Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内
◆イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)
写真(上)1930年5月23日,イタリア北部、ミラノ、ミラノ祭(Fiera di Milano)におけるファシスト大学大会(universitari fascisti )で学生隊デモンストレーションを閲兵するイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)とファシスト党幹部たち
; Fiera di Milano - Manifestazione per la rassegna degli universitari fascisti alla presenza di Benito Mussolini Argo Agenzia Fotografica (attr.)  Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 1930/05/23
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Archivio Storico Fondazione Fiera Milano, fondo Fondo Fiera campionaria, PAL_1930_774 引用。


写真(上)1938年9月29-30日、ドイツ、ミュンヘン駅、ドイツ総統アドルフ・ヒトラーとともにミュンヘン会談に出席したイタリア統領ベニート・ムッソリーニは、ミュンヘン協定を成立させ、ズテーテン危機を回避したことで大歓迎された。

Mussolini a Hitler: Opera vrahů  Tragická hra dvou diktátorů na pozadí událostí 2. světové války. Dvoudílný francouzský dokument V první polovině 20. století se ve svých zemích chopili moci dva diktátoři: Benito Mussolini a Adolf Hitler. Dva rozdílní muži, které spojila obdobná ideologie i schopnost manipulovat davy. Dějiny jejich vztahu začaly ve své podstatě již v říjnu roku 1922, kdy se kdysi socialistický revolucionář, nyní pravicový ideolog a zakladatel italského fašistického hnutí Benito Mussolini v Římě chopil moci. Tento akt z Mnichova s obdivem sledoval jeden z čelních představitelů tamní extrémně pravicové strany, Adolf Hitler. Zatímco však Hitler po nezdařeném „pivním“ puči z listopadu 1923 ukládal své myšlenky pouze jako slova vepsaná do spisu Mein Kampf, uváděl italský „Il Duce“ obdobné ideje v praxi. Toto rozdělení rolí na „mistra“ a „žáka“ však nemělo platit navždy.
Provenance: EUscreenXL-Aggregation Institution: ČT Provider: EUscreen Providing country: Czech Republic
写真はEuropeana Česká televize Dataset: 2051945_Ag_EU_1022引用。


写真(右)1940年10月28日、イタリア王国、フィレンツェ、イタリア統領ベニート・ムッソリーニとの会談のために列車でベネチアに到着したドイツ総統アドルフ・ヒトラー
;1940年10月24日、ヒトラーは、フランス南西端モントルー(Montoire-sur-le-Loir)でフランス国家元首フィリップ・ペタン(Philippe Pétain)元帥と会談、その後、10月28日、リンベントトロップ外相を伴って、フィレンツェでムッソリーニ、チアーノ外相と会談した。
Benito Mussolini (L) and Adolf Hitler meet in Florence 1940
‘It was a terrible idea’ School scraps 'unique' fascism-themed ball after angry complaints.
写真は,2021 Express Newspapers. "Daily Express ‘It was a terrible idea’ School scraps 'unique' fascism-themed ball after angry complaints引用。

◆2011年7月刊行の『写真・ポスターに見るナチス宣伝術―ワイマール共国からヒトラー第三帝国へ』青弓社(2000円)では、WW2も詳解しました。
◆2011年9月2日・9日(金)午後9時からNHK-BS歴史館「側近がみた独裁者ヒトラー」でRudolf Hess ルドルフ・ヘス及びLeni Riefenstahl レニ・リーフェンシュタールを検討。再放送は9/4(日)12時、9/7(水)24時及び9/11(日)12時、9/13(水)24時。

1.イタリア王国ファシスト党ムッソリーニ独裁

写真(右)1916年,第一次世界大戦中、イタリア北部、ウーディネ県アンペッツォ 、カルニア(Carnia)のオーストリア軍と対峙する前線を視察するイタリア王国サボイア王家ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア3世(Vittorio Emanuele di Savoia)(軍服姿):第一次大戦のイタリア戦線は、ドイツとオーストリア=ハンガリーの国境付近、すなわちアルプス山岳戦が戦われた。
Vittorio Emanuele (re d'Italia, 3) - Visita -- Carnia
Laboratorio Fotografico del Comando Supremo (attribuita a)
Autore: Laboratorio Fotografico del Comando Supremo (attribuita a) (sec. XX), fotografo principale
Luogo e data della ripresa: Italia, 1916
Materia/tecnica: gelatina bromuro d'argento/carta
Note: Vittorio Emanuele III con militari dell'esercito italiano ad un osservatorio in Carnia
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Bergamo (BG), Croce Rossa Italiana - Comitato Provinciale di Bergamo, fondo Archivio Storico CRI BG, VII-E-1-5/ 4 f.1引用。


写真(右)1922年10月30日,イタリア、戦闘的ファッシを率いるベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)、ジュゼッペ・ボッタイ(左側)とファシスト党員たち:ジュゼッペ・ボッタイらファシスト幹部は戦闘的ファッシ(黒シャツ隊)を率いて、事態を収拾できない政府に対するクーデター的革命を起こした。
Giuseppe Bottai - Comizio di Mussolini Non identificato
Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 01/07/1920 - 31/07/1920.
Misure: 24 x 30 Note: Delle persone qui ritratte si vede solo la parte superiore del corpo o il viso. Nel centro sta Mussolini a alla sua sinistra Giuseppe Bottai. [Descrizione di Viviana Bottai]
写真はRegione Lombardia Europeana experience ABA 32.91 : Fascisme. Italiensk引用。


第一次大戦終戦直後、1919年3月23日、ムッソリーニは同じイタリア復員軍人や戦後組織された義勇兵を中心とする「イタリア戦闘的ファッシ」(Fasci italiani di combattimento:FIC)を設立し、数百名で軍事的な組織によって政治活動を始めた。このファシスト党戦闘部隊(イタリア戦闘者ファッシ:FIC)は、農村から都市までの出身者がおり、中核は第一次大戦で活躍した将校や下士官で、軍事組織らしい規律を重じ、勇猛果敢だったイタリア突撃兵(アルディーティ)の黒シャツを制服とした。そこで、黒の軍服で固めた組織は「黒シャツ隊」とも呼ばれ、後のファイ氏と党幹部の制服にもなっている。ドイツのナチ党ヒトラーは、突撃隊SAを義勇兵から組織され、褐色の制服を採用したのは、これを模倣している。

ジュゼッペ・ボッタイ(Giuseppe Bottai:1895-1959)は、ローマ出身で、祖父の代からワイン販売業で、ローマ大学で学んだ後、第一次世界大戦には兵士として戦った経験がある。戦後はローマでイタリア戦闘的ファッシに参加し、ローマでの指導者となった。ファシスト党幹部としては、文化・教育担当となり、のちにムッソリーニ内閣の教育大臣に就任した。1922年のローマ進軍でも活躍している。1936年に国民教育相となる。1943年7月のファシズム大評議会では、ムッソリーニ解任のグランディ決議に賛成したため、ドイツ軍に拘束されるところだったが、北アフリカのフランス領アルジェリアに亡命し、そこでフランス外人部隊の一兵士としてドイツ軍と戦った。

写真(右)1922年10月30日,イタリア、ローマ、ファシスト党員たち動員してローマ進軍をするベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):ジュゼッペ・ボッタイらファシスト幹部は戦闘的ファッシ(黒シャツ隊)を率いて、事態を収拾できない政府に対するクーデター的革命を起こし、イタリア国王はムッソリーニに政権を任せる決断をした。
Mussolini hilses af italienske fascister under marchen mod Rom i oktober 1922.
Mussolini is greeted by Italian fascists during the march on Rome in October 1922
Misure: 13 x 18 Note: Un'autovettura scoperta è ferma mentre esce dal portone aperto del palazzo del Quirinale in Roma. Nel suo interno siedono Mussolini e Bottai sul sedile posteriore e davanti a loro altre due persone, al volante un autista. Tutti i passeggeri sono rivolti verso il fotografo, anche una persona vicina all'autista appoggiata all'autovettura. Davanti a Bottai siede Luigi Freddi. Dietro all'autovettura spuntano i cappelli di due carabinieri e la garitta. Sul portone stanno in piedi tre uomini. [Descrizione di Viviana Bottai] .
写真はRegione Lombardia Europeana experience ABA 32.91 : Fascisme. Italiensk引用。


1921年5月イタリア総選挙が行われたが、この時結成されたイタリア自由党、イタリア社会民主党、イタリア・ナショナリストの連合した国民戦線にベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)のイタリア戦闘的ファッシも参加し、選挙の結果、国民ブロックは全体票の19.1%を得て、イタリア社会党、イタリア人民党に続いて第三党に躍進した。そこで、ムッソリーニは、1921年11月9日、ローマ皇帝アウグストゥス廟前で全国大会を開催しイタリア戦闘ファッシを「国家ファシスト党」(PNF)に改組し、党の私兵組織イタリア戦闘的ファッシを黒シャツ隊(camicie nere)として発展させた。呼ばれる様になった。

写真(右)1922年11月3日,イタリア、ローマ、ローマの入口に当たるポポロ「市民」広場をファシスト党幹部と動員された党員や戦闘的ファッシを引き連れたローマ進軍をするムッソリーニの乗った自動車:ムッソリーニは、ここまで自動車で「ローマ進軍」し、ローマ中心入口のポポロ広場から王宮まで徒歩で行進したのであろう。
Mussolini hilses af italienske fascister under marchen mod Rom i oktober 1922 Mussolini is greeted by Italian fascists during the march on Rome in October 1922 .
Providing institution Arbejdermuseet & ABA (opens in new window)  Creator Unknown Subject Fascism
Mussolini 's interview with the King of Italy . Left to right : Generals Capello , Fara and Ceccherini leading the Fascisti troops past the Royal Palace . 3 November 1922 Credit: TopFoto Location: Rome, Lazio, Italy Date: 03-11-1922 Dimensions: 6181 x 4240 .
写真はRegione Lombardia Europeana experience 引用。


ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)のローマ進軍には、イタリア・トルコ戦争、第一次世界大戦で活躍した王宮前をローマ進軍したルイージ・カペッロ(Luigi Capello)将軍,グスタボ・ファラ(Gustavo Fara)将軍、サンテ・チェッケリーニ(Sante Ceccherini)将軍など軍人の応援も得ていた。そして、ファシスト幹部は政府と国王に圧力をかけるために戦闘的ファッシ(黒シャツ隊)を使って暴力的な圧力をかけ、政府の無能ぶりをさらけ出して、イタリア国王にムッソリーニ首相任命を促した。ムッソリーニの首相任命に貢献したこれら三将軍は、しかしみな第二次大戦前に亡くなっている。

写真(右)1922年10月30日,イタリア、ローマ、キリナーレ宮殿の開いた玄関口、自動車の後席に、ムッソリーニとボッタイが座り、その前に他の2人、運転手がいる。ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):ジュゼッペ・ボッタイらは、政府の任務のためにイタリア国王と会うためにムッソリーニと一緒にキリナーレを車で出発した。車に寄りかかっている近く人物もみな写真家の方を注目している。ルイジ・フレディが、ボッタイの前に座ってる。車の後ろには、カラビニエリ帽子をかぶったムッソリーニら、その背景には歩哨が写っている。【ヴィヴィアナ・ボッタイによる説明】 。
Giuseppe Bottai - Partenza dal Quirinale con Mussolini per incontro con il Re per incarico di governo Foto Agenzia di Roma A. Bruni.
Autore: Foto Agenzia di Roma A. Bruni (notizie 1922), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 30/10/1922
Misure: 13 x 18 Note: Un'autovettura scoperta è ferma mentre esce dal portone aperto del palazzo del Quirinale in Roma. Nel suo interno siedono Mussolini e Bottai sul sedile posteriore e davanti a loro altre due persone, al volante un autista. Tutti i passeggeri sono rivolti verso il fotografo, anche una persona vicina all'autista appoggiata all'autovettura. Davanti a Bottai siede Luigi Freddi. Dietro all'autovettura spuntano i cappelli di due carabinieri e la garitta. Sul portone stanno in piedi tre uomini. [Descrizione di Viviana Bottai] .
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, A01_B66_F02引用。


写真(右)1922年11月,イタリア、ローマ、新生イタリア首相ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)内閣の閣議:ムッソリーニ内閣は、イタリア歴代史上最長政権で、1922年10月31日から1943年7月25日まで7572日続いた。
Cabinet Mussolini (Vianello) : [photographie de presse] / [Agence Rol]
Référence bibliographique : Rol, 79459.
Place / Time: .. novembre 1922
Bibliothèque nationale de France, département Estampes et photographie, EI-13 (954)
写真はRegione Lombardia Europeana -Référence bibliographique : Rol, 79459引用。


写真(右)1928年3月22日,イタリア、ローマ、イタリア王国サボイア王家ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア3世(Vittorio Emanuele di Savoia)
Ritratto in uniforme. Vittorio Emanuele III re d'Italia Sommariva, Emilio
Autore: Sommariva, Emilio (Lodi, 8 dicembre 1883 - Milano, 12 settembre 1956), fotografo principale
Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 22/03/1928
Materia/tecnica: carbone/carta Misure: 18 x 24
Collocazione: Milano (MI), Biblioteca Nazionale Braidense, fondo Sommariva,
Autore: Foto Crimella (seconda metà sec. XIX- secolo XX), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), 06/04/1940
Misure: 18 x 24
Note: Il re d'Italia Vittorio Emanuele III di Savoia, nel Salone d'Onore (Aula Massima) alla cerimonia d'inaugurazione della VII Triennale di Milano, durante il discorso di Giuseppe Bianchini, presidente della Triennale. Tra gli altri si riconosce Vittorio Emanuele, conte di Torino e in primo piano a destra Giuseppe Bottai, ministro dell'educazione nazionale..
写真は,LombardiaBeniCulturali SOM. ST. D. c. 545引用。


イタリアが第一次大戦の戦勝国であるにもかかわらず、国力が衰退している理由を、ムッソリーニは、個人主義がはびこり、無責任な首相が輩出される議会制民主主義の害毒と考え、大衆に支持された強力なファシスト党による独裁、すなわちファシズム(全体主義)を主張し、1922年、ローマ進軍に打って出た。つまり、ムッソリーニ率いるファシスト党員、戦闘的ファッシが武装し、ローマに向かって進軍し、政権移譲を要求したのである。イタリア政府は、当初、この暴動を鎮圧しようとしたが、イタリア国王サボイア王家ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世(Vittorio Emanuele III)は、ムッソリーニを支持し、彼を首相として内閣を組織することを認めた。国王自身が、無策の既存政党に愛想をつかしており、国王の下でのファシズムを待望したのである。こうしてムッソリーニは国王の支持を得て首相として内閣を組閣し、1922年10月末に第一次ムッソリーニのファシスト内閣が誕生した。

1922年10月末に第一次ムッソリーニ内閣の閣僚は以下通りで連立政権ではあるが、ムッソリーニが重要な職を独占していた。そして、ファシスト党以外の政党はその後排除され、ファイス党独裁に移行した。
ファシスト党(3人):首相・外相・内相ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini
大蔵大臣アルベルト・デ・ステファニ(Alberto De Stefani),領土大臣ジョヴァンニ・ジュリアーティ(Giovanni Giuriati),法務大臣アルド・オヴィーリョ(Aldo Oviglio)
人民党(Partito Popolare Italiano_1919)(2人): ステファノ・カヴァッツォーニStefano Cavazzoni)、ヴィンツェンツォ・タンゴッラ(Vincenzo Tangorra)
社会民主党(Partito Democratico Sociale Italiano)(2人): ガブリエーロ・カルナッツァ(Gabriello Carnazza)、チェザーロ公ジョヴァンニ・アントニオ(Gabriello Carnazza, Giovanni Antonio Colonna di Cesarò)
自由党サランドラ派: ジュセッペ・デ・カピターニ・ダルツァーゴ(Giuseppe De Capitani d'Arzago)
自由党ジョリッティ派: テオフィーロ・ロッシ(Teofilo Rossi)
イタリア・ナショナリスト協会(後ファシスト党に合流): ルイージ・フェデルツォーニ(Luigi Federzoni) 軍人(2人): アメデオ・ディアズ(Armando Diaz)、パオロ・タオン・ディ・レヴェル(Paolo Thaon di Revel)
無所属(後ファシスト党へ入党): ジョヴァンニ・ジェンティーレ(Giovanni Gentile)

写真(右)1922年11月8日,スイス、ローザンヌ、フランス首相のレイモン・ポアンカレ(Raymond Poincaré:1860-1934.10)、イギリス外務大臣の初代カーゾン侯爵ジョージ・ナサニエル・カーゾン(George Nathaniel Curzon, 1st Marquess Curzon of Kedleston,:1859-1925.3)卿と会談を持ったイタリア首相ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)
Lausanne : M.M. Poincaré, Mussolini et Lord Curzon : [photographie de presse] / Agence Meurisse.
BRéférence bibliographique : Meurisse, 2276 A.
Period: 1922 Place / Time: 08 novembre 1922
Numéro commercial : Meurisse 2276 A Publisher: (Paris) .
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Numéro commercial : Meurisse 2276 A引用。


1922年、フランス首相・大蔵大臣となったポワンカレは、連合国側の最大の被害国として、蔵相を兼務してドイツからの賠償金取り立てのドイツ賠償委員会委員長に就任し、ドイツに対しする厳しい戦争責任を追及した。これは、西欧の危機を誘発させたため、1922年11月から翌年1923年にかけてスイスでローザンヌ会議が開催された。ここでは、敗戦後のオスマン帝国・トルコの国境線を確定し、フランス軍のドイツ・ワイマーク共和国ルール占領後の緊張緩和が図られた。ローザンヌ会議で活躍したフランス首相レイモン・ポアンカレもイギリス外務大臣の初代カーゾン侯爵ジョージ・ナサニエル・カーゾンも1930年代に死去しており、第二次大戦を迎えたのはベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)だけだった。

写真(右)1922年12月8日,イギリス、ロンドン、ファシスト護衛2人とロンドン宿舎に滞在しているイタリア首相ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):イタリア首相として、イギリス・フランスと対等の戦勝国として国際的に認知させ、イタリア国民の名誉心を満足させた。
Mussolini dans ses appartements à Londres, après la conférence au milieu de deux fascistes qui lui servent de gardes du corps : [photographie de presse] / Agence Meurisse.
Bibliothèque nationale de France, département Estampes et photographie, EI-13 (2729) Publisher: (Paris).
Place / Time: 08 décembre 1922
Appartient à : [Recueil. Actualités 1922-06-25**1923-05-14. Agence Meurisse MEU 98603-6091 A] .
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Numéro commercial : Meurisse 2633 A , ark:/12148/btv1b9022520z引用。


1922年10月24日、ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)は、ナポリで数万の党員を集めたファシスト党大会を開催し、ファシスト党の黒シャツ隊を使った政権奪取のクーデターを準備した。ムッソリーニは、経済と政治の中枢であるイタリア北部を中心に、黒シャツ隊に政府官庁を占拠させ、武装したファシスト党員を列車で首都ローマに集結させた。1922年10月29日、首都ローマに黒シャツ隊2万名が入城すると、イタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世は、ベニート・ムッソリーニを謁見して、新首相に任命して、混乱を収束する勅令を出した。

こうして、1922年10月31日、ファシスト党を中心として、イタリア人民党・イタリア自由党・イタリア社会民主党が連立した第一次ムッソリーニ政権が成立したのである。しかし、ムッソリーニは、独裁的な挙国一致内閣を樹立するために、議会からも臨時の委任立法権を認めさせた。

写真(右)1923年3月26日,イタリア北部、ミラノ、ミラノ-ライネート-間の高速道路工事の起工式に参加したイタリア首相ベニート・ムッソリーニ、ジョヴァンニ・カッタネオ(Giovanni Cattaneo:1865-1944.12)将軍(右):1922年10月29日、首都ローマに黒シャツ隊2万名を率いて入場した「ローマ進軍」によって、イタリア国王より政権を任されたムッソリーニは、私兵的黒シャツ隊を中核とする準軍事組織を政治活動の中心に置いた大衆的行動と、国王・宗教家・軍人・産業界の要人との密約的交渉によって、独裁色を強めていった。
Milano - Lainate - Mussolini - Autorità per l'inaugurazione dei lavori autostradali Non identificato (attr.)
Autore: Non identificato (attr.), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 26/03/1923
写真はRegione Lombardia,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Raccolte Grafiche e Fotografiche del Castello Sforzesco. Civico Archivio Fotografico, fondo Foto Milano, FM Albo 12/179引用。



写真(右)1923年,イタリア北部、ジェノバ南40キロ、レヴァント(Levanto)の海岸で寛ぐイタリア首相ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)、妻ラケーレ(Rachele)、長女エッダ(Edda)、長男ブルーの(Bruno)、次男ビットリオ(Vittorio)
:ムッソリーニは、男性的な肉体を誇りにしていて、衆人に見せびらかしていた。これは、身体を隠していたヒトラーとは対照的である。
Italiano: Benito Mussolini con Rachele, Edda, Bruno e Vittorio sulla spiaggia di Levanto. Date 1923
Author Anonymous .
写真はWikimedia Commons, LombardiaBeniCulturali -File:Famiglia Mussolini, Levanto 1923.jpg 引用。


ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)は、同郷のラケーレ・グイーディ(Rachele Guidi:1890-1979)と結婚しで、彼女との間に、男子は長男アルビーノ、次男ヴィットーリオ、三男ブルーノ、四男ロマーノ、女子は長女エッダ、次女アンナ・マリアの合計6人の子どもをもうけている。

写真(右)1923年10月28日,イタリア北部、ミラノ、スフォルツェスコ城前の馬上のファシスト党シンパのエミーリオ・デ・ボーノ(Emilio De Bono:1866-1944.1)将軍、イタリア首相ベニート・ムッソリーニ、ジョヴァンニ・カッタネオ(Giovanni Cattaneo:1865-1944.12)将軍(右):1922年10月29日、首都ローマに黒シャツ隊2万名を率いて入場した「ローマ進軍」によって、イタリア国王より政権を任されたムッソリーニは、私兵的黒シャツ隊を中核とする準軍事組織を政治活動の中心に置いた大衆的行動と、国王・宗教家・軍人・産業界の要人との密約的交渉によって、独裁色を強めていった。
Milano - Castello Sforzesco - Mussolini - Generale Cattaneo - Generale Bono Non identificato (attr.)
Autore: Non identificato (attr.), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 28/10/1923
写真はRegione Lombardia,LombardiaBeniCulturali  Collocazione: Milano (MI), Raccolte Grafiche e Fotografiche del Castello Sforzesco. Civico Archivio Fotografico, fondo Foto Milano, FM Albo 11/73引用。



写真(右)1923年10月28日,イタリア北部、ミラノ、スフォルツェスコ城前の馬上のイタリア首相ベニート・ムッソリーニとファシスト党シンパのジョヴァンニ・カッタネオ(Giovanni Cattaneo:1865-1944.12)将軍
(左側):1922年10月29日、首都ローマに黒シャツ隊2万名を率いて入場した「ローマ進軍」によって、イタリア国王より政権を任されたムッソリーニは、私兵的黒シャツ隊を中核とする準軍事組織を政治活動の中心に置いた大衆的行動と、国王・宗教家・軍人・産業界の要人との密約的交渉によって、独裁色を強めていった。
Milano - Castello Sforzesco - Mussolini a cavallo Non identificato (attr.)Non identificato (attr.)
Autore: Non identificato (attr.), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 28/10/1923
写真はRegione Lombardia,LombardiaBeniCulturali  Collocazione: Milano (MI), Raccolte Grafiche e Fotografiche del Castello Sforzesco. Civico Archivio Fotografico, fondo Foto Milano, FM Albo 11/127引用。


1925年1月3日、ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)は、ファシスト党と黒シャツ隊の支援を得て、議会演説で独裁制を公言し、権力を中央に集中し、12月24日に首相に代わる国家主要長(カポ: Capo del governo primo ministro segretario di Stato)を創設し、自らその地位に就いた。以降、ムッソリーニは今までの首相とは次元の異なる独裁的国家指導者と認められ、統領(Duce)の称号は、ムッソリーニだけを指すものとみなされるようになった。


写真(右)1926年3月29日,イタリア、ローマ、チャンピーノ空港(all'aereoscalo di Ciampino)、イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニと数人のイタリア人役員がノルウェー人探検家ロアール・アムンセン(Roald Amundsen:1872-1928)とイタリア人探検家ウンベルト・ノビレ(Umberto Nobile:1885-1978)による北極探検用飛行船「ノルゲ(ノルウェー)」の譲渡契約を締結を机上で行った。
;後方の飛行船は「ノルゲ」のより小さなものである。
Tittel: Fra overtakelsessermonien for luftskipet "Norge" i luftskiphallen på Ciampino-flyplassen Beskrivelse / Description: Gelatin papirpositiv. Rolf Thommessen fra Luftseiladsforeningen og Benito Mussolini samt flere italienske offiserer står rundt bordet der kontrakten ble underskrevet. Luftskipet i bakgrunnen var langt mindre enn "Norge".
Dato / Date: 29. mars 1926 Fotograf / Photographer: unknown Sted / Place: Italia, Roma, Ciampino Eier / Owner Institution: Nasjonalbiblioteket / National Library of Norway Lenke / Link: www.nb.no Bildesignatur / Image Number: bldsa_NPRA0721 Date 19 February 2010, 09:21
Author Nasjonalbiblioteket from Norway
写真はWikimedia Commons, Category:Benito Mussolini in 1926 File:Fra overtakelsessermonien for luftskipet "Norge" i luftskiphallen på Ciampino-flyplassen, 29. mars 1926 (8887662980).jpg引用。

イタリアの探検家ウンベルト・ノビレ(Umberto Nobile:1885-1978)は、軍人で航空技術者でもあり、初の北極点到達に成功した半硬式飛行船「ノルゲ」を開発した。半硬式飛行船「ノルゲ」は、1925年にノルウェー人探検家ロアール・アムンセン(Roald Engelbregt Gravning Amundsen:1872-1928)がノビレに開発を依頼したもので、二人は北極点上空まで飛行することを計画し、そのパトロンとして、アメリカの富豪で探検家のリンカーン・エルズワースの参加を得た。。

アムンゼンは、1925年にドイツのドルニエが開発したドルニエ Do-J飛行艇を使って、北極点まで150マイル (280 km)の地点までの飛行に成功している。アムンゼンたちは、飛行船でここまで来たものの、不時着し、1カ月間退避せざるを得なかったので、その再挑戦だった。そこで、二回目の北極飛行の挑戦は、イタリア国営航空機工場 (Italian State Airship Factory) で製造した半硬式飛行船N-1型「ノルゲ」を1926年3月29日を譲渡された。


写真(右)1926年3月29日,イタリア、ローマ、チャンピーノ空港(all'aereoscalo di Ciampino)、イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニがイタリア人探検家ウンベルト・ノビレ(Umberto Nobile:1885-1978)とノルウェー人探検家ロアール・アムンセン(Roald Amundsen:1872-1928)とによる共同の北極探検用の半硬式飛行船N-1型「ノルゲ」の譲渡契約書に署名している。
;「ノルゲ」は、ウンベルト・ノビレが設計し、1923年に建造を開始したN級半硬式飛行船の第1号機で、北極探検の時に操縦桿を握ったのはノビレだったが、探検隊長は同伴したアムンセンだった。後方右側の飛行船が「ノルゲ」のようだ。
Aprile 1926 - S.E. Mussolini firma il contratto
Size: Altezza: 130 mm, Larghezza: 180 mm /Creation date: 1926 Porry Pastorel, Adolfo
Author Nasjonalbiblioteket from Norway
写真はRights: Società Geografica Italiana , Europeana experience Identifier: 13462 , 3113 引用。

ノルウェー人ロアール・アムンセン(Roald Engelbregt Gravning Amundsen:1872-1928)は、1911年12月14日人類史上初の南極点到達の探検家で、次に北極点を飛行船で到達しようと計画した。そこでイタリア製半硬式飛行船N-1型「ノルゲ」 (ノルウェー)をムッソリーニに援助で購入、1926年4月14日にイタリアを発進した。そして、イギリス経由で、ノルウェーのオスロに寄港、スヴァールバル諸島スピッツベルゲン島ニーオーレスンから北極点への飛行をする。しかし、当時既にアメリカ人リチャード・バード隊がアメリカ製フォッカー F.VI三発トライモーターで北極点到達を計画しており、1926年4月29日、アムンセンはこのトライモーターとの競争になった。しかし、アメリカのリチャード・バードのフォッカー F.VIIトライモーターは、1926年5月9日、フロイド・ベネットの操縦で、北極圏上空の飛行に成功した。つまり、イタリア製飛行船「ノルゲ」による北極点一番乗りの栄光は、アメリカ機に奪われてしまったのである。


写真(右)1926年3月29日,イタリア、ローマ、チャンピーノ空港(all'aereoscalo di Ciampino)、イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニがイタリア人探検家ウンベルト・ノビレ(Umberto Nobile:1885-1978)とノルウェー人探検家ロアール・アムンセン(Roald Amundsen:1872-1928)とによる共同の北極探検用の半硬式飛行船N-1型「ノルゲ」をノルウェーに譲渡した。
;「ノルゲ」は、ウンベルト・ノビレが設計し、1923年に建造を開始したN級半硬式飛行船の第1号機で、北極探検の時に操縦桿を握ったのはノビレだったが、探検隊長は同伴したアムンセンだった。後方右側の飛行船が「ノルゲ」のようだ。
Aprile 1926 - S.E. Mussolini all'aereoscalo di Ciampino per la consegna del Norge e il cambio di bandiere
Size: Altezza: 130 mm, Larghezza: 180 mm /Creation date: 1926 Porry Pastorel, Adolfo
Author Nasjonalbiblioteket from Norway
写真はRights: Società Geografica Italiana , Europeana experience Identifier: 13467 , 3118用。

1926年5月11日、スヴァールバルを離陸したイタリア製飛行船「ノルゲ」15時間半後、北極点上空を飛行し、2日後に目的地をノームから変更してアメリカのアラスカ州テラーに到着した。しかし、実は、アメリカ人リチャード・バードによるフォッカー F.VI三発トライモーターによる北極点等たちは、航法の誤りにより、実際には北極点に到達していなかったことが後日明らかになり、北極点一番乗りはイタリア製飛行船「ノルゲ」のアムンゼン・ノビレによるものといされている。

1928年、飛行機で北極圏を探検中だったノルウェー人ロアール・アムンセン(Roald Amundsen)は、同時期に2回目の北極圏探検をしていた半硬式飛行船「イタリア」のイタリア探検家ウンベルト・ノビレ(Umberto Nobile)らが行方不明になったとの報告を受け、フランス製ラタム 47(Latham 47)双発複葉飛行艇で捜索に向かったが、行方不明となる。飛行船「イタリア」は遭難したが、ノビレら乗員の一部は救助された。

写真(右)1927年4月12-27日,イタリア北部、ミラノ、ミラノ祭を訪問したイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニと黒シャツを着こんだファシスト党幹部たち
Fiera di Milano - Campionaria 1927 - Visita di Benito Mussolini
Non identificato
Autore: Non identificato (prima metà sec. XX), fotografo principale
Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 12/04/1927 - 27/04/1927
Materia/tecnica: gelatina bromuro d'argento/carta
Misure: 13 x 18
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Archivio Storico Fondazione Fiera Milano, fondo Fondo Fiera campionaria, PAL_FS_186引用。

写真(右)1927年,イタリア、ミラノ芸術祭を訪問したイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):フェア・ピエロ・プリチェッリ王立委員と他の人物を伴って、通りを闊歩する。オリジナル説明「ミラノフェア-カンピオナリア1927-ベニートムッソリーニの訪問」
Fiera di Milano - Campionaria 1927 - Visita di Benito Mussolini
Autore: Non identificato (prima metà sec. XX), fotografo principale
Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 12/04/1927 - 27/04/1927
Misure: 13 x 18 Note: Benito Mussolini, accompagnato dal regio commissario della Fiera Piero Puricelli e da altre personalità, passa in un viale
写真はÖsterreichische Nationalbibliothek,Bibliothèque nationale de France Collocazione: Milano (MI), Archivio Storico Fondazione Fiera Milano, fondo Fondo Fiera campionaria, PAL_FS_185引用。


写真(右)1927年-1934年,イタリア、ローマ、戦闘的ファッシ出身者からなる首相ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)とジュゼッペ・ボッタイ(左側)たちファシスト党閣僚たち:ジュゼッペ・ボッタイらファシスト幹部は戦闘的ファッシ(黒シャツ隊)を率いて、事態を収拾できない政府に対するクーデター的革命を起こした。ムッソリーニにボッタイが耳打ちしている。左側のFederzoniが会話に加わり、右側の人物は注意を払っていない。ムッソリーニはまだ統領「ドゥーチェ」にはなっていおらず、服装もスーツで民間人服を着ている。内閣の場でさえ内密に話しているのは、ファシスト党員以外もおり、ムッソリーニ独裁にはまだなっていないようだ。
Giuseppe Bottai - Riunione con Benito Mussolini Istituto Nazionale LUCE.
Autore: Istituto Nazionale LUCE (1924/ 1962), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 01/01/1927 - 31/12/1934
Misure: 18 x 24 Note: Parole all'orecchio di Bottai a Mussolini che sembra rispondere mormorando con la mano davanti alla bocca. Si immagina che siano a una seduta, Federzoni , a sinistra, assiste alla conversazione, un'altra persona a destra sembra non prestare attenzione. Mussolini non era ancora il "duce", vestiva in borghese e anche in pubblico si rivolgeva ai propri collaboratori in modo confidenziale. [Descrizione di Viviana Bottai]
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, A06_B11_F01 引用。



写真(右)1929年9月,イタリア、ジェノバ(Genua)港、イタリア海軍装甲巡洋艦を訪問した海軍の制服を着用したイタリア首相ベニート・ムッソリーニとイタリア海軍の幹部たち
;オリジナル解説には、ムッソr-二が装甲巡洋艦「イタリア」"Italia"を訪問したとあるが、装甲艦「イタリア」は1885年竣工、1921年退役、スクラップにされた旧式艦で、ピサ級巡洋艦、サン・ジョルジョ級巡洋艦、レジーナ・エレーナ級戦艦も1929年当時には除籍され存在していない。コンテ・ディ・カブール級戦艦は、近代改装工事を施され、第二次世界大戦にも参加している。ムッソリーニは、首相、政府首脳、ファシスト大評議会議長だった。
Title Genua, Mussolini besichtigt Panzerkreuzer "Italia"
Mussolini, Benito: Ministerpräsident, Regierungschef, Chef des Faschistischen Großrates, Italien
Depicted place Genua Date September 1929
Current location Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl (Bild 102)
写真はWikimedia Commons, Category:Benito Mussolini in 1926 File:Bundesarchiv Bild 102-08355, Genua, Mussolini besichtigt Panzerkreuzer "Italia".jpg引用。

写真(右)1927年-1934年,イタリア、ミラノ、首相ベニート・ムッソリーニの長女エッダ・ムソリーニ(Edda Mussolini: 1910-1995)、後に戦闘的ファッシ有力者ジュゼッペ・ボッタイ(Giuseppe Bottai:1895-1959)と結婚する。:ファシスト幹部は戦闘的ファッシ(黒シャツ隊)を率いて、事態を収拾できない政府に対するクーデター的革命を起こした。ムッソリーニは盟友の戦闘的ファッシ有力者ジュゼッペ・ボッタイ(Giuseppe Bottai:1895-1959)を信頼していたが、外務官僚として頭角を現していたチャーノもムッソリーニに接近し、その過程でムッソリーニ長女エッダと親しくなり結婚した。そして、1936年に外務大臣に就任した。次第にジュゼッペ・ボッタイの地位は低くなったようだ。
Ritratto femminile. Edda Mussolini Sommariva, Emilio
Autore: Sommariva, Emilio (Lodi, 8 dicembre 1883 - Milano, 12 settembre 1956), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 1924 - 1926
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Biblioteca Nazionale Braidense, fondo Sommariva, SOM. ST. D. c. 287引用。


エッダ・ムッソリーニ(Edda Mussolini:1910年9月1日フォルリ - 1995年4月8日ローマ)は、父ベニート・ムッソリーニ母ラケーレ・グイーディの長女で、父ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)が首相に就任した後の1929年、ローマに移り、翌年1930年4月24日にローマで長年ムッソリーニを支持してきたコンスタンツォ・チャーノ提督息子で外務官僚のガレアッツォ・チャーノと結婚した。そして、チャーノが上海総領事に昇進、中国に赴任するとエッダも1932年まで上海で暮らした。長男ファブリツィオは、中国生まれである。チャーノは帰国後の1936年に若くしてイタリア外務大臣に就任した。

1936年にガレアッツォ・チャーノは、イタリア外務大臣となったが、ムッソリーニが外交手腕を自ら発揮しようとしたので、外務大臣としてチャーノ独自の外交は制約されてしまった。しかし、彼が付けていた日記は、ムッソリーニ、ヒトラーの外交秘話で満ちていて興味が尽きない。

写真(右)1930年4月23日,イタリア、ローマ、ヴィラ・トルロニア(Villa Torlonia)前、イタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)、妻ラケーレ・グイーディ・ムッソリーニ(Rachele Guidi Mussolini:1890-1979)[左端]、ロマーノ(1927-2006)[ムッソリーニが抱く]、アンナ・マリーア(1929-1968)[ラケーレが抱く]、ブルーノ(1918-1941)[ラケーレ隣]、エッダ(1910-1995)[後列右端]、ヴィットリオ(1916-1997)[前列右端]:この建物は、ヴィラ・トルロニアは、トルロニア家のローマにある別荘で、庭園で囲まれている。新古典主義の建築家ジュゼッペヴァラディエによる設計で、現在はヴィラ・トルロニア博物館(Musei di Villa Torlonia)として保存されている。
Roma Ritratto della famiglia Mussolini all'esterno di Villa Torlonia: Mussolini posa con la moglie e i cinque figli
User:Zhuyifei1999/sandbox/2
Roma Ritratto della famiglia Mussolini all'esterno di Villa Torlonia: Mussolini posa con la moglie e i cinque figli
Creation date: 23.04.1930 Villa Torlonia di Roma Institution: Instituto Luce - Cinecittà Provider: EFG - The European Film Gateway Providing country: Italy First published in Europeana: 2020-11-22
写真はEuropean Union’s Connecting Europe Facility , Europeana experience Identifier: AttualitaAttualitaIL3000006501-man0 引用。


イタリア統領ベニート・ムッソリーニの家族
夫ベニート・アミールカレ・アンドレーア・ムッソリーニ(Benito Amilcare Andrea Mussolini:1883年7月29日生-1945年4月28日銃殺処刑);イタリア指導者
妻ラケーレ・グイーディ・ムッソリーニ(Rachele Guidi Mussolini , 1890年4月11日 - 1979年10月30日)
長女エッダ・ムッソリーニ(Edda Mussolini: 1910年9月1日フォルリ(Forlì)生-1995年4月8日);外務大臣チャーノ夫人
長男ヴィットーリオ・ムッソリーニ(Vittorio Mussolini:1916年9月21日ミラノ生-1997年6月12日);映画プロデューサー;
次男ブルーノ・ムッソリーニ(Bruno Mussolini:1918年4月22日-1941年4月7日);飛行機パイロット事故死 ;
三男ロマーノ・ムッソリーニ(Romano Mussolini:1927年9月26日 - 2006年2月3日);芸術家
次女アナ・マリア・ムッソリーニ(Anna Maria Mussolini coniugata Negri:1929年9月3日フォルリ(Forlì)生-1968年4月25日)

写真(右)1930年4月23日,イタリア、ローマ、ヴィラ・トルロニア(Villa Torlonia)前、イタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)、妻ラケーレ・グイーディ・ムッソリーニ(Rachele Guidi Mussolini:1890-1979)[左端]、エッダ(1910-1995)、ヴィットリオ(1916-1997)[右端]、ブルーノ(1918-1941)[ムッソリーニ背]、ロマーノ(1927-2006)[ムッソリーニが抱く]、アンナ・マリーア(1929-1968)[ラケーレが抱く]:この建物は、ヴィラ・トルロニアは、トルロニア家のローマにある別荘で、庭園で囲まれている。新古典主義の建築家ジュゼッペヴァラディエによる設計で、現在はヴィラ・トルロニア博物館(Musei di Villa Torlonia)として保存されている。ファシストのムッソリーニは、農作業、労働など勤労を重視し、イタリア人口の増加も目指した。子宝は兵士、国力にもつながるという発想で、ヒトラーと対照的に自ら家族を作り子供たちも活躍し、現在でもムッソリーニ一族は有名である。
Description Italiano: Benito MUSSOLINI con la famiglia.- .
Date 21 September 2012, 20:34:16 Source Own work Author Amichito
User:Zhuyifei1999/sandbox/2
Roma Ritratto della famiglia Mussolini all'esterno di Villa Torlonia: Mussolini posa con la moglie e i cinque figli
Creation date: 23.04.1930 Villa Torlonia di Roma Institution: Instituto Luce - Cinecittà Provider: EFG - The European Film Gateway Dataset: 08602_EFG_Instituto_Luce_Cinecitta
写真はWikimedia Commons, Europeana experience Identifier: AttualitaAttualitaIL3000006501-man0およびWikimedia Commons, Category:Mussolini family -File:Il DUCE.jpg引用。


イタリア統領ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)の最初の妻イーダ・ダルセルともされるが、正妻は、妻ラケーレ・グイーディ・ムッソリーニ(Rachele Guidi Mussolini:1890-1979)で、彼女同じ故郷出身である。彼女との間に、男子はアルビーノ、ヴィットーリオ、ブルーノ、ロマーノ4人、女子はエッダ、アンナ・マリアの2人を設けた。

写真(右)1930年-1931年頃,中国、北京(?)、イタリア上海総領事(Galeazzo Ciano)夫人エッダ・ムソリーニ・チャーノ(Edda Mussolini Ciano:1910-1995)[中央]、満州軍閥張作霖の息子・張學良(Chang Hsüeh-liang:Zhang Xueliang)、その妻・于鳳至(Yu Fengzhi)と張学良のオーストラリア人顧問ドナルド。
English: From right to left: Yu Fengzhi (于鳳至, wife of Zhang Xueliang), W.H.Donald (Australian consultant of Zhang Xueliang), Zhang Xueliang. In center the comtesse Edda Ciano (daughter of Mussolini and wife of Italian ambassador in China Galeazzo Ciano) Date February 1931 Source Palace Museum Peking Author Unknown author
User:Zhuyifei1999/sandbox/2
写真はWikimedia Commons, Category:Mussolini family File:1931 zhang xueliang comtesse ciano.jpg引用。


ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)の長女エッダ・ムッソリーニは、1930年4月24日に外務官僚ガレアッツォ・チャーノ(Galeazzo Ciano:1903-1944.1.11処刑)と結婚した。夫チャーノは、1930年に上海総領事となった。1933年に帰国したチャーノは、新聞・宣伝省次官に、1935年に新聞・宣伝省大臣に就任した。エッダの父のベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)同様、奔放な生活をしていたようだ。満州の軍閥張作霖の息子・張學良(Chang Hsüeh-liang:Zhang Xueliang)やその妻・于鳳至(Yu Fengzhi)と交友関係があったのは、夫が外交官というだけではなく、父がイタリア独裁者だったということも無視できない。しかし、なにより、エッダ自身にも魅力があったのであろう。1936年、チャーノは義父の威光で33歳の若さで外務大臣に就任した。

写真(右)2011年1月,カナダ、モントリオール、ノートルダム・デ・ラ・ディフェンス教会、イタリアローマ教皇庁との1929年ラテラン生協条約の成立を祝うカナダ人グイド・ニンシェリ(Guido Nincheri)作、馬上のベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)を描いたフレスコ画:イタリア首相ムッソリーニは、ファシスト党の全体主義を方針としたが、ローマ教皇庁と宗教協約を結んで、カトリックとオタリアとの関係を円滑なものとし、国際的評価を大いに高めた。フランス文化の影響があるカナダのモントリオールのカトリック教会に、1929年にラテラン生協協約の締結を祝って、ムソリーニを讃えるフレスコ画が描かれた。これは、1885年イタリア生まれカナダ人芸術家グイド・ニンシェリ(Guido Nincheri)が描いたイタリア戦闘的ファッシ(Fasci italiani di combattimento:FIC)の宗教的カトリック的イメージである。
Description A closer look at the painting on the ceiling...if you are familiar with La Difesa you know about the "guy on the horse".
Italiano: affresco del 1929 di Guido Nincheri nella chiesa di Notre Dame de la defence di Montreal, che celebra i Patti Lateranensi, mettendo in scena i suoi protagonisti: Pio XI circondato da alcuni cardinali e Mussolini a cavallo insieme ad alcuni gerarchi, fra cui Balbo.
Date 28 January 2011, 12:01 Source Ceiling Author Tino Rossini from Toronto, Canada
写真は,Österreichische Nationalbibliothek  File:Ceiling in the church of Notre Dame de la Defense in Montreal.jpg引用。


ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)は、1929年2月11日、ローマ教皇庁の教皇ピウス11世 (在位1922-1939)とラテラノ政教条約(Patti Lateranensi:ラテン語 Lateranensia Pacta)に合意し、教皇領としてバチカン市国を承認し、イタリアと府と教皇庁の対立を解消して、永世中立の関係として、教皇がイタリア政争に中立を維持することとした。また、イタリア政府は、カトリックをイタリア国内の主要宗派と認めて、1870年に没収した当時の教皇領の対価として、補償金7億リラ(9億4000万ドル)を支払うこととした。ラテラノ条約の命名は、調印がローマ市内のサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂に隣接したするラテラノ宮殿で実施されたことに由来する。ムッソリーニは、イタリア政府とローマ教皇庁との友好関係を確立し、世界のカトリックから好意的な評価を受けることができただけでなく、政治的手腕を国際的にも認めさせることができた。 ドイツのヒトラーも、政権を獲得して半年後、1933年7月にはバチカンでコンコルダートに合意し、ドイツにおけるカトリックの保護を認め、カトリックは聖職者の政治運動を禁止した。

写真(右)1930年4月21日,イタリア、ローマ、ダンテ・アリギエーリ協会の本拠地パラッツォ・フィレンツェ、正装したベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)と追随するジュゼッペ・ボッタイ(Giuseppe Bottai)らファシストたち:フォーマルな服装のムッソリーニに続くのがジュゼッペ・ボッタイ 。ヴィヴィアナ・ボッタイによる説明。
Giuseppe Bottai - Visita alla Società Dante Alighieri con Benito Mussolini Non identificato.
Autore: Non identificato Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 21/04/1930
Misure: 10 x 15 Note: Mussolini in vestito da cerimonia con il cilindro cammina sotto il porticato del Palazzo Firenze, dove ha sede la Società Dante Alighieri. Un gruppo di uomini lo segue; in seconda fila si trova Giuseppe Bottai in tenuta da cerimonia. [Descrizione di Viviana Bottai] .
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, A01_B66_F02引用。


写真(右)1930年5月23日,イタリア北部、ミラノ、ミラノ芸術祭におけるファシスト大学大会(universitari fascisti )で学生隊デモンストレーションを閲兵するイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニとファシスト党幹部たち
Fiera di Milano - Manifestazione per la rassegna degli universitari fascisti alla presenza di Benito Mussolini Argo Agenzia Fotografica
Autore: Argo Agenzia Fotografica (notizie secondo quarto sec. XX), fotografo principale
Autore: Argo Agenzia Fotografica (notizie secondo quarto sec. XX), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 1930/05/23
写真はÖsterreichische Nationalbibliothek,Bibliothèque nationale de France Collocazione: Milano (MI), Archivio Storico Fondazione Fiera Milano, fondo Fondo Fiera campionaria, P_1930_775引用。


https://archive.ph/r53n5/7195ef8161aeea58eb9c2b61a14435483778baa2.jpg 写真(右)1934年7月9日,イタリア、リットリア(現在のラティーナ)、ボルゴ・モンテッロの農場で最初の小麦収穫・脱穀作業に加わったイタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):ファシストは、農作業も戦いになぞらえて「小麦の戦い」と見なし、ムッソリーニも最初の小麦収穫作業に参加し汗を流した。
Littoria (ora Latina) - Festa del grano - Trebbiatura - Benito Mussolini - Achille Starace Vitullo.
Autore: Vitullo, fotografo principale Luogo e data della ripresa: Latina (LT), Italia, 09/07/1934
Misure: 18 x 24 Note: Benito Mussolini, alle sue spalle Achille Starace, insieme ai contadini trebbia il primo raccolto di grano nel podere 685 di Borgo Montello, frazione di Littoria (oggi Latina) nell'ambito della famosa battaglia del grano. L'evento è ripreso da fotografi e cineprese.
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Centro per la cultura d'impresa, fondo Edison, EDS_ST_DV_7738 引用。


写真(右)1934年7月9日,イタリア、リットリア(現在のラティーナ)、ボルゴ・モンテッロの農場で最初の小麦収穫・脱穀作業に加わったイタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):ファシストは、農作業も戦いになぞらえて「小麦の戦い」と見なし、ムッソリーニも小麦を脱穀機に入れている。
Littoria (ora Latina) - Borgo Montello - Festa del grano - Trebbiatura - Benito Mussolini Vitullo.
Autore: Vitullo, fotografo principale Luogo e data della ripresa: Latina (LT), Italia, 09/07/1934
Misure: 18 x 24 Note: Ritratto di Benito Mussolini alla trebbiatura del primo raccolto di grano nel podere 685 di Borgo Montello, frazione di Littoria (oggi Latina) nell'ambito della famosa battaglia del grano. Mussolini sta infilando il grano nella trebbiatrice..
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Centro per la cultura d'impresa, fondo Edison, EDS_ST_DV_7738 引用。


イタリア統領(ドゥーチェ)ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)は、ファシスト大衆人気獲得と肉体的に強健な兵士を育成するために、が健康な肉体を重視し、そのためのスポーツ振興政策を採用した。ムッソリーニは、自らの筋骨隆々とした肉体を自慢し、それを見せびらかしていたが、同時に、多目的スポーツ施設(Polisportivo)を建設し、スポーツを大衆の健康な肉体づくりに活用した。

写真(右)1935年7月3日(?),イタリア、農場で小麦収穫・脱穀作業に加わったイタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):ファシストは、農作業も戦いになぞらえて「小麦の戦い」と見なし、ムッソリーニも小麦を農民女性に手渡して働いている。イタリアの独裁者自らが汗を流す労働を厭わない、農民を尊敬し農民と同じ立場を理解しているとのプロパガンダである。上記2枚の写真とムッソリーニは同じ姿であり、隣の女性も同様で、同じ場所、同じ時期の撮影のようだ。
English: Italian fascist dictator Benito Mussolini threshing wehat in Sabaudia in 1935. Date 3 July 1935 .
Autore: Vitullo, fotografo principale Luogo e data della ripresa: Latina (LT), Italia, 09/07/1934
User:Zhuyifei1999/sandbox/2
写真はWikimedia Commons, Category: Benito Mussolini -File:Benito Mussolini threshing wheat 01.jpg引用。


政権獲得直後の1925年3月の時点で、ファシストのアルピナーティ(Leandro Arpinati)は、ボローニャ市長 プッピーニ(Umberto Puppini)への手紙で多目的スポーツ施設について建設主体は公社・市により、高等師範学校は公社が建設した上で市の所有とすること、師範学校・大学の学生による施設の利用が 15 年間は無料になることなどが決定さている。また、健康重視の視点で、高等師範学校はボローニャ大学医学部の関与の下に運営されることも決まった。このようにアルピナーティのスポーツ振興政策は鉄道、大学の青年、大学研究者の連携によって、最大限の効果を上げるように、市当局というよりもファッショ主導で実施されるべきものだった。(小山 吉亮(2015)「ファシズム期イタリアの政治システムの変容 : ラ ス支配の終焉とドゥーチェ独裁の成立」引用)

写真(右)1935年,イタリア北部、南チロル、メラーノ(Merano ; ドイツ語 Meran メラーン)、シニゴ-モンテカティーニ化学プラントを訪問して多数の労働者に大歓迎された車上のイタリア統領(ドゥーチェ)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):ムッソリーニは、アンモニア、硝酸、窒素肥料を生産していたシニゴ化学プラントを去る時に、多数の労働者から拍手喝采を受けた。
Sinigo - Stabilimento chimico Montecatini - Visita di Benito Mussolini Foto Tori.
Autore: Foto Tori, fotografo principale
Luogo e data della ripresa: Merano (BZ), Italia, 1935
Materia/tecnica: gelatina bromuro d'argento/carta Misure: 13 x 18
Note: Benito Mussolini, nella sezione dell'Austria, durante la sua visita alla Sesta Triennale parla con una persona non identificata; tra gli altri Giulio Barella presidente della Triennale.
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Centro per la cultura d'impresa, fondo Edison, EDS_ST_TD_241引用。



写真(右)1935年,イタリア、ミラノ、カルロレッキ作の彫刻のベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)
:ムッソリーニは、男性的な肉体を誇りにしていて、衆人に見せびらかしていた。これは、身体を隠していたヒトラーとは対照的である。
Sinigo - Stabilimento chimico Scultura - Benito Mussolini - Carlo Lecchi - Milano Non identificato
Materia/tecnica: gelatina bromuro d'argento/carta Autore: Non identificato (n.r.), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 1935
Autore: Non identificato (n.r.), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 1935 .
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Villasanta (MB), Biblioteca Civica, fondo Fondo Camperio, serie Concorso artistico per la Galleria della Vittoria, 1482 引用。


ドイツは、1935年9月15日、ニュルンベルク法を制定し、アーリア人優位、ユダヤ人差別を制度化した。 また、ドイツは、1935年3月16日に、ベルサイユ条約の軍備制限条項を破棄し、徴兵制を導入、軍備拡張を公言した。そして、1936年3月7日、ドイツ軍を非武装地帯のラインラントに進駐させた。

人種差別と軍備拡張の一方で、ドイツのヒトラーは、1936年8月1日に開催したベルリン・オリンピックでは、聖火リレーや国際競技を通じて、ドイツの力と平和的繁栄をアピールした。

写真(右)1930-1937年頃,ビジネスマン・資本家と会談するイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):オリジナル説明「ベニート・ムッソリーニと産業家との会談-昼食-食卓の周りの食事」
Italia - Incontro di Benito Mussolini con gli industriali - Pranzo - Commensali intorno al tavolo - FollaAutore: Anonimo Luogo e data della ripresa: Italia, 1922 - 1938
Materia/tecnica: gelatina bromuro d'argento/carta Misure: 13 x 18
Note: Riproduzione di una fotografia stampata su un volume
写真はÖsterreichische Nationalbibliothek,Bibliothèque nationale de France Collocazione: Milano (MI), Fondazione Memoria della Deportazione. Archivio fotografico, fondo Archivio fotografico Aned, scatola rossa 1/F01引用。


写真(右)1930-1939年12月頃,イタリア北部、ミラノ、サンセポルクロ広場、証書を手渡すイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):オリジナル説明「ミラノ。サンセポルクロ広場。ベニート・ムッソリーニが「アルディティ・ディ・ゲラ」に証明書を配布」
Autore: Anonimo, fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 01/01/1930 - 31/12/1939
Note: Riproduzione di una fotografia stampata su un volume
写真はÖsterreichische Nationalbibliothek,Bibliothèque nationale de France Collocazione: Cinisello Balsamo (MI), Museo di Fotografia Contemporanea, CLM_517_ST_DV 引用。



ポスター(右)1935年,アビシニア(エチオピア)のハイレセラシェ皇帝とイタリア王国・イタリア領北アフリカ植民地のイタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)との第二次エチオピア戦争
:イタリア国王ヴィットリオ・エマヌエーレ3世(Vittorio Emanuele III)は、アビシニアにイタリア領エリトリアから侵攻、占領した。イタリア国王は、アビシニア皇帝も兼ねることになり、御満喫だった。人権侵害や人種民族の差別などムッソリーニもヴィットリオ・エマヌエーレ3世も意に関していなかったどころか、文明の恩恵に浴させてやったと優生学的発想で思い込んでいたに違いない。平等などあり得ないことで優秀な民族と劣等民族の格差は当然存在すると考えられていた。
Designer: Seghers, W.
Period: 1935-1935
Physical Description: 84x59 cm.
Published: 1935 (Antwerpen :Patria, Genres: Poster
Subject Person: Mussolini, Benito Haile Selassie
Subject: Acts of war Portrait
Subject Location: Italy Abyssinia.
写真はRegione Lombardia International Institute of Social History -Call number IISG BG E3/559 引用。


イタリア国王ヴィットリオ・エマヌエーレ3世(Vittorio Emanuele III:1869年11月11日 - 1947年12月28日)は、ファシスト党・戦闘的ファッシを率いるベニート・ムッソリーニを高く評価し、イタリアの栄光を全体主義によって取り戻してくれる政治的指導者として認めた。ムッソリーニは、Ⅾ歩区立国だったエチオピアに侵攻し、エチオピア皇帝を放逐し、イタリア領とした。

イタリア統領ムッソリーニは、アビシニアを植民地化しイタリア国王をにエチオピア皇帝とした、イタリア国王は、こうしてアルバニア国王、モンテネグロ国王、クロアチア国王も兼ねるようになり、サヴォイア王家は、イタリア統一からさらに進んで版図を拡大し、古代ローマ帝国を復興した地中海帝国となる。

ムッソリーニは、イタリアの栄光をさらに輝かせようと、第二次世界大戦に1940年6月10日参戦し、フランスを攻撃したが、これも当然、イタリア国王ヴィットリオ・エマヌエーレ3世の了承を得てのことである。

1943年後半、イタリア固有の領土のシシリー島が西側連合軍に占領され戦局が悪化すると、イタリア国王ヴィットリオ・エマヌエーレ3世は、イタリア首相ムッソリーニを罷免し逮捕させ、バドリオ元帥に組閣させ、連合軍に降伏した。

しかし、ファシズムを増長させたイタリア国王サヴォイア王家をイタリア国民は見限って、戦後の国民投票でイタリア王政が廃止され、共和国への道を選択した。サヴォイア王家ウンベルト2世らは、イタリアから逃げ出しエジプト王国にへ亡命した。

写真(右)1936年4月16-30日,アフリカ東部、イタリア領東アフリカ(エチオピア)帝国、東アフリカ帝国副王、アディスアベバ公爵位ピエトロ・バドリオ(Pietro Badoglio:1871-1956)元帥の訪問:黒塗りの大型乗用車の車列は権威の象徴である。バドリオは、副王になったといっても、エチオピアに滞在し、現地の実情を把握して統治したのではない。単に称号としての副王、侯爵の地位が欲しいだけだったのであろう。実務能力の低さがそうしたのであろうが、彼は第一次大戦を勝利したイタリアの参謀長にもなった元帥である。
Campagna di Etiopia - Colonna Badoglio - Passaggio a Dessiè Non identificato.
Luogo e data della ripresa: Dessie', Etiopia, 16/04/1936 - 30/04/1936
Misure: 12 x 16 Note: Fila di automobili della Colonna Badoglio su una strada tra case, alberi e gente. [Descrizione di Viviana Bottai]
写真は、Regione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, A09_B48_F01引用。


写真(右)1936年6月20日,イタリア北部、ミラノ、センピオーネ公園、第6回ミラノ・トリエンナーレ (Triennale di Milano)芸術祭を訪問したイタリア王国軍ピエトロ・バドリオ(Pietro Badoglio:1871-1956):中央のピエトロ・バドリオは、第6回トリエンナーレ会長ジュリオ・バレラが随伴している。ナチ党カギ十字は、ヒトラー政権ドイツの国旗であり、ここがドイツ展示館なのであろうか。
VI Triennale - Visita di Pietro Badoglio - Giulio Barella - Filadelfo Scaglione Foto Crimella.
Autore: Foto Crimella (seconda metà sec. XIX- secolo XX), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), 20/06/1936
Misure: 18 x 24 Note: Pietro Badoglio nel parco Sempione durante la sua visita alla Sesta Triennale. .
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione La Triennale di Milano, TRN_VI_19_1275 引用。


第一次大戦に勝利した1919年、陸軍参謀長に就任したイタリア軍ピエトロ・バドリオPietro Badoglio:1871-1956)は、1922年ベニート・ムッソリーニのローマ進軍に成り上がり者として扱ったためにファシスト政権が成立すると軍幹部から一時的に遠ざけられブラジル大使として国外に出された。

  イタリア軍ピエトロ・バドリオPietro Badoglio)は、1925年には参謀長に就任し、1926年には最高位の元帥に昇進した。1928年にはイタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世(Vittorio Emanuele III)によって侯爵に叙された。

写真(右)1936年6月20日,イタリア北部、ミラノ、第6回ミラノ・トリエンナーレ (Triennale di Milano)芸術祭を訪問したイタリア王国軍ピエトロ・バドリオ(Pietro Badoglio)元帥とトリエンナーレ会長ジュリオ・バレラ(将軍の右側):建築家ジュゼッペ・パガーノと、左の最前列に、パラッツォ・デラルテを担当する公安委員長フィラデルフォ・スカグリオーネが随伴している。
VI Triennale - Visita di Pietro Badoglio - Giulio Barella - Filadelfo Scaglione - Giuseppe Pagano Pogatsching Foto Crimella.
Autore: Foto Crimella (seconda metà sec. XIX- secolo XX), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), 20/06/1936
Misure: 18 x 24 Pietro Badoglio, durante la sua visita alla Sesta Triennale, all'uscita del Palazzo dell'Arte, accompagnato da Giulio Barella presidente della Triennale (a destra del generale). Si riconosce tra gli altri l'architetto Giuseppe Pagano e in prima fila a sinistra Filadelfo Scaglione commissario di pubblica sicurezza addetto al Palazzo dell'Arte..
写真は、Regione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione La Triennale di Milano, TRN_VI_19_1285引用。


ピエトロ・バドリオPietro Badoglio)元帥は、1928年から1933年まで、イタリア領北アフリカ植民地のリビア総督に就任した。イタリアは、19世紀末の復讐戦として開戦した第二次エチオピア戦争では、1936年5月5日に首都アディスアベバ攻略で勝利することができた。バドリオは、その時、イタリア領東アフリカ(エチオピア)皇帝を継いだ国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世から東アフリカ帝国の副王、アディスアベバ公爵位を賜っている。ムッソリーニが1943年7月25日、国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世に罷免し、信頼するピエトロ・バドリオ(Pietro Badoglio)を首相に任命した。

写真(右)1936年6月20日,イタリア北部、ミラノ、第6回ミラノ・トリエンナーレ (Triennale di Milano)芸術祭、装飾産業芸術ギャラリーに展示されたニコラ・アリギーニ作の大理石像「ラ・フェデ」を眺めるイタリア王国軍ピエトロ・バドリオ(Pietro Badoglio)元帥とトリエンナーレ会長ジュリオ・バレラ(将軍の手前):ピエトロ・バドリオは、第6回トリエンナーレを訪れた際に、建築家ジュゼッペ・パガーノが特に評価した。
VI Triennale - Visita di Pietro Badoglio - Giulio Barella - Filadelfo Scaglione - Giuseppe Pagano Pogatsching Foto Crimella.
Autore: Foto Crimella (seconda metà sec. XIX- secolo XX), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), 20/06/1936
Misure: 18 x 24 Pietro Badoglio, durante la sua visita alla Sesta Triennale, nella Galleria delle arti decorative e industriali davanti alla statua di marmo "La fede" di Nicola Arrighini accompagnato da Giulio Barella presidente della Triennale (a destra del generale). Si riconosce tra gli altri l'architetto Giuseppe Pagano...
写真は、Regione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione La Triennale di Milano, TRN_VI_19_1278 引用。


イタリア王国軍ピエトロ・バドリオ(Pietro Badoglio)元帥は、第一次大戦を勝利したイタリアの参謀長にもなった元帥で、イタリア植民地東アフリカ副王、アジスアベバ侯爵など爵位も保持しており、国王の信頼が厚かった。しかし、軍事的能力、実務能力は、高くはなく、第二次大戦中のイタリアの戦略・政略に見るべきところは、早期の降伏、連合国への変わり身の早さである。最後まで戦い続けたドイツ、日本の本土は荒廃し、多数の国民が生命財産の危機に陥ったが、イタリアの損害はそれに比して小さかった。

写真(右)1936年6月20日,イタリア北部、ミラノ、第6回ミラノ・トリエンナーレ (Triennale di Milano)芸術祭、デッラルテ宮殿テラスのイタリア王国軍ピエトロ・バドリオ(Pietro Badoglio:1871-1956)元帥:トリエンナーレの会長ジュリオ・バレラが同行している。バドリオは、イタリア植民地東アフリカ副王になったといっても、エチオピアに滞在し、現地の実情を把握して統治したのではない。単に称号としての副王、侯爵の地位が欲しいだけだったのであろう。
VI Triennale - Visita di Pietro Badoglio - Giulio Barella Foto Crimella.
Autore: Foto Crimella (seconda metà sec. XIX- secolo XX), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), 20/06/1936
Note: Pietro Badoglio, al centro della foto, durante la sua visita alla Sesta Triennale sul terrazzo del palazzo dell'Arte accompagnato tra gli altri da Giulio Barella presidente della Triennale.
写真は、Regione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione La Triennale di Milano, TRN_VI_19_1279引用。


1935年10月に、エチオピア帝国に侵攻したムッソリーニのイタリア軍は、1936年にはエチオピアを敗北させ、ここを併合した。そこで、イタリア王国サヴォイア王家ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世は、エチオピア帝位を簒奪して、イタリアの帝国化をして、大いに栄誉を得た。このイタリア王家のエチオピア皇位継承という功績によって、ムッソリーニはサヴォイア王家から大元帥として、イタリア軍の統帥権を委託され、事実上、政治・軍事の独裁権を得たのである。

写真(右)1936年6月20日,イタリア北部、ミラノ、第6回ミラノ・トリエンナーレ (Triennale di Milano)芸術祭に出席したイタリア王国軍ピエトロ・バドリオ(Pietro Badoglio:1871-1956):中央のピエトロ・バドリオは、第6回トリエンナーレ会長あジュリオ・バレラが随伴している。ナチ党カギ十字は、ヒトラー政権ドイツの国旗であり、ここがドイツ展示館なのであろうか。
VI Triennale - Visita di Pietro Badoglio - Giulio Barella - Filadelfo Scaglione Foto Crimella.
Autore: Foto Crimella (seconda metà sec. XIX- secolo XX), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), 20/06/1936
Misure: 18 x 24 Note: Pietro Badoglio, al centro della foto, durante la sua visita alla Sesta Triennale, accompagnato tra gli altri da Giulio Barella presidente della Triennale. Tra le altre persone si riconoscono Filadelfo Scaglione commissario di pubblica sicurezza addetto al Palazzo dell'Arte e Marcello Torsiello. .
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione La Triennale di Milano, TRN_VI_19_1276引用。


イタリアは、1895年6月に始まったエチオピア戦争、その1896年3月の「アドワの戦い」に敗れて以来、イタリア王国サヴォイア家ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世も国民も復讐の機会を狙っていた。

写真(右)1936年6月1日-10月30日,イタリア北部、ミラノ、第6回ミラノ・トリエンナーレ (VI Triennale)芸術祭を視察したイタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):第6トリエンナーレ会長ジュリオ・バレラが写真の中央に、ムッソリーニの後ろに、建築家ジュゼッペ・パガーノなどファシスト党幹部が見える。
VI Triennale - Visita di Benito Mussolini - Giulio Barella Foto Crimella.
Autore: Foto Crimella (seconda metà sec. XIX- secolo XX), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), 01/06/1936 - 31/10/1936
Misure: 18 x 24 Note: Note: Benito Mussolini, nel Salone della Vittoria, durante la sua visita alla Sesta Triennale, con Giulio Barella presidente della Triennale, al centro della foto, dietro Mussolini l'architetto Giuseppe Pagano, a destra Achille Starace gerarca fascista..
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione La Triennale di Milano, TRN_VI_18_1260引用。


全体主義ファシズムを奉じるイタリア統領(ドゥーチェ)ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)は、イタリアの名誉と栄光を取り戻すために1935年10月に、第二次エチオピア戦争を始めた。同時期に、イギリスとフランスは、スペイン内戦が始まり、戦火に巻き込まれないことを優先する外交方針(宥和政策)で、これが1936年7月に始まったスペイン内戦へのドイツ・イタリアの武力介入を招いた。

写真(右)1936年6月1日-10月30日,イタリア北部、ミラノ、第6回ミラノ・トリエンナーレ (VI Triennale)芸術祭、19-20世紀の展示を見るイタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)
VI Triennale - Visita di Benito Mussolini - Giulio Barella - Achille Starace - Giuseppe Pagano PogatschingFoto Crimella.
Autore: Foto Crimella (seconda metà sec. XIX- secolo XX), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), 01/06/1936 - 31/10/1936
Misure: 18 x 24 Note: Benito Mussolini, nella sezione dell'Austria, durante la sua visita alla Sesta Triennale parla con una persona non identificata; tra gli altri Giulio Barella presidente della Triennale.
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione La Triennale di Milano, TRN_VI_18_1255引用。


ドイツが軍事力を拡張し脅威となる中で、英仏はイタリアがドイツの抑えになることを期待した。そこで、イタリアとの対立を回避する宥和政策を採用した。

イタリアは、19世紀の敗戦の復讐と植民地獲得のために始めた第二次エチオピア戦争は、1935年10月3日から1936年5月5日まで半年程度で終了し、イタリアの勝利に終わった。この第二次エチオピア戦争に際して、国際連盟は、独立国への侵略行為とみなして、イタリアに経済制裁を科したが、イギリスとフランスは、イタリアとの対立を回避する宥和政策を採用したため、イタリアへの国連制裁決議は効果を上げえなかった。

写真(右)1936年11月13日,ハンガリー首相カーマン・ドラニャ(Kálmán Darányi:1886-1939.11)[右端]、ハンガリー外務大臣カーマン・カーニャ(Kálmán Kánya)[左端]とイタリア外務大臣ガレアッツォ・チャーノ(Galeazzo Ciano)とベニート・ムッソリーニ長女でチャーノ夫人のエッダ(Edda Mussolini):1936年、チャーノは33歳の若さで、外務大臣に就任したが、これにはムッソリーニ長女エッダを妻とした影響が大きかった。独裁者ムッソリーニの意向・威光を踏まえれば、ムッソリーニ独裁のファシスト全体主義の下では当然の人選だった。
English: Prime Minister Kálmán Darányi and Foreign Minister Kálmán Kánya greets Italian Foreign Minister Galeazzo Ciano and his wife Edda Mussolini on 13 November 1936.
Magyar: Darányi Kálmán miniszterelnök és Kánya Kálmán külügyminiszter fogadja Galeazzo Ciano olasz külügyminisztert és feleségét, Edda Mussolinit 1936. november 13-án. Mussolini Edda, Ciano gróf bájos, fiatal felesége lépett le először a kocsiról. „Isten hozta a nagy Duce leányát.“ Darányi Kálmán miniszterelnök, majd Kánya Kálmán külügyminiszter kézcsókkal köszöntötték Ciano grófnét és átnyújtották neki a két rózsacsokrot. (részlet egy korabeli tudósításból)
Date 13 November 1936
Source Izsák–Pölöskei–Romsics–Urbán: Magyar miniszterelnökök 1848–2002. Kossuth Kiadó, Budapest, 2003. p. 109. (photo) and p. 227. (register).
写真は Wikimedia Commons, Category:Galeazzo Ciano in 1936File:Darányi & Ciano 1936.jpg-Collocazione: Milano (MI), Fondazione La Triennale di Milano, TRN_VI_18_1255引用。


1930年4月24日にチャーノは首相ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)長女エッダと結婚して娘婿となり、義父ムッソリーの威光で上海総領事として中国に赴任した。1933年に新聞・宣伝省次官、1935年に聞・宣伝省大臣に就任した。ファシスト四天王の一人空軍大臣イタロ・バルボ元帥と同格のムッソリーニの後継者となった。1935年の第二次エチオピア戦争にでは、自ら操縦士として出陣した。イタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世長男・王太子ウンベルト(のちの国王ウンベルト2世)も、ムッソリーニの娘婿の大臣としてチャーノとの親交を深めた。サヴォイア王家とファシスト党ムッソリーニ内閣との絆を深めた。1936年、チャーノは若干33歳で、外務大臣に就任し、オーストリア首相クルト・シュシュニック首相、外務大臣グイド・シュミットと会談し、鋼鉄協約をドイツ外務大臣リッベントロップ・総統ヒトラーと締結した。


写真(右)1937年(?),イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)がイタリア軍兵士が偽装した歩兵砲を操作するのを視察している。
:フランス、パリ、1937年開催「芸術と技術の国際展示会」コルシカのパビリオンに展示されたと思われる写真。芸術と技術の国際展示会、パリ1937:地域センター、コルシカのパビリオン]:[プレス写真] とある。
M. Mussolini accompagné du Général Baiskocchi assiste aux manoeuvres italiennes : [photographie de presse] / Agence Meurisse
[Exposition internationale des arts et techniques, Paris 1937 : le Centre Régional, pavillon de la Corse] : [photographie de presse] Voir en haute résolution sur Gallica Sujets : Exposition internationale (1937 ; Paris) / Scènes -- 1914-1945
Référence bibliographique : Meurisse, 36 8 171/CT Appartient à l’ensemble documentaire : Pho20Meu
写真はÖsterreichische Nationalbibliothek,Bibliothèque nationale de France 引用。


写真(右)1936年11月26日,イタリア、外国要人の公式訪問を制服で受け入れるイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):ベニート・ムッソリーニが制服を着て公式訪問を受ける。この時期、孤立無援のエチオピア帝国は、1936年にはイタリア軍に占領され、イタリアに併合された。これが、イタリア領東アフリカ植民地である。イタリアのアフリカ植民地をエチオピアにまで拡張し帝国化したファシスト党ムッソリーニの絶頂期で、ドイツとの軍事同盟による結びつきを強めた。
Title 124. Jahrestag der Carabinieri
Date 08.06.1938
Mussolini, Benito (1883 - 1945)
写真はSmugMug+Flickr.,Österreichische Nationalbibliothek  Inventarnummer S 449/28 引用。


1938年9月ズテーテン危機に際して開催されたミュンヘン会談に際して、イギリスとフランスがヒトラーのドイツに宥和政策をとったのは有名であるが、これは宥和の頂点であり、すでに1936年のエチオピア戦争やスペイン内戦に際しても、イギリス・フランスは、ドイツ、イタリアに対して宥和的だった。

イギリス・フランスの支援を得られず、国際連盟のイタリア制裁も実効性があげられない状況で、アフリカで独立国だったエチオピア帝国は、1936年にはイタリア軍に首都のアジスアベバを攻略され、国内の大半を占領された。こうしてエチオピア帝国は、イタリアに併合され、イタリア領東アフリカ植民地「東アフリカ帝国」となり、イタリア国王がその皇帝を兼ねた。副王は、イタリア軍のバドリオ将軍である。ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)は、イタリア首相・統領としての地位だけで、このような植民地における王朝的な権威や地位に拘泥しなかった。軍の統帥権を保証する国王と同じ「帝国首席元帥」の地位を得てはいあるが、統領(Duce)以外の権威的名誉称号を誇示しなかったのは、元社会主義者としての知性ゆえであろうか。

写真(右)1937年6月,イタリア北部、ミラノ、イタリア将兵に勲章を授与するイタリア指導者ムッソリーニが、制服を着た若者の胸に勲章をピン留めしている。付き従うファシスト党幹部ジュゼッペ・ボッタイ(Giuseppe Bottai:1895-1959):後方には、アリーナで体操ゲームの光景、人々、連なる旗、満員のスタンド。イタリアのアフリカ植民地をエチオピアにまで拡張し帝国化したファシスト党ムッソリーニの絶頂期で、ドイツとの軍事同盟による結びつきを強めた。
Giuseppe Bottai - Saggi ginnici al Foro Mussolini Autore: Istituto Nazionale LUCE (1924/ 1962), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 01/05/1937 - 31/05/1937 Materia/tecnica: gelatina bromuro d'argento/carta Misure: 13 x 18 Note: In primo piano da sinistra: Mussolini, che sembra appuntare qualcosa al petto di un giovane in divisa, Ricci, Bottai. Dietro di loro, nell'arena lo spettacolo dei giochi ginnici, le tribune piene di gente, il cerchio di alberi e bandiere, e, infine le case della città. [Descrizione di Viviana Bottai]
Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, A10_B35_F01
写真は,LombardiaBeniCulturali Bottai, A10_B35_F01引用。


写真(右)1937年,イタリア、イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini:1883-1945)の肖像写真
Портрет итальянского политического и государственного деятеля Бенито Муссолини, 1937-1940 года.
Date 1 January 1937
Source https://www.historynet.com/ Author Unknown author Mussolini, Benito (1883-1945)
写真は Wikimedia Commons,Benito Mussolini File:Duce Benito Mussolini.jpg引用。


1936年、第二次エチオピア戦争を勝利に導いた首相ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)は、エチオピア帝国を征服し、サヴォイア家をエチオピア皇帝の帝位に即位させたことで、形式的にはイタリア帝国を復活したことになった。喜んだイタリア国王兼東アフリカ帝国(エチオピア)皇帝ヴィットリオ・エマヌエーレ3世はムッソリーニに「帝国の建国者」(Fondatore dell'Impero)の称号を与えた。こうして、イタリアのサヴォイア家から信頼を確固としたものにしたムッソリーニは、イタリア軍の統帥権も付与され、帝国首席元帥の地位を得た。

1936年にイタリア首相ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)が得た帝国首席元帥は、国王兼皇帝ヴィットリオ・エマヌエーレ3世と同格の階級であり、事実上、ムッソリーニが国王に成り代わって統帥権を独占することになった。こうして、イタリアの領土拡大、帝国化、地中海支配を確固としたムッソリーニは、ファイスと党独裁の中で、権力を自分一人に集中させ、イタリアを任された独裁者となった。

1939年9月に、ドイツ・ポーランド・イギリス・フランスが第二次世界大戦を始めたが、ムッソリーニのイタリアは、ドイツと軍事同盟を結んではいたものの、攻撃されることがなかったために大戦に中立を維持した。そこで、軍事的にはドイツよりではあったが、戦火に巻き込まれたヨーロッパの中立国として、外交的には、イギリス・フランスからも頼りにされる存在となった。しかし、1940年5月に、ドイツが西方戦役を開始すると、1カ月でフランスの敗北が明らかになり、ムッソリーニはこのままでは、世界大戦が終了し、ドイツ一国のみが欧州覇権を独占してしまうと危惧するようになった。

そこで、第二次大戦に参戦し、ドイツに対する発言権を強化しようとした。1940年6月10日、イタリアは第二次大戦にドイツ側に立って参戦し、フランス南部に攻撃を仕掛けた。しかし、戦争に対する準備は明らかであり、世界大戦に参戦したものの、大きな軍事的功績をあげることができなかった。これに、イタリア国王も国民も失望したようだった。

写真(右)1937年10月4日,ドイツ、ベルリン、イタリアの独裁者ベニート・ムッソリーニに敬意を表してナチ党のパレードがナチ党腕章をしドイツ総統アドルフ・ヒトラーの前で行われた。:第一次大戦で受賞した第一級鉄十字勲章をつけたアドルフ・ヒットラーとファシストの敬礼をしているベニート・ムッソリーニは、イタリアとドイツとの軍事同盟による結びつきを世界に示した。
Nazismo - Germania, Berlino - Parata nazista in onore di Benito Mussolini, dittatore italiano - Ritratto maschile: Benito Mussolini con Adolf Hitler - Saluto fascista - Divisa con stemmi nazisti Anonimo Misure: 13 x 18 Note: In primo piano da sinistra: Mussolini, che sembra appuntare qualcosa al petto di un giovane in divisa, Ricci, Bottai. Dietro di loro, nell'arena lo spettacolo dei giochi ginnici, le tribune piene di gente, il cerchio di alberi e bandiere, e, infine le case della città. [Descrizione di Viviana Bottai]
Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, A10_B35_F01
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Fondazione Memoria della Deportazione. Archivio fotografico, fondo Archivio fotografico Aned, scatola verde 1/F01 引用。


1935年10月に、エチオピア帝国に侵攻したムッソリーニのイタリア軍は、1936年にはエチオピアを敗北させ、ここを併合した。そこで、イタリア王国サヴォイア王家ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世は、エチオピア帝位を簒奪して、イタリアの帝国化をして、大いに栄誉を得た。このイタリア王家のエチオピア皇位継承という功績によって、ムッソリーニはサヴォイア王家から大元帥として、イタリア軍の統帥権を委託され、事実上、政治・軍事の独裁権を得たのである。

写真(右)1937年9月29日,ドイツ、ヒトラー、国防大臣ヴェルナー・フォン・ブロンベルク(Werner Eduard Fritz von Blomberg)元帥、ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥とともにあるイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):アドルフ・ヒトラー政権の下で、ナチ内閣で1933年から1938年まで国防大臣を務めたフロンベルグは、ナチ党と協力して国防軍を強化した。その功績で、1936年に国防軍で最初の陸軍元帥に叙された。しかし、戦争に積極的に進むことをせず、ヒトラーの意に沿うような戦争計画に賛成しなかった。そこで、ヒトラーはSS親衛隊に彼の身辺調査をさせ、1938年に売春婦と言われる女性との再婚問題をフレームアップさせ、国防大臣を辞任するように追いやった。
Benito Mussolinimit Hitler, Blomberg und Göring Date 29.09.1937
Blomberg, Werner von, 1878-1946 Mussolini, Benito, 1883-1945 Hitler, Adolf, 1889-1945
写真はEuropiana,Österreichische Nationalbibliothek  Inventarnummer S 449/28 引用。


写真(右)1938年5月4日,イタリア、ローマ駅、ローマを訪問したドイツ総統アドルフ・ヒトラーと出迎えるイタリア王国サボイア王家ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア3世(Vittorio Emanuele di Savoia)と教育大臣、外務大臣ベルリン、ローマ駐在ドイツ大使ハンス・ゲオルグ・フォン・マッケンゼン(Mackensen, Hans Georg Viktor;背広)、外務大臣ムッソリーニ娘婿ガレアッツォ・チャーノ(Galeazzo Ciano)、その妻ムッソリーニ長女エッダ(Edda Mussolini:1910-1995)[中央後方]:二人の息子も写っている。
Titel Hitlers Ankunft in Rom Date 04.05.1938
Humbert, Italien, König, 1904-1983 Ciano, Galeazzo, 1903-1944 Mussolini, Benito, 1883-1945 Hitler, Adolf, 1889-1945
Hitler wird bei seiner Ankunft in Rom von Mussolini begrüßt. Ganz links der italienische König, im Vordergrund in Rückansicht der italienische Außenminister Ciano. · D (18 x 24 cm)
写真は,Österreichische Nationalbibliothek 引用。


1937年9月29日、イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)は、ドイツ総統アドルフ・ヒトラーと初めて顔を合わせて、ファシストによる世界新秩序について話し合った。ファシスト全体主義を奉じる二人の独裁者は、世界分割にもつながるような生存権の拡大のために協力関係、軍事関係を強化することを約束した。1億1500万人の独伊枢軸国陣営が、自由主義の西側連合国陣営と対峙したのである。

写真(右)1938年4月14日,イタリア、ローマ、古代ローマの都市オスティアの城壁、イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)と国家教育大臣ジュゼッペ・ボッタイ(Giuseppe Bottai:1895-1959)、古代美術総局長マリノ・ラザリ:ムッソリーニらは古代ローマの都市オスティアの城壁の中を歩き、後方の地下のローマ遺跡を見学した。【ヴィヴィアナ・ボッタイによる説明】。
Giuseppe Bottai - Visita di Mussolini a Ostia Antica Non identificato Misure: 13 x 18 Autore: Non identificato Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 14/04/1938
Mussolini con Bottai, ministro dell'educazione nazionale e Marino Lazzari, direttore generale per le antichità e belle arti, e due persone non identificate, camminano tra le mura dell'antica città romana di Ostia. Si avvicinano a delle grandi anfore romane seminterrati che sono dietro una rete metallica. [Descrizione di Viviana Bottai]
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, A10_B57_F01引用。


1938年3月11日〜13日、ドイツはオーストリアに進駐、併合するアンシュルスを実行し、次の目標をチェコスロバキアのズテーテンランドを併合しようとしたため、チェコとドイツの戦争が危惧された。そこで、イギリス、フランス、イタリアが介入し、1938年9月29日、ミュンヘン協定が結ばれ、戦争は回避された。

写真(右)1938年4月14日,イタリア、ローマ、古代ローマの都市オスティアの城壁を訪問したイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)と国家教育大臣ジュゼッペ・ボッタイ(Giuseppe Bottai:1895-1959)、古代美術総局長マリノ・ラザリ:ムッソリーニらは古代ローマの都市オスティアの城壁を見て回った。
Giuseppe Bottai - Visita di Mussolini a Ostia Antica Non identificato Misure: 13 x 18 Autore: Non identificato Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 14/04/1938
Note: Mussolini con Bottai, ministro dell'educazione nazionale e Marino Lazzari, direttore generale per le antichità e belle arti, e due persone non identificate, camminano tra le mura dell'antica città romana di Ostia. [Descrizione di Viviana Bottai]
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, A10_B57_F01引用。


1938年11月9日から10日、ドイツでは反ユダヤ大暴動が起こされ、ユダヤ人への暴行、焼き討ちが公然と行われた。これは「水晶の夜」と呼ばれる全国的ポグロムであるが、イタリア王国首相ムッソリーニの統治下では、反ユダヤのポグロムが引き起こされたことがなかった。

写真(右)1938年4月14日,イタリア、ローマ、古代ローマの都市オスティアの城壁を見学したイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)と国家教育大臣ジュゼッペ・ボッタイ(Giuseppe Bottai:1895-1959)、古代美術総局長マリノ・ラザリ:ムッソリーニらは古代ローマの都市オスティアの城壁の中を歩き、後方の地下のローマ遺跡を見学した。【ヴィヴィアナ・ボッタイによる説明】。
Giuseppe Bottai - Visita di Mussolini a Ostia Antica Non identificato Misure: 13 x 18 Autore: Non identificato Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 14/04/1938
Note: Mussolini con Bottai, allora ministro dell'educazione nazionale, e Marino Lazzari, allora direttore generale per le antichità e belle arti, sono in piedi in un luogo con vegetazione limitato da un muro, mentre il loro accompagnatore nella visita archeologica indica qualcosa che non appare nella fotografia. [Descrizione di Viviana Bottai]
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, A10_B64_F02 引用。


写真(右)1938年4月14日,イタリア、ローマ、古代ローマの都市オスティアを訪問したイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)と国家教育大臣ジュゼッペ・ボッタイ(Giuseppe Bottai:1895-1959)、古代美術総局長マリノ・ラザリ:ムッソリーニらは古代ローマの都市オスティアの並木道を見学した。【ヴィヴィアナ・ボッタイによる説明】。
Giuseppe Bottai - Visita di Mussolini a Ostia Antica Non identificato Misure: 13 x 18 Autore: Non identificato Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 14/04/1938
Mussolini con Bottai, allora ministro dell'educazione nazionale, e Marino Lazzari, allora direttore generale per le antichità e belle arti, camminano in un viale alberato, il loro accompagnatore, non identificato, parla rivolto verso di loro. [Descrizione di Viviana Bottai]
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, A10_B64_F02 引用。


写真(右)1938年5月19日,イタリア、イタリア北部を巡る視察ツアーの一環として、若い母親とその子供たちに迎えらたイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):19世紀のイタリア王国統一の過程は、憲兵・警察は戦闘部隊として多大な活躍をし、ムッソリーニも戦闘的ファッシ、黒シャツ隊を使って、暴力と大衆行動で政権の基盤を確立した。多大な苦労と犠牲を厭わず、任務に忠実で勇敢な部隊が、ムッソリーニの独裁を支えてくれた。
Titel Mussolini in Punerolo bei Turin Datierung 19.05.1938
Beschreibung Mussolini wird auf seiner Inspektionsreise durch Norditalien von jungen Müttern mit ihren Kindern begrüßt.
Mussolini fährt die Front der in Paradaufstellung angetretenen Truppen in Udine ab..Mussolini, Benito (1883 - 1945)
写真はEuropiana.,Österreichische Nationalbibliothek  Inventarnummer S 449/28 引用。


写真(右)1938年6月8日,イタリア、カラビニエリ( Carabinieri:憲兵)創立124周年記念行事で、カラビニエリの勇まし行進を閲兵するイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):カラビニエリは、イタリア王国統一に貢献したサルデーニャ竜騎兵隊(Dragoni di Sardegna)」を引き継ぐ歴史と名誉ある騎兵憲兵で、19世紀のイタリア王国統一の過程は、憲兵・警察というよりも戦闘部隊として多大な活躍をした。そして、1914年の第一次世界大戦でも戦闘部隊として戦った。多大な犠牲にもかかわらず、任務に忠実で勇敢な部隊として知られている。
Titel 124. Jahrestag der Carabinieri Datierung 08.06.1938
Beschreibung Anläßlich des 124. Jahrestages des Bestehens der Carabinieri fand eine Parade vor Mussolini statt.
Mussolini fährt die Front der in Paradaufstellung angetretenen Truppen in Udine ab..Mussolini, Benito (1883 - 1945)
写真はEuropiana.,Österreichische Nationalbibliothek  Inventarnummer S 449/28 引用。



2.1938年9年ミュンヘン会談でのムッソリーニの活躍

写真(右)1938年9月29日、ドイツ、ミュンヘンの中央通りをミュンヘン会談に向かうイタリア首相ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)と話すアドルフ・ヒトラー首相、左からプロイセン州首相ヘルマン・ゲーリング(Hermann Göring)空軍総司令官、イタリア外務大臣ガレアッツォ・チャーノ(Galeazzo Ciano):通りには儀仗兵と衛兵が配置され、警備している。チェコスロバキアの代表を呼ばないまま,ドイツへのステーテンランド割譲を,チェコスロバキアに要請することが決まった。チェコスロバキアは,英仏と軍事同盟関係を結んでいたから,ドイツへの要求を認める「宥和政策」は裏切りともいえる措置だった。
Scherl: Historische Stunden in München Heute begannen in München die Besprechungen des Führers mit den führenden Staatsmännern Europas über das Schicksal des sudetendeutschen Landes.
UBz: den Führer und der italienische Regierungschef Benito Mussolini kurz nach dem Verlassen des Münchener Hauptbahnhofs. Hinter dem Führer der italienische Aussenminister Graf Ciano und Generalfeldmarschall Hermann Göring. 29.9.1938 12861-38
Depicted place Münchener Abkommen Date 29 September 1938 Photographer Unknown
写真はWikimedia Commons File:Bundesarchiv Bild 146-1976-033-06引用。


写真(右)1938年9月29日、ドイツ、ミュンヘン中央駅、ミュンヘン会談に臨む独伊代表、左から、プロイセン州首相ヘルマン・ゲーリング(Hermann Göring)空軍総司令官、イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)、ドイツ首相アドルフ・ヒトラー総統、イタリア外務大臣ガレアッツォ・チャーノ(Galeazzo Ciano):右から、外務大臣ウルリヒ・ヨアヒム・フォン・リッベントロップ(Ulrich Joachim von Ribbentrop)、ヒトラーの副官ユリウス・シャウプ(Julius Schaub)
29.09.1938: Hitler + Mussolini treffen in München ein. lks. Göring, rechts Graf Ciano München.- Hermann Göring, Benito Mussolini, Adolf Hitler und Graf Galeazzo Ciano ( v.l.) beim Verlassen des Hauptbahnhofs, 2.Reihe, rechts hinter Hitler: Heinrich Himmler
Depicted people Hitler, Adolf: Reichskanzler, Deutschland Mussolini, Benito: Ministerpräsident, Regierungschef, Chef des Faschistischen Großrates, Italien Ciano, Galeazzo Graf: Außenminister, Italien (GND 119178362)
Göring, Hermann: Reichsmarschall, Oberbefehlshaber der Luftwaffe, Ministerpräsident von Preußen, Deutschland Depicted place Münchener Abkommen Date 29 September 1938 Photographer Unknown wikidata:Q4233718
写真はWikimedia Commons File:Bundesarchiv B 145 Bild-F051622-0023引用。


チェコスロバキアCzechoslovakia)は,多民族国家で,民族ドイツ人300万名が居住していた。ヒトラーは,民族ドイツ人の多いズデーテンラントSudetenlandは,ドイツ領に編入されるべきだとした。もちろんチェコスロバキアは不当な領土割譲要求を拒否し,ドイツの恫喝に屈せず,1938年9月23日,動員令でこたえた。チェコスロバキアとの同盟関係にあったのは,フランス(1924年),ソ連(1935年)で,ドイツの領土要求は,第二次世界大戦に発展する可能性があった。

写真(右),1938年9月,ミュンヘン,イタリア統領(ドゥーチェ)ベニート・ムッソリーニをミュンヘン会談の会場となるカール皇太子宮殿に送迎するドイツ副総統ルドルフ・ヘス(後部座席右):ミュンヘンから画像が配信された。最初の会議へ移動するムッソリーニ(後左)。
Scherl: Bildtelegramm aus München. Der Duce begibt sich nach der ersten Besprechung begleitet von Rudolf Hess nach dem Prinz Karl-Palast, wo er Wohnung genommen hat, zurück. 29.9.1938 Datierung: 29. September 1938 Fotograf: o.Ang. Agentur: Scherl
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・Bild_183-H12954引用(他引用不許可)。


ミュンヘン協定を締結できた背景には、ムッソリーニの仲介の労が大きく、ヒトラーに最大級の恩を売ったムッソリーニは、第二次大戦中もヒトラーの支持を失ったことはない。現在では、ナチスや枢軸諸国に妥協して大失敗だったとされるミュンヘン協定だったが、1938年当時,チェコスロバキアを巡る世界大戦の再発を防止したとして、欧州各国で大歓迎された。ムッソリーニだけでなく、帰国したイギリス首相ネヴィル・チェンバレンNeville Chamberlain)も国民から大歓迎を受け、国王から直接交渉の成功を感謝される栄誉に浴した。ミュンヘン協定を締結させて,ヒトラーに最大級の恩を売ったムッソリーニは,チロルのイタリア帰属をヒトラーから保障されている。


写真(右)1938年9月29日,ミュンヘン会談のときの,英首相チェンバレン,仏首相ダラディエ,ドイツ総統ヒトラー,イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)、イタリア外相(ムッソリーニ娘婿)チアノ
;ムッソリーニは、イタリア人だが、ドイツ語、英語、フランス語に堪能で、ミュンヘン会談ではヒトラーを助けて大活躍した。
Zentralbild Das Münchner Abkommen vom 29.9.1938.
Das am 29.9.1938 in München zwischen dem britischen Ministerpräsidenten Neville Chamberlain, dem französischen Ministerpräsidenten Edouard Daladier, dem italienischen Staatschef Benito Mussolini und Adolf Hitler geschlossene Abkommen ermächtigte das faschistische Deutschland zur Annexion tschechoslowakischen Gebietes. UBz: von links: Chamberlain, Daladier, Hitler, Mussolini, und der italienische Außenminister Graf Galeazzo Ciano. Im Hintergrund von Ribbentrop und von Weizsäcker. 12 766-38 [Scherl Bilderdienst] Dating: 29. September 1938 Photographer: o.Ang. Agency: Scherl
写真は,ドイツ連邦アーカイブBundesarchiv登録・Bild_183-R69173引用(他引用不許可)。

写真(右)1938年9月30日、ドイツ、ミュンヘン会談でミュンヘン協定に署名するアドルフ・ヒトラー首相、後方にイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)と話すプロイセン州首相ヘルマン・ゲーリング(Hermann Göring)空軍総司令官:右から、外務大臣ウルリヒ・ヨアヒム・フォン・リッベントロップ(Ulrich Joachim von Ribbentrop)、ヒトラーの個人的副官ユリウス・シャウプ(Julius Schaub)
Hitler unterschreibt das Abkommen von München am 30.9.1938, v.r.n.l.: Joachim von Ribbentrop, Julius Schaub, Adolf Hitler, Benito Mussolini, Hermann Göring Depicted people Hitler, Adolf: Führer und Reichskanzler, Deutschland Schaub, Julius: SS-Gruppenführer, persönlicher Adjutant Adolf Hitlers, Deutschland Ribbentrop, Joachim von: Außenminister, NSDAP, Deutschland Mussolini, Benito: Ministerpräsident, Regierungschef, Chef des Faschistischen Großrates, Italien Göring , Hermann: Ministerpräsident Preussens und Oberbefehlshaber der deutschen Luftwaffe, Deutschland Depicted place Mönchener Abkommen Date 30 September 1938 Photographer Unknownwikidata:Q4233718
写真はWikimedia Commons File:Bundesarchiv Bild 146-1976-033-06引用。


チェコスロバキアは,ドイツ軍を迎え撃つために,総動員を開始し、ドイツは,ズテーテンラント(Sudetenland)を即時引き渡すことを求め,9月28日までにチェコスロバキア軍を,ズテーテンラント(Sudetenland)から撤退させるを要求する。これは,ドイツからチェコスロバキアへの最後通牒といえた。

写真(右),1938年9月29日,ミュンヘン協定に署名するイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)、それを見守るドイツ外務大臣リンベントロップ(右端):原文表題では「平和のために署名。木曜日[1938年9月29日]午後遅くなって,ミュンヘンで四大国間で正義と平和のための協定が署名された」とある。ミュンヘン協定は,チェコスロバキアのズテーテンラントをめぐる世界大戦再発の危機を回避した条約として,ヨーロッパ市民に理解された。しかし、1年と経過しないうちに,チェコスロバキアはズテーテンラントを割譲しただけでなく,解体されてしまい、世界大戦が勃発することになる。
Inventory: Bild 183 - Allgemeiner Deutscher Nachrichtendienst - Zentralbild Signature: Bild 183-2003-1128-500 Original title: info Scherl: Unterzeichnung fär den Frieden. In den späten Abendstunden des Donnerstag [29.9.38]wurde das Abkommen für Gerechtigkeit und Frieden zwischen den vier Mächten im Führerbau in München unterzeichnet. Der Duce unterzeichnet, rechts Aussenminister von Ribbentrop. 30-9-38 12895-38 Dating: 29. September 1938 Photographer: Hoffmann, Heinrich 撮影。 Agency: Scherl
ドイツ連邦アーカイブ Bundesarchiv登録・Bild_183-2003-1128-500引用(他引用不許可)


イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)は,英仏からズテーテンラント譲渡させることに協力した。ミュンヘン会談は,チェコスロバキアのズテーテンラントをめぐる世界大戦再発の危機を防ごうとした和平会談として,ヨーロッパ市民に理解されていた。
この会談がミュンヘン協定が成立,ムッソリーニがドイツ側に立って交渉してくれたことに,ミュンヘン市民は歓呼で応えている。


写真(右)1938年9月30日,ミュンヘン,オープンカー車中のアドルフ・ヒトラーと同盟国イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini);ミュンヘン協定を締結させて得意満面のヒトラーと,ヒトラーに最大級の恩を売ったムッソリーニの笑顔。1940年Munich in June, 1940"
Münchener Abkommen.- Ankunft Benito Mussolini am 29.9.1938, Benito Mussolini und Adolf Hitler im Auto. Datierung: 28. September 1938 Fotograf: o.Ang. Quelle: Bundesarchiv
ドイツ連邦アーカイブ Bundesarchiv登録・/Bild_146-1969-065-24引用(他引用不許可)。


1938年9月24日,チェコスロバキアと同盟を結んでいたフランス首相エドアール・ダラディエ(Edouard Daladier:1884-1970)は,チェコスロバキア支援のために,動員令を発した。イギリス首相アーサー・ネヴィル・チェンバレンArthur Neville ChamberlainMarch 18, 1869−November 9, 1940)もフランスに加勢することになるのではないかと,1938年9月,第二次世界大戦の危機にヨーロッパ中が慄いた。そこで、英仏独伊の三首脳が揃って、ズテーテン危機に対処しようと開催されたのが、ミュンヘン会談だった。

ミュンヘン会談は,チェコスロバキアのズテーテンラントをめぐる世界大戦再発の危機を防ごうとした和平会談として,ヨーロッパ市民に理解されていた。
この会談がミュンヘン協定が成立,イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)がドイツの味方を演じてくれたことに,ミュンヘン市民は歓呼で応えている。後に,ズテーテンラントを無血占領したヒトラー総統,それを支持したイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)は,ドイツ復興の英雄として大歓迎を受ける。

写真(右)1938年9月29日,ドイツ、ミュンヘン駅、イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)と外相ガレアッツォ・チャーノ(Galeazzo Ciano:右)を歓待するドイツ首相・総統アドルフ・ヒトラー、副総統ルドルフ・ヘス(ムッソリーニ後方)、元帥杖を持つ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング
Ankunft Mussolinis in München Beschreibung Die Ankunft Mussolinis auf den Bahnhof in München, v.l.: Göring, Heß, Mussolini, Hitler und Ciano.
Ciano, Galeazzo Conte di Cortelazzo (1903 - 1944) Göring, Hermann (1893 - 1946) Heß, Rudolf (1894 - 1987) Hitler, Adolf (1889 - 1945) Mussolini, Benito (1883 - 1945)
Datierung 29.09.1938 Mussolini und Hitler schreiten auf dem Münchner Hauptbahnhof die Front der Vertreter von Staat, Partei und Wehrmacht ab.
写真は European Commission ,Bildarchiv Austria Inventarnummer S 25/17 引用。


1938年9月のミュンヘン協定は,チェコスロバキアのズテーテンラントをめぐる世界大戦再発の危機を回避した条約として,ヨーロッパ市民に理解された。しかし、平和は偽りであり、1年と経過しないうちに,チェコスロバキアはズテーテンラントを割譲しただけでなく,解体されてしまい、世界大戦が勃発することになる。

写真(右)1938年9月30日、ドイツ、ミュンヘン、ミュンヘン会談に尽力したイタリア首相ベニート・ムッソリーニが帰国する際、花束を贈るドイツ処女団(Bund Deutscher Mädel: BDM)の隊員と見守るアドルフ・ヒトラー首相、航空省大臣ヘルマン・ゲーリング空軍総司令官
ミュンヘン協定を締結させて得意満面のヒトラーと,ヒトラーに最大級の恩を売ったムッソリーニの笑顔。ムッソリーニは,英仏からズテーテンラント譲渡させるのみ協力した。1936年のヒトラーユーゲント法によって、全てのドイツ人未成年男女がヒトラーユーゲントに参加することが強制され、女子はドイツ処女団(Bund Deutscher Mädel::BDM)に加わった。BDMは、男性優位社会の中で、家族を支える「良妻賢母」を育成すること、兵士・労働者を増やす「産めよ育てよ」を目標としている。また、戦争のための軍事訓練として、体育を養うスポーツや徒歩行軍、看護・衛生訓練、防災訓練、軍歌練習などが取り入れられた。
Der Duce nahm herzlichen Abschied von München
Unmittelbar nach Beendigung der Viermächtebesprechung im Führerhaus in München, begab sich der Duce in Begleitung des Führers zum Bahnhof, um seinen Zug zur Rückfahrt nach Italien zu besteigen. Kurz vor der Abfahrt überreichte ein BDM-Mädchen dem Duce einen Blumenstrauss. Die beiden Staatsmänner verabschiedeten sich darauf in einer besonders herzlichen Weise.
UBz: den Führer, Mussolini und (ganz rechts) Generalfeldmarschall Göring.
Scherl Bilderdienst, Berlin 30.9.1938
Depicted place Münchener Abkommen Date 30 September 1938
Photographer Unknown
写真はWikimedia Commons File:Bundesarchiv Bild 183-2005-0502-502引用。


⇒写真集:オーストリア併合・ズテーテン危機・ミュンヘン会談: Sudeten & Munich Conference を見る。


3.第二次世界大戦直前のイタリア

写真(右)1938年,イタリア、イタリア国王ヴィットリオ・エマヌエーレ・デ・サヴォイア3世(Vittorio Emanuele di Savoia)と孫ヴィットリオ・エマヌエーレ・デ・サヴォイア(Vittorio Emanuele di Savoia:1937年2月12日生まれ):国王の抱いている孫のヴィットリオ・エマヌエレ・デ・サヴォイアの父は、イタリア最後の王国ウンベルト2世である。長男として王太子だったが、1946年にイタリア王国は王政から共和制に移行し、イタリア共和国となったために、サヴォイア王家や係累貴族は国外逃亡した。
English: King Victor Emmanuel III of Italy and his grandson
Date 1938 Source House of Savoy
Author Unknown author
Materia/tecnica: gelatina bromuro d'argento/carta Misure: 18 x 24
写真は,LombardiaBeniCulturali File:Vittorio Emanuele III e nipote.JPG引用。


イタリア国王ヴィットリオ・エマヌエーレ・デ・サヴォイア3世(Vittorio Emanuele di Savoia)の後を継いだのは、ウンベルト2世で、その長男・王太子が1937年2月12日生まれのヴィットリオ・エマヌエーレ・デ・サヴォイア(Vittorio Emanuele di Savoia)である。

イタリアでは、第二次世界大戦前半は枢軸国としてドイツとともに、フランス・イギリス・ソ連・アメリカと戦い、1943年9月の無条件降伏後は、寝返ってドイツと戦った。しかし、ファシスト党ムッソリーニ独裁を許したのは、かれを首相に任命し、軍の統帥権を譲ったイタリア国王ヴィットリオ・エマヌエーレ・デ・サヴォイア3世(Vittorio Emanuele di Savoia)らであるとみなされ、共産党の勢力も拡張した状況で、1946年にイタリア王国は王政から共和制に移行した。こうして、イタリア共和国が樹立されると、危機感を募らせたサヴォイア王家や係累貴族は国外に亡命してしまった。

イタリア共和国では、王族や貴族が帰国し王政が再来させる復位を防止するために、王家の国外入国を禁止した。したがって、国を捨て、入国を拒否されたも王家の当主には、王位継承資格は認められない。しかし、一部の権威主義者は、血筋の上から「ナポリ公」「ピエモンテ公」「ヴィットリオ・エマヌエレ4世」ともあがめていた。

しかし、高齢になったヴィットリオ・エマヌエレに対して、人道的立場から、王家帰国を許容する雰囲気が生まれてきた。そこで、2002年2月、ヴィットリオ・エマヌエレはイタリア共和国憲法を承認を条件に、2002年10月23日、サヴォイア家当主の入国禁止法を撤廃させた。サヴォイア王家ヴィットリオ・エマヌエレ、2002年11月10日に半世紀ぶりに故国に帰国できた。そして、ヴァチカンで教皇ヨハネ・パウロ2世にも謁見している。

写真(右)1938年,イタリア、軍装で二人並んだ帝国首席元帥のイタリア国王ヴィットリオ・エマヌエーレ3世(Vittorio Emanuele III)と同じく帝国首席元帥のイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)
Benito Mussolini - Visita in Piemonte Istituto Nazionale LUCE.
Benito Mussolini (R) and King Vittorio Emanuele III (L) in 1938. Photo: France Presse Voir/AFP
Eighty years after Mussolini began persecuting Jews, Italy is putting the dead king who backed his racial laws on trial. The setting may be a theatre, but the prosecutor, witnesses and three judges meeting in Rome are real, their scrutiny of the controversial monarch part of events organised to mark Holocaust Remembrance Day. The Trial comes a few weeks after the remains of Vittorio Emanuele III were discreetly returned to Italy. The king, who ruled from 1900 to 1946, fled in disgrace and died in exile in Egypt in 1948. ]
写真は The Local Europe AB Elektrogatan 10引用。


イタリア国王は、イタリア全軍の統帥権を保持し、帝国首席元帥の位にあったが、この位を統領ムッソリーニに与えた。そのため、実質的な軍の指揮官は、統領ムッソリーニとなり、軍事的な独裁者にもなった。

写真(右)1938年10月19日,イタリア、ローマ警察創立13周年記念行事で、イタリア軍L3/35Cセリエ小型戦車カーロベローチェ(Carro Veloce)CV-35の行進を閲兵するイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):L3/35(Carro Veloce)CV-35小型戦車は、
Italy stages show trial of fascist-era king Vittorio Emanuele III
Description Polizeiparade vor Mussolini.
Mussolini fährt die Front der in Paradaufstellung angetretenen Truppen in Udine ab..Mussolini, Benito (1883 - 1945)
写真はEuropiana,Ouml;sterreichische Nationalbibliothek 引用。


イタリア軍L3/35Cセリエ小型戦車カーロベローチェ(Carro Veloce)CV-35の諸元
生産期間:1935-1938年
生産数:1,200輌 L3/33; 1,300輌 L3/35
総重量: 3.2 tonnes (3.1 long tons; 3.5 short tons)
全長: 3.17 m (10 ft 4 3⁄4 in)
全幅: 1.4 m (4 ft 7 1⁄8 in)
全高:1.3 m (4 ft 3 1⁄8 in)
乗員:2名 (指揮官と運転手)
装甲:6–14 mm (0.24–0.55 in)
兵装:8ミリ口径フィアット レベリM1935重機関銃2丁
発動機:フィアット(FIAT-SPA)CV3水冷直列4気筒ガソリン43 hp (32 kW)
懸架:ボギー式
航続距離: 125 km (78 mi)
最高速力: 42 km/h (26 mph)/路上

写真(右)1939年5月14日-15日,イタリア北部、ピエモンテ州、騎兵部隊を謁見するイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)
Benito Mussolini - Visita in Piemonte Istituto Nazionale LUCE.
Autore: Istituto Nazionale LUCE (1924/ 1962), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Italia, 14/05/1939 - 16/05/1939
Misure: 18 x 24 Note: In un avvallamento Mussolini con alcuni ufficiali militari, passa in rassegna militari a cavallo. [Descrizione di Viviana Bottai].
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, AR5_F21引用。


写真(右)1939年5月14日-15日,イタリア北部、ピエモンテ州、L3/35Cセリエ小型戦車カーロベローチェ(Carro Veloce)CV-35の部隊を謁見するイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):イタリア軍L3/35Cセリエ小型戦車カーロベローチェ(Carro Veloce)CV-35は1935–1938年にL3/33前期型1,200輌、 L3/35後期型1,300輌量産された。総重量: 3.2トン 全長 3.17 m 、全幅 1.4 m、全高1.3 m で乗員は2名 (指揮官と運転手)。装甲は6–14 mm 、兵装は8ミリ口径フィアット レベリM1935重機関銃2丁 、装備した発動機はフィアット(FIAT-SPA)CV3水冷直列4気筒ガソリン43 hp (32 kW) 、航続距離 125 km 、最高路上速力 42 km/h 。
Benito Mussolini - Visita in Piemonte Istituto Nazionale LUCE.
Autore: Istituto Nazionale LUCE (1924/ 1962), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Italia, 14/05/1939 - 16/05/1939
Misure: 18 x 24 Note: In un avvallamento Mussolini con alcuni ufficiali militari e Starace passa in rassegna soldati accanto a carri armati, dietro loro militari a cavallo. [Descrizione di Viviana Bottai]
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, AR5_F22引用。


写真(右)1939年5月14日-15日,イタリア北部、ピエモンテ州、騎兵部隊を最前列で謁見するイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)
Benito Mussolini - Visita in Piemonte Istituto Nazionale LUCE.
Autore: Istituto Nazionale LUCE (1924/ 1962), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Italia, 14/05/1939 - 16/05/1939
Misure: 18 x 24 Note: In un avvallamento Mussolini con alcuni ufficiali militari e Starace passa in rassegna soldati accanto a carri armati, dietro loro militari a cavallo. [Descrizione di Viviana Bottai]
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, AR5_F23引用。


ローマ帝国の時代、片手をまっすぐに上に伸ばす敬礼が導入されていたともいわれるが、第一次大戦直前のヨーロッパ各国でナショナリズムが高揚した1914年、イタリア民族派文化人ガブリエーレ・ダンヌンツィオらの未回収イタリアの併合の動きの中で、強いイタリアの原型としてローマ帝国の復活が持ち上げられた。その芸術作品やプロパガンダの中に、古代ローマ帝国の忠誠を誓う敬礼として、この片手をまっすぎに伸ばす敬礼が取り入れられた。ローマ帝国の復活を目指すムッソリーニのファシスト党も、この敬礼を1923年には取り入れている。

写真(右)1939年5月14日-15日,イタリア北部、ピエモンテ州、オート二輪部隊を最前列で謁見するイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):短剣を捧げて忠誠を誓うイタリア陸軍部隊。
Benito Mussolini - Visita in Piemonte Istituto Nazionale LUCE.
Autore: Istituto Nazionale LUCE (1924/ 1962), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Italia, 14/05/1939 - 16/05/1939
Misure: 18 x 24 Note: Mussolini con alcuni ufficiali militari e gerarchi fascisti passa in rassegna dei soldati accanto alle moto, che salutano con la punta della baionetta sguainata e puntata verso l'alto [Descrizione di Viviana Bottai]
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, AR5_F24引用。


ムッソリーニのファシスト党を手本として、ドイツの復興を旗印にしたヒトラーのナチ党も、ファシスト党の軍隊様式を取り入れ、1926年にはナチ党式敬礼を制定した。そして、1933年のヒトラー・ナチ党独裁政権では、軍隊だけではなく、公務員から労働者、市民に至るまで、挨拶を軍隊式敬礼を模したものとして、ナチ党式敬礼が採用され、従わない者への処罰も始まった。ドイツ式敬礼と公的に呼ばれたが、ファシスト党が導入した敬礼をまねたものがナチ党式敬礼であり、スペイン国民戦線フランコ政権にあっても同じ敬礼が制式された。

写真(右)1939年5月14日-16日,イタリア北部、ピエモンテ(Piemonte)、制服で出迎えてくれた子供たちの間を進むイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):すぐ後ろには、教育大臣のボッダイが続いている。
Benito Mussolini - Visita in Piemonte Istituto Nazionale LUCE Autore: Istituto Nazionale LUCE (1924/ 1962), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Italia, 14/05/1939 - 16/05/1939
Misure: 18 x 24 Note: Durante la visita in Piemonte Mussolini accompagnato da alcuni gerarchi fascisti e accolto dai balilla. [Descrizione di Viviana Bottai].
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, AR5_F02 引用。


写真(右)1939年5月14日-16日,イタリア北部、ピエモンテ(Piemonte)、制服で見送ってくれる女の子たちに感謝と別れを告げるむイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):すぐ後ろには、教育大臣のボッダイが続いている。
Benito Mussolini - Visita in Piemonte Istituto Nazionale LUCE Autore: Istituto Nazionale LUCE (1924/ 1962), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Italia, 14/05/1939 - 16/05/1939
Misure: 18 x 24 Note:Mussolini esce da un edificio seguito da alcuni gerarchi fascisti, tra loro si riconosce Starace. Ai lati delle scale bambine in divisa e balilla, Mussolini si ferma a salutare una bambina. [Descrizione di Viviana Bottai]. [Descrizione di Viviana Bottai]
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, AR5_F13 引用。


写真(右)1939年5月14日-16日,イタリア北部、ピエモンテ(Piemonte)、制服で出迎えてくれた婦人たちの歓声に笑顔で応じているイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):すぐ後ろには、教育大臣のボッダイが続いている。
Benito Mussolini - Visita in Piemonte Istituto Nazionale LUCEAutore: Istituto Nazionale LUCE (1924/ 1962), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Italia, 14/05/1939 - 16/05/1939
Misure: 18 x 24 Note: Mussolini esce da un edificio seguito da alcuni gerarchi fascisti, tra loro si riconosce Starace. Ai lati delle scale bambine in divisa e balilla, Mussolini si ferma a salutare una bambina. [Descrizione di Viviana Bottai]
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, AR5_F02 引用。


写真(右)1939年5月14日-15日,イタリア北部、ピエモンテ州、短剣を捧げて忠誠を誓うイタリア陸軍部隊を最前列で謁見するイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)
Benito Mussolini - Visita in Piemonte Istituto Nazionale LUCE.
Autore: Istituto Nazionale LUCE (1924/ 1962), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Italia, 14/05/1939 - 16/05/1939
Misure: 18 x 24 Note: Mussolini con alcuni ufficiali militari e gerarchi fascisti passa in rassegna dei soldati che salutano con la punta della baionetta sguainata e puntata verso l'alto [Descrizione di Viviana Bottai]
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, AR5_F25引用。


写真(右)1939年5月14日-16日,イタリア北部、ピエモンテ(Piemonte)、統領(Duce)の看板を掲げて歓迎する住民の前を車で通り抜けるイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):すぐ後ろには、教育大臣のボッダイが続いている。
Benito Mussolini - Visita in Piemonte Istituto Nazionale LUCEAutore: Istituto Nazionale LUCE (1924/ 1962), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Italia, 14/05/1939 - 16/05/1939
Misure: 18 x 24 Note: Mussolini in piedi in un'auto dove si trova anche Starace, sfila in una piazza di un paese addobbata con bandiere tricolore e gremita di gente che lo saluta con cartelli che inneggiano al duce. [Descrizione di Viviana Bottai]
写真はRegione Lombardia LombardiaBeniCulturali -Collocazione: Milano (MI), Fondazione Arnoldo e Alberto Mondadori, fondo Fondo fotografico Giuseppe Bottai, AR5_F16引用。


写真(右)1939年5月17日,イタリア北部、ピエモンテ州ミラノ西200キロ、トリノ(Turin)、新しいフィアット・ミラフィオリ工場を見学したイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):1935年5月15日に開設したばかりの新工場で、フィアット社「アウトブリンダ」Autoblinda 40/41 (AB 40/41) 装甲車が展示されて、ムッソリーニに成果を誇っている。
Einweihung der neuen Fiatwerke Beschreibung Mussolini bei seinem Rundgang durch das neue Fiatwerk in Mirafiori.
Mussolini, Benito (1883 - 1945)
Datierung 17.05.1939 Schlagworte Italien, Panzerfahrzeuge, Verkehr, Wirtschaft .
写真は European Commission ,Bildarchiv Austria Inventarnummer S 27/18 引用。


フィアット「アウトブリンダ」Autoblinda 40/41 (AB 40/41) 装甲車(Armored Car)は、1939年五詩作が完成し、1940年にイタリア軍に制式した四輪装甲車で、1943年9月のイタリア降伏まで、トリノのフィアット工場で624輌が量産された。

写真(右)1939年5月30日,イタリア、ローマ、コンスタンティヌスの凱旋門(Arco di Costantino)近くに集合したムッソリーニ支持団体の1万5000名の女子団を検閲する車上のイタリア首相ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):白の上着とスカート、白手袋、白靴の15,000人の女性の大規模なパレードが始まる前に、ムッソリーニは並んでいる女性の前を運転し検閲した。ナチ党のドイツ処女団やヒトラーユーゲントと同じく、民間人団体を軍人のように組織化し、動員しやすい体制を作ったが、実は、大衆組織基盤を強化したのは、イタリアのファシズムが先駆者だった。
Titel Kundgebung der faschistischen Frauen Date 29.05.1939
Vor Beginn der großen Parade der 15 000 Frauen fährt Mussolini die Front der angetretenen Frauen ab.
写真は,Österreichische Nationalbibliothek 引用。


写真(右)1939年5月30日,イタリア、ローマ、円形闘技場コロッセオ近くを銃を肩に行進するムッソリーニ支持団体の7万名の女性:スカートで、靴も夜戦には不向きであるが、北アフリカの熱帯で行動するような避暑帽子をかぶっている。女性の軍事進出は、戦前のナチ党では控えられていたから、イタリアのファシスト党の方が女性の軍事動員は早かったといえる。ムッソリーニ失脚後もムッソリーニに忠誠を誓った女性たちもいたことは注目される。
Titel Parade in Rom Date 30.05.1939
Vorbeimarsch von insgesamt 70 000 italienischen Frauen vor Mussolini, hier die Frauen der Kolonialarmee, im Hintergrund das Kollosseum. .
写真は,Österreichische Nationalbibliothek 引用。


写真(右)1939年5月30日,イタリア、ローマ、コンスタンティヌスの凱旋門(Arco di Costantino)、行進する統領(Duce)ムッソリーニ支持団体の7万名の女性:黒の制服、白の手袋で、肩から下げているのは、毒ガス対策の防毒マスクである。ナチ党のドイツ処女団やヒトラーユーゲントと同じく、民間人団体を軍人のように組織化し、動員しやすい体制を作ったが、実は、大衆組織基盤を強化したのは、イタリアのファシズムが先駆者だった。
Titel Vorbeimarsch von 70 000 Frauen vor Mussolini Date 30.05.1939
Vorbeimarsch der Frauen von der Flugabwehr.
写真は,Österreichische Nationalbibliothek 引用。


写真(右)1939年6月8日,イタリア、ローマ、ヴェネツィア宮殿前ヴェネツィア広場、スペイン内戦に参戦し凱旋帰国したイタリア義勇遠征軍兵士たちの行進を閲兵するイタリア首相ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)とスペイン国民戦線戦の内務大臣ラモン・セラーノ・スニェール(Ramón Serrano Suñer):1936年に勃発したスペイン内戦は、共和派と陸軍・王党派・カトリックを中心とした国民戦線派との内戦である。イギリス、フランスは不介入の姿勢を貫いたが、ドイツとイタリアは民間義勇軍の形式で、実質的には正規軍を遠征軍として派兵して、国民戦線を軍事援助した。スペイン国民戦線はファシストといえ、1939年の第二次大戦前に、共和派を敗北させ、スペイン内戦に勝利した。
Titel Parade der italienischen Legionäre Date 08.06.1939
Parade der italienischen Freiwilligen, die nach dem Ende des Spanischen Bürgerkriegs zurückgekehrt sind. Auf der Ehrentribüne Mussolini und der spanischen Innenminister Serrano Suner.
Serrano Súñer, Ramón, 1901-2003 Mussolini, Benito, 1883-1945
写真は,Österreichische Nationalbibliothek 引用。


イタリア首都ローマの中心,ヴェネツィア広場Piazza Venezia)は、1885年から1911年にかけて、イタリアを統一した国父ヴィットーリオ・エマヌエーレ二世国王を讃えて建設された20世紀初頭の作で、イタリアのために命を捧げた無名戦士の墓としても経緯を払われている。ヴェネツィア広場Piazza Venezia)には、白亜の「ヴィットーリオ二世記念堂」(ヴィットリアーノ)がモニュメントとして建設されたが、これは周囲の景観を威圧する存在である。

写真(右)1939年6月8日,イタリア、ローマ、ヴェネツィア宮殿前ヴェネツィア広場、海兵の日のパレードを行うイタリア海兵隊を閲兵するイタリア首相ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)とイタリア国王イタリア国王サボイア王家ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世(Vittorio Emanuele III):。
Titel Tag der Marine in Rom Date 12.06.1939
Vorbeimarsch der Matrosen am König und Mussolini.
Serrano Súñer, Ramón, 1901-2003 Mussolini, Benito, 1883-1945
写真は,Österreichische Nationalbibliothek 引用。


ローマ中心の「ヴィットーリオ・二世記念堂」正面右手のヴェネツィア宮殿は、15世紀のヴェネツィア出身の教皇パウルス二世が枢機卿ピエトロ・バルボと名乗っていた時の由緒ある宮殿である。この宮殿は、その後、教皇故郷ヴェネツィア共和国の大使館として使われ「ヴェネツィア宮殿」との呼称が広まった。


4.1939年9月勃発の第二次世界大戦で中立を守ったイタリア

写真(右)1939年10月2日,第二次大戦初頭のドイツ、ベルリン、ローマ駐在ドイツ大使ハンス・ゲオルグ・フォン・マッケンゼン(Mackensen, Hans Georg Viktor;背広)、外務大臣ムッソリーニ娘婿ガレアッツォ・チャーノ(Galeazzo Ciano)、その妻ムッソリーニ長女エッダ(Edda Mussolini:1910-1995)[中央後方]:チャーノの息子も写っている。
Title Cianos Abreise nach Berlin Date 02.10.1939

Der italienische Außenminister Ciano mit seiner Frau, Edda Mussolini, seinem Sohn und dem deutschen Botschafter von Mackensen. . Mackensen, Hans Georg Viktor, 1883-1947 Mussolini, Edda, 1908-1995 Ciano, Galeazzo, 1903-1944
写真は,Bildarchiv Austria Inventarnummer S 449/28 引用。


ガレアッツォ・チャーノ(Galeazzo Ciano)は、名家出身の外務官僚だったが、ファシズムに共鳴し、1930年4月24日にムッソリーニ長女エッダと恋愛結婚した。そして、1936年には、チャーノは33歳の若さで外務大臣に就任し、1943年9月にムッソリーニとたもとを分かつまでその地位にあり、イタリア外交の中心的人物となった。しかし、ムッソリーニは、ドイツ語、英語、フランス語も操る国際人であり、ムッソリーニ自身が外交方針を指図したために、外務大臣チャーノの役割は、ムッソリーニへの情報提供や相談役といったものであった。しかし、その日記は、イタリアのファシスト政権ばかりでなく、ドイツやイギリスの情報の宝庫でもある。実際、チャーノは、外交特使というよりムッソリーニ特使として、諸国に出向いており、外国の政府首脳や要人との交渉や折衝に当たっている。

1939年4月、イタリアによるアルバニア侵攻では、自ら飛行機を操縦士前線を飛んでいる。アルバニア王国はすぐに降伏し、イタリア保護国となったが、実際は併合されたに等しかった。チャーノはアルバニアに居を構えたが、あたかもアルバニア副王のように豪華な生活を享受していた。これは、侵略による略奪であるが、チャーノは個人的な財産を増殖させることに繋がるとして、植民地拡大、戦争支持の立場にあったともいえる。

しかし、イタリアのファシスト党がナチ党よりファシズムを先輩であるにもかかわらず、イタリアよりも優れているような振る舞いをすること、ヒトラーのムッソリーリに対する指導的地位に対して反感を抱いており、ヒトラーとの外交・軍事的関係を緊密化することには反対していた。しかし、義父ムッソリーニの国民的人気を背景にした指導性には服従するしかなく、独伊軍事同盟への交渉を担い、1938年ミュンヘン会談でも活躍している。

写真(右)1940年4月6日,イタリア、トリエンナーレ (Triennale)芸術祭開会式、美術品を鑑賞するサボイア王家のイタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世(Vittorio Emanuele III):イタリアの王がガラスと金属芸術品のギャラリーで、開会式を訪れたとき、国家教育大臣ジュゼッペ・ボッタイ、ジュゼッペ・ビアンチーニ、トリエンナーレ会長カルロ・アルベルトフェリーチェ。、独裁者となったムッソリーニは、この直後、ドイツの対フランス勝利、ドイツ・ソ連の不可侵条約に幻惑され、自ら第二次世界大戦に参戦した。
VII Triennale - Inaugurazione - Visita del re d'Italia, Vittorio Emanuele III di Savoia - Vittorio Emanuele di Savoia, conte di Torino - Carlo Alberto Felice - Giuseppe Bianchini - Giuseppe Bottai
Autore: Foto Crimella (seconda metà sec. XIX- secolo XX), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), 06/04/1940
Note: Il re d'Italia Vittorio Emanuele III di Savoia, nella galleria dei vetri e dei metalli, durante la sua visita all'inaugurazione della VII Triennale, tra gli altri gerarchi fascisti si riconoscono: Giuseppe Bottai, ministro dell'educazione nazionale, Giuseppe Bianchini presidente della Triennale, Carlo Alberto Felice, segretario dell'Ente, e Vittorio Emanule conte di Torino.
Misure: 18 x 24
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Fondazione La Triennale di Milano, TRN_VII_22_1436 引用。


1939年9月1日,ドイツ軍ポーランド侵攻の2日後,9月3日,英首相ネヴィル・チェンバレンNeville Chamberlain)は,対独宣戦布告をした。ラジオ演説は沈痛な面持ちで,戦争を開始せざるを得ないことを訴えた。しかし,開戦から半年以上,西部戦線は停滞しており,「座り込み戦争」(Phoney War)とも称された。

  写真(右)1940年4月6日,イタリア北部、トリノ、第7回トリエンナーレ(Triennale)開会式、イタリア王国サボイア王家ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア3世(Vittorio Emanuele di Savoia)と教育大臣ジュゼッペ・ボッタイ(Giuseppe Bottai):トリエンナーレ会長ジュゼッペ・ビアンチーニ(Giuseppe Bianchini)、トリエンナーレ会長ジュゼッペ・ビアンチーニによるスピーチ中の教育大臣ジュゼッペ・ボッタイ(王の右側)、トリノ伯爵のヴィットリオ・エマヌエーレが王の後ろにいる。
VII Triennale - Inaugurazione - Re d'Italia, Vittorio Emanuele III di Savoia - Discorso del presidente della Triennale Giuseppe Bianchini - Vittorio Emanuele di Savoia, conte di Torino - Giuseppe BottaiTorino Farabola
Autore: Farabola (1908), fotografo principale
Luogo e data della ripresa: Milano (MI), 06/04/1940
Note: Il re d'Italia Vittorio Emanuele III di Savoia, nel Salone d'Onore (Aula Massima) alla cerimonia di inaugurazione della VII Triennale di Milano, durante il discorso di Giuseppe Bianchini, presidente della Triennale. Tra gli altri si riconoscono Giuseppe Bottai, ministro dell'educazione nazionale, a destra del re, Vittorio Emanuele, conte di Torino, dietro il re.
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Fondazione La Triennale di Milano, TRN_VII_21_1417引用。


写真(右)1940年4月6日,イタリア北部、トリノ、第7回トリエンナーレ(Triennale)開会式、イタリア王国サボイア王家ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア3世(Vittorio Emanuele di Savoia)、教育大臣ジュゼッペ・ボッタイ(Giuseppe Bottai)、トリエンナーレ会長ジュゼッペ・ビアンチーニ(Giuseppe Bianchini)
VII Triennale - Inaugurazione - Re d'Italia, Vittorio Emanuele III di Savoia - Discorso del presidente della Triennale Giuseppe Bianchini - Vittorio Emanuele di Savoia, conte di Torino Foto Crimella
Misure: 18 x 24
Luogo e data della ripresa: Milano (MI), 06/04/1940
Note: Il re d'Italia Vittorio Emanuele III di Savoia, nel Salone d'Onore (Aula Massima) alla cerimonia d'inaugurazione della VII Triennale di Milano, durante il discorso di Giuseppe Bianchini, presidente della Triennale. Tra gli altri si riconosce Vittorio Emanuele, conte di Torino a destra del re.
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Fondazione La Triennale di Milano, TRN_VII_21_1419 引用。


1934年6月14日(最初)ヴェネチア会談、ヒトラーのイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)初訪問
1937年9月29日、ベルリン会談、ムッソリーニのベルリン訪問
1938年3月12日、ヒトラー、オーストリア進駐・併合
1938年4月9日、ヒトラーのウィーン訪問、ゲッペルス同行
1938年9月29日、ミュンヘン駅、ヒトラー、ミュンヘン会談に出席のムッソリーニを出迎える。ズテーテン危機


写真(右)1940年4月6日,イタリア北部、トリノ、第7回トリエンナーレ(Triennale)開会式、イタリア王国サボイア王家ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア3世(Vittorio Emanuele di Savoia)教育大臣ジュゼッペ・ボッタイ(Giuseppe Bottai)、トリエンナーレ会長ジュゼッペ・ビアンチーニ(Giuseppe Bianchini)
VII Triennale - Inaugurazione - Re d'Italia, Vittorio Emanuele III di Savoia - Discorso del presidente della Triennale Giuseppe Bianchini - Vittorio Emanuele di Savoia, conte di Torino - Giuseppe Bottai Foto Crimella
Autore: Foto Crimella (seconda metà sec. XIX- secolo XX), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), 06/04/1940
Misure: 18 x 24
Note: Il re d'Italia Vittorio Emanuele III di Savoia, nel Salone d'Onore (Aula Massima) alla cerimonia d'inaugurazione della VII Triennale di Milano, durante il discorso di Giuseppe Bianchini, presidente della Triennale. Tra gli altri si riconosce Vittorio Emanuele, conte di Torino e in primo piano a destra Giuseppe Bottai, ministro dell'educazione nazionale..
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Fondazione La Triennale di Milano, TRN_VII_21_1420引用。


1938年9月30日、ミュンヘン駅、ヒトラーはムッソリーニを見送る。
1940年10月22日、ヒトラー、フランス南西端モントルー(Montoire)でフランス首相ピエール・ラヴァル(Pierre Laval)と会談
1940年10月23日、ヒトラー、スペイン北東端アンダイ(Hendaye)で、スペイン総統フランコ(Francisco Franco)と会談
1940年10月24日、ヒトラー、フランス南西端モントルー(Montoire-sur-le-Loir)でフランス国家元首フィリップ・ペタン(Philippe Pétain)元帥と会談
1940年10月28日、ヒトラー、リンベントトロップ外相を伴って、イタリア北部フィレンツェでイタリア統領ベニート・ムッソリーニ、チアーノ外相と会談
1940年11月12日、ヒトラー、リンベントトロップ外相を伴って、ベルリンでソ連外務大臣モロトフと会談
1941年6月12日、ヒトラー、ミュンヘンでルーマニアの指導者アントネスク(Antonescu)元帥と会談
1941年8月25日、ヒトラー総統本営「狼の巣」(Wolfsschanze)でムッソリーニと会談
1941年8月28日、ヒトラー・ムッソリーニの東部戦線、ウクライナ、ウマン(Uman)でドイツ軍、イタリア軍を閲兵
1942年6月1日、ヒトラー、東部戦線、ウクライナ、ポルタワ(Poltawa)で閲兵
1942年6月4日、ヒトラー、フィンランド、フィンランド大統領リスト・リティ(Risto Ryti)と会談、フィンランド軍総司令官マンネルハイム(Mannerheim)75歳の誕生日を祝福
1942年6月27日、フィンランド軍総司令官マンネルハイム(Mannerheim)、ラステンブルク総統段本営に飛来、ヒトラーと会談
1943年4月10日、ヒトラー、ザルツブルク、クレースハイム(Kleßheim)駅に、ムッソリーニを出迎え会談
1943年9月14日、ヒトラー、ザルツブルク、クレースハイム(Kleßheim)駅に、グランサッソから救出したムッソリーニを出迎え会談
1944年9月20日、ヒトラー、東プロイセン州ラステンブルクの総統大本営ヴォルフスシャンツェ (Wolfsschanze)で爆殺未遂事件当日、ムッソリーニと会談(最後の会談)

写真(右)1940年5月18日、第二次大戦へのイタリア参戦1カ月前、イタリア、ローマ・オスティエンセ駅 (Roma Ostiense) 、イタリアとクロアチアのローマ協定締結のため、クロアチア国家元首「ポグラヴニク」指導者アンテ・パヴェリッチ(Ante Pavelić)を出迎えるために駅プラットホームに入るイタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)と、それを歓迎するファシストの幹部たち
Patti di Roma. Benito Mussolini e gerarchi fascisti in attesa alla stazione Ostiense del "poglavnik" croato Ante Pavelic. Autore: Patellani, Federico (1911/ 1977), fotografo principale.
Misure: 135 mm (24 x 36 mm) Note: Nell'aprile 1941 scoppia il conflitto con la Jugoslavia. Crollata nel giro di poche settimane, l'Italia stipula con il nuovo stato indipendente di Croazia e con il suo "poglavnik" Ante Pavelic i Patti di Roma (18.05.1941) grazie ai quali si annette Sebenico, Spalato, Cattaro e le principali isole dalmate costituendo il Governatorato della Dalmazia. Ante Pavelic era il capo del partito ustascia, da lui fondato il 7 gennaio 1929, che si prefiggeva programmaticamente l'eliminazione dei Serbi; trovò rifugio in Italia dove Mussolini gli assicurò denaro e protezione per le sue attività terroristiche, con l'appoggio del capo della polizia segreta Ercole Conti e del Ministro di Polizia Bocchini.
写真はRegione Lombardia,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Cinisello Balsamo (MI), Museo di Fotografia Contemporanea, PR. 447/FT. 10A引用。


イタリア、ローマ・オスティエンセ駅 (Roma Ostiense) は、ムッソリーニが1938年のアドルフ・ヒトラーのローマ訪問に合わせて建築された長距離列車を迎える駅舎で、現在は地下鉄駅とも連結しており、ローマから北あるいは南への長距離列車の始発駅である。

写真(右)1940年5月18日、第二次大戦へのイタリア参戦1カ月前、イタリア、ローマ・オスティエンセ駅 (Roma Ostiense) 、クロアチア国家元首「ポグラヴニク」指導者アンテ・パヴェリッチ(Ante Pavelić)を出迎えるために、駅のプラットホームに到着したイタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)とファシストの幹部たち:クロアチアのパヴェリッチは、イタリアとクロアチアのローマ協定締結を結ぶために、イタリアにやって来る。
Patti di Roma. Benito Mussolini e gerarchi fascisti in attesa alla stazione Ostiense del "poglavnik" croato Ante Pavelic. Autore: Patellani, Federico (1911/ 1977), fotografo principale.
Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 18/05/1941 Misure: 135 mm (24 x 36 mm) Note: Nell'aprile 1941 scoppia il conflitto con la Jugoslavia. Crollata nel giro di poche settimane, l'Italia stipula con il nuovo stato indipendente di Croazia e con il suo "poglavnik" Ante Pavelic i Patti di Roma (18.05.1941) grazie ai quali si annette Sebenico, Spalato, Cattaro e le principali isole dalmate costituendo il Governatorato della Dalmazia. Ante Pavelic era il capo del partito ustascia, da lui fondato il 7 gennaio 1929, che si prefiggeva programmaticamente l'eliminazione dei Serbi; trovò rifugio in Italia dove Mussolini gli assicurò denaro e protezione per le sue attività terroristiche, con l'appoggio del capo della polizia segreta Ercole Conti e del Ministro di Polizia Bocchini.
写真はRegione Lombardia,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Cinisello Balsamo (MI), Museo di Fotografia Contemporanea, PR. 447/FT. 11A引用。


オーストリア帝国から第一次大戦後に独立したユーゴスラビア連邦ダルマチア県出身のダルマチア人アンテ・パヴェリッチAnte Pavelić :1869-1938)は、1929年1月7日に自ら設立したウスターシャ党の党首として、セルビア人を排除してクロアチア人の優位の下で政治的支配を目論む民族主義運動を展開した。ユーゴスラビア政府は、連邦制を崩壊させるようなパヴェリックのクロアチア優先主義を危険視し、パヴェリックはイタリアに避難し、ムッソリーニに支援を求めた。

ムッソリーニは、パヴェリックを使って隣国ユーゴスラビアを混乱、弱体化させようと考え、秘密警察長官エルコレ・コンティ、警察長官ボッキーニに命じて、クロアチアのセルビア人排除の運動「ポグラヴニク」(Poglavnik)のために資金を支出させ、排除政策を推進した。

写真(右)1940年5月18日、第二次大戦へのイタリア参戦1カ月前、ローマ・オスティエンセ駅 (Roma Ostiense) 、イタリアとクロアチアのローマ協定締結のため、クロアチア国家元首「ポグラヴニク」のアンテ・パヴェリッチがやって来るのを待っているイタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)とファシストの幹部たち
Patti di Roma. Benito Mussolini e gerarchi fascisti in attesa alla stazione Ostiense del "poglavnik" croato Ante Pavelic. Autore: Patellani, Federico (1911/ 1977), fotografo principale.
Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 18/05/1941 Misure: 135 mm (24 x 36 mm) Note: Nell'aprile 1941 scoppia il conflitto con la Jugoslavia. Crollata nel giro di poche settimane, l'Italia stipula con il nuovo stato indipendente di Croazia e con il suo "poglavnik" Ante Pavelic i Patti di Roma (18.05.1941) grazie ai quali si annette Sebenico, Spalato, Cattaro e le principali isole dalmate costituendo il Governatorato della Dalmazia. Ante Pavelic era il capo del partito ustascia, da lui fondato il 7 gennaio 1929, che si prefiggeva programmaticamente l'eliminazione dei Serbi; trovò rifugio in Italia dove Mussolini gli assicurò denaro e protezione per le sue attività terroristiche, con l'appoggio del capo della polizia segreta Ercole Conti e del Ministro di Polizia Bocchini. .
写真はRegione Lombardia,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Cinisello Balsamo (MI), Museo di Fotografia Contemporanea, PR. 447/FT. 12A引用。


クロアチア国家元首「ポグラヴニク」運動指導者アンテ・パヴェリッチi(Ante Pavelić:1889年7月14日 - 1959年12月28日)は、ユーゴスラビアにおけるクロアチア優先主義を奉じて、「ポグラヴニク」(Poglavnik)運動を組織、展開した。そして、第二次大戦初期の1941年4月10日、正式にポグラヴニク(Poglavnik)を結成し、ドイツ・イタリア枢軸国軍の一翼を担いつつ、ドイツに解体されたユーゴスラビアにおけるクロアチア人優先の民族主義を推進した。この「ポグラヴニク」(Poglavnik)は、セルビア人を弾圧、排除するものであり、オーストリア帝国、その後のユーゴスラビア時代のように、スロベニア人、クロアチア人、セルビア人、ムスリム人といった民族の独自性を相互に認めようとはしなかった。これは、反ユダヤ主義のような優生学的発想による人種民族差別であるが、ドイツの反ユダヤ主義と同様に、クロアチアのポグラヴニク(Poglavnik)は、1945年5月のドイツ敗戦、クロアチアの解体まで存続した。

写真(右)1940年5月18日、第二次大戦へのイタリア参戦1カ月前、イタリア、ローマ・オスティエンセ駅 (Roma Ostiense) 、イタリアとクロアチアのローマ協定締結のため、クロアチア国家元首「ポグラヴニク」指導者アンテ・パヴェリッチ(Ante Pavelić)の到着を待つイタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)とファシストの幹部たち
Patti di Roma. Benito Mussolini, gerarchi fascisti, alti gradi dell'esercito e notabili in attesa alla stazione Ostiense del "poglavnik" croato Ante Pavelic.  Autore: Patellani, Federico (1911/ 1977), fotografo principale.
Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 18/05/1941 Misure: 135 mm (24 x 36 mm) Note: Nell'aprile 1941 scoppia il conflitto con la Jugoslavia. Crollata nel giro di poche settimane, l'Italia stipula con il nuovo stato indipendente di Croazia e con il suo "poglavnik" Ante Pavelic i Patti di Roma (18.05.1941) grazie ai quali si annette Sebenico, Spalato, Cattaro e le principali isole dalmate costituendo il Governatorato della Dalmazia. Ante Pavelic era il capo del partito ustascia, da lui fondato il 7 gennaio 1929, che si prefiggeva programmaticamente l'eliminazione dei Serbi; trovò rifugio in Italia dove Mussolini gli assicurò denaro e protezione per le sue attività terroristiche, con l'appoggio del capo della polizia segreta Ercole Conti e del Ministro di Polizia Bocchini..
写真はRegione Lombardia,LombardiaBeniCulturali Cinisello Balsamo (MI), Museo di Fotografia Contemporanea, PR. 447/FT. 14A引用。


1940年6月10日、ムッソリーニが、ローマのパラッツォ・ヴェネツィアのバルコニーから、イタリアの第二次大戦への参戦を宣言する直前の1941年4月、ユーゴスラビアで紛争が勃発した。イタリアは、親ドイツのクロアチアを新しい独立国家として承認し、ローマとの軍事同盟を1941年5月18日に締結した。ユーゴスラビア領クロアチアだったアドリア海に面したシベニク(クロアチア語:Šibenik, ドイツ語: Sibenning, イタリア語: Sebenico)、スプリット(Split)とその沿岸の島々がクロアチア領となった。

写真(右)1940年6月10日、イタリア、ローマ・オスティエンセ駅 (Roma Ostiense) 、イタリアとクロアチアのローマ協定締結のためにやってきたクロアチア国家元首「ポグラヴニク」指導者アンテ・パヴェリッチ(Ante Pavelić)と出迎えたイタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)とファシストの幹部たち:アンテ・パヴェリック(Ante Pavelić:1869–1938)は、1929年1月7日にウスターシャ党を結成し、クロアチア人の優位を示そうと、セルビア人を排除する政策を推し進めようとした。
Patti di Roma. Benito Mussolini, gerarchi fascisti e alti gradi dell'esercito in attesa alla stazione Ostiense del "poglavnik" croato Ante Pavelic.  Autore: Patellani, Federico (1911/ 1977), fotografo principale.
Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 18/05/1941 Misure: 135 mm (24 x 36 mm) Note: Nell'aprile 1941 scoppia il conflitto con la Jugoslavia. Crollata nel giro di poche settimane, l'Italia stipula con il nuovo stato indipendente di Croazia e con il suo "poglavnik" Ante Pavelic i Patti di Roma (18.05.1941) grazie ai quali si annette Sebenico, Spalato, Cattaro e le principali isole dalmate costituendo il Governatorato della Dalmazia. Ante Pavelic era il capo del partito ustascia, da lui fondato il 7 gennaio 1929, che si prefiggeva programmaticamente l'eliminazione dei Serbi; trovò rifugio in Italia dove Mussolini gli assicurò denaro e protezione per le sue attività terroristiche, con l'appoggio del capo della polizia segreta Ercole Conti e del Ministro di Polizia Bocchini.
写真はRegione Lombardia,LombardiaBeniCulturali Cinisello Balsamo (MI), Museo di Fotografia Contemporanea, PR. 447/FT. 23A引用。


アンテ・パヴェリッチは、1941年から1945年までクロアチアでドイツを支持する政府を率いたクロアチアのファシスト指導者である。ナチ党ヒトラー、ファシスト党ムッソリーニを後ろ盾として、ドイツのフランス征服とユーゴスラビア占領後に樹立された政権である。したがって、全体主義の枢軸諸国として同盟国ではあるが、事実上、両国の傀儡政権のような立場となった。しかし、パヴェリッチの統治の下で、クロアチア政権は、何十万人ものセルビア人、ユダヤ人、ロマ(ジプシー)を殺害したが、これはドイツによるユダヤ人虐殺「ホロコースト」と同一線上にある。

写真(右)1940年5月18日、イタリア、ローマ・オスティエンセ駅 (Roma Ostiense) 、イタリアとクロアチアのローマ協定締結のためやってきたクロアチア国家元首「ポグラヴニク」指導者アンテ・パヴェリック(Ante Pavelić:1889-1959)と出迎えのイタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)がイタリア軍儀仗兵を閲兵する。
Patti di Roma. Benito Mussolini, gerarchi fascisti e alti gradi dell'esercito in attesa alla stazione Ostiense del "poglavnik" croato Ante Pavelic.  Autore: Patellani, Federico (1911/ 1977), fotografo principale.
Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 18/05/1941 Misure: 135 mm (24 x 36 mm) Note: Nell'aprile 1941 scoppia il conflitto con la Jugoslavia. Crollata nel giro di poche settimane, l'Italia stipula con il nuovo stato indipendente di Croazia e con il suo "poglavnik" Ante Pavelic i Patti di Roma (18.05.1941) grazie ai quali si annette Sebenico, Spalato, Cattaro e le principali isole dalmate costituendo il Governatorato della Dalmazia. Ante Pavelic era il capo del partito ustascia, da lui fondato il 7 gennaio 1929, che si prefiggeva programmaticamente l'eliminazione dei Serbi; trovò rifugio in Italia dove Mussolini gli assicurò denaro e protezione per le sue attività terroristiche, con l'appoggio del capo della polizia segreta Ercole Conti e del Ministro di Polizia Bocchini.
写真はRegione Lombardia,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Cinisello Balsamo (MI), Museo di Fotografia Contemporanea, PR. 447/FT. 25A引用。


アンテ・パヴェリッチは、第二次大戦でドイツが敗北し、クロアチア政権が崩壊すると一部のカトリック教会聖職者や連合国兵士への賄賂と彼らの助力によって、アルゼンチンへ逃亡した。アルゼンチン大統領フアンドミンゴ・ペロンは、ナチ党員にもウスタシャにも寛容で、多くの亡命者を受け入れていた。しかし、1957年に、アンテ・パヴェリッチは銃撃暗殺未遂事件に遭遇し、重傷を負った。1952年12月、その傷がもとで死亡した。

写真(右)1940年5月18日、第二次大戦へのイタリア参戦1カ月前、イタリア、ローマ・オスティエンセ駅 (Roma Ostiense) を出るクロアチア国家元首「ポグラヴニク」指導者アンテ・パヴェリッチ(Ante Pavelić)と出迎えたイタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)、続くファシストの幹部たち:イタリアとクロアチアのローマ協定締結のため、ローマを訪問した。
Patti di Roma. Benito Mussolini, gerarchi fascisti e alti gradi dell'esercito in attesa alla stazione Ostiense del "poglavnik" croato Ante Pavelic.  Autore: Patellani, Federico (1911/ 1977), fotografo principale.
Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 18/05/1941 Misure: 135 mm (24 x 36 mm) Note: Nell'aprile 1941 scoppia il conflitto con la Jugoslavia. Crollata nel giro di poche settimane, l'Italia stipula con il nuovo stato indipendente di Croazia e con il suo "poglavnik" Ante Pavelic i Patti di Roma (18.05.1941) grazie ai quali si annette Sebenico, Spalato, Cattaro e le principali isole dalmate costituendo il Governatorato della Dalmazia. Ante Pavelic era il capo del partito ustascia, da lui fondato il 7 gennaio 1929, che si prefiggeva programmaticamente l'eliminazione dei Serbi; trovò rifugio in Italia dove Mussolini gli assicurò denaro e protezione per le sue attività terroristiche, con l'appoggio del capo della polizia segreta Ercole Conti e del Ministro di Polizia Bocchini.
写真はRegione Lombardia,LombardiaBeniCulturali Cinisello Balsamo (MI), Museo di Fotografia Contemporanea, PR. 447/FT. 26A引用。


クロアチアのファシスト指導者、アンテ・パヴェリッチは、ヒトラーのユダヤ人虐殺と同じ人種差別・絶滅政策を採用し、何十万人ものセルビア人、ユダヤ人、ロマ(ジプシー)を虐殺した。他方、ムッソリーニのイタリアでは、彼がイタリア王国首相だった時代、反ユダヤ主義は掲げたものの、ユダヤ人虐殺は行っていない。ユダヤ人迫害を開始したのは、1943年9月のイタリア降伏後にヒトラー傀儡政権としてムッソリーニが樹立した「イタリア社会共和国」になってからである。

写真(右)1940年5月18日、イタリア、ローマ・オスティエンセ駅 (Roma Ostiense) 、イタリアとクロアチアのローマ協定締結のためやってきたクロアチア国家元首「ポグラヴニク」指導者アンテ・パヴェリック(Ante Pavelić:1889-1959)と出迎えの挨拶を交わすイタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)とファシストの幹部たち:アンテ・パヴェリック(Ante Pavelić:1869-1938)は、1929年1月7日にウスターシャ党を結成し、クロアチア人の優位を示そうと、セルビア人を排除する政策を推し進めようとした。
Patti di Roma. Benito Mussolini, gerarchi fascisti e alti gradi dell'esercito in attesa alla stazione Ostiense del "poglavnik" croato Ante Pavelic.  Autore: Patellani, Federico (1911/ 1977), fotografo principale.
Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 18/05/1941 Misure: 135 mm (24 x 36 mm) Note: Nell'aprile 1941 scoppia il conflitto con la Jugoslavia. Crollata nel giro di poche settimane, l'Italia stipula con il nuovo stato indipendente di Croazia e con il suo "poglavnik" Ante Pavelic i Patti di Roma (18.05.1941) grazie ai quali si annette Sebenico, Spalato, Cattaro e le principali isole dalmate costituendo il Governatorato della Dalmazia. Ante Pavelic era il capo del partito ustascia, da lui fondato il 7 gennaio 1929, che si prefiggeva programmaticamente l'eliminazione dei Serbi; trovò rifugio in Italia dove Mussolini gli assicurò denaro e protezione per le sue attività terroristiche, con l'appoggio del capo della polizia segreta Ercole Conti e del Ministro di Polizia Bocchini.
写真はRegione Lombardia,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Cinisello Balsamo (MI), Museo di Fotografia Contemporanea, PR. 447/FT. 28A引用。


クロアチアのファシスト指導者、アンテ・パヴェリッチは、ヒトラーのSS親衛隊と同じくウスタシャ党の兵士を使って人種差別・絶滅政策を採用し、何十万人ものセルビア人、ユダヤ人、ロマ(ジプシー)を虐殺した。彼らも、ムッソリーニのローマ式敬礼、ヒトラーのナチ式敬礼と同じ、片手を掲げる敬礼を軍隊だけでなく、民間人にも採用している。

写真(右)1940年5月18日、イタリア、ローマ・オスティエンセ駅 (Roma Ostiense) 、イタリアとクロアチアのローマ協定締結のためやってきたクロアチア国家元首「ポグラヴニク」指導者のアンテ・パヴェリッチと出迎えのイタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)がイタリア軍儀仗兵を閲兵する。:アンテ・パヴェリック(Ante Pavelić:1869-1938)は、1929年1月7日にウスターシャ党を結成し、クロアチア人の優位を示そうと、セルビア人を排除する政策を推し進めようとした。
Patti di Roma. Benito Mussolini, gerarchi fascisti e alti gradi dell'esercito in attesa alla stazione Ostiense del "poglavnik" croato Ante Pavelic.  Autore: Patellani, Federico (1911/ 1977), fotografo principale.
Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 18/05/1941 Misure: 135 mm (24 x 36 mm) Note: Nell'aprile 1941 scoppia il conflitto con la Jugoslavia. Crollata nel giro di poche settimane, l'Italia stipula con il nuovo stato indipendente di Croazia e con il suo "poglavnik" Ante Pavelic i Patti di Roma (18.05.1941) grazie ai quali si annette Sebenico, Spalato, Cattaro e le principali isole dalmate costituendo il Governatorato della Dalmazia. Ante Pavelic era il capo del partito ustascia, da lui fondato il 7 gennaio 1929, che si prefiggeva programmaticamente l'eliminazione dei Serbi; trovò rifugio in Italia dove Mussolini gli assicurò denaro e protezione per le sue attività terroristiche, con l'appoggio del capo della polizia segreta Ercole Conti e del Ministro di Polizia Bocchini.
写真はRegione Lombardia,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Cinisello Balsamo (MI), Museo di Fotografia Contemporanea, PR. 447/FT. 28A引用。


クロアチアのファシスト指導者,アンテ・パヴェリッチは、オーストリア帝国ボスニア出身で、第一次大戦後に成立したユーゴスラビアで1927年に国会議員となり、クロアチアの自治を主張した。1929年、ユーゴスラビア国王アレクサンダル1世の独裁政治が始まると、ヒトラーのナチ党突撃隊、ムッソリーニファシスト党黒シャツ隊と同じく「ウスタシャ・クロアチア革命機構」を結成し、私兵を組織した。

しかし、クロアチアの独立を主張したために、ユーゴスラビアからイタリアに亡命し、ムッソリーニの庇護を受けた。パヴェリッチが亡命時に頼りにしたのがウスタシャであり、これが第二次大戦の初期1941年、ヒトラードイツとムッソリーニイタリアの軍事支援で成立したクロアチアのファシスト党「クロアチア社会主義労農党」となる。

写真(右)1940年5月18日、第二次大戦へのイタリア参戦1カ月前、イタリア、ローマ・オスティエンセ駅 (Roma Ostiense) 、クロアチア国家元首「ポグラヴニク」指導者アンテ・パヴェリッチ(Ante Pavelić)が出迎えの自動車に乗り込みローマ式敬礼で挨拶する。:イタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)は、これからこの自動車に同乗するのであろう。鉄道駅正面では、ファシストの幹部がローマ式敬礼をし、軍人が一般的な敬礼をしている。クロアチアのパヴェリッチは、イタリアとクロアチアのローマ協定を締結し、同盟国となった。
Patti di Roma. Benito Mussolini e il "poglavnik" croato Ante Pavelic fanno il saluto fascista e passano in rivista alle truppe schierate uscendo dalla stazione Ostiense. Autore: Patellani, Federico (1911/ 1977), fotografo principale.
Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 18/05/1941 Misure: 135 mm (24 x 36 mm) Note: Nell'aprile 1941 scoppia il conflitto con la Jugoslavia. Crollata nel giro di poche settimane, l'Italia stipula con il nuovo stato indipendente di Croazia e con il suo "poglavnik" Ante Pavelic i Patti di Roma (18.05.1941) grazie ai quali si annette Sebenico, Spalato, Cattaro e le principali isole dalmate costituendo il Governatorato della Dalmazia. Ante Pavelic era il capo del partito ustascia, da lui fondato il 7 gennaio 1929, che si prefiggeva programmaticamente l'eliminazione dei Serbi; trovò rifugio in Italia dove Mussolini gli assicurò denaro e protezione per le sue attività terroristiche, con l'appoggio del capo della polizia segreta Ercole Conti e del Ministro di Polizia Bocchini.
写真はRegione Lombardia,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Cinisello Balsamo (MI), Museo di Fotografia Contemporanea, PR. 447/FT. 30A引用。


国外亡命者から、1941年に一転してクロアチア国家元首となったアンテ・パヴェリッチは、首都をザグレブとしたクロアチア人の政府を組織したが、事実上、ヒトラーの傀儡政権だった。そして、ヒトラーのSS親衛隊と同じくウスタシャ党の兵士を使って何十万人ものセルビア人、ユダヤ人、ロマ(ジプシー)の絶滅を推進した。

カトリックやローマ法王ピウス12世を支持したアンテ・パヴェリッチは、宗教的、人種的なイデオロギーを掲げたものの、ヤセノバツ(Jasenovac)収容所では、セルビア人など囚人を非人道的に扱い、数十万人を死に至らしめた。そして、ウスタシャの兵士や指導者は、迫害対象とした人々の不動産から動産、資金、さらには金歯まで強奪して、私腹を肥やした。

写真(右)1940年5月18日、イタリア、ローマ・オスティエンセ駅 (Roma Ostiense) 、イタリアとクロアチアのローマ協定締結のため、クロアチア国家元首「ポグラヴニク」指導者アンテ・パヴェリック(Ante Pavelić:1889-1959)とイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)がイタリア軍儀仗兵を閲兵する。:アンテ・パヴェリック(Ante Pavelić:1869-1938)は、1929年1月7日にウスターシャ党を結成し、クロアチア人の優位を示そうと、セルビア人を排除する政策を推し進めようとした。
Patti di Roma. Benito Mussolini e il "poglavnik" croato Ante Pavelic fanno il saluto fascista e passano in rivista alle truppe schierate uscendo dalla stazione Ostiense. Autore: Patellani, Federico (1911/ 1977), fotografo principale.
Luogo e data della ripresa: Roma (RM), Italia, 18/05/1941 Misure: 135 mm (24 x 36 mm) Note: Nell'aprile 1941 scoppia il conflitto con la Jugoslavia. Crollata nel giro di poche settimane, l'Italia stipula con il nuovo stato indipendente di Croazia e con il suo "poglavnik" Ante Pavelic i Patti di Roma (18.05.1941) grazie ai quali si annette Sebenico, Spalato, Cattaro e le principali isole dalmate costituendo il Governatorato della Dalmazia. Ante Pavelic era il capo del partito ustascia, da lui fondato il 7 gennaio 1929, che si prefiggeva programmaticamente l'eliminazione dei Serbi; trovò rifugio in Italia dove Mussolini gli assicurò denaro e protezione per le sue attività terroristiche, con l'appoggio del capo della polizia segreta Ercole Conti e del Ministro di Polizia Bocchini.
写真はRegione Lombardia,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Cinisello Balsamo (MI), Museo di Fotografia Contemporanea, PR. 447/FT. 30A引用。


第二次大戦後も敗北したクロアチア国家元首「ポグラヴニク」指導者アンテ・パヴェリック(Ante Pavelić:1889-1959)がアルゼンチンへ逃亡し、活動できたのには理由があった。戦後のユーゴスラビアは、独自の社会主義を掲げるヨシップ・ブロズ・チトーが統治しており、これに対して反共産主義の立場で、スペインやイタリアは、反発を示していた。元亡命者アンテ・パヴェリックは、戦後の反共産主義、反ユーゴスラビアの対立の状況で、情報収集、諜報活動、破壊工作などで有用だと判断されたのである。

写真(右)1941年6月4日,イタリア、ローマ駅にハンガリー首相バールドッシ・ラースロー(László Bárdossy de Bárdos)を迎えたイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)と外務大臣でムッソリーニ娘婿ガレアッツォ・チャーノ(Galeazzo Ciano)[後方]:László Bárdossy de Bárdos (1890ー1946)は、1941年4月から1942年3月まで、ドイツ同盟国ハンガリーの首相を務めた。
Besuch des ungarischen Ministerpräsidenten Bardossy in Rom Date 04.06.1941

Empfang durch Mussolini (rechts) und Außenminister Ciano am Bahnhof. Bardossy-Bardos, Laszlo von, 1890-1946 Ciano, Galeazzo, 1903-1944 Mussolini, Benito, 1883-1945
写真は,Bildarchiv Austria Inventarnummer S 449/28 引用。


アルゼンチン大統領フアンドミンゴ・ペロンは、ヒトラーSS親衛隊ヨーゼフ・メンゲレ医師、アドルフ・アイヒマン、フランツ・シュタングルらユダヤ人虐殺の責任者の亡命にも力を課したが、クロアチアのウスタシャにも寛容で、多くの亡命者を受け入れたのである。しかし、1957年に、アンテ・パヴェリッチは銃撃暗殺未遂事件に遭遇し、それがもとで1952年12月、死亡した。


5.1940年6月10日、第二次世界大戦に参戦したムッソリーニ

1939年9月1日、ドイツは、「白の事例」を発動しポーランドに侵攻、イギリス・フランスは、ポーランドとの同盟関係にあったため、撤兵要求をしたが、ドイツ派無視したために、9月3日にドイツに宣戦布告した。こうして第二次大戦が勃発したが、枢軸国としてイタリアが参戦したのは、フランスがドイツに降伏する直前の1940年6月10日と遅かった。

写真(右)1940年6月10日、イタリア中部、ローマ、ヴェネチア宮殿のバルコニーからイタリアの第二次世界大戦参戦を宣言するイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):6月10日、ローマのパラッツォ・ヴェネツィア(ベネチア宮殿)のバルコニーから、ムッソリーニはイタリアの戦争への参入を宣言した。この時、下の広場には多数のイタリア国民がプラカードを掲げ歓声を上げていた。
Kriegserklärung Italiens an die Westmächte Date 10.06.1940 .
Description Vom Balkon des Palazzo Venezia in Rom proklamiert Mussolini den Eintritt Italiens in den Krieg. .
写真は European Commission ,Österreichische Nationalbibliothek 引用。


イタリアのファシスト独裁政権の首相ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)は、1939年9月に勃発した第二次世界大戦に1940年6月10日に参戦し、フランスを攻撃した。1940年5月のドイツによるフランス侵攻で、フランスが降伏する直前の1940年6月8日にイタリアは参戦し、フランスに勝利した戦勝国として、フランスの占領の利益を確保しようとした。

ベニート・ムッソリーニは、娘婿で外務大臣チアーノ伯爵と一緒に、ミュンヘンに到着、アドルフ・ヒトラーと戦争の行く末について話し合った。西側連合国との戦争が始まっても、参戦していなかったイタリアの立場は軽んじられており、ドイツの西方侵攻でフランスが大敗北する中で、ムッソリーニは、戦争におびえていると思われ、イタリアは屈辱的な思いをしていた。ムッソリーニは、ドイツに大打撃を受けたフランスに侵攻し、その降伏を要求し、フランス南部を占領しようとしたが、フランス軍の抵抗のために、進撃は停止していた。そこで、ヒトラーに頼み込んで、フランスに対する過大な領土要求をしたのである。

イタリアのファシスト独裁政権の首相ベニート・ムッソリーニは、1939年9月に勃発した第二次世界大戦に1940年6月10日に参戦し、フランスを攻撃した。イタリアは、1940年5月のドイツによるフランス侵攻で、フランスが降伏する直前の1940年6月8日にイタリアは参戦し、フランスに勝利した戦勝国として、フランスの占領の利益を確保しようとした。

写真(右)1940年6月10日、イタリア中部、ローマ、ヴェネチア宮殿のバルコニーからイタリアの第二次世界大戦参戦を宣言するイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)と歓声を上げる市民たち。:6月10日、ローマのパラッツォ・ヴェネツィアのバルコニーから、ムッソリーニはイタリアの戦争への参入を宣言した。
Kriegserklärung Italiens an die Westmächte Date 11.06.1940 .
Description Vom Balkon des Palazzo Venezia in Rom proklamiert Mussolini den Eintritt Italiens in den Krieg.
写真は European Commission ,Österreichische Nationalbibliothek 引用。


ドイツ同盟国イタリア王国は、1940年6月10日に第二次世界大戦に参戦し、フランスの南部に攻撃を開始したが、フランスへの進撃は低調で、一週間たたない1940年6月16日にフランスの新首相フィリップ・ペタンは、ドイツに休戦を申し込んだ。そして、1040年6月22日、コンピエーニュで休戦協定が調印され、フランスはドイツに降伏した。

フランスに侵攻したイタリア軍は参戦後の戦闘で戦果をあげてはいなかったので、最小限のリスクで報酬を獲得しようとしたムッソリーニは、姑息な外交・軍事のためにファシズムのメンツを潰してしまった。他方、ヒトラーは、イギリスを屈服させ、当方での戦争を開始しよと考えていたから、フランスを半イギリスの立場に追い込むためにも、フランスと寛大な講和条件を持ち出し、ムッソリーニの南フランス・コルシカ島のイタリア割譲の要求を拒否した。

写真(右)1940年10月12日,イタリア、イタリア軍騎兵隊を閲兵するイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):自動車の後席に立って、乗馬で軍旗を保持したイタリア騎兵部隊を閲兵している。
Mussolini bei der Truppenbesichtigung in Oberitalien

Mussolini fährt die Front der in Paradaufstellung angetretenen Truppen in Udine ab..Mussolini, Benito (1883 - 1945)
写真はSmugMug+Flickr.,Bildarchiv Austria Inventarnummer S 449/28 引用。


1940年9月、イタリアは、自国のアフリカ植民地リビアから、西方のイギリス属国エジプトに侵攻した。これは、スエズ運河を占領して、地中海のイギリス海軍の影響力を大幅に低下することを企図したものだった。しかし、イタリア軍は兵力的には勝っていたにも関わ環図、イギリス軍の反撃を受けて後退し、1941年2月になると、イギリス軍にリビアの要衝ベンガジを占領されてしまう。

イタリア軍の北アフリカでの敗北は、イタリアの指導者ムッソリーニの威信を失墜させ、政権交代、イタリアのイギリスとの和平も危惧されたために、ドイツは、地中海方面・北アフリカへ派兵を決定した。そして、西方電撃戦で活躍したエルヴィン・ロンメル隷下の2個師団をドイツアフリカ軍団Deutsche Afrikakorps :DAK)と称して北アフリカに派遣した。地中海方面には、歴戦の第一突撃航空団のユンカース(Junkers)Ju-87急降下爆撃機も派遣され、対艦船攻撃にも大きな戦果を挙げている。

写真(右)1940年6月10日以降、北アフリカ、イタリア植民地リビア、トリポリ、騎乗権を掲げて進撃を命じるイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):6月10日、ローマのパラッツォ・ヴェネツィアのバルコニーから、ムッソリーニはイタリアの戦争への参入を宣言し、北アフリカでは、イギリス保護国エジプトへの侵攻を命じた。
Mussolini in Tripolis Date 1940 .
Description Mussolini mit dem sogenannten Schwert des Islams in der libyschen Hauptstadt Tripolis. .
写真は European Commission ,Österreichische Nationalbibliothek 引用。


イタリア首相ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)は、第二次世界大戦勃発から10カ月近く経過した1940年6月10日、世界大戦に参戦し、フランスを攻め、ギリシアに侵攻した。しかし、ドイツに相談なしにギリシャに侵攻するも敗退し、ドイツの援軍を得て、1941年4月30日に勝利できた。しかし、6月22日のドイツのソ連侵攻にも同盟軍としてイタリア軍を派遣している。ドイツのソ連侵攻に合わせて、イタリア軍部隊を東部戦線に派兵し、ムッソリーニも東部戦線のイタリア軍を視察している。ただし、北アフリカのイギリス軍に手古摺らされていたのに、戦線を広げすぎたため、イタリアの経済力、軍事力では対処できるはずがなかった。これは、日本が中国一国にも手古摺っていたのに、アメリカ、イギリスとの戦争を始めたのに比べれば、落ち度としては軽いかもしれない。

イタリアは、1940年6月8日に南フランスに侵攻し、1940年6月10日に第二次世界大戦に参戦した。そして、フランス降伏の後の1940年9月7日、イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)は、イタリア植民地リビアから進軍しエジプトへ侵攻することを決心した。エジプロはイギリスが外交権・軍事権を掌握した保護国だったので、事実上、イギリス植民地だった。

1940年9月13日、エジプト侵攻を開始したイタリア軍は、グラッツィアーニ元帥隷下の8万人のイタリア第10軍で、5個師団を基幹としており、エジプト守備隊のイギリス軍より2倍以上優位な兵員を擁していた。優勢なイタリア軍はエジプトに100キロ侵攻したが、自動車化されていない部隊の補給は停滞した。

1940年6月8日、第二次大戦が勃発し、フランスがドイツに降伏する直前、ベニート・ムッソリーニは、娘婿で外務大臣チアーノ伯爵と一緒に、ミュンヘンに到着、アドルフ・ヒトラーと戦争の行く末について話し合った。西側連合国との戦争が始まっても、参戦していなかったイタリアの立場は軽んじられており、ドイツの西方侵攻でフランスが大敗北する中で、ムッソリーニは、戦争におびえていると思われ、イタリアは屈辱的な思いをしていた。ムッソリーニは、ドイツに大打撃を受けたフランスに侵攻し、その降伏を要求し、フランス南部を占領しようとしたが、フランス軍の抵抗のために、進撃は停止していた。そこで、ヒトラーに頼み込んで、フランスに対する過大な領土要求をしたのである。これを求めるために、ムッソリーニは、戦闘に勝利したヒットラーに会いに出かけた。

しかし、フランスに侵攻したイタリア軍は参戦後の戦闘では大きな功績をあげてはいなかった。最小限のリスクで報酬を獲得するといった都合のいい外交方針は、ファシズムのメンツを潰したものだった。実際、ヒトラーは、イギリスを屈服させ、当方での戦争を開始しよと考えていたから、危険を冒す気にはならず、フランスとの和平にも、寛大な条件を提示するにとどめた。ヒトラーは、有力なフランス艦隊が中立を維持し、フランス亡命政府が北アフリカなど植民地やロンドンで形成されないようにする必要があったので、フランスには名誉を保持して、イギリス側に立って戦争を続けさせないことを優先したのである。

こうして、ドイツ独裁者ヒトラーは、イタリア独裁者ムッソリーニの南フランス割譲というような過大な要求を即座に拒否し、ローヌ渓谷を占領し、コルシカ、チュニジア、ジブチ(イタリア占領下のエチオピアに隣接)を武装解除して、イタリアの支配下に置くというムッソリーニの要求ですら認めなかった。

写真(右)1940年6月25日,イタリア,フランス代表団に対して、休戦の条件を提示するイタリア軍バドリオ元帥(Badoglio)[立ち姿]と隣りに控えているタリア外務大臣ムッソリーニ娘婿ガレアッツォ・チャーノ(Galeazzo Ciano):バドリオ元帥、チャーノ外相の向かい席には、フランス側の代表ハンチンガー将軍などフランスの交渉者代表が座っている。イタリアは、ドイツに攻め込まれたフランスが敗北寸前になって、南フランスにイタリア軍を進めたが、すぐに終戦となり、イタリアは戦勝国となった。ドイツの尻馬に乗ったイタリアの振る舞いに、フランスは憤激した。
Title Waffenstillstandsverhandlungen in Italien Date 25.06.1940

Marschall Badoglio (rechts) verliest die italienischen Waffenstillstandsbedingungen, links neben ihm Außenminister Ciano, im Hintergrund General Huntzinger als Führer der französischen Unterhändler. Ciano, Galeazzo, 1903-1944 Badoglio, Pietro Marchese del Sabotino, 1871-1956
写真は,Österreichische Nationalbibliothek  Inventarnummer S 449/28 引用。


第二次大戦緒戦で中立を守っていたイタリアは、1940年5月のドイツのフランス侵攻でフランスの命運が尽きようとしていた6月10日にフランスに侵攻した。そして、僅か2週間で、対フランス戦勝利を味わったが、実際の戦闘での成果ではなく、ドイツ軍に敗北したフランスが、イタリアとの戦争を続けられなくなったためであった。しかし、イタリア外務大臣ガレアッツォ・チャーノ(Galeazzo Ciano)は、これをイタリアの勝利としてムッソリーニの意向通り、フランスに対する強硬な領土要求を行った。しかし、対イギリス戦を控えているヒトラーは、フランスに対するイタリアの身勝手な要求を拒否した。

イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)は、フランス敗北後の領土要求をヒトラーに拒否され、地中海帝国イタリアの面目を施すことができなかった。ヒトラーは、戦争に寄与していなイタリアの領土要求を拒否して当然と考えたが、ムッソリーニは不名誉を被り、イタリア人の誇りを傷つけられた。ムッソリーニは、ヒトラーに対して仕返しをしようと、ドイツに相談することなく、併合していたアルバニアから16万のイタリア軍で、1940年10月28日、ギリシャに侵攻する。しかし、準備不足のイタリア軍は、勇敢なギリシャ軍の反撃を受け、かえってイタリア領アルバニアに押し返されてしまう。そして、ギリシャから、枢軸国に地中海東部を支配されないように、イギリス軍は、ギリシャ沖のクレタ島に進駐し、守備を固めた。

ドイツのヒトラーは、イタリアがギリシャを攻撃すれば、イギリス軍がバルカンで勢力を伸ばし、同盟国ルーマニアの油田が脅かされ、イギリスとソ連との連携の可能性が高まると憂慮した。そこで、バルカン半島、北アフリカを確保することを決め、ギリシャで苦戦したイタリア軍に加勢する準備を始めた。1941年4月6日、ヒトラーは、ギリシャ侵攻「マリータ作戦」(Unternehmen Marita)、ユーゴスラビア侵攻を発動し、同盟国ブルガリア、ハンガリーから司令官ヴィルヘルム・リスト元帥隷下のドイツ第12軍がギリシャに侵攻した。ユーゴスラビアは4月17日、ギリシャは4月30日に降伏した。しかし、ギリシャにあったイギリス軍は、4万2,000名は無事撤退することができた。

1943年7月25日ヴェローナ(Verona)のヴェッキオ宮殿で開催されたファシスト党大評議会において、ムッソリーニに対する首相罷免決議に、チャーノは賛成し、チャーノは義父を失脚させ、逮捕させることになった。これは会議を主導したディーノ・グランディ(Dino Grandi conte di Mordano)に因んで1943年7月25日グランディ決議(Ordine del giorno Grandi)と呼ばれるが、当時のイタリアの最高諮問機関ファシズム大評議会が、ムッソリーニだけでなく、イタリア降伏へと繋がる政治的の裏切りを犯した時だった。

しかし、外務大臣チャーノは、ムッソリーニの庇護が亡くなった以上、ファシスト党でも外交官としても地位を保つことはできないと知っていた。その上、グラン・サッソに幽閉されていたムッソリーニが1943年9月、ドイツ軍空挺部隊によって解放され、ムッソリーニがイタリア社会共和国の樹立を宣言すると、ファシスト裏切り者は逮捕されることは必定で、連合国支配下南イタリアへの脱出を図った。チャーノは、それまで友好関係を築いてきたローマカトリック総本山バチカンに庇護を求めたが、拒否された。バチカンは政治の表舞台には立ちたくなかったのである。そこで、チャーノは、妻エッダとともにスペインに脱出しようとしたが、途上、10月にドイツ軍によって捕まり、拘束された。

ムッソリーニを裏切ったファシスト党幹部ルチアーノ・ゴッタルディ(Luciano Gottardi)、ジョヴァンニ・マリネッリ(Giovanni Marinelli)、カルッチオ・パレスキ(Carlo Pareschi) 、南部方面軍司令官エミーリオ・デ・ボーノ(Emilio De Bono)将軍ら総勢5人は、拘束された。そして、自らムッソリーニを失脚させたファシスト大評議会と同じ場所、ヴェローナ(Verona)のヴェッキオ宮殿で、1944年1月9日に裁判にかけられ、5人とも有罪の宣告を受けた。妻エッダの助命嘆願にに関わらず、ムッソリーニは裏切り者幹部5人を1944年1月11日、銃殺し処刑した。

写真(右)1941年冬,イタリア北部、イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)の肖像を掲げた冬季スポーツ競技会のスタジアム競技場アルペン山岳猟兵たちが、山岳戦に役立つスキーなどの協議を実施するのであろう。北アフリカの熱帯砂漠での戦いと山岳雪原での戦いがイタリアに課せられていた。
Description Blick ins Publikum, großes Transparent mit Mussolini-Kopf und italienischem Spruch. .1941

Rübelt, Lothar, 1901-1990
写真は,Österreichische Nationalbibliothek / Rübelt  Inventarnummer S 449/28 引用。


ユーゴスラビア摂政パヴレ・カラジョルジェヴィチPrince Paul of Yugoslavia)は、1941年3月25日、フランスを敗北させ西ヨーロッパの支配者となっていたヒトラーのドイツと同盟条約を締結した。

しかし、オーストリア帝国の支配の下にあったユーゴスラビアのセルビア人は、支配者と見られたドイツ系を憎悪しおり、セルビア人政治家や高級軍人は、1941年3月27日にクーデターによって摂政パヴルを始めとする親ドイツ政権を倒して、国王ペータル2世を担ぎ出して、親スラブ政権を樹立した。 国だったユーゴスラビアでクーデターが起こり、親ドイツを放逐して、親ソビエト派が実権を握った。新政権はドイツとの武力衝突を望んではいなかったが、ヒトラーは、ドイツを裏切ったユーゴスラビアの激怒し、直ちに1941年4月6日、ユーゴスラビアにドイツ軍を侵攻させ、ユーゴの首都ベオグラードBeograd)を空襲することを命じた。

写真(右)1941年8月21日,ポーランド、クラカウ東100キロ、ステンピナ (Stępina)、南部施設(Anlage Süd)と呼ばれたトンネル防空壕、イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)とドイツ総統アドルフ・ヒトラーの会合:ギリシャに侵攻した後で、ムッソリーニは6月22日のドイツのソ連侵攻にも同盟軍としてイタリア軍を派遣した。1941年8月にヒトラーとともに、フォッケウルフFW200コンドルに搭乗し、東部戦線のドイツ・イタリア軍地上軍を閲兵した。
Meeting of Adolf Hitler and Benito Mussolini at the entrance of the Stępina tunnel in Anlage Süd .
Anlage Süd (English: Installation South) was a pair of railway headquarters built for Adolf Hitler in the Nazi-occupied part of southern Poland during the Second World War..
Mussolini, Benito (1883 - 1945).
Schlagworte Italien, Krankenhaus, Krieg, Politik, Soldat .
Digitale Sammlung Zeitgeschichte.
写真は,Hitler-Archive 引用。


イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)は、フランス敗北後の領土要求をヒトラーに拒否され、地中海帝国イタリアの面目を施すことができなかった。ヒトラーは、戦争に寄与していなイタリアの領土要求を拒否して当然と考えたが、ムッソリーニは不名誉を被り、イタリア人の誇りを傷つけられた。ムッソリーニは、ヒトラーに対して仕返しをしようと、ドイツに相談することなく、併合していたアルバニアから16万のイタリア軍で、1940年10月28日、ギリシャに侵攻する。しかし、準備不足のイタリア軍は、勇敢なギリシャ軍の反撃を受け、かえってイタリア領アルバニアに押し返されてしまう。そして、ギリシャから、枢軸国に地中海東部を支配されないように、イギリス軍は、ギリシャ沖のクレタ島に進駐し、守備を固めた。

写真(右)1941年8月28日,ソビエト連邦、ウマン(?)、イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)とドイツ総統アドルフ・ヒトラーの会合:1941年8月28日にヒトラーとともに、フォッケウルフFW200コンドルに搭乗し、ポーランド、ガリチア(ロシアとの故郷)、クロスノ(Krosno)を飛び立って、東部戦線のウマンのドイツ・イタリア軍地上軍を視察した。
Adolf Hitler and Benito Mussolini arrive in Krosno, Russia .
Anlage Süd (English: Installation South) was a pair of railway headquarters built for Adolf Hitler in the Nazi-occupied part of southern Poland during the Second World War..
Mussolini, Benito (1883 - 1945).
Schlagworte Italien, Krankenhaus, Krieg, Politik, Soldat .
Digitale Sammlung Zeitgeschichte.
写真は,Hitler-Archive 引用。


ムッソリーニは、第二次世界大戦に半年以上遅れて参戦し、フランスを攻め、ギリシアに侵攻した。しかし、ドイツに相談なしにギリシャに侵攻するも敗退し、ドイツの援軍を得て、1941年4月30日に勝利できた。しかし、6月22日のドイツのソ連侵攻にも同盟軍としてイタリア軍を派遣している。ドイツのソ連侵攻に合わせて、イタリア軍部隊を東部戦線に派兵し、ムッソリーニも東部戦線のイタリア軍を視察している。ただし、北アフリカのイギリス軍に手古摺らされていたのに、宣戦を広げすぎたため、イタリアの経済力、軍事力では対処できるはずがなかった。これは、日本が中国一国にも手古摺っていたのに、アメリカ、イギリスとの戦争を始めたのに比べれば、落ち度としては軽いかもしれない。

写真(右)1941年8月28日,ソビエト連邦、ウクライナ、イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)とドイツ総統アドルフ・ヒトラーがメルセデスに乗って現地のドイツ軍・イタリア軍地上部隊を視察した。:1941年8月28日にヒトラーとともに、フォッケウルフFW200コンドルに搭乗し、ポーランド、ガリチア(ロシアとの故郷)、クロスノ(Krosno)を飛び立って、東部戦線のウマンのドイツ・イタリア軍地上軍を閲兵した。イタリア軍部隊を東部戦線に視察したのは、ムッソリーニにとって最初で最後となった。
Adolf Hitler and Benito Mussolini arrive in Krosno, Russia .
Anlage Süd (English: Installation South) was a pair of railway headquarters built for Adolf Hitler in the Nazi-occupied part of southern Poland during the Second World War..
Mussolini, Benito (1883 - 1945).
Schlagworte Italien, Krankenhaus, Krieg, Politik, Soldat .
Digitale Sammlung Zeitgeschichte.
写真は,Hitler-Archive 引用。


イタリアフィアット508CM ドイツ第三帝国総統(ヒューラー)アドルフ・ヒトラーは、イギリス軍がバルカンに勢力を伸ばせば、同盟国ルーマニアの油田が脅かされ、イギリスとソ連との連携の可能性が高まると憂慮した。そこで、バルカン半島、北アフリカを確保することを決め、ぎるしゃで苦戦しているイタリア軍に加勢する準備を始めた。

ヒトラーは、1941年4月6日、ギリシャ侵攻「マリータ作戦」(Unternehmen Marita)、ユーゴスラビア侵攻を発動し、同盟国ブルガリア、ハンガリーから司令官ヴィルヘルム・リスト元帥隷下のドイツ第12軍がギリシャに侵攻した。ユーゴスラビアは4月17日、ギリシャは4月30日に降伏した。しかし、ギリシャにあったイギリス軍は、4万2,000名は無事撤退することができた。

写真(右)1942年2月13日,イタリア、スペイン外務大臣ラモン・セラーノ・スニェール(Serrano Suner)、スペイン国民戦線の首班フランシスコ・フランコ(Francisco Franco)元帥、イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):1936年7月にスペイン総選挙で、人民前線派が勝利すると、モロッコ植民地にあったエミリオ・もら将軍、フランシスコ・フランコ将軍らは反乱を起こし、人民戦線打倒を目指した。イギリス・フランスは、不干渉政策をとったが、イタリアはドイツとともに、事実上正規軍を遠征させ、フランコ将軍を軍事援助した。スペイン人民戦線政府は、1939年1月バルセロナ陥落、3月27日マドリード陥落により崩壊、1939年4月1日、フランコ将軍は内戦終結を宣言した。フランコは、ヒトラーとムッソリーニのお陰で勝利できたのである。
Titel Begegnung Franco - Mussolini
Datierung 13.02.1941.
Description Kaiser Viktor Emanuel mit Benito Mussolini..
Person Viktor Emanuel, Italien, König, 1869-1947 Mussolini, Benito, 1883-1945.
Mussolini, Benito (1883 - 1945).
Nach den Besprechungen, v.l..: der spanische Außenminister Serrano Suner, Franco, Mussolini. .
Digitale Sammlung Zeitgeschichte.
写真は European Commission ,Bildarchiv Austria Inventarnummer S 463/43 引用。


イタリアは、1940年6月8日に南フランスに侵攻し第二次世界大戦に参戦したが、そフランス降伏の後の1940年9月7日、イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)は、イタリア植民地リビアから進軍しエジプトへ侵攻することを決心した。エジプロはイギリスが外交権・軍事権を掌握した保護国だったので、事実上、イギリス植民地だった。

1940年9月13日、エジプト侵攻を開始したイタリア軍は、グラッツィアーニ元帥隷下の8万人のイタリア第10軍で、5個師団を基幹としており、エジプト守備隊のイギリス軍より2倍以上優位な兵員を擁していた。優勢なイタリア軍はエジプトに100キロ侵攻したが、自動車化されていない部隊の補給は停滞した。

写真(右)1942年頃、イタリア、イタリア陸軍の新型セモヴェンテ da 75/34突撃砲を視察するイタリア統領ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)とファシストの幹部たち:セモヴェンテ da 75/34突撃砲は、M15/42中戦車の砲塔を除去、戦闘室を設けて、34口径75ミリL/34砲を装備した自走砲。34口径75ミリL/34砲は、前作のセモヴェンテda 75/18の18口径75ミリ榴弾砲M35よりも長砲身で、砲口初速も430m/秒でから610m/秒に高速化し、貫通力が向上し、最大射程も8,000mから12,000mに延長された。1942年から1943年に141両が生産された。
Title Benito Mussolini_2, sem data.
Description Português: Imagem do Fundo Correio da Manhã..
Depicted people Depicted person: Benito Mussolini – fascist leader of Italy.
Date Unknown Collection Brazilian National Archives.
Accession number BR_RJANRIO_PH_0_FOT_31484_016 Source Arquivo Nacional.
写真はRegione Lombardia,LombardiaBeniCulturali File:Benito Mussolini 2, sem data.tif引用。


写真(右)1942年10月27日,イタリア、イタリア軍を視察したイタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)とイタリア王国サボイア王家ヴィットーリオ・エマヌエーレ・ディ・サヴォイア3世(Vittorio Emanuele di Savoia):イタリア国王はイタリア軍の統帥権をファシスト党ムッソリーニに委譲していたので、ムッソリーニは独裁者として振舞うことができた。二人とも首から双眼鏡を下げている。服装は、目立った綺麗な軍服であり、敵の空襲も攻撃もあり得ないようなイタリア本土の安全地帯での視察、宣伝用の写真撮影であろう。
Titel Mussolini und der italienische Kaiser
Datierung 27.10.1942.
Description Kaiser Viktor Emanuel mit Benito Mussolini..
Person Viktor Emanuel, Italien, König, 1869-1947 Mussolini, Benito, 1883-1945.
Mussolini, Benito (1883 - 1945).
Schlagworte Italien, Krankenhaus, Krieg, Politik, Soldat .
Digitale Sammlung Zeitgeschichte.
写真は European Commission ,Bildarchiv Austria Inventarnummer S 463/43 引用。


1940年12月9日、イギリス陸軍リチャード・ニュージェント・オコーナーRichard Nugent O'Connor:1889-1981)将軍隷下のイギリス西砂漠軍 (機甲師団と英印軍[イギリス=インド軍])3万人は「コンパス作戦」を発動、イタリア軍への攻撃を開始した。オコンナー将軍隷下のイギリス西砂漠軍3万人は優位に戦いを進めて、1941年2月までに、リビアのトブルク、キレナイカを占領し、イタリア軍に大打撃を与えた。

しかし、イタリア軍には、1941年2月にドイツからエルヴィン・ロンメル将軍隷下のアフリカ軍団がリビアに派遣され、3月の攻勢によって、4月にはベンガジを攻略してリチャード・オコーナーRichard O'Connor9将軍を捕虜として幽閉した。1943年7月25日、ファシスト大評議会でベニート・ムッソリーニ失墜し逮捕されると、リチャード・オコーナー(Richard O'Connor)は警備が緩んだ捕虜収容所から脱走し、1944年6月のノルマンディー侵攻にイギリス陸軍第8軍(VIII Corps)を率いて参戦している。

1941年の初め、イタリア軍は植民地のリビアからイギリス属領エジプトへの攻撃を始めたが、イギリス軍の反撃を受けて敗退した。そこで、イタリア軍の救援のために、北アフリカにもドイツ軍が派遣されこととなった。これが、ドイツアフリカ軍団である。

アルマートM13 ドイツ軍による最大にして最後の大規模空挺作戦は、1942年5月20日に始まったギリシャ、クレタ島攻略「メルクール作戦」である。イギリス軍が守備するクレタ島にユンカースJu52輸送機で運ばれてパラシュート(落下傘)降下したり、ドイツ滑空機研究所(Deutsche Forschungsanstalt für Segelflug)DFS 230 兵員輸送用グライダーによる降下をしたりした降下猟兵(空挺部隊)は、防衛体制の整った守備隊の迎撃を受けて、大きな損害を被った。飛行場にユンカースJu52輸送機で乗り付けた降下猟兵も多数いた。

しかし、イギリス空軍の迎撃やクレタ島イギリス軍守備隊の対空砲火によって、輸送機ごと撃墜されるドイツ空軍降下猟兵も少なくなかった。ドイツ軍降下猟兵(空挺部隊)は2万名が参加したが、戦死は3,000人以上、航空機搭乗員の戦死300人以上で、その精鋭の損失は、新兵の補充では補うことはできなかった。また、ドイツ軍は、飛行場への輸送機による強行着陸も実施したが、その際、多数の輸送機が大きく損傷し、甚大な損害を被っていた。

しかし、イギリス軍は、1942年8月にエル・アラメイン防衛のために、バーナード・モントゴメリー将軍隷下のたイギリス第8軍を充て、11月まで頑強に抵抗した。そして、アメリカからの戦車、航空機の軍事援助を得て、11月1日に「スーパーチャージ作戦」を発動して、ドイツ・イタリアの枢軸軍をリビアに撤退させた。

1942年11月、フランスのヴィシー政府の植民地アルジェリアに、ドワイト・アイゼンハワー将軍隷下のイギリス軍とアメリカ軍が「トーチ作戦」に従って上陸し、ドイツ・イタリア軍をチュニジアに追い詰めた。

 伊ランチャア3Ro重トラック 1943年5月13日、北アフリカのチュニジアでドイツ・イタリア軍が降伏し、西側連合軍は、チュニジア・マルタから、チュニジア⁼シチリア島の中間にあるパンテッレリア島を空襲し、さらに艦砲射撃も実施して、6月11日にイタリア軍守備隊を降伏させた。

そして、1943年7月10日、西側連合軍は、イタリアのシシリー島攻略「ハスキー作戦」を発動、グライダー140機、空挺部隊3000人をシチリア島南部に降下させた。そして、シシリー島南岸に艦砲射撃の援護の下に、地上軍を上陸させた。

1943年7月10日、「ハスキー作戦」に基づいてシシリー島に上陸したイギリス・アメリカ軍は、シシリー島北東端、イタリア本土にメッシーナ海峡を隔てて面したメッシーナを目指して進撃した。シシリー島上陸から1か月後、1943年8月11日、シチリアのドイツ・イタリア軍守備隊は、イタリア半島に脱出した。シシリー島に住んでいたイタリア国民の中には、西側連合軍の占領を歓迎する動きが目立った。シシリー島が陥落で、イタリア国民の多くは、イタリアが世界大戦から離脱し、講和すべきであると考えた。

写真(右)1943年2月13日,ドイツ、東プロイセン、オステンブルク、総統大本営、ドイツ海軍総司令官カール・デーニッツ、陸軍参謀総長クルト・ツァイツラー(Kurt Zeitzler:1895-1963)、イタリア統領(Duce)ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)、国防軍総司令部総長ヴィルヘルム・グスタフ・カイテル(Wilhelm Gustav Keitel:1882-1946処刑)元帥、ドイツ総統アドルフ・ヒトラー、ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング国家元帥:1941年6月22日、ドイツ派「バルバロッサ作戦」を発動しソ連に侵攻したが、これには、ハンガリー、ルーマニア、フィンランドとソ連に国境が近い国だけではなく、イタリアも軍を派遣している。
Titel Begegnung Franco - Mussolini
Datierung 15.04.1943.
Description Im Bild v.l.n.r. Dönitz, General Zeitzler der Chef des Generalstabes, Mussolini, Keitel, Hitler und Göring...
Person Person Keitel, Wilhelm, 1882-1946 Dönitz, Karl, 1891-1980 Göring, Hermann, 1893-1946 Mussolini, Benito, 1883-1945 Zeitzler, Kurt, 1895-1963 Hitler, Adolf, 1889-1945.
Nach den Besprechungen, v.l..: der spanische Außenminister Serrano Suner, Franco, Mussolini. .
Digitale Sammlung Zeitgeschichte.
写真は European Commission ,Bildarchiv Austria Inventarnummer S 463/43 引用。


1942年、エジプト国境、エル・アラメインの戦いで敗退したドイツ・イタリア枢軸軍は、アメリカ・イギリス連合軍による1942年11月8日のトーチ作戦によって、モロッコ、アルジェリア上陸によって背後を襲われた。また、1943年1月23日、イギリス軍バーナード・モントゴメリー大将隷下の第8軍は、枢軸軍の拠点トリポリを攻略、枢軸軍はリビアを抜けて、補給しやすいチュニジアに撤退した。しかし、イギリス軍はチュニジアに最も近いマルタ島の空軍基地を使って、イタリアからチュニジアへの補給を絶った。そして、チュニジアの枢軸軍を孤立化させた。


6.グラン・サッソ(Gran Sasso)に幽閉されたムッソリーニ救出作戦

イタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世は、ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)を解任し、後継首相ピエトロ・バドリオ(Pietro Badoglio)元帥は、ドイツの武力介入に名目を与えないように、引き続き戦争を継続するとしながらも、裏では西側連合国との降伏交渉を進めた。


写真(右)1943年9月12日,イタリア中部、アペニン山脈グラン・サッソ(Gran Sasso)、幽閉されていた山荘ホテル「カンポ・インペラトーレ」(Hotel Campo Imperatore )からに出てきたベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini)と武装SS親衛隊オットー・スコルツェニー(Otto Skorzeny)SS少佐(ムッソリーニ左手・高身長)、救出作戦を現地で指揮したドイツ空軍降下猟兵大隊長ハラルト=オットー・モルス(Harald-Otto Mors)少佐[スコルツェニーの左手、小柄]、周囲のドイツ空軍降下猟兵たち:山荘ホテル厳寒での記念撮影。
Gran Sasso, Befreiung von Mussolini.- Benito Mussolini vor Hotel Campo Imperatore mit deutschen Fallschirmjägern und italienischen Soldaten. links neben Mussolini Otto Skorzeny (helle Uniform, Fernglas) und Major Harald-Otto Mors. Rechts Karl Radl (mit Stahlhelm); Fs AOK
Mussolini, Benito: Ministerpräsident, Regierungschef, Chef des Faschistischen Großrates, Italien Skorzeny, Otto: SS-Hauptsturmführer, Ritterkreuz (RK), Waffen-SS, Deutschland (GND 118614886) Mors, Harald: Major, Luftwaffe, Fallschirmspringer, Deutschland
Title Gran Sasso, Mussolini vor Hotel
Gran Sasso Date 12 September 1943
Collection German Federal Archives
Current location Propagandakompanien der Wehrmacht - Heer und Luftwaffe (Bild 101 I)
Accession number Bild 101I-567-1503C-15 Origin: Bundesarchiv
写真は,Category:Gran Sasso raid File:Bundesarchiv Bild 101I-567-1503C-15, Gran Sasso, Mussolini vor Hotel.jpg引用。


DFS230 1943年5月、北アフリカのドイツ軍・イタリア軍は、「トーチ作戦」でモロッコ・アルジェリアに上陸したアメリカ軍とエジプト・リビアを進撃してくるイギリス軍によって挟撃され、枢軸軍は西側連合軍に降伏した。そして、1943年7月10日、西側連合軍が「ハスキー作戦」でイタリア本土シチリア島に上陸すると、イタリア軍の士気は決定的に低下し、講和を望む声が高くなった。

1943年7月25日、ファシスト大評議会での解任から、逮捕されたムッソリーニは、イタリア中部のアペニン山脈グラン・サッソの山荘ホテル「カンポ・インペラトーレ」(Hotel Campo Imperatore)に拘禁された。これに対して、ヒトラーは、1943年9月13日、ムッソリーニ救出作戦「柏(オーク)」を発動、ドイツ空軍降下猟兵、陸軍山岳猟兵を,グランサッソにグライダーで降下させ、幽閉されていたムッソリーニを救出した。

1943年1月末、エルヴィン・ロンメル隷下のドイツ軍は、2月中旬、カセリーヌ峠の戦いで防衛戦を構築した。3月中旬、チュニジア戦線の戦況報告のためにヒトラーの元に出向いたロンメルは、アフリカに戻ることを許されず、チュニジア戦線の指揮はアルニムに委ねられた。連合国軍はチュニジア北部の港湾チュニスに向けて攻撃を強め、マルタ島のイギリス空軍によって、枢軸国軍の補給を絶ち切った。

 1943年5月7日、アメリカ軍がビゼルト、イギリス軍がチュニスに突入し、チュニジアの枢軸軍は、5月13日には全面降伏した。このとき降伏し捕虜とされた枢軸国軍は27万人で、これは3ヶ月前にソ連スターリングラードの敗戦時の2倍以上だった。

フィーゼラーFi156Cシュトルヒ 1943年7月24日の西側連合軍のシシリー島上陸「ハスキー作戦」で、枢軸国の勝利の希望が持てなくなった状況で、7月25日開催のファシスト大評議会で、クーデーター的にムッソリーニ首相退任要求の決議が採択された。

1943年7月25日、 イタリア首相ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)は、ファシスト大評議会で首相解任要求が採択され、イタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世によって首相を解任された。そして、その直後に逮捕されイタリア中部、アペニン山脈グラン・サッソ(Gran Sasso)の山荘ホテルに幽閉された。

アドルフ・ヒトラーは、イタリアとの軍事同盟を維持するにはベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)が必要であると考え、SS武装親衛隊オットー・スコルツェニーOtto Skorzeny)少佐に、ベニート・ムッソリーニBenito Mussolini)救出を命じた。

フィーゼラーFi156シュトルヒ 1943年9月12日,グラン・サッソ山荘王ホテル「カンポ・インペラトーレ」近くにグライダー降下したドイツ軍将兵は、ムッソリーニが幽閉されていた山荘に奇襲をかけ、警備のイタリア軍兵士からの抵抗なしに、ムッソリーニを無欠解放した。グランサッソ奇襲ムッソリーニ救出作戦には、イタリア軍フェルナンド・ソレティ(Fernando Soleti:1891-1978) 将軍が、ムッソリーニを監視しているイタリア将兵たちに武力抵抗をやめさせたためである。救出されたムッソリーニは、SS武装親衛隊オットー・スコルツェニーOtto Skorzeny)少佐とドイツ空軍フィーゼラー(Fieseler)Fi-156「シュトルヒ」連絡機に同乗して、山腹から離陸した。

⇒写真集Album:フィーゼラー(Fieseler)Fi-156シュトルヒ連絡 を詳しく見る。

1943年7月25日樹立のピエトロ・バドリオ元帥のイタリア政府は、1943年9月8日、連合国に無条件降伏した。イタリア脱落を予期していたドイツは、即座にローマ、北イタリアを占領し、9月12日には、ドイツ降下猟兵によって救い出されたベニート・ムッソリーニを首班とするファシスト政権が樹立された。

⇒写真集Album:ムッソリーニ救出作戦(La liberazione di Mussolini)を詳しく見る。


7.イタリア社会共和国とムッソリーニ処刑

イタリアが西側連合国と休戦協定を結び、無条件降伏すると、この敗北を認めないイタリア人には、ムソリーニの側に着くものもあった。1943年9月時点では、イタリアの北半分、すなわちイタリアの産業基盤や首都ローマを有するのは、ムッソリーニのイタリア社会共和国だった。降伏したイタリア王国は、敗戦国であり、連合国に寝返った側だった。

イタリアのドイツ軍は防衛ラインを複数構築して、持久戦を粘り強く戦い、1944年1月22日、西側連合国軍がローマ南、アンツィオに上陸しても、上陸部隊が内陸に侵攻するのを防戦した。

連合国軍がローマを解放できたのは、サレルノに上から4カ月以上たった1944年6月4日だった。1944年6月6日、西側連合軍が、北フランスのノルマンディー海岸への上陸に成功し、ソ連の東部戦線とならんで「第二戦線」として西部戦線が開かれた。

長らく開かれていなかったファシズム大評議会が1943年7月24日に開催され、議論が深夜まで続き、7月25日、ムッソリーニの首相罷免とそのと独裁的権能を剥奪する議案が決まった。それを受けて、7月25日にムッソリーニはイタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世 (Vittorio Emanuele III :1869-1947) により罷免解任を告げ、バドリオが後任首相に任命された。バドリオ元帥は、ドイツの介入を招かないように表向きは戦争継続を主張しつつ、西側連合国と講和を急いだ。

バドリオ元帥は、イタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世 (Vittorio Emanuele III :1869-1947) を説得して、イタリア停戦協定を認めさせ、1943年9月7日、全土に休戦をラジオ公表した。休戦とは名ばかりで、イタリアは無条件降伏したのであり、1943年9月9日にはローマ南のサレルノ上陸「アヴァランチ作戦」とイタリア南端の軍港ターラント攻略「スラップスティック作戦」が行われた。

しかし、ドイツ軍は、イタリア軍の武装解除し、ローマを占領しようと軍を進め、イタリアとドイツの武力対立が始まった。慌てたイタリア政府も国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世 (Vittorio Emanuele III ) は、1943年9月9日にローマから逃亡し、ドイツ支配がはじまった。

イタリア自走砲M40 1943年9月12日、ドイツ軍空挺部隊は、グラン・サッソに拘禁されていたベニート・ムッソリーニBenito Amilcare Andrea Mussolini)を救出し、ムッソリーニはヒトラーの支持を得て、1943年9月15日、ファシスト政権を復活した。これが、1943年9月23日に独立を宣言した「イタリア社会共和国(Repubblica Sociale Italiana:RSI)」である。

寝返ったイタリア首相ピエトロ・バドリオ元帥も国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世も戦犯とされることなく、政権を担ったが、これは戦争責任を全てムッソリーニに押し付けた不当なやり方だった。しかし、ドイツ打倒を優先する連合国は、ソ連も含め、事実上、イタリアに対しては、緩和された早期の「無条件降伏」を許した。

写真(右)1945年,イタリア北部、ミラノ、第5山岳(Alpini)旅団を閲兵するサロ政権元首ベニート・ムッソリーニ(Benito Mussolini):第二次大戦参戦当初、イタリアの追随者や高官に囲まれていたムッソリーニは、1943年には国民の支持が得られなくなり、国王から首相を罷免された。しかし、当初は、首都ローマ、イタリア北部の工業地帯をドイツ軍の軍事力で保持しており、まだファシズムを支持する国民も残っていた。しかし、1944年後半になると、枢軸語句側の戦争敗北は明らかであり、敗北まじかのムッソリーニの傀儡政権に忠誠を誓ったのは、少数派だった。人気が衰え戦争を続けるムッソリーニは、イタリア人パルチザンを弾圧したため、1945年4月にパルチザンに拘束されると裁判もなく、処刑された。そして、ミラノのガソリン・スタンドに愛人とともに吊るされ晒されるた。
English: Mussolini reviews 5th Alpine Mobile Black Brigade, Brescia, 1945 Date 1945
Unknown source
写真はWikimedia Commons, Category:Benito Mussolini in 1945 - File:Brigata Nera alpina 1945.jpg引用。


ムッソリーニを元首とするイタリア社会共和国Repubblica Sociale Italiana:RSI)は、1943年9月にファシスト党独裁国家として成立したが、これに対峙するイタリア王国は、10月13日、ドイツに宣戦布告をしている。

イタリア国民の大半は、もはやムッソリーニを嫌っており、彼の信奉者も敗戦を見込んで、ムッソリーニから離れていった。逃亡したムッソリーニらファシスト信奉者は、イタリア人パルチザンに見つかり、連れ去られ、処刑された。

写真(右)1945年4月29日,イタリア北部、ミラノ、ロレト(Loreto)広場、スタンダード・オイル(Esso)のガソリン・スタンドの梁に吊るしあげられるベニート・ムッソリーニの死体:イタリアの追随者や高官の中には、最後までムッソリーニ付き従った政治家・軍人が残っていた。彼らは、それまで弾圧されていたイタリアのパルチザンによって、報復され、裁判なしで処刑された。その上、ミラノのスタンダード・オイル(Esso)ガソリン・スタンドの高い梁から、愛人クララ・ぺタッチらファシスト幹部とともに吊るされ晒された。アメリカ軍がミラノに到着し、無残な死体を晒すような行為をやめさせ、検死が行われた。
Seconda guerra mondiale. Resistenza italiana. Liberazione di Milano. 29 aprile 1945. Il corpo di Benito Mussolini esposto alla folla in piazzale Loreto appeso alle travi della tettoia del distributore di benzina Esso...
Ferrario, Luigi
Autore: Ferrario, Luigi (1915 - 1992)
Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 29/04/1945
Misure: 135 mm (24 x 36 mm) Note: I corpi di Benito Mussolini, di Claretta Petacci e dei gerarchi del Partito Fascista fucilati il pomeriggio del 28 Aprile a Dongo erano stati scaricati nella notte in Piazzale Loreto dai partigiani che avevano patrtecipato alla loro esecuzione..
写真はRegione Lombardia &LombardiaBeniCulturali -Collocazione: n.d., fondo Ferrario, serie Liberazione di Milano - 29 Aprile 1945, Ferrario_1_08a引用。


サロ政権・ドイツ支配下の1944年8月、武装闘争を始めたイタリア人パルチザンを威圧するために銃殺したパルチザン15人を、ミラノ中心部のロレート広場で晒しものにした。これへの報復として、パルチザンは、ムッソリーニ、愛人ぺタッチ、ファシスト党書記長アレッサンドロ・パヴォリーニらの死体をミラノのロレート広場に運び込み、住民に晒しものにした。群衆は、ファシストの遺体に辱めを加え、遺体を損壊しはじめた。そこで、パルチザンは、処刑したムッソリーニ、政治家ニコラ・ボムバッチ(Nicola Bombacci)、ムッソリーニ、愛人クラーラ・ペタッチClara Petacci:1912年2月28日-1945年4月28日)ら9人の死体を、ロレート広場に面したスタンダード・オイル(Esso)のガソリン・スタンドの鉄製梁に引き上げて、衆人の環視の中に置いた。

⇒写真集Album:ムッソリーニ処刑を詳しく見る。


ナチ党ヒトラー独裁政権の成立:NSDAP(Nazi);ファシズムの台頭
ナチ党政権によるユダヤ人差別・迫害:Nazis & Racism
ナチスの優生学と人種民族:Nazis & Racism
ナチスT4作戦と障害者安楽死:Nazism & Eugenics
ドイツ国防軍のヒトラー反逆:Ludwig Beck
ゲオルク・エルザーのヒトラー暗殺未遂:Georg Elser
ワルシャワ・ゲットー写真解説:Warsaw Ghetto
ウッジ・ゲットー写真解説:Łódź Ghetto
ヴィシー政権・反共フランス義勇兵:Vichy France :フランス降伏
バルカン侵攻:Balkans Campaign;ユーゴスラビア・ギリシャのパルチザン
バルバロッサ作戦:Unternehmen Barbarossa;ソ連侵攻(1)
スターリングラード攻防戦;Battle of Stalingrad :ソ連侵攻(2)
ワルシャワゲットー蜂起:Warsaw Uprising
アンネ・フランクの日記とユダヤ人虐殺:Anne Frank
ホロコースト:Holocaust;ユダヤ人絶滅
アウシュビッツ・ビルケナウ収容所の奴隷労働:KZ Auschwitz
マウトハウゼン強制収容所:KZ Mauthausen
ヒトラー:Hitler
ヒトラー総統の最後:The Last Days of Hitler
ヒトラー暗殺ワルキューレ Valkyrie作戦: Claus von Stauffenberg
アンネの日記とユダヤ人
与謝野晶子の日露戦争・日中戦争
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥
マッキ(Macchi)MC.200サエッタ戦闘機
ボーイング(Boeing)247旅客機
ダグラス(Douglas)DC-2輸送機
ダグラス(Douglas)DC-3輸送機
マッキ(Macchi)MC.200サエッタ戦闘機
ボーイング(Boeing)247旅客機
ダグラス(Douglas)DC-2輸送機
ダグラス(Douglas)DC-3輸送機
サボイア・マルケッティ(Savoia Marchetti)SM.73輸送機
カプローニ(Caproni)Ca.135爆撃機
カント(CANT)Z.501飛行艇
カント(CANT)Z.506水上機
カント(CANT)Z.1007爆撃機
フィアット(Fiat)G.18V輸送機
フィアット(Fiat)G.212輸送機
カプローニ(Caproni)Ca.310偵察爆撃機
カプローニ(Caproni)Ca.311軽爆撃機
サボイア・マルケッティ(Savoia Marchetti)SM.79爆撃機
サボイア・マルケッティ(Savoia Marchetti)SM.82輸送機
ピアジオP.108重爆撃機
ムッソリーニ救出作戦
イタリア独裁者ムッソリーニ
独裁者ムッソリーニ処刑



2020年12月22日開設の鳥飼研究室へのご訪問ありがとうございます。データ引用の際は,出所を明記するか,リンクをしてください。
連絡先: torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 
東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Fax: 0463-50-2078
Flag Counter
Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 9000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.


Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2020/12/22 All Rights Reserved.