Search the TorikaiLab Network

google サイト内
◆サントリー武蔵野ビール工場:東海大学教養学部鳥飼ゼミ研修港
1.東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程鳥飼行博研究室では、持続可能な開発、環境保全を研究しており、愛鳥活動天然水の森活動で名高いサントリーを訪問しました。
2.鳥飼行博担当授業ゼミナール卒論作成の日本・中国の学生たちは、2015年4月24日、東京都府中市サントリー武蔵野ビール工場を見学しました。
3.鳥飼研究室では、社会の共生企業の社会的貢献を活かすべく、「ゼロエミッション工場」「環境共生型街づくり」にも注目しています。

鳥飼ゼミ国内研修

Our Field Survey


 

東京都府中市

Bubaigawara 2015


分倍河原ばす
東京都府中市分倍河原に到着した東海大学教養学部の鳥飼ゼミの学生たち。

東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程の鳥飼行博ゼミでは開発と環境の経済学をベースに、?貧困解消、?人間開発、?平和人権の確立、?環境保全、といった環境平和学を研究している。 分倍河原
東海大学教養学部鳥飼行博ゼミ日本・中国の学生は、東京都の工業の一角をなすを訪問するために、分倍河原駅前に集合した。 分倍河原ばす
府中市の観光名所として紹介されている「世界のサントリー」のサントリー武蔵野ビール工場に向かう青色のシャトルバス。 日本のビール業界 (主要4社の売上高)は、2010-2014年で年間1兆8000億円。

府中市の観光名所では、次のようにある。
 「昭和38年、府中市にサントリーのビール工場が誘致されたのは、地下水に恵まれていたからです。  神奈川県の丹沢山系に降った雨が、長い年月をかけて、府中市の地下深くを流れています。  武蔵野ビール工場では、地下200メートルから深層地下水を汲み上げ、モルツなどを製造しています。  見学コースでは、スタッフが工場内をご案内、ビールの製造工程を解説してくれます。  見学後は、新鮮なできたてビールを3杯まで試飲することができます。  所要時間60分、参加費無料、ご案内人数は2名〜80名。80名以上はご相談ください。   1階のファクトリーショップでは、ビール酵母・麦芽エキスなどを使用したビール工場オリジナルの「ビールうどん」「ビール漬け」「こんがりカステーラ」などが販売されています。また、タオル・Tシャツ・ステーショナリーや、お子様にも大人気の「なっちゃん消せる色鉛筆」など、サントリービール工場でしか手に入らない、オリジナル商品が販売されています。

サントリー武蔵野ビール工場

 Suntory Beverage & Food Limited


工場下バス
府中市のサントリー武蔵野ビール工場では、ブールーカラーのシャトルバス分倍河原駅から武蔵野工場まで、工場の見学者を運んでくれる。


ホール
東海大学教養学部人間環境学科の鳥飼ゼミの日本・中国の7名の学生は、第一回目の学外教育のゼミ研修として、府中市のサントリー武蔵野ビール工場を訪問した。1973年、サントリーは、野鳥が「環境のバロメーター」であることに気づき、 野鳥がすめる環境を守る愛鳥活動を始めている。 ほる
東海大学教養学部人間環境学科鳥飼ゼミナール所属の日本・中国の学生は
府中市のサントリー武蔵野ビール工場を訪問した。1973年、サントリーは、白州蒸溜所(山梨県北杜市白州町鳥原)にバードサンクチュアリを開園、愛鳥活動を始めた。その目的は、「今日、鳥たちに起こる不幸は、明日、人間の身に降りかかるかもしれない。そして今日、鳥たちに起こる幸福は、明日の人間を幸せにするかもしれない。野鳥を見つめ、環境を知る。その気づきを通じて、鳥や人、さらにはすべての生きものが豊かに暮らせるフィールドを未来に引き継ぐこと」である。 はたホール
東海大学教養学部人間環境学科の鳥飼ゼミナールの日本・中国の学生は第一回目の学外教育のゼミ研修として、シャトルバスで、話題のプレミアムモルツ発祥の地である府中市のサントリー武蔵野ビール工場を訪問した。 缶ビール
サントリー武蔵野ビール工場の玄関ホールに展示してある缶ビールのデコレーション。

2003年、サントリー九州熊本工場の水源涵養エリアで「天然水の森」の活動を始め、今では、13都府県18カ所、総面積は8,000haに及ぶ。
<工場で汲み上げる量以上の地下水を生み出す森を育む>
サントリーは、“水と生命(いのち)の未来を守る”森づくりを通じて、より広く社会に貢献していくために、新しい目標を立てた。「天然水の森」を、<工場で汲み上げる量の2倍の地下水を生み出す広さ>=約12,000haに拡げるという目標である。 ホール
鳥飼ゼミナールの日本・中国の学生は第一回目の学外教育のゼミ研修として、話題のプレミアムモルツ発祥の地である府中市のサントリー武蔵野ビール工場を訪問した。 ホール
東海大学教養学部人間環境学科の鳥飼ゼミナールの日本・中国の学生は第一回目の学外教育のゼミ研修として、府中市のサントリー武蔵野ビール工場を訪問した。

サントリー武蔵野ビール工場、サントリー食品工業(株)多摩川工場の水源涵養エリアにあたる里山・森林の整備活動を推進・強化するため、東京都あきる野市東京都競馬株式会社(1949年設立、資本金105億8,629万円)、東京サマーランドと森林整備に関する「天然水の森 とうきょう秋川」の協定を締結。「天然水の森 奥多摩」(あきる野市市有林の「共生・協働の森」と西多摩郡檜原村の「企業の森」東京都西多摩郡檜原村字大嶽8188番2、面積31.6ha)、「天然水の森 東京農業大学奥多摩演習林プロジェクト」(東京都西多摩郡奥多摩町氷川2137、面積156ha)とともに、東京農業大学の協力を得ながら、長期的なビジョンと科学的な知見に基づいた “水と生命(いのち)の未来を守る”森づくりを実施する。 
所在地:東京都あきる野市引田字二ノ谷1764−イ
面積:約75ha
契約年月:2014年12月、契約期間:協定締結から30年
ホール
東海大学教養学部人間環境学科の 鳥飼ゼミナールの日本・中国の学生は
府中市のサントリー武蔵野ビール工場を訪問した。

天然水の森 とうきょう秋川」は、多摩川の支流である、秋川と浅川に挟まれた、“加住(かすみ)丘陵”の一画。全域が、東京都秋川丘陵自然公園に指定。標高200m以上の尾根付近は比較的傾斜が緩やだが、全体を見れば急傾斜。谷が細かに入り組む、とても複雑な地形である。植生は、コナラやクヌギの群落が多く、かつて里山として利用・管理されていきたことがうかがえる。他方、人の手が行き届かなくなったことで起こる、林床植生の衰退→土壌の流出という問題もある。
天然水の森 とうきょう秋川」では、水源涵養、生物多様性の向上という「天然水の森」の活動に共通する目標に加えて、<健全な里山環境の創出・景観の整備>、<学びの場としての森の整備>などのテーマを設定し、より有意義な“水と生命(いのち)の未来を守る”森づくりを進めている。 ホール
東海大学教養学部人間環境学科の 鳥飼行博ゼミの日本・中国の学生は
府中市のサントリー武蔵野ビール工場を訪問した。3年ゼミ生にとっては、初めての学外教育だった。
府中市

 Fuchu


ビデオ
東京都の製造業を学ぼうと、東京都府中市矢崎町3-1のサントリー武蔵野ビール工場を訪問した鳥飼行博ゼミ。サントリー武蔵野ビール工場は、1963年にサントリー初のビール工場として開設。

サントリー(株)は、武蔵野ビール工場(東京都府中市矢崎町、工場長:横山恵一)の見学施設を全面リニューアルし、2008年10月1日(水)から工場見学を再開した。武蔵野ビール工場は、1963年に当社初のビール工場として操業、あわせて工場見学も開始。生産と商品開発の拠点として機能しており、「モンドセレクション」ビール部門にて3年連続最高金賞を受賞した「ビールザ・プレミアム・モルツ」を醸造している。また、“都内で製造工程が見学できるビール工場”として見学者を集めている。 ビデオ
府中市サントリー 武蔵野ビール工場で工場見学ビデオを視聴する。

2008年10月1日以降の工場見学施設のリニューアルは、以下の通り。 
(1) 「ザ・プレミアム・モルツ」発祥の生産工場にふさわしい上質感と臨場感
(2)見学者が安全・安心に見学できるユニバーサルデザイン(UD)化
サントリー武蔵野ビール工場は、2007年3月に仕込棟の増改修工事を竣工、2007年6月から見学施設の改修工事に着工。2008年4月からは工場見学を休止して、2008年10月1日に6ヶ月ぶりに見学を再開している。
ただし、リニューアルオープンに先駆け2008年9月27日、ブロガーイベント「ザ・プレミアム・モルツ講座」(武蔵野ビール工場)を先行体験をしている。プレビューイベントでは特別に横山工場長も参加し製品へのこだわりを語っている。新しくなった見学コースでは、仕込み釜を間近で見学でき、大型スクリーンビジュアルシアターを使っての講義、「ザ・プレミアム・モルツ」発祥の地である武蔵野ビール工場でならではミニブルワリーの見学も実施した。ミニブルワリーとは、ビール工場に併設された、専用サイロ、仕込釜、発酵・貯酒タンク、ろ過機など原料から醸造まで一貫した生産設備をそなえた小規模のブルワリー。

むぎ
東京都サントリー武蔵野ビール工場を訪問した東海大学教養学部人間環境学科鳥飼ゼミナール。「大麦」の種子を発芽させたものが麦芽(malt)で、ビール醸造の原料。微生物の培養の調製にも用いられる。大麦の芽がほんのわずか出たばかりスピッツ発芽は、デンプン分解力は最も強いが,種子内のデンプンはほとんど未分解で糖分が著しく少い。
 大麦はイネ科の一年草。高さ約1メートル。茎は中空で、節間は長い。葉は幅広く白緑色。太い円柱形の穂をつくり、長い芒(のぎ)がある。穂の形により六条大麦・四条大麦・二条大麦に分けられ、食用のほか、醤油・味噌・ビールなどの原料にする。茎は帽子などの細工物に使う。 六条大麦は、小花が六条に並んでつく六条種で、日本のふつうの大麦で栽培は関東以北。大麦は米より繊維質が多く、古くから日本独自の技術で押麦(精白して加熱し平たくする)や丸麦(精白したもの)、白麦に加工され、消化を良くして食用にされてきた。煎って粉にした麦こがしや、煎った実を煮出す麦茶もある。
二条大麦は、結実する穂の数が二条に並んで付く二条種で、ビールの原料になる品種で、ビール麦とも呼ばれる。二条大麦は、四国・中国・九州など西日本で栽培される。 もけい
東京都府中市サントリー武蔵野ビール工場で、ビール製造過程の説明を受けた。ビールづくりは良質な大麦選びから始まる。優れた大麦の条件は、?穀粒の大きさが均一、?でんぷんの含有量が多い、?発芽・麦芽が良く均一でタンパク質の含有量が適当であること、?酵素力が強いこと、である。 「ザ・プレミアム・モルツ」は、二条大麦を使用。  

ビール製造工程

?製麦:大麦から麦芽
?仕込み:麦芽から麦汁へ
?発酵:麦汁からビールへ
?貯酒:ビールの低温での熟成
?濾過:おり、酵母を除去し生ビールへ
?缶詰:容器に酸素が入らないように注入

   案内 サントリー武蔵野ビール工場のホップの解説。
ホップhopは、つる性の植物で、その受粉前の雌花にある一部分(ルプリン粒)が独特の香りやほろ苦さ、泡持ちなど、ビールに欠かせない要素をもたらす。 「ザ・プレミアム・モルツ」は、苦味の穏やかで華やかな香りが特徴のアロマホップを使用。チェコのザーツ地方とドイツのハラタウ地方がアロマホップの主産地。この地でつくられた高品質のザーツホップとハラタウホップのみを使用したのが 「ザ・プレミアム・モルツ」。 におい
サントリー武蔵野ビール工場ホップの解説。 ホップは、アサ科の蔓(ツル)性植物で日本では「カラハナソウ」(学名:フルムス・ルプルス)。 ビールの原料となるのは、ホップの受粉前の雌株が持つ毬花(きゅうか)。その中含まれている黄金色の粉「ルプリン」が、独特の香りや爽やかな苦味、泡立ちをビールにもたらす。 におい田
東海大学教養学部人間環境学科鳥飼ゼミナールは、学外研修で、府中市のサントリー武蔵野ビール工場を訪問んし、ビールづくりに欠かせない3つのこだわり素材「天然水」、「麦芽」、「ホップ」について説明を受けた。「麦芽」を齧ったり、「ホップ」の香りを楽しんだりした鳥飼ゼミ生。 ホップ
東京都サントリー武蔵野ビール工場で、香りの元となるチェコ製のホップの説明を受けた鳥飼行博ゼミの学生。サントリー酒類(株)は、2014年9月6日(土)、チェコ・ザーツ市長より「ザ・プレミアム・モルツ」のホップ農家支援活動とザーツ産ホップの知名度向上に対する感謝状を贈呈された。「ザ・プレミアム・モルツ」の主要原材料のファインアロマホップを安定調達するために、2009年より原産地の1つチェコ・ザーツのホップ農家への支援活動を行っている。
サントリー武蔵野ビール工場

 Zero Emission


壁画像
東京都 の府中市サントリー武蔵野ビール工場で、ビール製造工程を案内していただいた。
二条大麦に水・温度・空気を与え、適度に発芽させ、熱風で乾燥させて発芽を止め、その根を取りのぞいて「麦芽」とする。仕込みとは、発酵タンクにビールの元となる冷麦汁,酵母及び酸素を仕込む作業のことで10時間ほどかかるという。  

ビール製造工程

?製麦:大麦から麦芽へ
?仕込み:麦芽から麦汁へ
?発酵:麦汁からビールへ
?貯酒:ビールの低温での熟成
?濾過:おり、酵母を除去し生ビールへ
?缶詰:容器に酸素が入らないように注入
発酵
発酵槽(発酵タンク)にビールの元となる冷麦汁,酵母及び酸素を仕込み、麦汁をつる。つまり、天然水に砕いた麦芽を加え、麦芽自身の持つ酵素の働きにより麦芽中のでんぷんが糖に分解される。そこにホップを加えて煮沸すると、ホップの香りと苦味を持った「麦汁」をつくる。「ろ過」は仕込作業のなかで最も時間のかかる作業。ろ過を遅くするのは麦芽の胚乳の細胞壁や細胞間物質に由来するグルカンなどの多糖類で、それらを分散させないためには麦芽の粉砕を適切な粗挽きで行い、糖化の際の撹拌も必要以上に強く行わず、さらに製麦に供する大麦の発芽も均一なものを選んでおく必要がある。 発酵槽
サントリー武蔵野ビール工場の仕込み職人は、原料を受け入れ、配合、粉砕、仕込み、ホップを投入して煮沸し、麦汁に仕上げ、発酵工程に送るまでが担当分野。麦芽・ホップともに農産物であるため、いつもとまったく同じ状態とは限らない原料を絶妙に配合し、同じモノ、同じ品質に仕上げていく。分析項目だけに頼らず、味覚、嗅覚(香り、臭い)、視覚(色)、触覚(麦の粉砕状態)、聴覚(設備稼働音)の五感+α(いつもと違う感覚)を働かせて見極めているという。 発酵槽
東京都サントリー武蔵野ビール工場では、麦汁(ばくじゅう)に酵母を加え低温で発酵させる。酵母は麦汁の糖をアルコールと炭酸ガスに分解し、ビールの香りとなる成分もつくる。約7日ほどで麦汁はアルコール約5%の「若ビール」になる。仕込みとは、発酵タンクにビールの元となる冷麦汁,酵母及び酸素を仕込む作業のことで10時間ほどかかるという。 発酵槽案内
東京都サントリー武蔵野ビール工場における醸造。醸造(じょうぞう)とは、発酵作用を利用してアルコール飲料(酒類)やその他の食品(主に液状の調味料)を製造することで。バイオアルコール(アルコール燃料:バイオマスエネルギー)に転用可能。 発酵槽
東京都サントリー武蔵野ビール工場におけるビール醸造は、金属製の巨大な発酵槽を用いて行われる。醸造に使用されるのは、麦汁、ホップ、酵母で、全工程が完了するのに1週間かかる。大麦を原料とするビールやウイスキーの醸造における糖化過程で生成される麦汁は、酵母が発酵によってアルコールを生成するために必要な糖を含んでいる。酵母は細胞内に「核」を持たない原核生物 (大腸菌などの細菌類や藍藻類)とは違い、細胞内の核に遺伝子情報を持っている真核生物で、真核細胞でできた菌類。酵母は、キノコやカビと同様、外部の有機物を利用しながら育つ微生物。酵母は有機物(食物)に含まれる「糖質」をエサにして、それをアルコールと炭酸ガスに分解し、分裂、成長する。これが発酵である。
  細胞は内部構造によって原核細胞と真核細胞に分けられる。両者の差異は、核膜を備えた細胞核(真核)の有無。原核細胞は真核細胞に比べ、構造が単純、真核細胞(細胞の中に細胞核がある)よりも小さく、場合によっては1000分の一の体積しかない。 発酵槽鳥飼
東海大学教養学部人間環境学科鳥飼ゼミナールは、サントリー武蔵野ビール工場を訪問。 ビール工場における醸造用の金属製発酵槽。この発酵槽に、麦汁(wort)、ホップ、酵母を投入して醸造する。ビールの原料として使われるホップは,受粉前の雌株が持つ毬花(きゅうか)で、その中に眠る黄金色の粉「ルプリン」が、独特の香りや爽やかな苦味、泡立ちをビールにもたらす。 発酵槽
ビール工場におけるビール醸造用の金属製発酵槽。この発酵槽に、麦汁、ホップ、酵母を投入して醸造する。 発酵槽鳥飼行博
東海大学教養学部人間環境学科鳥飼ゼミナールは、サントリービール工場ビール醸造用の金属製発酵槽の発酵の様子を実際に見学した。この発酵槽で、麦汁、ホップ、酵母を投入してビールを醸造する。

 酵母は、デンプンから直接アルコールをつくることはできないので、日本酒ではコウジカビを利用してデンプンをブドウ糖にしてから酵母を作用させる。ビールやウイスキーでは麦芽のアミラーゼ(デンプン分解酵素)でデンプンを分解する。ブドウなどの果物には糖分が含まれているからである。果物では、武闘等が含まれるため、酵母を直接働かせてアルコールをつくることが可能。 発酵槽
ビール工場における醸造用の金属製発酵槽。この発酵槽に、麦汁、ホップ、酵母を投入して醸造する。

醸造
ワインのような果実酒は、原料の分を活かして、酵母を加えるだけで発酵させることが可能。
ビールは、原料が麦というデンプンなので、麦芽の酵素で糖分に変えてから酵母によって発酵させる。また、ビールは、デンプンを糖分に変える工程と、糖分を発酵させる工程を別々に行う。
日本酒は、原料が米(デンプン)なので、麹(こうじ)の酵素の働きで糖分に変えてから、酵母によって発酵させる。日本酒デンプンを糖分に変える工程と、糖分を発酵させる工程を同時に進行させる「並行複発酵」。
米、麦、ぶどうなどの原料を発酵させてつくる酒を醸造酒というが、原料を発酵させた後、蒸留するのが蒸留酒。
◆焼酎、ウィスキー、ブランデー、ウォッカ、ラム、ジン 発酵槽鳥飼行博
サントリー武蔵野ビール工場における醸造は、金属製の巨大な発酵槽を用いて行われる。醸造に使用されるのは、麦汁、ホップ、酵母で、全工程が完了するのに1週間かかる。 発酵槽
神奈川県サントリー武蔵野ビール工場における醸造は、金属製の巨大な発酵槽を用いて行われる。醸造に使用されるのは、麦汁、ホップ、酵母で、全工程が完了するのに1週間かかる。 発酵槽鳥飼行博
神奈川県サントリー武蔵野ビール工場における醸造は、金属製の巨大な発酵槽を用いて行われる。醸造に使用されるのは、麦汁、ホップ、酵母で、全工程が完了するのに1週間かかる。 発酵槽
サントリー武蔵野ビール工場の金属製の発酵槽を用いて行われる。サントリーは国内に、利根川ビール工場、武蔵野ビール工場、京都ビール工場、九州熊本工場をもっている。ビールの約9割は水なので、おいしい水が原料に欠かせない。サントリー武蔵野ビール工場では、多摩川の深層地下水を汲み上げた、良質な天然水(ナチュラル ミネラルウォーター)を仕込水として使用している。 発酵槽
神奈川県サントリー武蔵野ビール工場における醸造は、金属製の巨大な発酵槽を用いて行われる。醸造に使用されるのは、麦汁、ホップ、酵母で、全工程が完了するのに1週間かかる。 発酵槽鳥飼行博
サントリー武蔵野ビール工場における醸造は、金属製の巨大な発酵槽を用いて行われる。醸造に使用されるのは、麦汁、ホップ、酵母で、全工程が完了するのに1週間かかる。
貯酒

 Beer Tanks


貯酒
サントリー武蔵野ビール工場における貯酒(ビールの熟成)。発酵が終了したばかりの若ビールを低温に調整されたタンクの中で熟成させる。ビールに炭酸ガスが溶け込むとともにオリが沈み、徐々に味や香りがまろやかになる。
ビールは、大麦のデンプンおよび副原料より得られた糖を微生物・酵母(Saccharomyces cerevisiae)でアルコール発酵(アルコール濃度1%以上)させた飲料。
C6H12O6 (ブドウ糖) → 2C2H5OH (エチルアルコール) + 2CO2 (炭酸ガス) 貯酒
サントリー(三得利)武蔵野ビール工場における貯酒(ビールの熟成)。発酵が終了したばかりの若ビールを低温に調整されたタンクの中で熟成させる。ビールに炭酸ガスが溶け込むとともにオリが沈み、徐々に味や香りがまろやかになる。
?主発酵工程:酵母の働きで、麦汁の中の糖分がアルコールと炭酸ガスに変化する工程。
?後発酵工程(貯酒):若ビールを貯酒タンクへ移し若臭物質の還元、炭酸ガスの吸収をする工程。 貯酒
サントリ(三得利)武蔵野ビール工場における貯酒(ビールの熟成)。熟成(後発酵)工程では発生する炭酸ガスを溶解させる。ビールの炭酸ガスの適正な含有量はかなり狭い範囲であるため、ガス圧調整器を付けて、過剰になったガスをタンクから逃がし、ガス圧を一定に保つ。炭酸ガスは低温ほど含有するガスの量が増加する。炭酸ガスは、ビールに爽快な喉ごしを与える品質上の効果だけでなく、主発酵工程後発酵工程において液から泡として浮上し、気相へ出てゆく過程で未熟な臭いを揮散させると作用もある。
発酵工程は、発酵性糖類がアルコールに変換される主発酵と溶存炭酸ガス濃度が上昇する後発酵に分けられます。発酵後、水温付近で貯蔵してから、濾過により清澄な生ビールおよびそれに続く加熱殺菌によりビールが完成します。ビールは、糖化とアルコール発酵を2段階に分けて行うので単行複発酵酒に分類される。 貯酒
サントリー(三得利)武蔵野ビール工場における貯酒(ビールの熟成)。ビールの貯酒(後発酵)期間はビールの種類、酵母の種類などによって様々あが、標準的には下面発酵ビールの場合約1ヶ月程度。長期間貯蔵していると酵母が自己消化を起こし、細胞内の内容物がビール中に溶け出して臭いがついてしまう。 貯酒
東京都のサントリー(三得利)武蔵野ビール工場における金属製の貯酒タンク(3万3923リットル)。貯酒は、麦汁を貯酒タンクへ移動させ、若ビール中の不快な成分である若臭物質の還元や炭酸ガスをとけ込ませる工程。ビ−ルのタイプによって3週間から3ヶ月程度。 主発酵・後発酵での温度管理は非常に重要となる。 貯酒
東京都のサントリー(三得利)武蔵野ビール工場の貯酒タンク(3万4009リットル)。 

ビール製造工程

?製麦:大麦から麦芽へ
?仕込み:麦芽から麦汁へ
?発酵:麦汁からビールへ
?貯酒:ビールの低温での熟成
?濾過:おり、酵母を除去し生ビールへ
?缶詰:容器に酸素が入らないように注入
ろ過

Eco-towns


もけい
ビールろ過の方法: ビール酵母と後発酵中につくられる混濁物質を取り除くためにろ過を行う。ろ過には、綿をプレスしたものや、珪藻土を利用したもの、1ミクロン以下の微小穴を持つシート等が使用される。 現在日本では珪藻土を利用して、酵母を除去させる方法が主流である。 ろ過模型ゼミ
ろ過とは、熟成したビールから、「オリ」や役目を終えた「酵母」を完全に取り除く作業。ろ過の徹底した衛生管理によって、熱処理をしない、黄金色に澄んだ「生ビール」を生み出す。 ろか
ろ過する長所は、 ビールの清澄化,物理的耐久性の付与,微生物の除去など。他方、ろ過する短所は、 ビ−ルの旨味につながる物質までろ過してしまう恐れがあること。 ろか
サントリー武蔵野ビール工場のミニブルワリーだけで、無濾過仕上げ限定醸造がある。ダイヤモンド麦芽を贅沢に使用。欧州産アロマホップ 100%使用。「トリプルデコクション製法」「低温発酵・長期低温熟成」「無濾過」 製造〜保管〜提供まで、すべて10℃以下での管理。
ビールの缶注入

Beer


カンVTR
東海大学教養学部人間環境学科の鳥飼ゼミの日本・中国の7名の学生は、第一回目の学外教育のゼミ研修として、府中市サントリー武蔵野ビール工場を訪問した。最終工程で、出来上がったビールを、酸素が入らないようにアルミ合金缶(Aluminum Cans)に注ぎ込むところは、見学できなかったが、ビデオで説明を受けた。 かんづめ
学外教育のゼミ研修として、府中市のサントリー武蔵野ビール工場を訪問した。出来上がったビールを、酸素が入らないように、アルミニウム合金製の「絞り・しごき缶」(DI成形缶)に注ぎ込む。 

ビール製造工程
?製麦:大麦から麦芽へ
?仕込み:麦芽から麦汁へ
?発酵:麦汁からビールへ
?貯酒:ビールの低温での熟成
?濾過:おり、酵母を除去し生ビールへ
?缶詰:アルミニウム合金製「絞り・しごき缶」(DI成形缶)に酸素が入らないように注入
商品
サントリー武蔵野ビール工場(所在地/東京都府中市矢崎町3-1)の最終工程で、出来上がったビールを、酸素が入らないようにアルミ缶Aluminum Cans)に注ぎ込む。ビールなどのガスを含む液体は、多くが炭酸ガスの膨張作用が働き、缶の内側 から外側に対して圧力がかかる。そこで、外からの衝撃があってもアルミ缶(Aluminum can)は変形しにくい。また、ビールは冷やして飲むが、アルミは比熱が小さいために、冷蔵庫で短時間で冷やすのに適している。 商品
1963年4月20日に竣工したサントリー武蔵野ビール工場の最終工程で、出来上がったビールを、酸素が入らないようにアルミ缶Aluminum Cans)に注ぎ込む。アルミ缶は比熱が小さく、熱伝導率が高いためび、冷蔵庫で冷えやすい構造である。しかし、アルミニウムを作るには大量の電気エネルギーを消費すうため、地球温暖化防止のためには、電気消費量の少なくするために、使用するアルミニウムの量が少ないアルミ缶を作る必要がある。ビールに用いているアルミ缶の厚さは、缶胴部分で0.1mm、缶底の部分で0.25mm。これはコピー紙1〜3枚の厚みである。 商品
サントリー武蔵野ビール工場の最終工程で、貯酒されていたビールをアルミ缶をにそそぐ。アルミ缶Aluminum Cans)は、どのビールメーカーでも同様の形状で、缶底と胴体が一体となった「絞り・しごき缶」(DI成形缶)である。ネック部は4段で、底部の形状も類似しており、開缶後もタブが脱落しない「スティック・オン・タブ(stay-on tab)」である。 商品
東海大学教養学部人間環境学科鳥飼ゼミナールは、サントリー武蔵野ビール工場を訪問した。 最終工程で、出来上がったビールを、酸素が入らないようにアルミ缶Beverage Cans)に注ぎ込むところは、見学できなかったが、ビデオで説明を受けた。 カン流れ
サントリー武蔵野ビール工場の最終工程で、出来上がったビールを、酸素が入らないように、絞りしごき成形したアルミ缶(Aluminum can)にそそぐ。

 絞りしごき缶の製造方法
 絞りしごき成形により缶体とされる、絞りしごき缶用樹脂被覆金属板は、金属板の缶外面となる面に樹脂層を備え、前記樹脂層が、90〜150℃の温度範囲において、貯蔵弾性率が500MPa以下となり、かつ、90〜150℃の温度範囲において、破断伸度が100%以上となる樹脂で構成。 カン流れ
サントリー武蔵野ビール工場の最終工程で、出来上がったビールを、酸素が入らないように絞りしごき缶用樹脂被覆金属板でできたアルミ缶に注ぎ込む。金属板の少なくとも片面に有機樹脂を被覆してなる樹脂被覆金属板を、パンチとダイとを用いて絞りしごき成形して缶体に成形する樹脂被覆金属板の絞りしごき加工において、後端部分に小径部分を有するパンチを用いて、成形後の缶体の開口端部のしごき率が0〜15%となるようにしごき加工。 かんづめ
サントリー武蔵野ビール工場の最終工程で、出来上がったビールを、アルミ合金製絞りしごき缶に注入する。

 1971年、日本で初めてのオールアルミ缶ビールが発売された。この頃、ファーストフードやカセットテープなど新しい製品やサービスが次々と誕生するなか、アルミ缶ビールはビールの楽しみ方を大きく広げる製品として注目を集めた。アルミ缶Beverage Cans)普及の背景には、アルミ缶の製造工程に大きな技術革新があったことも忘れてはならない。この頃、導入された缶の胴体と底部を一体成型できるDI (ドロー・アイアン)法は、アルミ缶の生産効率を大幅に向上させた。 その後、家庭で生ビールの味わいを楽しめるアルミ製ミニ樽、タブが缶フタから離れないステイ・オン・タブ方式、飲み口を開封しても再び閉められる。アルミボトル缶は、2ピース缶の密封性、軽量性、リサイクル適性などの特性を生かしつつ、リシールが可能。最近では、材料開発や形状の改善により缶胴、缶フタの薄肉化が進んでおり、より軽く、手軽に飲めるよう工夫されている。 カン流れ
サントリー武蔵野ビール工場の最終工程で、出来上がったビールを、酸素が入らないようにアルミ缶Beverage Cans)に注ぎ込む。供給されたアルミニウム合金製の空缶に、中味を充填じゅうてんし(フィラー)、缶蓋かんぶた・缶胴かんどうを巻き締め(シーマー)、そしてダンボールに詰め、倉庫まで送ることが「缶詰」ライン担当者の仕事分野。缶のサイズに合わせて機械のセッティングや品質保証のための微細な調節、衛生管理も重要な仕事。 カン流れ
サントリー武蔵野ビール工場の最終工程で、出来上がったビールを、酸素が入らないようにアルミ缶(Aluminum can)に注ぎ込む。「缶詰」ライン担当者は、缶のサイズに合わせて機械のセッティングや品質保証のための微細な調節、衛生管理を行う。充填室への入室の際は、異物混入・缶外面への異物付着がないよう、細心の注意を払って設備管理する。また、「普段の良い状態を熟知し“いつもとの違い“を発見できるよう「五感」を張り巡らせながら生産をしています」とある。 カン流れ
サントリー武蔵野ビール工場の最終工程で、ビールを注いだアルミ缶Beverage Cans)が流れている。アルミニウム合金製の空缶に、ビールを充填じゅうてんし(フィラー)、缶蓋かんぶた・缶胴かんどうを巻き締め(シーマー)る。そして、缶ビールをダンボールに詰め、倉庫まで送る。 カン流れ
東海大学教養学部人間環境学科鳥飼ゼミナールは、サントリー武蔵野ビール工場を訪問。 アルミ缶Aluminum Cans)にビールを注ぎ込むところは、見学できなかったが、ビデオで説明を受けた。アルミニウム合金製の空缶へのビール詰の流れ作業は、に、ビールを充填じゅうてんし(フィラー)、缶蓋かんぶた・缶胴かんどうを巻き締め(シーマー)、缶ビールをダンボールに詰め、倉庫まで送る。 カン流れ
サントリー武蔵野ビール工場の出来上がったビール入りアルミ缶。缶詰の流れ作業は、アルミニウム合金製の空缶に、ビールを充填じゅうてんし(フィラー)、缶蓋かんぶた・缶胴かんどうを巻き締め(シーマー)る。そして、缶ビールをダンボールに詰め、倉庫まで送るまで。 カン流れ
東海大学教養学部人間環境学科鳥飼ゼミナールは、サントリー武蔵野ビール工場を訪問した。最終工程で、出来上がったビールを、酸素が入らないようにアルミ缶Beverage Cans)に注ぎ込むところは、見学できなかったが、ビデオで説明を受けた。
ビールの試飲

Tasting

消毒
東京都の府中市、1963年設立のサントリー武蔵野ビール工場内のビアホールで、試飲する前に消毒する鳥飼ゼミの学生。 試飲
サントリー武蔵野ビール工場の見学が終わったら、ビアホールで試飲タイム。ドラフトタワーからビールをグラスに注いで頂いた。
生ビールを注ぐ最初の工程は、生樽からビールを引き込み、ビールホースへ、そしてコックからグラスへ注ぐ。樽からビールホースにビールを引き込むときには、ガス圧とコックの開閉調整が必要となる。 試飲
府中市サントリー武蔵野ビール工場の見学後、ビアホールに移動。カウンターに埋め込んだビールドラフトから試飲用ビールを注いで頂いている鳥飼ゼミナールの学生。 試飲
東京都西部サントリー武蔵野ビール工場の見学後、カウンターのビールドラフトタワーから試飲用ビールを注いでいただいた。 試飲
サントリー武蔵野ビール工場ビアホールで、ビールドラフトタワーから試飲用ビールを注いで頂いている鳥飼ゼミナールの学生たち。 試飲
サントリー武蔵野ビール工場の見学後に、試飲のできる瀟洒なビアホールに移動した。そこで、ビールドラフトタワーからサントリービールを注いでもらい試飲をした。 卓上試飲
サントリー武蔵野ビール工場内のビアホールで、ザ・プレミアム・モルツ、おつまみでテーブル席を囲んだ東海大学教養学部鳥飼ゼミナールの学生一団。 試飲
サントリー武蔵野ビール工場内のビアホールの鳥飼ゼミナールの学生。 試飲
サントリー武蔵野ビール工場内のビアホールの鳥飼ゼミナールの学生たち。 りゅう試飲
東京都府中市にあるサントリー武蔵野ビール工場内の瀟洒なビアホールで、ドラフトタワーからサントリービールを注いでもらう鳥飼ゼミナールの学生。 竜試飲
サントリー武蔵野ビール工場内のビアホールドラフトタワーで、ビールを注いでもらった鳥飼ゼミナールの学生。 テーブル試飲
東京都サントリー武蔵野ビール工場内のビアホールで、テーブル席でおつまみとビールを頂いた鳥飼ゼミ生。 ぜみ試飲
サントリー武蔵野ビール工場内のビアホールで、テーブル席でおつまみとビールを頂いた鳥飼ゼミ生。 ぜみ試飲
東京都府中市にあるサントリー武蔵野ビール工場内のビアホールで、テーブル席でおつまみとビールを頂いた鳥飼ゼミ生。 鳥飼行博試飲
サントリー武蔵野ビール工場内のビアホールで、テーブル席でおつまみとビールを頂いた鳥飼ゼミ生。お代わりを含め一人3杯までだが、品のいい学生たちは1杯程度でやめておいた。 ゼミ総員試飲
東京都府中市にあるサントリー武蔵野ビール工場内のビアホールで、テーブル席でおつまみとサントリービールを頂いた鳥飼ゼミ生。
ビールの注ぎ方

How to drink

そそぎ試飲
サントリー武蔵野ビール工場内のビアホールで、上手なビールの注ぎ方を教わった鳥飼ゼミ生。
そそぎ試飲
サントリー武蔵野ビール工場の試飲用ビアホールで、上手なビールの注ぎ方を教わった。
■なぜ泡のみで注ぐと、"香り"と"甘み"が楽しめる? 泡だけで注ぐと、"香り"と"甘み"が楽しめる理由
?香り :クリーミーな泡にはビールの香り成分がよく溶け込む。この凝縮された香り成分は泡が破裂する時にグラス内に放出されるので、泡がビールの戻るまで待つ事で、ファインアロマホップの心地よい香りがしっかりとグラスにこもる。
?麦芽100%の甘み: クリーミーな泡のみで注ぐと、炭酸ガスの濃度が下がるので、ガスの刺激で感じる苦味感が和らぐ。麦芽100%のプレモル本来の甘みが味わえる。
工場内売店

Shop

本
サントリー武蔵野ビール工場の玄関ホールに設置されている工場内売店。 なっちゃ
サントリー武蔵野ビール工場の玄関ホールに設置されている工場内売店。
分倍河原駅前

Bubaigawara2015

下車学生
JR南武線京王線の鉄道駅のある「分倍河原駅」前。サントリー武蔵野ビール工場の見学を終えた東海大学教養学部鳥飼ゼミナールの学生がシャトルバスで工場から駅に戻ってきた。 駅前
サントリー武蔵野ビール工場の見学を終えてシャトルバスで工場から駅に戻ってきた。JR南武線京王線の乗換駅「分倍河原駅」前ロータリーにある「新田義貞騎馬像」。鎌倉幕府を攻める旧鎌倉街道が進撃した交通バリアフリーで、 分倍河原古戦場に当たる。 駅ゼミ生
JR南武線京王線の鉄道駅のある分倍河原駅前。サントリー武蔵野ビール工場の見学を終えて、シャトルバスで工場から分倍河原駅に戻ってきた東海大学教養学部鳥飼ゼミナールの学生たち。 南武線
JR南武線京王線の鉄道駅のある分倍河原駅。典型的な日本の狭くて、座って休むところがない駅で、インクルージョンにも、交通バリアフリーにも対応していない。
JR立川駅

Tachikawa 2015

立川
JR立川駅の無粋な構内を引き立ててくれる花・みどり。 立川
JR立川駅構内の鉢植えの花。ビジネスライクの忙しい駅でも、心遣いによって、心の余裕が生まれるようだ。 立川
JR立川駅前のつつじの花。 立川
JR立川駅前。 うさぎ
JR立川駅前の公式キャラクター「くるりん」。
立川観光協会は、東京都立川市、地元業者と連携し、市公式キャラクター「くるりん」をデザインした土産品を販売。2012年に市民投票で市公式キャラクターに選ばれたくるりんは、市内のデザイナーがウサギをモチーフに考案したキャラクター。「ほほの渦巻きが印象的な、かわいらしいルックスのご当地キャラクター」とされる。立川観光協会は毎年、市内で土産品を製造販売する業者などから応募のあった土産用品のうち、独自性や品質などが優れた商品を「推奨認定品」に認定してきた。30年近く続けてきたが、「マンネリ化が否めず、新機軸が必要」と判断。くるりんとのコラボで新たな展開を図ることにした。2014年、市からキャラクター「くるりん」の使用許可を得て、希望する菓子メーカーなど5業者と商品開発に着手、たちかわサブレ154円(税込)/1枚、ange まどれーぬ 164円(税込)/1個(箱入5個入925円)、うどまんじゅう200円(税別)、 立川のはちみつかりんとう 330円、立川せんべい118円などがある。 クレーン
JR立川駅周辺。 たちかわ
JR立川駅周辺。 たちかわ
JR立川駅周辺。
立川繁華街

DownTown 2015


立川鳥飼
JR立川駅周辺の繁華街。立川駅前の再開発が進み、おしゃれな店や安いランチが食べれる店が沢山がたくさんできていた。立川市は、世帯数8万6,347世帯、人口17万9,040人(平成27年4月1日現在)。 立川鳥飼ゼミ
JR立川駅近くの繁華街にやってきた東海大学教養学部鳥飼ゼミナール。
 立川市産業文化スポーツ部産業観光課は、商店街の組織強化を目的として、法人化している15の商店街に対して、公認会計士費用などの一部経費を補助している。
立川市商店街振興組合支援事業補助金交付要綱によれば、 商店街振興組合支援補助金の支給限度額は、補助対象とする経費の総額の100分の50以内とし、9万円以下。
商店街振興組合支援補助金対象経費の対象
(1)公認会計士,税理士等の報酬
(2)消耗品費
(3)印刷製本費
(4)その他必要と認めた経費
下町
JR立川駅周辺の繁華街。立川市には、立川市内26商店街の連合組織である立川市商店街連合会(通称:たちかわ商連)がある。立川北口の3商店街で行われる「まちゼミ」は、商店街の店の働き手が講師となって、専門知識やプロのコツを教えるミニ講座で、参加無料。 鳥飼3
JR立川駅近くの繁華街の居酒屋で食事会を開催した東海大学教養学部鳥飼ゼミナールの学生たち。立川の居酒屋でweb検索すると338軒以上ある。 鳥飼3
JR立川駅近くの繁華街には、居酒屋が多い。東海大学教養学部鳥飼ゼミナールの学生たちは、立川駅北口の焼鳥屋で食事会を開いた。
立川での食事会

BAR


女子2
JR立川駅前の繁華街の居酒屋で東海大学教養学部鳥飼ゼミナールの学生たちが「焼鳥屋 鳥貴族 立川北口店」で食事会を開いた。全てのフード&ドリンクメニューが食べ放題・飲み放題で、8名以上の利用で2,800円(税抜)。 学生1
JR立川駅北口の繁華街にある焼き鳥屋で食事をした鳥飼ゼミナールの学生たち。焼き鳥は日本国産鶏肉を使用し、タレで鶏の旨味を引き出すとある。 よる
JR立川駅北口の繁華街にある焼き鳥屋で食事をした鳥飼ゼミナールの学生たち。この店では、。焼き鳥を作るのに、一本ずつ鶏肉を串打ちしているという。
東海大学教養学部

Torikai University


鳥飼行博ホール
府中市にあるサントリー武蔵野ビール工場を見学した東海大学教養学部人間環境学科HKの鳥飼行博ゼミ。ゼミのテーマである環境平和学を深く学ぶために、国内外のフィールド調査を行っている。

鳥飼行博写真館へのご訪問ありがとうございます。この写真館の写真を引用、掲載することは個人情報の保護に抵触いたしますので、お控えいただきますようお願いいたします。ご意見,ご質問をお寄せ下さる時には,ご氏名,ご所属,ご連絡先を明記してくださいますようお願い申し上げます。

連絡先:
torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県
平塚市北金目4-1-1 東海大学
教養学部人間環境学科社会環境課程

鳥飼 行博 TORIKAI Yukihiro
HK,Tokai University,Hiratuka,Kanagawa
Japan 259-1292
Tel: 0463-50-2122, Fax: 0463-50-2078
東海大への行き方|How to go

◆鳥飼研究室のご訪問ありがとうございます。論文,写真を引用・掲載の際はURLなど出所を、ご意見,講演依頼、資料をお寄せくださる際はご氏名,ご連絡先を明記してくださいませ。
◎メールtorikai007@yahoo.co.jpが最良の連絡方法でございます。
◎鳥飼研究室には月数万件の閲覧があり、お問い合わせの多くにご返事ご回答できないままになっておりますこと,誠に申し訳ございません。ここにお詫び申し上げます。
Thank you for visiting my web site. The online information includes research papers, over 6000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.
Copyright © 2015/5/5 Torikai Yukihiro All Rights Reserved.