Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内

◆ハインケル(Heinkel)He70高速輸送機ブリッツ(Blitz)
写真(上)1930年-1932年末、ドイツ、ハインケル(Heinkel)He 70輸送機試作機(D-3)
;1932年12月1日初飛行、ドイツ・ワイマール共和国、航空技術の優秀さを示した。国籍マークには、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカはない。
English: Heinkel He.70 photo from NACA-AC-183 Date 1 August 1933 Source https://ntrs.nasa.gov/archive/nasa/casi.ntrs.nasa.gov/19930090277.pdf Author NACA Aircraft Circular-
写真は,Category:Heinkel He 70 File:Heinkel He.70 right resr NACA-AC-183.jpg引用。



写真(上)1930年代初頭、ドイツ、ハインケル(Heinkel)He 70高速輸送機ブリッツ(Blitz)
:1935年までは、ドイツ軍伝統の黒白赤三色ストライプの国章だったが、1935年の再軍備宣言、ドイツ空軍の設立以降は、尾翼に赤帯に白丸とハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)を描いた国章とされた。その後、1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、赤帯と白丸のハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)は目立つために敵からの標的にされやすかったので取りやめになった。
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935604 - Catalog:16_005260 - Title:Heinkel He 70f Nowarra photo - Filename:16_005260.TIF - - - - - - Image from the Ray Wagner Collection.
SDASM Archives・NH 80977 GNEISENAU (German battleship, 1936) 引用。

写真(右)1942年4月24日、ドイツ、自ら開発したHE 115 水上偵察機をバックにした教授エルンスト・ハインケル博士(Professor Dr. Ernst Heinkel);He115の搭載したBMW132空冷星形9気筒エンジンと3翅プロペラが背後に見える。
Collectie NIOD
Trefwoorden Duitsers, Luftwaffe, Oorlogsindustrie, Vliegtuigen, Portretten
Locatie Naam: Federal Republic of Germany Land: Germany
Personen Heinkel, Ernst
Bijschrift Professor Heinkel zum Pionier der Arbeit ernannt. Auf Grund seiner hervorragenden Leistungen auf den Gebiet des deutschen Flugzeugbaues wurde Professor Ernst Heinkel, der Schöpfer zahlreicher unübertroffener Flugzeugtypen vom Führer zum Pionier der Arbeit ernannt. Professor Dr. h.c. Ernst Heinkel vor einen seiner Kampfflugzeuge, der He 115.
Type Foto
Datum 24/04/1942 Datum type Opname
写真は Beeldbank WO2 : Beeldnummer 29482引用。


エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、1888年1月24日、ドイツ南部、ヴュルテンベルク州シュヴァーベン(Schwaben)地方のグルンバッハ(Grunbach )に生まれ、自ら独立心旺盛で自尊心の高い短気なシュワーベン人であると自負していた。

第一次世界大戦時、エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、ドイツの航空機メーカー、アルバトロス(Albatros)社で主に設計の仕事をし、戦後の1922年には、ドイツ北部ヴァーネミュンデにハインケル航空機を設立した。ここは、バルト海を挟んでスウェーデンに面しており、1919年のベルサイユ条約によって軍用機の開発・保有を一切禁止されたドイツにあって、対岸のスェーデンで軍用機を開発できるという利点があった。この時期、エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、日本海軍のために、1925年、HD-25水上機、すなわち愛知航空機 二式複座水上偵察機も開発している。

中島九五式一号水上偵察機 エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、1888年1月24日、ドイツ南部、ヴュルテンベルク州シュヴァーベン(Schwaben)地方のグルンバッハ(Grunbach )に生まれ、自ら独立心旺盛で自尊心の高い短気なシュワーベン人であると自負していた。

第一次世界大戦時、エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、ドイツの航空機メーカー、アルバトロス(Albatros)社で主に設計の仕事をし、戦後の1922年には、ドイツ北部ヴァーネミュンデにハインケル航空機を設立した。

ヴァーネミュンデにハインケル航空機は、バルト海を挟んでスウェーデンに面しており、1919年のベルサイユ条約によって軍用機の開発・保有を一切禁止されたドイツにあって、対岸のスェーデンで軍用機を開発できるという利点があった。この時期、エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、日本海軍のために、1925年、HD-25水上機、すなわち愛知航空機 二式複座水上偵察機も開発している。

1933年1月末、ナチ党総統アドルフ・ヒトラーが、首相に任命され、1935年にドイツ再軍備を宣言して、ドイツ空軍を設立すると、エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、政権獲得前から既存の飛行機を活かして、軍用機として開発したHe59双発水上機、He60水上偵察機などを採用され、航空機メーカーとして、順調に飛行機製造を拡張することができた。He 70高速輸送機など高性能機も開発した。

1935年3月のヒトラーによるドイツ再軍備宣言後には、ヴェルサイユ条約で保有を禁じられていたドイツ空軍が創設され、それに伴い高速輸送機として開発したHe111を爆撃機として採用させ、さらにHe51複葉戦闘機の量産も受注することで、ドイツ有数の航空機メーカーに成長してゆく。第二次大戦前にHe 112戦闘機を開発したが、Bf109戦闘機との競争試作に敗れた。しかし、その後も、 He177四発重爆撃機、He219夜間戦闘機、He280ジェット戦闘機など数々の軍用機を開発、生産して、ハインケル社を興隆させた。

写真(右)1940年頃、ドイツ、エルンスト・ハインケル(Ernst Heinkel)博士
Portraitserie Ernst Heinkel
Datensatz 70246185
Eschen, Fritz: Portraitserie Ernst Heinkel
Persons and corporations: Darstellung: Heinkel, Ernst
Keywords / Classification: Bildnis, Portrait
Lebensdaten : 1888-1958
Beruf : Flugzeugkonstrukteur
写真は,ETH-Bibliothek Zürich, Aufn.-Nr.: df_e_0050035引用。

1933年1月末、ナチ党総統アドルフ・ヒトラーが、首相に任命され、1935年にドイツ再軍備を宣言して、ドイツ空軍を設立すると、エルンスト・ハインケル( Ernst Heinkel)は、政権獲得前から既存の飛行機を活かして、軍用機として開発したHe59双発水上機、He60水上偵察機などを採用され、航空機メーカーとして、順調に飛行機製造を拡張することができた。He70高速輸送機など高性能機も開発し、1935年のドイツ再軍備宣言後には、ドイツ空軍の創設に伴い高速輸送機として開発したHe111を爆撃機として採用させ、さらにHe51複葉戦闘機の量産も受注することで、ドイツ有数の航空機メーカーに成長してゆく。第二次大戦前に、He112戦闘機を開発したが、Bf109戦闘機との競争試作に敗れた。しかし、その後も、He177四発重爆撃機、He219夜間戦闘機、He280ジェット戦闘機など数々の軍用機を開発、生産している。

写真(右)1940年頃、ドイツ、エルンスト・ハインケル(Ernst Heinkel):楕円型の曲面主翼、細長胴体の高速旅客機・郵便機として開発され、932年12月1日に初飛行。楕円主翼は曲線構造で、製造の手間がかかったが、飛行性能を向上させるとしてあえて採用された。
Datensatz 70246184 Eschen, Fritz: Portraitserie Ernst Heinkel
Persons and corporations: Darstellung: Heinkel, Ernst
Keywords / Classification: Bildnis, Portrait Lebensdaten : 1888-1958
Beruf : Flugzeugkonstrukteur. Foto: Eschen, Fritz
写真は,ETH-Bibliothek Zürich, Aufn.-Nr.: df_e_0050034引用。


1922年、エルンスト・ハインケル(Ernst Heinkel)は、ドイツ北部バルト海沿岸、ポンメルン州ヴァーネミュンデ (Warnemünde)に、ハインケル航空を設立した後、ベルサイユ条約の航空兵器保有禁止の条項をかいくぐるために、対岸のスウェーデンで軍用機の開発を行った。この高性能水上偵察機は、日本海軍の注目するところとなった。その後、ヒトラー政権の下で、ナチ党(国家社会主義ドイツ労働者党)の独裁が始まり、再軍備が実効に移された。そして、ドイツ軍向けの軍用機を開発するようになった。

ドイツ空軍が設立されてからは、ハインケルHe 59複葉偵察機、ハインケルHe 115双発水上偵察攻撃機、ハインケルHe111双発爆撃機などを開発し、量産した。1938年ニュルンベルク開催のナチ党党大会では、国家芸術科学賞を授与されており、軍需生産に依存した会社の繁栄をもたらした。

写真(右)1940年頃、ドイツ、エルンスト・ハインケル(Ernst Heinkel):孫娘と一緒の写真かと錯覚してしまう。
Portraitserie Ernst Heinkel
Datensatz 70246186
Eschen, Fritz: Portraitserie Ernst Heinkel
Persons and corporations: Darstellung: Heinkel, Ernst
Keywords / Classification: Bildnis, Portrait
Lebensdaten : 1888-1958
Beruf : Flugzeugkonstrukteur
写真は,ETH-Bibliothek Zürich, Aufn.-Nr.: df_e_0050037引用。


エルンスト・ハインケル(Ernst Heinkel)は、振動力のジェット・エンジンにも注目し、世界初となるターボジェット搭載のジェット実験機ハインケル He178を完成させ、1939年8月27日にジェット初飛行に成功した。これは、エルンスト・ハインケル博士によれば、スピードへの陶酔の発露であるが、高度の軍事技術への関心の大いにあったはずだ。実際、この世界初のジェット機He178の初飛行は、第二次世界大戦の始まる5日前だった。しかし、ドイツ空軍は、ジェットエンジン無しでも戦争は勝利できると過信しており、実際にハインケルにジェット戦闘機ハインケル He162の量産が始まったのは、1945年に入ってからだった。

1881年1月24日生まれのエルンスト・ハインケル(Ernst Heinkel)は、二人兄弟、3回結婚し、連れ子2人を含め7人の子供をもつ。1958年1月30日逝去。


1.ハインケルHe70高速輸送機ブリッツ


写真(上)1934年-1936年頃、アメリカ、シェル航空(Shell Aviation Corp)ロッキード(Lockheed)9型Cオリオン(Orion)高速輸送機(HB-LAH)
;1931年初飛行のロッキード・オリオンは、引込み式降着装置を備え、飛行中の空気抵抗を減らしている。これは、1930年代初頭には斬新な設計だった。最高速力354 km/hは当時の戦闘機(追跡機)より高速だった。
Charles M. Daniels Collection Photo Title: Charles M. Daniels Collection Photo Aircraft/Subject: Lockheed Orion 9C Notes From Album: Sepcial Model Dl-2A, NC-12222, R-1340, Shell Aviation Corp, Doolittle Daniels Album Name: Lockheed Pre-WWII Album Page #: 4 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真は,Flickr, SDASM Archives Catalog #: 15_000182引用。



写真(上)1935年5月、スイス、チューリッヒ(Zürich)郊外、デューベンドルフ(Dübendorf)飛行場、スイス航空ロッキード(Lockheed)9型オリオン(Orion)高速輸送機(HB-LAH)
;1931年初飛行、引込み式降着装置を備えたロッキード・オリオンは、乗員:1名、乗客:6名、全長:8.55 m、全幅:13.04 m、全高:2.90 m、空虚重量:1,651 kg、総重量:2,359 kg、発動機: Pratt & Whitney Wasp 550 hp、最高速力:354 km/h、航続距離:1,159 km、実用上昇限度:6,705 m。生産機数35機。
Photographer Walter Mittelholzer (1894–1937) Title Lockheed 9 B Orion, CH-167 am Boden in Dübendorf Depicted place Dübendorf Date May 1935 Medium Fotografie : Negativ Dimensions 2,4 x 3,6 cm Collection ETH Library Accession number ETH-Bibliothek_LBS_MH05-31-12-
写真はWikimedia Commons, Category:HB-LAH (aircraft) File:ETH-BIB-Lockheed 9 B Orion, CH-167 am Boden in Dübendorf-Inlandflüge-LBS MH05-31-12.tif引用。


1931年秋に登場したアメリカの単発輸送機ロッキード(Lockheed)「オリオン」("Orion"は、引き込脚を採用し最高速力354 km/h高速を誇る輸送機だった。そこで、ドイツ・ルフトハンザ航空は、これに対抗するために、1932年2月に高速輸送機をハインケルに求めた。しかし、ハインケルが当初提示したハインケルHe65は、固定式降着装置(固定脚)で、最高速力285km/hでしかなかった。他方、スイス航空が、チューリッヒ=ミュンヘン=ウィーンの国際航路に導入ロッキード(Lockheed)9型オリオン(Orion)高速輸送機は、300km/h以上の高速を誇っていたため、ハインケルHe65輸送機の開発は、1932年5月までには放棄された。


写真(上)1930-1932年末、ドイツ共和国、ハインケル(Heinkel)He 70高速輸送機ブリッツ
;第二次大戦前、ドイツ・ワイマール共和国、航空技術の優秀さを示したハインケル機。国籍マークには、共和国時代の三色旗を模したもので、赤帯白丸に黒のスワスチカはない。
PictionID:38236897 - Catalog:Array - Title:Array - Filename:15_002341.TIF - ----Image from the Charles Daniels Photo Collection.----Album: German Aircraft.-----------PLEASE TAG these images with any information you know about them so that we can permanently store this data with the original image file in our Digital Asset Management System-
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID:38236897引用。


1932年6月、新たな高速輸送機としてハインケルHe70の基本設計が固まり、1932年12月に、ハインケルHe70 V1試作1号機が初飛行した。ただし、この時は、降着装置は固定式で、空気抵抗を減らすフェアリングで覆われていた。ハインケルHe70 As(製造番号 403)(登録コードD-2537)は、「ブリッツ」と命名され、その名が機首に記入された。He70V1試作1号機は、引込み式脚となり1933年初めに377km/hの最高速力を記録した。そして、ハインケルHe 70V2試作2号機は、8個の世界飛行記録を樹立した。そして、1933年11月、フランスのパリで開催された航空ショーに出品され、新生ドイツの高空技術力を誇示している。

写真(右)1933年6月23日、ハインケル(Heinkel)He 70「ブリッツ」(電撃)高速輸送機(D-3)の原型:楕円型の曲面主翼、細長胴体の高速旅客機・郵便機として開発され、1932年12月1日に初飛行。楕円主翼は曲線構造で、製造の手間がかかったが、飛行性能を向上させるとしてあえて採用された。ハインケル(Heinkel)He111輸送機/爆撃機の前段階といえる。
Photographer: Wild, H.
Title: Heinkel He 70 Verkehrsflugzeug D-3 (367 Std.-Km.)
Caption: Flugzeug, Tiefdecker, Immatrikulation D-3, Lufthansa Emblem auf Seitensteuer, Flugplatz Dübendorf. Der zweite Prototyp der He 70, die He 70b, war die Mustermaschine für die Lufthansa und flog unter dem Kennzeichen D-3. Sie hatte zwei Mann Besatzung und Platz für vier Passagiere. Das Einziehfahrwerk hatte Klappen, welche den Fahrwerksschacht im Flug verschlossen. Als Antrieb kam ein flüssigkeitsgekühlter BMW VI 6,0 Z mit 637 PS Startleistung zum Einsatz.
Dating: 23.6.1933
Impressum: Oerlikon-Zürich : Photo & Verlag H. Wild Photography : paper print
Orientation: Horizontal Format: 9 x 14 cm
写真は,ETH-Bibliothek Zürich, Record Name: Ans_05035-492 引用。


ハインケル He.70「ブリッツ」(電撃)輸送機は、1930年代初め、ドイツ・ルフトハンザ航空の4人乗り高速輸送機として開発された。運搬物は、当初の計画では郵便だったが、のちに高速旅客輸送機としても使用された。当時の高速単発輸送機は、アメリカのロッキード輸送機ベガ、ロッキード輸送機L-9 オリオンなどの小型輸送機である。He 70Heinkel He 70)が、このロッキード輸送機と大きく異なるのは、主翼の形状で、楕円翼を採用している。この楕円翼はギュンター兄弟が発案したもので、併せて、皿リベットによって、機体表面の平滑性を高め、空気抵抗を小さくすることに成功していた。またそれまで、固定脚だった降着装置を、引込み式降着装置とした。

He 70Heinkel He 70)の機首に搭載した発動機は、BMW VI V型12気筒液冷ガソリンエンジンで、正面面積を抑えた代わりに、冷却力を維持するために、不凍液を混入した液冷ラジエターを装備した。旅客機として使用する場合、コックピットにパイロットと無線士が着席し、機体中央の客室に乗客4名分の座席を設けている。

ハインケル(Heinkel)He 70「ブリッツ」(電撃)高速輸送機の試作1号機は、1932年12月1日に初飛行した。そして、最高速力377 km/hと当時の戦闘機を上回る高速で、この高性能を活かして、高速飛行など世界新記録を樹立した。


写真(右)1930年代初頭、ドイツ、ベルリン、ハインケル(Heinkel)He 70L高速輸送機ブリッツ
;BMW液冷ガソリンエンジンを搭載した単発輸送機で、民間利用を進めるためには、経済効率が悪かったので、量産は少数に終わっている。第二次大戦勃発前の1933年1月に成立したヒトラー政権下のドイツ、航空技術の優秀さを示したハインケル機。国籍マークには、垂直尾翼に赤白黒の三色旗を付けた。
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935579 - Catalog:16_005258 - Title:Heinkel He 70e Nowarra photo - Filename:16_005258.TIF - - - - - - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation-
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID:43935579引用。


ドイツ航空省は、1934年、見るからに精悍なHe 70Heinkel He 70 "Blitz")単発高速輸送機を完成させていたハインケル社に爆弾搭載量1,000kg、航続距離1,000km、最大速度350km/hの性能の爆家機を密かに発注した。当時のドイツは、ナチ党ヒトラー政権の下にあったが、1929年6月のヴェルサイユ条約の軍事制限条項の下にあり、空軍の保有はできなかったのである。しかし、ハインケル社のジークフリート・ギュンターとヴァルター・ギュンターの兄弟は、エルンスト・ハインケル(Ernst Heinkel)博士は、1888年、ドイツ南部、シュトゥットガルト生まれ、第一次大戦で飛行機設計に加わった。戦後の1922年に、北ドイツのヴァーネミュンデにハインケル飛行機工場(Heinkel Flugzeugwerke)を設立した。の指導の下で、He 70Heinkel He 70)の設計思想をもとに、He 111試作機にBMW VI.液冷エンジン(660馬力)2基を装備し、最高速力348km/hの当時としては高速の爆撃機を飛行させた。


写真(上)1933年、ドイツ、ザクセン州、ドレスデン飛行場、ハインケル(Heinkel)He 70「ブリッツ」Blitz(電撃)高速輸送機(D-3)の原型と後方のユンカース(Junkers)G-38大型旅客輸送機
:1929年11月6日初飛行のユンカース G-38は、全長:23.21 m、全幅:44 m (144 ft)、翼面積:290 m2、全備重量:24,000 kg、最高速力:225 km/h、航続距離:3,460 km、搭乗員:7名、乗客数:34名、生産数:2機。
Flugplatz Dresden-Heller, Verkehrsflugzeug He-70 Blitz
Location: Dresden, Heller Hahn, Walter: Flugplatz Dresden-Heller, Verkehrsflugzeug He-70 Blitz, 1933 Integrated Authority File (GND) Hahn, Walter
写真は,Deutsche Fotothek Datensatz 70058644 df_hauptkatalog_0309756引用。


ハインケル He 70F ハインケル He.70「ブリッツ」(Blitz:電撃)高速輸送機は、工作に手間のかかる楕円型の曲面主翼、細長胴体の高速旅客機・郵便機として開発された。初飛行は、1932年12月1日で、まだヒトラーが首相に任命される1年前だった。楕円主翼は曲線構造で、製造コストが嵩んだ一方で、空気の流れによる抵抗が少なく、飛行性能の向上に寄与できた。このような主翼は、ハインケル(Heinkel)He111輸送機/爆撃機にも採用されている。

ハインケル He 70の諸元
全長:11.70 m、全幅:14.78 m、全高:3.10 m
翼面積:36.50 平方メートル
空虚重量:2,300 kg、運用重量:3,420 kg
プロペラ:金属製2翅
発動機:BMW VI 7.3 z 液冷V型12気筒液冷エンジン 750馬力1基
最大速度:360 km/h
上昇限度:6000 m
航続距離:1400〜1820 km


写真(右)1930年代初頭、ドイツ、ベルリン、ハインケル(Heinkel)He 70L高速輸送機ブリッツ
;BMW液冷ガソリンエンジンを空冷エンジンに変換したが、量産はされず、試作機の身に終わった。第二次大戦勃発前の1933年1月に成立したヒトラー政権下のドイツ、航空技術の優秀さを示したハインケル機。国籍マークには、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカを付けた。
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935655 - Catalog:16_005264 - Title:Heinkel He 70L for Hungary Nowarra photo - Filename:16_005264.TIF - - -Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on av -
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID:43935655引用。


ハインケル(Heinkel)He 111 A-0は、He 111試作3号機V3を原型に、He 70同様の楕円曲面主翼、細長胴体の高速旅客機・爆撃機として開発された。発動機は、BMW VI 12気筒液冷エンジン600馬力2基で、 プロペラは、エンジン出力の低さを反映して2翅だった。このHe 111 A-0は、ドイツのレヒリンRechlin)で実用試験が行われたものの、最高速力は308km/hにしかならず、飛行性能の低さのために、ドイツ空軍は採用しなかった。そこで、生産されたHe111A-0爆撃機は、当時、ドイツの軍事顧問団を招聘していた中華民国に売却された。


写真(上)1934年、ドイツ、ザクセン州(Sachsen)、ドレスデン(Dresden)、ハインケル(Heinkel)He 70「ブリッツ」(Blitz:電撃)高速輸送機
:楕円型の曲面主翼、細長胴体の高速旅客機・郵便機として開発され、1932年12月1日に初飛行、生産数は324機。楕円主翼は曲線構造で、製造の手間がかかったが、飛行性能を向上させた。
Foto: Hahn, Walter, 1934.06 Aufn.-Nr.: df_hauptkatalog_0309795 Negativ Eigentümer: SLUB / Deutsche Fotothek
Location: Dresden-Heller Google-Maps-Lokalisierung: Stadt: Dresden, Provinz: Sachsen, Land: Deutschland
Foto: Hahn, Walter, 1934
写真は,ETH-Bibliothek Zürich, Aufn.-Nr.: df_hauptkatalog_0309795引用。


ドイツ帝国軍は、第一次大戦の敗戦後、ベルサイユ条約によって、陸軍は10万人規模に大幅に縮小され、参謀本部も廃止、戦争遺憾の保有禁止、航空兵力の保有禁止と束縛された。しかし、ドイツ帝国軍人が引き継いだドイツ共和国軍は、密かにフライコール(義勇軍)を擁立して陸軍の拡充を図り、火砲や戦車を外国で子会社や外国企業と開発した。また、共和国時代から、スポーツ航空や民間航旅客・貨物・郵便・通信航空を隠れ蓑に、軍用機を開発していた。その時代は、プロシア以来のドイツ軍伝統の黒白赤三色ストライプを尾翼に描いで国章としていた。


写真(上)1930年-1932年末、ドイツ、ハインケル(Heinkel)He 70輸送機試作機(D-3)
;発動機はBMW VI V型12気筒液令エンジン750 hp1基を装備。第二次大戦前、ドイツ・ワイマール共和国は、1933年1月末のヒトラーの首相就任によって、事実上、ドイツ第三帝国となった。航空機の国籍マークも、それまでの共和国三色旗から、赤帯白丸に黒のスワスチカ卍というナチ党と同じ記章に変更になった。
Description English: Heinkel He 70 Blitz Date 22 August 2012 Source https://www.flickr.com/photos/sdasmarchives/7585398154/ Author SDASM -
写真は,Category:Heinkel He 70 File:Heinkel He.70 right resr NACA-AC-183.jpg引用。


ドイツ機の国籍マークは、垂直尾翼に1933年1月末までは、黒白赤三色のドイツ共和国三色の国章をつけていた。しかし、1933年1月末に、ヒンデンブルク大統領が、次期首相にアドルフ・ヒトラーAdolf Hitler)を任命し、その後、国会議事堂放火事件、大統領による国家緊急時代宣言、全権委任法とナチ党独裁政府となり、ドイツの国籍マークは、ナチ党の卍(スワスチカ)をそのままドイツ国章に付け替えられた。その後、1935年のドイツ空軍設立以後は、赤帯に白丸とハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)の国章が、ドイツ空軍時の国籍マークとなった。その後に、機体と主翼上下に黒のバルカンクロス(鉄十字)の国章を追加した。第二次大戦がはじまると、垂直尾翼の赤帯白丸は廃止され、スワスチカ卍だけになった。

写真(右)1934年、ドイツ、ザクセン州(Sachsen)、ドレスデン(Dresden)、ハインケル(Heinkel)He 70「ブリッツ」(Blitz:電撃)高速輸送機(登録コード:U-UBIN):楕円型の曲面主翼、細長胴体の高速旅客機・郵便機として開発され、932年12月1日に初飛行。楕円主翼は曲線構造で、製造の手間がかかったが、飛行性能を向上させるとしてあえて採用された。
Foto: Hahn, Walter, 1934.06
Negativ Eigentümer: SLUB / Deutsche Fotothek
Integrated Authority File (GND) Hahn, Walter
SLUB / Deutsche Fotothek / Hahn, Walter License: Free access - rights reserved.
写真は,ETH-Bibliothek Zürich, Aufn.-Nr.: df_hauptkatalog_0309797引用。


しかし、1933年1月末、ナチ党を首班とする連立政権が成立、アドルフ・ヒトラーAdolf Hitler)は、貴族的なプロシア軍の伝統を軽蔑しており、ナチ党のイデオロギーを軍に浸透させるべきであると考えていた。そこで、ドイツ軍機の国章は、1935年の再軍備宣言German rearmament)、ドイツ空軍の設立以降は、垂直尾翼尾翼に赤帯に白丸とハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)を描いた国章とされた。その後、1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、赤帯と白丸のハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)は目立つために敵からの標的にされやすかったので取りやめになった。


写真(上)1934年、ドイツ、ドレスデン、ハインケル(Heinkel)He 70「ブリッツ」(Blitz:電撃)高速輸送機(登録コード:U-UBIN)
:発動機はBMW VI V型12気筒液令エンジン750 hp1基搭載。楕円型の曲面主翼、細長胴体の高速旅客機・郵便機として開発され、1932年12月1日に初飛行。楕円主翼は曲線構造で、製造の手間がかかったが、飛行性能を向上させるとしてあえて採用された。
Datensatz 70047174
Hahn, Walter: Flugplatz Dresden-Heller, Heinkel He 70 "Blitz", einmotoriger Tiefdecke, Schnellverkehrsflugzeug, 1934
Location: Dresden, Heller
Keywords / Classification: Flugzeug, Verkehrsflugzeug, Flugplatz
Foto: Hahn, Walter, 1934
写真は,ETH-Bibliothek Zürich, Datensatz 70047174 Aufn.-Nr.: df_hauptkatalog_0309796引用。


アドルフ・ヒトラーAdolf Hitler)の1935年の再軍備宣言Aufrüstung der Wehrmacht)までは、プロイセン軍、旧ドイツ帝国軍の伝統である黒白赤三色の国章を、垂直尾翼に大きく描いていた。1935年のヒトラーの再軍備宣言以降は、ドイツ機は、垂直尾翼に赤帯に白丸を描き、黒のハーケンクロイツ(スワスチカ:ナチ党のカギ十字)の国籍マークを付けた。これは、ナチ党の政治的、人種的イデオロギーを軍人にも浸透させる企図があった。軍人の忠誠宣言も、ドイツに対してではなく、ヒトラー総統に対する忠誠を誓うものに変更された。また、航空機の高速化で、敵味方の識別しやすいように、機体と主翼上下面にも、白の縁取り付き黒色バルカンクロス(鉄十字)の国籍マークを記入した。


写真(上)1930年代初頭、ドイツ、ベルリン、ハインケル(Heinkel)He70高速輸送機「ブリッツ」(電撃)
;第二次大戦前、ドイツ・ワイマール共和国、航空技術の優秀さを示したハインケル機。国籍マークには、垂直尾翼に赤帯白丸に黒のスワスチカはない。
Heinkel, He 70 Catalog #: 01_00081270
Title: Heinkel He.70
Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany
Designation: He 70 Tags: Heinkel, He 70 -
写真は,Flickr, SDASM Archives Catalog #: 01_00081270引用。


1933年1月末に、ヒンデンブルク大統領は、アドルフ・ヒトラーを首相に任命し、ヒトラー政権が成立したが、ドイツ機の国籍マークは、1935年の再軍備宣言までは、プロイセン軍、旧ドイツ帝国軍の伝統である黒白赤三色の国章を、垂直尾翼に大きく描いていた。1935年のヒトラーの再軍備宣言以降は、ドイツ機は、垂直尾翼に赤帯に白丸を描き、黒のハーケンクロイツ(スワスチカ:ナチ党のカギ十字)の国籍マークを付けた。これは、ナチ党の政治的、人種的イデオロギーを軍人にも浸透させる企図があった。


写真(上)1935年、ドイツ、ドレスデン、ドイツ・ルフトハンザ高空のハインケル(Heinkel)He 70「ブリッツ」(Blitz:電撃)高速輸送機(登録コード:U-UBIN)
:航空便サービスと少数の乗客と二通りの運航があったようだ。
Datensatz 70047174
Startbereite Blitzflugzeuge HE 70 der Deutschen Lufthansa A.G Find similar records
Flugplatz in Deutschland, Einsatz im Luftpostdienst Europa-Südamerika, Passagiere beim Besteigen
Keywords / Classification: Flugzeug, Verkehrsflugzeug, Flugplatz
Foto: Hahn, Walter, 1934
写真は,ETH-Bibliothek Zürich, Ans_05035-466引用。


1934年から1937年まで、ドイツ・ルフトハンザ航空のHe 70Heinkel He 70)高速輸送機は、ケルン― ハンブルク間に就航し、さらにベルリン、フランクフルト、ハンブルクなどドイツの大都市を結ぶ高速ビジネス路線を担当した。ルフトハンザ航空の国際線としては、He 70は1934年から1936年に、ヨーロッパ内のドイツ・シュトゥットガルトとスペインのセビリアの間に就航した。1932年12月1日初飛行のハインケルHe 70高速輸送機は、総生産機数324機で、1933年から使用が始まり、少数が終戦の1945年まで運用された。


写真(上)1934年11月、フランス、パリ、ドイツのハインケル(Heinkel)He 70「ブリッツ」(Blitz:電撃)高速輸送機
:1932年12月1日に初飛行したときに、ハインケルHe70 V1試作1号機は、まだ固定式降着装置で、脚は空気抵抗を減らすフェアリングで覆っていた。しかし、He70V1試作1号機は、引込み式脚となり1933年初めに最高速力377km/hを出し、He 70V2試作2号機は、8個の世界飛行記録を樹立した。そして、1933年11月のフランスパリ航空ショーに出品された。新生ドイツの高空技術力を誇示している最高速力354 km/h楕円型の曲面主翼、細長胴体の高速旅客機・郵便機として登場した。楕円主翼は曲線構造で、製造の手間がかかったが、飛行性能を向上させるとしてあえて採用された。
Description Polski: Wnętrze jednej z hal wystawowych na Międzynarodowym Salonie Lotniczym w Paryżu. Na pierwszym planie widoczny m.in.: samolot Heinkel He 70.
Date November 1934
Foto: Hahn, Walter, 1934
写真は,Category:Heinkel He 70, File:Heinkel He 70 Paris.jpg引用。


 しかし、1936年にスペイン内戦が勃発し、ドイツは、スペイン反乱軍に味方して派兵した。1935年3月16日、ヒトラーは、ベルサイユ条約の軍事事項を破棄してドイツ再軍備宣言をし、その後で、ドイツ空軍を再建した。その際に、軍事化が急速に進んだ航空界にあって、ドイツルフトハンザ航空He 70Heinkel He 70)輸送機は、ドイツ空軍に譲渡された。ハインケル He.7028機も、スペインに派兵されたドイツ・コンドル軍団に配属された、スペイン内戦では、輸送機、高速偵察機として投入された。

写真(右)1934年11月、フランス、パリ、ドイツのハインケル(Heinkel)He 70「ブリッツ」(Blitz:電撃)高速輸送機:楕円型の曲面主翼、細長胴体の高速旅客機・郵便機として開発され、1932年12月1日に初飛行。楕円主翼は曲線構造で、製造の手間がかかったが、飛行性能を向上させるとしてあえて採用された。
Description English: Heinkel He.70 photo from NACA-AC-183 Date 1 August 1933 Source https://ntrs.nasa.gov/archive/nasa/casi.ntrs.nasa.gov/19930090277.pdf Author NACA Aircraft Circular
写真は,Category:Heinkel He 70, File:Heinkel He.70 fuselage doors NACA-AC-183.jpg引用。


ハンガーリーのHe 70KHeinkel He 70K)は、フランスの星形空冷エンジンのノーム・エ・ローヌ 14K ミストラル・メジャーを国内ライセンス生産した WM-K-14 星型空冷エンジン746 kW (1,000馬力)を装備した。この機体を、ハンガリー空軍では、第二次世界大戦中の独ソ戦最中、1941年から1942年に使用した。

写真(右)1934年11月、フランス、パリ、ドイツのハインケル(Heinkel)He 70「ブリッツ」(Blitz:電撃)高速輸送機:楕円型の曲面主翼、細長胴体の高速旅客機・郵便機として開発され、1932年12月1日に初飛行。楕円主翼は曲線構造で、製造の手間がかかったが、飛行性能を向上させるとしてあえて採用された。
Description English: Heinkel He.70 photo from NACA-AC-183
Date 1 August 1933
Author Unknown author
Author NACA Aircraft Circular
写真は,Category:Heinkel He 70, File:Heinkel He.70 cabin NACA-AC-183.jpg引用。


1935年のヒトラーの再軍備宣言、国防軍の再興以降は、ドイツ機は、ナチ党スワスチカをドイツ国章とした。また、航空機の高速化で、敵味方の識別しやすいように、機体と主翼上下面にも、白の縁取り付き黒色バルカンクロス(鉄十字)の国籍マークを記入した。

しかし、1935年のヒトラーの再軍備宣言の前年、1934年8月2日のドイツ軍人の忠誠宣誓では、ドイツに対してではなく、ヒトラー総統に対するものに変更された。「私は、ドイツと民族の総統で、国防軍最高司令官アドルフ・ヒトラーに無条件の忠誠を尽くし、勇敢な兵士として、いかなる時も身命を賭して、神にかけて誓う。」

1935年までの旧ドイツ軍の黒白赤三色の国章を、1935年のドイツ空軍設立以後は、赤帯に白丸とハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字:スワスチカ)の国章に変更し、その後に、機体にバルカンクロス(鉄十字)の国章を追加した。しかし、1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、尾翼の赤帯と白丸のハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字)は敵から発見されやすいことが分かり、取りやめになったが、垂直尾翼と主翼上下面に黒色白縁取りのナチ党のカギ十字(スワスチカ)を付け足した。

図(右)1933年4月、ドイツのハインケル(Heinkel)He 70「ブリッツ」(Blitz:電撃)高速輸送機の三面図:楕円型の曲面主翼、細長胴体の高速旅客機・郵便機として開発され、1932年12月1日に初飛行。楕円主翼は曲線構造で、製造の手間がかかったが、飛行性能を向上させるためにあえて採用された。
Description English: Heinkel He 70 3-view drawing from L'Aerophile April 1933
Date 1 April 1933 Author L'Aerophile magazine
写真は,Category:Heinkel He 70, File:Heinkel He 70 3-view L'Aerophile April 1933.jpg引用。


ドイツ空軍ハインケルHeinkel He 70F-2高速偵察機の諸元
乗員Crew: 3名 (pilot, radio operator,dorsal gunner)
全長Length: 11.7 m (38 ft 5 in)
全幅Wingspan: 14.8 m (48 ft 7 in)
全高Height: 3.1 m (10 ft 2 in)
主翼面積Wing area: 36.5 m2 (393 sq ft)
空虚重量Empty weight: 2,360 kg (5,203 lb)
操縦少Gross weight: 3,386 kg (7,465 lb)
最大離昇重量Max takeoff weight: 3,500 kg (7,716 lb)
発動機Powerplant: 1 × BMW VI 7.3 Z V-12液冷エンジン(liquid-cooled piston engine)750 PS (740 hp; 550 kW)
プロペラPropellers: 2-翅可変ピッチ(variable-pitch)金属プロペラ(metal propeller)
性能Performance
最高速力Maximum speed: 360 km/h (220 mph, 190 kn) at sea level
巡航速力Cruise speed: 295 km/h (183 mph, 159 kn)
着陸速度Landing speed: 105 km/h (65 mph; 57 kn)
航続距離Range: 1,820 km (1,130 mi, 980 nmi)
実用上昇限度Service ceiling: 6,000 m (20,000 ft)
上昇時間Time to altitude:
1,000 m (3,281 ft)/2分30秒
4,000 m (13,123 ft)/15分
兵装Armament
機銃 1丁 × 7.92 mm (.312 in) MG 15旋回機関銃(コックピット後方 rear cockpit)
爆弾Bombs: 6 × 50 kg (110 lb) 又は 24 x 10 kg (22 lb) 爆弾bombs

写真(右)1933年8月、ドイツ、ドイツのハインケル(Heinkel)He 70「ブリッツ」(Blitz:電撃)高速輸送機:楕円型の曲面主翼、細長胴体の高速旅客機・郵便機として開発され、1932年12月1日に初飛行。楕円主翼は曲線構造で、製造の手間がかかったが、飛行性能を向上させるとしてあえて採用された。
Heinkel He.70 photo from NACA-AC-183
Description English: Heinkel He.70 photo from NACA-AC-183 Date 1 August 1933
Source https://ntrs.nasa.gov/archive/nasa/casi.ntrs.nasa.gov/19930090277.pdf Author NACA Aircraft Circular
写真は,Category:Heinkel He 70, File:Heinkel He.70 nose NACA-AC-183.jpg引用。


ヒトラー政権になっても、1935年3月のドイツ再軍備宣言までは、プロイセン軍、旧ドイツ帝国軍の伝統である黒白赤三色の国章を、ドイツ機の尾翼に描いて、国籍マークとしていた。

しかし、1935年、ヒトラーが再軍備を宣言し、第一次世界大戦の撃墜王ヘルマン・ゲーリングの下、ドイツ空軍が設立されると、ドイツ軍機は、尾翼に赤帯に白丸とスワスチカ(ハーケンクロイツ:ナチ党のカギ十字)の国籍マークを採用した。スワスチカは、ナチ党のイデオロギー、政治思想を軍人にまで浸透させることを反映したもので、軍人の忠誠宣言がドイツに対してでは、ヒトラーに対する忠誠を誓うものと変更されたのと同じ動機である。また、高速の機体の国籍、敵味方の認識をしやすくするため、機体・主翼の上下にも、白の縁取り付きの黒色バルカンクロス(鉄十字)の国章を追加した。

⇒写真集:ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥を見る。


写真(右)1939年-1943年頃、第二次世界大戦中、迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 70「ブリッツ」(Blitz:電撃)高速輸送機
;BMW液冷ガソリンエンジンを搭載した単発輸送機で、民間利用を進めるためには、経済効率が悪かったので、量産は少数に終わっている。第二次大戦勃発前の1933年1月に成立したヒトラー政権下のドイツ、航空技術の優秀さを示したハインケル機。国籍マークには、垂直尾翼に赤白黒の三色旗を付けた。
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935616 - Catalog:16_005261 - Title:Heinkel He 70f Nowarra photo - Filename:16_005261.TIF - - - - - - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation -
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID:43935616引用。


ハインケル社では、ドイツ空軍最初の全金属製の単葉低翼戦闘機として、ハインケルHe112を開発したが、競争試作相手のメッサーシュミットBf109戦闘機に敗れた。このハインケルHe 112戦闘機の主翼形状も、He70高速輸送機を引き継いだ楕円翼だった。日本もこの高性能のハインケルHe70輸送機をドイツから輸入し、引込み式降着装置、楕円翼などの設計の参考にしたようだ。


写真(右)1939年-1943年頃、第二次世界大戦中、迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 70「ブリッツ」(Blitz:電撃)高速輸送機
;BMW液冷ガソリンエンジンを搭載した単発輸送機で、民間利用を進めるためには、経済効率が悪かったので、量産は少数に終わっている。第二次大戦勃発前の1933年1月に成立したヒトラー政権下のドイツ、航空技術の優秀さを示したハインケル機。国籍マークには、垂直尾翼に赤白黒の三色旗を付けた。
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935628 - Catalog:16_005262 - Title:Heinkel He 70K (7G) Edgar Deigan photo - Filename:16_005262.TIF-
Title:Heinkel He 70f Nowarra photo - Filename:16_005261.TIF -- - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation-
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID:43935628引用。


ハインケル He 70F 1937年、第二次大戦勃発2年前、ドイツ海軍総司令官エーリヒ・レーダーErich Raeder)提督は、国防軍総司令官ブロンベルク元帥に対して、沿岸防衛の範囲に関して、ドイツ海軍とドイツ空軍との分担の取り決めを依頼したが、実際に海軍と空軍の責任範囲について協定文書がまとまったのは、戦争直前の1939年2月3日だった。これは、ドイツ海軍司令部空軍代表General der Luftwaffe beim Oberbefehlshaber der Marine)を置き、戦時には海軍司令部空軍代表を海軍総司令官の指揮下に行動するというものである。

しかし、ドイツ近海を離れた海上は、ドイツ空軍の責任範囲で、ドイツ海軍が作戦行動を行う場合のみ、ドイツ海軍が哨戒偵察の責任を負うとした。また、水上艦艇同士の海戦、航空機による機雷敷設については、海軍と空軍の合意のもとに、実施するとした。

ハインケルHeinkel He.70高速輸送機は、仮面を脱いだドイツ空軍に配備されることとなり、輸送機伊賀の用途も模索された。試作4号機を使って、軍用仕様の開発が始められ、爆撃機のE型、高速偵察機のF型が開発された。そして、既にルフトハンザに就役していたハインケルHe70輸送機は、民間機だったが、ドイツ空軍に譲渡された。しかし、He70は、ドイツ空軍幕僚の専用輸送機など、贅沢な用途に充当されている。他方、He70F高速偵察機は、スペイン内戦に派兵されたドイツ・コンドル軍団に配備され、実戦使用されている。

切手(右)1979年4月5日発行、ドイツ連邦共和国 (Bundesrepublik Deutschland)ユーゲント記念切手、50 + 25 Pf(ペニッヒ:1/100マルク)、ドイツ連邦共和国(BRD)、1932年初飛行のハインケル(Heinkel)He 70「ブリッツ」(Blitz:電撃)高速輸送機:発行枚数572万5000枚、ヒトラー政権になる前のドイツ・ワイマール共和国時代のハインケルHe70輸送機を切手にして讃えている。1999年1月1日以降は、ドイツ・マルクは廃止され、ユーロが欧州16カ国で導入された。
Bezeichnung: Für die Jugend, Flugzeuge
Motiv der Briefmarke: Heinkel He 70
Text auf der Briefmarke: Heinkel He 70 1932, Für die Jugend, Deutsche Bundespost
Entwurf: Haase Ausgabewert: 50 + 25 Pf:ドイツの通貨単位で1/100 mark; 記号 pf
Ausgabetag: 05.04.1979
Auflage: 5725000
English: For the youth, Aviation Deutsch: Für die Jugend, Luftfahrt
Graphics by Haase Ausgabepreis: 50+25 Pfennig First Day of Issue / Erstausgabetag: 5. April 1979
Michel-Katalog-Nr: 1006 日付 2010年8月17日
原典 scanned by NobbiP 作者 Deutsche Bundespost
写真は,Category:Heinkel He 70, File:DBP 1979 1006 Jugendmarke Heinkel HE 70 1932.jpg引用。


1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、激しい航空戦が展開され、敵の空襲も予期する必要があったため、尾翼の赤帯と白丸のハーケンクロイツ(ナチ党のカギ十字:スワスチカ)は敵から発見されやすいいとして、取りやめになった。その代わり、ナチ党のイデオロギーを示す国章として、尾翼に黒色白縁取りのナチ党のカギ十字(スワスチカ)を付け足した。ハインケルHe 60 のような旧式水上偵察機は、第一線で活動してはいないはずだが、このような古い機種についても国政マークの変更を行っている。後に、白渕が目立ちやすいとして、黒のバルカンクロス(スワスチカ)、ハーケンクロイツの白の縁取りは廃されている。

Heinkel He70の動画


2.ハンガリーのハインケルHe-170(He70K)偵察機 

写真(右)1939年、ハンガリー軍の使用したユンカース(Junkers)Ju-86双発爆撃機の奥に並ぶ6機のハインケル(Heinkel)He-70K偵察機員:ハンガリー空軍仕様He-70K(He-170)偵察機は、エンジンを換装しノーム・ローン(Gnome et Rhône)WM-14K空冷星形エンジンとした。初飛行は1937年4月17日、生産は1937-1938年の間に試作機2機、量産機18機だった。
Magyar: repülőtér. Előtérben egy Junkers Ju-86K-2 típusú repülőgép, háttérben Heinkel He-70K távolfelderítő repülőgépek sorakoznak. Location: Hungary Tags: Heinkel-brand, airport, transport, Gerrman brand, military, Junkers-brand, Royal Hungarian Air Force Title: repülőtér. Előtérben egy Junkers Ju-86K-2 típusú repülőgép, háttérben Heinkel He-70K távolfelderítő repülőgépek sorakoznak. Date 1939
Author FOTO:Fortepan — ID 26476: Home pagePictureInformation page Adományozó/Donor: Hídvégi Zoltán
Source http://www.fortepan.hu
写真は,Category:Heinkel He 70K, File:Repülőtér. Előtérben egy Junkers Ju-86K-2 típusú repülőgép, háttérben Heinkel He-70K távolfelderítő repülőgépek sorakoznak. Fortepan 26476.jpg 引用。


1938年、ドイツは、チェコスロバキアのドイツ国境ズデーテン地方のドつ系住民が抑圧されているとの口実で、ズデーテン割譲を要求した。これに対して、欧州大戦の再発を危惧するイギリスのネヴィル・チェンバレン首相は、フランスのダラディエ首相と図って、チェコスロバキアに対して、ズデーテンをドイツに割譲させるように圧力をかけた。この時、ハンガリーも、スロバキアとカルパティア・ルテニアCarpatho-Ukraine)の編入を企図しており、チェコスロバキアの苦境に付け込んで、スロバキアとカルパティア・ルテニアの割譲を求めた。このズテーテン危機に際しては、1938年9月30日のミュンヘン協定で、ドイツに対するズデーテン割譲が決まったが、ハンガリーの要求は住民投票によって解決するとされた。

しかし、チェコスロバキア政府の弱体化とイギリス・フランスの戦争回避の意向の強さを理解したハンガリーは、1938年10月13日、動員令の下で、チェコスロバキア政府を脅して、1938年11月2日,第一次ウィーン裁定Vienna Award)で、カルパティア・ルテニア、スロバキア南部をハンガリーに併合することが合意された。

1939年3月14日、ドイツは、チェコスロバキアの分離主義者ヨゼフ・ティソを扇動し、スロバキア共和国の分離独立を宣言させた。すると、ソ連・ウクライナ共和国と通じていたカルパト・ウクライナ共和国も独立の動きを見せた。これを好機と見たハンガリーは、分離しようとしていたカルパティア・ルテニアCarpatho-Ukraine)に進駐し、ドイツは、チェコの残りの領土も、ベーメン・メーレン保護領との名目で、ドイツ支配下に置いた。


写真(上)1939年、ハンガリー軍の使用したノーム・ローン(Gnome et Rhône)WM-14K空冷星形エンジン装備のハインケル(Heinkel)He-70K偵察機
:未舗装の飛行場。奥の僚機ハインケル(Heinkel)He-70Kの登録コードはF.403。ドイツのハインケルHe-70輸送機プロペラは2翅だったが、ハンガリー空軍のハインケルHe-70K偵察機は3翅。ハンガリー空軍向けHe-70Kは、He-170とも呼称された。初飛行は1937年4月17日、生産期間1937-1938年に試作機2機、量産機18機。
Magyar: Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép.
Tags: Royal Hungarian Air Force, airport, Heinkel-brand, transport, military, Gerrman brand .
Title: Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép.
Date 1939 Source http://www.fortepan.hu
Author FOTO:Fortepan — ID 26468: Home pagePictureInformation page Adományozó/Donor: Hídvégi Zoltán
写真は,Category:Heinkel He 70K, File:Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép. Fortepan 26468.jpg引用。


ハンガリー空軍のハインケル(Heinkel)He-70K偵察機は、ドイツのハインケルHe-70輸送機のBMW液冷エンジンを、ハンガリーでライセンス生産されていたフランスのノーム・ローンGnome et Rhône)WM-14K空冷星形14気筒エンジンに変換したハンガリー空軍仕様の偵察機。He-70Kは、He-170とも呼称された。He-170は、1937年4月17日に初飛行し、1937-1938年の間に試作機2機を含めて総数20機がハンガリーで国内ノックダウン生産された。プロペラは、エンジン出力向上に合わせて、従来の2翅から3翅に増やされている。

写真(右)1940年、ハンガリー軍の使用したハインケル(Heinkel)He-70K偵察機のエンジンカウリング:ハンガリー空軍向けHe-70K(He-170)は、エンジンを液令から使い慣れている空冷に変換している。
Magyar: Heinkel He-70K távolfelderítő repülőgép. Tags: Royal Hungarian Air Force, Heinkel-brand, Gerrman brand, airplane, pilot Title: Heinkel He-70K távolfelderítő repülőgép. Date 1940
Author FOTO:Fortepan — ID 10466
写真は,Category:Heinkel He 70K, File:Heinkel He-70K távolfelderítő repülőgép. Fortepan 10466.jpg引用。


ドイツのハインケルHe-70輸送機は、フランスのノーム・ローンGnome et Rhône)WM-14K空冷星形14気筒エンジンに換装したハンガリー空軍仕様ハインケルHe-70K(He-170A)偵察機として制式された。このHe-170の初飛行は1937年4月17日、1937-1938年の間に試作機2機を含めて総数20機が量産された。

写真(右)1939年、ハンガリー軍が導入したドイツのハインケル(Heinkel)He-70K偵察機のエンジンカウリングに立つハンガリーの搭乗員:ハンガリー空軍向けHe-70K(He-170)は、エンジンを液令から使い慣れている空冷に変換している。
Magyar: Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép. Tags: Royal Hungarian Air Force, airport, transport, Gerrman brand, pilot, Heinkel-brand Title: Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép. Date 1939
ID 26463: Adományozó/Donor: Hídvégi Zoltán.
写真は,Category:Heinkel He 70K, File:Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép. Fortepan 26463.jpg引用。


ハインケル(Heinkel)He-70Lは、He-170とも呼称されれる。He-170-V1試作1号機(登録コード:D-OASA)は、1937年に完成し、原型He-70輸送機の搭載したBMW液冷ガソリンエンジンを空冷エンジンに変換した輸出向け軍用仕様である。ドイツでは量産はされず、試作機のみに終わった。しかし、ハンガリー空軍がフランスのノーム・ローンGnome et Rhône)WM-14K空冷星形14気筒エンジン装備の偵察機として20機をノックダウン生産した。

ハインケル(Heinkel) He 111 A-0は、He 111試作3号機V3を原型に、He 70同様の楕円曲面主翼、細長胴体の高速旅客機・爆撃機として開発された。発動機は、BMW VI 12気筒液冷エンジン600馬力2基で、 プロペラは、エンジン出力の低さを反映して2翅だった。このHe 111 A-0は、ドイツのレヒリンRechlin)で実用試験が行われたものの、最高速力は308km/hにしかならず、飛行性能の低さのために、ドイツ空軍は採用しなかった。そこで、生産されたHe111A-0爆撃機は、当時、ドイツの軍事顧問団を招聘していた中華民国に売却された。

写真(右)1939年、ハンガリー軍が導入したドイツのハインケル(Heinkel)He-70K偵察機のエンジン正面と革製飛行ジャケットを着たハンガリー航空兵:ハンガリー空軍向けHe-70K(He-170)は、エンジンを液令から使い慣れている空冷に変換している。
Magyar: Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép. Tags: Royal Hungarian Air Force, airport, transport, military, pilot, Gerrman brand, Heinkel-brand Title: Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép.. Date 1939
ID 26463: Adományozó/Donor: Hídvégi Zoltán.
写真は,Category:Heinkel He 70K, File:Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép. Fortepan 26463.jpg引用。


1941年6月22日「バルバロッサ作戦」によってドイツのソ連侵攻が始まり、6月27日にはハンガリー軍もソ連攻撃に加わった。ソ連空軍は、ドイツの陸空の奇襲によって大きな被害を出したため、ハンガリー空軍のハインケルHe-170A偵察機(He-70K偵察機)も十分に活躍できたものと思われる。

 ハンガリー空軍でのHe70の運用に際しては、ハンガリー国内で、不慣れなBMW IV液冷エンジンよりも、経験のある空冷星形エンジンが望ましいと判断した。そこで、He70の搭載していたドイツのBMW IV液冷エンジンをフランスのノーム・ローン(Gnome et Rhône)WM-14K空冷星形エンジンをハンガリーでライセンス国産化した746 kW (1,000 hp)のWM-K-14 空冷星形星型エンジンも換装した。プロペラは、2翅から3翅となった。これがハインケルHe-70K(He-170A)偵察機である。

写真(右)1939年、ハンガリー軍の使用したハインケル(Heinkel)He-70K偵察機(登録コード:F.403)尾翼部分前に立つハンガリー空軍搭乗員:ハンガリー空軍向けHe-70K(He-170)の初飛行は1937年4月17日、生産は1937-1938年の間に試作機2機、量産機18機だった。
Magyar: Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép..
Tags: Royal Hungarian Air Force, airport, transport, military, pilot, Gerrman brand, Heinkel-brand Title: Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép. Date 1939
FOTO:Fortepan — ID 26460: Home pagePictureInformation page Adományozó/Donor: Hídvégi Zoltán. archive copy
写真は,Category:Heinkel He 70K, File:Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép. Fortepan 26460.jpg引用。


ハインケルHe 70K(He-170A)偵察機の諸元
全長 11,70 m 全幅 14,8 m 全高 3,1 m
翌面積 36,50 平方メートル
自量 2300 kg 全備重量 3800 kg
最高速力 410 km/h 緊急最高速力 455 km/h/2000 m
着速度 107 km/h
実用上昇限度 8300 m
上昇時間 13,7分3000 m
航続距離 950 km
発動機 グローローン(Gnôme-et-Rhône)14ミストラ・メージャー(Mistral-Major)14気筒(Zylinder) 930 PS (684 kW)
プロペラ直径 3,20 m
兵装 7,92mm機関銃



写真(右)1939年、ハンガリー軍が導入したドイツのハインケル(Heinkel)He-70K偵察機(F.403)の尾翼と革製飛行ジャケットを着た3名のハンガリー搭乗員:ハンガリー空軍向けHe-70K(He-170)は、エンジンを液令から使い慣れている空冷に変換している。
Magyar: Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép. Tags: Royal Hungarian Air Force, airport, transport, military, pilot, Gerrman brand, Heinkel-brand Title: Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép. Date 1939
ID 26472: Adományozó/Donor: Hídvégi Zoltán.
写真は,Category:Heinkel He 70K, File:Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép. Fortepan 26472.jpg引用。


1942年12月には、ハンガリー軍は、スターリングラード攻防戦で大打撃を受けており、ハンガリーの指導者ホルティ提督は、ドイツとの同盟関係を解消すべきであると考え始めた。そして、スターリングラードのドイツ第6軍が降伏した後、1942年2月24日、ハンガリーのナチ党ともいえる矢十字党を弾圧し、その指導者をドイツに亡命させた。また、1942年3月9日、親英米のカーロイ・ミクローシュが首相となり、密かに降伏・講和交渉をギリス・アメリカと開始した。

ハンガリー空軍は、高性能機ハインケル(Heinkel)He-70輸送機に注目し、自国で軍用機として採用することにした。そこで、ハンガリーは、ハインケルHe70輸送機2機をドイツから購入し、これを試作機として、ノックダウン方式で18機を国内ライセンス生産した。ただし、軍用用途は、輸送機としてではなく、偵察機であり、ハインケル(Heinkel)He-70K偵察機あるいはHe-170A偵察機と呼称される。

写真(右)1940年、ハンガリー軍の使用したハインケル(Heinkel)He-70K偵察機と2人のハンガリー空軍搭乗員:ハンガリー空軍仕様He-70K(He-170)偵察機は、エンジンを換装しノーム・ローン(Gnome et Rhône)WM-14K空冷星形エンジンとした。初飛行は1937年4月17日、生産は1937-1938年の間に試作機2機、量産機18機だった。
Magyar: Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép.
Tags: Royal Hungarian Air Force, airport, transport, military, pilot, Gerrman brand, Heinkel-brand
Title: Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép. Date 1939
FOTO:Fortepan — ID 26471: Home pagePictureInformation page Adományozó/Donor: Hídvégi Zoltán
写真は,Category:Heinkel He 70K, Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép. Fortepan 26471.jpg 引用。


カルパティア・ルテニアCarpatho-Ukraine)を占領したハンガリーは、スロバキアをも占領しようと1939年3月23日にスロバキアに侵攻した。しかし、ドイツは、ハンガリーの虎の威を借りた勢力圏拡大を許さず、自らの勢力圏とするために、チェコをベーメン・メーレン保護領として支配し、スロバキアを形式的な独立を認めたうえで保護国とした。ハンガリーは、ドイツに対抗することはできなかったので、1938年11月2日の第一次ウィーン裁定Vienna Award)のカルパティア・ルテニアCarpatho-Ukraine)南部のみ割譲を受け、残りの領土要求は諦めざるを得なかった。

写真(右)1939年、ハンガリー軍の使用したハインケル(Heinkel)He-70K偵察機の機首ノーム・ローン(Gnome et Rhône)WM-14K空冷星形エンジン部分:ドイツのハインケルHe-70輸送機プロペラは2翅だったが、ハンガリー空軍のハインケルHe-70K偵察機では3翅に増えている。
Magyar: Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép...
Tags: Royal Hungarian Air Force, airport, transport, Gerrman brand, Heinkel-brand Title: Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép.
FOTO:Fortepan — ID ID 26462: Adományozó/Donor: Hídvégi Zoltán
写真は,Category:Heinkel He 70K, File:Heinkel He-70K típusú távolfelderítő repülőgép. Fortepan 26462.jpg引用。


1939年8月23日、独ソ不可侵条約が締結され、ドイツはソ連との戦争に入る危険なしに周辺国を攻撃できる状況になった。1939年9月1日、ドイツのポーランド侵攻で第二次世界大戦が勃発した。そして、ドイツがフランスを降伏させた後、ソ連への侵攻を密かに「バルバロッサ作戦」として準備する中、1940年11月20日、ハンガリーは、1940年9月27日成立の日独伊三国同盟に加入させられた。

日本の有田八郎外務大臣は、1938年11月11日の五相会議において1937年11月成立の日独伊三国防共協定について、「本協定は『ソ』に対するを主とし英仏等は『ソ』側に参加する場合において対象とするものにして英仏等のみにて対象となるものに非ず」と述べていたが,防共協定を軍事同盟化した1940年9月27日成立の日独伊三国同盟の仮想敵がソ連であることは明確だった。


写真(上)1943年、ハンガリー軍の使用したハインケル(Heinkel)He-70K偵察機正面に集合したハンガリー空軍搭乗員
:ハンガリー空軍向けHe-70K(He-170)の初飛行は1937年4月17日、生産は1937-1938年の間に試作機2機、量産機18機だった。
Magyar: Heinkel He-70 felderítő repülőgép. Tags: Heinkel-brand, airplane, Royal Hungarian Air Force, second World War, Gerrman brand, transport, military, tableau, Focke-Wulf-brand Title: Heinkel He-70 felderítő repülőgép. Date 1943..
Author FOTO:Fortepan — ID 3227
写真は,Category:Heinkel He 70K, File:Heinkel He-70 felderítő repülőgép. Fortepan 3227.jpg引用。


また、ユーゴスラビア王国も、1941年3月25日には日独伊三国同盟に加入したが、2日後のクーデターで親ドイツの摂政パヴレ・カラジョルジェヴィチ政権は打倒された。ユーゴスラビアの日独伊三国同盟からの離反に激怒したドイツは、独ソ戦の際して愁いを断つためにもにユーゴスラビアの粉砕を命じた。そして、ドイツ軍は、ハンガリーを通過して、ユーゴスラビアを攻め、首都ベオグラードを無差別爆撃した。

ドイツは、かねてから準備した通り、1941年6月22日「バルバロッサ作戦」に基づいて、ソビエト連邦に侵攻したが、この時、イタリア、ルーマニア、ハンガリー、フィンランドも共に参戦する計画が出来上がっていた。しかし、ドイツの同盟国は、既に参戦していたイタリア以外、ソ連侵攻が、イギリスとの戦争にも繋がることを懸念しており、反共産主義のためのソ連との限定戦争を望んでいた。結局、フィンランドもハンガリーも、ソ連に侵攻するドイツ軍の進駐を認めていながら、ソ連が自国を空襲し先制攻撃をかけてきたとの口実で、ソ連との戦争状態に入った。6月27日、ハンガリーは自国に併合したスロバキアに対して、ソ連空軍が空襲をかけてきたことを口実にして、ソ連に対して宣戦布告したのである。


3.ハインケル(Heinkel)He-270輸送機 


写真(右)1939年-1943年頃、第二次世界大戦中、迷彩塗装を施したハインケル(Heinkel)He 270偵察爆撃機(D-OEHF)
;ハインケル(Heinkel)He 70「ブリッツ」のBMW VI 7.3 液冷V型12気筒エンジン 750 hpをより強力なダイムラーベンツDB601A倒立V型12気筒液令エンジン1175hpに換装し、3翅プロペラを装備した改良型。1938年初飛行したが、DB601エンジンはBf109戦闘機、Bf110 戦闘機に優先配備されたために、量産されなかった。ヒトラー政権下のドイツ国籍マークとして、垂直尾翼に赤帯白丸黒鍵十字スワスチカを付けた。
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935640 Title:Heinkel He 270 Nowarra photo - Filename:16_005263.TIF - - - - - - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation-
写真は,Flickr, SDASM Archives - Catalog:16_005263 -引用。


1938年初飛行したハインケル(Heinkel)He 270偵察爆撃機は、ハインケルHe 70輸送機の発動機BMW VI 7.3 液冷V型12気筒エンジン 750 hpをダイムラーベンツDB601A倒立V型12気筒液令エンジン1175hpに換装した出力向上型で、3翅プロペラを装備した。最高速力460km/h(高度4000m)、兵装は7.92mmMG17前方固定機関銃1丁、7.92mmMG15後方旋回機関銃2挺を装備、爆弾は最大300kgで、これは前作He 70Eと同等だった。

ハインケル(Heinkel)He 270偵察爆撃機のDB601エンジンはBf109戦闘機、Bf110 戦闘機に優先配備されたために、量産されなかった。


4.戦前の民間航空ハインケルHe-111輸送機 

写真(右)1935年、ドイツ、ハインケル(Heinkel)He 111 爆撃機V-1試作1号(D-ADUM):楕円型の曲面主翼、細長胴体の高速旅客機・爆撃機として開発された。BMW VI 7.3 液冷V型12気筒エンジン 750 hp出力の低さを反映して2翅で、後に3翅となった。
楕円主翼は曲線構造で、製造の手間がかかり、工作の簡易化には逆行した。
Ray Wagner Collection Image PictionID:46168960 - Catalog:16_007374 - Title:He 111V-1 Peter Bowers Collection - Filename:16_007374.TIF
Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation
写真は,SDASM Archives, Catalog:16_005215 引用。


He-111 V-1試作機
1929年6月のヴェルサイユ条約の軍備制限条項の下で爆撃機として1934年に密かに開発
乗員員(Crew): 5名
発動機(Engine): BMW VI 6.0Z 液冷12気筒エンジン(600 馬力)
全長(Length): 16.40 m | 全幅(Width): 22.60 m | 全高(Height): 4 m
最高速力(Max. Speed): 310 km/h

写真(右)1935-1936年、ドイツ、ハインケル(Heinkel)He 111輸送機A型V-4試作4号(製造番号 W.Nr. 1968、登録コード D-AHAO):プロペラは、2翅から3翅となった。
楕円主翼は曲線構造で、製造の手間がかかり、工作の簡易化には逆行した。
Heinkel, He 111 Catalog #: 01_00081302 Title: Heinkel, He 111 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 111
写真は,SDASM Archives, Catalog #: 01_00081302引用。


1935年末に,ハインケル(Heinkel)He 111輸送機試作2号機V2と試作4号機V4が製造され、民間登録コードのD-ALIX, D-ALESおよびD-AHAOが与えられた。これが、He 111 A-1輸送機の初めての試作機で、1936年1月10日に完成した。当時は、世界最速の高速輸送機とされ、最高速力は時速402 km/h (250 mph)以上を発揮した。

写真(右)1935-1936年、ドイツ、ハインケル(Heinkel)He 111爆撃機A-0型:装備している発動機は、BMW VI "upright" 液冷倒立V12気筒エンジン(650馬力)2基で、3翅プロペラ、楕円主翼の曲線構造、流線型の胴体。機首のガラス窓は、爆撃手の視界を確保するためのものである。登録コードや国籍マークも記入されていない。
Ray Wagner Collection Image
PictionID:46168947 - Catalog:16_007373 - Title:He 111A-0 Nowarra Collection - Filename:16_007373.TIF
Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation
写真は,SDASM Archives, Catalog #: 01_00081302引用。


設計は、1,000 馬力ダイムラー・ベンツ DB 600液冷倒立V12気筒エンジン2基を装備したが、これはメッサーシュミット(Messerschitt)Bf 109戦闘機の試作10号機から13号機が搭載したのと同じエンジンである。ハインケル社は、戦闘機用のダイムラー・ベンツ(Daimler-Benz)DB600エンジンをHe111に装備することは認められず、より非力な 650馬力BMW VI "upright"液冷倒立V12気筒エンジンを装備することを強いられた。民間輸送機よりも戦闘機に優秀なエンジンを優先して搭載するのは、ドイツ再軍備(German Rearmament)・空軍の創設を進めたヒトラーとしては当然の帰結だった。

写真(右)1935年9月8日、フィンランド南西、ヘルシンキ西150km、トゥルク、ドイツ・ルフトハンザ(Lufthansa)航空のハインケル(Heinkel)He111輸送機C型「ロストック」"Rostock" (W.Nr. 715:D-ALIX):原型はHe-111旅客機試作2号機V-2で、Rostock"として1936年1月に 初飛行したともいわれる。民間輸送機として使用されたが、1937年3月12日、ガンビアのバンジュール(Banjul)に着陸する前に事故で喪失,搭乗員4名死亡。
Lufthansa -lentoyhtiän Heinkel Turun lentoaseman avajaisissa Heinkel He 111 D-ALIX Artukaisten avajaisissa 8/9.1935.
Aineistotyyppi ?Valokuva Organisaatio Suomen Ilmailumuseo Kokoelma Finnair Oyj / Ståhle, Gunnar Inventaarionro SIM VK 533:329 Mitat Vedos Kuvaustiedot: 1935-09-08 Foto Turku
写真はMuseot Finna・sa-kuva-18864引用。


写真(右)1935年以降、スイス北部、チューリッヒ郊外、デューベンドルフ、ドイツ・ルフトハンザ航空(DLH:Deutsche Lufthansa AG)、ハインケル(Heinkel)He111輸送機C型:ハインケルHe111輸送機は、ドイツ・ルフトハンザ航空の新鋭高速輸送機として、乗客10名を乗せた旅客輸送に使用された。
Photographer: Swissair
Dating: nach 1935
Title: Heinkel He 111 C der Deutschen Lufthansa am Boden in Dübendorf
Dating: nach 1935 Physical Description: Photography : nitrate-negative Format: 6 x 6 cm
Categories: Reportage photography, Dübendorf, 1931-1940, Aerodrome Dübendorf, Propeller-driven aircraft, Swissair, Lufthansa (DLH), Swissair Archive
写真は,ETH-Bibliothek Zürich, Record Name: LBS_SR01-00070 引用。


ハインケル社は、ドイツ航空省Reichsluftfahrtministerium:RLM)の密命を受けて、ハインケルHe70の技術を活用して大型高速爆撃機の開発を始めた。ベルサイユ条約の軍事制限条項を掻い潜るために、開発の名目は高速旅客機とされた。ハインケルHe111は、1935年2月に試作1号機が初飛行した。この試作機は、民間輸送機としてドイツ・ルフトハンザ航空に採用された。こうして、民間輸送機としてHe111は採用され、量産されることになったため、ハインケル社は、この民間機He111をベースにして、ドイツ再軍備(German Rearmament)によって創設されたドイツ空軍のために爆撃機の開発を進めた。

写真(右)1939年、スイス北部(?)、ドイツ・ルフトハンザ航空(DLH:Deutsche Lufthansa AG)、ハインケル(Heinkel)He111高速輸送機C型の機首:荷物を入れる貨物室になっているが、航空郵便のようなパッケージの積み下ろしをしている。手すり付き金属製移動式階段など機首の倉庫にアクセスする専用機材が準備されている。
Photographer: Swissair
Title: Bugfrachtraum der Heinkel He 111 C (Schnellverkehrsflugzeug)
Dating: nach 1939
Physical Description: Photography : nitrate-negative Format: 6 x 6 cm
Categories: Nose, Reportage photography, 1931-1940, Cargo and luggage compartment, Freigth and baggage services, Propeller-driven aircraft, Lufthansa (DLH), Swissair, Swissair Archive
写真は,ETH-Bibliothek Zürich, Record Name: LBS_SR01-00038 引用。


写真(右)1935-1939年、スイス北部、チューリッヒ郊外、デューベンドルフ、ドイツ・ルフトハンザ航空(DLH:Deutsche Lufthansa AG)、ハインケル(Heinkel)He111輸送機C型の前で記念撮影をする紳士:機首先端が開いているが、ここに荷物を格納することができる。車輪止め、移動式階段、充電車(?)など飛行機整備のための専用機材が準備されている。
Photographer: Swissair
Title: Unbekannte Person vor Heinkel He 111C der Deutschen Lufthansa in Dübendorf
Caption: Schnellverkehrsflugzeug für 10 Passagiere
Dating: 1935-1948
Physical Description: Photography : nitrate-negative Format: 6 x 6 cm
Categories: 1941-1950, Entry + Exit, Dübendorf, Aerodrome Dübendorf, 1931-1940, Propellers, Men, Propeller-driven aircraft, Lufthansa (DLH), Swissair, Swissair Archive
写真は,ETH-Bibliothek Zürich, Record Name: LBS_SR01-00069 引用。


写真(右)1935年頃、スイス北部、チューリッヒ郊外、デューベンドルフ、ドイツ・ルフトハンザ航空(DLH:Deutsche Lufthansa AG)、ハインケル(Heinkel)He111輸送機C型(登録コード:D-AQYF)のタラップ(移動式昇降階段)で乗客夫妻の記念写真:手すり付き金属製移動式階段など飛行機乗客のための専用機材が準備されている。
Photographer: Swissair
Title: Passagiere vor dem Einstieg in die Heinkel He 111C Leipzig in Dübendorf
Caption: Einstieg hinter der rechten Flügel-Hinterkante
Dating: ca. 1935
Physical Description: Photography : nitrate-negative Format: 6 x 6 cm
Categories: 1941-1950, Entry + Exit, Dübendorf, Aerodrome Dübendorf, 1931-1940, Propellers, Men, Propeller-driven aircraft, Lufthansa (DLH), Swissair, Swissair Archive
写真は,ETH-Bibliothek Zürich, Record Name: LBS_SR01-00073引用。


写真(右)1935年以降、スイス北部、チューリッヒ郊外、デューベンドルフ、ドイツ・ルフトハンザ航空(DLH:Deutsche Lufthansa AG)、ハインケル(Heinkel)He111輸送機C型(登録コード:D-AQYF)のタラップ(移動式昇降階段)で乗客夫妻の記念写真:手すり付き金属製移動式階段など飛行機乗客のための専用機材が準備されている。
Photographer: Swissair
Title: Passagiereinstieg in die Heinkel He 111 C, D-AQYF der DLH
Dating: nach 1935
Physical Description: Photography : nitrate-negative Format: 6 x 6 cm
Categories: 1941-1950, Entry + Exit, Dübendorf, Aerodrome Dübendorf, 1931-1940, Propellers, Men, Propeller-driven aircraft, Lufthansa (DLH), Swissair, Swissair Archive
写真は,ETH-Bibliothek Zürich, Record Name: LBS_SR01-00113 引用。


ヒトラーの再軍備宣言
1)義務兵役制を復活:兵力36個師団,50万人を動員
2)軍事組織の名称変更:陸海軍に加えて空軍Luftwaffeを新設し,国軍Reichswehrを伝統的な国防軍Wehrmachtに戻す。3)国防省を陸軍省(Ministry of War)と変更。陸軍参謀本部の復活。

写真(右)1935年頃、スイス北部、チューリッヒ郊外、デューベンドルフ、ドイツ・ルフトハンザ航空(DLH)、ハインケル(Heinkel)He111輸送機C型をバックにしたスイス・アルパル航空のオランダ製コールホーフェン F.K.50 (Koolhoven F.K.50) 軽輸送機(左手前)とハンガリーからきたユンカースJu52輸送機(右):コールホーフェンFK50軽輸送機の初飛行は1935年9月18日だが、生産機数は3機のみ。乗員:2 名 乗客:8 名、全長:14.30 m、全幅.:17.70 m、全備重量:4250 kg、発動機: プラット・アンド・ホイットニー R-985空冷星型エンジン(400馬力)2基、最高速力:295 km/h
Photographer: Swissair
Title: Koolhoven FK-50 der Alpar, Junkers Ju-52 aus Ungarn und Heinkel He-111-C der Deutschen Lufthansa (v. u.) am Boden in Dübendorf
Dating: 1932-1948
Physical Description: Photography : nitrate-negative Format: 6 x 6 cm
Categories: 1941-1950, Entry + Exit, Dübendorf, Aerodrome Dübendorf, 1931-1940, Propellers, Men, Propeller-driven aircraft, Lufthansa (DLH), Swissair, Swissair Archive
写真は,ETH-Bibliothek Zürich, Record Name: LBS_SR01-00103引用。


写真(右)1937-1938年、日中戦争の最中、ドイツで不採用になり、中華民国に輸出されて使用されたハインケル(Heinkel)He 111 A-0爆撃機:エンジンは、普及していたアメリカのライト R-1820 サイクロン 9(Wright R-1820 Cyclone 9 )空冷9気筒星形エンジン(1000馬力)を装備している。胴体後方に、四角のガラス窓が開いていて、機首もソリッド化していて、爆撃手席がみえないので、中国では爆撃機としてでではなく、輸送機として使用されたようだ。
Heinkel, He 111 Catalog #: 01_00081303
Title: Heinkel, He 111 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany
写真は,SDASM Archives, Catalog #: 01_00081303引用。


 ハインケル(Heinkel)He111の軍用爆撃機は、A型として完成したが、爆撃機としての飛行性能が不十分だった。これは、搭載したエンジンの馬力不足のためだった。そこで、He111Aは、中国に民間機として中華民国に売却された。爆撃機として、実用化されたのは、He111Bが初めてである。新生ドイツ空軍の新鋭爆撃機ハインケルHe111爆撃機B型は、新鋭ダイムラー・ベンツ(Daimler-Benz)DB600エンジン2基を装備し、1936年に勃発したスペイン内戦に送られ、1937年4月26日、市民への無差別空襲として悪名高いゲルニカ空襲Bombing of Guernica)にも投入された。


5.戦前のハインケルHe-111爆撃機の試作機・初期型 

写真(右)1935年、ドイツ、ドイツ空軍のハインケル(Heinkel)He 111 J-1爆撃機V-18試作18号(D-ADUM):楕円型の曲面主翼、細長胴体の高速旅客機・爆撃機として開発された。:ハインケルHe 111 V-18 (D-ADUM)は、魚雷攻撃をする雷撃機(Torpedobomber)として開発され、ドイツ空軍(Luftwaffe)は 90機を発注した。K.Gr. 806に配属され、特殊部隊として J-1 の形式を与えられた。楕円主翼は曲線構造で、製造の手間がかかり、工作の簡易化には逆行した。
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935041 - Catalog:16_005215 - Title:Heinkel He 111V-18 Nowarra photo - Filename:16_005215. TIF
Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation
写真は,SDASM Archives, Catalog:16_005215 引用。


1919年のヴェルサイユ条約Treaty of Versailles)の軍備制限条項のために、敗戦後のドイツは、軍用機の開発・保有が禁止されたが、輸送やスポーツを目的とした民間機で、軍用機に転換できないのであれば、開発・保有も可能だった。そこで、ドイツでは民間機の開発が、ユンカース、ハインケル、ドルニエDornier)など有力な航空機メーカーの下で行われた。しかし、1933年1月にドイツの政権を握ったナチ党は、アドルフ・ヒトラーの独裁体制を確立し、軍事力を今まで以上に強化しようと、密かに画策していた。ナチ党政権樹立前から、外国における兵器開発や軍事訓練は行われていたが、ナチ党ヒトラーも下では、この軍事化の動きが強力に推進されたのである。

写真(右)1935年、ドイツ、ドイツ空軍のハインケル(Heinkel)He 111爆撃機V-23試作23号(D-ACBH):ハインケルHe 111V-23(D-ADUM)は、試作最終機体で、軍用型に発展する。
Ray Wagner Collection Image PictionID:43935056 - Catalog:16_005216 - Title:Heinkel He 111V-23 Pete Bowers photo - Filename:16_005216. TIF
写真は,SDASM Archives, Catalog:16_005216 引用。


 ハインケルの開発したHe 111輸送機も、高速民間旅客輸送機として登場し、He-111Cが生産されたが、これは単発機のハインケルHe-70高速郵便輸送機と同様、楕円翼の全金属製、引き込み客の機体で、軍用機に転用することも視野に入れていた。

He111試作1号機V1(製造No.713) が初飛行したのは、1935年2月24日で、 発動機のBMW VI液冷12気筒エンジン(650馬力)が出力不足で低速だったものの、飛行特性、離着陸性能はよかった。1935年に2機の試作機V2V1(製造No.715)とV4は、民間機として登録コードD-ALIX,(D-ALES)と D-AHAOを与えられた。

写真(右)1937-1938年頃、ドイツ、ドイツ空軍のハインケル(Heinkel)He 111爆撃機:主翼両端と胴体後方に、ドイツの国籍識別マークの黒の鉄十字、垂直尾翼に、新たな国籍マークとなったナチ党卍十字スワスチカが描かれている。他方、4桁の登録コードは記されていない。胴体下面のゴンドラはなく、尾輪も小さいものがついている。
SDASM Archives Heinkel, He 111 Catalog #: 01_00081301
Title: Heinkel, He 111 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany
写真は,SDASM Archives, Catalog: 01_00081301引用。


写真(右)1937-1938年頃、ドイツ、ドイツ空軍のハインケル(Heinkel)He 111爆撃機試作6号機V-6(登録コードD-AXOH):ユモJumoJ200液冷エンジン(700馬力)2基を装備。主翼両端と胴体後方に、ドイツの国籍識別マークの黒の鉄十字、垂直尾翼に、新たな国籍マークとなったナチ党卍十字スワスチカが描かれている。胴体下面のゴンドラはなく、尾輪も非常に小さいものがついている。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:43935015 - Catalog:16_005213 - Title:Heinkel He 111V-6 Nowarra photo - Filename:16_005213.TIF
写真は,SDASM Archives, Catalog: 16_005213引用。


写真(右)1937-1938年頃、ドイツ、ドイツ空軍のハインケル(Heinkel)He 111爆撃機の機首下面のハッチから出ようとする乗員:大柄のドイツ空軍搭乗員にとって、小型の機首から小さなハッチを使って出入りするのは楽ではない。主翼両端と胴体後方に、ドイツの国籍識別マークの黒の鉄十字、垂直尾翼に、新たな国籍マークとなったナチ党卍十字スワスチカが描かれている。他方、4桁の登録コードは記されていない。胴体下面のゴンドラはなく、尾輪も非常に小さいものがついている。
SDASM Archives Heinkel, He 111 Catalog #: 01_00081282
Title: Heinkel, He 111 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 111
写真は,SDASM Archives, Catalog: 01_00081282引用。


写真(右)1937-1938年頃、ドイツ、沿岸部を飛行するドイツ空軍のハインケル(Heinkel)He 111爆撃機:胴体後上方に機銃座が備えられている。主翼両端と胴体後方に、ドイツの国籍識別マークの黒の鉄十字、垂直尾翼に、新たな国籍マークとなったナチ党卍十字スワスチカが描かれている。他方、4桁の登録コードは記されていない。胴体下面のゴンドラはなく、尾輪は若干大きくなった。
SDASM Archives Heinkel, He 111 Catalog #: 01_00081297
Title: Heinkel, He 111 Corporation Name: Heinkel Additional Information: Germany Designation: He 111
写真は,SDASM Archives, Catalog #: 01_00081297引用。



6.ハインケル(Heinkel)He112/He100戦闘機

写真(右)1935年9月以降、ドイツ、ハインケル(Heinkel)He-112V-4戦闘機の試作4号機;He-112V-4戦闘機のコックピットは、開放式で、He-70輸送機と同様にかるい逆ガル楕円翼を採用し1935年9月に初飛行した。
Ray Wagner Collection Image
- Catalog:16_005278 - Title:Heinkel He 112V-4 Nowarra photo - Filename: 16_005278. TIF -- Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation.
写真は,Flickr, SDASM Archives PictionID:43935824 引用。


1933年のドイツ航空省による新型戦闘機の競争試作には、1935年9月初飛行のハインケルHe112と1935年5月28日初飛行のメッサーシュミットBf109とが最終候補に残った。この2機の比較審査で、最高速力、上昇性能、量産性の観点で劣るとされ、He112のドイツ空軍での制式は見送られた。

写真(右)1937年、ドイツ、野外の未舗装飛行場のハインケル(Heinkel)He 112 戦闘機V4 試作4号機(登録コード:D-IZMY;製造番号 Nr.1932)の正面;ユモJumo 210Da液冷倒立V型12気筒エンジン680 hp(排気量19.7 L)逆ガル楕円翼を採用し1935年9月に初飛行した。引込み式降着装置には車輪止めが嵌められている。
Photographer: Eidgenössische Konstruktion-swerkstätte (Thun) Find similar records Title:Flugzeug Heinkel He-112 Militärflugzeug, Tiefdecker, Kampfflugzeug, Immatrikulation D-IZMY, Deutschland, Flugplatz Thun.Special Size: 10,5 x 15 cm
The fourth prototype, the He 112 V4, pictured here, was in fact the first pre-series He 112A fighter with a 680 hp Jumo 210Da engine, a new wing of semi-elliptical planform and new horizontal tail surfaces. This aircraft was sent to Spain in December 1936 for operational evaluation with the Legion Condor.写真はETH-Bibliothek Zürich, Bildarchiv, ETH Library Record Name: Ans_05035-255引用。


ドイツのハインケル(Heinkel)He 112 V4 戦闘機試作4号機(登録コード:D-IZMY;製造番号 Nr.1932)は、1936年12月にスペイン内戦に派遣され、ドイツ義勇軍(実際は正規軍)コンドル軍団で、反乱軍側のフランコ将軍派国民戦線を軍事援助した。

ハインケル He 112 A-0 V4戦闘機の諸元
コンドル 乗員Crew: 1名
全長Length: 9 m (29 ft 6 in)、全幅Wingspan: 11.5 m (37 ft 9 in)、全高Height: 3.7 m (12 ft 2 in)
主翼面積Wing area: 23.2 m2 (250 sq ft)
空虚重量Empty weight: 1,680 kg (3,704 lb)
最大離昇重量Max takeoff weight: 2,230 kg (4,916 lb)
発動機Powerplant: 1 × Junkers Jumo 210Da V-12液冷」ガソリンエンジン 514 kW (689 hp)
プロペラPropellers: 3翅(bladed)可変ピッチ(variable-pitch)

性能Performance
最高速力Maximum speed: 488 km/h (303 mph, 263 kn) /3,500 m (11,483 ft)
航続距離Range: 1,100 km (680 mi, 590 nmi)
実用上昇限度Service ceiling: 8,000 m (26,000 ft)
翼面過重Wing loading: 102.5 kg/m2 (21.0 lb/sq ft)

兵装Armament
2 × 7.92 mm (.312 in) MG 17機関銃(機首)
2 × 20mm エリコン(Oerlikon)MG FF機関砲(主翼)

写真(右)1940年春、ドイツ、実戦配備されているかのようなドイツ空軍のハインケル(Heinkel)He 100戦闘機の宣伝写真
Русский: Не 100 из несуществующей эскадрильи Blitzgeschwader Date photo is taken at spring in 1940 Source Heinkel He 100 // Война в воздухе ?140 - 2005 год. Author Unknown author
写真はWikimedia Commons, Category:Heinkel He 100, File:Не 100 из несуществующей эскадрильи Blitzgeschwader.JPG引用。


ハインケル(Heinkel)He 112がメッサーシュミットBf109との競争試作に敗れたため、ハインケルは、捲土重来を期して、ドイツ航空省からの要請のない状態で、独自の高速戦闘機を開発した。これが、主翼外板を表面冷却器とする新技術を採用したハインケル(Heinkel)He-100戦闘機である。

ハインケル(Heinkel)He 100戦闘機は、前作He112戦闘機で採用した楕円型の曲面主翼を止めて、細長長い角型主翼としたが、エンジン冷却を主翼前縁表面の水蒸気方式で行うなど斬新な仕組みを取り入れた。ハインケルHe113として、量産、部隊配備されているとのニセ情報喧伝に使用されたが、ドイツ空軍は制式しなかった。

⇒写真集:ハインケル(Heinkel)He112/He100戦闘機を見る。


7.満州日日新聞 1937.3.26(昭和12)「目覚ましき躍進列国の航空工業技術戦」

写真(右)エジプト、カイロ、ピラミッド上空を飛行するエジプト航空デハビラント(De Havilland)DH 84 ドラゴン(Dragon)複葉輸送機(SU-ABJ:製造番号C/n 6051):乗客:8名、全長10.5 m、全幅14.6 m、高さ3.1 m、翼面積32 m²、空虚重量1,460 kg、全備重量2,490 kg、発動機ジプシークイン エンジン 200 hp(150 kW)2基、最高速力253 km/h、航続距離920 km、上昇限界5,090 m。1938年6月製造のようだが、第二次大戦後もしばらく使用されている。
PictionID:40983872 - Catalog:Array - Title:Array - Filename:Hilda Jarmuth Collection Photo_00015.TIF - Image from the Hilda Jarmuth Personal Papers. Little is known about Hilda Jarmuth, an early aviatrix who was born on November 22, 1900. She may have been a member of the Ninety-Nines Club, which was founded on November 2, 1929, for the mutual support and advancement of women pilots. She was married to Charles F. Jarmuth in Cook County, Illinois, on June 12, 1923. She was widowed in 1927 when Charles drowned while attempting to rescue her from an undertow. Around 1949, she remarried to his first cousin, Louis T. Jarmuth. While little more is known about her other than she traveled extensively, she passed away in Los Angeles, CA, on July 1, 1976. .--Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はSDASM Archives 引用。


写真(右)エジプト(?)、エジプト航空デハビラント(De Havilland)DH 84 ドラゴン(Dragon)複葉輸送機(SU-ABJ:製造番号C/n 6051):乗客:8名、全長10.5 m、全幅14.6 m、高さ3.1 m、翼面積32 m²、空虚重量1,460 kg、全備重量2,490 kg、発動機ジプシークイン エンジン 200 hp(150 kW)2基、最高速力253 km/h、航続距離920 km、上昇限界5,090 m。1938年6月製造のようだが、第二次大戦後もしばらく使用されている。
Hilda Jarmuth Collection Photo Catalog:Array - Title:Array - Filename:Hilda Jarmuth Collection Photo_00013.TIF - Image from the Hilda Jarmuth Personal Papers. Little is known about Hilda Jarmuth, an early aviatrix who was born on November 22, 1900. She may have been a member of the Ninety-Nines Club, which was founded on November 2, 1929, for the mutual support and advancement of women pilots. She was married to Charles F. Jarmuth in Cook County, Illinois, on June 12, 1923. She was widowed in 1927 when Charles drowned while attempting to rescue her from an undertow. Around 1949, she remarried to his first cousin, Louis T. Jarmuth. While little more is known about her other than she traveled extensively, she passed away in Los Angeles, CA, on July 1, 1976.--Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はSDASM Archives PictionID:40983859 - 引用。


飛行機は科学の尖端を行く最新兵器である。これを製造する技術の優劣は、飛行機の性能を左右するものであるから、列強は競って航空技術の進歩に努力している。元来航空工業は、重工業中機械工業の部門に属し、就中航空用発動機製作は、精密工業に属すべきものであるが、その円満なる発達のためには単に航空工業の進展を期すれば可なりというものではなく、その関聯するところ甚だ広汎にして、重工業全般特に材料を供給する金属工業の進展に俟つもの甚だ多いのである。例えば優秀機のパテントを外国から購入し、これを模作することが出来るとしても、材料そのものに欠陥があれば、同一の性能は勿論求め得られないばかりでなく各部の亀裂又は折損を生ずること少くないのである。而して列強の航空工業は、ソ聯邦を除きては、殆ど大戦以来二十有余年の歴史を有しているのであって決して一朝一夕の間に培養されたものではなく、大戦以来今日まで巨額の国費を投入して漸く今日の進運を来したものであることを思えば、航空技術なり、航空工業の躍進を求むることは尋常一様の方法では至難であるといわねばならぬ。最近における列強の技術及航空工業を概術すれば次の如くである。

写真(右)1941年、イギリス、第47爆撃飛行隊のビッカース ウェルズレイ(Vickers Wellesley)偵察爆撃機:全幅 22.66 m 、全長11.96 m、翼面積 59m2、空虚重量3,066 kg、総重量5,67kg、発動機 ブリストル(Bristol)ペガサス(Pegasus)空冷星型9気筒エンジン925 hp 排気量28 L (690 kW)1基、最高速力 367 km/h,、航続距離 1,960 km、乗員3名、兵装 7.7 mmビッカース(Vickers)機関銃2丁、爆弾搭載量 2,000 ポンド (910 kg)。。
Description English: Vickers Wellesley Mk I of No. 47 Squadron RAF in flight over the mountains of Eritrea, 1941. Wellesley Mark I, L2673 ‘KU-C’, of No. 47 Squadron RAF based at Agordat, Eritrea, in flight over the rugged landscape of Eritrea. Date between 1939 and 1945 IWM LondonT This is photograph ME(RAF) 845 Imperial War Museums. Author Royal Air Force official photographer.
.
写真はWikimedia Commons Category:Vickers Wellesley File:Vickers Wellesley Mk I of No. 47 Squadron RAF in flight over the mountains of Eritrea, 1941. ME(RAF)845.jpg引用。


写真(右)1939年-1944年、イギリス南岸、ハンプシャー、ポーツマス対岸、ゴスポート、雷撃機として試験中のイギリス空軍ビッカース ウェルズレイ(Vickers Wellesley)偵察爆撃機:初飛行は、1935年7月19日、胴体形状は。円筒形の大圏構造を採用した。1936–1938年に177機生産。
English: Aircraft of the Royal Air Force 1939-1945- Vickers Wellesley. Wellesley Mark I, K7740, of the Torpedo Development Unit, at Gosport, Hampshire, following conversion for tests as a torpedo-bomber. Date between 1939 and 1945 MH 135 from the collections of the Imperial War Museums. Author Royal Air Force official photographer Part of RAF Station Gosport
写真はWikimedia Commons Category:Vickers Wellesley File:Aircraft of the Royal Air Force 1939-1945- Vickers Wellesley. MH135.jpg引用。


写真(右)1935年-1940年、イギリス、イギリス空軍第14爆撃飛行隊ビッカース・ウェルズレイ(Vickers Wellesley)爆撃機:初飛行は、1935年6月19日、1938年までに171機生産。全長:11.97 m、全幅:22.73 m、全高:3.74 m、全備重量:5,074 kg、エンジン:ブリストル・ペガサス20 空冷9気筒 925 hp1基、最高速力:367 km/h 実用上限高度:10,000m、航続距離:1,790 km、爆弾搭載量:900kg、兵装:7.7mm機銃2挺
English: AIRCRAFT OF THE ROYAL AIR FORCE 1919-1939 The pilot of a Vickers Wellesley of 14 Squadron, Royal Air Force, is assisted with his harness prior to take off from RAF Amman in Transjordan. Royal Air Force official photographer Part of The Royal Air Force 1919 - 1939.
写真はWikimedia Commons Category:Short Stirling File:AIRCRAFT OF THE ROYAL AIR FORCE 1919-1939 H(AM)379.jpg引用。


写真(右)1937-1938年、イギリス東部、ケンブリッジ州アップウッド(Upwood9基地、イギリス空軍第52爆撃飛行隊イギリス空軍第218爆撃飛行隊フェアリー バトル (Fairey Battle)Mk.I 爆撃機:初飛行は1936年3月10日、全長: 12.90 m、全幅:16.46 m、翼面積: 39.2m2、空虚重量: 3,015 kg、最大離昇重量: 4,895kg、ロールスロイス(Rolls-Royce)マーリン(Merlin) II V-12 )液令V12気筒1,030 hp (770 kW)1基、最高速力:414 km/h、航続距離:1,600 km、7.7mm機関銃2丁、爆弾搭載量は最大4,000 lb (1,800 kg)、1937-1940年に2,201機量産、乗員 3名。
English: IWM caption : A Fairey Battle Mk.I of 52 Squadron, Royal Air Force, at RAF Upwood. Date between 1937 and 1938 H(AM) 179 the Imperial War Museums. . Author assumed RAF .
写真はWikimedia Commons Category:Fairey Battle File:52 Squadron RAF Fairey Battle at Upwood IWM H(AM) 179.jpg引用。


写真(右)1939∹1940年、フランス上空、イギリス空軍第218爆撃飛行隊フェアリー バトル (Fairey Battle)Mk.I 爆撃機:初飛行は1936年3月10日、全長: 12.90 m、全幅:16.46 m、翼面積: 39.2m2、空虚重量: 3,015 kg、最大離昇重量: 4,895kg、ロールスロイス(Rolls-Royce)マーリン(Merlin) II V-12 )液令V12気筒1,030 hp (770 kW)1基、最高速力:414 km/h、航続距離:1,600 km、7.7mm機関銃2丁、爆弾搭載量は最大4,000 lb (1,800 kg)、1937-1940年に2,201機量産、乗員 3名。
English: English: Royal Air Force in France, 1939-1940. Three Fairey Battle Mark Is, K9353 ‘HA-J’, K9324 ‘HA-B’ and K9325 ‘HA-D’, of No. 218 Squadron RAF, based at Auberives-sur-Suippes, in flight over northern France. K9325 went missing during an attack on enemy troops near St Vith on 11 May 1940, and K9353 was shot down north of Bouillon the following day. K9324 survived the Battle of France to serve with the RAAF until 1944. Date between 1939 and 1940 C 449 from the collections of the Imperial War Museums. Author Stanley Arthur Devon (1907–1995) Royal Air Force official photographer .
写真はWikimedia Commons Category:Fairey Battle File:Fairey Battle - Royal Air Force in France, 1939-1940. C449.jpg引用。


写真(右)1942年7−11月頃、イギリス東部、リンカン州ワディントン田園地帯を低空編隊飛行するイギリス空軍第44爆撃飛行隊ハンドレページ (Handley Page)ハンプデン(Hampden)爆撃機:初飛行は1936年7月21日、全長: 17.32 m、全幅:21.08 m、翼面積: 63.9 m2、空虚重量: 5,790 kgkg、最大離昇重量: 10,206 kg、ブリストル(Bristol)ブリストル・ペガサス17 空冷9気筒1,000 hp (750 kW) 2基、最高速力:398 km/h、航続距離:2,770 km、爆弾搭載量は最大4,000 lb (1,800 kg)。
English: Aircraft of the Royal Air Force 1939-1945- Handley Page Hp.52 Hampden and Hereford. Hampden Mark Is, AE257 ‘KM-X’ and AE202 ‘KM-K’, of No. 44 Squadron RAF based at Waddington, Lincolnshire, in flight. Both aircraft were lost on raids over Germany, AE257 on the night of 21/22 October 1941 flying to Bremen, and AE202 over Hamburg on 26/27 July 1942. Date between 1939 and 1945 CH 3478 from the collections of the Imperial War Museums. Flag of the United Kingdom.svg Author Daventry B J (Mr), Royal Air Force official photographer Permission (Reusing this file) This image was created and released by the Imperial War Museum on the IWM Non Commercial Licence. Photographs taken, or artworks created, by a member of the forces during their active service duties are covered by Crown Copyright provisions. Faithful reproductions may be reused under that licence, which is considered expired 50 years after their creation. Part of Air Ministry Second World War Official Collection.
写真はWikimedia Commons Category:Handley Page Halifax File:Aircraft of the Royal Air Force 1939-1945- Handley Page Hp.52 Hampden and Hereford. CH3478.jpg引用。


写真(右)1941年11月21日、イギリス東部、リンカン州ワディントン田園地帯を低空編隊飛行するイギリス空軍第44爆撃飛行隊ハンドレページ (Handley Page)ハンプデン(Hampden)爆撃機:初飛行は1936年7月21日、1938年以降、イギリス空軍、カナダ空軍、オーストラリア空軍で使用された。生産期間は1936–1941年で生産機数 1,430機。胴体が細く、スペースが狭いために、装備や居住性が劣り、方向安定性も十分でなかったために、開戦早々の1939年12月には昼間爆撃任務から除外され、夜間爆撃に充当された。しかし、ウェリントン、ブレニム双発爆撃機よりも飛行性能が低かったために、1942年9月には前線任務からは外されている。
English: Royal Air Force 1939-1945- Bomber Command Hampdens of No 44 Squadron on a practice flight, September 1941. The foreground aircraft, AE257, was lost on an operation to Bremen on 21-22 October. Date September 1941 CH 3481 from the collections of the Imperial War Museums. Flag of the United Kingdom.svg Author Daventry B J (F/O), Royal Air Force official photographer.
写真はWikimedia Commons Category:Handley Page Halifax File:Royal Air Force 1939-1945- Bomber Command CH3481.jpg。


英国

航空技術及航空工業は、空軍省内補給研究局において主宰し、統制指導機関として多くの委員会を組織している。工業技術進歩改善のためには科学産業委員会を設け、官民の全研究機関を連繋せしむる制度を採り、航空技術は航空研究委員会において統制し、これが進展を図っている。又空軍における研究機関と審議機関とを完全に分離し、前者は文官を主とし、後者は武官を主とし、各々一流の権威者を集中していることは、制度上の特徴と認むべきである。現在飛行機工場としては、大小を合し三七会社があるが、空軍が利用しているのは、大製造能力を有する一流の一五会社にして、その他は戦時これを利用する程度であろう。発動機工場は一八会社であって、大規模のものは五個に過ぎない。而してこれ等工場の製作能力は年産四〇〇〇−五〇〇〇機といわれている。

写真(右)1939年-1944年、イギリス、イギリス空軍第7爆撃飛行隊ショート(Short)S.29 スターリング (Stirling)Mk.I型爆撃機:初飛行は、1939年5月14日、1945年までに2,371機生産。全幅 30.20 m 、全長26.59 、翼面積 136m2、自重22,498 kg、総重量26,943 kg、発動機ハーキュリーズ Mk.XI空冷星型14気筒1,500hp4基、 最高速力 454 km/h、航続距離 3.755 km 、乗員7名、兵装 7.7 mm M1919機関銃8丁、爆弾搭載量6,350kg。
English: Aircraft of the Royal Air Force 1939-1945- Short S.29 Stirling. Stirling Mark I, N3641 ‘MG-D’, of No. 7 Squadron RAF, running up its engines on the ground at Oakington, Cambridgeshire. Date between 1939 and 1945 CH 3138 Imperial War Museums Royal Air Force official photographer Part of Air Ministry Second World War Official Collection Subjects Associated people and organisations Royal Air Force, 7 Squadron.
写真はWikimedia Commons Category:Short Stirling File:Aircraft of the Royal Air Force 1939-1945- Short S.29 Stirling. CH3138.jpg引用。


写真(右)1944年4月、イギリス南西部、飛行するイギリス空軍第1615重爆隊ショート(Short)S.29 スターリング (Stirling)Mk.I型爆撃機:初飛行は、1939年5月14日、1945年までに2,371機生産。全幅 30.20 m 、全長26.59 、翼面積 136m2、自重22,498 kg、総重量26,943 kg、発動機ハーキュリーズ Mk.XI空冷星型14気筒1,500hp4基、 最高速力 454 km/h、航続距離 3.755 km 、乗員7名、兵装 7.7 mm M1919機関銃8丁、爆弾搭載量6,350kg。
English: A Royal Air Force flight of No. 1651 Heavy Conversion Unit Short Stirling aircraft flying south-west, with the outskirts of Waterbeach (UK) in the foreground and Cambridge in the distance. From near to far the aircraft are: "S" N3676; "G" N6096; "C" N6069. Date April 1942 TR 37 from the collections of the Imperial War Museums. Author Royal Air Force official photographer.
写真はWikimedia Commons Category:Short Stirling File:Short Stirlings 1651 HCU in flight 1942.jpg引用。


仏国

航空省内に、技術及び製造工業全般の指導に任ずる航空製造局があって、技術及び科学研究所、製造部契約部、各地実験所を統轄している。航空技術は、昭和三−七年(一九二八−三二年)間航空省当時の技術局長カッコー氏の広汎なる奨励指導政策に依り、放漫の避難を受けてはいるが、著しく進歩し、特に金属機製作技術の向上には観るべきものがあった。殊にその優秀機試作奨励政策は後年における性能優秀なる軍用機多量生産の根柢をなしたのである。併しながらこれがため大小製作会社が簇出して五〇個以上に達し、これが統制を行うの必要に迫られ、ドナン航空相は、昭和九−一〇年(一九三四−三五年)に八個の群に統合して会社の強化を図ったのであるが、なお充分に目的を達成するに至らず、昨年七月ブルム内閣に依り、軍需工業国営を行うことに依って、初めてこの問題が解決したのであった。

写真(右)1937年、フランス、フランス空軍アミオ(Amiot)143双発爆撃機("Grandpappy" 登録番号:35-277): 1934年から開発が始まり1937年12月6日にイスパノスイザ12Y28エンジンを搭載して初飛行。全幅 22.83 m、全長14.50 m、翼面積 258.4 m2、自重 37,709 lb (17,141 kg)、全備重量 11,285 kg)、発動機 発動機をノームローン 14N38空冷星形14気筒エンジン850 hp(634 kW)2基、最高速力479 km/h、航続距離 2,500 km、乗員4名。20 mm (0.79 in)イスパノ・スイザ(Hispano-Suiza)HS.404機関砲1門、7.5 mm (.295 in) MAC1934機関銃2丁、爆弾 1200kg。生産機数84機。
Polski: Samolot Amiot 143 podczas lotu Date 1 January 1937 Source Narodowe Archiwum Cyfrowe Author Autor nieznany
写真はWikimedia Commons, Wikimedia Commons,  File:Amiot 143 1.jpg引用。



写真(右)1930年代、フランス、フランス空軍アミオ(Amiot)143双発爆撃機
:1935年7月初飛行、全長:18.26 m 全幅:24.51 m 全高:5.68 m 全備重量:9,700 kg エンジン:ノームローンGR14Kirs 空冷14気筒 870 hp 最大速度:310 km/h 航続距離:1,200 km 武装 爆弾1,600kg 7.5mm機銃×4 乗員 5名。
Ray Wagner Collection Image PictionID:45647630 - Catalog:16_007043 - Title:Amiot 143 Musee de l'Air photo - Filename:16_007043.TIF - ---Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation
写真はWikimedia Commons SDASM Archives 引用。


写真(右)1938年以降、フランス領北アフリカ(?)、フランス空軍アミオ(Amiot)143双発爆撃機: 前作アミオ 140は、フランス空軍の要求にアミオが応じた機体で、ロレーヌ 18G オリオン W形18気筒液冷エンジン515 kW (691 hp)2基の搭載を予定したが、実際は、アミオ 140Mとしてイスパノ・スイザ 12Nbr液冷エンジン485 kW (650 hp) を搭載した。2機が試作、フランス空軍が制式した。この時に、性能向上型として、ロレーヌ 18G オリオンエンジン3基搭載のアミオ 141M三発爆撃機が計画されてたが、完成していない。アミオ 142は、イスパノ・スイザ 12Ybrs液冷エンジン499 kW (669 hp)2基を搭載した試作機で1機のみ生産。
Ray Wagner Collection Image PictionID:45647618 - Catalog:16_007042 - Title:Amiot 143 Musee de l'Air photo - Filename:16_007042.TIF - ---Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation
写真はSDASM Archives引用。


写真(右)1938年以降、フランス、フランス空軍アミオ(Amiot)143双発爆撃機: アミオ 143の試作1号機は1934年8月に初飛行した固定脚、肩翼の単葉双発の金属製機である。機種は、二階デッキで、主翼には大きな固定脚ゴム主輪があり、空力学的な洗練さが見られない。ノームローンGR14Kirs 空冷14気筒 870 hp2基搭載で、最高速力310km/hは、ユンカースJu52輸送機と大差はない。
Amiot 143 Catalog #: 00074861 Manufacturer: Amiot Designation: 143
写真はSDASM Archives Catalog #: 00074864引用。


写真(右)1938年以降、フランス、フランス空軍アミオ(Amiot)350双発爆撃機("Grandpappy" 登録番号:35-277): 1934年から開発が始まり1937年12月6日にイスパノスイザ12Y28エンジンを搭載して初飛行。全幅 22.83 m、全長14.50 m、翼面積 258.4 m2、自重 37,709 lb (17,141 kg)、全備重量 11,285 kg)、発動機 発動機をノームローン 14N38空冷星形14気筒エンジン850 hp(634 kW)2基、最高速力479 km/h、航続距離 2,500 km、乗員4名。20 mm (0.79 in)イスパノ・スイザ(Hispano-Suiza)HS.404機関砲1門、7.5 mm (.295 in) MAC1934機関銃2丁、爆弾 1200kg。生産機数84機。
Amiot 350 Manufacturer: Amiot French medium bomber 2 x Gnome & Rhone 14N/48 1060 Hp each Top speed: 480 Km/h at 4000m Cruise speed: 350 Km/h Range: 2500 Km Crew:4
写真はSDASM Archives引用。


ソ聯

航空工業は重工業省の統轄するところで、航空技術は昭和三年(一九二八年)までは漸く外国製に模倣する程度であったが、第一次五ケ年計画の遂行に依り急速なる進展を遂げ、その製造工場も百数十に達し、更に第二次五年計画の実行過程にあるので、その製造能力は飛躍的進展をなすものと思われる従来航空技術方面に於ては創造的特色に乏しいようであったが、航空技術研究機関として大規模の施設を有する中央飛行科学研究所を設け、世界的に有名なるア・エヌ・トボレフ技師をその長とし多くの優秀技術者を集中して、統一せる研究を行うとともに、高級技術者の養成を企図し、又技術大学を多数設立して技術員の養成に努力しているので、その将来は刮目して睹るべきものがあると思う

写真(上)1935年以降、ソ連、ソ連空軍ツポレフ(Tupolev) TB-3(ANT-6)大型爆撃機と両翼に懸架されたポリカルポフ(Polikarpov)I-16-5戦闘機(250キロ爆弾2発搭載)の親子飛行機ズヴェノー(Zveno)Z-6:親子飛行機ズヴェノーZ-6は、1935年8月に初飛行。子機ポリカルポフI-16戦闘機は、1933年12月30日初飛行、全幅9m、全長6.13 m、翼面積 14.5 m2、総重量 1,941 kgあったので、ツポレフTB-3重爆撃機(爆弾2,000kg)に2機懸架すると子機の揚力はあるとはいっても、過重量だったはずだ。しかし、1941年の独ソ戦では、ルーマニア爆撃、ドニエプル川架橋爆破に出撃し戦果を挙げたという。
Tupolev, TB-3 Manufacturer: Tupolev Designation: TB-3 Notes: USSR Repository: San Diego Air and Space Museum Archive Tags: Tupolev, TB-3, USSR
写真はSDASM Archives Catalog #: 01_00088935引用。


写真(右)1939年頃、ソ連、ソ連空軍ツポレフ (De Havilland)SB 2M爆撃機:1934年10月7日に初飛行、乗客:8名、全長12,27m、全幅20,33 m、翼面積51,95m²、空虚重量4,768kg、全備重量6,308 kgkg、発動機クリーモフ(Klimov) M-103 液冷V12気筒エンジン960 hp (716 kW)2基、最高速力450 km、航続距離2,300km、上昇限度9500 m、7.62mm ShKAS機関銃4丁、爆弾搭載量500 kg。1936年 - 1941年に6,945機製造。独ソ戦の初期の主力爆撃機だったが、1942年には退役。中国空軍が1937年の日中戦争勃発時にSB-2M爆撃機60機を貸与し、その後の中国空軍主力爆撃機となった。チェコスロバキア空軍は、ドイツとの戦争を意識し1938年にSB爆撃機60機を購入した。フィンランド空軍は、1939-1940年の対ソ連冬戦争でSB爆撃機8機を鹵獲し使用した。
Tupolev, SB Manufacturer: Tupolev Designation: SB Notes: USSR Repository: San Diego Air and Space Museum Archive Tags: Tupolev, SB, USSR
写真はSDASM Archives Catalog #: 01_00089058 引用。


独逸

軍用機の製作は一昨年の空軍再建以来の事実であるから、列強の水準に達し居るやは疑問であるが、工業技術の発達、特に民用機の製造技術より観るとき、列強を凌駕するの日遠からざるを想わしむるものがある。而して飛行製作会社は大小合せて二十四個であって、特にハインケル、ユンカース、ドルニエー等は最も大規模のものである。その生産力は米国側の観測に従えば、月製一〇〇〇機以上で、戦時二五〇〇機に拡張し得る設備ありとしている。

写真(右)1936年、ドイツ、ドルニエ(Dornier)Do 19V-1重爆撃機試作1号機:1936年10月28日に初飛行し1938年には輸送機に改造された。生産機数3機のみ。全幅35.0m、全長 25.4 m、翼面積 162 m2、自重 11,865kg、全備重量 18,500 kg、発動機 BMW 132空冷倒立9気筒エンジン604 kW (810 hp)4基、最高速力 315 km/h、航続距離1,600 km、乗員10名。
Ray Wagner Collection Image PictionID:46170090 - Title:Dornier Do 19V-1 with 4 BMW 132 1936 Nowarra Collection - Filename:16_007464.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation
Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はSDASM Archives Catalog:16_007464 -引用。


写真(右)1939年9月の第二次大戦勃発後、ドイツ、ハインケル(Heinkel)He 116偵察機:He 70の設計を流用し1936年12月9日に初飛行し1938年までに郵便輸送機として14機が生産された。全幅 22,00 m、全長 13,70 m、翼面積 62,90 m2、自重 4220kg、全備重量 7046 kg、発動機 ヒルト(Hirth) HM 508空冷倒立8気筒エンジン240 PS (177 kW) 排気量7.97L 4基、最高速力 325 km/h、航続距離 4,100 km、乗員4名。第二次大戦中は、ドイツ空軍で偵察機として使用された。
Deutsch: He 116 Date 18 April 2013 Source Image rights owned by the San Diego Air & Space Museum, which has released the image with no known copyright restrictions. Author San Diego Air & Space Museum
写真はWikimedia Commons Category:Heinkel He 116 File:He 116 2013.jpg引用。


写真(右)1930年代、イタリア、サヴォイア・マルケッティ(Savoia-Marchetti) S.M.73輸送機:1934年7月4日に初飛行し48機が生産された。全幅 24,00m、全長 18,37 m、翼面積 92,20 m2、自重 7300 kg、全備重量 10.800 kg、発動機 ヒルト(Alfa Romeo ) 126 RC.10空冷星形8気筒エンジン800 PS (ca. 590 kW) 3基、最高速力 325 km/h、航続距離 1000km、乗員4名、乗客18名。
Description Italiano: Savoia-Marchetti SM.73 Date before 1950 Author Unknown author
写真はWikimedia Commons Category:Savoia-Marchetti S.73 File:Savoia-Marchetti SM.73.jpg引用。


伊国

空軍省に研究実験局があって、航空技術及び航空工業を統轄指導している。航空器材は空軍大臣監督の下に民間会社に製造せしむるとともに、一方国家総動員の見地より国防最高会議隷下にある工業監察官をしてこれが製作を監察せしめている。昭和八年(一九三三年)一月ムッソリーニ首相空軍大臣を兼摂するや、航空器材の自給自足は国防上における最重要事項であると為し、優秀なる自国発動機を産出せんが為め、航空総監督部を創設するとともに、各種の方面に奨励保護を行ったので、現今に於ては国産発動機として優秀なるものを産出するに至った。研究機関としては研究実験局があって、理論実験のみならず試作研究をも実施している。飛行機製作会社は十五個あり、中カプローニ、サボイア、フィアット、ブレダ等は大規模であって、社名機は伊国を代表している優秀機に属するものである。

米国

陸、海、商務各省に航空局があって各々技術関係事項を統轄し、飛行機は民間会社に注文する制度である。米国の航空工業は民間航空工業の飛躍的進展により急速なる発達を遂げ、世界に覇を唱えている状態である。飛行機会社は大小を合して八三個あり、中マーチン、ボーイング、ベランカ、フェヤチャイルド、ダグラス、カーチス等は代表的なものである。年製機数は民用機のみにても次の如くである

▲大正八年(一九一九年)六六二機
▲昭和四年(一九二九年)六一九三機
▲昭和五年(一九三〇年)三四三七機(世界不況のため減少)
▲昭和八年(一九三三年)一三二四機


写真(上)1935年、アメリカ、アメリカ陸軍航空隊第25爆撃戦隊マーチン(Martin)B-10双発輸送機
:初飛行は、1932年2月16日。全幅 70 ft 6 in (21.49 m)、全長 44 ft 9 in (13.64 m)、翼面積 70 ft 6 in (21.49 m) m2、自重 9,681 lb (4,391 kg)、離昇重量 14,700 lb (6,668 kg)、 発動機ライト(Wright) R-1820サイクロン(Cyclone)空冷星形9気筒775 hp (578 kW)2基、最高速力 213 mph (343 km/h, 185 kn)、航続距離 1,240 mi (2,000 km, 1,080 nmi)、乗員3名。 0.30 in (7.62 mm) ブローニング機関銃3丁、爆弾 2,260 lb (1,025 kg)。1940年までに348機量産。
English: 25th Bombardment Squadron B-10s Date 1935 Source USAF Author US Air Force Museum
写真はWikimedia Commons Category:Martin B-10 File:25th Bombardment Squadron B-10s.jpg引用。


写真(右)1936-1940年頃、アメリカ、アメリカ陸軍航空隊第88偵察戦隊ダグラス(Douglas)B-18 ボロ(Bolo)双発爆撃機:初飛行は、1936年4月。全幅 89 ft 6 in (27.28 m)、全長 57 ft 10 in (17.63 m)、翼面積 89.1 m2、自重 16,320 lb (7,403 kg)、総重量 24,000 lb (10,886 kg)、 発動機 ライト(Wright) R-1820サイクロン(Cyclone)空冷星形9気筒1,000 hp (750 kW)2基、最高速力 216 mph (348 km/h, 188 kn)、航続距離 900 mi (1,400 km, 780 nmi)、乗員6名。 0.30 in (7.62 mm) ブローニング機関銃3丁、爆弾 2,000 lb (910 kg) 。1939年までに351機量産。
English: Douglas B-18 of the 88th Reconnaissance Squadron Source US Goverment
写真はWikimedia Commons Category:Douglas B-18 Bolo File:Douglas B-18 061128-F-1234S-010.jpg引用。


飛行機の輸出は大戦間欧洲列強に対し実施したのを始めとし、大正五年(一九一六年)には二六九機昭和八年(一九三三年)四〇六機の多きに達した。航空技術は航空事業が殷盛となるに従い著しく進歩し、昭和九年(一九三四年)にはソ聯邦航空視察団が渡米して米国軍用機多数を購入し、昭和十年(一九三五年)には仏国よりも技術者渡米し軍用機を購入する等今や米国の製作技術は列強をリードしあるの観があって、特に豊富なる資力を以てする多量製産は勢い実験的研究の歩を進め、逐年性能優秀なる飛行機を製作しある状況である。


写真(上)1937年10月以降、アメリカ、飛行するアメリカ陸軍航空隊ボーイング(Boeing)XB-15 四発試作重爆撃機("Grandpappy" Serial Number 35-277)とボーイング(Boeing)P-26ピーシューター(Peashooter)戦闘機
:ボーイングXB-15は全幅 149 ft 0 in (45.43 m)、全長87 ft 7 in (26.70 m)、翼面積 258.4 m2、自重 37,709 lb (17,141 kg)、離昇重量 70,706 lb (32,139 kg)、発動機 Pratt & Whitney R-1830空冷星形14気筒エンジン850 hp(634 kW)4基、最高速力 197 mph (317 km/h, 171 kn)、航続距離 5,130 mi (8,260 km, 4,460 nmi)、乗員10名。 0.30 in (7.62 mm) M1919ブローニング機関銃3丁、0.50 in (12.7 mm) M2 ブローニング3機関銃2丁、爆弾 12,000 lb (5,400 kg)。試作機1機のみ。XB-15の厚い主翼の中には通路があり、エンジン点検が可能だった。また、自動操縦装置を搭載し長距離飛行を容易にした。 XB-15 (Boeing 294)は、1934年から開発が始まり1937年10月15日に初飛行。ボーイングP-26の初飛行は1932年3月20日、プラット・アンド・ホイットニー P&W R1340空冷星形9気筒エンジン542 hp (404 kW)、最高速力377 km/h、7.62 mm ブローニング M1918機関銃2丁、生産数162機。
Boeing XB-15 with P-26 PictionID:40972044 - Title:Boeing XB-15 with P-26 - Filename:15_002709.tif - Image from the Charles Daniels Photo Collection album "US Army Aircraft."----PLEASE TAG this image with any information you know about it, so that we can permanently store this data with the original image file in our Digital Asset Management System.----SOURCE INSTITUTION: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSDASM Archives Catalog:15_002709 -引用。


之を要するに列強の航空技術は各々特徴を有し直に優劣を論することは困難であるが、これが進歩向上を図るため、官民一致努力を傾注しあることは、列強その軌を一にしている。併し乍らこれが方法としては

1、理論、実験共に大規模の中央研究機関を設け、技術の研究進歩を図ると共に、優秀なる技術者を養成するに努めあること。
2、軍民需要数並に外国輸出の増加を図り、多量製産、機種更新に因り、又は多額の研究試作費を投じ、以て製造会社の自発的研究を促進すること。
3、研究機関と審査機関とを分離し一流の権威技術の向上を図ること。

等であって、何れも国情により適切なる方策を採用している。

航空工業においては、製作会社の数が必ずしもその実勢力を現しているものではない。仏国の例に観るも必要以上に増加したものはこれを合同統制するのでなければ、これが培養強化を困難ならしむるものであって、小会社を多数簇生せしむることは、財政豊でない国家にあって、却て有害無益であって、寧ろ必要最小限度の大規模の会社に限定し、これを強化する方が有利であるとされている。又航空工業の製産能力を国家総動員の見地から戦時の要求に合致せしむるため、民用航空の進展により飛行機の需要を促進し、戦時能力を保持せしめることが極めて重要であって、列強が大戦後採用した航空政策の基調は此処に存しているのである。

満州日日新聞 1937.3.26(昭和12)「目覚ましき躍進列国の航空工業技術戦」引用おわり。


2011年7月刊行の『写真・ポスターに見るナチス宣伝術-ワイマール共和国からヒトラー第三帝国へ』青弓社(2000円)では、反ユダヤ主義、再軍備、ナチ党独裁、第二次世界大戦を扱いました。
 ここでは日本初公開のものも含め130点の写真・ポスターを使って、ヒトラーの生い立ち、第一次大戦からナチ党独裁、第二次大戦終了までを詳解しました。
バルカン侵攻、パルチザン掃討戦、東方生存圏、ソ連侵攻も解説しました。

◆毎日新聞「今週の本棚」に『写真・ポスターから学ぶ戦争の百年 二十世紀初頭から現在まで』(2008年8月25日,青弓社,368頁,2100円)が紹介されました。ここでは,第二次大戦,ユダヤ人虐殺・強制労働も分析しました。

ハワイ真珠湾攻撃の写真集
沖縄特攻戦の戦果データ
戦艦「大和」天1号海上特攻 The Yamato 1945
人間爆弾「桜花」Human Bomb 1945
人間魚雷「回天」人間爆弾:Kaiten; manned torpedo
日本陸軍特殊攻撃機キ115「剣」
スターリングラード攻防戦;Battle of Stalingrad
ソ連赤軍T-34戦車
VI号ティーガー重戦車
V号パンター戦車
ドイツ陸軍1号戦車
イギリス軍マチルダMatilda/バレンタインValentine歩兵戦車
イギリス陸軍A22 チャーチル歩兵戦車: Churchill Infantry Tank Mk IV
イギリス軍クルーセーダーCrusader/ カヴェナンター/セントー巡航戦車
アメリカ軍M3グラント/リー中戦車
アメリカ陸軍M4シャーマン中戦車Sherman Tank
ゲオルク・エルザーのヒトラー暗殺未遂:Georg Elser
アンネの日記とユダヤ人
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88D偵察機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-188爆撃機/Ju388高高度偵察機
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
ブロームウントフォッスBV138飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機/夜間戦闘機
ドイツ空軍(Luftwaffe)メッサーシュミット戦闘機
ドイツ空軍フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw-190戦闘機

2020年8月28日開設の鳥飼研究室へのご訪問ありがとうございます。データ引用の際は,出所を明記するか,リンクをしてください。
連絡先: torikai007@yahoo.co.jpp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
東海大学HK社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Fax: 0463-50-2078
Flag Counter


Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 10,000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.
Copyright © 2020/8/28 Torikai Yukihiro, Japan. All Rights Reserved.