融合する人間環境学科では、社会環境課程、教職課程、「人間学」「ミクロ/マクロ経済学」「国際経済学」「マーケティング政策論」「企業戦略論」「経済法」「企業法」「社会福祉概論」「社会保障論」「福祉経済論」「障害者福祉論」「財政学」「金融論」、鳥飼ゼミ、海外・フィールド調査、「国際社会ゼミ」の授業は廃止です。東海大学教養学部2022新しい文理融合の人間環境学科入学者には、社会環境課程・教職課程・鳥飼ゼミの授業はありませんが、2021年度HK入学者までは、社会環境課程・教職課程・鳥飼ゼミは続きます。当研究室の教育情報は「懐かし社会環境課程HK」です。

連絡先: torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県
平塚市北金目4-1-1 東海大学
社会環境課程HK

鳥飼 行博 TORIKAI Yukihiro
HK,Tokai University, Hiratuka, Kanagawa, Japan 259-1292
Tel: 0463-50-2122, Fax: 0463-50-2078
東海大への行き方|How to go
Flag Counter
Thank you for visiting our web site. The online information includes original research papers, over 8000 original photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer, and his students.
Copyright (C)2005/01/31:2013/12/28 Torikai Yukihiro. All Rights Reserved.