鳥飼行博研究室Torikai Lab Network
ダグラス(Douglas)DC-4/R5D輸送機 2020
Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内

◆ダグラス(Douglas) DC-4スカイマスター輸送機
写真(上):1949年、アメリカ、イリノイ州シカゴ・ミッドウェー飛行場、ノースウェスト航空(Northwest Airlines)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機(登録コード:NC95415)
:胴体後方左側にキャビンへの昇降口があるので、水平位置の胴体に昇降用ランプが掛けられている。
Chicago Midway Airport - Northwest Airlines - DC-4 (1949) (NC95415) Terrific color shot from the 40's. .
写真は Wikimedia Commons, Midway Airport (Pat B.) Catalog #: 00065804引用。



写真(上):1954年、アメリカ、イリノイ州シカゴ・ミッドウェー飛行場、ユナイテッド航空(United Air Lines)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機と後列のDC-6旅客輸送機、奥のマーチン404輸送機
:DC-4はプラット&ホイットニーR-2000空冷星形14気筒エンジン1300馬力4基装備で1942年2月初飛行、DC-6はプラット&ホイットニーR-2800ダブルワスプ空冷星形18気筒エンジン2200馬力4基装備で1946年2月初飛行、与圧キャビンを備えている。
Chicago Midway Airport - United Air Lines Gates Official Nickname: (c.1954) A DC-4 and a couple of DC-6's with an Eastern Martin 404 at the end. An old lady is walking west on the promenade...if we're being descriptive.
写真は Wikimedia Commons, Midway Airport (Pat B.) Catalog #: 00065804引用。



写真(上):1960年9月、アメリカ、イリノイ州、シカゴ・オハラ(Chicago O'Hare )国際空港、キャピタル航空(Capital Airlines )のダグラス(Douglas)C-54B 旅客輸送機(登録コードN88864 、製造番号3122)
:キャピタル航空(Capital Airlines )は、1936年11月, アメリカのペンシルバニア中央航空(Pennsylvania Central Airlines)として設立、1948年4月からキャピタル航空として運航している。中国の北京首都航空と全く別の会社である。
Photographer Jon Proctor Location Chicago O'Hare Int'l Airport - KORD, USA - Illinois Aircraft type Douglas DC-4 Operator Capital Airlines Registration N88864 Type Photograph Date 9 September 1960
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 File:Douglas C-54B Skymaster (DC-4), Millardair AN1307240.jpg引用。



写真(上):1990年5月、カナダ、オンタリオ州、ピクトン(Picton)飛行場、ミラーダー航空(Millardair)のダグラス(Douglas)C-54B 旅客輸送機(登録コードC-GQIA、製造番号10464/195)
:ミラーダー航空は、1963年, カナダ トロントで設立された民間航空で、1990年まで運航していた。
Photographer Alain Rioux Location Picton (CNT7), Canada - Ontario Aircraft type Douglas C-54B Skymaster (DC-4) Operator Millardair Registration C-GQIA Type Photograph Description English: One of several Millardair propliners stored at the small airport after the Toronto airline suspended operations. This aircraft was later stored in Toronto but its Canadian registration was cancelled in June 2006. Where did it go? Date 5 June 1990
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 File:Douglas C-54B Skymaster (DC-4), Millardair AN1307240.jpg引用。


1. ダグラス(Douglas)DC-4E 試作輸送機

1935年にアメリカのユナイテッド航空United Air Lines)から既存のダグラスDC-3双発輸送機を上回る、長距離大型旅客機の開発要請を受けたダグラス社は、アメリカン航空(American Airlines)、イースタン航空( Eastern Air Lines)などの航空運輸会社への売り込みも見込んで、ダグラス(Douglas)DC-4E四発旅客輸送機の設計を開始し、1938年6月7日に、試作1号機を初飛行させることに成功した。


写真(右)1938年3月26日、アメリカ、カリフォルニア州サンタモニカ、ダグラス(Douglas)社の飛行機製造工場、製造中のダグラスDC-4E旅客輸送機の胴体と主翼・尾部
;主翼後縁にある昇降舵は羽布張りなので、切り欠きが開いて、骨組みだけが装着されている。ただし、主翼付け根後縁にあるフラップは、金属製なのですでに取り付けが終わっている。右主翼付け根には、プラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney)R-2180ツインホーネット(Twin Hornet)空冷星形14気筒エンジン 1,450 hp (1,081 kW)2基がすでに搭載されている。この発動機は30基程度しか製造されなかった「失敗作」だったようだ。
Douglas DC-4 in hangar with wings installed, March 26, 1938, Santa Monica, Calif. Date 1938 Format 1 photographic print : b&w. Description Santa Monica Public Library Image Archives. I233 Digital object 5007 img0017 Museum of Flying Collection. Source Donated by the Museum of Flying. Subject Douglas Aircraft Company.; Aircraft industry--California--Santa Monica.; Airplanes--California--Santa Monica. .
写真はSanta Monica Image Archives・Douglas DC-4 in hangar with wings installed, March 26, 1938, Santa Monica, Calif. 用。



写真(右)1938年頃、アメリカ、カリフォルニア州サンタモニカ(Santa Monica )のクローバーフィールド飛行場(Clover Field)、ダグラス(Douglas)DC-4E旅客輸送機(登録コ―ド:r/n NX 18100)
;客室への昇降口は胴体左側面後部にある。大型の貨物輸送は想定していないので、貨物積み下ろし用の大型ドアは装備されていない。
...Douglas DC-4 with rear view of tail and right wing. Date [1938] Format 1 photographic print : b&w. Description Santa Monica Public Library Image Archives. I257 Digital object 5008 img0016 Museum of Flying Collection. Source Donated by the Museum of Flying. Subject Douglas Aircraft Company.; Airplanes--California--Santa Monica. .
写真はSanta Monica Image Archives・...Douglas DC-4 with rear view of tail and right wing引用。


ダグラスのDC3輸送機は、実用性が高く性能も良かったためにアメリカの航空会社が競って採用したベストセラーとなった。しかし、実はDC-3が実用化される前の1935年、ダグラス社は、DC-3より大型で長距離飛行が可能な四発旅客輸送機を開発し、大西洋、太平洋を越える民間航路も開拓しようとした。これが、DC-4E旅客輸送機で、乗客42名、航続距離3000km以上を目指した。


写真(右)1938年7月18日、アメリカ、カリフォルニア州サンタモニカ(Santa Monica )のクローバーフィールド飛行場(Clover Field)、飛行機格納内のダグラス(Douglas)DC-4E旅客輸送機(登録コ―ド:r/n NX 18100)
;客室への昇降口は胴体左側面後部にある。大型の貨物輸送は想定していないので、貨物積み下ろし用の大型ドアは装備されていない。
.Douglas DC-4 being towed out of the hangar, Clover Field, Santa Monica, Calif. on June 18, 1938. Date 1938 Format 1 photographic print : b&w. Description Santa Monica Public Library Image Archives. I241 Digital object 5007 img0025 Museum of Flying Collection. Source Donated by the Museum of Flying. Subject Douglas Aircraft Company.; Airplanes--California--Santa Monica. .
写真はSanta Monica Image Archives・Douglas DC-4 being towed out of the hangar, Clover Field, Santa Monica, Calif. on June 18, 1938. 引用。


ダグラス(Douglas)DC-4E旅客輸送機は、三枚の垂直尾翼が印象的だが、当時は機首前方の前輪(主輪)1個と左右主翼のエンジンナセルの主輪で地面に平行に機体を支える方式は珍しかった。当時のほとんどの飛行機は、主翼の左右主輪2個と尾部の尾輪1個の3点姿勢で、機首を持ち上げた姿勢で地表に待機していた。

DC-4E旅客輸送機 プロトタイプ(NX18100, s/n 1601)は、1938年6月7日、カリフォルニア州サンタモニカで初飛行した。そこで、ユナイテッド航空によるテストでは、乗客は最大52名が収容可能とされたが、総重量は29,484 kgと過大で、整備が困難であり、製造コストも高すぎるという評価だった。そのため、ダグラスDC-4Eは試作機1機の製造で開発は中止となり、新たなコンセプトのDC-4輸送機が開発されることになった。

⇒写真集Album:ダグラス(Douglas)DC-4E 試作輸送機 を見る。


2. 1942年2月、ダグラス(Douglas)DC-4輸送機が初飛行した。これは、DC-3双発輸送機を大型化し、エンジンを4基に増やし、前輪式を採用した斬新な設計の大型機である。しかし、すでに第二次世界大戦が勃発して2年半が経ち、1941年12月からは、太平洋戦争もはじまり、アメリカは日本、ドイツ、イタリアとも戦っていた。そこで、ダグラスDC-4輸送機は、アメリカ陸軍でC-54輸送機、アメリカ海軍でR5Dスカイマスター(Skymaster)輸送機として採用された。

写真(右)1942年春以降、アメリカ合衆国カリフォルニア州フレズノ郊外、ハンマー・フィールド空港(?)、アメリカ陸軍航空隊のダグラス(Douglas)C-54スカイマスター(Skymaster)輸送機(シリアルナンバー: 42-32936):青丸白星の中央に赤丸を付けたアメリカ軍の国籍マークは、1942年前半で、白星中央の赤丸を削除された。
SDASM Title:Douglas R5D-1 Skymaster Transport
Caption:BUNO 50865 warms up its engines at Hickam Field, Honolulu, Hawaii, circa 1944-45. Note ground power cart hooked to the plane's electrical system by the nose landing gear. The plane wears the insignia of the Naval Air Transport Service (NATS). A Martin JM target tug, painted yellow, speeds by in the background.
Description: Catalog #:80-G-K-15995
Copyright Owner:National Archives .
写真はNaval History and Heritage Command・80-G-K-15995 Douglas R5D-1 Skymaster Transport 引用。


ダグラス社カリフォルニア州州サンタモニカ飛行機工場(Douglas Aircraft Santa Monica)製造のアメリカ陸軍航空隊のダグラス(Douglas)C-54スカイマスター(Skymaster)輸送機(シリアルナンバー: 42-32936)の胴体側面ガラス窓は、小さく円形であり、これは折り畳み式ベンチを備えた貨物専用輸送型である。同じC-54スカイマスター(Skymaster)の人員輸送型では、大きなソファー式座席が並んでいる。

ダグラス(Douglas)R5D-5 スカイマスター(Skymaster)四発輸送機の性能Performance
最高速力: 280 mph (450 km/h, 240 kn) /14,000 ft (4,300 m)
巡航速力: 227 mph (365 km/h, 197 kn) 出力60% /10,000 ft (3,000 m)
最高巡航速力 246 mph (214 kn; 396 km/h) /20,800 ft (6,300 m)
航続距離 3,300 mi (5,300 km, 2,900 nmi)
本体空輸距離: 4,250 mi (6,840 km, 3,690 nmi)
翼面荷重: 50.1 lb/sq ft (245 kg/m2)
出力比Power/mass: 0.0787 hp/lb (0.1294 kW/kg)

⇒写真集Album:アメリカ陸軍ダグラス(Douglas)C-54スカイマスター輸送機を見る。

写真(右)1944年11月25日、アメリカ、マリアナ諸島グアム島、アメリカ海軍航空隊のダグラス(Douglas)R5D-1スカイマスター(Skymaster)輸送機:アメリカ本土とハワイを結ぶ定期便。青丸白星の中央に赤丸を付けたアメリカ軍の国籍マークは、1942年前半で、白星中央の赤丸を削除された。そして、1943年春からは、白袖を追加し「スターアンドストライプ」の国籍マークとなった。周囲は当初は赤で縁取りされていたが、目立ちすぎると判断され、すぐに青色で縁取りするように変更された。
Douglas R5D-1 Transport (Bu# 39180)
Caption:Takes off from a Guam airfield for an eastbound flight, 25 November 1944. Note R4D in background
Description: Catalog #:80-G-302439
Copyright Owner:National Archives
Original Creator: Original Date:Sat, Nov 25,1944.
写真はNaval History and Heritage Command・80-G-302439 Douglas R5D-1 Transport (Bu# 39180) 引用。


アメリカ軍機の国籍マーク(記章)の変遷
第二次世界大戦初・太平洋戦争初頭(1942年春まで):青丸白星、白星中央に赤丸
1942年春以降、青丸白星、白中央の赤丸は削除
1943年6月以降、青丸白星、両側に白色袖・赤縁付き”STAR AND BAR”
1943年9月以降、青丸白星、両側に白色袖・青縁付き”STAR AND BAR”
第二次世界大戦後、1947年6月以降、青丸白星、両側に白色袖・青縁・赤ストライプ入り”STAR AND BAR”

ダグラス(Douglas)R5D-5 スカイマスター(Skymaster)四発輸送機の発動機
プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney) R-2000-3ツインワスプ(Twin Wasp)空冷星形14気筒エンジン諸元
気筒直径ボアBore: 5.75 in (146 mm)
気筒行程Stroke: 5.5 in (140 mm)
排気量Displacement: 2,004 in3 (32.84 L)
エンジン全長Length: 61.02 in (1,550 mm)
エンジン直径Diameter: 49.49 in (1,257 mm)
乾燥重量Dry weight: 1,570 lb (710 kg)

⇒写真集Album:アメリカ海軍ダグラス(Douglas)R5Dスカイマスター輸送機を見る。


3. 1945年、第二次世界大戦が連合国の勝利のうちに終わったことで、軍用機ダグラス(Douglas)C-54 四発輸送機の多くは民間に払い下げられ、ダグラスDC-4四発輸送機として、世界中を飛び回った。スカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)は、1947年9月17日から、DC-4輸送機を使って、北欧と北米のニューヨークを結ぶ大西洋横断路線を開設している。

写真(右)1947年9月17日、スウェーデン、ストックホルム・ブロンマ空港(Stockholm-Bromma)、アメリカのニューヨーク行スカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Dan Viking"(登録コード:OY-DFI):北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの国旗をあしらったロゴをつけたランプを上って機内に向かっているのは、乗客ではなく搭乗員である。
Description Catering of SAS's DC-4, Dan Viking, before take off at Bromma International Airport, Stockholm, Sweden, for New York. Inaugural September 17 1946
Date 17 September 1946
Author SAS Scandinavian Airlines .
写真は Wikimedia Commons, Category:OY-DFI (aircraft)・File:Bromma DC-4 DC-3.jpg引用。


写真(右)1947年9月17日、アメリカ、ニューヨーク州ニューヨークのマンハッタン上空を飛行するジナビアスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Dan Viking"(登録コード:OY-DFI):胴体後方側面に、北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの国旗をあしらった大きなロゴをつけている。1946年9月17日に北欧からニューヨークへの初めての運航便が到着した。
Description DC-4. Ordered 1936 by five major US airlines: United, TWA, Panam, American and Eastern. First flight 1938 with with 4 x 1 200 HP Pratt & Whitney Twin Hornet engines. The Swedish International Airline "Svensk Interkontinental Lufttrafik AB" (SILA) ordered in 1945 ten new DC-4s. Date 1940s
Author SAS Scandinavian Airlines .
写真は Wikimedia Commons, Category:OY-DFI (aircraft)・File:DC-4 NewYork.jpg引用。


写真(右)1947年9月17日、アメリカ、アメリカニューヨーク州ニューヨーク市のラガーディアン飛行場(La Guardia Airport)に到着したスジナビアスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Dan Viking"(登録コード:OY-DFI)と乗客たち:ストックホルム、コペンハーゲン、スコットランドを経由して大西洋を横断、25時間でニューヨークに到着した。胴体後方側面に、北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの国旗をあしらった大きなロゴをつけている。1946年9月17日に北欧からニューヨークへの初めての運航便が到着した。
Description SAS DC-4, Inaugural of route Stockholm - New York, SAS DC-4 first flight across the Atlantic arrived at La Guardia Airport, New York, from left: Per Norlin and Carl Florman, 17th September 1946. 28 invited passengers flow the first flight over Atlantic ocean with DC-4 Dan Viking from Bromma Airport, Stockholm to La Guardia LGA, New York. Stop-over at Kastrup Airport, Copenhagen CPH, Prestwick PIK Airport in Scotland and Gander Airport at Newfounland Island. The first flight took 25 hours. Date 17 September 1946
Author SAS Scandinavian Airlines .
写真は Wikimedia Commons, Category:OY-DFI (aircraft)・File:Inaugural Stockholm - New York (8).jpg引用。


1946年9月17日、スジナビアスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Dan Viking"(登録コード:OY-DFI)は、ストックホルム・ブロンマ(Stockholm-Bromma)空港を夜に発って、デンマークのコペンハーゲン空港(CPH)、イギリス北部スコットランドのグラスゴー・プレストウィック(Prestwick)空港(PIK)を経由して大西洋を横断、25時間でニューヨークに到着した。


写真(上)1946年9月17日、アメリカニューヨーク州ニューヨーク市のラガーディアン飛行場(La Guardia Airport)、スウェーデンのストックホルム・ブロンマ空港(Stockholm-Bromma)からニューヨークに到着したスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Dan Viking"(登録コード:OY-DFI)
:胴体後方側面に、北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの国旗をあしらった大きなロゴをつけている。1946年9月17日に北欧からニューヨークへの初めての運航便が到着した。
Description SAS DC-4, Dan Viking, OY-DFI, the first SAS flight over NYC, New York Date 17 September 1946
Author SAS Scandinavian Airlines .
写真は Wikimedia Commons, Category:OY-DFI (aircraft)・File:SAS DC-4, Dan Viking, OY-DFI, the first SAS flight over NYC, New York (1).jpg引用。


写真(右)1947-1949年、スウェーデン、ストックホルム・ブロンマ空港(Stockholm-Bromma)、格納庫の前に駐機するスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Sigtrygg Viking"と手前のダグラスDC-3双発輸送機(登録コード:SE-BAA)
Description Svenska: Bromma flygplats: SAS-maskin "Sigtrygg Viking" (DC-4) samt en DC-3:a tillhörande Swedish Air Lines Date between 1947 and 1949
Source SAS/Swedish Air Lines Author ingen uppgift.
写真は Wikimedia Commons, Category:SE-BAA (aircraft)・File:Bromma DC-4 DC-3.jpg引用。


スカンジナビア航空(SAS:Scandinavian Airlines System)は、北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの航空運輸会社で、第二次大戦直後の1946年8月に設立された。2020年3月現在、エアバスA320neo(New Engine Option:ネオ)、ボーイング737 など飛行機157機を保有、運航している。

写真(右)1948-1954 年、スウェーデン、ストックホルム・ブロンマ空港(Stockholm-Bromma)を離陸するスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Svavar Viking"(登録コード:SE-BBE):離陸最中に、すでに首輪(前輪)は完全に機首に引き込まれているが、首輪の格納扉は開いたままの状態で、左右主翼付け根の主輪は、引き込まれている途中である。DC-3双発輸送機と同じく、エンジンナセルに主輪を引き揚げて格納する。
Description SAS DC-4, Svavar Viking SE-BBE in the air, in flight. Former namned Östan in ABA. 1948-1954 Date between 1948 and 1954
Author SAS Scandinavian Airlines .
写真は Wikimedia Commons, Category:SE-BAA (aircraft)・File:SAS DC-4, Svavar Viking SE-BBE in the air, in flight. Former namned Östan in ABA. 1948-1954 (2).jpg引用。


ダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機は、前輪式の引込み式降着装置を備えている。引込み方は、まず最初に、機首下面に出ていた首輪(前輪)を前方に引き上げて、完全に機首の格納庫に収納し、それから収納庫の扉を閉鎖する。次に、左右主翼付け根の主輪を前方に引揚げ、エンジンナセルに設けた格納庫に収納し、扉を閉鎖する。首輪の引込み方は、前作のDC-3双発輸送機と同じである。

写真(右)1948-1954 年、スウェーデン、ストックホルム・ブロンマ空港(Stockholm-Bromma)付近を飛行するスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Svavar Viking"(登録コード:SE-BBF):1946年8月に設立されたスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)は、北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの航空運輸会社で、第二次大戦直後の1946年8月に設立されたの共同会社である。
Description SAS DC-4, Svavar Viking SE-BBE in the air, in flight. Former namned Östan in ABA. 1948-1954 Date between 1948 and 1954
Author SAS Scandinavian Airlines .
写真は Wikimedia Commons, Category:SE-BAA (aircraft)・File:SAS DC-4, Svavar Viking SE-BBE in the air, in flight. Former namned Östan in ABA. 1948-1954 (2).jpg引用。


写真(右)1950年代、スウェーデン、ストックホルム・ブロンマ空港(Stockholm-Bromma)の運動場付近を飛行するスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Svavar Viking"(登録コード:SE-BBF):1946年8月に設立されたスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)は、北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの航空運輸会社で、第二次大戦直後の1946年8月に設立されたの共同会社である。
Description SAS DC-4 Sverker Viking SE-BBF in the air 1950s Date 1950s
Author SAS Scandinavian Airlines .
写真は Wikimedia Commons, Category:SE-BBF (aircraft)・File:SAS DC-4 Sverker Viking SE-BBF in the air 1950s (1).jpg引用。


写真(右)1950年代、スウェーデン、ストックホルム・ブロンマ空港(Stockholm-Bromma)付近の港湾上空を飛行するスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Svavar Viking"(登録コード:SE-BBF):1946年8月に設立されたスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)は、北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの航空運輸会社で、第二次大戦直後の1946年8月に設立されたの共同会社である。
Description SAS DC-4 Sverker Viking SE-BBF in the air 1950s Date 1950s
Author SAS Scandinavian Airlines .
写真は Wikimedia Commons, Category:SE-BBF (aircraft)・File:SAS DC-4 Sverker Viking SE-BBF in the air 1950s (2).jpg引用。


写真(右)1950年代、スウェーデン、ストックホルム(Stockholm)上空を飛行するスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Svavar Viking"(登録コード:SE-BBF):1946年8月に設立されたスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)は、北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの航空運輸会社で、第二次大戦直後の1946年8月に設立されたの共同会社である。
Description SAS DC-4 Sverker Viking SE-BBF in the air 1950s Date 1950s
Author SAS Scandinavian Airlines .
写真は Wikimedia Commons, Category:SE-BBF (aircraft)・File:SAS DC-4 Sverker Viking SE-BBF in the air 1950s (3).jpg引用。


写真(右)1950年代、スウェーデン、ストックホルム・ブロンマ空港(Stockholm-Bromma)、空港管制塔前に駐機して貨物の積み下ろしをしているスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Olav Viking"(登録コード:LN-IAE 、製造番号:cn/snr: 42994/55):1946年8月に設立されたスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)は、北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの航空運輸会社で、第二次大戦直後の1946年8月に設立されたの共同会社である。
Description SAS DC-4, Olav Viking LN-IAE at Bromma Airport, Stockholm, Sweden Date 1950s
Author SAS Scandinavian Airlines .
写真は Wikimedia Commons, Category:SE-BAA (aircraft)・File:SAS DC-4, Olav Viking LN-IAE at Bromma Airport, Stockholm, Sweden.jpg引用。


スウェーデン、ストックホルム・ブロンマ空港(Stockholm-Bromma)は、1936年5月に開業、当時のグスタフ5世(Gustav V)も式典に出席したが、これはヨーロッパで初めての全面舗装された滑走路を持つ飛行場だった。そして、第二次世界大戦中も、スウェーデンとイギリスの飛行機が、イギリスとの路線を運営していた。

写真(右)1953年、スウェーデンのボード―とノルウェーのオスロ間を運航したスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Dan Viking"(登録コード:OY-DFI)のコックピット:北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの共同運航で、この写真はノルウェー人写真家Leif Ørnelund (1914–1992)の撮影になる 。
Description Norsk bokmål: SAS, flytur Oslo - Bodø, flymaskin Dan Viking. Douglas DC-4 Dan Viking hadde dansk registrering OY-DFI og var i SAS-tjeneste i perioden 1946-56. Denne maskinen foretok SAS´ premiereflyvning til New York 17. september 1946.
Date 1953
Author Leif Ørnelund (1914–1992) .
写真は Wikimedia Commons, Category:OY-DFI (aircraft)・・File:Bromma DC-4 DC-3.jpg引用。


第二次大戦直後1946年8月に設立されたスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)は、北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの航空運輸会社で、社章は、北欧3国(デンマーク・ノルウェー・スウェーデン)の十字国旗をデザインしたものを採用した。

写真(右)1953年11月28日、スウェーデンのボード―とノルウェーのオスロ間を運航したスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Dan Viking"(登録コード:OY-DFI)のキャビンのビジネスマンたち:男性乗客は飛行機の中で新聞を読んでいるが、女性乗客はカーテンを半明けにして外を眺めている。 北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの共同運航で、この写真はノルウェー人写真家Leif Ørnelund (1914–1992)の撮影になる 。
Description English: Scandinavian Airlines System (SAS) Douglas DC-4 Dan Viking OY-DFI en route from Oslo Airport, Fornebu to Bodø Airport Date 28 November 1953 .
Source Oslo Museum: image no. OB.Ø53/2270
Author Leif Ørnelund (1914–1992) .
写真は Wikimedia Commons, Category:OY-DFI (aircraft)・・File:SAS DC-4 cabin.jpg引用。


スカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Dan Viking"は、ノルウェーのオスロとスウェーデンのボード―を結ぶ路線に、1947年から就航した。当時、空路を利用したのは、ごく一部の富裕層か高級政治家・軍幹部程度であったろう。2010年現在からみて、70年も前のことだが、キャビンの様子は、現代と連続性が感じられる。座席上方には手荷物を入れる棚があるが、閉鎖する構造に放っておらず、開放したままである。しかし、少し工夫すれば、手荷物棚を閉鎖するのは簡単だとわかる。窓ガラス、座席の形状など60年たっても僅かな進歩しかないようだ。

写真(右)1953年11月28日、スウェーデンのボード―とノルウェーのオスロ間を運航したスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Dan Viking"(登録コード:OY-DFI)のキャビンで女性客にお菓子のサービスをするスチュワーデス: 北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの共同運航で、この写真はノルウェー人写真家Leif Ørnelund (1914–1992)の撮影になる 。
Description English: Scandinavian Airlines System (SAS) Douglas DC-4 Dan Viking OY-DFI en route from Oslo Airport, Fornebu to Bodø Airport
Date 28 November 1953 Source Oslo Museum: image no. OB.Ø53/2270o
Author Leif Ørnelund (1914–1992) .
写真は Wikimedia Commons, Category:OY-DFI (aircraft)・File:SAS DC-4 cabin service.jpg引用。


ジェンダー平等がいち早く促進された北欧スカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)であっても、乗客への給仕・お菓子のサービスなどはスチュワーデスが担当していた。1970年代までは、搭乗客の多くは男性であり、客室乗務員は若い美しい女性が笑顔でスチュワーデスとして奉仕をするのが慣例だった。

写真(右)1953年11月28日、スウェーデンのボード―とノルウェーのオスロ間を運航したスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Dan Viking"(登録コード:OY-DFI)のキャビンの給仕サービスをするスチュワーデス: 北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの共同運航で、この写真はノルウェー人写真家Leif Ørnelund (1914–1992)の撮影になる 。
Description Norsk bokmål: SAS, flytur Oslo - Bodø, flymaskin Dan Viking, propellfly, interiør, flyvertinner, forberedelse til servering. Douglas DC-4 Dan Viking hadde dansk registrering OY-DFI og var i SAS-tjeneste i perioden 1946-56. Denne maskinen foretok SAS´ premiereflyvning til New York 17. september 1946.
Date 1953 Source Oslo Museum: image no. OB.Ø53/2270o
Author Leif Ørnelund (1914–1992) .
写真は Wikimedia Commons, Category:OY-DFI (aircraft)・File:Flytur med SAS, Oslo - Bodø OB.Ø53 2270i.jpg引用。


20世紀の日本では、男女の仕事は差別されており、看護師ではなく看護婦、清掃員ではなく清掃婦、受付係ではなく受付嬢、医師ではなく女医、社長ではなく女社長、運転士ではなく女性運転手と呼称しており、ほとんどの職場でジェンダー不平等が当たり前だったためである。

写真(右)1953年11月28日、スウェーデンのボード―とノルウェーのオスロ間を運航したスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Dan Viking"(登録コード:OY-DFI)のキャビンでコーヒーを入れるスチュワーデス:棚には上に洋酒、下に牛乳瓶がセットされている。金属製コーヒーポットは、保温式ではなく、蓋もついていないが、20-40名の乗客にはそれで十分だったのであろう。コーヒーカップは、陶磁器製であろうか。 北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの共同運航便で、この写真はノルウェー人写真家Leif Ørnelund (1914–1992)の撮影になる 。
Description English: Scandinavian Airlines System (SAS) Douglas DC-4 Dan Viking OY-DFI en route from Oslo Airport, Fornebu to Bodø Airport
Date 28 November 1953 Source Oslo Museum: image no. OB.Ø53/2270h (Byhistorisk samling), via oslobilder.no.
Author Leif Ørnelund (1914–1992) .
写真は Wikimedia Commons, Category:OY-DFI (aircraft)・File:SAS DC-4 cabin coffee.jpg引用。


写真(右)1953年11月28日、ノルウェー、オスロ飛行場、スウェーデンのボード―行きのスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Dan Viking"(登録コード:OY-DFI)コックピットの機長:複式操縦装置があるが、左席が正操縦士、右席が副操縦士で、正操縦士が機長となるのが一般的である。北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの共同運航便で、この写真はノルウェー人写真家Leif Ørnelund (1914–1992)の撮影になる。
Description English: Scandinavian Airlines System (SAS) Douglas DC-4 Dan Viking OY-DFI en route from Oslo Airport, Fornebu to Bodø Airport
Date 28 November 1953.
Source Oslo Museum: image no. OB.Ø53/2270k (Byhistorisk samling), via oslobilder.no.
Author Leif Ørnelund (1914–1992)
写真は Wikimedia Commons, Category:OY-DFI (aircraft)・File:SAS DC-4 Dan Viking captain.jpg引用。


写真(右)1953年11月28日、ノルウェー、オスロ飛行場、スウェーデンのボード―行きのスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Dan Viking"(登録コード:OY-DFI):機首には機体の固有名称"Dan Viking"と大きく記されている。ブルーのラインで塗装されている。手前のローリーは、電源を補充する充電車である。人影は見えない。北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの共同運航便で、この写真はノルウェー人写真家Leif Ørnelund (1914–1992)の撮影になる。
Description SAS plane Dan Viking (Douglas DC-4, OY-DFI) at Oslo Airport, Fornebu
Date 28 November 1953.
Source Oslo Museum: image no. OB.Ø53/2270d (Byhistorisk samling), via oslobilder.no.
Author Leif Ørnelund (1914–1992)
写真は Wikimedia Commons, Category:OY-DFI (aircraft)・File:SAS Dan Viking Fornebu OB.Ø53 2270d.jpg引用。


写真(右)1953年、ノルウェー、オスロ飛行場、スウェーデンのボード―行きのスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Dan Viking"(登録コード:OY-DFI)の機首の貨物室に航空便行李を積み込む地上勤務員:機首には機体の固有名称"Dan Viking"とは記入している。ラインの塗装は、ブルーである。手前のランプは階段とスロープがついている。スロープは荷物を滑り落すのに使用する。北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの共同運航便で、この写真はノルウェー人写真家Leif Ørnelund (1914–1992)の撮影になる。
Description Norsk bokmål: Douglas DC-4 Dan Viking hadde dansk registrering OY-DFI og var i SAS-tjeneste i perioden 1946-56. Denne maskinen foretok SAS´ premiereflyvning til New York 17. september 1946
Date 1953.
Source Oslo Museum: image no. OB.Ø53/2270d (Byhistorisk samling), via oslobilder.no.
Author Leif Ørnelund (1914–1992)
写真は Wikimedia Commons, Category:OY-DFI (aircraft)・File:Flytur med SAS, Oslo - Bodø OB.Ø53 2270s.jpg引用。


写真(右)1953年11月28日、ノルウェー、オスロ飛行場、スウェーデンのボード―行きのスカンジナビア航空(Scandinavian Airlines System:SAS)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機"Dan Viking"(登録コード:OY-DFI):胴体左後方にある乗客搭乗口に移動式ランプが立てかけられているが、人影は見えない。北欧3国のデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの共同運航便で、この写真はノルウェー人写真家Leif Ørnelund (1914–1992)の撮影になる。
Description English: Scandinavian Airlines System (SAS) Douglas DC-4 Dan Viking OY-DFI at Oslo Airport, Fornebu awaiting departure for Bodø
Date 28 November 1953.
Source Oslo Museum: image no. OB.Ø53/2270e
Author Leif Ørnelund (1914–1992)
写真は Wikimedia Commons, Category:OY-DFI (aircraft)・・File:SAS DC-4 cabin.jpg引用。



4. 第二次世界大戦の戦勝国アメリカでは、戦後、軍用機ダグラス(Douglas)C-54 四発輸送機を民間に払い下げ、多数の航空会社がダグラスDC-4四発輸送機によって、アメリカ国内外に航空輸送網を拡張している。


写真(上)1947年、スウェーデン、ストックホルム・ブロンマ空港(Stockholm-Bromma)、アメリカ海外航空(American Overseas Airlines)のダグラス(Douglas)DC-4-1009旅客輸送機(登録コード:NC90905)
:1945年アメリカのダグラス社で製造された機体を民間航空で利用した。後方には、ダグラスDC-3双発輸送機(登録コード:SE-BBO)など2機が駐機している。
Description Aircraft at Bromma Airport near Stockholm City. The aircraft in the foreground is a Douglas DC-4, the two in the background are Douglas DC-3's. Flygplan på Bromma flygplats nära Stockholms innerstad. Flygplanet i förgrunden är en Douglas DC-4, de i bakgrunden är båda Douglas DC-3. Parish (socken): Bromma Province (landskap): Uppland Municipality (kommun): Stockholm County (län): Stockholm Photograph by: Fredrik Bruno Date: 1947 Format: Colour slide Date 1947 Source Stockholm, Bromma, Uppland, Sweden Author Swedish National Heritage Board
写真はWikimedia Commons, Category:NC90905 (aircraft) File:Stockholm, Bromma, Uppland, Sweden (6925253605).jpg引用。


写真(右)1948年4月、オランダ、アムステルダム・スキポール空港(Schiphol)、作業用カバーをかけてエンジン整備をしているアメリカ海外航空(American Overseas Airlines)のダグラス(Douglas)DC-4-1009旅客輸送機(登録コード:NC90915):北欧の4月は寒く、風も強いのか、整備員を収納できるほど大きなエンジンカバーをかけて装備したプラット&ホイットニー(Pratt & Whitney) R-2000-3ツインワスプ(Twin Wasp)空冷星形14気筒エンジンを整備している。上空には降下中のDC-4輸送機が見える。
Description Douglas DC-4 toestel met onderhoudstenten om de motoren, Schiphol, april 1948
Foto Ben van Meerendonk / AHF, collectie IISG, Amsterdam
Date April 1948 Author IISG .
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of American Airlines・File:04-00-1948 04422 Onderhoud op Schiphol (12811858793).jpg引用。


写真(右)1947年、アメリカ、飛行するアメリカ航空(American Airlines)のダグラス(Douglas)C-54A スカイマスター(Skymaster)輸送機(登録コード:NC90435、製造番号 10409):1943年、アメリカ陸軍航空隊向けに製造されたC-54B輸送機で1945年にアメリカン航空に譲渡された。その後、1973年には、コロンビアのアビアテカ航空に移転された。胴体にはアメリカン航空のロゴが描かれている。
English: Catalog #: 01_00091391 Title: Douglas, C-54B, Skymaster Corporation Name: Douglas Aircraft Designation: C-54B Official Nickname: Skymaster Tags: Douglas, C-54B, Skymaster Additional Information: USA, Originally built in 1943 for USAAF as 43-17192. To American Airlines in 1945. Eventually written off in Columbia in 1973 flying for Avianca. Repository: San Diego Air and Space Museum Archive Date 10 June 2014, 20:19:55 Author SDASM .
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of American Airlines・File:Douglas C-54B.jpg引用。


1942年初飛行のダグラス(Douglas)C-54スカイマスター(Skymaster)輸送機は、プラット&ホイットニー R2000ツインワスプ空冷星形14気筒4基、最高時速44kmの大型高速輸送機だったが、運航の経済効率や機体の保守・維持は、前型で1936年初飛行のDC-3双発輸送機のほうが優れていた。生産機数は、ダグラスDC-3輸送機、その軍用仕様C-47スカイトレイン(Skytrain)輸送機が1万機も大量生産されたのに対して、ダグラスDC-4輸送機、その軍用仕様C-54輸送機は、カリフオルニア州サンタモニカのダグラス飛行機工場(Douglas Aircraft Company, Inc. Santa Monica)で1200機、すなわちDC-3の8分の1しか生産されなかった。しかし、第二次世界大戦終了後、軍用仕様C-54輸送機は、民間航空に払い下げられ、民間仕様に変換され世界の空路を開拓した。

写真(右)1947年、アメリカ、イリノイ州シカゴ・ミッドウェー空港、アメリカ航空(American Airlines)のダグラス(Douglas) C-54A スカイマスター(Skymaster)輸送機(登録コード:NC90435、製造番号10409)
Photographer Jon Proctor
Location Chicago Midway Airport - KMDW, USA - Illinois
Aircraft type Douglas C-54A Skymaster
Operator American Airlines
Registration NC90435 Type Photograph
Date 1947 Construction number 10409 .
写真は Wikimedia Commons, Category:D-ACAB (aircraft)・File:Douglas C-54A Skymaster, American Airlines JP7356670.jpg引用。


第二次大戦後、民間航空輸送会社は、アメリカ陸軍のC-54軍用大型輸送機を譲り受けて商業路線に使用した。C-54輸送機は、、乗大型貨物も搭載できるように、胴体左後方の貨物出し入れよう扉は、左右に開く観音開きで、大きく広げることが可能である。これは、大型貨物の輸送の便のためである。

写真(右)1942年以降、アメリカ、ダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機の乗客席;ゆったりとしたソファー、、モダンなひじ掛け、天井に機内照明、手荷物棚にはピロー(枕)・機内毛布が束ねられている。現代の旅客機の客室の原型といえる。
Douglas : DC-4 Catalog #: 00065739
Manufacturer: Douglas Designation: DC-4.
写真はSDASM Archives・Catalog #: 00065739引用。


ダグラスDC-4は、長大なキャビン、前輪(首輪)式降着装置、マニホールド式静圧客室、燃焼式暖房装置付き客室など長時間の飛行にも疲れを軽減する設備も取り入れられていた。安全性とプラット&ホイットニーR2000エンジンの高い信頼性によって、陸上機による大洋横断飛行を定着させ、また大量輸送の管制方式を定着させることに大きく貢献した。

写真(右)1955年、アメリカ、イリノイ州シカゴ・ミッドウェー飛行場、ノースウェスト航空(Northwest Airlines)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機:操縦席前方、主翼・尾翼の前縁の身を塗装し、その他の胴体・主翼は無塗装なために銀色に輝いている。塗料による空気摩擦抵抗が7%から12%も減少するので、飛行性能が向上する。ただし、金属腐食や損傷を受けやすくなるので、保守管理は慎重に実施する必要がある。
Midway Airport (Pat B.)
Chicago Midway Airport - American Airlines - DC-4 (1948)
写真はSmugMug+Flickr, Midway Airport (Pat B.) 引用。


写真(右)1940年代末から1950年代、アメリカ、飛行するイースタン航空(Eastern Air Lines:EAL)のダグラス(Douglas) C-54スカイマスター(Skymaster)輸送機(登録コード:N88818、製造番号18353):1944年製造の機体。胴体にはアメリカン航空のロゴが描かれている。
Description English: EAL DC-4 (C-54)
Date 15 February 2009, 11:13:46
Author San Diego Air and Space Museum Archive .
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of Eastern Air Lines・File:Douglas C-54 Eastern Air Lines (4590434096).jpg引用。


1947年5月30日、イースタン航空(Eastern Air Lines:EAL)ダグラス(Douglas)C-54スカイマスター(Skymaster)輸送機は、国内線605便として、ニュージャージー州ニューアーク空港(Newark Liberty International Airport)を飛び立ち、フロリダ州マイアミ空港に向かった。しかし、途上で原因不明の故障で制御不能になり、メリーランド州ベインブリッジ(Bainbridge)に墜落した。これは、C-54輸送機の搭乗員4名と同乗していた乗客49名の全員53名が死亡する大惨事となった。


写真(上)1959年、アメリカ、イリノイ州シカゴ・ミッドウェー飛行場、イースタン航空(Eastern Air Lines:EAL)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機(登録コード:N8890、製造番号:242-7344)
:石納子もイースタン航空専用のもので倉庫の名称が大きく書かれている。1944年にアメリカ陸軍C-54B-1-DC軍用輸送機(登録コード:42-72344)として製造され、、初めはアメリカン航空、次にTWAに商業用航空として就航した。1968年にナイジェリアで墜落喪失した。
Midway Airport (Pat B.)
Chicago Midway Airport - TWA - DC-4
Chicago Midway Airport - Eastern DC-4 - May 1958
Eastern Airlines (N88902) 42-7344
citab115123 2y DC4 Eastern Airlines freighter. CN#10449 was built as C-54B-1-DC for the USAF as 42-72344 in 1944. Aircraft served with PAA as Clipper Black Warrior N88902. Eastern Airlines received the aircraft during 1950 serving as a passenger aircraft. It was eventually was converted to a freighter and finally leaving airline service with EAL in 1960.写真はSmugMug+Flickr, Midway Airport (Pat B.) 引用。


写真(右)1950年代(?)、アメリカ、フライング・タイガー・ライン航空(Flying Tiger Lines)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コードN88818、製造番号18353):滑走路上に駐車している荷物運搬車にもデルタ航空のロゴが入っている。デルタ航空は、1929年にルイジアナ州モンロー、デルタ・エア・サービスとして設立、1941年にアトランタ市に本社を移転しデルタ航空と名称変更。
Douglas : DC-4 Manufacturer: Douglas Designation: DC-4
写真はSDASM Archives・Catalog #: 00065772引用。


第二次世界大戦中に中国で日本軍と戦ったアメリカ軍部隊「フライング・タイガーズ」(Flying Tiger)の搭乗員が、第二次大戦後に「フライング・タイガー・ライン」(Flying Tiger Lines)を設立した。1950年代以降で、アメリカ軍から払い下げを受けたダグラス(Douglas)
写真(上)1959年、アメリカ合衆国イリノイ州、シカゴ・ミッドウェー飛行場、ジェネラル航空(General Airways)所属のダグラス(Douglas) DC-4旅客輸送機
:不定期便でオレゴン州ポートランド市ポートランド空港行き。
Midway Airport (Pat B.)
Chicago Midway Airport - General Airways - DC-4 (1959) General Airways DC-4, a Portland, OR. Non-Sked.
写真はSmugMug+Flickr, Midway Airport (Pat B.)引用。
ジェネラル航空(General Airways)は、当時、アメリカの独立系の航空運輸会社でアメリカ国防総省のチャーター便を主にしており、不定期便のみの運航だった。

2010年現在、南アフリカにあるジェネラル航空(General Airways)は、南アフリカ、ヴォンデールボアム空港を中心とした、単発プロペラ機セスナ(Cessna Grand Caravan (C208B))、双発プロペラ機キング・エアーC90(King Air C90,)によるチャーター便の運航をしている。

写真(右)1947年11月30日、アメリカ、イリノイ州シカゴ・ミッドウェー(Chicago Midway)空港、デルタ航空(Delta Air Lines)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コードN88818、製造番号18353):滑走路上に駐車している荷物運搬車にもデルタ航空のロゴが入っている。デルタ航空は、1929年にルイジアナ州モンロー、デルタ・エア・サービスとして設立、1941年にアトランタ市に本社を移転しデルタ航空と名称変更。
Photographer Bill Proctor
Location Chicago Midway Airport - KMDW, USA - Illinois Aircraft type Douglas DC-4
Operator Delta Air Lines Registration N88818 Type Photograph.
Date 30 November 1947 Construction number 18353.
写真はSDASM Archives・Catalog #: 00065732引用。


写真(右)1950年代(?)飛行するデルタ航空(Delta Air Lines)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機:デルタ航空(Delta Air Lines)は、現存するアメリカの民間航空会社では最古の歴史を持つ企業で、2018年現在、デルタ航空は700機の飛行機を保有する世界有数の航空会社である。
SDASM Archives Douglas : DC-4 Manufacturer: Douglas Designation: DC-4 Official Nickname: .
写真は, SDASM Archives・Catalog #: 00065732引用。


ダグラス(Douglas)R5D スカイマスター(Skymaster)輸送機の第二の特徴は、降着装置が主輪式なことである。それまでの輸送機は、左右主翼のエンジンカウリングに設けた主輪2個と胴体尾部の下方に設けた尾輪によって、地上では3点姿勢で離着陸・待機していたのに対して、胴体前下方に機首に首輪を設けて、左右主翼のエンジン・カウリングに設けた主輪2個と合わせて、離着陸・待機するように変更になったkとである。首輪を設けたことで、待機中も機体は水平になり、貨物や旅客の移動や積み込みは容易になった。ただし、重量は若干増加し、離着陸に必要な滑走距離も長くなったが、これは飛行場整備によって対処できることだった。


写真(上)1954年、アメリカ合衆国イリノイ州、シカゴ・ミッドウェー飛行場、ノースウェスト航空(Northwest Airlines)のダグラス(Douglas)DC-4-1009旅客輸送機(登録コード:N6402)
:アメリカ陸軍のC-54軍用輸送機を譲り受けて民間航空で利用した。
Chicago Midway Airport - Northwest Airlines - DC-4
(c.1955) (N6402) Maybe somebody with an old schedule can check Flight 421.
Ricky Turner 3y NWA 421 Departed Midway daily at 4:30pm for Minneapolis, and three days a week continued on to Edmonton
east17th 2y Alan, the much-improved DC-6 and on had square windows. In a rather pathetic effort to look modern [or fool the customers], several DC-4 operators, like Capital, painted squares around each window..
The DC-4 was noisy and slow [230 mph cruise]. Worst of all it was unpressurized, so it couldn't go much higher than 10,000 ft with passengers on board [watch "The High and the Mighty". Made in 1954]
写真はSmugMug+Flickr, Chicago Midway Airport - Northwest Airlines - DC-4引用。


写真(右)1959年、アメリカ、イリノイ州シカゴ・ミッドウェー飛行場、ノースウェスト航空(Northwest Airlines)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機(登録コード:N67067)):アメリカ海軍のR5D-1軍用輸送機を譲り受けて民間航空で利用。
Midway Airport (Pat B.)
Chicago Midway Airport - Northwest Airlines - DC-4 (C-54A)
(1959) (N67067) Ex-Navy R5D-1
写真はSmugMug+Flickr, Midway Airport (Pat B.) 引用。


写真(右)1955年、アメリカ、イリノイ州シカゴ・ミッドウェー飛行場、ノースウェスト航空(Northwest Airlines)のダグラス(Douglas)DC-4-1009旅客輸送機(登録コード:N350E):この機体は1958年までノースウェスト航空で使用され、その後南アメリカに売却され、1970年代末にスクラップにされた。 アメリカ陸軍のC-54軍用輸送機を譲り受けて民間航空で利用したために、乗客の利用している昇降口は、写真では片側しか開放していないが、実際は左右に開く観音開きで、右側の閉じている扉も大きく広げることが可能である。これは、大型貨物の輸送の便のためである。
Midway Airport (Pat B.)
Chicago Midway Airport - Northwest Airlines - DC-4 (C-54B)
(1954) (N350E) Flew for NWA until 1958, ended up in South America, scrapped in the late 70's.
写真はSmugMug+Flickr, Midway Airport (Pat B.) 引用。


写真(右)1956年、アメリカ、イリノイ州シカゴ・ミッドウェー飛行場、ノースウェスト航空(Northwest Airlines)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機:胴体左後方のキャビン昇降口にラタッル(ランプ)をかけて乗客が乗り降りするのは、1960年代まで続いた。その後、空港乗客ターミナルが整備され、飛行機の高さに合わせて容易に移動できるようになった。着陸してきたばかりで、フラップが大きく下がっているが、操縦士がフラップをもとの位置に戻すのを忘れたのであろう。手前の"16"は、乗客移動用のシャトルバスのようだ。遠方には、ロッキード・コンステレーション旅客輸送機が3機並んでいる。
Midway Airport (Pat B.)
Chicago Midway Airport - Northwest Airlines - DC-4
(c.1956) Ramp scene 60 years ago.
写真はSmugMug+Flickr, Midway Airport (Pat B.) 引用。


写真(右)1959年、アメリカ、イリノイ州シカゴ・ミッドウェー飛行場、ノースウェスト航空(Northwest Airlines)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機(登録コード:N95408)):第二次世界大戦中、アメリカ陸軍 C54B輸送機として製造された、大戦後の1946年から1961年まで15年間もノースウェスト航空で就航していた。胴体左後方のキャビン昇降口にラタッル(ランプ)をかけて乗客が乗り降りするのは、1960年代まで続いた。その後、空港乗客ターミナルが整備され、飛行機の高さに合わせて容易に移動できるようになった。着陸してきたばかりで、フラップが大きく下がっているが、操縦士がフラップをもとの位置に戻すのを忘れたのであろう。右には、ダグラスDC-3双発輸送機が1機が待機している。
Midway Airport (Pat B.)
Chicago Midway Airport - Northwest Airlines - DC-4
(c.1959) (N95408) WW2 C54B, with NWA from 46-61. Northwest hung on to their slow, smelly, unpressurized DC-4's longer than the other major airlines..
写真はSmugMug+Flickr, Midway Airport (Pat B.) 引用。


写真(右)1959年、アメリカ、イリノイ州シカゴ・ミッドウェー飛行場、ノースウェスト航空(Northwest Airlines)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機の正面:4基あるプラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)R-2000ツインワスプ(Twin Wasp)1,100 hp (820 kW) 空冷星形14気筒エンジンで3翅の恒速回転プロペラが駆動している。後方にヘリコプター1機が駐機している。
Midway Airport (Pat B.)
Chicago Midway Airport - Northwest Airlines - DC-4
(c.1959) Now arriving. Northwest ran these birds until the 60's. CHA helicopter in the background
east17th 2y 230 mph, unpressurized, unending noise and vibration, bouncing from one cloud to the next below 10,000 ft, Yep them sure was the good old days. NOT How could Northwest compete flying these obsolete clunkers vs Convairs, Constellations, and DC-6's. Then Viscounts and Electras.
写真はSmugMug+Flickr, Midway Airport (Pat B.) 引用。


ダグラスDC-4/R5D/C-54輸送機は、サンタモニカ工場、シカゴ工場の2カ所で、1942年26機、1943年72年、1944年356機、1945年708機、1946年1機の合計1,163機が生産された。

写真(右)1955年、アメリカ、シカゴ・ミッドウェー飛行場、ノースウェスト航空(Northwest Airlines)のダグラス(Douglas)DC-4-1009旅客輸送機(登録コード:N6402):アメリカ陸軍のC-54軍用輸送機を譲り受けて民間航空で利用したために、乗客の利用している昇降口は、写真では片側しか開放していないが、実際は左右に開く観音開きで、秘儀側の閉じている扉も大きく広げることが可能である。これは、大型貨物の輸送の便のためである。
Chicago Midway Airport - Northwest Airlines - DC-4
(1955) The Northwest workhorse arrives..
Ricky Turner 3y NWA 421 Departed Midway daily at 4:30pm for Minneapolis, and three days a week continued on to Edmonton
dave-kilo 3y Where did it (or its makeup) arrive from? DTW? CLE? // This DC-4-1009 later went on to Aer Turas with a cargo door installed. It was registered EI-APK and flew as such until at least 1968. It also flew as ZS-CIH with Trek Airways. It was finally scrapped at Malta in 1985.
Like all ex-C-54's this airplane already has a cargo door: the front-hinged portion was the passenger entry door; the sealed-shut aft portion can be seen in the photo. NW kept their slow noisy unpressurized DC-4's until late in the 1950's. United, American and TWA had sold off theirs early in the decade. DC-6B's gradually replaced NW's DC-4's on domestic routes starting in 1953.
写真はSmugMug+Flickr, Chicago Midway Airport - Northwest Airlines - DC-4 引用。


写真(右)1952年、アメリカ、ユナイテッド航空のダグラス(Douglas) DC-4旅客輸送機(登録コード:N30041)
Description Douglas DC-4 N30041
Date 1952 Source Douglas DC-4 N30041 Author Bill Larkins
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of United Airlines File:Douglas DC-4 N30041 (4604757635).jpg引用。


1938年6月7日、カリフォルニア州サンタモニカで初飛行したダグラス(Douglas)DC-4E旅客輸送機プロトタイプ(NX18100, s/n 1601)は、水平尾翼に3枚の垂直尾翼のある構造で、乗客42名分の座席のある大型四発輸送機である。この試作機は、重量過大で構造的にも失敗だったが、この失敗を踏まえて新たに量産性に配慮して設計したのが、ダグラスC-54/R5D スカイマスター(Skymaster)輸送機である。1942-1946年に1050機が生産された。

写真(右)1952年頃(?)、アメリカ、ニューヨーク中心街を飛翔するユナイテッド航空のダグラス(Douglas) DC-4旅客輸送機:登録コード NC-50100
SDASM Archives
Douglas : DC-4
Catalog #: 00065769
Manufacturer: Douglas Designation: DC-4
写真は, San Diego Air and Space Museum Archive・Catalog #: 00065769引用。


ユナイテッド航空は、1929年ユナイテッド・エアクラフト・トランスポートとして設立され,飛行機製造と航空輸送の両事業を開始した。1930年世界で初めて女性の客室乗務員を採用した。2010年、コンチネンタル航空と合併した。

写真(右)1952年頃(?)、アメリカ、飛翔するユナイテッド航空のダグラス(Douglas) DC-4旅客輸送機
SDASM Archives
Douglas : DC-4
Catalog #: 00065769
Manufacturer: Douglas Designation: DC-4
写真は, San Diego Air and Space Museum Archive・Catalog #: 00065770引用。


コンチネンタル航空の前身は、1934年7月15日に単発エンジンの機体でテキサス州エルパソからコロラド州プエブロまでの運航を開始したバーニー・スピード・ラインで、1937年にコンチネンタル航空へと社名を変更した。1953年12月、パイオニア航空と合併し、テキサス州とニューメキシコ州の16都市へ新規就航し、路線を拡張している。 最初のジェット機(ボーイング707-120型機)による運航は、1959年6月8日である。 1960年代は、ベトナム戦争のため、アジアとの兵員輸送が盛んになったが、アメリカ本土とハワイ間の運航を開始は、1969年9月9日である。1970年6月26日 ボーイング747ジャンボを初めて導入し、977年、カーター政権下、ロサンゼルス〜ニュージーランド、オーストラリア路線を開拓した。1982年10月に本社をテキサス州ヒューストンに移転している。2004年7月で、創立70周年を迎えます。

写真(右)1946年から1954年頃、アメリカ(?)、着陸態勢に入ったユナイテッド航空(United Airlines)所属のダグラス(Douglas) DC-4旅客輸送機(登録コード:NC30047):フラップを大きく下げて、前輪式の降着装置を完全に引き出して着陸しようとしている。
Description DC-4 UnitedLandingSide
Date 11 September 2006, 14:55
Source DC-4UnitedLandingSide
Author Bill Larkin
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of United Airlines・File:DC-4UnitedLandingSide (4412489390).jpg引用。


写真(右)1946年から1954年頃、アメリカ合衆国イリノイ州、シカゴ・ミッドウェー飛行場、ユナイテッド航空(United Airlines)所属のダグラス(Douglas) DC-4旅客輸送機(登録コード:NC30047):1946年にアメリカ陸軍C-54軍用輸送機の払い下げを受けて、民間航空で利用。その後、1954年にカナダに売却されたが、1957年に墜落し79名の死者を出した。
Midway Airport (Pat B.)
Chicago Municipal Airport - United Airlines DC-4
(1946) (NC30047) C-54B
写真はSmugMug+Flickr, Midway Airport (Pat B.)・File:DC-4UnitedLandingSide (4412489390).jpg引用。


アメリカのユナイテッド航空は、ボーイング創始者ウィリアム・ボーイングが設立したボーイング航空輸送が母体の民間航空だったが、1934年反トラスト法の適用を受けて、企業分割され、飛行機製造はボーイング、エンジン製造はユナイテッド・テクノロジーズ、運航はユナイテッド航空へと三分割された。それでも、デルタ航空、イースタン航空と並ぶアメリカ最大手航空会社の一つとして君臨し、1998年ノースウエスト航空と資本提携した。

写真(右)1946年から1954年頃、アメリカ合衆国イリノイ州、シカゴ・ミッドウェー飛行場、ユナイテッド航空(United Airlines)所属のダグラス(Douglas) DC-4旅客輸送機(登録コード:NC30047):1946年にアメリカ陸軍C-54軍用輸送機の払い下げを受けて、民間航空で利用。その後、1954年にカナダに売却されたが、1957年に墜落し79名の死者を出した。
Midway Airport (Pat B.)
Chicago Municipal Airport - United Airlines DC-4
(1946) (NC30047) C-54B
Chicago Municipal Airport - United Air Lines - DC-4
(1949) (NC30047) Wartime C-54B , United sold it off in 1954. Ended up in Canada and crashed in 1957 with 79 dead.
写真はSmugMug+Flickr, Midway Airport (Pat B.)引用。


ユナイテッド航空は、同時多発テロもあって、2002年12月に経営破綻した。再建後、2008年にデルタ航空と合併したコンチネンタル航空と2010年10月に合併し、新たなユナイテッド航空が誕生した。

写真(右)1950年、アメリカ、イリノイ州シカゴ・ミッドウェー飛行場、トランス・ワールド航空 (Trans World Airlines:TWA) のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機:まだTWAの格納庫は建設されていないが、TWAの事務所は右側にできている。
Midway Airport (Pat B.)
Chicago Midway Airport - TWA - DC-4
(1950) The TWA hangars were not built yet, but, you can see the TWA commissary building on the right. It was removed prior to the building of the hangars.
写真はSmugMug+Flickr, Midway Airport (Pat B.) 引用。


写真(右)1959年、アメリカ、イリノイ州シカゴ・ミッドウェー飛行場、トランス・ワールド航空 (Trans World Airlines:TWA) のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機(登録コード:N90427):1944年製造のアメリカ陸軍C-54軍用輸送機で、初めはアメリカン航空、次にTWAに商業用航空として就航した。1968年にナイジェリアで墜落喪失した。
Midway Airport (Pat B.)
Chicago Midway Airport - TWA - DC-4
(1953) (N90427) Air Force C-54 built in 1944. With AA, TWA, Slick, and a bunch of non-skeds. Crashed in Nigeria in 1968. Here it is as a non-sked at MDW
写真はSmugMug+Flickr, Midway Airport (Pat B.) 引用。


トランス・ワールド航空 (Trans World Airlines: TWA)は、1925年にウエスタン・エアー・エキスプレスとして設立され、1930年に、トランスコンチネンタル・エアー・トランスポートと合併、トランスコンチネンタル・アンド・ウエスタン・エアーとなった。1939年、大富豪で飛行家のハワード・ヒューズが買収したが、1941年12月のアメリカの太平洋戦争参戦によって、民間航空の需要は減少した。第二次世界大戦の終了した翌1946年、大戦中に完成していたロッキードL-749Aコンステレーション四発輸送機を初めて導入した。1950年には、トランス・ワールド航空となり、パンアメリカン航空と並んで、国際線の運航を開始した。しかし、TWAトランス・ワールド航空は、2001年にアメリカン航空に吸収され消滅した。


5. 第二次世界大戦後、KLMオランダ航空はダラス(Douglas)C-54 四発輸送機を使用して、植民地だったアンティル諸島、オランダ領東インド(インドシナ)への遠距空路を再開した。そこには、日本の捕虜の姿もあったる。


写真(右)1947年、オランダ領アンティル諸島アルバ、KLMオランダ航空(Delta Air Lines)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機
:荷物を高い位置から降ろすために、貨物室のドアには移動式階段が設置され、滑走路には荷物を載せる台車が用意されている。奥には倉庫があり、その前にも貨物用台車が並んでいる。この時期、オランダ領アンティル諸島では独立の動きはなかったが、オランダ東インドは、インドネシアとして、はオランダからの独立戦争の時期であり、同時にハーグ円卓会議で、オランダとインドネシアによる交渉が行われていた。
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Van de Poll;
Reportage / Serie : Reis naar Suriname en de Nederlandse Antillen
Beschrijving : Het vliegveld van Aruba
Datum : 1947 Locatie : Aruba Trefwoorden : bagage, vliegtuigen, vliegvelden
Persoonsnaam : Hooiberg Instellingsnaam : Dakota Fotograaf : Poll, Willem van de, [onbekend]
Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit)
Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.14.02
Bestanddeelnummer : 252-7919
Author Willem van de Poll .
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of KLM・File:Het vliegveld op Aruba, Bestanddeelnr 252-7919.jpg引用。


KLMオランダ航空Koninklijke Luchtvaart Maatschappij KLM Royal Dutch Airlines)は、第一次世界大戦終戦直後の1919年10月7日アルベルト・プレスマンが、ウィルヘルミナ女王やオランダ製費の支援を受けて設立され、2019年まで100年間も変わらぬ同じKLMの名称を使い続ける歴史のある航空輸送会社である。アムステルダム・スキポール空港をハブとして、戦前から、カリブ海のオランダ領アンティル諸島までの路線を開いていたが、現在はデルタ航空、エアフランス、アエロフロート、メキシコ航空、大韓航空などと同じスカイチーム加盟航空会社として、世界73カ国、164都市、1日当たり357便を運営し、年間3200マン名の乗客を運んでいる。


写真(右)1947年、オランダ領アンティル諸島アルバへの航路に就航したKLMオランダ航空(Delta Air Lines)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:PH-DBS?)
:カリブ海の西インド諸島東の小アンティル諸島は、1947年当時オランダの植民地であり
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Van de Poll;
Reportage / Serie : Reis naar Suriname en de Nederlandse Antillen
Beschrijving : Het vliegveld van Aruba Datum : 1947 Locatie : Aruba Trefwoorden : bagage, vliegtuigen, vliegvelden
Persoonsnaam : Hooiberg Instellingsnaam : Dakota Fotograaf : Poll, Willem van de, [onbekend]
Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit)
Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.14.02
Bestanddeelnummer : 252-7927
Author Willem van de Poll .
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of KLM・File:Het vliegveld van Aruba, Bestanddeelnr 252-7927.jpg引用。


カリブ海南のアンティル諸島(The Antilles)は、西北の大アンティル諸島 (Greater Antilles)は、キューバ、ハイチ、ジャマイカなど大きな島からなるが、、東南の小アンティル諸島 (Lesser Antilles) は、ヴァージン諸島、ドミニカ、グレナダ、トリニダード・トバコ、小さな島からなる。オランダ領は、小アンティル諸島のアルバ島、キュラソー島、ボネール島で、現在でもオランダの一部・自治領となって、オランダ王国を構成している。


写真(右)1947年、オランダ領アンティル諸島アルバ、KLMオランダ航空(Delta Air Lines)所属ダグラス(Douglas)DC-4輸送機の機首下面と奥にある2機のKLMオランダ航空所属ダグラスDC-3ダコダ双発輸送機
:オランダ東インドは、インドネシアとして、オランダからの独立戦争の時期であり、同時にハーグ円卓会議で、オランダとインドネシアによる交渉が行われていた。
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Van de Poll;
Reportage / Serie : Reis naar Suriname en de Nederlandse Antillen
Beschrijving : Het vliegveld van Aruba
Datum : 1947 Locatie : Aruba Trefwoorden : bagage, vliegtuigen, vliegvelden
Persoonsnaam : Hooiberg Instellingsnaam : Dakota Fotograaf : Poll, Willem van de, [onbekend]
Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit)
Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.14.02
Bestanddeelnummer : 252-7930
Author Willem van de Poll .
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of KLM・File:Het vliegveld van Aruba, Bestanddeelnr 252-7930.jpg引用。


カリブ海の西インド諸島東の小アンティル諸島 (Lesser Antilles) は、1947年当時オランダの植民地であり、現在でもキュラソー、シント・マールテンは本土と対等のオランダ領である。他方、スリナムSuriname)は、英蘭戦争後の1667年ブレダ条約でオランダがイギリスとニューアムステルダム(ニューヨーク)交換して得た植民地であり、1975年11月 独立した。


写真(右)1947年、オランダ領アンティル諸島アルバ、KLMオランダ航空(Delta Air Lines)のダグラス(Douglas)DC-3ダコダ双発輸送機の垂直尾翼を背景にした搭乗員
:尾部の先端には、赤と青の尾端航空灯が装着されている。熱帯のため、白色半袖、半ズボンを着用している。
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Van de Poll;
Reportage / Serie : Reis naar Suriname en de Nederlandse Antillen
Beschrijving : Het vliegveld van Aruba
Datum : 1947 Locatie : Aruba Trefwoorden : bagage, vliegtuigen, vliegvelden
Persoonsnaam : Hooiberg Instellingsnaam : Dakota Fotograaf : Poll, Willem van de, [onbekend]
Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit)
Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.14.02
Bestanddeelnummer : 252-7925
Author Willem van de Poll .
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of KLM・File:Een bemanningslid op het vliegveld van Aruba, Bestanddeelnr 252-7925.jpg引用。


カリブ海の西インド諸島東のアンティル諸島には、、タバコ、砂糖、コーヒーなどヨーロッパ向け商品作物を生産するプランテーションが設けられ、そこで働かせるアフリカから黒人労働力が導入されていた。そして、ヨーロッパから入植した少数の白人を頂点に、現地生まれの白人クリオーリョ、白人とインディオの混血メスティーソ、白人と黒人の混血ムラート、その下に、原住民のインディオ、奴隷労働者の黒人という人種構成が築き上げられた。その中で、多数派である奴隷の子孫である黒人が、1804年にフランス領ハイチで独立を宣言し、カリブ海で最も早く成立した独立国、最初の黒人共和国となった。スペイン領キューバ島には、スペイン人、クリオーリョによる大規模な砂糖プランテーションが成立していたが、19世紀末に独立運動がおこり、1898年にハバナ港でアメリカ海軍艦メインが爆破事故を起こしたのを契機に、アメリカ=スペイン戦争(米西戦争)が勃発した。キューバには、アメリカ軍が侵攻し、1998年のパリ講和条約によって、スペイン領フィリピン、プエルトリコを割譲させ、軍政の後、1902年5月、セオドア=ローズヴェルト大統領政権が、アメリカの保護国としてキューバ独立を認めた。


写真(右)1955年10月、オランダ領アンティル諸島アルバ島アルバ飛行場、KLMオランダ航空(Delta Air Lines)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機とアルバ飛行場管制塔と空港ビル
:機首先端には王冠を抱いたKLMのロゴが描かれている。操縦者が反射する日光でまぶしくならないように、機首コックピット前上面は濃い塗装が施されている。
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Van de Poll;
Reportage / Serie : Reis naar Suriname en de Nederlandse Antillen
Beschrijving : Het vliegveld van Aruba Datum : 1 oktober 1955 Locatie : Aruba, Nederlandse Antillen Trefwoorden : gebouwen, passagiers, vliegtuigen, vliegvelden
Fotograaf : Poll, Willem van de Auteursrechthebbende : Nationaal Archief
Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.14.02
Bestanddeelnummer : 252-3423
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of KLM・File:Het vliegveld van Aruba, Bestanddeelnr 252-7927.jpg引用。


南米ベネズエラ沖の西インド諸島の小アンティル諸島南端、アルバ(Aruba)島は、オランダ植民地で、1920年代にはアメリカのスタンダード・オイルが製油所を設置した。1954年に、オランダ領アンティル(州)となったものの、1986年には自治領(州)として分離し、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ本土と対等な立場でオランダ王国を構成している。他方、オランダ領東インドは、インドネシアとして、オランダからの独立戦争の時期であり、同時にハーグ円卓会議で、オランダとインドネシアによる交渉が行われていた。


写真(右)1946年12月、オランダ領インドネシナ(インドネシア)、ジャワ島(?)、日本軍捕虜による貨物搭載作業中のKLMオランダ航空(Delta Air Lines)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:PH-DBS?)
:タラップの上と下に荷物の運搬作業に使役されている日本人5人以上が上半身裸でいる。1945年アメリカで製造された機体。当時、インドネシアはオランダからの独立戦争の時期であり、同時にハーグ円卓会議で、オランダとインドネシアによる交渉が行われていた。
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Dienst voor Legercontacten Indonesië
Reportage / Serie : [DLC] Aankomst van pakketten met toestellen van de KLM
Beschrijving : Japanse krijgsgevangen halen de zakken uit het vliegtuig onder toezicht van Militaire Politie
Datum : december 1946
Locatie : Indonesië, Nederlands-Indië
Fotograaf : Fotograaf Onbekend / DLC Auteursrechthebbende : Nationaal Archief
Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.04.03
Bestanddeelnummer : 115-4-3
Date December 1946
Author Fotograaf Onbekend / DLC .
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of KLM・File:Japanse krijgsgevangen halen de zakken uit het vliegtuig onder toezicht van Mili, Bestanddeelnr 115-4-3.jpg引用。



写真(右)1946年12月、オランダ領インドネシナ(インドネシア)、ジャワ島(?)、日本軍捕虜による貨物搭載作業中のKLMオランダ航空(Delta Air Lines)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:PH-DBS?)
:NGAT(Nederland Covernment Air Transport)のオランダ政府輸送機で1945年アメリカで製造された機体である。奥の胴体左側の貨物室ドアのある側で、タラップをかけて上半身裸の日本人捕虜が何名も荷物出し入れ作業に使われている。当時、インドネシアはオランダからの独立戦争の時期であり、同時にハーグ円卓会議で、オランダとインドネシアによる交渉が行われていた。
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Dienst voor Legercontacten Indonesië
Reportage / Serie : [DLC] Aankomst van pakketten met toestellen van de KLM
Beschrijving : Japanse krijgsgevangen halen de zakken uit het vliegtuig onder toezicht van Militaire Politie
Datum : december 1946
Locatie : Indonesië, Nederlands-Indië
Fotograaf : Fotograaf Onbekend / DLC Auteursrechthebbende : Nationaal Archief
Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.04.03
Bestanddeelnummer : 115-5-5
Date December 1946
Author Fotograaf Onbekend / DLC .
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of KLM・File:Japanse krijgsgevangen halen de zakken uit het vliegtuig en laden ze op vrachtwa, Bestanddeelnr 115-5-5.jpg引用。



写真(右)1946年12月、オランダ領インドネシナ(インドネシア)、ジャワ島(?)、日本軍捕虜による貨物搭載作業中のKLMオランダ航空(Delta Air Lines)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:PH-DBS)
: 1945年アメリカで製造された機体。当時、インドネシアはオランダからの独立戦争の時期であり、同時にハーグ円卓会議で、オランダとインドネシアによる交渉が行われていた。
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Dienst voor Legercontacten Indonesië
Reportage / Serie : [DLC] Aankomst van pakketten met toestellen van de KLM
Beschrijving : Japanse krijgsgevangen halen de zakken uit het vliegtuig onder toezicht van Militaire Politie
Datum : december 1946
Locatie : Indonesië, Nederlands-Indië
Fotograaf : Fotograaf Onbekend / DLC Auteursrechthebbende : Nationaal Archief
Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.04.03
Bestanddeelnummer : 115-4-2
Date December 1946
Author Fotograaf Onbekend / DLC .
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of KLM・File:Japanse krijgsgevangen halen de zakken uit het vliegtuig onder toezicht van Mili, Bestanddeelnr 115-4-2.jpg引用。


1941年12月に勃発した太平洋戦争の初期、日本はオランダ領インドシナ(東インド:蘭印)に侵攻、1945年まで占領し続けた。そして、1945年8月15日に日本が降伏した直後、対日協力をしながらインドネシア独立を目指してきたスカルノ、ハッタらは、好機到来と判断、8月17日、ジャワ島ジャカルタでインドネシア独立宣言をした。また併せて、すでに戦時中に設立されていた連合国の国際連合にも外交使節団を送り、独立支援を要請した。オランダは、このインドネシア独立との動きを認めず、派兵し武力鎮圧に踏み切ったため、インドネシア独立戦争が勃発した。戦後の国際安全保障を確保するため、アメリカを中心に、1947年8月1日、国際連合安全保障理事会で平和的手段による紛争解決が示される中、1949年8月に、オランダはハーグでインドネシア側とハーグ円卓会議が開催された。


写真(右)1946年12月、オランダ領インドネシナ(インドネシア)、ジャワ島(?)、日本軍捕虜による貨物搭載作業中のKLMオランダ航空(Delta Air Lines)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:PH-DBS)
: 1945年アメリカで製造された機体。当時、インドネシアはオランダからの独立戦争の時期であり、同時にハーグ円卓会議で、オランダとインドネシアによる交渉が行われていた。
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Dienst voor Legercontacten Indonesië
Reportage / Serie : [DLC] Aankomst van pakketten met toestellen van de KLM
Beschrijving : Japanse krijgsgevangen halen de zakken uit het vliegtuig onder toezicht van Militaire Politie
Datum : december 1946
Locatie : Indonesië, Nederlands-Indië
Fotograaf : Fotograaf Onbekend / DLC Auteursrechthebbende : Nationaal Archief
Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.04.03
Bestanddeelnummer : 115-3-3
Date December 1946
Author Fotograaf Onbekend / DLC .
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of KLM・File:Japanse krijgsgevangen halen de zakken uit het vliegtuig, Bestanddeelnr 115-3-3.jpg引用。


オランダは、ジャワ島以外、例えばスラウェシ島に居住していた少数民族を使って、インドネシアに分派独立の動きを活性化しており、そこを通じて、独立後のインドネシアを自国の影響下に置こうと考えたのかもしれない。1949年12月、オランダはジャワ島、スマトラ島に限定しインドネシアの独立を認めたのである。その後、インドネシアでは、全国統一の動きが続き、1950年8月15日に大小約1万3500の島々を取りまとめた単一のインドネシア共和国が誕生した。これによってインドネシア独立戦争は終結したといえる。


写真(右)1946年12月、オランダ領インドネシナ(インドネシア)、ジャワ島(?)、日本軍捕虜による貨物搭載作業中のKLMオランダ航空(Delta Air Lines)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:PH-DBS)
:貨物室脇に、KLMの空飛ぶ幽霊船のロゴが描かれている。
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Dienst voor Legercontacten Indonesië
Reportage / Serie : [DLC] Aankomst van pakketten met toestellen van de KLM
Beschrijving : Japanse krijgsgevangen halen de zakken uit het vliegtuig onder toezicht van Militaire Politie
Datum : december 1946
Locatie : Indonesië, Nederlands-Indië
Fotograaf : Fotograaf Onbekend / DLC Auteursrechthebbende : Nationaal Archief
Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.04.03
Bestanddeelnummer : 115-4-4
Date December 1946
Author Nationaal Archief .
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of KLM・File:Japanse krijgsgevangen halen de zakken uit het vliegtuig, Bestanddeelnr 115-4-4.jpg引用。


KLMオランダ航空Koninklijke Luchtvaart Maatschappij KLM Royal Dutch Airlines)は、第一次世界大戦終戦直後の1919年10月7日アルベルト・プレスマンが、ウィルヘルミナ女王やオランダ製費の支援を受けて設立された、事実上のオランダ国営航空輸送会社である。アムステルダム・スキポール空港をハブとして、1924年、バンコクのドンムアン空港までの路線を、1929年、オランダ植民地の東インド(インドネシア)までの路線を開拓し、大西洋方面でも、カリブ海のオランダ領アンティル諸島までの路線を開いている。KLMオランダ航空K.L.M. Royal Dutch Airlines)は、1934年には全金属製単葉引込み式降着装置を採用したダグラス DC-2旅客輸送機を導入している。


写真(右)1946年12月、オランダ領インドネシナ(インドネシア)、ジャワ島(?)、日本軍捕虜による貨物搭載作業中のKLMオランダ航空(Delta Air Lines)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:PH-DBS)
:機首先端に、ロゴが描かれている。
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Dienst voor Legercontacten Indonesië
Reportage / Serie : [DLC] Aankomst van pakketten met toestellen van de KLM
Beschrijving : Japanse krijgsgevangen halen de zakken uit het vliegtuig onder toezicht van Militaire Politie
Datum : december 1946
Locatie : Indonesië, Nederlands-Indië
Fotograaf : Fotograaf Onbekend / DLC Auteursrechthebbende : Nationaal Archief
Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.04.03
Bestanddeelnummer : 115-5-6
Date December 1946
Author Fotograaf Onbekend / DLC.
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of KLM・File:Japanse krijgsgevangen halen de zakken uit het vliegtuig, Bestanddeelnr 115-4-4.jpg引用。


ダグラス(Douglas)DC-4輸送機の降着装置は、機首下面の前輪(首輪)と左右主翼エンジンナセル下面の主輪の3カ所にゴム輪がついていて、地上での停止姿勢は、胴体と地面が水平になるために、機内での貨物や人員の移動は容易である。主翼のゴム輪はダブルで夷カ所に2個のゴム輪を装着している。これは、簡単な方法で重量軽減、量産性確保、客の収納空間確保に繋がる大発明である。ドイツ空軍や日本軍は、このようなダブルのゴム輪を思いつかず、大型機には大型のゴム輪を装備していた。1940年代、飛行機の降着装置は、左右主翼下の主輪2か所と胴体後部下の尾輪1か所の3点姿勢が普通で、この場合は、地上では機首が上を向いて持ち上げる姿勢になっている。つまり、キャビンは坂道になっており、人員・貨物の移動に障害がある。

インドネシアを1945年まで占領し続けた日本軍だったが、敗戦後は捕虜として、オランダ軍に使役されている。これは形を変えた植民地支配への強力であり、残留日本軍兵士が、スカルノとともにインドネシア独立のために助力した、命を懸けたといった局面ばかりを喧伝するのは、誤解である。そもそも、日本軍は終戦までインドネシアに軍政を敷いて、資源・食料・労働力を収奪しており、独立をさせることはかんがえていなかったのである。戦後になって東インドに戻ってきたオランダは、インドネシアを植民地としてふたたび統治しようとした。しかし、国際社会の圧力と、インドネシア人の武力闘争に阻まれ、1949年のハーグ円卓会議で、インドネシアと交渉し、その独立を認めざるを得なかった。


写真(右)1946年12月、オランダ領インドネシナ(インドネシア)、ジャワ島(?)、日本軍捕虜による貨物搭載作業中のKLMオランダ航空(Delta Air Lines:Koninklijke Luchtvaart Maatschappij、)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:PH-DBS)
: 1945年アメリカで製造された機体。当時、インドネシアはオランダからの独立戦争の時期であり、同時にハーグ円卓会議で、オランダとインドネシアによる交渉が行われていた。
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Dienst voor Legercontacten Indonesië
Reportage / Serie : [DLC] Aankomst van pakketten met toestellen van de KLM
Beschrijving : Japanse krijgsgevangen halen de zakken uit het vliegtuig onder toezicht van Militaire Politie
Datum : december 1946
Locatie : Indonesië, Nederlands-Indië
Fotograaf : Fotograaf Onbekend / DLC Auteursrechthebbende : Nationaal Archief
Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.04.03
Bestanddeelnummer : 115-5-3
Date December 1946
Author Nationaal Archief .
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of KLM・File:Japanse krijgsgevangen halen de zakken uit het vliegtuig, Bestanddeelnr 115-5-3.jpg引用。
1945年8月の日本降伏で太平洋戦争が終結すると、スカルノらは1945年8月17日、インドネシア独立宣言を発した。オランダは、当初このインドネシアの独立宣言を認めず、植民地としてとどめ置くためにオランダ東インド軍(Royal Dutch East Indies Army)を創設、インドネシアに派兵した。しかし、1946年11月には、オランダ東インド駐留のイギリス軍が撤兵した。そして、アメリカや国際連合の圧力を受けて、1949年8月23日から11月2日まで、ハーグ円卓会議が開催され、12月27日、オランダはインドネシアの主権をジャワ島・スマトラ島に認めた。この時期、オランダ東インド軍(Royal Dutch East Indies Army)は解散となった。1950年には、インドネシア全土の独立を承認した。


写真(右)1947年10月17日、オランダ領インドネシナ(インドネシア)、ジャワ島バタビア、貨物搭載中のKLMオランダ航空(Delta Air Lines)のダグラス(Douglas)DC-4四発輸送機(登録コード:PH-DBS)
: DC-4四発輸送機は、機首下面の前輪(首輪)と左右主翼エンジンナセル下面の主輪の3カ所にゴム輪がついていて、地上での停止姿勢は、胴体と地面が水平になる。
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Anefo
Reportage / Serie : [ onbekend ]
Beschrijving : Verzending van Niwinpaketten in Batavia naar Nederland
Datum : 24 oktober 1947
Locatie : Batavia Trefwoorden : luchtvaart, paketten, vliegtuigen
Instellingsnaam : NIWIN Fotograaf : Fotograaf Onbekend / Anefo
Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Glasnegatief
Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.01.09 Bestanddeelnummer : 902-4246 Date 24 October 1947 .
Author Anefo .
写真は Wikimedia Commons, Category:PH-DBS (aircraft)・File:Verzending van Niwinpaketten in Batavia naar Nederland, Bestanddeelnr 902-4246.jpg引用。


第二次世界大戦後のアジアでは、日本の帝国主義は倒されたが、中国における国民党蒋介石と共産党毛沢東と国共内戦、ベトナムでのフランスとベトナム独立派との戦闘、マレーシア・フィリピンでの共産系ゲリラの武力闘争など、混乱が続いていた。アメリカは、ナショナリズムの動向を一定程度認識しており、アジアの安全保障のためには、過激な民族運動と抑える必要性、親米政権樹立の必要性に気づき始めていた。そこで、アメリカが、オランダに働きかけ、1949年8月からハーグ円卓会議が開催され、インドネシア側との話し合いがもたれた。


写真(右)1950年10月9日、オランダ、アムステルダム空港(?)、KLMオランダ航空(Delta Air Lines)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(中央の丸窓)とオランダエア(Aero-Holland)のダグラスDC-3ダコダ双発輸送機PH-TFA (手前と奥の四角窓の2機)
:オランダエア(Aero-Holland)は 1949年から1953年までオランダ始発の飛行機を運航していた。1949年11月20日、オランダエアのダグラスDC-3ダコダ双発輸送機がノルウェーで墜落事故を起こし、34名が死亡、1名が生き残った。
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Anefo
Reportage / Serie : [ onbekend ] Beschrijving : Dakota van de "Aero-Holland"
Datum : 2 april 1948 Instellingsnaam : Dakota
Fotograaf : Vrind, Luuk / Anefo Auteursrechthebbende : Nationaal Archief
Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.01.04
Bestanddeelnummer : 902-6664 Date 2 April 1948
Bestanddeelnummer : 050-0763
Date 9 October 1950
Author Anefo .
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of KLM・File:Japanse krijgsgevangen halen de zakken uit het vliegtuig en laden ze op vrachtwa, Bestanddeelnr 115-5-5.jpg引用。


DC-4四発輸送機は、機首下面の前輪(首輪)と左右主翼エンジンナセル下面の主輪の3カ所にゴム輪がついていて、地上での停止姿勢は、胴体と地面が水平になる。他方、ダグラスDC-3ダコダ双発輸送機は、左右主翼下の主輪2か所と胴体後部下の尾輪1か所の降着装置のために、3点姿勢となる。この場合は、地上では機首が上を向いて持ち上げる姿勢になっている。つまり、キャビンは坂道になっており、人員・貨物の移動に障害がある。


写真(右)1950年10月9日、インドネシア共和国、ジャワ島(?)、KLMオランダ航空(Delta Air Lines)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機で朝鮮戦争のために空輸されるインドネシア駐留オランダ軍の将兵
:当時、オランダは、当初インドネシアの独立宣言を認めず、植民地としてとどめ置くためにオランダ東インド軍(Royal Dutch East Indies Army)を創設、インドネシアに派兵した。しかし、ハーグ円卓会議後、インドネシアの一部独立を認め、1950年には、インドネシア全土の独立を承認した。この時期の1949年、オランダ東インド軍(Royal Dutch East Indies Army)は解散となった。朝鮮戦争が勃発していて、国連の加盟国として、韓国を軍事援助する国連軍に参加している。インドネシア独立戦争で戦ってきたオランダ東インドの将兵は、今度は朝鮮半島に派兵された。
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Elsevier
Reportage / Serie : [ onbekend ]
Beschrijving : In Indonesië hebben zich uit het KNIL en de Koninklijke Landmacht eveneens vrijwilligers voor Korea aangemeld. Deze vrijwilligers worden per vliegtuig eerst naar Nederland gebracht, waar zij zich bij de vrijwilligers in Den Haag zullen voegen. Vanavond zijn 48 vrijwilligers op Schiphol gearriveerd. De mannen voor het vliegtuig
Datum : 9 oktober 1950
Locatie : Schiphol Trefwoorden : groepsportretten, oorlogsvrijwilligers, verkeersvliegtuigen
Fotograaf : Fotograaf Onbekend / Anefo Auteursrechthebbende : Nationaal Archief
Materiaalsoort : Foto (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.05.02
Bestanddeelnummer : 050-0763
Date 9 October 1950
Author Fotograaf Onbekend / Anefo .
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of KLM・File:Japanse krijgsgevangen halen de zakken uit het vliegtuig en laden ze op vrachtwa, Bestanddeelnr 115-5-5.jpg引用。



6. 1942年初飛行、1946年生産中止のダラス(Douglas)C-54 四発輸送機だったが、1300機生産された機体は、信頼性が高く、使いやすかったために、製造後20年、30年経過して、1970年代になっても世界各地の商業路線で旅客輸送に活躍していた。

写真(右)1970年5月3日、ドイツ、着陸態勢に入ったドイツ輸送航空(Transportflug)のダグラス(Douglas)C-54 スカイマスター(Skymaster)輸送機(登録コード:D-ABOW):フラップを大きく下げて、引込み式降着装置を出して、降下している。1945年、ダグラス社サンタモニカ飛行機工場で製造された機体なので、35年間も使用されている。
English: TransportFlug Douglas C-54 Skymaster
Date 3 May 1970 Author Christian Volpati.
写真は Wikimedia Commons, Category:D-ACAB (aircraft)・File:TransportFlug Douglas C-54 Skymaster Volpati-1.jpg引用。


ダグラス社のカリフオルニア州サンタモニカ飛行機工場(Douglas Aircraft Santa Monica)で試作されたアメリカ陸軍航空隊ダグラスC-54スカイマスター(Skymaster)輸送機は、 プラット&ホイットニーR-2000ツインワスプ(Twin Wasp)空冷星形14気筒エンジン1300馬力4基を装備し、時速440km 以上の高速を誇る大型輸送機である。第二次世界大戦中の1942年2月14日に初飛行し、アメリカ軍陸軍航空隊ではダグラスC-54 スカイマスターとして、アメリカ海軍航空隊ではダグラスR5D スカイマスター(Skymaster)輸送機として制式された。第二次世界大戦終了後、このような軍用輸送機は、民間に払い下げられ、民間航空、特に旅客輸送に活躍することになる。


写真(右)1954年8月28日、メキシコ北部、チワワ州シウダ・ファレス (Ciudad Juárez)、ファレス空港、メキシコ航空( Aeronaves de Mexico)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード: XA-JAV)
:製造番号10470は、登録コード XA-JAVでメキシコ民間航空(Mexico Civil)に、登録コード 42-72365でアメリカ空軍(United States Air Force)に、登録コード N88896でアメリカ民間航空(United States Civil)に登録された機体である。胴体左側後方の昇降口に、乗客の使用する移動式階段が梯子が立てかけてある。1863年、メキシコシティがフランス・ナポレオン軍に占領された時期、ベニート・ファアレスは、北部のエルパソで、フランスと戦い続けた。1888年、エルパソ南岸は初代大統領ベニート・フアレスにちなんでシウダー・フアレス(Ciudad Juárez)と改称された。
SDASM Archives Douglas DC-4, XA-JAV, Aeronaves de Mexico, Juarez, 28Aug54.
写真はSDASM Archives・Douglas DC-4, XA-JAV, Aeronaves de Mexico, Juarez, 28Aug54引用。



写真(上)1947年以降、デンマーク、コペンハーゲン、カストルプ空港に待機するスカンジナビア航空システム (SAS) のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:LN-IAD)
:アメリカのダグラス社サンタモニカ工場で1946年に製造された機体で、使用期間は数年で、新しい機体といえる。コペンハーゲン南東に8キロメートル、アマー島に位置する飛行場で、所在地カストルプ空港と呼ばれていた。
Description SAS DC-4 Haakon Viking LN-IAD at Kastrup Airport, Copenhagen, Denmark
Date 1940s /1950s Source http://images.flysas.com
Author SAS Scandinavian Airlines
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 ・File:SAS DC-4 Haakon Viking LN-IAD at Kastrup Airport, Copenhagen, Denmark.jpg引用。


写真(右)1947年以降、アメリカ合衆国、ニューヨーク港、自由の女神像の上を飛翔するスカンジナビア航空システム (SAS) のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:LN-IAD):アメリカのダグラス社サンタモニカ工場で1946年に製造された機体で、使用期間は数年で、新しい機体といえる。スカンジナビア航空システム (SAS) は、1947年5月10日に、初めてこの機体を導入、コペンハーゲン=ニューヨークの路線を開拓した。
Description DC-4. The Swedish International Airline "Svensk Interkontinental Lufttrafik AB" (SILA) ordered in 1945 ten new DC-4s.The first was Dan Viking, the first SAS iarcraft witht he Viking name, delivered on May 10, 1947. It was used on the first SAS route Copenhagen-New York, inaugurated September 17, 1946.
Date late 1940s Source http://images.flysas.com
Author SAS Scandinavian Airlines
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 ・File:DC-4 Statue of Liberty.jpg引用。


スカンジナビア航空システム (SAS) は、1945年にスウェーデン国際航空(SILA)として設立され、1947年5月10日に、スカンジナビア航空システム (SAS) となり、ダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:LN-IAD)を導入して、コペンハーゲン=ニューヨークの路線を開拓した。

写真(右)1940年代後半から1950年代、アメリカ合衆国(?)、港湾に停泊中の航空母艦を俯瞰して飛翔するスカンジナビア国際航空 (SILA) のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:LN-IAD):アメリカのダグラス社サンタモニカ工場で1946年に製造された機体で、使用期間は数年で、新しい機体といえる。
Description SAS DC-4 Haakon Viking LN-IAD in the air, in flight
Date 1940s /1950s Source http://images.flysas.com
Author SAS Scandinavian Airlines
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 ・File:DC-4 Statue of Liberty.jpg引用。


写真(右)1951年10月28日、アメリカ合衆国、ニューヨーク州、ニューヨーク中心街上空を飛行するスイス航空のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:HB-ILA ):垂直尾翼に赤字で白十字のスイス国旗を描いているほか、機首にもSwissairと英語で記入している。機首の上部が塗装されているのは、コックピットの操縦士の視界を反射光が妨げないためである。アメリカのダグラス社サンタモニカ工場で1946年に製造された機体で、使用期間は4年程度であり、新しい機体といえる。
Description English: Fotomontage und Retouche zu Werbezwecken
Date 29 April 2010, 10:22:33
Source ba.e-pics.ethz.ch/ #1453983097410_1 Author Swissair Archiv
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 ・File:DC-4-1009 A, HB-ILA über New York 1954.jpg引用。


1941年12月の太平洋戦争の勃発直後に初飛行したダグラスDC-4輸送機は、民間機DC-4としてはほとんど生産されず、ダグラス・サンタモニカ工場で主に軍用輸送機C-54「スカイマスター」として採用された。1947年8月までに、DC-4として80機、C-54として 1000機以上が製造された。軍用仕様のC-54も大戦後は、民間仕様に改造され、世界中の航空会社に使用されている。

写真(右)1953年5月1日、スイス連邦、チューリッヒ空港に並んだスイス航空のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:HB-ILA)(左手前)、ロッキード・コンステレーション輸送機(登録コード:PP-PCB)(中央):登録コードHB-ILAのDC-4輸送機は、アメリカのダグラス社サンタモニカ工場で1946年に製造された機体で、使用期間は4年程度であり、新しい機体といえる。
Photographer Werner Friedli (1910–1996)
Title Flughafen-Zürich, Flughof, Flugzeuge
Description Tiefgeflogen, Flughafen Swissairbilder
Depicted place Kloten Date 1 May 1953
Medium Fotografie : Glasplattennegativ Dimensions 13 x 18 cm
ETH-Bibliothek_LBS_H1-014555
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 ・File:ETH-BIB-Flughafen-Zürich, Flughof, Flugzeuge-LBS H1-014555.tif引用。


マサチューセッツ工科大学出身でマーチン社の技師だったドナルド・ダグラス(Donald W. Douglas)は、1920年に退社してカリフォルニア州サンタモニカに1921年7月にダグラス・エアクラフト社Douglas Aircraft Company)を設立した。そして、カリフオルニア州サンタモニカ(Santa Monica)のクローバーフィールドへ大規模な飛行機工場を設置し、1933年に双発のダグラスDC-1輸送機、1934年に双発のダグラスDC-2輸送機を開発し、大型機製造の一流飛行機メーカーとなり、1936年にはベストセラーとなるダグラスDC-3輸送機を生み出している。

写真(右)1953年10月1日、スイス連邦、チューリッヒ空港に並んだスイス航空のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:HB-ILA)(手前)とフィリピン航空(PAL)のダグラスDC-4輸送機(登録コード:PI-CED4):フィリピン航空の機体は、左主翼にPAL(Philippine AirLines)とフィリピン国旗を描いている。
Photographer Werner Friedli (1910–1996)
Title Flughafen-Zürich, Flughof
Description Tiefgeflogen Depicted place Kloten
Date 6.10.1953 Medium Fotografie : Silbergelatine-Abzug
Dimensions 13 x 18 cm Collection ETH Library ETH-Bibliothek_LBS_H1-014555
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 ・File:ETH-BIB-Flughafen-Zürich, Flughof-LBS H1-015987.tif引用。


ダグラス(Douglas)DC-4四発輸送機は、第二次世界大戦勃発、アメリカ参戦直後の1942年2月14日に初飛行の四発大型長距離旅客輸送機。戦時を反映して、直ぐにアメリカ陸軍の軍用輸送機・C-54 スカイマスター、海軍用のR5Dとして制式され、ダグラス社カリフォルニア州サンタモニカ飛行機工場(Douglas - Santa Monica California )で量産され、世界大戦終結翌年の1946年までに1,134機もが大量生産された。

写真(右)1955年8月17日、スイス連邦、チューリッヒ空港に並んだスイス航空のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:HB-ILA)、DC-3輸送機、ロッキード・コンステレーション輸送機:アメリカのダグラス社サンタモニカ工場で1947年に製造された機体で、使用期間は9年程度であり、まだ古くはない機体といえる。
Photographer Werner Friedli (1910–1996)
Title Flughafen Zürich-Kloten
Description Tiefgeflogen Depicted place Kloten
Date 17 August 1955 Medium Fotografie : Negativ
Dimensions 13 x 18 cm Collection ETH Library
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 ・File:ETH-BIB-Flughafen Zürich-Kloten-LBS H1-018634.tif引用。


写真(右)1956年3月6日、スイス連邦、チューリッヒ空港,スイス航空のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:HB-ILA):アメリカのダグラス社サンタモニカ工場で1946年に製造された機体で、使用期間は10年程度となり、長期間使用した機体といえる。
Photographer Werner Friedli (1910–1996)
Title Flughof Zürich-Kloten
Description Tiefgeflogen Depicted place Kloten
Date 6.3.1956 Medium Fotografie : Negativ
Dimensions 13 x 18 cm Collection ETH Library Accession number ETH-Bibliothek_LBS_H1-019204
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 ・File:ETH-BIB-Flughof Zürich-Kloten-LBS H1-019204.tif引用。


写真(右)1954年6月2日、オランダ、アムステルダム・スキポール空港、サベナ・ベルギー航空(Sabena)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:OO-CBP): サベナ・ベルギー航空(Sabena:"Société Anonyme Belge d'Exploitation de la Navigation Aérienne")は、ベルギー本国とベルギー植民地コンゴとを結ぶ国営航空会社として1923年5月23日設立された。1990年代に航空業界の価格競争が激化するとスイス航空と資本提携したが、2001年11月7日で、スイス航空もサベナ・ベルギー航空も営業運航を終了している。
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Anefo
Reportage / Serie : [ onbekend ] Beschrijving : Opdrachten vatenfabriek via Sabena Schiphol
Datum : 17 november 1954 Locatie : Amsterdam, Noord-Holland
Trefwoorden : Opdrachten Instellingsnaam : Sabena Fotograaf : Noske, J.D. / Anefo Auteursrechthebbende : Nationaal Archief
Bestanddeelnummer : 906-8503 Date 17 November 1954 Author Daan Noske / Anefo
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 ・File:Opdrachten vatenfabriek via Sabena Schiphol, Bestanddeelnr 906-8503.jpg引用。


サベナ・ベルギー航空(Sabena:"Société Anonyme Belge d'Exploitation de la Navigation Aérienne")のダグラス(Douglas)C-54Dスカイマスター(Skymaster)旅客輸送機は、機体中央窓付近にラインを描いているが、そのほかは無塗装、銀色の機体である。機首のコックピット前方は、反射除けをしてパイロットがまぶしさに幻惑されるのを防いだ艶消し塗装をしている。

写真(右)1954年11月17日、オランダ、アムステルダム・スキポール空港、サベナ・ベルギー航空(Sabena)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:OO-CBP)
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Anefo
Reportage / Serie : [ onbekend ] Beschrijving : Opdrachten vatenfabriek via Sabena Schiphol
Datum : 17 november 1954 Locatie : Amsterdam, Noord-Holland
Trefwoorden : Opdrachten Instellingsnaam : Sabena Fotograaf : Noske, J.D. / Anefo
Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.01.04
Bestanddeelnummer : 906-8505 Date 17 November 1954 Author Daan Noske / Anefo
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 ・File:Opdrachten vatenfabriek via Sabena Schiphol, Bestanddeelnr 906-8505.jpg引用。


1923年5月23日創立のサベナ・ベルギー航空(Sabena:"Société Anonyme Belge d'Exploitation de la Navigation Aérienne")は、ベルギー本国とベルギー植民地コンゴとを結ぶ国営航空会社で、1935年から本格的な運航を開始した。しかし、1939年9月に第二次世界大戦が勃発、ベルギーは中立を表明したが、1940年5月にドイツに侵攻され、1944末まで占領下にあった。そのため、サベナ・ベルギー航空は、運航中止に追い込まれていた。

サベナ・ベルギー航空は、第二次大戦後に復活、1969年には東京の羽田空港までの路線も開拓した。これは、東西冷戦を反映し、ソ連上空の飛行ができなかったために、ブリュッセル-アテネ-テヘラン-バンコク(ボンベイ)-東京の南回りの迂回ルートだった。1990年代に航空業界の価格競争が激化するとスイス航空と資本提携したが、2001年11月7日で、スイス航空もサベナ・ベルギー航空も営業運航を終了している。


写真(右)1951年10月28日、アメリカ合衆国テキサス州ダラス、ダラス・ラブフィールド空港、イギリス・チャネル航空(Channel Airways)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード: N1543V)
:ダラス・ラブフィールドは、ダラス・フォートワース国際空港開港以前のダラスの主要空港だった。現在は、格安航空会社サウスウエスト航空の拠点となっている。LANSAとは、Lineas Aéreas Nacionales S.A.でリマを拠点としたペルーの航空会社。
DC 4 der Pan American World Airways vor HangarDouglas DC-4, N1543V, LANSA, Dallas Love Fld, 28Oct51.
写真はSDASM Archives・Douglas DC-4, N1543V, LANSA, Dallas Love Fld, 28Oct51引用。


写真(右)1954年6月2日、ドイツ、ベルリンのテンペルホフ空港、パンアメリカン航空(PAA:Pan American Airways)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機
Description English: Channel Airways Douglas DC-4 at Manchester Airport operating an inclusive tour service to Ostend
Stadtaufnahmen Berlin Flughafen Tempelhof
Photographer Brodde
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 ・File:Bundesarchiv B 145 Bild-F001302-0007, Berlin, Flughafen Tempelhof.jpg引用。


1927年3月設立のパンアメリカン航空(PAA:Pan American Airways)は、当初、名前の通りアメリカ本土とからキューバなどカリブ海の島々を結ぶ民間路線を中心に、南アメリカまでの国際線を運航した。そして、1935年にサンフランシスコ=ハワイ・ホノルル=フィリピン・マニラ=香港を結ぶ世界初の太平洋横断航空便を飛行艇で開拓し、国際線をヨーロッパにも拡張した。

写真(右)1963年9月8日、イギリス、マンチェスター空港、スイス・バル航空のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード: HB-ILU ):左側には、燃料を運搬するタンク・ローリーがあり、給油ホースを機体に伸ばしている。胴体後方左側の昇降口に、乗客用の移動式ランプが掛けられている。
Description Description
English: Douglas DC-4 HB-ILU of Balair at Manchester Airport in 1963
Date 8 September 1963
Source Own work Author RuthAS
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 ・File:Douglas DC-4 HB-ILU Balair RWY 08.09.63 edited-3.jpg引用。


バル航空(Balair)は、スイスの航空運輸社で、1953年に設立され、バーゼルに本社を置いた。1993年にCTA(Compagnie de Transport Aerien)と合併しBalairCTAになったが、2001年に営業を取りやめた。

写真(右)1963年6月2日、イギリス、マンチェスター空港、イギリス・チャネル航空(Channel Airways)のダグラス(Douglas)DC-4輸送機(登録コード:G-ARYY):1946年、ダグラス社のカリフォルニア州サンタモニカ工場で製造された機体。。機体中央窓付近のラインや垂直尾翼は塗装されているが、そのほかは無塗装、銀色の機体。機首のコックピット前方は、反射除けをしてパイロットがまぶしさに幻惑されるのを防いだ艶消し塗装をしている。
Description English: Channel Airways Douglas DC-4 at Manchester Airport operating an inclusive tour service to Ostend
Date 2 June 1963
Source Own work Author RuthAS
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 ・File:Douglas DC-4 G-ARYY Channel RWY 02.06.63 edited-3.jpg引用。


イギリス・チャネル航空(Channel Airways)は、1946年にイギリスで、イーストアングリアンフライングサービスとして設立された民間航空会社で、当初、ケント州で3人乗りの小型旅客機を使って空中観光飛行を運航していた。

写真(右):1950-1960年代、アメリカ、飛行するアメリカの航空会社キャピタル航空(Capital Airlines)のダグラス(Douglas)C-54Dスカイマスター(Skymaster)旅客輸送機(登録コードN88851 、製造番号3121) :機体中央窓付近のラインや垂直尾翼は、赤色塗装されている。キャピタル航空(Capital Airlines )は、1936年11月, アメリカのペンシルバニア中央航空(Pennsylvania Central Airlines)として設立、1948年4月からキャピタル航空として運航していた。
SDASM Archives Douglas, DC-4
Title: Douglas, DC-4
Corporation Name: Douglas Aircraft
Designation: DC-4
Tags: Douglas, DC-4
Additional Information: USA
写真は, San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 01_00091388引用。


キャピタル航空(Capital Airlines )は、1936年11月, アメリカのペンシルバニア中央航空(Pennsylvania Central Airlines)として設立、1948年4月からキャピタル航空として運航していた。現在のキャピタル航空、すなわち中国の北京首都航空とは全く別の会社である。

写真(右)1954年、アメリカ合衆国イリノイ州、シカゴ・ミッドウェー飛行場、キャピタル航空(Capital Airlines )所属のダグラス(Douglas) DC-4旅客輸送機
Midway Airport (Pat B.)
Chicago Midway Airport - Capital Airlines - DC-4 (1954) (N88746) I like the TWA Martin landing on 22L.
Jim 4y A great old workhorse - we have one here in Australia - VH-PAF which has since become VH-EAY with Historical Aircraft Restoration Society at Albion Park Airport, New South Wales. I never saw a Martin though
写真はSmugMug+Flickr, Midway Airport (Pat B.) ・File:DC-4UnitedLandingSide (4412489390).jpg引用。


1951年8月1日、戦後の日本も航空輸送への参入が認められ、日本航空株式会社が、資本金1億円で設立、国内線定期航空輸送事業を開始した。その後、日本航空株式会社法(1953年に制定)の定めるところにより、20億円の資本金を元に半官半民の事業として日本航空株式会社が設立された。しかし、JALは株式を政府が保有し、国策会社として人事や運航をする国営企業とみなすことができる。当時は、日本航空株式会社は、日本で唯一の国際線定期航空運送事業の免許会社で、1954年より東京〜ホノルル〜サンフランシスコ線を開設するなど、独占的な運航により、競争意識の欠如、効率の悪い経営など問題く、多額の収益を上げる黒字企業では決してなかった。

日本航空株式会社が定期航路に投入したのは、6機のアメリカ機だけだったが、そのうちの1機はダグラスDC-4輸送機だった。このDC-4輸送機の固有名称は、「てんおう星」で、1951年11月から、東京 - 札幌(千歳空港)路線に就航した。

2007年に、日本航空株式会社はグローバルアライアンス航空連合のである「ワンワールド」に加盟したものの、営業成績は最低だった。

2010年、会社更生法の適用を申請し、事実上の破綻した。経営破綻した日本航空株式会社は、上場廃止、社長以下取締役全員辞任となった。その後、京セラの創業者である稲盛和夫氏を会長に招き、企業再生支援機構の支援と計3500億円もの巨額の公的資金を使って、形の上では再建することができた。

写真(右):1959年9月、アメリカ、イリノイ州、シカゴ・オハラ(Chicago O'Hare:ORD)国際空港、アメリカの航空会社キャピタル航空(Capital Airlines)のダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機(奥)とアメリカン航空のダグラスDC-3旅客輸送機(手前) :機体中央窓付近のラインや垂直尾翼は、赤色塗装されているが、大半は無塗装で、銀色に輝いている。空気抵抗が塗装した時よりも7%から12%も低下するために、アメリカでは無塗装が好まれたが、金属表面の腐食や損傷を負いやすくなるので、整備には手間がかかる。
Chicago Midway Airport - Capital Airlines - DC-4
(1950) Cruising past an American Convair 240.
Date 1 September 1959
写真は, Midway Airport (Pat B.) 引用。


写真(右):1959年9月、アメリカ、イリノイ州、シカゴ・オハラ(Chicago O'Hare:ORD)国際空港、アメリカの航空会社キャピタル航空(Capital Airlines)のダグラス(Douglas)C-54Dスカイマスター(Skymaster)旅客輸送機(登録コードN88851、製造番号3121) :機体中央窓付近のラインや垂直尾翼は、赤色塗装されている。
Photographer Jon Proctor
Location Chicago O'Hare Int'l Airport - KORD, USA - Illinois
Aircraft type Douglas C-54D Skymaster
Operator Capital Airlines
Registration N88851
Type Photograph
Date 1 September 1959
写真は, Category:1959 at O'Hare International Airport File:Douglas C-54D Skymaster, Capital Airlines JP5956844.jpg引用。



写真(上):1960年9月、アメリカ、イリノイ州、シカゴ・オハラ(Chicago O'Hare:ORD)国際空港、キャピタル航空(Capital Airlines )のダグラス(Douglas)C-54Dスカイマスター(Skymaster)旅客輸送機(登録コードN88841 、製造番号3111)
:赤で塗装されたキャピタル航空(Capital Airlines )は、1936年11月, アメリカのペンシルバニア中央航空(Pennsylvania Central Airlines)として設立、1948年4月からキャピタル航空として運航していた。現在のキャピタル航空、すなわち中国の北京首都航空とは全く別の会社である。
Photographer Jon Proctor
Chicago O'Hare Int'l Airport - KORD, USA - Illinois
Aircraft type Douglas DC-4 Operator Capital Airlines
Registration N88841 Type Photograph Date 9 September 1960
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 File:Douglas C-54B Skymaster (DC-4), Millardair AN1307240.jpg引用。



写真(上):1960年、ドイツ、ベルリン、テンペルホーフ飛行場に着陸しようとするフランス航空(Air France )ダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機(登録コード:F-BEL)
:主翼のフラップが下げられ、降着装置も主輪が引き出されている。アメリカで1944年に製造された機体。
Douglas DC-4, F-BELF, Air France Date 1960 Source http://www.abpic.co.uk/photo/1118227/ Author Ralf Manteufel
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 at Berlin Tempelhof Airport File:Douglas DC-4, F-BELF, Air France Manteufel-1.jpg引用。


1951年になり、戦後の日本も航空輸送への参入が認められ、日本航空株式会社が設立された。日本航空が定期航路に投入したのは、6機のアメリカ機だけだったが、そのうちの1機はダグラスDC-4輸送機だった。このDC-4輸送機の固有名称は、「てんおう星」で、1951年11月から、東京 - 札幌(千歳空港)路線に就航した。

写真(右):1950-1960年代、駐機しているオーストラリアのカンタス航空(Capital Airlines)のダグラス(Douglas)C-54Dスカイマスター(Skymaster)旅客輸送機(登録コードN88851 、製造番号3121) :機体中央窓付近のラインや垂直尾翼は、赤色塗装されている。キャピタル航空(Capital Airlines )は、1936年11月, アメリカのペンシルバニア中央航空(Pennsylvania Central Airlines)として設立、1948年4月からキャピタル航空として運航していた。
SDASM Archives Douglas, DC-4
Title: Douglas, DC-4
Corporation Name: Douglas Aircraft
Designation: DC-4 Tags: Douglas, DC-4
Additional Information: USA
写真は, San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00065757引用。


カンタス航空QANTAS)は、クイーンズランド・ノーザンテリトリー航空サービス株式会社Queensland and Northern Territory Aerial Services Limited)の頭文字QANTASのことで、1920年にオーストラリア連邦、クイーンズランド州で設立され、当初は広大な国土の辺地・奥地(アウトバック)で航空郵便を扱っていた。運航していた。国際線、国内線を運航するオーストラリア国営企業となった。第二次大戦が勃発すると、イギリス自治領(ドミニオン)オーストラリアはすぐに参戦し、カンタス航空の機体は大戦中1939〜1945年の間は、軍に徴用された。このように、多数の機材が王立オーストラリア空軍の軍用機として転用されていたにもかかわらず、カンタス航空は1939年の宣戦布告後もシンガポール路線およびオーストラリア国内線の運航を継続していた。

1941年12月に太平洋戦争が勃発する。1942年2月、日本軍によるシンガポール占領に伴いカンタス航空QANTAS)は、シンガポール路線も運航を中断した。また、オランダ領東インドに残された軍人と民間人をカンタス航空の飛行艇がオーストラリアに移送した。また、1942年、カンタス・エンパイアの飛行艇2機が日本軍機により撃墜された。1942年5月、カンタス航空デハビランドDH86がニューギニアのマウントハーゲンから78名を避難させ、1942年後半、ニューギニア東端ポートモレスビー、ビルマの前線に対する緊急物資輸送を行った。

写真(右):1950-1960年代、駐機しているオーストラリアのカンタス航空(Capital Airlines)のロッキード(Lockheed) L-1049スーパーコンステレーション(Super Constellation)旅客輸送機(登録コード:VH-EAG) :3枚垂直尾翼の優雅な曲線を描いた胴体で、1940年代から1950年代にかけて、レシプロ旅客機の最後を飾った。マッカーサー将軍の最後の乗機ともなった。
SDASM Archives
Robert Reedy Collection Image
- Catalog:Array - Title:Array - Filename:Reedy_0192 Lockheed L-1049C VH-EAG Quantas.tif
Robert Reedy was a native of Amarillo Texas. He attended college in Wichita Kansas, studying aeronautical engineering. On graduation he was quickly snapped up by Stearman Aircraft. During his subsequent career he made stops at Lockheed, Thorp and back to Lockheed where he retired as a vice president of sales.
Reedy was involved in the design of several Stearman, Vega and Thorp types, the Lockheed P2V, Little Dipper, Big Dipper, and L-1011
写真は, San Diego Air and Space Museum Archive PictionID:46544854 引用。


ロッキード(Lockheed) L-1049スーパーコンステレーション(Super Constellation)旅客輸送機の原型は、1943年初飛行のロッキード・コンステレーション(Constellation)だが、戦時中はすでに前年の1942年に初飛行したダグラスDC-4輸送機が生産されており、機体も高価だったために、量産されなかった。しかし、日本本土空襲をしたボーイング(Boeing)B-29超空の要塞(Superfortress)と同じライト(Wright)R-3350デラックス・サイクロン(Duplex-Cyclone)空冷星形2200馬力4基を装備、巡航速力555 km/hを誇り、 乗客60-81名の与圧キャピン(高高度でも客室気圧は低地と同じ)が評価され、生産機数は850機に達した。ロッキード・コンステレーション(Constellation)のうち1951年7月14日初飛行のL-1049スーパーコンステレーションは、民間259機、軍用320機と生産機数の大半を占めている。

写真(右):1970年、駐機しているオーストラリアのカンタス航空(Capital Airlines)のダグラス(Douglas) DC-4-1009旅客輸送機(登録コード:VH-EDA)
VH-EDA, QANTAS, Douglas DC-4-1009, Sydney Airport
Date 1970
Source www.airliners.net
Author John M. Wheatley
写真は, Category:Douglas DC-4 at Sydney Airport File:QANTAS Douglas DC-4-1009 Wheatley.jpg引用。


カンタス航空は1943年6月から、インド洋を渡りスリランカ島(セイロン)とオーストラリア西端パースの間を結ぶオーストラリアへの唯一の定期航空便を運航した。このカタリナ飛行艇は、5,600kmの飛行距離を28〜33時間をかけて無着陸飛行した。このスリランカ島(セイロン)とパース間の民間航路には、1944年、カンタス航空は新型機コンソリデーデット・リベレーター輸送機を導入した。このとき機体に、初めて空飛ぶカンガルーのシンボルマークが機に塗装されたのである。 カンタス航空は、1947年からは、ロンドンからシドニーまでの全区間をロッキード「コンステレーション」旅客輸送機を導入して運航をし、1958年からは、北半球と南半球の両方を経由して地球を一周の空路を開拓した。

写真(右)1961年7月、日本、東京羽田国際飛行場、キャセイパシフィック航空(Cathay-Pacific-Airways)のダグラス(Douglas)C-54 スカイマスター(Skymaster)旅客輸送機(登録コード:VR-HFF)
Description Cathay Pacific Douglas C-54 Skymaster
Date 1 July 1961
Source www.airlinefan.com
Author Clinton Groves
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 of Cathay Pacific at Tokyo International Airport・File:Douglas DC-4 N30041 (4604757635).jpg引用。



写真(上):1972年、ノルウェー、オスロ飛行場、ベルゲン航空輸送(BAT:Bergen Air Transport)のダグラス(Douglas)C-54旅客輸送機(登録コード:LN-MOJ )
:ベルゲン航空輸送は、1961年に石油産業を支援するために設立され、1971年からは貨物チャーター便の運航も開始した。1977年まで運航していた。機体は1944年にアメリカで製造。
BAT C-54 Skymaster Date March 1972
Source http://www.airlinefan.com/airline-photos/large/1200387/BAT/Douglas/C-54-Skymaster/LN-MOJ/
Author Clinton H Groves Author Ralf Manteufel
写真は Wikimedia Commons, Category:LN-MOJ (Douglas DC-4) File:BAT C-54 Skymaster Groves.jpg引用。


写真(右):1960年代頃、カナダエアー(Canadair)製造のダグラス(Douglas)DC-4M旅客輸送機アルゴノート(Argonaut)
SDASM Archives Canadair DC-4M
Manufacturer: Canadair
Designation: DC-4M
Official Nickname: Argonaut
写真は, San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00076524引用。


カナダエアー(Canadair)製造のDC-4Mアルゴノート(Argonaut) 旅客輸送機は、ダグラス(Douglas)DC-4輸送機を原型として、発動機をプラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)R-2000-3ツインワスプ(Twin Wasp)空冷星形14気筒エンジンをカナダが国産化していたロールスロイス(Rolls-Royce)マーリン(Merlin)液冷V型12気筒エンジンに変換した輸送機である。また、機体部品の一部を後継機ダグラスDC-6輸送機から流用している。

写真(右):1960年代頃、カナダエアー(Canadair)製造DC-4M旅客輸送機アルゴノート(Argonaut) :機体中央窓付近のラインや垂直尾翼は塗装されているが、そのほかは無塗装、銀色の機体。胴体後方と垂直尾翼には、カナダの国章である赤色のカエデの葉をあしらったロゴを描いている。稲妻・電光のラインを胴体側面に描いている。
SDASM Archives Canadair DC-4M
Manufacturer: Canadair
Designation: DC-4M
Official Nickname: Argonaut
写真は, San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00076522引用。


カナダエアーCanadair)製造のダグラス(Douglas)DC-4M旅客輸送機アルゴノート(Argonaut)には、何枚も写真が残っているが、機体の塗装は、少なくとも2種類がある。機体中央窓付近のラインや垂直尾翼を塗装するのは同じであるが、デザインは異なっている。また、無塗装、銀色の機体ではなく、白系統の塗装を施している場合もある。飛行特性を重視すれば、無塗装で機体表面が平滑であれば空気抵抗が少ないが、塗装を施せば摩擦係数が大きくなり、飛行性能が7%から12%も低下する。しかし、無塗装であれば、風雨や海水にさらられ、錆や腐食など金属表面の損傷が早まる可能性が高くなる。また、機首のコックピット前方は、日報が反射すると、パイロットが現座くされて、操縦が困難になるために、反射除け塗装を施すのが一般的である。機首のコックッピット前の塗装は、パイロットがまぶしさに幻惑されるのを防いだ艶消し塗装をしている。

写真(右):1960年代頃、カナダエアー(Canadair)製造のダグラス(Douglas)DC-4M旅客輸送機アルゴノート(Argonaut ) :機体中央窓付近のラインや垂直尾翼は塗装されているが、そのほかは無塗装、銀色の機体。胴体後方と垂直尾翼には、カナダの国章である赤色のカエデの葉をあしらったロゴを描いている。稲妻・電光がたのラインを胴体側面に描いている。
SDASM Archives Canadair DC-4M
Manufacturer: Canadair
Designation: DC-4M
Official Nickname: Argonaut
写真は, San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00076521引用。


カナダエアー(Canadair)は、1944年設立の軍用機・民間機の製造企業で、ケベック州モントリオールに本社を持つ国営企業だったが、1986年にボンバルディア(Bombardier)に買収された。他方、トランス・カナダ航空 (Trans-Canada Airlines, TCA) は、1937年8月に設立された国営企業で、1965年1月にエア・カナダ(Air Canada)と社名を変更し、1978年に民営化された。

写真(右):1960年代頃、カナダエアー(Canadair)製造のDC-4M旅客輸送機アルゴノート(Argonaut) :機体中央窓付近のラインや垂直尾翼は塗装されているが、そのほかは無塗装、銀色の機体。胴体後方と垂直尾翼には、カナダの国章である赤色のカエデの葉をあしらったロゴを描いている。エンジンは停止しているが、フラップを下げているので、着陸してたばかりであろう。
SDASM Archives Canadair DC-4M
Manufacturer: Canadair
Designation: DC-4M
Official Nickname: Argonaut
写真は, San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00076520引用。


ダグラスC-54スカイマスター輸送機は、1942年から1947年までに1200機生産された。アメリカ海軍仕様C-54(DC-4)は、R5Dと呼ばれた。しかし、第二次大戦が終了すると、軍用輸送機の需要は低迷したために、C-54輸送機は、民間航空に払い下げられ、旅客輸送機として世界中で使用されるに至った。


写真(上):1975年4月、ケニア、ナイロビ、ケニヤッタ空港のダグラス(Douglas)DC-4-1009旅客輸送機(登録コード5H-AAH 、製造番号42931/33)
:アメリカのダグラス社サンタモニカ工場で1946年に製造された機体で、このとき使用後30年近く経過している。
Photographer Steve Fitzgerald Location Nairobi - Jomo Kenyatta (Embakasi) (NBO / HKJK), Kenya
Aircraft type Douglas DC-4-1009 Registration 5H-AAH
Type Photograph Date 3 April 1975
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 File:Douglas DC-4-1009 AN1811636.jpg引用。



写真(上):2018年5月、オーストラリア、ニューサウルウェールズ州(New South Wales)、イラワラ(Illawarra)航空ショーで展示されたダグラス(Douglas)DC-4旅客輸送機
:Description Douglas DC4 Date 5 May 2018, 09:35 Source Douglas DC4 Author FotoSleuth
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-4 File:Douglas DC4 (40228288670).jpg引用。


7. ダグラス(Douglas)DC-4輸送機のエンジンをP&WR-2800ダブルワスプ空冷星型複列14気筒に変換、出力を2,400hp(1,800kW)に大幅に強化し、客室を高高度でも気圧が低下しない与圧キャビンに改良した。この1946年2月初飛行のダグラスDC-6旅客輸送機は、DC-4後継機として1946年から1958年まで、軍用仕様のC-118リフトマスター(Liftmaster)を含めて700機が製造され、世界中で活躍した。


写真(上):1990年4月、ボリビア共和国、ラパス飛行場、サンタ・リタ冷蔵(Frigorifico Santa Rita )のダグラス(Douglas)DC-6B 旅客輸送機(登録コード:CP-1953)
:サンタ・リタ冷凍は、牛肉加工・冷凍などを業務とする食品メーカー。
Photographer Perry Hoppe Location La Paz - El Alto (John F. Kennedy) (LPB / SLLP), Bolivia Aircraft type Douglas DC-6B Operator Frigorifico Santa Rita Registration CP-1953 Type Photograph Description English: A very nice scenery with those dark clouds in about 4050 m above sea level. But you have to keep an eye on the dogs, running around in this area. Usually they are not aggressive but don`t get too close, the planes are their home as you can see on the picture. Date 8 April 1990
写真は Wikimedia Commons, Category:Douglas DC-6 File:Douglas DC-6B, Frigorifico Santa Rita AN2024564.jpg引用。


ダグラス(Douglas)DC-4後継機となったDC-6 旅客輸送機は、1946年2月に初飛行した乗客52名を乗せられる四発高速輸送機である。日本航空も含め、世界の民間航空が使用し、信頼性が高く、整備が容易だったために、ベストセラーとなった最後のレシプロ輸送機で、1990年代になっても使用されていた。ダグラスDC-8、ボーイング707などのジェット機が就航した後も多くの航空会社で使用され続け、1970年代まで就役していた。また、軍用輸送機C-118 リフトマスター(Liftmaster)としても使用されている。

⇒写真集Album:ダグラス(Douglas)DC-6旅客輸送機を見る。


二十世紀初頭から現在まで

人間爆弾「桜花」Human Bomb 1945
日本陸軍特殊攻撃機キ115「剣」
ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He111爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-188爆撃機/Ju388高高度偵察機
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
ブロームウントフォッスBV138飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機/夜間戦闘機

2020年3月27日公開の当サイトへのご訪問ありがとうございます。写真,データなどを引用する際は,URLなど出所を明記してください。
◆毎日新聞2008年8月24日「今週の本棚」に,『写真・ポスターから学ぶ戦争の百年 二十世紀初頭から現在まで』(2008年8月青弓社刊行,368頁,2100円)が紹介されました。

◆戦争にまつわる資料,写真など情報をご提供いただけますお方のご協力をいただきたく,お願い申し上げます。

ご意見等をお寄せ下さる際はご氏名,ご連絡先を明記してくださいますようお願い申し上げます。

連絡先: torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 
東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Tel: 0463-50-2122, Fax: 0463-50-2078
Flag Counter
Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 8000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.


Copyright © 2020 Torikai Yukihiro, Japan. All Rights Reserved.