Search the TorikaiLab Network

Googleサイト内


Economy
Environment
Human Rights

自然界の画像
日本の空中写真:土地利用
Rainforest Foundation:熱帯雨林
WWF:世界の野生保護

熱帯林の映像
【アマゾンの熱帯林】TRFIC
【東南アジアの熱帯林】TRFIC
【ブラジルの熱帯林減少】earth observatory
【アマゾンの熱帯林減少】TRFIC Map Products Library Brazilian Amazon
【インドシナ半島の熱帯林減少】Earth observatory
【土地利用の変化】
【中南米とインドシナ半島の土地利用】地図から選ぶ/JPEGS
【熱帯雨林】Tropical Rain Forest Information Center
【熱帯林レポート】
【熱帯林減少の映像】教育用イメージツアー
【Global Observations of Forest Cover】森林観測
【GOFC-GOLD】
【森林火災】GOFC-GOLD-Fire
【熱帯林減少の衛星画像】インドシナ半島・アマゾンの熱帯林減少を人工衛星画像で比較したレポート作成用

中国の生活
写真解説:雲南省のタバコ生産農家

写真解説:雲南省の窯業(瓦作り)

写真解説:北京の食品工場(乳製品とビール)

写真解説:雲南省の定期市(農村フリーマーケット)

タイの生活
写真解説:タイ農村の米作

写真解説:タイ農村の養蚕とシルク生産

写真解説:タイ東北部チャイヤプーン県農村におけるシルク反物生産

論文「タイの家内工業とワークシェアリング」


文部科学省・科学研究費補助金の報告書

1.アジア太平洋の地域コミュニティにおけるコモンズ管理と草の根民活論(2011)基盤研究(C)2010-2011
2.アジア太平洋の地域コミュニティにおける個人経営体を重視した社会開発と環境保全(2005)基盤研究(C)2003-2005

3.開発途上国における個人経営体と草の根の環境ODA(2002)基盤研究(C)2001-2002

4.開発途上国における個人経営体に対する草の根の環境ODA(2003)基盤研究(C)1998

5.開発途上国の小規模産業における雇用吸収力と経済援助(1993)奨励研究(A)1993

6.開発途上国の小規模産業における個人経営体のもつ雇用吸収力と経済援助(1992)奨励研究(A)1992

7.開発途上国の諸産業における契約形態についての理論的・実証的研究(1989)東京大学・特別研究員PD

世界の自動車生産
自動車産業リンク
世界各国の自動車産業・市場
アジア自動車産業研究会

近江米 滋賀県産 100%近江米「旨味」 10kg  近江米最安値!! 訳あり  送料込 

近江米 滋賀県産 100%近江米「旨味」 10kg 近江米最安値!! 訳あり  送料込 

無洗米 新潟産ひとめぼれ 5kg

無洗米 新潟産ひとめぼれ 5kg

中国雲南省 徳用 プーアール茶 200g

中国雲南省 徳用 プーアール茶 200g

雲南ヒメハギ

雲南ヒメハギ


凍頂烏龍茶300g

凍頂烏龍茶300g

広い春雨 太いはるさめ 凄い歯ごたえ 和風鍋に中華なべに

広い春雨 太いはるさめ 凄い歯ごたえ 和風鍋に中華なべに

向日葵の種 ひまわりのたね 向日葵のたね 280gを3袋セット

向日葵の種 ひまわりのたね 向日葵のたね 280gを3袋セット

雲南プーアル沱茶

雲南プーアル沱茶

(まつたけ マツタケ 松茸) FDマツタケ(30g)松茸

(まつたけ マツタケ 松茸) FDマツタケ(30g)松茸

業務用 松茸ホール(生冷凍)M  1kg 冷凍保存食品 冷凍食品 食材

業務用 松茸ホール(生冷凍)M 1kg 冷凍保存食品 冷凍食品 食材

松茸(カナダ・アメリカ産) 松茸10〜30本

松茸(カナダ・アメリカ産) 松茸10〜30本

広島県産コシヒカリ 無洗米 5kg

広島県産コシヒカリ 無洗米 5kg


○●高級香り米(ジャスミン米)タイ米 5kg

○●高級香り米(ジャスミン米)タイ米 5kg


<公式報告書>

各国便り「中国農村部における意図せざる環境保全」『かけはし』第94号、国際研修協力機構,4頁,2009年10月

各国便り「フィリピン」 『かけはし』第79号、国際研修協力機構,4頁,2007年4月

『アジア太平洋地域における人口・エネルギー・廃棄物 : アジア太平洋の地域コミュニティにおける個人経営体を重視した社会開発と環境保全 −科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書 ; 平成15-17年度』東海大学印刷業務課,105頁,2006年3月

万城目正雄・鳥飼行博共著『開発途上国からの研修生等受入れに伴う実態調査:技能実習生フォローアップ(第6回)調査報告書』国際研修協力機構,75頁,2003年3月

『開発途上国の草の根民活論 : 人口・家内工業・廃棄物を巡って−平成13・14年度科学研究費成果報告書』東海大学印刷業務課,135頁,2003年3月

鳥飼行博・成家克徳・三好敏夫・万城目正雄共著『開発途上国からの研修生等受入れに伴う実態調査:技能実習生フォローアップ(第5回)調査報告書』国際研修協力機構,82頁,2002年3月

高橋彰・鳥飼行博他3名2番目共著『外務省国別評価報告書 フィリピン共和国』外務省経済協力局評価室,91頁,1999年3月

Japanese Evaluation Team (TAKAHASHI,Akira,and Yukihiro TORIKAI et al.) Evaluation of the Japanese Development Assistance toward the Philippines. Ministry of Foreign Affairs, pp.1-48, 1998/09,外務省

文部科学省科学研究費を得た研究題目
1.アジア太平洋の地域コミュニティにおける個人経営体を重視した社会開発と環境保全(2005)基盤研究(C)2003-2005

2.開発途上国における個人経営体と草の根の環境ODA(2002)基盤研究(C)2001-2002

3.開発途上国における個人経営体に対する草の根の環境ODA(2003)基盤研究(C)1998

4.開発途上国の小規模産業における雇用吸収力と経済援助(1993)奨励研究(A)1993

5.開発途上国の小規模産業における個人経営体のもつ雇用吸収力と経済援助(1992)奨励研究(A)1992

6.開発途上国の諸産業における契約形態についての理論的・実証的研究(1989)東京大学・特別研究員PD

「政府開発援助 : その現状と問題点:日本と欧州連合の場合」東海大学紀要. 教養学部 28,311-320,1998 (東海大学出版会/東海大学

「地球環境問題の実態」東海大学紀要. 教養学部 28,1998 (東海大学出版会/東海大学)

「工業化戦略の有効性 : 貿易と国際分業をふまえて」
Effectiveness of Industrial Policies in Developing Economies
東海大学紀要. 教養学部 28,1998 (東海大学出版会/東海大学)

「環境政策と開発戦略に関する研究」東海大学紀要. 教養学部 26,337-342,19950000(ISSN 03892018) (東海大学出版会/東海大学)

「地球環境問題とその対策 : リサイクル,環境税,国際環境規格,環境ODA」
Economics for Sustainable Development
東海大学紀要. 教養学部 26,1995 (東海大学出版会/東海大学)

「資本進出と経済介入に関する一考察:日本の朝鮮経営,ODA,海外直接投資,コンディショナリティーの功罪を巡って」
The Capital Flow to Developing Countries and Japan's Commitment
(東海大学紀要. 教養学部 25,69-94,1994(東海大学出版会/東海大学)

「国際資本移動の構造と冷戦後の世界 : 資本供給国としての日本の役割」
The Structure of Capital Flow and The Post-Cold War : Japan's Role as a Capital Supplier
東海大学紀要. 教養学部 24,1993 (東海大学出版会/東海大学)

「政府開発援助と開発途上国の雇用メカニズム」
Official Development Assistance and the Job Creation Mechanism in LDCs
東海大学紀要. 教養学部 23,1992 (東海大学出版会/東海大学)

「契約選択の経済学 : フィリピンにおける漁業契約の内容とその選択」
Economics of Contract Choice : Contracts of the Small-scale Fishing in the Philippines
東海大学紀要. 教養学部 21,1990 (東海大学出版会/東海大学)



 ◆中国狩人北京経済技術開発区によれば、北京経済技術開発区(BDA)は、1992年に着工、1994年8月に北京市唯一の国家級の経済技術開発区として国務院に批准された。1999年1月、国家級の経済技術開発区及び国家高度技術産業区として優遇されることになった。

北京経済技術開発区のような経済技術開発区は、対外開放の国策の中で、1984年、輸出振興と外資誘致を目的に設置された沿海工業地区であり、1979年に設置された深圳、珠海、汕頭、廈門(アモイ/シーメン)の経済特区经济特区:Special Economic Zone)に準じる税制上の優遇措置などが認められている。つまり、経済技術開発区内の外資系ハイテク企業には、所得税率15%、輸出総額が総生産額の7割を超える企業に対してはさらに10%ポイントの軽減が認められる。ハイテク産業関連の原材料や部品の輸入には、許可証が不要で、関連設備の輸入関税も非課税、製品の輸出も非課税となる。

◆1980年に厦門が経済特別区に指定されて以来、開発区として、湄州島国家観光レジャー区、武夷山国家観光リゾート、東山経済技術開発区、福州経済技術開発区、廈門輸出加工区、福州輸出加工区などが設けられている。福州と厦門には、国家級のハイテク産業開発区(高新技術産業開発区)が設定されているのである。しかし、内陸部南靖県にはこんな山間部の村落がたくさんある。

 張貴民(2006)「北京市における土地利用の空間的変化とその景観分析」(張・菊地 8) によれば、北京は「都市化のため、都市近郊では大量の良質な農. 地が都市的土地利用に転用された。この地域の農地の保護が重要になり、基本農田保護区として指定されている。北京市街地に近づくにつれて、農業的土地利用の中に野菜栽培が目立つように なった」という。
 王府井ヨーカ堂(北京銀座のワンフーチン・ヨーカ堂)は、「この商品は、低農薬栽培に特化している小湯山農園と. パートナーを組んで、北京近郊で"安全・安心な野菜栽培"に取り組ん. でいる農家を組織化。小湯山農園に野菜を集荷して、これをパッケー. ジングし、店舗で販売するというものです」と安全健康な高級野菜を売り込んでいる。

コモンズ利用型放牧:伝統的で多角的牧畜は、キノコの採取など副業、家庭で使う燃料の薪を集める柴刈りと同時に行われる。つまり、金を稼ぐ労働・勤労と家族の仕事・家事労働が同一の空間・時間で行われる。換言すれば、「仕事」と「家庭」は両立している。開発途上国の社会開発を論じる場合、仕事、家族、家庭を総合してみることが重要である。

◆「粘土瓦」作成労働者の日当は15元(200円)で,三食付く。2006年9月当時、1元=14円で、 宿で一食頼めば(一人なら)5元。この食事で満腹になるが、家族の食費支出以外の出費も踏まえれば、十分な賃金とは言えず、貧困にあるといえる。

開発途上国の人口増加と都市化の進展に伴って、スラム人口 (Slum population)人口は増加傾向にあり、2007年時点で、10億人はスラム居住者であると推測され、国別では、中国1.7億人、インド1.1億人、パキスタン2750万人、インドネシア2680万人、フィリピン2390万人、ブラジル4570万人、メキシコ1180万人、ナイジェリア4530万人、スーダン1550万人などされる。

スラムの特徴として高失業率があげられるが、これは正確な表現ではない。なぜならスラム住民で、正規の工場労働者、サラリーマンはきわめて少なく、多くは自らが仕事を作り出している状況にあるからである。

スラム街の居住者を中心に貧困者が、少ない元手で自営的に零細な仕事を起こしているのが、都市インフォーマル部門である。具体的には、食品など材料を安く買って加工したり、小さな袋に分けたりして、露店で売る転売、路上で客を待つ靴磨きや荷物運び、商店やタクシーやバスの客引き、駐車する車の番人など、さまざまな職を自ら生み出している。この特徴は、小規模な元手で行う自営的サービス業という点であり、高失業率といった主に会社の正規雇用を念頭に置いた概念で図ることはできない。

 スラム街の特徴は、都市インフォーマル部門程度しか雇用機会を提供できないという貧困であるが、だからといって「犯罪や麻薬、アルコール依存症や自殺などが多発する」というのも誤解である。開発途上国でなくとも、非衛生的な環境であれば、病気、伝染病が蔓延するが、だからと言って、スラム住民が強盗や盗人に成り下がるということは言えない。

開発途上国のスラム居住者は、農村から押し出され、あるいは都市に惹きつけられた出稼ぎ者や移住者が多く、貧しいながらも貧困から抜け出そうと、都市インフォーマル部門において、厳しい低報酬の労働にいそしんでいる。また教育に熱心になる傾向も指摘できる。彼らは、農村という地域コミュニティを引き継いで、都市のスラムにあっても一定の自治的な秩序をもって生活している。環境の悪い町外れなどの未開発の地域に住み着いたとしても、住民相互には、暗黙の了解・契約があり「無秩序」ではない。

国立がんセンター(「喫煙と健康WHO指定研究協力センター)・たばこと健康問題NGO協議会・国立保健医療科学院(たばこ政策情報室)監訳
 「たばこへの依存は、障害、病気、生産力低下、死亡といった犠牲を最も強く受けている国々や地域をさらに荒廃させようとしている地球規模での流行病です。たばこ産業はいのちより利益を優先しています;将来の世代の健康より、自らの事業の拡大を優先しています;発展に向け苦悩している国々の持続可能な開発よりも、自らの経済的収入を優先しています。
 最近、たばこ会社は、20世紀によく用いられた「ライト」「マイルド」そして「低タール」たばこの、キャンペーンと新製品を作って拡大し続けています。最近、たばこ会社は、健康を心配している喫煙者を新製品は安全だというまぼろしを提供し、安心させようとしています。たばこ会社は、古くからの顧客、そして新たな顧客を、より健康そうな名前、フルーティな香り、あるいはより魅力的なパッケージで装った新製品を宣伝し、販売して、巧妙にごまかし続けています」

free counters




◆中国雲南省剣川県の古鎮から持続可能な開発を考える
1.中国雲南省(州都昆明市)の2010年のGDPは7220億元で全国24位、1人あたりGDPは1万5750元です。
2.雲南省でも都市1人当たり所得は平均1万5800元、農村1人当たり所得3750元と格差があります。そこで云南大理州剑川县の古鎮に、2004年9月に滞在調査した時の写真をもとに、フリーマーケットを解説します。

中国雲南省点描

 Agriculture of China

 
 





中国の交通機関

Transportation


バスターミナル
中国雲南省の世界遺産のある麗江バスターミナル。麗江市のバスターミナルから,山を超え,南下し4時間で剣川県(Jianchuan)に到着。ここは大理白族自治州の中心で,リス族,ナシ族など少数民族も隣接して居住する珍しい古鎮である。
中国雲南省剣川県

Jianchuan


石橋
2004年9月, 麗江市のバスターミナルから,4時間で剣川県(Jianchuan)に到着。集落内には、漢民族もいるが,住民の多くは白族(ベーツー)で、ほかにもリス族,ナシ族など少数民族も暮らしている。 剣川県の古鎮
 剣川県Jianchuan Countyの山に幾重にも囲まれた古鎮の定期市の朝。豚を解体して、荷車で市場に運搬。

 この剣川県の古鎮では、稲作のほかにも、タバコ生産、牧畜が行われている。三階建てくらいの塔が点在している。これはタバコの葉を乾燥させる煙草乾燥塔(たばこサイロ)。 日本では、米国産の葉煙草を乾燥させる場所のために「米(べい)葉」の意味で「ベーハ小屋」と呼ばれる。 剣川県の古鎮
剣川県の馬輸送の中継地点として栄えた古鎮。清代の戯台は大修理中のため,建築構造がよくわかる。
云南大理州剑川县、標高2000mの盆地の古鎮の周囲には、タバコ畑が広がっている。渓谷を中心にした盆地は,農地として利用されている。 剣川県の古鎮場
剣川県Jianchuan Countyの戯台のある広場を中心に「古城保護地区」に指定されている。しかし,麗江とは異なり,広場の周囲にも住宅が並ぶ。土産屋など観光施設はないかわりに,床屋。散髪料金は1人1元(14円)。


中国の定期市場

Tobacco field


市場
剣川県の古鎮の露店。週一回の市が立つが、その時は、普段は空いている公設市場もたくさんの店と客で溢れる。野菜、コメ、豚肉、雑貨が中心。写真中央では、袋に入れた刻みタバコ葉を販売している。定期市では、商業的生産目的のタバコ葉を売っているところはなかった。

雲南省剣川県の古鎮

Traditional Village


古鎮
中国南部剑川县(白族の言葉でyit-dut)。戯台のある広場を中心に「古城保護地区」に指定されている。しかし,麗江とは異なり,広場の周囲にも住宅が並ぶ。土産屋など観光施設はないかわりに,床屋。散髪料金は1人1元(14円)。
 雲南省剣川県の古鎮では、2004年9月、1週間民宿(客桟)に泊まって付近を調査した。 中心街
剣川県の古鎮の「古城保護地区」には,伝統的家屋がたくさん残っている。古鎮の城壁の周囲には,農地になっている。水路を流れる水を桶で汲んで作物にやる。 古鎮
雲南省剣川県地域コミュニティ

 剣川県(Jianchuan)の総人口は17.21万人,そのうち農業人口15.52万人,非農業人口1.69万人;白族人口が総人口の92﹪を占め,全国で白族人口比率が最高の県で“白族之郷”といわれる。

古鎮の寺院

Rice

寺
大理白族自治州剣川県の古い寺院。

壁画
雲南省剣川県(Jianchuan)古鎮。仏像の壁画の残る寺院。

古鎮の補修工事

Construction

補修
大理白族自治州
<草の根民活>

 従来まで,開発には民間大企業,国営企業,外資,政府の役割が強調され、個人経営体,家族無償労働,女子,地域コミュニティ,都市インフォーマル部門は、社会的弱者として,ソーシャルセイフティネットの対象として改善の対象とみなされてきた。しかし、開発の担い手に,中間所得層を当てるために,彼らを新たに持続可能な開発に参加する主体として認識すべきであろう。

 つまり,開発途上国にあっては,個人経営体,個人経営体に雇用される民間雇用者,家族無償労働が広範に存在しており,農業はもちろん,製造業やサービス業という産業部門にあっても重要な役割を担っている。そこで,企業やその下で雇用される民間雇用者(勤労者)だけではなく,彼らも開発と環境保全の担い手としての役割を認めるのである。

こめ
雲南省大理州剣川県の古鎮。清朝時代の古鎮石畳の道を手作業で改修,整備する。2日間で通りのこの部分は完了した。

茶馬古道の古鎮を訪ねて 雲南少数民族と大理・雲龍・蘭坪・麗江 7日間:「茶馬古道(ちゃばこどう)とは雲南省で取れたお茶(磚茶)をチベットの馬と交換したことから名付けられた交易路のこと。唐の時代にはすでに交易が始められ、20世紀中ごろが流通の絶頂期だったと言われています。雲南省南部からチベット 、ミャンマー 、ネパール、インド などへ抜ける幾つかのルートが存在します。
 主な交易品は雲南地域より塩、茶、銀製品、食料品、布製品、日用品など。チベット地域より毛織物、薬草、毛皮など。チベットを経由してインド・ネパールで生産されたの物資も雲南に届きました。」 大工
雲南省剣川県(Jianchuan)地域コミュニティ。馬の背中に米袋を載せて、定期市に運んできた。険しい山道では,依然として馬やロバが重要な役畜として、運搬をになっている。 補修
地域コミュニティ。清朝時代の戯台の整備。床板,柱,壁を張替える。材木は,ほとんど新しいものに取り替えられているが,透かし彫り,浮き彫り,壁画のデザインはそのまま引き継がれている。清朝時代の戯台の対面にある寺院の壁も張り替え中。次第に馬による運搬は減少しているようで,この定期市の立つ日,は2頭しか見かけることができなかった。
三合一照壁

 Weekly Market

建築
剣川県の古い伝統家屋。
古鎮の周辺の家並みも古く,「三合一照壁」が特徴。透かし彫り,浮き彫り,壁画などが残っている。

◆中国では、環境や景観を保全した都市計画として基本農田保護区が設定されている。元来、中国政府は耕地の保護を基本国策としており、基本本農田保護区を画定し、農業専用地として、非農業目的に転用を禁じている。これは、食糧の安全を確保する基盤整備ともいえる。

肉
 雲南省の剣川県の三合一照壁

◆雲南省剣川県では、粘土瓦レンガを焼いているだるま窯も、付近に8基見かけた。
 元朝末年に創建された大理剣川県沙溪寺登街は、観光名所でもあり、“三坊一照壁”、“四合五天井”式の大理ペー族伝統な民居がたくさんある。この屋根瓦を造っているのが、このような窯であり、地元の窯業である。 家
雲南省白族の伝統的家屋「三合一照壁」。白族の様式で,四方を壁に囲まれた二階建ての木造・レンガ造り。正面入り口は東向きで,西側に窓はない。

◆雲南省剣川県コモンズ利用型放牧の牛・ロバ牧畜。多角的農業として、牧畜を並行する有畜農業が行われている。家畜のエサは、エコフィード(残飯飼料)のほかに、共有地(コモンズ)の草を利用している。ローカルコモンズを活用した多角的牧畜コモンズ利用型放牧)は、低炭素社会、循環型社会、自然共生社会に通じる持続可能な開発の一形態である。  古鎮
大理白族自治州剣川県。朝9:00時ごろから徐々に販売し,昼近くが盛況。夕方15:00にはほぼ生肉は売り切れ。 
牛を一頭解体して次々に捌いてゆく。肉は1kg当たり7〜10,(140円)と日本の10%水準の低価格である。しかし,この農村の住民にとっては,日当の50%に相当する。 古鎮
剣川県の三合一照壁の中でも,特に由緒ある家は,楼閣もある。
 公設市場は,個人の立ち売りはいない。公設市場内部は商品ごとに区分され,コンクリート棚に肉,布団・毛布を並べたり,衣類を衣文掛けに吊るしたりして販売する。

 集落には農村家内工業労働者もいるが、地域コミュニティという地縁・血縁と雇用契約による賃金労働という就労が完全に分離しているわけではない。現代日本では「仕事」と「家族」という概念が完全に分離している。

 現代日本では「働く」という意味を、勤労サラリーマンという外仕事の意味で使用しているが、このような範囲に限定すれば、老人は、労働力を提供しない「老齢従属人口」として、扶養対象としてのみ認識されてしまう。高齢者を「狭い範囲の労働」の概念で理解しようとすれば、老人は「社会保障」の問題を引き起こす「厄介者」でしかない。日本での「高齢者への認識」は、開発途上国も含まれるグローバルな「少子高齢化問題」には応用できない場合が多い。
 例えば、柴刈りのようなバイオマスエネルギーの採取は立派な仕事で,家事労働の一環で行われている。   

アーチ橋

 Bridge


石橋
光緒帝時代に建設されたアーチ式の石橋。石橋の傍らには祠がある。
石橋
脂身天秤ばかりで計量して販売。1kg当たり7〜8元(60〜70円)。脂身は,調理用に重宝する。

2011年10月現在、剣川県委書記(县委书记)は、莽绍标氏、県委副書記(县委副书记)は、李劲松氏、赵喜旺氏、王跃氏。

 現代日本では「働く」という意味を、金を稼ぐ会社での勤労と同一視している。このような近視眼的な「仕事」や「労働」の概念では、開発途上国も含まれるグローバルな問題に対応できない。
  石橋
清朝時代の石造りのアーチ橋

スラム (Slum) とは、交通・エネルギー・衛生・教育などのインフラが不十分で、都市貧困層の暮らす居住区である。しかし、外見にもかかわらず、そこは、生半可な知識や偏見を抱いた識者が言うように「公共サービスが受けられない」のではないし、「荒廃状態にある状況」とは言い難い。開発途上国の大都市には、どこでもスラム街といっていい地区があるが、そこは貧しいけれども、住民が必死に苦労して生きている場所であり、草の根の民間活力の感じられる場所である。

。   祠
光緒帝時代に建設されたアーチ式石橋の傍らには祠がある。
新橋
雲南省のベーツー(白族)の住む集落郊外。田園地帯が広がっている。

  剑川县の住民の多くは、ベー族である。県内には,リス族ナシ族など少数民族も居住している。女性は、伝統的な服装をしている場合も多いが、男性の場合、服装の民族色は薄い。  石橋
 雲南省石橋の隣の橋梁は,1936年の国民党時代の建設になる。石橋の土台は,四角い石積みだが,中洲も石の大型基壇でできている。

   ◆華僑(かきょう)とは、中国、特に広東省、福建省を僑郷(華僑のふるさと)として、海外に移住した中国人を指す。現在、世界に2000万人いるとされるが、清朝時代、満州族の王朝・官僚に抵抗して亡命した中国人漢民族から、経済的な成功のチャンスを求めた中国人まで、移住の動機はさまざまである。

アヘン戦争後、列国の中国半植民地化の動きの中で、窮乏化たり、海外ビジネスのチャンスをつかもうとしたりした南部の中国人が多数、海外に移民した。「半封建・半植民地のもとで生活に窮した人々は、戦争や農民反乱の混乱から逃れて、大量に海外へと流出していった」「福建省の場合も、元代以降大規模移民が始まっている。もともと山がちで耕地が少なく、多くの人口を抱えていたという事情に加えて、自然災害の発生、海外貿易の発展といったことが、そうした大量移民を出現させる背景であった。」との華僑の解釈もある。

 しかし、筆者の研究では、華僑は、窮乏化した労働者の海外出稼ぎだけでなく、新たなビジネスチャンスを求めた積極的な海外渡航が契機になっていることも多く、その出身者も中間層以上の中国人も例外ではない。孫文の革命運動を支えた興中会、中国同盟会会員の中には多数の華僑があるが、彼らは富裕層ともいえる。また、中国辛亥革命後、華僑が海外送金や外国情報の提供、外交仲介で、国民政府を手助けした。

キノコの取引

 Life


きのこ
剣川県の古鎮のキノコ取引。 きのこ
剣川県の古鎮のキノコ取引。 きのこ
剣川県の古鎮のキノコ取引。松茸(ソンジュ)は1kg300元以上。ここからも日本に向け輸出されている。薪採取,放牧に山に行った人たちが,夕方になってから古鎮に売りに来る。松茸以外のキノコも豊富だが。その価格の30分の1以下。本場では安くておいしいキノコ料理だが、日本のキノコ料理は価格が全く異なる。 きのこ
剣川県の古鎮で、キノコ天秤はかりで量って売る白族の女性。松茸を試食するために買い取った。

縄ない
剣川県の古鎮で縄を綯う白族の女性。

トラック
剣川県の古鎮。街には,自家用乗用車はまず見かけない。小型バスやこのようなトラクターエンジンを装着した小型改造トラックが主な交通機関となっている。

うどん
剣川県の古鎮。清朝時代まで、雲南省の産物を運び出す通商ルートだったため、現在でもアーチ式石橋など古い建築物が残っている。朝食はウドン1品で2元,夕食は10元(140円)。 夕食
剣川県の古鎮。民宿で出してもらった夕食。キノコ,松茸は炒めて食べる。肉は1kg8元程度で買ってきたもの。
東海大学

 Tokai University

祭礼
剣川県の古鎮の、清朝時代以前に創建された寺院の祭礼に出席した。この時、楼閣の二階(二楼)の長老席で,食事に預かった。既に、正午をはるかに過ぎ、このときには大半の参拝客は食事を早々に終えて,引き上げている。一番最後に偉い男性客に対して、食事が振舞われる。つまり,一番ゆっくり食事を頂けるのが,二の長老席である。2004年9月、剣川県農村に1週間滞在して、タバコ農家、入会の牧草利用、里山など山村生活のフィールド調査を行った。

当研究室へのご訪問ありがとうございます。論文,データ,写真等を引用する際は,URLなど出所を記載してください。ご意見,ご質問をお寄せ下さる時には,ご氏名,ご所属,ご連絡先を明記してください。
連絡先: torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 
東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程
鳥飼 行博 TORIKAI Yukihiro
HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka
Kanagawa,Japan259-1292
東海大への行き方|How to go
Thank you for visiting my web site. The online information includes research papers, over 8000 photographs and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.
Copyright © 2011 Torikai Yukihiro, Japan. All Rights Reserved.