Search the TorikaiLab Network

google サイト内



自然界の画像
日本の空中写真:土地利用
Rainforest Foundation:熱帯雨林
WWF:世界の野生保護

熱帯林の映像
【アマゾンの熱帯林】TRFIC
【東南アジアの熱帯林】TRFIC
【ブラジルの熱帯林減少】earth observatory
【アマゾンの熱帯林減少】TRFIC Map Products Library Brazilian Amazon
【インドシナ半島の熱帯林減少】Earth observatory
【土地利用の変化】
【中南米とインドシナ半島の土地利用】地図から選ぶ/JPEGS
【熱帯雨林】Tropical Rain Forest Information Center
【熱帯林レポート】
【熱帯林減少の映像】教育用イメージツアー
【Global Observations of Forest Cover】森林観測
【GOFC-GOLD】
【森林火災】GOFC-GOLD-Fire
【熱帯林減少の衛星画像】インドシナ半島・アマゾンの熱帯林減少を人工衛星画像で比較したレポート作成用

中国の生活
写真解説:雲南省のタバコ生産農家

写真解説:雲南省の窯業(瓦作り)

写真解説:雲南省の牧畜(山村のコモンズ)

写真解説:北京の食品工場(乳製品とビール)

写真解説:雲南省の定期市(農村フリーマーケット)

タイの生活
写真解説:タイ農村の米作

写真解説:タイ農村の養蚕とシルク生産

写真解説:タイ東北部チャイヤプーン県農村におけるシルク反物生産

論文「タイの家内工業とワークシェアリング」

戦争

レイテ戦と神風特攻作戦発動

1944年神風特攻隊のフィリピン戦

フィリピンのアジアハイウェイ路線

公式報告書

各国便り「中国農村部における意図せざる環境保全」『かけはし』第94号、国際研修協力機構,4頁,2009年10月

各国便り「フィリピン」 『かけはし』第79号、国際研修協力機構,4頁,2007年4月

『アジア太平洋地域における人口・エネルギー・廃棄物 : アジア太平洋の地域コミュニティにおける個人経営体を重視した社会開発と環境保全 −科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書 ; 平成15-17年度』東海大学印刷業務課,105頁,2006年3月

万城目正雄・鳥飼行博共著『開発途上国からの研修生等受入れに伴う実態調査:技能実習生フォローアップ(第6回)調査報告書』国際研修協力機構,75頁,2003年3月

『開発途上国の草の根民活論 : 人口・家内工業・廃棄物を巡って−平成13・14年度科学研究費成果報告書』東海大学印刷業務課,135頁,2003年3月

鳥飼行博・成家克徳・三好敏夫・万城目正雄共著『開発途上国からの研修生等受入れに伴う実態調査:技能実習生フォローアップ(第5回)調査報告書』国際研修協力機構,82頁,2002年3月

高橋彰・鳥飼行博他3名2番目共著『外務省国別評価報告書 フィリピン共和国』外務省経済協力局評価室,91頁,1999年3月

Japanese Evaluation Team (TAKAHASHI,Akira,and Yukihiro TORIKAI et al.) Evaluation of the Japanese Development Assistance toward the Philippines. Ministry of Foreign Affairs, pp.1-48, 1998/09,外務省

文部科学省・科学研究費補助金の報告書

1.アジア太平洋の地域コミュニティにおけるコモンズ管理と草の根民活論(2011)基盤研究(C)2010-2011
2.アジア太平洋の地域コミュニティにおける個人経営体を重視した社会開発と環境保全(2005)基盤研究(C)2003-2005

3.開発途上国における個人経営体と草の根の環境ODA(2002)基盤研究(C)2001-2002

4.開発途上国における個人経営体に対する草の根の環境ODA(2003)基盤研究(C)1998

5.開発途上国の小規模産業における雇用吸収力と経済援助(1993)奨励研究(A)1993

6.開発途上国の小規模産業における個人経営体のもつ雇用吸収力と経済援助(1992)奨励研究(A)1992

7.開発途上国の諸産業における契約形態についての理論的・実証的研究(1989)東京大学・特別研究員PD



「政府開発援助 : その現状と問題点:日本と欧州連合の場合」東海大学紀要. 教養学部 28,311-320,1998 (東海大学出版会/東海大学

「地球環境問題の実態」東海大学紀要. 教養学部 28,1998 (東海大学出版会/東海大学)

「工業化戦略の有効性 : 貿易と国際分業をふまえて」
Effectiveness of Industrial Policies in Developing Economies
東海大学紀要. 教養学部 28,1998 (東海大学出版会/東海大学)

「環境政策と開発戦略に関する研究」東海大学紀要. 教養学部 26,337-342,19950000(ISSN 03892018) (東海大学出版会/東海大学)

「地球環境問題とその対策 : リサイクル,環境税,国際環境規格,環境ODA」
Economics for Sustainable Development
東海大学紀要. 教養学部 26,1995 (東海大学出版会/東海大学)

「資本進出と経済介入に関する一考察 : 日本の朝鮮経営,ODA,海外直接投資,コンディショナリティーの功罪を巡って」
The Capital Flow to Developing Countries and Japan's Commitment
(東海大学紀要. 教養学部 25,69-94,1994(東海大学出版会/東海大学)

「国際資本移動の構造と冷戦後の世界 : 資本供給国としての日本の役割」
The Structure of Capital Flow and The Post-Cold War : Japan's Role as a Capital Supplier
東海大学紀要. 教養学部 24,1993 (東海大学出版会/東海大学)

「政府開発援助と開発途上国の雇用メカニズム」
Official Development Assistance and the Job Creation Mechanism in LDCs
東海大学紀要. 教養学部 23,1992 (東海大学出版会/東海大学)

「契約選択の経済学 : フィリピンにおける漁業契約の内容とその選択」
Economics of Contract Choice : Contracts of the Small-scale Fishing in the Philippines
東海大学紀要. 教養学部 21,1990 (東海大学出版会/東海大学)


日・フィリピン経済関係

日系企業の海外活動に当たっての環境対策 (フィリピン)

フィリピンにおける大気汚染削減とエネルギー政策

フィリピン>工業団地リスト

フィリピン日本人商工会議所 リンク集

フィリピン生活事情・物価の話

軍用ジープに新たな命を吹き込むフィリピンの工場

ジプニー (jeepney)

Jeepney

ジープニー の画像

フィリピン名物・ジープニー


マニラで公共交通機関に電動ジープニー導入へ

環境にやさしいジープニー

待望のジープニー路線図が発売

マニラの排ガス対策:マニラ首都圏では、粒子状物質の21%、窒素酸化物の83%、一酸化炭素の99%、硫黄酸化物の12%が自動車の排気ガスによるものと推定(1990年調査)。

マニラ・オートサロン2009

ジープニーの車窓からフィリピン交通事情

昭和ゴム化学工業所

フィリピンで建築事業/東海工業

日東電工 | フィリピンに販売加工拠点を新設

フィリピン・セブ島及び沿岸域の水質汚染域 における生物生息環境回復事業

黒い斑点に汚れる海岸の石

平成17年度環境再生保全機構地球環境基金助成事業

I L O 駐 日 事 務 所(〒150−0001 東京都渋谷区神宮前5−53−70 国連大学本部ビル8階 )は、次のような見解を掲げている。

「児童労働」とは、以下のような子どもの労働のことです。
◆原則15歳未満の子どもが、大人のように働く労働
ILO138号条約 が定める就業最低年齢

最低年齢 15歳
・ 義務教育修了年齢を下回らない(原則)
・ 途上国は14歳とすることができる

軽易な労働 13歳
・ 途上国は12歳とすることできる

危険な労働 18歳
・ 健康・安全・道徳が保護され、適切な職業訓練を受ける場合は16歳

* 子どもたちの健全な成長を妨げる労働をさし、家や田畑での手伝い、小遣い稼ぎのアルバイトなどは含まれません。

◆18歳未満の子どもが行う最悪な形態の労働

ILO182号条約
人身取引、債務奴隷、強制的な子ども兵士、その他の強制労働
買春・ポルノ、麻薬の製造・密売などの不正な活動
子どもの健康・安全・道徳を害し、心身の健全な成長を妨げる危険で有害な労働

◆家族の元で行われる児童家事労働でも、教育に使用をきたすこともあるし、過酷なこともある。路上での物乞いや買い物袋の販売は小遣い稼ぎとて行われる。これが「児童労働」には含まれませんというのは、より過酷な状況の子供たち、「最悪な形態の労働」の救済・保護を優先しているからであって、放置しておいてよい問題ではない。

◆なぜ「児童労働」があるのですか?

一番の原因は <貧困> です。(1日1米ドル未満で暮らす人は10億人) しかし、その他にも...
・ 子どもの教育へのアクセスがない
・ 親の教育の欠如
・ 子どもの地位が低い価値観や社会慣行
・ 地域社会の労働慣行
・ 地方から都市への移住
・ 家庭の問題
・ 不適切な法律の施行

◆なぜ「児童労働」をなくさなくてはならないのですか?
・ 子どもの人権を侵害するから
・ 子どもが教育を受ける権利を侵害するから
→ 十分な教育を受けられまま大人になり、貧困の連鎖につながる
・ 子どもの心身の健全な発達を妨げるから

児童労働撤廃のコストは、途上国の軍事費の約2割と試算されています。





Flag Counter

◆マニラのスモーキーマウンテンとトンドスモーキーマウンテン
1.2010年のフィリピン共和国の面積は30万平方キロ(日本の80%)、人口9900万人、GDP2000億ドルで、工業部門がGDPの30%以上を占めます。1人当たりGDPは2,100ドルと日本の5%で、マニラ首都圏(人口1100万人)は国内では豊かな地域ですが、スラムも広がっています。
2.スモーキーマウンテンは、立ち入り禁止で、無断侵入や不法侵入は犯罪です。フィリピン語の(Smokey Mountain)の項目もないことからも、一般立ち入りが許されない理由がお分かりになるはずです。
3.写真解説一覧フィリピン自動車産業スラムの屑屋ツゲガラオの市場棚田の田植え稲の収穫と豆脱穀棚田の早乙女ブツブツの鍛冶屋柴刈り・薪採取とバイオマス箒作り家内工業2014年廃棄物処分場ゼミ研修2015年マニラのスラム街ゼミ研修箒材料タイガーグラスの収穫も参照。

フィリピンマニラ

 Manila

 



















マニラ首都圏

Metoro Manila

 
デパート
フィリピン共和国マニラ首都圏(メトロマニラ)マニラ市(City of Manila)のロビンソン・デパート。
マニラ首都圏は、次の17市で構成される。
・マニラ市 ・マカティ市 ・ケソン市 ・パサイ市 ・ノースカローカン市 ・ブァレンズエラ市 ・マラボン市 ・ナボテス市 ・カローカン市 ・マリキーナ市 ・パシッグ市 ・タギッグ市 ・マンダルーヨン市 ・サンファン市 ・パラニャーケ市 ・ラスビニャス市 ・モンティルパ市
デパートメトロマニラマニラ市の古くからの繁華街マラテ(Malate)のロビンソン・デパート。

キアポ周辺の市場

Quiapo

キアポ
フィリピン共和国マニラのキアポの市場通り。 キアポ教会
フィリピン共和国メトロマニラ、キアポ教会前には、庶民の市場(パレンケ)があり、特に食料品が豊富である。 キアポマニラ首都圏マニラ市キアポ(Quiapo)の下町の市場。安い庶民向けのマーケットで多種多様な食料品が売られている。
Quiapo is what remains of that triumvirate of a more glorious past – Escolta, Sta. Cruz, and Quiapo – that once veritable "downtown" destination for the shopping. キアポ市場マニラ首都圏キアポ(メトロマニラ)のアパレル市場。安い庶民向け衣料が豊富に売っている。

キアポ
フィリピン共和国マニラのキアポの市場通り。国家首都(National Capital Region)、すなわちマニラ首都圏(Metro Manila)の人口は、2010年人口センサス(The 2010 Census of Population and Housing)によると1185万人。

キアポメトロマニラ、キアポの市場。マラテやビノド(Binondo)ではカレッサ(馬車)もある。マビニや城塞では観光用に使用。 マニラ下町マニラ首都圏メトロレール(LRT)高架近くにある商店街。茅葺屋根の家は、マニラ首都圏ではほとんど見られす、トタン屋根が普及している。 マニラ下町マニラ首都圏キアポの市場。パサイ市(Pasay)タフトアベニューのメトロレールLRT高架下にも市場はある。

マニラ首都圏トンドの地図 Tondoはマニラ中心部北にある住宅地。

スモーキーマウンテン

Tondo, Smokey Mountain


スモーキーマウンテン
マニラ首都圏のSmokey Mountain(スモーキーマウンテン)は、トンドの港の近くにある。ゴミ捨て場の中から売れそうなもの(空き缶などの屑鉄やプラスチック、ガラスなど)を拾って売り、生活の糧にしている人々がいる。「スモーキーマウンテン」とは、1980年代に有名になったゴミ山だが、今は山が大地のように整地されている。
スモーキーマウンテン
ルソン中部マニラ首都圏のスモーキーマウンテンは、たくさんの住民がスカベンジャー(屑拾い)をして生活している。 スモーキーマウンテン
Smokey Mountain is located in what was then Barrio Mandaragat and part of what is now known as Balut, Tondo Manila.
ごみ
スモーキーマウンテンSmokey Mountain)は、昔港の海岸近くにあったごみ捨て場だった。当時から、スカベンジャーがたくさん周囲に住んでいたが、現在も元のごみ山の上に約100世帯が住む。 

フィリピンマニラ首都圏トンドのスモーキーマウンテンSmokey Mountain)を訪問したイエズス会司祭のブログ(2011-06-03)に「昨年9月からマニラで行われたイエズス会第三修練の一環として、巨大なゴミ捨て場に隣接するスラム街、スモーキーマウンテンの家庭に2週間ホームステイする機会を与えられた。フィリピン社会の最底辺に追いやられた人々と共に生活し、彼らの苦しみと喜びを間近から垣間見たこの2週間は、大きな挑戦であると同時に豊かな恵みに満たされた日々だった。この場を借りて、この実習での体験を皆さんと分かち合いたいと思う」とあった。 スモーキーマウンテンスモーキーマウンテンの上にある畑。不法占拠かもしれないが、住民は少しでも食費を節約しようと遊休地を菜園にしている。
スモーキーマウンテン
スモーキーマウンテンSmokey Mountain)の上にある畑。
スモーキーマウンテン
スモーキーマウンテン(ごみ山)の上に住む居住者たち。
「スモーキーマウンテン(煙の山)」で生活する人々は、スモーキーマウンテンに埋められた廃棄物を掘って拾う人もいるが、多くは農業を営んでいる。近くのトンドに住むスカベンジャー(Scavenger)は、換金できるプラスチック、金属、ガラスを拾い集めて、それを屑屋に売って生活している。 スモーキーマウンテン
廃棄物の捨て場だったスモーキーマウンテンSmokey Mountain;元ダンピングサイト)上から、南側のトンドの住宅地を望む。
Formerly as the Smokey Mountain of the Philippines (Manila) ごみスモーキーマウンテン廃棄物の山)の上ではプラスチックなどのごみ屑の山がところどころむき出しになっている。掘り返して、金目の物、有価物を捜した跡地もある。 家スモーキーマウンテン廃棄物最終処分場跡地に住民が住み始めた。都市インフォーマル部門に従事する、スラム住民は、非正規居住者「インフォーマルセトラー」あるいは不法占有者「スクオッター」と呼ばれる。 ごみごみ山で、バナナを栽培する非正規居住者「インフォーマルセトラー」の居住区スモーキーマウンテン。
スモーキーマウンテンの家

Metro Manila Hausing


家廃棄物捨て場だったスモーキーマウンテンの上で非正規居住者「インフォーマルセトラー」の住むバラック。
スモーキーマウンテンごみ山スモーキーマウンテンの居住区。2012年8月撮影。
家スモーキーマウンテンのバラック。廃棄物の丘上にあり、知り合った住民のみなさんに案内していただいた。 スモーキーマウンテンごみ山スモーキーマウンテンの居住区。2012年8月撮影。
スモーキーマウンテン
スモーキーマウンテン
の居住区。2012年8月撮影。
大半の家屋ではトタン屋根が普及している。 スモーキーンマウンテンスモーキーマウンテンに住む非正規居住者「インフォーマルセトラー」の一家の家を見せていただいて聞き取りをした。
スモーキーンマウンテンスモーキーマウンテンに住む一家の家を見せていただいて聞き取りをした。
スモキースモーキーマウンテンの非正規居住者「インフォーマルセトラー」の子供が飲む飲料水は、町で水道水を購入する。 スモキースモーキーマウンテン住民のバラック。飲料水は、無ものとバランガイの水道水を購入して、容器に入れて運んでくる。スモーキーマウンテンとは、東京ドーム6杯分の広さに丘となって積もった廃棄物の山である。メタンガスなどガスが出ているところもある。 家
ごみ山とは思えないような農地が広がっている。そこに子供たちもすんでいる。翌年、彼はポリオのような病気にかかり、介護のかいもなく、2年後に訪ねたときはなくなっていた。
港
フィリピンのマニラ中心にあり、港も近いスモーキーマウンテン。バラック住まいではあるが、以前は廃棄物の山(ダンピングサイト)とには思えない空間もある。 きび捨てられた垂れ幕や横断幕(廃棄物)で壁を覆った
スモーキーマウンテン
のバラック。
スモーキーンマウンテンスモーキーマウンテンに住む一家の家を見せていただいたとき、写真を撮らせてほしいと頼まれた。スマホで撮影。
スモーキーマウンテン農家

Sky View


家スモーキーマウンテンの畑作。非正規居住者「インフォーマルセトラー」は、カモテ、カモテカホイのようなイモ類、バナナ、サトウキビ、レモングラスを栽培している。 家スモーキーマウンテンのの畑作。カモテ、カモテカホイのようなイモ類、バナナ、サトウキビ、レモングラスを栽培している。 にわとり
スモーキーマウンテンSmokey Mountain:ごみ山)の住民は、拾った有価物を販売したり、栽培したカモテ、レモングラスなどの農作物や育てた鶏をマニラ市街や市場に運搬、売却して生活している。
スモーキーマウンテン上空

Sky View


上空スモーキーマウンテン 
フィリピン共和国マニラ首都圏トンドのスモーキーマウンテン上空。撮影では廃棄物の山が、畑化され非正規居住者「インフォーマルセトラー」の住居も点在しているのが分かる。
上空スモーキーマウンテン 
フィリピン共和国マニラ首都圏、左下に一部スモーキーマウンテンが見える。中央部左よりの幅広い道路は、マニラ北湾通り(North Bay Boulevard)。
スモーキーマウンテン炭焼き

Sky View


家スモーキーマウンテンの非正規居住者「インフォーマルセトラー」のバラック。袋には廃材が入っているが、これで炭焼きをする。 家スモーキーマウンテンの住民バラック。袋には廃材が入っているが、これで炭焼きをする。 家スモーキーマウンテンの規居住者「インフォーマルセトラー」">インフォーマルセトラー」バラック。袋には廃材が入っているが、これで炭焼きをする。 家
スモーキーマウンテン
の非正規居住者「インフォーマルセトラー」バラック。袋には廃材が入っているが、これで炭焼きをする。 家
スモーキーマウンテン
の住民バラック。袋には廃材が入っているが、これで炭焼きをする。
炭焼き

Uling at Tondo


炭作りの家 スモーキーマウンテン(Smokey Mountain)における炭(ウリン)づくり。廃棄物の山に穴を掘って切った木を入れ、空間を作り火をつける。それから土を被せていぶる。 炭作りの家2 スモーキーマウンテン(Smokey Mountain)における炭(ウリン)づくり。炭作りの家3廃棄物の山に穴を掘って切った木を入れ、空間を作り火をつける。それから土を被せていぶる。 炭作り スモーキーマウンテンSmokey Mountain)で炭を作っていた非正規居住者「インフォーマルセトラー」の家屋(バラック)。スモーキーマウンテンの廃棄物集積場所跡にある。
炭作りスモーキーマウンテン上で行われている炭焼き。木炭生産。炭作りスモーキーマウンテン上で行われている炭焼き。木炭生産。 炭作りスモーキーマウンテン上で行われている炭焼き。木炭生産。 炭作りスモーキーマウンテン上で行われている非正規居住者「インフォーマルセトラー」による炭焼き。木炭生産。 炭作りスモーキーマウンテン上で行われている炭焼き。木炭生産。 炭作りスモーキーマウンテン(Smokey Mountain)における炭(ウリン)づくり。
ルソン島北部山岳地に位置するコルディリェラ行政地域(Cordillera Administrative Region (CAR))は、アブラ州/アパヤオ州/ベンゲット州/イフガオ州/カリンガ州/マウンテン州の6州がある。2010年人口センサスによると、CAR人口は1,616,867人。こことマニラ首都圏を比較すると、全く違うところ、似ているところの双方を感じることができる。マニラど真ん中のスモーキーマウンテンでも、農村と同じく住民自らが炭を焼いている。
炭作りスモーキーマウンテンSmokey Mountain)で炭を作っていた非正規居住者「インフォーマルセトラー」。 炭作りスモーキーマウンテンのすき焼き世帯のバラック。
トンドの農業

Agriculture at Tondo


スモーキーンマウンテンスモーキーマウンテンは、今でもごみ山のままだが、ここに住む非正規居住者「インフォーマルセトラー」が、生業としてイモ類(カモテ、カモテカホイ)、サトウキビの栽培をし、炭焼きをしている。
きびスモーキーンマウンテンの上で、そこに住む住民たちは、カモテやサトウキビやバナナを栽培し、自家消費したり、それらを下の市場に運搬・売却して生活している。
とりゴヤスモーキーマウンテンの上で住民が営む養鶏。
畑スモーキーマウンテンの上で非正規居住者「インフォーマルセトラー」">インフォーマルセトラー」が栽培するカモテカホイの畑。そのほか、カモテ、バナナ、サトウキビなども作られている。
のうちスモーキーマウンテンの上で住民が営む農業。
のうちスモーキーマウンテンの周囲には住宅地が広がっている。スモーキーマウンテンに住んでいる貧困者は、ごみ山の表面で堆肥化した部分を拡張して、農業を営んでいる。
のうちスモーキーマウンテンの家屋の周囲には、堆肥化したごみを利活用した農地が広がっている。
のうちスモーキーマウンテンの下には、分解されないごみが大量に堆積している。しかし、スモーキーマウンテンに住んでいる貧困者は、ごみ山の表面で堆肥化した部分を拡張して、農業を営んでいる。 運搬スモーキーマウンテンの住民は、スンモキーマウンテンの上を農地に変えて、カモテを栽培し、自家消費したり、それらを下の市場に運搬・売却して生活している。
スモーキマウンテンのごみ山

Family in Tondo


スモーキーンマウンテンスモーキーマウンテンのごみ山。
スモーキーンマウンテン
スモーキーマウンテンの非正規居住者「インフォーマルセトラー」">インフォーマルセトラー」がごみ山に植えたトウモロコシ。
スモーキーンマウンテン
スモーキーマウンテンのごみ山。 スモーキーンマウンテンスモーキーマウンテンのごみ山。
スモーキーンマウンテンスモーキーマウンテンのごみ山にできた畑。ここの「カモテカホイ」は「キャッサバ」、芋の一種で、樹木のようだが根がイモになっている。。
スモーキーンマウンテンスモーキーマウンテンのごみ山に住む人々の手で、ごみ山が堆肥化、緑化、農地化されている。バラック周囲には、サトウキビやカモテカホイが植えられている。
スモーキーンマウンテンスモーキーマウンテンのごみ山に住む人々の手で、ごみ山が堆肥化、緑化、農地化されている。バラックちかくのサトウキビ。 トンド
フィリピンのスモーキーマウンテン居住者の方に案内していただいた。
ストリートチルドレン

Street Children


ホームレスマニラ首都圏、マラテの
ホームレス
の一家にお話を伺った。2012年8月撮影。家族の了解を得て掲載。
ホームレス 2012年の3月と8月、フィリピン共和国首都圏マニラ市パサイ市のMLT駅近くのストリートミュージシャン。木琴を敲いて音楽を奏でているホームレス 2012年の3月と8月、フィリピン共和国首都圏マニラ市パサイ市のMLT駅近くのストリートミュージシャン。木琴を敲いて音楽を奏でている。それをずーっと見物するストリートチルドレン。 ホームレス 2012年の3月と8月、フィリピン共和国首都圏マニラ市パサイ市のMLT駅近くのストリートミュージシャン。木琴を敲いて音楽を奏でている。それをずーっと見物するストリートチルドレン。 ホームレス 2012年の3月と8月、フィリピン共和国首都圏マニラ市パサイ市のMLT駅近くのストリートミュージシャン。木琴を敲いて音楽を奏でている。それをずーっと見物するストリートチルドレン。農業やリサイクルで生活している住民へ聞き取り調査を行った。2012年8月撮影。

トンド

Tondo


マニラ下町トンドフィリピン共和国マニラ首都圏トンド(Tondo)。

The Tondo Website では、トンドの位置を次のように説明している。
Manila's Tondo District is bounded on the North by Navotas and Caloocan City; on the East by Rizal Ave., from Antipolo St to J.T. Santos by Estero de San Lazaro. From C.M. Recto Ave., to Calle Antipolo St. On the South by Claro M. Recto Ave., from Estero dela Reina to Estero de San Lazaro. (only western side of the said street/esteros belong the this district). On the Eastern part of the district is R - 10 or Marcos Road which is along Manila Bay from C. M. Recto to the city boundaries. トンドフィリピンの下町トンド(Tondo)のスカベンジャーたちもここに暮らしている。
トンドのリサイクルフィリピンの下町トンド(Tondo)。学校から帰宅する子供たち。スカベンジャーのために、ごみ運搬車が停車している。

The Tondo Website Business Enterprisesでは、トンドのビジネスを次のように説明している。
Tondo is a rich collection of small to large business enterprises that are scattered all over the district. Shopping is not a problem because most of the Wet and Dry Markets have inexpensive display goods due to its proximity to the Manila Pier.
トンドの廃品リサイクル

Scavengers at Tondo


トンドのリサイクルフィリピンの下町トンド(Tondo)では、リサイクルで小銭を稼ぐスカベンジャーの子供たちがいる。横付けしてくれるごみ運搬車から有価物を収集するのである。
トンドのリサイクルフィリピンの下町トンド(Tondo)のスカベンジャーは、ごみ運搬車から有価物を収集する。
トンドのリサイクルフィリピンの下町トンド(Tondo)のリサイクル(有価物収集)に従事する子供たち。スカベンジャーは、ごみ運搬車から有価物を収集する。
トンドのリサイクルフィリピンの下町トンド(Tondo)のリサイクル。スカベンジャーは、ごみ運搬車から有価物を収集する。
トタン屋根の家が多い。2012年撮影。スラムのトンドにも電気が送電線で敷かれており、飲料水も共同水道で供給される。
トンドのリサイクル
フィリピンの下町トンド(Tondo)のリサイクル。スカベンジャーは、ごみ運搬車から有価物を収集する。
トンドのリサイクルフィリピンの下町トンド(Tondo)のリサイクル。スカベンジャーは、ごみ運搬車から有価物を収集する。
トンドのリサイクル
フィリピンマニラ首都圏の貧困地区トンド(Tondo)のリサイクル。トンドの路上にごみ運搬車が横付けすると、有価物を収集するスカベンジャーが集まってくる。

Elementary school(2012年まで)は、Grade 1〜6の6年制。
High schoolは、1st Year、2nd Year、3rd Year、4th Yearの4年制。
トンドのリサイクル
フィリピン、マニラ市貧困地区の下町トンド(Tondo)のリサイクル。スカベンジャーは、横付けされたごみ運搬車から有価物を収集する。

フィリピンのElementary school(2012年まで)は、Grade 1〜6の6年制。
High schoolは、1st Year、2nd Year、3rd Year、4th Yearの4年制。
トンドのリサイクル
フィリピンの下町トンド(Tondo)のリサイクル。スカベンジャーの少年たちは、暗くなっても、ごみ運搬車から有価物を収集する。ごみ運搬車は翌日に発車。 

トンド(Tondo)の高等学校として、
F.G. Calderon High School, Tondo, Manila
St. Joseph School,Tondo, Manila
の2校がある。 トンド
フィリピンの下町トンド(Tondo)のリサイクル。スカベンジャーの少年は、暗くなっても、人より早く価値のあるごみを見つけようと、ごみ運搬車が発車する前に有価物を収集する。
マニラ首都圏パサイ市

Pasay City


朝のパサイ 
フィリピン共和国首都圏マニラ市パサイ市の軽量鉄道(LRT)の高架駅下。2012年3月撮影。 
朝のパサイ 
フィリピン共和国首都圏マニラ市パサイ市の道路掃除。2012年3月撮影。  パサイ市 
フィリピン共和国首都圏マニラ市パサイ市
朝のマカティ 
フィリピン共和国首都圏マニラ市パサイ市から、マカティ市のスカイラインを眺める。2012年3月撮影。 
朝のマカティ 
フィリピン共和国首都圏マニラ市パサイ市から、マカティ市のスカイラインを眺める。2012年3月撮影。
大学

University


スモーキーンマウンテン鳥飼行博
スモーキーンマウンテン
で聞き取り調査をした。2012年8月撮影。
2012年の3月と8月、フィリピン共和国首都圏マニラ市トンドスモーキーマウンテンで農業やリサイクルで生活している住民へ聞き取り調査を行った。2012年8月撮影。

大学での講義「開発経済学」「環境協力論」「環境政策?」「環境政策?」は、持続可能な開発を、開発途上国、地域コミュニティの視点も含めて、分析する授業です。俗説とは異なる議論も展開しています。
当研究室へのご訪問ありがとうございます。論文,データ,写真等を引用する際は,URLなど出所を記載してください。ご意見,ご質問をお寄せ下さる時には,ご氏名,ご所属,ご連絡先を明記してくださいますようお願い申し上げます。
連絡先: torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 
東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程
鳥飼 行博 TORIKAI Yukihiro
HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka
Kanagawa,Japan259-1292
東海大への行き方|How to go
Thank you for visiting my web site. The online information includes research papers, over 6000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.
Copyright © 2012/11/01 Torikai Yukihiro, Japan. All Rights Reserved.