Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内

◆ブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris)/ パース(Perth)飛行艇
写真(上)1941年11月25日、イギリス、沿岸の水上機基地に待機する木製胴体のイギリス空軍ブラックバーンブラックバーン(Blackburn)RB1 アイリス(Iris)三発大型飛行艇試作機(N185)
; 1926年6月18日初飛行、木製胴体で650 hp ロールスロイス(Rolls-Royce)コンドル(Condor)IIIエンジン3基に固定ピッチ木製2翅プロペラ装備。
The wooden hulled Blackburn RB1 Iris prototype N185 on its beaching trolley.
The Blackburn Aeroplane and Motor Company RB1 Iris three-engine, long range, maritime reconnaissance flying boat was designed to meet Specification R.14/24. The first prototype (N185) was powered by three 650 hp Rolls-Royce Condor III engines mounted between the wings, driving tractor propellers within a three-bay centre section, to which two-bay outer wings were attached on each side. With a resultant wingspan of more than 95 ft and a length of over 66 ft, the Iris was a most impressive design.
写真はBAE Systems, Blackburn RB1 Iris. Three-engine reconnaissance flying boat, produced in small numbers and in five variants引用。



写真(上)1941年11月25日、イギリス、着水しようとする金属製胴体のイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)RB1A アイリス(Iris)II 三発大型飛行艇
;1927年8月2日初飛行、ロールスロイス(Rolls-Royce)コンドル(Condor)IIIAエンジンを搭載。左右の下主翼先端下面に金属製浮舟フロートを装着。
Iris N185 converted to RB1A Iris II with metal hull and raised tail to provide a gunner's position.
On its return from official trials, the prototype was fitted with the new metal hull and re-designated as the Blackburn Iris II. At the same time, the central rudder was deleted and metal wing-tip floats were fitted along with more powerful Condor IIIA engines, fitted in a more refined installation. In this form the Blackburn RB1 Iris II made its first flight on 2nd August 1927, before being delivered to the MAAE Felixstowe on the following day..
写真はBAE Systems, Blackburn RB1 Iris. Three-engine reconnaissance flying boat, produced in small numbers and in five variants引用。



写真(上)1934年1月5日以降、イギリス南岸、プリマス、マウント・バッテン基地に停泊中のイギリス空軍第209飛行隊ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)三発大型飛行艇2号機(K3581)
;1934年1月5日の初飛行当日に、プリマス、マウント・バッテン基地に飛行し、そこのイギリス空軍第209飛行隊に引き渡された。
The second Blackburn Perth K3581, believed to be at its Mount Batten base at Plymouth. The A total of four Blackburn R.B.3A Perth aircraft were built, the first aircraft (K3580) being flown for the first time on 11th October 1933, before being delivered to Marine Aircraft Experimental Establishment (MAEE) at Felixstowe for trials on 10th November. The second Blackburn R.B.3A Perth (K3581) flew on 5th January 1934, being handed over at once to the RAF and flown non-stop to 209 Sqn's Mount Batten base, at Plymouth. The third aircraft (K3582) was delivered a month later. The first aircraft (K3580) was lost in an accident off Stornoway in September 1935 whilst the other two aircraft were struck off charge during 1936...
写真は, BAE Systems. Blackburn RB3 Perth.引用。

1.フィリックストウ (Felixstowe)F.5L 双発飛行艇

写真(右)1919年2月27日(?)、アメリカ東岸、ワシントンDC北50キロ、ペンシルベニア州(Pennsylvania)フィラデルフィア(Philadelphia)、海軍航空工廠前の海面に引き出された完成直後のアメリカ海軍フィリックストウ(Felixstowe)F5L 双発飛行艇;アメリカ国旗と同じ青白赤の縦縞の国籍マークを、垂直尾翼方向舵に描いている。
Author Title Hydroplanes - Types - Model - F - TYPES OF SEAPLANE BUILT FOR U.S. Government. AT NAVAL AIRCRAFT FACTORY, Philadelphia, Pennsylvania. F-5-L Number 1 loaded. Side view Scope and content: Photographer: Naval Aircraft Factory. Date 1917-1918 Collection National Archives and Records Administration National Archives at College Park - Archives II (College Park, MD) Record ID NARA the National Archives and Records Administration, National Archives Identifier (NAID) 31485445. .Search Identifier: 165-WW Batch 5 165-WW-186D-9
写真はWikimedia Commons, Category:Felixstowe F5L production >File:Hydroplanes - Types - Model - F - TYPES OF SEAPLANE BUILT FOR U.S. Government. AT NAVAL AIRCRAFT FACTORY, Philadelphia, Pennsylvania. F-5-L Number 1 loaded. Side view - NARA - 31485445.jpg引用。


アメリカのカーチス・H-1飛行艇「アメリカ」は、大西洋無着陸横断の商業的飛行をはじめて成し遂げた機体である。その発展型カーチス(Curtiss)H-12双発飛行艇は、1914年7月23日、第一次世界大戦の勃発直前に初飛行したが、これを原型にイギリスで開発されたのがフィーリックストウ (Felixstowe)F.2である。

しかし、イギリス空軍フィリックストウ(Felixstowe)F5 双発飛行艇は、今度はアメリカ海軍に採用され、アメリカ東岸、ワシントンDC北50キロ、ペンシルベニア州(Pennsylvania)フィラデルフィア(Philadelphia)の海軍航空工廠で生産された。

アメリカのカーチスH−15飛行艇を原型に、イギリスのフィーリックストウ (Felixstowe)海軍工廠が開発したフィリックストウ(Felixstowe)F.5双発飛行艇だったが、優秀だったために、今度はアメリカがそれを逆輸入し、アメリカ東岸ペンシルベニア州フィラデルフィアのアメリカ海軍航空機工場で製造した。しかし、登場が遅かったために、第一次世界大戦の終盤に入ってしまい、イギリスでもアメリカでも、フィーリックストウ(Felixstowe)F.5双発飛行艇は、戦線で使用されることなく終わった。

アメリカのカーチスH型飛行艇を原型に開発されたイギリスのフィリックストウ(Felixstowe)F.5双発飛行艇を、アメリカが再び逆輸入し、ペンシルベニア州フィラデルフィアのアメリカ海軍航空工廠NAF F.5L 双発飛行艇として生産した。

イギリス空軍飛行艇の命名には、都市名称にちなむ一連のシリーズがあるが、これにはフィーリックストウ(Felixstowe)、サザンプトン(Southampton)、ロンドン(London)、ストランラー(Stranraer)のようなイギリス本土の都市名以外にも、シドニー(Sydney)やパース(Perth)のようなイギリス連邦自治領諸国(ドミニオン)の都市名、ビルマのラングーン(Rangoon)、シンガポール(Singapore)のようなイギリス領植民地の都市名に因む飛行艇も含まれる。

このイギリス、ショート(Short)社が開発し1934年6月15日に初飛行したシンガポール(Singapore)飛行艇は、前作ショート(Short)ラングーン(Rangoon)の後継機となった飛行艇であり、イギリス植民地の都市名のシンガポール(Singapore)に因んだ命名で、イギリス空軍の都市名飛行艇シリーズの一種である。

⇒写真集Album:フィリックストウ(Felixstowe)F.2/F.3/F.5 双発飛行艇を見る。


2.スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)双発飛行艇


写真(上)1933年頃、イギリス、水上滑走中のイギリス空軍(RAF: Royal Air Force)スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)複葉双発飛行艇
;機首コックピットは開放式縦列3座席。ネイピア(Napier) ライオン(Lion)液令W型12気筒エンジン 500 hp (370 kW)2基を搭載。
Supermarine, Southampton Manufacturer: Supermarine Official Nickname: Southampton Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真は, San Diego Air and Space Museum >Catalog #: 01_00088638引用。


スーパーマリン(Supermarine)スカパ(Scapa)飛行艇,前作スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)双発飛行艇は、レジナルド・ジョセフ・ミッチェルReginald Joseph Mitchell:1895-1937)の設計になるイギリスの有名な飛行艇である。

1925年3月10日初飛行のスーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)複葉双発飛行艇は、Mk IとMk IIが主生産型でネイピア(Napier) ライオン(Lion)液令W型12気筒エンジン 500 hp (370 kW)2基を搭載し、1925年から部隊配備されている。 各型合計で1924-1934年に83機が量産された。


写真(上)1933年頃、イギリス、飛翔中のイギリス空軍(RAF: Royal Air Force)スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)複葉双発飛行艇
;機首コックピットは開放式縦列3座席。ネイピア(Napier) ライオン(Lion)液令W型12気筒エンジン 500 hp (370 kW)2基を搭載。
Supermarine, Southampton Manufacturer: Supermarine Official Nickname: Southampton Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真は, San Diego Air and Space Museum >Catalog #: 01_00088639引用。


スーパーマリンSupermarine S.5 スーパーマリン(Supermarine)社の設計技師レジナルド・ミッチェルReginald Mitchellは、第一次大戦後開催されたシュナイダー・トロフィー・水上機レースThe Schneider Trophy Race:1919-1931)に向けてスーパーマリン(Supermarine) S.5水上機を設計し、1927年シュナイダー杯(Schneider Trophy)で優勝を果たしている。

その後、レジナルド・ミッチェルReginald Mitchellは、1928年にスーパーマリン社支配人となり、1929年シュナイダー・トロフィーでスーパーマリン(Supermarine) S.6で参戦し優勝し、イギリス航空協会から表彰されていた。

スーパーマリンSupermarine S.6 さらにスーパーマリン(Supermarine)社は、1927年に次いで開された1929年シュナイダー杯(Schneider Trophy)にも、スーパーマリン(Supermarine) S.6高速水上機機で再び参加した。これも前作S.5改良型で、 レジナルド・ミッチェルReginald Mitchell)の設計になる。

スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)双発飛行艇の設計者 J.ミッチェルは、後のスピットファイア戦闘機を設計したことで日本でも有名である。しかし、それ以前から、スワン飛行艇を設計し、実力を示したいる。このスワン飛行艇の成功に気をよくしたイギリス航空省は、これを原型として、新たにスーパーマリンサザンプトン(Southampton)双発飛行艇の設計を依頼した。この時、すでに原型のスワン飛行艇が完成していたために、サウサンプトン飛行艇は短時間で開発された。

スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)Mk I 双発飛行艇は双発複葉飛行艇で、上下の翼の間に発動機を2基装備し、牽引式プロペラを駆動した。当初のスーパーマリン・サザンプトン(Southampton)Mk I 双発飛行艇は、船体と翼が木造だった。そして、このサウサンプトンMk I 飛行艇は、水密性を確保するために、木製二重底の構造をとったために、重量増加を招いた。スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)Mk I 双発飛行艇は、初飛行が1925年3月10日、イギリス空軍(Royal Air Force)への配備は1925年半ばから開始された。

次の発展型スーパーマリン・サザンプトン(Southampton)Mk II 双発飛行艇では、単一の1枚の金属板金属性(ジュラルミン製)胴体(船体)に変更されている。胴体を木製(二重底)から金属製(一重底)に変更したために、重量は900ポンド(410 kg)ほど軽量化された。


写真(右)2016年5月、イギリス、ロンドン郊外、ヘイドン(Heidon)、イギリス空軍博物館に復元展示されているイギリス空軍(RAF)スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)I 飛行艇(N9898)の胴体左側面
;木製胴体のサザンプトン(Southampton)I 飛行艇は1925年3月10日に初飛行、23機生産。
Built 1925 and delivered to 480 (Coastal Reconnaissance) Flight at Calshot. Loaned to the Development Flight , MAEE Felixstowe, between April 1927 and February 1928. One of three Southamptons wrecked in a gale at Portland in November 1928. The fuselage was sold and used as a houseboat on tidal mud-flats at Bawdsey Ferry, Suffolk. Recovered in 1967, restoration began at RAF Cardington in 1984 and was completed in 1995. The fuselage was returned to a stunning condition and new tail surfaces were constructed. She remains on display in the Historic Main Hangars at the RAF Museum, Hendon, London, UK. 28th May 2016 Date 28 May 2016, 13:37 Source Supermarine Southampton I ‘N9899’ Author Alan Wilson from Stilton, Peterborough, Cambs, UK
写真はWikimedia Commons., Category:Supermarine Southampton at RAF Museum London File:Supermarine Southhampton (29470684597).jpg引用。


1929年、木製胴体のスーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)Mk I 双発飛行艇のうち24機は、木製胴体を新たに金属製の胴体に改造している。そこで、これらの金属製胴体改造機は、さらに金属製の主翼に変更されたものもあり、それはサウサンプトンMkIII 命名されている。

サザンプトン(Southampton)Mk II 双発飛行艇は、サザンプトン(Southampton)Mk.III 飛行艇と同じく金属製胴体である。

写真(右)1926年、イギリス、イギリス空軍(RAF: Royal Air Force)スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)複葉双発飛行艇の三面縮尺図;機首コックピットは縦列式で機首に1か所、胴体後方に2か所の円形開放式銃座が描かれている。
Supermarine Southampton 3-view drawing from NACA Aircraft Circular No.25 Date 1 December 1926 Author NATIONAL ADVISORY COMMITTEE FOR AERONAUTICS
写真はWikimedia Commons, Category: Supermarine Southampton >File:Supermarine Southampton 3-view NACA Aircraft Circular No.25.jpg引用。


スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)複葉双発飛行艇は、全幅20.29m、全長15.15m、総重量6,500kg、ネイピア(Napier) ライオン(Lion)液令W型12気筒エンジン 500 hp (370 kW)装備、最高速力174km/hで、イギリス空軍(RAF)に就役したほか、日本海軍、アルゼンチン海軍航空隊、デンマーク海軍も購入、使用した。インペリアル・エアウェイズ、日本航空輸送など民間航空も輸送機としても採用されている。

スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)複葉双発飛行艇の諸元
全長Length: 15.151 m
全幅Wingspan: 22.86 m
全高Height: 6.22 m
主翼面積Wing area: 134.5 m2
空虚重量Empty weight: 9,697 lb (4,398 kg)
総重量Gross weight: 15,200 lb (6,895 kg)
最大離昇重量Max takeoff weight: 18,000 lb (8,165 kg)
発動機Powerplant:ネイピア(Napier)ライオン(Lion)W型12気筒水冷エンジン500 hp (370 kW)2基
最高速力Maximum speed: 95 mph (153 km/h, 83 kn)/海面上
航続距離Range: 544 mi (875 km, 473 nmi) /速力86 mph (75 kn; 138 km/h)/高度 2,000 ft (610 m)
航続時間Endurance: 6.3時間
実用上昇限度Service ceiling: 5,950 ft (1,810 m)
最高上昇限度Absolute ceiling: 8,100 ft (2,500 m)
上昇時間Time to altitude: 6,000 ft (1,800 m)/29分42秒
口径.303インチ(7.7 mm)ルイス(Lewis)機関銃3挺
爆弾搭載量Bombs: 1,100 lb 主翼下面に懸架

⇒写真集Album:スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)双発飛行艇を見る。


3.ブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris)三発飛行艇

写真(右)1928年11月20日以降、イギリス、砂浜に乗り上げたイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.1 アイリス(Iris)II飛行艇(N185):右側のロールスロイス(Rolls-Royce)コンドル(Condor)IIIB V-12型液令エンジン675 hp (503 kW)の交換作業。固定ピッチ3翅プロペラを搭載。機首コックピットは開放式の並列操縦席である。砂浜では、ゴム車輪付き台座ドリーがのめり込んでしまうので、船体のまま浜に乗り上げた。
Iris II N185 beached for engine change on 20th Nov 28 after three blade propeller trials. Toward the end of 1928, further trials were carried out with three-blade propellers, as well as with two blade propellers outboard, combined with a four-blade propeller on the central engine. Whilst testing with three-blade propellers, the Blackburn RB1 Iris II had to be beached to allow the starboard engine to be changed. The merits of the Iris II resulted in an order being placed for three production examples of a further revised Blackburn RB1B Iris III built to Specification R.31/27..
写真はBAE Systems, Blackburn RB1 Iris. Three-engine reconnaissance flying boat, produced in small numbers and in five variants引用。


イギリス航空省は、長距離偵察用の1924年スペックR.14/24 を出し、この条件を満たす飛行艇の開発にブラックバーン(Blackburn)社が応じた。技術主任メジャーが設計したRB1(偵察複葉機1)​​は、3発エンジン、複葉で、エルロンが上下の翼の両方に取り付けられている。金属製浮舟フロートが翼端の下に取り付けられた。また、双尾翼式で、胴体下面のフィン、ラダー、船体は、ベニヤ合板で覆った木造である。木造船底はV型断面(V型底)である。

第一次世界大戦でドイツ潜水艦に苦しめられたイギリスは、1924年スペックR.14/24の仕様で、対潜水艦作戦、ドイツ海軍Uボート制圧用の飛行艇を求めているわけではない。その理由は、1919年ベルサイユ条約によって、敗戦国ドイツは大幅に軍備制限がなされ、潜水艦・航空兵力の保有禁止、陸軍兵力10万人以下とされたからであろう。

長距離飛行艇は、大艦巨砲主義的な艦隊水上決戦のための哨戒偵察飛行に投入する計画だった。後になって日本海軍も川西九七式大型四発飛行艇によって同様の哨戒偵察機を開発している。

写真(右)1932年、イギリス、イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris)飛行艇:ロールスロイス(Rolls-Royce)コンドル(Condor)IIIB V-12型液令エンジン675 hp (503 kW)3基装備。全長20.5423 m、全幅29.57 m、全高7.77 m、主翼面積228.6 m2の大型機の機首コックピットは開放式並列操縦席で、そこに革製飛行服姿の操縦士・副操縦士が見える。
Blackburn Iris, Three Engined Flying Boat. 1926 Considerable interest was given to the Iris in October 1926, the latest seaplane acquired by the Royal Air Force. The Iris, a Rolls-Royce engined Blackburn seaplane, was the largest and fastest of its type in the world in 1926. It was fitted with three Condor engines of 650 Hp each, carried a crew of five composed of first and second pilot, wireless operator, and two gunner engineers. With a full load she could fly at over 100mph, and, if needs be, she could stay in the air for a full day..
写真は, Grace's Guide File:Im19321117FL-Iris5.jpg引用。


イギリス空軍Royal Air Force:RAF)は第一次世界大戦末期の1918年4月に創設された、陸軍、海軍から独室した空軍である。戦時中に、航空戦力の優位性が明らかになり、イギリスでは、航空兵力を統括するために、イギリス陸軍航空隊とイギリス海軍航空隊を統合し、統合運用することとなった。航空機運用が空軍の下に一元化されたために、巡洋艦・戦艦に搭載する艦載水上機も空軍が統括することになったが、航空母艦に搭載する艦上機も、当初は空軍指揮下に入った。しかし、1936年以降、海戦における航空兵力の重要性が増すと航空母艦の有用性が認識され、空母艦上機は海軍艦隊航空隊の指揮下に入れられた。

イギリス空軍Royal Air Force:RAF) の国籍マークは、ともに第一次大戦を戦ったフランス空軍と同様に、青白赤の同心円であり、さらに垂直尾翼には赤白青の縦縞四角マーク「フィン・フラッシュ」(Fin Flash)が標準的だった。そして、自治領諸国ドミニオンの王立カナダ空軍(Royal Canadian Air Force: RCAF)、オーストラリア空軍、ニュージーランド空軍、南アフリカ空軍の同様のラウンデルとフラッシュを採用している。 ただし、 白は目立ちやすかったために、同心円でもフィン・フラッシュでも幅を狭くすることも少なくなかった。

赤白青のイギリス空軍の国籍記章は、フランス国旗の青白赤と並びが逆だが、白黒写真では紛らわしく判別困難である。1946年からの王立カナダ空軍(Royal Canadian Air Force: RCAF)国籍マークは、カナダの国章と同じく赤楓(カエデ)が同心円マークに描かれ、フィン・フラッシュは、中央の白の幅が著しく細くされた。

写真(右)1927年、イギリス、水上機基地の陸上で待機しているイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris Mk III)飛行艇(N238):1931年2月4日にイギリス南西海岸、プリマス・サウンドで操縦ミスにより墜落した。アイリス Mk III型で、ロールスロイス(Rolls-Royce)バザード(Buzzard:ノスリ)IIMS 排気量2,239.3 in³(36.7 L)V-12型液令エンジン出力825 hp (615 kW)3基装備。ただし、このバザードIIMS(H.XIIMS)は、1932-1933年に69基が生産されたに過ぎない。この機体は、1931年2月4日にイギリス南西海岸、プリマス・サウンドで、墜落した。
Blackburn Iris Mk III N238 On 4th February 1931, Blackburn Iris III (N238) crashed into Plymouth Sound at high speed due to pilot error. Type Blackburn Iris Mk III History On the morning of 4th February 1931, a Blackburn Iris (N238), one of three from 209 Squadron, took off from Mount Batten flying boat base to undertake a training exercise with fighter aircraft from Roborough airfield. After about an hour in the air, Wing Commander Charles Tucker took over the controls from the pilot Flt Lt. Ely to land the plane on the flat waters of Batten Bay just to the south of Mount Batten. The aircraft was put into a glide and the engines were shut off in the usual manner, but instead of levelling off she hurtled straight downwards into the sea. The Iris nosedived into the water at approximately 70 mph, hitting the water under the pilots seats, the tail came up and the wing crashed into the sea..
写真は, The SHIPS Project CIC Blackburn Iris Mk III N238引用。


ブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris)Mk III飛行艇の発動機は、650hp(485 kW)ロールスロイス(Rolls-Royce)コンドル(Condr)IIIs液冷V12気筒エンジンで、上下主翼の間に取り付けられた。4枚羽根プロペラが取り付けられている。乗組員は5名で、正副操縦士2名は、機首上面の開放式コックピットに並列座席で座る。

ブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris)Mk III飛行艇の装備した機関銃は、機首と胴体後方上面の開放式銃座に、.30-06口径7.7ミリ ルイス機関銃を搭載できる。使用する弾薬は、.303口径7.7ミリ ブリディシュ弾で、弾薬92発入ぼ円盤型マガジン(皿形弾倉)を機銃上部に装着した。

後に、アメリカがブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris)Mk III飛行艇飛行艇を、フィラデルフィアのアメリカ海軍航空工廠でライセンス生産・国産化したが、兵装はアメリカ式として、1926年式.30-06口径7.62mmスプリングフィールド弾を使用する.30口径7.62ミリ ルイス機関銃である。銃座は、胴体後方左右側面の舷窓を通して操作するルイス機関銃が左右各1丁、合計2挺、合計3カ所である。

下主翼の下面の爆弾ラックには、最大1,040ポンド(470 kg)の爆弾を搭載することができる。これは、水上艦艇を空襲するのではなく、敵潜水艦や敵商船への爆撃を目的にしている。

写真(右)1927年、イギリス、水上で待機しているイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)RB1B Iris アイリス(Iris)Mk III 飛行艇試作機(N238):4翅プロペラを装備。垂直尾翼方向舵にはイギリス国旗三色青白赤の国籍マークが描かれている。1931年2月4日にイギリス南西海岸、プリマス・サウンドで、好天で海も静かだったで操縦ミスにより墜落し、搭乗員・同乗者12名のうち8名が死亡した。
Blackburn Iris Mk III N238 There was a terrific impact, a great fountain of water shot up into the air then there was a big explosion. The flying boat lurched, toppled onto its side then sank with eight men trapped in the cabin. After a brief pause, one of the aircraft's floats surfaced followed by the tip of the rudder and it lay half submerged and upside down, before turning on its side. Wilfred Little, a harbour pilot and Harry Hole were sailing nearby and were the first on the scene of the incident and rescued two men clinging to the wings. The Mount Batten station commander and Aircraftsman Shaw (T.E. Lawrence) arrived in an RAF launch who saved two more. The aircraft broke in half and the forward part was brought up the next day onto the slipway at Mount Batten, with the stern half and the bodies of the missing crew recovered later by salvage divers.
写真は, The SHIPS Project CIC Blackburn Iris Mk III N238引用。


1931年2月4日、イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris)Mk III飛行艇(N238)は、イギリス南西、プリマス(Plymouth)沖のプリマス・サウンドで、好天で海も静かだったが、操縦操作を誤ったために、墜落した。搭乗員・同乗者12名のうち飛行隊司令官(Wing Commander)チャールズ・ギルバート・タッカー(Charles Gilbert Tucker:44歳)をはじめ22歳から25歳の若者を中心に8名が事故死した。機体は、海中から引き揚げられた。

写真ポスター(右)1927年11月、イギリス、イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris)飛行艇:ロールスロイス(Rolls-Royce)コンドル(Condor)IIIB V-12型液令エンジン675 hp (503 kW)3基を装備。
Blackburn Iris, Three Engined Flying Boat.
1926 Considerable interest was given to the Iris in October 1926, the latest seaplane acquired by the Royal Air Force. The Iris, a Rolls-Royce engined Blackburn seaplane, was the largest and fastest of its type in the world in 1926.
It was fitted with three Condor engines of 650 Hp each, carried a crew of five composed of first and second pilot, wireless operator, and two gunner engineers. With a full load she could fly at over 100mph, and, if needs be, she could stay in the air for a full day..
写真は, Grace's Guide  File:Im19271124Fl-Blackburn.jpg引用。


飛行艇の金属製胴体にはリベットが多数打ち込まれ、強度を保ちつつ、水密性を維持している。しかし、水上抵抗、造波抵抗、飛行中の空気抵抗の減少にも配慮しなくてはならない。抵抗減少の観点からは、リベットは沈頭鋲が有利であるが、空気抵抗を減らし、密閉性・低級性・堅牢性も両立させるためには、リベットは低頭鋲が有利である。

イギリス空軍スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)飛行艇も後継機ブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris)飛行艇も、全ての形式で機首コックピットは、正面ガラス風防があるだけの開放式コックピットである。操縦士・副操縦士が並列して着席するが、気温が低く悪天候も多い北海上空、特に厳冬期や荒天時に長時間哨戒飛行することは困難であったと思われる。イギリス海軍では、駆逐艦はもちろん巡洋艦以上でも露天艦橋ブリッジが普通だったから、飛行機でも露天コックピットをそのまま採用したようだ。

イギリス空軍は、1926年6月18日にロールスロイス(Rolls-Royce)コンドル(Condr)V-12気筒エンジン装備して初飛行したブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris)飛行艇を制式した。

RAF イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris)三発大型飛行艇三発大型飛行艇の諸元は、搭乗員5名で、全長20.5423 m、全幅29.57 m、全高7.77 m、主翼面積228.6 m2、650hp(485 kW)ロールスロイス(Rolls-Royce)コンドル(Condr)V-12気筒エンジン搭載、空虚重量8,755 kg、最大離陸重量1万3,376 kgである。当時イギリス最大の飛行艇ブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris)は、その長距離飛行能力、哨戒偵察能力が大いに期待されていた。

このイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris)三発大型飛行艇を動かすために、発動機としてロールスロイス(Rolls-Royce)コンドル(Condor)IIIB V-12型液令エンジン675馬力 (503キロワット3基を装備しており、最高速力は、190 km/hと遅く、実用上昇限度も3,200 mまでと低高度低速運行が前提とはなるが、航続滞空時間は、4時間 54分もあり、当時としては、長時間の哨戒偵察飛行が可能だった。

飛行艇は、
1)海面上で離着水して運用される水密性および停泊時と水上滑走時の水上安定性
2)波のある洋上離着水時の水圧、特に波浪や離着水時の高速水上滑走でも飛行艇の船体が破損・変形しないような強度と滑走時の水上運動性
3)海水による金属製部位の腐食防止と木製部位の腐敗防止
が重視される。


写真(上)1941年11月25日、イギリス、沿岸の水上機基地に待機する木製胴体のイギリス空軍ブラックバーンブラックバーン(Blackburn)RB1 アイリス(Iris)II から IVに改装された三発大型飛行艇

The prototype Iris N185 converted from Iris II to Iris IV with three AS Leopard engines.
The first Blackburn RB1 Iris III (N238) was first flown on 21st November 1928, with two production aircraft being built (S1263 and S1264). At the time, these were the largest aircraft in service with the RAF and they were used predominantly for a number of long-distance flights including destinations such as Reykjavik, Lisbon, Gibraltar, Malta, Aboukir, Crete and Athens. Sadly, the first prototype was lost in a fatal accident on 4th February 1931 and as a result a further Iris III (S1593) was ordered as a replacement. Flying for the first time on 25th June 1931, this aircraft was painted battleship grey and had a squarer bow with an enlarged forward gun compartment allowing it to take a 37mm Coventry Ordnance Works cannon.
写真はBAE Systems, Blackburn RB1 Iris. Three-engine reconnaissance flying boat, produced in small numbers and in five variants引用。


RAF 100 Group イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris)三発飛行艇試作1号機 (N185)は、ロールスロイス(Rolls-Royce)コンドル(Condor)III V-12気筒液令エンジン650 hp3基を装備し、1926年6月18日初飛行した。全幅95フィート、全長 66フィートを超えるイギリス最大の飛行艇で、インパクトのある威容を誇っていた。しかし、長距離大型飛行艇の用途が十分に認められなかったためか、ブラックバーン(Blackburn)RB1 アイリス(Iris)の総生産機数は僅か5機で終わり、1934年には退役した。後継機のブラックバーン(Blackburn)パース(Perth)三発飛行艇が替わって就役したが、これらは前作アイリス(Iris)飛行艇の改造型だった。

ブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris)III三発飛行艇は1928年11月21日初飛行で生産機数2機のみ。

ブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris)I三発飛行艇は、発動機を換装し、800 hpアームストロング=シッドレー(Armstrong Siddeley)AS レオパルド(Leopard)エンジン3基を装備し、固定ピッチ木製2翅プロペラで1931年5月6日に初飛行した。ブラックバーン(Blackburn)RB1 アイリス(Iris)I飛行艇は、 675 hpロールスロイス(Rolls-Royce)コンドル(Condor)IIIA液令V12気筒エンジンを搭載していた。V12とは、シリンダー(気筒)配列方式が、V型に2列12本並んでいることを示している。V型とは、正面からのエンジンを見ると、シリンダーがV型2列に6気筒ずつ合計12気筒並んでいるのである。これは、エンジンの正面面積を縮小して、空気抵抗を減少し、速力向上など飛行性能にプラスに繋がる。ただし、稼働し過熱するシリンダーを冷却するために、シリンダー近くまで不凍液を配管で回さなくてなならない。これが液令エンジンである。また、冷却液を冷たい外気で冷却するための空冷冷却器を設ける必要もある。空冷冷却器はエンジンに隣接したいる場合、エンジンから離して胴体の下に設置する場合がある。

写真(右)1927年、イギリス、水上機基地の陸上で待機しているイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris Mk 5)V 飛行艇の左側面:アイリスの最終型で、ロールスロイス(Rolls-Royce)バザード(Buzzard:ノスリ)IIMS 排気量2,239.3 in³(36.7 L)V-12型液令エンジン出力825 hp (615 kW)3基装備。ただし、このバザードIIMS(H.XIIMS)は、1932-1933年に69基が生産されたに過ぎない。
November 1932. Iris Mk 5. (Flight 1932/11/17). R.B.1D / Iris V This was the final variant. Three Iris Mk IIIs were fitted with 825 hp (615 kW) Rolls-Royce Buzzard IIMS piston engines..
写真は, Grace's Guide File:Im19321117FL-Iris5.jpg引用。


RAFスーパーマリン・ウォーラス イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)アイリス(Iris)飛行艇は、1926年6月18日初飛行し1934年に退役した。総生産機数は僅か5機で、ブラックバーン(Blackburn)RB1 アイリス(Iris)V.が最終型である。搭載した発動機は、ロールスロイス(Rolls-Royce)バザード(Buzzard:ノスリ)IIMS 排気量2,239.3 in³(36.7 L)V-12型液令エンジン出力825 hp (615 kW)3基で、これは、後継機ブラックバーン(Blackburn)パース(Perth)飛行艇でも引き継がれている。しかし、このロールスロイス(Rolls-Royce)バザード(Buzzard:ノスリ)IIMS(H.XIIMS)12気筒液令エンジンは、1932-1933年の間に僅か69基が生産されただけで、成功作とは言えなかったようだ。


写真(上)1933年3月31日以降、イギリス、沿岸を波をうねらせてタキシングする金属製胴体のイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)RB1 アイリス(Iris)V三発大型飛行艇(S1593)
;最終型。
S1593, the last Iris to be built, after conversion to RB1D Iris V.
The last aircraft (S1593) took to the air as an Blackburn Iris V on 31st March 1933, and was used to conduct trials with various airscrews. It was flown down to Malta but had difficulty getting airborne in calm conditions and was withdrawn from service in June 1934. The final Iris (S1593) was selected as a test bed to investigate the characteristics of the 720 hp Napier Culverin I diesel engine (which was actually a licence-built Junkers Jumo IVC engine)..
写真はBAE Systems, Blackburn RB1 Iris. Three-engine reconnaissance flying boat, produced in small numbers and in five variants引用。


RAFスーパーマリン飛行艇 イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)RB1 アイリス(Iris)I.三発大型飛行艇試作1号機(シリアルNo.N185)は、1926年6月19日にブラックバーンの工場で完成、初飛行した。そして、翌6月20日に、イギリス東部海岸フェリックストウ(Felixstowe)にあるイギリス海洋航空実験機関に運搬され、1926年7月から8月の間、審査に供された。

海洋航空実験機関(Marine Aircraft Experimental Establishment)は、ブラックバーン(Blackburn)RB1 アイリス(Iris)飛行艇のような海軍機を設計、テスト、評価するために、1918年10月にイギリス海軍航空隊の水上飛行場のイギリス空軍(RAF)アイル・オブ・グレインに実験ステーションとして設立された。 

海洋航空実験機関(Marine Aircraft Experimental Establishment :MAEE)の前身は、1918年10月にイギリス南東岸ケント州、ロンドン東50キロ、テムズ川河口にあるイギリス空軍(RAF)アイル・オブ・グレイン(Isle of Grain)基地に設けられ、水上機や飛行艇の試験・審査をする機関である。さらに、1920年3月には海洋に関する兵器についての試験・審査も担当するようになり、1924年からその名称に変更になった。

ブラックバーン(Blackburn)RB1 アイリス(Iris)I.三発大型飛行艇は木製船体だったために、水上で長期間浮かんでいると船体内部に浸水し、その水量は数百ポンドに達する可能性があり、木材への水吸収の傾向も問題だった。重量増加と機体の腐食を促すからである。

飛行艇の海水による腐食・漏水を防ぐために、ジョン・ダグラス・レニー技師は、アイリス飛行艇用の全金属製船体を設計したが、これは飛行艇としては最初のジュラルミン製の船体だった。

飛行艇の金属製胴体にはリベットが多数打ち込まれ、強度を保ちつつ、水密性を維持している。しかし、水上抵抗、造波抵抗、飛行中の空気抵抗の減少にも配慮しなくてはならない。抵抗減少の観点からは、リベットは沈頭鋲が有利であるが、空気抵抗を減らし、密閉性・低級性・堅牢性も両立させるためには、リベットは低頭鋲が有利である。


写真(上)1933年3月31日以降、イギリス、海上に停泊する金属製胴体のイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)RB1A アイリス(Iris)V 三発大型飛行艇(S1264)
;開放式コックピット操縦席に2名の搭乗員が見える。胴体側面に明かり取りの丸窓が5個ならんでいる。搭載しているネイパー(Napier)(Culverin)コンドル(Condor)Iディーゼルエンジン720 hpはドイツのユンカース(Junkers)ユモ(Jumo)IVCディーゼルエンジンのライセンス生産型である。
S1264 at Brough after conversion to Iris V on 2nd January 1933. It was destroyed the next day.
The last aircraft (S1593) took to the air as an Blackburn Iris V on 31st March 1933, and was used to conduct trials with various airscrews. It was flown down to Malta but had difficulty getting airborne in calm conditions and was withdrawn from service in June 1934...
写真はBAE Systems, Blackburn RB1 Iris. Three-engine reconnaissance flying boat, produced in small numbers and in five variants引用。


RAFサンダーランド飛行艇 1927年3月にブラックバーン(Blackburn)RB1 アイリス(Iris)I.飛行艇試作1号機(シリアルNo.N185)を、新しい金属製の船体に改造、発動機もより強力な出力650 hpのロールスロイス(Rolls-Royce)コンドル(Condor)IIIB V-12気筒液令エンジンに換装し、防御力向上のために尾部銃座を追加したのである。これが、新たに1927年8月12日にブラックバーン(Blackburn)RB1 アイリス(Iris)II.(Mark.II)飛行艇と命名された。

ブラックバーン(Blackburn)RB1 アイリス(Iris)II.(Mark.II)飛行艇は、後継機となるショート(Short)シンガポール(Singapore)I飛行艇、実験的な金属製船体のスーパーマリン・サザンプトン、木製船体のサンダース・バルキリー(アイリス飛行艇の競争試作相手)と比較しても遜色ない飛行艇だった。

ブラックバーン(Blackburn)RB1 アイリス(Iris)II.(Mark.II)飛行艇は、スカンジナビアとバルト海を巡る3,000マイル(4,800 km)試験飛行に参加したが、サンダース・バルキリー飛行艇のように重大な浸水とエンジン不調に見舞われることなく、長距離飛行を運航することができた。イギリス航空省は、ブラックバーン(Blackburn)RB1 アイリス(Iris)飛行艇の発展型として1927年スペックR.31/ 27を出した。


写真(上)1933年3月31日以降、イギリス、着水しようとする金属製胴体のイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)RB1A アイリス(Iris)V 三発大型飛行艇(S1593)
;1927年8月2日初飛行、ネイパー(Napier)(Culverin)コンドル(Condor)Iディーゼルエンジン720 hpを搭載したが、これはドイツのユンカース(Junkers)ユモ(Jumo)IVCディーゼルエンジンのライセンス生産型である。
The last Iris V S1593 at Brough in 1937 with Napier Culverin diesel engines.
The last aircraft (S1593) took to the air as an Blackburn Iris V on 31st March 1933, and was used to conduct trials with various airscrews. It was flown down to Malta but had difficulty getting airborne in calm conditions and was withdrawn from service in June 1934...
写真はBAE Systems, Blackburn RB1 Iris. Three-engine reconnaissance flying boat, produced in small numbers and in five variants引用。


図(右)1926年、イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.1 アイリス(Iris)の三面図
These are the details for the "blackburn rb1 iris 1926 england" plan. Plan ID: 84722 Restorer: Have you restored this Plan? Request transfer to your account Category: 3 Views of Airplanes for Model Airplane Design Similar: Plans like blackburn rb1 iris 1926 england.
写真は, AeroFred.com blackburn rb1 iris 1926 england引用。


ブラックバーン(Blackburn)R.B.1 アイリス(Iris)飛行艇の諸元
乗員Crew: 5名
全長Length: 67 ft 4.75 in (20.5423 m)
全幅Wingspan: 97 ft 0 in (29.57 m)
全高Height: 25 ft 6 in (7.77 m)
主翼面積Wing area: 2,461 sq ft (228.6 m2)
空虚重量Empty weight: 19,301 lb (8,755 kg)
最大離陸重量Max takeoff weight: 29,489 lb (13,376 kg)
オックスフォードロールスロイス 燃料容量Fuel capacity: 906 英ガロン(1,088 US gal; 4,119 L)/3エンジン上に燃料タンク合計3個
発動機Powerplant: ロールスロイス(Rolls-Royce)コンドル(Condor)IIIB V-12気筒液令エンジン675 hp (503 kW)3基
プロペラPropellers: 4-羽固定ピッチ
性能Performance
最高速力Maximum speed: 118 mph (190 km/h, 103 ノット)
航続時間Endurance: 4 hours 54 minutes
実用上昇限度Service ceiling: 10,600 ft (3,200 m)
上昇率Rate of climb: 630 ft/min (3.2 m/s)
翼面荷重Wing loading: 11.8 lb/sq ft (58 kg/m2)
出力重量比Power/mass: 0.0699 hp/lb (0.1149 kW/kg)
兵装Armament
口径.303 インチ(7.7 mm) ルイス(Lewis)機関銃(開放式銃座に前方1挺、後方2丁)
爆弾搭載量Bombs: 最大 2,000 ポンド (910 kg)


4.ブラックバーン(Blackburn)パース(Perth)三発飛行艇


写真(上)1934年頃、海面近くを低空飛行中のイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)飛行艇
:1933年10月11日初飛行、1934年に就役、しかし1938年には退役している。発動機はアイリスの最終V型と同じで、ロールスロイス(Rolls-Royce)バザード(Buzzard)IIMS 排気量2,239.3 in³(36.7 L)V-12型液令エンジン出力825 hp (615 kW)3基装備。
Модификация R.B.3A Perth Размах крыла, м 29.57 Длина, м 21.34 Высота, м 8.06 Площадь крыла, м2 233.27 пустого самолета 9492 нормальная взлетная 17237 Тип двигателя 3 ПД Rolls-Royce Buzzard IIMS Мощность, л.с. 3 х 825 Максимальная скорость , км/ч 213 Крейсерская скорость , км/ч 175 Практическая дальность, км 2093 Практический потолок, м 3505.
写真はУголок неба, RB.3 Perth. The Blackburn Perth.引用。



写真(右)1934年頃、沿岸部を低空飛行中のイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)飛行艇
:発動機は1926年6月18日初飛行のアイリスI飛行艇とそれに続くアイリス II,III,IV飛行艇は、ロールスロイス(Rolls-Royce)コンドル(Condor)IIIB V-12 排気量(35.03 L)V-12型液令エンジンだった。後継機パース(Perth)飛行艇の発動機は、前作最終型アイリスV飛行艇と同じで、若干強力なロールスロイス(Rolls-Royce)バザード(Buzzard)IIMS 排気量2,239.3 in³(36.7 L)V-12型液令エンジン出力825 hp (615 kW)3基に換装している。
Модификация R.B.3A Perth Размах крыла, м 29.57 Длина, м 21.34 Высота, м 8.06 Площадь крыла, м2 233.27 пустого самолета 9492 нормальная взлетная 17237 Тип двигателя 3 ПД Rolls-Royce Buzzard IIMS Мощность, л.с. 3 х 825 Максимальная скорость , км/ч 213 Крейсерская скорость , км/ч 175 Практическая дальность, км 2093 Практический потолок, м 3505.
写真はУголок неба, RB.3 Perth. The Blackburn Perth.引用。


1926年6月18日初飛行のアイリスI飛行艇とそれに続くアイリス II,III,IV飛行艇は発動機として、ロールスロイス(Rolls-Royce)コンドル(Condor)IIIB V-12 排気量(35.03 L)V-12型液令エンジン670 hp (500 kW) だった。しかし、ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)三発飛行艇は、アイリスV飛行艇(前作最終型)と同じ出力を向上した、ロールスロイス(Rolls-Royce)バザード(Buzzard)IIMS 排気量2,239.3 in³(36.7 L)V-12型液令エンジン出力825 hp (615 kW)3基に換装している。

写真(右)1935年、イギリス、イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)パース(Perth)三発飛行艇:初飛行は1933年10月11日、1933–1934年に合計4機生産された。
English: Blackburn Perth Date 1935 Source Imperial War Museum Collections MH3012 Author British official photographer
写真はWikimedia Commons, Category:Blackburn Perth  File:MH 003012.jpg引用。


イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.1 アイリス(Iris)飛行艇に替わって、後継機ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)三発飛行艇が1933年10月11日初飛行した。しかし、その総生産機数は4機のみ、1938年に退役している。

写真(右)1932年11月、イギリス、イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)飛行艇:1933–1934年の期間に4機が生産された。1934年に就役し、1938年に退役。発動機はアイリスの最終V型と同じで、ロールスロイス(Rolls-Royce)バザード(Buzzard)IIMS 排気量2,239.3 in³(36.7 L)V-12型液令エンジン出力825 hp (615 kW)3基装備。ただし、このBuzzard IIMS(H.XIIMS)は、1932-1933年に69基が生産されたに過ぎない。
November 1932. Iris Mk 5. (Flight 1932/11/17). R.B.1D / Iris V This was the final variant. Three Iris Mk IIIs were fitted with 825 hp (615 kW) Rolls-Royce Buzzard IIMS piston engines..
写真は, Grace's Guide File:Im19321117FL-Iris5.jpg引用。


イギリスビクトリア女王 1887年、イギリスビクトリア女王即位50周年を記念して、イギリス本国とカナダを筆頭とした自治領との間にイギリス植民地会議が開催され、協議機関となった。そして、1907年にイギリス帝国会議Imperial Conference)と改称され、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、次いで1910年に南アフリカ連邦が自治領諸国ドミニオン: Dominion)と呼称されるようになった。これは、イギリス本国の下に主権を認め、独自の軍事力・軍隊の保有を認める方向に動き出した。そして、1914年に第一次世界大戦が勃発すると自治国Dominion:ドミニオン)は自動的に本国イギリス側に立って参戦することとなり、中東、ヨーロッパ方面への派兵、海軍艦艇の派遣が始まった。

  第一次世界大戦後、戦争への自治領諸国ドミニオン: Dominion)の貢献が評価され、自治国Dominion:ドミニオン)はパリ講和会議に参加し、べルサイユ条約に調印し、その後、国際連盟への代表権も認められた。こうして国際連盟において、南アフリカ連邦に南西アフリカ委任統治が、オーストラリアにニューギニアとビスマルク諸島の委任統治が、ニュージーランドに西サモアの委任統治が認められ、委任統治領を得たのである。

  1931年のウェストミンスター憲章Statute of Westminster 1931)によってイギリス連邦(British Commonwealth)が成立し、イギリス国王を元首に戴きつつも、イギリス本国とカナダ・オーストラリア・ニュージーランド・南アフリカ連邦・アイルランド自由国・ニューファンドランド(1949年にカナダ編入)の6ヵ国の自治領諸国Dominion:ドミニオン)は、対等な協力関係に入ることになった。

写真(右)1934年頃、舗装滑走路に引き出された台車ドリー上のイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)飛行艇:1934年に就役し、1938年に退役。発動機はアイリスの最終V型と同じで、ロールスロイス(Rolls-Royce)バザード(Buzzard)IIMS 排気量2,239.3 in³(36.7 L)V-12型液令エンジン出力825 hp (615 kW)3基装備。
Первый Perth..Третий серийный Blackburn R.B.3 Iris V, S1593, оснащавшийся 37-мм скорострельной пушкой орудийного завода в Ковентри (Coventry Ordnance Works - COW) и иногда называемый как Iris VI, стоит рассматривать в качестве прототипа R.B.3A Perth - конечной стадии развития семейства Iris и крупнейшей применявшейся Королевскими ВВС летающей лодки-биплана. Четыре Perth-а были построены в Бро в 1933-34 годах для замены в расположенной в Маунт-Баттене (Mount Batten) 209 эскадрилье летающих лодок Iris V. Лодки R.B.3A Perth внешне отличались от S1593 закрытой кабиной пилотов по типу проведенной в июле 1932 года в Феликсстоу попытке с экспериментальным ранним Iris V, S1263..
写真はУголок неба, RB.3 Perth. The Blackburn Perth.引用。


1934年4月16日に初飛行したブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)三発飛行艇は、ロールスロイス(Rolls-Royce)バザード(Buzzard)IIMS 排気量2,239.3 in³(36.7 L)V-12型液令エンジン出力825 hp (615 kW)3基を装備し、エンジン1基当たり 575ガロンの燃料タンクをもっている。試験飛行後、イギリス南東海岸フェリックストウ(Felixstowe)のイギリス海軍飛行実験所(Marine Aircraft Experimental Establishment :MAEE)に配属された。

写真(右)1934年頃、格納庫前に引き出された台車ドリー上のイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)飛行艇:1934年に就役し、1938年に退役。発動機はアイリスの最終V型と同じで、ロールスロイス(Rolls-Royce)バザード(Buzzard)IIMS 排気量2,239.3 in³(36.7 L)V-12型液令エンジン出力825 hp (615 kW)3基装備。
Прототип Perth - Iris Mk.V..Спроектированный Дж.Д. Ренни (J. D. Rennie) по спецификации Министерства авиации 20/32, Perth представлял собой дальнюю цельнометаллическую летающую лодку прибрежного дозора с покрытыми полотном двухстоечными крыльями и бипланным горизонтальным оперением с размахом 30 футов (9,14 м). Силовая установка состояла из трех двигателей Rolls-Royce Buzzard, вращавших двухлопастные деревянные винты диаметром 14 футов (4,27 м). Для обеспечения более тяжелой летающей лодке дополнительной плавучести (и, тем самым, предотвращения увеличения осадки) ширина корпуса была увеличена с 11 футов 0,5 дюймов (3,363 м) до 12 футов 6 дюймов (3,81 м). Важной технической разработкой было использование для обшивки корпуса нового антикоррозионного материала алькледа, представляющего собой дюралюминиевый лист, покрытый с обеих сторон слоями чистого алюминия..
写真はУголок неба, RB.3 Perth. The Blackburn Perth.引用。


ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)三発飛行艇は、全金属製骨格の胴体にアルミニウム製の金属外板を張った構造で、機長(正操縦士)、副操縦士・航法士、機首銃手)・爆撃手、胴体中央部銃手・無線通信士、後部銃手・機関士の搭乗員5名は余裕のあるコックピットに乗っており、トイレと簡易寝台の設備も整っている。1933–1934年の期間に4機が生産されただけで、1934年に就役し、1938年2月2日に退役している。

写真(右)1934年頃、海面近くを低空飛行中のイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)飛行艇:1934年に就役し、1938年に退役。発動機はアイリスの最終V型と同じで、ロールスロイス(Rolls-Royce)バザード(Buzzard)IIMS 排気量2,239.3 in³(36.7 L)V-12型液令エンジン出力825 hp (615 kW)3基装備。
Несущие плоскости имели небольшие поперечное V и стреловидность и были изготовлены почти полностью из дюралюминия. Силовой набор крыльев состоял из коробчатых лонжеронов и нервюр с фланцованной внешней кромкой и трубчатыми балками круглого сечения. Для выполнения механиками технологических работ в самолете были установлены выполненные из стальных труб проходы: для запуска двигателей проход был встроен в верхнюю часть нижнего крыла, проверки и ремонта поверхностей управления мостки были установлены в верхнем крыле и стабилизаторе. Как и на Iris верхний стабилизатор и руль высоты были большего размаха, чем нижние, причем нижний руль высоты использовался исключительно в качестве триммера. Все три руля направления были оснащены сервоуправлением, которое могло быть отключено расположенным в кабине малым ручным рычагом..
写真はУголок неба, RB.3 Perth. The Blackburn Perth.引用。


イギリス航空省の1932年スペック20/32に基づいて設計されたブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)三発飛行艇は、金属骨格に羽布張りの主翼が97フィートあるイギリス空軍で最大の複葉機である。飛行艇で1933–1934年の期間に4機が生産されただけで、1934年に就役し、1938年2月2日に退役している。

写真(右)1934年頃、海面近くを低空飛行中のイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)飛行艇:1934年に就役し、1938年に退役。発動機はアイリスの最終V型と同じで、ロールスロイス(Rolls-Royce)バザード(Buzzard)IIMS 排気量2,239.3 in³(36.7 L)V-12型液令エンジン出力825 hp (615 kW)3基装備。
Четвертый Perth..Из носового отсека в кабину пилотов можно было добраться через дверь в центральном проходе. Сиденья пилотов в кабине размещались бок о бок, а сама кабина была оснащена штурвалами с двойным управлением и оборудованием для контроля двигателей, причем располагавшееся по правому борту оборудование было съемным. Крыша кабины была изготовлена из алькледа, панели остекления из небьющегося стекла размещались в передней и боковых ее частях. В крыше кабины размещались две раздвижные панели, с помощью которых экипаж мог встать контролировать операции швартовки..
写真はУголок неба, RB.3 Perth. The Blackburn Perth.引用。


ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)飛行艇の機首銃座には、コンベントリー砲兵工廠(Coventry Ordnance Works :COW)製造の37ミリ自動砲1門を装備しているが、これは海上にある対艦船砲撃用である。銃座は、この他機首・胴体中央部、尾部の3か所にある。弾薬は1.5ポンド、発射速度毎分100発で、爆弾搭載量は最大 2,000 ポンドある。

写真(右)1934年頃、滑走路に待機中のイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)飛行艇の開放式機首銃座の37mm:1933年10月11日初飛行したが、対潜水艦、対船舶の攻撃用に機首開放銃座にコベントリー砲兵工廠の開発したCOW 37 mm(1.46インチ)自動砲1門を搭載している。全長91.8インチ (2.33 m) 、銃身長 75インチ(1.9 m)、重量90kgの大型自動砲である。弾薬は37x190R 1ポンド7オンス (0.65 kg)の榴弾あるいは徹甲弾を毎分90発発射できる。
37-мм пушка Coventry Ordnance Works на Perth В кормовой части кабины, отделенной от носовой части переборкой с раздвижной дверью, располагался отсек штурмана с прокладочным столом и стеллажами для карт. Из штурманского отсека проход вел к двум каютам со спальными местами для офицеров и нижних чинов. Каюты разделялись отсеком бортинженера с приборной панелью, сообщающей о давлении масла, температуре масла и воды и электрическими указателями уровня топлива. В потолке от вала шли три рычага, которыми управлялись открытие/закрытие жалюзей радиаторов двигателей. В помещении нижних чинов был установлен механизированный бомбопогрузчик, надувные лодки и весла были привязаны к шпангоутам правого борта. Дальше по фюзеляжу под средней стрелковой позицией по левому борту напротив камбуза была расположена радиорубка. Туалеты размещались в хвостовой части фюзеляжа рядом с проходом к задней стрелковой позиции..
写真は, BAE Systems. Blackburn RB3 Perth.引用。


イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)飛行艇の機首開放式銃座には、コベントリー砲兵工廠開発のCOW 37 mm(1.46インチ)自動砲1門が搭載された。目的は、海上に発見した潜水艦や船舶を空中から射撃、制圧することである。

COW 37 mm(1.46インチ)自動砲の諸元
重量200 ポンド (91 kg)
全長91.8インチ (2.33 m)
銃身長 75インチ(1.9 m)
銃口初速1,950 フィート/秒
有効射程450ヤード(4.1?)
発射速度:90発/分
弾薬:37x190R HE榴弾 1ポンド7オンス (0.65 kg)

COW 37 mm(1.46インチ)自動砲は重量90キロ以上の大型自動砲で、37ミリ口径650グラムの弾薬を5発入り挿弾子(Clip)で自動装填することで、引き金を引くだけで毎分90発を射撃できる。ただし、機関銃ではないので連続射撃はできない。で徹甲弾も存在し、弾薬を装填する。である。


写真(上)1934年、海面近くを低空飛行中のイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)飛行艇最終4号機(K4011)

A fourth aircraft (K4011) was flown on 16th April 1934, and had two (rather than three) fuel tanks. This aircraft spent its service career at the Marine Aircraft Experimental Establishment (MAEE) at Felixstowe, until it was struck off charge on 2nd February 1938...
写真は, BAE Systems. Blackburn RB3 Perth.引用。




海上で運用される飛行艇の特徴は
1)海面上で滑走・離着水する際の水密性と堅牢性の確保
2)波のある海上における滑走・離着水する際の水圧、特に波浪や高速水上滑走時の安定性と船体の破損・変形を防ぐ強度の確保
3)海水による機体の金属部品あるいは木製船体の腐食の防止
があげられる。海面上で運用可能な飛行艇は、陸上機と比較して、形状、構造の上で不利であり、その分、飛行性能の低下、運用負荷の追加が伴った。


写真(上)1934年頃、飛翔するイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)飛行艇の斜め左正面
:1934年に就役し、1938年に退役。発動機はアイリスの最終V型と同じで、ロールスロイス(Rolls-Royce)バザード(Buzzard)IIMS 排気量2,239.3 in³(36.7 L)V-12型液令エンジン出力825 hp (615 kW)3基装備。
An air-to-air photograph of the first Blackburn Perth K3580.. The Blackburn Aircraft Company R.B.3A Perth was a large, three-engine flying boat, developed against Air Ministry Specification 20/32 which called for a replacement for the Blackburn RB1 Iris which it replaced it in RAF service. The three-bay biplane featured wings of 97 ft span and was of all metal construction with a fabric covering. It was and still is RAF’s largest biplane flying boat to see service. Power was provided by three 825hp Rolls-Royce Buzzard II engines, with the outer unitss mounted on the inner inter-plane struts, with a central pylon supporting the middle engine. Each engine was fed by its own 575 gallon fuel tank, these having been streamlined into the wing leading edge above each engine. The all-metal hull was skinned in Alclad (corrosion-resistant aluminium) and incorporated two steps in its bottom surface. Accommodation was provided for up to five crew plus a wide range of internal equipment including an auxiliary power supply (APU) for electrical services, an air compressor, a fuelling pump, life belts and dinghy plus galley, radio and navigation equipment. Finally and most importantly it included a toilet and sleeping berths..
写真は, BAE Systems. Blackburn RB3 Perth.引用。


図(右)1934年頃、シガレットカードに描かれたイギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)飛行艇:1934年に就役し、1938年に退役。発動機はアイリスの最終V型と同じで、ロールスロイス(Rolls-Royce)バザード(Buzzard)IIMS 排気量2,239.3 in³(36.7 L)V-12型液令エンジン出力825 hp (615 kW)3基装備。
TitleThe Blackburn Perth. NamesGodfrey Phillips (Firm) (Publisher)Collection Cigarette cards LAir-craft. Dates / OriginPlace: U.K.Library locationsGeorge Arents CollectionShelf locator: Arents Cigarette Cards..
写真は, The New York Public Library. The Blackburn Perth.引用。


チャーチル ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)三発飛行艇の命名は、自治領諸国Dominion:ドミニオン)の一国、オーストラリア西岸の都市パース(Perth)に因んでいる。このブラックバーン・パース(Perth)三発飛行艇の後継機は、 シドニー(Sydney)飛行艇である。これも自治領諸国(ドミニオン)の一国、オーストラリア東岸の都市シドニー(Sydney)に因んだ命名である。

  オーストラリア連邦、西オーストラリア州の州都パース(Perth)は、1829年にイギリス海軍提督ジェームズ・スターリングによって建設が始まり、1890年代には、クールガーディーやカルガリーボールダーにおける金発見に伴うゴールドラッシュも起きている。

また、1901年には郊外にフリーマントル(Fremantle)港が開設され、1917年の大陸横断鉄道が開通しオーストラリア東岸シドニーと結ばれた。第二次世界大戦後には、大規模な鉱業採掘が開始された。

  フリーマントル(Fremantle)は、スワン川河口にある港湾都市で、戦時中は軍港として潜水艦の基地にもなった。現在は、1969年4月18日就役し、1995年12月1日に退役したオベロン級潜水艦オヴェンス(HMAS Ovens)排水量2,030トンが保管展示されている。

  図(右)1932年、イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)飛行艇の三面図
November 1932. Iris Mk 5. (Flight 1932/11/17). R.B.1D / Iris V This was the final variant. Three Iris Mk IIIs were fitted with 825 hp (615 kW) Rolls-Royce Buzzard IIMS piston engines..
写真は, Grace's Guide Летающая лодка Blackburn R.B.3A Perth. Великобритания引用。


ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)飛行艇の諸元
乗員Crew: 5名
全長Length: 70 ft 0 in (21.34 m)
全幅Wingspan: 97 ft 0 in (29.57 m)
全高Height: 26 ft 5.5 in (8.065 m)
主翼面積Wing area: 2,461 sq ft (228.6 m2)
空虚重量Empty weight: 20,927 lb (9,492 kg)
最大離陸重量Max takeoff weight: 32,500 lb (14,742 kg)
発動機:ロールスロイス(Rolls-Royce)バザード(Buzzard:ノスリ)II MS V-12型液令エンジン675 hp (503 kW)3基
最高速力Maximum speed: 132 mph (212 km/h, 115 kn)
航続距離Range: 1,300 mi (2,100 km, 1,100 nmi)
実用上昇限度Service ceiling: 11,500 ft (3,500 m)


5.イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)RB.2 シドニー(Sydney)三発飛行艇

写真(右)1930年9月頃,イギリス、イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)RB.2 シドニー(Sydney)飛行艇の右側面
English: Blackburn Sydney Date 1930 Also Flight, September 5, 1930 Author Unknown author
写真はWikimedia Commons, Category:Blackburn Sydney File:Blackburn Sydney.jpg引用。


ブラックバーン(Blackburn) RB.2 シドニー(Sydney)は、イギリス航空省が要求した1927年スペックR.5/27 に応じて1930年にイギリス空軍向けに開発された長距離哨戒飛行艇である。構造的には、支柱で支たパラソル式主翼、3枚の垂直尾翼、発動機は主翼の間の前縁に3基搭載、前作ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)三発飛行艇を踏襲していた。しかし、イギリス空軍での評価審査は合格せず、量産の注文は得られずに生産は試作機1機で終わった。


図(上)1929年,イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)RB.2 シドニー(Sydney)飛行艇の三面図
:フランスの航空雑誌L'Aéronautique August,1929に掲載。
English: Blackburn Nile 3-view drawing from L'Aéronautique August,1929 Date 1 August 1929 Source https://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k65549538/f621.double Author L'Aéronautique magazine
写真はWikimedia Commons, Category:Blackburn Sydney File:Blackburn Nile 3-view L'Aéronautique August,1929.png引用。


イギリス航空省は、1930年にイギリス空軍向け長距離哨戒飛行艇の開発を1927年スペックR.5/27 として要請し、ブラックバーン(Blackburn)社は、パラソル単翼、3枚垂直尾翼、発動機3基の大型飛行艇ブラックバーン(Blackburn)RB.2 シドニー(Sydney)飛行艇1機のみが試作生産され1930年7月18日に初飛行した。

オーストラリア ブラックバーン(Sydney)(Blackburn)RB.2 シドニー飛行艇の諸元
乗員: 2名
全長: 19.99 m (65 ft 7 in)
全高: 6.20 m (20 ft 4 in)
全幅: 30.49 m(100 ft)
主翼面積: 139.4 m2 (1,500 ft2)
空虚重量: 7,741 kg (17,065 lb)
運用時重量: 10,591 kg (23,350 lb)
有効搭載量: kg (lb)
最大離陸重量: kg (lb) 発動機: ロールス・ロイス F.XII MS 空冷 星型エンジン、381 kW (525 hp) 3基
最大速度: 198 km/h (107 kn) 123 mph
巡航速度: 161 km/h (87 kn) 100 mph
フェリー飛行時航続距離: km (海里) 航続距離: 1,200 km(高度1,900 m)/745 mi(高度6,200 ft) 実用上昇限度: 5,030 m (16,500 ft)

キャプテンクック 1606年、オランダ東インド会社(Dutch East India Company)のオランダ人ウィレム・ヤンスゾーンWillem Janszoon)がジャワ島・ニューギニア島からオーストラリア大陸北端ヨーク岬に到達、1770年には帆船エンデバーを率いたイギリス人キャプテン・ジェームズ・クックCaptain James Cook)がオーストラリア大陸東岸シドニーのボタニー湾に上陸、ニュー・サウス・ウエールズと命名した。そして、1776年、アメリカが独立したため、イギリスはアメリカに代る新たな流刑地としてオーストラリアに囚人を護送した。1788年1月、イギリスから初代オーストラリア総督アーサー・フィリップがイギリス人開拓者と囚人合わせ1500人を連れてシドニー湾に上陸した。

キャプテン・ジェームズ・クックCaptain James Cook)以来のイギリスによるオーストラリアへの植民は、1829年にはパースなどの西オーストラリアに、1836年にはアデレードなど南オーストラリアでも本格化する。1851年、ニュー・サウス・ウエールズで金が発見され、ゴールドラッシュが起こり、オーストラリア移住者が急増し、1868年にはそれまで16万人に達した流刑者の受入れが終了された。

1901年、イギリス議会がオーストラリアの6植民地を州としするオーストラリア連邦の樹立を認めた。そして政治・経済的、社会的にオーストラリアが安定化する中で、白人の市民とする白豪主義が興隆した。1914年 第一次世界大戦勃発 第一次世界大戦に参入し、オーストラリアは日本と日英同盟を基盤に橋梁国側に立って参戦した。オーストラリアからは、中東方面を中心に、オーストラリア軍兵士40万人以上が出征したが、犠牲者は6万人に達した。

シーオッターSea Otter スーパーマリン(Supermarine)シーオッター(Sea Otter)水陸両用飛行艇は、ストランラー(Stranraer)飛行艇胴体下方を覆うように手摺(てすり)が装着されているが、この手摺は、不時着水して海上に漂う人員の海難救助用に着水して、接近したときに、海中から捕まることができるように配慮されている。

スーパーマリン(Supermarine)シーオッター(Sea Otter)やスーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)双発飛行艇のような低速の旧式飛行艇でも、第二次大戦後も1950年代まで就役していたのは、沿岸における海上救難用に有用だったためである。救難時に目立つように、白色塗装が施されていた。


6.ショート(Short)S.8/8 ラングーン(Rangoon)三発飛行艇

写真(右)1931年11月16日、イギリス、ロンドン東30キロ、ケント州(Kent)ロチェスター(Rochester)、メッドウェイ川河口、水上滑走しているイギリス空軍(RAF: Royal Air Force)ショート(Short)S.8/8 ラングーン(Rangoon ) 複葉飛行艇(S1433) :総生産機数は6機のみで、1935年には退役している。
Short S.8/8 Rangoon (S1433), Rochester Date 16 November 1933 Source Flight 16 November 1933 http://www.flightglobal.com/pdfarchive/view/1933/1933%20-%201014.html Author Unknown author
写真はWikimedia Commons, Category:Short Rangoon File:Rangoon0257.jpg引用。


イギリスのショート(Short)S.8/8 ラングーン(Rangoon)飛行艇試作1号機 (S1433) は、1930年9月24日にロンドン東30キロ、ケント州(Kent)ロチェスター(Rochester)、メッドウェイ(Medway)川河口からブリストル(Bristol)ジュピター(Jupiter)空冷星形エンジンで初飛行した。そして、1931年に就役し、中東イラク、バスラのイギリス空軍第203飛行隊にも配備された。しかし、1935年には退役している。

ショート(Short)S.8/8 ラングーン(Rangoon)複葉飛行艇の装備したブリストル(Bristol)ジュピター(Jupiter)9気筒空冷星型エンジン (排気量28.7 L)は、第一次世界大戦末期に設計され、1918年10月29日に試作機が完成した。

1920年代から量産されたブリストル(Bristol)ジュピター(Jupiter)9気筒空冷星型エンジン (排気量28.7 L)は信頼性が向上し、各国でライセンス生産され、総生産台数7,100基に達した。ドイツのBMW 1329気筒空冷星型エンジン、アメリカのプラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney)R-1690ホーネット(Hornet)9気筒空冷星型エンジンよりも先に開発され、これらのエンジンにも大きな影響を与えたと思われる。

写真(右)1936年、イギリス、滑走路に駐機するイギリス空軍(RAF: Royal Air Force)ショート(Short)S.8/8 ラングーン(Rangoon)複葉飛行艇(K2134):飛行艇の胴体下面にゴム車輪を取り付けて、陸上移動の便宜を図っている。
Short S.8/8 Rangoon (K2134). Date circa 1936 Source IWM London MH2985 from the collections of the Imperial War Museums. Author British official photographer
写真はWikimedia Commons, Category:Short Rangoon File:IWM-MH2985-Rangoon.jpg引用。

1931年初め、3機のイギリス空軍(RAF)ショート(Short)S.8/8 ラングーン(Rangoon)飛行艇が、イギリス東岸、サフォーク州フィーリックストウ(Felixstowe)のイギリス空軍訓練舞台に送られ、1931年4月にイラク、バスラの第203飛行隊に派遣された。目的は、イラク、ペルシャ湾における密貿易の哨戒任務である。のちに、この中東での任務は、後継機ショート(Short)シンガポール(Singapore)飛行艇に引き継がれた。

ロンドン東30キロ、ケント州(Kent)ロチェスター(Rochester)、メッドウェイ川河口から初飛行したショート(Short)S.8/8 ラングーン(Rangoon)複葉飛行艇は、1931年に就役し、総生産機数は6機のみだが、中東イラクのバスラのイギリス空軍第203飛行隊にも配備された。

1934年9月、イギリス空軍第203飛行隊イギリス空軍(RAF)ショート(Short)S.8/8 ラングーン(Rangoon)複葉飛行艇3機が、オーストラリアビクトリア(Victoria)州設立100周年および州都メルボルン(Melbourne)創立100周年の記念飛行にオーストラリアまで長距離飛行している。

ショート(Short)S.8/8 ラングーン(Rangoon)複葉飛行艇の諸元
乗員Crew: 5名
全長Length: 66 ft 9+1⁄2 in (20.358 m)
全幅Wingspan: 93 ft 0 in (28.35 m)
全高Height: 23 ft 9 in (7.24 m)
主翼面積Wing area: 1,828 sq ft (169.8 m2)
空虚重量Empty weight: 14,000 lb (6,350 kg)
総重量Gross weight: 22,500 lb (10,206 kg)
発動機Powerplant: 3 × ブリストル(Bristol)ジュピター(Jupiter)XIF 9気筒空冷エンジン540 hp (400 kW)
性能Performance 最高速力Maximum speed: 115 mph (185 km/h, 100 kn)
巡行速力Cruise speed: 92 mph (148 km/h, 80 kn)
航続距離Range: 650 mi (1,050 km, 560 nmi)
航続時間Endurance: 7 hr at 92 mph (80 kn; 148 km/h)
実用上昇限度Service ceiling: 12,000 ft (3,700 m)
上昇率Rate of climb: 550 ft/min (2.8 m/s)
兵装Armament
.303口径7.7mmルイス(Lewis)機関銃3挺
爆弾Bombs: 1,000 ポンド (455 kg)


7.ショート(Short)シンガポール(Singapore)四発飛行艇


写真(上)1926年、イギリス、イギリス空軍(RAF)ショート(Short)シンガポール(Singapore)I 双発飛行艇試作機(N179)
;1926年8月17日に初飛行。前作ラングーン飛行艇は、密閉式コックピット、並列式正副操縦席だったが、シンガポール(Singapore)I飛行艇では開nい変更されている。視界向上を優先したためであろうか。発動機はロールスロイス( Rolls-Royce)H.10バザード(Buzzard)液令V12気筒エンジン(36.7L)2基に牽引式2翅プロペラを装備している。機首と胴体後上方に開放式機関銃座が各々1基設けられている。
A Photograph of the Short Singapore I (N179) prototype flying boat. Other information 'The first flying-boat named ‘Singapore’, N179, the only Singapore Mk.I built, not because it was a bad aircraft, but only because the Air Ministry had changed the specifications. The silhouette shows that this design was mid-way between the WW1 flying boats and the next generation to come. Note that N179 is shown here in its final form with Rolls-Royce H.10 Buzzard engines and Handley Page auto-slots on the upper wings. Note the name ‘Singapore’ written on the bow. Date circa 1926 Source Original publication: Unknown
写真はWikimedia Commons, Category:Short Singapore File:Short Singapore I.jpg引用。


ショート(Short)シンガポール(Singapore)飛行艇は、1934年6月15日に初飛行、当時は最大級の大型飛行艇で、それを串形タンデム配置の発動機2基2組、四発動機で動かした。発動機は、ロールスロイス・ケストレルV型12気筒液冷エンジン730hp4基で、上下複葉の間に置かれ、下主翼に乗った整備士が左右から整備することができる。シンガポール(Singapore)飛行艇エンジン冷却器ラジエイターは、上下複葉を支える中央の2本の支柱に設置されている。垂直尾翼は3枚、水平尾翼は1枚ある。

写真(右)1934年頃、イギリス、水上を滑走するショート(Short)シンガポール(Singapore)II 四発飛行艇(K577) :イギリス空軍の国籍マークである青白赤の同心円ラウンデルも赤白青の縦縞四角マーク「フィン・フラッシュ」(Fin Flash)も描かれていないので、シンガポール(Singapore)II 四発飛行試作機の試験時の撮影と思われる。
kitchener.lord Follow Short Singapore
写真はSmugMug+Flickr., kitchener.lord Short Singapore引用。


⇒写真集Album:ショート(Short)シンガポール(Singapore)四発複葉飛行艇を見る。


8.アメリカのシコルスキー(Sikorsky)S-40四発複葉飛行艇

写真(右)1935年11月以降,アメリカ、海に面した水上機基地の滑走台で待機するパンアメリカン航空シコルスキー(Sikorsky)S-40四発旅客飛行艇:シコルスキー(Sikorsky)S-40の初飛行は1931年8月7日。生産機数:3機。
Sikorsky S-40 Manufacturer: Sikorsky Designation: S-40
写真はflicker, SDASM Archives Catalog #: 00070990引用。


38 人の乗客を乗せることのできるシコルスキー(Sikorsky)S-40四発旅客飛行艇は、パンアメリカン航空の最初の大型飛行艇で、 Pratt & Whitney ホーネット(Hornet)空冷星形9気筒エンジン575 hp4基を搭載、最高速力217km/h、航続距離1,400 kmで「アメリカン クリッパー」として、パンナム・クリッパーの旗艦として使用された。3機が就役したシコルスキー(Sikorsky)S-40は、合計 1,000 万マイル以上を飛行し1940年に退役するまで、合計 1,000 万マイル以上の運航実績を上げた。


⇒写真集Album:シコルスキー(Sikorsky)S-40飛行艇を見る。


9.シコルスキー(Sikorsky)S-42四発複葉飛行艇"Pan American Clipper"

写真(右)1934年,アメリカ、カリフォルニア州、サンフランシスコの建設途上の金門橋(Golden Gate Bridge)上空を飛行するパンアメリカン航空シコルスキー(Sikorsky)S-42飛行艇"Pan American Clipper" (r/n NR-823M; c/n 4201):パンナムがマーチンM-130の一世代前に採用した長距離旅客飛行艇シコルスキー(Sikorsky)S-40の初飛行は1931年8月7日だが、この機体は1934年12月から、1944年8月4日にキューバ沖に沈むまで就航した「西インド諸島クリッパー」"West Indies Clipper"(NC823M){ただし1937年に"Hong Kong Clipper" (NC823M)に改名}である。
English: One-quarter left front view of Pan American Airways Sikorsky S-42 "Pan American Clipper" (r/n NR-823M; c/n 4201) in flight over San Francisco Bay on its way to Hawaii. San Francisco-Oakland Bay Bridge construction is visible; circa 1934.
Date 1934 Author United Technologies Corporation
写真はWikimedia Commons, Category:Sikorsky S-42 of Pan American Airways File:Pan American Airways Sikorsky S-42 "Pan American Clipper" in flight over the under-construction San Francisco-Oakland Bay Bridge.jpg引用。


1934年3月に初飛行のシコルスキー(Sikorsky)S-42飛行艇は、胴体から支柱で支えたパラソル式主翼(単葉)で、プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney) R-1690 ホーネット(Hornet)空冷星形9気筒エンジン 700hp (520kW)4基を備えた四発大型飛行艇である。 パン・アメリカン航空(PAA:Pan American Airways)は、S-42飛行艇を、主にアメリカ南部とカリブ諸国の間の長距離洋上旅客航路に就役させた。初飛行は1934年の3月30日で、総生産機数は10機である。

⇒写真集Album:シコルスキー(Sikorsky)S-42飛行艇を見る。


10.マーチン(Martin)M-130四発複葉飛行艇"China Clipper"

写真(右)1936年11月以降、アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコ湾、トレジャーアイランド(Treasure Island)で整備作業を受けるマーチン(Martin)M-130「チャイナクリッパー」"China Clippers" 四発大型飛行艇 (NC14716);最高速力:290 km/h (180 mph) 巡行速力:262 km/h(163 mph) 航続距離:5150km 巡航高度:10,000 ft (3,048 m) 就役:Hawaii Clipper 1935年10月9日 Philippine Clipper 1935年11月14日 China Clipper 1936年3月3日 生産機数:3機。
ChinaClipperatTreasureIsland Date 22 March 2010, 14:40 Source ChinaClipperatTreasureIsland Author Bill Larkins
写真はWikimedia Commons, Categories: Martin 130 of Pan American Airways File:ChinaClipperatTreasureIsland (4454794157).jpg引用。


複葉機全盛だった1934年12月、アメリカのマーチンM-130大型飛行艇が初飛行した。この飛行艇は、パン・アメリカン航空(PAA:Pan American Airways)の要請を受けて、太平洋横断可能な四発旅客飛行艇として開発されたもので、全長27.6メートル、全幅39.7メートルの片翼式単葉機で、胴体両側の張り出しは浮舟と燃料タンクを兼ねていた。発動機は信頼性のあるプラット・アンド・ホイットニーPratt & Whitney)R-1830ツインワスプ空冷星形エンジン840馬力4基を搭載し、巡航速力は266km/h、乗客12-14名を5150km運ぶことができる。また、短距離であれば、乗客48名を運ぶことができた。

⇒写真集Album:マーチン(Martin)M-130チャイナ・クリッパーを見る。


11.ボーイング(Boeing)314四発飛行艇

ボーイング(Boeing)314は、3枚の垂直尾翼を持つ大型四発飛行艇で、最大座席数74席(寝台仕様の場合50席)で、出現時は最大級巨人旅客輸送機だった。

写真(右)1939年、ボーイング(Boeing)314四発飛行艇;1938年6月7日初飛行。1938–1941年に12機が生産された。同時期に開発されたマーチン M-156(Martin model 156)四発飛行艇を抑えて、パンアメリカン航空に採用された。
Collins, Tudor Washington, 1898-1970, photographer Title (Seaplane on the water beside a gangplank) Description English: A Boeing 314 flying boat is moored in a harbour. There two boats alos in the harbour. One of the boats have two life-savers with "Lady VI Auckland" written on each of them. Three men are visible on a boat. A man is walking along the gangplank, towards the flying boat. A jetty, and an island, is visible in the far background. Date 1939 Medium Silver gelatin dry plate Collection Auckland War Memorial Museum Accession number 81422 (object number) Source/Photographer API data Catalogue record Photo Permission (Reusing this file) This image has been released as "CCBY" by Auckland Museum.
写真はWikimedia Commons, Category:Boeing 314 of Pan American Airways File:Seaplane on the water beside a gangplank (AM 81422-1).jpg引用。


ボーイング(Boeing)314四発飛行艇は、サンフランシスコ=ニュージーランドのオークランド間の定期航路にも就役している。
アメリカのパンアメリカン航空がボーイング(Boeing)314飛行艇6機の発注を行い、生産が開始された。1939年より引渡しが開始され、6機の追加を含めて、1938–1941年に12機が生産された。

⇒写真集Album:ボーイング(Boeing)314四発飛行艇クリッパー"Clipper"を見る。


12.イギリス空軍スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)双発飛行艇

写真(右)1945-1946年、訓練用帆船上空を飛行するカナダ空軍(RCAF)スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)飛行艇:1920-1946年のカナダ空軍の国籍記章は、イギリス空軍と同じ青白赤の同心円、その外側に黄色太い円を追加した。垂直尾翼の国籍記章は赤白青縦縞「フィン・フラッシュ」(Fin Flash)で、フランス国旗の青白赤と逆の順序で並んでいる。第二次世界大戦末期あるいは大戦後の撮影になるのか、機首と胴体後上方の銃座は撤去されており、迷彩塗装を廃止て、目立つように明るい色で塗装されている。
English: Supermarine Stranraer Source Canadian Forces Expired crown copyright. All images made by canadian forces more than 50 years ago..
写真はWikimedia Commons, Category: Supermarine Stranraer of RCAF File:Supermarine Stranraer 4 ExCC.jpg引用。


スーパーマリン(Supermarine)は、スーパーマリン(Supermarine)スカパ(Scapa)飛行艇の発展型サザンプトンVを企画したが、これがレジナルド・ジョセフ・ミッチェル(Reginald Joseph Mitchell,:1895-1937)設計になるスーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)飛行艇の原型である。

1935年8月、スーパーマリン(Supermarine)が開発した試作サザンプトン V 飛行艇は、公式にストランラー(Stranraer)飛行艇(K3973)と改名された。搭載した発動機は、生産型とは異なって、ブリストル(Bristol) ペガサス(Pegasus)IIIM 空冷星形9気筒エンジン(排気量28.7 L)920 hp2基、木製2翅プロペラを装備している。ストランラー(Stranraer)飛行艇生産型は、ブリストル(Bristol)ペガサス(Pegasus)X 空冷星形9気筒エンジン(排気量28.7 L)920 hp2基で、金属製3翅プロペラを装備している。そして、原型となったスカパ飛行艇よりも、胴体が長く、一回り大型であり、尾部に銃座を設けている。


写真(上)2018年12月,イギリス、ロンドン北部、イギリス空軍博物館(RAF Museum London)、カナダ・ビッカース社(Canadian-Vickers)製造のカナダ空軍(RCAF)スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)飛行艇(920/CF-BXO)
;最終的にはカナダの民間企業クイーンシャーロット航空(Queen Charlotte Airlines)でも使用されていた民間輸送機だったが、イギリスで展示するに際しては、カナダ空軍で使用していた時の塗装を再現している。イギリス連邦カナダ空軍の国籍マークは、イギリス空軍と同じく、中心部から赤白青の同心円で、その外側に目立つように黄色の縁取りがなされている。これは赤白青のイギリス国旗に由来する。
Supermarine Stranraer (Canadian Vickers built) in Hangers 3&4 at the RAF Museum, Hendon, 4 December 2018. Date 4 December 2018, 16:30 Source Supermarine Stranraer Author Hugh Llewelyn from Keynsham, UK
写真はWikimedia Commons, Category: Supermarine Stranraer at RAF Museum London File:Supermarine Stranraer (32428140478).jpg引用。


1925年3月10日初飛行のスーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)飛行艇は、1934年までに83機が生産され、イギリス連邦自治国(ドミニオン)でも汎用哨戒飛行艇として使用された。このサザンプトン(Southampton)飛行艇後継機をイギリス航空省が開発するよう要求を出したため、スーパーマリン社は既存のスカパ(Scapa)双発飛行艇を原型に新機を開発した。これが、1934年7月24日に初飛行したスーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)Mark I 飛行艇である。

スーパーマリン(Supermarine)社は、14機生産したスカパ飛行艇の後継機としてストランラー(Stranraer)飛行艇を開発した。この機体は、前作スカパより大型で、発動機も強力なものに換装されている。ストランラー(Stranraer)飛行艇は、1937年からイギリス空軍に部隊配備されているが、すぐにカナダ空軍に引き渡された。

シーオッターSea Otter スーパーマリン(Supermarine)シーオッター(Sea Otter)水陸両用飛行艇は、ストランラー(Stranraer)飛行艇胴体下方を覆うように手摺(てすり)が装着されているが、この手摺は、不時着水して海上に漂う人員の海難救助用に着水して、接近したときに、海中から捕まることができるように配慮されている。

スーパーマリン(Supermarine)シーオッター(Sea Otter)やスーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)双発飛行艇のような低速の旧式飛行艇でも、第二次大戦後も1950年代まで就役していたのは、沿岸における海上救難用に有用だったためである。救難時に目立つように、白色塗装が施されていた。

スピットファイア スーパーマリン(Supermarine)ウォーラス(Walrus)水陸両用飛行艇は、スピットファイア(Spitfire)設計者レジナルド・ミッチェル(Reginald Mitchell, 1895-1937.6.11)が開発し、1944年1月に総生産機数は741機で生産が終了した。このうちウォーラス(Walrus)Mark.IIを中心に、453機はサロ(Salo: Saunders-Roe)社が生産している。

つまり、スーパーマリン(Supermarine)ウォーラス(Walrus)水陸両用飛行艇は、スーパーマリン(Supermarine)社の開発だが、スーパーマリンでの生産は半数以下の288機に留まった。これは、スーパーマリンではスピットファイア(Spitfire)戦闘機の量産に資本、資源、労働力を集中していたためである。

コンソリデーテッド(Consolidated)PBY イギリスの双発以上の大型飛行艇は、シンガポール、ロンドン、サザンプトン、シドニー、サザンプトン、スカパと続いた。そして、サザンプトンIV飛行艇をストランラー(Stranraer)飛行艇と改名し、新鋭機を印象付け売り込みを図った。サザンプトン(Southampton)飛行艇の3枚垂直尾翼はストランラー(Stranraer)飛行艇では双尾翼になり、木製胴体が金属製胴体に変更された。

1935年3月28日に初飛行したアメリカのコンソリデーテッド(Consolidated)PBYカタリナ(Catalina)双発飛行艇は、アメリカ海軍のほか、イギリス空軍(RAF)、カナダ空軍(Royal Canadian Air Force:RCAF)、オーストラリア空軍(Royal Australian Air Force:RAAF) でも制式され、哨戒、偵察、沿岸警備、船団護衛、海難救助に用いられた。

PBY-5Aカタリナ飛行艇は、引き込み脚を装備して水陸両用飛行艇となったが、アメリカ陸軍航空隊も引込み式車輪を装備したOA-10Aカタリナ水陸両用飛行艇を制式し、海難救助機として用いている。

コンソリデーテッド(Consolidated)PBY 名機コンソリデーテッド(Consolidated)PBY カタリナ(Catalina)双発飛行艇は、カナダ・ヴィッカース社、カナダ・ボーイング社でもライセンス生産された。カタリナ(Catalina)双発飛行艇は、1936年以来1945年までに3,276機が大量生産され、スーパーマリン(Supermarine)A.27 ロンドン(London)飛行艇、ショート(Short)シンガポール(Singapore)III 飛行艇を上回った性能、信頼性を発揮した。

つまり、アメリカから武器貸与法でカタリナ飛行艇が供与されるのであれば、イギリス製双発飛行艇を量産する意義は乏しかったのである。

⇒写真集Album:スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)双発飛行艇を見る。



2011年7月刊行の『写真・ポスターに見るナチス宣伝術-ワイマール共和国からヒトラー第三帝国へ』青弓社(2000円)では、反ユダヤ主義、再軍備、ナチ党独裁、第二次世界大戦を扱いました。
 ここでは日本初公開のものも含め130点の写真・ポスターを使って、ヒトラーの生い立ち、第一次大戦からナチ党独裁、第二次大戦終了までを詳解しました。
バルカン侵攻、パルチザン掃討戦、東方生存圏、ソ連侵攻も解説しました。

◆毎日新聞「今週の本棚」に『写真・ポスターから学ぶ戦争の百年 二十世紀初頭から現在まで』(2008年8月25日,青弓社,368頁,2100円)が紹介されました。ここでは,第二次大戦,ユダヤ人虐殺・強制労働も分析しました。


ナチ党ヒトラー独裁政権の成立:NSDAP(Nazi);ファシズムの台頭
ナチ党政権によるユダヤ人差別・迫害:Nazis & Racism
ナチスの優生学と人種民族:Nazis & Racism
ナチスの再軍備・人種差別:Nazism & Racism
ナチスT4作戦と障害者安楽死:Nazism & Eugenics
ドイツ国防軍のヒトラー反逆:Ludwig Beck
ゲオルク・エルザーのヒトラー暗殺未遂:Georg Elser
ポーランド侵攻:Invasion of Poland;第二次大戦勃発
ワルシャワ・ゲットー写真解説:Warsaw Ghetto
ウッジ・ゲットー写真解説:Łódź Ghetto
シーオッター(Sea Otter)ヴィシー政権・反共フランス義勇兵:Vichy France :フランス降伏
バルカン侵攻:Balkans Campaign;ユーゴスラビア・ギリシャのパルチザン
バルバロッサ作戦:Unternehmen Barbarossa;ソ連侵攻(1)
スターリングラード攻防戦;Battle of Stalingrad :ソ連侵攻(2)
ワルシャワゲットー蜂起:Warsaw Uprising
アンネ・フランクの日記とユダヤ人虐殺:Anne Frank
ホロコースト:Holocaust;ユダヤ人絶滅
アウシュビッツ・ビルケナウ収容所の奴隷労働:KZ Auschwitz
マウトハウゼン強制収容所:KZ Mauthausen
ヒトラー:Hitler
ヒトラー総統の最後:The Last Days of Hitler
自衛隊幕僚長田母神空将にまつわる戦争論
ハワイ真珠湾奇襲攻撃
ハワイ真珠湾攻撃の写真集
開戦劈頭の「甲標的」特別攻撃隊
サンダース ロー A.19 クラウド飛行艇
サイパン玉砕戦:Battle of Saipan 1944
沖縄玉砕戦と集団自決:Battle of Okinawa 1945
沖縄特攻戦の戦果データ
戦艦「大和」天1号海上特攻 The Yamato 1945
人間爆弾「桜花」Human Bomb 1945
人間魚雷「回天」人間爆弾:Kaiten; manned torpedo
海上特攻艇「震洋」/陸軍特攻マルレ艇
日本陸軍特殊攻撃機キ115「剣」
ドイツ軍装甲車Sd.Kfz.250/251:ハーフトラック
ドイツ軍の八輪偵察重装甲車 Sd.Kfz. 231 8-Rad
ソ連赤軍T-34戦車
キングフィッシャー Mk.I艦隊航空隊

VI号ティーガー重戦車
V号パンター戦車
ドイツ陸軍1号戦車・2号戦車
ドイツ陸軍3号戦車・突撃砲
ドイツ陸軍4号戦車・フンメル自走砲
イギリス軍マチルダMatilda/バレンタインValentine歩兵戦車
イギリス陸軍A22 チャーチル歩兵戦車: Churchill Infantry Tank Mk IV
イギリス軍クルーセーダーCrusader/ カヴェナンター/セントー巡航戦車
イギリス陸軍クロムウェル/チャレンジャー/コメット巡航戦車
アメリカ軍M3Aスチュアート軽戦車/M3グラント/リー中戦車
アメリカ陸軍M4シャーマン中戦車Sherman Tank
イギリス軍M4A4シャーマン・ファイアフライ Sherman Firefly戦車
シャーマン・クラブフライル地雷処理戦車 Sherman Crab Flail
英軍M10ウォルブリン/アキリーズ駆逐自走砲GMC

アンネの日記とユダヤ人
与謝野晶子の日露戦争・日中戦争
ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He111爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-188爆撃機/Ju388高高度偵察機
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
ブロームウントフォッスBV138飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機/夜間戦闘機
ドイツ空軍(Luftwaffe)メッサーシュミット戦闘機
ドイツ空軍フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw-190戦闘機
ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥
ハンセン病Leprosy差別

2022年2月13日開設の鳥飼研究室へのご訪問ありがとうございます。データ引用の際は,出所を明記するか,リンクをしてください。
連絡先: torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 
東海大学HK社会環境課程
鳥飼 行博 TORIKAI Yukihiro
HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka
Kanagawa,Japan259-1292
東海大への行き方|How to go
Flag Counter


Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 10,000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.
Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2022 All Rights Reserved.