Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内

◆ロッキード14スーパーエレクトラ(Super Electra)/ロードスター(Lodestar)輸送機
写真(上)1943年頃、KLMオランダ航空のロッキード(Lockheed)モデル Model14「スーパーエレクトラ」( Super Electra)輸送機“Troepiaal” (登録コード:PJ-AIT)
:。
English: A Lockheed 14 Super Electra of KLM's West Indian Section, registered PJ-AIT and named Troepiaal ("troupial"), in flight over Willemstad, Curaçao on its way to Miami. Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Anefo Reportage / Serie : Wi [West Indies] / Anefo Londen serie Beschrijving : Luchtfoto. KLM-passagiersvliegtuig boven Willemstad Annotatie : Repronegatief. Lockheed-14 Super Electra PJ-AIT Troepiaal, van het West Indisch Bedrijf in vlucht op route tussen Curaþao en Miami, 1943. Datum : 1943 Locatie : Curaçao, Willemstad Trefwoorden : hoofdsteden, tweede wereldoorlog, vliegtuigen Instellingsnaam : CPIM Fotograaf : Onbekend / Publiek Domein Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.01.04 Bestanddeelnummer : 935-1174 Date 1943
写真はWikimedia Commons, Category:PJ-AIT (aircraft) File:Lockheed 14 KLM PJ-AIT (tight crop, grayscale, contrast stretch).jpg引用。



写真(上)1938年頃、アメリカ、ロッキード(Lockheed)モデル Model14-N3「スーパーエレクトラ」(, 製造番号:c/n 1419)
:Lockheed Model 14-N2 Super Electra Special, c/n 1419, NC18973。
Lockheed, Model 14-N3, Super Electra Title: Lockheed, Model 14-N3, Super Electra Corporation Name: Lockheed Additional Information: USA Tags: Lockheed, Model 14-N3, Super Electra
写真は,San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 01_00091667引用。



写真(上)2010年8月、ノルウェー、オスロ空港郊外ガーデモエン、イギリス海外航空(BOAC)のロッキード(Lockheed)モデル Model 18「ロードスター」(Lodestar )輸送機(登録コード:G-AGIH)
:ガーデモエン空軍基地には、ノルウェー国防軍航空機コレクションがある。
English: Lockheed Lodestar (G-AGIH) in BOAC colours, Forsvarets flysamling, Gardermoen, Norway Norsk bokmål: Lockheed C-60A Lodestar (G-AGIH) i Forsvarets Flysamling Date 10 August 2010 Source Own work Author Paaln
写真はWikimedia Commons, File:Lockheed Lodestar BOAC.jpg File:Lockheed Lodestar BOAC.jpg引用。



写真(上)2014年4月、アメリカ、ジョージア州ワーナーロビンズ郊外、ロビンズ空軍基地、航空博物館(Museum of Aviation (Warner Robins))、アメリカ陸軍航空隊の塗装を施したロッキード(Lockheed)C-60A「ロードスター」(Lodestar)輸送機
: 航空博物館は、1980年にロビンズ空軍基地南東航空博物館として開館し、1988年に航空博物館と改名した。
This is a genuine C-60 Lodestar and appears to be in excellent condition. It is reported to be up for disposal and out of all the aircraft that the museum is letting go, this seems one of the least likely. Previously civil registered as N315F. Full military serial 42-55918. c/n 18-2333. On display in the WW2 Hangar at Warner Robins Museum of Aviation. Georgia, USA. 18-4-2013 Date 18 April 2013, 10:05 Source Lockheed C-60A Lodestar '255918' 'Classy Chassy' Author Alan Wilson from Weston, Spalding, Lincs, UK
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 museum aircraft File:G-AGIH Lockheed C-60A Lodestar (9544653035).jpg引用。



写真(上)2010年11月、フィンランド、フィンランド航空博物館、フィンランドのカーフマキ航空(Karhumaki Airways)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機(登録コード:OH-VKU)
: 1940年製造、1947年フィンランドで設立されたカー・エア(Kar-Air)が1953年に購入した機体。カー・エアーは1968年6月にフィンエアー(フィンランド航空:Finnair)と改名した。この機体は1972年まで就役しており、1972年にフィンランド航空博物館に譲渡された。
Photographer MKFI Aircraft type Lockheed Lodestar Operator Kar-Air Registration OH-VKU Activity Static museum display Type Photograph Description English: Lockheed Lodestar 18-07 in Finnish Aviation Museum. Built in 1940, later modified to Lodestar 18-56 standard, purchased by Kar-Air in 1953. Fitted for geological survey after short career as passenger aircraft, and used for ore exploration until 1972. Nicknamed "Kultakuokka" (gold digger). Suomi: Lockheed Lodestar 18-07 Suomen ilmailumuseossa. Rakennettu vuonna 1940, muunnettu Lodestar 18-56 malliksi ennen Suomeen tuloa, ostettu Kar-Airin palvelukseen 1953. Käytetty lyhyesti matkustajakoneena jonka jälkeen varustettu malminetsintälaitteilla Geologisen Tutkimuslaitoksen alaisuuteen vuoteen 1972 asti. Lempinimi "Kultakuokka". Date 13 November 2010 Source Own work
写真は Wikimedia Commons, Category:OH-VKU (aircraft) File:Lockheed Lodestar OH-VKU 1.JPG引用。


1.ロッキード(Lockheed)モデル Model 10「エレクトラ」輸送機

アメリカのロッキードLockheed)社は、それまでオリオン(Orion)のような木製の飛行機を生産していたので、ロイド・シャーマン(Lloyd Stearman)とホール・ハイバード(Hall Hibbard)の設計になるロッキードLockheed)モデル Model 10「エレクトラ」輸送機は、ロッキード初の全金属製飛行機となった。 命名のエレクトラとは、夜空のプレアデス星団(Pleiades)の恒星からの命名である。試作機は、1934年2月23日に初飛行した。

写真(右)1938-1941年頃、アメリカ、ネービーブルーの塗装を施されたアメリカ海軍長官専用のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)輸送機 (登録コード:XR2O-1) :主翼下面のアメリカ国籍記章は、青丸に白★、星の中に赤丸の旧式のものである。1941年末に太平洋戦争が勃発すると、星の赤丸は取り除かれた。
Lockheed, Model 10 (XR2O-1), Electra Title: Lockheed, Model 10 (XR2O-1), Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 (XR2O-1) Official Nickname: Electra Additional Information: USA, The first military version of the Electra. Based at NAS Anacostia for use by the Secretary of the Navy.
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091617引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 10A「エレクトラ」(Electra)輸送機は、アメリカの商業用の民間飛行機の中で、最初に完全引込み式の降着装置・主輪を装備した機体となった。

ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)は、軍用機として、アメリカ軍以外では、アルゼンチン空軍(Argentine Air Force)、ブラジル空軍(Brazilian Air Force)、カナダ空軍(Royal Canadian Air Force)、ホンジュラス空軍(Honduran Air Force)、ニカラグア空軍(Nicaragua Air Force)、スペイン空軍(Spanish Republican Air Force)、日本軍、イギリス空軍(Royal Air Force)、ベネスエラ軍(Venezuela)で採用されている。

アメリカ陸海軍の軍用機は、国籍記章を主翼と胴体に描いていたが、第二次大戦が勃発しても、1941年末に太平洋戦争で日本に宣戦布告するまでは、青い丸に白の星、星の中央に赤丸を描いていた。しかし、1942年に入ると、アメリカ国籍記章は、青丸に白★で、星の中にあった赤丸は取り除かれた。

ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」輸送機の諸元
搭乗員Crew: 2名、乗客Capacity: 10名
全長Length: 38 ft 7 in (11.8 m)
全幅Wingspan: 55 ft 0 in (16.8 m)
全高Height: 10 ft 1 in (3.1 m)
主翼面積Wing area: 458 平方フィート (42.6 平方メートル)
空虚重量Empty weight: 6,454ポンド(2,930 kg)
搭載量Loaded weight: 10,500ポンド lb (4,760 kg) 発動機Powerplant: 2 ×プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ・ジュニア(Wasp Junior)R-985空冷星形エンジン 450 hp (340 kW)

写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス郡バーバンク(Burbank)、ロッキード・モデルModel 10-A「エレクトラ」輸送機 (Lockheed Model 10A)の生産ライン:第二次大戦は1939年9月に始まっていたが、アメリカは1941年12月までは、中立国の立場で、イギリスへの軍事援助をしていた。
Lockheed Model 10A production line c36-37 [Lockheed W-144 via RJF] PictionID:43264730 - Title:Lockheed Model 10A production line c36-37 [Lockheed W-144 via RJF] - Catalog:17_000280 - Filename:17_000280.tif ----Image from the René Francillon Photo Archive. Having had his interest in aviation sparked by being at the receiving end of B-24s bombing occupied France when he was 7-yr old, René Francillon turned aviation into both his vocation and avocation. Most of his professional career was in the United States, working for major aircraft manufacturers and airport planning/design companies. All along, he kept developing a second career as an aviation historian, an activity that led him to author more than 50 books and 400 articles published in the United States, the United Kingdom, France, and elsewhere. Far from “hanging on his spurs,” he plans to remain active as an author well into his eighties.-------PLEASE TAG this image with any information you know about it, so that we can permanently store this data with the original image file in our Digital Asset Management System
写真はSan Diego Air and Space Museum Archive,SDASM Archives ・PictionID:43264730 引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」輸送機の諸元
最高速力Maximum speed: 202 mph (325 km/h) 175 ノット
巡航速力Cruise speed: 190 mph (306 km/h) 165 ノット
航続距離Range: 713 マイル (1,150 km) 620 海里
実用上昇限度Service ceiling: 19,400 ft (5,910 m)
上昇率Rate of climb: 1,000 ft/分 (300 m/分)
翼面荷重Wing loading: 22.9 lb/平方フィート (111.7 kg/平方メートル)
出力重量比Power/mass: 0.08 hp/ポンド (142 W/kg)

写真(右)1940年代後半(?)、アメリカ、飛行場の舗装された滑走路に整列した2機のロッキード(Lockheed)ロッキード・モデルModel 10-A「エレクトラ」輸送機 :胴体上部には、流線型のケースに方位測定用のループアンテナを装備している。
Lockheed, Model 10, Electra Title: Lockheed, Model 10, Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 Official Nickname: Electra Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091601引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 10「エレクトラ」(Electra)輸送機は、双発・単葉の全金属製引込み脚の高速輸送機で、同じく1930年代のアメリカで生産されたボーイング(Boeing)247双発輸送機、ダグラス(Douglas)DC-2双発輸送機と並んで、アメリカの航空技術の優秀さを世界に誇示することができた。

ロッキード(Lockheed)モデル Model 10A「エレクトラ」(Electra)は、民間輸送機として、アメリカ以外では、オーストラリア(Australia)、ブラジル(Brazil)、カナダ(Canada)、チリ(Chile)、キューバ(Cuba)、チェコ(Czech) 、メキシコ(Mexico)、オランダ(Netherland)、ニュージーランド(New Zealand)、パナマ(Panama)、ポーランド(Poland)、ルーマニア(Romania)、イギリス(United Kingdom)、ユーゴスラビア(Yugoslavia)で使用された。

図(右)1936年、アメリカ、デルタ航空の公表した自社で運用するロッキード(Lockheed)モデル Model 10ーB エレクトラ(Electra)新鋭輸送機(登録コード:NC14990)のポスター :「デルタ・最も早い交通機関で南部を横断。デルタ航空・南部横断ルート」
Flagship of the airline in the later 1930s. The fast, streamlined Electra had modern instrumentation and retractable wheels. The Electra was Delta's first all-metal aircraft. Earlier Delta aircraft were metal frames covered with a skin of fabric and epoxy, or "dope."
写真は, Delta Flight Museum Narrative: Lockheed 10 Electra 1936-1942引用。


ロッキード モデル10-B「エレクトラ」(Lockheed Model 1-0B Electra)輸送機の諸元
総重量:10,300ポンド
航続距離:350 マイル
巡航速力: 時速190 マイル
乗客座席数: 10 名
全長:39 ft.
全幅: 55 ft.
全高:10 ft.
発動機:プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)450 hp 2基
デルタ航空(DL)での総保有数: 6機:
 保有内訳 1機 Model 10-B イースタン航空(Eastern Airlines)から購入, 4機 Model 10-B ロッキード社(Lockheed), 1機 Model 10-A ブラニフ(Braniff Airways)から1939年12月ー1940年3月20日までリース

ロッキード モデル10-B「エレクトラ」(Lockheed Model 1-0B Electra)輸送機は、操縦室に正副パイロットの2名がいるが、副操縦士は、機内客へのランチボックス(box lunches)とコーヒー(coffee)をサービスする役割も担っていた。キャビンには、左右2列並に乗客10名分の座席が2列に並び、室内灯(dome light)・座席読書灯(reading lamps)・窓カーテン(window curtains)・手荷物用網棚(hat nets)がついている。機首には荷物室があって、機首先端に荷物室ハッチを開閉させて、郵便袋などを出し入れする。1925年設立のデルタ航空Delta Air Lines)にとっては、初めての全金属製の輸送機だった。

デルタ航空Delta Air Lines)が採用したロッキード(Lockheed)モデル Model 10ーB エレクトラ(Electra)新鋭輸送機のキャビンには、乗客用座席が左右の窓際に各1列並、5席が並び、合計で乗客10名分の座席を確保している。高速と快適な設備が売りだった。

キャビン天井には、室内灯(dome light)・座席読書灯(reading lamps)があり、窓毎に開閉できるカーテン(window curtains)がついている。

キャビン上部には手荷物用網棚(hat nets)がついてて、帽子など軽量の手荷物を置くことができる。それ以外の手荷物は、機首にある荷物室に保管された。


写真(上)1937-1940年頃、アメリカ、アメリカ沿岸警備隊所属のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-B「エレクトラ」(Electra)(登録コード:XR3O-1)
:垂直尾翼は、星条旗を思わせる赤のストライプで塗装されている。ライト(Wright) R-975-E3 ヴィールウィンド(Whirlwind)440 hp (340 kW)2基を装備、18機製造された。
Lockheed, Model 10 (XR3O-1), Electra Title: Lockheed, Model 10 (XR3O-1), Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 (XR3O-1) Official Nickname: Electra Additional Information: USA, Sole US Coast Guard version. Repository: San Diego Air and Space Museum Archive .
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091631引用。


ロッキード モデル10B「エレクトラ」(Lockheed Model 10B Electra)輸送機は、フォッカー(Fokker )F-10トライモーター三発輸送機と同じライト(Wright) R-975-E3 ヴィールウィンド(Whirlwind)440 hp (340 kW)2基を装備した。アメリカ軍も、この機体をC-36C(登録コード:UC-36C)の名称で、1943年に採用し、アメリカ沿岸警備隊(U.S. Coast Guard)も登録コードXR3O-1で要人輸送用に採用している。ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-B「エレクトラ」(Electra)輸送機は全部で18機が製造された。

ロッキード モデル10B「エレクトラ」(Lockheed Model 10B Electra)輸送機の発動機は、ライト(Wright) R-975-E3 ヴィールウィンド(Whirlwind)440 hp (340 kW)2基で、 18機が製造されただけに終わった。しかし、ロッキード(Lockheed)モデル Model 10「エレクトラ」全形式を合わせると、1934年2月23日に初飛行、1935年に就役を開始して以来、149機が生産されている。

アメリカでは、1934年10月に、飛行機の安全性を確保するために、旅客機、夜間飛行機が単発エンジンであることを禁止し、エンジン故障の際にも飛行可能なように、複数のエンジンを備えることを義務付けた。この航空規制のために、プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)SC1空冷星形エンジン 2基を搭載したロッキード モデル10C「エレクトラ」(Lockheed Model 10C Electra)輸送機は、その高性能と相まって、アメリカの民間航空各社に採用されることとなった。

ロッキード モデル10C「エレクトラ」(Lockheed Model 10C Electra)輸送機は、プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)SC1空冷星形9気筒エンジン 450馬力 (336 kW)2基を装備した双発双尾翼の全金属製高速輸送機で、全部で8機が生産された。

写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、パンアメリカン航空所属のロッキード(Lockheed)モデル Model 10E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NC-14259):プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)R-1340-49空冷星形9気筒エンジン600 hp (450 kW)2基搭載。15機製造。アメリア・イアハートが、1937年の世界一周飛行に搭乗したのも同型だが、ニューギニア=ハワイ間で行方不明となった。機。
Lockheed, Model 10E, Electra
Title: Lockheed, Model 10E, Electra
Corporation Name: Lockheed
Designation: Model 10E Official Nickname: Electra
Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091541引用。


ロッキード モデル10E「エレクトラ」(Lockheed Model 10E Electra)輸送機は、エンジン出力を強化したプラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)R-1340-49空冷星形9気筒エンジン600 馬力 (450 kW)2基に変換搭載し、1937年にアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)の世界一周飛行に用いられた。また、アメリカ陸軍航空隊(U.S. Army Air Force)でも、 C-36B輸送機(登録コード: UC-36B)として、1943年に採用されている。生産機数は、15機。

ロッキード モデル10E「エレクトラ」(Lockheed Model 10E Electra)輸送機の装備したプラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)R-1340-49空冷星形9気筒エンジンは、排気量は、1,344立方インチ (22 L)で、出力は600 馬力 (450 kW)のである。
装備したプロペラ(Propellers9は、ハミルトン・スタンダード(Hamilton Standard)の自動調整ピッチ(controllable-pitch)あるいは恒速ピッチ(constant-speed propeller)の2翅で、,直径は 8.5 から 9 フィート (2.6m から 2.75 m)

⇒写真集Album:アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)ロッキード・エレクトラ(Lockheed Electra)の世界一周赤道飛行と失踪事件 を見る。

⇒写真集Album:ロッキード 10 エレクトラ(Lockheed Model 10 Electra)輸送機を見る。


2.ロッキード(Lockheed)モデル Model 12「エレクトラ・ジュニア」(Electra Junior)

写真(右)1928年6月17日、アメリカ、ロッキード(Lockheed)モデル Model 12「エレクトラ・ジュニア」(Electra Junior)輸送機(登録コード:VH-ASG):
Lockheed, Model 12, Electra Junior Title: Lockheed, Model 12, Electra Junior Corporation Name: Lockheed Designation: Model 12 Official Nickname: Electra Junior Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091544引用。

ロッキード(Lockheed)モデル Model 12「エレクトラ・ジュニア」( Electra Junior)輸送機は、1936年6月27日初飛行、 プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ・ジュニア(Wasp Junior) R-985 空冷星形エンジン450 馬力 (336 kW)2基を装備している。原型のロッキード(Lockheed)モデル Model 10「エレクトラ」を若干小型化し、8座席、6人乗客の全金属製双発輸送機である。1930年代後半から、小規模な航空会社、大企業、資産家が購入して使用したほか、政府要人も使用した。 生産機数は、130機に達した。

写真(右)1937-1938年頃、アメリカ、ロッキード(Lockheed)モデル Model 12「エレクトラ・ジュニア」( Electra Junior)輸送機(登録コード:G-AGTL):
Lockheed, Model 12, Electra Junior Title: Lockheed, Model 12, Electra Junior Corporation Name: Lockheed Designation: Model 12 Official Nickname: Electra Junior Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091558引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 12「エレクトラ・ジュニア」( Electra Junior)輸送機の諸元
乗員Crew: 2名、乗客Capacity: 6名
全長Length: 36 ft 4 in (11.07 m)
全幅Wingspan: 49 ft 6 in (15.09 m)
全高Height: 9 ft 9 in (2.97 m)
主翼面積Wing area: 352 ft2 (32.7 m2)
空虚重量Empty weight: 5,765 lb (2,615 kg)
搭載量Loaded weight: 8,650 lb (3,924 kg)
最大離陸重量Max. takeoff weight: 9,200 lb (4,173 kg)


写真(右)1941年以降、イギリスが使用したロッキード(Lockheed)モデル 12A「エレクトラ・ジュニア」(Electra Junior)輸送機
(登録コード:G-AGTL、製造番号:C/N 1287 ):乗客席8名分、発動機プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)R-985 ワスプ・ジュニア(Wasp Junior)SB 2基装備。
Model: 12A Electra Junior Year built: 1941 Construction Number (C/N): 1287 Aircraft Type: Fixed wing multi engine Number of Seats: 8 Number of Engines: 2 Engine Type: Reciprocating Engine Manufacturer and Model: Pratt & Whitney R-985 Wasp Junior SB
Lockheed, Model 10A, Electra Lockheed, Model 12, Electra Junior
Title: Lockheed, Model 12, Electra Junior
Corporation Name: Lockheed Designation: Model 12
Official Nickname: Electra Junior Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091559引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 12「エレクトラ・ジュニア」( Electra Junior)輸送機は、最高速力225マイル/時 (362 km/h, 196 ノット)/高度 5,000フィート (1,500 m)、航続距離 800 マイル (1,300 km, 700 海里)、実用上昇限度22,900フィート (6,980 m)、上昇率 1,140 フィート/分 (427 m/分)。生産機数は、130機。


3.1938年ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)のロッキード・スーパーエレクトラ14N世界一周

写真(右)1938年7月頃、大富豪ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)の愛機ロッキード・スーパーエレクトラ14N「1939年ニューヨーク万国博覧会(“New York World’s Fair 1939.”)(Lockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コード NX18973):ニューヨーク万国博覧会は、1939年4月30日から10月31日まで開催された。その前年の1938年7月10-14日、アメリカの大富豪ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)は愛機ロッキード・エレクトラ14(登録コード:NX18973)で世界一周早回りの記録を達成していたので、機体の名称は、世界一周後の業績発表を意識しての命名である。
This photograph by aviation photographer Rudy Arnold shows the “nose art” of the Lockheed Model 14-N2 Super Electra, “New York World’s Fair 1939.” Lieutenant Herain Thurlow is “sighting in” the airplane’s navigation instruments prior to the around-the-world flight.(Rudy Arnold Collection, National Air and Space Museum)
写真は,Tag Archives: Lockheed Super Electra 14-N2・引用。



写真(上)1938年7月10日、アメリカ、ニューヨーク、ブルックリン南東マリンパーク地区、フロイド・ベネット飛行場に飛来した大富豪ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)の愛機ロッキード・スーパーエレクトラ14N(Lockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コード NX18973)と出迎える人々
:アメリカ、ニューヨーク、ロングアイランドに到着した。1938年7月10-14日、アメリカの大富豪ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)は愛機ロッキード・エレクトラ14(登録コード:NX18973)で世界一周早回りの記録を達成した。
Cutaway drawing of Howard Hughes’ Lockheed Model 14-N2 Super Electra, NX18973. (New York Public Library) The Model 14 was 44 feet, 4 inches (13.513 meters) long with a wingspan of 65 feet, 6 inches (19.964 meters) and overall height of 11 feet, 5 inches (3.480 meters). Hughes’ Model 14-N2 Special differed, but a Model 14-WF-62 airliner version had an empty weight of 10,750 pounds (4,876 kilograms), gross weight of 15,650 pounds (7,098 kilograms) and maximum takeoff weight of 17,500 pounds (7,938 kilograms). The airliner had maximum speed of 250 miles per hour (402 kilometers per hour) and a service ceiling of 24,500 feet (7,468 meters).
写真は,Tag Archives: Lockheed Super Electra 14-N2・引用。


現在のニューヨーク飛行場とは、ブルックリン南東マリンパーク地区、ジョン・F・ケネディ国際空港(John F. Kennedy International Airport)のことだが、戦前は同じブルックリン南東マリンパーク地区でも、ケネディ国際空港の西10キロにあったフロイド・ベネット飛行場が拠点だった。

図(右)1938年に世界一周早回りをした大富豪ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)の愛機ロッキード・スーパーエレクトラ14N(Lockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コード NX18973)の断面構造図:銃身に近い胴体中央部に燃料タンクを大幅に増設し、機首に不時着水用の浮袋を装備して、1938年7月10-14日、ロッキード・エレクトラ14(登録コード:NX18973)で世界一周早回りの記録を達成した。
Cutaway drawing of Howard Hughes’ Lockheed Model 14-N2 Super Electra, NX18973. (New York Public Library) The Model 14 was 44 feet, 4 inches (13.513 meters) long with a wingspan of 65 feet, 6 inches (19.964 meters) and overall height of 11 feet, 5 inches (3.480 meters). Hughes’ Model 14-N2 Special differed, but a Model 14-WF-62 airliner version had an empty weight of 10,750 pounds (4,876 kilograms), gross weight of 15,650 pounds (7,098 kilograms) and maximum takeoff weight of 17,500 pounds (7,938 kilograms). The airliner had maximum speed of 250 miles per hour (402 kilometers per hour) and a service ceiling of 24,500 feet (7,468 meters).
写真は,National Air and Space Museum Archives・引用。


アメリアは、1932年、ロッキード・ベガを単身操縦士の大西洋無着陸横断飛行を成功させたが、大統領夫人エレノア・ルーズベルトの後押しを受けて、赤道を回る世界一周旅行を計画した。1937年にアメリアが世界一周に使用した愛機ロッキード・エレクトラ10E の改良型ロッキード・エレクトラ14N(Lockheed Model 14-N Super Electra)は、翌1938年7月にアメリカの大富豪ハワード・ヒューズHoward Hughes:1905-1976)の愛機として世界一周に成功している。

写真(右)1938年7月14日14:34、アメリカ、ニューヨーク、ロングアイランド、フロイド・ベネット飛行場に到着した大富豪ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)の愛機ロッキード・スーパーエレクトラ14N(Lockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コード NX18973)と出迎える人々:アメリカ、ニューヨーク、ロングアイランドに到着した。1938年7月10-14日、アメリカの大富豪ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)は愛機ロッキード・エレクトラ14(登録コード:NX18973)で世界一周早回りの記録を達成した。
Lockheed Model 14-N2 Super Electra NX18973, “New York World’s Fair 1939,” arrives at Floyd Bennett Field, Long Island, New York, 2:34 p.m., 14 July 1938. (Associated Press) Representative performance figures are maximum speed of 250 miles per hour (402 kilometers per hour) and a service ceiling of 24,500 feet (7,468 meters). NX19783 had an estimated maximum range of 4,500 miles (7,242 kilometers).
写真は,Tag Archives: Lockheed Super Electra 14-N2・Local number NASM-163076引用。


写真(右)1938年7月以降、アメリカ、ニューヨーク州ロングアイランド、フロイド・ベネット飛行場に飛来した大富豪ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)の愛機ロッキード・スーパーエレクトラ14N(Lockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コード NX18973)と出迎える人々:1938年7月10-14日、アメリカの大富豪ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)は愛機ロッキード・エレクトラ14(登録コード:NX18973)で世界一周早回りの記録を達成した。
Lockheed Model 14-N2 Super Electra NX18973, “New York World’s Fair 1939,” arrives at Floyd Bennett Field, Long Island, New York, 2:34 p.m., 14 July 1938. (Associated Press) Representative performance figures are maximum speed of 250 miles per hour (402 kilometers per hour) and a service ceiling of 24,500 feet (7,468 meters). NX19783 had an estimated maximum range of 4,500 miles (7,242 kilometers).
写真は,Tag Archives: Lockheed Super Electra 14-N2・Local number NASM-163076引用。


大富豪ハワード・ヒューズHoward Hughes)は、1932年、20代にして、ヒューズ・エアクラフト社を創立し、ボーイング(Boeing)P-12B複葉戦闘機を改良し1933年、ロサンゼルスで時速212マイルの直線飛行記録を更新した。そして、世界一周飛行記録を出そうと、長距離飛行可能なシコルスキー(Sikorsky)大型飛行艇、1933年7月初飛行のダグラス(Douglas DC-1)双発輸送機(乗客12人・巡航速度180マイル (289 km/h) )を購入したが、航続距離は問題なく共、巡航速度が遅くなり、飛行時間記録を大きく書き換えることができなくなるリスクがあったため、より高速のロッキード・エレクトラ14N(Lockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コード NX18973)を購入した。

写真(右)1938年7月以降、アメリカ、ニューヨーク州ロングアイランド、フロイド・ベネット飛行場、ヒューズ愛機のロッキード・スーパーエレクトラ14N(Lockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コード NX18973)コックピットの主操縦席(左席)の飛行家ハワード・ヒューズ(Howard Hughes):1938年7月10-14日、アメリカの大富豪ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)は愛機ロッキード・エレクトラ14(登録コード:NX18973)で世界一周早回りの記録を達成した。
Howard Hughes in front of the instrument panel of his Lockheed Model 14-N2 Super Electra (A/C No. NX18973) after his around the world flight July 10-14, 1938, which started and ended at Floyd Bennett Field, New York. First Name: Amelia Date Jul-38
写真は,National Air and Space Museum Archives・Local number NASM-163077引用。


1937年7月10日から14日、大富豪ハワード・ヒューズ・ジュニア(Howard Robard Hughes, Jr.:1905-1976)は,信頼できる4人の搭乗員(クルー)、すなわちアメリカ陸軍航空隊(U.S. Army Air Corps)トーマス・スーロウ(Thomas L. Thurlow)中尉, ヘンリー・コナー(Harry P. McLean Connor)、リチャード・スタッダート(Richard R. Stoddart)、エドワルド・ルッド(Edward Lund)とともに、特別仕様のロッキード・エレクトラ14NLockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コードNX18973) を使って、ニューヨーク州フロイド・ベネット飛行場(Floyd Bennett Field)から、パリ、モスクワ、シベリヤのオムスク(Omsk)、ヤクーツク(Yakutsk)、アメリカのアラスカのフェアバンクスを経由して、1938年7月14日14:34、空路2万3,612キロを3日19時間14分で世界一周飛行(Round-the-World Flights)した。

写真(右)1938年7月14日、世界一周飛行を果たして、アメリカ、ニューヨーク州ロングアイランド、フロイド・ベネット飛行場に到着した大富豪ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)の愛機ロッキード・スーパーエレクトラ14N(Lockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コード NX18973):1938年7月10-14日、アメリカの大富豪ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)は愛機ロッキード・エレクトラ14(登録コード:NX18973)で世界一周早回りの記録を達成した。
Three-quarter right front view of Howard Hughes' Lockheed Model 14, presumably after his around the world flight July 10-14, 1938, at Floyd Bennett Field, New York, where the flight began and ended. Crowds surround the aircraft. [A/C number NX18973]Last Name: Earhart First Name: Amelia Date 7/14/1938
写真は,National Air and Space Museum Archives・Local number NASM-163076引用。


ハワード・ヒューズがロッキード・エレクトラ14N(Lockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コード NX18973)で1937年7月10日から14日、高速世界一周をし、着陸した時に、実際の距離にはあと125マイル不足している可能性があった。そこで、急遽の再離陸で、公式記録は3日間23時間35分ともされるが、ハワード・ヒューズが世界一周早回り飛行記録(Round-the-World Flights)を更新したことに違いはない。それ以前の世界記録は、1931年にウィリー・ポストによる8日間の世界一周だったので、その二分の一の早さだったが、これは飛行家の熟練技術ではなく、飛行機ロッキード・エレクトラ14N(Lockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コード NX18973)の性能が向上していたためである。

写真(右)1938年7月14日、アメリカ、ニューヨーク、飛行場( Floyd Bennett Field)に飛来した大富豪ハワード・ヒューズ(Howard Hughes一行と出迎えたニューヨーク万博組織委員会委員長・ニューヨーク市長ウォーレン(左端のスーツ)、後方は愛機ロッキード・スーパーエレクトラ14N(Lockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コード NX18973):胴体後方左側に昇降用のドアがついているが、開いた状態でインタビューが行われている。世界一周した搭乗員は、左からハットを被った大富豪ハワード・ヒューズ・ジュニア(Howard Robard Hughes, Jr.:1905-1976),アメリカ陸軍航空隊(U.S. Army Air Corps)トーマス・スーロウ(Thomas L. Thurlow)中尉, ヘンリー・コナー(Harry P. McLean Connor)、リチャード・スタッダート(Richard R. Stoddart)、エドワルド・ルッド(Edward Lund)。
The flight crew of Howard Hughes’ around-the-world flight, left to right: Howard Robard Hughes, Jr., wearing a fedora and a white shirt; 1st Lieutenant Thomas L. Thurlow, U.S. Army Air Corps; Harry P. McLean Connor; Richard R. Stoddart; and Edward Lund. Standing at the far left of the photograph is Grover Whalen, president of the New York World’s Fair 1939 Committee, who christened the airplane. (Tamara Thurlow Field via Air & Space Smithsonian)
The flight crew of Howard Hughes’ around-the-world flight, left to right: Howard Robard Hughes, Jr., wearing a fedora and a white shirt; 1st Lieutenant Thomas L. Thurlow, U.S. Army Air Corps; Harry P. McLean Connor; Richard R. Stoddart; and Edward Lund. Standing at the far left of the photograph is Grover Whalen, president of the New York World’s Fair 1939 Committee, who christened the airplane. (Tamara Thurlow Field via Air & Space Smithsonian)
写真は,National Air and Space Museum Archives・Local number NASM-163076引用。



写真(上)1938年頃、アメリカ、無塗装で銀色に輝く大富豪ハワード・ヒューズ・ジュニア(Howard Robard Hughes)の愛機ロッキード(Lockheed)モデル Model14-N3「スーパーエレクトラ」(登録コード NX18973, 製造番号:c/n 1419)
:1937年7月10日から14日、世界一周早回り記録(3日間23時間35分)を達成した。
Lockheed Model 14-N2 Super Electra Special, c/n 1419, NC18973。
Description Lockheed14 Hughes Date 2 May 2009, 08:40 Source Lockheed14Hughes Author Bill Larkins
写真は,San Diego Air and Space Museum Archive File:Lockheed14Hughes (5028802876).jpg引用。


写真(右)1938年、アメリカ、カリフォルニア州アラメダ海軍基地(Alameda )、ハワード・ヒューズが世界一周早回り飛行に使用したロッキード(Lockheed) 14H2「スーパー・エレクトラ」(Super Electra)輸送機(登録コード:NC-18573):垂直尾翼に、USA、登録コードNC-18573とが記入されているが、国籍記章もない無塗装の銀無地の機体である。
Description Howard Hughes round-the-world flight Lockheed at Alameda in 1940. Date 26 February 2011, 22:08 Source Hughes Lockheed 14H Author Bill Larkins
写真はWikimedia Commons, Category:Lockheed Model 14 Super Electra File:Hughes Lockheed 14H (5483065329).jpg引用。


1927年にチャールズ・リンドバーグ(Charles Lindbergh)が飛行機で大西洋無着陸横断飛行に成功すると、メイベル・ボルMabel Boll:1895-1949)は、アメリカの富豪夫人で、大西洋横断飛行をした最初の女性同乗者を目指した。そこで、1928年3月5日、ウィルマー・シュルツ(Wilmer Stultz)が操縦するライト・ベランカ WB-2(Wright-Bellanca WB-2)「コロンビア」にメイベル・ボルが同乗し、キューバのハバナまでカリブ海を飛行したことを契機に、メイベル・ボルは、同機による大西洋横断飛行に同乗させてくれるように依頼した。しかし、シュルツが拒否したためにボルはバードのフォッカー機と交渉することになった。

 交渉が長引いているうちに、1928年6月17日アメリア・イアハートは女性初の大西洋横断飛行を、フォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」("Friendship")三発水上旅客輸送機に同乗して成し遂げた。1928年中に、メイベル・ボル(Mabel Boll)は、チャールズ・レヴァインの購入したユンカース(Junkers)W.33「クィーンオブエア」に同乗して、ロンドンから大西洋を横断する計画を立てていたが、計画は実現しなかった。


4.ロッキード(Lockheed)Model 14「スーパー・エレクトラ」輸送機

写真(右)1938年、アメリカ、ワシントンD.C、アナコスティア海軍基地(Malton Airport)、アメリカ海軍所属のロッキード(Lockheed) 14H2「スーパー・エレクトラ」(Super Electra)輸送機(登録コード:XR4O-1、製造番号 1441))
Description English: The single U.S. Navy Lockheed XR4O-1 (BuNo 1441) at the NACA Langley Research Center in 1938. In 1938 the U.S. Navy ordered a staff transport version of the Lockheed Model 14-H2 Super Electra. It was delivered to the USN on 15 October 1938 and remained in the inventory until 1944. The aircraft spent most, if not all, of its service life based at Naval Air Station Anacostia, Washington D.C. (USA). The Lockheed Hudson was later developed from this plane. Date 1938 Source NASA photo EL-1997-00257 Author NASA Other versions caption bar cropped
写真はWikimedia Commons, Category:Lockheed Model 14 Super Electra File:Lockheed XR4O-1 at NACA Langley 1938.jpeg引用。


写真(右)1938年4月19日、ブリティシュ・エアウェーズのロッキード(Lockheed)14「スーパーエレクトラ」(LLockheed Model 14 Super Electra)輸送機 (登録コード:G-AFGN ):星条旗を模した国籍記章は、青地の丸に白星、星中央に赤丸の1942年初頭まで使用されて形式である。太平洋戦争勃発後に、このアメリカの国籍記章は、青地の丸に白星となり、星中央の赤丸は廃止されている。
Svenska: Att flyga Chamberlain fram och tillbaka till Tyskland var inte något märkvärdigt. Uppdrag som uppdrag. Det var en flygning som vilken annan som helst. Det var det enda som Commander D. S. King ville säga om den världshistoriska lufttrippen som en av premiärministerns piloter, när han på söndagsmorgonen hoppade ur British Airways nya Lockheed 14 på Bromma efter den första non-stop flygningen London–Stockholm, som någon trafikmaskin företagit. Färden klarades på 4 timmar och 16 minuter motsvarande en medelhastighet av 352 kilometer i timmen. Klockan 9:27 anlände maskinen till Bromma och klockan 11:36 gav den sig iväg hem igen till Heston. Förutom King medföljde bland annat mr Campbell Orde, en av British Airways direktörer samt piloterna E. G. Robinson och A. E. Me Milian. Flygningen företogs som en provfärd, och det är meningen att snart sätta in den nya maskinen på en ny rutt London–Västafrika. British Airways har för linje köpt in sex Lockheed 14-maskiner, vilka speciellt inretts för 9 passagerare. I ordinär trafik ska planen kunna ta 14, men den långa distansen, som den nu avser betjäna, kräver speciellt stora utrymmen för bensin, varför passagerarantalet nedbringats. Lockheed 14 har två stycken 900 hk Wright Cyclone-motorer. Date 19 April 1938 Source IMS Vintage Photos
写真は Wikimedia Commons, Category:G-AFGN (aircraft) File:BA's-new-fast-plane-Lockheed-14-at-Bromma-391768966888.jpg引用。


写真(右)1938年8月13日、イギリス、マンチェスター飛行場(Manchester Airport)に飛来したオランダKLM航空所属のロッキード(Lockheed) 14 「スーパー・エレクトラ」(Super Electra)輸送機"Lepelaar" (登録コード:PH-ASL)
Description English: Lockheed 14-WF-62 PH-ASL "Lepelaar" of KLM Royal Dutch Airlines at Manchester (Ringway) Airport Date 13 August 1938 Source Own work Author RuthAS Permission (Reusing this file) own family photo
写真はWikimedia Commons, Category:PH-ASL (aircraft) File:Lockheed 14 PH-ASL KLM Ringway 13.08.38 edited-2.jpg引用。


アメリカのロッキード(Lockheed)社は、それまでオリオン(Orion)のような木製の飛行機を生産していたので、ロイド・シャーマン(Lloyd Stearman)とホール・ハイバード(Hall Hibbard)の設計になるロッキードLockheed)モデル Model 10「エレクトラ」輸送機は、ロッキード初の全金属製飛行機となった。 命名のエレクトラとは、夜空のプレアデス星団(Pleiades)の恒星からの命名である。試作機は、1934年2月23日に初飛行した。

写真(右)1938年8月18日、イギリス、マンチェスター飛行場、KLMオランダ航空のロッキード(Lockheed)14「スーパーエレクトラ」(Lockheed Model 14 Super Electra)輸送機(登録コード:G-AFGN)
Description Svenska: Att flyga Chamberlain fram och tillbaka till Tyskland var inte något märkvärdigt. Uppdrag som uppdrag. Det var en flygning som vilken annan som helst. Det var det enda som Commander D. S. King ville säga om den världshistoriska lufttrippen som en av premiärministerns piloter, när han på söndagsmorgonen hoppade ur British Airways nya Lockheed 14 på Bromma efter den första non-stop flygningen London–Stockholm, som någon trafikmaskin företagit. Färden klarades på 4 timmar och 16 minuter motsvarande en medelhastighet av 352 kilometer i timmen. Klockan 9:27 anlände maskinen till Bromma och klockan 11:36 gav den sig iväg hem igen till Heston. Förutom King medföljde bland annat mr Campbell Orde, en av British Airways direktörer samt piloterna E. G. Robinson och A. E. Me Milian. Flygningen företogs som en provfärd, och det är meningen att snart sätta in den nya maskinen på en ny rutt London–Västafrika. British Airways har för linje köpt in sex Lockheed 14-maskiner, vilka speciellt inretts för 9 passagerare. I ordinär trafik ska planen kunna ta 14, men den långa distansen, som den nu avser betjäna, kräver speciellt stora utrymmen för bensin, varför passagerarantalet nedbringats. Lockheed 14 har två stycken 900 hk Wright Cyclone-motorer. Date 19 April 1938 Source IMS Vintage Photos Author Unknown photographer
写真は Wikimedia Commons, Category:G-AFGN (aircraft) File:BA's-new-fast-plane-Lockheed-14-at-Bromma-391768966888.jpg引用。



写真(上)1938年以降、アメリカ、ロッキード(Lockheed)モデル Model14-N3「スーパーエレクトラ」(Super Electra)輸送機 (登録コード:NC-18138、製造番号:C/n / msn: 1416)
:このロッキードModel14-N3「スーパーエレクトラ」輸送機 (登録コード:NC-18138、製造番号:C/n / msn: 1416)は、1938年初飛行で、1966年9月17日、アメリカ、ニュージャージー州(NJ)メッドフォード西飛行場(Medford-Flying W Airport)を飛び立とうとするときに過剰積載のために離陸に失敗し墜落、炎上した。 Catalog #: 01_00091667 Title: Lockheed, Model 14-N3, Super Electra Corporation Name: Lockheed Additional Information: USA Tags: Lockheed, Model 14-N3, Super Electra Repository: San Diego Air and Space Museum Archive Designation: Model 14-N3 From the Collection of Charles M. Daniels Date 28 August 2012, 09:30 Source Lockheed, Model 14-N3, Super Electra Author SDASM Archives
写真は San Diego Air and Space Museum Archive,SDASM Archives Catalog #: 01_00091667/wikipedia、File:Lockheed Model 14-N3 Super Electra (7881218554).jpg引用。



写真(上)1938年以降、アメリカ、ロッキード(Lockheed)モデル Model14-N3「スーパーエレクトラ」(Super Electra)輸送機 (登録コード:NC-18138、製造番号:C/n / msn: 1416)
:このロッキードModel14-N3「スーパーエレクトラ」輸送機 (登録コード:NC-18138、製造番号:C/n / msn: 1416)は、1938年初飛行。 Lockheed, Model 14-N3, Super Electra Title: Lockheed, Model 14-N3, Super Electra Corporation Name: Lockheed Additional Information: USA Tags: Lockheed, Model 14-N3, Super Electra Repository: San Diego Air and Space Museum Archive Designation: Model 14-N3 From the Collection of Charles M. Daniels
写真は San Diego Air and Space Museum Archive,SDASM Archives Catalog #: 01_00091668引用。


写真(右)1938年以降、アメリカ、ロッキード(Lockheed)モデル Model14-N3「スーパーエレクトラ」(Super Electra)輸送機 (登録コード:NC-18138、製造番号:C/n / msn: 1416) :このロッキードModel14-N3「スーパーエレクトラ」輸送機 (登録コード:NC-18138、製造番号:C/n / msn: 1416):垂直尾翼の前方にはロッキード社のロゴ、方向舵には登録コードのNC-18138が記入されている。後方の飛行機格納庫は、ノースウェスト航空(Northwest Airlines)のもので、格納庫扉の右端にノースウェスト航空(Northwest Airlines)のロゴが取り付けられている。
Lockheed, Model 14-N3, Super Electra Title: Lockheed, Model 14-N3, Super Electra Corporation Name: Lockheed Additional Information: USA Tags: Lockheed, Model 14-N3, Super Electra Repository: San Diego Air and Space Museum Archive Designation: Model 14-N3 From the Collection of Charles M. Daniels
写真は San Diego Air and Space Museum Archive,SDASM ArchivesCatalog #: 01_00091666引用。


アメリカのノースウェスト航空(Northwest Airlines)は、1926年9月1日にノースウエスト・エアウェイズ (Northwest Airways) として設立され、飛行機400機を保有するアメリカ第5位の航空会社であった。1934年には、Northwest Airlinesと改名された。2008年4月に、アメリカのデルタ航空と合併した。

写真(右)1938年以降、ロッキード(Lockheed)モデル Model 14-N3「スーパーエレクトラ」(Super Electra)輸送機 (登録コード:NC-18138、製造番号:C/n / msn: 1416) :アメリカの大型工作機械メーカーだったマスタ・マシン社(Mesta Machine Co)の利用した民間輸送機と思われる。
:Lockheed, Model 14-N3, Super Electra Title: Lockheed, Model 14-N3, Super Electra Corporation Name: Lockheed Additional Information: USA Tags: Lockheed, Model 14-N3, Super Electra Repository: San Diego Air and Space Museum Archive Designation: Model 14-N3 From the Collection of Charles M. Daniels
写真は,San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 01_00091665引用。



図(右)1937年10月1日、ロッキード(Lockheed)モデル Model 14-H「スーパーエレクトラ」(Super Electra)輸送機 の三面図
:フランスの航空雑誌"L'Aerophile"1937年10月1日号に掲載された三面図。フランスの航空雑誌"L'Aerophile"は、1893年から1947年刊行。
Lockheed 14-H 3-view drawing from L'Aerophile October 1937
English: Lockheed 14-H 3-view drawing from L'Aerophile October 1937
Date 1 October 1937 Source http: //gallica.bnf.fr/ark: /12148/ bpt6k65543781?rk =150215;2
Author L'Aerophile magazine
写真は Wikimedia Commons, Category:Aircraft at Warsaw Frederic Chopin Airport File:Lockheed 14-H 3-view L'Aerophile October 1937.jpg引用。


ロッキード(Lockheed)モデル 14-H「スーパーエレクトラ」輸送機(Model 14-WF62 Super Electra)諸元
乗員: 3名、乗客: 12名
全長: 13.5
2 m
全幅: 19.97 m
全高 3.48 m
主翼面積: 51.2 平方メートル
空虚重量: 4,886 kg
全備重量: 7,114 kg
最大離陸重量: 7,955 kg
エンジン: Wright SGR-1820-F62 空冷星型9気筒エンジン 760 hp (567 kW) 双発 最大速度: 250 mph (402 km/h)
航続距離: 2,125 mi (3,420 km)
最大上昇高度 24,500 ft (7,649 m)
翼面荷量: 28 lb/ft2 (139 kg/平方メートル)


写真(上)1939年4月17日、ポーランド、ワルシャワ(Warsaw)飛行場のブリティシュ・エアウェーズ(BOAC)のロッキード(Lockheed)モデル Model 14-WF62 「スーパーエレクトラ」(Super Electra)輸送機 (登録コード:G-AFKE、製造番号C/N: 1485 )とポーランド国営航空LOTのドイツ製ユンカースJu-52/3m輸送機(左手前)
:ロッキード(Lockheed)モデル Model 14-WF62 「スーパーエレクトラ」(Super Electra)輸送機 (登録コード:G-AFKE)は、ライト(Wright)SGR-1820-F62サイクロン(Cyclone)空冷星形9気筒エンジン2基を装備、乗客数 13名、搭乗員 2名、1938年10月20日に配備され1943年11月19日に除籍されている。
Description English: LOT and British Airways aircraft at Warsaw Okecie Airport, 1939 Date 17 April 1939 Source Ilustrowany Kuryer Codzienny. 1939, nr 108 (20 IV) s. 5 http://audiovis.nac.gov.pl/obraz/86643/3cc39c8598d9206fb145701c78870c64/ Author unknown (Kurier Ilustrowany archive)
写真は Wikimedia Commons, Category:Aircraft at Warsaw Frederic Chopin Airport File:Okęcie LOT i BA 1939.jpeg引用。


 イギリス海外航空(BOAC:British Overseas Airways Corporation)のアメリカ製ロッキード(Lockheed)モデル Model 14-WF62 「スーパーエレクトラ」(Super Electra)輸送機(登録コード:G-AFKE、製造番号C/N: 1485 )の発動機は、ライト(Wright)SGR-1820-F62サイクロン(Cyclone)空冷星形9気筒エンジン760 hp (567 kW) 2基で、乗客数 13名、搭乗員 2名、最高速力 250 mph (402 km/h)、航続距離 2,125マイル (3,420 km)、実用上昇限度24,500 ft (7,649 m)、1938年10月20日に配備され1943年11月19日に除籍されている。

写真(右)1938年、カナダ、ブリティッシュ コロンビア州(British Columbia)バンクーバー空港(Vancouver)、トランス・カナダ航空(Trans Canada Airlines)所属のロッキード(Lockheed) 14H2「スーパー・エレクトラ」(Super Electra)輸送機(登録コード:CF-TCE)
Description English: Lockheed Super Electra CF-TCE of Trans Canada Airlines Date 1938 Source This image is available from the City of Vancouver Archives under the reference number CVA 260-904 This tag does not indicate the copyright status of the attached work. A normal copyright tag is still required. See Commons:Licensing. Flag of Vancouver (Canada).svg Author Steffens-Colmer Studios Ltd. and Don Coltman Company Photographs
写真はWikimedia Commons, Category:Lockheed Model 14 Super Electra of Trans Canada Airlines File:Lockheed Super Electra CF-TCE.jpg引用。


写真(右)1938年、イギリス、トランス・カナダ航空(Trans Canada Airlines)所属のロッキード(Lockheed)14-H2「スーパー・エレクトラ」(Super Electra)輸送機(登録コード:CF-TCJ )
Description English: Trans Canada Airlines Lockheed 14H2 c. 1938 (CF-TCJ). created image with Photoshop using a photograph originally posted on:[1] covered by Date circa 1938 Source Transferred from en.wikipedia to Commons. Author Bzuk at English Wikipedia
写真はWikimedia Commons, Category:CF-TCJ (aircraft) File:Lockheed 14.jpg引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 10A「エレクトラ」(Electra)は、民間輸送機として、アメリカ以外では、オーストラリア(Australia)、ブラジル(Brazil)、カナダ(Canada)、チリ(Chile)、キューバ(Cuba)、チェコ(Czech) 、メキシコ(Mexico)、オランダ(Netherland)、ニュージーランド(New Zealand)、パナマ(Panama)、ポーランド(Poland)、ルーマニア(Romania)、イギリス(United Kingdom)、ユーゴスラビア(Yugoslavia)で使用された。

写真(右)1939年、カナダ、オンタリオ州トロント・ピアソン空港(Malton Airport)、トランス・カナダ航空(Trans Canada Airlines)所属のロッキード(Lockheed) 14H2「スーパー・エレクトラ」(Super Electra)輸送機(登録コード:CF-TCJ )
Description English: TCA (Trans-Canada Airlines) Lockheed Electra 14H2s at Malton Airport C 1939 Date circa 1939 Source: www.flickr.com Author Trans Canada Airlines
写真はWikimedia Commons, Category:CF-TCJ (aircraft) File:Malton Airport 1939 - TCA Lockheed Electra 14H2s (14Hs).jpg引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 10A「エレクトラ」(Electra)は、軍用機として、アメリカ軍以外では、アルゼンチン空軍(Argentine Air Force)、ブラジル空軍(Brazilian Air Force)、カナダ空軍(Royal Canadian Air Force)、ホンジュラス空軍(Honduran Air Force)、ニカラグア空軍(Nicaragua Air Force)、スペイン空軍(Spanish Republican Air Force)、日本軍、イギリス空軍(Royal Air Force)、ベネスエラ軍(Venezuela)で採用されている。

写真(右)1940年、カナダ、ブリティッシュ コロンビア州(British Columbia)バンクーバー空港(Vancouver)、トランス・カナダ航空(Trans Canada Airlines)所属のロッキード(Lockheed) 14H2「スーパー・エレクトラ」(Super Electra)輸送機(登録コード:CF-TCJ )
Description English: Lockheed Super Electra CF-TCM of Trans-Canada Air Lines at Vancouver.
Date 1940 Source This image is available from the City of Vancouver Archives under the reference
number CVA 586-169 This tag does not indicate the copyright status of the attached work. A normal copyright tag is still required. See Commons:Licensing. Flag of Vancouver (Canada).svg
Author Steffens-Colmer Studios Ltd. and Don Coltman Company Photographs
写真はWikimedia Commons, Category:Lockheed Model 14 Super Electra of Trans Canada Airlines File:CF-TCM Lockheed Super Electra.jpg引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 10「エレクトラ」(Electra)輸送機は、双発・単葉の全金属製引込み脚の高速輸送機で、同じく1930年代のアメリカで生産されたボーイング(Boeing)247双発輸送機、ダグラス(Douglas)DC-2双発輸送機と並んで、アメリカの航空技術の優秀さを世界に誇示することができた。


5.1943年オランダ王女ユリアナの愛機となったロッキード14スーパー・エレクトラ輸送機

写真(右)1943年11月、南アメリカ北部、オランダ領スリナム(オランダ領ギアナ)近傍、スリナムを訪問したオランダ王女ユリアナKLMオランダ航空のロッキード(Lockheed)モデル Model14「スーパーエレクトラ」( Super Electra)輸送機(登録コード:PJ-AIM)の乗機と護衛のアメリカ陸軍航空隊ノースアメリカンB-25G爆撃機:無塗装の機体は銀色に輝いている。コックピット上面に、無線アンテナ線の支柱と方位測定用のループアンテナが取り付けられている。護衛のアメリカ陸軍航空隊ノースアメリカンB-25G爆撃機の僚機から撮影。
Collectie / Archief : Fotocollectie Anefo Reportage / Serie : Wi [West Indies] / Anefo Londen serie Beschrijving : Bezoek van prinses Juliana aan Suriname (1943) .Prinses Juliana bezocht Suriname en landde daar in november 1943 per vliegtuig. Op haar weg naar Suriname vloog ze over de Bovenwindse Eilanden en werden er pamfletten uitgestrooid, waarin ze de bewoners groette en haar spijt betuigde dat het voor haar niet mogelijk was hen te bezoeken. Op de foto het KLM vliegtuig en twee Amerikaanse gevechtsvliegtuigen als begeleiding Annotatie : Repronegatief van 935-1501 Datum : november 1943 Trefwoorden : tweede wereldoorlog, vliegtuigen Instellingsnaam : KLM Fotograaf : Onbekend / Publiek Domein, [onbekend] Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.01.04 Bestanddeelnummer : 935-1502Reportage / Serie : Wi [West Indies] / Anefo Londen serie Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Anefo Reportage / Serie : Wi [West Indies] / Anefo Londen serie Beschrijving : Bezoek van prinses Juliana aan Suriname (1943) .Prinses Juliana bezocht Suriname en landde daar in november 1943 per vliegtuig. Op haar weg naar Suriname vloog ze over de Bovenwindse Eilanden en werden er pamfletten uitgestrooid, waarin ze de bewoners groette en haar spijt betuigde dat het voor haar niet mogelijk was hen te bezoeken. Op de foto het KLM vliegtuig en twee Amerikaanse gevechtsvliegtuigen als begeleiding Annotatie : Repronegatief van 935-1501 Datum : november 1943 Trefwoorden : tweede wereldoorlog, vliegtuigen Instellingsnaam : KLM Fotograaf : Onbekend / Publiek Domein, [onbekend] Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.01.04 Bestanddeelnummer : 935-1502 Date November 1943 Source http://proxy.handle.net/10648/ad9619f4-d0b4-102d-bcf8-003048976d84 Author Onbekend / Publiek Domein, [onbekend]
写真はWikimedia Commons, Category:PJ-AIT (aircraft) File:Bezoek van prinses Juliana aan Suriname (1943) .Prinses Juliana bezocht Suriname, Bestanddeelnr 935-1502.jpg引用。


写真(右)1943年11月、南アメリカ北部、オランダ領スリナム(オランダ領ギアナ)近傍、スリナムを訪問したオランダ王女ユリアナKLMオランダ航空のロッキード(Lockheed)モデル Model14「スーパーエレクトラ」( Super Electra)輸送機(登録コード:PJ-AIM)の乗機と護衛のアメリカ陸軍航空隊ノースアメリカンB-25G爆撃機:護衛のアメリカ陸軍航空隊ノースアメリカンB-25G爆撃機の僚機から撮影。
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Anefo Reportage / Serie : Wi [West Indies] / Anefo Londen serie Beschrijving : Bezoek van prinses Juliana aan Suriname (1943). De vliegtuigen onderweg Annotatie : Foto is genomen vanuit de KLM DC-3 en laat de escorterende Amerikaanse gevechtsvliegtuigen zien. Datum : november 1943 Locatie : Suriname Trefwoorden : tweede wereldoorlog, vliegtuigen Instellingsnaam : KLM Fotograaf : Onbekend / Publiek Domein, [onbekend] Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.01.04 Bestanddeelnummer : 935-1503 Date November 1943 Source http://proxy.handle.net/10648/ad961aa8-d0b4-102d-bcf8-003048976d84 Author Onbekend / Publiek Domein, [onbekend]
写真はWikimedia Commons, Category:PJ-AIT (aircraft) File:Bezoek van prinses Juliana aan Suriname (1943) .Prinses Juliana bezocht Suriname, Bestanddeelnr 935-1502.jpg引用。



写真(上)1943年11月、南アメリカ北部、オランダ領スリナム(オランダ領ギアナ)、KLMオランダ航空のロッキード(Lockheed)モデル Model14「スーパーエレクトラ」( Super Electra)輸送機
(登録コード:PJ-AIM):オランダ王室プリンセス・ユリアナ妃のスリナムへの訪問 (1943)。彼女の側近と王女。KLMのロッキードの乗組員と空港に集まったアメリカの戦闘機の乗組員たちの記念写真。
Collectie / Archief : Fotocollectie Anefo Reportage / Serie : Wi [West Indies] / Anefo Londen serie Beschrijving : Bezoek van prinses Juliana aan Suriname (1943). De prinses met haar adjudant jhr. A.D.C. van Tets en chgenote, de bemanning van de Lockheed van de KLM en de bemanningen van de Amerikaanse gevechtsvliegtuigen voor de Lockheed op de luchthaven Annotatie : Repronegatief Datum : november 1943 Locatie : Suriname Trefwoorden : bezoeken, groepsportretten, prinsessen, tweede wereldoorlog, vliegtuigen Persoonsnaam : Juliana (prinses Nederland), Tets, A.D.C. van Fotograaf : Onbekend / Publiek Domein, [onbekend] Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.01.04 Bestanddeelnummer : 935-1505 Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Anefo Reportage / Serie : Wi [West Indies] / Anefo Londen serie Beschrijving : Bezoek van prinses Juliana aan Suriname (1943). De prinses met haar adjudant jhr. A.D.C. van Tets en chgenote, de bemanning van de Lockheed van de KLM en de bemanningen van de Amerikaanse gevechtsvliegtuigen voor de Lockheed op de luchthaven Annotatie : Repronegatief Datum : november 1943 Locatie : Suriname Trefwoorden : bezoeken, groepsportretten, prinsessen, tweede wereldoorlog, vliegtuigen Persoonsnaam : Juliana (prinses Nederland), Tets, A.D.C. van Fotograaf : Onbekend / Publiek Domein, [onbekend] Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.01.04 Bestanddeelnummer : 935-1505 Date November 1943 Author Onbekend / Publiek Domein, [onbekend]
写真はWikimedia Commons, Category:PJ-AIT (aircraft) File:Bezoek van prinses Juliana aan Suriname (1943). De prinses met haar adjudant jh…, Bestanddeelnr 935-1505.jpg引用。


写真(右)1943年11月、南アメリカ北部、オランダ領スリナム(オランダ領ギアナ)、KLMオランダ航空のロッキード(Lockheed)モデル Model14「スーパーエレクトラ」( Super Electra)輸送機(登録コード:PJ-AIM)でスリナムを訪問したオランダ王女ユリアナと搭乗員たちの記念写真:無塗装の機体は銀色に輝いている。コックピット上面に、無線支柱と砲口測定用のループアンテナが取り付けられている。
Collectie / Archief : Fotocollectie Anefo Reportage / Serie : Wi [West Indies] / Anefo Londen serie Beschrijving : [Bezoek van prinses Juliana aan Suriname. De prinses met de vliegtuigbemanning] Annotatie : Repronegatief Datum : november 1943 Locatie : Suriname Trefwoorden : bezoeken, koninginnen, tweede wereldoorlog, vliegtuigen Fotograaf : Onbekend / Publiek Domein, [onbekend] Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.01.04 Bestanddeelnummer : 935-1495Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Anefo Reportage / Serie : Wi [West Indies] / Anefo Londen serie Beschrijving : Bezoek van prinses Juliana aan Suriname (1943). De prinses met haar adjudant jhr. A.D.C. van Tets en chgenote, de bemanning van de Lockheed van de KLM en de bemanningen van de Amerikaanse gevechtsvliegtuigen voor de Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Anefo Reportage / Serie : Wi [West Indies] / Anefo Londen serie Beschrijving : [Bezoek van prinses Juliana aan Suriname. De prinses met de vliegtuigbemanning] Annotatie : Repronegatief Datum : november 1943 Locatie : Suriname Trefwoorden : bezoeken, koninginnen, tweede wereldoorlog, vliegtuigen Fotograaf : Onbekend / Publiek Domein, [onbekend] Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.01.04 Bestanddeelnummer : 935-1495 Date November 1943 Source http://proxy.handle.net/10648/ad961396-d0b4-102d-bcf8-003048976d84 Author Anefo
写真はWikimedia Commons, Category:PJ-AIT (aircraft) File:Bezoek van prinses Juliana aan Suriname (1943). De prinses met haar adjudant jh…, Bestanddeelnr 935-1505.jpg引用。


写真(右)1943年11月、南アメリカ北部、オランダ領スリナム(オランダ領ギアナ)、KLMオランダ航空のロッキード(Lockheed)モデル Model14「スーパーエレクトラ」(Super Electra)輸送機(登録コード:PJ-AIM):スリナムを訪問したオランダ王女ユリアナの愛機で機体は銀色に輝いている。コックピット上面に、無線支柱と砲口測定用のループアンテナが取り付けられている。
Collectie / Archief : Fotocollectie Anefo Reportage / Serie : Wi [West Indies] / Anefo Londen serie Beschrijving : KLM-passagiersvliegtuig landt op het Hato vliegveld bij Willemstad (Curaçao) Annotatie : Repronegatief. Lockheed-14 Super Electra PJ-AIM Meeuw Datum : {1940-1945} Locatie : Curaçao, Willemstad Trefwoorden : hoofdsteden, tweede wereldoorlog, vliegtuigen, vliegvelden Fotograaf : Onbekend / Publiek Domein Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.01.04 Bestanddeelnummer : 935-1175 Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Anefo Reportage / Serie : Wi [West Indies] / Anefo Londen serie Beschrijving : KLM-passagiersvliegtuig landt op het Hato vliegveld bij Willemstad (Curaçao) Annotatie : Repronegatief. Lockheed-14 Super Electra PJ-AIM Meeuw Datum : {1940-1945} Locatie : Curaçao, Willemstad Trefwoorden : hoofdsteden, tweede wereldoorlog, vliegtuigen, vliegvelden Fotograaf : Onbekend / Publiek Domein Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit) Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.01.04 Bestanddeelnummer : 935-1175 Date between 1940 and 1945 Source http://proxy.handle.net/10648/ad951798-d0b4-102d-bcf8-003048976d84 Author Anefo
写真はWikimedia Commons, Category:PJ-AIT (aircraft) File:KLM-passagiersvliegtuig landt op het Hato vliegveld bij Willemstad (Curaçao), Bestanddeelnr 935-1175.jpg引用。



写真(右)1944年3月、カリブ海、オランダ領西インド諸島(アンティル諸島: Nederlandse Antillen)キュラソー島、P・カスティール知事の見送りを受けるオランダ王女ユリアナ妃と後方の乗機KLMオランダ航空のロッキード(Lockheed)モデル Model14「スーパーエレクトラ」( Super Electra)輸送機
:オランダ王室プリンセス・ユリアナ妃の西インド諸島訪問は1944年の2-3月に実施。1986年にアルバが自治領として独立、2010年には、アンティル諸島5島のうちキュラソー島、シント・マールテン島が自治領として独立、残る3島(BES諸島)はオランダ本国に編入された。
Nederlands: Collectie / Archief : Fotocollectie Anefo Reportage / Serie : Wi [West Indies] / Anefo Londen serie Beschrijving : Bezoek van prinses Juliana aan West-Indië (februari-maart 1944). Gouverneur P. Kasteel neemt afscheid van de prinses bij haar vertrek van Curaçao
Annotatie : Repronegatief Datum : maart 1944
Locatie : Curaçao Trefwoorden : bezoeken, gouverneurs, prinsessen, tweede wereldoorlog
Persoonsnaam : Juliana (prinses Nederland), Kasteel, P.A. Fotograaf : Onbekend / Publiek Domein, [onbekend]
Auteursrechthebbende : Nationaal Archief Materiaalsoort : Negatief (zwart/wit)
Nummer archiefinventaris : bekijk toegang 2.24.01.04 Bestanddeelnummer : 935-1541
Date March 1944
写真はWikimedia Commons, Category:PJ-AIT (aircraft) File:Bezoek van prinses Juliana aan West-Indië (februari-maart 1944). Gouverneur P. …, Bestanddeelnr 935-1541.jpg引用。


オランダ王室ユリアナ・ルイーゼ・エンマ・マリー・ウィルヘルミナ・ファン・オラニエ=ナッサウ(Juliana Louise Emma Marie Wilhelmina van Oranje-Nassau:1909年4月30日 - 2004年3月20日)は、第二次世界大戦中はプリンセスで王位継承者だった。しかし、1940年5月のドイツによるオランダ侵攻で、母のウィルヘルミナ女王と共にイギリスへ亡命した。そして、さらに安全なイギリス自治領ドミニオン(コモンウェルス)のカナダへ、ユリアナは娘たちを連れ、ウィルヘルミナの従妹であるカナダ総督夫人アリスを頼って亡命した。第二次世界大戦のドイツ降伏によって、オランダに帰国し、1948年、母の譲位を受けて、1948年9月6日に第5代オランダ女王に即位し、1980年4月30日まで在位した。2004年3月20日、94歳で死去。


6.ロッキード・ハドソン(Lockheed Hudson)爆撃機

写真(右)1942年、イギリス保護国エジプト、カイロ郊外ピラミッド上空を飛翔するイギリス空軍のロッキード(Lockheed)ハドソン(Hudson)Mk VI 爆撃機(登録コード:AE626):1934年2月23日に初飛行した全金属製、低翼のロッキード・モデル10エレクトラ高速輸送機の発展型、スーパー・エレクトラの軍用仕様。
THE ROYAL AIR FORCE IN EGYPT, SUMMER 1942
A Royal Air Force Lockheed Hudson AE626 aircraft of the Middle East Communications Flight flying over the pyramids.
Creator Royal Air Force official photographer Materials whole: acetate
写真は,Imperial War Museums  Catalogue number TR 26引用。


ロッキード 10 エレクトラ(Lockheed Model 10 Electra )の発展型がロッキード 14 スパー・エレクトラ(Lockheed Model 14)で、発動機を強化し、乗客収容能力も向上させた。しかし、民間航空の需要は、ライバルのダグラスDC-3、ボーイングとの競争もあり、商業的には十分な成功を得ることはできなかった。

>写真(上)1942年、イギリス保護国エジプト、カイロ郊外ピラミッド近郊の農地上空を飛翔するイギリス空軍のロッキード(Lockheed)ハドソン(Hudson)Mk VI 爆撃機(登録コード:AE626):1934年2月23日に初飛行した全金属製、低翼のロッキード・モデル10エレクトラ高速輸送機の発展型、スーパー・エレクトラの軍用仕様。1940年代には農地だったこの付近には、現在は家屋が立ち並んでいる。
THE ROYAL AIR FORCE IN EGYPT, SUMMER 1942 A Royal Air Force Lockheed Hudson AE626 aircraft of the Middle East Communications Flight flying over the pyramids. Creator Royal Air Force official photographer Materials whole: acetate
写真は,Imperial War Museums  Catalogue number TR 28引用。


ロッキード 14 スパー・エレクトラ(Lockheed Model 14)を軍用仕様にしたのが、ロッキード・ハドソン哨戒爆撃機である。当時、イギリスは、ドイツとの抗争中であり、自国の航空機生産だけでは、戦力増強が困難だった。そこで、アメリカに支援を要請したのであるが、アメリカ軍も爆撃機を必要としており、供給能力に余裕はなかった。そこで、民間商業機のロッキード 14 スパー・エレクトラ(Lockheed Model 14)を軍用に使用するために回収することとした。

写真(右)写真(右)1941-1944年頃、イギリス、スコットランド北部、ケイスネス、ウィック、イギリス空軍第48飛行中隊所属の飛翔するイギリス空軍のロッキード(Lockheed)ハドソン(Hudson)Mk V 爆撃機(登録コード: AM853 ):1934年2月23日に初飛行した全金属製、低翼のロッキード・モデル10エレクトラ高速輸送機の発展型、スーパー・エレクトラの軍用仕様。1940年代には農地だったこの付近には、現在は家屋が立ち並んでいる。
AIRCRAFT OF THE ROYAL AIR FORCE, 1939-1945: LOCKHEED L-214 & L-414 HUDSON. Hudson Mark V, AM853 'OY-K', of No.48 Squadron RAF based at Wick, Caithness, in flight along the Scottish coastline Creator Royal Air Force official photographer Materials whole: acetate Part of MINISTRY OF INFORMATION/BRITISH INFORMATION SERVICE, WASHINGTON DC
写真は,Imperial War Museums  IWM (COL 183)引用。


ロッキード(Lockheed)ハドソン(Hudson)爆撃機の原型は、ロッキード14スパーエレクトラ輸送機で、発動機も同じライト(Wright)SGR-1820サイクロン空冷星型9気筒エンジン 760 hp (567 kW)2基で、最高速力402 km/h、乗客12-14名の輸送機だったので、胴体には、客室だった空間があり、客席に対応していたガラス窓もついていた。そこで、ハドソン爆撃を輸送機として使用するには、ほどんど支障がない状態だった。

写真(右)1943年頃、リビア、飛行場でイギリス空軍(RAF)第117飛行中隊のロッキード・ハドソン(Lockheed Hudson Mark VI)爆撃機を輸送機として使用している。:陸軍用の補給物資を下そして、トラックに積み替えている。
ROYAL AIR FORCE OPERATIONS IN THE MIDDLE EAST AND NORTH AFRICA, 1939-1943.
Object description Lockheed Hudson Mark VI, FK384, of No. 117 Squadron RAF unloading supplies for Army units at a landing ground near the front line in Libya..
Creator Clark N S (F/O) Royal Air Force official photographer
Part of WAR OFFICE SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (ME(RAF) 6800)引用。


ロッキード(Lockheed)ハドソン(Hudson)爆撃機とロッキード14スパーエレクトラ輸送機が装備したライト(Wright)SGR-1820サイクロン(Cyclone)空冷星型9気筒エンジンは、B-17爆撃機、SBDドーントレス(Dauntless)急降下爆撃機、ダグラスDC-3輸送機にも装備された信頼性あるエンジンである。シリンダー(気筒)は、直径Bore 6 ​1⁄8 in (155.6 mm)、気筒ストローク(Stroke) 6 ​7⁄8 in (174.6 mm)、総排気量(Displacement): 1,823 in³ (29.88 L)の9気筒で、これは当初から最終型まで変わっていない。

写真(右)1942年頃、リビア、エル・アデン飛行場でイギリス空軍(RAF)第216飛行中隊のロッキード・ハドソン(Lockheed Hudson Mark VI)爆撃機を輸送機として使用している。:陸軍用の補給物資を下そして、トラックに積み替えている。
ROYAL AIR FORCE OPERATIONS IN THE MIDDLE EAST AND NORTH AFRICA, 1939-1943.
Object description Lockheed Hudsons of the Mobile Operations Force of No. 216 Group RAF being loaded with stores and equipment at El Adem, Libya, for transport to front line units in the Western Desert..
Creator Clark N S (F/O) Royal Air Force official photographer
Part of WAR OFFICE SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (CM 4093)引用。


ロッキード(Lockheed)ハドソン(Hudson)爆撃機とロッキード14スパーエレクトラ輸送機が装備したライト(Wright)SGR-1820サイクロン(Cyclone)の出力は、当初R-1820-4の770 hp (570 kW)から、R-1820-34の940 hp (700 kW), R-1820-60の1200 hp (890 kW)と強化されていった。乾燥重量Weight (dry)は、595 kg (1,310 ポンド)である。

写真(右)1942年頃、リビア、飛行場でイギリス空軍(RAF)第117飛行中隊のロッキード・ハドソン(Lockheed Hudson Mark VI)爆撃機を輸送機として使用している。:陸軍用の補給物資を積み下ろし終わったところ。
ROYAL AIR FORCE OPERATIONS IN THE MIDDLE EAST AND NORTH AFRICA, 1939-1943.
Object description The aircrew of a Lockheed Hudson of No. 117 Squadron RAF unload boxes of ammunition for armoured units at a forward landing ground in Libya. The resupply of advanced Army units in the desert was undertaken by the Mobile Operations Force of No. 216 Group RAF..
Creator Royal Air Force official photographer
Part of AIR MINISTRY SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (CM 4100)引用。


1933年5月22日初飛行のボーイング247輸送機が乗客10名、最高速力は292キロ、1934年2月23日に初飛行したロッキード10・エレクトラは乗客10名で最高速力325キロ、1934年5月11日初飛行のダグラスDC2が乗客14名、最高速力338キロに対して、1937年7月29日に初飛行したロッキード14・スーパーエレクトラは乗客14名で最高速力402キロと、輸送機が高速化していた。しかし、本来は数十キロの速度向上よりも、機体の製造コスト(量産性)、燃費など経済性や信頼性のほうが重視されるべきであった。ロッキードの輸送機は、経済性の上で、ボーイング、ダグラスに劣っていたようだ。

写真(右)1942年頃、リビア、エル・アデン飛行場でイギリス空軍第117飛行中隊ロッキード・ハドソン(Lockheed Hudson Mark VI)爆撃機を率いたR G ヤックレー(Yaxley)中隊長
ROYAL AIR FORCE OPERATIONS IN THE MIDDLE EAST AND NORTH AFRICA, 1939-1943.
Object description Wing Commander R G Yaxley, Officer Commanding No. 117 Squadron RAF, seen here at El Adem, Libya. Yaxley was awarded an MC while serving with an RAF armoured car company before the war. By December 1940 he was a Squadron Leader, commanding No. 252 Squadron RAF flying Bristol Beaufighters in the Western Desert. When 252 Squadron aircrews merged with No. 272 Squadron RAF, he also commanded that unit until February 1942 and was awarded the DFC. Following his promotion to Wing Commander he was given the command of No. 117 Squadron in July 1942, flying Lockheed Hudsons in North Africa and along transport routes to Malta and West Africa. By the end of 1942, the Squadron was heavily involved in resupplying forward Army units in Libya as part of No. 216 ..
Creator Royal Air Force official photographer
Part of AIR MINISTRY SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (CM 4110)引用。


1937年7月29日に初飛行したロッキード14スーパーエレクトラ輸送機は、最高速力や搭載量は十分だったが、低速飛行時に安定性が悪く、失速するリスクがあった上に、機体価格が高価だったために、生産機数はロッキード社で114機が、本気度導入した日本の立川飛行機でロ式輸送機として119機、川崎航空機で一式貨物輸送機キ56として121機生産された。

写真(右)1942年頃、リビア、カルテル・ベニートから、エジプトの病院に搬送される傷病兵たちを乗せたイギリス空軍(SAAF)第117飛行中隊のロッキード・ハドソン(Lockheed Hudson Mark VI)爆撃機(輸送機):傷病兵たちは、専用の縞模様の付いた患者服を着て、毛布を掛けている。脇には、看護師が付き添っている。
ROYAL AIR FORCE OPERATIONS IN THE MIDDLE EAST AND NORTH AFRICA, 1939-1943.
Object description Battle casualties loaded into a Lockheed Hudson Mark VI of No. 216 Group RAF at Castel Benito, Libya, for evacuation to hospitals in Egypt...
Creator Royal Air Force official photographer
Part of AIR MINISTRY SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (CM 5021)引用。


スイスの実業家アンリー・デュナンJean Henri Dunant)は、1859年、サルデーニャ王国・フランス(ナポレオン3世)とオーストリアとのイタリア統一戦争の時に、負傷兵が放置されているの目の当たりにして、中立の立場で、彼らの救護活動を開始した。そして、ジュネーブに帰還後にデュナンは、救助活動の様子を『ソルフェリーノの思い出』に著し、この中で国際的な救護団体の樹立を訴えた。1864年のジュネーブ条約調印によって、国際赤十字社ICRC:International Committee of the Red Cross)が誕生した。

⇒写真集Album:ロッキード・ハドソン(Lockheed Hudson)爆撃機を見る。

写真(右)1942年頃、リビアから、エジプトの病院に搬送される傷病兵たちを空輸するオーストラリア空軍(Royal Australian Air Force:RAAF)第1患者空輸部隊(No. 1 Air Ambulance Unit)のデハビラントDH.86(De Havilland DH.86)複葉患者輸送機(登録コード:A31-7):胴体には、オーストラリアの国籍マークと並んで赤十字記章を描いている。客室には、傷病兵たちの担架が並んでいるのであろう。
AIRCRAFT OF THE ROYAL AIR FORCE 1939-1945: DE HAVILLAND DH.86..
Object description DH.86, A31-7, of No. 1 Air Ambulance Unit RAAF, in flight over North Africa..
Creator Royal Air Force official photographer
Part of AIR MINISTRY SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (CM 1575)引用。


デハビラントDH.86(De Havilland DH.86)複葉輸送機は、1934年1月14日初飛行で、1934年から1937年までに62機がイギリスで製造された。 民間のイギリス帝国航空(Imperial Airways)のほか、イギリス空軍、オーストラリア空軍(Royal Australian Air Force)でも使用された。

搭乗員Crew: 2名
乗客Capacity: 10–12 名
全長Length: 14.04 m
全幅Wingspan: 19.66 m
全高Height: 3.96 m
主翼面積Wing area: 59.6 平方メートル
空虚重量Empty weight: 6,140 lb (2,791 kg)
総重量Loaded weight: 10,250 lb (4,659 kg)
発動機Powerplant: デハビラント(de Havilland)ジプシー(Gipsy) 200 hp (149 kW)4基

写真(右)1942年頃、リビア、カルテル・ベニートから、エジプトの病院に搬送される傷病兵たちを乗せたオーストラリア空軍(Royal Australian Air Force:RAAF)第1患者空輸部隊(No. 1 Air Ambulance Unit)のデハビラントDH.86(De Havilland DH.86 )複葉患者輸送機:傷病兵たちは、専用の担架に乗せられ、赤十字記章の付いた白のシーツを掛けている。脇には、赤十字腕章をつけた看護師が付き添っている。
ROYAL AIR FORCE OPERATIONS IN THE MIDDLE EAST AND NORTH AFRICA, 1939-1943.
Object description Casualties are tended by medical orderlies in a De Havilland DH.86 of No. 1 Air Ambulance Unit RAAF while being evacuated from the battle area in the Western Desert....
Label Casualties are tended by medical orderlies of No. 1 Air Ambulance Unit, Royal Australian Air Force (RAAF), while being evacuated from the battle area in North Africa, Second World War. The use of aircraft was important in evacuating casualties across the wide expanses of desert in North Africa.
Creator Royal Air Force official photographer
Part of AIR MINISTRY SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (CM 1484)引用。


デハビラントDH.86(De Havilland DH.86)複葉輸送機の性能
最高速力Maximum speed: 166 mph (144 knots, 267 km/h)
巡航速力Cruise speed: 142 mph (123 knots, 229 km/h)
航続距離Range: 760 マイル (661 nmi, 1,223 km)
実用上昇限度Service ceiling: 17,400 ft (5,300 m)
上昇率Rate of climb: 925 ft/min (4.7 m/s)


7.ロッキード(Lockheed)18 ロードスター(Lodestar)輸送機

写真(右)1939年5月、アメリカ、カリフォルニア州オークランド飛行場、アメリカ海軍次官専用機となったロッキード(Lockheed)14「ロードスター」(Lodestar)輸送機 (登録コード:XR4O-1 ):星条旗を模した国籍記章は、青地の丸に白星、星中央に赤丸の1942年初頭まで使用されて形式である。太平洋戦争勃発後に、このアメリカの国籍記章は、青地の丸に白星となり、星中央の赤丸は廃止されている。
Description NRAB Oakland May 1939. The one only Lockheed 14 transport used for VIP flights and the Assistant Secretary of the Navy for Air. Date 5 August 2010, 15:04 Source Lockheed XR4O-1 (1441) Author Bill Larkins
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 Lodestar File:Lockheed XR4O-1 (1441) (4864540434).jpg引用。


1937年初飛行のロッキード 14 スーパーエレクトラ輸送機は、高性能を追求したために、高価格となり、経済性がダグラスDC-3より劣ったために、販売実績は思わしくなかった。そこで、ロッキード 14 スーパーエレクトラ輸送機の経済性を改善するために、乗客を増やすこととし、そのために胴体後部を長して座席数を増設したのが、ロッキード 18 ロードスター輸送機である。ロッキード 18 ロードスター輸送機の試作1号機の初飛行は、1939年9月21日で、生産機は1940年2月2日に初飛行した。ロッキード 18 ロードスター輸送機の生産機数は、625機である。

写真(右)1941年8月4日、アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコ(San Francisco)、アメリカ海軍長官専用機となったロッキード(Lockheed)R5O-1「ロードスター」(Lodestar)輸送機 (製造番号:4250):星条旗を模した国籍記章は、青地の丸に白星、星中央に赤丸の1942年初頭まで使用された形式である。太平洋戦争勃発後に、このアメリカの国籍記章は、青地の丸に白星となり、星中央の赤丸は廃止されている。
Description Description Lockheed R5O-1 (4250) staff transport for the Secretary of the Navy. At San Francisco on August 4, 1941. Date 24 March 2010, 21:21 Source Lockheed R5O-1 Author Bill Larkins .
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 Lodestar File:Lockheed C-60A Lodestar ‘AM711 - AM’ (N3779G) (26703464486).jpg引用。


アメリカ軍機の国籍マークは、国旗の星条旗を模した国籍記章で、青地の丸に白星、星中央に赤丸を描いたものだった。しかし、太平洋戦争が勃発した後、1942年初頭になると、国籍記章は、青地の丸に白星だけとなり、星中央にあった赤丸は廃止されている。

写真(右)1942年8月7日、北アフリカ、イギリス保護国エジプト、エルアラメイン(Alamein)にイギリス空軍のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機で到着したウィストン・チャーチル(Winston Churchill)首相:軍用輸送機は、オリーブドラブの迷彩塗装を施されることが多かった。トルコは、第二次世界大戦には参戦していないので、カイロとの運航には軍用機ではなく民間機を使用した。
THE BRITISH COMMONWEALTH JOINT AIR TRAINING PLAN.
Object description Winston Churchill steps out of a Lockheed Lodestar aircraft after arriving in the Alamein area on 7 August 1942..
Creator Royal Air Force official photographer
Part of AIR MINISTRY SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  ME(RAF) 5060引用。


エル・アラメインは、南方のカッターラ低地のため、自動車の交通が困難で、アフリカ西側からエジプトに唯一のルートといってよかった。そこで、1941年7月1日、ドイツアフリカ軍団(DAK)ほかドイツ・イタリア枢軸軍の司令官エルヴィン・ロンメルErwin Eugen Rommel)将軍は、エル・アラメイン正面を攻撃したが、3週間後には、攻撃を継続できなくなり、撤退した。アメリカから、1941年に成立した武器貸与法に基づいて、M3中戦車、M4中戦車、P-40戦闘機など軍事援助を受けたイギリス軍は、1941年10月23日、大反攻に転じた。また、1942年11月8日には、トーチ作戦Operation Torch)に基づいて、アメリカ軍を中核とする西側連合軍はモロッコとアルジェリアへ上陸し、枢軸軍を東西から挟撃した。1943年5月7日、西側連合軍は、チュニジア北部の要港、ビゼルトとチュニスを占拠し、5月13日、北アフリカの枢軸国軍を降伏に追い込んだ。

写真(右)1943年頃、エジプト、カイロ上空を低空飛行するイギリス空軍のロッキード(Lockheed)R5O-1「ロードスター」(Lodestar)輸送機"Lake Marut"(登録コード:G-AGCM , 製造番号:1371)
ROYAL AIR FORCE: ITALY, THE BALKANS AND SOUTH-EAST EUROPE, 1942-1945.
Object description Lockheed Lodestar, G-AGCM "Lake Marut", of BOAC, flying over Cairo before landing at Heliopolis.
Creator Clark N S (F/O) Royal Air Force official photographer
Part of WAR OFFICE SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (CNA 1110)引用。


写真(右)1943年頃、エジプト、カイロ西方の砂漠に待機している南アフリカ空軍(SAAF)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)患者輸送機(ambulance)"Lake Marut"(登録コード:G-AGCM , 製造番号:1371):機首には、ガラス風防、爆撃照準用平面窓、銃座はなく、ソリッド化している。雲形のイギリス軍式迷彩塗装を施している。右端の人物は、ペットの犬を連れている。
ROYAL AIR FORCE OPERATIONS IN THE MIDDLE EAST AND NORTH AFRICA, 1939-1943.
Object description Lockheed Lodestar, 1371, of a SAAF air ambulance unit, waits to evacuate casualties at a landing ground in the Western Desert.
Creator Clark N S (F/O) Royal Air Force official photographer
Part of WAR OFFICE SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums IWM (CM 2808)引用。


写真(右)1943年7月以降、イタリア、シシリー島、傷病兵を運搬する南アフリカ空軍(SAAF)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)患者輸送機(ambulance)"Lake Marut"(登録コード:G-AGCM , 製造番号:1371):胴体側面、国籍記章の脇の赤十字があるが、胴体上面・コックピット上部に巨大な赤十字記章が描かれている。西側連合軍は、1943年7月10日、ハスキー作戦(Operation Husky)にのっとって、イタリアのシチリア島西海岸に上陸した。ムッソリーニが失脚した後の1943年9月8日、イタリア王国は降伏した。しかし、その直後、ドイツ軍によってイタリア本土が占領され、イタリア国内での戦闘は、1945年春まで続いた。
ROYAL AIR FORCE: ITALY, THE BALKANS AND SOUTH-EAST EUROPE, 1942-1945.
Object description Army casualties on stretchers wait to be loaded into Lockheed Lodestar, 1371, an ambulance aircraft of the SAAF, at Catania, Sicily, for evacuation to hospitals in North Africa.
Creator Bridge B (Fg Off) Royal Air Force official photographer
Part of MINISTRY OF INFORMATION SECOND WORLD WAR COLOUR TRANSPARENCY COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (CH 14015)引用。


カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ連邦は、大英帝国の自治領ドミニオンDominion)として、1939年9月3日、イギリスとともにポーランドを侵略したドイツに対してすぐに宣戦布告している。

写真(右)1943年頃、エジプト、カイロ上空を低空飛行するイギリス空軍のロッキード(Lockheed)R5O-1「ロードスター」(Lodestar)輸送機"Lake Marut"(登録コード:G-AGCM , 製造番号:1371)
ROYAL AIR FORCE: ITALY, THE BALKANS AND SOUTH-EAST EUROPE, 1942-1945.
Object description Lockheed Lodestar, G-AGCM "Lake Marut", of BOAC, flying over Cairo before landing at Heliopolis.
Creator Clark N S (F/O) Royal Air Force official photographer
Part of WAR OFFICE SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums IWM (CNA 1110)引用。


1939年9月のイギリスの対ドイツ宣戦布告と同調して、イギリス自治領(ドミニオン)の南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダも第二次世界大戦に参戦した。しかし、アメリカは、1941年12月まで、参戦していない。

写真(右)1943年頃、エジプト、カイロのモスク(マスジッド)上空を低空飛行するイギリス海外航空(BOAC)のロッキード(Lockheed)R5O-1「ロードスター」(Lodestar)輸送機"Lake Marut"(登録コード:G-AGCM , 製造番号:1371)
BRITISH OVERSEAS AIRWAYS IN WAR-TIME.
Object description Original wartime caption: For story see CH.14012 Picture (issued 1944) shows - A Lodestar aircraft of BOAC circuling to land at El Maza airport just outdie Cairo, passes over the famous Citadel which dominates the city..
Creator Royal Air Force official photographer
Part of AIR MINISTRY SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums IWM (CH 14014)引用。


アメリカ軍がロッキード(Lockheed)「ロードスター」(Lodestar)輸送機を最初に使用したのは、1940年で、これはアメリカ海軍航空隊が、1機のXR5O-1輸送機、2機の R5O-1輸送機を発注した時で、同じ機体はアメリカ沿岸警備隊(US Coast Guard)でも使用された。装備した発動機は,ライト(Wright)R-1820サイクロン(Cyclone)空冷星形9気筒エンジンで、12機のロッキード(Lockheed)R5O-4、41機のロッキード(Lockheed)R5O-5輸送機、35機のロッキード(Lockheed)R5O-6輸送機が生産された。

写真(右)1943年頃、エジプト、カイロのモスク(マスジッド)上空を低空飛行するイギリス海外航空(BOAC)のロッキード(Lockheed)R5O-1「ロードスター」(Lodestar)輸送機"Lake Marut"(登録コード:G-AGCM , 製造番号:1371)
BRITISH OVERSEAS AIRWAYS IN WAR-TIME.
Object description Original wartime caption: For story see CH.14742 Picture (issued 1945) shows - A B.O.A.C. Lodestar aircraft flying low past the famous Citadel in Cairo.
Creator Royal Air Force official photographer
Part of AIR MINISTRY SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums IWM (CH 14779)引用。


当初、ロッキードR5O-4輸送機は、胴体に設けたキャビンに4席から7席を備えた輸送機だったが、ロッキードR5O-5輸送機では12席から14席に増席した旅客機が主流となった。ロッキードR5O-6輸送機は、座席を簡易化ベンチして18隻とした軍用輸送機で、主にアメリカ海兵隊(Marine Corps)の空挺効果部隊(parachuting operations)が使用した。 また、アメリカ海軍では、発動機を,プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)R-1830ツインワスプ空冷二重星型14気筒エンジンを装備したR5O-2輸送機を1機、R5O-3輸送機を3機生産している。

写真(右)1943年頃、エジプト、カイロ西方の砂漠、南アフリカ空軍(SAAF)第1371患者空輸部隊のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)患者輸送機(ambulance)
ROYAL AIR FORCE OPERATIONS IN THE MIDDLE EAST AND NORTH AFRICA, 1939-1943.
Object description Lockheed Lodestar, 1371, of a SAAF air ambulance unit, waits to evacuate casualties at a landing ground in the Western Desert..
Creator Clark N S (F/O) Royal Air Force official photographer
Part of WAR OFFICE SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (CM 2808)引用。


エル・アラメインは、南方のカッターラ低地のため、自動車の交通が困難で、アフリカ西側からエジプトに唯一のルートといってよかった。そこで、1941年7月1日、ドイツアフリカ軍団(DAK)ほかドイツ・イタリア枢軸軍の司令官エルヴィン・ロンメルErwin Eugen Rommel)将軍は、エル・アラメイン正面を攻撃したが、3週間後には、攻撃を継続できなくなり、撤退した。アメリカから、1941年に成立した武器貸与法に基づいて、M3中戦車、M4中戦車、P-40戦闘機など軍事援助を受けたイギリス軍は、1941年10月23日、大反攻に転じた。また、1942年11月8日には、トーチ作戦Operation Torch)に基づいて、アメリカ軍を中核とする西側連合軍はモロッコとアルジェリアへ上陸し、枢軸軍を東西から挟撃した。1943年5月7日、西側連合軍は、チュニジア北部の要港、ビゼルトとチュニスを占拠し、5月13日、北アフリカの枢軸国軍を降伏に追い込んだ。

写真(右)1943年7月以降、イタリア、シシリー島、傷病兵を運搬する南アフリカ空軍(SAAF)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)患者輸送機(ambulance)"Lake Marut"(登録コード:G-AGCM , 製造番号:1371):胴体側面、国籍記章(国籍マーク)の脇の赤十字があるが、胴体上面・コックピット上部に巨大な赤十字記章が描かれている。
ROYAL AIR FORCE: ITALY, THE BALKANS AND SOUTH-EAST EUROPE, 1942-1945.
Object description Army casualties on stretchers wait to be loaded into Lockheed Lodestar, 1371, an ambulance aircraft of the SAAF, at Catania, Sicily, for evacuation to hospitals in North Africa.
Creator Bridge B (Fg Off) Royal Air Force official photographer
Part of MINISTRY OF INFORMATION SECOND WORLD WAR COLOUR TRANSPARENCY COLLECTION
写真は,Imperial War Museums IWM (CH 14015)引用。


西側連合軍は、1943年7月10日、ハスキー作戦(Operation Husky)にのっとって、イタリアのシチリア島西海岸に上陸した。ムッソリーニが失脚した後の1943年9月8日、イタリア王国は降伏した。しかし、その直後、ドイツ軍によってイタリア本土が占領され、イタリア国内での戦闘は、1945年春まで続いた。

写真(右)1943年、南アフリカ空軍第234飛行中隊(234 Squadron SAAF)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機の前に立つ南アフリカ連邦首相ヤン・クリスティアン・スマッツ(Jan Christian Smuts)元帥:この輸送機は、元南アフリカ航空(South African Airways)の所属だった。南アフリカ連邦は、大英帝国のドミニオン(自治領)として、1939年9月3日、イギリスとともにポーランドを侵略したドイツに対してすぐに宣戦布告している。 軍用輸送機は、オリーブドラブの迷彩塗装を施されることが多かった。トルコは、第二次世界大戦には参戦していないので、カイロとの運航には軍用機ではなく民間機を使用した。
FIELD MARSHAL JAN SMUTS, PREMIER OF SOUTH AFRICA AND SUPREME COMMANDER OF THE UNION DEFENCES.
Object description Field Marshal Smuts standing in front of the aircraft in which he made his flying visits. It was an ex-South African Airways Lockheed Lodestar, which retained its natural metal finish when it became No 234 of the South African Air Force.
Creator Royal Air Force official photographer
Part of MINISTRY OF INFORMATION SECOND WORLD WAR COLOUR TRANSPARENCY COLLECTION
写真は,Imperial War Museums IWM (TR 30)引用。


イギリス連邦コモンウェルス(British Commonwealth)、1939年以前の自治領ドミニオンDominion)である南アフリカ連邦は、1939年9月3日、イギリスとともにポーランドを侵略したドイツに対して宣戦布告した。ヤン・クリスティアン・スマッツJan Christian Smuts)は、1870年イギリス領ケープ植民地マームズベリー、アフリカーナーAfrikaners)の大農園主の息子として生まれ、1899年ボーア戦争ではイギリス軍と戦った。1910年、南アフリカ連邦が樹立されると、スマッツは内務大臣兼国防大臣の要職に就いた。

写真(右)1943年、南アフリカ空軍(SAAF)第234飛行中隊(234 Squadron)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機の前に立つ南アフリカ連邦首相ヤン・クリスティアン・スマッツ(Jan Christian Smuts)元帥: 軍用輸送機は、オリーブドラブの迷彩塗装を施されることが多かった。トルコは、第二次世界大戦には参戦していないので、カイロとの運航には軍用機ではなく民間機を使用した。
FIELD MARSHAL JAN SMUTS, PREMIER OF SOUTH AFRICA AND SUPREME COMMANDER OF THE UNION DEFENCES.
Object description Field Marshal Smuts standing in front of the aircraft in which he made his flying visits. It was an ex-South African Airways Lockheed Lodestar, which retained its natural metal finish when it became No 234 of the South African Air Force..
Label Field Marshal Jan Smuts, Prime Minister of the Union of South Africa, standing in front of a Lockheed Lodestar aircraft of No. 234 Squadron SAAF.
Creator Royal Air Force official photographer
Part of MINISTRY OF INFORMATION SECOND WORLD WAR COLOUR TRANSPARENCY COLLECTION
写真は,Imperial War Museums IWM (TR 5)引用。


ヨーロッパから南アフリカに移住したアフリカーナーAfrikaners)出身でイギリスとも戦ったことのある ヤン・スマッツJan Smuts)は、1914年から1918年の第一次世界大戦では、南アフリカ連邦軍を指揮して、南西アフリカのドイツ軍を制圧し、東アフリカでは、イギリス軍を率いてドイツ軍と戦っている。第一次大戦中の1917年から1919年までイギリス戦時内閣に加わり、1919年から1924年、1939年から1948年には南アフリカ連邦首相に就任している。

写真(右)2005年4月、イギリス、ロンドン、国会議事堂広場(Parliament Square)の南アメリカ連邦首相ヤン・スマッツ(Jan Christian Smuts)元帥の銅像:チャーチル(Winston Churchill)が1951年10月のイギリスの総選挙で首相に選出されたとき、ヤン・スマッツの銅像を国会議事堂広場(Parliament Square)を立てることを決めた。スマッツは前年1950年9月に死去していた。チャーチルは、1955年に病で首相を辞したため、1956年11月のスマッツ像除幕式(unveiling)には出席できなかった。
Address London United Kingdom Date 1 April 2005, 15:22 Source Ian Christian Smuts Author CGP Grey
写真はWikimedia Commons,Category:Statue of Jan Smuts, Parliament Square, London File:Jan Christian Smuts 4887172411.jpg引用。


1939年から南アフリカ連邦首相に就任したヤン・スマッツJan Smuts)は、1941年にイギリス陸軍元帥(Field Marshal)に昇進、ウィンストン・チャーチルの下、戦時内閣にも入閣した。1950年死去。イギリス、ロンドン、ウエストミンスター地区テームズ川沿いの国会議事堂広場(Parliament Square)には、軍服姿の南アフリカ連邦首相ヤン・スマッツJan Smuts)元帥の銅像が立っている。

写真(右)1943年1月、スーダン、ジャバ、給油作業中のイギリス空軍のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機:軍用輸送機は、オリーブドラブの迷彩塗装を施されることが多かった。トルコは、第二次世界大戦には参戦していないので、カイロとの運航には軍用機ではなく民間機を使用した。イギリス空軍の軍用輸送機は、オリーブドラブの迷彩塗装を施している。
WINSTON CHURCHILL DURING THE SECOND WORLD WAR IN THE MIDDLE EAST.
Object description A Lockheed Lodestar aircraft being refuelled at Juba in Sudan, January 1943.
Creator Royal Air Force official photographer
Part of WAR OFFICE SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (ME(RAF) 5060)引用。


写真(右)1943年頃、エチオピア(アビシニア:Abyssinia)、アジスアベバ(Addis Ababa)、イギリス海外航空(British Overseas Airways Corporation :BOAC)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機(登録コード:G-AGIL): イギリス海外航空は、国営航空会社として、1939年11月24日, イギリス ロンドンに設立された。当時、カイロ=アンカラ間を、1週間に3便を運航していた。トルコは、第二次世界大戦には参戦していないので、カイロとの運航には軍用機ではなく民間機を使用した。
BRITISH OVERSEAS AIRWAYS CORPORATION AND QANTAS, 1940-1945.
Object description Lockheed Lodestar, G-AGIL of BOAC, parked at Addis Ababa, Abyssinia.
Creator Royal Air Force official photographer
Part of WAR OFFICE SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (CH 15026)引用。


写真(右)1943-1944年、東アフリカ、イギリス領ケニア、キスム(Kisumu)飛行場、イギリス海外航空(BOAC)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機への燃料補給作業:手前のトレーラーで貨物を運搬している。軍用機ではなく民間機を使用しているが、迷彩塗装を施している。
THE BRITISH COMMONWEALTH JOINT AIR TRAINING PLAN.
Object description Original wartime caption: For story see CH.14071 Picture (issued 1944) shows - A Lodestar aircraft of BOAC refuelling on the airfield at Kisumu, Kenya, near a northern bay of Lake Victoria..
Creator Royal Air Force official photographer
Part of AIR MINISTRY SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums IWM (CH 14080)引用。


写真(右)1943-1944年、中東、サウジアラビア、メッカ、イギリス海外航空(BOAC)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機への燃料補給作業:手前のトレーラーで貨物を運搬している。軍用機ではなく民間機を使用しているが、迷彩塗装を施している。
CIVIL AVIATION BOOK.
Object description Important Arabs are often among BOAC passengers from Jeddah, near Mecca. Their friends come down to see them off in the BOAC Lodestar aircraft. ..
Creator Royal Air Force official photographer
Part of AIR MINISTRY SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums IWM (CH 14081)引用。


ロッキード(Lockheed)C-60A 「ロードスター」(Lodestar)輸送機の諸元
搭乗員:3名、乗客:18名
全長:15.19 m (49 ft 10 in) 全幅:19.96 m (65 ft 6 in) 全高:3.6 m (11 ft 10 in)
翼面積:51.2平方メートル(551 平方フィート)
空虚重量:5,670 kg (12,500 ポンド)、全備重量:7,938 kg (17,500 ポンド)
最大離陸重量:9,825 kg (21,000 ポンド)
発動機:ライト(Wright)R-1820-87空冷星形9気筒エンジン 1200馬力 (895 kW)
最高速力:428 km/h (266 mph)、巡航速力:322 km/h (200 mph)
実用上昇限度:7,740 m (25,400 ft)
航続距離:4,025 km (2,500 mi)
上昇時間 10,000 ft (3,050 m)まで 6.6分

写真(右)1943-1944年、中東、サウジアラビア、メッカ、イギリス海外航空(BOAC)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機への燃料補給作業:手前のトレーラーで貨物を運搬している。軍用機ではなく民間機を使用しているが、迷彩塗装を施している。
CIVIL AVIATION BOOK.
Object description Important Arabs are often among BOAC passengers from Jeddah, near Mecca. Their friends come down to see them off in the BOAC Lodestar aircraft. ..
Creator Royal Air Force official photographer
Part of AIR MINISTRY SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums IWM (CH 14082)引用。


ロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機は、すでに戦時大戦に入っていたために、民間需要は低迷した。そのため、アメリカ市場では民間機として31機の販売にとどまった。また、輸出用には、オランダが東インド植民地で使用するために、29機を発注したほか、南アフリカ航空21機、ニュージーランド国営航空13機、トランス・カナダ航空12機、ブリティシュ・エアウェーズ9機などの受注を受けた。

写真(右)1943年頃、トルコ、アンカラ、イギリス海外航空(British Overseas Airways Corporation :BOAC)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機(登録コード:G-AGIL): イギリス海外航空は、国営航空会社として、1939年11月24日, イギリス ロンドンに設立された。当時、カイロ=アンカラ間を、1週間に3便を運航していた。トルコは、第二次世界大戦には参戦していないので、カイロとの運航には軍用機ではなく民間機を使用した。
BRITISH OVERSEAS AIRWAYS CORPORATION AND QANTAS, 1940-1945.
Object description Lockheed 18 Lodestar, G-AGIL"Lake Nyasa", of BOAC taxying at Ankara, Turkey, before taking off on the thrice-weekly service to Cairo...
Creator Royal Air Force official photographer
Part of WAR OFFICE SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (CNA 3627)引用。


イギリス海外航空British Overseas Airways Corporation :BOAC)は、帝国航空(Imperial Airways)とイギリス航空(British Airways)が合併して生まれたイギリスの国営航空会社で、第二次大戦勃発から2か月後の1939年11月24日, イギリス ロンドンに設立された。戦後、1974年3月31日、イギリス欧州航空と合併して、現在はイギリス航空British Airways)となり、解散している。

写真(右)1943年7月以降、エジプト、カイロ、イギリス空軍所属と思われるロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)の尾部と後方のイギリス海外航空(British Overseas Airways Corporation :BOAC)のダグラス(Douglas)DC-3ダコダ(Dakota)輸送機: 奥右側には、機首にエンジンを装備した迷彩塗装の三発輸送機があるが、イタリアのサヴォイア・マルケッティ SM.75輸送機のようだ。
ROYAL AIR FORCE: ITALY, THE BALKANS AND SOUTH-EAST EUROPE, 1942-1945.
Object description A Douglas Dakota of BOAC is guided to its parking position behind a Lockheed Lodestar, after landing at Al Maza, Cairo..
Creator Royal Air Force official photographer
Part of WAR OFFICE SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (CH 14778)引用。


写真(右)1944年2月以降、アメリカ、フロリダ州南端、キーウエスト飛行場、ロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)C-60輸送機 :バッカニアーズ・ルート (Buccaneers Route)とは、17世紀のカリブ海で横行していた海賊・私掠船の横行していた経路というおふざけで、カリブ海を横断する飛行経路を意味している。ナショナル航空(National Airlines)は、1934年に設立、1980年にパンアメリカン航空に吸収された民間航空会社で、マイアミとその南のキ―ウエストからラテンアメリカとを結ぶ航路を持っていた。マイアミとその南のキ―ウエストは、現在ではビーチのある海沿いの観光地であるが、乗客には軍関係者が多く映っている。
Lockheed 18 National Air Lines Date 26 September 2010, 21:21 Source Lockheed 18 National Air Lines Author Bill Larkins .
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 Lodestar (National Airlines) File:Lockheed 18 National Air Lines (5028200559).jpg引用。


写真(右)1944年2月10日、アメリカ、フロリダ州南端、キーウエスト飛行場、ロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)C-60輸送機 :ナショナル航空(National Airlines)は、一昔、私掠船からなる海賊(バッカニア:Buccaneers)のいた経路(Route)を開拓し、マイアミとラテンアメリカを空路結ぶ民間機を運航した。マイアミとその南のキ―ウエストからラテンアメリカとを結ぶ民間航空である。アメリカ軍では、ブルースターSB2A バッカニア(Brewster SB2A Buccaneer)艦上爆撃機を開発し、1941年6月に初飛行させた。そして、1942年から生産を開始したが、性能的には不十分で、第一線部隊が実戦使用することなく終わっている。
Local call number: RC12774 Title: First scheduled service between Miami and Key West by National Airlines Date: February 10, 1944 Physical descrip: 1 photoprint - b&w - 8 x 10 in. Series Title: Reference Collection Repository: State Library and Archives of Florida, 500 S. Bronough St., Tallahassee, FL 32399-0250 USA. Contact: 850.245.6700. Source First scheduled service between Miami and Key West by National Airlines Author Florida Memory.
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 Lodestar (National Airlines) File:First scheduled service between Miami and Key West by National Airlines (24898096526).jpg引用。


写真(右)1951年以降、スウェーデン、ストックホルム・ブロマ飛行場、フィンランドのカーフマキ航空(Karhumaki Airways)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)C-60輸送機(登録コード:OH-VKO) :カーフマキ航空(Karhumaki Airways)は、1951年6月設立、1957年1月からカーエラー航空(Karair)として運航した。会社の起源は、1923年9月、フィンランド、ヘルシンキで創立され、1924年3月から運行を開始したアエロ・オイ(Aero Oy)に遡る。
English: Karhumäki Airways Lockheed 18-40 Lodestar at Stockholm-Bromma Airport Date early 1950s Author Finnair .
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 Lodestar (National Airlines) File:Karhumäki Airways Lockheed 18-40 Lodestar at Stockholm-Bromma Airport.jpgjpg引用。


写真(右)2016年3月4日、アメリカ、アットウェーター、キャッスル航空博物館(Castle Air Museum)、イギリス海外航空(BOAC)の塗装を施したロッキード(Lockheed)C56「ロードスター」(Lodestar)輸送機 (製造番号:18-2201):アメリカ戦略空軍のキャッスル基地は、冷戦終結に伴い1995年に閉鎖され、そこに隣接する軍事航空博物館が建設された。
Description c/n 18-2035. South African Air Force serial ‘1373’. On display at the Castle Air Museum, Atwater, CA. 4th March 2016 Date 4 March 2016, 11:36 Source Lockheed 18-08 Lodestar ‘254’ (N1020V) Author Alan Wilson from Stilton, Peterborough, Cambs, UK .
写真は Wikimedia Commons, Lockheed C-56 at Castle Air Museum File:Lockheed 18-08 Lodestar ‘254’ (N1020V) (29778854761).jpg引用。


写真(右)2007年12月、アメリカ、アットウェーター、キャッスル航空博物館(Castle Air Museum)、イギリス海外航空(BOAC)の塗装を施したロッキード(Lockheed)C56「ロードスター」(Lodestar)輸送機 (製造番号:18-2201):アメリカ戦略空軍のキャッスル基地は、冷戦終結に伴い1995年に閉鎖され、そこに隣接する軍事航空博物館が建設された。
Photographer Nehrams2020 Location Castle Air Museum, Atwater, California Aircraft type Lockheed C-56 Lodestar Activity Museum display Description English: A Lockheed C-56 Lodestar on display at the Castle Air Museum in Atwater, California. Date December 29, 2007 Source Nehrams2020.
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 museum aircraft File:G-AGIH Lockheed C-60A Lodestar (9544653035).jpg引用。


写真(右)2014年4月、アメリカ、ジョージア州ワーナーロビンズ郊外、ロビンズ空軍基地、航空博物館(Museum of Aviation (Warner Robins))、アメリカ陸軍航空隊の塗装を施したロッキード(Lockheed)C-60A「ロードスター」(Lodestar)輸送機:後方の大きな無塗装銀色の機体はボーイングB-29「スーパーフォートレス」 Superfortress重爆撃機。
Description Atwater, CA 95301, USA Date Taken on 9 December 2013 Date December 29, 2007 Author Eric Friedebach .
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 museum aircraft File:G-AGIH Lockheed C-60A Lodestar (9544653035).jpg引用。


ロッキード(Lockheed)C56「ロードスター」(Lodestar)輸送機は、民間旅客機として、乗客14名を乗せて、1940年11月から 就役している。この機体は、アメリカ大陸横断飛行記録(transcontinental record)を9時間29分で達成し、その後15年間最速記録を保持することになった。 スーパーエレク鳥屋輸送機と比較すると、機体全長が1.68メートル延長され、乗客は最大15名から18名に増加し、ベンチ式簡易座席であれば26席分を確保できるようになった。しかし、民間航空会社はより経済効率の良いダグラスDC-3輸送機を主に使用したため、ロッキード社は民間航空で後塵を拝するようになった。もっとも、アメリカ以外でも、イギリス、ブラジル、カナダ、フランス、オランダ、ノルウェー、南アフリカ、ベネスエラが採用したために、これらの諸国に96機が運用されることとなった。

写真(右)2014年4月、アメリカ、ジョージア州ワーナーロビンズ郊外、ロビンズ空軍基地、航空博物館(Museum of Aviation (Warner Robins))、アメリカ陸軍航空隊の塗装を施したロッキード(Lockheed)C-60A「ロードスター」(Lodestar)輸送機の前方部分:航空博物館は、1980年にロビンズ空軍基地南東航空博物館として開館し、1988年に航空博物館と改名した。展示保管しているのは、ノースアメリカン(North American)B-25J「ミッチェル」"Mitchell"爆撃機、ダグラス(Douglas)A-26Cインベーダー攻 "Invader"攻撃機、カーチス(Curtiss)P-40Nウォーホーク "Warhawk"戦闘機、ノースアメリカンP-51D ムスタング"Mustang"戦闘機など多数が展示されている。 Boeing B-29B "Superfortress"
Description B-29 Superfortress (left, rear) and C-60A Lodestar (right, front) as well as other displays at Museum of Aviation at Robins AFB in Houston County, GA, USA Date Taken on 1 April 2014 Author Eric Friedebach .
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed C-60A Lodestar at Museum of Aviation File:Houston County, GA, USA - panoramio (19).jpg引用。


写真(右)2014年4月、アメリカ、ジョージア州ワーナーロビンズ郊外、ロビンズ空軍基地、航空博物館(Museum of Aviation (Warner Robins))、イギリス海外航空(BOAC)の塗装を施したロッキード(Lockheed)C-60A「ロードスター」(Lodestar)輸送機 (製造番号:18-2201):航空博物館は、1980年にロビンズ空軍基地南東航空博物館として開館し、1988年に航空博物館と改名した。展示保管しているのは、ノースアメリカン(North American)B-25J「ミッチェル」"Mitchell"爆撃機、ダグラス(Douglas)A-26Cインベーダー攻 "Invader"攻撃機、カーチス(Curtiss)P-40Nウォーホーク "Warhawk"戦闘機、ノースアメリカンP-51D ムスタング"Mustang"戦闘機など多数が展示されている。
Description Lockheed C-60A Lodestar at Museum of Aviation at Robins AFB in Houston County, GA, USA Date Taken on 1 April 2014 Author Eric Friedebach .
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed C-60A Lodestar at Museum of Aviation File:Houston County, GA, USA - panoramio (19).jpg引用。


写真(右)1998年、アメリカ、アットウェーター、キャッスル航空博物館(Castle Air Museum)、ロッキード(Lockheed)C56「ロードスター」(Lodestar)輸送機 (製造番号:18-2201)の操縦席コックピットと計器盤:複式操縦席で、左が正パイロット、右が副パイロットの座席であるが、操縦桿は切り替え式で2組備わっている。足元には、昇降舵を操作するペダルが見える。
Description 1998 Open Cockpit Day Castle Air Museum 98-5-2-5 Date 16 October 2010, 19:49 Source Lockheed Hudson/Lodestar cockpit Uploaded by High Contrast Author Bill Abbott .
写真は Wikimedia Commons, Lockheed C-56 at Castle Air Museum File:Lockheed 18-08 Lodestar ‘254’ (N1020V) (29778854761).jpg引用。


写真(右)2014年4月、アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコ郊外、ロビンズ空軍基地、トラビスフィールド、ジミードゥーリットル航空博物館(Travis Air Force Base Heritage Center)、無塗装のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)C-60輸送機
Description Lockheed 18 as C-60 at Travis AFB Museum. Date 6 May 2007, 00:00 Source P1010040 Author Bill Larkins.
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed C-60A Lodestar at Museum of Aviation File:Lockheed 18 (C-60 colours) with C-124.jpg引用。


写真(右)2016年3月、アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコ郊外、ロビンズ空軍基地、トラビスフィールド、ジミードゥーリットル航空博物館(Travis Air Force Base Heritage Center)、無塗装のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)C-60輸送機 (製造番号:c/n 18-2089、シリアル番号:41-19729):アメリカの国籍マークは、青丸白星に赤丸を付けたもので、1942年春まで使われた旧式のタイプを付けている。
Description c/n 18-2089. Full US military serial 41-19729. On display in the Travis AFB Heritage Center, CA. 5th March 2016 Date 5 March 2016, 12:31 Source Lockheed C-56 Lodestar [41-19729 / NC2333] Author Alan Wilson from Stilton, Peterborough, Cambs, UK .
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed C-60A Lodestar at Museum of Aviation File:Lockheed C-56 Lodestar (41-19729 - NC2333) (29737233054).jpg引用。


写真(右)2006年9月、南アフリカ連邦、ランド飛行場、南アフリカ航空(South African Airways )のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)C-60A輸送機 (登録コード:ZS-ASN):既に使用されることはなく、記念に保管されているようだ。
English: At Rand International Airport Date 25 September 2006, 11:14:31 Source Flickr Author Aeroprints.com
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed C-60A Lodestar at Museum of Aviation File:ZS-ASN Lockheed 18 Lodestar South African Airways (7684913396).jpg引用。


写真(右)2016年2月、アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコ郊外、ロビンズ空軍基地、トラビスフィールド、ジミードゥーリットル航空博物館(Travis Air Force Base Heritage Center)、無塗装のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)C-60A輸送機 (製造番号:c/n 18-2622、シリアル番号:43-16462):とがって長い機首で、先端を黒く塗装しているが、全体は無塗装で銀色である。
Description c/n 18-2622. Built 1943. US military serial 43-16462. On display at the Planes of Fame Museum, Chino, California, USA.
28-2-2016 Date 28 February 2016, 12:40 Source Lockheed C-60A Lodestar [N1000B] Author Alan Wilson from Stilton, Peterborough, Cambs, UK
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed C-60A Lodestar at Museum of Aviation File:Lockheed C-60A Lodestar (N1000B) (26134364483).jpg引用。


写真(右)2016年2月、アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコ郊外、ロビンズ空軍基地、トラビスフィールド、ジミードゥーリットル航空博物館(Travis Air Force Base Heritage Center)、空色のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)R5O-5輸送機 (製造番号:c/n 18-2358、シリアル番号:43-16462):アメリカの大戦末期の国籍マークを塗装している。
Description Description c/n 18-2358. Built 1942. US Navy Bureau No 12473. On display at the March Field Museum, Riverside, CA, USA. 28-2-2016
Date 28 February 2016, 15:09 Source Lockheed R5O-5 Lodestar ‘12473’ Author Alan Wilson from Stilton, Peterborough, Cambs, UK
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed C-60A Lodestar at Museum of Aviation File:Lockheed R5O-5 Lodestar ‘12473’ (27274439955).jpg引用。



写真(上)2019年1月、アメリカ南西部、アリゾナ州エロイ(Eloy)、トラビスフィールド、ジミードゥーリットル航空博物館(Travis Air Force Base Heritage Center)、無塗装のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)R5O-5輸送機 (製造番号:c/n 18-2358、シリアル番号:43-16462)
:アリゾナ州エロイは、非常に乾燥している砂漠地帯で、雨も降らないために、露店で航空機などを長期間放置しておいても錆びたり痛んだりすることが少ない。そこで、多数の飛行機が、砂漠に並べて保管されている。
Description English: Lockheed Loadstar at the Eloy airport in 2019 Date 5 January 2019, 10:35:05
Source Own work Author Mike Noel four
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed C-60A Lodestar at Museum of Aviation File:Lockheed Model 18 Loadstar 1.jpg引用。


写真(右)1947年4月、アメリカ合衆国、マサチューセッツ州コンコ―ド(Concord)飛行場、アメリカ陸軍航空隊所属のロッキード(Lockheed)C-60「ロードスター」(Lodestar)輸送機 :国籍記章もない無塗装でジュラルミンが銀色に光っている。
This is an example of what drives enthusiast / photographers crazy. The C-60 has been stripped of all paint and markings and there is no identity left. It was taken in April 1947 at Concord and probably became the Dollar Industries 18. Maybe....
Date 15 May 2011, 22:07 Source Lockheed18 Unknown Author Bill Larkins.
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 Lodestar File:Lockheed18 Unknown (5724945257).jpg引用。



写真(上)1947年8月、アメリカ合衆国、マサチューセッツ州コンコ―ド(Concord)飛行場に着陸するフラップを大きく下げたアメリカ陸軍航空隊所属のロッキード(Lockheed)C-60「ロードスター」(Lodestar)輸送機
:右主翼下面に登録コードNC-25635が大きく記入されている。国籍記章もない無塗装でジュラルミンが銀色に光っている。
Description Landing at Concord in August 1947. Date 15 May 2011, 22:07
Source Lockheed 18 N25635 Author Bill Larkins .
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 Lodestar File:Lockheed18 N25635 (5725501918).jpg引用。


写真(右)1952年3月、アメリカ合衆国、カリフォルニア州オークランド飛行場、ブリティシュ・アメリカン石油会社(B/A)所属のロッキード(Lockheed) 18 「ロードスター」(Lodestar)輸送機 (登録コード:CF-BAO) :窓枠付近だけは反射除けのためか青色ラインが塗装されているが、国籍記章はなく無塗装でジュラルミンが銀色に光っている。
British American Oil Company. Oakland March 1952. Date 30 August 2010, 15:13 Source Lockheed 18 CF-BAO Author Bill Larkins
Date 15 May 2011, 22:07 Source Lockheed18 Unknown Author Bill Larkins.
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 Lodestar File:Lockheed 18 CF-BAO (4942790211).jpg引用。


民間需要は振るわなかったロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機だったが、1939年9月に第二次大戦が勃発すると、中立国アメリカでも戦時体制強化のために、アメリカ軍からの需要が増えた。軍用輸送機として ロッキード(Lockheed)C-56「ロードスター」(Lodestar)としてライト R-1820空冷星形9気筒エンジン1,200hp2基を装備、ロッキード(Lockheed)C-57「ロードスター」(Lodestar)としてプラット・アンド・ホイットニー R-1830空冷星形14気筒エンジン力1,200hp2基を装備した輸送機が制式されたのである。特に、空挺部隊用の ロッキード(Lockheed)C-60「ロードスター」(Lodestar)輸送機は、325機が製造されている。また、アメリカ民間航空所有機も含めて、アメリカ陸軍航空隊が徴用した機体も多かった。

写真(右)1953年3月、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコ(San Francisco )飛行場、ペプシ・コーラ社(Pepsi Cola)所属のロッキード(Lockheed) 18 「ロードスター」(Lodestar)輸送機 (登録コード: N1814M) :窓枠付近だけは反射除けのためか青色ラインが塗装されているが、国籍記章はなく無塗装でジュラルミンが銀色に光っている。
Description San Francisco 1953. Date 15 May 2011, 22:02 Source Locheed 18 Pepsi Cola N1814M Author Bill Larkins .
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 Lodestar File:Lockheed 18 Pepsi Cola N1814M (5725501898).jpg引用。


アメリカ陸軍航空隊所属のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)C-60輸送機は、第二次大戦中、輸送や飛行訓練に使用された。初飛行は、1940年で、前作のロッキード14(Lockheed Model 14)スーパーエレクトラ、さらに初期のロッキード10(Model 10)エレクトラ(Electra)の発展型で、アメリカ陸軍は、1941年5月にロッキード18「ロードスター」(Lodestar)を発注した。このように原型はロッキード18「ロードスター」だが、装備したエンジン、内部設備によって、アメリカ陸軍は、ロードスターに対して、C-56輸送機, C-57輸送機, C-59輸送機、C-60輸送機と命式名を定めている。ロッキードがアメリカ陸軍のために生産したC-60A輸送機は325機で、これは他の軍用仕様形式のロードスターよりも多い。 つまり、アメリカ陸軍のロードスター輸送機の大半は、C-60 A輸送機である。

写真(右)アメリカ、オハイオ州デイトン、ライト・パターソン空軍基地、国立アメリカ空軍博物館(National Museum of the United States Air Force)で保管されているアメリカ陸軍航空隊の使用したロッキード(Lockheed)C-60A-5 「ロードスター」(Lodestar)輸送機 (s/n 43-16445, c/n 2605) :国立アメリカ空軍博物館では、飛行機やミサイルを400機以上を展示、保管し、無料観覧させている。
Description: A U.S. Army Air Force Lockheed C-60A-5-LO Lodestar (s/n 43-16445, c/n 2605) at the National Museum of the United States Air Force in Dayton, Ohio (USA). After its USAAF service it was sold to Aero Africaine (F-BAMA), later to G. L. Waggoner (N94549). It was acquired by the USAF Museum in 1981. Date Unknown date Source National Museum of the U.S. Air Force photo Author USAF .
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 museum aircraft File:Lockheed C-60A Lodestar USAF.jpg引用。


写真(右)2015年頃、2009年9月26日、アメリカ合衆国、オハイオ州ライトパターソン空軍基地(Wright-Patterson AFB OH)、国立アメリカ空軍博物館(National Museum of the USAF)、アメリカ陸軍航空隊所属のロッキード(Lockheed)C-60「ロードスター」(Lodestar)輸送機(製造番号:Serial Number: 43-16445):国籍記章は、白袖赤縁付きの青丸白星の末期型。オリーブドラブの迷彩塗装を施している。後方には、大型輸送機が駐機している。
DAYTON, Ohio -- Lockheed C-60A Lodestar at the National Museum of the United States Air Force. (U.S. Air Force photo).
The C-60 is a twin-engine transport based on the Lockheed Model 18 Lodestar. During World War II, the Army Air Forces used the aircraft for training and for transporting personnel and freight. First flown in 1940, the Model 18 was originally designed as a successor to the Lockheed Model 14 and the earlier Model 10 Electra. The Army began ordering military versions of the Model 18 in May 1941. Depending upon engines and interior configuration, these transports were given C-56, C-57, C-59 or C-60 basic type designations. Lockheed built more C-60As for the AAF (325) than any other version of the military Lodestar.
TECHNICAL NOTES: Armament: None Engines: Two Wright R-1820-87s of 1,200 hp each Crew: Four (plus 17 passengers) Maximum speed: 257 mph Cruising speed: 232 mph Range: 1,700 miles Service ceiling: 25,000 ft. Span: 65 ft. 6 in. Length: 49 ft. 10 in. Height: 11 ft. 1 in. Weight: 18,500 lbs. maximum Serial number: 43-16445
写真はOfficial United States Air Force Website, Lockheed C-60A Lodestar引用。


アメリカ、オハイオ州デイトン、ライト・パターソン空軍基地、国立アメリカ空軍博物館(National Museum of the United States Air Force)で保管されているアメリカ陸軍航空隊のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)C-60A-5-LO輸送機hは、シリアルナンバーs/n 43-16445, 製造番号c/n 2605で、当初アメリカ陸軍航空隊に配備された後に、アフリカ航空(Aero Africaine :F-BAMA)に就役,その後はG・L.ワッゴナー(G. L. Waggoner)の保有となり、登録コードN94549が与えられた。っそして、1981年に国立アメリカ空軍博物館(USAF Museum)に譲渡されたのである。

写真(右)2009年9月26日、アメリカ合衆国、オハイオ州ライトパターソン空軍基地(Wright-Patterson AFB OH)、国立アメリカ空軍博物館(National Museum of the USAF)、アメリカ陸軍航空隊所属のロッキード(Lockheed)C-60「ロードスター」(Lodestar)輸送機(製造番号:Serial Number: 43-16445)の正面:機首には、夜間着陸用の照明塔3基が装備され、機首下面には速度を計測するピトー管を支える支柱が2本出ている。
Description SONY DSC 26 September 2009, 13:15 Source Lockheed_C-60A_Lodestar_BehindLWing_AirPark_NMUSAF_26Sep09 Author Valder137
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 Lodestar File:Lockheed C-60A Lodestar HeadOn AirPark NMUSAF 26Sep09 (14599082902).jpg引用。


第二次大戦中、輸送や飛行訓練に使用された。初飛行は、1940年で、前作のロッキード14(Lockheed Model 14)スーパーエレクトラ、さらに初期のロッキード10(Model 10)エレクトラ(Electra)の発展型で、アメリカ陸軍は、1941年5月にロッキード18「ロードスター」(Lodestar)を発注した。このように原型はロッキード18「ロードスター」だが、装備したエンジン、内部設備によって、アメリカ陸軍は、ロードスターに対して、C-56輸送機, C-57輸送機, C-59輸送機、C-60輸送機と命式名を定めている。ロッキードがアメリカ陸軍のために生産したC-60A輸送機は325機で、これは他の軍用仕様形式のロードスターよりも多い。 つまり、アメリカ陸軍のロードスター輸送機の大半は、C-60 A輸送機である。

写真(右)2009年9月26日、アメリカ合衆国、オハイオ州ライトパターソン空軍基地(Wright-Patterson AFB OH)、国立アメリカ空軍博物館(National Museum of the USAF)、アメリカ陸軍航空隊所属のロッキード(Lockheed)C-60「ロードスター」(Lodestar)輸送機(製造番号:Serial Number: 43-16445)の胴体中央部:斜め後方から見ているが、キャビンのガラス窓は内側から遮蔽されている。
Description SONY DSC Date 26 September 2009, 13:25 Source Lockheed_C-60A_Lodestar_BehindLWing_AirPark_NMUSAF_26Sep09 Author Valder137
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 Lodestar File:Lockheed C-60A Lodestar BehindLWing AirPark NMUSAF 26Sep09 (14413109038).jpg引用。


国立アメリカ空軍博物館(National Museum of the USAF)の保管・展示しているアメリカ陸軍航空隊のロッキード(Lockheed)C-60「ロードスター」(Lodestar)輸送機(製造番号:Serial Number: 43-16445)は、ライト(Wright)R-1820サイクロン(Cyclone)空冷星形9気筒エンジン1200馬力2基を装備、搭乗員4名、乗客17名、最高速力時速 257マイル、巡航速力232マイル、実用上昇限度 2万5,000フィートp、全幅(Span)65 ft. 6 in.、全長 49 ft. 10 in.、全高 11 ft. 1 in. 総重量 18,500 ポンド、シリアルナンバー(Serial number)43-16445。

写真(右)2009年9月26日、アメリカ合衆国、オハイオ州ライトパターソン空軍基地(Wright-Patterson AFB OH)、国立アメリカ空軍博物館(National Museum of the USAF)、アメリカ陸軍航空隊所属のロッキード(Lockheed)C-60「ロードスター」(Lodestar)輸送機(製造番号:Serial Number: 43-16445)の後方:尾翼と胴体末端の固定式尾輪の様子がよくわかる。
Description SONY DSC 26 September 2009, 13:25 Source Lockheed_C-60A_Lodestar_BehindLWing_AirPark_NMUSAF_26Sep09 Author Valder137
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed C-60A at National Museum USAF File:Lockheed C-60A Lodestar LRear AirPark NMUSAF 26Sep09 (14597766474).jpg引用。


写真(右)2009年9月26日、アメリカ合衆国、オハイオ州ライトパターソン空軍基地(Wright-Patterson AFB OH)、国立アメリカ空軍博物館(National Museum of the USAF)、アメリカ陸軍航空隊所属のロッキード(Lockheed)C-60「ロードスター」(Lodestar)輸送機(製造番号:Serial Number: 43-16445)の正面:機首には、夜間着陸用の照明塔の中央1基、その下の機首に埋め込まれてガラスう風貌で覆われた2基が明瞭ミニ得る。機首下面には速度を計測するピトー管を支える支柱が2本出ているが、支柱のみで速度計は撤去されている。式側面には開閉可能な四角形のカバー(ハッチ)が2か所見える。
Description SONY DSC 26 September 2009, 13:26 Source Lockheed_C-60A_Lodestar_BehindLWing_AirPark_NMUSAF_26Sep09 Author Valder137
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed C-60A at National Museum USAF File:Lockheed C-60A Lodestar LNose AirPark NMUSAF 26Sep09 (14413108788).jpg引用。


写真(右)2015年頃、アメリカ合衆国、デラウェア州ドーヴァー空軍基地、エアー・モービリティ・コマンド・ミュージアム(Air Mobility Command Museum)、アメリカ陸軍航空隊所属のロッキード(Lockheed)C-60「ロードスター」(Lodestar)輸送機(製造番号:Serial Number: 42-55918):国籍記章は、白袖赤縁付きの青丸白星の末期型。オリーブドラブの迷彩塗装を施している。
During WWII the military bought or pressed into service all kinds of transport aircraft that could be useful. Lockheed Lodestars were smaller and faster than the Douglas DC-3 aircraft that had become the industry standard. The U.S. Army Air Force (USAAF) commandeered over 50 early model Lodestars under the designations C-56, -57 and -59 but the definitive military Lodestar was the C-60 of which over 350 were built.
Most Lodestars were used for crew training, moving freight and VIP passengers, and for paratroop training. As a fast medium-range transport they served adequately well, but most were retired from military service before the end of the war. Afterwards, many were converted and became plush civilian executive transports.
Our aircraft served in the USAAF at bases in Alabama from March 1943 until February 1945. It was sold to Capitol Airways in 1946 and converted to an executive transport in 1958. In 1990 it was acquired by the USAF Heritage program and placed on display at the Museum of Aviation at Robins AFB, Georgia. In 2014 it was transferred to the AMC Museum.
19 Jan 1943 Received by the USAAF 、2 Aug 1944 to 4139th Base Unit, Birmingham, Alabama Manufacturer: Lockheed First Flight: 21 September 1939、 Retired: Specifications Crew: 3 Payload: 18 passengers Length: 49 ft 10 in Wingspan: 65 ft 6 in Height: 11 ft 1 in Empty Weight: 12,500 lbs Loaded Weight: 17,500 lbs Powerplant: 2x R-1820 Wright Cyclones Maximum Speed: 257 mph Cruise Speed: 200 mph Range: 1,700 mi Service Ceiling: 25,000 ft
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 Lodestar File:Lockheed18 Unknown (5724945257).jpg引用。


写真(右)2013年8月、ノルウェー、オスロ空港郊外ガーデモエン(Planes of Fame Air Museum)、ノルウェー国防軍航空機コレクションとして保管されているイギリス海外航空(BOAC)の塗装を施したロッキード(Lockheed)C-60A 「ロードスター」(Lodestar)輸送機 (製造番号:18-2201)
English: At Oslo Gardermoen Date 14 August 2013, 10:59:46 Source Flickr Author Aeroprints.com .
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 museum aircraft File:G-AGIH Lockheed C-60A Lodestar (9544653035).jpg引用。


Suomi: Lockheed Lodestar 18-07 Suomen ilmailumuseossa. Rakennettu vuonna 1940, muunnettu Lodestar 18-56 malliksi ennen Suomeen tuloa, ostettu Kar-Airin palvelukseen 1953. Käytetty lyhyesti matkustajakoneena jonka jälkeen varustettu malminetsintälaitteilla Geologisen Tutkimuslaitoksen alaisuuteen vuoteen 1972 asti. Lempinimi "Kultakuokka". Date 13 November 2010 Source Own work
写真は Wikimedia Commons,
Category:OH-VKU (aircraft) File:Lockheed Lodestar OH-VKU 2.JPG引用。

写真(右)2010年11月、フィンランド、フィンランド航空博物館、カーエアー(フィンランド航空)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機(登録コード:OH-VKU)主翼と胴体:主翼には、人間が移動するための滑り止めが張ってある。
Photographer MKFI Aircraft type Lockheed Lodestar Operator Kar-Air Registration OH-VKU Activity Static museum display Type Photograph
Description English: Lockheed Lodestar 18-07 in Finnish Aviation Museum. Built in 1940, later modified to Lodestar 18-56 standard, purchased by Kar-Air in 1953. Fitted for geological survey after short career as passenger aircraft, and used for ore exploration until 1972. Nicknamed "Kultakuokka" (gold digger).
Suomi: Lockheed Lodestar 18-07 Suomen ilmailumuseossa. Rakennettu vuonna 1940, muunnettu Lodestar 18-56 malliksi ennen Suomeen tuloa, ostettu Kar-Airin palvelukseen 1953. Käytetty lyhyesti matkustajakoneena jonka jälkeen varustettu malminetsintälaitteilla Geologisen Tutkimuslaitoksen alaisuuteen vuoteen 1972 asti. Lempinimi "Kultakuokka".
Date 13 November 2010 Source Own work
写真は Wikimedia Commons, Category:OH-VKU (aircraft) File:Lockheed Lodestar OH-VKU 4.JPG引用。


写真(右)2010年11月、フィンランド、フィンランド航空博物館、カーエアー(フィンランド航空)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機(登録コード:OH-VKU)の後上方:胴体には、衝突防止用のフレーム枠が設置されているが、これは保管のための保護措置である。主翼には、人間が移動するための滑り止めが張ってある。
Photographer MKFI Aircraft type Lockheed Lodestar Operator Kar-Air Registration OH-VKU Activity Static museum display Type Photograph
Description English: Lockheed Lodestar 18-07 in Finnish Aviation Museum. Built in 1940, later modified to Lodestar 18-56 standard, purchased by Kar-Air in 1953. Fitted for geological survey after short career as passenger aircraft, and used for ore exploration until 1972. Nicknamed "Kultakuokka" (gold digger).
Suomi: Lockheed Lodestar 18-07 Suomen ilmailumuseossa. Rakennettu vuonna 1940, muunnettu Lodestar 18-56 malliksi ennen Suomeen tuloa, ostettu Kar-Airin palvelukseen 1953. Käytetty lyhyesti matkustajakoneena jonka jälkeen varustettu malminetsintälaitteilla Geologisen Tutkimuslaitoksen alaisuuteen vuoteen 1972 asti. Lempinimi "Kultakuokka".
Date 13 November 2010 Source Own work
写真は Wikimedia Commons, Category:OH-VKU (aircraft) File:Lockheed Lodestar OH-VKU 3.JPG引用。


写真(右)2004年12月、ブラジル、サン パウロ州ベベドウロ、エドゥアルド・アンドレ・マテラッツォ兵器自動車機械博物館(Museu Eduardo Andre Matarazzo)で保管されているブラジル空軍の使用したロッキード(Lockheed)C-60A「ロードスター」(Lodestar)輸送機 :ブラジルでは、民間航空に16機、軍用に8機のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機を使用された。
Photographer Renato Spilimbergo Carvalho Location Off-Airport - Bebedouro, Brazil Aircraft type Lockheed 18-56 Lodestar Registration PT-CGV Type Photograph Description English: At the Museu Eduardo André Matarazzo. [Fuji Fine Pix S7000] Date 19 December 2004 .
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 museum aircraft File:Lockheed Model 10 Electra (14842213859).jpg引用。


ロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機は、 アメリカ陸軍航空隊では ロッキードC-56/C-57/C-60輸送機、アメリカ海軍航空隊・アメリカ海兵隊・アメリカ沿岸警備隊では、ロッキードR5O輸送機の形式名称で制式された。


8.ロッキード・ベンチュラ(Lockheed Ventura)PV-1哨戒爆撃機

イギリスでは、ロッキード輸送機をベースとしたハドソン哨戒爆撃機を採用したが、そのハドソンの後継機が、同じロッキードのベランチュラ哨戒爆撃機である。1940年にイギリスは、中立国だが事実上の同盟国のアメリカのロッキード社に対して、ハドソンの後継機として、ロッキード モデル18「ロードスター」を原型とする哨戒爆撃機を発注した。

写真(右)1941年以降、増加燃料タンクを主翼下面に懸架したアメリカ海軍航空隊所属のロッキード・ベガ・ベンチュラ哨戒爆撃機PV-1(Lockheed, PV-1, Vega Ventura):胴体後下方に7.62ミリ連装機関銃の銃座が設けられている。舗装された航空基地に駐機している。
Lockheed : PV-1 : Ventura Manufacturer: Lockheed Designation: PV-1 Official Nickname: Ventura
写真は SmugMug+Flickr,San Diego Air and Space Museum Catalog #: 00006418引用。


ロッキード PV-1(Lockheed PV-1)は、第二次世界大戦中にアメリカ海軍制式のロッキード社製の哨戒爆撃機であるが、アメリカ海軍・イギリス空軍(ベンチュラ:Ventura)に続いて、アメリカ陸軍航空隊でもB-34/B-37の名称で制式されている。

ロッキード・ベンチュラ(Ventura)哨戒爆撃機の原型は、ロッキード モデル10「エレクトラ」輸送機の発展型ロッキード・モデル18「スーパーエレクトラ」輸送機である。ベンチュラ哨戒爆撃機の形状は、ハドソン哨戒麦芽機器と類似しているが、発動機はプラット&ホイットニーSIA4-G ダブルワスプ(離昇出力1,800馬力)2基に強化されている。また、機首前面に地上機銃掃射用の7.7ミリ機関銃2丁を装備、防御用に胴体後上方にボールトンポール製7.7ミリ連装機関銃装備の動力銃塔を搭載した。また、胴体後方下面にも、7.7ミリ連装機関銃を設けている。ロッキード・ベンチュラ(Ventura)哨戒爆撃機の胴体下面爆弾倉には2,500ポンド(1,135kg)の爆弾搭載が可能である。

ロッキード・ベンチュラ(Ventura)哨戒爆撃機は、試作1号機が1941年7月に初飛行した。その直後の1941年末には、対日戦の勃発が迫っていたために、ロッキード社は、ロッキード・ベンチュラ哨戒爆撃機の開発と生産を迅速に進めようとし、アメリカ軍用の生産を優先してたために、イギリス軍にロッキード・ベンチュラ哨戒爆撃機が引き渡されたのは、1942年夏以降だった。

ロッキード・ベンチュラ(Ventura)PV-1の諸元
搭乗員:5名
全長:15.77 m 全幅:19.96 m 全高:3.63 m
翼面積:51.9 平方メートル
自重:9,160 kg 全備重量:14,096 kg
発動機:プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)R-2800空冷星型18気筒エンジン離昇出力2,000馬力2基
最高速力:518 km/h/高度4,025 m) 巡航速度:274 km/h
着陸速度:134 km/h
上昇率:680 m/分
実用上限高度:8,015 m
航続距離:2,670 km
爆弾搭載量: 3,000ポンド(1,363Kg)またはMk13航空魚雷1本、 翼下に5インチロケット弾(HVAR)8発
兵装:機首:前方固定12.7ミリ機関銃2丁、機首下面ガンパック:前方固定12.7ミリ機銃3丁、 胴体後上方:12.7ミリ連装機銃1基、胴体後下方:7.62ミリ連装機銃

⇒写真集Album:ロッキード・ベンチュラ(Ventura)PV-1哨戒機を見る。


2011年7月刊行の『写真・ポスターに見るナチス宣伝術-ワイマール共和国からヒトラー第三帝国へ』青弓社(2000円)では、反ユダヤ主義、再軍備、ナチ党独裁、第二次世界大戦を扱いました。
 ここでは日本初公開のものも含め130点の写真・ポスターを使って、ヒトラーの生い立ち、第一次大戦からナチ党独裁、第二次大戦終了までを詳解しました。
バルカン侵攻、パルチザン掃討戦、東方生存圏、ソ連侵攻も解説しました。

⇒写真集Album:ライト・ベランカ (Wright-Bellanca WB-2)「コロンビア」の大西洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(Junkers)W.33「ブレーメン」Bremenの大西洋横断飛行見る。
⇒写真集Album:ベランカCH-400「スカイロケット」の太平洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(Junker)A-50「報知日米親善号」の太平洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(Junker)W33「報知日米親善号」の太平洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(Junker)G-24輸送機を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(junkers)Ju 52 輸送機を見る。
ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He111爆撃機
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
ブロームウントフォッスBV138飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇


2020年3月10日公開の鳥飼研究室へのご訪問ありがとうございます。データ引用の際は,出所を明記するか,リンクをしてください。
連絡先: torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Fax: 0463-50-2078
Flag Counter
Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 8,000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.


Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2020 All Rights Reserved.