Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内
◆ボーイング(Boeing)247輸送機
写真(上)1935-1939年頃、アメリカ、駐機しているボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13361)
:胴体後方にはアメリカ大陸横断のロゴを付けている。 垂直尾翼の方向舵にNC13361BOEINGとあり、その前のBOEINGのロゴの下に「U.S.MAIL A.M.I-II-12 EXPRESS」と記入されている。機首側面に「UNITED AIR LINES」と四角の枠に記入されている。
Title: Aviation, commercial Abstract/medium: Harris & Ewing photograph collection Physical description: 1 negative : Date between 1905 and 1945 Source Library of Congress Author Harris & Ewing Collection .
写真はLibrary of Congress,Prints & Photographs Online Catalog Reproduction Number: LC-DIG-hec-14566 および Wikimedia Commons Category:Boeing 247 File:Aviation, commercial LOC hec.14566.jpg引用。



写真(上)1934年10月14日、マックロバートソン飛行レースに出場したボーイング(Boeing)247 D 輸送機レースナンバー5番(左)と機長ロスコーエ・ターナー(Roscoe Turner)大佐(1895-1970)
:1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)飛行レースのマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に尾翼のレース参加番号5番で出場した。垂直尾翼には、翼のついたボーイングのロゴとレースナンバー5番が記入されている。また、製造番号c/rのNR257Yも記入されている。
AL73-A-238 From the Frank S. "Luke" Luqueer Photo Collection..
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive AL73-A-238引用。



写真(上)2016年7月、アメリカ、ワシントンD.C.、スミソニアン(Smithsonian)航空宇宙博物館(National Air and Space Museum)、マックロバートソン飛行レースに出場したボーイング(Boeing)247 D 輸送機(NC13369/NR257Y)復元機
:1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)飛行レースのマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に出場した記念に欧州=オーストラリア横断のロゴが胴体後方側面に描かれている。アメリカ大陸横断のロゴは、飛行レース前に達成したアメリカ大陸横断飛行のもの。
English: A Boeing 247-D, registration NC13369, in the National Air and Space Museum in Washington, D.C. This 247-D, which served with United Air Lines, also flew as a contestant in the 1934 MacRobertson Air Race from London to Melbourne, Australia, coming in third place. The visible side shows its United Air Lines paint scheme commemorating its race performance; the far side bears the paint scheme it wore during the race itself. Date 6 July 2016 Source Boeing 247 Author Clemens Vasters, Viersen, Germany.
写真はWikimedia Commons, Category:Boeing 247 at National Air and Space Museum File:Boeing 247-D United Air Lines NC13369 NASM (28276377096).jpg引用。


1.ボーイング(Boeing)247輸送機

写真(右)1935-1939年頃、アメリカ、飛行しているボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13361):垂直尾翼の方向舵にBOEINGとあり、その前に「U.S.MAIL A.M.I-II-12 EXPRESS」と記入されている。
Title: Aviation, commercial Abstract/medium: Harris & Ewing photograph collection Physical description: 1 negative : Date between 1905 and 1945 Source Library of Congress Author Harris & Ewing Collection .
写真はLibrary of Congress,Prints & Photographs Online Catalog Reproduction Number: LC-DIG-hec-14560 および Wikimedia Commons Category:Boeing 247 File:Aviation, commercial LOC hec.14560.jpg引用。


写真(右)1935-1939年頃、アメリカ、格納庫で整備中のユナイテッド航空所属のボーイング(Boeing)247 輸送機:垂直尾翼の方向舵にBOEINGとあり、その前にに「U.S.MAIL A.M.I-II-12 EXPRESS」と記入されている。
Title: Aviation, commercial Abstract/medium: Harris & Ewing photograph collection Physical description: 1 negative : Date between 1905 and 1945 Source Library of Congress Author Harris & Ewing Collection .
写真はLibrary of Congress,Prints & Photographs Online CatalogReproduction Number: LC-DIG-hec-14566 および Wikimedia Commons Category:Boeing 247 File:Aviation, commercial LOC hec.14569.jpg引用。


写真(右)1935-1939年頃、アメリカ、飛行しているボーイング(Boeing)247 輸送機:機首下方に「329」と筆で書き込んでいる地上整備員のオーバーオールには、「UNITED AIR LINES」と記入されている。左翼のプラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney )R-1340 S1H1-G ワスプ(Wasp)空冷星形9気筒エンジン500 hp (370 kW)は格納庫に置かれた車輪付き移動金属支柱の上から滑車と金具を使って吊り下げられている。プロペラは取り外された状態である。
Title: Aviation, commercial Abstract/medium: Harris & Ewing photograph collection Physical description: 1 negative : Date between 1905 and 1945 Source Library of Congress Author Harris & Ewing Collection .
写真はLibrary of Congress,Prints & Photographs Online Catalog Reproduction Number:LC-DIG-hec-14567 および Wikimedia Commons Category:Boeing 247 File:Aviation, commercial LOC hec.14567.jpg引用。


1933年2月8日初飛行のボーイング(Boeing)247輸送機の発動機は、プラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney )R-1340 S1H1-G ワスプ(Wasp)空冷星形9気筒エンジン500 hp (370 kW) 2基である。プロペラは2翅可変ピッチだが、後期型は3翅に変更されている。

写真(右)1935-1939年頃、アメリカ、駐機しているボーイング(Boeing)247 輸送機とエアホステス達:3翅プロペラには回転しているときの事故防止用のカラーリングが施されている。乗客10名程度の機体なので、エアホステスは1機当たり1名程度だったはずだが、10名の若いエアホステスの女性が手をつないで並んだ記念写真撮影をした。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: On the ground.
写真は,San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061586 および Wikimedia Commons Category:Boeing 247 File:Boeing 247 Stewardesses.jpg引用。


写真(右)1935-1939年頃、アメリカ、ユーナイテッド航空の飛行格納庫前でのユーナイテッド航空ボーイング(Boeing)247 輸送機と技術者や会社の従業員たちの記念撮影:3翅プロペラには回転しているときの事故防止用のカラーリングが施されている。ユーナイテッド航空の主要拠点だったニューヨーク、クリーブランド、ロスアンゼルスの都市名が格納庫に書かれている。ユーナイテッド航空が航空便を扱っていたのでAIR MALIの記載も書かれている。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: On the ground.
写真は,San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061585 および Wikimedia Commons Category:Boeing 247 File:Boeing 247 Stewardesses.jpg引用。


写真(右)1933年5月22日-11月9日、アメリカ、乗客搭乗ゲートをくぐって、奥のボーイング(Boeing)247 輸送機(登録コード:NC13361)に向かう女性乗客:野外に出る搭乗ゲートには「PASSENGERS ONLY」とある。機体の垂直尾翼の方向舵には登録コードNC13361が記入されている。
Title: Commercial aviation Creator(s): Harris & Ewing, photographer Date Created/Published: [between 22 May and 9 November 1933] Medium: 1 negative : glass ; 8 x 10 in. or smaller Summary: Photograph shows a Boeing 247, registered as NC13345 (c/n 1727) on the ramp of an airport as passengers board. The 247 was introduced on May 22, 1933 and the plane in this image crashed on November 9, 1933. Harris & Ewing Collection .
写真はLibrary of Congress,Prints & Photographs Online Catalog Reproduction Number: LC-DIG-hec-14557  Call Number: LC-H25- 5523-A [P&P]引用。


写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、舗装滑走路上、ボーイング(Boeing)247 輸送機の正面:主輪は、エンジンナセル下にあるが、主翼中央部内側に引き込まれる。尾輪は固定式である。3翅プロペラ先にカラーリングがなされていないのは、完成したばかりだからであろう。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247Y Official Nickname:.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061597引用。


ボーイング(Boeing)247輸送機は、全金属製、単葉、低翼、引き込み式降着装置の斬新な設計で、当時の軍用機を上回るような快速を発揮した輸送機である。ゴム製主輪は、エンジンナセル下に引き出されて、広い間隔をとって機体を地上で安定させる。空中で飛行中はは抵抗が大きくなるので、離陸と同時に、主翼中央部内側に引き込まれる。ただし、尾輪は小さく、引き込み式にする重量増加を抑えるために、固定式とされた。

写真(右)1933年2月7日、アメリカ、ボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13300):胴体後方側面のロゴは、ボーイング社の名を入れたユーナイテッド航空のもの。3翅プロペラ裏面が黒く塗装されているように見えるが、これは回転するプロペラにぶつからないようにする注意喚起のマークなのか。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247Y Official Nickname:.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061610引用。


ボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13300)のコックピットのガラス風防は、(1)空気抵抗を削減する、(2)下方視界を向上する、(3)風防ガラス・コックピットへの光の反射を減少させる、(4)窓枠への風雪の影響を軽減するために、内側に寄せられている。このような風防は、日本の中島AT輸送機でも採用されている。

写真(右)1933年2月7日、アメリカ、ボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13300):機首上面のコックピットの前に大きなアンテナマストを立てている。ガラス風防は、空気抵抗を削減し、下方視界を良くし、窓枠への風雪の影響を軽減するために、内側に寄せられている。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname:.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061592引用。


写真(右)1933年2月7日、アメリカ、ユナイテッド航空(United Aircraft & Transport)のボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13300)の機首とエンジン:コックピットのガラス風防は、空気抵抗を削減し、下方視界を良くし、窓枠への風雪の影響を軽減するために、内側に寄せられている。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname:.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061542引用。


写真(右)1933年頃、アメリカ、ボーイングのロゴを付けた飛行機格納庫前、ユナイテッド航空(United Aircraft & Transport)ボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13300):コックピットのガラス風防は、空気抵抗を削減し、下方視界を良くし、窓枠への風雪の影響を軽減するために、内側に寄せられている。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname:.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061543引用。


写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、舗装滑走路上、ユナイテッド航空が採用したボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13301):胴体後方側面に、ユナイテッド航空のロゴを描いている。主輪は、エンジンナセル下にあるが、主翼中央部内側に引き込まれる。尾輪は固定式である。2翅プロペラで、エンジンは量産型とは異なる。コックピットのガラス風防は、空気抵抗を削減し、下方視界を良くし、窓枠への風雪の影響を軽減するために、内側に寄せられている。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247Y Official Nickname:.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061590引用。


写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、空港ビル前の舗装滑走路上、ユナイテッド航空のボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13301)と乗客用扉前の乗客たち:胴体後方側面に、ユナイテッド航空のロゴを描いている。主輪は、エンジンナセル下にあるが、主翼中央部内側に引き込まれる。尾輪は固定式である。3翅プロペラで、エンジンは量産型とは異なる。コックピットのガラス風防は、空気抵抗を削減し、下方視界を良くし、窓枠への風雪の影響を軽減するために、内側に寄せられている。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247Y Official Nickname:.Notes: On the ground
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061533引用。


写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、ユナイテッド航空太平洋空輸部門(Pacifuc Air Transportation Division)飛行格納庫前、ユナイテッド航空のボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13308)と開放された乗客用扉前の乗客たち:胴体後方側面に、ユナイテッド航空のロゴを描いている。主輪は、エンジンナセル下にあるが、主翼中央部内側に引き込まれる。尾輪は固定式である。3翅プロペラで、エンジンは量産型とは異なる。コックピットのガラス風防は、空気抵抗を削減し、下方視界を良くし、窓枠への風雪の影響を軽減するために、内側に寄せられている。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247Y Official Nickname:.Notes: On the ground
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061532引用。


写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、ユナイテッド航空のボーイング(Boeing)247 輸送機:胴体右側後方にあるハッチは、乗客用ではなく貨物積み込み用扉であるため、胴体左側面の乗客用扉よりも二回り小さい。飛行機に扉や切り欠きといった開口部が大きくなると、強度が低下してしまうので、設計上、開口部はできるだけを抑えて、軽量構造で強度を維持する設計が求められた。胴体後方側面に、ユナイテッド航空のロゴを描いている。主輪は、エンジンナセル下にあるが、主翼中央部内側に引き込まれる。尾輪は固定式である。3翅プロペラで、エンジンは量産型とは異なる。コックピットのガラス風防は、空気抵抗を削減し、下方視界を良くし、窓枠への風雪の影響を軽減するために、内側に寄せられている。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247Y Official Nickname:.Notes: On the ground
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061531引用。


ボーイング(Boeing)247輸送機でも、ダグラスDC-2輸送機でも、機体にある扉や切り欠きといった開口部が大きくなると、強度が低下してしまうので、設計上、開口部はできるだけを抑えて、軽量構造で強度を維持する設計が求められた。そこで、胴体側にあるハッチは、大きな乗客用扉と小さな荷物用扉とを区分し、その数を抑えて、重量増加なしに強度を保持できる設計とした。そのために、乗客用扉は胴体左側面に1か所、荷物用扉は胴体右側面に1か所、機首に1か所として、貨物扉は乗員用扉よりも二回り小さい設計としたのである。

写真(右)1933-1934年頃、アメリカ、飛行機格納庫前、舗装滑走路上のボーイング(Boeing)247 輸送機:機首先端の貨物ハッチが縦長で、量産型のような円形ではない。2翅プロペラ先にカラーリングがなされているが、これは回転するプロペラにぶつからないようにする注意喚起のマーク。

Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname:.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061610引用。


写真(右)1933-1934年頃、アメリカ、空港管制塔前、舗装滑走路上のボーイング(Boeing)247 輸送機:機首先端の貨物ハッチが縦長で、量産型のような円形ではない。2翅プロペラは回転している。

Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname:.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061546引用。


写真(右)1933-1934年頃、アメリカ、ボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13348):機首先端の貨物ハッチを開けて、移動式階段に乗った地上勤務員が荷物を出し入れしている。胴体後方側面のロゴは、ボーイング社の名を入れたユーナイテッド航空のもの。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname:.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061611引用。


写真(右)1933-1935年頃、アメリカ、ボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13348):胴体後方側面のロゴは、ボーイング社の名を入れたユーナイテッド航空のもの。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname:.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061612引用。


写真(右)1933-1935年頃、アメリカ、ボーイング(Boeing)247 輸送機:胴体後方側面のアメリカ合衆国のロゴは、大陸横断飛行記念。3翅プロペラ先にカラーリングがなされているが、これは回転するプロペラにぶつからないようにする注意喚起のマーク。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname:.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061615引用。


写真(右)1934-1938年頃、アメリカ、舗装滑走路上、ユナイテッド航空ボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13336)を待機場所で見物する搭乗客・見送り客の一群:滑走路と一般客の境目には金属フェンスの柵が設けられていた。胴体後方側面に、ユナイテッド航空のロゴを描いている。主輪は、エンジンナセル下にあるが、主翼中央部内側に引き込まれる。尾輪は固定式である。2翅プロペラで、エンジンは量産型とは異なる。コックピットのガラス風防は、空気抵抗を削減し、下方視界を良くし、窓枠への風説の影響を軽減するために、内側に寄せられている。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247Y Official Nickname:.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061588引用。


写真(右)1936年、アメリカ、オハイオ州クリーブランド空港の空港ビル前に駐機しているユナイテッド航空ボーイング(Boeing)247 輸送機(登録コード:NC13355)他合計3機のボーイング(Boeing)247 とカーチス(Curtiss)T-32 コンドル(Condor II)複葉旅客機(奥):1933年1月30日初飛行のカーチス(Curtiss)T-32コンドル複葉旅客機は、乗客12人、寝台の装備も可能で、軍用も併せて45機が生産された。
Title Exterior veiw showing boarding gates, 1937. - Cleveland Municipal Airport, Cleveland, Cuyahoga County, OH : English: View of the main building, boarding gate area, and airport apron of Cleveland Municipal Airport in 1936 (see written note on photo frame). Several airliners are visible. The three closest ones are Boeing 247s, probably all of United Air Lines (the leftmost one, registered NC13355, is definitely with United). The 247 in the right rear, with its nose baggage compartment open, is an original model with Townend ring engine cowlings; the other two are the improved 247D version, with NACA engine cowlings and rubber pneumatic deicing boots on the leading edges of the wings and tail. In the further distance can be seen two airliners of American Airlines: a Stinson Model A trimotor behind the leftmost Boeing, and a Curtiss T-32 Condor II biplane partly visible behind the building roof. Depicted place Ohio; Cuyahoga County; Cleveland Dimensions 4 x 5 in. .
写真はLibrary of Congress,Wikimedia Commons Category:Boeing 247 File:Exterior veiw showing boarding gates, 1937. - Cleveland Municipal Airport, Cleveland, Cuyahoga County, OH HAER OHIO,18-CLEV,19-7.tif引用。


カーチス(Curtiss)T-32コンドル(Condor II)複葉旅客機の諸元
全長:15.09m
全幅 :24.99m
高さ:4.98m
翼面積:118.54 m2
空虚重量:5,095 kg
全備重量:7,938 kg
発動機: ライトR-1820サイクロン空冷星形9気筒エンジン710馬力 (529 kW)2基
最高速力 :283 km/h
航続距離 :1,352 km

写真(右)1935-1940年頃、アメリカ、雲海上を飛行するユナイテッド航空のボーイング(Boeing)247 輸送機と引き込まれ半分露出した主輪:2翅プロペラ装備。ユナイテッド航空のロゴを描いている。尾輪は固定式である。エンジンカウリングは段のある旧式なもの。コックピットのガラス風防は、空気抵抗を削減し、下方視界を良くし、窓枠への風雪の影響を軽減するために、内側に寄せられている。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: In Flight..
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061511引用。


写真(右)1935-1940年頃、アメリカ、雲海上を飛行するユナイテッド航空のボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13304)と引き込出された主輪:ユナイテッド航空のロゴを描いている。。尾輪は固定式である。エンジンカウリングは段のある旧式なモノ。コックピットのガラス風防は、空気抵抗を削減し、下方視界を良くし、窓枠への風雪の影響を軽減するために、内側に寄せられている。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: In Flight..
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061507引用。


写真(右)1935-1940年頃、アメリカ、着陸するユナイテッド航空のボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13328)と引き込出された主輪:主輪は、エンジンナセル下にあるが、主翼中央部内側に引き込まれる。尾輪は固定式である。3翅プロペラはほとんど回転をやめているので、衝突除けのカラーリングが明瞭に識別できる。コックピットのガラス風防は、空気抵抗を削減し、下方視界を良くし、窓枠への風雪の影響を軽減するために、内側に寄せられている。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: In Flight..
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061504引用。


写真(右)1935-1940年頃、アメリカ、低空飛行するユナイテッド航空のボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13328)と引き込まれる前の主輪:胴体後方側面に、ユナイテッド航空のロゴを描いている。主輪は、エンジンナセル下にあるが、主翼中央部内側に引き込まれる。尾輪は固定式である。3翅プロペラで、衝突除けのカラーリングされている。コックピットのガラス風防は、空気抵抗を削減し、下方視界を良くし、窓枠への風雪の影響を軽減するために、内側に寄せられている。
AL61A-098 Boeing 247 NC13328 United Airlines Images from an Album (AL-61A) which belonged to Mr. Lowry and was donated to the Leisure World Aerospace Club..
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive AL61A-098 Boeing 247 NC13328 United Airlines引用。


写真(右)1935-1940年頃、アメリカ、離陸するユナイテッド航空のボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13361)と半分露出してた引き込まれた主輪:胴体後方側面に、ユナイテッド航空のロゴを描いている。主輪は、エンジンナセル下にあるが、主翼中央部内側に引き込まれる。尾輪は固定式である。3翅プロペラ装備。コックピットのガラス風防は、通常の傾き。
AL61ABoeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: In Flight.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061518引用。


写真(右)1933年2月、アメリカ、雲海を飛行するユナイテッド航空のボーイング(Boeing)247 輸送機(登録コードNC13361):ユナイテッド航空のアメリカ大陸横断の運航経路を図解している。アメリカ西岸はシアトル、サンフランシスコ、ポートランド、ロスアンゼルスで、西部のソルトレークシティ(ユタ州)、デンバー(コロラド州)、オマハ(ネブラスカ州)、東部のシカゴ(イリノイ州)、デトロイト(ミシガン州)、クリーブランド(オハイオ州)、ニューヨークを結んでいる。アメリカ第3の大都市シカゴに、ユナイテッド航空の本拠があった。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: In Flight..
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061502引用。


ユナイテッド航空は、アメリカ西岸はシアトル、サンフランシスコ、ポートランド、ロスアンゼルスで、西部のソルトレークシティ(ユタ州)、デンバー(コロラド州)、オマハ(ネブラスカ州)、東部のシカゴ(イリノイ州)、デトロイト(ミシガン州)、クリーブランド(オハイオ州)、ニューヨークを結んでだアメリカ大陸横断の運航経路を営業路線としていた。アメリカ第3の大都市シカゴに、ユナイテッド航空の本拠があった。

写真(右)1934年6月、ドイツ、ドレスデン飛行場、低空飛行するドイツ・ルフトハンザ航空ボーイング(Boeing)247 輸送機:垂直尾翼にはドイツの国章としてナチ党鍵十字黒のスワスチカ卍が赤帯白丸に描かれている。
Datensatz 70057950 Hahn, Walter: Verkehrsflugzeug Boing 247 der Lufthansa kurz vor dem Landung auf dem Flugplatz Dresden-Heller, 1934.06 LOCATION: Dresden, Heller Foto: Hahn, Walter, 1934.06 KEYWORDS / CLASSIFICATION: Flugzeug, Verkehrsflugzeug, Landung, Flugplatz..
写真はSLUB / Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: df_hauptkatalog_0309807引用。


写真(右)1934年6月、ドイツ、ドレスデン飛行場、低空飛行するドイツ・ルフトハンザ航空ボーイング(Boeing)247 輸送機:垂直尾翼にはドイツの国章としてナチ党鍵十字黒のスワスチカ卍が赤帯白丸に描かれている。
Datensatz 70057950 Hahn, Walter: Verkehrsflugzeug Boing 247 der Lufthansa kurz vor dem Landung auf dem Flugplatz Dresden-Heller, 1934.06 LOCATION: Dresden, Heller Foto: Hahn, Walter, 1934.06 KEYWORDS / CLASSIFICATION: Flugzeug, Verkehrsflugzeug, Landung, Flugplatz..
写真はSLUB / Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: df_hauptkatalog_0309808引用。


写真(右)1934年6月、ドイツ、ザクセン州ドレスデン飛行場、ドイツ・ルフトハンザ航空ユンカースG38大型輸送機と新鋭ボーイング(Boeing)247 輸送機(登録コード:D-AGAR):垂直尾翼にはドイツの国章としてナチ党鍵十字黒のスワスチカ卍が赤帯白丸に描かれている。
Flugplatz Dresden-Heller, Rollfeld mit Boing 247 und Großflugzeug Junkers G38 "Generalfeldmarschall von Hindenburg" Foto: Hahn, Walter, 1934.06 Datensatz 70058794 Hahn, Walter: Flugplatz Dresden-Heller, Rollfeld mit Boing 247 und Großflugzeug Junkers G38 "Generalfeldmarschall von Hindenburg", 1934.06Dresden Google-Maps-Lokalisierung: Stadt: Dresden, Provinz: Sachsen, Land: Deutschland KEYWORDS / CLASSIFICATION: Technikgeschichte, Flughafen, Flugverkehr.
写真はSLUB / Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: df_hauptkatalog_0309799引用。


写真(右)1934年6月、ドイツ、ザクセン州ドレスデン飛行場、ドイツ・ルフトハンザ航空ユンカースG38大型輸送機と新鋭ボーイング(Boeing)247 輸送機:垂直尾翼にはドイツの国章としてナチ党鍵十字黒のスワスチカ卍が赤帯白丸に描かれている。
Dresden. Flugplatz Dresden-Heller. Rollfeld mit Verkehrsflugzeugen Junkers G-38 "generalfeldmarschall von Hindenburg", Boeing 247 und Junkers Ju-60. Blick zum Abfertigungsgebäude mit Kontrollturm Foto: Hahn, Walter, 1934.06 Dresden Google-Maps-Lokalisierung: Stadt: Dresden, Provinz: Sachsen, Land: Deutschland KEYWORDS / CLASSIFICATION: Technikgeschichte, Flughafen, Flugverkehr.
写真はSLUB / Deutsche Fotothek Aufn.-Nr.: df_hauptkatalog_0309800引用。


写真(右)1933年2月、アメリカ、イリノイ州シカゴ上空を飛行するユナイテッド航空のボーイング(Boeing)247 輸送機と僚機のエンジンナセル後端の影:ユナイテッド航空のロゴを描いている。ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐアメリカ第3の大都市シカゴは、ユナイテッド航空の本拠が置かれている。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: In Flight..
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061502引用。


ユナイテッド航空の創設は、ボーイング創始者ウィリアム・ボーイングになり、「ボーイング・エアー・トランスポート」として設立された。当時のボーイングは、航空産業の複合体で、飛行機開発・生産、航空便の運航までを垂直統合した大企業である。そして、ユナイテッド・エアクラフト・アンド・トランスポートが親企業となり、ボーイング・エアー・トランスポートはその航空輸送部門となったのである。

写真(右)1933-1938年頃、アメリカ、飛行する3機のユナイテッド航空のボーイング(Boeing)247 輸送機:2翅プロペラ装備。ユナイテッド航空のロゴを描いている。尾輪は固定式である。コックピットのガラス風防は、空気抵抗を削減し、下方視界を良くし、窓枠への風雪の影響を軽減するために、内側に寄せられている。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: In Flight..
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061505引用。


1934年に独占禁止法(反トラスト法)によって、ユナイテッド・エアクラフト・アンド・トランスポートは、企業が分割なされ、飛行機開発。生産はボーイングと、航空輸送はユナイテッド航空として独立した企業となった。

写真(右)1935-1940年頃、アメリカ、上昇するユナイテッド航空のボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13327)の下面:主輪は、引き込まれる前の状態。左翼下面に大きく登録コードのNC13327が記入されている。胴体後方側面に、ユナイテッド航空のロゴを描いている。主輪は、エンジンナセル下にあるが、主翼中央部内側に引き込まれる。尾輪は固定式である。回転しているのは2翅プロペラで、衝突除けのカラーリングはないようだ。br>Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: In Flight.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061514引用。


写真(右)1935-1939年頃、アメリカ、アメリカ、オハイオ州クリーブランド空港の空港ビル前に駐機しているユナイテッド近くに駐機しているボーイング(Boeing)247 輸送機:胴体前部までゴムホースが伸びているので、給油作業をしている様だ。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: On the ground Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives  San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061578引用。


ボーイング(Boeing)247輸送機は、全金属構造、引き込み脚の降着装置、低翼の最新技術を実用化した高速輸送機で1933年2月8日に初飛行した。当時は、金属骨格に木製あるいは羽布張、複葉、固定脚の飛行機が多かったことを思うと、民間旅客輸送機で、このような最新技術を実用化したのは、驚異的だった。

写真(右)1935-1938年頃、アメリカ、カリフォルニア州ロスアンゼルス郊外、ユニオンエアーターミナル空港(?)、駐機しているボーイング(Boeing)247 輸送機(製造番号c/r NC13348):客室キャビンは、2列5行の10席の座席があり、全てにガラス窓がついている。胴体側面には、ユナイテッド航空のロゴ(中央に翼のあるボーイングの文字入りロゴ)があり、手前では撮影の準備をしている。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: On the ground Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061612引用。


ボーイング(Boeing)247輸送機は,それ以前、アメリカで国産され広く使用されていた1926年6月11日初飛行の肩翼式フォード・トライモータ(Ford Trimotor)三発輸送機の最高速力212 km/hより100 km/hも高速で、航続距離820kmより長距離の1207kmを飛ぶことができた。斬新なデザインの旅客輸送機である。また、搭乗できる乗客数も10名で、客室キャビンの座席は、2列5行の10席が確保され、アメリカ大陸飛行も可能だった。

こうして、ボーイング(Boeing)247輸送機は、ユナイテッド航空によって採用され、60機が350万ドルで発注された。また、ドイツルフトハンザ航空(Lufthansa)が2機、中華民国が1機、コロンビアのアビアンカ航空(Avianca )が10機を発注している。

写真(右)1934-1938年頃、アメリカ、カリフォルニア州ロスアンゼルス郊外、ユニオンエアーターミナル空港、駐機しているボーイング(Boeing)247 輸送機(製造番号c/r NC13348)の胴体後半:胴体側面には、ユナイテッド航空のロゴ(中央に翼とボーイングの文字)があり、手前では撮影の準備をしている。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: On the ground Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061562引用。


ユニオンエアーターミナル空港は、United Airport (1930–1934), Union Air Terminal (1934–1940), Lockheed Air Terminal (1940–1967), Hollywood–Burbank Airport (1967–1978), Burbank–Glendale–Pasadena Airport (1978–2003), Bob Hope Airport (2003年以降)と公式名称は変化しているが、現在では、ハリウッド・バーバンク空港(Hollywood Burbank Airport)と一般に呼称されている。

写真(右)1934-1938年頃、アメリカ、カリフォルニア州ロスアンゼルス郊外、ユニオンエアーターミナル空港、空港ビル近くで機首の貨物収納庫に荷物を積み込んでいるボーイング(Boeing)247 輸送機:機首のハッチを開けて、小型の荷物を搭載している。機首の貨物収納庫は、ハインケルHe111輸送機も採用している。尾輪式で、機首にある貨物収納庫の位置が高くなってしまうので、専用の荷物積み降ろし台座が用意されている。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: On the ground Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061562引用。


写真(右)1934-1938年頃、アメリカ、カリフォルニア州ロスアンゼルス郊外、ユニオンエアーターミナル空港、移動式作業階段に乗って、自動車から機首の貨物収納庫に荷物を積み込んでいるボーイング(Boeing)247 輸送機:機首のハッチを開けて、小型の荷物を搭載している。機首の貨物収納庫は、ハインケルHe111輸送機も採用している。尾輪式で、機首にある貨物収納庫の位置が高くなってしまうので、専用の荷物積み降ろし台座が用意されている。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: On the ground Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061539引用。



写真(上)1935-1938年頃、アメリカ、カリフォルニア州ロスアンゼルス郊外、ユニオンエアーターミナル空港(?)、機首の貨物収納庫に荷物を積み込んでいるUALユナイテッド航空ボーイング(Boeing)247 輸送機(NC13363)
:機首の貨物収納庫は、ハインケルHe111輸送機も採用している。尾輪式で、機首にある貨物収納庫の位置が高くなってしまうので、専用の荷物積み降ろし台座が用意されている。移動式乗客用ステップが胴体後方側面に掛けられ乗客用扉が開いている。
Boeing 247 NC13363 UAL Title: Boeing 247 Collection: Charles M. Daniels Collection Photo Page #: 50 Tags: Boeing 247,.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 15_000988引用。


写真(右)1934-1938年頃、アメリカ、カリフォルニア州ロスアンゼルス郊外ハリウッド、ユニオンエアーターミナル空港(?)、ユーナイテッド航空ボーイング(Boeing)247 輸送機PCA(登録コードNC1339):搭乗客の待機区域と滑走路の間にはフェンス柵が張られている。手前のフェンスのポール上に照明がついている。荷物運搬用台車などが明瞭にわかる。胴体側面には、ユナイテッド航空のロゴが描かれている。
Boeing, 247 Title: Boeing, 247 Corporation Name: Boeing Aircraft Designation: Type 247 Tags: Boeing, 247 Additional Information: USA Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061570引用。


ボーイング(Boeing)247 輸送機は、アメリカ大陸横断飛行を20時間で成し遂げた。この時、途中の燃料補給や整備のための経由地は、7地点で、アメリカ東岸ニューヨーク(New York)から西岸カリフォルニア州ロスアンゼルス(Los Angeles)まで飛行した。中継地点の時間を除けば、ボーイング(Boeing)247 輸送機は実際には7時間半でアメリカ大陸を横断したことになるが、この記録は、それ以前の大陸横断記録を塗り替える最速記録だった。

写真(右)1934-1938年頃、アメリカ、プロペラを回転させ舗装滑走路に待機しているユーナイテッド航空ボーイング(Boeing)247 輸送機(登録コードc/r NC13341):右主翼上面と垂直尾翼方向舵に登録コード(c/r)のNC1334が記載されている。ガラス風防は、内側に屈折しているタイプである。乗客は2列5名で各自にガラス窓がついている。乗客は、合計10名乗せることができる。
Boeing, 247 Title: Boeing, 247 Corporation Name: Boeing Aircraft Designation: Type 247 Tags: Boeing, 247 Additional Information: USA Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061530引用。


ボーイング(Boeing)247輸送機は。75機が生産された。ボーイング航空輸送(Boeing Air Transport)は、60機を採用し、ユナイテッド航空(United Aircraft Corp.)は10機を採用した。残りは、オランダ、ルフトハンザ、中国(個人)がが使用した。 ボーイング(Boeing)247 輸送機は、第二次世界大戦時でも少数がC-73軍用輸送機として、あるいは練習機として使用され、1960年代まで飛行可能な機体も残っていた。

写真(右)1934-1938年頃、アメリカ、飛行中のボーイング(Boeing)247 輸送機(登録コードc/r NC13361):胴体側面には、ユナイテッド航空のロゴ(アメリカ合衆国の地図)が描かれている。
Boeing, 247 Title: Boeing, 247 Corporation Name: Boeing Aircraft Designation: Type 247D Tags: Boeing, 247 Additional Information: USA Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 01_00091365引用。



写真(上)1934-1938年頃、アメリカ、舗装滑走路で旧式のエンジンカウリングの3翅プロペラを装備したボーイング(Boeing)247 輸送機
:プロパラには、回転時の衝突を防ぐカラーリングがされている。
Miles Blaine Collection Title: Miles Blaine Collection Collection: Miles Blaine Collection Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive SDASM CATALOG #: Blaine_00699引用。


写真(右)1934-1938年頃、アメリカ、飛行機格納庫を背景にしたユナイテッド航空の2機のボーイング(Boeing)247 輸送機:胴体側面には、ユナイテッド航空のロゴ(アメリカ合衆国の地図)が描かれている。
Boeing, 247 oeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: On the ground Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00091365引用。


写真(右)1934-1938年頃、アメリカ、舗装滑走路でエンジンをかけて3翅プロペラが回転しているユナイテッド航空ボーイング(Boeing)247 輸送機
Boeing, 247 oeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: On the ground Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061581引用。


写真(右)1934-1938年頃、アメリカ、カリフォルニア州ロスアンゼルス郊外ハリウッド、ユニオンエアーターミナル空港、ユーナイテッド航空ボーイング(Boeing)247 輸送機(登録コードc/r NC13361):搭乗ゲート2近くで、搭乗ゲートの幌、荷物運搬用台車などが明瞭にわかる。胴体側面には、ユナイテッド航空のロゴが描かれている。
Boeing, 247 Title: Boeing, 247 Corporation Name: Boeing Aircraft Designation: Type 247 Tags: Boeing, 247 Additional Information: USA Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061607引用。


写真(右)1937年、アメリカ、カリフォルニア州ロスアンゼルス郊外ハリウッド、ユニオンエアーターミナル空港、ゲート2近くを歩いている乗客と駐機しているユーナイテッド航空ボーイング(Boeing)247 輸送機(登録コードc/r NC13367):手前左は、飛行機とゲートとを往復する乗客用のバスで、後部が開放されて出入りが容易にできるようになっている様だ。カーテンが張られてて地入り禁止になっている滑走の脇を乗客が飛行機を眺めている。
Passengers walk by gate 2, while a United Airlines Boeing 247, NC 13367, is parked on the runway at the Union Air Terminal located at 2627 North Hollywood Way in Burbank. Title Gate 2 and tarmac Photographer Schultheis, Herman. Collection ID Herman J Schultheis Collection Los Angeles Photographers Collection Location/Accession N-006-379 8x10 Date Circa 1937 Physical Description 1 photographic print :b&w ;11 x 15 cm..
Historical Data Built in 1930 by the United Airports Company of California, Ltd., the Bob Hope Airport has had many names: United Airport (1930-1934); Union Air Terminal (1934-1940); Lockheed Air Terminal (1940-1967); Hollywood-Burbank Airport (1967-1978); Burbank-Glendale-Pasadena Airport (1978-2003) and Bob Hope Airport (2003-). Description Passengers walk by gate 2, while a United Airlines Boeing 247, NC 13367, is parked on the runway at the Union Air Terminal located at 2627 North Hollywood Way in Burbank.写真は, Calisphere UC Libraries Los Angeles Photographers Photo Collection Order Number 00097262引用。


写真(右)1937年、アメリカ、カリフォルニア州ロスアンゼルス郊外ハリウッド、ユニオンエアーターミナル空港、ウェスタン航空(Western Airlines)ボーイング(Boeing)247 郵便輸送機(登録コードc/r NC13327)から降りてくる乗客と出迎える地上勤務員:手前の昇降用移動ステップにはTWAのロゴが入っている。
Uniformed men talk to a passenger disembarking from a Western Airlines US mail plane on the tarmac of the Union Air Terminal located at 2627 North Hollywood Way in Burbank. The plane can be identified by its registration numbers NC 13327 as a Boeing 247. A second employee walks past a TWA branded moving stairway, which has been pulled away from the plane. The mountains can be seen in the distance. Item Information. View source record on contributor's website. TitlePassengers disembark from a Western Airlines flight Alternative TitleLos Angeles Photographers Photo Collection; CreatorSchultheis, Herman ContributorMade accessible through a grant from the John Randolph Haynes and Dora Haynes Foundation Date Created and/or IssuedCirca 1937 Contributing InstitutionLos Angeles Public Library. Format1 photographic print :b&w ;15 x 11 cm. Photographic prints Identifier00097254 Herman J Schultheis Collection; Los Angeles Photographers Collection; N-006-370 8x10 CARL0005067328写真は, Calisphere UC Libraries Los Angeles Photographers Photo Collection Order Number 00097262引用。


写真(右)1935-1939年頃、アメリカ、ボーイング(Boeing)247 輸送機の組み立て工場:右端の機体にのみ垂直尾翼が取り付けられている。左端の機体のみに機首先端の貨物室ハッチが取り付けられている。いずれの機体も、主翼の左右先端は未装着であるが、エンジンは装着されている。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: On the ground.
写真はFlickr,San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061614および Wikimedia Commons Category:Boeing 247 File:Boeing 247 factory.jpg引用。


ボーイング(Boeing)247Y は軍用仕様で、武装を施すことができる。1機は、中華民国が購入し、1機はアメリカ陸軍航空隊が使用した。軍用機なので、垂直尾翼には、戦前の星条旗を模した赤白ストライプの国籍マークが描かれている。そして、主翼には、青丸白星中心赤丸の1942年初頭まで制式されていた国籍マークが描かれている。

写真(右)1934-1938年頃、アメリカ、未舗装飛行場で整備中のボーイング(Boeing)247Y 軍用輸送機:アメリカ陸軍航空隊が使用した機体なので、垂直尾翼には、戦前の星条旗赤白ストライプの国籍マークが描かれている。ボーイング247Yと右の複葉機の主翼上面は、青丸白星中心赤丸の国籍マークが描かれている。このような目立った赤を使った国籍マークは、1942年初頭までで、それ以降、1943年6月までは、青丸白星のみが描かれた。エンジンナセルの前に整備用の移動階段がおかれている。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247Y Official Nickname:.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061622引用。


アメリカ軍の国籍マークで赤白ストライプを採用したのは、太平洋戦争勃発直後の1942年初頭までで、それ以降、1943年6月までは、青丸白星のみが描かれた。その後、制空権で優位に立つと、再び見方からの誤射を防止するために、青丸白星に白両袖を付けた国籍マークとなった。第二次大戦後は、白袖の中央に赤ストライプを記入して、ますます華麗で目立ちやすい国籍マークとなった。

写真(右)1933-1935年頃、アメリカ、事故を起こし墜落したボーイング(Boeing)247Y 輸送機:垂直尾翼は、戦前の星条旗赤白ストライプの国籍マークが描かれている。エンジンナセル・3翅プロパラと機首先端貨物ハッチの残骸。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247Y Official Nickname:.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061620引用。


ボーイング247Yは、2機生産された武装した軍用仕様で、1機は中国に輸出された。もう1機は、試験用に使用されたが、事故で失われたようだ。

写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、事故を起こし墜落したボーイング(Boeing)247Y 輸送機:垂直尾翼は、戦前の星条旗赤白ストライプの国籍マークが描かれている。3翅プロパラと垂直尾翼・水平尾翼の残骸。後方の滑走路には、ダグラスDC-3輸送機とフォッカーF.VII輸送機が駐機している。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247Y Official Nickname:.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061617引用。


写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、事故を起こし墜落したボーイング(Boeing)247Y 輸送機:垂直尾翼は、戦前の星条旗赤白ストライプの国籍マークが描かれている。3翅プロパラと主翼の残骸。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247Y Official Nickname:.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061618引用。


写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、事故を起こし墜落したボーイング(Boeing)247Y 輸送機:垂直尾翼は、戦前の星条旗赤白ストライプの国籍マークが描かれている。3翅プロパラ、エンジン、機首先端貨物ハッチの残骸。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247Y Official Nickname:.
写真はSDASM ArchivesSan Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061619引用。


写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、事故を起こし墜落したボーイング(Boeing)247Y 輸送機:垂直尾翼は、戦前の星条旗赤白ストライプの国籍マークが描かれている。右は主翼の残骸。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247Y Official Nickname:.
写真はSDASM ArchivesSan Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061621引用。


写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、事故を起こし墜落したボーイング(Boeing)247Y 輸送機:垂直尾翼は、戦前の星条旗赤白ストライプの国籍マークが描かれている。3翅プロパラと機首先端貨物ハッチの残骸。整備用の移動階段がおかれている。
Boeing : 247Y Manufacturer: Boeing Designation: 247Y Official Nickname:.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061616引用。


写真(右)1943年6月以降、アメリカ、アメリカ陸軍航空隊が使用したボーイング(Boeing)247D輸送機:アメリカ機の国籍マークとして、1943年6月から「青丸地白星白袖」という「スターアンドストライプ」が描かれている。1933年に登場したときは、全金属製単葉、引き込み式脚の革新的な爆撃機で、当時の戦闘機(追撃機)と同等の速力を誇った高速輸送機だった。第二次大戦のときには、旧式化していたが、輸送機や練習機として使用された。
AL61A-247 Boeing XB-9 Images from an Album (AL-61A) which belonged to Mr. Lowry and was donated to the Leisure World Aerospace Club.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061548引用。


アメリカ軍の飛行機の国籍マークは、青丸地に白星・中央に赤丸で、垂直尾翼には赤と白のストライプ模様が塗装されていた。しかし、戦時では目立ちすぎるとして、白星中央の赤丸は廃止、垂直尾翼の赤白のストライプも廃止され、青丸地白星となった。 アメリカ軍機の「青丸地白星」の国籍マークは、1943年前半まで採用された。

しかし、戦局が好転し、アメリカ機の制空権が確保された状況では、同士討ちを避けるために、より明瞭な国籍マークが求められた。そこで、1943年6月以降は、「青丸地白星」に白袖がつく「スターアンドストライプ」が採用された。


写真(上)1943年6月以降、オランダ空軍が使用したボーイング(Boeing)247D輸送機(DZ 203 製造番号c/n 1726)
:1941年7月、カナダが購入した8機のボーイング(Boeing)247D輸送機のうち1機である。ボーイング(Boeing)247D輸送機(DZ 203 製造番号c/n 1726)は、その後、イギリスに送られ、空対空レーダーの実験に使用された。しかし、1946年の冬の嵐で格納庫で破損し除籍された。
Boeing 247 Title: Boeing 247 Collection: Charles M. Daniels Collection Photo Page #: 50 Tags: Boeing 247
Boeing 247D DZ203 c/n 1726 ex NC13344, CF-TBA and RCAF 7655. This famous aircraft, one of eight bought the British Purchasing Commission for Canada, was used to develop the ILS system, as well as airborne intercept radar. Per Phil Butler's 'Air Arsenal north America': "One of the Canadian purchases was later shipped to England (in July) 1941 where it was sued for early airborne radar experiments. The fuselage was capacious enough to house the bulky experimental radar sets and the Boeing was used to develop Airborne Interception (AI) radar for use in night fighters. Later it was used for the development of Instrument Landing Systems until being scrapped some time after the end of the war. This was c/n 1726 ex NC13344, CF-TBA and RCAF 7655 before becoming DZ203 with the TRE at Defford. It was was finally scrapped in August 1947 at No 34 MU, Sleap, reportedly after being damaged in its hangar at Defford during winter storms in late in 1946."
写真は、 San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 15_000989引用。


1941年7月、イギリス連邦の一国としてドイツと戦っていたカナダは、ボーイング(Boeing)247D輸送機8機をアメリカから購入した。そのうち1機は、ボーイング(Boeing)247D輸送機(DZ 203 製造番号c/n 1726)は、イギリスに送られて、空対空レーダーの実験に使用された。戦後、1946年の冬の嵐で格納庫で破損し除籍された。

写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、事故を起こし墜落したボーイング(Boeing)XB-9 試作爆撃機():ボーイング(Boeing)247 輸送機の前作とされた爆撃機で、アメリカ軍双発爆撃機として初の全金属製単葉、引き込み式脚の革新的な爆撃機で、当時の戦闘機(追撃機)と同等の速力を誇った高速爆撃機である。ただし、コックピットは、密閉式ではなく開放式で、長距離飛行には向かなかった。XB-9は、1930年にボーイングで開発が始まった双発爆撃機で、試作1号機は1931年4月29日に初飛行した。最高速力は262Km/hに達した。同時期に快活されたマーチンB-10爆撃機が制式されたために、XB-9爆撃機は、試作機7機のみで制式には至らなかった。
AL61A-247 Boeing XB-9 Images from an Album (AL-61A) which belonged to Mr. Lowry and was donated to the Leisure World Aerospace Club.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061616引用。


写真(右)1933-1939年頃、アメリカ、ボーイング(Boeing)247 輸送機の客室キャビン:宣伝用の撮影であろうが、乗客1名ずつに日除けカーテン付きのガラス窓が設けられている。座席には、ひじ掛けがついている。キャビンは狭いので、上部天井に荷物棚はないが、上部に小型荷物用のネット、側面に帽子掛けはついている。短時間、少人数の乗客のであっても、一流のサービスを好む金持ち用に若い美人女性のホステス(スチュワーデス)がついている。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: On the ground Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives  San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061578引用。


写真(右)アメリカ、空港管制塔近くに駐機しているボーイング(Boeing)247 輸送機の客室キャビン:客席7座席左右2列14席。乗客1名ずつに日除けカーテン付きのガラス窓が設けられている。座席には、ひじ掛けがついている。上部天井に小型荷物用のネット、側面に帽子掛け。半袖ポロシャツの気軽な服装な乗客がいるとすれば、1950年以降の撮影と考えられる。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: On the ground Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives  San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00044719引用。


ボーイング(Boeing)247輸送機の客室キャビンには、乗客1名ずつに日除けカーテン付きのガラス窓が設けられている。座席は、クッションとひじ掛けがあり、座席ベルトも備わっている。

ボーイング(Boeing)247の客室キャビンは狭いので、上部天井に荷物棚はないが、上部に小型荷物用のネット、側面に帽子掛けはついている。最後尾には、客室サービスのスチュワーデス用小型折り畳み椅子がついている。

飛行機輸送が華やかで、社会的威信を誇示していた戦前には、スーツ着用で、帽子を被って搭乗するのが普通だった。迎えるホステスも、それに見合った服装で礼儀正しい勤務が求められた。しかし、21世紀になると、旅客航空輸送は大衆化し、気軽に好き勝手な服装で乗り込むようになった。20世紀末の夏、ロスアンゼルス国際飛行場で、裸足で空港ビルに入場するアメリカ人男性客を複数人見かけて驚いた。他方、21世紀になっても、日本の高校生の海外研修旅行は、制服着用で礼儀正しいようだ。

写真(右)1935-1939年頃、アメリカ、飛行しているボーイング(Boeing)247 輸送機(登録コード:N3977C):胴体後方側面に大きく登録コードのN3977Cが記入されている。
Title: Boeing 247, N3977C Corporation Name: Boeing Additional Information: N3977C Tags: Boeing, 247 Date circa 1950 From the Collection of Charles M. Daniels .
写真は,San Diego Air & Space Museum  Catalog #: 01_00092181および Wikimedia Commons Category:Boeing 247 File:Boeing 247 N3977C.jpg引用。


写真(右)1940年、アメリカ、カリフォルニア州、オークランド空港、夜間撮影されたユナイテッド航空(United Air Lines)ボーイング(Boeing)247D輸送機(登録コード:NC13301):垂直尾翼には「U.S.MAIL A.M.I-II-12 EXPRESS」と記入されている。
At Oakland, CA, in 1940. Date 6 July 2010, 20:46 Source Boeing 247D United Air Lines Author Bill Larkins .
写真はWikimedia Commons, UC Libraries File:Boeing 247D United Air Lines (4770485756).jpg引用。


図(右)、アメリカ、ボーイング(Boeing)247輸送機の三面図
At Oakland, CA, in 1940. Description English: Boeing 247 Date 14 November 2016 Source Own work Author Kaboldy .
写真はWikimedia Commons, UC Libraries File:Boeing 247.svg引用。


ボーイング(Boeing)247輸送機の諸元
初飛行 1933年2月8日
乗員 3名(エアホステス1名を含む)
乗客 10名
全長 51 ft 7 in (15.72 m)
全幅 74 ft 1 in (22.58 m)
全高 12 ft 1.75 in (3.7021 m)
主翼面積 836.13 sq ft (77.679 m2)
空虚重量 8,921 lb (4,046 kg)
全備重量 13,650 lb (6,192 kg)
発動機 プラット・アンド・ホイットニー (Pratt & Whitney)R-1340 S1H1ワスプ(Wasp)空冷星形9気筒エンジン500 hp (370 kW) 2基

ボーイング(Boeing)247の性能
巡航速力 189 mph (304 km/h, 164 kn) / 12,000 ft (3,658 m)
最高速力 200 mph (320 km/h, 170 kn)
航続距離 1207km
実用上昇限度 25,400 ft (7,700 m)
上昇率 1,150 ft/min (5.8 m/s)
生産期間 1932年から1935年
生産機数 75機


2.1934年マックロバートソン飛行レースのボーイング(Boeing)247 D 輸送機

写真(右)1934年10月、マックロバートソン飛行レースに出場したボーイング(Boeing)247 D 輸送機レースナンバー5番(左)とイギリスのデハビランド(de Havilland)DH.88 コメット(Comet):1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)飛行レースのマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に尾翼のレース参加番号5番で出場した。イギリスのデハビランド(de Havilland)DH.88 コメット(Comet)双発レーサー専用機(G-ACSS)で1934年9月8日初飛行したがレーサー専用機であって、商業機でも量産機でもない。、垂直尾翼には、翼のついたボーイングのロゴとレースナンバー5番が記入されている。また、製造番号c/rのNR257Yも記入されている。
Charles M. Daniels Collection Photo Title: Charles M. Daniels Collection Photo Aircraft/Subject: Boeing 247D Daniels Album Name: Roscoe Turner IV Album Page #: 7 Notes From Album: Roscoe Turner's Boeing 247D, NR257Y.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 15_001173引用。


1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)マックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に参加したボーイング(Boeing)247 D 輸送機レースナンバー5番(製造番号c/r:NR257Y)は、アメリカからイギリスまで大西洋を海路横断するときに、すでに垂直尾翼にレース参加番号5番、翼のついたボーイングのロゴ、登録コードc/r:NR257Yが記入されている。

ボーイング(Boeing)247 D 輸送機(製造番号c/r NR257Y)は、1934年10月のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)、飛行距離1万1,300マイル(1万8,200 km)、賞金1万5,000ポンド、に出場した。この機体は、長距離飛行用に量産型に8個の燃料タンクを増設したもので、レースナンバー5番をもらっている。

写真(右)1934-1938年頃、アメリカ、マックロバートソン飛行レースに出場したボーイング(Boeing)247 D 輸送機。右翼上面に大きく登録コードc/r NR257Yが記入されている。:1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)飛行レースのマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に尾翼のレース参加番号5番で出場した。レース結果は、輸送機部門台2位、総合第3位に入った。胴体側面には、ユナイテッド航空のロゴもマックロバートソン飛行レースのロゴもない。しかし、垂直尾翼には、翼のついたボーイングのロゴが描かれている。また、製造番号c/rのNR257Yも記入されている。。
Boeing, 247 Title: Boeing, 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: In Flight Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061517引用。


レース結果は、92時間 55分で、輸送機部門で第2位となったが、この時の第1位は、KLMオランダ航空所属のアメリカ製ダグラスDC-2輸送機(PH-AJU)レースナンバー44番で、飛行時間90時間13分だった。総合部門では第3位である。総合第一位は、1934年9月8日初飛行のイギリスのデハビランド(de Havilland)DH.88 コメット(Comet)双発レーサー専用機(G-ACSS)で70時間54分であった。

写真(右)1934年10月以前、アメリカ、マックロバートソン飛行レースに出場するため港までトレーラーに乗せられて陸送されるボーイング(Boeing)247 D 輸送機レースナンバー5番(登録コードc/r:NR257Y):運搬に支障とならないように左右主翼は取り外されている。1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に尾翼のレース参加番号5番で出場した。垂直尾翼には、翼のついたボーイングのロゴとレースナンバー5番が記入されている。また、製造番号c/rのNR257Yも記入されている。
AL73-A-209 From the Frank S. "Luke" Luqueer Photo Collection.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 15_001172引用。


ボーイング(Boeing)247 D輸送機(NR257Y)には、地球儀のマークがあるが、これはマックロバートソン飛行レースへの出場を記念したものである。この長距離飛行レースは、イギリス東部、サフォーク(Suffolk)州ミルデンホール(Mildenhall)空軍基地から, 寄港地の中東イラクのバクダード、インドのウッタル・プラデーシュ州アラハバード(Allahabad)、シンガポールを経由してオーストラリアのダーウィンから最終地メルボルンに飛行する1万1,300マイル(1万8,200 km)にレースである。ただし、安全確保のため、飛行機は寄港地以外にも自由に離着陸可能で、ロイヤル・ダッチ・シェルとスタンダード・オイルは途上の22空港に給油を準備していた。

写真(右)1934年10月以前、アメリカ、カリフォルニア州ロスアンゼルス、マックロバートソン飛行レースに出場するため船積みするためクレーンで引き上げられているボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)とブーツを履いた機長のロスコー・ターナー(Roscoe Turner:1885年9月29日-1970年6月23日):運搬に支障のないように左右主翼は取り外されている。1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に尾翼のレース参加番号5番で出場した。空を見上げる状態でも識別できるように、胴体下面にレースナンバー5番が大きく記入されているように見える。垂直尾翼には、翼のついたボーイングのロゴが記入されているが、レースナンバー5番は見えない。
AL73-A-208 From the Frank S. "Luke" Luqueer Photo Collection.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive AL73-A-215引用。


1934年10月20-21日のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)飛行レースのマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)にボーイング(Boeing)247 D機長として出場したロスコー・ターナー(Roscoe Turner:1885年9月29日-1970年6月23日)は、92時間55分で第3位に入賞した。彼は大富豪ハワード・ヒューズ監督『地獄の天使』に第一次世界大戦戦闘機乗りとして出演するなど、メディアを利用し、スポンサーを得て独立した飛行かとして身を立てていた。

写真(右)1934年10月以前、マックロバートソン飛行レースに出場するためイギリスに船積みされるボーイング(Boeing)247 D 輸送機レースナンバー5番(登録コードc/r NR257Y)がクレーンで引き上げられている。:運搬に支障のないように左右主翼は取り外されている。1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に尾翼のレース参加番号5番で出場するので垂直尾翼にレースナンバー5番と翼のついたボーイングのロゴとが記入されている。また、登録コード(c/r)のNR257Yも記入されている。
Charles M. Daniels Collection Photo Title: Charles M. Daniels Collection Photo Aircraft/Subject: Boeing 247D being loaded for England for the London-Melbourne Macroberbon Air Race, 1934 Daniels Album Name: Roscoe Turner IV Album Page #: 6 Notes From Album: Roscoe Turner's Boeing 247D, NR257Y.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 15_001172引用。


写真(右)1934年10月以前、マックロバートソン飛行レースに出場するためイギリスに船積みされるボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)が船のデリックで降ろされている。空を見上げる状態でも識別できるように、胴体下面にレースナンバー5番を大きく記入している。:運搬に支障のないように左右主翼は取り外されている。1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に尾翼のレース参加番号5番で出場した。垂直尾翼には、翼のついたボーイングのロゴとレースナンバー5番が記入されている。
AL73-A-215 From the Frank S. "Luke" Luqueer Photo Collection.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive AL73-A-215引用。


マックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)へ出場するために、ボーイング(Boeing)247 D輸送機レースナンバー5番(c/r:NR257Y)は、アメリカから大西洋を海路横断し、イギリスまで移送された。まず、陸路をトレーラーに乗せられて港まで運搬し、そこから大型クレーンを使って輸送船に積載された。この移動運搬の際には、全幅を短縮して移動を容易にするために、左右主翼は取り外されている。

ボーイング(Boeing)247 D輸送機(登録コードc/r NR257Y)は、1934年10月のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)、飛行距離1万1,300マイル(1万8,200 km)、賞金1万5,000ポンド、に出場した。この機体は、長距離飛行用に量産型に8個の燃料タンクを増設したもので、レースナンバー5番をもらっている。

写真(右)1934-1938年頃、アメリカ、カリフォルニア州ロスアンゼルス郊外、ユニオンエアーターミナル空港(現在ハリウッド・バーバンク空港)、空港ビル近くに駐機しているボーイング(Boeing)247 輸送機(c/r NC13348):客室キャビンは、2列5行の10席の座席があり、全てにガラス窓がついている。胴体後部側面にある、地球儀のマークは、イギリスから中東・インド・シンガポールを経由してオーストラリアを飛ぶ1934年マックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)で総合第3位の記念マークである。帯状のマークは、ユナイテッド航空のロゴ(中央にアメリカ合衆国)が描かれている。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: On the ground Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061596引用。


レース結果は、92時間 55分で、輸送機部門で第2位となったが、この時の第1位は、KLMオランダ航空所属のアメリカ製ダグラスDC-2輸送機(PH-AJU)レースナンバー44番で、飛行時間90時間13分だった。総合部門では第3位である。総合第一位は、1934年9月8日初飛行のイギリスのデハビランド(de Havilland)DH.88 コメット(Comet)双発レーサー専用機(G-ACSS)で70時間54分であった。

写真(右)1934-1938年頃、アメリカ、マックロバートソン飛行レースに出場したボーイング(Boeing)247 D 輸送機と機長のロスコー・ターナー(Roscoe Turner:1885-1970)と妻。レースナンバー白「57」が赤丸地に記入されている。:プラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney )R-1340 S1H1-G ワスプ(Wasp)空冷星形9気筒エンジン500 hp (370 kW)の左カウリングにはカウリングには、"Powerd By Pratt & Whitney WASP" "NIP" ”RING-FREE MOTOR OIL”と書かれている。左エンジン・カウリングには、"TUCK"とあり、左右合わせて"nip and tuck"となるが、これは「五分五分」を意味する。
Charles M. Daniels Collection Photo Title: Charles M. Daniels Collection Photo Aircraft/Subject: Boeing 247-D Daniels Album Name: Roscoe Turner Album Page #: 48 Additional Information: Roscoe Turner and his wife, Carline, standing next to the Boeing 247-D in which he participated in the MacRobertson Air Race in 1934..
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 15_000439引用。


1934年10月20-21日のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)飛行レースのマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)にボーイング(Boeing)247 D機長として出場したロスコー・ターナー(Roscoe Turner:1885年9月29日-1970年6月23日)は、92時間55分で第3位に入賞した。彼は大富豪ハワード・ヒューズ監督『地獄の天使』に第一次世界大戦戦闘機乗りとして出演するなど、メディアを利用し、スポンサーを得て独立した飛行かとして身を立てていた。

写真(右)1934年9月8日、イギリス東部、サフォーク(Suffolk)州ミルデンホール基地(Mendenhall airfield)、マックロバートソン飛行レースに出場したボーイング(Boeing)247 D 輸送機コックピットの窓を開けた機長のロスコー・ターナー(Roscoe Turner:1885-1970):正パイロットの操縦席は、左側にあるのは、道路右側通行の自動車の操縦席と同じである。
Charles M. Daniels Collection Photo Title: Charles M. Daniels Collection Photo Aircraft/Subject: Boeing 247-D Daniels Album Name: Roscoe Turner IV Album Page #: 3 Notes From Album: Roscoe Turner with his Boeing 247D in England, 9/8/34..
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 15_001169引用。


写真(右)1934年10月、イギリス東部、サフォーク(Suffolk)州ミルデンホール基地(Mendenhall airfield)、飛行機格納庫前、マックロバートソン飛行レースに出場するボーイング(Boeing)247 D 輸送機の精密模型を手にする機長のロスコー・ターナー(Roscoe Turner:1885-1970)と妻
Charles M. Daniels Collection Photo Title: Charles M. Daniels Collection Photo Aircraft/Subject: Boeing 247-D Daniels Album Name: Roscoe Turner IV Album Page #: 2 Notes From Album: Roscoe Turner and his wife, Carline at Mendenhall airfield at the start of the 1934 London to Melbourne Air Race..
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 15_001167引用。


写真(右)1934年10月、イギリス東部、サフォーク(Suffolk)州ミルデンホール基地(Mendenhall airfield)、マックロバートソン飛行レースに出場したボーイング(Boeing)247 D 輸送機レースナンバー5番(登録コードc/r NR257Y)(左)とイギリスのデハビランド(de Havilland)DH.88 コメット(Comet):1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に尾翼のレース参加番号5番で出場した。垂直尾翼には、翼のついたボーイングのロゴとレースナンバー5番が記入されている。また、製造番号c/rのNR257Yも記入されている。
Charles M. Daniels Collection Photo Title: Charles M. Daniels Collection Photo Aircraft/Subject: Boeing 247D Daniels Album Name: Roscoe Turner IV Album Page #: 32 Notes From Album: Roscoe Turner's Boeing 247D, NR257Y, RAF Mildenhall, start of MacRobertson Air Race, 1934, WJ Clennel photo.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 15_001195引用。


写真(右)1934年10月、イギリス、マックロバートソン飛行レースに出場したボーイング(Boeing)247 D 輸送機レースナンバー5番(登録コードc/r NR257Y)(左)とイギリスのデハビランド(de Havilland)DH.88 コメット(Comet):イギリスのデハビランド(de Havilland)DH.88 コメット(Comet)双発機「ブラックマジック(Black Magic)​」(登録コード:G-ACSP )。機体は黒塗装に白ラインで、垂直尾翼先端にレースナンバー黒「63」が黄色丸地に記入されている。:
Charles M. Daniels Collection Photo Title: Charles M. Daniels Collection Photo Aircraft/Subject: Boeing 247D Daniels Album Name: Roscoe Turner IV Album Page #: 30 Notes From Album: Roscoe Turner's Boeing 247D, NR257Y, RAF Mildenhall, start of MacRobertson Air Race, 1934, WJ Clennel photo..
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum ArchiveCatalog #: 15_001194引用。


1934年9月8日にイギリスで初飛行したデハビランド(de Havilland)DH.88 コメット(Comet)は、10月20日に3機がマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に出場し、イギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)にむかったが、ボーイング247輸送機やダグラスDC-2輸送機のような実用機ではなく、レーサー専用機であって、生産数も5機と量産されていない。

写真(右)1934年10月、イギリス、マックロバートソン飛行レースに出場したイギリスのデハビランド(de Havilland)DH.88 コメット(Comet)双発機「ブラックマジック(Black Magic)​」(登録コード:G-ACSP )。機体は黒塗装に白ラインで、垂直尾翼先端にレースナンバー黒「63」が黄色丸地に記入されている。
Charles M. Daniels Collection Photo Title: Charles M. Daniels Collection Photo Aircraft/Subject: DeHavilland D.H.88 Comet Daniels Album Name: Roscoe Turner IV Album Page #: 22 Notes From Album: DeHavilland D.H.88 Comet, G-ACSP, ""Black Magic"", RAF Mildenhall, MacRobertson Air Race, 1934, WJ Clennel photo..
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 15_001178引用。


マックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に出場したイギリス3機のデハビランド(de Havilland)DH.88 コメット(Comet)のうち、黒塗装に白ラインのDH.88 コメット(Comet)ブラックマジック(Black Magic、登録コード:G-ACSP)レースナンバー「63」は、搭乗者2名のうち1名は女性飛行かマミー・モリソン(Amy Mollison)だったが、英領インド(パキスタン)カラチでエンジン故障が起き、片肺でのインドのアラーハーバード(Allahabad)までは飛行するのは無理であり、途中でリタイヤした。

写真(右)1934年10月、イギリス、マックロバートソン飛行レースに出場したイギリスのデハビランド(de Havilland)DH.88 コメット(Comet)双発機グローヴナー・ハウス(Grosvenor House、登録コード:G-ACSS)。機体は黒塗装に白ラインで、垂直尾翼先端にレースナンバー黒「34」が黄色丸地に記入されている。
Charles M. Daniels Collection Photo Title: Charles M. Daniels Collection Photo Aircraft/Subject: DeHavilland D.H.88 Comet Daniels Album Name: Roscoe Turner IV Album Page #: 36 Notes From Album: DeHavilland D.H.88 Comet, G-ACSS, ""Grosvenor House"", Bamrauli Aerodrome, Allahabad, MacRobertson Air Race, Oct34, John P. Fielder photo..
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 15_001197引用。


1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)のマックロバートソン飛行レースに出場した 赤塗装に白ラインのデハビランドDH.88 コメット(Comet)グローヴナー・ハウス(Grosvenor House、登録コード:G-ACSS)は、垂直尾翼先端にレースナンバー黒「34」を黄色丸地に記入している。ロンドンからオーストラリアのメルボルンの1万8,200 kmを計70時間54分18秒で飛びぬけ第一位となった。

もう1機緑塗装のデハビランドDH.88 コメット(Comet)グローヴナー・ハウス(Grosvenor House、登録コード:G-ACSR)レースナンバー「19」は、ロンドン=メルボルンの飛行時間108時間13分で第四位に入賞した。

デハビランドDH.88 デハビランド(de Havilland)DH.88 コメットの諸元
全長:8.84 m
全幅:13.41 m
全高:3.05 m
翼面積:31.21 m2
自重:1,288 kg
全備重量:2,413 kg
エンジン:デ・ハビランド ジプシー・シックスR 空冷6気筒(230 hp)
最大速度:381 km/h
実用上昇限度:5,790 m 航続距離:4,704 km
乗員:2名
生産数:5機


写真(上)1934年10月、照明塔を据え付けて夜間撮影されたマックロバートソン飛行レースに出場したボーイング(Boeing)247 D 輸送機レースナンバー5番(登録コードc/r NR257Y)
:機首の前に、三脚の上に乗せた照明塔が点灯されている。2翅プロペラは停止している。エンジンカウリングには、はためくアメリカ国旗が描かれている。
AL73-A-212 From the Frank S. "Luke" Luqueer Photo Collection.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive AL73-A-212引用。


写真(右)1935年1 月3日、イギリス東部、サフォーク(Suffolk)州ミルデンホール基地(Mendenhall airfield)、マックロバートソン飛行レースに出場したボーイング(Boeing)247 D 輸送機(NC13369)を背景に機長ロスコー・ターナー(Roscoe Turner:1885-1970)が要人を迎え挨拶をする。左端の通信士リーダー・ニコルス(Reeder Nichols)、隣のクライド・パッグボーン(Clyde Pangborn)もボーイング(Boeing)247 D 輸送機(NC13369)搭乗員である。:ロンドン=メルボルン地球儀航路のロゴではなく、アメリカ星条旗とイギリスユニオンジャックを交差させたマークを描いている。 :
Charles M. Daniels Collection Photo Title: Charles M. Daniels Collection Photo Aircraft/Subject: Boeing 247-D Daniels Album Name: Roscoe Turner IV Album Page #: 2 Notes From Album: Roscoe Turner Reeder Nichols and Clyde Edward Pangborn (l-r) with the Boeing 247 in England, 3Jan35..
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 15_001166引用。


第一次世界大戦時に活躍したウィンザー朝イギリス国王ジョージ5世(George V:1865年6月3日−1936年1月20日)は、ヘビースモーカーでもあり、肺気腫、気管支炎など慢性疾患に悩んでおり、胸膜炎も患っている。そして、病状の悪化から、1928年からは療養生活を始めており、皇太子(王太子)エドワードが国王の代行を務めていた。1936年1月20日、ジョージ5世が崩御し、王太子が即位してエドワード8世が誕生したが、王位在位期間は1年に満たず、退位して弟ジョージ6世が即位した。

写真(右)1935年2月13日、イギリス東部、サフォーク(Suffolk)州ミルデンホール基地(Mendenhall airfield)、マックロバートソン飛行レースに出場したボーイング(Boeing)247 D 輸送機右主翼と照明塔を背景に、機長ロスコー・ターナー(Roscoe Turner:1885-1970)が ウィンザー朝イギリス皇太子エドワード・アルバート・クリスチャン・ジョージ(Edward Albert Christian George Andrew Patrick David:、1894年6月23日-1972年5月28日)を迎える。:解説ではジョージ5世とあるが、写真には見当たらない。中央は、イギリス皇太子エドワード・アルバート・クリスチャン・ジョージ、のちのウィンザー朝エドワード8世(Edward VIII)となる人物で、離婚歴あるウォリス・シンプソンと結婚し、王位を退いたことで有名になる。
Charles M. Daniels Collection Photo Title: Charles M. Daniels Collection Photo Aircraft/Subject: Boeing 247-D Daniels Album Name: Roscoe Turner IV Album Page #: 2 Notes From Album: Roscoe Turner and George V, King of England and Prince of Wales at Mendenhall airfield, 13Feb35..
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 15_001168引用。


大英帝国のプリンス・オブ・ウェールズ( Prince of Wales)は、ウェールズ公の称号であるが、この称号は、国王長子、すなわち皇太子(王太子)を意味する王位継承者筆頭である。ウィンザー朝イギリス皇太子エドワード・ジョージは、1936年に即位しウィンザー朝エドワード8世(Edward VIII)となった。しかし、離婚歴のあるアメリカ人ウォリス・シンプソンと結婚したために、在位期間は 1936年1月20日から1936年12月11日と1年に満たず、戴冠式も行われないままに、退位しウィンザー公爵となった。1972年5月28日、77歳で没した。エドワード8世の跡を継いだのは弟ジョージ6世で、かれが第二次世界大戦中のウィンザー朝イギリス国王である。

ボーイング(Boeing)247 D 輸送機レースナンバー5番(登録コードc/r NR257Y)は、1934年10月のイギリス=オーストラリア横断の長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)、いわゆるマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に参加した。そして、輸送機部門で第一位、総合第二位の栄冠を得た。この時第一位のデハビランド(de Havilland)DH.88 コメットは、レース専用機小型機であり、実用機ではボーイング(Boeing)247 Dは、ダグラスDC-2と並び世界最高水準の飛行性能を示した。

写真(右)1934年、イギリス東部、サフォーク(Suffolk)州ミルデンホール基地(Mendenhall airfield)、飛行機格納庫前、マックロバートソン飛行レースに出場するボーイング(Boeing)247 D 輸送機前の機長ロスコー・ターナー(Roscoe Turner:1885-1970)と通信士リーダー・ニコルス(Reeder Nichols)、クライド・パッグボーン(Clyde Pangborn):手にしているのは航法用の地図である。後方には胴体左側面の乗客用扉とガラス窓が見える。地球儀ロゴが記入されているが、飛行レース後、描いたのであろうか。
Charles M. Daniels Collection Photo Title: Charles M. Daniels Collection Photo Aircraft/Subject: Roscoe Turner, Reeder Nichols Radio man, and Clyde Pangborn 247D Daniels Album Name: Roscoe Turner IV Album Page #: 1 Notes From Album: Roscoe Turner with his Boeing 247D, NR257Y, in England, 1934..
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 15_001165引用。


写真(右)1935年3月25日、アメリカ、イギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)マックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に参加したユナイテッド航空ロスコー・ターナー(Roscoe Turner)機長のボーイング(Boeing)247 D 輸送機レースナンバー5番(登録コードc/r NR257Y)の通信士リーダー・ニコルス(Reeder Nichols)、クライド・パッグボーン(Clyde Pangborn):輸送機部門で第二位になった「ロンドン=メルボルン地球儀航路」の記念ロゴ。This Plane carried the Stars and Stripes across the finishing Line in the Worlds Greatest Aie Race「この機体が星条旗が世界最大級の飛行レースをダントツで駆け抜けた」とある。
Charles M. Daniels Collection Photo
Title: Charles M. Daniels Collection Photo
Catalog #: 15_001171 Aircraft/Subject: Roscoe Turner
Daniels Album Name: Roscoe Turner IV
Album Page #: 5
Notes From Album: unidentified mechanics with Roscoe Turner's Boeing 247D, 25Mar35.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 15_001171引用。


ボーイング(Boeing)247 D輸送機レースナンバー5番(登録コードc/r NR257Y)は、1934年10月のイギリス=オーストラリア横断の長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)、いわゆるマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に参加した。そして、輸送機部門で第一位、相互第二位の栄冠を得た。この時第一位のデハビランド(de Havilland)DH.88 コメットは、レース専用機小型機であり、実用機ではボーイング247は、ダグラスDC-2と並び世界最高水準の飛行性能を示した。

1934年10月のイギリス=オーストラリア横断の長距離1万8,200 kmマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に参加した記念すべきボーイング(Boeing)247 D 輸送機(NC13369)は、ユナイテッド航空の一般路線に就役してから、第二位になった記念ロゴを胴体後方側面に描いた。これは、イギリスからオーストラリア大陸まで、イラク、インド・シンガポールなどを経由した飛行ルートと、帰還ルートを地球儀に描いた図案であり、緑色で彩色食されていた。このマックロバートソン飛行レース記念地球儀ロゴを誇らしげに指し示すユナイテッド航空のエアホステルの写真は、ロッキード社とユナイテッド航空の双方の優秀性を世界に知らしめるための喧伝である。

写真(右)1935年以降、1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に参加したユナイテッド航空ボーイング(Boeing)247 D 輸送機レースナンバー5番(登録コードc/r NR257Y)の輸送機部門で第二位になった「ロンドン=メルボルン地球儀航路」の記念ロゴを指し示すユナイテッド航空のエアホステス:This Plane carried the Stars and Stripes across the finishing Line in the Worlds Greatest Aie Race「この機体が星条旗が世界最大級の飛行レースをダントツで駆け抜けた」とある。
London Melbourne Race
Title: London Melbourne Race
Additional Information: London Melbourne Race
Tags: London Melbourne Race, London Melbourne Race.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 10_0014022引用。


JAL日本航空では、1996年9月まで、女性客室乗務員エアホステスの職位として、最下層に「スチュワーデス」を置き、昇格すると、アシスタントパーサー、パーサー、チーフパーサーと上位の職種に移った。しかし、1996年10月以降、客室乗務員の呼称を「フライトアテンダント」に変更し、その後、「キャビンアテンダント(CA)」「キャビンクルー」と呼称するようになった。他方、国内線を担った ANA全日空は、1987年まで「スチュワーデス」の職位があったが、1995年からJALの補助として国際線が認可されたことから、男女雇用機会均等法に即して、「客室乗務員」と呼称し始めた。当時は、男性の客室乗務員を「スチュワード」と呼んでいたのである。しかし、21席になると、「客室乗務員」「CA」の呼び名が普及した。「客室乗務員」の名称は、適当であり、ジェットスター・ジャパンは「キャビンクルー」、バニラエアは「フライトアテンダント」、JALとANAは「キャビンアテンダント」と好き勝手に読んでいる。しかも、その多くは正規社員ではなく、アルバイト・非正規労働者で賄っているのであり、低賃金と不安定な雇用では航空会社の経営を好転させる「日本的経営」では、良質な人材は集まらないどころか、顧客は他のアジア系航空会社の優良なサービスを選ぶようになった。

写真(右)1934-1935年頃、アメリカ、カリフォルニア州ロスアンゼルス郊外、ユニオンエアーターミナル空港(?)、空港ビル近くに駐機しているボーイング(Boeing)247 輸送機(NR257Y):客室キャビンは、2列5行の10席の座席があり、全てにガラス窓がついている。
Boeing : 247 Manufacturer: Boeing Designation: 247 Official Nickname: Notes: On the ground Repository : San Diego Air and Space Museum Archive.
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00061596引用。



写真(上)2016年6月、アメリカ、ワシントンD.C.、スミソニアン(Smithsonian)航空宇宙博物館(National Air and Space Museum)、マックロバートソン飛行レースに出場したボーイング(Boeing)247 D 輸送機(NC13369/NR257Y)復元機
:1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)飛行レースのマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に出場した。コックピット上方中央には小型のアンテナ支柱があり、胴体上部にアンテナ線が張られている。主輪は引き込み式であるが尾輪は固定式である。右翼前縁には照明塔がついている。
Boeing 247-D Date 5 June 2016, 10:52 Source Boeing 247-D Author Tony Hisgett from Birmingham, UK
写真はWikimedia Commons, Category:Boeing 247 at National Air and Space MuseumFile:Boeing 247-D (27794323185).jpg引用。


写真(右)2016年4月、アメリカ、ワシントンD.C.、スミソニアン(Smithsonian)航空宇宙博物館(National Air and Space Museum)、マックロバートソン飛行レースに出場したボーイング(Boeing)247 D 輸送機(NR257Y)復元機:1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)飛行レースのマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に出場した。引き込み式の主輪を装備しているが、完全に車輪がエンジンナセルに収まるのではなく、下半分は機外に露出している。これは、ダグラスDC-2輸送機も同じである。
Description 02653-National-Air-and-Space-Museum Date 6 April 2016, 12:32 Source 02653-National-Air-and-Space-Museum Author xiquinhosilva ..
写真はWikimedia Commons, Category:Boeing 247 at National Air and Space Museum File:Boeing 247-D United Air Lines NC13369 NASM (28276377096).jpg引用。



写真(上)2018年、アメリカ東部、ワシントンD.C.、スミソニアン航空宇宙博物館(Smithsonian's National Air and Space Museum)で保管展示中のボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)の復元機
:1934年10月のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)で輸送機部門2位、総合第3位に入ったボーイング社とアメリカにとって記念すべき機体。翼のついたボーイングのロゴ、登録コードc/rのNR257Yが記入されており、ボーイング・シアトル工場で製造された。
The National Air and Space Museums Boeing 247D is important both as an aircraft type and as a famous plane in its own right. It was flown in the 1934 MacRobertson England-Australia Race by famed racing pilot Roscoe Turner and Clyde Pangborn, finishing in third place; it then went on to three other productive careers before being given to the museum....
写真は, Smithsonian Institution Smithsonian's National Air and Space Museum  Boeing 247-D引用。


写真(右)2018年、アメリカ東部、ワシントンD.C.、スミソニアン航空宇宙博物館(Smithsonian's National Air and Space Museum)で保管展示中のボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)の復元機:1934年10月のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)で輸送機部門2位、総合第3位に入ったボーイング社とアメリカにとって記念すべき機体。翼のついたボーイングのロゴ、登録コードc/rのNR257Yが記入されており、ボーイング・シアトル工場で製造されたことがわかる。
The first Boeing 247 made its initial flight on February 8, 1933, and the plane’s performance confirmed the wisdom of what had been to that date a daring gamble on the part of Boeing’s management. Three key men—President Phillip G. Johnson, Vice President Claire Egtvedt, and Chief Engineer C. N. Monteith — chose to develop the transport potential of their successful Boeing B-9 twin-engine bomber rather than stick to the orthodox trimotor and biplane design of the day....
Materials Overall: Aluminum Dimensions 3-D: 1567.2 × 378.5cm, 4842.6kg, 22.586m (51 ft. 5 in. × 12 ft. 5 in., 10676lb., 74.1 ft.) Width represented is of the main Fuselage only. Dimensions taken by Move Contractor on behalf of CSC at the time of deinstall. Record Updated 12/15/2020. See As-Built in Media section for additional information.
写真は, Smithsonian Institution Smithsonian's National Air and Space Museum  Boeing 247-D引用。


写真(右)2018年、アメリカ東部、ワシントンD.C.、スミソニアン航空宇宙博物館(Smithsonian's National Air and Space Museum)で保管展示中のボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)復元機の左側のプラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney )R-1340 S1H1-G ワスプ(Wasp)空冷星形9気筒エンジン500 hp (370 kW) :カウリングには、"Powerd By Pratt & Whitney WASP" "NIP" ”RING-FREE MOTOR OIL”と記入されている。エンジン左右合わせて"nip and tuck"とは五分五分の意味がある。
Physical Description Air transport; twin engine; monoplane.Dimensions Credit Line Transferred from the Civil Aeronautics Administration Manufacturer Boeing Aircraft Co..Country of Origin United States of America
写真は, Smithsonian Institution Smithsonian's National Air and Space Museum  Boeing 247-D引用。


写真(右)2018年、アメリカ東部、ワシントンD.C.、スミソニアン航空宇宙博物館(Smithsonian's National Air and Space Museum)で保管展示中のボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)復元機の右側のプラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney )R-1340 S1H1-G ワスプ(Wasp)空冷星形9気筒エンジン500 hp (370 kW) :カウリングには、"Powerd By Pratt & Whitney WASP" "TUCK" と記入されている。エンジン左右合わせて"nip and tuck"とは五分五分の意味がある。
Materials Overall: Aluminum Dimensions 3-D: 1567.2 × 378.5cm, 4842.6kg, 22.586m (51 ft. 5 in. × 12 ft. 5 in., 10676lb., 74.1 ft.) Width represented is of the main Fuselage only. Dimensions taken by Move Contractor on behalf of CSC at the time of deinstall. Record Updated 12/15/2020. See As-Built in Media section for additional information.
写真は, Smithsonian Institution Smithsonian's National Air and Space Museum  Boeing 247-D引用。


写真(右)2018年3月19日、アメリカ東部、ワシントンD.C.、スミソニアン航空宇宙博物館(Smithsonian's National Air and Space Museum)で保管展示中のボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)の機首と右側プラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney )R-1340 S1H1-G ワスプ(Wasp)空冷星形9気筒エンジン500 hp (370 kW)カウリングのアメリカ国旗「星条旗」ロゴ:1934年10月のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)で輸送機部門2位、総合第3位に入賞した。当時の塗装を復元し展示されている。
The group of United Airlines predecessors (Boeing Air Transport, Pacific Air Transport, National Air Transport, and Varney Air Lines) determined to replace its entire fleet by ordering sixty of the 247s, thereby gaining a tremendous advantage over competitors, for the new airplane had made all other transports obsolete overnight...
写真は, Smithsonian Institution Smithsonian's National Air and Space Museum  Boeing 247-D引用。


写真(右)2018年、アメリカ東部、ワシントンD.C.、スミソニアン航空宇宙博物館(Smithsonian's National Air and Space Museum)で保管展示中のボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)の機首と左プラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney )R-1340 S1H1-G ワスプ(Wasp)空冷星形9気筒エンジン500 hp (370 kW)・カウリングのアメリカ国旗「星条旗」ロゴ:1934年10月のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)で輸送機部門2位、総合第3位に入賞した。当時の塗装を復元し展示されている。
The all-metal, low-wing 247 combined a retractable landing gear, two supercharged air-cooled engines, and, in later models, controllable pitch propellers, with totally new standards in passenger comfort. The ten passengers and three crew members enjoyed excellent soundproofing, a low vibration level, plush seats, and, for the first time, cabin air conditioning....
写真は, Smithsonian Institution Smithsonian's National Air and Space Museum  Boeing 247-D引用。



写真(上)2016年6月、アメリカ、ワシントンD.C.、スミソニアン(Smithsonian)航空宇宙博物館(National Air and Space Museum)、マックロバートソン飛行レースに出場したボーイング(Boeing)247 D 輸送機(NC13369/NR257Y)復元機の胴体左側にある乗客用扉(閉鎖状態)と客室キャビンの乗客用ガラス窓
(左端):アメリカ大陸横断飛行の記念ロゴと1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)飛行レースのマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に出場、輸送機部門2位、総合第3位に入賞した記念の「地球儀」ロゴが描かれた胴体左後方。
The On May 22, 1933, the new 247 entered crosscountry service, making the journey from San Francisco to New York in 19 1/2 hours, compared to the previous 27-hour air travel time. Curiously, the inability of other airlines to obtain the 247 worked to Boeing and United’s net disadvantage, for Trans World Airlines went to Douglas for a competitive aircraft, and the result was the famous DC series, which made the 247, in turn, obsolete. .
写真はWikimedia Commons, Category:Boeing 247 at National Air and Space MuseumFile:Boeing 247-D (27794323185).jpg引用。


写真(右)2020年1月10日、アメリカ東部、ワシントンD.C.、スミソニアン航空宇宙博物館(Smithsonian's National Air and Space Museum)で保管展示中のボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)胴体後方の乗客用扉と「地球儀」ロゴ:1934年10月のロンドンからメルボルンまでのマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)で輸送機部門2位、総合第3位に入賞した「地球儀」ロゴが復元されている。
The original 247 had a top speed of 182 mph and cruised at 1 70 mph compared to the 115 mph of the Ford Tn-motor then in general use. Boeing attempted to match the Douglas aircraft by creating the 247D, an improved version with a 200mph top speed and 189-mph cruise. Earlier 247s were modified to 247D standards, but the airplane did not have the necessary growth potential to compete and was soon relegated to shorter route segments and smaller airlines.
写真は, Smithsonian Institution Smithsonian's National Air and Space Museum  Boeing 247-D引用。


写真(右)2018年、アメリカ東部、ワシントンD.C.、スミソニアン航空宇宙博物館(Smithsonian's National Air and Space Museum)で保管展示中のボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)復元機の右主翼と記載された登録コードNC13369:商業用登録コードはNR257Yである。
The museum’s aircraft made its first flight on September 5. 1934. It was leased from United by Turner and modified with extra fuel tanks to provide a range of more than 2,500 miles for the 1934 MacRobertson Race. Turner, Pangborn, and Reeder Nichols took off from Mildenhall, England on October 20, 1934, and landed 92 hours, 55 minutes, and 30 seconds later at Melbourne, Australia, finishing in third place. The race was won by an English de Havilland DH 88 Comet: second place went to a KLM-operated Douglas DC-2.
写真は, Smithsonian Institution Smithsonian's National Air and Space Museum  Boeing 247-D引用。


写真(右)2018年、アメリカ東部、ワシントンD.C.、スミソニアン航空宇宙博物館(Smithsonian's National Air and Space Museum)で保管展示中のボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)左胴体後方の荷物用扉(閉鎖状態)とレースナンバー「57」ロゴ:1934年10月のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に57番のレースナンバーで出場、輸送機部門2位、総合第3位に入賞した。
The 247 had an actual flying time of a little over eighty-five hours for the 11,300-mile distance and might have finished second were it not for some engine problems and a three-hour navigational error...
写真は, Smithsonian Institution Smithsonian's National Air and Space Museum  Boeing 247-D引用。


写真(右)2018年、アメリカ東部、ワシントンD.C.、スミソニアン航空宇宙博物館(Smithsonian's National Air and Space Museum)で保管展示中のボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)左胴体後方の荷物用扉(開放状態)とレースナンバー「57」ロゴ:1934年10月のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に57番のレースナンバーで出場、輸送機部門2位、総合第3位に入賞した。
The airplane was returned to United where it served in regular airline service until 1937, when it was sold to the Union Electric Company of St. Louis for use as an executive transport. In 1939 it was purchased by the Department of Commerce Air Safety Board (CAS), which used it for fourteen years before presenting it to the museum in 1953. The aircraft served so well in so many experiments with the CAS that it received the affectionate nickname "Adaptable Annie.
写真は, Smithsonian Institution Smithsonian's National Air and Space Museum  Boeing 247-D引用。


写真(右)2018年、アメリカ東部、ワシントンD.C.、スミソニアン航空宇宙博物館(Smithsonian's National Air and Space Museum)で保管展示中のボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)機首先端の荷物用扉と貨物室:胴体左後方にも小型の荷物扉があるが、機首の貨物扉のほうが2倍以上大きい。
To highlight the most interesting aspects of the 247’s career, the airplane is displayed with two sets of markings. The left side is marked as it was when flown by Colonel Turner in 1934, carrying the NR-257y registration; the right side is marked as the aircraft was flown by United, with the NC 13369 registration.
写真は, Smithsonian Institution Smithsonian's National Air and Space Museum  Boeing 247-D引用。


写真(右)2018年、アメリカ東部、ワシントンD.C.、スミソニアン航空宇宙博物館(Smithsonian's National Air and Space Museum)で保管展示中のボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)機首と右主翼のプラット・アンド・ホイットニー (Pratt & Whitney)R-1340 S1H1ワスプ(Wasp)空冷星形9気筒エンジン500 hp (370 kW):金属製3翅プロペラを装備しているが、プロペラピッチ(角度)を変更することができる可変ピッチ・プロペラを装備している。
The original gray anodized aluminum finish of the 247 was badly weatherworn, and it was necessary to repaint it in a color as near to the original as possible. Fortunately, the two engine cowlings and the vertical tail surface were in relatively good condition, and they were left in their original unpainted anodized finish .
写真は, Smithsonian Institution Smithsonian's National Air and Space Museum  Boeing 247-D引用。


写真(右)2018年、アメリカ東部、ワシントンD.C.、スミソニアン航空宇宙博物館(Smithsonian's National Air and Space Museum)で保管展示中のボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)の垂直尾翼:1934年10月のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)で輸送機部門2位、総合第3位に入ったボーイング社とアメリカにとって記念すべき機体。翼のついたボーイングのロゴ、登録コードc/rのNR257Yが記入されており、ボーイング・シアトル工場で製造されたことがわかる。航空宇宙博物館博物館本館には、ライト兄弟の1903年世界初飛行のライトフライヤー、チャールズ・リンドバーグのニューヨーク・パリ横断飛行のスピリット・オブ・セントルイス、世界初の月面人類到達をさせたアポロ11号司令船などが展示されている。
写真は, Smithsonian Institution Smithsonian's National Air and Space Museum  ID #: A19540069000-NASM2018-1057000061517引用。


アメリカからイギリスに船積みされたボーイング(Boeing)247 D 輸送機レースナンバー5番(製造番号c/r:NR257Y)は、1934年10月24日、イギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に出場した。このレース参加時には、尾翼のレース参加番号5番、垂直尾翼に翼のあるボーイングのロゴ、製造番号NR257Yを記入している。そして、レースに参加し総合第3位に入賞した記念に、胴体後部側面に飛行ルート書き込んだ地球儀のマークを描くようになったようだ。

この1934年マックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)飛行ルートは、イギリスから中東・インドシンガポールを経由してオーストラリアを飛び、帰還した往復飛行である。また、ユナイテッド航空の帯状のロゴ(中央にアメリカ合衆国)も追加で描かれている。

写真(右)2019年4月、アメリカ東部、ワシントンD.C.、スミソニアン航空宇宙博物館(Smithsonian's National Air and Space Museum)で保管展示中のボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)のコックピット:複式操縦装置で計器類は、ほぼ左右対称に一対ずつ揃っている。左に正パイロット、右に副パイロットの座席がある。
In 1974 United Air Lines made a grant that permitted the National Air and Space Museum to have the aircraft restored to its present status by CNC Industries, Camp Springs, Maryland...
写真は, Smithsonian Institution Smithsonian's National Air and Space Museum  Boeing 247-D引用。


写真(右)2018年、アメリカ東部、ワシントンD.C.、スミソニアン航空宇宙博物館(Smithsonian's National Air and Space Museum)で保管展示中のボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)胴体内部後方から尾翼部分:胴体内には、コックピットの操縦用の鋼索(ケーブル)が尾翼の方向舵、昇降舵などに伸びている。
The airplane is displayed with its racing numeral, NR 257Y, and its commercial registration, NC 13369. Transferred from the Civil Aeronautics Authority Wingspan:22.6 m (74 ft) Length:15.7 m (51 ft 7 in) Height:3.8 m (12 ft 6 in) Weight, gross:6,192 kg (13,650 lb) Weight, empty:4,055 kg (8,940 lb) Top speed:322 km/h (200 mph) Engine:2 Pratt & Whitney Wasp S1H1-G, 550 hp Manufacturer:Boeing Airplane Co., Seattle, Wash., 1934.
写真は, Smithsonian Institution Smithsonian's National Air and Space Museum Boeing 247-D引用。



3.1934年マックロバートソン飛行レースのKLMオランダ航空DC-2輸送機

写真(右)1934年、アメリカ、完成したばかりのダグラス(Douglas)DC-2 輸送機:飛行中の機体で、主翼にはDOUGLASと会社名とDC-2と機種名を記載している。
Douglas : DC-2 Manufacturer: Douglas Designation: DC-2.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065488用。


ダグラス社が開発したDC-1は、ジェームス・キンデルバーガー、ジャック・ノースロップが設計した引き込み脚、全金属製、低翼の新技術を取り入れた双発輸送機で1933年6月1日に試作1号機のDC-1が初飛行した。発動機は、ライト・サイクロン空冷星形9気筒エンジン690hp2基で可変ピッチ金属プロペラを装備した乗客12座席の旅客輸送機であった

ダグラス(Douglas)DC-1は初飛行を1933年7月1日に成功させ、その後の試験飛行や改修作業が行われた。しかし、当時の世界の航空会社の主力旅客輸送機は、フォード トライモーター、ロッキード14双発輸送機などアメリカ製が多かった。そこで、ダグラス社も世界の航空会社に対するDC-1/DC-2輸送機を喧伝し、売り込みを図った。イタリアのフィアット(Fiat)G. 18 Vの開発にも影響を与えたと考えられる。

ダグラス(Douglas)DC-1輸送機は全金属製、低翼の旅客機で1933年7月1日に試作機が初飛行した。DC-1は、引込み式脚の降着装置で、ライト(Wright)ライト・サイクロン Wright R-1820-F3 サイクロン(Cyclone)空冷星形9気筒星型エンジン690 hp (510 kW)2基装備、12座席の旅客機で生産機数は1機のみである。

ダグラス社は新型機DC-1の売り込みのために、DC-1/DC-2輸送の実機を使ったデモンストレーション飛行を行った。このようなDC-1のような金属製の斬新な巨体が軽々と飛翔する様子は格好の宣伝材料になったといえる。また、DC-1によるアメリカ大陸横断飛行も行われ、13時間5分の記録を作った。

絵画(右)1934年頃、完成したばかりのダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:PH-AJU)の発進式と思われる。:KLMオランダ航空に売却され、1934年10月のマックロバートソン飛行レースに参加した。これは、イギリス南東部、サフォーク(Suffolk)州、ミルデンホール(Mildenhall)基地からオーストラリアのメルボルンを最終目的地とする速度時間レースである。
Douglas : DC-2 Manufacturer: Douglas Designation: DC-2.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065517引用。


ダグラス(Douglas)DC-1 輸送機は1933年7月1日の初飛行で、性能は上々でDC(ダグラスコマーシャル)航空機の最初の成功作だった。テスト飛行後、DC-1は12人の乗客を輸送できる双発輸送機としてTWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air)(後のトランスワールド)航空が採用した。

しかし、TWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air)(後のトランスワールド)航空が採用は、DC-1を14人の乗客増員することを要求し、20機を発注した。これが、新たにDC-2と命名された輸送機となる。

ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機は、DC-1の改良型で1934年5月11日に初飛行し、その直後の5月18日にTWAトランスコンチネンタル(Transcontinental & Western Air)(後のトランスワールド)航空に採用された。そして、KLMオランダ航空とパンアメリカン航空(Pan American Airways)が採用を決めた。軍用仕様のC-39輸送機35機も含めて、1934年から1939年にかけて198機が生産された。


写真(右)アメリカ、ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(PH-AJU)
:同型機がKLMオランダ航空に売却され1934年10月のイギリス=オーストラリア長距離(1万1,300マイル:1万8,200 km)飛行レースのマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に出場した。
AL61A-502 Douglas DC-2 PH-AJU Images from an Album (AL-61A) which belonged to Mr. Lowry and was donated to the Leisure World Aerospace Club. This isn't cn 1486, but cn 1317. It was delivered to KLM and went on to win the handicap section of the London Melbourne race in October 1934. It tragically crashed a few months later on December 20th 1934 near Rutbah (in present day Irak).
写真は, SDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive AL73-A-238引用。


KLMオランダ航空Koninklijke Luchtvaart Maatschappij: KLM Royal Dutch Airlines)は、1919年10月7日、オランダ政府とウィルヘルミナ女王を頂くオランダ王室の援助を得て設立されたことから、王立オランダ航空とも呼ばれる。アムステルダム・スキポール空港をハブとし、1920年からロンドン-アムステルダムの国際線を就航させている。オランダは小国なので本土の国内線は必要なかったが、海外植民地との空路も検討されていた。

KLMオランダ航空KLM Royal Dutch Airlines)は、1924年、タイ王国バンコク、ドンムアン空港にまで航路を築き、1929年に、オランダ東インド植民地(インドネシア)のジャワ島までの航路を開く、カリブ海のオランダ領アンティルへの大西洋空路も開設した。

KLMオランダ航空は、世界最長の歴史を誇る航空会社で、日本へは成田と関空へ就航している。2004年にフランスのエールフランスと合併した。


写真(右)、イギリス南東部、サフォーク(Suffolk)州、ミルデンホール(Mildenhall)基地、マックロバートソン飛行レースに参加し、イギリスからオーストラリアに飛行するKLMオランダ航空所属ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(PH-AJU)と搭乗員たち
:左から通信士コーナリウス・ヴァン・ブルージ(Cornelis van Brugge)、操縦士コーエン・パルメンテ―(Koene Dirk Parmentier)、副操縦士ヤン・モル(Jan Johannes Moll)、機関士ボーウェ・プリン(Bouwe Prins )。
The KLM Uiver crew. Left to right: Cornelis van Brugge (Radio Operator), Koene Dirk Parmentier (Pilot), Jan Johannes Moll (Co-pilot) and Bouwe Prins (Flight Engineer).
写真は, Uiver Memorial Community Uiver Memorial DC-2 Restoration Project The MacRobertson Trophy Air Race引用。


マックロバートソン飛行レースMacRobertson Air Race)は、イギリス東部、サフォーク(Suffolk)州ミルデンホール(Mildenhall)空軍基地を「ロンドン」発進とみて、 寄港地の中東イラクのバクダード、インドのウッタル・プラデーシュ州アラハバード(Allahabad)、シンガポールを経由してオーストラリアのダーウィンから最終地メルボルンに飛行する1万1,300マイル(1万8,200 km)にレースである。ただし、安全確保のため、飛行機は寄港地以外にも自由に離着陸可能で、ロイヤル・ダッチ・シェルとスタンダード・オイルは途上の22空港に給油を準備していた。


写真(右)、イギリス南東部、サフォーク(Suffolk)州、ミルデンホール(Mildenhall)基地、マックロバートソン飛行レースに参加し、イギリスからオーストラリアに飛行するKLMオランダ航空所属ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:PH-AJU)と搭乗員たち
:左から通信士コーナリウス・ヴァン・ブルージ(Cornelis van Brugge)、操縦士コーエン・パルメンテ―(Koene Dirk Parmentier)、副操縦士ヤン・モル(Jan Johannes Moll)、機関士ボーウェ・プリン(Bouwe Prins )。
The 1934 MacRobertson Centenary Air Race from Mildenhall (near London) to Melbourne was divided into two divisions – speed and handicap – with no limits to aircraft size, power or crew. The sponsor, Australian confectionary mogul, Sir Macpherson Robertson, provided a prize pool of £15, 000. Initially, there were 64 entrants from 13 countries, but when the race started on 20 October 1934, the field had been reduced to 20 planes from seven countries. Only 11 finished the gruelling 18,000 kilometre trip.
写真は, Uiver Memorial Community State Library of NSW Aviation in Australia MacRobertson Centenary Air Race 引用。


KLMオランダ航空KLM Royal Dutch Airlines)所属のアメリカ製ダグラスDC-2輸送機(PH-AJU)は、ライバルのボーイング(Boeing)247 D 輸送機(登録コードc/r NR257Y)と、1934年10月のマックロバートソン飛行レースMacRobertson Air Race)に参加した。これは、イギリス南東部、サフォーク(Suffolk)州、ミルデンホール(Mildenhall)基地から、指定寄港地のイラクのバグダッド、インドのアラハバード、シンガポール、オーストラリア北端ダーウィン、オーストラリアのクイーンズランド州チャールビル (Charleville) を経由して、オーストラリア南東のビクトリア州メルボルンまで、ヴィクトリア州設立100年記念行事の一環として行われ、飛行距離は、1万1,300マイル(1万8,200 km)、賞金1万5,000ポンドだった。


写真(右)1934年、1934年10月、イギリス南東部、サフォーク(Suffolk)州、ミルデンホール(Mildenhall)基地の飛行機格納庫、マックロバートソン飛行レースに参加するKLMオランダ航空所属ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:PH-AJU)、奥のレースナンバー「5」はボーイング247の垂直尾翼
:右のエンジンカウリングは、オーストラリアのロッキード(Lockheed )ベガ(Vega) DL-1A:(登録コード:G-ABGK)で、シリアのアレッポで、棄権した。
Charles M. Daniels Collection Photo Title: Charles M. Daniels Collection Photo Aircraft/Subject: RAF Mildenhall Daniels Album Name: Roscoe Turner IV Album Page #: 29 Notes From Album: inside hangar, RAF Mildenhall, MacRobertson Air Race, 1934, WJ Clennel photo
写真はSDASM Archives Category:Uiver (aircraft) Catalog #: 15_001191引用。


1934年10月のマックロバートソン飛行レースMacRobertson Air Race)の総合第1位は、1934年9月8日初飛行のイギリスのデハビランド(de Havilland)DH.88 コメット(Comet)双発レーサー専用機(G-ACSS)で70時間54分であった。ライバルのボーイング(Boeing)247は、長距離飛行用に量産型に8個の燃料タンクを増設し、レースナンバー5番をもらって参戦し、輸送機部門で第2位に入賞した。


写真(右)1935年、オランダ領東インド(インドネシア)、マックロバートソン飛行レースに参加し、イギリスからオーストラリアに飛行する途中のKLMオランダ航空所属ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:PH-AJU)

Title Vliegtuig op een landingsbaan in Nederlands-Indië Shelfmark KITLV 405208
Subject (topical) Aircraft Subject (geographic) Indonesia Note H 814. Language No linguistic content
Country No place, unknown, or undetermined Published [Circa 1925] Date 1925 Author Leiden University
写真はWikimedia Commons Category:Uiver (aircraft) File:Vliegtuig op een landingsbaan in Nederlands-Indië.tif引用。


KLMオランダ航空KLM Royal Dutch Airlines)ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:PH-AJU)には、通操縦士コーエン・パルメンテ―(Koene Dirk Parmentier)、副操縦士ヤン・モル(Jan Johannes Moll)、信士コーナリウス・ヴァン・ブルージ(Cornelis van Brugge)、機関士ボーウェ・プリン(Bouwe Prins )の搭乗員4名が乗り、1934年にイギリスからオーストラリアに向かう1934年10月のマックロバートソン飛行レースMacRobertson Air Race)に出場した。その途上、オランダ植民地の東インド(インドネシア)で給油と整備をしたが、これには本国植民地のオランダ人を激励する目的もあった。現地のオランダ人は、寄港したKLMオランダ航空ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機を大挙して出迎えた。


写真(右)1934年10月、オーストラリア、ニューサウスウェールズ州オルベリー軟弱地に不時着し、住民に引き出されているKLMオランダ航空所属ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:PH-AJU)
:イギリスから飛来し、オーストラリアのクイーンズランド州チャールビル (Charleville)からメルボルンに向かう途中に不時着した。
Winner of the handicap division, and second fastest with an air time of 81 hours 10 minutes, was the Dutch airliner Uiver (Stork). Crewed by Parmentier, Moll, Prins and Van Brugge and carrying three passengers, the Douglas DC2 was entered by KLM airlines and showed that passenger air travel could be comfortable, safe and reliable. Uiver suffered a near disaster when a the crew became lost in a storm over Albury, NSW. Residents, alerted by the local radio announcer, scrambled to bring their cars to the racecourse where rows of headlights guided the plane down to land. The next day it had to be dragged out of the mud to continue in the race to Melbourne.
写真は, Uiver Memorial Community State Library of NSW Aviation in Australia MacRobertson Centenary Air Race 引用。


1934年10月のマックロバートソン飛行レースMacRobertson Air Race)に参加したKLMオランダ航空KLM Royal Dutch Airlines)ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:PH-AJU)は、イギリス南東部、サフォーク(Suffolk)州ミルデンホール(Mildenhall)から、途中の寄港地によりながら最終寄港地オーストラリアのクイーンズランド州チャールビル (Charleville)に到着した。しかし、そこを離陸した後、ニューサウスウェールズ州オルベリー付近で悪天候に見舞われ、不時着した。この時、オルベリー飛行場に自動車で到来した地元民がヘッドライトで、DC-2の不時着を助けた。


写真(右)1934年10月、オーストラリア、ニューサウスウェールズ州オルベリー軟弱地に不時着し、住民に引き出されているKLMオランダ航空所属ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:PH-AJU)
:イギリスから飛来し、オーストラリアのクイーンズランド州チャールビル (Charleville)からメルボルンに向かう途中に不時着した。
Douglas : DC-2 Manufacturer: Douglas Designation: DC-2.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065503引用。


1934年のマックロバートソン飛行レースMacRobertson Air Race)でオーストラリアのクイーンズランド州チャールビル (Charleville)を飛び立ったKLMオランダ航空KLM Royal Dutch Airlines)ダグラスDC-2は、最終目的地のメルボルンに向かったが、途上、ニューサウスウェールズ州オルベリー付近で悪天候に見舞われ、不時着した。この時、オルベリー飛行場DC-2は軟弱地に脚を取られて停止した。そこで、オルベリー住民が集められ、人力でDC-2を軟弱地から引き出し、無事に離陸させた。こうしてKLMオランダ航空ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(PH-AJU)は、最終目的地のメルボルンに到着した。


写真(右)1934年、1934年10月、オーストラリア、ニューサウスウェールズ州オルベリーから、ヴィクトリア州メルボルンに飛び立つ前のKLMオランダ航空所属ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:PH-AJU)
:奥には、フォッカーF.VIIb-3mトライモーター輸送機(登録コード:VH-UPI)が見える。
Parmentier Moll KLM at Archerfield Aerodrome for the Melbourne Centenary Air Race, 1934
Date 1934 Source Item is held by John Oxley Library, State Library of Queensland.
写真はWikimedia Commons Category:Uiver (aircraft) File:StateLibQld 1 129795 Parmentier Moll KLM at Archerfield Aerodrome for the Melbourne Centenary Air Race, 1934.jpg引用。


1934年10月のマックロバートソン飛行レースMacRobertson Air Race)に出場したKLMオランダ航空KLM Royal Dutch Airlines)所属のアメリカ製ダグラスDC-2輸送機(PH-AJU)のレースナンバー44番で、飛行時間90時間13分で、レース結果は、92時間 55分で、輸送機部門で第1位で、総合部門では第2位となった。


写真(右)1934年10月、オーストラリア、クイーンズランド州メルボルン(?)、マックロバートソン飛行レースで入賞したKLMオランダ航空所属ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:PH-AJU)の歓迎会
:イギリスから飛来し、チャールビル (Charleville)からメルボルンに向かう途中に不時着したが、住民の助けで復旧し輸送機部門で優勝した。
Douglas : DC-2 Manufacturer: Douglas Designation: DC-2.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065515引用。


絵画(右)1934年10月、イギリスからオーストラリアへのマックロバートソン飛行レースで入賞したKLMオランダ航空所属ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:PH-AJU):不時着後、夕暮れになって最終目的地のメルボルンに到着し、歓迎されている。
Douglas : DC-2 Manufacturer: Douglas Designation: DC-2.
写真はSDASM Archives San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065502引用。


KLMオランダ航空KLM Royal Dutch Airlines)のダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:PH-AJU)は、1934年、マックロバートソン飛行レースに参加し、イギリスからオーストラリアに飛行して、メルボルンに到着した。総合2位で入賞し、KLMオランダ航空の技能とダグラスDC-2輸送機の技術の優秀さを世界にアピールした。 KLMオランダ航空KLM Royal Dutch Airlines)は、1919年創業で、現存する航空会社の中では世界最長の歴史を誇る。


写真(右)オランダ北部、エールデ空港 、待機するKLMオランダ航空のダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(機体番号 115E、 登録コード PH-AKO、 製造番号:c.n 1361 )
:イギリスからオーストラリアへの飛行レースに参加したのは同型のKLMオランダ航空所属ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機だった。
PH-AKO Douglas DC-2-115E c.n 1361 KLM Oeverzwaluw. op vliegveld Eelde, tweede helft jaren '30. Date 30 September 2009, 13:58 Source PH-AKO Douglas DC-2 KLM Oeverzwaluw Uploaded by Oxyman Author Joost J. Bakker from IJmuiden .
写真は, Wikimedia Commons San Diego Air and Space Museum Archive File:PH-AKO Douglas DC-2 KLM Oeverzwaluw.jpg引用。


写真(右)2003年、イギリス中央部、コヴェントリー郊外、バギントン(Baginton)、 KLMオランダ航空ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:PH-AJU)復元機:垂直尾翼には、1934年10月のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に出場した場した時のレースナンバー44番が書かれている。この時、サフォーク(Suffolk)州ミルデンホール(Mildenhall)からオーストラリアのメルボルンまでの飛行時間は90時間13分で輸送機部門で第1位で、総合部門では第2位となった。
Photographer Alan D R Brown Location Coventry - Baginton (CVT / EGBE), UK - England .
Aircraft type Douglas DC-2-142 Operator KLM - Royal Dutch Airlines (Aviodome) Registration NC39165 Type Photograph Date 2003
写真は, Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-2 "PH-AJU" at Aviodrome Lelystad File:Douglas DC-2-142, KLM - Royal Dutch Airlines (Aviodome) AN0504039.jpg引用。


1934年10月のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)は、イギリス南東部のサフォーク(Suffolk)州ミルデンホール(Mildenhall)基地から、指定寄港地のイラクのバグダッド、インドのアラハバード、シンガポール、オーストラリア北端ダーウィン、オーストラリアのクイーンズランド州チャールビル (Charleville) を経由して、オーストラリア南東のビクトリア州メルボルンまで飛行するレースである。このマックロバートソン飛行レースは、ヴィクトリア州設立100年記念行事の一環として行われ、1万5,000ポンド賞金がかかっていた。

写真(右)2005年、オランダ、アムステルダム東55キロ、レリスタット(Lelystad)、 KLMオランダ航空ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:PH-AJU)復元機:垂直尾翼には、1934年10月のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に出場した場した時のレースナンバー44番が書かれている。
Peter Bakema Location LEY Lelystad, Netherlands Aircraft type Douglas DC-2 Operator Aviodrome Type Photograph Description N39165 the worlds last flying DC-2 Date 28 June 2005
写真は, Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-2 "PH-AJU" at Aviodrome Lelystad File:Douglas DC-2 Aviodrome, LEY Lelystad, Netherlands PP1119969168.jpg引用。


1934年10月のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)で、KLMオランダ航空ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:PH-AJU)は、イギリスのミルデンホールから、指定寄港地バグダッド、アラハバード、シンガポール、ダーウィン、チャールビルを経由して、メルボルンまでの1万1,300マイル(1万8,200 km)を飛行時間90時間13分で飛翔した。そして、DC-2輸送機は、輸送機部門で第1位で、総合部門では第2位となった。

写真(右)2009年6月19日、オランダ、ロッテルダム東60キロ、フォルケル航空基地(St. Louis Lambert International Airport)、 KLMオランダ航空ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:PH-AJU)復元機:垂直尾翼には、1934年10月のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に出場した場した時のレースナンバー44番が書かれている。この時、イギリスからオーストラリアのメルボルンまでの飛行時間は90時間13分で輸送機部門で第1位で、総合部門では第2位となった。
Dit is de 2e Uiver, een replica van de Uiver uit 1934.
De 1e Uiver (in 1934 beroemd geworden tijdens de luchtrace Londen-Melbourne met gezagvoer captain Parmentier) was op 20 december 1934 voor de tweede keer op weg naar Batavia. Het was een extra vlucht vanwege de kerst en er was 350 kg post aan boord. Na een tussenstop in Caïro wilde gezagvoerder Wim Beekman niet vertrekken wegens de slechte weersomstandigheden, maar KLM-directeur Albert Plesman dreigde hem te ontslaan. Dus vertrok de Uiver, maar hij zou nooit in Bagdad aankomen. Door slecht weer verongelukte hij bij Rutbah Wells in het Irakese deel van de Syrische woestijn. De vier bemanningsleden en de drie passagiers kwamen om.
Foto genomen op een luchtshow op Vliegbasis Volkel. Date 19 June 2009, 11:00:49 Source Flickr: Douglas DC 2 (Uiver 2) Author FaceMePLS
写真は, Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-2 "PH-AJU" at Aviodrome Lelystad File:Douglas DC 2 (Uiver 2).jpg引用。


写真(右)2009年5月、ドイツ、ブレーメン空港、着陸態勢に入ったKLMオランダ航空ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機(登録コード:PH-AJU)復元機:1934年10月のマックロバートソン飛行レース(MacRobertson Air Race)に出出場した場したKLMオランダ航空所属のアメリカ製ダグラスDC-2輸送機(PH-AJU)は、レースナンバー44番、飛行時間90時間13分で、レース結果は、92時間 55分で輸送機部門で第1位で、総合部門では第2位となった。
English: Douglas DC-2 (PH-AJU) in flight at the Bremen Airport Flugtag
Date 10 May 2009, 12:41 Source _MG_4824 X Author Björn Strey
写真は, Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-2 "PH-AJU" at Aviodrome Lelystad File:Douglas DC-2 (PH-AJU) in flight at the Bremen Airport Flugtag (3519224016).jpg引用。


ダグラスDouglas DC-2)の諸元
乗員Crew: 2-3名
搭載乗客数Capacity: 14名
全長Length: 61 ft 11.75 in (18.8913 m)
全幅Wingspan: 85 ft 0 in (25.91 m)
全高Height: 16 ft 3.75 in (4.9721 m)
主翼面積Wing area: 939 sq ft (87.2 m2)
空虚重量Empty weight: 12,408 lb (5,628 kg)
総重量Gross weight: 18,560 lb (8,419 kg)
発動機Powerplant: ライト(Wright)GR-1820-F52 サイクロン(Cyclone)空冷星形9気筒エンジン2基
プロペラPropellers: 3翅可変ピッチ金属製プロペラ(3-bladed variable-pitch metal propellers)

ダグラスDouglas DC-2)の性能
最高速力Maximum speed: 210 mph (340 km/h, 180 kn) at 8,000 ft (2,400 m)
巡行速力Cruise speed: 190 mph (310 km/h, 170 kn) at 8,000 ft (2,400 m)
航続距離Range: 1,000 mi (1,600 km, 870 nmi)
実用上昇限度Service ceiling: 22,450 ft (6,840 m)
上昇率Rate of climb: 1,000 ft/min (5.1 m/s)
翼面荷重Wing loading: 19.8 lb/sq ft (97 kg/m2)
出力重量比Power/mass: 0.082 hp/lb (0.135 kW/kg) De Havilland DH.89 デ・ハビランド DH.89 ドラゴン・ラピード(Dragon Rapide)複葉輸送機の諸元
搭乗員:1名
乗客:8(最大)
全長:10.5 m
全幅:14.6 m
全高:3.1 m
主翼面積:32 m²
空虚重量:1,460 kg
全備重量:2,490 kg
発動機:デ・ハビランド(De Havilland)ジプシークイン(Gipsy Queen)空冷エンジン200 hp(150 kW)(排気量9.2L)2基
最高速力:253 km/h 航続距離:920 km
実用上昇限度:5,090 m
生産期間:1934-1946年
生産機数:731機

ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機の優秀さを評価した国策会社の日本航空輸送は、1934年にDC-2を採用することを決定し、中島飛行機に発注を出した。そこで、中島飛行機は、ダグラス社からライセンスを取得し、1936年2月にエンジンから機体構造まで部品を輸入して組み立てるノックダウン方式で試作1号機を完成させ納入した。



⇒写真集Album:ダグラス(Douglas)DC-2 輸送機を見る。


4.ダグラス(Douglas)DC-3輸送機

写真(右)1937-1948年、スイス、チューリッヒ湖近郊、飛行するスイス航空のDC-3輸送機(機体コード216、登録コード HB-IRI):エンジンナセル下に降着用の車輪を降ろしているので、これからチューリッヒ郊外、デュードルフ空港に着陸するのであろう。
Douglas DC-3-216, HB-IRI mit ausgefahrenem Fahrwerk im Flug über Zürich-Schwamendingen Photographer Swissair
Physical Description: Photography : nitrate-negative Dating 1937-1948 Orientation: Square Format: 2,4 x 3,6 cm Colour schwarz/weiss Orientation Querformat
Categories Blick nach Südost über das noch wenig überbaute Schwamendingen bei Überlandstrasse und Frohburgstrasse. In der Mitte der Zürichberg, links aussen der Greifensee, rechts aussen (hinten) der Zürichsee
写真は,ETH-Bibliothek, ETH Zürich Record Name LBS_SR01-00888-02 引用。


ダグラスDC-2をアメリカ大陸横断飛行する夜間寝台機として改装する企画が持ち上がったが、客室キャビンに寝台を並列配置するには、胴体幅が狭かった。DC-2の乗客座席は、2列7行の14座席だったからである。そこで、胴体幅を拡張する大きな改造が実施され、ダグラスDSTDouglas Sleeper Transport)が開発され、1935年12月17日に初飛行した。


写真(上)1937-1948年、スイス、チューリッヒ郊外、デュードルフ空港、空港ビル前に待機しているスイス航空のDC-3輸送機(216, HB-IRI)と乗り込こ搭乗客たち
:コートを着て防寒対策をした搭乗客だが、当時の飛行機の機内暖房は、電熱温風とエンジン余熱だけしかなかったので、高空では客室キャビンの温度も低くなった。冬季でも、数時間のフライトであるため、厚着をして乗り込むのが当たり前だったのであろう。乗客用扉は胴体左後方にのみ設けられているので、そこに移動式ステップを上って搭乗する。
Passagiere beim Einstieg in eine Douglas DC-3-216, HB-IRI in Dübendorf Photographer Swissair
Physical Description: Photography : nitrate-negative Dating 1937-1948 Orientation: Square Format: 6 x 6 cm Colour schwarz/weiss Orientation Querformat
Categories Entry + Exit, Dübendorf, Aerodrome Dübendorf, Douglas DC-3-216, HB-IRI
写真は,ETH-Bibliothek, ETH Zürich Record Name LBS_SR01-00744 引用。


写真(右)1938-1948年、スイス、チューリッヒ郊外、デュードルフ空港、舗装滑走路に待機しているスイス航空のDC-3輸送機(227A, HB-IRO)と搭乗客:搭乗客は、滑走路に歩いて、駐機している飛行機の胴体後方左側にある乗客用扉に移動式ステップを上って搭乗する。手前には、見送り客の入場できる境となるフェンスがある。
Douglas DC-3-216, HB-IRI am Boden in Dübendorf Photographer Swissair
Physical Description: Photography : nitrate-negative Dating 1938-1948 Orientation: Square Format: 6 x 6 cm Colour schwarz/weiss Orientation Querformat
Categories Entry + Exit, Dübendorf, Aerodrome Dübendorf, Douglas DC-3-216, HB-IRI
写真は,ETH-Bibliothek, ETH Zürich Record Name LBS_SR01-00751 引用。


写真(右)1938-1948年、スイス、チューリッヒ郊外、デュードルフ空港、飛行格納庫で整備中のスイス航空のDC-3輸送機(227A, HB-IRO):エンジンナセル外側に集合排気管が長く伸びて排煙で機体を汚さないように配慮している。機首に記入されたSWISSAIRのデザインは後期のものなので、戦後の撮影であろう。DC-3輸送機は、1937-1955年の12年間以上、スイス航空で使用された。
Douglas DC-3-227A, HB-IRO am Boden in Dübendorf, von oben Photographer Swissair
Physical Description: Photography : nitrate-negative Dating 1938-1948 Orientation: Square Format: 6 x 6 cm Colour schwarz/weiss Orientation Querformat
Categories Zeitgenössische Bildbeschreibung des Swissair-Marketings: "Douglas DC-3 HB-IRO, Aufnahme vor der Werft. An den Flügeleintrittskanten sind die Gummienteiseranlagen gut erkannbar; dieselben bestehen aus verschiedenen Luftkammern, welche abwechselnd aufgeblasen werden, damit das darauf gebildete Eis gebrochen wird und dadurch wegfällt."
写真は,ETH-Bibliothek, ETH Zürich Record Name LBS_SR01-01374 引用。


『日本航空學會誌 昭和17年7月 第9卷 第87號』p.838に、次のような説明がある。 「(DC-3)本機は世界の航空輸送の發達に貢獻したDC-2型14人乘旅客輸送機よりも更に大型化したものであつ て,而も惡癖 のない操縱性や安全性や快適さは増々高められた.昭和10年の末に本機第1號が完成 した.DC-3型とDST型との相異點 は備装のみあつてで,他は全く同じものである.」

写真(右)1937-1948年、スイス、チューリッヒ郊外、デュードルフ空港、機首コックピットのすぐ後ろの左方の貨物室ハッチを開けて貨物を積み降ろしたスイス航空のDC-3輸送機:エンジンナセル外側に集合排気管が長く伸びて排煙で機体を汚さないように配慮している。機首に記入されたSWISSAIRのデザインは後期のものなので、戦後の撮影であろう。
Douglas DC-3 der Swissair beim Verladen Photographer Swissair
Physical Description: Photography : nitrate-negative Dating 1937-1948 Orientation: Square Format: 6 x 6 cm Colour schwarz/weiss Orientation Querformat
Categories Nose, Reportage photography, Douglas DC-3, Dübendorf
写真は,ETH-Bibliothek, ETH Zürich Record Name LBS_SR01-00888-02 引用。


ダグラス DC3 ダグラスDSTDouglas Sleeper Transport)として開発されたダグラスDC-3は、輸送機としては世界最多の1万機以上が量産されたベストセラーであり、使用した国も、アメリカ、イギリス、フランス、オランダのような連合国でも、日本、イタリアのような枢軸国でも使用された。ただし、形式の上では、DC-3輸送機の軍用仕様C-47輸送機として生産されたものが多く、その中で戦後まで生き残った機体は、戦後に民間輸送機に改造されたものも少なくない。

ダグラスDC-3Douglas Sleeper Transport)を国産化した国は、アメリカに加えて、ソビエト連邦と日本でもダグラス社から製造権を購入してライセンス生産が行われている。

『日本航空學會誌 昭和17年7月 第9卷 第87號』p.838に、次のような説明がある。「DC-2型の胴體は橢圓型に似た斷面であつたが,DC-3型 は殆ど圓形に近い斷面となし,著しく太くなつた割合に抵抗の増加は認められない.胴體はアルクラッド24-ST及び24-SRT合金の張殼式構造である.」

⇒写真集Album:ダグラス(Douglas)DC-3 輸送機を見る。

写真(右)1937-1948年4、スイス、チューリッヒ郊外、デュードルフ空港の空港ビルから眺めたスイス航空(Swissair)のデハビランド(De Havilland)ドラゴン(Dragon)DH-89(登録コード:HB-APA)輸送機、DC-3輸送機(機体コード:226, 登録コード:HB-IRI) と奥のもう1機のダグラスDC-3輸送機(機体コード:216, 登録コード:HB-IRA)(最奥左):原典(誤)「DC-2 115-B, HB-ITA」⇒正「DC-3-216, HB-IRA」手前のフェンスのうち側では見送りや見物の人々が集まり、右には登場する乗客が待機している。ただし、右のDC-3の昇降口には乗客がすでに集まっている。
Zuschauerterrasse und die Douglas DC-2 115-B, HB-ITA, Douglas DC-3-216, HB-IRI und De Havilland Dragon DH-89, HB-APA auf dem Flugplatz Dübendorf
Photographer Swissair Dating 1937-1948
Caption Die Fracht ist vom Camion in die HB-IRO umgeladen worden
Physical Description Fotografie : Nitratnegativ Format 6 x 6 cm Colour schwarz/weiss
Orientation Square Categories Douglas DC-2 115-B, HB-ITA, Reportage photography, Dübendorf, Douglas DC-3-216, HB-IRA, Aerodrome Dübendorf, de Havilland Dragon Rapide D.H. 89A, HB-APA
写真は, ETH-Zürich LBS_SR01-01065引用。


2機のDC-3輸送機(機体コード:216, 登録コード:HB-IRA)と(機体コード:216, 登録コード:HB-IRA)は、1937年6月にスイス航空が1機当たり52万7000スイス・フランで新規購入した機体である。前者・後者ともに、1955年3月にアメリカのオザーク航空(Ozark Air Lines)売却された。オザーク航空は1986年10月にTWAに買収され、TWAは2001年にアメリカン航空に合併された。

デハビランドDH.89 デハビランド(De Havilland)ドラゴン(Dragon)ラピードDH-89複葉機は、1934年4月17日に初飛行した木製・複葉羽布張り主翼・固定脚という堅実な設計だった。全長10.5 m、全幅14.6 m、全高3.1 m、主翼面積32 m²、空虚重量1,460 kg、全備重量2,490 kgで、発動機製自社のデハビランド(De Havilland)ジプシークイン(Gipsy Queen)空冷6気筒エンジン205 hp (153 kW)2基を搭載し、乗客8名、最高速力253 km/h、航続距離920 kmだった。

wikipediaでは「ドラゴン・ラピードは主に近距離旅客機として運用され、戦時中は軍事用として運用された。またイギリスで1930年代に開発されたほかの航空機よりも操縦性に優れていたため、最も商業的成功を収めた機体であった。」と説明しているが、デハビランド(De Havilland)ドラゴン(Dragon)DH-89複葉機は、民間旅客機としては200機程度の生産で、その後、第二次世界大戦中はイギリス空軍にデハビランド・ドミニエ機上練習機として制式され、500機が生産された。つまり、民間旅客機と練習機と合計でデハビランドDH-89複葉機は、727機が量産され、1946年の生産終了後も堅牢な構造を生かして、長期間、世界中で活躍し続けた。


5.フィアット(Fiat)G. 18 輸送機

写真(右)1935年10月12-28日,イタリア、ミラノ・航空展示会、フィアット社セクション、完成したばかりの新鋭フィアット(Fiat)G. 18 輸送機試作機:機首に”FIAT G. 18”と黒で記入されている。胴体下面には展示説明看板が置かれている。胴体左側面の昇降口にタラップが掛けられている。降着装置の支柱などの構造は、ダグラスDC-2/DC-3輸送機に酷似している。1935年3月18日初飛行で、生産数9機のみ。
Fiera di Milano - Salone internazionale aeronautico 1937 - Settore italiano Non identificato
Autore: Stabilimento Fotografico Crimella (1925/ 1975 ca.), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 12/10/1935 - 28/10/1935
Misure: 18 x 24
Note: In primo piano l'aereo passeggeri Fiat G 18
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Archivio Storico Fondazione Fiera Milano, fondo Fondo Fiera campionaria, P_1935_SA_62 引用。


毎年恒例のイタリア、ミラノ・航空展示会が、1935年10月12-28日,開催された。そのフィアット社セクションには、ジュゼッペ・ガブリエッリ(Giuseppe Gabrielli)技師の設計で1935年3月18日に初飛行したばかりの新鋭機フィアット(Fiat)G. 18 輸送機試作機が展示された。その胴体下面に置かれた新鋭機の展示説明看板には、G.18の諸元が記入されている。また、18座席ある客室を見学できるように、胴体左側面の昇降口にタラップが掛けられて、見学者が内部を除くことができるように配慮されている。G,18の引込み式ゴム主輪と支柱など降着装置の構造は、アメリカのダグラスDC-2/DC-3輸送機に酷似している。しかし、G.18は9機しか生産されなかった。

フィアット(Fiat)G. 18 双発旅客輸送機は、フィアット(Fiat)A.59空冷星型9気筒エンジン700 hp (522 kW) (排気量27.7 L)2基を搭載した双発輸送機で、アメリカのダグラスDC-2と外見が似ている。1937年2月26日に初飛行したが、発動機の出力が低かったため、換装してフィアットA.80空冷星型14気筒エンジン 1,000 hp(750 kW)(排気量45.72L)2基を搭載した発展型G.16Vが作られ、性能は上々だった。しかし、初期型G.16は3機、発展型G.16Vも6機が製造されただけだった。


写真(右)1935-1940年頃,イタリア、イタリア航空(Avio Linee Italiane :ALI)所属フィアット(Fiat)G. 18 双発旅客輸送機(I-ETNA)
:フィアット(Fiat)G. 18の空冷星形9気筒エンジンを搭載した初期型は3機製造された。機体の胴体側面には9個のガラス窓が並んでいるが、主翼にも胴体にも国籍記章が描かれていない。
Italiano: Fiat G-18 con marche I-ETNA, numero si serie 3, della ALI Avio Linee Italiane; il velivolo compì il primo volo nel 1935 e rimase distrutto in un incidente di prova presso Milano il 16 novembre 1942 Date 18 September 2007, 18:13:46 Source Own work Author Paolobon140
写真はWikimedia Commons, Category:Fiat G.18 File:Fiat G-18 I-ETNA.jpg引用。


イタリア航空(Avio Linee Italiane:ALI)は1926年ミラノで設立、1928年5月に、ローマ=ミュンヘン間の運行を開始した。そして、1931年にはローマ=ベルリンの航路を開いた。運航を開始した運航を始めた。1938年には、ヴェネチア=ミラノ=ツリン=パリ=ロンドン (Venice-Milan-Turin-Paris-London)の国際航路を運航した。1939年のイタリア航空(Avio Linee Italiane:ALIの保有機数は、合計16機で、アメリカ製ダグラスDC-2 (I-EROS)が1機、1935年3月18日に初飛行のフィアット(Fiat)G.18/G.18Vが6機,サヴォイア・マルケッティ(Savoia-Marchetti)S.73三発輸送機6機である。1952年末廃業。

フィアット(Fiat)G. 18旅客輸送機は、ジュゼッペ・ガブリエッリGiuseppe Gabrielli)技師の設計でフィアット A.59空冷星形9気筒エンジン750hpを装備した原型で3機製造された。その後、出力不足と判断され、発動機を強化したフィアットG.18Vは、フィアット A.80空冷星形18気筒エンジン1,000 hp(750 kW )を装備し、6機が製造された。全金属製低翼機、引込み式降着装置を装備し、ダグラスDC-2に匹敵する斬新なデザインだった。フィアット(Fiat)G. 18輸送機は、イタリアの航空機開発技術水準の高さを示した。

フィアット(Fiat)G. 18旅客輸送機の空冷星形9気筒エンジンから18気筒エンジンに強化・換装した発展型が、フィアット(Fiat)G. 18 V輸送機である。G.18Vは、最高速力400 km/h (250 mph)、乗客用18席、航続距離:1,675 km (1,041 マイル)の高性能機で、アメリカのダグラスDC-2輸送機と比較しても遜色のない性能だった。

アメリカのダグラス(Douglas)DC-2輸送機は、全金属製、引込み脚式降着装置を備え低翼式で、1934年5月11日に初飛行した。1年後、1935年3月11日初飛行のイタリアのG.18輸送機は、アメリカで1年前に開発されたDC-2と前後反対の低翼形状(空力学的には同様の効果がある)、同じ構造の引込み式降着装置と尾翼を備え、スケールも似ている。フィアットG.18は、このダグラスDC-2輸送機の技術を取り込んで開発されたイタリア機であると考えられる。

写真(右)フィアット(FIAT) G 18輸送機の三面図:客席9座席左右2列18席分の窓ガラスがついている。飛行機旅行の楽しみは、空からの眺めだった。当時の飛行機の運用高度は、数千メートルなので、街並み、田園、山岳地、海岸など空からの景色は、旅客輸送に重要だった。胴体が箱形なのは、内部構造の余裕と使いやすさのためである。
Fiat G.12, transport. (Regia Aeronautica Photos).
写真は, Alchetron.com ~ Free Social Encyclopedia for the World Alchetron Fiat G.18引用。


ダグラス(Douglas)DC-2フィアット(Fiat)G. 18 Vの比較
初飛行 1934年5月11日 1935年3月11日
全長: 19.1 m  18.81 m
全幅: 25.9 m  25.00 m
全高: 4.8 m  5.01 m
主翼面積: 87.3m2  88.3 m2
空虚重量: 5,650 kg  7,200 kg
総重量: 8,420 kg  10,800 kg
発動機:ライトR-1820サイクロン空冷星型9気筒(29.88 L)  フィアットA.80空冷星型18気筒(45.72 L)
出力: 730 hp (540 kW)  1,000 hp(750 kW)
最高速力: 338km/h  400 km/h
実用上昇限度: 6,930 m   8,700 m
航続距離: 1,750 km  1,675 km
乗客座席数: 14人  18人
生産機数: 198機  9機

⇒写真集Album:フィアット(Fiat)G. 18 輸送機を見る。


6.スイス航空のフォッカー(Fokker)F.VII輸送機

写真(右)1935年、イギリス、ロンドン、クロイドン空港、スイス、チューリッヒ郊外、デュードルフ空港に駐機しているスイス航空のフォッカー(Fokker)F.VII a単発輸送機(機体コード CH-157、登録コード HB-LBO)とダグラスDC-2(機体コード:115-B, 登録コード:HB-ITE) (奥):スイス航空の保有するフォッカーF,VIIは1機のみ。空港ビルの上から撮影した。
Fokker F.VII a, CH-157 (HB-LBO) und Douglas DC-2 115-B, HB-ITE am Boden in Dübendorf Photographer Swissair Dating ca. 1935 Caption Douglas DC-2 115-B, HB-ITE, Reportage photography, Dübendorf, Aerodrome Dübendorf, Fokker F.VII a, CH-157 (HB-LBO), Physical Description Fotografie : Nitratnegativ Square Format: 6 x 6 cm Colour schwarz/weiss Orientation Querformat Categories ◾Reportagefotografien ◾Sachkatalog > Verkehrsmittel > Luftverkehr > Flugzeugtyp nach Hersteller > Douglas > Douglas DC-2 115-B, HB-ITO
写真は, ETH-Zürich Record Name LBS_SR02-10730引用。


1928年6月17−18日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"に同乗したアメリカ人アメリア・イアハート(Amelia Earhart)は、カナダのニューファウンドランド島からイギリスのウェールズまで、大西洋横断無着陸飛行した初めての女性となったが、これはアメリカ人男性リンドバーグの大西洋単独無着陸飛行に続く世界史上に残るアメリカの快挙だった。このような高性能なフォッカーF.VIIb-3mトライモーターを、スイス航空は8機購入し、個別機体名称CH-162、CH-163、CH-164,CH-165,CH-166,CH-190CH-192、CH-193として、1931年から1935年まで使用した。

⇒写真集Album:フォッカー(Fokker)F.VIIb-3mトライモーターを見る。

⇒写真集Album:アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)のフォッカーF.VIIによる大西洋横断飛行を見る。

フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m輸送機の諸元
製造:フォッカー(Fokker), オランダ(NL) ・アムステルダム(Amsterdam)
全幅Span: 21.70m
全長Length: 14.60 m
全高Height: 4.50 m
発動機出力Power:3x 200hp
巡航速力CruisingSpeed: 180-190 km/h
乗客Passengers: 8-10名
航続距離Range: 800 km

スイス航空は、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m輸送機をCH-162、CH-163、CH-164,CH-165,CH-166,CH-190CH-192、CH-193の合計8機購入し1935年まで使用している。そのほか、スイス航空は、1931-1950年フォッカー(Fokker)F.VIIa単発輸送機(157)、1931年ドルニエ・メルクール単発輸送機(171)、1931-1938年BFWメッサーシュミットM-18b(191)単発輸送機、1932-1936年ロッキード9Bオリオン単発輸送機(167)、1934-1936年ジェネラル・アビエーション・クラークGA単発輸送機(CH-169)、1934年カーチスAT-32Cコンドル双発複葉機(170)のような多様な機種を1機ずつ採用した。


7.フィアット(Fiat) G.12 三発輸送機


写真(右)1940年10月以降、1941年頃、イタリア、フィアット(Fiat)G.12 C 輸送機試作機(MM.60649)の試験飛行
:垂直尾翼にも胴体にも国籍マークはないが、イタリア航空(Avio Linee Italiane :ALI)所属は描かれている。フィアットFiat A.74 RC.42空冷星形14気筒エンジン搭載で、当時としては大型機であった。
Il prototipo MM.60649 rulla sul campo di Torino-Caselle all’inizio dei test.
写真はMilitary Story , Organizzazione Paladino Ispettorato Militare del Lavoro Aviazione Fiat G.12引用。


イタリアには、イタリアには高出力エンジンないので三発機を開発したというのは、誤解であろう。イタリアには、フィアットG.18のような高性能な双発輸送機もあった。また、なにより1920年代から1930年代にかけて、世界ではフォッカー F.VIIb3mトライモーターが大活躍し、ドイツのユンカースG.24、G.31、Ju52/3mタンテのような三発輸送機も多数就役していた。こうした三発輸送機の伝統と歴史を見ると、イタリアの三発輸送機もそれを引き継いでいるのであって、決してエンジン制約のためではないことが理解できる。

⇒写真集Album:フィアット(Fiat)G.12輸送機を見る。


8.サヴォイア・マルケッティSM.75三発輸送機

写真(右)1939年頃,イタリア半島南端、タラント=グロッターリエ飛行場(Taranto Grottaglie Airport)未舗装滑走路で待機するイタリア航空(アラリットリオ:Ala Littoria)サヴォイア・マルケッティ(Savoia Marchetti)SM 75輸送機(HA-SMA):後方には、かまぼこ型の飛行機格納庫がある。
Magyar: Olaszország Grottaglie repülőtér, a Malert Savoia - Marchetti SM-75 utasszállító repülőgépe 1939
Date 1939 Source FOTO:Fortepan — ID 39327: Home pagePictureInformation page Author Hídvégi Zoltán.
写真はWikimedia Commons, Category:Savoia-Marchetti SM.75 File:Savoia-Marchetti S.M.75.jpg引用。


サヴォイア・マルケッティSM 73輸送機の後継機が、同じ会社のサヴォイア・マルケッティ(Savoia Marchetti)SM 75輸送機であり、旅客と貨物の双方に利用する民間機として、イタリア航空(アラリットリオ:Ala Littoria)の要望に応えた機体で、設計はアレッサンドロ・マルケッティ技師である。前作のSM 73は、固定脚だったが、後継機SM.75では空気抵抗を減少させ、より高出力のエンジンを搭載して、引込み脚の降着装置を備えた。しかし、基本構造は、SM.73と同じく軽量化を優先し、SM.75でも金属鋼管フレームの骨格に羽布張り、合板の胴体・主翼表面のつくりとした。

サヴォイア・マルケッティ(Savoia Marchetti)SM 75輸送機の発動機は、アルファロメオ 126 RC.34 空冷星型9気筒エンジン559 kW (750 hp)3基で、最高速力363 km/h (195 kn, 224 mph)/高度6,250 m (20,500 ft)、航続距離1,720 km (928 nml, 1,061 ml)だった。乗員は4名。客室には乗客25名を収容可能だった。

⇒写真集Album:サボイア・マルケッティ(Savoia Marchetti)SM-75輸送機を見る。


9.サヴォイア・マルケッティSM.83輸送機

写真(右)1937年10月2-17日,イタリア、ミラノ・航空展示会、サヴォイア・マルケッティ SM.83輸送機:イタリアのセクターのさまざまなスタンドが設けられている。右から左へ:、サボイア・マルケッティ(Savoia Marchetti)、イタリアの水上飛行機会社(SIAI)、その奥にSM 79(Sparviero)が展示されている。
Fiera di Milano - Salone internazionale aeronautico 1937 - Settore italiano Stabilimento Fotografico Crimella
Autore: Non identificato (prima metà sec. XX), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 02/10/1937 - 17/10/1937
Note: Veduta di vari stand del settore italiano. Da destra a sinistra gli stand: Savoia Marchetti (Società italiana aeroplani idrovolanti-SIAI), con in mostra l'aereo SM 79 Sparviero; Aeronautica Lombarda; Cantieri Riuniti dell'Adriatico.
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Archivio Storico Fondazione Fiera Milano, fondo Fondo Fiera campionaria, PAL_1937_SA_230引用。


サボイア・マルケッティ(Savoia-Marchetti)SM-79は、乗客席8席の高速旅客輸送機で、第二次大戦前から爆撃機として量産されていた。そこで、このSM.79を原型に、再度、乗客10席の高速旅客機としたのが、サボイア・マルケッティ(Savoia-Marchetti)SM-83旅客輸送機で、1937年10月2-17日に開催された,ミラノ・航空展示会で展示され、世界に向けてイタリアの航空技術の優秀性を誇示した。しかし、実際に、SM.83が初飛行したのは、ミラノ航空展示会終了後の1937年11月19日である。

したがって、サボイア・マルケッティ(Savoia-Marchetti)SM-83輸送機の量産は、大戦前に43機であり、これにはイタリア空軍の発注13機も含まれる。しかし、イタリア以外にも、ベルギーのサベナ国際航空が4機を購入、ベルギー本土とアフリカ植民地領コンゴとの輸送用に使用した。また、ルーマニアも、民家航空用に3機を購入した。

⇒写真集Album:サボイア・マルケッティ(Savoia Marchetti )SM-79爆撃機を詳しく見る。


ナチ党ヒトラー独裁政権の成立:NSDAP(Nazi);ファシズムの台頭
ナチ党政権によるユダヤ人差別・迫害:Nazis & Racism
ナチスの優生学と人種民族:Nazis & Racism
ナチスT4作戦と障害者安楽死:Nazism & Eugenics
ドイツ国防軍のヒトラー反逆:Ludwig Beck
ゲオルク・エルザーのヒトラー暗殺未遂:Georg Elser
ポーランド侵攻:Invasion of Poland;第二次大戦勃発
ワルシャワ・ゲットー写真解説:Warsaw Ghetto
ウッジ・ゲットー写真解説:Łódź Ghetto
ヴィシー政権・反共フランス義勇兵:Vichy France :フランス降伏
バルカン侵攻:Balkans Campaign;ユーゴスラビア・ギリシャのパルチザン
バルバロッサ作戦:Unternehmen Barbarossa;ソ連侵攻(1)
スターリングラード攻防戦;Battle of Stalingrad :ソ連侵攻(2)
ワルシャワゲットー蜂起:Warsaw Uprising
アンネ・フランクの日記とユダヤ人虐殺:Anne Frank
ホロコースト:Holocaust;ユダヤ人絶滅
アウシュビッツ・ビルケナウ収容所の奴隷労働:KZ Auschwitz
マウトハウゼン強制収容所:KZ Mauthausen
ヒトラー:Hitler
ヒトラー総統の最後:The Last Days of Hitler
ヒトラー暗殺ワルキューレ Valkyrie作戦: Claus von Stauffenberg
アンネの日記とユダヤ人
与謝野晶子の日露戦争・日中戦争
ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He111爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-188爆撃機/Ju388高高度偵察機
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
ブロームウントフォッスBV138飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機/夜間戦闘機
ドイツ空軍(Luftwaffe)メッサーシュミット戦闘機
ドイツ空軍フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw-190戦闘機
ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥

2021年3月13日開設の鳥飼研究室へのご訪問ありがとうございます。データ引用の際は,出所を明記するか,リンクをしてください。
連絡先: torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 
東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Fax: 0463-50-2078
Flag Counter
Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 9000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.


Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2021/3/13 All Rights Reserved.