Search the TorikaiLab Network

google サイト内


日本優生学のハンセン病患者差別・断種・隔離:Discrimination against Lepers

キリスト教聖書のハンセン病患者差別と救済

ナチス精神障害者抹殺T4作戦

ナチスのジプシー(シンティ・ロマ)迫害

ナチス優生学と障害者・人種民族迫害

◆多様な文化や価値観を持った人々の共生が,持続可能な平和を構築するのに必要であり、多民族・多人種の共生の視点が重要になってきた。この概念は、人種民族差別,特定グループの迫害,優生学とは,真っ向から対立する。つまり,戦争と平和の問題は,サステイナビリティー(持続可能性)の議論と重なり合う部分が多い。この複合的な分野を扱う学問が環境平和学である。

◆日東亜鉛メッキ川崎工場:東海大学鳥飼ゼミ研修港
1.東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程鳥飼行博研究室では、2014年7月19日、川崎市水江町にある、1959年創立の日東亜鉛株式会社(NITTO GALVANIZING CO., LTD.)を訪問しました。
2.鳥飼行博担当授業ゼミナール卒論作成の学生は、神奈川県川崎市のエコタウン事業、循環型社会の形成の観点から、金属の耐用年数を増すメッキと廃棄物処理の技術、環境経営を学びました。
3.鳥飼研究室では、社会の共生インクルージョン(inclusion)と並んで、企業クラスターを活かした「環境共生型街づくり」を検討しています。

鳥飼ゼミ国内研修

Our Field Survey


 

川崎市水江町の日東亜鉛

Kawasaki


列車
神奈川県川崎市川崎区水江町に臨海バスで到着した東海大学教養学部鳥飼ゼミの学生たち。

東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程の鳥飼行博ゼミでは開発と環境の経済学をベースに、?貧困解消、?人間開発、?平和人権の確立、?環境保全、といった環境平和学を研究している。 列車運搬袋
JX日鉱日石エネルギー川崎製造所は、1970年(昭和45年)2月 浮島地区に第1エチレン製造装置(当時の浮島石油化学(株)装置)を、1991年(平成3年)4月 浮島地区にCPX製造装置を完成させた。
浮島町・小島町エリア(川崎区浮島町・小島町)には、東燃化学、東燃ゼネラル石油、日本触媒、JX日鉱日石エネルギー、旭化成ケミカルズ、根本造船所、日本合成アルコール、日新瓦斯、セントラル硝子、 日本ポリエース、大王製紙、花王、東芝の工場がある。 ゲート
JR川崎駅東口から 「臨港バス」に乗り、「煮立ち造船前」下車 (乗車時間は約30分) 。エコタウンは、通産省(現・経済産業省)と厚生省(現在は環境省所管)が1997年に創設、環境・リサイクル産業育成と地域活性化を目的とした事業。その目的は、
?個々の地域における、これまでの産業蓄積を生かした、環境産業の振興を通じた地域活性化、
?地域における資源循環型社会の構築を目指した、産業、公共部門、消費者を包含した総合的な環境調和型システムの構築
 地方公共団体がエコタウン計画を作成し、国から承認を得るとリサイクル施設の整備に補助金が助成される。

◆人間環境学科鳥飼行博ゼミの日本・中国・タイの学生は、2014年の国内研修・フィールド調査として、国立ハンセン病療養所多摩上流水再生センター川崎エコタウン事業を訪問。日東亜鉛のアルミメッキ工場も案内していただいた。

京浜工業地帯

 Industrial Estate


準備
神奈川県川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場は、従業員、男性75名、女性5名、協力会社35名、合計115名。
川崎環境局施設部浮島処理センターがある。川崎ゼロ・エミッション工業団地、川崎市のエコタウン構想に連なるのが、浮島にあるかわさきエコ暮らし未来館、浮島処理センター、浮島太陽光発電所である。 ヘルメット
川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場は、115名、工場用地 1万5,285平方メートル。
浮島にある産業道路鳥飼行博ゼミの日本・中国・タイの学生は、かわさきエコ暮らし未来館、浮島処理センター、浮島メガソーラーを訪問した。 工場外
川崎市川崎区の工業団地(京浜工場地帯)に1万5,285平方メートルの敷地で、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを持つ。
川崎市水江町

 Kawasaki Mizue


工場外2
川崎市川崎区の日東亜鉛は、京浜工場地帯の中心地、川崎市に15,285平米の敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。めっき加工能力:5,000t/月。 工場3
神奈川川崎市川崎区の日東亜鉛のwebsiteには「私たち日東亜鉛株式会社は、昭和34年に創立以来、また前身の小幡亜鉛鍍金(大正13年創業)から現在に至るまで90年近く、鋼管分野、建築分野や土木分野をはじめとして、お客様のニーズに対応した数多くの溶融亜鉛めっき製品を提供してまいりました。」とある。

工場レイアウト
神奈川県川崎市の日東亜鉛川崎工場。近くのJX日鉱日石エネルギー株式会社川崎製造所では、石油化学製品を精製、製造している。
川崎区水江町の日東亜鉛は、京浜工場地帯の中心地、川崎市に15,285平方メートルの敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。めっき加工能力:5,000t/月。ゼロエミッション工業団地が近くにある。 工場内部1
日東亜鉛は、京浜工場地帯の中心地、川崎市に15,285平方メートルの敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。

クレーン
JR川崎駅東口から「臨港バス」に乗り、「日立造船」下車 。川崎区水江町は、東亜港湾工業(株) によって、1935から1936年(昭和10年から昭和11年)に造成され、34万平方メートルある。

JX日鉱日石エネルギー(株)扇島風力発電所電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法(RPS法)(2012年「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」制定以前に建設された。2009年9月着工、2011年2月完成、同年3月運転開始。製造元日本製鋼所(工事:清水建設)、定格出力1,990kW(風力発電設備1基)、発電量300万kWh/年、風車高さ123m(タワー部分 。 説明
日東亜鉛のwebsiteには「溶融亜鉛めっきの歴史は、日東亜鉛の歴史。私たちは、そんな誇りを胸に、専業メーカーとして、限りある地球資源の有効活用のできる省資源技術として、現代社会に必要不可欠な「鉄」をさびから守り、暮らしのあらゆる場面に安心・安全をお届けすることを使命として邁進してまいりました。これからも常に変化を先取りしながら、お客様のニーズをひとつひとつ大切にし、満足いただける仕事を積み重ね、「ありがとう」を言っていただくことを喜びに信頼される企業であり続けたいと考えます」とある。
鉄筋つりさげ
神奈川県川崎市の1970年代に造成された埋立て地にある日東亜鉛の保有する亜鉛めっき釜は、7.9m×1.8m×1.8mある。
川崎市日東亜鉛

 NITTO GALVANIZING CO., LTD.


メッキ容器
神奈川県 の日東亜鉛は、京浜工場地帯の中心地、川崎市に15,285m?の敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。

 川崎エコタウン事業「環境調和型まちづくり構想事業」の対象は、川崎市臨海部で、JR東海道線以南のほぼ川崎区全域である。東海道線から産業道路までの「既成市街地」、産業道路から内奥運河までの「臨海第一層」、浮島町・千鳥町・水江町・扇町などの「臨海第二層」、東扇島、扇島・浮島町先の埋立地からなる「臨海部第三層」の4地区がある。環境調和型まちづくり構想事業は、第一層から第三層までを主な対象エリアとしている。 メッキ容器真上
神奈川県川崎市の日東亜鉛は、京浜工場地帯の中心地、川崎市に15,285m?の敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。鳥飼行博ゼミは、川崎ゼロエミッション工業団地も訪問している。 沈む鉄骨
日東亜鉛NITTO GALVANIZING CO., LTD.は、京浜工場地帯の中心地、川崎市に15,285m?の敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。 クレーン鉄骨
神奈川県川崎市日東亜鉛は、京浜工場地帯の中心地、川崎市に15,285m?の敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。訪問した鳥飼行博ゼミの学生。 パイプ
日東亜鉛NITTO GALVANIZING CO., LTD.は、京浜工場地帯の中心地、川崎市に15,285m?の敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。 かわさきエコ暮らし未来館ではリサイクル、エコタウン、ゼロエミッション構想について説明を受けた。
容器並び
日東亜鉛の住所は、〒210-0866  神奈川県川崎市川崎区水江町4番3号 TEL:044(266)7881(代表)、FAX:044(288)4040。
かわさきエコ暮らし未来館では、川崎エコタウン、すなわち臨海地区の製造業が中核となって、環境負荷を低減し、持続可能な社会をめざす「街づくり」を学んだ。川崎エコタウンの対象は、産業道路から南の埋め立て造成地であり、住宅や商業施設はなく、工業団地として利用されてている。川崎エコタウンの特徴は、企業クラスターを生かして、廃棄物・副産物を有効利用したゼロエミッション構想で、1997年、通商産業省(現在の経済産業省)からエコタウン事業として、第一号の認定を受けた。現在、エコタウンは全国に26地域ある。
 1960年代、デンマークの小都市カルンボー(Kalundborg)でエコタウン事業が、カルンボー産業シンバイオシスKalundborg Symbiosis)として始まった。これは、当初、地元4企業が自治体とも協力し、工場内・地域内の余熱エネルギー、副産物、廃棄物の再利用・リサイクルを推進することを目指していた。
現在、カルンボー産業シンバイオシスに参加する企業は、?デンマークの アスネス石炭火力発電所、? ジプロック社(石膏ボード製造)、? ノボノルディスク社(製薬会社)、? A・Sバイオテクニスクヨードレンス(土壌改善)、? スタットオイル精油所、 ? カルンボー市役所これは、商業ペースでの取引であった。そこで、 ゼロエミッション工業団地にあっても、採算性を考慮した環境調和型街づくりを目指している。 鉄骨入れる川崎市日東亜鉛NITTO GALVANIZING CO., LTD.は、京浜工場地帯の中心地、川崎市に15,285m?の敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。鳥飼行博ゼミの学生は、専門家からリサイクルの説明も受けた。 容器真上
日東亜鉛は、京浜工場地帯の中心地、川崎市に15,285m?の敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。川崎ゼロ・エミッション工業団地 (企業専用地5.4万平方メートル、道路1万平方メートル、緑地1.4万平方メートル)の周辺の工場も、環境経営に配慮している。説明を拝聴する東海大学HK鳥飼行博ゼミの学生。 鉄骨移動
神奈川県川崎市の日東亜鉛NITTO GALVANIZING CO., LTD.は、京浜工場地帯の中心地、川崎市に15,285m?の敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。 説明
神奈川県川崎市の日東亜鉛は、京浜工場地帯の中心地、川崎市に15,285m?の敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。東海大学鳥飼行博ゼミの学生たちが工場を見学した。 鉄入れ1
神奈川県の日東亜鉛川崎工場。溶融亜鉛めっきは、亜鉛によって鉄の表面に皮膜を作り、鉄の表面が化学反応を起こさないように空気との接触を遮断することによって、さびから「鉄」を守る技術。他の表面処理法では得られない高い防食効果があり、「鉄」に対する最も優れた防錆法と評価されている。
川崎市経済労働局国際経済推進室かわさき環境ショーウィンドウ・モデル事業」では、環境技術の情報発信とショーウィンドウ化により省エネ・創エネ技術の導入を促進することを目的に、省エネ・創エネに取組む市内の事業者から省エネ、創エネ効果が発揮でき、市民にアピール性のあるアイデアを募集している。「モデル事業」に採択されたアイデアには総額1,200万円の市内での事業展開助成がなされる。 引き揚げ1
神奈川県川崎市の日東亜鉛NITTO GALVANIZING CO., LTD.は、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。

神奈川県川崎市川崎ゼロ・エミッション工業団地は、環境負荷の低減に向けて産業クラスターを活かして異業種間で連携して排出物の再資源化、エネルギーの有効利用を進めている資源循環型工業団地。産業クラスターとは、マイケル・E・ポーターが提示した概念で、特定分野における関連企業、専門性の企業、関連機関(大学や業界団体、自治体)が地理的に集中し、競争しつつ同時に協力している集積状態を指す。 引き揚げ2溶融亜鉛めっきとは、高温で溶かした亜鉛に鋼材を浸し、表面に亜鉛皮膜を形成し、鋼材を錆びや腐食から守る技術である。塗装や電気めっきとは異なり、亜鉛と鉄から形成される「合金層」により、亜鉛と鉄が強く金属結合しており、めっきは長期間経過しても剥がれない。  
つりさげ
溶融亜鉛めっきの防食機能には、「保護皮膜作用」と「犠牲防食作用」という2つの特徴がある。 パイプ真上
「保護皮膜作用」は、亜鉛めっきの表面に空気や水を通しにくい亜鉛の酸化皮膜を形成し、錆が発生しないようにする作用。 二つ入れる
「犠牲防食作用」は、亜鉛めっきに、キズが生じ、素地の鉄が露出した場合でも、キズの周囲の亜鉛が鉄より先に溶解し、電気化学的に保護して、鉄を腐食させない作用。 解説
<溶解メッキの工程>
1  脱脂:めっき素材を、加温した苛性ソーダ水溶液に漬けて、表面に付着する油脂類など汚れを除去るす。
2  水洗:素材表面に付着している脱脂液を洗浄する。
3  酸洗:めっき素材を塩酸または硫酸水溶液に漬けて、表面の錆などの酸化物を除去し、鉄素地を露出させる。
4  水洗:素地表面に付着している酸洗液を洗浄する。
5  フラックス処理:酸洗後の錆の発生を抑え、鉄と亜鉛の合金反応を促進させるため、加熱した塩化亜鉛アンモニウム水溶液(フラックス)に漬けて、素地表面にフラックス皮膜を形成させる。
6  乾燥:亜鉛の飛散(スプラッシュ)を抑えるために乾燥させる。
7  めっき:めっき素材を、溶融した亜鉛浴の中に漬けてめっき皮膜を形成。
8  冷却:めっきされた製品を温水で冷却し、鉄と亜鉛の合金層の成長を抑える。
つりさげ端
川崎市の日東亜鉛。亜鉛めっきの歴史は、く1742年にフランスの化学者Melouinによってその方法が発表され、1836年フランス人Sorelが特許を取得。パリにおいて世界で初めて工業化された技術で、その後、イギリス、ドイツ、オーストリアとヨーロッパ各地に亜鉛めっき工場が建設された。 置き場
神奈川県川崎市の日東亜鉛NITTO GALVANIZING CO., LTD.。日本の亜鉛めっきは、1877年(明治10年)頃に長崎で試験的にはじめられたと言われており、1908年(明治41年)には、日本で最初の構造物の溶融亜鉛めっきが大阪で工業化された。 作業員2人
神奈川県川崎市の日東亜鉛は、川崎市の15,285m?の敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。 亜鉛めっき皮膜には<br>1.保護皮膜作用:鉄素地の上に密着性の良い連続した亜鉛皮膜を作り、外部の腐食環境から鉄を遮断する遮閉帯としての作用を果たす。 空気や水を通しにくく安定した性質を持たせた。
2.犠牲防食作用:犠牲防食作用亜鉛皮膜が欠損して鉄素地が露出しても、その周囲の亜鉛が「鉄より先に溶け出して」電気化学的に保護するため、鉄をさびから守る。 塗装皮膜またはクロム、ニッケル、錫などの金属皮膜にはこのような作用はない。 看板
神奈川県の日東亜鉛は、川崎市の15,285m?の敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。 ガラスのアルミ
川崎市の日東亜鉛NITTO GALVANIZING CO., LTD.は、川崎市の15,285m?の敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。
ごみ資源化施設

Recycled Paper Products


溶液
神奈川県川崎市の日東亜鉛は、川崎市の15,285m?の敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。 処理設備
川崎市の日東亜鉛は、川崎市の15,285m?の敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。 待機
川崎市の日東亜鉛は、川崎市の15,285m?の敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。 小型つりさげ
日東亜鉛の「めっきする製品を製作する上での注意点」には次のようにある。
「製品が歪んでしまった」「溶接部が割れてしまった」「亜鉛が溜まってしまった」などなど、めっき後に問題を発生させないために、そして、お預かりした製品をきれいにめっきするためにも、以下の点にご留意いただき、ご不明な点はお気軽にご相談ください。
(1)溶接方法:スラグはつり溶接による(スラブ,スパッタ)は酸洗で除去できず不めっきの原因となるのでハンマ、ワイヤブラシなどで取り除くことが必要になります。 溶接には炭素ガスアーク溶接、イナートガスアーク溶接などが適しています。
ごみ資源化施設内部

Recycled Paper Products


ガラス越し
川崎市の日東亜鉛NITTO GALVANIZING CO., LTD.は、川崎市の15,285m?の敷地に、大型めっき槽、パイプ専用めっき槽など3つの生産ラインを保有。鋼管、建築用鉄筋、大型構造物から小物金属部品までめっきしている。 パイプ
日東亜鉛の「めっきする製品を製作する上での注意点」には次のようにある。
「製品が歪んでしまった」「溶接部が割れてしまった」「亜鉛が溜まってしまった」などなど、めっき後に問題を発生させないために、そして、お預かりした製品をきれいにめっきするためにも、以下の点にご留意いただき、ご不明な点はお気軽にご相談ください。
(1)溶接方法:スラグはつり溶接による(スラブ,スパッタ)は酸洗で除去できず不めっきの原因となるのでハンマ、ワイヤブラシなどで取り除くことが必要になります。 溶接には炭素ガスアーク溶接、イナートガスアーク溶接などが適しています。 溶液パイプ
川崎市の日東亜鉛。
a)パイプ加工:パイプ加工品やタンクボイラーなどの中空体製品は、密閉部分によって起こる浮力のためめっき操作が困難になります。また空気の残留水分により高圧になり爆発の危険があり、めっき素材としては不適当です。密閉箇所ができないよう、また空気や亜鉛  の流入流出が容易になるよう、両端部またはコーナーに充分な孔が必要であります。
最終仕分け作業

Paper making process

工場はじ
神奈川県川崎市の日東亜鉛NITTO GALVANIZING CO., LTD.
b)形鋼加工品: 形鋼加工品は補強材との組合せにより局部的に袋状になる個所ができますので、処理工程で空気がたまりめっきでなかったり、また、亜鉛がたまったりしますので、必ず スカラップを設けることが必要になります。 溶液2種
日東亜鉛川崎工場
c)はり合わせ: 全周溶接する場合は密閉状態のため溶接部に亀裂またははり合わせ面のフクレが発生することがあります。断続溶接の場合は、前処理液の侵入により不めっきになったり 錆汁のしみ出しが発生することがあります。いずれにせよ、製作時にはり合わせ部の鋼材表面の汚れ、サビ等を除去し、密着度を上げてはり合わせておく事が重要です。  肉厚、形状の異なる素材をはり合わせると歪が発生しやすくなりますので、溶接方法を十分に考慮する必要があります。とくに鉄板を張った長尺構造品は上ぞりすることがありますので、あらかじめキャンバーをとっておくか、または骨材とは別体でめっきとしてあとで接合するなどの措置が必要となります。
浮島資源化処理施設

Paper Recycling

作業員
神奈川県の日東亜鉛NITTO GALVANIZING CO., LTD.川崎工場。めっきの中でも耐久性、経済性に優れているのが、溶融亜鉛めっきである。日東亜鉛で、溶融亜鉛めっきの工程を開設していただいた。ここでは、大きな建設用鉄骨、鋼管から細かい作業が必要となる小物製品までメッキしている。 パイプ引取り
川崎市の日東亜鉛の鋼管めっきの作業。
 鉄の表面に亜鉛を被覆する溶融亜鉛めっきには、次のような利点がある。
 1. 耐食性が優秀である。 亜鉛の表面に生じる生成物により、耐食性がある。耐食性は大気中、水中・土中・コンクリート中においても発揮される。
2. 剥離しにくいめっきである。 めっき皮膜としては鉄素地との密着性が高く、鉄と亜鉛の合金層ができる。そこで、衝撃・摩擦などによって剥離することがない。
3. 犠牲防食作用がある。めっきした表面に損傷があり、亜鉛皮膜がはげて鉄が一部露出しても、周囲の亜鉛が露出部を保護する作用がある。
4. 素材の大小に拘わらずめっきが可能。釘のような小物から、1個1トンに及ぶ大きな鉄骨まで、めっき槽に浸漬できる鉄製品はすべてめっき可能。
5. 形状に拘わらずめっきが可能。 溶融亜鉛を使用するめっきは、パイプの内側、小さな穴など、空間があれば細かい部分までめっきが可能。中空体や細長い曲管のようなものでも、溶けた亜鉛が出入りすることができれば、均一にめっきできる。 クレーン
川崎市川崎区浮島町にある日東亜鉛
d)コラム(ダイヤフラム部): ボックス形状品でダイヤフラム、縦リブ、横リブのある場合は、特に空気溜まりによる不めっきや亜鉛溜まりを無くすために適正なスカラップを設ける必要があります。溶融亜鉛めっき浴への浸漬及び引上げは、部材の変形やめっき外観、主にやけに大きく影響しますので、出来るだけダイヤフラムのスカラップ面積を大きくとり、亜鉛の流入流出を良くすることが必要であります。パイプやボックス形状の製品でベースプレートがついている場合は、両端が管の内径に等しくあいているのが、めっき後の外観品質上最もよいのであります。
手選別作業

Selection

クレーンパイプ作業
神奈川県の日東亜鉛川崎工場。川崎区水江町は、東亜港湾工業(株) によって、1935から1936年(昭和10年から昭和11年)に造成され、34万平方メートルある。
e)ボルト・ナット: 通常のボルト・ナットはめっきすると、めっき皮膜によりはめ合わせができなくなりますので、めっき前にオーバータップか、めっき後タップ立てをする必要があります。クリアランスのとり方は、各種の規格により異なります。 クレーン作業
「現代社会に必要不可欠な鉄鋼製品を腐食から守り、長期間の使用に耐えることができる溶融亜鉛めっきの技術は、省エネルギー、省資源リサイクル、低ライフサイクルコストといった数々の利点から時代のニーズに最も適した防錆方法です」とある。
作業員置き場
暴露試験によると、腐食速度(g/m2/年)、耐用年数は、次のようになる。 
都市・工業地帯 8.0g/m2/年)、 62年
田園地帯 4.4g/m2/年)、 113年
海岸地帯 19.6g/m2/年)、 25年
工場作業
神奈川県川崎エコタウンの日東亜鉛NITTO GALVANIZING CO., LTD.の工場内部。溶融亜鉛めっきは、水中でもめっき表面に保護皮膜が形成され、耐食性がある。水中の耐食性はpHと温度が影響し、亜鉛は両性金属であるため強酸、強アルカリの水溶液で急速に溶解する。亜鉛めっきに耐食性があるのは、pH6からpH12.5の範囲。 容器
川崎市の日東亜鉛めっき工場。海水中での腐食速度は100〜200g/m2/年程度だが、海水に浸せき後1年以上経過すると、腐食生成物のために腐食速度は半減する。逆に干満帯や飛沫のかかるスプラッシュ・ゾーンでは、1000g/m2/年程度に拡大する。また、海水中では同濃度の食塩水より耐食性が良好だが、これは海水中のマグネシウム塩類に腐食抑制作用があるためとされる。 容器2
コンクリート中の亜鉛めっき鉄筋の耐食性には、塩分含有量が影響する。コンクリート中に少量の塩分が混入または侵入しても、亜鉛皮膜には耐食性があるが、塩分が多くなると亜鉛皮膜に孔食を生じ、耐食寿命が短縮化する。 容器3
川崎区の日東亜鉛NITTO GALVANIZING CO., LTD.
亜鉛めっきには、優れた耐久性 がある。密な保護皮膜と電気化学的防食作用により、大気(排気ガス)、海水、淡水、土壌(地中)、またはコンクリート中などの厳しい環境条件から鉄を守り、鉄の寿命を大きく延ばすからである。 容器4
日東亜鉛川崎工場で、専門家にめっき工程を説明していただいた。亜鉛めっき釜は大きさ7.9m×1.8m×1.8m、酸洗槽その他めっき設備一式で月産能力5,000t。精整加工設備一式で、月産能力は2,000トン。 アルミ1
神奈川県川崎市の日東亜鉛川崎工場。亜鉛めっきには、経済的でメンテナンスフリーという特徴がある。防錆効果が長時間持続するために、メンテナンスの必要がほとんどなく、長期的に見れば、他の表面処理法に比べはるかに経済的といえる。 あるみめっき
川崎市浮島町の日東亜鉛川崎工場。亜鉛めっきには、強固な密着性がある。鉄素地と亜鉛とが互いに反応して緻密で厚い合金層を形成し、鉄に強固に密着する性質である。これによって、衝撃や摩擦から鉄素地を守ることができる。 工場メッキ
亜鉛めっきには、「隅から隅まで均一に」保護できる特徴がある。めっき槽に浸漬することにより、複雑な構造のものでも隅々まで溶融亜鉛めっきがゆきわたる。均一な亜鉛皮膜が形成され、錆を防ぐことができる。鳥飼ゼミの学生は、川崎市の日東亜鉛川崎工場で説明を受けた。 鉄骨メッキ
川崎市川崎区の日東亜鉛では、多種多様なニーズに応えるため、溶融亜鉛めっき加工を施すだけでなく、白さび防止処理、摩擦接合面のリン酸処理、製品の仕分け作業など様々な付帯作業を行っている。 鉄骨メッキミックス
日東亜鉛川崎工場で行われる作業には、以下のようなものがある。 
白錆防止処理 仕分け作業、摩擦接合部リン酸処理、不めっき処理 目付取付け作業 タップ・ボルト部養生処理、ブラスト処理 曲り矯正作業
つりさげ鉄
川崎市の日東亜鉛。「地球環境や地域社会との共生を果たしていくためには、環境への配慮は欠かすことができません。溶融亜鉛めっきの事業活動が環境に与える影響を的確にとらえ、ひとりひとりが積極的にかけがえのない地球環境の保全に取り組み、環境への負荷低減に向けて最大限の努力を尽くします」とある。
日東亜鉛

Kawasaki

引きずり
川崎市川崎区の日東亜鉛の工場。
溶融亜鉛めっきの最大の特徴は、ボルトや鋼管、鋼板のような鉄をサビから守る防錆効果に優れているということ。これはめっきの加工工程で、鉄と亜鉛が反応し、鉄の表面に強靭な厚い合金皮膜をつくるからで、溶融亜鉛めっきは密着性に優れ、シビアな環境下においても、優れた特性を発揮、大気中はもとより淡水、海水、土壌中などでも素材を保護する。 沈め
鉄は安価で大量生産されているが、錆びる欠点がある。外観を損なったり、製品の強度が低下したりして、問題が起きる。そこで、錆を防止するために、鉄の表面に錆に強い皮膜を付け、鉄を保護するのが「めっき」である。
東海大学教養学部鳥飼行博ゼミの学生はすでに再生紙製造工場も訪問している。コアレックス三栄レギュレーター 東京工場では、列車の磁気切符のような難再生古紙も収集して紙リサイクルをしている。毎月7000トンの古紙を処理し、再生トイレットペーパを3000万個生産している。

川崎市の現状」には、「川崎市の人口は、現在140 万人に達しており、今後も増加し2030 年には150 万人を超えると推計されています。また、全国で減少の続く生産年齢人口についても、川崎市では今後も増加が続き、2025 年にピーク(101.3 万人)を迎えることが予想されます。川崎市の人口増加率は大都市の中でも高く、9 年連続で1 位となっています。人口増加要因として、社会増加比率が他の大都市と比較しても著しく高いことに加え、自然増加比率も大都市中1 位となっています。また、出生率、婚姻率も大都市中1 位となっています。一方、2015(平成27)年をピークに年少人口は減少することが見込まれており、老年人口も増加してきていることから、今後、高齢化が急速に進展することが予想されます。川崎市は、前述したとおり、産業都市としての性格を有する一方、昼夜間人口比率をみると87.1%と大都市の中で最も低くなっており、ベッドタウンとしての性格も有しています。また、我が国全体では労働力人口は減少傾向にありますが、川崎市では労働力人口は増加傾向にあります。また、労働力率は大都市中1位となっています。」とある。 もぐり3
溶融亜鉛めっきは緻密な亜鉛層の保護皮膜と、電気化学的な防食作用により、過酷な環境条件のもとでも長期間にわたって鉄サビから守ります。 しかも塗装のように塗り替えを必要としない表面処理ですからコスト面でも経済的。 長期的にみると、計り知れないコスト的なメリットが生まれます。 また、亜鉛槽に浸漬するという処理工程を経るため、目に見えない細部まで完全に皮膜。複雑な形状のものも均一に処理できるという利点をもっています。

川崎市の製造業の状況」には、「川崎市は戦前・戦後を通じて京浜工業地帯の 中核として、日本経済の発展を支えてきた工業都市であり、現在でも鉄鋼、石油、化学、電機、情報通信等の大企業の主要生産拠点が数多く立地しているほか、優れた技術を持つ多くの中小企業が集積しています。直近10 年間の製造業の推移をみると、全国、 川崎市ともに事業所数、従業者数は減少傾向にあります。1999(平成11)年から2009(平成21)年にかけて、事業所数は全国、川崎市ともに3割の減少となっています。一方、従業者数は、全国では17.5%の減少となっていますが、川崎市では41.2%減少しており、全国に比べて川崎市の減少率が大きくなっています。事業所数や従業者数が減少する一方、製造品出荷額等は全国、川崎市ともに2003(平成15)年以降増加傾向にありましたが、2009(平成21)年には世界金融危機の影響を受け、大きく減少してお り、特に川崎市では全国に比べて減少率が大きくなっています。また、産業別内訳をみると、事業所数では一般機械、金属製品等の加工組立型が2/3 を占めますが、製造品出荷額等では石油、化学、鉄鋼等素材型が2/3 を占めています。一方、知識集約型・高付加価値型の産業構造への転換に伴い、市内に立地する事業所の性格も生産拠点から研究開発拠点へと変化してきています。また、臨海部は石油精製、発電所、ガス等のエネルギー関連施設が立地しており、首都圏のエネルギー供給拠点となっています。さらに、川崎市内には多くの外資系企業や中小企業庁が選ぶものづくり300 社が立地しています」とある。 パイプ引き揚げ
f)可動部・かん合部: シャフト、シャックル、スリーブなどの可動部かん合部のある素材はめっき後自由に動くためには、直径で最低2mm以上のクリアランスが必要になります。
パイプ沈め2
川崎市の日東亜鉛。
g)歪防止: めっきにより発生する歪は、鋼板や圧延鋼材の中に残っている引張りや圧縮反応に起因していることが多く、めっきで制御できない場合があります。溶接方法や、加工方法(補強)でかなり歪が緩和されます。 メッキ引き揚げ
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。
日東亜鉛川崎工場

Hot-dip galvanization


小型並べ2
川崎市日東亜鉛川崎工場。 クレーン上
川崎市神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 小型材
川崎市JR川崎駅から神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場を見学した東海大学教養学部鳥飼ゼミ3・4年生。

アルミゼミ生
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場を見学した東海大学教養学部鳥飼ゼミ3・4年生。ゲートを開けていただき、太陽光パネルをまじかで見学させていただいた。 メッキ近く
川崎市JR川崎駅からバスで40分の場所にある神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 工場床クレーン
JR川崎駅からバスで40分の場所にある神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の 日東亜鉛川崎工場を見学した東海大学鳥飼ゼミ3・4年生。
浮島のメガソーラー発電は、7MW(メガワット)で、年間の発電量は740万kWhを想定していた。実際には2012年8月9日までの1年間で945万kWhと、想定値よりも1.28倍の電力を供給。月別では5月の発電量が最大、好天が続く月の発電量が多い。 
 東京電力によれば、再生可能エネルギーは、太陽光や風力、水力など、環境負荷がより少ないエネルギー。東京電力は、再生可能エネルギーを利用した発電設備の導入を進めた。RPS法電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法(Renewable Portfolio Standard)」では、電力小売事業者に対して、販売電力量の一定割合を法律で定められた再生可能エネルギーでまかなうよう義務付けられているが、東京電力は、再生可能エネルギーを利用した発電設備の導入を進め、2011年8月に運用を開始した浮島太陽光発電所(メガソーラー発電所)も持っている。
工場床
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。川崎区水江町は、東亜港湾工業(株) によって、1935から1936年(昭和10年から昭和11年)に造成され、34万平方メートルある。 ゼミ生
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 メッキ製品
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 メッキ工場
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 製品1
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 パイプ
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 ゼミ集合1
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 アルミ地銀
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 製品2
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 製品3
浮島太陽光発電所の敷地で解説を、メモを取る鳥飼ゼミの3・4年生の学生たち。
日東亜鉛を訪問した鳥飼ぜみ

Torikai University


学生と製品
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 学生製品3
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。製品アップ
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 学生製品2
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 学生製品集合
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 集合
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 集合
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 商品
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 集合商品
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 作業
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 置き場
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 作業中
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 外
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 外置き場
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 外ゼミ
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 商品うp
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 商品鍵
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 ばり
川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 ばり
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 リサイクル
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 見学塊
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 かたまり
川崎市の日東亜鉛川崎工場。 サイロ
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 板
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 板2
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。 ろか
川崎市の日東亜鉛川崎工場。 免震2
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場。免震基盤をめっきする。 鉄骨メッキ前
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場で鉄骨をメッキする。 正門1
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場の正門。 正門2
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場の正門。
東海大学教養学部

Torikai University


鳥飼行博と学生
神奈川県京浜工業地帯の中核にある川崎市川崎区の日東亜鉛川崎工場を見学した東海大学教養学部人間環境学科HKの鳥飼行博ゼミ。ゼミのテーマである環境平和学を深く学ぶために、国内外のフィールド調査を行っている。

鳥飼行博写真館へのご訪問ありがとうございます。この写真館の写真を引用、掲載することは個人情報の保護に抵触いたしますので、お控えいただきますようお願いいたします。ご意見,ご質問をお寄せ下さる時には,ご氏名,ご所属,ご連絡先を明記してくださいますようお願い申し上げます。

連絡先:
torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県
平塚市北金目4-1-1 東海大学
教養学部人間環境学科社会環境課程

鳥飼 行博 TORIKAI Yukihiro
HK,Tokai University,Hiratuka,Kanagawa
Japan 259-1292
Tel: 0463-50-2122, Fax: 0463-50-2078
東海大への行き方|How to go

◆鳥飼研究室のご訪問ありがとうございます。論文,写真を引用・掲載の際はURLなど出所を、ご意見,講演依頼、資料をお寄せくださる際はご氏名,ご連絡先を明記してくださいませ。
◎メールtorikai007@yahoo.co.jpが最良の連絡方法でございます。
◎鳥飼研究室には月数万件の閲覧があり、お問い合わせの多くにご返事ご回答できないままになっておりますこと,誠に申し訳ございません。ここにお詫び申し上げます。
Thank you for visiting my web site. The online information includes research papers, over 6000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.
Copyright © 2014/10/24 Torikai Yukihiro All Rights Reserved. </