Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内

◆フォッカー(Fokker)F.VIIb-3mトライモーター三発輸送機
写真(上)1920年代後半、オランダ上空を飛行するKLMオランダ航空所属のフォッカー(Fokker) Fokker F.VIIa輸送機(主翼と胴体に登録コードH-NADP を記入)

Fokker F.VIIa H-NADP with KLM. Catalog #: 01_00080277 Title: Fokker, F.VII Corporation Name: Fokker Additional Information: Single engine Designation: F.VII Tags: Fokker, F.VII.
写真は,SDASM Archives  Catalog #: 10_0014807引用。

写真(上)1928年、アメリカ本土=オーストラリア太平洋横断飛行を成功させたフォッカー(Fokker)F-VII 「サザンクロス」""Southern Cross""

thomas hasher dole air race image pictionid75345232 - title-hasher collection image southern cross a fokker f.viib3m trimotor monoplane piloted by sir charles edward kingsford smith completed the first trans-pacifice flight from oakland field california to eagle farm field brisbane australia. june 1928. - filename0903051.tif .
写真は,SDASM Archives - catalog0903051引用。

写真(上)1929年、アメリカ、スイス航空所属のフォッカー(Fokker) Fokker F-VII ""Southern Cross""トライモーター三発輸送機(主翼と胴体に登録コードCH-165 を記入)
:1928年6月、アメリカ人チャールズ・キングスフォード・スミスは、フォッカーF.VIIb/3m「サザンクロス」でアメリカからオーストラリアまでの太平洋横断飛行に、9月にオーストラリアからニュージーランドへの往復飛行に成功した。
Historic Flight Southern Cross Flight Title: Historic Flight Southern Cross Flight Date: 1929 Corporation Name: Fokker Additional Information: Fokker F-VII ""Southern Cross"" Tags: Historic Flight Southern Cross Flight, Fokker F-VII ""Southern Cross"", 1929, Fokker .
写真は,SDASM Archives  Catalog #: 10_0014807引用。

写真(上)1932年4月21日、スイス、チューリヒ州ヘンク上空、スイス航空所属のフォッカー(Fokker) F.VII b-3mトライモーター三発輸送機(主翼と胴体に登録コードCH-165 を記入)

Photographer: Mittelholzer, Walter Title: Fokker VIIb über Höngg Dating: 21.4.1932 Photography : negative Colour: black and white Orientation:Horizontal Format:13 x 18 cm Categories: Kloten, Inland flights, Reportage photography, Mittelholzer, Walter Record Name: LBS_MH01-006722.
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Fokker VIIb über Höngg-Inlandflüge-LBS MH01-006722.tif引用。

写真(上)1933年5月26日、スイス、チューリヒ州デューベンドルフ飛行場、スイス航空所属のフォッカー(Fokker) F.VII b-3mトライモーター三発輸送機(胴体に登録コードCH-163 を記入)
:胴体側面の貨物用扉から、駐車している小型トラックに荷物を積み替えている。
Photographer: Mittelholzer, Walter Title: Frachtverlad in die Fokker F.VII b-3m, CH-163 (HB-LBR) in Dübendorf Dating: 26.5.1933 Is Part Of: Fokker und Lockheed, 26.05.1933. Reportage mit 7 Bildern (alle digitalisiert Physical Description: Photography : negative Colour: black and white Orientation: Vertical Format: 2,4 x 3,6 cm Categories: Inland flights, Reportage photography, Dübendorf, Mittelholzer, Walter, Aerodrome Dübendorf, Freigth and baggage services, Propeller-driven aircraft, Lorries + Delivery truck, Aerial views Mittelholzer, Fokker F.VII b-3m, CH-163 (HB-LBR), Swissair Record Name: LBS_MH05-30-03 .
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Frachtverlad in die Fokker F.VII b-3m, CH-163 (HB-LBR) in Dübendorf-Inlandflüge-LBS MH05-30-03.tif引用。



写真(上)1928年6月19日、イギリスのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)、大西洋横断を成し遂げたフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" トライモーター三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)の昇降口に立つアメリカ女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)
:アメリアは、1928年6月19-7-18日、カナダ東端ニューファウンドランドからイギリス、北アイルランドまで女性として初めて大西洋を横断飛行した。
Amelia Earhart and the "Friendship" Crew at Southampton, June 19, 1928 Amelia Earhart became the first woman to fly the Atlantic Ocean on June 17-18, 1928. She did not pilot the plane, but rode as a passenger with pilot Wilmer Stultz and mechanic Louis Gordon. The trio flew in a Fokker F.VII Tri-Motor named Friendship. Dimensions Height: 8 in Width: 10.125 in.
写真はThe Henry Ford,Benson Ford Research Center THF255858引用。

アメリア・イアハート(Amelia Earhart)三部作
(1)1928:フォッカー(Fokker)F.VII三発水上機による女性初の大西洋横断飛行
(2)1932:ロッキード・ベガ(Lockheed Vega 5)による女性初の大西洋横断単独飛行とオートジャイロ
(3)1937:ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Electra)による世界一周赤道飛行


1.フォッカー(Fokker) F.VIIa単発輸送機

写真(右)1925年、アメリカ、フォッカー Fokker F.VIIa輸送機のプロトタイプ(試作機):発動機は機首に装備されたパッカード(Packard Liberty V-12 )液冷エンジン1基のみなので「トライモーター」ではない。機体の側面には、FOKKERと記入されている。
Fokker, F.VII Title: Fokker, F.VII Corporation Name: Fokker Additional Information: Single engine Designation: F.VII Tags: Fokker, F.VII
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives  Catalog #: 01_00080283引用。


オランダのフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m三発輸送機の原型は、1924年11月24日にオランダで初飛行したフォッカー(Fokker) F.VIIa単発輸送で、、翌1925年に三発のF.VIIa-3mが開発された。この三発輸送機が乗客8名を乗せることができるフォッカー(Fokker)F.VIIb-3mトライモーター三発輸送機である。

写真(右)1926-1927年、アメリカのスタンダード航空(Standard Air Lines)所属のフォッカー Fokker F.VIIa「テキサン」"The Texan" 輸送機(登録コード:NC-7888):エンジンは機首のプラット&ホイットニー(Pratt & Whitney Hornet )1基のみなので「トライモーター」ではない。1929年3月30日に墜落破損した。
Fokker, F.VII Title: Fokker, F.VII Corporation Name: Fokker Additional Information: Single engine Designation: F.VII Tags: Fokker, F.VII
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives  Catalog #: 01_00080289引用。


フォッカー社は、アメリカのフォード社がアメリカでも本機を導入しようと企画していることを知り、より機体の信頼性を高めるために、左右主翼下面にライト社(Wright)のヴィールウィンド(Whirlwind:旋風)空冷星形エンジン200馬力を各々1基、合計2基追加した三発輸送機を開発した。

1920年代当時は、エンジン故障のリスクを配慮して、エンジン1基の単発機ではなく、エンジンが複数ある機体のほうが信頼性が高いと判断されていたのである。

写真(右)1926-1927年、オランダ、KLMオランダ航空所属のフォッカー Fokker F.VIIa単発輸送機(登録コード:H-NACT ):固定式車輪の降着装置が簡易構造に見える。エンジンは機首の1基のみなので「トライモーター」ではない。当時は、舗装された滑走路はまだ少なく、草地が滑走路となっていた。
Fokker F.VIIa H-NACT in KLM service. Title: Fokker, F.VII Corporation Name: Fokker Additional Information: Single engine Designation: F.VII
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives  Catalog #: 01_00080260 引用。


写真(右)1928年、オランダ、アムステルダム・スキポール飛行場、KLMオランダ航空所属のフォッカー Fokker F.VIIa単発輸送機:後方には、巨大な飛行機格納庫とその正面扉が閉まっているのが見える。駐機場は舗装されている。エンジンは機首の1基のみなので「トライモーター」ではない。
Nederlands: Beschrijving Vertrek vanaf Schiphol Oost van het 3 motorige Fokkervlieguig de F.VII Documenttype foto Vervaardiger Onbekend Anoniem Collectie Collectie glasnegatieven fotopersbureaus Datering 1928 Afbeeldingsbestand ANWG00613000001 Generated with Dememorixer Date 1928
写真はHet Stadsarchief Amsterdam,www.amsterdam.nl Afbeeldingsbestand ANWG00613000001引用。


オランダのスキポール空港は、首都アムステルダム南西10キロメートル、北ホラント州ハーレマーメールにあり、現在ではオランダ最大のハブ空港となっている。

写真(右)1926-1927年、オランダの港湾上空を飛行するKLMオランダ航空所属のフォッカー Fokker F.VIIa単発輸送機(胴体側面に白地に登録コード:H-NADKを大きく記入している)
Fokker F.VIIa H-NACT in KLM service. Title: Fokker, F.VII Corporation Name: Fokker Additional Information: Single engine Designation: F.VII Date between 1926 and 1927
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives  Catalog #: 01_00080275引用。


フォッカー Fokker F.VIIa単発輸送機の発動機は、機首にエンジンを1基のみ装備しているので、エンジンが3基ある「トライモーター」ではない。

写真(右)1933年、オランダ、アムステルダム・スキポール飛行場、KLMオランダ航空所属のフォッカー Fokker F.VIIa輸送機(登録コード:PH-AET)
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Van de Poll Reportage / Serie : Reportage Schiphol Beschrijving : Een vliegtuig op de startbaan bij Schiphol Datum : 1933 Locatie : Amsterdam, Noord-Holland Trefwoorden : vliegtuigen Instellingsnaam : Schiphol Fotograaf : Poll, Willem van de, [onbekend] Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Glasnegatief Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.14.02 Date 1933 Bestanddeelnummer : 189-0382 Author Willem van de Poll
写真はNationaal Archief,Fotocollectie Van de Poll   Bestanddeelnr_189-0382引用。


写真(右)1928-1929年、ポーランドのLOT航空(Polish airline LOT)所属のフォッカー Fokker F.VIIa輸送機(登録コード:P-POZM):発動機は、機首に装備したフランス製ロレーヌ(Lorraine)12Eb液冷エンジン1基のみなので「トライモーター」ではない。1929年3月30日に墜落破損した。
Fokker, F.VII Title: Fokker, F.VII Corporation Name: Fokker Additional Information: Single engine Designation: F.VII Tags: Fokker, F.VII
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives  Catalog #: 01_00080289引用。


ポーランドのLOT航空(Polish airline LOT)所属のフォッカー Fokker F.VIIa輸送機(登録コード:P-POZM)の発動機は、機首に装備したフランス製ロレーヌ(Lorraine)12Eb液冷エンジン1基のみなので「トライモーター」ではない。この機体のLOT航空(Polish airline LOT)における運用期間は、1928-1929年の1年強で、1929年3月30日に墜落破損してしまった。

写真(右)1926-1927年、アメリカ本土からデトロイトニュース-ウィルキンス(Detroit News-Wilkins)の企画した北極探検飛行に挑戦したフォッカー(Fokker) F.VIIa「アラスカン」 "Alaskan"輸送機:エンジンは機首のリバティ L-12 (Liberty L-12)1基のみなので「トライモーター」ではない。
The Fokker F.VIIa "Alaskan", used by polar explorer Hubert Wilkins in his 1926 and 1927 Detroit Arctic Expeditions. This particular F.VIIa was powered by a Liberty V-12 engine. Title: Fokker, F.VII Corporation Name: Fokker Additional Information: Single engine Designation: F.VII Tags: Fokker, F.VII Repository: San Diego Air and Space Museum Archive Date 1926 or 1927 Source Fokker, F.VII Author SDASM Archives
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives  Catalog #: 01_00080270引用。


フォッカー(Fokker) F-VII 「サザンクロス」""Southern Cross""トライモーター三発輸送機は、1926年に北極探検飛行に使用されたが、これはデトロイトニュース-ウィルキンス(Detroit News-Wilkins)の北極探検の一翼を担ったものだった。しかし、この時は、 フォッカー(Fokker) F-VII 「サザンクロス」""Southern Cross""トライモーター三発輸送機はアラスカ(Alaska)で不時着してしまい、極地探検飛行は成功しなかった。

写真(右)1926-1927年、アメリカ本土からデトロイトニュース-ウィルキンス(Detroit News-Wilkins)の企画した北極探検飛行に挑戦したフォッカー(Fokker) F.VIIa「アラスカン」 "Alaskan" 輸送機がトラクターに牽引されて慰労している。:エンジンは機首の1基のみなので「トライモーター」ではない。胴体側面には、FOKKER(フォッカー)、Detroit Arctic Expedition(デトロイト北極探検)と宣伝文が大きく記入されている。エンジンは機首の1基のみなので「トライモーター」ではない。雪上の運用ではあるが、降着装置は車輪式で、橇スキー式ではない。
The Fokker F.VIIa "Alaskan", used by polar explorer Hubert Wilkins in his 1926 and 1927 Detroit Arctic Expeditions. This particular F.VIIa was powered by a Liberty V-12 engine. Title: Fokker, F.VII Corporation Name: Fokker Additional Information: Single engine Designation: F.VII Tags: Fokker, F.VII Repository: San Diego Air and Space Museum Archive Date 1926 or 1927 Source Fokker, F.VII Author SDASM Archives
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives  Catalog #: 01_00080271引用。


フォッカー(Fokker) F.VIIa「アラスカン」 "Alaskan"輸送機の発動機は、リバティ L-12 (Liberty L-12)液冷エンジンで、これはアメリカで設計・製造されたV型水冷12気筒エンジンである。排気量は27リットル (1,649 立方インチ)、400馬力(300 kW)で、量産性も高い高性能のエンジンである。後継発動機には、パッカード 1A-2500がある。

写真(右)1926-1927年、アメリカ本土からデトロイトニュース-ウィルキンス(Detroit News-Wilkins)の企画した北極探検飛行に挑戦したフォッカー(Fokker) F.VIIa「アラスカン」 "Alaskan"輸送機:胴体側方の扉から機内に貨物の石油缶を運び入れている。
The Fokker F.VIIa "Alaskan", used by polar explorer Hubert Wilkins in his 1926 and 1927 Detroit Arctic Expeditions. This particular F.VIIa was powered by a Liberty V-12 engine. Title: Fokker, F.VII Corporation Name: Fokker Additional Information: Single engine Designation: F.VII Tags: Fokker, F.VII Repository: San Diego Air and Space Museum Archive Date 1926 or 1927 Source Fokker, F.VII Author SDASM Archives
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives  Catalog #: 01_00080130引用。


フォッカー(Fokker) F.VIIa「アラスカン」 "Alaskan"輸送機のリバティ L-12 (Liberty L-12)液冷エンジンは、アメリカが遅れて第一次世界大戦に参戦した1917年秋に、アメリカ陸軍省が2万2,500基もの発注をした量産エンジンである。エンジンの生産は、フォード、キャデラック、 リンカーンなど自動車メーカーやパッカードなど発動機メーカーが担当した。その後、フォード社は、エンジンを改良し、量産性を向上させた。アメリカのリンカーン社ではでは、第一次大戦の休戦協定が締結される1919年までに合計1万3,574基のが生産されたが、これは日産150基のペースである。このエンジンの生産は、1917年7月4日から1919年までの間に合計2万478基に達している。

写真(右)1926-1927年、アメリカ本土からデトロイトニュース-ウィルキンス(Detroit News-Wilkins)の企画した北極探検飛行に挑戦したフォッカー(Fokker) F.VIIa「アラスカン」 "Alaskan"輸送機:胴体側面には、FOKKER(フォッカー)、Detroit Arctic Expedition(デトロイト北極探検)と宣伝文が大きく記入されている。エンジンは機首の1基のみなので「トライモーター」ではない。雪上の運用ではあるが、降着装置は車輪式で、橇スキー式ではない。
The Detroit News timely topics. Detroit Arctic Expedition Digital ID: (digital file from original)det4a28016  Reproduction Number: LC-DIG-det-4a28016 (digital file from original) Repository: Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540 USA
写真はLibrary of Congress > Prints & Photographs Reading Room > Prints & Photographs Online Catalog  LC-DIG-det-4a28016 引用。


写真(右)1926-1927年、アメリカ本土からデトロイトニュース-ウィルキンス(Detroit News-Wilkins)の企画した北極探検飛行に挑戦したフォッカー(Fokker) F.VIIa「アラスカン」 "Alaskan"輸送機の車輪スキー併用式の降着装置:胴体側面には、FOKKER(フォッカー)、Detroit Arctic Expedition(デトロイト北極探検)と宣伝文が大きく記入されている。エンジンは機首の1基のみなので「トライモーター」ではない。
The Fokker F.VIIa "Alaskan", used by polar explorer Hubert Wilkins in his 1926 and 1927 Detroit Arctic Expeditions. This particular F.VIIa was powered by a Liberty V-12 engine. Catalog #: 01_00080128 Title: Fokker, F.VII Corporation Name: Fokker Additional Information: Germany Designation: F.VII Tags: Fokker, F.VII Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はWikimedia Commons, SDASM Archives File:Fokker F.VIIA Alaskan (7585206416).jpg引用。


写真(右)1935年、イギリス、ロンドン、クロイドン空港、スイス、チューリッヒ郊外、デュードルフ空港に駐機しているスイス航空のフォッカー(Fokker)F.VII a単発輸送機(機体コード CH-157、登録コード HB-LBO)とダグラスDC-2(機体コード:115-B, 登録コード:HB-ITE) (奥):スイス航空の保有するフォッカーF,VIIは1機のみ。空港ビルの上から撮影した。
Fokker F.VII a, CH-157 (HB-LBO) und Douglas DC-2 115-B, HB-ITE am Boden in Dübendorf Photographer Swissair Dating ca. 1935 Caption Douglas DC-2 115-B, HB-ITE, Reportage photography, Dübendorf, Aerodrome Dübendorf, Fokker F.VII a, CH-157 (HB-LBO), Physical Description Fotografie : Nitratnegativ Square Format: 6 x 6 cm Colour schwarz/weiss Orientation Querformat Categories ◾Reportagefotografien ◾Sachkatalog > Verkehrsmittel > Luftverkehr > Flugzeugtyp nach Hersteller > Douglas > Douglas DC-2 115-B, HB-ITO
写真は, ETH-Zürich Record Name LBS_SR02-10730引用。


1928年6月17−18日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"に同乗したアメリカ人アメリア・イアハート(Amelia Earhart)は、カナダのニューファウンドランド島からイギリスのウェールズまで、大西洋横断無着陸飛行した初めての女性となったが、これはアメリカ人男性リンドバーグの大西洋単独無着陸飛行に続く世界史上に残るアメリカの快挙だった。このような高性能なフォッカーF.VIIb-3mトライモーターを、スイス航空は8機購入し、個別機体名称CH-162、CH-163、CH-164,CH-165,CH-166,CH-190CH-192、CH-193として、1931年から1935年まで使用した。

⇒写真集Album:アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)のフォッカーF.VIIによる大西洋横断飛行を見る。

フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m輸送機の諸元
製造:フォッカー(Fokker), オランダ(NL) ・アムステルダム(Amsterdam)
全幅Span: 21.70m
全長Length: 14.60 m
全高Height: 4.50 m
発動機出力Power:3x 200hp
巡航速力CruisingSpeed: 180-190 km/h
乗客Passengers: 8-10名
航続距離Range: 800 km

スイス航空は、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m輸送機をCH-162、CH-163、CH-164,CH-165,CH-166,CH-190CH-192、CH-193の合計8機購入し1935年まで使用している。そのほか、スイス航空は、1931-1950年フォッカー(Fokker)F.VIIa単発輸送機(157)、1931年ドルニエ・メルクール単発輸送機(171)、1931-1938年BFWメッサーシュミットM-18b(191)単発輸送機、1932-1936年ロッキード9Bオリオン単発輸送機(167)、1934-1936年ジェネラル・アビエーション・クラークGA単発輸送機(CH-169)、1934年カーチスAT-32Cコンドル双発複葉機(170)のような多様な機種を1機ずつ採用した。

写真(右)1939-1944年、スイス、チューリッヒ郊外、デューベンドルフ空港、百日咳治療飛行の子供患者とスイス航空所属フォッカー(Fokker)F. VII a単発輸送機(機体コード:CH-157 , 登録コード:HB-LBO):百日咳の子供を高度3000メートルの新鮮な空気の中を飛行させて帰って来る治療飛行で、白布巾で頭を覆った看護婦2人が同乗する。その後ろのスーツで身なり正しい婦人たちは、患者の母親で、同乗する子供に付き添って飛行機の昇降口までやってきた。しかし、同乗はしないで、飛行場で子供たちの治療飛行が終わるのを待ったのであろう。
Photographer: Swissair Keuchhustenflüge-Kinder beim Einstieg in die Fokker F. VII a, HB-LBO in Dübendorf Caption: Zeitgenössische Bildbeschreibung des Swissair-Marketings: "Keuchhustenflüge: werden von der Swissair vom Flugplatz Dübendorf Dating: 1939-1944 Is Part Of: Keuchhustenflüge, 1939-1944. Reportage mit ca. 40 Bildern (Auswahl digitalisiert, keine zusätzlichen Motive vorhanden) Impressum: Physical Description: Photography : nitrate-negative Colour: black and white Orientation: Square Format: 6 x 6 cm
写真は, ETH-Zürich LBS_SR01-02248引用。


スイス航空は、百日咳の子供患者の地用のために、高空の冷気を浴びせる治療飛行を実施した。治療飛行に使用されたスイス航空フォッカーフォッカー(Fokker)F. VII a輸送機(機体コード:CH-157 , 登録コード:HB-LBO)で、これは単発機であって、三発のトライモーターではない。飛行中に冷気を取り込み、百日咳の患者に吸わせるために、客室キャビンの窓ガラスを開くことができたようだ。単発の旧式なフォッカーF. VII a輸送機を使った理由は、低速、高度3000メートルの飛行場上空1時間程度の飛行であり、安全でリスクの低い飛行であると判断し、経費を抑えるために安価な旧式機を使用したのであろう。

写真(右)1939-1944年、スイス、チューリッヒ上空、デューベンドルフ空港を飛び立った百日咳治療飛行中のスイス航空所属フォッカー(Fokker)F. VII a単発輸送機(機体コード:CH-157 , 登録コード:HB-LBO) の客室キャビン:スイス航空のマーケティング用オリジナル写真解説:「百日咳の治療飛行:デューベンドルフ飛行場からスイス航空によって子供たちがキャビンの窓を開けた状態で高度3000 mを飛行し、長時間旋回した。患者6人が乗り込んだ場合、乗客1人あたり50.00スイス・フランのフライト料金が適用された。もし8人以上なら一人当たり40.00スイスフラン、2人乗りでの飛行なら1人1時間あたり45.00スイスフランである。百日咳治療のフライトは、好天時のみに実施される。医療統計によると、高高度飛行後の百日咳が対象症例の80%で改善または治癒されたことが確認できた。」
Photographer: Swissair Title: Kleiner Patient während Keuchhustenflug der Swissair Caption: Zeitgenössische Bildbeschreibung des Swissair-Marketings: "Keuchhustenflüge: werden von der Swissair vom Flugplatz Dübendorf aus durchgeführt. Die Kinder werden bei offenen Kabinenfenstern bis in eine Höhe von ca. 3000 m geführt, wo während längerer Zeit gekreist wird. Die Flugdauer beträgt ca. 1 Stunde. Bei einer Beteiligung von 6 Personen kommt ein Flugpreis von Fr. 50.- pro Passagier zur Anwendung, bei mindestens 8 Personen von Fr. 40.- oder mit einem 2-plätzigen Maschinentyp Fr. 45.- pro Person und Stunde. Die Flüge finden nur bei günstiger Witterung statt. Nach ärztlicher Statistik konnte in 80% der Fälle eine merkliche Besserung oder Heilung des Keuchhustens nach dem Höhenflug festgestellt werden." Dating: 1939-1944 Is Part Of: Keuchhustenflüge, 1939-1944. Reportage mit ca. 40 Bildern Colour schwarz/weiss Orientation: Square Format: 6 x 6 cm
写真は, ETH-Zürich Record Name 212740引用。


スイス航空所属フォッカー(Fokker)F. VII a単発輸送機(機体コード:CH-157 , 登録コード:HB-LBO)は、1931年から1950年の長期間、ヨーロッパ域内の航路に就役していたプロペラ単発機である。完成時にCH-157の初期登録をしたフォッカーFVIIaは、1927年にCH-157としてバレアに、1931年にスイス航空に到着した。この機体は、当初は、主にスイス連邦チューリヒ郊外デューベンドルフ=フランスのルアーブル=シェルブールの郵便輸送機として使用されていた。

写真(右)1939-1944年、スイス、チューリッヒ上空、デューベンドルフ空港を飛び立った百日咳治療飛行中のスイス航空所属フォッカー(Fokker)F. VII a単発輸送機(機体コード:CH-157 , 登録コード:HB-LBO) の客室キャビン:スイス航空のマーケティング用オリジナル写真解説:「百日咳の治療飛行:デューベンドルフ飛行場からスイス航空によって子供たちがキャビンの窓を開けた状態で高度3000 mを飛行し、長時間旋回した。患者6人が乗り込んだ場合、乗客1人あたり50.00スイス・フランのフライト料金が適用された。もし8人以上なら一人当たり40.00スイスフラン、2人乗りでの飛行なら1人1時間あたり45.00スイスフランである。百日咳治療のフライトは、好天時のみに実施される。医療統計によると、高高度飛行後の百日咳が対象症例の80%で改善または治癒されたことが確認できた。」
Photographer: Swissair Title: Kabine mit kleinem Passagier Caption: Zeitgenössische Bildbeschreibung des Swissair-Marketings: "Keuchhustenflüge: werden von der Swissair vom Flugplatz Dübendorf aus durchgeführt. Die Kinder werden bei offenen Kabinenfenstern bis in eine Höhe von ca. 3000 m geführt, wo während längerer Zeit gekreist wird. Die Flugdauer beträgt ca. 1 Stunde. Bei einer Beteiligung von 6 Personen kommt ein Flugpreis von Fr. 50.- pro Passagier zur Anwendung, bei mindestens 8 Personen von Fr. 40.- oder mit einem 2-plätzigen Maschinentyp Fr. 45.- pro Person und Stunde. Die Flüge finden nur bei günstiger Witterung statt. Nach ärztlicher Statistik konnte in 80% der Fälle eine merkliche Besserung oder Heilung des Keuchhustens nach dem Höhenflug festgestellt werden." Dating: 1939-1944 Is Part Of: Keuchhustenflüge, 1939-1944. Reportage mit ca. 40 Bildern (Auswahl digitalisiert, keine zusätzlichen Motive vorhanden) Impressum: Physical Description: Photography : nitrate-negative Colour: black and white Orientation: Square Format: 6 x 6 cm
写真は, ETH-Zürich LBS_SR01-02264引用。


スイス航空所属フォッカー(Fokker)F. VII aは、1933年に搭載エンジンを、420HPジュピターエンジンから500HPライトサイクロンに交換、出力を向上した。 1934年には、新規にHB-LBOと登録された。 1936年にリギで事故を起こしたクラーク(HB-ITU)の装備していた720 HPサイクロン空冷星形エンジンの予備が1938/39年の冬に取り付けられた。また後方の尾輪橇もクラークの尾輪に置き換えられ、主輪もブレーキも更新された。スイス航空所属フォッカー(Fokker)F. VII a単発輸送機(機体コード:CH-157 の客室キャビンは、乗客8人分のウィッカーチェアが10人分の新しいシートに交換された。 1939-1948年には、学校用、百日咳治療飛行のフライトに使用された。

スイス航空所属フォッカー(Fokker)F. VII aは、1948年に現役を離れ、1950年にはスイス航空から除籍された。そして、ベルンベルプの格納庫に保管されたが、1966年にフォッカーチームによって復元された。そして、1972年からスイスのルツェルン運輸博物館に展示された。

写真(右)1939-1944年、対ソ連の冬戦争・継続戦争、フィンランド、フィンランド空軍、橇スキー式の降着装置を装備したフォッカー Fokker F.VIIa輸送機(登録コード:FE-2):フィンランド軍は国籍記章として、白地の丸に青色の反ボルシェビキ、自由の象徴のスワスチカを描いて、同じスワスチカを採用したナチス・ドイツと軍事同盟を結んで、ソビエト連邦と1939-1940年の冬戦争とその復讐戦の1941-1944年の継続戦争を戦った。しかし、1944年9月にソ連・イギリスと講和したフィンランドは、このスワスチカの国籍記章を廃止している。
Finnish air force Fokker F.VIIa FE-2 during World War Two. Title: Fokker, F.VII Corporation Name: Fokker Additional Information: Single engine Designation: F.VII Tags: Fokker, F.VII
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives  Catalog #: 01_00080276 引用。


フィンランド軍は国籍記章として、白地の丸に青色の反ボルシェビキ、自由の象徴のスワスチカを描いて、同じスワスチカを採用したナチス・ドイツと軍事同盟を結んで、ソビエト連邦と1939-1940年の冬戦争とその復讐戦の1941-1944年の継続戦争を戦った。しかし、1944年9月にソ連・イギリスと講和したフィンランドは、このスワスチカの国籍記章を廃止している。


写真(上)1942年3月26日、対ソ連の継続戦争時のフィンランド、橇スキー式の降着装置を装備したフィンランド空軍所属のフォッカー Fokker F.VIIa輸送機(登録コード:FE-2)
:フィンランド軍は国籍記章として、白地の丸に青色の反ボルシェビキ、自由の象徴のスワスチカを描いて、同じスワスチカを採用したナチス・ドイツと軍事同盟を結んで、ソビエト連邦と1939-1940年の冬戦争とその復讐戦の1941-1944年の継続戦争を戦った。しかし、1944年9月にソ連・イギリスと講和したフィンランドは、このスワスチカの国籍記章を廃止している。
English: Fokker F.VII of the Finnish Air Force (SA-kuva 78777) Suomi: Suomen ilmavoimien Fokker F.VII Kotkan edustalla (SA-kuva 78777) ate 26 March 1942 Author SA-kuva
写真は SmugMug+Flickr,SA-kuva  SA-kuva 78777引用。


写真(右)1942年3月26日、対ソ連の継続戦争時のフィンランド、橇スキー式の降着装置を装備したフィンランド空軍所属のフォッカー Fokker F.VIIa輸送機(登録コード:FE-2):フィンランド軍は救難機として赤十字マークと、国籍記章として、白地の丸に青色の反ボルシェビキ、自由の象徴のスワスチカを描いて、同じスワスチカを採用したナチス・ドイツと軍事同盟を結んで、ソビエト連邦と1939-1940年の冬戦争とその復讐戦の1941-1944年の継続戦争を戦った。しかし、1944年9月にソ連・イギリスと講和したフィンランドは、このスワスチカの国籍記章を廃止している。
Suomi: Sairaskuljetuslentokone on laskeutunut Haapasaaren lähistölle. (Kuvassa oleva lentokone hankittiin Tanskan Punaisen Ristin keräämillä varoilla Suomen ilmavoimille. Lentokone on Fokker F.VII (tunnus FE-2)) Kuvauspaikka: Kotka ja saaristo Kotkan edustalla Date 26 March 1942 Source SA-kuva (http://sa-kuva.fi/) Author Luutnantti Jari Ilanko
写真は Finnish Wartime Photograph Archive,SA-kuva   Catalog #: 01_00080276 引用。


写真(右)1942年3月26日、対ソ連の継続戦争、フィンランド、前線での負傷者・患者を後方輸送するしたフィンランド空軍のフォッカー Fokker F.VIIa患者輸送機輸送機(登録コード:FE-2):フィンランド軍は救難機として赤十字マークを付けているが、対ソ連戦争では安全が保障されたわけではなかったはずだ。
Suomi: Haavoittunut vänrikki lentokoneessa. (Kuvassa oleva lentokone hankittiin Tanskan Punaisen Ristin keräämillä varoilla Suomen ilmavoimille. Lentokone on Fokker F.VII (tunnus FE-2)) Kuvauspaikka: Kotka ja saaristo Kotkan edustalla Date 26 March 1942 Source SA-kuva (http://sa-kuva.fi/) Author Luutnantti Jari Ilanko
写真は Finnish Wartime Photograph Archive,SA-kuva   Catalog #: 01_00080276 引用。



2.1926年、北極点に到達したフォッカー(Fokker) F. VII 「ジョセフィン・フォード」"Josephine Ford"

写真(右)1926年5月9日、リチャード・バードを機長に北極点上空を飛行したフォッカー(Fokker) F. VII トライモーター輸送機「ジョセフィン・フォード」"Josephine Ford":1925年製造で、機首には、ライト社のヴィールウィンド(旋風)エンジンを搭載したことが記入されている。主翼前縁には“FOKKER”と開発した会社名が記入されている。。命名されたジョセフィン・クレイ「ドディ」フォードは、1923年アメリカ合衆国ミシガン州ディアボーン(フォード社の根拠地)生まれ、2005年死去のヘンリー・フォードの唯一の孫娘で、のちにアメリカ有数の慈善事業家になった。
Fokker F.VIIA-3m "Josephine Ford". One-quarter front right side view of Fokker F.VIIA-3m "Josephine Ford" (r/n 267, Byrd Aircraft No. BA-1, c/n 600), on the ground, surrounded by a crowd of people (civilians); probably somewhere in the United States, circa 1926. [See NASM 9A14100 through 9A14104 for views taken at the same event.] Date Circa 1926 Repository Loc. National Air and Space Museum, Archives Division, MRC 322, Washington, DC, 20560
写真は,National Air and Space Museum Archives  Local number NASM-9A14100 引用。


写真(右)1926年、リチャード・バードを機長に北極点上空を飛行したフォッカー(Fokker) F. VII トライモーター輸送機「ジョセフィン・フォード」"Josephine Ford"の機種部分のクローズアップ:機首には、ライト社のヴィールウィンド(旋風)エンジンを搭載したことが記入されている。主翼前縁には“FOKKER”と開発した会社名が記入されている。
Fokker F.VIIA-3m "Josephine Ford". Close-up view of left side of nose of the Fokker F.VIIA-3m "Josephine Ford" (r/n 267, Byrd Aircraft No. BA-1, c/n 600), on the ground, surrounded by a crowd of people (civilians); probably somewhere in the United States, circa 1926. [See NASM 9A14100 through 9A14104 for views taken at the same event.]
Date Circa 1926
Repository Loc. National Air and Space Museum, Archives Division, MRC 322, Washington, DC, 20560
写真は,National Air and Space Museum Archives  Local number NASM-9A14103引用。


フォッカー(Fokker) F. VII トライモーター輸送機「ジョセフィン・フォード」"Josephine Ford"は、アメリカ海軍士官リチャード・バードRichard Evelyn Byrd)機長の下で、1926年にスピッツベルゲン諸島キングスベイから北極点(North Pole)までを15時間で往復飛行することに成功したとされる。

このときリチャード・バードRichard Evelyn Byrd)は、北極点に達したと報告したのだが、不確かであるとして反論もあった。悪天候と磁気変化の中で、コンパス(羅針盤)を使用して、正確な北極点の割り出しは、飛行する最中には困難であったと考えられる。フォード社・パトロンの名誉、その出資金を無駄にしないために、そしてアメリカ海軍士官の名誉をかけて、リチャード・バード北極点上空の飛行は成功しなけばならず、失敗は許されなかったと考えられる。

写真(右)1926年、リチャード・バードを機長に北極点上空を飛行したフォッカー(Fokker) F. VII トライモーター輸送機「ジョセフィン・フォード」"Josephine Ford"の機種部分のクローズアップ:機首には、ライト社のヴィールウィンド(旋風)エンジンを搭載したことが記入されている。主翼前縁には“FOKKER”と開発した会社名が記入されている。
Three-quarter right front view, close in, of the Fokker F.VIIA-3m "Josephine Ford" (r/n 267, Byrd Aircraft No. BA-1, c/n 600), on the ground, surrounded by a crowd of people (civilians); probably somewhere in the United States, circa 1926. [See NASM 9A14100 through 9A14104 for views taken at the same event.]
Date Circa 1926
Repository Loc. National Air and Space Museum, Archives Division, MRC 322, Washington, DC, 20560
写真は,National Air and Space Museum Archives  Local number NASM-9A14101引用。


1926年のアメリカ海軍士官リチャード・バードによるフォッカー(Fokker) F. VII 輸送機「ジョセフィン・フォード」"Josephine Ford"を使っての極地飛行は、ヘンリー・フォードの唯一の子供で、フォード社社長だったエドセル・フォード(Edsel Bryant Ford )が出資した計画であり、機長バードは、機体の愛称をパトロンの娘の名をとって「ジョセフィン・フォード」"Josephine Ford"とした。

命名のジョセフィン・クレイ「ドディ」フォード(Josephine Clay Ford)は、1923年アメリカ合衆国フォード社根拠地のミシガン州(Michigan)ディアボーン(Dearborn)生まれ、2005年死去のヘンリー・フォードの唯一の孫娘で、のちにアメリカ有数の慈善事業家になった。ジョセフィン・クレイ・フォード(Josephine Clay Ford)の墓所は、アメリカ合衆国ミシガン州(Michigan)ディアボーン(Dearborn)のエルムウッド墓地(Elmwood Cemetery)にある。

写真(右)1926年5月9日、スピッツベルゲン諸島から飛び立って、北極点上空を飛行したフォッカー(Fokker) F. VII トライモーター輸送機「ジョセフィン・フォード」"Josephine Ford":1925年製造。命名されたジョセフィン・クレイ「ドディ」フォードは、1923年アメリカ合衆国ミシガン州ディアボーン(フォード社の根拠地)生まれ、2005年死去のヘンリー・フォードの唯一の孫娘で、のちにアメリカ有数の慈善事業家になった。
Left side view of the Fokker F.VIIA-3m "Josephine Ford" (r/n 267, Byrd Aircraft No. BA-1, c/n 600), on the ground, surrounded by a crowd of people (civilians); probably somewhere in the United States, circa 1926. [See NASM 9A14100 through 9A14104 for views taken at the same event.]Date Circa 1926 Repository Loc. National Air and Space Museum, Archives Division, MRC 322, Washington, DC, 20560
写真は,National Air and Space Museum Archives  Local number NASM-9A14104引用。


フォッカー(Fokker) F. VII輸送機「ジョセフィン・フォード」"Josephine Ford"の大きさ
全高Height: 12.75 ft、全幅Width: 63.5 ft、全長Length: 49.167 ft

写真(右)1926年、北極探検をしたフォッカー(Fokker) F. VII トライモーター輸送機「ジョセフィン・フォード」"Josephine Ford":1925年製造。命名されたジョセフィン・クレイ「ドディ」フォードは、1923年アメリカ合衆国ミシガン州ディアボーン(フォード社の根拠地)生まれ、2005年死去のヘンリー・フォードの唯一の孫娘で、のちにアメリカ有数の慈善事業家になった。
Description:Halftone newspaper photograph shows her at Miller Field, New York, 1926. Lieutenant Commander Richard E. Byrd, USN, and Chief Aviation Pilot Floyd Bennett, USN, used this plane in their flight to the North Pole, 9 May 1926. U.S. Naval History and Heritage Command Photograph.
写真は,Naval History and Heritage Command  NH 43443 Fokker BA-1 Airplane "Josephine Ford" 引用。


 フォッカー(Fokker) F. VIIトライモーター輸送機の材質は、木・アルミニウム混合、鉄鋼の骨格で、主翼や胴体には、羽布を張っていた。機体は、ダークブルー(Dark blue)に塗装され、胴体側面に機体名Josephineが白色で大きく記入されている。

写真(右)1926年、北極探検をしたフォッカー(Fokker) F. VII トライモーター輸送機「ジョセフィン・フォード」"Josephine Ford":1926年5月9日、スピッツベルゲン諸島から飛び立って、北極点上空を飛行した。
Description:Used by Lieutenant Commander Richard E. Byrd, USN, and Chief Aviation Pilot Floyd Bennett, USN, on their flight over the North Pole from Kings Bay, Spitzbergen on 9 May 1926. BA-1 is presumed to indicate Byrd Arctic One. U.S. Naval History and Heritage Command .
写真は,Naval History and Heritage Command  NH 44161 Fokker BA-1 Airplane "Josephine Ford" 引用。


エドセル・フォード(Edsel Bryant Ford )は、ヘンリー・フォードの唯一の子供で、1893年11月6日、フォード社の拠点ミシガン州デトロイトに生まれ、1919-1943年の間フォード社社長に就任した。その時に、アメリカ海軍士官リチャード・バードRichard Evelyn Byrd)の搭乗するフォード・トライモーターで、北極点飛行を計画、出資したのである。

写真(右)2015年8月、ヘンリー・フォード博物館(Henry Ford Museum and Greenfield Village)に展示されている1926年、北極探検をしたフォッカー(Fokker) F. VII トライモーター輸送機「ジョセフィン・フォード」"Josephine Ford":1925年製造。命名されたジョセフィン・クレイ「ドディ」フォードは、1923年アメリカ合衆国ミシガン州ディアボーン(フォード社の根拠地)生まれ、2005年死去のヘンリー・フォードの唯一の孫娘で、のちにアメリカ有数の慈善事業家になった。
Description English: 1926 Fokker Trimotor used by the Byrd Artic Expedition Date 24 August 2015, 16:24:41 Source Own work Author Dsdugan
写真はWikimedia Commons,Category:Josephine Ford (aircraft)  File:15 23 1068 ford museum.jpg 引用。


写真(右)1927年2月19日、アメリカ、ワシントンDC、ホワイトハウス、1926年5月に北極点飛行に成功したフォッカー(Fokker) F. VII トライモーター輸送機「ジョセフィン・フォード」"Josephine Ford"ベイド指揮官と機関士ベネットを表彰するアメリカ大統領クーリッジ:1925年製造。命名されたジョセフィン・クレイ「ドディ」フォードは、1923年アメリカ合衆国ミシガン州ディアボーン(フォード社の根拠地)生まれ、2005年死去のヘンリー・フォードの唯一の孫娘で、のちにアメリカ有数の慈善事業家になった。
Title President Coolidge today conferred the Congressional medal on Commander Byrd and Machinist Bennet [sic]Summary President Coolidge awarding medal to Floyd Bennett as Richard Byrd stands at left, looking on with others.Created / Published 1927 Feb. 19. Subject Headings - Bennett, Floyd,--1890-1928 - Byrd, Richard Evelyn,--1888-1957 - Coolidge, Calvin,--1872-1933 - Medal of Honor--1920-1930 - Air pilots--Washington (D.C.)--1920-1930 - Awards--Washington (D.C.)--1920-1930 Format Headings Photographic prints--1920-1930. Notes - In album: Washington, D.C., 1 January to 23 May 1927, v. 1, Herbert E. French, National Photo Company, p. 24, no. 41288. - Forms part of: National Photo Company Collection (Library of Congress). - Original negative may be available: LC-F8-41288 Summary President Coolidge awarding medal to Floyd Bennett as Richard Byrd stands at left, looking on with others.Created / Published 1927 Feb. 19.
写真は,Library of Congress Prints and Photographs Division Reproduction Number LC-USZ62-131298 引用。



3.1927年大西洋横断飛行に挑戦したフォッカー(Fokker)C-2(F-9)「アメリカ」"AMERICA"

1928年6月17日に、アメリカ女性アメリア・イアハートAmelia Mary Earhart:1897-1939)が同乗したフォッカー (Fokker)F.VIIb-3m三発水上旅客輸送機「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上旅客機は、カナダ東端、ニューファンドランド州、ニューファンドランド島トレパシー湾を離水した。1928年6月17日、そして、大西洋を横断して、飛行時間21時間で、イギリスのにウェールズ、バリー・ポートに着水した。これが、女性による初の大西洋無着陸横断の記録である。この後、アメリアは飛行士として有名になるが、この大西洋横断はアメリカ女性アメリア・イアハートAmelia Mary Earhart)は、乗客として同乗したのであって、操縦士・航法士・機関士として登場したわけではない。

写真(右)1917-1934年、アメリカ、フォッカー(Fokker) C-2 「アメリカ」 "AMERICA" 登録コード:NX206(フォッカー(Fokker)F.9三発輸送機(トライモーター)のアメリカ陸軍仕様)をバックにした機長リチャード・バード(Richard Byrd)
Commander Byrd and others Date: 1917-1934 (approximate) Aviation: Byrd [Admiral Richard E.]Publisher: Boston Public Library, Print Departmen tGenre: Glass negatives Collection: Leslie Jones Collection Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection. Aviation: Byrd [Admiral Richard E.] 1 negative : glass, black & white Extent: 4 x 5 in.
写真は,Boston Public Library BPL Accession: 08_06_002153引用。


1924年4月11日、オランダで初飛行し、1928年にアメリア・イアハートAmelia M. Earhart)を大西洋横断飛行をした初の女性としたフォッカー F.VII(F.VIIb/3m)の諸元
搭乗員: 2名、乗客: 8名
全長: 14.60 m、全幅: 21.70 m、全高: 3.90 m
主翼面積:58.5平方メートル
空虚重量: 6,725 kg kg
総重量: 11,570 kg
エンジン: ライト(Wright)J-5 ヴィールウィンド(Whirlwind)空冷星型9気筒エンジン 164 kW (220 hp)3基
巡航速度:170 km/h
最高速力:185 km/h /1980 m
航続距離:1160 km
実用上昇限度:2600 m
生産期間:1925-1932年 283機

アメリカ人飛行家リチャード・バードRichard Evelyn Byrd:1888-1957)は、第一次世界大戦中は、カナダ東端のノバスコシア州(Nova Scotia)でアメリカ海軍航空隊を指揮していた海軍出身の軍人で、北極点と南極点の双方を飛行している。

写真(右)1917-1934年、アメリカ、フォッカー(Fokker) C-2 「アメリカ」 "AMERICA" 登録コード:NX206(フォッカー(Fokker)F.9三発輸送機(トライモーター)のアメリカ陸軍仕様)をバックにした搭乗員、左2人目が機長リチャード・バード(Richard Byrd)
Commander Byrd and others Date: 1917-1934 (approximate) Aviation: Byrd [Admiral Richard E.]Publisher: Boston Public Library, Print Departmen tGenre: Glass negatives Collection: Leslie Jones Collection Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection. Aviation: Byrd [Admiral Richard E.] 1 negative : glass, black & white Extent: 4 x 5 in.
写真は,Boston Public Library BPL Accession: 08_06_002153引用。


1927年、リチャード・バードRichard Byrd)は、アメリカ陸軍仕様のフォッカーC-2三発輸送機の民間転換型「アメリカ」“AMERICA”三発機輸送機(トライモーター)を操縦して、オルティーグ賞の懸った大西洋横断飛行に挑戦しようとしたが、出発が遅れたために、実際の飛行は、リンドバーグによる大西洋横断飛行の1か月後の6月29日-7月1日だった。

1928年6月17-18日、アメリアは、車輪をフロートに変換し水上機化したフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に乗客として搭乗、カナダから北アイルランドまで大西洋を無着陸横断した。

1927年に大西洋を横断したフォッカー(Fokker) C-2 「アメリカ」 "AMERICA" (登録コード:NX206)三発輸送機(トライモーター)は、アメリカ陸軍仕様のフォッカー(Fokker)F.9三発輸送機で、ライト(Wright)・ウィールウィンド(Whirlwind)空冷星形9気筒エンジン200馬力 (150-kW)3基装備、搭乗員2人、乗客10人、生産機数は1926年に3機である。フォッカー(Fokker)F.9は、アメリカのアトランティック航空(Atlantic Aircraft Corporation)製造のフォッカー(Fokker)F.VIIB/3m三発輸送機で、原型よりも主翼が延長されていた。生産機数は、海外他社ライセンス生産を含めて154機。

写真(右)1929-1930年、アメリカ人極地探検家・飛行家リチャード・バード(Richard Evelyn Byrd:1888-1957)アメリカ海軍少将(最終階級):1926年フォッカーFokker F. VII 「ジョセフィン・フォード」で北極点を飛行した。1929年11月28日-29日、フォード4AT・三発輸送機「フロイド・ベネット」で南極点を飛行している。1928年6月17-18日、アメリア・イアハートは同じフォッカー F.VII(F.VIIb/3m)「フレンドシップ」"Friendship"で、操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)、副操縦士ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)の下で、カナダから北アイルランドまで大西洋を無着陸横断をした初の女性となった。
Description:In Arctic Garb, with snow shoes, circa 1929-1930. Original caption reads, "Commander Richard E. Byrd, who is undertaking the coming expedition to the Antarctic Region. This will be the most scientific expedition ever attempted. Byrd will fly over the South Pole. Official U.S. Navy Photograph, National Archives collectionNotes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve.
写真は,Naval History and Heritage Command 306-NT-549A-3 Commander Richard E. Byrd, USN 引用。


1926年5月9日にリチャード・バードRichard Byrd)は、フォッカーFokker F. VII 「ジョセフィン・フォード」(Fokker F. VII "Josephine Ford")三発旅客輸送機(Tri-Motor)で、スピッツベルゲン島キングスベイを離水し、初の北極点飛行に成功した。飛行時間は、北極点まで往復15時間だった。全幅 63.5フィート、全長 49.167フィート、全高 12.75フィートのオランダ製造の木金混交構造の肩翼単葉三発輸送機で、発動機はライト(Wright)ワールウィンド(Whirlwind)空冷星形9気筒220馬力3基装備である。固有名称の「ジョセフィン・フォード」(Josephine Ford:1923-2005) は、北極点到達飛行のパトロンのエドセル・フォード(Edsel Ford:1893-1943)の長女の名前で、1923年にミシガン州ディアボーンで生まれの彼女は、フォード自動車(Ford Motor Company)創業者ヘンリー・フォードHenry Ford:1863-1947)の孫娘にあたる。

写真(右)1928年、アメリカ、フォッカー(Fokker) C-2 「アメリカ」 "AMERICA" 登録コード:NX206(フォッカー(Fokker)F.9三発輸送機のアメリカ陸軍仕様):燃料タンクを増設し、航続距離を3,800マイル (6,116 km)に伸ばした大西洋横断機。 原型はオランダのフォッカー(Fokker)F.VII 三発輸送機で、装備した発動機は、220馬力のライト(Wright) J-5 空冷星形9機とエンジンで、尾翼には登録コード NX-206を記入。
The 'America' leaving NY for Paris. Commander Byrd in charge. Date: 1928 Publisher: Boston Public Library, Print DepartmentGenre: Glass negatives Collection: Leslie Jones Collection Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection. Aviation: Byrd [Admiral Richard E.] 1 negative : glass, black & white Extent: 4 x 5 in.
写真は,Boston Public Library BPL Accession: 08_06_002153引用。


フォッカー(Fokker) C-2 「アメリカ」 "AMERICA" (登録コード:NX206)は、オランダのフォッカー(Fokker)F.VII 三発輸送機をアメリカ陸軍用にアメリカが製造フォッカー(Foccker)F.9三発輸送機である。大西洋横断飛行用に航続距離を延長するために、増設燃料タンクを設け、航続距離は3,800マイル (6,116 km)に伸びている。装備している発動機は、ライト(Wright) J-5 空冷星形9気筒エンジン220馬力3基で、尾翼には登録コード NX-206を描いている。

写真(右)1927年、フランス海岸に不時着水したリチャード・バード操縦のフォッカー(Fokker)C-2 「アメリカ」 "AMERICA" 登録コード:NX206(フォッカー(Fokker)F.9三発輸送機のアメリカ陸軍仕様):リンドバーグによる大西洋横断飛行から1か月後の6月29日-7月1日、アメリカのニューヨークからパリに向かったが、事故でフランス沿岸に不時着水した。
Byrd's plane 'America.' - Wrecked off France.
Date: 1927 Publisher: Boston Public Library, Print DepartmentGenre: Glass negatives
Collection: Leslie Jones Collection Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve.
Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection. Aviation: Byrd [Admiral Richard E.] 1 negative : glass, black & white Extent: 4 x 5 in.
写真は,Boston Public Library BPL Accession: 08_06_002230引用。


1929年11月28日-29日、フォード4AT・三発輸送機「フロイド・ベネット」(Ford 4-AT-B "Floyd Bennett")で、南極大陸ロス氷河リトル・アメリカ基地から発進し、南極点まで初往復・初飛行に成功した。南極点往復の飛行時間は15時間51分だった。
フォード(Ford)4-AT-B「フロイド・ベネット」(Ford 4-AT-B "Floyd Bennett")は、1928年3月、アメリカ、ミシガン州ディアボーンのフォード自動車(Ford Motor Company)工場製造で、全幅76フィート、全長 50フィート、全高 12.75フィートの木金混交構造の肩翼単葉三発輸送機で、発動機は機首はライト(Wright)R-1750空冷星形エンジン525馬力1基、左右主翼にはライト(Wright)ワールウィンド(Whirlwind)空冷星形9気筒220馬力2基装備している。

女性による大西洋無着陸飛行の計画は、ブレーメンの大西洋横断の時期にあった。アメリカ婦人メイベル・ボルMabel Boll:1895-1949)は、アメリカの富豪夫人で、大西洋横断飛行を成功させようとした。1928年中に、メイベル・ボルは、チャールズ・レヴァインの購入したユンカース(Junkers)W.33単発輸送機「空の女王」 ”Queen of the Air”を使って、ロンドンから大西洋を横断する計画を立てたのである。しかし、大西洋横断の計画は実現できなかった。実際に女性初の大西洋無着陸横断飛行は、1928年6月17日、アメリカ婦人アメリア・イアハートAmelia Earhart:1897-1937)の同乗した三発輸送機フォッカー (Fokker)F.VII「フレンドシップ」によるものである。その後、ユンカース(Junkers)W.33輸送機「空の女王」 ”Queen of the Air”は、1931年にポルトガルのリスボンから大西洋横断飛行に出発しているが、途中で不時着水している。


4.アメリカ本土=オーストラリア横断飛行したフォッカー F-VII「サザンクロス」"Southern Cross"

写真(右)1929年、アメリカ本土の飛行場からオーストラリア横断飛行に向かうフォッカー(Fokker) F-VII 「サザンクロス」""Southern Cross""トライモーター三発輸送機:歓迎する人々が集まってきた。
Historic Flight Southern Cross Flight Title: Historic Flight Southern Cross Flight Date: 1929 Corporation Name: Fokker Additional Information: Fokker F-VII ""Southern Cross"" Tags: Historic Flight Southern Cross Flight, Fokker F-VII ""Southern Cross"", 1929, Fokker
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives Catalog #: 10_0014798引用。


写真(右)1929年、アメリカ本土からオーストラリア横断飛行中のフォッカー(Fokker) F-VII 「サザンクロス」""Southern Cross""トライモーター三発輸送機
Historic Flight Southern Cross Flight Title: Historic Flight Southern Cross Flight Date: 1929 Corporation Name: Fokker Additional Information: Fokker F-VII ""Southern Cross"" Tags: Historic Flight Southern Cross Flight, Fokker F-VII ""Southern Cross"", 1929, Fokker
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives Catalog #: 10_0014796引用。


写真(右)1929年、アメリカ本土=オーストラリア横断飛行を成功させたフォッカー(Fokker) F-VII 「サザンクロス」""Southern Cross""トライモーター三発輸送機:歓迎する人々が集まってきた。
Historic Flight Southern Cross Flight Title: Historic Flight Southern Cross Flight Date: 1929 Corporation Name: Fokker Additional Information: Fokker F-VII ""Southern Cross"" Tags: Historic Flight Southern Cross Flight, Fokker F-VII ""Southern Cross"", 1929, Fokker
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives Catalog #: 10_0014797引用。


アメリア・イアハートAmelia M. Earhart)は、1897年7月24日、アメリカ合衆国カンザス州アッチソン (Atchison) の裕福な一族の家系で、高校卒業後はコロンビア大学(Columbia University)で医学を学んだが、1年で退学して、第一次世界大戦中、カナダに設けられたアメリカ陸軍病院の看護助手となった。その後、1920年にカリフォルニア州ロサンゼルスのロングビーチで父と主に初めて10分間程度の遊覧飛行をしたが、この時、自ら空を飛ぶことが夢になった。

写真(右)1929年、アメリカ本土=オーストラリア横断飛行を成功させたフォッカー(Fokker) F-VII 「サザンクロス」""Southern Cross""トライモーター三発輸送機
Historic Flight Southern Cross Flight Title: Historic Flight Southern Cross Flight Date: 1929 Corporation Name: Fokker Additional Information: Fokker F-VII ""Southern Cross"" Tags: Historic Flight Southern Cross Flight, Fokker F-VII ""Southern Cross"", 1929, Fokker
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives Catalog #: 10_0014809引用。


アメリア・イアハートは、1921年1月から、ロサンゼルスのロングビーチにあったキナー・フィールド(Kinner Field)で アメリカ人女性飛行士の先駆者"ネタ"・スヌーク・サザーンMary Anita "Neta" Snook Southern :1896-1991)から飛行機の操縦訓練を受けた。"ネタ"・スヌーク"Neta" Snook)は、1921年2月、ロサンゼルス・スピードウェー(Los Angeles Speedway)のエアレースに初めて参加した女性飛行士となった。

写真(右)1929年、アメリカ本土=オーストラリア横断飛行を成功させたフォッカー(Fokker) F-VII 「サザンクロス」""Southern Cross""トライモーター三発輸送機:飛行距離は1万1,670 キロメートル (7,250 マイル)に及んだ。
Historic Flight Southern Cross Flight Title: Historic Flight Southern Cross Flight Date: 1929 Corporation Name: Fokker Additional Information: Fokker F-VII ""Southern Cross"" Tags: Historic Flight Southern Cross Flight, Fokker F-VII ""Southern Cross"", 1929, Fokker
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives Catalog #: 10_0014808引用。


1923年5月16日、アメリカ女性アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)がアメリカで飛行機操縦ライセンスを取得した時、1905年設立の国際航空連盟(Fédération Aéronautique Internationale)が公認していた女性飛行士は16人しか登録されていなかった。

しかし、その後、妹の結婚解消など家族問題が浮上し、1924年には愛機を売却し、ボランティアのソーシャルワーカーとなった。彼女は、才能に恵まれていただけでなく、資産家の一族だったために、生活に困窮したことはなく、自分のしたいことをできる立場にあったのである。

20世紀初頭、第一次世界大戦後に女性参政権が認められた。しかし、当時、女性の体力・精神の双方の能力は、男性に比すべくもなく劣っている、女性は論理的思考が苦手でパニックになりやすいために飛行機のような高度な先端技術を扱うことはできない、といったように,ジェンダー不平等Gender Inequality )・女性差別が当たり前だった。しかし、アメリアなど女性飛行家は、20世紀初め、空への憧れた太志ある女性であれば、努力すれば自由に飛行機で空を飛び回ることができること、男女にかかわりなく自分実現を図るには、女性か男性かではなく、強固な意志と忍耐力をもって、労苦に打ち勝つことが重要であることを実証した。女性にも知性、勇気、行動力、論理性、沈着さが重視されるようなジェンダー平等、男性と同等に立ち振る必要性を証明した。

写真(右)1929年、アメリカ本土=オーストラリア横断飛行を成功させたフォッカー(Fokker) F-VII 「サザンクロス」""Southern Cross""トライモーター三発輸送機
Historic Flight Southern Cross Flight Title: Historic Flight Southern Cross Flight Date: 1929 Corporation Name: Fokker Additional Information: Fokker F-VII ""Southern Cross"" Tags: Historic Flight Southern Cross Flight, Fokker F-VII ""Southern Cross"", 1929, Fokker
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives Catalog #: 10_0014803引用。


1928年6月17-18日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に乗客として搭乗、カナダから北アイルランドまで大西洋を無着陸横断を女性として初めて達成した。これはリンドバーグの大西洋単独横断初飛行の快挙に次ぐものとされ、第30代アメリカ大統領カルビン・クーリッジは、面会し彼女を称賛した。アメリアは、このときフォッカー三発水上輸送機に同乗者として、事実上、乗客として大西洋横断飛行をしたが、女性にとって初めての快挙、アメリカ女性の勇気ある行動として称賛・喧伝された。これはリンドバーグの大西洋単独横断初飛行の快挙に次ぐものとされ、1928年7月19日のNEW YORK TIMES のトップ記事「AMELIA EARHART FLIES ATLANTIC, FIRST WOMAN 」にも彼女の写真が大きく掲載された。

写真(右)1929年、アメリカ本土=オーストラリア横断飛行を成功させたフォッカー(Fokker) F-VII 「サザンクロス」""Southern Cross""トライモーター三発輸送機と4名の搭乗員、チャールズ・キングスフォード・スミス(Charles Kingsford Smith),チャールズ・ウルム( Charles Ulm),ハリー・リヨン(Harry Lyon)、ジェームズ・ワーナー(James Warne)
Historic Flight Southern Cross Flight Title: Historic Flight Southern Cross Flight Date: 1929 Corporation Name: Fokker Additional Information: Fokker F-VII ""Southern Cross"" Tags: Historic Flight Southern Cross Flight, Fokker F-VII ""Southern Cross"", 1929, Fokker
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives Catalog #: 10_0014799引用。


1928年6月17-18日、アメリア・イアハートはフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に乗客として搭乗、カナダから北アイルランドまで大西洋を女性として無着陸横断した。

1928年11月、北アイルランドから大西洋を横断しカナダに飛行したアメリアは、第30代アメリカ大統領カルビン・クーリッジに呼ばれ称賛された。アメリカのヒロインの誕生である。

写真(右)1929年、アメリカ本土=オーストラリア横断飛行を成功させたフォッカー(Fokker) F-VII 「サザンクロス」""Southern Cross""トライモーター三発輸送機と4名の搭乗員、チャールズ・キングスフォード・スミス(Charles Kingsford Smith),チャールズ・ウルム( Charles Ulm),ハリー・リヨン(Harry Lyon)、ジェームズ・ワーナー(James Warne)のトランプ肖像写真:長距離海洋横断飛行の歴史を刻んだ。
thomas hasher dole air race image pictionid75345220 - title-hasher collection image southern cross a fokker f.viib3m trimotor monoplane piloted by sir charles edward kingsford smith completed the first trans-pacifice flight from oakland field california to eagle farm field brisbane australia. june 1928.
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives- catalog0903050引用。


写真(右)1929年、アメリカ、カリフォルニア州オークランド飛行場(?)、飛行格納庫に収納されたフォッカー(Fokker) F-VII 「サザンクロス」""Southern Cross""トライモーター三発輸送機:地上移動をしやすいように、尾輪部分に大型のゴムタイヤを外装している。
Fokker, F.VII Title: Fokker, F.VII Corporation Name: Fokker Additional Information: Holland Designation: F.VII Tags: Fokker, F.VII
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives Catalog #: 01_00080553引用。


写真(右)1929年、アメリカ本土=オーストラリア横断飛行を成功させたフォッカー(Fokker) F-VII 「サザンクロス」""Southern Cross""トライモーター三発輸送機の搭乗員が祝福されている。
Historic Flight Southern Cross Flight Title: Historic Flight Southern Cross Flight Date: 1929 Corporation Name: Fokker Additional Information: Fokker F-VII ""Southern Cross"" Tags: Historic Flight Southern Cross Flight, Fokker F-VII ""Southern Cross"", 1929, Fokker
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives Catalog #: 10_0014801引用。


アメリア・イアハートAmelia Earhart)は、チャールズ・リンドバーグのパリへの単独飛行を女性として再現しようと、1932年5月20日、カナダのニューファンドランド島グレース湾からロッキード ベガで出発し、アイルランドのロンドンデリー近郊の牧場に不時着した。これで、大西洋単独横断をした初の女性飛行士となったアメリアは、ハーバート・フーヴァー大統領からのアメリカ地理学ドメダルを授与された。 1932年8月24日には、アメリカ東岸のニュージャージー州ニューアークから19時間かけてカリフォルニア州ロスアンゼルスにまで飛行し、女性で初のアメリカ大陸単独横断無着陸飛行を成功させた。

写真(右)1929年、アメリカ本土=オーストラリア横断飛行に向かうフォッカー(Fokker) F-VII 「サザンクロス」""Southern Cross""トライモーター三発輸送機の操縦席に納まったパイロットのチャールズ・キングスフォード・スミス(Charles Kingsford Smith)
Historic Flight Southern Cross Flight Title: Historic Flight Southern Cross Flight Date: 1929 Corporation Name: Fokker Additional Information: Fokker F-VII ""Southern Cross"" Tags: Historic Flight Southern Cross Flight, Fokker F-VII ""Southern Cross"", 1929, Fokker
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives Catalog #: 10_0014802引用。



写真(上)1929年、アメリカ本土=オーストラリア横断飛行を成功させたフォッカー(Fokker) F-VII 「サザンクロス」""Southern Cross""トライモーター三発輸送機

Historic Flight Southern Cross Flight Title: Historic Flight Southern Cross Flight Date: 1929 Corporation Name: Fokker Additional Information: Fokker F-VII ""Southern Cross"" Tags: Historic Flight Southern Cross Flight, Fokker F-VII ""Southern Cross"", 1929, Fokker
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives Catalog #: 10_0014806引用。


アメリア・イヤハートAmelia Earhart:1897-1937)は、1932年に女性初の単独無着陸大西洋横断飛行を達成したアメリカ人飛行家である。1927年6月14日から6月15日に、アメリカ人飛行家チャールズ・リンドバーグCharles Lindbergh)は、ライアン(Ryan)NYP単発肩翼機 「スピリット・オブ・セントルイス」The Spirit of St. Louis:登録コード N-X-211)ニューヨーク−パリ間の大西洋単独飛行を飛行時間33時間半でに成功させ、世界中で称賛され。アメリアは、女性飛行士として、ロッキード・ベガで1932年5月20日から5月21日、リンドバークのライアン(Ryan)NYPと同じ航路で女性初の大西洋単独横断飛行を再考させようとした。そして、実際の飛行では、カナダから出発し、パリ手前の北アイルランド、ロンドンデリー郊外までの飛行に成功した。

写真(右)1929年、アメリカ本土=オーストラリア横断飛行をしたフォッカー(Fokker) F-VII 「サザンクロス」""Southern Cross""トライモーター三発輸送機の経路を示した地図と航法士ハリー・リヨン(Harry Lyonとジェームズ・ワーナー(James Warne):と航法士ハリー・レーン:
Historic Flight Southern Cross Flight Title: Historic Flight Southern Cross Flight Date: 1929 Corporation Name: Fokker Additional Information: Fokker F-VII ""Southern Cross"" Tags: Historic Flight Southern Cross Flight, Fokker F-VII ""Southern Cross"", 1929, Fokker
写真は SmugMug+Flickr,SDASM Archives Catalog #: 10_0014800引用。


ジェンダー不平等Gender Inequality)、すなわち男性に比較して女性が、家庭・教育・経済・職場・政治などの分野で不利な状況に置かれているという女性差別が当たり前で、体力的・精神的に女性は男性にはるかに劣る、女性は感情的なので機械の扱いや論理的思考はできない、とされた20世紀初め、空への憧れたアメリアは、女性であっても、飛行士として自由に飛び回れること、男女にかかわりなく自分の夢を叶えたいという強い意志と弛まぬ努力が大きな成果・業績を生み出すことを、世界に実証した。女性にも知性、勇気、行動力、論理性、沈着さがあることを示し、強固な意志があれば、男性と同等に立ち振る舞うことができることを証明した。


5.1928年のフォッカー F.VII「フレンドシップ」大西洋横断

写真(右)1932年6月4日、アメリカ、ボストン、大西洋横断についてアメリカ女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)とジョージ・パットナム(George Palmer Putnam)が書類を手にして打ち合わせている演出写真:資産家のプットマンは、フォッカーF.VIIb3m三発水上輸送機「フレンドシップ」によるカナダのニューファウンドランド島から、大西洋横断を超えてイギリスへの飛行に、女性で飛行操縦資格のあるアメリアを同乗させることを考えたが、これは女性初の大西洋横断飛行の栄冠を得るためであった。
Amelia Earhart and George Putnam Reviewing Plans for the Transatlantic Flight, June 1928 When publisher-publicist George Putnam searched for a female pilot eager to be the first to fly the Atlantic in 1928, he discovered Amelia Earhart. The two developed a close working relationship. Palmer promoted Earhart at every chance, and Earhart used her promotional earnings to finance further flights. In time, their professional relationship became romantic and the two married in 1931.
Amelia Earhart became the first woman to fly across the Atlantic Ocean in 1928, but only as a passenger. Wilmer Stultz and Louis Gordon did the actual piloting. The trio made their crossing in a Fokker F.VII Tri-Motor named Friendship. Their successful flight took them from Trepassey Harbour, Newfoundland, to Burry Port, South Wales, in 20 hours and 40 minutes.
Clipping (Information artifact) Subject Date June 1928.
Height:8 in Width: 10.125 in Credit From the Collections of The Henry Ford.
写真はThe Henry Ford, Benson Ford Research Center THF255934引用。


1928年、アメリカの出版実業家・富豪ジョージ・パットナムGeorge Palmer Putnam :1887-1950)は、当時としては巨人機といえるフォッカーF.VIIb3m三発水上輸送機「フレンドシップ」を使って、カナダ東端のニューファウンドランド島から、イギリスまで、大西洋を無着陸横断飛行する冒険飛行に、アメリカ女性で飛行操縦資格を所持するアメリア・イヤハートを同乗させ、女性の大西洋初横断飛行を成功させ、名声を得ようと考えた。ジョージ・パットナムGeorge Putnam)は、電話でアメリアに連絡し、大西洋横断に加わらないかと誘いをかけた。そして、これが契機で、二人は1931年に結婚することになるが、当時、プットマンには妻があったし、アメリアに婚約者サムがいた。

ジョージ・パットナムGeorge Putnam)は身長6フィート、180センチ以上でグリーンランド探検にも参加したことがある活動的なビジネスマンの資産家であり、アメリアも180センチ近くある長身で、自分の飛行機を保有できるほどの財産があった。お似合いの二人の男女の親密さは、周囲でも噂になっていた。

写真(右)1928年、大西洋横断に使用されることとなったフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028):大西洋を横断するために、主輪・尾輪式の陸上機仕様を撤去して、あらたに双フロートの水上機仕様に改造される直前の撮影。1927年にアメリカ人チャールズ・リンドバーグが飛行機で大西洋無着陸横断飛行に成功、それに続く女性の大西洋横断飛行一番乗りは、1928年6月17日「フレンドシップ」に同乗したアメリカ人アメリア・イアハートだった。女性初の大西洋横断飛行を逃したアメリカ女優で大富豪のメイベル・ボル(Mabel Boll:1895-1949)は、チャールズ・レヴァインの購入したユンカースW33「クィーンオブエア」に同乗して、ロンドンから逆回りで大西洋を横断する計画を立てた。しかし、計画は実現せず、終わった。
The Fokker F.VIIb-3m "Friendship" (NX-4204, c/n 5028), in which Wilmer Stultz and Louis Gordon flew across the Atlantic from Trepassy Harbour, Newfoundland, to Pwll, Wales, on 17-18 June 1928, with Amelia Earhart riding as a passenger. Catalog #: 10_0015334 Title: Historic Flight Trans Atlantic Date: 1928 Additional Information: Fokker ""Friendship"" Tags: Historic Flight Trans Atlantic, Fokker ""Friendship"", 1928 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive Date 1928 Source Historic Flight Trans Atlantic
Repository: San Diego Air and Space Museum Archive.
写真はflickr,SDASM Archives(Aircraft Races, Air Shows and Historic Flights): File:Fokker F.VIIb-3m "Friendship" NX-4204 (8091755853).jpg引用。


写真(右)1928年4月13日、アメリカ、マサチューセッツ州、ボストン飛行場、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発陸上輸送機を整備するウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)正操縦士、ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)副操縦士・航法・機関士 :ライト(Wright)J-4ウィールウィンド(Whirlwind)空冷星形9気筒エンジン200馬力 (150-kW)3基装備。まだ車輪を付けた陸上型だが、基地の関係で二つのフロートを装備した水上機型に改造される。大西洋を横断した初めての女性、アメリカ人飛行家アメリア・イヤハートの乗機となる。
Wilmer Stultz (right), Lew Gordon (left) working on the plane Friendship. I. Gordon - machinist. W. Stultz - pilot of new Byrd Fokker to be used on South Pole trip. East Boston Airport. Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-04-13 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Stultz, Wilmer L., 1899-1929; Gordon, Louis E.; Air pilots; Airplanes Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department
写真は,Boston Public Library   File name: 08_06_002197引用。


1924年4月11日、オランダで初飛行し、1928年にアメリア・イアハートAmelia M. Earhart)を大西洋横断飛行をした初の女性としたフォッカー F.VII(F.VIIb/3m)の諸元
搭乗員: 2名、乗客: 8名
全長: 14.60 m、全幅: 21.70 m、全高: 3.90 m
主翼面積:58.5平方メートル
空虚重量: 6,725 kg kg
総重量: 11,570 kg
エンジン: ライト(Wright)J-5 ヴィールウィンド(Whirlwind)空冷星型9気筒エンジン 164 kW (220 hp)3基
巡航速度:170 km/h
最高速力:185 km/h /1980 m
航続距離:1160 km
実用上昇限度:2600 m
生産期間:1925-1932年 283機


写真(上)1928年4月21日、大西洋無着陸横断の準備をしているフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"トライモーター 三発輸送機(尾翼に登録コードNX-4204を記入)。機体の周りにロープ囲って立ち入り禁止にし、胴体をスプレーで塗装している。胴体後半の色が濃くなっている。
:大西洋を横断のために、これから主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を、双フロートの水上機仕様に改造する。1927年にアメリカ人チャールズ・リンドバーグが飛行機で大西洋無着陸横断飛行に成功、それに続く女性の大西洋横断飛行一番乗りは、1928年6月17日、操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)、副操縦士ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)の搭乗したフォッカー F.VII(F.VIIb/3m)「フレンドシップ」に同乗したアメリカ人アメリア・イアハートだった。
Byrd's South Pole plane being weather-proofed with Berryloid. Plane had been flown over by Amelia Earhart and Schultz. Title: Byrd's South Pole plane being weather-proofed with Berryloid. Plane had been flown over by Amelia Earhart and Schultz. Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-04-21 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Airplanes Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve.
写真はflickr,Boston Public Library File name: 08_06_002199引用。


写真(右)1928年4月12日、大西洋横断準備中のフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)の尾翼で記念撮影した飛行士のウィルマー・スタールズ(Wilmer Stultz):機体が上を向いて駐機しているので、大西洋を横断のために、主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を、双フロートの水上機仕様に改造作業直前の撮影。1927年にアメリカ人チャールズ・リンドバーグが飛行機で大西洋無着陸横断飛行に成功、それに続く女性の大西洋横断飛行一番乗りは、1928年6月17日フォッカー F.VII(F.VIIb/3m)「フレンドシップ」に同乗したアメリカ人アメリア・イアハートだった。
Wilmer Stultz standing side of tail of Byrd's 3-motor fokker that flies to the South Pole. Plane Friendship Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-04-12 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Stultz, Wilmer L., 1899-1929; Gordon, Louis E.; Friendship (Airplane); Airplanes Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真はflickr,Boston Public Library File name: 08_06_001443引用。


1928年6月17日に、アメリカ女性アメリア・イアハートAmelia Mary Earhart:1897-1939)が同乗したフォッカー (Fokker)F.VIIb-3m三発水上旅客輸送機「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上旅客機は、カナダ東端、ニューファンドランド州、ニューファンドランド島トレパシー湾を離水した。1928年6月17日、大西洋を横断して、飛行時間21時間で、イギリスのにウェールズ、バリー・ポート沖に着水した。これが、女性による初の大西洋無着陸横断の記録である。この後、アメリアは飛行士として有名になるが、この大西洋横断はアメリカ女性アメリア・イアハートAmelia Mary Earhart)は、乗客として同乗したのであって、操縦士・航法士・機関士として搭乗していたわけではない。

写真(右)1928年5月、アメリカ、ボストン飛行場、大西洋初の女性横断者ライト(Wright)J-4ウィールウィンド(Whirlwind)空冷星形9気筒エンジン200馬力 (150-kW)3基装備のフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発陸上輸送機:特殊保護塗装をしたために尾翼の登録コードNX-4204は確認できない。胴体側面の「Friendship」も確認できない。:アメリカ人飛行家リチャード・バードは、1926年5月9日 - F.VIIa/3m「ジョセフィーン」で北極圏までの往復飛行に成功し、1927年6月29日、アメリカの子会社で製造したフォッカー(Fokker)C-2「アメリカ」三発輸送機で大西洋横断に成功し、7月1日、フランスの海岸に不時着した。トライモーターは、オランダのフォッカー(Fokker)F.VIIb-3mでアメリカではフォッカーF.9としてライセンス生産された。
Byrd's South Pole plane before they put pontoons on it. East Boston Airport. B.A.C. hangar in back, a Fokker trimotor plane, and people. Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-05 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Airplanes Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真は,Boston Public Library  File name: 08_06_002179引用。


アメリカ人飛行家リチャード・バードRichard Evelyn Byrd:1888-1957)は、第一次世界大戦中は、カナダ東端のノバスコシア州(Nova Scotia)でアメリカ海軍航空隊を指揮していた海軍出身の軍人で、北極点と南極点の双方を飛行している。最終階級は、准将である。

フォッカー(Fokker) C-2 「アメリカ」 "AMERICA" (登録コード:NX206)は、オランダのフォッカー(Fokker)F.VII 三発輸送機をアメリカ陸軍用にアメリカが製造フォッカー(Foccker)F.9三発輸送機である。大西洋横断飛行用に航続距離を延長するために、増設燃料タンクを設け、航続距離は3,800マイル (6,116 km)に伸びている。装備している発動機は、ライト(Wright) J-5 空冷星形9気筒エンジン220馬力3基で、尾翼には登録コード NX-206を描いている。

写真(右)1928年5月、アメリカ、東ボストン飛行場BAC格納庫前のフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)の塗装作業:塗装には、(1)機体を塩害・劣化から保護する役割、(2)機体表面を滑らかにすることで、空気摩擦抵抗を減少させ、飛行性能を向上する狙いがあった。これから、車輪を右後方に置いてあるフロート(ポンツーン)に変換し水上機化される。:1928年6月17-18日、アメリアは、この機体に乗客として搭乗、カナダから北アイルランドまで大西洋を無着陸横断した。
Byrd's South Pole plane before they put pontoons on it. East Boston Airport. B.A.C. hangar in back, a Fokker trimotor plane, and people. Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-05 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Airplanes Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真は,Boston Public Library  File name: 08_06_002179引用。


写真(右)1928年5月、アメリカ、東ボストン飛行場、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937)の乗機となるフォード トライモータ(Ford 4-AT Trimotor)は、車輪をフロートに変換し水上機化された。:リチャード・バード(Richard Byrd)が1929年に南極点飛行に使用する機体である出典で解説されている。しかし、バードの南極点飛行はアメリカ製フォッカー、すなわちフォードであり、同一の機体で達成されたのではないから、誤記であろう。
Byrd's South Pole plane at East Boston Airport Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-05 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Airplanes Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真は,Boston Public Library  File name: 08_06_002182引用。


写真(右)1928年4月、大西洋横断のために、主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を双フロートの水上機仕様に改造作業中のフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship" 三発輸送機:尾翼に黒字で登録コードNX-4204が確認できる。:大西洋を横断のために、主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を、双フロートの水上機仕様に改造作業中の撮影と思われる。1927年にアメリカ人チャールズ・リンドバーグが飛行機で大西洋無着陸横断飛行に成功、それに続く女性の大西洋横断飛行一番乗りは、1928年6月17日フォッカー F.VII(F.VIIb/3m)「フレンドシップ」に同乗したアメリカ人アメリア・イアハートだった。アメリアを乗せて大西洋を横断したフォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"の操縦士は、ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)、副操縦士はルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)だった。
SDASM Archives Historic Flight Trans Atlantic Catalog #: 10_0015321 Title: Historic Flight Trans Atlantic Date: 1928 Additional Information: Fokker ""Friendship"" Tags: Historic Flight Trans Atlantic, Fokker ""Friendship"", 1928 .
写真はflickr,SDASM Archives(Aircraft Races, Air Shows and Historic Flights):Catalog #: 10_0015321引用。


女性による大西洋無着陸飛行の計画は、ブレーメンの大西洋横断の時期にあった。アメリカ婦人メイベル・ボルMabel Boll:1895-1949)は、アメリカの富豪夫人で、大西洋横断飛行を成功させようとした。1928年中に、メイベル・ボルは、チャールズ・レヴァインの購入したユンカース(Junkers)W.33単発輸送機「空の女王」 ”Queen of the Air”を使って、ロンドンから大西洋を横断する計画を立てたのである。しかし、大西洋横断の計画は実現できなかった。実際に女性初の大西洋無着陸横断飛行は、1928年6月17日、アメリカ婦人アメリア・イアハートAmelia Earhart:1897-1937)の同乗した三発輸送機フォッカー (Fokker)F.VII「フレンドシップ」によるものである。その後、ユンカース(Junkers)W.33輸送機「空の女王」 ”Queen of the Air”は、1931年にポルトガルのリスボンから大西洋横断飛行に出発しているが、途中で不時着水している。

写真(右)1928年4月、大西洋横断のために、主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を双フロートの水上機仕様に改造作業中のフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発輸送機(トライモーター)(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028):1927年にアメリカ人チャールズ・リンドバーグが飛行機で大西洋無着陸横断飛行に成功、それに続く女性の大西洋横断飛行一番乗りは、1928年6月17日「フレンドシップ」に同乗したアメリカ人アメリア・イアハートだった。
SDASM Archives Historic Flight Trans Atlantic Catalog #: 10_0015322 Title: Historic Flight Trans Atlantic Date: 1928 Additional Information: Fokker ""Friendship"" Tags: Historic Flight Trans Atlantic, Fokker ""Friendship"", 1928 .
写真はflickr,SDASM Archives(Aircraft Races, Air Shows and Historic Flights):Catalog #: 10_0015322引用。



写真(上)1928年4月、大西洋無着陸横断の準備をしているフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発輸送機。尾翼に登録コードNX-4204が確認できる。
:大西洋を横断のために、主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を、双フロートの水上機仕様に改造中の撮影。1927年にアメリカ人チャールズ・リンドバーグが飛行機で大西洋無着陸横断飛行に成功、それに続く女性の大西洋横断飛行一番乗りは、1928年6月17日、操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)、副操縦士ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)の搭乗したフォッカー F.VII(F.VIIb/3m)「フレンドシップ」に同乗したアメリカ人アメリア・イアハートだった。
Title: Fokker trimotor Friendship with Wilmer Stultz and Lou Gordon working on engine, prior to transatlantic flight Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-04 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Stultz, Wilmer L., 1899-1929; Gordon, Louis E.; Friendship (Airplane); Airplanes Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真はflickr,Boston Public Library File name: 08_06_001633引用。


写真(右)1928年6月17-18日、アメリカ、東ボストン飛行場、車輪をフロート(ポンツーン)に変換する作業が完了した直後のフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028):大西洋を横断のために、主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を、双フロートの水上機仕様に改造作業が終了した直後の撮影。フォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"は、操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)、副操縦士ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)を搭乗員として、アメリア・イアハートを乗せて、カナダ西端、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を横断、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に着水、近くのバリー・ポート(Burry Port)に上陸した。
SDASM Archives Historic Flight Trans Atlantic Catalog #: 10_0015321 Title: Historic Flight Trans Atlantic Date: 1928 Additional Information: Fokker ""Friendship"" Tags: Historic Flight Trans Atlantic, Fokker ""Friendship"", 1928 .
写真はflickr,SDASM Archives(Aircraft Races, Air Shows and Historic Flights):Catalog #: 10_0015317引用。


写真(右)1928年4月12日、大西洋無着陸横断のため胴体中央部に燃料タンクを増設したフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発輸送機とコックピットの操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz):主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を、双フロートの水上機仕様に改造された。オリジナル解説には、リチャード・バード(Richard Byrd)の南極探検用フォッカー機とされているが、誤りであろう。バードは1929年11月28-29日、南極大陸ロス氷原、リトル・アメリカ基地から南極点までの往復飛行に成功した。使用機は、同景気のアメリカ製造版フォード4AT・三発機「フロイド・ベネット」、飛行時間は15時間51分だった。
Wilmer Stultz at the wheel of Byrd's Fokker plane that goes to the South Pole Title: Wilmer Stultz at the wheel of Byrd's Fokker plane that goes to the South Pole Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-04-12 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Stultz, Wilmer L., 1899-1929; Air pilots; Airplanes Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真はflickr,Boston Public Library, Print Department File name: 08_06_002180引用。


フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発輸送機による大西洋を横断飛行には、燃料タンクの増設が不可欠だった。重心位置が大きく変化しないように、重心中心、すなわち機体の中央部胴体・主翼根元付近に燃料タンクを置くのが一般的である。1927年にアメリカ人チャールズ・リンドバーグが飛行機で大西洋無着陸横断飛行に成功、それに続く女性の大西洋横断飛行一番乗りは、1928年6月17日、操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)、副操縦士ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)の搭乗したフォッカー F.VII(F.VIIb/3m)「フレンドシップ」に同乗したアメリカ人アメリア・イアハートだった。

写真(右)1928年5月、アメリカ、ボストン飛行場、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937)の乗機となるフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発輸送機トライモーター(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)は、車輪をフロートに変換し水上機化された。:1928年6月17-18日、アメリアは、乗客としてカナダから北アイルランドまで大西洋を無着陸横断したが、アメリカ人飛行家・海軍軍人リチャード・バード(Richard Byrd)による南極点飛行にも同様のフォッカー設計・アメリカ・フォード製造の機体が使用された。
Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-05 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Airplanes Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真は,Boston Public Library  File name: 08_06_002177引用。



写真(上)1928年5月、大西洋無着陸横断の準備をしているフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発輸送機。尾翼に登録コードNX-4204が確認できる。
:大西洋を横断のために、主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を、双フロートの水上機仕様に改造し終わった直後の撮影。1927年にアメリカ人チャールズ・リンドバーグが飛行機で大西洋無着陸横断飛行に成功、それに続く女性の大西洋横断飛行一番乗りは、1928年6月17日、操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)、副操縦士ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)の搭乗したフォッカー F.VII(F.VIIb/3m)「フレンドシップ」に同乗したアメリカ人アメリア・イアハートだった。
Title: Launching Byrd's South Pole plane at East Boston Airport Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-05 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Amphibious vehicles; Seaplanes Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sl Collection: Leslie Jones Collection Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真はflickr,Boston Public Library File name: 08_06_002178引用。


写真(右)1928年5月、アメリカ、ボストン、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937)の乗機となるフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機:尾翼に黒字で登録コードNX-4204が確認できる。:ボストン飛行場で、車輪をフロートに変換し水上機化され、海面に運ばれた。写真解説には、アメリカ人飛行家・海軍軍人バードによる南極点飛行に使用される機体とある。1928年6月17-18日、アメリアが搭乗、カナダから北アイルランドまで大西洋を無着陸横断したのも同一の機体ではないはずで、写真解説の誤りのようだ。
Byrd's South Pole being lowered into the water for first time after the pontoons were put on.
Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-05.
Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Airplanes.
Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection.
Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones..
Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真は,Boston Public Library   File name: 08_06_002202引用。


写真(右)1928年6月17-18日、カナダ東端、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を横断、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に無事着水したフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028):大西洋を横断のために、主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を、双フロート(ポンツーン)の水上機仕様に改造し、試験飛行中の撮影と思われる。
SDASM Archives Historic Flight Trans Atlantic Catalog #: 10_0015321 Title: Historic Flight Trans Atlantic Date: 1928 Additional Information: Fokker ""Friendship"" Tags: Historic Flight Trans Atlantic, Fokker ""Friendship"", 1928 .
写真は,SDASM Archives(Aircraft Races, Air Shows and Historic Flights):Catalog #: 10_0015314引用。


アメリアの搭乗したフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発輸送機は、大西洋を横断のために、主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を、双フロートの水上機仕様に改造した。1927年にアメリカ人チャールズ・リンドバーグが飛行機で大西洋無着陸横断飛行に成功、それに続く女性の大西洋横断飛行一番乗りは、1928年6月17日フォッカー F.VII(F.VIIb/3m)「フレンドシップ」水上機に同乗したアメリカ人アメリア・イアハートAmelia M. Earhart)だった。

フォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"の操縦士はウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)、副操縦士はルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)で、アメリア・イアハートは飛行記録をつけていた。フォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」は、1928年6月17日、カナダ西端、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を無着水で横断し、1928年6月18日、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に着水、バリー・ポート(Burry Port)に上陸した。しかし、ここは寒村であり、最終目的地は130マイル離れたイングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)だった。ウェールズのバリー・ポートで一泊した一行は、翌19日、そこで、フォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"で、イングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)まで飛行し、そこに上陸し歓迎を受けた。これによって、アメリアは、大西洋横断飛行を成功させた初めての女性の栄誉を得ることができた。

写真(右)1928年6月4日、アメリカ、マサチューセッツ州(Massachusetts)ボストン(Boston)、大西洋を横断飛行する直前のアメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937):1928年6月17-18日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に乗客として搭乗、カナダから北アイルランドまで大西洋を無着陸横断を女性として初めて達成した。これはリンドバーグの大西洋単独横断初飛行の快挙に次ぐものとされ、第30代アメリカ大統領カルビン・クーリッジは、面会し彼女を称賛した。この場所では、飛行帽を被ったり、コートの前を開けたり、いくつかのポーズをとらせた写真が残っている。アメリアは、このときフォッカー三発水上輸送機に同乗者として、事実上、乗客として大西洋横断飛行をしたが、女性にとって初めての快挙、アメリカ女性の勇気ある行動として称賛・喧伝された。これと違った飛行帽なしの姿の写真が、1928年7月19日のNEW YORK TIMES のトップ記事「AMELIA EARHART FLIES ATLANTIC, FIRST WOMAN 」に掲載された。1928年6月4日、アメリカ、マサチューセッツ州(Massachusetts)ボストン(Boston)で、大西洋を横断飛行する直前に、アメリカ女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)は記念写真撮影を行ったが、緊張した面持ちだった。
Title: Amelia Earhart Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-06 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Earhart, Amelia, 1897-1937; Air pilots Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真は,Boston Public Library  Leslie Jones Collection引用。


1928年4月、飛行操縦のできたアメリア・イアハートAmelia Earhart)は、評論家で富豪のジョージ・パットナムの誘いを受け、大西洋横断飛行に同乗することとなった。これは、操縦士としてではなく乗客としてだったが、飛行訓練を受けた女性は緊急時に役に立つ上に、大西洋横断飛行をした初めての女性をアメリカ人とすることで、アメリカの国威発揚にも繋がると考えられたからである。ジョージ・パットナムが資金提供者パトロンとなって、フォッカー F.VII「フレンドシップ」三発水上輸送機によって、カナダのニューファンドランド島のトレパシー湾を離水、大西洋上を陸奥悪陸で横断し、21時間後にイギリスのウェールズ、バリー・ポートに着水した。この時の搭乗員は、主操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz: 1900-1929)、副操縦士兼機関士(エンジニア)ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon: 1901-1964)で、アメリアは事実上乗客だった。

写真(右)1928年6月8日、アメリカ、マサチューセッツ州(Massachusetts)ボストン(Boston)、大西洋横断飛行直前のフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)乗り込んだアメリカ女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)と正操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer Stultz)が、フロート上のパトロンのジョージ・パットナム(George Palmer Putnam)から見送りを受けている。
Amelia Earhart and Wilmer Stultz in the "Friendship" with George Putnam, before the Transatlantic Flight, June 8, 1928/ Amelia Earhart became the first woman to fly across the Atlantic Ocean in 1928, but only as a passenger. Wilmer Stultz and Louis Gordon did the actual piloting. The trio made their crossing in a Fokker F.VII Tri-Motor named Friendship. Their successful flight took them from Trepassey Harbour, Newfoundland, to Burry Port, South Wales, in 20 hours and 40 minutes. Subject Date 08 June 1928 .Dimensions Height: 8 in Width: 10 in
写真はCollections of The Henry Ford THF255793 引用。


1932年6月8日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に搭乗するアメリア・イヤハート、主操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz: 1900-1929)、副操縦士兼機関士(エンジニア)ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon: 1901-1964)は、パトロンで出版業を営むジョージ・パットナム(George Palmer Putnam)の最後の見送りを受けた。

1928年、出版業を営む富豪ジョージ・パットナム(George Palmer Putnam)は、フォッカーF.VIIb3m三発水上輸送機「フレンドシップ」によるカナダのニューファウンドランド島から、大西洋横断を超えてイギリスへの飛行に同乗するように、アメリア・イアハートを誘った。ジョージ・パットナム(George Putnam)は、グリーンランド探検をしたこともある活動的な人物で、女性で飛行操縦資格のあるアメリアを同乗させることで大西洋横断飛行した初の女性をプロモーションできると考えたのである。3年後の1931年に、アメリアとジョージ・パットナム(George Putnam)は、各々の過去を清算して、正式に結婚する。


写真(上)1928年6月19日、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に無事着水しバリー・ポート(Burry Port)に着いたアメリア・イヤハートのフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)
:本来は陸上機だったが、アメリカのボストン飛行場で、車輪をフロートに変換し水上機化され、大西洋横断飛行に使用された。アメリカ人飛行家・海軍軍人バードによる南極点飛行に使用されるのも同型のアメリカ製フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m、すなわちフォード(Ford)4-AT-B三発水上機「フロイド・ベネット」だった。1928年6月17-18日、アメリアが搭乗、カナダから北アイルランドまで大西洋を無着陸横断したのは、アメリアが大西洋横断をしたのと同様の機種だが、同一の機体ではない。
Amelia Earhart Greets the Crowd at Southampton from the "Friendship," June 19, 1928 When Amelia Earhart, Wilmer Stultz and Louis Gordon left Newfoundland on their transatlantic flight, their intended destination was Southampton, England. Instead they landed at Burry Port, Wales, some 134 miles away. It didn't matter. After a night's rest, the three flew on to Southampton for the pre-arranged ceremonies. They were greeted by cheering crowds, proud dignitaries and inquisitive reporters. Subject Date 19 June 1928 Dimensions Height: 8 in Width: 10 in .
写真はThe Henry Ford,Benson Ford Research Center THF255908 引用。


アメリア・イヤハートのフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)は、本来は陸上機だったが、アメリカの東ボストン飛行場で、車輪をフロートに変換し水上機化された。つまり、大西洋横断飛行に使用されたときは、フロートを付けた水上機だったので、離陸ではく離水、着陸でなく着水だった。アメリカ人飛行家・海軍軍人バードによる南極点飛行に使用されるのも同型のアメリカ製フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m、すなわちフォード(Ford)4-AT-B三発水上機「フロイド・ベネット」だった。1928年6月17-18日、アメリアが搭乗、カナダから北アイルランドまで大西洋を無着陸横断したのは、アメリアが大西洋横断をしたのと同様の機種だが、同一の機体ではない。

写真(右)1928年6月18日、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に無事着水し、そこから2キロ離れたバリー・ポート(Burry Port)に小型船に曳航されて到着したアメリア・イヤハートの乗ったフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship" 三発輸送機:尾翼に黒字で登録コードNX-4204が確認できる。:大西洋を横断のために、主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を、双フロートの水上機仕様に改造された。1927年にアメリカ人チャールズ・リンドバーグが飛行機で大西洋無着陸横断飛行に成功、それに続く女性の大西洋横断飛行一番乗りは、1928年6月17日フォッカー F.VII(F.VIIb/3m)「フレンドシップ」に同乗したアメリカ人アメリア・イアハートだった。アメリアを乗せて大西洋を横断したフォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"の操縦士は、ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)、副操縦士はルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)だった。 写真はThe Henry Ford,Benson Ford Research Center THF255806引用。

フォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"の操縦士はウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)、副操縦士はルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)で、アメリア・イアハートは飛行記録をつけていた。フォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」は、1928年6月17日、カナダ西端、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を無着水で横断し、1928年6月18日、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に着水、バリー・ポート(Burry Port)に上陸した。バリー・ポート(Burry Port)で1泊いた一行は、翌6月19日に最終目的地である134マイル以上離れたイングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に飛び立った。これによって、アメリアは、大西洋横断飛行を成功させた初めての女性の栄誉を得ることができた。

1928年6月17日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)は、カナダ、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋横断飛行に発進し、翌18日、イギリス、1928年6月18日、イギリス、ウェールズ南西海岸バリー・ポート(Burry Port)に着水した・そこで、1泊過ごしてから、翌19日に飛び立って、イングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に着水・上陸し、大西洋横断の目的を達した。


写真(上)1928年6月19日、大西洋横断飛行し、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に着水、そこから2キロ東のバリー・ポート(Burry Port)に到着した大西洋を初横断した女性となったアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)と操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)[右]
:大西洋横断飛行直後なので、胴体内に腰を掛け疲労感を漂わせている。機体の昇降口扉の内側が見えるが、木製の模様がよくわかる。リンドバーグに続いて、大西洋を初横断した初めての女性アメリアは、リンドバークに似ていて、爽やかな長身だったので、「リンディ―」(女性版リンドバーグ)という愛称で親しまれることになる。
Amelia Earhart and Wilmer Stultz Leaving Burry Port on the "Friendship," June 19, 1928 When Amelia Earhart became the first woman to fly the Atlantic in June 1928, she was a passenger. Pilot Wilmer Stultz and mechanic Louis Gordon operated the Fokker F.VII Tri-Motor Friendship while Earhart kept the flight log. The three were delayed 13 days in departing Newfoundland for Great Britain, waiting for favorable weather and shedding unnecessary weight from their airplane..
Subject Date 19 July 1928
Dimensions Height: 6.125 in Width: 8.125 in
写真はThe Henry Ford,Benson Ford Research Center THF255779引用。



写真(上)1928年6月18日、イギリス、ウェールズ南西海岸バリー・ポート(Burry Port)に到着したアメリカ女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)のフォッカーF.VIIb3m三発水上輸送機「フレンドシップ」
:カナダのニューファウンドランド島から、大西洋横断を超えて、飛行時間22時間未満でウェールズに着水した。翌日、イングランドのサザンプトンに飛んだ。
The "Friendship" Anchored at Burry Port after the Transatlantic Flight, June 1928 Amelia Earhart Boarding the "Friendship," Departing Burry Port for Southampton, June 19, 1928
Amelia Earhart became the first woman to fly across the Atlantic Ocean in 1928, but only as a passenger. Wilmer Stultz and Louis Gordon did the actual piloting. The trio made their crossing in a Fokker F.VII Tri-Motor named Friendship. Their successful flight took them from Trepassey Harbour, Newfoundland, to Burry Port, South Wales, in 20 hours and 40 minutes.
Clipping (Information artifact) Subject Date 18 June 1928.
Height:76 in Width: 8 in Credit From the Collections of The Henry Ford.
写真はThe Henry Ford, Benson Ford Research Center THF255816引用。


フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)は、ボストンから、カナダ東端のニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)に飛行した。これは、ボストンより東にあり、ヨーロッパに向かう最短距離になる当たる地点であり、ここで、燃料を満タンにしたのである。1928年6月17日、カナダ東端ニューファウンドランド島トレパシー港を離水したフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)は、大西洋を無着水で横断し、翌1928年6月18日、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に緊急着水し、大西洋横断飛行を女性として初めて成功させ、バリー・ポート(Burry Port)に上陸し住民の歓迎を受けた。そして、翌日140マイル離れたイングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)まで飛行し、そこでサウサンプトン市長夫妻などの大歓迎を受け、陸路ロンドンに向かった。

写真(右)1928年6月18日、イギリス、ウェールズ南西海岸バリー・ポート(Burry Port)を着水したアメリア・イヤハート同乗のフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028) :大西洋を横断のために、主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を、双フロートの水上機仕様に改造した。船舶用の大型燈火ブイが写っている。
SDASM Archives Historic Flight Trans Atlantic Catalog #: 10_0015311 Title: Historic Flight Trans Atlantic Date: 1928 Additional Information: Fokker ""Friendship"" Tags: Historic Flight Trans Atlantic, Fokker ""Friendship"", 1928
写真はflickr,SDASM Archives(Aircraft Races, Air Shows and Historic Flights):Catalog #: 10_0015311引用。


1932年6月18日、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に無事着水したアメリア・イヤハート同乗のフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)は、数キロ離れたバリー・ポート(Burry Port)まで動力船で牽引されて、ブイに係留された。

1928年6月18日、イギリス、ウェールズ南西海岸バリー・ポート沖合にもやってたフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m"Friendship" 三発水上輸送機のフロートに降りたアメリアたち搭乗員3人は、現地の手漕ぎボートにフロートに寄せてもらい、小舟でバリー・ポート(Burry Port)の突堤に上陸した。そこには、地元民が多数出迎えに来ていた。1928年6月17日、イギリス、ウェールズ南西海岸バリー・ポート(Burry Port)に到着したアメリア一行は、そこで1泊して、翌6月19日に、イングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に向けて飛び立った。

写真(右)1928年6月18日、イギリス、ウェールズ南西海岸バリー・ポート(Burry Port)に小舟から上陸する、大西洋を横断してきたアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)一行。フォッカーF.VIIb3m三発水上輸送機「フレンドシップ」から小舟でバリー・ポート(Burry Port)の突堤に上陸し住民2000人の歓迎を受けた。:カナダのニューファウンドランド島から、大西洋横断を超えて、飛行時間22時間未満でウェールズに到着、1泊して、翌日、イングランドのサザンプトンに飛んだ。
Amelia Earhart and the "Friendship" Crew Brought Ashore at Burry Port after the Transatlantic Flight, June 18, 1928 / Amelia Earhart and her Friendship crewmates, Wilmer Stultz and Louis Gordon, had intended to fly from Newfoundland to Southampton, England. Instead they landed off of Burry Port, Wales. It did not matter. When the trio came ashore, some 2,000 people -- nearly the entire population of Burry Port -- came out to see the woman who had conquered the Atlantic Ocean.
Clipping (Information artifact) Subject Date 18 June 1928.
Height:8 in Width: 10 in Credit From the Collections of The Henry Ford.
写真はThe Henry Ford,Benson Ford Research Center THF255800 引用。


アメリア・イヤハートは、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機トライモーター(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に同乗、1928年6月17日、カナダ、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を横断、翌日18日にイギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に着水、そこから2キロ東のバリー・ポート(Burry Port)に到着、上陸した。アメリアは、アメリカ大陸から大西洋を飛行機で横断し、イギリスに到着したことで、大西洋無着陸横断飛行をした初めての女性として、称賛された。アメリアは、機内では飛行記録をつけていただけだったようだ。フォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"三発水上輸送機の操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)、副操縦士ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)もアメリアを同乗させたことで、彼女を無着陸大西洋横断飛行をした初めての女性にした栄誉を得た。


写真(上)1928年6月19日、イギリス、ウェールズ南西海岸バリー・ポート(Burry Port)、イングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に向かうアメリカ女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)のフォッカーF.VIIb3m三発水上輸送機「フレンドシップ」
:カナダのニューファウンドランド島から、大西洋横断を超えて、ウェールズに着水した。翌日、イングランドのサザンプトンに飛んだ。
Amelia Earhart Boarding the "Friendship," Departing Burry Port for Southampton, June 19, 1928
Amelia Earhart and her Friendship crewmates, Wilmer Stultz and Louis Gordon, had intended to fly from Newfoundland to Southampton, England. Instead they landed off of Burry Port, Wales. It did not matter. When the trio came ashore, some 2,000 people -- nearly the entire population of Burry Port -- came out to see the woman who had conquered the Atlantic Ocean. .
Clipping (Information artifact) Subject Date 19 June 1928.
Height:7.5 in Width: 10.5 in Credit From the Collections of The Henry Ford.
写真はThe Henry Ford, Benson Ford Research Center THF255834 引用。


 20世紀前半、社会的・文化的役割としての性差、すなわちジェンダー不平等Gender Inequality )、女性差別が蔓延していた時代、女流飛行家アメリア・イアハートは、ジェンダー平等を勧めた先駆的女性として注目できる。

写真(右)1928年6月19日、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に無事着水、そこから2キロ東のバリー・ポート(Burry Port)で1泊したフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)は翌6月19日にハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に向けて離水した。:カナダ西端、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を横断して、イギリス、ウェールズのバリー・ポート(Burry Port)に着水し、そこから翌日にサウサンプトン(Southampton)に向けて離水した。下方から見ると、直方体形状の胴体、大きな主翼な単純で空気抵抗の少なさそうな構造が見て取れる。
SDASM Archives / Fokker Airplane "Friendship" in Which Amelia Earhart Flew as a Passenger Across the Atlantic, June 18, 1928 Historic Flight Trans Atlantic Catalog #: 10_0015328 Title: Historic Flight Trans Atlantic Date: 1928 Additional Information: Fokker ""Friendship"" Tags: Historic Flight Trans Atlantic, Fokker ""Friendship"", 1928 .
写真はflickr,SDASM Archives(Aircraft Races, Air Shows and Historic Flights):Catalog #: 10_0015328およびCollections of The Henry Ford THF255982引用。


1927年にアメリカ人チャールズ・リンドバーグが飛行機で大西洋無着陸横断飛行に成功、それに続く女性の大西洋横断飛行一番乗りは、1928年6月17日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に同乗したアメリカ人アメリア・イアハートAmelia M. Earhart)だった。女性初の大西洋横断飛行を逃したアメリカ女優で大富豪のメイベル・ボル(Mabel Boll:1895-1949)は、チャールズ・レヴァインの購入したユンカースW33「クィーンオブエア」に同乗して、ロンドンから逆回りで大西洋を横断する計画を立てた。しかし、計画は実現せず、終わった。

写真(右)1928年6月19日、大西洋を横断し、イングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に着水しようとするアメリアの同乗するフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028):パラマウントニュースの配信クレジットがあるが、前日に、イギリス、ウェールズ南西海岸バリー・ポート(Burry Port)に到着していたアメリア一行から連絡を受けていたために、決定的瞬間を撮影できたのであろう。機首を若干上方にして、尾輪式の着陸方式と同様に着水しようとしている。大西洋を横断のために、主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を、双フロートの水上機仕様に改造し、試験飛行中の撮影と思われる。
SDASM Archives Historic Flight Trans Atlantic Catalog #: 10_0015329 Title: Historic Flight Trans Atlantic Date: 1928 Additional Information: Fokker ""Friendship"" Tags: Historic Flight Trans Atlantic, Fokker ""Friendship"", 1928 .
写真はflickr,SDASM Archives(Aircraft Races, Air Shows and Historic Flights):Catalog #: 10_0015329引用。


1928年6月17日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)は、カナダ、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋横断飛行に発進し、翌18日、イギリス、1928年6月18日、イギリス、ウェールズ南西海岸バリー・ポート(Burry Port)近くのプル(Pwll)に着水した。 主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を、双フロートの水上機仕様に改造したフォッカー(Fokker)F.VIIb水上機は、着水には広い海面が必要であり、船の往来がある港内に着水することはできない。そこで、バリー港の沖合に着水し、そこからそこから2キロ東のバリー・ポート(Burry Port)内の突堤近くまで、燃料節約と安全航行のなめに、小型動力船に引っ張られて移動した。アメリアたち搭乗員3人は、迎えに来たイギリス人の小舟に乗って、バリーポートの突堤に上陸した。この時には、たくさんの住民が歓迎に集まってきていた。ここで、1泊したアメリアたちは、翌19日、住民の見送りを受けながら離水、飛行して、イングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に着水した。ここでは、小型動力船の迎えを受けて、サザンプトン港の桟橋に上陸した。大西洋横断の目的を達したアメリカ人3人を歓迎するために、市長夫妻やメディアなど多数の市民が詰めかけていた。

写真(右)1928年6月19日、大西洋を横断し、イングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に着水した直後と思われるフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028):大西洋を横断飛行するために、主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を、双フロートの水上機仕様に改造した。沖合にもやってあるので、そこまで小舟で移動して、フロートを桟橋代わりにして、胴体に乗り込んだ。写真の右下隅にパラマウントニュースの配信クレジットが添えられている。
SDASM Archives Historic Flight Trans Atlantic Catalog #: 10_0015307 Title: Historic Flight Trans Atlantic Date: 1928 Additional Information: Fokker ""Friendship"" Tags: Historic Flight Trans Atlantic, Fokker ""Friendship"", 1928 .
写真はflickr,SDASM Archives(Aircraft Races, Air Shows and Historic Flights):Catalog #: 10_0015307引用。


アメリア・イヤハートが同乗したフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)は、1928年6月17日、カナダ、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋横断飛行に発進、翌18日、イギリス、1928年6月18日、イギリス、ウェールズ南西海岸バリー・ポート(Burry Port)近くに着水し、そこで1泊して、翌19日にイングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)到着した。アメリア一行は、サウサンプトンに上陸し、公式に大西洋横断飛行を完成させた。20世紀前半、ジェンダー不平等Gender Inequality )、すなわち社会的・文化的役割として女性差別が当然だった時代、アメリアの成し遂げた大西洋横断飛行にはインパクトがあった。

写真(右)1928年6月19日、大西洋横断飛行後、イングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に到着したアメリア・イヤハート同乗のフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028) が、動力船に牽引されて港湾の中に進んできた。:6月17日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)は、カナダ、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を横断、18日にイギリス、ウェールズ南西海岸バリー・ポート(Burry Port)近くのプル(Pwll)の海岸に着水した、近くバリー・ポート(Burry Port)で1泊した。桟橋近くで、フロートを羽板代わりにして、小型船に乗り込んで、桟橋に行き上陸した。周囲の客船の舷側には多数の見物人があり、フォッカー三発水上機トライモーターを出迎えている。
SDASM Archives Historic Flight Trans Atlantic Catalog #: 10_0015318 Title: Historic Flight Trans Atlantic Date: 1928 Additional Information: Fokker ""Friendship"" Tags: Historic Flight Trans Atlantic, Fokker ""Friendship"", 1928 .
写真はflickr,SDASM Archives(Aircraft Races, Air Shows and Historic Flights):Catalog #: 10_0015318引用。


1928年6月17-18日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)は、カナダ東端、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を横断したが、燃料不足のためか、急遽、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に着水した。そして、そこで1泊後、翌19日に最終目的地のイングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に到着した。

写真(右)1928年6月19日、大西洋横断飛行後、ウェールズ南西海岸バリー・ポート(Burry Port)経由でイングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に到着したアメリア・イヤハート同乗のフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)と降りてフロートに立っているアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)(左):着水した水上機の二つのフロートは、上部が水面上にあり、水平な位置を保っているので、乗降用に利用された。
SDASM Archives Historic Flight Trans Atlantic Catalog #: 10_0015312 Title: Historic Flight Trans Atlantic Date: 1928 Additional Information: Fokker ""Friendship"" Tags: Historic Flight Trans Atlantic, Fokker ""Friendship"", 1928 .
写真は,SDASM Archives(Aircraft Races, Air Shows and Historic Flights):Catalog #: 10_0015312引用。


1928年6月17日、アメリアの搭乗したフォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」は、カナダ東端ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を横断、翌18日にイギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に大西洋横断無着陸飛行に成功した。当日は、プル(Pwll)の直ぐ近くのバリー・ポート(Burry Port)1泊して、翌6月19日にそこから飛び立って、イングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に着水した。前18日には、アメリアのウェールズのバリー・ポート到着を知っていたメディアは、サウサンプトンに集まって、彼女の「フレンドシップ」到着を待ち構えていた。

1928年6月19日、イングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に到着したフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)の搭乗員は、フロートに降りて、迎えに来た小型船に乗り移って、大きな桟橋まで移動し、上陸した。そこでは、サウサンプトン(Southampton)市長夫妻が出迎えをしている。

写真(右)1928年6月19日、大西洋横断飛行後、ウェールズ南西海岸バリー・ポート(Burry Port)に一旦停泊して、翌日にイングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に到着したアメリア・イヤハート。「フレンドシップ」"Friendship"の正操縦士はウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz:アメリア左手)、副操縦士はルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon:アメリア右手)で、ハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)市長夫妻(写真右)が出迎えた。:後方に、フォッカー(Fokker)F.VIIb三発水上機が写っている。
SDASM Archives Historic Flight Trans Atlantic Catalog #: 10_0015308 Title: Historic Flight Trans Atlantic Date: 1928 Additional Information: Fokker ""Friendship"" Tags: Historic Flight Trans Atlantic, Fokker ""Friendship"", 1928 .
写真はflickr,SDASM Archives(Aircraft Races, Air Shows and Historic Flights):Catalog #: 10_0015308引用。


1928年6月18日、アメリア・イアハートは、カナダ東端、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を横断、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に無事委着水し、大西洋横断飛行に成功した。ただし、ここは燃料不足(航法誤り)から緊急着陸したのであって、着陸予定地ではなかった。そこで、ここで1泊してから、翌6月19日に離水し、130マイル離れたハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)沖に着水、上陸した。


写真(上)1928年6月19日、イングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に大西洋を横断、着水したフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)[後方] と上陸したアメリカ人女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937)31歳を歓迎するイギリス市民

Amelia Earhart and the "Friendship" Greeted by Crowds at Southampton, June 19, 1928Height:88 in Width: 10.125 in Credit From the Collections of The Henry Ford.
写真はThe Henry Ford,Benson Ford Research Center THF255844 引用。


1928年6月17-18日、アメリアの同乗したフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機トライモーター(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)は、ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)を正操縦士、ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)を副操縦士・航法・機関士として、大西洋を横断しイギリス、ウェールズ南西海岸バリー・ポート(Burry Port)に到着した。アメリア・イアハート(Amelia Earhart)は飛行ログを記入する係であり、事実上の乗客に過ぎなかったが、カナダ西端、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)まで、大西洋を無着陸横断することに成功した初めての女性となった。初の女性大西洋横断飛行が、アメリカ女性によって達成されたことで、アメリカの国威は大いに発揚した。アメリアの帰国を待って、大々的なイベントが政府によって開催され、アメリアは、搭乗員たちとともに大歓迎を受けた。

写真(右)1928年7月初旬頃、アメリカに帰国する客船「ルーズベルト大統領」甲板上のフォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"三発水上輸送機の操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)[右]、副操縦士ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)[左]、飛行ログを付けたアメリア・イアハート[中央]:カナダ、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を横断、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)までフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機トライモーター(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)で太平洋を横断した時の搭乗員3人。フォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"三発水上輸送機の操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)、副操縦士ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)、飛行ログを付けたアメリア・イアハート(Amelia Earhart)。アメリアは、カナダ西端、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を横断、イギリス、ウェールズ南西海岸バリー・ポート(Burry Port )脇のプル(Pwll)に無着陸大西洋横断飛行をした初めての女性だった。
Amelia Earhart, Wilmer Stultz and Lewis GordonCatalog #: 10_0015311 SitterAmelia Mary Earhart, 24 Jul 1897 - c. 2 Jul 1937Wilmer A. Stultz, 1900 - 1929Lewis Edward Gordon, 1901 - 1964Date: 1928 MediumGelatin silver prin tDimensions Image: 19 x 14.2cm (7 1/2 x 5 9/16")Sheet: 20.3 x 15.2cm (8 x 6").
Exhibition LabelTwo months after Amy Guest’s invitation, Earhart—together with Wilmer "Bill" Stultz, seen at left, and Louis "Slim" Gordon, at right—left Boston in Guest’s plane, Friendship. Their immediate destination was Newfoundland, the jumping-off point for their transatlantic voyage. On June 17, 1928, after a series of unsuccessful take-offs, they departed from Trepassy Harbor and immediately encountered miserable weather. Although they feared that they had gotten off course and might have to ditch the plane in the ocean, they reached Burry Port, Wales, after twenty hours of flying. They were almost completely out of fuel. Stultz served as the pilot and Gordon as the chief mechanic. Guest paid both men handsomely for their services. Earhart, in contrast, received no money. Furthermore, she never piloted the plane during the flight, which she readily acknowledged. Privately, though, it bothered her. As she later said, "I was just baggage, like a sack of potatoes."
写真はSmithsonian ,National Portrait Gallery Collection  Object number S/NPG.93.1520015311引用。


フォッカーF.VIIb-3m三発輸送機トライモーター「フレンドシップ」"Friendship"は、ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)を正操縦士、ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)を副操縦士・機関士として、アメリア・イアハート(Amelia Earhart)が同乗して、カナダ西端、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を横断、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に無事着水した。これは、女性の初めての無着陸大西洋横断飛行だった。一行は、ここで一泊し、翌19日、フォッカーF.VIIb-3m三発輸送機「フレンドシップ」"Friendship"で150マイルだけ飛行して、最終目的地のハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に着水、イギリス本土に上陸した。この大西洋横断飛行は、アメリカ人・女性の双方にとって大変な名誉だった。

フォッカーF.VIIb-3m三発輸送機トライモーター「フレンドシップ」"Friendship"は、ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)を正操縦士、ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)を副操縦士・機関士として、アメリア・イアハート(Amelia Earhart)が同乗して、カナダ西端、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を横断、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に無事着水した。これは、女性の初めての無着陸大西洋横断飛行だった。一行は、ここで一泊し、翌19日、フォッカーF.VIIb-3m三発輸送機「フレンドシップ」"Friendship"で150マイルだけ飛行して、最終目的地のハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に着水、イギリス本土に上陸した。この大西洋横断飛行は、アメリカ人・女性の双方にとって大変な名誉だった。

しかし、アメリア・イアハート(Amelia Earhart)は、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機トライモーター(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)を操縦はしていないし、エンジンを調整する機関士でもなく、飛行ログ(記録)係だった。操縦した二人の男性飛行家は、決してアメリアよりも上に立とうとしておらず、紳士的だった。アメリアもそのことをよくわきまえていた。その後、「フレンドシップ」三発水上輸送機の正操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)、副操縦士ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)は、歓迎式典には呼ばれたものの、今日では忘れ去られている。

1928年6月17-18日、フォッカー(Fokker)F.VIIb3mトライモーター三発輸送機でカナダからイギリスまで大西洋を横断飛行を成功させた搭乗員一行3人は、7月6日に客船「ルーズベルト大統領」でイギリスからアメリカのニューヨーク港に帰国し、まずニューヨーク市で大歓迎された。それから、フォッカー(Fokker)F.VIIb3m三発陸上輸送機(大西洋を横断したのとと同型だが別機)に乗り換えて空路でマサチューセッツ州(Massachusetts)、東ボストン飛行場に帰国するという演出をし、地元の知事・市長の出迎えを受け、市民に大歓迎された。さらに、アメリアの故郷であるマサチューセッツ州(Massachusetts)メッドフォードに向かい、そこで大歓迎された。、

写真(右)1928年7月9日、アメリカ東部、マサチューセッツ州(Massachusetts)、東ボストン飛行場、フォッカー(Fokker)F.VIIb3m三発陸上輸送機でニューヨークから到着し大歓迎されるフォッカー(Fokker)F.VIIb3m三発水上輸送機「フレンドシップ」(登録コード:NX-4204)での大西洋無着陸初横断の女性アメリア・イアハート:2機のフォッカー(Fokker)F.VIIb3m三発輸送機が写っているが、尾翼の形状が異なる。マサチューセッツ州東ボストン飛行場に到着したアメリアは、ここから北に進み、自動車で故郷メッドフォードに凱旋した。
The Friendship fliers get a big celebration at Medford, Amelia Earhart's hometown. Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-07-10 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Earhart, Amelia, 1897-1937; Stultz, Wilmer L., 1899-1929; Gordon, Louis E.; Air pilots; Parades & processions Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection. .
写真はflickr,Boston Public Library(Aviation: Boardman, Earhart & Grayson):File name: 08_06_002070引用。


アメリアが1928年に大西洋横断飛行に使用したのは、フォッカー(Fokker)F.VIIb3m三発水上輸送機「フレンドシップ」(登録コード:NX-4204)であるが、彼女は空路、帰国したのではない。船便でカナダに渡り、そこから指し迎えの(往路に使ってのとは異なる)フォッカー(Fokker)F.VIIb3m三発陸上輸送機に乗り換えて、アメリカ本土、東ボストン飛行場に帰国した。これは、往復空路を使用したかのようなイメージを演出するための細工であり、往路の大西洋横断のフォッカー(Fokker)は水上機、復路のカナダ=アメリカ移動のフォッカーは陸上輸送機だった。空路でアメリカ東ボストン飛行場に帰国する演出は、大々的なイベントであり、飛行場には地元の知事・市長が出迎え、多数のメディアも押し寄せていた。

1927年にアメリカの若者チャールズ・オーガスタス・リンドバーグCharles Augustus Lindbergh: 1902-1974)による初のニューヨーク=パリ間大西洋単独無着陸横断飛行が成し遂げられた後、アメリア・イアハートAmelia Mary Earhart)は、1928年6月17-18日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)水上機に搭乗して、カナダのニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を横断してイギリス、ウェールズのプル(Pwll)まで飛行した。翌19日にイングランドのに飛行して上陸したアメリアは、女性として初の大西洋横断飛行をしたことで世界のメディアに注目された。

フォッカーF.VIIb3m三発水上輸送機「フレンドシップ」でカナダのニューファウンドランド島から、大西洋横断を超えて、イギリスのウェールズに着水し、大西洋横断を成し遂げたアメリカの英雄たち。リンドバーグに続いて、大西洋を初横断した初めての女性もアメリカ人だった。アメリアは、リンディ―(女性版リンドバーグ)の愛称で呼ばれた。マサチューセッツ州、東ボストン飛行場に大西洋横断と同じ型のフォード三発旅客輸送機トライモーターで到着したアメリアは、一路北上し、自動車で生まれ故郷のマサチューセッツ州(Massachusetts)、メッドフォードに帰郷し、大歓迎を受けた。

1928年6月17−18日フォッカー F.VII(F.VIIb/3m)「フレンドシップ」に同乗したアメリカ人アメリア・イアハートは、カナダのニューファウンドランド島からイギリスのウェールズまで、大西洋横断無着陸飛行した初めての女性となったが、これはアメリカ人男性リンドバーグの大西洋単独無着陸飛行に続く世界史上に残るアメリカの快挙だった。フォッカー F.VII「フレンドシップ」の操縦士は、ウィルマー・スタールズ(Wilmer Stultz)、副操縦士はルイス・ゴードン(Lewis Gordon)だったが、アメリアは女性で初めて大西洋横断飛行したとして大歓迎を受けた。そして、ロンドンで宿泊・休息してから、豪華客船「ルーズベルト大統領」に乗船し、ニューヨークに帰国した。アメリアたち一行は、ニューヨークでも大歓迎を受けた。宿泊後、フォッカー三発陸上機でマサチューセッツ州(Massachusetts)ボストンに飛び、州庁舎で大歓迎を受け、その後に、一行3人は、アメリアの故郷マサチューセッツ州メッドフォード(Medford)に向かい、そこでも大歓迎を受けた。

写真(右)1928年11月2日、アメリカ、ワシントンDCのホワイトハウス(?)第30代アメリカ大統領カルビン・クーリッジに大西洋初の女性横断者の名誉を讃えられたスカート姿のアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)
Title: Amelia Earhart of transatlantic fame is received by President Coolidge. Miss Amelia Earhart of Boston (left) who was the first woman to fly across the Atlantic, was received by President Coolidge today. She is shown in this photograph with Porter S. Adams, President of the National Aeronautic Association
Creator(s): Harris & Ewing, photographer Date Created/Published: 1928 November 2. Medium: 1 negative : glass ; 4 x 5 in. or smaller Reproduction Number: LC-DIG-hec-35162 (digital file from original negative) Rights Advisory: No known restrictions on publication. For more information, see Harris & Ewing Photographs - Rights and Restrictions Information(http://www.loc.gov/rr/print/res/140_harr.html) Call Number: LC-H2- B-3057 [P&P] Repository: Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540
写真は,Library of Congress Reproduction Number: LC-DIG-hec-35162 引用。


1928年6月に初の大西洋横断飛行をしたアメリア・イアハートだったが、これは単にフォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"に同乗して大西洋を越えただけであり、アメリアが操縦したり、航法を担当したりしたのではなく、彼女は、お金と少しばかりの勇気があれば誰でもなれる乗客にすぎなかった。そこで、第30代アメリカ大統領ジョン・カルビン・クーリッジJohn Calvin Coolidge:1872-1933)は、アメリアが帰国しても、リンドバーグの成し遂げた単独大西洋横断飛行のような大歓迎をしなかった。しかし、メーン州、ボストンなど地元で、アメリカ人女性ヒロインとして大歓迎されたアメリアの人気に刺激されて、連邦政府としても何らかの国家的イベントを開き、国威発揚、ポピュリズム政治の場を作ろうとしたのではないか。それが、アメリカ地理学会メダルの授与式である。

1928年11月、第30代アメリカ大統領カルビン・クーリッジCalvin Coolidge)も、アメリカ人女性がその名誉を得たことを誇りに思ってか、アメリアに直接会って、賛辞を述べた。

しかし、アメリア・イアハートAmelia Mary Earhart)が大西洋初横断した初めての女性といっても、男性の操縦したフォッカー三発輸送機に乗客として登場しただけのことだった。うがった見方をすれば、アメリアの初の女性大西洋横断などカネに物を言わせ、名声を得たいだけの下品な行動で、アメリカ大統領カルビン・クーリッジJohn Calvin Coolidge)がアメリアを招待したのも、第一次大戦後に認められたの婦人参政権を意識しての人気取りに過ぎないと批判されたであろう。女にできることは、たかだかその程度の事だと、あからさまなジェンダー差別の批判もあったであろう。それに憤慨した4年後の1932年、アメリア・イアハートAmelia Mary Earhart)は、自ら飛行機を操縦する女性飛行士となり、ロッキード・ベガに自ら単独で搭乗・操縦して、女性初の大西洋単独横断飛行に挑戦し、成功させた。


7.アメリカ製フォッカー(Fokker)F-10 スーパー・トライモーター三発輸送機

写真(右)1929年以降、アメリカ、機首とコックピットの形状が特殊仕様のフォッカー(Fokker) F-10A 双発輸送機:エンジンから集合排気管が伸びて、排気煙・炎で搭乗員の視界を妨げないように配慮している。エンジン・カウリングなしで、シリンダーが剥き出しの状態で、空冷星形エンジン2基を装備している。
Fokker (USA) : F-10A Manufacturer: Fokker (USA)
Designation: F-10A
写真は,SDASM Archives Catalog #: 00066697引用。


フォッカー(Fokker)F.VIIb-3mは、単発型よりも主翼面積を若干拡張し、発動機出力も若干向上させ220馬力としたタイプで、乗客は12名を搭乗させることができた。これが、フォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機である。

写真(右)1928年、アメリカ、飛行場の飛行機格納庫前に駐機するウェスタン・エクスプレス航空(Western Air Express)所属のフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機: 1920年代後半、ロスアンゼルス(Los Angeles)とサンフランシスコ(San Francisco)の間を航空便と乗客とを輸送するのに使用された。
Miles Blaine Collection Title: Miles Blaine Collection Collection: Miles Blaine Collection
写真はSDASM Archives,San Diego Air and Space Museum Archive  SDASM CATALOG #: Blaine_00697引用。


写真(右)1928年、アメリカ、カリフォルニア州オークランド飛行場、ウェスタン・エクスプレス航空(Western Air Express)所属のフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機: 1920年代後半、ロスアンゼルス(Los Angeles)とサンフランシスコ(San Francisco)の間を航空便と乗客とを輸送するのに使用された。
Description: A Fokker F-10 super tri-motor airplane marked with the name "Fokker F-Ten" on the tarmac at the Oakland, California, airport. This airplane was one of five used by Western Air Express to carry mail and passengers on its Los Angeles San Francisco route in the late 1920s.
Creator/Photographer: Unidentified photographer
Medium: Black and white photographic print
Culture: American Geography: USA
Date: 1928 Collection: U.S. Airmail Service
写真は,National Air and Space Museum Archives  Local number NASM-9A14101引用。


写真(右)1929年5月、アメリカ、フォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機の操縦席計器パネル: 操縦桿は、左右の正・服パイロットのどちらかが握ることができるように、左右に移動できる。1929年5月発行の機体マニュアルに掲載された操縦席の写真のうち1枚。
English: Fokker F.X photo from L'Aéronautique May,1929 Date 1 May 1929 Author L'Aéronautique magazine
写真はWikimedia Commons,Category: Fokker F.10  SDASM CATALOG #: Blaine_00697引用。


写真(右)1929年以降、アメリカ、舗装された飛行場で、スコット・モーターズ(SCOTT MOTORS)と胴体側面に記入したフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機と記念撮影をした搭乗員・地上勤務整備士たち:エンジンから集合排気管が伸びているが、これは排気煙・炎で操縦士や乗客の視界を妨げないようにするためである。エンジン・カウリングなしで、シリンダーが剥き出しの状態で、プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)R-1340空冷星形エンジン3基を装備し、アメリカのフォッカー社で製造された。
Fokker (USA) : F-10 Manufacturer: Fokker (USA)
Designation: F-10
写真は,SDASM Archives Catalog #: 00066630引用。


アメリカで生産されたフォッカー(Fokker) F-10(F-X) スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機は、優秀な設計で、3基の420 hp (310 kW)プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)空冷星形9気筒エンジンを搭載しているために信頼性があると判断されていた。生産機数は65機である。

写真(右)1929年末、アメリカ、雪上でドラム缶から燃料を補給したスキー式膠着装置を装備したフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機「テキサン」"The Texan", belonging to Standard Airlines,(登録コード: NC-9169): 1920年代後半、プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)R-1340空冷星形エンジン3基を装備。1929年7月にアメリカのフォード社で製造された機体。
Fokker (USA) : F-10 Manufacturer: Fokker (USA) Designation: F-10 Official Nickname:.
写真は,SDASM Archives  Catalog #: 00066636引用。


14名の乗客を乗せることのできるフォッカー(Fokker) F-10(F-X) スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機の搭載した空冷星形エンジンから集合排気管が伸びているが、これは排気煙・炎で操縦士や乗客の視界を妨げないようにするためである。1920年代後半、プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)R-1340空冷星形エンジン420 hp (310 kW)3基を搭載し、アメリカのフォッカー社で65機が製造された。

写真(右)1929年1月10日、アメリカ、アメリカ・フォッカー社で製造中のウエスタン・エクスプレス航空(Western Air Express)所属のフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機:エンジンを支える交換制骨組みのエンジンマウントの構造がよくわかる。飛行機製造専用の作業台がいくつも並んでいて、効率的な生産ラインを構築しているように見える。写真の右下に、撮影した1929年1月10日の日付が記入されている。ごく初期のフォッカーF-10散髪輸送機の工場における生産の様子を記録用に撮影したのであろう。
View of Western Air Express Fokker F-10A (A/C No. NC279E) being worked on in a factory, January 10, 1929. Additional Fokker F-10A aircraft are being worked on in the background.
Air Transport, Airlines, Western Air Express (Air Lines, Airlines) (USA); Fokker F-10A. [photograph] Date 1/10/1929
写真は,Smithsonian Institution Local number NASM-9A12202引用。



写真(右)1930-1940年、アメリカ、カリフォルニア州オークランド飛行場、トレイラーで舗装された飛行場を牽引、移動中のウエスタン・エクスプレス航空(Western Air Express)所属のフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機
: 尾部には車輪はなく、橇式の固定降着装置が装備されている。
AL218-088 Fokker F.10 Western Air Express Oakland May32
Photos from an Album (AL-218) containing images of aircraft taken circa 1930-40 in the bay area.
写真は,SDASM Archives AL218-088 引用。



写真(上)1930年代(?)、アメリカ、カリフォルニア州オークランド飛行場(?)、ウエスタン・エクスプレス航空(Western Air Express)所属のフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機
: 尾部には車輪はなく、橇式の固定降着装置が装備されている。エンジンから集合排気管が伸びているが、これは排気煙・炎で操縦士や乗客の視界を妨げないようにするためである。
182. Fokker F-10, Western Air Express Catalog Number: Mitchell182
Title : 182. Fokker F-10, Western Air Express Collection : Robert Mitchell Collection
Repository : San Diego Air and Space Museum Archive
写真は,SDASM Archives 182. Fokker F-10, Western Air Express引用。


写真(右)1926-1928年、アメリカ、巨大な飛行機格納庫の前に駐機している太平洋航空(Pacific Air Transport:PAT)所属のフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機: 尾部には車輪はなく、橇式の固定降着装置が装備されている。エンジンから集合排気管が伸びているが、これは排気煙・炎で操縦士や乗客の視界を妨げないようにするためである。1920年代後半、プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)R-1340空冷星形エンジン3基を装備し、アメリカのフォッカー社で製造された。
Fokker (USA) : F-10 Manufacturer: Fokker (USA) Designation: F-10
写真は,SDASM Archives Catalog #: 00066658引用。


太平洋航空(Pacific Air Transport:PAT)は、アメリカの航空会社で、1926年1月に創立、1926年9月15日から運行を開始した。拠点となったのは、主にワシントン州(Washington)シアトル(Seattle), カリフォルニア州(California)ロスアンゼルス(Los Angeles)である。しかし、1928年12月17には営業を停止している。

写真(右)1929年5月、ユニバーサル航空(Universal Air Lines )所属のフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機(登録コード: NC5614)三発輸送機の操縦席計器パネル: 操縦桿は、左右の正・服パイロットのどちらかが握ることができるように、左右に移動できる。1929年5月発行の機体マニュアルに掲載された操縦席の写真のうち1枚。
Fokker (USA) : F-10 Manufacturer: Fokker (USA) Designation: F-10
写真はWikimedia Commons/SDASM Archives Catalog #: 00066632引用。


写真(右)1929年頃(?)、アメリカ、飛行するフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機(登録コード:5614):アメリカ・フォッカー社飛行機工場で生産された。
Fokker F.X photo from L'Année aéronautique,1928
Manufacturer: Fokker (USA)
Designation: F-10
写真は,SDASM Archives  Catalog #: 00066669引用。


フォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機は、ウェスタン・エクスプレス航空(Western Air Express)、アメリカン航空(American Airways)、TWA航空(Trans World Airlines)、ユニバーサル航空(Universal Airlines)、パンナム航空(Pan Am)などアメリカの航空会社のほか、メヒカーナ航空(Mexicana)、アメリカ陸軍航空隊でも使用された。軍用仕様は、フォッカーC-5,C-7Aの2種類がある。

写真(右)1929年末、アメリカ、フォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機と見物人たち: 1920年代後半、プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)R-1340空冷星形エンジン3基を装備し、1929年からアメリカのフォード社で製造された。
Fokker F-10 Deluxe SDASM.CATALOG: Denbo_00244 SDASM.TITLE: Fokker F-10 Deluxe SDASM.DATE: 1914-1919 SDASM.COLLECTION: Richard Denbo Collection SDASM.MEDIA: Glossy Photo
写真は,SDASM Archives  Denbo_00244引用。


フォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機は、1920年代後半、主にアメリカ製プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)R-1340空冷星形エンジン3基を搭載して、アメリカのフォッカー社で合計65機が製造された。

写真(右)1929年末、アメリカ、カリフォルニア州オークランド飛行場、スタンダード航空(Standard Airlines)所属のフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機「テキサン」"The Texan"(登録コード: NC-9169): 1920年代後半、プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)R-1340空冷星形エンジン3基を装備。1929年7月にアメリカのフォード社で製造された機体。
Closeup of the cockpit of the Fokker F-10A NC-9169, "The Texan", belonging to Standard Airlines, with Jack Frye, who would later be the president of TWA, in the pilot's seat. (This was Standard Airlines' second aircraft to bear this name; the first, a single-engine Fokker F.VIIa, had crashed on March 30, 1929.) (The "'28" written on this photo is a year off, since this aircraft was manufactured in July of 1929.)
Although this aircraft is obviously named "The Texan", it is not NC7888, the first aircraft of Standard Airlines to bear that name. NC7888 (c/n 617) was a Fokker F.VIIa with a single Pratt & Whitney Hornet R-1690 engine. It was lost in a crash on March 30, 1929.
The shape of this airplane's cockpit and nose section shows that it is the second Standard Airlines aircraft to be named "The Texan", NC9169 (c/n 1038), a U.S.-built Fokker F-10A "Super Trimotor", powered by three Pratt & Whitney Wasp R-1340 engines, and built in July 1929, several months after the loss of NC7888. It only kept its name for a year before being sold to Western Air Express; it then passed to Transcontinental & Western Air and to American Airways before being scrapped in 1932.
From the Frank S. "Luke" Luqueer Photo Collection
The Frank S. "Luke" Luqueer Photograph Collection is composed of 4 large albums covering from the 1920s to the 1950s. The albums contain historic photos and correspondences from many important historical figures such as Jack Frye, Pat Amelia Earhart, Wiley Post, Howard Hughes, Hap Arnold, Jimmy Doolittle, Art Goebel, Charles Lindbergh, Douglas McArthur, and Ruth Elder to name a few. Many of the images have been autographed.
Frank Luqueer is a notable aviation photographer. He bought his first camera in 1903 and devoted much of his life to taking photos of historic personalities and events in aviation history.
写真は,SDASM Archives  AL-73C Luqueer Album Image _00285引用。


写真(右)1929年末、アメリカ、白色を基調とした塗装を施されたフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機(登録コード: NC4458 02、製造番号 cn 1000 ):鋼管製のエンジン作業台は、憲翼式・機首のエンジンの整備作業に丁度適した高さに作られている。9気筒(シリンダー)が星形に並んだ空冷エンジンの構造が良くわかる。
Franz Schell Album Image PictionID:56240672 - Title:Fokker America F.10 cn 1000 NC4458 02 - Filename:AL253_000056.tif - Image from Album 253 which belonged to Franz Schell-----Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: .
From the Frank S. "Luke" Luqueer Photo Collection
The Frank S. "Luke" Luqueer Photograph Collection is composed of 4 large albums covering from the 1920s to the 1950s. The albums contain historic photos and correspondences from many important historical figures such as Jack Frye, Pat Amelia Earhart, Wiley Post, Howard Hughes, Hap Arnold, Jimmy Doolittle, Art Goebel, Charles Lindbergh, Douglas McArthur, and Ruth Elder to name a few. Many of the images have been autographed.
Frank Luqueer is a notable aviation photographer. He bought his first camera in 1903 and devoted much of his life to taking photos of historic personalities and events in aviation history.
写真はSan Diego Air and Space Museum,SDASM Archives  - Catalog:AL253_000056.tif 引用。


写真(右)1929年頃(?)、アメリカ、アメリカ・フォッカー社飛行機工場で生産中のフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機の胴体部分(手前)と主翼(奥左): 運搬用のゴム車輪付き台車、木製の機体据え付け台など、飛行機生産専用の工具・道具が準備されている。
Fokker (USA) : F-10 Manufacturer: Fokker (USA)
Designation: F-10
写真は,SDASM Archives  Catalog #: 00066637引用。


フォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機は、1920年代後半、運搬用のゴム車輪付き台車、木製の機体据え付け台など、飛行機生産専用の工具・道具を準備して、アメリカ・フォッカー社で65機が製造された。搭載した初異動期は、主にアメリカ製のプラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)R-1340空冷星形エンジン3基である。

写真(右)1929年1月20日、アメリカ、アメリカ・フォッカー社飛行機工場で生産中のパン・アメリカン航空(Pan American Airways)所属のフォッカー(Fokker) F-10 スーパー・トライモーター(Super TriMotor)三発輸送機の機首と双尾翼式の垂直尾翼(右):奥には完成まじかなF-10 輸送機があり、手前には、降着用の車輪が2個一組で置かれている。右下には、写真を撮影した1929・01・20の日付が記入されている記録写真である。
View of Pan American Airways (Pan Am) Fokker F-10 Super TriMotor under construction on a factory floor, January 20, 1929.
Fokker (USA) : F-10  Manufacturer: Fokker (USA)
Designation: F-10
写真は,SDASM Archives Catalog #: 00066687引用、あるいはNational Air and Space Museum Archives Local number NASM-9A12204引用。


フォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機の空冷星形エンジンから集合排気管が伸びているが、これは排気煙・炎で操縦士や乗客の視界を妨げないようにするためである。1920年代後半、プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)R-1340空冷星形エンジン3基を装備し、アメリカのフォッカー社で製造された。

写真(右)1929年頃(?)、アメリカ、アメリカ・フォッカー社飛行機工場で生産中のフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機の主翼と胴体部分:上方には、主翼の内部構造が見えている。
Fokker (USA) : F-10
Manufacturer: Fokker (USA)
Designation: F-10
写真は,SDASM Archives  Catalog #: 00066685引用。


フォッカー(Fokker) F-10三発輸送機は、重量を抑えて、飛行中の強度を維持するために、金属製格子型の枠組みが形成されている。離着陸に必要な降着装置は、ゴム車輪2個でできている。しかし、胴体尾部の支えは、ゴム車輪式尾輪を付けると重量が嵩み、機体の重心を維持することが困難になるために、軽量な橇式降着装置を採用している。

写真(右)1929年頃(?)、アメリカ、アメリカ・フォッカー社飛行機工場で生産中のフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機の主桁
Fokker (USA) : F-10
Manufacturer: Fokker (USA)
Designation: F-10
写真は,SDASM Archives  Catalog #: 00066680引用。


フォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機の胴体や主翼の表面は、ジェラルミンのような金属ではなく、羽布を張って光沢のある塗料で保護しているようだ。胴体の形状は、直方体で、貨物や乗客のために容積を十分に確保するとともに、客室内の底面が平らになり、乗客の移動がしやすい構造となっている。両側には、乗客用の窓が並んでいる。

写真(右)1929年頃(?)、アメリカ、アメリカ・フォッカー社飛行機工場で生産され野外に出されたフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機の胴体金属フレーム骨格: 直方体で、容積を十分に確保するとともに、客室内の底面が平らになり、乗客の移動がしやすい構造となっている。両側には、乗客用の窓が並んでいる。
Fokker (USA) : F-10
Manufacturer: Fokker (USA)
Designation: F-10
写真は,SDASM Archives  Catalog #: 00066681引用。


1931年にトランスコンチネンタル・ウェスタン航空(Transcontinental & Western Air)のフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機が墜落事故を起こし、ノートルダム(Notre Dame)大学のノルウェー系アメリカ人のフットボール選手兼コーチのクヌート・ロックニー(Knute Rockne)が死亡した。

フォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機の事故調査では、フォッカーの使用した合板表面加工(plywood-laminate)の構造的欠陥があり、そこが破損したと考えられた。 そこで、信頼性を高めるために、木製ではなく金属製のフォード・トライモーター(Ford Trimotor)、後のボーイング(Boeing)247、ダグラス(Douglas)DC-2輸送機のような全金属製の機体が開発された。

写真(右)1929年頃(?)、アメリカ、アメリカ・フォッカー社飛行機工場で生産されたフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機の主翼部分(断面)
Fokker (USA) : F-10
Manufacturer: Fokker (USA)
Designation: F-10
写真は,SDASM Archives  Catalog #: 00066669引用。


フォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機は、飛行性能を維持するために軽量化を図っているが、同時に、強度を高めるために多数の桁が支える構造となっている。こうした複雑な構造のため、飛行機の量産性は高くはなく、高価な価格となったため、民間航空の発展を制約することとなた。半面、高価であっても性能を重視する軍用機には、飛行機はライト兄弟が発明した当初から軍隊に採用されている。

写真(右)1929年頃(?)、アメリカ、アメリカ・フォッカー社飛行機工場で生産中のフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機の胴体内部: 直方体で、容積を十分に確保するとともに、客室内の底面が平らになり、乗客の移動がしやすい構造となっている。両側には、乗客用の窓が並んでいる。
Fokker (USA) : F-10
Manufacturer: Fokker (USA)
Designation: F-10
写真は,SDASM Archives  Catalog #: 00066671引用。


フォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機の胴体内部の客室・貨物室は、直方体の形状となっており、容積を十分に確保するとともに、貨物室・客室内の底面が平らになり、貨物・乗客の移動がしやすい構造となっている。ドイツのユンカースF.1単発輸送機、ユンカースJu52散髪輸送機も、フォッカー(Fokker) F-10三発輸送機同様の直方体式の胴体構造である。

写真(右)1929年頃(?)、アメリカ、アメリカ・フォッカー社飛行機工場でフォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機の胴体内部の内装工事が進捗している。: 直方体で、容積を十分に確保するとともに、客室内の底面が平らになり、乗客の移動がしやすい構造となっている。両側には、乗客用の座席5台が並んでいる。
Fokker (USA) : F-10
Manufacturer: Fokker (USA)
Designation: F-10
写真は,SDASM Archives  Catalog #: 00066682引用。


フォッカー(Fokker) F-10(F-X)スーパー・トライモーター(Super Trimotor)三発輸送機胴体側方両側には、乗客用の窓が開いていて、左右各1列の座席が5−6席、合計10-12席が並んでいる。座席の上方には、ネット式の網棚があり、乗客の手荷物を置くことができる。この網棚は、金属鋼管で支えられているが、その鋼管には、飛行中に乗客が姿勢を支えるために使用する吊革が左右各々3本ずつ下がっている。


8.スイス航空の採用したフォッカー(Fokker) F. VII b-3m


写真(上)1932年4月21日、スイス、チューリヒ州上空、スイス航空所属のフォッカー(Fokker) F.VII b-3mトライモーター三発輸送機(主翼と胴体に登録コードCH-165 を記入)と同型の僚機

Photographer: Mittelholzer, Walter Title: Fokker VIIb über Zürichberg, Greifensee Dating: 21.4.1932 Photography : negative Colour: black and white Orientation:Horizontal Format:13 x 18 cm Categories: Kloten, Inland flights, Reportage photography, Mittelholzer, Walter Record Name: LBS_MH01-006721.
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Fokker VIIb über Zürichberg, Greifensee-Inlandflüge-LBS MH01-006721.tif引用。



写真(上)1932年4月21日、スイス、チューリヒ州ヘンク上空、スイス航空所属のフォッカー(Fokker) F.VII b-3mトライモーター三発輸送機(主翼と胴体に登録コードCH-165 を記入)

Photographer: Mittelholzer, Walter Title: Fokker VIIb über Höngg Dating: 21.4.1932 Photography : negative Colour: black and white Orientation:Horizontal Format:13 x 18 cm Categories: Kloten, Inland flights, Reportage photography, Mittelholzer, Walter Record Name: LBS_MH01-006724.
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Fokker VIIb über Höngg-Inlandflüge-LBS MH01-006724.tif引用。



写真(右)1933年5月26日、スイス、チューリヒ州デューベンドルフ飛行場、スイス航空所属のフォッカー(Fokker) F.VII b-3mトライモーター三発輸送機(胴体に登録コードCH-163 を記入)
:胴体側面の貨物用扉から、駐車している小型トラックに荷物を積み替えている。
Photographer: Mittelholzer, Walter Title: Frachtverlad in die Fokker F.VII b-3m, CH-163 (HB-LBR) in Dübendorf Dating: 26.5.1933 Is Part Of: Fokker und Lockheed, 26.05.1933. Reportage mit 7 Bildern (alle digitalisiert Physical Description: Photography : negative Colour: black and white Orientation: Vertical Format: 2,4 x 3,6 cm Categories: Inland flights, Reportage photography, Dübendorf, Mittelholzer, Walter, Aerodrome Dübendorf, Freigth and baggage services, Propeller-driven aircraft, Lorries + Delivery truck, Aerial views Mittelholzer, Fokker F.VII b-3m, CH-163 (HB-LBR), Swissair Record Name: LBS_MH05-30-01 .
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Frachtverlad in die Fokker F.VII b-3m, CH-163 (HB-LBR) in Dübendorf-Inlandflüge-LBS MH05-30-01.tif引用。


写真(右)1933年5月26日、スイス、チューリヒ州デューベンドルフ飛行場、スイス航空所属のフォッカー(Fokker) F.VII b-3mトライモーター三発輸送機(胴体に登録コードCH-163 を記入):胴体側面の貨物用扉から、駐車している小型トラックに荷物を積み替えている。
Photographer: Mittelholzer, Walter Title: Flugmeeting in Dübendorf Dating: 1932 Is Part Of: Flugmeeting Dübendorf, 1932. Reportage mit 4 Bildern (alle digitalisiert) Photography : negative Colour: black and white Orientation: Horizontal Format: 2,4 x 3,6 cm Categories: Fokker F.VII b-3m, CH-192, Sporting event, Fokker F.VII b-3m, CH-190 (HB-LAK), Reportage photography, Dübendorf, Mittelholzer, Walter, Aerodrome Dübendorf, Other flights, Propeller-driven aircraft Record Name: LBS_MH05-30-02 .
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Flugmeeting in Dübendorf-Weitere-LBS MH02-14-0002.tif引用。


写真(右)1931-1937年、スイス、チューリッヒ州デューベンドル飛行場、駐車している自動車に貨物を積み替えているスイス航空フォッカー(Fokker) F. VII b-3m三発輸送機:登録コード CH-162 (HB-LBQ)。
Photographer: Mittelholzer, Walter Title: Krankentransport mit der Fokker F.VII b-3m, CH-162 (HB-LBQ) in Dübendorf Dating: 1932 Is Part Of: Flugmeeting Dübendorf, 1932. Reportage mit 4 Bildern (alle digitalisiert) Photography : negative Colour: black and white Orientation: Horizontal Format: 2,4 x 3,6 cm Categories: Krankentransport mit Fokkerflugzeug, ca. 1931-1937. Reportage mit 8 Bildern (alle digitalisiert) Record Name: LBS_MH05-29-02.
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Krankentransport mit der Fokker F.VII b-3m, CH-162 (HB-LBQ) in Dübendorf-Inlandflüge-LBS MH05-29-02.tif引用。


写真(右)1932年2月、スイス、チューリッヒ州デューベンドル飛行場、航空イベントに集められたスイス航空フォッカー(Fokker) F. VII b-3m三発輸送機:登録コード CH-190、 CH-192のほか合計4機が写っている。
Photographer: Mittelholzer, Walter Title: Flugmeeting in Dübendorf Dating: 1932 Is Part Of: Flugmeeting Dübendorf, 1932. Reportage mit 4 Bildern (alle digitalisiert) Photography : negative Colour: black and white Orientation: Horizontal Format: 2,4 x 3,6 cm Categories: Fokker F.VII b-3m, CH-192, Sporting event, Fokker F.VII b-3m, CH-190 (HB-LAK), Reportage photography, Dübendorf, Mittelholzer, Walter, Aerodrome Dübendorf, Other flights, Propeller-driven aircraft Record Name: LBS_MH05-30-02 .
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Flugmeeting in Dübendorf-Weitere-LBS MH02-14-0002.tif引用。


1927年のチャールズ・リンドバーグの大西洋横断単独飛行成功に次ぎ、1928年6月に女性の大西洋横断飛行を成功させたアメリア・イヤハートは、「ミス・リンディ」として有名になり、アメリカの威信を世界に誇示し、大歓迎された。この快挙が世界的な話題になったり理由は、アメリアが若くスタイルが良くインテリだったこともあるが、同時に彼女の大西洋横断飛行のパトロンとなった出版実業家で、1931年に制式に夫となる富豪ジョージ・パットナムの後押しによるところも大きかった。独身だったアメリア・イヤハートは婚約者はいたものの、ジョージ・パットナムと彼の家族と親しい付き合いをしており、個人的にも好感を抱かれていたのである。

写真(右)1934年2月、アフリカ、アビシニア(Abyssinia)飛行に挑戦したスイス航空フォッカー(Fokker) F. VII b-3m三発輸送機(登録コード CH-192): 燃料タンク車から給油作業中。
Photographer: Mittelholzer, Walter Title: Fokker F. VII b-3m, CH-192 an Tankstelle Dating: ca. 2/1934 Is Part Of: Abessinienflug, Hinflug 2.2.1934-23.2.1934, Rückreise 1934. Reportage mit 1121 Bildern (alle digitalisiert) Photography : negative Colour: black and white Orientation: Horizontal Format: 2,4 x 3,6 cm Categories: ETH-Bibliothek_LBS_MH02-22-0951 Notes Abessinienflug, Hinflug 2.2.1934-23.2.1934, Rückreise 1934. Reportage mit 1121 Bildern (alle digitalisiert) .
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Autos vor Fokker-Abessinienflug 1934-LBS MH02-22-0951.tif引用。


1928年6月、大西洋横断飛行をした初の女性アメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937)は、当時、31歳独身(ミス)だったが、久しく婚約者がいた。アメリアを大西洋横断飛行に誘った実業家ジョージ・パットナム(George Putnam:1887-1950)は41歳で妻ドロシー(40歳)との間に、2人の息子がいた。しかし、アメリアとパットナムの二人は、1928年の段階で惹かれあっており、1929年末にはカップルとなっていたようだ。

写真(右)1934年2月、アフリカ、アビシニア(Abyssinia)飛行に挑戦したスイス航空の採用したフォッカー(Fokker) F. VII b-3m三発輸送機(登録コード CH-192)正面: 木製のエンジン作業台を据え付けている。
Photographer: Mittelholzer, Walter Title: Fokker F. VII b-3m, CH-192 an Tankstelle Dating: ca. 2/1934 Is Part Of: Abessinienflug, Hinflug 2.2.1934-23.2.1934, Rückreise 1934. Reportage mit 1121 Bildern (alle digitalisiert) Photography : negative Colour: black and white Orientation: Horizontal Format: 2,4 x 3,6 cm Categories: ETH-Bibliothek_LBS_MH02-22-0952 Notes Abessinienflug, Hinflug 2.2.1934-23.2.1934, Rückreise 1934. Reportage mit 1121 Bildern (alle digitalisiert) .
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Autos vor Fokker-Abessinienflug 1934-LBS MH02-22-0952.tif引用。


ジョージ・パットナム(George Palmer Putnam:1887-1950)は、ニューヨークの出版実業家の名家に生まれ、極地探検にも自ら参加した富豪である。1928年、アメリア・イヤハート(Amelia Mary Earhart)と大西洋横断飛行計画の件で話し合ったが、これが初対面だった。大西洋横断飛行の計画は、ジョージ・パットナム(George Palmer Putnam)の用意した飛行機に、女性を搭乗させ、
1)世界史上初の女性の大西洋横断飛行をアメリカ人にさせること、
2)女性の大西洋横断飛行を大々的にメディアに報じて、自らの出版事業を興隆させること、
が企図されていた。しかし、ジョージ・パットナム(George Palmer Putnam)は、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)の冒険への熱情や飛行機操縦の体験を知り、大西洋横断飛行を通じて、彼女に深い共感を得る。そして、大西洋横断飛行後に有名になったアメリアの講演旅行やメディア登場を企画する中で、10歳若い彼女にほれ込んだようだ。アメリアは、当初、パットナムのプロポーズを断ったが、6回目の求婚に根負けして、1931年に結婚した。

写真(右)1934年2月、アフリカ、アビシニア(Abyssinia)フライト中のスイス航空の採用したフォッカー(Fokker) F. VII b-3m三発輸送機(登録コード CH-192)
Photographer: Mittelholzer, Walter Title: Fokker F. VII b-3m, CH-192 an Tankstelle Dating: ca. 2/1934 Is Part Of: Abessinienflug, Hinflug 2.2.1934-23.2.1934, Rückreise 1934. Reportage mit 1121 Bildern (alle digitalisiert) Photography : negative Colour: black and white Orientation: Horizontal Format: 2,4 x 3,6 cm Categories: Fokker F.VII b-3m, CH-192, Reportage photography, Mittelholzer, Walter, Africa, Abyssinia flight 1934, Propeller-driven aircraft, Airports + Aerodromes Record Name: LBS_MH02-22-0907 .
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Fokker F. VII b-3m, CH-192 an Tankstelle-Abessinienflug 1934-LBS MH02-22-0907.tif 引用。


女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)とジョージ・パットナム(George Putnam)は、1928年の大西洋横断飛行の計画を共に進める中で、急速に仲が進展し、大西洋横断成功後も、二人の親密な関係は続いた。

アメリアとの結婚するためか、実業家ジョージ・パットナム(George Putnam)は1929年に妻ドロシーと離婚し、過去を清算し、アメリアと事実上の夫婦となった。そして、1931年には、アメリアと制式に結婚したのである。

写真(右)1934年2月、アフリカ、アビシニア(Abyssinia)飛行に挑んだスイス航空のフォッカー(Fokker) F. VII b-3m三発輸送機(登録コード CH-192):、エンジン作業台の上でエンジン整備中。
Photographer: Mittelholzer, Walter Title: Fokker F. VII b-3m, CH-192 an Tankstelle Dating: ca. 2/1934 Is Part Of: Abessinienflug, Hinflug 2.2.1934-23.2.1934, Rückreise 1934. Reportage mit 1121 Bildern (alle digitalisiert) Photography : negative Colour: black and white Orientation: Horizontal Format: 2,4 x 3,6 cm Categories: Fokker F.VII b-3m, CH-192, Africa, Reportage photography, Abyssinia flight 1934, Mittelholzer, Walter, Fuelling Record Name: LBS_MH02-22-0911 .
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Betankung der Fokker F. VII b-3m, CH-192-Abessinienflug 1934-LBS MH02-22-0911.tif引用。


写真(右)1934年2月、アフリカ、アビシニア(Abyssinia)飛行途上、エンジン作業台の上でエンジン整備中のスイス航空のフォッカー(Fokker) F. VII b-3m三発輸送機(登録コード CH-192)
Photographer: Mittelholzer, Walter Title: Fokker F. VII b-3m, CH-192 an Tankstelle Dating: ca. 2/1934 Is Part Of: Abessinienflug, Hinflug 2.2.1934-23.2.1934, Rückreise 1934. Reportage mit 1121 Bildern (alle digitalisiert) Photography : negative Colour: black and white Orientation: Horizontal Format: 2,4 x 3,6 cm Categories: Fokker F.VII b-3m, CH-192, Africa, Reportage photography, Abyssinia flight 1934, Mittelholzer, Walter, Fuelling Record Name: LBS_MH02-22-0912.
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Betankung der Fokker F. VII b-3m, CH-192-Abessinienflug 1934-LBS MH02-22-0912.tif引用。


ジョージ・パットナムは、ロッキードエレクトラによる世界一周赤道飛行の計画を、彼女の死後、自著『ラスト・フライト』で明かしている。1939年の失踪したアメリアの死亡宣告後、ジョージ・パットナムは、ジェーンマリー(Jean-Marie Cosigny James )と再婚したが、1945年に離婚し、今度はマーガレット・ハヴィランド(Margaret Havilland)と4回目、最後の結婚をしている。

アメリアの2代目の愛機ロッキード・ベガ5型Cは、アメリアが大西洋横断をした機体ではなく、この第二代ベガ5型の本来の塗装は初代ベガとは別の塗装だった。このロッキード・ベガ5C(Lockheed Model 5C Vega)は製造番号(serial number)17で、1931年3月製造、当初の塗装は、機体は赤で、主翼後端のトリム(trim)は銀色で、登録コードはNX965Yを与えられた。発注者は、ジョン・メアーズ(John Henry Mears)だったが、彼は実機を受け取る前に、エリノール・スミス(Elinor Smith)にベガを売却してしまい、さらにその機体が、1934年12月にアメリア・エアハート(Amelia Earhart)に転売された。

スミソニアン博物館は、これとは別記のロッキード・ベガ5C(Lockheed Model 5C Vega)を保有しているため、アメリアの第2代ロッキード・ベガ5型C(登録コード:NX965Y)に注目せず、アメリアの初代ロッキード・ベガ5B(登録コード:NR-7852)のみにスッポトライトをあてている。

写真(右)1934年2月、スーダン(Sudan)に飛行したスイス航空の採用したフォッカー(Fokker) F. VII b-3m三発輸送機(登録コード CH-192)正面
Photographer: Mittelholzer, Walter Title: Fokker F. VII b-3m, CH-192 an Tankstelle Dating: ca. 2/1934 Is Part Of: Abessinienflug, Hinflug 2.2.1934-23.2.1934, Rückreise 1934. Reportage mit 1121 Bildern (alle digitalisiert) Photography : negative Colour: black and white Orientation: Horizontal Format: 2,4 x 3,6 cm Categories: Fokker F.VII b-3m, CH-192, Sudan, Reportage photography, Abyssinia flight 1934, Propeller-driven aircraft, Mittelholzer, Walter Record Name: LBS_MH02-22-0950.
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Soldaten vor Fokker-Abessinienflug 1934-LBS MH02-22-0950.tif引用。


写真(右)1934年2月、アフリカに飛行したスイス航空のフォッカー(Fokker) F. VII b-3m三発輸送機(登録コード CH-192)の客室乗客の椅子は籐のようなプラスチック製(?)軽量構造で、機体の重量軽減を図っている。:乗客の手荷物を収納するために、座席上部には、ネット網棚が備え付けられている。
Photographer Walter Mittelholzer (1894–1937) Blue pencil.svg wikidata:Q562310 Title Passagier der Fokker F. VII b-3m, CH-192 Date circa February 1934 Medium Fotografie : Negativ Dimensions 2,4 x 3,6 cm Collection ETH Library Blue pencil.svg wikidata:Q684773 Notes Abessinienflug, Hinflug 2.2.1934-23.2.1934, Rückreise 1934. Reportage mit 1121 Bildern (alle digitalisiert) Accession number ETH-Bibliothek_LBS_MH02-22-0886.
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Passagier der Fokker F. VII b-3m, CH-192-Abessinienflug 1934-LBS MH02-22-0886.tif引用。


写真(右)1934年2月、アフリカに飛行したスイス航空のフォッカー(Fokker) F. VII b-3m三発輸送機(登録コード CH-192)の客室乗客:椅子は籐のようなプラスチック製(?)軽量構造で、機体の重量軽減を図っている。パイプを吹かして寛いでいるが、当時は「禁煙」の発想はなかった。
Photographer Walter Mittelholzer (1894–1937) Blue pencil.svg wikidata:Q562310 Title Passagier der Fokker F. VII b-3m, CH-192 Date circa February 1934 Medium Fotografie : Negativ Dimensions 2,4 x 3,6 cm Collection ETH Library Blue pencil.svg wikidata:Q684773 Notes Abessinienflug, Hinflug 2.2.1934-23.2.1934, Rückreise 1934. Reportage mit 1121 Bildern (alle digitalisiert) Accession number ETH-Bibliothek_LBS_MH02-22-0886.
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Passagier der Fokker F. VII b-3m, CH-192-Abessinienflug 1934-LBS MH02-22-0886.tif引用。


写真(右)1934年2月、スイス航空のフォッカー(Fokker) F. VII b-3m三発輸送機(登録コード CH-192)の客室で寛ぐ女性乗客: この女性客は、ドイツの女性飛行家マルグレット・フスバーン(Margarete Fusbahn:1907 - 2001)かもしれない。彼女は、スイスのサンクトガーレンの生まれで、航空ショーで活躍し、1930年にヨーロッパからアフリカへの飛行も行っているほか、軽飛行機で高度15,900フィートの国際高度記録も保持したことがある。
Photographer: Mittelholzer, Walter
Title: Passagierin der Fokker F. VII b-3m, CH-192
Caption: Margarete Fusbahn? Dating: ca. 2/1934
Is Part Of: Abessinienflug, Hinflug 2.2.1934-23.2.1934, Rückreise 1934. Reportage mit 1121 Bildern (alle digitalisiert)
Physical Description: Photography : negative Colour: black and white
Orientation: Vertical Format: 2,4 x 3,6 cm
Categories: Fokker F.VII b-3m, CH-192, Reportage photography, Bord service, Cabin service, Abyssinia flight 1934, Mittelholzer, Walter
Record Name: LBS_MH02-22-0887 .
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Passagierin der Fokker F. VII b-3m, CH-192-Abessinienflug 1934-LBS MH02-22-0887.tif引用。


ドイツの女性飛行家マルグレット・フスバーン(Margarete Fusbahn :1907 - 2001)は、スイスのサンクトガーレンの生まれで、ドイツ人の夫ルートビッヒ・フスバーン(Ludwig Werner Fusbahn :1907 - 2001)も飛行家であり、航空ショーで活躍し、ヨーロッパからアフリカへの飛行も行っている。マルグレット・フスバーン(Margarete Fusbahn)は、1930年には、軽飛行機を使って、高度15,900フィート(4846メートル)の国際高度記録も破った。

写真(右)1934年2月、スイス航空のフォッカー(Fokker) F. VII b-3m三発輸送機(登録コード CH-192)の客室で寛ぐ女性乗客: この女性客は、防暑帽子を被っているのでアビシニア・フライト時の撮影と思われる。窓には日除けのカーテンがあり、空中でも移動しにくいように上下のロッドで固定できる。天井近くには、飛行中に移動できるように、つり革が下がっている。
Photographer: Mittelholzer, Walter
Title: Passagierin der Fokker F. VII b-3m, CH-192
Date circa February 1934 Medium Fotografie : Negativ
Is Part Of: Abessinienflug, Hinflug 2.2.1934-23.2.1934, Rückreise 1934. Reportage mit 1121 Bildern (alle digitalisiert)
Colour: black and white
Orientation: Vertical Format: 2,4 x 3,6 cm
Categories: Fokker F.VII b-3m, CH-192, Reportage photography, Bord service, Cabin service, Abyssinia flight 1934, Mittelholzer, Walter
Record Name: LBS MH02-22-0892 .
写真は,ETH Library /Wikimedia Commons, File:ETH-BIB-Passagierin der Fokker F. VII b-3m, CH-192-Abessinienflug 1934-LBS MH02-22-0892.tif引用。


フォッカー(Fokker) F. VII b-3m三発輸送機の諸元
乗員: 2名
乗客: 8名
全長: 14.60 m
全幅: 21.70 m
全高: 3.90 m
空虚重量: 3,050 kg
総重量: 5,200 kg
発動機:ライト(Wright) J-5 ヴィールウィンド(Whirlwind)空冷星型エンジン 220 hp3基
巡航速度:170 km/h

⇒写真集Album:アメリア・イアハートのロッキード・エレクトラ世界一周赤道飛行を見る。

⇒写真集Album:ライト・ベランカ (Wright-Bellanca WB-2)「コロンビア」の大西洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(Junkers)W.33「ブレーメン」Bremenの大西洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ベランカCH-400「スカイロケット」の太平洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(Junker)A-50「報知日米親善号」の太平洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(Junker)W33「報知日米親善号」の太平洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(Junker)G-24輸送機を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(junkers)Ju 52 輸送機を見る。

2011年7月刊行の『写真・ポスターに見るナチス宣伝術-ワイマール共和国からヒトラー第三帝国へ』青弓社(2000円)では、反ユダヤ主義、再軍備、ナチ党独裁、第二次世界大戦を扱いました。
 ここでは日本初公開のものも含め130点の写真・ポスターを使って、ヒトラーの生い立ち、第一次大戦からナチ党独裁、第二次大戦終了までを詳解しました。
バルカン侵攻、パルチザン掃討戦、東方生存圏、ソ連侵攻も解説しました。


◆毎日新聞「今週の本棚」に『写真・ポスターから学ぶ戦争の百年 二十世紀初頭から現在まで』(2008年8月25日,青弓社,368頁,2100円)が紹介されました。ここでは,第二次大戦,ユダヤ人虐殺・強制労働も分析しました。


ナチ党ヒトラー独裁政権の成立:NSDAP(Nazi);ファシズムの台頭
ナチ党政権によるユダヤ人差別・迫害:Nazis & Racism
ナチスの優生学と人種民族:Nazis & Racism
ナチスの再軍備・人種差別:Nazism & Racism
ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He111爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-188爆撃機/Ju388高高度偵察機
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
ブロームウントフォッスBV138飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機/夜間戦闘機
ドイツ空軍(Luftwaffe)メッサーシュミット戦闘機
ドイツ空軍フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw-190戦闘機
ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥

2020年2月29日公開の鳥飼研究室へのご訪問ありがとうございます。データ引用の際は,出所を明記するか,リンクをしてください。
連絡先: torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Fax: 0463-50-2078
Flag Counter
Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 7000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.


Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2019 All Rights Reserved.