Search the TorikaiLab Network

Googleサイト内




◆雲南省剣川県の宗教・伝統行事から持続可能な開発を考える
1.【地球温暖化】【熱帯林減少】【生物多様性】【国際協力】【人口問題】を、現地調査も踏まえて研究してきました。
2.中国雲南省(州都昆明市)の2010年のGDPは7220億元で全国24位、1人あたりGDPは1万5750元です。
3.雲南省でも都市1人当たり所得は平均1万5800元、農村1人当たり所得3750元と格差があります。そこで云南大理州剑川县の山村に、2004年9月に滞在調査した時の写真をもとに、白族の祭礼を写真解説します。

中国雲南省点描

 Yunnan China

 
 






宗教

 Religion


ほとけ
剣川県関帝廟回廊の関聖帝君(かんせいていくん)。 壁画
剣川県雲南省漢族・白族民間信 壁画
 剣川県。龍と虎が対面式でついになっている。ここに埋め込んである石碑は,清代光緒帝時代のものと1950年代のものの二つがあり,「重復」,すなわち修復記念のためのもの。寄付した人の姓名,出身集落,金額が書かれていた。

雲南省剣川県・白族の宗教祭礼

 Jianchuan County


石橋
清朝時代に作られた石アーチ橋
 剑川县は、山に囲まれ,渓谷を中心にした盆地は,農地として利用されている。集落内には、漢民族もいるが,住民の多くは白族(ベーツー)で、ほかにもリス族,ナシ族など少数民族も隣接してすむ珍しい地域である。

石橋
 剑川县(白族の言葉でyit-dut)古鎮の清朝末期光緒帝時代に作られた石橋。朝9:00ごろ,皆が石橋を超えて,同じ方向に歩いていくので何かある-----と。 牧畜剣川県(Jianchuan)にあるこの村は、盆地に位置していて、稲作地、タバコ畑が広がっているが、ローカルコモンズを活用した牧畜(コモンズ利用型放牧)も盛んである。このれは、低炭素社会、循環型社会、自然共生社会に通じる持続可能な開発の一形態である。 寺
中国南部の農村部では、このような広々としたローカルコモンズを活用して、コモンズ利用型放牧が行われる。ここ雲南省剣川県の山村では、2004年9月、1週間民宿(客桟)に泊まって付近を調査した。 寺
牧畜では、牛の放牧が中心だが,馬,ロバ,ヤギ,水牛を飼育するコモンズ利用型放牧も行われる
 日本でも、同じような取り組みが行政によってはじめられている。山口県畜産試験場放牧管理グループが名づけた「山口型放牧」とは、妊娠中の和牛を簡単な電気牧柵で囲んだ耕作放棄地などに放して、雑草や下草を食べてもらう放牧であり、「いつでも、どこでも、だれでも」簡単にできる放牧の技術であるという。
 隣村まで歩いても15分だが,例祭とあって「三輪タクシー」に仲間で乗ってくるお婆さんたちもいる。乗車時間7分で1人1元。隣町は山の傾斜地に集落があり,渓谷を中心とした盆地には,農地が広がる。幾重にも重なる山並みの谷間に,水田やタバコ畑が見える。

寺
雲南省剣川県(Jianchuan)寺院
 剣川県(Jianchuan)の総人口は17.21万人,そのうち農業人口15.52万人,非農業人口1.69万人;白族人口が総人口の92﹪を占め,全国で白族人口比率が最高の県で“白族之郷”といわれる。

 集落には農村家内工業労働者もいるが、みんなが同じ傾斜地や道脇の草を利用するコモンズ利用型放牧の姿は、懐かしくもあり、仲間の団らんのように見えてしまう。これは、地域コミュニティという地縁・血縁と賃金労働という就労が分離できない状況を反映している。現代日本では「仕事」と「家族」という概念が完全に分離している。 寺
剣川県における宗教建築物。 寺

この村ではコモンズ利用型放牧牧畜が行われ、キノコの採取など副業、家庭で使う燃料の薪を集める柴刈りが行われる。つまり、金を稼ぐ労働・勤労と家族の仕事・家事労働が同一の空間・時間で行われる。換言すれば、「仕事」と「家庭」は両立している。開発途上国の社会開発を論じる場合、仕事、家族、家庭を総合してみることが重要である。

この集落で行われる「粘土瓦」作成労働者の日当は15元(200円)で,三食付く。2006年9月当時、1元=14円で、 宿で一食頼めば(一人なら)5元。この食事で満腹になるが、家族の食費支出以外の出費も踏まえれば、十分な賃金とは言えず、貧困にあるといえる。

寺
雲南省剣川県の宗教建築物。

2011年10月現在、剣川県委書記(县委书记)は、莽绍标氏、県委副書記(县委副书记)は、李劲松氏、赵喜旺氏、王跃氏。

 現代日本では「働く」という意味を、金を稼ぐ会社での勤労と同一視している。このような近視眼的な「仕事」や「労働」の概念では、開発途上国も含まれるグローバルな問題に対応できない。
 残飯利用のエコフィード(残飯飼料)作りも立派な仕事なはず。 寺
四方を壁で囲まれた寺院。住居と同じく「三合一照壁」で四方を囲む形式の寺院。

 現代日本では「働く」という意味を、勤労サラリーマンという外仕事の意味で使用しているが、このような範囲に限定すれば、老人は、労働力を提供しない「老齢従属人口」として、扶養対象としてのみ認識されてしまう。高齢者を「狭い範囲の労働」の概念で理解しようとすれば、老人は「社会保障」の問題を引き起こす「厄介者」でしかない。日本での「高齢者への認識」は、開発途上国も含まれるグローバルな「少子高齢化問題」には応用できない場合が多い。
 例えば、柴刈りのようなバイオマスエネルギーの採取は立派な仕事で,家事労働の一環で行われている。


寺
剣川県の寺院。 寺
剣川県の放牧。夕方16:00過ぎになると,牛を連れて放牧に出て行った人たちが,次々と村に帰ってくる。住民の多くはベー族で,ほかにもリス族ナシ族など少数民族も隣接して居住している。
代筆屋

 Ghost-writing?


記名
代筆
剣川県の宗教祭礼で姓名の読み上げをするが、その代筆をしている。 代筆
巻物に漢字で氏名を記帳している。ベー族の年配者には,自分の名前が漢字で書けない人も多い。インテリのおじさんが有料で代筆している。この巻物を例祭の最後に寺男が読み上げ,仏様に報告する。
民宿(客桟)から何日か通って作業の様子を撮影したり、聞き取り調査を行ったりして、労働者のみなさんにも顔なじみになって、協力していただいた。
食事準備

 Meal preparation


調理
例祭の最後に振舞う食事の支度。朝からずっと支度をして,15:00ごろにやっと食事。 調理
白族の料理をいただいた。
  調理
剣川県の寺院における祭礼で食事の準備。 配膳
途中でお茶と甘い水のサービスがあった。居合わせた人たち全員に配っていた。 配膳
例祭の最後に振舞う食事の支度。朝からずっと支度をして,15:00ごろにやっと食事。

◆国際協力の分野では、1980年代以降開発途上国の女性の地位向上に着目した「開発と女性(WID)」、「ジェンダーと開発(GAD)」というアプローチがある。

WIDは、女子を家事・育児以外にも、生産活動における役割を重視するもので、従来の女子の生産活動が過小評価され、女子が開発プロジェクトから疎外されてきたとした。そこで、女子を単なる受益者として一方的に捉えるのではなく、人的資源として活用するために、開発に統合すべきであるとした。 

◆「ジェンダーと開発GAD」は、ジェンダー不平等の要因を、女性と男性の関係と社会構造の中で把握し、役割固定化と役割分担、ジェンダー格差を生み出す仕組みを変えることを目指す。換言すれば、GADは、ジェンダー不平等を解消するうえでの男性の役割に注目し、社会・経済的に不利な立場におかれた女子のエンパワーメントを促進する政策である。  
小さな祠

 Shrine


小寺院
剣川県の寺院。 小寺院
大きな寺院の裏手,上方に小さな寺院がある。ここは御参りするときだけ,門を開けてくれる。 小寺院
小寺院
小寺院
コンクリートの塑像がいくつも並んでいる。決して古いものではないようだが,古いものだけを有難がる必要はない。 小寺院
小寺院
小寺院
小寺院
小寺院
綺麗なお菓子を仏様に捧げてから,皆で食べる。油で揚げたお菓子を美味しくいただいた。 小寺院
拝礼

 Worship


拝礼
  拝礼
銅鑼を鳴らし,鐘を鳴らしながら四方に安置してあるお経を唱え,仏に祈りを捧げる。 拝礼
拝礼
姓名読み上げ

 Say name


読み上げ
読み上げ
食事会

 Mess


食事会
16時近くなってやっと,私も皆も楽しみにしていた食事が振舞われた。 食事
初めて訪れた日本人にも分け隔てなく席を用意し食事を振る舞ってくれた。後に『一遍上人絵伝』で時衆の一団が、上層市民、住民、僧侶、貧困者、ハンセン病患者、障害者に施しをしている図を見て、受けた側、施す側のコミュニケーションの感覚が思われた。 食事
反日、ここにいて、祭礼の様子を見ていたが、地域コミュニティ、中国人、少数民族の社会性と信仰を窺うことができた。 食事
食事
私も二階(二楼)の長老席で,食事に預かった。偉い男の人はここで,一番最後に食事が振舞われる。既にこのときには大半の参拝客は食事を早々に終えて,引き上げている。つまり,一番ゆっくり頂けるのが,二楼の長老席だ。
食事会
16時近くなってやっと食事が振舞われた。この集落の住民はベー族だが、お参りに来ている人たちの半数以上は、集落以外の人たちであり、徒歩45分〜1時間かかる集落からやってくる。

食事
剣川県民宿の食事。食材として、市場で肉、キノコを購入して地元の料理を作っていただいた。
東海大学

 Tokai University

食事会
2004年9月、剣川県農村に1週間滞在して、牧畜、ローカルコモンズなど山村生活のフィールド調査を行った際、宗教祭礼が行われた。そこで、それに参加し、地域コミュニティの中における信頼関係、絆を体感することができた。市場経済といっても、売り手と買い手との間に何らかのコミュニケーションは必要であり、その一つが宗教祭礼であると考える。

当研究室へのご訪問ありがとうございます。当サイトには,2011年11月8日以来Counter名の訪問者があります。論文,データ,写真等を引用する際は,URLなど出所を明記してください。ご意見,ご質問をお寄せ下さる時には,ご氏名,ご所属,ご連絡先を明記してくださいますようお願い申し上げます。
連絡先: torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 
東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程
鳥飼 行博 TORIKAI Yukihiro
HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka
Kanagawa,Japan259-1292
東海大への行き方|How to go
 

Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 2000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.
Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2004/2013. All Rights Reserved.