Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内

◆ドイツのユンカース(Junkers)Ju52/3m輸送機
写真(上)1935-1936年、ノルウェー、ノルウェー航空(DNL:Det Norske Luftfartselskap)が採用したユンカース(Junkers)Ju52 3m/ge水上輸送機 (登録コード:LN-DAE)
垂直尾翼にノルウェー国旗の記章を描いている。
Ju52 3m/ge水上輸送機の諸元:
全長:19.2m. 全高: 7.3m. 全幅: 29.3m. 最高速力: 200 km/t. 発動機: 3X 830 hk BMV -132、最大重量: 10500 kg。
1 sjøflyfly på vannet, Junkers JU 52 3m ge, LN-DAE fra DNL Fred Olsen & Bergenske A/S. 1 person i 1 småbåt i forgrunnen. Fotografering: 1935 - 1936 Aksesjon: 1999 Giver/siste eier: Marinemuseet sikker Informant : Eriksen, Jan A. Identifier: NL.99180138 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 19, 2014 Date updated: December 19, 2014 DIMU-CODE: 021015697933 UUID: 9FC7036C-884B-4500-8784-F489D67AA901
Norsk Luftfartsmuseum登録・Identifier: NL.99180138 引用。

写真(上)1933 - 1940年、ノルウェー、ドイツ・ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju52 /3mge 水上輸送機 「--ヴォルフ」”--WOLFE”
3基搭載したBMW 132A空冷星形エンジンは、アメリカのプラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney)のR-1690 ホーネット(Hornet)9気筒空冷星型エンジンをユンカース社がライセンス生産したもので、1933年から装備された。
Sjøflyhavn, ett fly Junkers Ju 52/3mge fra Lufthansa. Ligger ved flytebrygge/kai. tre personer, mekanikere, arbeider paring; flyet. Fotografering: 1930 - 1940 Identifier: NL.97010484 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: February 12, 2016 DIMU-CODE: 021015695988 UUID: 2A952614-6527-4203-A8EE-410F1B44B35C
Norsk Luftfartsmuseum登録・Identifier:NL.97010484 引用。

写真(上)1938年、フィンランド、ヘルシンキ空港の格納庫に駐機するドイツ・ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju52 3m旅客輸送機「ハインリヒ・クロル」”Heinrich Kroll”(登録コード:D-A HUS)
ドイツの国籍識別マークは、1933年1月のナチ党政権獲得以降、戦前は垂直尾翼の赤帯に白丸を背景にしたスワスチカ(ナチ党卍カギ十字)を付けている。ハインリヒ・クロル(1894-1930)は、第一次世界大戦のドイツ戦闘機エース(33機撃墜)。
Malmin lentokentän lentokonehallissa Lufthansan Junkers Ju-52 Aarne Pietinen Oy, kuvaaja 1938 Malmin lentokentän lentokonehallissa Lufthansan Junkers Ju-52, teksti kuvapussissa: Lufthansan Ju 52/3m D-A HUS Heinrich Kroll, taustalla Aeron samanniminen OH-ALL Kaleva. Aineistotyyppi: ?Kuva Aiheen paikka:Helsinki, Malmin lentokenttä Aiheen aika:1938 Organisaatio:Museovirasto - Musketti Kokoelma:Historian kuvakokoelma Pietisen kokoelma Inventaarionro:HK19670603:18272 Kuvaustiedot:1938, syksy Helsinki Aarne Pietinen Oy, kuvaaja
写真はMuseot.Finna:HK19670603:18272引用。

写真(上)1933-1938年、ドイツ、ドレスデン空港、ルフトハンザ・ドイツ航空のユンカース(Junkers)Ju52 3m輸送機
貨物輸送型は、胴体右中部に、大型貨物を出し入れする扉があり、そこから担架で負傷者・病人など患者を機内に運び入れることができる。開閉扉の下側は、そのままプラットホームとして使用される。燃料補給車が停車している。
Katalog: Technikgeschichte - Verkehr - Luft- und Raumfahrt - Motorflugzeuge - Deutschland - Dresden - Flugplatz am Heller - JunkersKatalog: Technikgeschichte - Verkehr - Luft- und Raumfahrt - Flugbetrieb, Boden- und Borddienste - Deutschland
Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: df_hauptkatalog_0309798引用。

写真(右)2009年,イギリス、ケンブリッジシャー、ダックスフォード飛行場で開催された空の神話(Flying Legends 2009) で飛行したユンカース(Junkers) Ju-52/3mg8e 輸送機D-CDLHLocation Duxford (EGSU), UK - England Aircraft type Junkers Ju-52/3mg8e Operator Lufthansa (Deutsche Lufthansa Berlin-Stiftung) Registration D-CDLH Type Photograph Description English: Operated by Lufthansa Traditionsflug seen performing at the Flying Legends display. Date 12 July 2009 Photographer Mike Freer - Touchdown-aviation
写真は,Category:D-CDLH (aircraft)・File:JU52 - Flying Legends 2011 (6491891427).jpg引用。

◆当研究室掲載のドイツ連邦アーカイブ写真は,Wikimediaに譲渡された解像度の低い写真ではだけではなく,アーカイブに直接,届出・登録をした上で引用しているものが大半です。引用は原則有料,他引用不許可とされています。
The Aviation Heraldによれば、2018年8月4日、スイス東部、フリムスに遊覧飛行していたスイスのユーエア(Ju-Air)が運航するユンカース(Junker)Ju-52旅客機ユンカース(Junker)Ju-52旅客機が標高2,540 m地点に墜落、乗客17名、搭乗員3名が死亡。墜落したJu-52は、1939年、ドイツのユンカース社製造のJu52 民間登録コードHB-HOTである。8月6日 AFPの記事には、「第2次世界大戦(World War II)時の旧軍用機」で「アイアン・アニー(Iron Annie)」という愛称で収集家に人気の機種だった、と書かれている。ドイツ空軍、第二次大戦の影が大きいための表現であろうが、「第二次世界大戦の軍用機」というのは、正確ではない。大戦前から、ドイツルフトハンザ航空を初めとする世界各国で民間航空機としても活躍していた。このニュースの報じられた2018年8月5日66件、6日89件の新規アクセスがあった。
◆2011年7月刊行の『写真・ポスターに見るナチス宣伝術―ワイマール共国からヒトラー第三帝国へ』青弓社(2000円)では、WW2も詳解しました。
◆2011年9月2日・9日(金)午後9時からNHK-BS歴史館「側近がみた独裁者ヒトラー」でRudolf Hess ルドルフ・ヘス及びLeni Riefenstahl レニ・リーフェンシュタールを検討。再放送は9/4(日)12時、9/7(水)24時及び9/11(日)12時、9/13(水)24時。


序.ユンカース輸送機の前史

ユンカース社は,第一次大戦中の1917年に,当時有名飛行機メーカーだったフォッカー社と提携して,本格的な航空機生産に乗り出し,1919年6月初飛行のユンカースF-13で独自設計の航空機の量産を開始した。このユンカースF-13は,世界初の全金属製民間機で,斬新な単発(エンジン1基)の低翼単葉機で、乗客4人の輸送機として使用された。

写真(右)1923年3月7日,ライプチッヒのユンカースJunkers F 13 輸送機:乗員:2名、乗客数:4名。
全長:9.59 m、全幅:14.8 m、全高:3.50 m、翼面積:34.50平方メートル。
空虚重量:951 kg、ペイロード:320 kg、最大離陸重量:1,640 kg。出力荷重:14.05 kg/kW
エンジン:メルセデス D.IIIa、118 kW (160馬力)
最高速度:173 km/h (107 mph)、巡航速度:160 km/h (100 mph)。航続距離:1,400 km (870 miles)、巡航高度:5,000 m。
Inventory: Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Signature: Bild 102-00007 Original title: info Flugzeugreise des Reichspräsidenten zur Leipziger Messe am 7. März 1923. Start des Flugzeuges mit dem Reichspräsidenten auf dem Tempelhofer Feld. Archive title: Berlin-Tempelhof.- Flugzeug Junkers F 13 von Reichspräsident Friedrich Ebert Dating: 7. März 1923 Photographer: Pahl, Georg 撮影。 Origin: Bundesarchiv
写真はドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・引用


ユンカースF-13諸元
全長 9.6メートル,全幅(スパン) 14.8メートル,翼面積 34.5平方メートル
自量 1075キロ,全備重量 1800キロ
エンジン 液冷6気筒BMW185馬力
最大時速 170キロ,巡航速度 140キロ
上昇限度 4600メートル,航続距離 1200キロ

⇒写真集Album:ユンカース(junkers)F. 13単発輸送機を詳しく見る。

写真(右)1928年1月,ドイツ、ドレスデン空港、オーストリア航空 AG 所属のユンカース(Junkers)G24輸送機で到着した6名のアメリカ・スー族インディアン:サーカスの見世物としてやってきたと。
Beschreibung: Dresden. Flugplatz Dresden-Heller. Sioux-Indianer des Zirkus Sarrasani vor einem Verkehrsflugzeug Junkers G-24 der Österreichischen Luftverkehrs-AG
Datensatz 80546690 Hahn, Walter: Sioux-Indianer des Zirkus Sarrasani vor einem Verkehrsflugzeug Junkers G-24 der Österreichischen Luftverkehrs-AG, 1928.01 Serie: Sarrasanis Sioux-Indianer - Junkers-Verkehrsflugzeug
Location: Dresden-Hellerberge (Aufnahmezeitpunkt)
Nose, Reportage photography, Junkers G 23, Propellers, View Collection, Unknown, Cockpit, Bord engineers, Propeller-driven aircraft
Originalnegativ (Glas, 10/15 cm.)
写真は,SLUB / Deutsche Fotothek・Aufn.-Nr.: df_hauptkatalog_0305033引用。




ユンカース(Junkers)G. 24輸送機の諸元
乗員 2名、乗客 9名
全長 15,70 m
全幅 29,90 m
全高 4,15 m
主翼面積 97,8 平方メートル
全備重量 6500 kg
最高速力 197 km/h
発動機 ユンカース(Junkers) L 5 液冷直列6気筒エンジン310馬力3基。

⇒写真集Album:ユンカース(junkers)G.23/G.24 輸送機を詳しく見る。

写真(右)1930-1935年頃、ノルウェー、ノルウェー航空(DNL)のユンカースW34水上輸送機(LN-DAB) (製造番号 W.Nr 5429) :垂直尾翼には、青地に白縁赤十字のノルウェー国旗を描いている。解説ではJu 52としているが誤り。
LN-DAB Junker 52 Specific subject terms: Fly Luftfart - Tyskland Junkers Ju 52 Junkers Luftfart Identifier: NTM C 4280 Part of collection: NTM Owner of collection: Norsk Teknisk Museum Institution: Norsk Teknisk Museum Date published: August 11, 2014 Date updated: April 1, 2015 DIMU-CODE: 011014273546 UUID: FBEF9277-A8ED-4FBA-B36E-94CA4CABFCE6
写真は,Norsk Luftfartsmuseum: "NTM MFF 651"引用。


ユンカースF-13を大型化したW-33Lは,1920年代に完成し,ユンカース社で200機生産された。

ユンカースW-34諸元
1926年に完成し,1800機生産された。
全長 10.3メートル,全幅 17.8メートル
自量 1,700キロ,全備重量 3,200キロ
エンジン 650馬力1基
最高時速 265キロ,巡航速度 230キロ,航続距離 900キロ
上昇限度 6,300メートル,乗客6人

機体の外板を薄くして重量を軽減しつつ,波板構造にして強度を高めるような設計だった。波板構造は,Ju-52輸送機に引き継がれた。

⇒写真集Album:ユンカース(junkers)W.34 水上輸送機を詳しく見る。

写真(右)1926年以降,ドイツ、ドイツ・ルフトハンザ(Lufthansa:DLH)航空のユンカース(Junkers)G31輸送機(登録コード:D 1310)「ヘルマン・コール」 "Hermann Köhl"(登録コード:D 1310・製造番号Wnr.3002)の機首:機首エンジンから集合排気管が下方に、主翼エンジンナセルの上後方に伸びているが、これは排気煙がパイロットや乗客の視界を妨げないようにするためである。機首・主翼のプロペラは2翅を装備。
Verkehrs- und Frachtflugzeug Junkers G-31 de "Hermann Köhl" (Kennung D-1310, Werknummer 3002) auf einer Graspiste
Datensatz 70046994
Foto: Unbekannter Fotograf, nach 1926
写真は,Deutsche Fotothek ・Aufn.-Nr.: df_hauptkatalog_0018226引用。


ユンカースJunkers G 31輸送機諸元:
乗員:パイロット2人、航法・電信員各1人、乗客15人(夜間寝台は10人)
全長: 16.50 m (54 ft 1 in)、全幅: 30.50 m (100 ft in)、全高: 6.00 m (19 ft 8 in)、主翼面積: 102.0 平方メートル
空虚重量: 5,250 kg (11,590 lb) 全備重量: 8,500 kg (18,760 lb)
エンジン: 3 × BMW-built Pratt & Whitney Hornet, 386 kW (525 hp) 
最高速度: 210 km/h (131 mph)、巡航速度: 170 km/h (106 mph)
航続距離: 850 km (528 miles)、航続時間: 5 時間
実用上昇限度: 4400 m (14,400 ft)、上昇率: 3 m/秒 (10 ft/min)

ルフトハンザ航空Deutsche Luft Hansa)は、1926年1月、ドイツ政府が出資1/4を賄って、ユンカース系航空会社(Junkers Luftverkehr)を中核に、各種ドイツの航空会社が統合されて生まれた国営航空である。ユンカースJu−52旅客輸送機を中核に、ドイツ国内のみならず、ヨーロッパ全土に航空網を築き、のちにはフォッケウルフFw-200、ユンカースJu‐90のような四発大型旅客機を導入して、南北アメリカにまで航路を拡張した。

⇒写真集Album:ユンカース(junkers)G.31 輸送機を詳しく見る。


1.単発機として誕生したユンカースJu-52/1m輸送機

写真(右)1930-1935年頃、カナダ(?)、カナダ航空の採用したユンカースJu 52/1m輸送機(CF-ARM):ユンカースJu 52baの製造番号(Werksnummer) 4001は、1930年10月13日にユンカース(Junkers)L88-V12エンジン1基を装備して初飛行した。 他方、ユンカースJu 52do. (Werknummer 4002) は、ユモJumo-4ディーゼルエンジンを装備していた。
Junkers, Ju.52 Catalog #: 01_00081615 Title: Junkers, Ju.52 Corporation Name: Junkers Additional Information: Germany
写真は,SDASM Archives: "Catalog #: 01_00081615"引用。


ユンカース(junkers)Ju-52輸送機の原型は、1930年10月13日に初飛行した単発の輸送機で、機体の形状は、既に使用されていたユンカースG.31輸送機の双尾翼を単尾翼にし、若干大型化したものだった。しかし、この時のJu-52輸送機は、機首にエンジン1基を装備した単発機であり、パワー不足だった。そこで、ユンカースG.23輸送機やG.31輸送機でも、機首と主翼両側に合計3基のエンジンを装備した三発機だったから、同様に、Ju-52輸送機も三発化することになった。

写真(右)1933年9月、ドイツ(?)、胴体下面に航空魚雷を搭載したユンカースJu 52/1m-ce水上雷撃機(SE-ADM):Ju 52/1m-ce水上輸送機は、ドイツでは製造番号C/n 4003、登録コードD-USONとC/n 4004、登録コードD-2317の2機が製造された。後者は、ドイツ軍用の双フロートの水上機型、魚雷搭載可能な軍用の水上雷撃機に改修された。後に、スウェーデンに売却され、K45c、登録コードSE-ADMとなった。
Svensk/tysk fly SE-ADM. Ju52 1/m. Test av torpedoer for Luftwaffe i september 1933 Fotografering: 1933 ( Protokoll) Identifier: NTM MFF 651
Part of collection: NTM Owner of collection: Norsk Teknisk Museum Institution: Norsk Teknisk Museum
Date published: August 11, 2014 Date updated: August 11, 2014 DIMU-CODE: 011014275118 UUID: C5106787-8B94-4219-BD16-E7503697A8DE
写真は,Norsk Luftfartsmuseum: "NTM MFF 651"引用。


ユンカースJu 52/1m輸送機の諸元
全長18,50 m、全幅 29,00 m、全高 4,65 m
空虚重量 6600 〜 7000 kg
搭載量 3000 kg
搭載容積 22 立方メートル
最高速力 195 km/h、巡航速力 160 km/h
実用上昇限度 3800 m
航続距離 1500 km


2.大戦前から民間航路で活躍したユンカースJu-52/3m輸送機(陸上機型)

写真(右)1933年,ドイツ、ルフトハンザ航空のユンカース(Junkers)Ju52/3m輸送機を降りるナチ党ベルリン大塔管区指導者ヨーゼフ・ゲッペルス博士:足の不自由なことを見せないためにゲッペルス博士にとっては、昇降用の移動式階段が必需品だったようだ。胴体側面の四角のガラス窓には遮光カーテンが取り付けられている。1933年1月のナチ党政権獲得後、ルフトハンザ航空の国籍マークは、赤帯に白丸にナチ党のカギ十字(逆卍)を描いた。
henry cord meyer image pictionid61654560 - catalogmeyer0594.tif - titledr. goebbels exiting ju 52 aircraft mannheim. 1933. - filenamemeyer0594.tif--Image from the Henry Cord Meyer Collection-Please tag these photos so that the information will be kept with our Digital Asset Management System---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真は,SDASM Archives: "pictionid61654560"引用。


単発だったユンカースJu52輸送機を三発としエンジン装備数が変化したため、機体名称も単発のJu52をユンカースJu52/1m輸送機と、三発のJu52輸送機をユンカースJu52/3m輸送機と区別するようになった。Ju52/1mの1mは、ドイツ語の"Motor"(モトール:モーター)の頭文字でエンジン1基を意味し、Ju52/3mの3mはエンジン3機を意味する。

写真(右)1933年,ドイツ、ルフトハンザ航空のユンカース(Junkers)Ju52/3m輸送機を降りるナチ党ベルリン大塔管区指導者ヨーゼフ・ゲッペルス博士が出迎えられている。:ユンカースの採用した波板式の金属外板は、強度を保つのに役に立った。1933年1月のナチ党政権獲得後、ルフトハンザ航空の国籍マークは、赤帯に白丸にナチ党のがカギ十字(逆卍)を描いた。
henry cord meyer image pictionid61654560 - catalogmeyer0594.tif - titledr. goebbels exiting ju 52 aircraft mannheim. 1933. - filenamemeyer0594.tif--Image from the Henry Cord Meyer Collection-Please tag these photos so that the information will be kept with our Digital Asset Management System---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真は,SDASM Archives: "pictionid61654560"引用。


三発化したユンカース(Junkers)Ju52/3m輸送機は、BMW132空冷星形9気筒エンジンを3基搭載し、1932年3月7日に初飛行した。三発として合計馬力が増強され、性能向上が明らかになり、これ以降、三発のJu52/3mがJu52と呼ばれるようになる。

写真(右)1934年9月-1935年5月,ドイツ、ユンカースJumo205Cディーゼルエンジン搭載のユンカース(Junkers)Ju52/3mho輸送機(登録コード:D-AJYR):Ju52/3mhoは、ユンカースJumo205Cディーゼルエンジン3基搭載の試作機で2機のみテストされたが、量産はされなかった。Ju52/3m輸送機(製造番号 C/no. 4045)D-AJYRは、1934年製造、製造番号 C/no. 4045。後に登録番号D-2468としてドイツルフトハンザ航空(DLH)「エミル・シェーファー」 'Emil Schaefer' として1934年9月に就役、1935年4月25日、ドイツ西部、ハルガルテン(Hallgarten)で墜落。愛称の由来となったエミル・シェーファーは、第一次大戦で活躍、敵機30機を撃墜したエースで、1917年6月5日, ベルギー ゾンネベーケで撃墜、戦死。 ユンカースの採用した波板式の金属外板は、強度を保つのに役に立った。1933年1月のナチ党政権獲得後、ルフトハンザ航空の国籍マークは、赤帯に白丸にナチ党のがカギ十字(逆卍)を描いた。
Charles Daniels Collection Photo from "German Aircraft" Album Junkers Ju 52 :38237678 - Catalog:Array - Title:Array - Filename:15_002363.TIF - -------Image from the Charles Daniels Photo Collection.----Album: German Aircraft
写真は,SDASM Archives: "38237678"引用(他引用不許可)。


ユンカース(Junkers)Ju52/3mho輸送機は、BMW132空冷星形9気筒エンジンではなく、ユンカースJumo205Cディーゼルエンジンを3基搭載した試作機で、燃費の良いディーゼルエンジンに変換して、航続距離延長を企図したようだ。

しかし、このようなディーゼルエンジンは、他のヨーロッパ諸国では普及しておらず、輸出促進のためには、アメリカのプラット・アンド・ホイットニー社のR-1690 ホーネット空冷星形9気筒エンジンのライセンス生産型であるBMW132空冷星形エンジンを搭載しているほうが評価が高かった。また、ヨーロッパ周辺の民間航路の想定した航続距離であれば、BMW132エンジンで問題なく、価格・コストの上でもそのほうが有利だった。こうして、Ju52輸送機のディーゼルエンジン搭載型は試作のみとなり、量産計画は廃棄された。

写真(右)1935年以降,ドイツ、ルフトハンザ航空のユンカースJu52/3mho輸送機(登録コード:D-AQAR)「ヴァルター・ヘンドルフ」'Walter Höhndorf' とハインケルHe111輸送機:Ju52/3mhoは、ユンカースJumo205Cディーゼルエンジン3基搭載の試作機で2機のみ製造。Ju52/3m輸送機製造番号 C/no. 4055 D-AQARは、1935年製造、ドイツルフトハンザ航空(DLH)で「ヴァルター・ヘンドルフ」'Walter Höhndorf' として就航したが、1936年にブラジルに売却された。愛称の由来となったヴァルター・ヘンドルフ中尉は、第一次大戦で活躍したエースだが、1917年9月5日, 新型機テスト飛行中、24歳で事故死。1933年1月のナチ党政権獲得後、ルフトハンザ航空の国籍マークは、赤帯に白丸にナチ党のがカギ十字(逆卍)を描いた。
Junkers, Ju.52 Catalog #: 01_00081605 Title: Junkers, Ju.52
Corporation Name: Junkers Additional Information: Germany
写真は,SDASM Archives: Catalog #: 01_00081605引用。


ユンカースJu52/3mhoは、ユンカースJumo205Cディーゼルエンジン3基搭載の試作機で2機のみテストされたが、量産はされなかった。Ju52/3m輸送機製造番号 C/no. 4045、登録コード D-AJYRは、1934年製造、製造番号 C/no. 4045。後に登録番号D-2468としてドイツルフトハンザ航空(DLH)「エミル・シェーファー」 'Emil Schaefer' として1934年9月に就役、Ju52/3m輸送機製造番号 C/no. 4055、登録コード D-AQARは、1935年製造、ドイツルフトハンザ航空(DLH)で「ヴァルター・ヘンドルフ」'Walter Höhndorf' として就航したが、1936年にブラジルに売却された。

ヒトラー政権になっても、ドイツ・ルフトハンザのような民間航空にも国籍標識として、尾翼に赤帯に白丸とスワスチカ(ハーケンクロイツ:ナチ党のカギ十字)の国籍マークを採用した。1935年3月のドイツ再軍備宣言までは、空軍兵力はベルサイユ条約で認められなかった。

写真(右)1933年以降,ドイツ、ルフトハンザ航空のJu52/3m輸送機:ユンカースの採用したジュラルミン波板構造外板は、強度を保つのに役に立った。1933年1月のナチ党政権獲得後、ドイツ・ルフトハンザ航空の国籍マークは、赤帯に白丸にナチ党のがカギ十字(逆卍)を描いた。
Charles Daniels Collection Photo from "German Aircraft" Album Junkers Ju 52
Catalog #: 01_00081613 - Catalog:Array - Title:Array - Filename:15_002364.TIF - -------Image from the Charles Daniels Photo Collection.----Album: German Aircraft
写真は,SDASM Archives: "Catalog #: 01_00081613"引用。


スワスチカは、ナチ党のイデオロギー、政治思想を軍人にまで浸透させることを反映したもので、軍人の忠誠宣言がドイツに対してでは、ヒトラーに対する忠誠を誓うものと変更されたのと同じ動機である。また、高速の機体の国籍、敵味方の認識をしやすくするため、機体・主翼の上下にも、白の縁取り付きの黒色バルカンクロス(鉄十字)の国章を追加した。

写真(右)1934年以降,ドイツ、ルフトハンザ航空のユンカース(Junkers)Ju52/3m輸送機D-AFER:1934年4月、D-AFER、工場製造番号4047は、ドイツルフトハンザ航空(DLH)「フランツ・ブフナー」 'Franz Buchner'として就役。その後、ドイツ空軍(Luftwaffe)に徴用。1933年1月のナチ党政権獲得後、ルフトハンザ航空のドイツ国籍指標として、赤帯に白丸にナチ党のがカギ十字(逆卍)を描いた。
Junkers, Ju.52 Catalog #: 01_00081581 Title: Junkers, Ju.52
Corporation Name: Junkers Additional Information: Germany
写真は,SDASM Archives: "Catalog #: 01_00081581引用。


ドイツ・ルフトハンザ航空Deutsche Lufthansa AG)は、1934年には、アフリカ西端、イギリス領ガンビアに飛び、そこから南米ブラジルに至る 航空便輸送の空路を運航していた。しかし、ガンビアとブラジルの間は、直線距離にして、5,000 km(3,100 mil)以上あるので、この間を大西洋無着陸飛行は、当時、困難だった。つまり、大西洋横断には、最短距離で飛行しても、途中に経由地を設けて給油・整備をする必要があるが、大西洋上には適当な陸地・飛行場を確保できない。そこで、大西洋上に母船を待機させ、ドルニエDo-Jワール”Wal”飛行艇で着水、補給することで、大西洋横断の航空便航路を運営した。

写真(右)1934年,西アフリカ、ガンビア、ドイツ・ルフトハンザ航空のJu52/3m輸送機”ZEPHYR”:降着装置には初期型で採用された流線型の主輪カバーが装着されている。Ju52/3m輸送機”ZEPHYRは製造番号4023、ルフトハンザ航空でD-2526として, 1933年から 1934年まで, "Zephyr"の愛称で就役。その後、 1934年にD-AGAVと変更し愛称も "Emil Schöer"と変更された。1937年11月26日、離陸中、霧のためにロンドンの格納庫に衝突。手前のトラックからホースを引いて、機体胴体上にまで伸ばしているが、胴体が過熱するのを冷却する放水の作業であろうか。
henry cord meyer image pictionid61649842 - catalogaircraft junkers ju 52 zephyr at bathurst west africa gambia. luftthansa airmail service between germany and south america. 1934. - titlearray - filenamemeyer0235.tif--Image from the Henry Cord Meyer Collection-Please tag these photos so that the information will be kept with our Digital Asset Management System---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真は,SDASM Archives: 61649842引用。


写真(右)1934年,西アフリカ、ガンビア、ドイツ・ルフトハンザ航空のJu52/3m輸送機:強い直射日光を防ぐために、エンジンだけでなく、コックピットにも遮光カバーが掛けられている。
henry cord meyer image pictionid61649813 - catalogaircraft junkers ju 52 at bathurst west africa gambia. luftthansa airmail service between germany and south america. 1934. - titlearray - filenamemeyer0235.tif--Image from the Henry Cord Meyer Collection-Please tag these photos so that the information will be kept with our Digital Asset Management System---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真は,SDASM Archives: 61649813"引用。


写真(右)1932-1936年,ドイツ、ルフトハンザ航空のJu52/3m輸送機と上空を飛行するツェッペリンLZ 127 飛行船:1933年1月のナチ党政権獲得後、ルフトハンザ航空の国籍マークは、赤帯に白丸にナチ党のがカギ十字(逆卍)を描いた。
henry cord meyer image pictionid61655144 - catalogmeyer0640.tif - titlelz 127 graf zeppelin over trimotor junkers ju 52. - filenamemeyer0640.tif ----Album: German Aircraft
写真は,SDASM Archives: "61655144"引用.


ツェッペリンLZ 127 飛行船「グラーフ・ツェッペリン」(Graf Zeppelin)は、1928年9月18日初飛行した全長236.6メートルの時世界最大の飛行船。船体に水素を搭載し浮力を付け、5基のマイバッハ社550馬力エンジンで飛行できた。1928年10月には、アメリ、イタリア、スペインまで飛行している。1929年8月、地球一周を実施、4万91618キロメートル(3万0831マイル)を22日間で飛行することに成功した。こうして、ツェッペリン社は、その飛行船技術の高さ、安全性を誇示することができ、一層の飛行船開発・製造に邁進した。

1933年10月、ナチ党政権のドイツの国力を示す目的で、ツェッペリンLZ 127 飛行船「グラーフ・ツェッペリン」(Graf Zeppelin)は、シカゴにおける万国博覧会にも参加、大西洋横断航路に就役した。この飛行船の成功によって、ツェッペリンは、LZ 129「ヒンデンブルク」を開発し、1937年にアメリカへの飛行に向かった。

しかし、1937年5月6日、ニューヨーク郊外、レイクハースト海軍基地を訪問した際に大事故が起こり、炎上、 LZ 129 「ヒンデンブルク」は焼失、36名の死者を出した。この事故によって、飛行船への信頼感が失われ、飛行船による旅客輸送は取り止めになり、LZ 127 飛行船「グラーフ・ツェッペリン」(Graf Zeppelin)も、フランクフルト(Frankfurt am Main)の格納庫(ハンガー)に係留されることになり、民間運航の機会はなくなった。

写真(上)1934年10月-1939年,ブラジル・リオ・デ・ジャネイロ、ドイツ・ルフトハンザ航空(DLH)のJu52/3mge輸送機D-AMIT とPP-CBD:Ju52/3m輸送機D-AMIT は製造番号 5060 'O.v. Beaulieu-Marconnay'として、1934年10月就役。1940年にペルー政府により没収。
henry cord meyer image pictionid61654029 - cataloggerman and brazilian junkers ju 52 in rio de janeiro brazil. - titlearray - filenamemeyer0553.tif--Image from the Henry Cord Meyer Collection-Please tag these photos so that the information will be kept with our Digital Asset Management System---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はSDASM Archives: "61654029"引用。


写真(右)1934年以降,ドイツ、製造中のルフトハンザ航空のJu52/3m輸送機(BMW132空冷エンジン装備) :写真IDが連番なのでルーマニアの皇太子ジョルジェ・ヴァレンティン・ビベースク(George Valentin Bibescu:1880-1941/7/2)の専用機「ルーマニア」(CV-FAI)と同時期の機体かもしれない。
Ett fly i stor heisekran. Junkers Ju52.
Fly: Produsentland, Tyskland. Motor 830 hk. BMV 132 A/T. Vingespenn 29,25 m. Lengde 19 m. Høyde 4,52 m. Maks T-O vekt 10.977 kg. Maks hast. 266 km/t. Rekkevidde 1287 km. Ant. seter 20.
Identifier: NL.03080049 Giver/siste eier: Gyldendal Norsk Forlag sikker
Fotografering: 1934 - 1940 Avbildet sted: Tyskland
写真は,Norsk Luftfartsmuseum : "Identifier: NL.03080049 "引用。


写真(右)1934年以降,ドイツ、デッサウ、製造中のルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju52/3mfe輸送機「マンフレッド・フォン・リヒトホーヘン」”Manfred von Richithofen”(製造番号W.Nr.4022、登録コードD-2527)のBMW132空冷エンジンの取り付け作業:Ju52/3mfe「マンフレッド・フォン・リヒトホーヘン」”Manfred von Richithofen”は、1933年から1934年に、プロイセン州首相・航空大臣ヘルマン・ゲーリングの個人専用機として使用された。Ju52/3mfeは、従来のNACAエンジン・カウリングの形状を修正し、BMW132A-3空冷星形9気筒エンジン3基を装備。
Ett fly i stor heisekran. Junkers Ju52.
Fly: Produsentland, Tyskland. Motor 830 hk. BMV 132 A/T. Vingespenn 29,25 m. Lengde 19 m. Høyde 4,52 m. Maks T-O vekt 10.977 kg. Maks hast. 266 km/t. Rekkevidde 1287 km. Ant. seter 20.
Identifier: NL.03080050 Giver/siste eier: Gyldendal Norsk Forlag sikker
Fotografering: 1934 - 1940 Avbildet sted: Tyskland
写真は,Norsk Luftfartsmuseum : "Identifier: NL.03080050 "引用。


写真(右)1934年以降,ドイツ、製造中のユンカース(Junkers)Ju52/3m輸送機「ルーマニア」(CV-FAI):ユモJumo-4(Jumo205?)ディーゼルエンジンの特注であれば、登録コードCV-FAIの、ルーマニア皇太子ジョルジェ・ヴァレンティン・ビベースク(George Valentin Bibescu:1880-1941/7/2)の専用機である。皇太子は国際航空連盟の総裁だった。
Verksted. Bygging/montering av Junkers Ju52. Noen personer ved flyene.
Fly: Produsentland, Tyskland. Motor 830 hk. BMV 132 A/T. Vingespenn 29,25 m. Lengde 19 m. Høyde 4,52 m. Maks T-O vekt 10.977 kg. Maks hast. 266 km/t. Rekkevidde 1287 km. Ant. seter 20.
Identifier: NL.03080051 Giver/siste eier: Gyldendal Norsk Forlag sikker
Fotografering: 1934 - 1940 Avbildet sted: Tyskland
写真は,Norsk Luftfartsmuseum : "Identifier: NL.03080051"引用。


写真(右)1934年以降,ドイツ、製造中のユンカース(Junkers)Ju52/3m輸送機の主翼と内部に搭載された燃料タンク:Ju52輸送機の航続距離は1287キロと、後年の日本輸送機の基準から見れば短いが、ヨーロッパ大陸、バルト海、地中海の周辺を主な活動領域とするルフトハンザ航空にはこれで十分だった。写真は連番なので、登録コードCV-FAI、、ルーマニア皇太子ジョルジェ・ヴァレンティン・ビベースクの専用機かもしれない。
Ett fly på bakken. Deler av flyskrog til Junkers Ju52.
Fly: Produsentland, Tyskland. Motor 830 hk. BMV 132 A/T. Vingespenn 29,25 m. Lengde 19 m. Høyde 4,52 m. Maks T-O vekt 10.977 kg. Maks hast. 266 km/t. Rekkevidde 1287 km. Ant. seter 20.

Identifier: NL.03080053 Giver/siste eier: Gyldendal Norsk Forlag sikker
Fotografering: 1934 - 1940 Avbildet sted: Tyskland
写真は,Norsk Luftfartsmuseum : "Identifier: NL.03080053"引用。


写真(右)1934年以降,ドイツ、製造中のユンカース(Junkers)Ju52/3m輸送機「ルーマニア」(CV-FAI):ユモJumo-4(Jumo205?)ディーゼルエンジンの特注と思われる。CV-FAIは、ルーマニアの皇太子ジョルジェ・ヴァレンティン・ビベースク(George Valentin Bibescu:1880-1941/7/2)の専用機で、皇太子は国際航空連盟の総裁だった。
Verksted. Bygging/montering av Junkers Ju52. Noen personer ved flyene.
Fly: Produsentland, Tyskland. Motor 830 hk. BMV 132 A/T. Vingespenn 29,25 m. Lengde 19 m. Høyde 4,52 m. Maks T-O vekt 10.977 kg. Maks hast. 266 km/t. Rekkevidde 1287 km. Ant. seter 20.

Identifier: NL.03080058 Giver/siste eier: Gyldendal Norsk Forlag sikker
Fotografering: 1934 - 1940 Avbildet sted: Tyskland
写真は,Norsk Luftfartsmuseum : "Identifier: NL.03080058”引用。


写真(右)1933年以降,ドイツ、ユンカース(Junkers)Ju52/3m輸送機(CV-FAI):ユモJumo-4(Jumo205?)ディーゼルエンジンの特注と思われる。CV-FAIは、ルーマニアの皇太子ジョルジェ・ヴァレンティン・ビベースク(George Valentin Bibescu:1880-1941/7/2)の専用機で、皇太子は国際航空連盟の総裁だった。
Junkers, Ju.52 Catalog #: 01_00081620 Title: Junkers, Ju.52 Corporation Name: Junkers Additional Information: Germany
A30yoyo:This was the personal aircraft of Prince Bibescu of Roumania , President of the Federation Aeronautique International (FAI) reolacing a Ford Trimotor also registered CV-FAI which crashed in 1931 写真は,SDASM Archives: "Catalog #: 01_00081620"引用。


写真(右)1934年以降,ドイツ、ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju52/3m輸送機D-2468:Ju52/3m輸送機D-2468は1934年に完成、製造番号 C/no. 4023。ユンカースの採用した波板式の金属外板は、強度を保つのに役に立った。1933年1月のナチ党政権獲得後、ルフトハンザ航空の国籍マークは、赤帯に白丸にナチ党のがカギ十字(逆卍)を描いた。
Charles Daniels Collection Photo from "German Aircraft" Album Junkers Ju 52
:38237712 - Catalog:Array - Title:Array - Filename:15_002364.TIF - -------Image from the Charles Daniels Photo Collection.----Album: German Aircraft
写真は,SDASM Archives: "38237712"引用(他引用不許可)。


1935年、ヒトラーが再軍備を宣言し、第一次世界大戦の撃墜王ヘルマン・ゲーリングの下、ドイツ空軍が設立されると、ドイツ軍機は、尾翼に赤帯に白丸とスワスチカ(ハーケンクロイツ:ナチ党のカギ十字)の国籍マークを採用した。

写真(右)1935年以降,ドイツ、ルフトハンザ航空のユンカース(Junkers)Ju52/3m輸送機D-ANYF:Ju52/3m輸送機D-ANYFは1935年に完成、製造番号4071。ユンカースの採用した波板式の金属外板は、強度を保つのに役に立った。1933年1月のナチ党政権獲得後、ルフトハンザ航空の国籍マークは、赤帯に白丸にナチ党のがカギ十字(逆卍)を描いた。
Charles Daniels Collection Photo from "German Aircraft" Album Junkers Ju 52
:38237642 - Catalog:Array - Title:Array - Filename:15_002362.TIF - -------Image from the Charles Daniels Photo Collection.----Album: German Aircraft
写真は,SDASM Archives: "38237642"引用(他引用不許可)。


写真(右)1935年,ドイツ、スペイン内戦に使用されることになるドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju52/3mK爆撃機:1936年7月 - 1939年3月、スペインでは、共和国政府と反乱軍(フランコ将軍)の間で内戦があったが、このスペイン市民戦争に、ドイツ軍は義勇兵の名目で、コンドル軍団を派遣した。降着装置には初期型だけに見られる流線型の車輪カバーを装着している。1933年1月のナチ党政権獲得後、ルフトハンザ航空の国籍マークは、赤帯に白丸にナチ党のがカギ十字(逆卍)を描いた。
Ju 52-3mK 1935 PictionID:44219342 - Title:Junkers Ju 52-3mK 1935 - Catalog:16_005366 - Filename:16_005366.TIF - - - - - - - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation --- ---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真は,SDASM Archives: "PictionID: 44219342"引用。


1936年7月 - 1939年3月の3年半続いたスペイン内戦Spanish Civil War)に投入されたドイツコンドル軍団Legion Condor)Ju52/3mK爆撃機の胴体下面には、吊り下げ引込み可能なバケツ型の銃座があり、7.92ミリ旋回機関銃を装備した。スペインに反乱軍フランシスコ・フランコ(Francisco Franco)将軍の軍事援助に投入された機体には、黒か白×のコンドル軍団のマークが描かれている。他方、ドイツ国内では、1933年1月のナチ党政権獲得後、ルフトハンザ航空の国籍マークは、赤帯に白丸にナチ党のがカギ十字(逆卍)を描いたが、1935年のドイツ再軍備宣言後に新設されたドイツ空軍も同じナチ党のカギ卍字を国籍標識として採用した。スペイン内戦Spanish Civil War)に参戦したコンドル軍団Legion Condor)には、Ju52輸送機と並んで、Ju52/3mK爆撃機爆撃型、Ju87急降下爆撃機、He111爆撃機、He71戦闘機、Bf109戦闘機など軍用機が投入され、個人の意志による「義勇軍」ではなく、軍隊そのものの派遣だった。

写真(右)1935年,ドイツ、スペイン内戦に使用されることになる流線型の車輪カバーを装着しているドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju52/3mK爆撃機:1936年7月 - 1939年3月、スペイン内戦に投入されたJu52爆撃機の胴体下面には、吊り下げ引込み可能なバケツ型の銃座がみえるが、そこには7.92ミリ旋回機関銃を搭載する。スペインに反乱軍の軍事援助のために投入された機体には、黒か白×のコンドル軍団のマークが描かれているはずで、これらのJu52/3mK爆撃機は、1933年1月のナチ党政権獲得後の赤帯に白丸にナチ党のがカギ十字(逆卍)を描いている(1935年のドイツ再軍備宣言後のドイツ空軍も同じ)。したっがって、スペインではなく、ドイツ国内での撮影であろう。
Ju 52-3mK PictionID:44219354 - Title:Junkers Ju 52-3mK - Catalog:16_005367 - Filename:16_005367.TIF - - - - - - - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation
写真は,SDASM Archives: "PictionID: 44219342"引用。


写真(右)1935年,ドイツ・ルフトハンザ航空のユンカース(Junkers)Ju52/3m輸送機:コックピット上のアンテナ支柱は、碍子を二つ取り付けて、二又にして2本のアンテナ線を垂直尾翼との間に張っている。1933年1月のナチ党政権獲得後、ルフトハンザ航空の国籍マークは、赤帯に白丸にナチ党のがカギ十字(逆卍)を描いた。
Junkers, Ju.52 Catalog #: 01_00081586 Title: Junkers, Ju.52 Corporation Name: Junkers Additional Information: Germany ---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真は,SDASM Archives: "Catalog#: 01_00081586"引用。


写真(右)1934年以降,中国、中国が郵便輸送機として採用したユンカース(Junkers)Ju52/3m輸送機(--亜二十一):第一次大戦に連合国側に立って参戦した中国だったが、敗戦後のドイツは中国との貿易を重んじ、日本軍と対抗する蒋介石に乞われて、軍事顧問団も派遣している。しかし、1938年、日中戦争の初期には、ドイツは日本との同盟関係を模索し、アメリカ・イギリスと対抗する必要性から、中国への軍事援助を打ち切った。
JunkersJunkers Trimotor in China PictionID:43264972 - Title:Junkers Trimotor in China - Catalog:16_003760 - Filename:16_003760.TIF - - - - - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation
写真は,SDASM Archives: PictionID:43264972引用。


写真(右)1936年12月22日、ユーラシア大陸、中国、ユンカース(Junkers)Ju52/3m輸送機:中国への売り込みを図るために、ユンカース社が、中国にまで、Ju52/3m輸送機を飛行させ、その時の搭乗員と中国側の技師・整備員たちと記念撮影をしたようだ。第一次大戦に連合国側に立って参戦した中国だったが、敗戦後のドイツは中国との貿易を重んじ、日本軍と対抗する蒋介石に乞われて、軍事顧問団も派遣している。しかし、1938年、日中戦争の初期には、ドイツは日本との同盟関係を模索し、アメリカ・イギリスと対抗する必要性から、中国への軍事援助を打ち切った。
Eurasia Aviation Junkers Ju-52's and personnel in China 12-22-36 PictionID:43264947 - Title:Eurasia Aviation Junkers Ju-52's and personnel in China 12-22-36 - Catalog:16_003758 - Filename:16_003758.TIF - - - - - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation
写真は,SDASM Archives: PictionID:43264947引用。


写真(右)1935 - 1940年,ノルウェー、オスロ郊外、ノルウェー航空(DNL:Det Norske Luftfartselskap)、BMW132空冷星形エンジンが冷気で始動しにくいために、発進前に暖気運転するため、温風をエンジンに送り込んでいるユンカースJu 52/3m輸送機:寒冷地の飛行場では、暖気運転を助けて、エンジンの始動を容易にするための温風送風機が準備されている。
Lufthavn. 1 fly på bakken Junkers Ju 52/3m.
Fotografering: 1935 - 1940 Identifier: NL.98220114 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum
Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum
Date published: December 19, 2014 Date updated: December 19, 2014
DIMU-CODE: 021015697382 UUID: 8A055C28-B5C9-4902-A905-EE0C40528912
写真は,Norsk Luftfartsmuseum: Identifier: NL.98220114 引用。


写真(右)1936年,フィンランド、ヘルシンキ・マルミ空港 (?)、スウェーデンAB航空(AB Aerotransport :ABA)の ユンカースJu 52/3m輸送機「ヴェストマンランド」 "Västmanland"(登録コード:SE-AER ):就役した航路は、ストックホルム(Tukholma)ーマルメ(ヘルシンキ)ーハノーバー(ドイツ)の間である。飛行場にコンクリート製の航空管制塔を建設している時期で、手前の飛行機駐機場は、芝生のように見える。「ヴェストマンランド」 はストムホルム北西90キロの地域。
Ab Aerotransport -yhtiön uusi Junkers Ju 52 "Västmanland" SE-AER vuonna 1936. Konetta käytettiin mm. yöpostilentoliikenteessä Tukholma-Malmö-Hannover -linjalla.
Aineistotyyppi: ?Valokuva Organisaatio: Suomen Ilmailumuseo
Kokoelma: Finnair Oyj / Ståhle, Gunnar Inventaarionro: SIM VK 533:352 Mitat: Vedos Kuvaustiedot: 1936
写真は,Museot Finna: "SIM VK 553:81"引用。


写真(右)1936年12月16日,フィンランド、ヘルシンキ・マルミ空港 (Helsinki-Malmin lentoasema)、スウェーデンAB航空(AB Aerotransport :ABA)の ユンカースJu 52/3m輸送機「ゼーデルマンランド」 "Södermanland"(登録コード:SE-ADR):飛行場にコンクリート製の航空管制塔を建設しているが、手前の飛行機駐機場は、未舗装で泥道である。 「ゼーデルマンランド」 (Södermanland)はストムホルム西50キロの地域。
Ensimmäinen liikennelentokonekone Helsingin lentoasemalla Pietinen. Aarne, valokuvaaja
Ruotsalaisen AB Aerotransportin Junkers Ju 52 "Södermanland" SE-ADR laskeutui täsmällisesti aikataulussa Malmin lentokentälle 16.12.1936 ensimmäisenä reittikoneena. Lentokentän rakennukset olivat vielä aivan keskeneräisiä.
Aineistotyyppi: ?Valokuva Organisaatio: Suomen Ilmailumuseo Kokoelma: Finnair Oyj / Ståhle, Gunnar
Inventaarionro: SIM VK 533:381 Mitat: Vedos Kuvaustiedot: 1936-12-16 Aarne Pietinen Oy Pietinen. Aarne, valokuvaaja
写真は,Museot Finna: "SIM VK 553:81"引用。


スウェーデンAB航空(AB Aerotransport :ABA)は、1924年設立、1925年からユンカース(Junkers) F.13輸送機によって、 スウェーデンのストックホルムとベルリンを結ぶ航路の営業を開始した。ユンカースJu 52輸送機は、1932年に導入し、合計8機を購入、1948年まで使用した。アメリカのダグラス(Douglas) DC-3輸送機は、1937年から導入し、10機を購入、1948年まで使用した。

写真(上)1936年12月16日,フィンランド、ヘルシンキ・マルミ空港 (Helsinki-Malmin lentoasema)を発進し、離昇するスウェーデンAB航空(AB Aerotransport :ABA)のユンカースJu 52/3m輸送機「ゼーデルマンランド」 "Södermanland"(登録コード:SE-ADR):コンクリート製の航空管制塔やターミナルビルを建設中の時期だが、飛行滑走路は未舗装である。
Ensimmäinen liikennelentokonekone Helsingin lentoasemalla Pietinen. Aarne, valokuvaaja
Ruotsalaisen AB Aerotransportin Junkers Ju 52 "Södermanland" SE-ADR laskeutui täsmällisesti aikataulussa Malmin lentokentälle 16.12.1936 ensimmäisenä reittikoneena. Lentokentän rakennukset olivat vielä aivan keskeneräisiä.
Aineistotyyppi: ?Valokuva Organisaatio: Suomen Ilmailumuseo
Kokoelma: Finnair Oyj / Ståhle, Gunnar Inventaarionro: SIM VK 533:383 Mitat: Vedos Kuvaustiedot: 1936-12-16 Aarne Pietinen Oy Pietinen. Aarne, valokuvaaja
写真はMuseot Finna: "SIM VK 533:383"引用。



写真(右)1936-1939年,フィンランド、タンペレ南地区、ハルマラ飛行場、フィンランド航空(Aero Oy:n)のユンカースJu 52/3m輸送機「サンポ」"Sampo"(OH-ALK) 輸送機
:雪に覆われた飛行場と巨大な格納庫(ハンガー)
1936年までユンカースJu 52/3m輸送機「サンポ」" Sampo"(OH-ALK) は、双フロート装備した水上輸送機だったが、フロートを車輪と変換して陸上機に改造された。
"Korjattuja koneita Valtion lentokonetehtaan pihalla 1930-luvun lopulla Korjattuja koneita Valtion lentokonetehtaan pihalla 1930-luvun lopulla. Kuvassa mm. Aero Oy:n Junkers Ju 52/3m OH-ALK "Sampo".
Aineistotyyppi: ?Valokuva Organisaatio: Suomen Ilmailumuseo
Kokoelma: Valtion lentokonetehdas Inventaarionro: SIM VK 258:308 Kuvaustiedot: 1936-1939 Härmälä, Tampere
写真は,Museot Finna: "SIM VK 258:308"引用。


写真(上)1937年,フィンランド、タンペレ南地区、ハルマラ飛行場、フィンランド航空(Aero Oy:n)のユンカースJu 52/3m輸送機「サンポ」"Sampo"(OH-ALK) 輸送機と雪のフォッカー(Fokker) CVE:オランダのフォッカーFokker) CVEは、1924年に開発された複座偵察軽爆撃機。 アムステルダムのFokker CVE)は、ネイピア(Napier)社ライオン(Lion)液冷12気筒エンジン400 hp1基を搭載し、全備重量2,400 kg 最高速力 215 km/h、航続距離1000km、7.9ミリ機関銃3丁、爆弾搭載量 200 kg。総生産機数349機(他エンジン搭載型を含めれば955機)も生産された大戦間の傑作機で、フィンランド空軍も27機を購入した。 at Fokker in Amsterdam:Valtion Lentokonetehdas, kokoonpanohallin edessä Ju 52, Tuisku, Fokker CVE E. M. Staf, valokuvaaja 1937
Aineistotyyppi: ?Kuva Organisaatio: Museokeskus Vapriikki
Kokoelma: HM Staf Inventaarionro: HM Staf:2:823a
Kuvaustiedot: 1937-1937 Härmälä, Lentokonetehdas Tampere, Suomi E. M. Staf, valokuvaaja
写真は,Museot Finna: "HM Staf:2:823a"引用。


写真(右)1936-1939年,フィンランド、ヘルシンキ、マルミ空港、フィンランド航空(Aero Oy:n)のユンカースJu 52/3m輸送機「サンポ」"Sampo"(OH-ALK) 輸送機:直方体形状の貨物・人員輸送に便利な形態がよくわかる。1936年までユンカースJu 52/3m輸送機「サンポ」" Sampo"(OH-ALK) は、双フロート装備した水上輸送機だったが、フロートを車輪と変換して陸上機に改造された。
"Aero Oy:n Junkers Ju 52/3m OH-ALK "Sampo" Malmin lentoasemalla Aero Oy:n Junkers Ju 52/3m OH-ALK "Sampo" Malmin lentoasemalla.
Aineistotyyppi: ?Valokuva Organisaatio: Suomen Ilmailumuseo
Kokoelma: Ilmailu-lehti Inventaarionro: SIM VK 1:638
Kuvaustiedot: 1937-1939 Helsingin maalaiskunta, Helsingin lentoasema (Malmi)
写真はMuseot Finna: "SIM VK 1:638"引用。


写真(右)1933-1940年(?),ユンカースJu-52タンテ輸送機の機内に設けられた折り畳み式2段ベッド:機内の居住性は、四角の胴体断面で、双発機としては余裕がある。ベッドは12名分ほど収容可能なように見える。反面、軍用輸送機機であるために、内装や装飾はなく、簡素であり、内部構造が剥き出しになっている。
Junkers, Ju.52 Catalog #: 01_00081612 Title: Junkers, Ju.52 Corporation Name: Junkers Additional Information: Germany Designation: Ju.52 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSDASM Archives : Catalog #: 01_00081612引用。


写真(右)1939年,フィンランド、ヘルシンキ・マルミ空港 (Helsinki-Malmin lentoasema)、給油車から燃料補給中のフィリランド航空(Aero Oyj)ユンカースJu 52/3m輸送機「カレハ」 "Kaleva" (登録コード:OH-ALL ):飛行場にコンクリート製の航空管制塔・旅客ターミナルは完成しているはずだが、飛行機駐機場だけ簡易舗装をし、滑走を未舗装で雪が積もっている。 「ゼーデルマンランド」 (Södermanland)はストムホルム西50キロの地域。
Aero Oy:n Junkers Ju 52/3m OH-ALL "Kaleva" Malmin lentoasemalla Aero Oy:n Junkers Ju 52/3m OH-ALL "Kaleva" Malmin lentoasemalla. Postikorttipainatus.
Aineistotyyppi: ?Valokuva Organisaatio: Suomen Ilmailumuseo
Kokoelma: Ilmailu-lehti Inventaarionro: SIM VK 1:637 Mitat: Vedos Kuvaustiedot: 1939 Helsingin maalaiskunta, Helsingin lentoasema (Malmi)
写真は,Museot Finna: "SIM VK 1:637"引用。


写真(右)1940年,ソビエト連邦北部、ムルマンスク州ぺチェンガ(Petsamossa )、フィリランド航空(Aero Oyj)のユンカースJu 52/3m輸送機「サンポ」"Sampo"(OH-ALK) 輸送機:機体近くにはバスが横付けしているが、乗客をターミナルから運んだのであろうか。
1936年、それまでユンカースJu 52/3m輸送機「サンポ」" Sampo"(OH-ALK) は、双フロート装備した水上輸送機だったが、フロートを車輪と変換して陸上機に改造された。翌年、ドイツによるソ連侵攻の直後の1941年6月末、フィンランドは(事実上ドイツ側に立って)ソ連に侵攻したが、当時は、フィンランドもソ連も第二次大戦には参戦していない中立国だった。
"Aero Oy:n Sampo Petsamossa Ylåluostarin lentokentållå heinåkuussa 1940
Aero Oy:n Junkers Ju 52/3m /OH-ALK "Sampo" Petsamossa Ylåluostarin lentokentållå heinåkuussa 1940. Uusin ja pisin kotimainen lentoreitti oli nyt avattu liikenteelle. Taustalla Pelastusvuori. Oikealla takana lentokentån toimistorakennus.
Aineistotyyppi: ?Valokuva Organisaatio: Suomen Ilmailumuseo Kokoelma: Ilmailu-lehti
Inventaarionro: SIM VK 1:381 Vedos Kuvaustiedot: 1940 Aarne Pietinen o/y
写真は,Museot Finna: "SIM VK 1:381"引用。


写真(右)1944-1947年頃,フィンランド、ヘルシンキ・マルミ空港 (Helsinki-Malmin lentoasema)、ユンカースJu 52/3m輸送機「カハーラ」 "Karjala"(OH-LAM) 輸送機:1942年に登録コードOH-LAMを与えられ、1942年2月には「カハーラ」"Karjala".の愛称を付けられた。この巨大な旅客ターミナル・格納庫(MATKUSTAJA-TERMINAALI JA LENTOKONEHALLI)は、1944年に建設が始まり1945年3月頃に完成したようだ。
Kuva on julkaistu Nimeä-EiKaupallinen-EiMuutoksia 4.0 Kansainvälinen (CC BY-NC-ND 4.0) -lisenssillä. Verkkopalvelussa julkaistua näyttökuvaa voi käyttää vapaasti ei-kaupallisessa käytössä. Julkaisun yhteydessä on mainittava kuvaaja/kuvaamo (jos tiedossa) sekä säilyttävän organisaation ja kokoelman nimi. Kuvan käyttäjällä on vastuu yksityisyyden suojan kunnioittamisesta henkilökuvissa. Finnassa julkaistu kuva ei ole painolaatuinen. Kuvatilaukset: Suomen Ilmailumuseon valokuvapalvelu, http://ilmailumuseo.fi/valokuva-palvelu/
写真は,Museot Finna: "SIM VK 533:381"引用。


写真(右)1944-1947年頃,フィンランド、ヘルシンキ・マルミ空港 (Helsinki-Malmin lentoasema)、ユンカースJu 52/3m輸送機「カハーラ」 "Karjala"(OH-LAM) 輸送機:1942年に登録コードOH-LAMを与えられ、1942年2月には「カハーラ」"Karjala".の愛称を付けられた。この巨大な旅客ターミナル・格納庫(MATKUSTAJA-TERMINAALI JA LENTOKONEHALLI)は、1944年に建設が始まり1945年3月頃に完成したようだ。
Aero Oy:n Junkers Ju 52/3m, moottorihuolto meneillään Aero Oy:n Junkers Ju 52/3m, moottorihuolto meneillään. Tuntematon mekaanikko.
Aineistotyyppi: ?Valokuva Organisaatio: Suomen Ilmailumuseo Kokoelma: Kjeldsen, Niels
Inventaarionro: SIM VK 553:87 Kuvaustiedot: 1944-1950
写真は,Museot Finna: "SIM VK 553:87"引用。


写真(右)1944-1949年頃,フィンランド、ユンカースJu 52/3m輸送機の客室内部:1942年に登録コードOH-LAMを与えられ、1942年2月には「カハーラ」"Karjala".の愛称を付けられた機体かもしれない。
Aero Oy:n Junkers Ju 52/3m, matkustajia Aero Oy:n Junkers Ju 52/3m, matkustajia.
Aineistotyyppi: ?Valokuva Organisaatio: Suomen Ilmailumuseo
Kokoelma: Kjeldsen, Niels
Inventaarionro: SIM VK 553:8
Mitat: 24x36mm Negatiivi Kuvaustiedot: 1944-1949
写真は,Museot Finna: "SIM VK 553:8"引用。


写真(右)1933年以降,スイス北部、デューベンドル、スイス空軍所属のユンカースJu52/3m g4e軍用輸送機(登録コードA407):スイス空軍は、1939年10月、ユンカース社デッサウ工場で生産されたJu-52/3m g4e輸送機3機を購入したが、これは1939年9月1日に勃発した第二次大戦の直後である。3機の登録コードは、A-701、A-702、A-703である。
Charles Daniels Collection Photo from "German Aircraft" Album Junkers Ju 52 Dubendorf Switzerland :38237815 - Catalog:Array - Title:Array - Filename:15_002367.TIF - -------Image from the Charles Daniels Photo Collection.----Album: German Aircraft
写真は,SDASM Archives・"Catalog #: 01_00081613"引用。


スイス空軍は、1939年からユンカースJu-52/3m g4e輸送機を採用した。1939年9月1日、第二次大戦が勃発したが、この直後にスイス空軍は、ドイツのユンカース社から3機を購入している。これらの登録コードは、A-701、A-702、A-703で、1939年から1982年まで、現役で使用された長寿機となった。スイス空軍の購入したJu52は、ユンカース社デッサウ工場で生産された新品である。


3.民間航路のユンカースJu-52水上輸送機

写真(右)1931年5月27日、フィンランド、スウェーデン航空(AB Aerotransport)のユンカースJu 52/3m水上輸送機(登録コード:SE-ABG)とユンカース(Junkers)A50 ジュニア(Junior) OH-ABB
'Södermanland' ja kapt. Bremerin Junkers Pietinen. Aarne, valokuvaaja
Kapteeni Wäinö (Väinö) Bremer (1899-1964) suoritti edestakaisen Helsinki-Kapkaupunki -lennon 19.3.-21.5.1932 omistamallaan Junkers A50 Junior OH-ABB -urheilukoneella. Koneet kuvassa Junkers A50 Junior OH-ABB ja Junkers Ju 52 /3m SE-ABG AB Aerotransport (ABA). Kuva (jossa Bremer koneensa kanssa) otettu 27.5.1931 Katajanokalla.
Vähemmän ? Aineistotyyppi ?Valokuva Organisaatio Suomen Ilmailumuseo
Kokoelma Finnair Oyj / Ståhle, Gunnar Inventaarionro SIM VK 533:214
Mitat Vedos Kuvaustiedot: 1931-05-27 Aarne Pietinen Oy Pietinen. Aarne, valokuvaaja.
写真は,Museot Finna: "M016-19864"引用。


写真(右)1934年以降,ドイツ、最終製造工程のドイツ・ルフトハンザ航空のJu52/3m水上輸送機:カウリングを装備していないので、830馬力BMW132 A/T空冷星形9気筒エンジンがよくわかる。
Verksted. Bygging/montering av Junkers Ju52. Noen personer ved flyene.
Fly: Produsentland, Tyskland. Motor 830 hk. BMV 132 A/T. Vingespenn 29,25 m. Lengde 19 m. Høyde 4,52 m. Maks T-O vekt 10.977 kg. Maks hast. 266 km/t. Rekkevidde 1287 km. Ant. seter 20.
Identifier: NL.03080054 Giver/siste eier: Gyldendal Norsk Forlag sikker
Fotografering: 1934 - 1940 Avbildet sted: Tyskland
写真は,Norsk Luftfartsmuseum : "Identifier: NL.03080054 ”引用。


写真(右)1934年以降,ドイツ(?)、ドイツ・ルフトハンザ航空のJu52/3m水上輸送機からの荷物積下し作業:水上機を陸揚げしているのか、胴体の貨物積み下ろし扉が高い位置にあるので、小鋼板を設けて荷物を人力で降ろしている。手前の二人が担いでいるのは、郵便袋であろうか。
Ett fly på havet. Junkers Ju52. Flere personer med sekker ved flyet.
Fly: Produsentland, Tyskland. Motor 830 hk. BMV 132 A/T. Vingespenn 29,25 m. Lengde 19 m. Høyde 4,52 m. Maks T-O vekt 10.977 kg. Maks hast. 266 km/t. Rekkevidde 1287 km. Ant. seter 20.
Identifier: NL.03080056 Giver/siste eier: Gyldendal Norsk Forlag sikker
Fotografering: 1934 - 1940 Avbildet sted: Tyskland
写真は,Norsk Luftfartsmuseum : "Identifier: NL.03080056”引用。


写真(右)1932年6月29日,フィンランド、ヘルシンキ郊外、カタヤノッカ(Katajanokan)水上機飛行場、ユンカースJu 52/3m輸送機「カハーラ」 "Karjala"(OH-LAM) 輸送機:1942年に登録コードOH-LAMを与えられ、1942年2月には「カハーラ」"Karjala".の愛称を付けられた。
"Sampo" saapuu Helsinkiin 29.6.1932 Pietinen. A., valokuvaaja
Aero Oy:n uusi matkustajalentokone Junkers Ju 52 /3m OH-ALK "Sampo" saapui Suomeen 29.6.1932. Siirtolento tapahtui Tukholmasta Turun kautta Helsinkiin Katajanokan lentosatamaan. Kuvassa "Sampo" Katajanokan lentosatamassa. Koneen lentäjä Gunnar Lihr näkyy ohjaamossa. Ylhäällä potkurien lapojen välissä mekaanikko Backman. Aero-yhtiön uusi matkustajalentokone "Sampo", tyyppiä Junkers Ju 52/3m, on juuri saapunut yhtiön lentosatamaan Katajanokalle, Helsinkiin 28.6.1932. Koneen lensivät kotimaahan Saksan Travemöndesta ohjaaja Gunnar Lihr ja mekaanikko Backman, mukanaan 13 matkustajaa. Säännölliseen lentoliikenteeseen kone asetettiin 1.7.1932.
Aineistotyyppi: ?Valokuva Organisaatio: Suomen Ilmailumuseo Kokoelma: Finnair Oyj / Ståhle, Gunnar
Inventaarionro: SIM VK 533:196
Mitat: Vedos
Kuvaustiedot: 1932-06-29 Pietinen Pietinen. A., valokuvaaja
写真は,Musseo Finna登録・Inventaarionro:SIM VK 533:196 引用。


写真(右)1932年6月29日,フィンランド、ヘルシンキ郊外、カタヤノッカ(Katajanokan)水上機飛行場、フィンランド航空(Finnair Oyj)のユンカースJu 52/3m水上輸送機「サンポ」" Sampo"(OH-ALK) 輸送機:ヘルシンキ郊外、カタヤノッカ水上機飛行場は、1924年に創設されたが、これはヘルシンキ・マルミ空港が拡充された1936年12月まで使用された。下の写真と似ているが、停止している機首3翅プロペラの位置が異なっている。1936年にユンカースJu 52/3m水上輸送機「サンポ」" Sampo"(OH-ALK) は、双フロートを撤去して、車輪と変更して陸上機に改造された。
"Sampo" saapunut Katajanokalle 29.6.1932 Pietinen. A., valokuvaaja
Aero-yhtiön uusi matkustajalentokone "Sampo", tyyppiä Junkers Ju 52 /3m, on juuri saapunut yhtiön lentosatamaan Katajanokalle, Helsinkiin 29.6.1932. Koneen lensivät kotimaahan Saksan Travemündesta ohjaaja Gunnar Lihr ja mekaanikko Backman, mukanaan 13 matkustajaa.
Säännölliseen lentoliikenteeseen kone asetettiin 1.7.1932.
Aineistotyyppi: ?Valokuva Organisaatio: Suomen Ilmailumuseo
Kokoelma: Finnair Oyj / Ståhle, Gunnar
Inventaarionro: SIM VK 533:200 Mitat: Vedos
Kuvaustiedot: 1932-06-29 Pietinen. A., valokuvaaja
写真は,Musseo Finna登録・"SIM VK 533:200"引用。


写真(右)1932年6月,フィンランド、ヘルシンキ郊外、カタヤノッカ(Katajanokan)水上機飛行場、フィンランド航空(Finnair Oyj)のユンカースJu 52/3m水上輸送機「サンポ」" Sampo"(OH-ALK) 輸送機:ヘルシンキ郊外、カタヤノッカ水上機飛行場は、1924年に創設されたが、これはヘルシンキ・マルミ空港が拡充された1936年12月まで使用された。下の写真と似ているが、停止している機首3翅プロペラの位置が異なっている。1936年にユンカースJu 52/3m水上輸送機「サンポ」" Sampo"(OH-ALK) は、双フロートを撤去して、車輪と変更して陸上機に改造された。
matkustajia laskeutumassa Aero Oy:n OH-ALK Sampo -koneesta Katajanokan lentosatamassa; malli: Junkers Ju52/3 Pietinen, kuvaaja 1933
matkustajia laskeutumassa Aero Oy:n OH-ALK Sampo -koneesta Katajanokan lentosatamassa, malli: Junkers Ju 52/3m, nimihistoria: OH-ALK, OH-LAK syöksyi maahan Hyvinkäällä 31.10.1945
Aineistotyyppi: ?Kuva Aiheen tarkenne: malli: Junkers Ju52/3m
Aiheen paikka: Katajanokka, Helsinki Aiheen aika: 1933
Organisaatio: Museovirasto - Musketti Kokoelma: Historian kuvakokoelma Pietisen kokoelma
Inventaarionro: HK19670603:10487 Mitat:6 x 9 cm
Kuvaustiedot: 1933 Helsinki Pietinen, kuvaaja
写真は,Musseo Finna登録・"HK19670603:10487"引用。


写真(右)1932年6月29日,フィンランド、ヘルシンキ郊外、カタヤノッカ(Katajanokan)水上機飛行場、フィンランド航空(Finnair Oyj)のユンカースJu 52/3m水上輸送機「サンポ」" Sampo"(OH-ALK) 輸送機のコックピット:1936年にユンカースJu 52/3m水上輸送機「サンポ」" Sampo"(OH-ALK) は、双フロートを撤去して、車輪と変更して陸上機に改造された。
Junkers Ju 52 / 3m "Sampon" ohjaamo Pietinen. Aarne, valokuvaaja
Junkers Ju 52 / 3m "Sampon" ohjaamo. Aero-yhtiön uusi matkustajalentokone "Sampo", tyyppiä Junkers Ju 52/3m, on juuri saapunut yhtiön lentosatamaan Katajanokalle, Helsinkiin 29.6.1932. Koneen lensivät kotimaahan Saksan Travemündesta ohjaaja Gunnar Lihr ja mekaanikko Backman, mukanaan 13 matkustajaa. Saumlännölliseen lentoliikenteeseen kone asetettiin 1.7.1932.
Organisaatio: Suomen Ilmailumuseo
Kokoelma: Finnair Oyj / Ståhle, Gunnar Inventaarionro: SIM VK 533:202
Mitat: Vedos
Kuvaustiedot: 1932-06-29 Aarne Pietinen Oy Pietinen. Aarne, valokuvaaja
写真はMusseo Finna登録・"SIM VK 533:202"引用。


写真(右)1932年6月29日,フィンランド、ヘルシンキ郊外、カタヤノッカ(Katajanokan)水上機飛行場、フィンランド航空(Finnair Oyj)のユンカースJu 52/3m水上輸送機「サンポ」" Sampo"(OH-ALK) 輸送機の客室後部:機内の中央が通路、両脇に座席、座席の上に荷物棚、天井に照明と現代の旅客機の配置の原型となっている。
Junkers Ju 52 / 3m "Sampon" matkustamo Pietinen. Aarne, valokuvaaja
Junkers Ju 52 / 3m "Sampon" ohjaamo. Aero-yhtiön uusi matkustajalentokone "Sampo", tyyppiä Junkers Ju 52/3m, on juuri saapunut yhtiön lentosatamaan Katajanokalle, Helsinkiin 29.6.1932. Koneen lensivät kotimaahan Saksan Travemündesta ohjaaja Gunnar Lihr ja mekaanikko Backman, mukanaan 13 matkustajaa. Sauml;auml;nnölliseen lentoliikenteeseen kone asetettiin 1.7.1932.
Organisaatio: Suomen Ilmailumuseo Kokoelma: Finnair Oyj / Ståhle, Gunnar
Inventaarionro: SIM VK 533:201 Mitat: Vedos
Kuvaustiedot: 1932-06-29 Aarne Pietinen Oy Pietinen. Aarne, valokuvaaja
写真は,Musseo Finna登録・"SIM VK 533:201"引用。


写真(右)1933年9月11日,スウェーデン、ストックホルム郊外、リンダレーゲン、フィリランド航空(Aero Oyj)のユンカースJu 52/3m輸送機「サンポ」"Sampo"(OH-ALK) 輸送機のフロート(浮舟):ランプ(坂道)を台車に載せて引揚げた大きなフロート脇を搭乗員と乗客が歩いている。座礁や悪天候、波浪のためか、金属板が波打って損傷しているように見える。
Aftonbladet., valokuvaaja Eversti Lindbergh tarkastaa Aero Oy:n Museot Finna登録・"SIM VK 1:381"引用。




写真(右)1933年7月26日,フィンランド、ヘルシンキ郊外、フィンランド航空(Aero Oy:n)の ユンカースJu 52/3m輸送機「サンポ」 "Sampo"(登録コード:SE-AER )とイギリスのサンダース・ロー(Saunders-Roe)サロ・クラウド(Saro Cloud)飛行艇(登録コード:B-ACGD) :1929年設立サンダース・ローは、イギリス南部、ワイト島にあった飛行艇製造会社、そのサロ・クラウド(Saro Cloud)飛行艇は、33機生産された。 全幅 19,50 m、全長 15,20 m、全高 5,00 m、翌面積 60,40 平方メートル、空虚重量 2750 kg、全備重量4350 kg、アームストロング(Armstrong)Siddeley Servalエンジン(340 hp)2基、最高速力190 km/h/1900 m、巡航速力 150 km/h/1900 m、上昇限度 4270 m、航続距離 900 km 、搭乗員4名、乗客 8名程度。
Sounders & Roen kone mainoskäynnillä Helsingissä heinäkuussa 1933 Englantilaisen Sounders & Roen amfibiokone mainoskäynnillä Helsingissä 26. heinäkuuta 1933. Kuvassa Saunders-Roe A-19 Cloud SARO CLOUD
G-ACGO ja Aero Oy:n Junkers Ju 52 OH-ALK "Sampo" Katajannokan laiturissa. Saro Cloudia seurasivat Suomeen yhtiön johtajat Mr. Lord ja de Ballarden. Ruotsista tullut kone jatkoi Helsingistä edelleen Viroon.
Aineistotyyppi: ?Valokuva Organisaatio: Suomen Ilmailumuseo Kokoelma: Finnair Oyj / Ståhle, Gunnar
Inventaarionro: SIM VK 533:221
Mitat: Vedos
Kuvaustiedot: 1933-07-26 Aero Oy Aiheet: ilmailu liikennelentokoneet 1933-07-26
写真は,Museot Finna登録・"M016-19871"引用。


写真(右)1934年,フィンランド、フィンランド航空(Finnair Oyj)のユンカースJu 52/3m水上輸送機「サンポ」" Sampo"(OH-ALK):ヘルシンキ郊外、カタヤノッカ水上機飛行場は、1924年に創設されたが、これはヘルシンキ・マルミ空港が拡充された1936年12月まで使用された。上の写真と類似しているが、プロペラの停止位置が異なっている。1936年にユンカースJu 52/3m水上輸送機「サンポ」" Sampo"(OH-ALK) は、風呂t-とを撤去して、車輪と変更して陸上機に改造された様だ。
"Sampo", Junkers Ju 52 Aero Oy:n liikennelentokone Junkers Ju 52/3m OH-ALK "Sampo" lentää vuonna 1934.
Aineistotyyppi: ?Valokuva Organisaatio: Suomen Ilmailumuseo
Kokoelma: Finnair Oyj(フィンランド航空) / Ståhle, Gunnar(1902年8月24日ヘルシンキ生まれ、1980年4月20日死去の写真家) Inventaarionro: SIM VK 533:322 Kuvaustiedot: 1934 Aero Oy
写真は,Museot Finna登録・"HK19670603:10487"引用。


写真(右)1933年,ノルウェー、オスロ郊外、ノルウェー航空(DNL:Det Norske Luftfartselskap)、フィンランド航空(Finnair Oyj)のユンカースJu 52/3m水上輸送機「ナハーデン」"Najaden".(登録コード:LN-DAF) (c/n 5429):1936年6月6日にノルウェー航空(DNL:Det Norske Luftfartselskap)の D-AKIYと登録、1940年4月にオスロで"Najaden"としてD-AKIY あるいはD-AKIQと登録。
Sjøflyhavn, ett fly i vannkanten, Junkers Ju 52/3mge, LN-DAF, "Najaden". Ligger fortøyd med presenninger over motorene. Fly: Sjøfly, tremotors propellfly. c/n 5429, Tidl reg: D-AKIY. Reg . 06.06.1936 (temp 29.4.1936) DNL Fred Olsen & Bergenske A/S, Oslo."Najaden" Overtatt av tyskerne 4.40, op av Lufthansa som D-AKIY og D-AKIQ, slettet av register 19.08.1940. Senere LN-KAG.
Fotografering: 1930 - 1940 (ANT) Identifier: NL.97010474
Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695978 UUID: 74A4ECC6-E8CA-445E-962C-9A8725649310
写真は,Norsk Luftfartsmuseum登録・"NL.97010474 "引用。


写真(右)1936年,ノルウェー、ホルダラン、ベルゲン、桟橋に横付けしたノルウェー航空(DNL)所属ユンカースJu-52/3mg3e水上輸送機「ハーベン」( "Havørn":海ワシ)LN-DAE ”DET NORSK”;1935年6月7日、ルフトハンザ航空にANOP/ LN-DBE.で登録、1936年6月24日、ノルウェー航空(DNL)所属ユンカースJJu-52/3mg3e水上輸送機「ハーベン」( "Havørn":オジロワシ)LN-DAEとして登録、就役した。
Sjøflyhavn, ett fly på vannet, Junkers JU-52.LN-DAE. Flere personer i forgrunnen, flere bygninger i bakgrunnen.
Fly: Tekn data: Junkers JU 51/3m ge.ser no.4077. Lengde: 19.2m. Høyde: 7.3m. Vingespenn: 29.3m. Marsjfart: 200 km/t. Motor: 3X 830 hk BMW -132. Maks T O vekt: 10500 kg. Historie: Tidl reg: D-ANOP/ LN-DBE. Reg: 07.06.35 Lufthansa, Tyskland op av DNL Fred Olsen & Bergenske A/S Oslo "Havørn", 1936 overført til DNL totalhavari 16.06.36 Lihesten i Sogn, slettet av register 24.06.36.
Fotografering: 1936 Produsent: Furre, Wilhelm Ingolf sikker Avbildet sted: Bergen Hordaland Sandviken Identifier: NL.97010015
Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695542 UUID: 8D1627F3-D0D2-4776-A309-238DAE7F82B6
写真はNorsk Luftfartsmuseum ・Identifier: NL.97010015引用。


写真(右)1936年,ノルウェー、ホルダラン、ベルゲン、桟橋に横付けしたノルウェー航空(DNL)所属ユンカースJu-52/3m水上輸送機「ファルケン」 "Falken"LN-DAHと記念撮影した婦人:垂直尾翼には、赤地に白縁取りのインディゴブルーのスカンディナヴィア十字のノルウェー国旗が描かれている。水上機の胴体昇降口に手すりの付いた階段が桟橋に架けられている。全幅:19.2m. 全長: 7.3m. 全高: 29.3m. 最高速力: 200 km/t. 発動機: 3X 830馬力 BMV -132空冷星形9気筒エンジン. 全備重量: 10500 kg.
Sjøflyhavn. Portrett, en person foran ett fly på vannet, Junkers JU-52, (LN-DAH "Falken")?. Flere bygninger i bakgrunnen. Fotografens senere kone fotografert før hun skulle med påsin første flyreise.
Fly: Tekn data: Junkers JU 52 /3m ge. Lengde:19.2m. Høyde: 7.3m. Vingespenn: 29.3m. Marsjfart: 200 km/t. Motor: 3X 830 hk BMV -132. Maks T O vekt: 10500 kg.
Fotografering: 1936 Produsent: Furre, Wilhelm Ingolf sikker Avbildet sted: Bergen Hordaland Sandviken
Fly: Tekn data: Junkers JU 51/3m ge.ser no.4077. Lengde: 19.2m. Høyde: 7.3m. Vingespenn: 29.3m. Marsjfart: 200 km/t. Motor: 3X 830 hk BMW -132. Maks T O vekt: 10500 kg. Historie: Tidl reg: D-ANOP/ LN-DBE. Reg: 07.06.35 Lufthansa, Tyskland op av DNL Fred Olsen & Bergenske A/S Oslo "Havørn", 1936 overført til DNL totalhavari 16.06.36 Lihesten i Sogn, slettet av register 24.06.36.
Fotografering: 1936 Produsent: Furre, Wilhelm Ingolf sikker
Avbildet sted: Bergen Hordaland Sandviken Identifier: NL.97010016 Institution: Norsk Luftfartsmuseum
Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695543 UUID: FADDF80B-EDEC-49CA-8855-13EBDCF99D20
写真はNorsk Luftfartsmuseum : Identifier: NL.97010016引用。


写真(右)1936年,ノルウェー中部、トロンデラーグ地方、トロンヘイム南西15キロ、ヨンスバン(Jonsvannet)湖を静かに滑走するのノルウェー航空(DNL)所属ユンカースJu-52/3m水上輸送機「ファルケン」 "Falken"LN-DAH:全幅:19.2m. 全長: 7.3m. 全高: 29.3m. 最高速力: 200 km/t. 発動機: 3X 830馬力 BMV -132空冷星形9気筒エンジン. 全備重量: 10500 kg.
Ruteflyet Falken, Junkers Ju 52/3, på Jonsvannet
Innskr. på negativkonvolutt: "Ruteflyet Falken. Posten bringes ombord." -1936 Ifølge kartotekkort er dette på Jonsvannet.
I henh. til artikkel i Aftenposten het flyet en periode Askeladden og flyr nå i Tyskland under navnet Tante Ju. (2009).
Avbildet sted: Norge Sør-Trøndelag Trondheim Strinda Jonsvannet Fotografering: 1936
Fotograf: Schrøder Identifier: FTTF.SCH.ALF.F.06.18 Part of collection: Trøndelag Folkemus
Owner of collection: MIST Institution: Sverresborg Trøndelag Folkemuseum DIMU-CODE: 011012884410 UUID: 87AB92CB-51DA-4828-B461-4F834140AAA1
写真はNorsk Luftfartsmuseum : Identifier: FTTF.SCH.ALF.F.06.17 引用。


ノルウェー、トロンデラーグ地方の都市トロンハイム南西15キロにあるヨンスバン(Jonsvannet)湖は、面積 14.26 平方キロ、水面標高 148 m、最大長 8 km、最大幅 4.5 km、周囲 43.6 kmの長さのある淡水湖で、自動車道路でトロンハイムと結ばれているので、ここに水上機基地が設けられた。海水のフィヨルドにも水上機基地は設けられていたが、海水・海風による金属の腐食をさけ、機体の清掃に必要な淡水に恵まれていることから、ヨンスバン(Jonsvannet)湖に飛行艇や水上機の滑走路が設けられてのである。

写真(右)1936年,ノルウェー中部、トロンデラーグ地方、トロンヘイム南西15キロ、ヨンスバン(Jonsvannet)湖の桟橋に横付けしたノルウェー航空(DNL)所属ユンカースJu-52/3m水上輸送機「ファルケン」 "Falken"LN-DAHから降りる婦人乗客。手前には、ここからオスロに運ぶ荷物が手押し車に載せられている。:ヨンスバン(Jonsvannet)湖は、面積: 14.26 平方キロ、水面標高: 148 m、最大長: 8 km、最大幅: 4.5 km、周囲長: 43.6 kmの湖で、飛行艇や水上機の滑走路として使われた。 全幅:19.2m. 全長: 7.3m. 全高: 29.3m. 最高速力: 200 km/t. 発動機: 3X 830馬力 BMV -132空冷星形9気筒エンジン. 全備重量: 10500 kg.
Ruteflyet Falken, Junkers Ju 52/3, på Jonsvannet. Postsekker lempes ut av flyet.
Innskr. på negativkonvolutt:"Ruteflyet Falken. Posten bringes ombord." -1936 Ifølge kartotekkort er dette på Jonsvannet.
I henh. til artikkel i Aftenposten het flyet en periode Askeladden og flyr nå i Tyskland under navnet Tante Ju. (2009).
Avbildet sted: Norge Sør-Trøndelag Trondheim Strinda Jonsvannet Fotografering: 1936
Fotograf: Schrøder Identifier: FTTF.SCH.ALF.F.06.19 Part of collection: Trøndelag Folkemus
Owner of collection: MIST Institution: Sverresborg Trøndelag Folkemuseum Date published: March 18, 2014 Date updated: November 23, 2017 DIMU-CODE: 011012884414 UUID: 4B73F9B1-8066-4689-82FC-324E45437D10
写真はNorsk Luftfartsmuseum : Identifier: FTTF.SCH.ALF.F.06.19引用。


写真(右)1936年,ノルウェー北部、トロンヘイム南西15キロ、ヨンスバン(Jonsvannet)湖の桟橋に横付けしたノルウェー航空(DNL)所属ユンカースJu-52/3mJunkers Ju 52/3 LN-DAH水上輸送機「ファルケン」 "Falken"LN-DAHの客室で郵便袋を移動している。:室内には2列7-8座席、合計14-16名の乗客が搭乗できる。其の他に、乗客の荷物、貨物として、新聞や郵便袋などを搭載した。
Ruteflyet Falken, Junkers Ju 52/3, på Jonsvannet. Postsekker lempes ut av flyet.
Innskr. på negativkonvolutt:"Ruteflyet Falken. Posten bringes ombord." -1936 Ifølge kartotekkort er dette på Jonsvannet.
I henh. til artikkel i Aftenposten(ノルウェー大手新聞社) het flyet en periode Askeladden og flyr nå i Tyskland(ドイツ) under navnet Tante Ju. (2009).
Avbildet sted: Norge Sør-Trøndelag Trondheim Strinda Jonsvannet Fotografering: 1936
Fotograf: Schrøder
Identifier: FTTF.SCH.ALF.F.06.25 Part of collection: Trøndelag Folkemus
Owner of collection: MIST
Institution: Sverresborg Trøndelag Folkemuseum
Date published: March 18, 2014 Date updated: November 23, 2017
DIMU-CODE: 011012884406 UUID: 73D33A1D-202F-436A-9267-D6801F73CFD7
写真はNorsk Luftfartsmuseum : Identifier: FTTF.SCH.ALF.F.06.25引用。


ユンカースJu52/3m水上輸送機の諸元
全幅:19.2m.
全長: 7.3m.
全高: 29.3m.
最高速力: 200 km/t.
発動機: 3X 830馬力 BMV -132空冷星形9気筒エンジン.
全備重量: 10500 kg.

写真(右)1936年,ノルウェー中部、トロンデラーグ地方、トロンヘイム南西15キロ、ヨンスバン(Jonsvannet)湖の桟橋に横付けしたノルウェー航空(DNL)所属ユンカースJu-52/3m水上輸送機「ファルケン」 "Falken"LN-DAHの客室昇降口から郵便袋を外に出している。:右側には、乗客が作業を見物している。それにしても、桟橋の高さ調整に、木の板を渡しているだけで、既成品として地上機材が用意されているのではなく、現地で臨機応変に機材を作り出している様だ。
Ruteflyet Falken, Junkers Ju 52/3, på Jonsvannet. Postsekker(郵便袋) lempes ut av flyet.
Innskr. på negativkonvolutt:"Ruteflyet Falken. Posten bringes ombord." -1936 Ifølge kartotekkort er dette på Jonsvannet.
I henh. til artikkel i Aftenposten(ノルウェー大手新聞社) het flyet en periode Askeladden og flyr nå i Tyskland(ドイツ)under navnet Tante(叔母さん) Ju. (2009).
Avbildet sted: Norge Sør-Trøndelag Trondheim Strinda Jonsvannet Fotografering: 1936
Fotograf: Schrøder
Identifier: FTTF.SCH.ALF.F.06.30 Part of collection: Trøndelag Folkemus
Owner of collection: MIST
Institution: Sverresborg Trøndelag Folkemuseum
Date published: March 18, 2014
Date updated: November 23, 2017
DIMU-CODE: 011012884448
UUID: 450D489E-27AB-4B2E-8412-C64BD45D3CA0
写真はNorsk Luftfartsmuseum : Identifier: FTTF.SCH.ALF.F.06.30引用。


写真(右)1936年,ノルウェー中部、トロンデラーグ地方、トロンヘイム南西15キロ、ヨンスバン(Jonsvannet)湖の桟橋に横付けしたノルウェー航空(DNL)所属ユンカースJu-52/3m水上輸送機「ファルケン」 "Falken"LN-DAHから郵便袋を下ろしている。:ヨンスバン(Jonsvannet)湖は、面積: 14.26 平方キロ、水面標高: 148 m、最大長: 8 km、最大幅: 4.5 km、周囲長: 43.6 kmの湖で、飛行艇や水上機の滑走路として使われた。 全幅:19.2m. 全長: 7.3m. 全高: 29.3m. 最高速力: 200 km/t. 発動機: 3X 830馬力 BMV -132空冷星形9気筒エンジン. 全備重量: 10500 kg.
Ruteflyet Falken, Junkers Ju 52/3, på Jonsvannet. Postsekker lempes ut av flyet.
Innskr. på negativkonvolutt:"Ruteflyet Falken. Posten bringes ombord." -1936 Ifølge kartotekkort er dette på Jonsvannet.
I henh. til artikkel i Aftenposten het flyet en periode Askeladden og flyr nå i Tyskland under navnet Tante Ju. (2009).
Avbildet sted: Norge Sør-Trøndelag Trondheim Strinda Jonsvannet Fotografering: 1936
Fotograf: Schrøder Identifier: FTTF.SCH.ALF.F.06.17 Part of collection: Trøndelag Folkemus Owner of collection: MIST
Institution: Sverresborg Trøndelag Folkemuseum Date published: March 18, 2014 Date updated: November 23, 2017
DIMU-CODE: 011012884406 UUID: 73D33A1D-202F-436A-9267-D6801F73CFD7
写真はNorsk Luftfartsmuseum : Identifier: FTTF.SCH.ALF.F.06.17引用。


写真(右)1936年,ノルウェー中部、トロンデラーグ地方、トロンヘイム南西15キロ、ヨンスバン(Jonsvannet)湖の桟橋に横付けしたノルウェー航空(DNL)所属ユンカースJu-52/3m水上輸送機「ファルケン」 "Falken"LN-DAHから郵便袋など貨物を荷車に載せて運搬している。:垂直尾翼には、赤地に白縁取りのインディゴブルーのスカンディナヴィア十字のノルウェー国旗が描かれている。ヨンスバン(Jonsvannet)湖は、面積: 14.26 平方キロ、水面標高: 148 m、最大長: 8 km、最大幅: 4.5 km、周囲長: 43.6 kmの湖で、飛行艇や水上機の滑走路として使われた。
Ruteflyet Falken, Junkers Ju 52/3, på Jonsvannet. Postsekker lempes ut av flyet.
Innskr. på negativkonvolutt:"Ruteflyet Falken. Posten bringes ombord." -1936 Ifølge kartotekkort er dette på Jonsvannet.
I henh. til artikkel i Aftenposten het flyet en periode Askeladden og flyr nå i Tyskland under navnet Tante Ju. (2009).
Avbildet sted: Norge Sør-Trøndelag Trondheim Strinda Jonsvannet Fotografering: 1936
Fotograf: Schrøder Identifier: FTTF.SCH.ALF.F.06.16
Part of collection: Trøndelag Folkemus Owner of collection: MIST Institution: Sverresborg Trøndelag Folkemuseum
Date published: March 18, 2014 Date updated: November 23, 2017
DIMU-CODE: 011012884406 UUID: 73D33A1D-202F-436A-9267-D6801F73CFD7
写真はNorsk Luftfartsmuseum : Identifier: FTTF.SCH.ALF.F.06.16引用。


写真(右)1936年,ノルウェー中部、トロンデラーグ地方、トロンヘイム南西15キロ、ヨンスバン(Jonsvannet)湖の桟橋でノルウェー航空(DNL)所属ユンカースJu-52/3m水上輸送機「ファルケン」 "Falken"LN-DAHから降ろした郵便袋を手押しカートで運んできた。それを、黒塗りの郵便輸送車の後部荷物室に積載する。:黒塗りの郵便輸送車は、1932年から生産されたフォード8気筒Ford V-8エンジンを搭載した1934年型フォード(1934 Ford Flathead V8)セダン(Sedan)のようだ。
Ruteflyet Falken, Junkers Ju 52/3, på Jonsvannet. Postsekker lempes ut av flyet.
Innskr. på negativkonvolutt:"Ruteflyet Falken. Posten bringes ombord." -1936 Ifølge kartotekkort er dette på Jonsvannet. I henh. til artikkel i Aftenposten het flyet en periode Askeladden og flyr nå i Tyskland under navnet Tante Ju. (2009).
Avbildet sted: Norge Sør-Trøndelag Trondheim Strinda Jonsvannet Fotografering: 1936
Fotograf: Schrøder Identifier: FTTF.SCH.ALF.F.06.31 Part of collection: Trøndelag Folkemus
Owner of collection: MIST Institution: Sverresborg Trøndelag Folkemuseum Date published: March 18, 2014 Date updated: November 23, 2017
DIMU-CODE: 011012884451 UUID: AED60318-6B2B-47C1-BD21-ADC34E73915A
写真はNorsk Luftfartsmuseum : Identifier: FTTF.SCH.ALF.F.06.31引用。


写真(右)1930-1940年,ノルウェー、オスロ郊外、グレスホルメン島、ドイツ・ルフトハンザ航空ユンカースJu 52/3m水上輸送機(登録コード:D-AB?)
Sjøflyhavn, ett fly Junkers Ju 52/3mge fra Lufthansa. Ligger ved kai. Fly: Sjøfly, tremotors propellfly. Lufthansa
Fotografering: 1930 - 1940
Avbildet sted: Oslo Oslo Gressholmen Identifier: NL.97010482
Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum
Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695986 UUID: 43466C7A-9610-46DB-9D1A-15BDF47A27F2
写真は,Norsk Luftfartsmuseum: "NL.97010482 "引用。


写真(右)1930-1950年,ノルウェー、ユンカースJu 52/3mge(水上)輸送機の操縦席:正・副パイロットの席に各々操縦桿がついているが、古い方は一つの操縦桿を、左右の操縦者の正面に移動して運転した。
Fra cockpit, instrumenter div. til Junkers Ju 52/3mge.
Fly: Tremotors propellfly. Interiør Cockpit.
Fotografering: 1930 - 1950 Avbildet sted: Oslo Oslo Gressholmen
Identifier: NL.97010485 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum
Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695989 UUID: 56541DFB-0164-4E51-8A6A-8FFD8E959B6C
写真は,Norsk Luftfartsmuseum: "NL.97010485"引用。


写真(右)1936 - 1940年,ノルウェー、オスロ上空を飛行するノルウェー航空ユンカースJu 52/3m水上輸送機「ハベーン」"Havørn"(海鷲)(登録コード:LN-DAE) (c/n 4077):1935年6月7日、ノルウェー航空(DNL)が購入したユンカースJu52水上輸送機は、登録コードD-ANOP.(LN-DBE). を与えられた。1936年6月16日、「ハベーン」"Havørn"(海鷲)として就役した。
Luftfoto, ett fly Junkers Ju 52/3mge LN-DAE "Havørn". Bebyggelse, tettsted under. Fly: Sjøfly, tremotors propellfly. c/n 4077, Tidl reg; D-ANOP. (LN-DBE). Reg: 07.06.1935 DNL Fred Olsen & Bergenske A/S, Oslo."Havørn" Totalhavari Lihesten i Sogn, 16.06.1936, . Slettet av register 24.06.36.
Fotografering: 1935 - 1936 Identifier: NL.97010480
Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum
Date published: December 18, 2014 Date updated: April 26, 2015
DIMU-CODE: 021015695984 UUID: 80EBD3F3-5052-4DBF-9F65-276740766155
写真は,Norsk Luftfartsmuseum: "NL.97010480"引用。


写真(右)1936 - 1940年,ノルウェー、オスロ郊外、ユンカースJu 52/3m水上輸送機「ファルケン」"Falken"(LN-DAH) (c/n 5489):1936年7月1日、ノルウェー航空(DNL)が購入したユンカースJu52水上輸送機は、登録コード D-AKIYを与えられた。1940年4月にこの登録コードは削除され、1941年6月15日、ドイツに接収されD-AQUIとなった。その後、 LN-KAF./ HC-ABS/ N130 LV/ N52JU/ D-CDLH。
Luftfoto, ett fly i luften, Junkers Ju 52/3mg2e, LN-DAH, "Falken". Hav og tettsted/by sees nedenfor.
Fly: Sjøfly, tremotors propellfly. c/n 5489,Tidl reg: D-AQUI. Regd. 01.07.1936 DNL Fred Olsen & Bergenske A/S, Oslo. Overtatt av tyskerne 4.40, op av Lufthansa som D-AQUI,slettet av register 15.06.1940. Senere LN-KAF./ HC-ABS/ N130 LV/ N52JU/ D-CDLH..
Fotografering: 1936 - 1940 Identifier: NL.97010344
Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum
Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695849 UUID: 24214ABC-95F4-4903-B0AE-7BFC10771223
写真は,Norsk Luftfartsmuseum: "NL.97010466"引用。


写真(右)1936 - 1940年,ノルウェー、オスロ郊外、ユンカースJu 52/3m水上輸送機「ナハーデン」"Najaden"(LN-DAF)(c/n 5429):1936年6月6日、登録コード D-AKIYを与えられ、ノルウェー航空(DNL)ユンカースJu 52/3m輸送機「カハーラ」 "Karjala"の愛称で使われた。 このJu52水上輸送機の登録コードLN-DAFは、1940年4月に削除された。1940年4月19日、 ドイツに接収されたため、D-AKIY と D-AKIQとなったのである。
Luftfoto, Ett fly i luften, LN-DAF, DNL "Najaden" Junkers Ju 52/3mge. Landskap under. Fly: Tremotors propellfly. c/n 5429, ex D-AKIY. Reg: 06.06.1936 (temp 29.04.1936) DNL Fred Olsen & Bergenske A/S Oslo, namn "Najaden". Overtatt av tyske tropper på
Fornebu 04.1940, slettet av register 19.04. 1940 op av Lufthansa D-AKIY og D-AKIQ. senere LN-KAG.
Fotografering: 1936 - 1940 Identifier: NL.97010344 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum
Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695849 UUID: 24214ABC-95F4-4903-B0AE-7BFC10771223
写真は,Norsk Luftfartsmuseum: "NL.97010344 "引用。


写真(右)1936 - 1940年,ノルウェー、オスロ郊外、ユンカースJu 52/3m水上輸送機「ナハーデン」"Najaden"( LN-DAF)(c/n 5429):1936年6月6日、登録コード D-AKIYを与えられ、ノルウェー航空(DNL)ユンカースJu 52/3m輸送機「カハーラ」 "Karjala"の愛称で使われた。 このJu52水上輸送機の登録コードLN-DAFは、1940年4月に削除された。1940年4月19日、 ドイツに接収されたため、D-AKIY と D-AKIQとなったのである。
Luftfoto, Ett fly i luften, LN-DAF. DNL. "Najaden" Junkers Ju 52/3mge. Landskap med bebyggelse under.
Fly: Sjøfly, tremotors propellfly. c/n 5429, ex D-AKIY. Reg: 06.06.1936 (temp 29.04.1936)DNL Fred Olsen & Bergenske A/S Oslo, namn "Najaden". Overtatt av tyske tropper på Fornebu 04.1940, op Lufthansa D-AKIY og D-AKIQ. Slettet av register 19.08.1940LN-KAG.senere LN-KAG.
Fotografering: 1936-1940 Identifier: NL.97010345 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum
Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014 DIMU-CODE: 021015695850 UUID: 2D7954CF-C799-4CFC-B8D3-8521765164D2
写真は,Norsk Luftfartsmuseum: "NL.97010345"引用。


写真(右)1930 - 1950 年,ノルウェー、水上機基地に引揚げられたノルウェー航空(DNL)所属ユンカースJJu-52/3mg3e水上輸送機「ファルケン」"Falken" LN-DAH ;水しぶきがかからないようにか、陸上型よりもエンジンナセルが大型で、後方の開口部がない。エンジンカバーで覆われたBMW132Hは830hpの空冷星形9気筒エンジン3基には2翅プロペラがついているが、そのカバーはない。台座に載せられているフロート上には、左右1名が記念写真に納まっている。
Sjøflyhavn, ett fly på bakken, Junkers Ju 52/3mg3e. Presenninger over motorene. to personer ved flyet. Litt av ett annet fly sees i bakgrunnen.
Fotografering: 1936 - 1940 (Ant) Identifier: NL.97010472
Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum
Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695976 UUID: 8FBC3111-7BD0-4643-8C55-BA50F192D1C8
写真はNorsk Luftfartsmuseum : Identifier: NL.97010472引用。


写真(右)1936 - 1938 年,ノルウェー、水上機基地に引揚げられたノルウェー航空(DNL)所属ユンカースJJu-52/3mg3e水上輸送機;後方の開口部がない。機首のエンジンカウリング状に二人の整備員らしい人物が記念写真に納まっている。
Sjøflyhavn, ett fly på bakken, Junkers Ju 52/3mg3e. Presenninger over motorene. to personer ved flyet. Litt av ett annet fly sees i bakgrunnen.
Lufthavn, ett fly på bakken, Junkers Ju 52/3mg2e. Motorene dekket med presenninger. to personer sitter på en av motorene. Litt av ett annet fly sees i bakgrunnen.LN-DAG Sikorsy S-43. fra DNL
Fotografering: 1936 - 1938 NL.97010460
Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695976 UUID: 8FBC3111-7BD0-4643-8C55-BA50F192D1C8
写真はNorsk Luftfartsmuseum : Identifier: NL.97010460引用。


写真(右)1937 - 1940年,ノルウェー、オスロ郊外、ドイツ・ルフトハンザ航空ユンカースJu 52/3mg2e水上輸送機「ファルケン」 "Falken"LN-DAH(c/n 5489):1936年7月1日、D-AQUIは、ノルウェー航空(DNL)に登録された。
Sjøflyhavn, Ett fly Junkers Ju 52/3mg2e LN-DAH "Falken". Flere personer ved flyet Fly: Sjøfly, tremotors propellfly. c/n 5489, Tidl reg D-AQUI. Reg 01.07.1936 DNL Fred Olsen & Bergenske A/S, Oslo."Falken" Overtatt av tyskerne 4.40, op av Lufthansa som D-AQUI,slettet av register 15.06.1940.senere LN-KAF./HC-ABS/N130LW/N52JU/D-CDLH.
Fotografering: 1936 - 1940 Identifier: NL.97010443
Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum
Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695947 UUID: 8F1C9AA0-7BB1-4D70-96B2-48F45757A3AB
写真は,Norsk Luftfartsmuseum: "NL.97010471"引用(他引用不許可)。


写真(上)1937 - 1940年,ノルウェー、オスロ郊外、埠頭に駐機する 830 馬力 BMW- 132空冷星形エンジン3基装備のユンカースJu 52/3mge水上輸送機「ナハディン」"Najaden"(LN-DAF)(no 5429)と左奥に着水するJU52/3mge水上輸送機「ファルケン」"Falken" LN- DAH (no 5489) とユンカースJu W.34hi, LN-DAB水上機「トルメン」"Ternen". (右) :Ju W.34水上機は、650馬力 BMW-132空冷星形エンジン1基搭載、全長10.3m. 全高 3.5m. 全幅 18.5m、最高速力 233 km/h、全備重量 3200 kg。1936年6月6日、ノルウェー航空に、ユンカースJu52水上輸送機(登録コードLN-DAF, 元のD-AKIY)が登録され、愛称「ナハディン」"Najaden" となった。しかし、1940年4月9日、ドイツのノルウェー侵攻で徴用され、8月19日、ドイツに鹵獲され、再び D-AKIYに戻った。
Sjøflyhavn, tre fly på vannet. I forgrunnen, Junkers JU-52/3mge, LN-DAF "Najaden". Bak, Junkers JU 52/3mge LN- DAH "Falken" og JU W.34hi, LN-DAB "Ternen".
Fly: LN-DAF, ser no 5429, LN-DAH ser no 5489 tekn data: Lengde: 19.2m. Høyde: 7.3m. Vingespenn: 29.3m. Marsjfart: 200 km/t. Motor: 3X 830 hk BMW- 132. Maks T O vekt: 10500 kg. Tekn data LN-DAB Lengde:10.3m.
Høyde: 3.5m. Vingespenn: 18.5m. Marsjfart: 233 km/t. Motor: 1X 650 hk BMW-132. Maks T O vekt: 3200 kg. Historie LN-DAB tidl reg LN-DBA. Reg: 01.06.35 DNL Fred Olsen & Bergenske A/S Oslo, "Ternen" 06.40 beslaglagt av tyskerne etter krigen fikk DNL flyet tilbake, slettet av register 13.07. 46.
Historie: LN-DAF, tidl reg D-AKIY. Reg 06.06.36 DNL Fred Olsen & Bergenske A/S Oslo "Najaden", overtatt av Tyske tropper på Fornebu 09.04.40, slettet av register 19.08.40, tilbakeført som D-AKIY, 09.04.40, slettet av register 19.08.40, tilbakeført som D-AKIY, LN-KAG.
Historie LN-DAH ser no 5489, tidl reg D-AQUI. Reg: 01.07.36 DNL Fred Olsen & Bergenske A/S Oslo "Falken", 28.06.38 fortøyningsuhell Tromsø, overtatt av Tyske tropper på Fornebu 09.04.40, slettet av register 15.06.40 tilbakeført som D-AQUI senere LN-KAF/ HC-ABS / N130LW / N52JU / D-CDLH. Historie LN-DAB ser no 2832
Ett fly på havet i sakte fart, Junkers Ju 52/3mge LN-DAI "Hauken". Data Ju 52/3mge LN-DAI. Reg: 13.09.37 DNL Fred Olsen og Bergenske A/S Oslo."Hauken", slettet av register 04.02.40 skulle leies ut til Marinens Flyvåpen som F.400 (Påmalt) Beslaglagt av tyskerne 09.04.40,tatt i bruk som LN-DAI, senere D-AQUB, Havarert 01.03.43 Hommelvik.
Identifier: NL.97010017 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum
Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695981 UUID: 8995D4A6-6645-4057-97B3-9D9F64199963
写真は,Norsk Luftfartsmuseum: "NL.97010017"引用(他引用不許可)。


写真(右)1937 - 1940年,ノルウェー、オスロ郊外、ドイツ・ルフトハンザ航空ユンカースJu 52/3mge水上輸送機:駐機する 830 馬力 BMW- 132空冷星形9気筒エンジン3基装備を整備する。
ett fly i vannkanten, Junkers Ju 52/3mg3e. Flere personer, mekanikere, en står i en stige.
Fotografering: 1936 - 1940 Identifier: NL.97010471
Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum
Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695975 UUID: A0E7040B-F5FC-492C-8712-C2B2B969B2AB
写真は,Norsk Luftfartsmuseum: "NL.97010471"引用。


写真(右)1937 - 1940年,ノルウェー、オスロ郊外、ユンカースJu 52/3m水上輸送機「ファルケン」"Falken"(登録コード:LN-DAH、製造番号c/n:5489):1937年9月13日、ノルウェー航空(DNL)が購入したユンカースJu52水上輸送機は、登録コード LN-DAI 、愛称「ハウケン」"Hauken" を与えられた。オスロとベルゲンを結ぶ航路に就役した。1940年2月4日、ノルウェー海軍に徴用された。その後、登録コード D-AQUBとなったが、1943年3月1日、難破して喪失。
Ett fly på havet i sakte fart, Junkers Ju 52/3mge LN-DAI "Hauken". Data Ju 52/3mge LN-DAI. Reg: 13.09.37 DNL Fred Olsen og Bergenske A/S Oslo."Hauken", slettet av register 04.02.40 skulle leies ut til Marinens
Flyvåpen som F.400 (Påmalt) Beslaglagt av tyskerne 09.04.40,tatt i bruk som LN-DAI, senere D-AQUB, Havarert 01.03.43 Hommelvik.
Identifier: NL.97010477
Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum
Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695981 UUID: 8995D4A6-6645-4057-97B3-9D9F64199963
写真は,Norsk Luftfartsmuseum: "NL.97010477"引用。


写真(右)1937-1940年,ノルウェー、オスロ郊外、ユンカースJu 52/3m水上輸送機「ファルケン」"Falken"(LN-DAI)(c/n 5489):1937年9月13日、ノルウェー航空(DNL)が購入したユンカースJu52水上輸送機は、登録コード LN-DAI 、愛称「ハウケン」"Hauken" を与えられた。1940年2月4日、ノルウェー海軍に徴用された。その後、登録コード D-AQUBとなったが、1943年3月1日、難破して喪失。
Ett fly på havet i sakte fart, Junkers Ju 52/3mge LN-DAI "Hauken".
Data Ju 52/3mge LN-DAI. Reg: 13.09.37 DNL Fred Olsen og Bergenske A/S Oslo."Hauken", slettet av register 04.02.40 skulle leies ut til Marinens
Flyvåpen som F.400 (Påmalt) Beslaglagt av tyskerne 09.04.40,tatt i bruk som LN-DAI, senere D-AQUB, Havarert 01.03.43 Hommelvik.
Identifier: NL.97010477
Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum
Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695981 UUID: 8995D4A6-6645-4057-97B3-9D9F64199963
写真は,Norsk Luftfartsmuseum: "NL.97010477"引用。


写真(右)1930 - 1950 年,ノルウェー、オスロ、桟橋に停泊中のスカンジナビア航空(SAS:Scandinavian Airlines System)ユンカースJu 52/3mg3e輸送機のBMW132空冷星形9気筒エンジンの整備
Sjøflyhavn, ett fly i vannkanten, JFotografering: 1930 - 1950 Avbildet sted: Oslo Oslo Gressholmen
unkers Ju 52/3mg3e, fra lufthansa. Flere personer ved flyet. Flytebrygge/kai.
Identifier: NL.97010468 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum
Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: July 17, 2015
DIMU-CODE: 021015695972 UUID: 95505444-3C12-4BC4-B79F-A0ED7E66DA3F
写真はNorsk Luftfartsmuseum : Identifier: NL.97010468引用。


写真(右)1930 - 1950 年,ノルウェー、オスロ、ガントリークレーンを使って港に引揚げられたユンカースJu 52/3mg3e輸送機;奥には、船舶が停泊中で、その乗客らしい人物がJu52を見物している。
Ett fly, Junkers Ju 52/3mg3e, henger i en heisekran. Flere personer ved flyet. Litt av overbygg påen båt i bakgrunnen.
Fotografering: 1930 - 1950 Identifier: NL.97010464
Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum
Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695968 UUID: 7A4289BE-6E94-4FEB-A171-A654342AAE48
写真はNorsk Luftfartsmuseum : Identifier: NL.97010464引用。


写真(右)1930 - 1950 年,ノルウェー、ユンカースJu 52/3mg3e輸送機から取り外したBMW132空冷星形9気筒エンジンの整備;BMW132Hは830hpの空冷星形9気筒エンジンだったが、より高出力を発揮できるブラモ323R(1200hp)に強化されることはなかった。
Interiør, inne i verksted. en person, ettersyn på flymotor for propelldrift. Motoren tilhører Junkers Ju 52/3mg3e.
Ettersyn av motor til Ju 52/3mg3e. Fotografering: 1930 - 1950 (Ant)
Identifier: NL.97010462 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum
Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695966 UUID: 5636F9ED-F411-417A-8C8F-048A3CDB131E
写真はNorsk Luftfartsmuseum : Identifier: NL.97010462 引用。


写真(右)1930 - 1950 年,ノルウェー、オスロ、海岸の水上機基地に引揚げられたノルウェー航空(DNL)のユンカースJu 52/3mg7e水上輸送機(LN-KAG)は、当初「ナハディン」“Najaden”、後に「ベスレフリック」“Veslefrikk”となった。 ;右の陸地から、スロープ(ランプ)が海中に伸びていて、水上機や飛行艇が浅瀬に接岸しやすくなっている。
1 fly på bakken, Junkers Ju 52 3mg7e, LN-KAG, skrått bakfra. En person stå oppe på flyet og holder i en av antennene. Bygninger bak.
Fotografering: 1947 - 1955 Aksesjon: 1998
Giver/siste eier: Marinemuseet sikker Informant : Eriksen, Jan A.
Identifier: NL.98130012 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum
Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015697061 UUID: EAE8D265-6724-4D9D-8027-8EEEFF4ECC50
写真はNorsk Luftfartsmuseum : Identifier: NL.98130012引用。


1940年4月9日、ドイツのノルウェー侵攻に呼応して、ノルウェーの政治家ヴィドクン・クヴィスリングVidkun Quisling)は、自らを首班とする臨時政府を樹立し、1942年2月には、アドルフ・ヒトラーの下で、クヴィスリングは首相に任命され、ノルウェーは親ドイツ傀儡政権が支配するようになった。また、ブローム・ウント・フォス(Blohm & Voss)BV 222飛行艇試作機V1は、1941年8月19日までの7回の運航で、ハンブルクとノルウェー北部のヒルケネス間を合計65トンの貨物、負傷者221名をの負傷兵を運んだ。総飛行距離は3万キロに達した。BV222飛行艇は、地球海方面面では、1941年10月16日から11月6日の17回の運航で、北アフリカに派遣されたドイツ・アフリカ軍団に対する物資を補給した。

  写真(右)1930 - 1950 年,ノルウェー、桟橋のノルウェー航空(DNL)所属ユンカースJu-52/3m水上輸送機「ファルケン」"Falken" LN-DAH ;水飛沫がかからないようにか、陸上型よりもエンジンナセルが大型で、後方の開口部がない。BMW132Hは830hpの空冷星形9気筒エンジン3基が起動し、2翅プロペラが回転している。
Sjøflyhavn, 1 fly, Junkers Ju-52/3m LN-DAH "Falken" fra DNL.
Fly: Tremotors propellfly, sjøfly. C/n 5489/130714.
Bruker, DNL/SAS - tidligere Luftwaffe. Produsentland, Tyskland. Motor 830 hk. BMV 132 A/T. Vingespenn 29,25 m. Lengde 19 m. Høyde 4,52 m. Maks T-O vekt 10.977 kg. Maks hast. 266 km/t. Rekkevidde 1287 km. Ant. seter 20.
Interiør, inne i verksted. en person, ettersyn på flymotor for propelldrift. Motoren tilhører Junkers Ju 52/3mg3e.
Ettersyn av motor til Ju 52/3mg3e.
Fotografering: 1930 - 1950 (Ant) Identifier: NL.97010462 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum
Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014
DIMU-CODE: 021015695966 UUID: 5636F9ED-F411-417A-8C8F-048A3CDB131E
写真はNorsk Luftfartsmuseum : Identifier: NL.99240104。


写真(右)1933 - 1950 年,アルゼンチン、ブエノスアイレス、浮きドックに収容されて整備を受けるコンドル・シンジゲートの航空便輸送航路に就いているJu 52/3mg3e水上輸送機(登録コード:PP-CBB);BMW132エンジン3基装備のJu52/3m輸送機は、1932年5月の初飛行以来、1947年半ばの生産終了までに4,845機が生産され、ヨーロッパ中の航空会社で使用された傑作機である。
henry cord meyer image pictionid61653091 - catalogcondor syndicate junkers ju 52 at floating dock port of buenos aires argentina lufthansa mail service. - titlearray - filenamemeyer0481.tif--Image from the Henry Cord Meyer Collection-
写真はSDASM Archives: pictionid:61653091引用。


写真(右)1933 - 1950 年,中南米、コンドル・シンジゲートの航空便輸送航路に就役しているJu 52/3mg3e水上輸送機(登録コード:PP-CBB);BMW132エンジン3基装備のJu52/3m輸送機は、1932年5月の初飛行以来、1947年半ばの生産終了までに4,845機が生産され、ヨーロッパ中の航空会社で使用された傑作機である。
henry cord meyer image pictionid61653103 - catalogjunkers ju 52 of the condor syndicate lufthansa mail service. - titlearray - filenamemeyer0482.tif--Image from the Henry Cord Meyer Collection
写真はSDASM Archives: pictionid:61653103引用。


写真(右)1933 - 1950 年,ブラジル航空(コンドル・シンジゲート)所属のJu 52/3mg3e水上輸送機(登録コード:PP-CBB);BMW132エンジン3基装備のJu52/3m輸送機は、1932年5月の初飛行以来、1947年半ばの生産終了までに4,845機が生産され、ヨーロッパ中の航空会社で使用された傑作機である。
henry cord meyer image pictionid61652172 - cataloga junkers ju 52 of the brazilian airline condor syndicate equipped with floats. - titlearray - filenamemeyer0410.tif
写真はSDASM Archives: pictionid:61652172引用。


写真(右)1933-1934年頃,大河の桟橋に接岸したコロンビア空軍のユンカースJu52/3m水上輸送機とユンカースW-34水上輸送機 :操縦室、エンジンにはカバーがかけられている。飛行場の整備・維持よりも淡水河川を利用したほうが広い範囲に安価に水上機基地を設けることができる。しかし、機体に大きなフロートを装着するので、飛行性能は低下する上に、乗客の乗り降り・貨物の搭載・運搬には手間がかかる。
Junkers, Ju.52 Catalog #: 01_00081550 Title: Junkers, Ju.52 Corporation Name: Junkers Additional Information: Germany
Panzerbeto 5y This is not a K.30. It is a Ju 52 3/m of the first series. Initially built as single engined but was transformed in factory to the tri-motor configuration after this proved better seller. This is number 622 of the Colombian Air Force, and the location most likely in the Putumayo or Caqueta River during the early 1930s (likely 1933, shortly after the war with Peru). The plane behind is a Junkers W-34 also of the FAN (Fuerza Aerea Nacional), as was called then the Colombian military aviation corps.
写真は,SDASM Archives: Catalog #: 01_00081587引用。



4.第二次世界大戦中のドイツ空軍ユンカースJu-52輸送機「タンテ」

写真(右)1939年9月,ポーランド,ドイツ空軍のユンカースJu-52タンテ輸送機
Polen, Reichsgebiet, Ostpreußen.- deutscher Feldflugplatz mit Transportflugzeugen Junkers Ju 52; PK Lw 1 Polen Dating: September 1939 Photographer: Amphlett, Eduard 撮影。
写真はドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・Bild_101I-317-0053-18引用(他引用不許可)。


1938年,ドイツ空軍は250機のJu 52を配備していたが、ルフトハンザ航空からの移譲も含めて第二次大戦開戦時の1939年9月には、552機のJu 52を配備していた。1939年から1944年にかけて, 2.804機のJu 52がドイツ空軍に納品された。

Ju-52輸送機の生産機数1939年: 145機; 1940年: 388機; 1941年: 502機; 1942年:503機; 1943年:887機; 1944年:379機である。1944年夏段階で、ドイツ空軍には稼働可能なJu-52輸送機100機から200機があった。

ユンカースJu-52輸送機は,1940年代には旧式化していたが,大量生産されていた上に,信頼性が高く,使い易い飛行機だった。後継機は,搭載量,速度,航続距離の上でも,より高性能だったが,ドイツ軍の主力輸送機は,終戦までJu-52だった。

ドイツ空軍は,フランス侵攻には、アルベルト・ケッセリング将軍の第二航空軍,フーゴー・シュペルレ将軍の第三航空軍をあて,そこに双発爆撃機1120機,単発Ju-87急降下爆撃機シュツーカ342機,複葉Hs-123襲撃機42機,単発Me-109戦闘機1016機,双発Me-110戦闘機248機を配備した。1940年5月10日0430,ケルン郊外の航空基地をユンカースJu-52輸送機41機が離陸,輸送機は各々1機のDFS-230グライダーを曳航していた。グライダーには,1機当たり8-12人の降下猟兵(空挺隊員)が搭乗していた。このドイツ空軍の空挺部隊が,ベルギーのマース川の要衝マーストリヒト近くのエバン・エマール要塞に降下し,ベルギー兵士1200人の守備していた近代的な要塞を,その日のうちに攻略した。

⇒写真集Album:第二次大戦中のユンカース(Junkers)Ju52輸送機を詳しく見る。


5.第二次大戦後に運航したユンカースJu52輸送機

写真(右)1945 - 1960 年,ノルウェー、ソラ、スタヴァンゲルの水上機基地、スカンジナビア航空ノルウェー航空(DNL)のユンカースJu 52/3mge水上輸送機(LN-KAI)「パイク」“Peik” (c/n 3257);ドイツ空軍Ju 52水上輸送機(8A-AK)は、第二次大戦後のノルウェーがLN-KAI「パイク」“Peik”として使用した。Ju 52/3mge 輸送機ZS-AFA とすれば、この機体(AFA)は1934年製で、南アフリカ航空が使用した機体で、後に陸上型になったはずである。
Sjøsjøflyhavn, Ett fly henger i heisekran, Junkers JU52/3mge, bl.a. merket AFA. En del utstyr. Fotografering: 1945 - 1960 Avbildet sted: Stavanger Sola Identifier: NL.97010359 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: February 12, 2016 DIMU-CODE: 021015695864 UUID: C9C1751C-6578-4381-9CF6-535361282969
写真はNorsk Luftfartsmuseum ・Identifier: NL.97010359引用。


ドイツ空軍のユンカースJu52水上輸送機は、第二次大戦後、ノルウェーが戦利品として8機を挑発した。ノルウェーのユンカースJu52輸送機(Junkers Ju 52/3m in Norway)は、ノルウェーの登録コードを LN-KAB (c/n 7229)、 LN-KAD (c/n 130712)、 LN-KAE (c/n 130704)、LN-KAG、LN-KAH (c/n 7215)、 LN-KAI “Peik” (c/n 3257)として使用された。

写真(右)1946 - 1956年,垂直尾翼にノルウェー航空(DNL)とスカンジナビア航空(SAS:Scandinavian Airlines System)の旗をユンカースJu 52/3mg7e 水上輸送機(登録コード:LN-KAB)「テュリハンス」 "Tyrihans":この機体は製造番号c/n 7229として、初めはドイツ空軍(LuftWaffe)、次にノルウェー空軍(Luftforsvaret)に1949年3月30日にオスロを拠点に使用された。その時に、登録コードLN- KAB、愛称 「テュリハンス」"Tyrihans" を与えられた。このJu 52水上輸送機(LN-KAB)は1948年にスクラップにされた。
Ett fly, Junkers Ju 52/3mg7e LN-KAB "Tyrihans", henger i heisekran. Kaidekke i forgrunnen. Røyk fra dampbåter bak.
Ett fly, Junkers Ju 52/3mg7e LN-KAB "Tyrihans", henger i heisekran. Kaidekke i forgrunnen. Røyk fra dampbåter bak.
Fly: Sjøfly, tremotors propellfly. c/n 7229, ex LuftWaffe /7229 Luftforsvaret . Regd. 30.03.1949 Det Norske Luftfartsselskap A/S, Oslo. LN- KAB "Tyrihans" luftdyktigbevis utløp 14.09.47, slettet av register 25.05.48 , tatt ut av bruk og kassert.
Fotografering: 1946 - 1948 Identifier: NL.97010418 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014 DIMU-CODE: 021015695922 UUID: 4491409B-C15F-4DA6-B984-BC4D4B89B481
写真は,Norsk Luftfartsmuseum登録・" NL.97010418 "引用。


ノルウェーのユンカースJu52水上輸送機が、スクラップにされたのは、 LN-KAB (c/n 7229)は1946年、 LN-KAD (c/n 130712)は1950年、 LN-KAE (c/n 130704)は1950年、LN-KAGは1956年、LN-KAH (c/n 7215)、 LN-KAI “Peik” (c/n 3257)は1948年である。ノルウェーでのドイツ軍Ju52水上輸送機中古機の使用期間は、1年間が1機、3年間が2機、5年間が2機、11年間が2機である。

写真(右)1946年,ノルウェー、ノルウェー空軍(Royal Norwegian Air Force :RNoAF) 所属のユンカースJu 52/3m輸送機(LN-KAE)Ju 52/3m輸送機(LN-KAE)は1950年にスクラップにされた。
Lufthavn, 1 fly på bakken foran hangarbygning, Junkers Ju 52 3m fra RNoAF. Fotografering: 1946 Production place: Stjørdal Nord-Trsjøndelag Vernes sikker Aksesjon: 1999 Giver/siste eier: Klepp, Rune Identifier: NL.99050005 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 19, 2014 Date updated: December 19, 2014 DIMU-CODE: 021015697437 UUID: B773E509-93D3-4E49-973B-7B76AEBB65BE
写真は,Norsk Luftfartsmuseum登録・"NL.97010477"引用。


写真(右)1946年,ノルウェー、オスロ、垂直尾翼にノルウェー航空(DNL)とスカンジナビア航空(SAS:Scandinavian Airlines System)の旗をユンカースJu 52/3mg2e水上輸送機(登録コード:LN-KAE):この機体は、元々ドイツ空軍のJu52軍用輸送機で、830馬力BMV 132空冷エンジン3基装備、全幅 29,25 m. 全長 19 m. 全高 4,52 m. 最大重量10.977 kg. 最高速力 266 km/hの陸上機型だったが、水上機型に変換したようだ。デンマーク・ノルウェー・スウェーデンの合同したスカンジナビア航空(SAS:Scandinavian Airlines System)の名前が入っている。この合併会社の設立は1945年に決まり、1946年に実現した。
Lufthavn, 1 sjøfly står på land, Junkers JU 52 3mg 7d, LN-KAE "Pål" fra DNL A/S Oslo. 1 hangarbygning i bakgrunnen. Fotografering: 1946 - 1949 Aksesjon: 1999 Informant : Bodø Luftfartshistoriske Forening Giver/siste eier: Luftfartsverket Identifier: NL.99180188 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 19, 2014 Date updated: December 19, 2014 DIMU-CODE: 021015697983 UUID: EEE18E13-AE9D-4FAF-9EEF-6A012A1443D4
写真は,Norsk Luftfartsmuseum登録・" NL.99180188 "引用。


写真(右)1946年,垂直尾翼にノルウェー航空(DNL)とスカンジナビア航空(SAS:Scandinavian Airlines System)の旗をユンカースJu 52/3mg2e水上輸送機(登録コード:LN-KAE):この機体は、元々ドイツ空軍のJu52軍用輸送機で、830馬力BMV 132空冷エンジン3基装備、全幅 29,25 m. 全長 19 m. 全高 4,52 m. 最大重量10.977 kg. 最高速力 266 km/hの陸上機型だったが、水上機型に変換したようだ。デンマーク・ノルウェー・スウェーデンの合同したスカンジナビア航空(SAS:Scandinavian Airlines System)の名前が入っている。この合併会社の設立は1945年に決まり、1946年に実現した。1950年にスクラップにされた。
1 fly på bakken, Junkers JU 52 3mg3e, LN-KAE "PÅ L", sett ovenfra. Flere personer står oppstilt ved den ene flotttøren. Litt av annet fly bak. Fotografering: 1946 - 1949 Aksesjon: 1998 Giver/siste eier: Marinemuseet sikker Informant : Eriksen, Jan A. Identifier: NL.98130010 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014 DIMU-CODE: 021015697059 UUID: C3A63D94-AE96-4B1E-B06C-C798AE16A8FA
写真は,Norsk Luftfartsmuseum登録・" NL.98130010"引用。


写真(右)1946年頃,ノルウェー、ノルウェー空軍(Royal Norwegian Air Force :RNoAF) 所属のユンカースJu52水上輸送機(LN-KAE):Ju52(LN-KAE)は1950年にスクラップにされた。
Lufthavn (flyplass/sjøflyhavn. Ett fly på bakken, Ju-52 LN-KAF fra SAS før sjøsetting. Production place: Stjørdal Nord-Trsjøndelag Vernes sikker Fotografering 1946 - 1960 (CA) Identifier:NL.08020008 Part of collection:Norsk Luftfartsmuseum Date published:December 18, 2014 Date updated:December 18, 2014 DIMU-CODE:021015694038
写真は,Norsk Luftfartsmuseum登録・Identifier:NL.08020008 引用。


写真(右)1946年,垂直尾翼にノルウェー航空(DNL)とスカンジナビア航空(SAS:Scandinavian Airlines System)の旗をユンカースJu 52/3mg2e水上輸送機(登録コード:LN-KAF):この機体は、元々ドイツ空軍のJu52軍用輸送機で、830馬力BMV 132空冷エンジン3基装備、全幅 29,25 m. 全長 19 m. 全高 4,52 m. 最大重量10.977 kg. 最高速力 266 km/hの陸上機型だったが、水上機型に変換したようだ。デンマーク・ノルウェー・スウェーデンの合同したスカンジナビア航空(SAS:Scandinavian Airlines System)の名前が入っている。この合併会社の設立は1945年に決まり、1946年に実現した。
1 fly, Junkers Ju 52 3mg2e, LN-KAF/LN-DAH, ligger stille på havet, ved land. Bruker, DNL/SAS - tidligere Luftwaffe. Produsentland, Tyskland. Motor 830 hk. BMV 132 A/T. Vingespenn 29,25 m. Lengde 19 m. Høyde 4,52 m. Maks T-O vekt 10.977 kg. Maks hast. 266 km/t. Fotografering: 1946 Aksesjon: 1998 Giver/siste eier: Marinemuseet sikker Informant : Eriksen, Jan A. Identifier: NL.98130009 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014 DIMU-CODE: 021015697058 UUID: 6A59B1FD-D4DD-4B1E-A8F0-FA22C6F4014A
写真は,Norsk Luftfartsmuseum登録・" NL.98130009."引用。


スカンジナビア航空(SAS:Scandinavian Airlines System)のユンカースJu 52/3mg2e水上輸送機(登録コード:LN-KAF、製造番号C/n 5489/130714)は、元々ドイツ空軍のJu52軍用輸送機で、830馬力BMV 132空冷エンジン3基装備、全幅 29,25 m. 全長 19 m. 全高 4,52 m. 最大重量10.977 kg. 最高速力 266 km/h、航続距離1287kmの陸上機型だったが、水上機型に変換したようだ。デンマーク・ノルウェー・スウェーデンの合同したスカンジナビア航空(SAS:Scandinavian Airlines System)の名前が入っている。この合併会社の設立は1945年に決まり、1946年に実現した。

写真(右)1946 - 1956年,垂直尾翼にノルウェー航空(DNL)とスカンジナビア航空(SAS:Scandinavian Airlines System)の旗をユンカースJu 52/3mg2e水上輸送機(登録コード:LN-KAF):胴体側面にデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの合同したスカンジナビア航空(SAS:Scandinavian Airlines System)の名前が入っている。この合併会社の設立は1945年に決まり、1946年に実現した。
1 fly, Junkers JU 52 3mg2e, LN-KAF fra DNL A/S Oslo, ligger stille på havoverflata, ved land. Flere bygninger i bakgrunnen. Fotografering 1946 - 1956 Aksesjon 1999 Informant : Bodø Luftfartshistoriske Forening .
写真は,Norsk Luftfartsmuseum登録・Identifier:NL.99180189 引用(他引用不許可)。


スカンジナビア航空(SAS:Scandinavian Airlines System)は、スカンジナビア諸国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの合同した航空会社。1918年にノルウェー航空DNL(Det Norske Luftfarsrederi)、1918年にデンマーク航空DDL(Det Danske Luftfarselskab)、1924年にスウェーデンABA(AB Aerotransport)が設立された。1940年6月に上記3社の統合が議論されるも、第二次大戦のドイツによるノルウェー侵攻で、民間航空の役割が変わってしまう。結局、第二次世界大戦の終了後、1946年8月にスカンジナビア航空(SAS:Scandinavian Airlines System)が設立され、9月から営業を開始した。

写真(右)1946 - 1948年,ノルウェー、オスロ、海岸の水上機基地に接岸するノルウェー航空(DNL)のユンカースJu 52/3mg g8e水上輸送機(登録コード:LN-KAD)「ぺル」"Per";左には、スロープ(ランプ)が海中に伸びていて、水上機や飛行艇が浅瀬に接岸しやすくなっている。フロートの尾部に整備員らしい人物が立っているが、これと比較すると水上機が大きくみえる。Ju 52水上輸送機(LN-KAD)は1950年にスクラップにされた。
Sjøflyhavn, 1 sjøfly stå r på land, Junkers Ju 52 3mg g8e, LN-KAD "Per" fra DNL A/S Oslo. 1 person foran flyet. Fotografering: 1946 - 1948 Aksesjon: 1999 Informant : Bodø Luftfartshistoriske Forening Identifier: NL.99180186 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 19, 2014 Date updated: December 19, 2014 DIMU-CODE: 021015697981 UUID: A4E128EB-8AE6-4B53-BA74-56640D2ED6DE
写真はNorsk Luftfartsmuseum ・Identifier: NL.99180186 引用。


写真(右)1947 - 1955 年,ノルウェー、オスロ、海岸の水上機基地に接岸するノルウェー航空(DNL)のユンカースJu 52/3mg3e水上輸送機(LN-KAG)は、当初「ナハディン」“Najaden”、後に「ベスレフリック」“Veslefrikk”となった。 ;右の陸地から、スロープ(ランプ)が海中に伸びていて、水上機や飛行艇が浅瀬に接岸しやすくなっている。
fly, Junkers Ju 52 3mg7e, LN-KAG "Veslefrikk" fra DNL A/S Oslo, ligger stille på havoverflata, ved land. Flere personer ved halepartiet. Fotografering: 1947 - 1955 Aksesjon: 1999 Informant : Bodø Luftfartshistoriske Forening Identifier: NL.99180191 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 19, 2014 Date updated: December 19, 2014 DIMU-CODE: 021015697986 UUID: 2A536037-B97D-44A8-9212-6FBFC9182CDF
写真はNorsk Luftfartsmuseum ・Identifier: NL.99180191引用。


写真(上)1948年,ノルウェー、トロンハイム西30キロ、ソール・トロンデラーグ(Sør-Trøndelag)水上機基地の桟橋に接岸しているノルウェー航空(DNL)のユンカースJu 52/3mg7e水上輸送機(LN-KAG)は、当初「ナハディン」“Najaden”、後に「ベスレフリック」“Veslefrikk”となった。 ;右の陸地から、スロープ(ランプ)が海中に伸びていて、水上機や飛行艇が浅瀬に接岸しやすくなっている。
Innskr. på negativkonvolutt:"Flyhavna Hommelvik" -1948 Identifier: FTTF.SCH.K.008825.01 Subject: Hommelvik Sjøflyhavn Avbildet sted: Norge Sør-Trøndelag Malvik Hommelvik Fotografering: 1948 Fotograf: Schrøder Identifier: FTTF.SCH.K.008825.01 Part of collection: Trøndelag Folkemus Owner of collection: MIST Institution: Sverresborg Trøndelag Folkemuseum Date published: March 18, 2014 Date updated: November 23, 2017 DIMU-CODE: 011012903150 UUID: FE849169-D51C-44FA-B094-1D2F67E54803
写真はNorsk Luftfartsmuseum ・FTTF.SCH.K.008825.01引用。


写真(上)1946 - 1947 年,ノルウェー、オスロ(?)、海上をゆっくりタキシングするスカンジナビア航空ノルウェー航空(DNL)のユンカースJu 52/3mg3e水上輸送機(LN-KAI)「パイク」“Peik” (c/n 3257);Ju 52/3mg3e水上輸送機(LN-KAI)「パイク」“Peik” (c/n 3257)は,1946年7月17日にノルウェー航空が購入, 1948年5月25日からノルウェー航空も加わったスカンジナビア空港(SAS)の下で運航。垂直尾翼にはDNLとあるが、その方向舵の旗は、ノルウェー国旗と葉異なっている。
1 fly, Junkers Ju 52 3mg3e, LN-KAI, i sakte fart påhavoverflate, sett fra siden, nær land. Flere bygninger bak.Fotografering: 1946 - 1947 Aksesjon: 1998 Giver/siste eier: Marinemuseet sikker Informant : Eriksen, Jan A. Identifier: NL.98130013 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014 DIMU-CODE: 021015697062 UUID: EA4943BA-5335-48E3-9CED-9D1F5BDEAE1D
写真はNorsk Luftfartsmuseum ・Identifier: NL.98130013引用。


写真(右)1946-1950年頃,ノルウェー、トロンハイム西30キロ、離水するノルウェー航空(DNL)のユンカースJu 52/3mg7e水上輸送機;二つのフロート(浮舟)は、海上にあり、機体が持ち上がっていることが分かる。参加口が海まで迫っているノルウェー西岸に陸上飛行場を作るのは難しかったが、フィヨルドの内部は風さえなければ、波が穏やかで、岩礁もなく、水上機の離着水場所として最適だった。
Sjøfly(水上機) lander eller tar av. Utgitt av Harstad's forlag. Identifier: FTTF.TSM.0055 Subject: Sjøfly lander eller tar av. Identifier: FTTF.TSM.0055 Part of collection: Trøndelag Folkemus Owner of collection: MIST Institution: Sverresborg Trøndelag Folkemuseum Date published: March 19, 2014 Date updated: November 23, 2017 DIMU-CODE: 011012924069 UUID: 6AD69AAB-01B5-4513-A258-E66B7D826478
写真はNorsk Luftfartsmuseum ・FTTF.TSM.0055 引用。


写真(右)1946年以降,ノルウェー、オスロ郊外、ノルウェー航空(DNL)ユンカースJu 52/3mg7e輸送機(LN-KAE)
Halepartiet på to fly som står på bakken, sett ovenfra. Bygning bak. Flyet foran, LN-KAE Junkers Ju 52 3mg7e Fotografering: 1946 - 1949 Aksesjon: 1998 Giver/siste eier: Marinemuseet sikker Informant : Eriksen, Jan A. Identifier: NL.98130014 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014 DIMU-CODE: 021015697063 UUID: 5ACB0ED3-6A31-43E9-BA57-44C35BD0CB18
写真は,Norsk Luftfartsmuseum登録・"NL.97010477"引用(他引用不許可)。


写真(右)1946年,ノルウェー、オスロ郊外、ノルウェー航空(DNL)ユンカースJu 52/3m輸送機「ベスレフリック」"Veslefrikk" コックピットの風防を開けて乗り出している搭乗員:「ベスレフリック」"Veslefrikk"の名称は、今日、ノルウェー沖の深度185mから海底油田を掘削する半潜水型フローティングユニット(Veslefrikk A)の名称になっている。
Landskap. Tromsø, Skattoslash;ra. To personer på toppen av et fly, Junkers 52, "Veslefrikk" fra DNL Subject: Landskap. Tromsø, Skattoslash;ra. To personer på toppen av et fly, Junkers 52, "Veslefrikk" fra DNL Landskap. Tromsø , Skattøra. To personer inspiserer en flymotor på et fly, Junkers 52 fra DNL Fotografering: 1950 - 1956 Eierskap Giver/siste eier: Bodø Luftfartshistoriske Forening sikker Tidligere eier : Trondsen, Torstein sikker Formidler av gave eller kjøp : Markussen, Hans H Litteraturreferanse: Fra Nielsen & Winther til Boeing 747, Norske sivilregistrerte fly 1919-1998 av Kay Hagby Identifier: NL.14140276 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: June 2, 2016 Date updated: June 2, 2016 DIMU-CODE: 021016465709 UUID: 87DB1596-0956-4121-81F0-27226667D687
写真は,Norsk Luftfartsmuseum登録・"Identifier: NL.14140276 "引用(他引用不許可)。


写真(右)1946年,ノルウェー、オスロ郊外、ノルウェー航空(DNL)ユンカースJu 52/3m輸送機(「ベスレフリック」"Veslefrikk"?) のBMW132空冷星形9気筒エンジンの整備をカバンを抱えた搭乗員が視ている。
Landskap. Tromsø, Skattoslash;ra. To personer inspiserer en flymotor på et fly, Junkers 52 fra DNL Fotografering: 1950 - 1956 Eierskap Giver/siste eier: Bodø Luftfartshistoriske Forening sikker Tidligere eier : Trondsen, Torstein sikker Formidler av gave eller kjøp : Markussen, Hans H Identifier: NL.14140275 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: June 2, 2016 Date updated: June 2, 2016 DIMU-CODE: 021016465708 UUID: 89775698-8A62-4602-BE82-9FDA53800DD6
写真は,Norsk Luftfartsmuseum登録・"Identifier: NL.14140275 "引用(他引用不許可)。


写真(右)1946年,ノルウェー、ユンカースJu 52/3m輸送機の後部客室
Flyinteriør, Junkers JU 52. Inne i flycabinen, tomme seter, bagasjehyller under taket. Aksesjon: 1998 Giver/siste eier: Marinemuseet sikker Informant : Eriksen, Jan A. Identifier: NL.98130006 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014 DIMU-CODE: 021015697056 UUID: 2CAAAC57-C47D-452B-BA67-DA95B5D8DF2B
写真は,Norsk Luftfartsmuseum登録・"Identifier: NL.98130006"引用。


写真(右)1946年,ノルウェー、ユンカースJu 52/3m輸送機の前部客室
Flyinteriør, Junkers JU 52. Inne i flycabinen, tomme seter, bagasjehyller under taket. Aksesjon: 1998 Giver/siste eier: Marinemuseet sikker Informant : Eriksen, Jan A. Identifier: NL.98130007 Part of collection: Norsk Luftfartsmuseum Owner of collection: Norsk Luftfartsmuseum Institution: Norsk Luftfartsmuseum Date published: December 18, 2014 Date updated: December 18, 2014 DIMU-CODE: 021015697056 UUID: 2CAAAC57-C47D-452B-BA67-DA95B5D8DF2B
写真は,Norsk Luftfartsmuseum登録・"Identifier: NL.98130007 "引用。


⇒写真集Album:第二次大戦中のユンカース(Junkers)Ju52輸送機をさらに見る。


6.現在保管・展示中のユンカースJu52輸送機

写真(右)2007年,ドイツ空軍の迷彩塗装を施したスペインのカサCASA352輸送機(ユンカースJu52輸送機のスペイン使用(登録コード:F-AZJU):ユンカースJu52/3m輸送機(登録コード:F-AZJU)は、原型はユンカース社Ju52輸送機だが、スペインのカサ(CASA)でライセンス生産した機体で、CASA 352輸送機と呼ばれる。発動機はENMASA BETA3空冷星形750馬力3基だが、これも原型のBMW132空冷星形エンジンをスペインでライセンス生産したもの。
Description English: Junkers Date 8 July 2007 Source Own work Author TSRL
写真は,Wikimedia Commons, F-AZJU (aircraft)・File:Junkers Ju52b 2007.jpg引用。


ユンカースJu52/3m輸送機(登録コード:F-AZJU)は、ユンカース(Junkers)Ju52輸送機をスペインのカサ(CASA)でライセンス生産した機体で、スペインではCASA 352 L輸送機と呼ばれている。この機体は、1943年製造(製造番号:c/n 164)で、発動機はENMASA BETA3空冷星形9気筒エンジン3基を装備。このエンジンも原型は、BMW132空冷星形9気筒エンジンで、それをスペインでライセンス生産したもの。スペインのCASA 352 L(Ju52/3m)輸送機は、1952年になっても生産されていた。

写真(右)2009年,飛行するドイツ空軍の迷彩塗装を施したスペインのカサCASA352輸送機(ユンカースJu52輸送機のスペイン使用(登録コード:F-AZJU):ユンカースJu52/3m輸送機(登録コード:F-AZJU)は、原型はユンカース社Ju52輸送機をスペインのカサ(CASA)でライセンス生産したCASA 352輸送機で1943年製造、発動機はENMASA BETA3 (BMW132のスペインライセンス生産)750馬力 3基装備。
Description Deutsch: Junkers JU-52 3M F-AZJU über der Hahnweide 2009 Date 6 September 2009 Source Own work Author MarkusundMeli
写真は,Wikimedia Commons, F-AZJU (aircraft)・File:JU52 Hahnweide2009.jpg引用。


写真(右)2015年,整備中のスペインのカサCASA352輸送機(ユンカースJu52輸送機のスペイン使用(登録コード:F-AZJU):ユンカースJu52/3m輸送機(登録コード:F-AZJU)は、原型はユンカース社Ju52輸送機をスペインのカサ(CASA)でライセンス生産したCASA 352輸送機で1943年製造、発動機はENMASA BETA3 (BMW132のスペインライセンス生産)750馬力 3基装備。
Description Français : Junkers Ju 52/3me F-AZJU de l'amicale Jean-Baptiste Salis. Date 20 September 2015, 15:38:29 Source Own work Author Duch
写真は,Wikimedia Commons, F-AZJU (aircraft)・File:Junkers Ju 52-3me F-AZJU - AJBS.jpg引用。


写真(右)飛行中のユンカースJu52輸送機(元の登録コード:D-AQUI、復元後D-CDLH) :原型となったJu52は、初飛行1930年の旧式機で、民間航路での運用開始は1935年から始まった。乗員2名、乗客18名まで搭乗できる。このJu52は、エンジン3基とも3翅プロペラを装備。
Junkers, Ju.52 Catalog #: 01_00081584 Title: Junkers, Ju.52 Corporation Name: Junkers Additional Information: Germany
写真は, SDASM Archives・Catalog #: 01_00081584引用。


写真(右)飛行中のユンカースJu52輸送機(元の登録コード:D-AQUI、復元後D-CDLH) :現存でもドイツ・ルフトハンザ航空で使用されているユンカースJu52輸送機(登録コード:D-CDLH)は、1936年(製造番号5489)に、ドイツ・ルフトハンザ航空で登録コードD-AQUIとして就役。その後、ノルウェー航空(DNL)が購入し、登録コードLN-KAFとして就役。1940年のドイツのノルウェー侵攻で、ドイツ軍が摂取したが、戦後、ノルウェー軍が取り返した。その後、エクアドル航空アマゾナスに売却され、登録番コードC-ABSとして就役。その後、1984年、ドイツ・ルフトハンザ航空が再購入し、「テンペルホーフ」D-AQUIとしてデモ飛行用に使用。
Junkers, Ju.52 Catalog #: 01_00081588 Title: Junkers, Ju.52 Corporation Name: Junkers Additional Information: Germany
写真は, SDASM Archives・Catalog #: 01_00081588引用。


写真(右)2014年,ドイツ、ケルン=ボン飛行場のユンカースJu52輸送機D-AQUI:このJu52は、エンジン3基とも3翅プロペラを装備している。
Description Deutsch: Alte Ju am Flughafen Köln Bonn Vorfeld T1 Date 12 July 2014, 09:10:31 Source Own work Author Jotpe
写真は,Wikimedia Commons, Category:D-CDLH (aircraft)・File:Alte Ju am Flughafen Köln Bonn 2014-07-12 1.jpg引用。


現存でもドイツ・ルフトハンザ航空で使用されているユンカースJu52輸送機(登録コード:D-CDLH)は、1936年(製造番号5489)に、ドイツ・ルフトハンザ航空で登録コードD-AQUIとして就役。その後、ノルウェー航空(DNL)が購入し、登録コードLN-KAFとして就役。1940年のドイツのノルウェー侵攻で、ドイツ軍が摂取して使用した。

ユンカースJu52輸送機(登録コード:D-CDLH)は、第二次大戦後、ノルウェー軍が取り返した。その後、ノルウェーからエクアドル航空アマゾナスに売却され、登録番コードC-ABSとして就役した。1984年、ドイツ・ルフトハンザ航空が、創業60周年の記念事業の一環として、再購入し、「テンペルホーフ」D-AQUIとして観光用やデモ飛行用に使用している。

写真(右)2011年,イギリス、ケンブリッジシャー、ダックスフォード飛行場で開催された空の神話(Flying Legends 2011) で飛行したユンカースJu52輸送機「ベルリン・テンペルホーフ」”Berlin Tempelhof ”(D-AQUI):原型となったJu52は、初飛行1930年の旧式機で、民間航路での運用開始は1935年から始まった。乗員2名、乗客18名まで搭乗できる。このJu52は、エンジン3基とも3翅プロペラを装備している。搭乗員6名(操縦士2名・機関士3名・客室乗務員1名)、乗客は16名が搭乗する。
Description JU52 - Flying Legends 2011 Date 9 July 2011, 15:24
Source JU52 - Flying Legends 2011 Author Tim Felce (Airwolfhound)
写真は, Wikimedia Commons, Category:D-CDLH (aircraft)・File:JU52 - Flying Legends 2011 (6491891427).jpg引用。


現存、飛行可能なユンカースJu52輸送機D-CDLHは、1936年に製造されたもので、製造番号は5489、ドイツ・ルフトハンザ航空の登録コードは、D-AQUIだった。その後、ノルウェー航空(DNL)が購入し、登録コードLN-KAFとなった。1940年のドイツによるノルウェー侵攻で、ドイツ軍に摂取されたものの、戦後、ノルウェー軍が取り返している。その後、エクアドル航空アマゾナスに売却され、登録番コードC-ABSとなったが、航空ファンのアメリカ人が買い取り、補修されて”Iron Annie”の愛称で登録コードN52JUとして復活した。その後、1984年ドイツ・ルフトハンザ航空が創立60周年記念に購入した。

写真(右)2017年,イギリス、ケンブリッジシャー、ダックスフォード飛行場で開催された空の神話(Flying Legends 2011) で飛行したユンカースJu52輸送機「ベルリン・テンペルホーフ」”Berlin Tempelhof ”(D-AQUI)の下面:このJu52は、エンジン3基とも3翅プロペラを装備している。
Description Description Deutsch: Die Ju 52 (D-AQUI) bei einem Rundflug öber Köln.
Date 19 May 2013 Source Own work Author Rolf Heinrich, Köln.
写真は,Wikimedia Commons, Category:D-CDLH (aircraft)・File:Ju 52 (D-AQUI) öber Köln. 2013-05-19 002.jpg引用。


1984年にJu52輸送機を買い戻したドイツ・ルフトハンザ航空は、創業を始めたベルリン・テンペルホフ飛行場を記念して、このJu52-3mを「テンペルホーフ」と命名し、登録コードD-CDLHとなったが、初代登録コードD-AQUIを機体に表記した。ルフトハンザ航空では、飛行可能なJu52輸送機「テンペルホーフ」を遊覧飛行や展覧飛行に使用している。

写真(右)2007年,ドイツ・ルフトハンザ航空のユンカースJu52輸送機「ベルリン・テンペルホーフ」”Berlin Tempelhof ”(D-AQUI)胴体・主翼に取り入れられているジュラルミン製波板:ユンカース社が第一次大戦中に考案したジュラルミン製波板外板は、胴体、主翼を覆っている。波板外板(は、平板よりも堅牢で強度が高いため、骨格に使用する鋼管フレームを減少させ、重量軽減、胴体容積拡大に有利だった。
ription Deutsch: Ju52 Date 21 July 2007 Source Own work Author Johannes D.
写真は,Wikimedia Commons, Category:D-CDLH (aircraft)・File:Ju 52.JPG引用。


ユンカース社は、第一次大戦中にジュラルミン製波板外板を考案した。波板外板でで胴体、主翼を作れば、平外板で作るよりも、強度が高く、頑丈な構造にすることが可能である。当時は、機体の骨格に鋼管フレームを使用するが、波板外板を使用すれば、鋼管数を減少させ、重量軽減、胴体容積拡大に有効である。

写真(右)2000年,ドイツ・ルフトハンザ航空のユンカースJu52輸送機「ベルリン・テンペルホーフ」”Berlin Tempelhof ”(D-AQUI)胴体のジュラルミン製波板:ユンカース社が第一次大戦中に考案したジュラルミン製波板外板は、胴体、主翼を覆っている。波板外板(は、平板よりも堅牢で強度が高いため、骨格に使用する鋼管フレームを減少させ、重量軽減、胴体容積拡大に有利だった。
Description Junkers Date 6 July 2008, 23:48 Source Junkers Author English: Aleksandr Markin
写真は,Wikimedia Commons, Category:D-CDLH (aircraft)・File:Junkers (3154817249).jpg引用。


特に、輸送機の場合、貨物室・客室の床板は平板であり、有効活用できる容積形状は直方体に近い。他方、強度を確保するには、胴体も円筒構造が有利である。したがって、波板外板を活用すれば、強度と構造の面で、直方体に近い胴体を作ることができて、旅客・貨物の輸送に便利である。

写真(右)2000年,ドイツ・ルフトハンザ航空のユンカースJu52輸送機「ベルリン・テンペルホーフ」”Berlin Tempelhof ”(D-AQUI)の正操縦士席からの眺め:天井部分もガラス張りで視界が良い。操縦席側方窓は、開閉式になっている。搭乗員6名(操縦士2名・機関士3名・客室乗務員1名)、乗客は16名が搭乗する。
English: Junkers Ju 52 at Berlin Tempelhof Airport, May 2000 Date 1 June 2017, 13:27:11 Source Own work Author Peter Kersten
写真は,Wikimedia Commons, Category:D-CDLH (aircraft)・File:Ju 52 Tempelhof 03.jpg引用。


秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話: レトロな航空機「ユンカース Ju52」でフランクフルト上空を散策 (2/4)(2011年11月02日 13時00分 公開)には次のようにある。
 帰国便(LH710)の出発時間が午後1時40分だったので、私たちは午前中の11時からのフライトを予約。滞在していた空港近くのホテルに朝9時45分にタクシーを呼んで、郊外にあるエーゲルスバッハ飛行場へ向かう。10時過ぎに到着すると、同じ便に搭乗する人たちがすでにチェックイン手続きを開始していた。

地元の人たちもいたが、大半は外国からの観光客である。このレトロな航空機を懐かしんで集まってきただけに、やはり年配者が多い。
 「この何とも言えない独特のフォルムが好きでねえ」と話すのは、夫人を伴ってイタリア・ローマからフランクフルトにやってきたという66歳の男性だ。「去年に続いて、また乗りにきちゃったよ」

写真(右)2000年,ドイツ、ベルリン・テンペルホーフ飛行場、ドイツ・ルフトハンザ航空のユンカースJu52輸送機「ベルリン・テンペルホーフ」”Berlin Tempelhof ”(D-AQUI)の操縦士席の計器盤:3発エンジンなので、計器盤の中央部にエンジン関連計器は3個ずつある。また、複座式操縦席なので、左右の計器盤には、速度計・高度計など原則1個で済むものも左右(正副)1個ずつ2個が対照的に並んでいる。
English: Junkers Ju 52 at Berlin Tempelhof Airport (Cockpit), May 2000 Date 1 June 2017, 13:27:11 Source Own work Author Peter Kersten
写真は,Wikimedia Commons, Category:D-CDLH (aircraft)・File:Ju 52 Tempelhof 03.jpg引用。


出発時間の20分前に搭乗開始がアナウンスされ、飛行場に駐機している機体にターミナルから歩いて向かうが、すぐに乗り込む人は誰もいない。古い友人に久しぶりに会ったかのように、みんな愛おしげに機体に手を触れている。その様子を笑顔で見つめていたのは、グランドスタッフ役のクラウディア・シュタインさんだ。
「最初にこうやってJu52と触れ合っていただく時間を確保するために、搭乗案内をわざと早めにしているんですよ」(秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話: レトロな航空機「ユンカース Ju52」でフランクフルト上空を散策 (2/4)(2011年11月02日 13時00分 公開)引用終わり)

写真(右)2000年,ドイツ・ルフトハンザ航空のユンカースJu52輸送機「ベルリン・テンペルホーフ」”Berlin Tempelhof ”(D-AQUI):搭乗員6名(操縦士2名・機関士3名・客室乗務員1名)、乗客は16名が搭乗する。内装は現代にも通用するソファーに改められている。
English: Junkers Ju 52 at Berlin Tempelhof Airport (Cabin), May 2000 Date 1 June 2017, 13:27:12 Source Own work Author Peter Kersten
写真は,Wikimedia Commons, Category:D-CDLH (aircraft)・File:Ju 52 Tempelhof 07.jpg引用。


秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話: レトロな航空機「ユンカース Ju52」でフランクフルト上空を散策 (4/4)(2011年11月02日 13時00分 公開)には次のようにある。
 フライト時間は約30分間で、料金は1人199ユーロ(約2万500円=2011年10月現在)。フランクフルト近郊の上空をぐるっと1周して戻るのだが、景色を楽しむというより、Ju52でのフライトそのものに酔いしれている人が圧倒的に多い。この遊覧飛行の実施期間は、毎年4月の初めから10月の終わりまで。運航は毎日だが、月に3回、機体のメンテナンスデーを設けているという。

「観光シーズンでどんなに予約が殺到しても、ひと月に3日だけは羽を休ませます。少しでも長く活躍してもらうために、運航乗務員もメカニックも、社員たちはJu52をみんな家族のように大切に扱っています」

 再びエーゲルスバッハ飛行場に降り立った私を出迎えてくれたシュタインさんは、そう言ってコクピットを指さした。見上げると、キャプテン自らがコクピットの窓をあけ、雑巾で窓ガラスを拭いている。その様子を写真に撮ろうとすると、彼は「こんなシーンを撮らないでくれよ」と言いながら、笑顔で小さなポーズをとってくれた。(引用終わり)

写真(右)1940-1981年、飛行中のスイス空軍ユンカースJu-52/3m g4e輸送機(登録コード:A-703) :スイス空軍ユンカースJu-52/3m g4e輸送機(登録コード:A-703)元は、1939年10月にドイツ、ユンカース社デッサウ工場で生産され、スイス空軍が購入した軍用機型のJu-52/3mg4e輸送機。スイス空軍で、1939年から1982年8月まで、登録コードA-703として練習機・輸送機として使用されていた。その後、スイス空軍は、Ju52(A-703)をスイスの航空会社JUエア(JU-Air)に貸与し、登録コードHB-HOPとして遊覧体験飛行用に使用。
Junkers, Ju.52 Catalog #: 01_00081584 Title: Junkers, Ju.52 Corporation Name: Junkers Additional Information: Germany
写真は, SDASM Archives・Catalog #: 01_00081584引用。


スイス空軍も1939年からユンカースJu-52/3m g4e輸送機を3機購入した。これは、登録コードがA-701、A-702、A-703で、これらの機体は、1939年10月にドイツ、ユンカース社デッサウ工場で生産された新品である。スイス空軍は、1939年から、1982年8月まで、登録コードA-703として練習機・輸送機として使用した。旧式化していたものの、信頼性に優れ、使いやすい機体だったためである。

その後、スイス空軍は、Ju52(A-703)をスイスの航空会社JUエア(JU-Air)に貸与し、登録コードHB-HOPとして遊覧体験飛行用に使用している。これはJu52輸送機のファンが世界中にあり、飛行中の姿を見たい、乗機してみたい、飛行体験してみたいという需要にこたえ、商業ベースでも機体を維持する価値があるためである。

写真(右)2011年5月,スイス、ユーエアが運航するユンカースJu52輸送機3mg4e(民間登録コード:HB-HOT):このJu52は、1939年、ドイツのユンカース飛行機デッサウ工場で製造された機体。BMW132A空冷星形エンジン3基装備、全長18.9m、全幅29.25m、全高6.10m、巡行速度180キロ、燃料2500L搭載、航続時間最長6時間。2018年8月に事故で墜落したが、それまでに飛行時間1万時間に達した。
Description 35ab - Ju Air Junkers Ju 52; HB-HOT@ACH;08.08.1998 Date 25 May 2011, 22:33 Source 35ab - Ju Air Junkers Ju 52; HB-HOT @ACH; 08.08.1998 Author Aero Icarus from Zürich, Switzerland
写真は, Wikimedia Commons, Category:Junkers Ju 52 at Flugausstellung L.+P. Junior・File:35ab - Ju Air Junkers Ju 52; HB-HOT@ACH;08.08.1998 (5888204110).jpg引用。


写真(右)2011年5月,スイス、チューリッヒ上空を飛行するユーエア運航のユンカースJu52輸送機3mg4e(民間登録コード:HB-HOT)
Utoquai in Zürich (Switzerland) Date 5 October 2012 Source Own work Author Roland zh Attribution (required by the license) Roland Fischer, Zürich (Switzerland) Mail notification to: roland_zh(at)hispeed(dot)ch / Wikimedia Commons / CC-BY-SA-3.0 Unported
写真は, Wikimedia Commons, Category:HB-HOT (aircraft)・File:Junkers Ju-52 HB-HOT - Utoquai 2012-10-05 18-07-53.JPG引用。


ユンカースJu52輸送機3mg4e(民間登録コード:HB-HOT)は、1939年10月にドイツ、ユンカース社デッサウ工場で生産された新品の機体だが、スイス空軍が輸入して登録コードA-702として使用していた。クラシック機として人気があるJu52輸送機は、スイス国内での遊覧飛行の需要が多く、ユーエア(Ju-Air)は、1985年にこの機体をスイス空軍から譲渡された。これは3機目のJu52輸送機だった。2018年8月までにJu52輸送機3m(民間登録コード:HB-HOT)の飛行時間は1万時間に達した。

写真(右)2011年5月,アメリカ、ウィスコンシン州、オシュコシュ、スイスのユーエアが運航するユンカースJu52輸送機3mg4e(民間登録コード:HB-HOT):実験飛行協会(EAA:Experimental Aircraft Association)の航空ショー「EAA エアベンチャー・オシュコシュ」に参加した時の撮影。
Description HB-HOT at EAA AirVenture Oshkosh 2012 Date 18 August 2012, 21:27 Source HBHOT Author Paul Nelhams from Shannon, Ireland
写真は, Wikimedia Commons, Category:HB-HOT (aircraft)・HBHOT (7810312702).jpg引用。


ユーエア(Ju-Air)のJu52旅客輸送機によるユーエアの遊覧飛行は、スイス、チューリッヒ東のデーベンドルフ(Dübendorf)空軍基地をベースに、1週間から2週間に1回で、山岳地、湖沼を巡るが、料金は、一人690/720スイスフラン(8万円)と高価である。

写真(右)1998年,スイス、ユーエアが運航するユンカースJu52輸送機3mg4e(民間登録コード:HB-HOT):1939年、ドイツのユンカース飛行機デッサウ工場で製造された機体。BMW132A空冷星形エンジン3基装備、全長18.9m、全幅29.25m、全高6.10m、巡行速度180キロ、燃料2500L搭載、航続時間最長6時間。2018年8月に事故で墜落したが、それまでに飛行時間1万時間に達した。
Description Ju Air Junkers Ju-52; HB-HOT @ ZRH;27.05.2011/598dh Date 27 May 2011, 14:57 Source Ju Air Junkers Ju-52; HB-HOT @ZRH; 27.05.2011/598dh Author Aero Icarus from Zürich, Switzerland
写真は, Wikimedia Commons, 1998 in aviation in Switzerland・Ju Air Junkers Ju-52; HB-HOT@ZRH;27.05.2011 598dh (5774767423).jpg引用。


The Aviation Heraldによれば、2018年8月4日、スイス、ロカルノ空港を飛び立ち、チューリッヒ東のデーベンドルフ(Dübendorf)空軍基地に向かう遊覧飛行をしていたスイスのユーエア(Ju-Air)運航のユンカース(Junker)Ju-52旅客機(民間登録コード:HB-HOT)が標高2,540 m地点に墜落、乗客17名、搭乗員3名が死亡。この事故は、ユーエアの初めての人身事故である。

写真(右)2001年,ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州、オッフェンブルク、スイスのユーエアが運航するユンカースJu52輸送機3mg4e(民間登録コード:HB-HOT):航空ショーに参加した時の撮影。
Description English: Ju 52/3m HB-HOT on the apron of Offenburg airfield (EDTO), about to taxi to runway 02 during the airshow, organised by the local flying club. Date 22 September 2001, 14:00:18 Source Own work Author Peter Nath
写真は, Wikimedia Commons, Category:HB-HOT (aircraft)・2001 09 22 Neg22 Ju52 3m HB HOT Abrollen Vorfeld EDTO.jpg引用。


2018年8月4日、スイスで墜落したユンカース(Junker)Ju-52旅客機(民間登録コード:HB-HOT)は、1939年、ドイツのユンカース飛行機デッサウ工場で製造された機体で、発動機は原型と同じくBMW132A空冷星形エンジン3基で、全長18.9m、全幅29.25m、全高6.10m、巡行速度180キロ、燃料2500リットル搭載で最長航続時間6時間だった。

写真(右)2014年,ドイツ、エッセン=ミュールハイム、スイスのユーエア所属のユンカースJu52輸送機3mg4e(民間登録コード:HB-HOT):ユンカース特有のジュラルミン波板構造が明瞭に見て取れる。波板のおかげで、平坦な外板よりも強度が高く保つことができる。
Deutsch: Junkers Ju 52/3mg4e der Ju-Air, Registrierung HB-HOT, am 18. Mai 2014 auf dem Flughafen Essen-Mülheim. Date 18 May 2014, 23:48:17 Source Own work Author Tenderlok
写真は, Wikimedia Commons, Category:HB-HOT (aircraft)・File:Ju52 HB-HOT 2014-05-18 02.jpg引用。


8月6日 AFPの記事には、2018年8月4日、スイスのJu52輸送機について、「第2次世界大戦(World War II)時の旧軍用機」で「アイアン・アニー(Iron Annie)」という愛称で収集家に人気の機種だった、と書かれている。ドイツ空軍、第二次大戦の影が大きいための表記であろうが、「第二次世界大戦の軍用機」というのは、正確ではない。大戦前から、ドイツルフトハンザ航空を初めとする世界各国で民間航空機として活躍していた。このニュースの報じられたことで、本サイト「ドイツのユンカース(Junkers)Ju52/3m輸送機」へは、2018年8月5日は66件、6日は89件の新規アクセスがあった。他方、姉妹サイト「第二次大戦中のドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-52/3m輸送機」には、2018年8月5日482件、6日187件の新規アクセスがあった。

写真(右)2010年,フィンランド、ヘルシンキ航空博物館、民間航空会社の塗装を施したユンカースJu52輸送機3m:このJu52は、BMW132空冷星形エンジン3基に全て2翅プロペラを装備している。
Description Flugausstellung Hermeskeil Junkers Ju 52 3m - 2 Date 24 April 2010, 16:27
Source Flugausstellung Hermeskeil Junkers Ju 52 3m - 2
Author Klaus Nahr from Germany
写真は, Wikimedia Commons, Category:Junkers Ju 52 at Flugausstellung L.+P. Junior・File:Flugausstellung Hermeskeil Junkers Ju 52 3m - 2 - Flickr - KlausNahr.jpg引用。


写真(右)2017年,ドイツ、ベルリン、ドイツ技術博物館(Deutsches Technikmuseum Berlin)、ドイツ・ルフトハンザ航空時代の仕様を復元したユンカースJu52輸送機3m:このJu52は、BMW132空冷星形エンジン3基に全て2翅プロペラを装備している。
Description Nederlands: Junkers Ju 52/3m in het Deutsches Technikmuseum Berlin.
English: Junkers Ju 52/3m at the Deutsches Technikmuseum, Berlin. Date 21 April 2017, 10:09:54
Source Own work Author Ad Meskens
写真は, Wikimedia Commons, Category:Junkers Ju 52 at Flugausstellung L.+P. Junior・File:Berlin Technikmuseum Ju52.jpg引用。



7.四発大型輸送機フォッケウルフFw-200コンドル/ユンカースJu-90/Ju-290

写真(右)1937-1938年,ドイツルフトハンザ航空(Deutsche Lufthansa)フォッケウルフFw-200旅客輸送機「ノルドマルク」 "Nordmark" V3 (V = Versuchsflugzeug, test aircraft) (D-AMHC) :この試作3号機(Wk.Nr. 2895)は、1940年、ドイツ空軍に徴用され"GF+GF"として再登録された。 1943年、スターリングラード空輸作戦に参加し、喪失。ドイツの国籍識別マークは、戦前は垂直尾翼の赤帯に白丸を背景にしたスワスチカ(ナチ党のカギ十字)だった。戦時中は黒のスワスチカだけになった。
SDASM Archives Focke-Wulf Fw 200 Catalog #: 00079358 Manufacturer: Focke-Wulf Designation: Fw 200 Official Nickname: Condor Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はFlickr, a Yahoo company,San Diego Air and Space Museum Archive, Catalog #: 00079358引用。


フォッケウルフFw-200コンドルの諸元
エンジン BMW-Bramo 323 R-2 mit je 1000 PS (1200 PS mit MW-50-Einspritzung)4基
全幅: 32,84 m 全長: 23,87 m 全高: 6,30 m
空虚重量: 14.180 kg 全部重量: 22.600 kg
乗員: 7 人,生産機数 276機
巡航速度: 384 km/h 高度 3970 m, 405 km/h 重量17.600 kg
上昇限度: 6600 m
航続距離: 3550 km (標準) C-3/U2 最大 6400 km
武装: 2基×MG 151/20 (20 mm), 5基×MG 15 (7,92 mm)
爆弾1000 kg (爆弾倉) + 主翼下面 1400 kg,最大搭載量1800 kg

1939年9月、第二次世界大戦の勃発後、Fw-200は長距離偵察機として軍に採用され、艦船攻撃用に250kg爆弾を搭載できるように改造された。
1940年6月、フランス占領後、フォッケウルフFw-200は大西洋の船団哨戒と船舶攻撃に活躍した。しかし、機体構造の脆弱な民間輸送機であり、作戦行動の厳しい操作性には、機体がもたなかったため、破損や機体劣化が激しく、哨戒爆撃機としての運動性には限界があった。その後、1942-43年冬、スターリングラードに孤立包囲されたドイツ第六軍への空輸任務にも投入された。

写真集Album:フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200輸送機/長距離哨戒偵察機を詳しく見る。

写真(右)1942年,北大西洋上の海上哨戒に使用されたドイツ空軍ユンカースJu 290哨戒偵察機 :BMW 801 (1700 HP)ではなくBMW132空冷星形エンジン4基を装備しているようだ。
Fly parkert på Gardermoen. Beskyttelsestrekk over motorene. Bildet viser en Focke Wulf FW200 Condor [wrong:Ju 290] fra Luftwaffe. Mannen i forgrunnen har Luftwaffeuniform, og er trolig en underoffiser. Avbildet sted: Akershus Ullensaker Gardermoen Fotografering: 1942 (CA) Aksesjon: 1985 (ANT) Identifier: 0235-038:0034 Part of collection: Akershus fylkesmuseum Owner of collection: Akershusmuseet Institution: Akershusbasen Date published: March 12, 2014 Date updated: June 14, 2017 DIMU-CODE: 011012563753 UUID: C010A4FF-7826-4B69-B099-98F3EC1111EC
写真はNorsk Luftfartsmuseum ・Identifier: 0235-038:0034 引用。


四発輸送機のJu-90試作機V1は、1,100馬力ののダイムラー・ベンツ社のDB600C倒立V型液冷エンジン4基搭載、1937年8月28日に初飛行した。試作2号機(V2)は1938年5月、ルフトハンザ航空で試験運用がなされたが、戦闘機用の高性能DBエンジンに代えて、Ju-52輸送機と同型の830馬力のBMW 132 星型空冷エンジンを搭載した。ルフトハンザ航空はユンカースJu-90A輸送機を合計7機購入し運用したが、第二次世界大戦が勃発し、Ju-90は軍用機に改造されるた。

長距離偵察機Ju 290 A-3:四発輸送機のJu-90を改造した大型偵察機。全幅: 42.00m、全長: 28m、全高: 6.83m。主翼面積: 203.6平方メートル、 空虚重量: 33,005 kg、最大重量(Ju 290A-5): 44,970kg、(Ju 290A-7): 45,400kg。最高速度: 440kph (273 mph)、実用上昇限度:6000 m、航続距離: 3,700 マイル (5950 km)。兵(装290A-2):5× 20mm MG 151/20、6× 13mm MG 131

ユンカースJu-90輸送機は,胴体の荷物の積み下ろしに際しては,大型貨物を搬出入しやすいように胴体後部ランプを備えていた。これは,胴体後部が下に開いて坂道(ランプ)となり,その開口部分から,大型貨物を出し入れする装備である。Ju-290もJu-90も胴体下方ランプをそのまま引き継いだが,偵察爆撃機としては必要のない装備だった。

写真集Album:ユンカースJu-90/Ju-290四発大型輸送機を詳しく見る。




ドイツ国防軍のヒトラー反逆:Ludwig Beck
ゲオルク・エルザーのヒトラー暗殺未遂:Georg Elser
アンネの日記とユダヤ人
与謝野晶子の日露戦争・日中戦争
ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He111爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-188爆撃機/Ju388高高度偵察機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
ブロームウントフォッスBV138飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機/夜間戦闘機
ドイツ空軍(Luftwaffe)メッサーシュミット戦闘機
ドイツ空軍フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw-190戦闘機
ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥
ハンセン病Leprosy差別



◆毎日新聞「今週の本棚」に,『写真・ポスターから学ぶ戦争の百年 二十世紀初頭から現在まで』(2008年8月25日,青弓社,368頁,2100円)が紹介されました。ここでは,第二次大戦,ユダヤ人虐殺・強制労働も分析しました。
2018年5月7日開設の鳥飼研究室へのご訪問ありがとうございます。データ引用の際は,出所を明記するか,リンクをしてください。
連絡先: torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 
東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Fax: 0463-50-2078
Flag Counter


Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 7000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.
Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2018 All Rights Reserved.