Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内

◆ロッキード(Lockheed)モデル 10 エレクトラ (Electra)輸送機
写真(上)1936-1940年頃、アメリカ、アメリカの飛行家ジョー・クロッソン(Joe Crosson)の愛機となったロッキード(Lockheed)モデル Model 10-C「エレクトラ」(Electra)輸送機(登録コード:NC-14258)
:ロッキード(Lockheed)モデル Model 10は、1934年2月23日に初飛行した全金属製、低翼の高速輸送機。
Morrow_0050 Joe Crosson's Beechcraft (correction: NC-14258 was a Lockheed 10C) ----Image from the H. Edwin Morrow Collection. Note: This material may be protected by Copyright Law (Title 17 U.S.C.)--Repository: San Diego Air and Space Museum
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091606引用。



写真(上)1937年6月2日、ベネズエラ、カリピト飛行場、赤道上の世界一周飛行中のアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)と搭乗機のロッキード 10 エレクトラ(Lockheed Model 10 Electra )(登録コード:NR16020)
:コックピットの天井にある昇降口からコックピットに入る構造になっているので、出入りには胴体上部まで主翼を使って登らなければならない。胴体には燃料タンクが増設されており、機内にコックピット出入口はなかった。アメリア・イヤハートは、1937年3月18日に発進した第1回目の世界一周の失敗を挽回するために、逆回りで、1937年5月21日に第2回目の世界一周飛行に出発した。この日、前回同様、カリフォルニア州オークランドから東進し、マイアミ経由で、6月2日、南米ベネズエラのカリピトに着いた。
View of Amelia Earhart climbing out of the cockpit of her Lockheed 10E Electra (r/n NR-16020) at Caripito Airport, Caripito, Venezuela, on arrival from San Juan, Puerto Rico, June 2, 1937. photographer Unknown Subject Earhart, Amelia 1897-1937 Date 6/2/1937
写真はNational Air and Space Museum Archives ・Local number NASM-2009-31378引用。



写真(上)1937年6月16日、イギリス領植民地インド帝国(パキスタン)、カラチ、赤道上の世界一周飛行中のアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)愛機のロッキード 10 エレクトラ(Lockheed Model 10 Electra )(登録コード:NR16020)への給油作業
:アメリア・イヤハートは、ベネズエラ、ブラジル、アフリカから、パキスタンのカラチに6月16日に到着した。ここから、ビルマ、ジャワ島西部のバンドン、ジャワ島東部のスラバヤを経由して、ニューギニア東部のラエに飛到着した。そして、1937年7月2日、ラエを離陸し、ハワイ方面に飛行する最中に行方不明になった。
Old Identification Number i.b.14.d Title Amelia Earhart’s Lockheed Electra being serviced Description Amelia Earhart’s Lockheed Electra plane being serviced, Karachi, India, June 16, 1937 Date of Original 1937-06-16 Subjects Lockheed Electra Karachi (Pakistan) Genre (TGM) Photographic prints Extent of Original 1 photograph : sepia ; 16 x 21 cm. Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers Collection Web Site http://www.lib.purdue.edu/aearhart Rights Statement Rights held by Purdue University Libraries Repository Purdue University Libraries, Archives and Special Collections Capture Device Epson Expression 10000XL Photo Scanner Capture Details Silverfast 6.4.1 r8c by Lazersoft Date Digitized 01/13/2006 Resolution 600 ppi Color Depth 24 bit Color Management Monaco EZcolor using an IT8 target CD Number 1/30/2006
写真はPurdue University Libraries ・Purdue Identification Number b11f4i16引用。



写真(上)1938-1941年頃、アメリカ、ネービーブルーの塗装を施されたアメリカ海軍長官専用のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)輸送機 (登録コード:XR2O-1)
:主翼下面のアメリカ国籍記章は、青丸に白★、星の中に赤丸の旧式のものである。1941年末に太平洋戦争が勃発すると、星の赤丸は取り除かれた。
Lockheed, Model 10 (XR2O-1), Electra Title: Lockheed, Model 10 (XR2O-1), Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 (XR2O-1) Official Nickname: Electra Additional Information: USA, The first military version of the Electra. Based at NAS Anacostia for use by the Secretary of the Navy.
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091622引用。



写真(上)1938-1941年頃、アメリカ、飛行するアメリカ海軍長官専用のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)輸送機 (登録コード:XR2O-1)
:主翼下面のアメリカ国籍記章は、青丸に白★、星の中に赤丸の旧式のものである。1941年末に太平洋戦争が勃発すると、星の赤丸は取り除かれた。
Lockheed, Model 10 (XR2O-1), Electra Title: Lockheed, Model 10 (XR2O-1), Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 (XR2O-1) Official Nickname: Electra Additional Information: USA, The first military version of the Electra. Based at NAS Anacostia for use by the Secretary of the Navy.
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091618引用。


1.ロッキードLockheed)モデル Model 10-A 「エレクトラ」輸送機

写真(右)1934-1937年、飛行するブリティシュ・エアウェーズ(British Airways)所属のロッキード・エレクトラ10A(Lockheed Model 10-A Electra:登録コード G-AEPN ):機首先端下面には、離着陸に使用する照明灯2個が装着されている。未舗装地でも離着陸時の安定性を確保できるように、主輪のゴムタイヤの幅は大きめである。機体はジェラルミンの輝くままの無塗装のままで、空気抵抗が少ないために、飛行性能は向上する。その一方で、砂塵や潮風による損傷・腐食が進みやすく、手入れを入念にしなければならなくなる。
Lockheed, Model 10, Electra Title: Lockheed, Model 10, Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 Official Nickname: Electra Additional Information: USA
Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
Notes: Alone, w/ Planes and Portraits
UNITED KINGDOM - NOVEMBER 15: Lockheed, L10A Electra G-AEPN of British Airways, March 1937. Lockheed, L10A Electra G-AEPN of British Airways, March 1937. Side view of aircraft in flight
写真はSan Diego Air and Space Museum Archive,SDASM Archives・Catalog #: 01_00091614引用。


写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)輸送機
Lockheed, Model 10A, Electra Title: Lockheed, Model 10A, Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10A Official Nickname: Electra Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091576引用。


アメリカのロッキードLockheed)社は、それまでオリオン(Orion)のような木製の飛行機を生産していたので、ロイド・シャーマン(Lloyd Stearman)とホール・ハイバード(Hall Hibbard)の設計になるロッキードLockheed)モデル Model 10「エレクトラ」輸送機は、ロッキード初の全金属製飛行機となった。 命名のエレクトラとは、夜空のプレアデス星団(Pleiades)の恒星からの命名である。試作機は、1934年2月23日に初飛行した。

写真(右)1936-1941年頃、アメリカ、アメリカ陸軍航空隊(Army Air Corps)所属のロッキード C-36・エレクトラ10A(Lockheed Model 10-A Electra):垂直尾翼は、星条旗を思わせる赤のストライプで塗装されている。主翼下面のアメリカ国籍記章は、青丸に白★、星の中に赤丸の旧式のものである。1941年末に太平洋戦争が勃発すると、星の赤丸は取り除かれた。
Lockheed, Model 10A, Electra Title: Lockheed, Model 10A, Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10A Official Nickname: Electra Additional Information: USA
Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
Additional Information: USA, shown in Army Air Corps configuration as a C-36.
写真はSan Diego Air and Space Museum Archive,SDASM Archives・Catalog #: 01_00091538引用。


写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)輸送機(登録コード:NC-3138、製造番号:1012):1942年1月26日、墜落して喪失。
Lockheed, Model 10, Electra Title: Lockheed, Model 10, Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 Official Nickname: Electra Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091598引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 10A「エレクトラ」(Electra)は、民間輸送機として、アメリカ以外では、オーストラリア(Australia)、ブラジル(Brazil)、カナダ(Canada)、チリ(Chile)、キューバ(Cuba)、チェコ(Czech) 、メキシコ(Mexico)、オランダ(Netherland)、ニュージーランド(New Zealand)、パナマ(Panama)、ポーランド(Poland)、ルーマニア(Romania)、イギリス(United Kingdom)、ユーゴスラビア(Yugoslavia)で使用された。


写真(上)1937-1940年頃、アメリカ、ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」( Electra )輸送機の側面写真(登録コード:NC-14945)
:ジュラルミンの無塗装の機体は、銀色に輝いている。尾輪には、小型のゴムタイヤが装着されている。双尾翼式で、垂直尾翼が水平尾翼両端に付いている。
Lockheed, Model 10C, Electra Title: Lockheed, Model 10C, Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10C Official Nickname: Electra Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091612引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)は、軍用機として、アメリカ軍以外では、アルゼンチン空軍(Argentine Air Force)、ブラジル空軍(Brazilian Air Force)、カナダ空軍(Royal Canadian Air Force)、ホンジュラス空軍(Honduran Air Force)、ニカラグア空軍(Nicaragua Air Force)、スペイン空軍(Spanish Republican Air Force)、日本軍、イギリス空軍(Royal Air Force)、ベネスエラ軍(Venezuela)で採用されている。

写真(右)1938-1941年頃、アメリカ、ネービーブルーの塗装を施された海軍長官専用のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)輸送機 (登録コード:XR2O-1) :主翼下面のアメリカ国籍記章は、青丸に白★、星の中に赤丸の旧式のものである。1941年末に太平洋戦争が勃発すると、星の赤丸は取り除かれた。
Lockheed, Model 10 (XR2O-1), Electra Title: Lockheed, Model 10 (XR2O-1), Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 (XR2O-1) Official Nickname: Electra Additional Information: USA, The first military version of the Electra. Based at NAS Anacostia for use by the Secretary of the Navy.
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_0009162100091576引用。


アメリカ陸海軍の軍用機は、国籍記章を主翼と胴体に描いていたが、第二次大戦が勃発しても、1941年末に太平洋戦争で日本に宣戦布告するまでは、青い丸に白の星、星の中央に赤丸を描いていた。しかし、1942年に入ると、アメリカ国籍記章は、青丸に白★で、星の中にあった赤丸は取り除かれた。

写真(右)1938-1941年頃、アメリカ、ネービーブルーの塗装を施されたアメリカ海軍長官専用のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)輸送機 (登録コード:XR2O-1) :主翼下面のアメリカ国籍記章は、青丸に白★、星の中に赤丸の旧式のものである。1941年末に太平洋戦争が勃発すると、星の赤丸は取り除かれた。
Lockheed, Model 10 (XR2O-1), Electra Title: Lockheed, Model 10 (XR2O-1), Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 (XR2O-1) Official Nickname: Electra Additional Information: USA, The first military version of the Electra. Based at NAS Anacostia for use by the Secretary of the Navy.
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091617引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 10A「エレクトラ」(Electra)輸送機は、アメリカの商業用の民間飛行機の中で、最初に完全引込み式の降着装置・主輪を装備した機体となった。

写真(右)1938-1941年頃、アメリカ、ネービーブルーの塗装を施されたアメリカ海軍長官専用のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)輸送機 (登録コード:XR2O-1) :主翼下面のアメリカ国籍記章は、青丸に白★、星の中に赤丸の旧式のものである。1941年末に太平洋戦争が勃発すると、星の赤丸は取り除かれた。
Lockheed, Model 10 (XR2O-1), Electra Title: Lockheed, Model 10 (XR2O-1), Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 (XR2O-1) Official Nickname: Electra Additional Information: USA, The first military version of the Electra. Based at NAS Anacostia for use by the Secretary of the Navy.
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091575引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」輸送機の諸元
搭乗員Crew: 2名、乗客Capacity: 10名
全長Length: 38 ft 7 in (11.8 m)
全幅Wingspan: 55 ft 0 in (16.8 m)
全高Height: 10 ft 1 in (3.1 m)
主翼面積Wing area: 458 平方フィート (42.6 平方メートル)
空虚重量Empty weight: 6,454ポンド(2,930 kg)
搭載量Loaded weight: 10,500ポンド lb (4,760 kg) 発動機Powerplant: 2 ×プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ・ジュニア(Wasp Junior)R-985空冷星形エンジン 450 hp (340 kW)

写真(右)1938-1941年頃、アメリカ、飛行するアメリカ海軍長官専用のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)輸送機 (登録コード:XR2O-1) :主翼下面のアメリカ国籍記章は、青丸に白★、星の中に赤丸の旧式のものである。1941年末に太平洋戦争が勃発すると、星の赤丸は取り除かれた。
Lockheed, Model 10 (XR2O-1), Electra Title: Lockheed, Model 10 (XR2O-1), Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 (XR2O-1) Official Nickname: Electra Additional Information: USA, The first military version of the Electra. Based at NAS Anacostia for use by the Secretary of the Navy.
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091620引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」輸送機の諸元
最高速力Maximum speed: 202 mph (325 km/h) 175 ノット
巡航速力Cruise speed: 190 mph (306 km/h) 165 ノット
航続距離Range: 713 マイル (1,150 km) 620 海里
実用上昇限度Service ceiling: 19,400 ft (5,910 m)
上昇率Rate of climb: 1,000 ft/分 (300 m/分)
翼面荷重Wing loading: 22.9 lb/平方フィート (111.7 kg/平方メートル)
出力重量比Power/mass: 0.08 hp/ポンド (142 W/kg)

写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス郡バーバンク(Burbank)、ロッキード・モデルModel 10-A「エレクトラ」輸送機 (Lockheed Model 10A)の生産ライン:第二次大戦は1939年9月に始まっていたが、アメリカは1941年12月までは、中立国の立場で、イギリスへの軍事援助をしていた。
Lockheed Model 10A production line c36-37 [Lockheed W-144 via RJF] PictionID:43264730 - Title:Lockheed Model 10A production line c36-37 [Lockheed W-144 via RJF] - Catalog:17_000280 - Filename:17_000280.tif ----Image from the René Francillon Photo Archive. Having had his interest in aviation sparked by being at the receiving end of B-24s bombing occupied France when he was 7-yr old, René Francillon turned aviation into both his vocation and avocation. Most of his professional career was in the United States, working for major aircraft manufacturers and airport planning/design companies. All along, he kept developing a second career as an aviation historian, an activity that led him to author more than 50 books and 400 articles published in the United States, the United Kingdom, France, and elsewhere. Far from “hanging on his spurs,” he plans to remain active as an author well into his eighties.-------PLEASE TAG this image with any information you know about it, so that we can permanently store this data with the original image file in our Digital Asset Management System
写真はSan Diego Air and Space Museum Archive,SDASM Archives ・PictionID:43264730 引用。


写真(右)1938-1941年頃、アメリカ、飛行するアメリカ海軍長官専用のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)輸送機 (登録コード:XR2O-1) :主翼下面のアメリカ国籍記章は、青丸に白★、星の中に赤丸の旧式のものである。1941年末に太平洋戦争が勃発すると、星の赤丸は取り除かれた。
Lockheed, Model 10 (XR2O-1), Electra Title: Lockheed, Model 10 (XR2O-1), Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 (XR2O-1) Official Nickname: Electra Additional Information: USA, The first military version of the Electra. Based at NAS Anacostia for use by the Secretary of the Navy.
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091623引用。


写真(右)1941年3月26日、イギリス、イギリス軍第24飛行中隊所属のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)輸送機(登録コード:W9104):元は、イギリス航空(British Airways Ltd)所属の民間輸送機だったが、戦争勃発でイギリス空軍に徴用され、輸送任務に就いた。 AMERICAN AIRCRAFT IN RAF SERVICE 1939-1945: LOCKHEED MODEL 10A ELECTRA.
Object description Electra, W9104, of No. 24 Squadron RAF, taxying on an airfield in the United Kingdom. Formerly G-AFEB of British Airways Ltd, this aircraft was impressed into the RAF and delivered to No. 24 Squadron on 18 December 1939. It was struck off charge after a landing accident at Clifton, Yorkshire, on 12 October 1941.
Production date1941-03-26
Official Nickname: Electra Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091627引用。


写真(右)1940年代後半(?)、アメリカ、飛行場の舗装された滑走路に整列した2機のロッキード(Lockheed)ロッキード・モデルModel 10-A「エレクトラ」輸送機 :胴体上部には、流線型のケースに方位測定用のループアンテナを装備している。
Lockheed, Model 10, Electra Title: Lockheed, Model 10, Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 Official Nickname: Electra Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091601引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 10「エレクトラ」(Electra)輸送機は、双発・単葉の全金属製引込み脚の高速輸送機で、同じく1930年代のアメリカで生産されたボーイング(Boeing)247双発輸送機、ダグラス(Douglas)DC-2双発輸送機と並んで、アメリカの航空技術の優秀さを世界に誇示することができた。

写真(右)1948年以降、アメリカ、ウィスコンシン・セントラル(Wisconsin Central)航空所属のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)輸送機 (登録コード:N-17375、製造番号:1096) :ウィスコンシン・セントラル(Wisconsin Central)航空は、1948年2月24日に運航を始めた時、5機のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)輸送機を有していた。
Lockheed, Model 10, Electra Title: Lockheed, Model 10, Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 Official Nickname: Electra Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091628引用。


写真(右)1948年以降、アメリカ、ウィスコンシン・セントラル(Wisconsin Central)航空所属のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)輸送機 (登録コード:N-17375、製造番号:1096) :機首の貨物室ハッチが開いている。主翼下面のアメリカ国籍記章は、青丸に白★、星の中に赤丸の旧式のものである。1941年末に太平洋戦争が勃発すると、星の赤丸は取り除かれた。
Lockheed, Model 10, Electra Title: Lockheed, Model 10, Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 Official Nickname: Electra Additional Information: USA, Note open nose hatch.
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091613引用。


写真(右)1940年代以降(?)、アメリカ、個人所有のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)輸送機(登録コード:N842、製造番号:1030):Lockheed 10A Electra Owner/operator: private Registration: N842 C/n / msn: 1030
Lockheed, Model 10, Electra Title: Lockheed, Model 10, Electra
Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10
Official Nickname: Electra Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091627引用。



写真(上)1940年代頃、アメリカ、ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-A「エレクトラ」(Electra)輸送機(登録コード:N4846V)
:1934年2月23日に初飛行した全金属製、低翼の高速輸送機。
Lockheed, Model 10A, Electra Lockheed, Model 10, Electra Title: Lockheed, Model 10, Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 Official Nickname: Electra Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091606引用。



2.ロッキードLockheed)モデル Model 10-B 「エレクトラ」輸送機


写真(上)1936年、アメリカ、デルタ航空が導入したロッキード(Lockheed)モデル Model 10-B エレクトラ(Electra)双発輸送機
:乗客10席・時速190マイルの1925年設立のデルタ航空が導入した最初の全金属製輸送機で、豪華さと高性能が特徴だった。
"The Electra brought Delta out of the barnstorming era." Charles Dolson, hired as a pilot in 1934, later Delta's second CEO. .
写真は, Delta Flight Museum Narrative: Lockheed 10 Electra 1936-1942引用。


1925年ハフ・ダランド(Huff Daland )がジョージア州アトランタで設立したデルタ航空Delta Air Lines)は、1936年に最初の全金属製機ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-B エレクトラ(Electra)双発輸送機を導入した。この機の旅客輸送能力は、搭乗員2名、乗客10席で、時速190マイルの高速航行が可能で、豪華な設備を持っことが特徴だった。

写真(右)1936年、アメリカ、デルタ航空が導入したロッキード(Lockheed)モデル Model 10-B エレクトラ(Electra)双発輸送機(側面図 :乗客10席・時速190マイル
1936 Delta Lockheed 10 Electra Drawing: Birds-eye view inside the cabin and baggage bins of a Lockheed 10 Electra in flight .
写真は, Delta Flight Museum Narrative: Lockheed 10 Electra 1936-1942引用。


図(右)1936年、アメリカ、デルタ航空の公表した自社で運用するロッキード(Lockheed)モデル Model 10ーB エレクトラ(Electra)新鋭輸送機(登録コード:NC14990)のポスター :「デルタ・最も早い交通機関で南部を横断。デルタ航空・南部横断ルート」
Flagship of the airline in the later 1930s. The fast, streamlined Electra had modern instrumentation and retractable wheels. The Electra was Delta's first all-metal aircraft. Earlier Delta aircraft were metal frames covered with a skin of fabric and epoxy, or "dope."
写真は, Delta Flight Museum Narrative: Lockheed 10 Electra 1936-1942引用。


ロッキード モデル10-B「エレクトラ」(Lockheed Model 1-0B Electra)輸送機の諸元
総重量:10,300ポンド
航続距離:350 マイル
巡航速力: 時速190 マイル
乗客座席数: 10 名
全長:39 ft.
全幅: 55 ft.
全高:10 ft.
発動機:プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)450 hp 2基
デルタ航空(DL)での総保有数: 6機:
 保有内訳 1機 Model 10-B イースタン航空(Eastern Airlines)から購入, 4機 Model 10-B ロッキード社(Lockheed), 1機 Model 10-A ブラニフ(Braniff Airways)から1939年12月ー1940年3月20日までリース

ロッキード モデル10-B「エレクトラ」(Lockheed Model 1-0B Electra)輸送機は、操縦室に正副パイロットの2名がいるが、副操縦士は、機内客へのランチボックス(box lunches)とコーヒー(coffee)をサービスする役割も担っていた。キャビンには、左右2列並に乗客10名分の座席が2列に並び、室内灯(dome light)・座席読書灯(reading lamps)・窓カーテン(window curtains)・手荷物用網棚(hat nets)がついている。機首には荷物室があって、機首先端に荷物室ハッチを開閉させて、郵便袋などを出し入れする。1925年設立のデルタ航空Delta Air Lines)にとっては、初めての全金属製の輸送機だった。

図(右)1936年、アメリカ、デルタ航空の公表した自社で運用するロッキード(Lockheed)モデル Model 10ーB エレクトラ(Electra)新鋭輸送機(登録コード:NC14990)の機種貨物室の宣伝写真 :機首先端に荷物室ハッチがあり、それを開閉して、郵便袋や乗客の荷物を収納する。機首の位置は、3点姿勢で高くなっているので、台しれには踏み台が用意された。デルタ航空にとっては、初めての全金属製の高速輸送機だった
1936 Delta Lockheed 10 Electra Drawing: Birds-eye view inside the cabin and baggage bins of a Lockheed 10 Electra in flight .
写真は, Delta Flight Museum Narrative: Lockheed 10 Electra 1936-1942引用。


写真(右)1936年、アメリカ、デルタ航空の公表した自社で運用するロッキード(Lockheed)モデル Model 10ーB エレクトラ(Electra)新鋭輸送機キャビンで乗客の婦人にサーズする副操縦士の宣伝写真 :「デルタ・最も早い交通機関で南部を横断。デルタ航空・南部横断ルート」
Interior The Electra held 10 passengers and 2 pilots. Cabin appointments included hat nets, window curtains, a dome light, reading lamps, ashtrays, drinking water and a lavatory. With the Lockheed 10, Delta introduced its first onboard meal service — box lunches and coffee served by the co-pilot. Bag bins (used for passenger bags and air mail) were located under the wings and in the nose.
写真は, Delta Flight Museum Narrative: Lockheed 10 Electra 1936-1942引用。


デルタ航空Delta Air Lines)が採用したロッキード(Lockheed)モデル Model 10ーB エレクトラ(Electra)新鋭輸送機のキャビンには、乗客用座席が左右の窓際に各1列並、5席が並び、合計で乗客10名分の座席を確保している。高速と快適な設備が売りだった。

キャビン天井には、室内灯(dome light)・座席読書灯(reading lamps)があり、窓毎に開閉できるカーテン(window curtains)がついている。

キャビン上部には手荷物用網棚(hat nets)がついてて、帽子など軽量の手荷物を置くことができる。それ以外の手荷物は、機首にある荷物室に保管された。

写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、アメリカ沿岸警備隊所属のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-B「エレクトラ」(Electra)(登録コード:XR3O-1)ライト(Wright) R-975-E3 ヴィールウィンド(Whirlwind)440 hp (340 kW)2基を装備、18機製造された。
Lockheed, Model 10 (XR3O-1), Electra
Title: Lockheed, Model 10 (XR3O-1), Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 (XR3O-1)
Official Nickname: Electra Additional Information: USA, Sole US Coast Guard version.
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091606引用。



写真(上)1937-1940年頃、アメリカ、アメリカ沿岸警備隊所属のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-B「エレクトラ」(Electra)(登録コード:XR3O-1)
:垂直尾翼は、星条旗を思わせる赤のストライプで塗装されている。ライト(Wright) R-975-E3 ヴィールウィンド(Whirlwind)440 hp (340 kW)2基を装備、18機製造された。
Lockheed, Model 10 (XR3O-1), Electra Title: Lockheed, Model 10 (XR3O-1), Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 (XR3O-1) Official Nickname: Electra Additional Information: USA, Sole US Coast Guard version. Repository: San Diego Air and Space Museum Archive .
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091631引用。


写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、アメリカ沿岸警備隊所属のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-B「エレクトラ」(Electra)(登録コード:XR3O-1):垂直尾翼は、星条旗を思わせる赤のストライプで塗装されている。ライト(Wright) R-975-E3 ヴィールウィンド(Whirlwind)440 hp (340 kW)2基を装備、18機製造された。
Lockheed, Model 10 (XR3O-1), Electra Title: Lockheed, Model 10 (XR3O-1), Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 (XR3O-1) Official Nickname: Electra Additional Information: USA, Sole US Coast Guard version. Repository: San Diego Air and Space Museum Archive .
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091632引用。


写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、飛行中のアメリカ沿岸警備隊所属のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-B「エレクトラ」(Electra)(登録コード:XR3O-1)の側面:垂直尾翼は、星条旗を思わせる赤のストライプで塗装されている。ライト(Wright) R-975-E3 ヴィールウィンド(Whirlwind)440 hp (340 kW)2基を装備、18機製造された。
Lockheed, Model 10 (XR3O-1), Electra Title: Lockheed, Model 10 (XR3O-1), Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 (XR3O-1) Official Nickname: Electra Additional Information: USA, Sole US Coast Guard version. Repository: San Diego Air and Space Museum Archive .
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091624引用。


ロッキード モデル10B「エレクトラ」(Lockheed Model 10B Electra)輸送機は、フォッカー(Fokker )F-10トライモーター三発輸送機と同じライト(Wright) R-975-E3 ヴィールウィンド(Whirlwind)440 hp (340 kW)2基を装備した。アメリカ軍も、この機体をC-36C(登録コード:UC-36C)の名称で、1943年に採用し、アメリカ沿岸警備隊(U.S. Coast Guard)も登録コードXR3O-1で要人輸送用に採用している。ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-B「エレクトラ」(Electra)輸送機は全部で18機が製造された。

写真(右)1940年3月、アメリカ、テキサス州(Texas)ヒューストン市郊外、ウィリアム・P・ホビー空港(William P. Hobby Airport)、ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-B「エレクトラ」(Electra)(登録コード:N-44794)ライト(Wright) R-975-E3 ヴィールウィンド(Whirlwind)440 hp (340 kW)2基を装備、18機製造された。
Description English: Title: [Two Men with Lockheed 10B Electra] Creator: Robert Yarnall Richie
Date: March 1940 Place: Houston, Texas
Part Of: Robert Yarnall Richie Photograph Collection
Description: Two men looking at a Lockheed Model 10B Electra at William P. Hobby Airport in Houston, Texas.
Physical Description: 1 transparency: film, color; 10 x 13 cm
Rights: Please cite DeGolyer Library, Southern Methodist University when using this file. A high-resolution version of this file may be obtained for a fee. For details see the https://sites.smu.edu/cul/degolyer/research/permissions/ web page. For other information, contact degolyer@smu.edu.
View the Robert Yarnall Richie Photograph Collection http://digitalcollections.smu.edu/all/cul/ryr/ Date 1 March 1940
Author Robert Yarnall Richie (1908–1984) Blue pencil.svg SMU Central University Libraries
Flickr sets Robert Yarnall Richie Photographs Flickr pools Early Lockheed Airliners: Orions, Electras, and other Golden Age · Propliners (Historic Old Props) Flickr tags Lockheed Model 10-B · C-36C · UC-36C · airplanes · aircraft industry · Lockheed Aircraft Corporation · men · Houston Hobby Airport · Lockheed aircraft · kodachrome.
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091588引用。


ロッキード モデル10B「エレクトラ」(Lockheed Model 10B Electra)輸送機の発動機は、ライト(Wright) R-975-E3 ヴィールウィンド(Whirlwind)440 hp (340 kW)2基で、 18機が製造されただけに終わった。しかし、ロッキード(Lockheed)モデル Model 10「エレクトラ」全形式を合わせると、1934年2月23日に初飛行、1935年に就役を開始して以来、149機が生産されている。


3.ロッキードLockheed)モデル Model 10-C 「エレクトラ」輸送機

写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、パシフィック・アラスカ航空所属のロッキード(Lockheed)モデル Model 10C「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NC-14259):双尾翼式で、垂直尾翼が水平尾翼両端に付いている。プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)SC1空冷星形エンジン 450 hp (336 kW)2基装備で、生産機数は8機。
Lockheed, Model 10C, Electra
Title: Lockheed, Model 10C, Electra
Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10C
Official Nickname: Electra Junior Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091611引用。


アメリカでは、1934年10月に、飛行機の安全性を確保するために、旅客機、夜間飛行機が単発エンジンであることを禁止し、エンジン故障の際にも飛行可能なように、複数のエンジンを備えることを義務付けた。この航空規制のために、プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)SC1空冷星形エンジン 2基を搭載したロッキード モデル10C「エレクトラ」(Lockheed Model 10C Electra)輸送機は、その高性能と相まって、アメリカの民間航空各社に採用されることとなった。

写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、パシフィック・アラスカ航空所属のロッキード(Lockheed)モデル Model 10C「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NC-14259):プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)SC1空冷星形エンジン 450 hp (336 kW)2基装備で、生産機数は8機。
Lockheed, Model 10C, Electra Title: Lockheed, Model 10C, Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10C Official Nickname: Electra Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091610引用。


ロッキード モデル10C「エレクトラ」(Lockheed Model 10C Electra)輸送機は、プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)SC1空冷星形9気筒エンジン 450馬力 (336 kW)2基を装備した双発双尾翼の全金属製高速輸送機で、全部で8機が生産された。

写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、パシフィック・アラスカ航空所属のロッキード(Lockheed)モデル Model 10C「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NC-14259):エンジンも絵のカウリングにはシャッターがついているが、これは寒冷地におけるプラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)SC1空冷星形エンジン 450 hp (336 kW)の暖気運転対策のためである。生産機数は8機。
Lockheed, Model 10C, Electra Title: Lockheed, Model 10C, Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10C Official Nickname: Electra Additional Information: USA, Aircraft shown fitted with cold weather cowling for service with Pacific Alaska Airways (part of Pan Am) Repository: San Diego Air and Space Museum Archive Additional Information: USA
写真はSDASM Archives,San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 01_00091609引用。


写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、パシフィック・アラスカ航空所属のロッキード(Lockheed)モデル Model 10C「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NC-14259):濡れた飛行場の舗装滑走路に機体下面が反射して、綺麗に写っている。双尾翼式で、垂直尾翼が水平尾翼両端に付いている。
Lockheed, Model 10, Electra Title: Lockheed, Model 10, Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 Official Nickname: Electra Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091629引用。



4.ロッキード Model 10-E 「エレクトラ」輸送機

写真(右)1937年、滑走路脇の未舗装駐機場に置かれたロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NC14971 ):機首先端下面には、離着陸に使用する照明灯2個が装着されている。未舗装地でも離着陸時の安定性を確保できるように、主輪のゴムタイヤの幅は大きめである。機体はジェラルミンの輝くままの無塗装のままで、空気抵抗が少ないために、飛行性能は向上する。その一方で、砂塵や潮風による損傷・腐食が進みやすく、手入れを入念にしなければならなくなる。
Lockheed, Model 10, Electra Title: Lockheed, Model 10, Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 Official Nickname: Electra Additional Information: USA
Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
Notes: Alone, w/ Planes and Portraits
Lockheed 10E Electra 1041 NX14971 NC14971 XA-BAU Pan American AW 00.12.33 Crashed Mexico City 2.12.38
写真はSan Diego Air and Space Museum Archive,SDASM Archives・Catalog #: 01_00091580引用。



写真(上)1933-1938年以前、滑走路脇の未舗装駐機場に置かれたロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NC14971 )
:NC14971は、1933年完成、パンナム(Pan American)航空に所属し、1938年12月2日にメキシコ市で墜落。機首先端下面には、離着陸に使用する照明灯2個が装着されている。
Lockheed, Model 10, Electra Title: Lockheed, Model 10, Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10 Official Nickname: Electra Additional Information: USA
Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
NC14971 Lockheed 10E Electra 1041 NX14971 NC14971 XA-BAU Pan American AW 00.12.33 Crashed Mexico City 2.12.38
写真はSan Diego Air and Space Museum Archive,SDASM Archives・Catalog #: 01_00091614引用。


写真(右)1937-1940年頃、アメリカ、パンアメリカン航空所属のロッキード(Lockheed)モデル Model 10E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NC-14259):プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)R-1340-49空冷星形9気筒エンジン600 hp (450 kW)2基搭載。15機製造。アメリア・イアハートが、1937年の世界一周飛行に搭乗したのも同型だが、ニューギニア=ハワイ間で行方不明となった。機。
Lockheed, Model 10E, Electra
Title: Lockheed, Model 10E, Electra
Corporation Name: Lockheed
Designation: Model 10E Official Nickname: Electra
Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091541引用。


ロッキード モデル10E「エレクトラ」(Lockheed Model 10E Electra)輸送機は、エンジン出力を強化したプラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)R-1340-49空冷星形9気筒エンジン600 馬力 (450 kW)2基に変換搭載し、1937年にアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)の世界一周飛行に用いられた。また、アメリカ陸軍航空隊(U.S. Army Air Force)でも、 C-36B輸送機(登録コード: UC-36B)として、1943年に採用されている。生産機数は、15機。


写真(上)1937-1940年頃、アメリカ、ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」(Electra)輸送機
(登録コード:NC-18987):機首下面に方位測定用のループアンテナを装備している。プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)R-1340-49空冷星形9気筒エンジン600 hp (450 kW)2基搭載。15機製造。
Lockheed, Model 10E, Electra Title: Lockheed, Model 10E, Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10E Official Nickname: Electra Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091589引用。


ロッキード モデル10E「エレクトラ」(Lockheed Model 10E Electra)輸送機の装備したプラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)R-1340-49空冷星形9気筒エンジンは、排気量は、1,344立方インチ (22 L)で、出力は600 馬力 (450 kW)のである。
装備したプロペラ(Propellers9は、ハミルトン・スタンダード(Hamilton Standard)の自動調整ピッチ(controllable-pitch)あるいは恒速ピッチ(constant-speed propeller)の2翅で、,直径は 8.5 から 9 フィート (2.6m から 2.75 m)

⇒写真集Album:アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)ロッキード 10 エレクトラ(Lockheed Model 10 Electra)による世界一周赤道飛行と太平洋上の失踪事件 を見る。


5.ロッキード(Lockheed)モデル Model 12「エレクトラ・ジュニア」(Electra Junior)

写真(右)1928年6月17日、アメリカ、ロッキード(Lockheed)モデル Model 12「エレクトラ・ジュニア」(Electra Junior)輸送機(登録コード:VH-ASG):
Lockheed, Model 12, Electra Junior Title: Lockheed, Model 12, Electra Junior Corporation Name: Lockheed Designation: Model 12 Official Nickname: Electra Junior Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091544引用。

ロッキード(Lockheed)モデル Model 12「エレクトラ・ジュニア」( Electra Junior)輸送機は、1936年6月27日初飛行、 プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ・ジュニア(Wasp Junior) R-985 空冷星形エンジン450 馬力 (336 kW)2基を装備している。原型のロッキード(Lockheed)モデル Model 10「エレクトラ」を若干小型化し、8座席、6人乗客の全金属製双発輸送機である。1930年代後半から、小規模な航空会社、大企業、資産家が購入して使用したほか、政府要人も使用した。 生産機数は、130機に達した。

写真(右)1937-1938年頃、アメリカ、ロッキード(Lockheed)モデル Model 12「エレクトラ・ジュニア」( Electra Junior)輸送機(登録コード:G-AGTL):
Lockheed, Model 12, Electra Junior Title: Lockheed, Model 12, Electra Junior Corporation Name: Lockheed Designation: Model 12 Official Nickname: Electra Junior Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091558引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 12「エレクトラ・ジュニア」( Electra Junior)輸送機の諸元
乗員Crew: 2名、乗客Capacity: 6名
全長Length: 36 ft 4 in (11.07 m)
全幅Wingspan: 49 ft 6 in (15.09 m)
全高Height: 9 ft 9 in (2.97 m)
主翼面積Wing area: 352 ft2 (32.7 m2)
空虚重量Empty weight: 5,765 lb (2,615 kg)
搭載量Loaded weight: 8,650 lb (3,924 kg)
最大離陸重量Max. takeoff weight: 9,200 lb (4,173 kg)


写真(右)1937-1938年頃、アメリカ、ロッキード(Lockheed)モデル Model 12「エレクトラ・ジュニア」( Electra Junior)輸送機
(登録コード:G-AGTL):
Lockheed, Model 10A, Electra Lockheed, Model 12, Electra Junior
Title: Lockheed, Model 12, Electra Junior
Corporation Name: Lockheed Designation: Model 12
Official Nickname: Electra Junior Additional Information: USA
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091559引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 12「エレクトラ・ジュニア」( Electra Junior)輸送機は、最高速力225マイル/時 (362 km/h, 196 ノット)/高度 5,000フィート (1,500 m)、航続距離 800 マイル (1,300 km, 700 海里)、実用上昇限度22,900フィート (6,980 m)、上昇率 1,140 フィート/分 (427 m/分)。生産機数は、130機。


6.1937年アメリア・イアハートのロッキード・エレクトラ(Lockheed Electra)第1回世界一周飛行

アメリカ第32代大統領フランクリン・ルーズベルト婦人(ファーストレディ)、エレノア・ルーズベルトEleanor Roosevelt)は、第26代大統領セオドア・ルーズベルトの親類エリオット・ルーズベルトの娘で、1904年にハーバード大学を卒業した親類のフランクリン・ルーズベルトと1905年に結婚し、大統領セオドア・ルーズベルトの出席した結婚式が開かれた。1910年、フランクリン・ルーズベルトは、ニューヨーク州上院議員に当選、1913年、大統領ウッドロウ・ウィルソンによって海軍次官に任命、第一次大戦で手腕を振るった。1933年3月4日、フランクリンが大統領に就任すると、エレノア・ルーズベルトEleanor Roosevelt)は女性エンパワーメント、貧困解消、人権保護などの社会政策を率先して進めるように促し、大統領に大きな影響力を持った。


写真(右)1937年頃、アメリカ、アメリア・イヤハートが世界一周飛行に挑戦した時の愛機ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」(Electra)輸送機
(登録コード: NR16020、製造番号:1055):長距離飛行用に燃料タンクを増設、機首下面に方位測定用のループアンテナを装備。プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)ワスプ(Wasp)R-1340-49空冷星形9気筒エンジン600 hp (450 kW)2基搭載。15機製造。
Lockheed, Model 10E, Electra Title: Lockheed, Model 10E, Electra Corporation Name: Lockheed Designation: Model 10E Official Nickname: Electra Additional Information: USA, Amelia Earhart's ill fated, long distance aircraft.
写真は,SDASM Archives Catalog #: 01_00091536引用。


アメリア・イヤハートAmelia Earhart:1897-1937)は、1932年に女性初の単独無着陸大西洋横断飛行を達成したアメリカ人飛行家である。1927年6月14日から6月15日に、アメリカ人飛行家チャールズ・リンドバーグCharles Lindbergh)は、ライアン(Ryan)NYP単発肩翼機 「スピリット・オブ・セントルイス」The Spirit of St. Louis:登録コード N-X-211)ニューヨーク−パリ間の大西洋単独飛行を飛行時間33時間半でに成功させ、世界中で称賛され。アメリアは、女性飛行士として、ロッキード・ベガで1932年5月20日から5月21日、リンドバークのライアン(Ryan)NYPと同じ航路で女性初の大西洋単独横断飛行を再考させようとした。そして、実際の飛行では、カナダから出発し、パリ手前の北アイルランド、ロンドンデリー郊外までの飛行に成功した。

 アメリア・イアハートAmelia Earhart)は、チャールズ・リンドバーグのパリへの単独飛行を女性として再現しようと、1932年5月20日、カナダのニューファンドランド島グレース湾からロッキード ベガで出発し、アイルランドのロンドンデリー近郊の牧場に不時着した。これで、大西洋単独横断をした初の女性飛行士となったアメリアは、ハーバート・フーヴァー大統領からのアメリカ地理学ドメダルを授与された。 1932年8月24日には、アメリカ東岸のニュージャージー州ニューアークから19時間かけてカリフォルニア州ロスアンゼルスにまで飛行し、女性で初のアメリカ大陸単独横断無着陸飛行を成功させた。

実は1919年、イギリス人飛行家ジョン・ウィリアム・オールコック(John William Alcock )とアーサー・ブラウンは、カナダのニューファンドランド島からアイルランドへ大西洋無着陸飛行を成功させた。これが史上初の大西洋横断無着陸飛行だったが、アメリアの飛行ルートは、チャールズ・リンドバーグのニューヨーク=パリ間ではなく、イギリス人飛行家ジョン・ウィリアム・オールコック(John William Alcock )とアーサー・ブラウンと同じ経路で大西洋上を単身横断したのである。

写真(右)1937年3月、アメリカ、世界一周赤道飛行出発直前の愛機ロッキード・エレクトラ(Lockheed L-10 Electra:登録コード;NR16020)機首正面前のアメリア・イヤハート(Amelia Earhart):双発双尾翼式の機体で世界一周には、アメリア以外3人の搭乗員が同行した。しかし、カリフォルニア州オークランド飛行場から、ハワイ諸島オアフ島ホノルルにまで飛行した後、離陸に失敗して機体は大破し、第1回目の世界一周赤道飛行は中断されてしまった。
Informal head and shoulders portrait of Amelia Earhart standing under nose of of her Lockheed Model 10-E Electra (r/n NR-16020); probably taken before her attempted flight around the world, March 1937. Subject Earhart, Amelia 1897-1937 National Air Museum Photography Collection Date Circa March 1937
写真はflickr,National Air and Space Museum・Local number NASM-158072引用。


ジェンダー不平等・女性差別が当たり前で、体力的・精神的に女性は男性にはるかに劣る、女性は感情的なので機械の扱いや論理的思考はできない、とされた20世紀初め、空への憧れたアメリアは、女性であっても、飛行士として自由に飛び回れること、男女にかかわりなく自分の夢を叶えたいという強い意志と弛まぬ努力が大きな成果・業績を生み出すことを、世界に実証した。女性にも知性、勇気、行動力、論理性、沈着さがあることを示し、強固な意志があれば、男性と同等に立ち振る舞うことができることを証明した。

写真(右)1935年、アメリカ、アメリカ地理学会の女性要人、初の大西洋単独横断飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)とアメリカ大統領FDR夫人・社会活動家エレノア・ルーズベルト(Eleanor Roosevelt) :エレノア自信、飛行機操縦ライセンスを取得したかったようだが、夫のフランクリンに止められた。
Amelia Earhart and Eleanor Roosevelt Underwood & Underwood (active 1880 – c. 1950) Gelatin silver print, 1935
After her second transatlantic flight, Earhart continued to set out on record-breaking trips. Only two months after returning to America in June 1932, she became the first woman to fly solo across the North American continent and back. She also found time for other projects, especially those that advanced women’s progress in society. During this period she became close friends with first lady Eleanor Roosevelt (1884–1962). The two women shared a similar sense of independence and supported each other’s causes. Inspired by Earhart’s example, Roosevelt wanted to obtain a pilot’s license, although her husband rejected the idea. Earhart was a frequent visitor to the White House and was likewise influenced by Roosevelt. She supported the first lady’s efforts to improve the lives of working women and joined her campaign to promote world peace.
Date Created/Published: [1935]
Medium: 1 negative : glass ; 4 x 5 in. or smaller
Reproduction Number: LC-DIG-hec-47081 (digital file from original negative)
National Portrait Gallery, Smithsonian Institution; gift of George R. Rinhart, in memory of Joan Rinhart
写真はSmithsonian,National Portrait Gallery ONE LIFE: Amelia Earhart引用。


1932年5月20日に女性飛行士としてアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)初めてロッキード・ベガに単身搭乗、自ら全行程を操縦して大西洋を横断したが、1935年に「大西洋・太平洋飛行制覇」(大西洋・太平洋横断世界一周飛行)の企画が立ち上がり、アメリカ地理学会の企画を官民学で支援することになった。これは、赤道付近で世界一周飛行を目指すもので、無着陸では不可能だったが、大陸・島嶼を経由し、十分な補給・支援を併用すれば、アメリアにも十分に成算ある計画だった。民主党フランクリン・ルーズベルト大統領婦人ファーストレディのエレノア・ルーズベルトEleanor Roosevelt:1884‐1962)もリベラルで女性の社会進出を促す必要性を痛感しており、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)のようなジェンダーフリーの活動を高く評価していた。そこで、二人は、本格的に「大西洋・太平洋飛行制覇」(大西洋・太平洋横断世界一周飛行)の実現に向けて動き出した。

ニューヨークの出版実業一家に生まれた資産家ジョージ・パットナム(George Palmer Putnam:1887-1950)は、、極地探検にも自ら参加しており、1928年、大西洋横断飛行をアメリア・イヤハート(Amelia Mary Earhart)に持ち掛けたのが縁となって、1931年に彼女と再婚した。その後、ジョージ・パットナム(George Palmer Putnam)は、アメリアを妻とした後も、彼女をメディアで喧伝した。その企図は、
1)大西洋横断飛行で有名なアメリアを冒険飛行に引き続き参加させて、夫としての力量を見せる、
2)アメリアの出版・記事・写真を使って、自らの出版業を興隆させる、
3)アメリアをブランドとして、衣料・バッグなど女性用商品を開発し、その広告収入を得て、自らの出版業界に寄与させる、
という3点が考えられる。

ジョージ・パットナム(George Palmer Putnam)は、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)の冒険への熱情や飛行機操縦の体験生かそうと、世界一周赤道飛行を計画した。これには山岳の協力も不可欠で、大学より最新鋭機のロッキード・エレクトラを寄贈してもらうこともできた。大西洋横断飛行についで、世界異臭赤道飛行も、アメリアに惚れこんだ夫パットナムの企画といってよいであろう。

写真(右)1936年、アメリカ、愛機ロッキード・エレクトラの機首に納まったアメリア・イヤハート(Amelia Earhart):機首には2個の探照灯が装備されるが、その後ではこのように機首に潜り込むことはできないであろう。情報にはコックピットのガラス風防が見えている。
Amelia Earhart with the Lockheed Electra Unidentified photographer for Acme Newspictures, Inc. Gelatin silver print, 1936
Earhart sits in the unfinished engine casing of the Lockheed Electra in this photograph. With its two engines and state-of-the-art communications equipment, the Electra was one of the most advanced aircrafts ever built. During this period, she also recruited two experienced navigators, Harry Manning and Fred Noonan, to accompany her on an around-the-world flight. On March 17, 1937, they took off from Oakland, heading to Hawaii. This attempt at circumnavigating the globe was abandoned soonafter when Earhart lost control of the plane during a take-off from Honolulu. The damaged Electra had to be shipped back to California for repairs, and the much-anticipated trip was suddenly in jeopardy. Despite this accident, Earhart was determined to try once again. After the Electra was repaired, she replotted her course, this time deciding to travel from west to east. On June 1, 1937, Earhart and Noonan left from Miami, although in their haste they left behind some crucial communications equipment. Over the next thirty days, they traveled nearly 22,000 miles. Rather than completing the hardest and most dangerous segment early in their trip, their new route meant that their passage over the Pacific was to be completed at the very end. On July 2, they left Lae, New Guinea, headed toward Howland Island, a small strip of land in the middle of the South Pacific more than 2,500 miles away.
写真はSmithsonian,National Portrait Gallery ONE LIFE: Amelia Earhart引用。


アメリア・イアハート(Amelia Earhart)は、1936年7月24日の39歳の誕生日に、ロッキード・エレクトラ10ELockheed 10E Electra Special)登録コードNR16020を受け取り、登録コードNR16020の愛機を使って、世界一周赤道飛行を計画した。長距離の危険な飛行のため、機体には燃料タンクを増設し、新型の無線航法装置を導入した。また、単独飛行は困難なので、航法士・副操縦士フレデリック・フレッド・ヌーナン(Frederick Joseph "Fred" Noonan:1893-1937)が搭乗員として加わった。

西回り世界一周を目指すアメリアは、他の3人の搭乗員とともに1937年3月17日にロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード;NR16020)でカリフォルニア州オークランドを離陸し、ハワイのホノルルに着地した。しかし、ホノルルで故障したために、アメリカ本土に船で戻った。そして、機体を修理してから、今度は東回り世界一周を企図し、1397年7月1日にオークランドを飛び立った。


1937年3月18日、アメリカ、インディアナ州Purdue Exponentの記事:1937年3月19日にカリフォルニア州オークランドからハワイのホノルルへ出発するアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)愛機ロッキード・エレクトラ(Lockheed Electra)10E(登録コード:NR16020)による第1回目の西回りの世界一周赤道飛行の予定経路図
:Purdue Exponent, March 18, 1937.
Remembering Amelia Earhart’s Round-the-World Flight: The 80th Anniversary of Her “Shining Adventure” (Part 2 of 2)
記事は,Memoirs & Memories・Tales From Purdue University Archives and Special Collections引用。


写真(右)1937年、愛機ロッキード・エレクトラLockheed L-10 Electra)(登録コード:NR16020)の機首の上でポーズをとったアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)と二人の女性:エレクトラ機首先端には、夜間着陸に使用するためか照明塔が2個ついている。プロペラは2翅であるが、その後、エンジン出力が増加し、プロペラ長が長くなると、3翅プロペラが導入されるようになった。機体は、塗装を施さず、銀色の無地のアルミ合金外板が輝いている。1932年アメリア・イアハートはベガで女性初の大西洋単独横断飛行に成功した。
Earhart , Amelia Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00184引用。


アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)のロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード;NR16020)による第1回目の世界一周赤道飛行は、カリフォルニア州オークランド発、ハワイ諸島オアフ島ホノルル、アメリカ領ホーランド島(Howland Island)、ニューギニア(オーストラリア信託統治領)ラエ(Lae)、オーストラリア北端ダーウィン、オランダ領バタビア、イギリス領シンガポール、イギリス領ビルマのラングーン、イギリス領インドのアラーハーバード(Allahabad)、インド(パキスタン)のカラチ(karach)、アラビア半島南部アデン(Aden)、イギリス領スーダンのハルツーム(Khartoum)、フランス領チャドのフォール・ラミ(Fort-Lamy)、フランス領ニジェールのニアメー(Niamey)、フランス領ダカール(Dakar)、ブラジルのナタール(Natal)、ブラジルのセアラー州フォートレーザ(Fortaleza)、ベレン(Belem)、トリニダード島ポートオブスペイン(Port of Spain)、パナマ(Panama)、グアテマラシティー、メキシコシティー、ロスアンゼルス、オークランド帰着の経路を予定していた。

写真(右)1937年、愛機ロッキード・エレクトラLockheed L-10 Electra)(登録コード:NR16020)機首の上でポーズをとったアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)と10人の笑顔の女性たち:1937年3月17日、アメリア・イアハートは、航法士・副操縦士フレデリック・フレッド・ヌーナン(Frederick Joseph "Fred" Noonan:1893-1937) とともに、カリフォルニア州オークランドを離陸し、ハワイに着陸した。しかし、翌日、ハワイ離陸の時に滑走路で事故を起こして機体が大きく損傷した。こうして、第一回目の世界一周赤道飛行は失敗に終わる。
Earhart , Amelia Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00121引用。



写真(右)1937年、アメリカ、カリフォルニア州オークランド飛行場、赤道上の世界一周飛行に出発前、愛機ロッキード 10 E エレクトラ(Lockheed Model 10 Electra:登録コード:NR16020)の尾翼でポーズをとる女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)
:双尾翼式で、垂直尾翼には流れ星を配したロッキード社のマークが描かれていて、方向舵にはNR 19820という登録コードが記入されている。垂直尾翼の下方前縁、垂直尾翼の前縁は、濃いオレンジ色で塗装されている様だ。垂直尾翼上端には、胴体の無線機に接続するアンテナ線が絶縁体を付けて張られているのが分かる。
Amelia Earhart in informal pose, seated on horizontal stabilizer of her Lockheed Model 10-E Electra (r/n NR16020).photographer.Unknown Subject Earhart, Amelia 1897-1937 Date Circa 1937
写真はNational Air and Space Museum Archives ・Local number NASM-00157854引用。

通常型ロッキード・エレクトラ(Lockheed Electra)10E(Lockheed Model 10E Electra )の諸元
空虚重量(Empty Weight): 6,454 ポンド(pounds)
全長(Length): 38 feet, 7 inches
全高(Height): 10 feet, 1 inch
発動機:プラット・アンド・ホイットニー(Pratt & Whitney)R-1340「ワスプ」Wasp SH31空冷星形9気筒エンジン600馬力2基
巡航速力(Cruise speed): 時速190-194マイル(mph)
最高速力(Max Speed): 時速202マイル(mph)
航続距離(Range): 619 マイル(nautical miles)
実用上昇限度(Service Ceiling): 19,400 feet


写真(右)1937年、アメリカ、カリフォルニア州オークランド飛行場、赤道上の世界一周飛行に出発前、愛機ロッキード 10 エレクトラ(Lockheed Model 10 Electra:登録コード:NR16020)胴体上部に新設したベンディックス(Bendix)無線方位装置(radio direction finder)のループアンテナをかざしている、女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)
:これからハワイ諸島オアフ島のホノルルに飛行する。胴体には燃料タンクが増設されており、機内にコックピット出入口はなかった。そこで、コックピットの天井に設置された昇降口が出入り口となっており、コックピットには、胴体上部まで主翼を使って上る必要があった。
Amelia Earhart looking through Bendix Corporation radio direction finder antenna ring used on her Lockheed 10E Electra. photographer.Unknown Subject Earhart, Amelia 1897-1937
写真はNational Air and Space Museum Archives ・Local number NASM-00157854引用。

アメリア・イアハート(Amelia Earhart)の愛機Lockheed ロッキード・エレクトラ10ELockheed 10E Electra Special)登録コードNR16020の特別仕様
1)燃料タンクを主翼と胴体に増設、追加し、主翼に6個、胴体に6個の燃料タンクを装備。合計燃料容積は 1,150ガロン(4,353L)に増加し、巡航速力で20時間以上飛行可能になった。ただし、コックピットには、胴体に燃料タンクを増設したために、胴体後部の扉からは入れなくなり、主翼の上から機首のコックピット上の天蓋にもぼって入らなければならない。

2)遠距離飛行のため、通信・航法危機を改良し、より強力なウエスタン・エレクトリック(Western Electric)のより強力な無線機(radio)を搭載、当時の先端技術を使ったベンディックス(Bendix)無線方位装置(radio direction finder)、弱いモールス信号( Morse code)でも検出可能な振幅発振回路(Beat Frequency Oscillator:BFO)を搭載した。


写真(上)1937年3月12日、アメリカ西部、カリフォルニア州オークランド飛行場、赤道上世界一周飛行に向かう直前のアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(amelia earhart)と搭乗機のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)
:アメリアは、第2回目の世界一周飛行に発進し、オークランドから東進し、マイアミ経由で、ブラジル、アフリカ、パキスタン、ビルマ、ジャワを経由して、ニューギニア東部のラエに到着した、しかし、1937年7月2日、ラエを離陸し、ハワイ方面に飛行する最中に行方不明になった。
amelia earhart pictionid69129043 - title--amelia earhart - catalog02e-00504 - filename--amelia earhart--Please tag these photos so information can be recorded.---Note: This material may be protected by Copyright Law (Title 17 U.S.C.)--Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はflickr,SDASM Archives ・catalog:02e-00504 引用。



写真(上)1937年3月12日、アメリカ西部、カリフォルニア州オークランド飛行場、無塗装の愛機ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)前のアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)
:エレクトラは、旅客輸送用でないので窓ガラスは、コックピットのほか胴体後方に1か所見えるだけで胴体の空気抵抗は極限されている。双尾翼式で、尾輪は橇式ではなく、タイヤ式となっている。アメリアは、1927年のリンドバーク同様、1932年アメリア・イアハートはベガで女性初の大西洋単独横断飛行に成功した。
Earhart , Amelia Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00040引用。



写真(右)1937年3月12日、アメリカ西部、カリフォルニア州オークランド飛行場、愛機ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NR16020)の機首に腰かけてポーズをとったアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)
:エレクトラ機首先端には、夜間着陸に使用するためか照明塔が2個ついている。プロペラは2翅であるが、その後、エンジン出力が増加し、プロペラ長が長くなると、3翅プロペラが導入されるようになった。機体は、塗装を施さず、銀色の無地のアルミ合金外板が輝いている。1932年アメリア・イアハートはベガで女性初の大西洋単独横断飛行に成功した。
Earhart , Amelia Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00047引用。


写真(右)1937年3月12日、アメリカ西部、カリフォルニア州オークランド飛行場、ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)で赤道上の世界一周飛行に出発する直前、機首でポーズをとる女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart):胴体には燃料タンクが増設されており、機内にコックピット出入口はなかった。そこで、コックピットの天井に設置された昇降口が出入り口となっており、コックピットには、胴体上部まで主翼を使って上る必要があった。この機の搭乗者は、アメリア以外に副操縦士・航法士フレッド・ヌーナン(Fred Noonan)機関士ハリー・マニング(Harry Manning)の3人,合計4人で3月17日にハワイ諸島オアフ島ホノルルに向かった。
Old Identification Number Number vii.g.4.e Purdue Identification Number b10f8i19 Title Amelia Earhart sitting on nose of Lockheed Electra Description Amelia Earhart sitting on the nose of her Lockheed Electra plane, ca. March 12, 1937 Date of Original 1937-03-12 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Lockheed Electra Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : sepia ; 20 x 25 cm. Orientation Landscape Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections ・CD Number AECD_160 引用。


写真(上)1937年3月13日、アメリカ、カリフォルニア州オークランド飛行場、赤道上の世界一周飛行に出発する直前のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)の離陸
:これから4日後の1937年3月17日ハワイ諸島オアフ島のホノルルに出発する。胴体コックピット上部に、ループアンテナが装備されているが、これは方向探知用のベンディックス(Bendix)無線方位装置(radio direction finder)である。
VII.G.12.a Purdue Identification Number b10f7i13 Title Takeoff test hop of Earhart's Lockheed Electra Description The takeoff test hop of Earhart’s Lockheed Electra plane from the Oakland Airport in California, March 13, 1937. This was the last test-hop of the flight before heading out over the Pacific. Date of Original 1937-03-13 Subjects Lockheed Electra Arrivals & departures Flight testing Oakland (Calif.) California Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : b&w ; 19 x 24 cm. Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers Rights Statement Rights held by Purdue University Libraries Repository Purdue University Libraries, Archives and Special Collections Date Digitized 01/15/2003
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections ・CD Number AECD_110 引用。

写真(右)1937年3月18日、アメリカ、カリフォルニア州オークランド飛行場、ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)で赤道上の世界一周飛行に出発する直前の記者会見で撮影を受けている搭乗者の機関士ポール・マッツ(Paul Mantz)、女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)、機関士ハリー・マニング(Harry Manning),副操縦士・航法士フレッド・ヌーナン(Fred Noonan) :これからハワイ諸島オアフ島のホノルルに飛行する。胴体には燃料タンクが増設されており、機内にコックピット出入口はなかった。そこで、コックピットの天井に設置された昇降口が出入り口となっており、コックピットには、胴体上部まで主翼を使って上る必要があった。
Old Identification Number VII.G.11.b Purdue Identification Number b10f7i12 Title Paul Mantz, Amelia Earhart, Harry Manning, and Fred Noonan Description Paul Mantz, Amelia Earhart, Harry Manning, and Fred Noonan being photographed in front of Earhart’s plane, Oakland Airport [?], California, ca. March 17, 1937 [2 original photographs] Date of Original 1937-03-17 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Mantz, Paul Manning, Harry Noonan, Frederick J., d. 1937 Airplanes California Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : b&w ; 19 x 24 cm. Orientation Landscape Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections ・CD Number AECD_110 引用。


写真(上)1937年3月18日、アメリカ、カリフォルニア州オークランド飛行場、赤道上の世界一周飛行に出発する直前の搭乗する機関士ポール・マッツ(Paul Mantz)、女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)、機関士ハリー・マニング(Harry Manning),副操縦士・航法士フレッド・ヌーナン(Fred Noonan)、後方は愛機ロッキード 10 エレクトラ(Lockheed Model 10 Electra:登録コード:NR16020)
:これからハワイ諸島オアフ島のホノルルに飛行する。胴体には燃料タンクが増設されており、機内にコックピット出入口はなかった。そこで、コックピットの天井に設置された昇降口が出入り口となっており、コックピットには、胴体上部まで主翼を使って上る必要があった。
Left to right: Paul Mantz, Amelia Earhart, Harry Manning, and Fred Noonan posed in front of Earhart's Lockheed 10E Electra (A/C No. NR16020) prior to taking off from Oakland, California, for Honolulu, Hawaii, March 18, 1937. Original print autographed by Earhart, Manning, and Noonan.Unknown Subject Earhart, Amelia 1897-1937 Date 3/18/1937
写真はNational Air and Space Museum Archives ・Local number NASM-157896引用。


写真(上)1937年3月19日(?)、アメリカ、ハワイ、アメリカ海軍真珠湾基地内フォード島(Ford Island)の格納庫で機体整備中のアメリア・イアハートのロッキード・エレクトラ(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード;NR16020)
:主翼の前にエンジンカウリング(ナセル)が外されて置いてある。
Right side view, from above, of Amelia Earhart's Lockheed Model 10-E Electra (NR16020) in a hangar undergoing maintenance in Hawaii during her first unsuccessful attempt at a round-the-world flight, March 1937.
Data Source National Air and Space Museum Archives
写真は,National Air and Space Museum Archives Local number NASM-9A12155引用。


アメリア・イアハート(Amelia Earhart)は、世界一周赤道飛行に再挑戦するために、1937年3月17日にアメリカ、カリフォルニア州バーバンク(Burbank)飛行場から、特別仕様ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed 10E Electra Special:NR16020)に搭乗し、発進した。このときも、専属カメラマンとなっていたアルバート・ブレスニック(Albert Bresnik)が写真撮影している。

アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)愛機ロッキード・エレクトラ10ELockheed 10E Electra Special)登録コードNR16020の機首先端には、夜間着陸に使用するためか照明塔が2個ついている。プロペラは2翅であるが、その後、エンジン出力が増加し、プロペラ長が長くなると、3翅プロペラが導入されるようになった。機体は、塗装を施さず、銀色の無地のアルミ合金外板が輝いている。

写真(右)1937年3月19日以降(?)、ハワイ、オアフ島真珠湾のアメリカ海軍基地内フォード島(Ford Island)ルーク飛行場(Luke Field)で離陸滑走中に、大破したアメリア・イアハートのロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)と折れ曲がった金属製2翅プロペラ:機首コックピット脇にはアメリア・イアハートがいてコックピットの天蓋から上半身を出した男性と話している。
Earhart , Amelia Catalog #: BIOE00119
Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits
Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00119引用。


1937年3月17日のロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード;NR16020)による第1回目の世界一周赤道飛行は、カリフォルニア州オークランド発、ハワイ諸島オアフ島ホノルルに到着したところで離陸に失敗、飛行機が大破して中止となった。

次は、第二回目のロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード;NR16020)による挑戦で、飛行経路は、第一回目と反対にアメリカ本土カリフォルニア州オークランドからフロリダ州マイアミ経由で、中南米、アフリカへと東回りの世界一周赤道飛行の計画である。

アメリア・イアハートと航法士・副操縦士フレデリック・フレッド・ヌーナン(Frederick Joseph "Fred" Noonan)の搭乗したロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード;NR16020)は、ハワイのホノルル、ウィーラー飛行場(Wheeler Field)に着陸した時に、潤滑油や降着装置に問題が起きたために、真珠湾のアメリカ海軍基地内フォード島(Ford Island)ルーク飛行場(Luke Field)に運ばれ、格納庫の中で整備を受けた。整備には時間がかかり、予定より3日間遅れて、整備がなり、ルーク飛行場(Luke Field)を離陸しようとした。しかし、ルーク飛行場(Luke Field)滑走路で、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)愛機愛機ロッキード・エレクトラ10ELockheed 10E Electra Special)登録コードNR16020のは、グラウンドループ(滑走中のスピン)を起こし、機体・降着装置を大きく破損した。

写真(右)1937年3月19日以降(?)、ハワイ諸島オアフ島真珠湾フォード島ルーク飛行場(Luke Field)で離陸に失敗したアメリア・イアハートのロッキード・エレクトラ(Lockheed L-10 Electra:登録コード;NR16020) :離陸したが、直ぐにグラウンドループ(滑走中のスピン)をおこしてしまい、降着装置を破損した。未舗装地でも離着陸時の安定性を確保できるように、主輪のゴムタイヤの幅は大きめである。機体はジェラルミンの輝くままの無塗装のままで、空気抵抗が少ないために、飛行性能は向上する。その一方で、砂塵や潮風による損傷・腐食が進みやすく、手入れを入念にしなければならなくなる。
Earhart , Amelia Catalog #:BIOE00189
Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits
Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00189引用。


アメリア・イアハートの特別仕様ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed 10E Electra Special:NR16020)は、世界一周赤道飛行を成し遂げようと、1937年3月17日にカリフォルニア州オークランド(Oakland)飛行場を飛び立って、ハワイ諸島オアフ島ウィーラー飛行場(Wheeler Field)の飛行機に着地した。しかし、潤滑油や降着装置が不調となったために、修理が必要だったが、ウィーラー飛行場(Wheeler Field)の施設は不十分だったために、アメリアと航法士・副操縦士フレデリック・フレッド・ヌーナン(Frederick "Fred" Noonan)は、アメリカ海軍航空隊の真珠湾内フォード島(Ford Island)ルーク飛行場(Luke Field)の格納庫で機体を整備することにした。

写真(右)1937年3月19日以降(?)、ハワイ、オアフ島真珠湾のアメリカ海軍基地内フォード島(Ford Island)ルーク飛行場(Luke Field)で離陸滑走中に、グランドループを起こし大破したアメリア・イアハートのロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)。降着装置を損傷し、金属製2翅プロペラも大破してしまった。:機体はジェラルミンの輝くままの無塗装のままで、空気抵抗が少ないために、飛行性能は向上する。その一方で、砂塵や潮風による損傷・腐食が進みやすく、手入れを入念にしなければならなくなる。エンジンカウリングは、まだ外されておらず、不時着時のまま。右発動機は、着陸の衝撃で、付け根部から下り曲がってしまっている。
Earhart , Amelia Catalog #:BIOE00164
Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits
Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00164引用。


アメリアと航法士フレデリック・フレッド・ヌーナン(Frederick "Fred" Noonan)が修理した特別仕様ロッキード・エレクトラ10ELockheed 10E Electra Special)は、当初の飛行予定を3日遅れで、ホーランド島(Howland Island)を目指して、オアフ島真珠湾フォード島ルーク飛行場(Luke Field)を滑走し始めた。しかし、ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed 10E Electra Special:NR16020)は、ルーク飛行場滑走路の走行中に、主輪がパンクしたためか、グランドループ(滑走中のスピン)に陥ってしまい、降着装置が折れて、プロペラや機体下部が損傷したため、プラット・アンド・ホイットニーPratt & Whitney)R-1340「ワスプ」空冷エンジンにも悪影響があったであろう。

写真(右)1937年、アメリカ、ハワイ、オアフ島真珠湾のアメリカ海軍基地内フォード島(Ford Island)ルーク飛行場(Luke Field)から離陸する際に、グラウンドループ(滑走中のスピン)によって、降着装置を損傷し、離陸できなくなったアメリア・イアハートのロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)を後方から撮影:双尾翼式で、右主翼上面に登録コード:NR16020の一部が見える。エンジン・カウリングはついている状態。
Earhart , Amelia Catalog #: BIOE00156
Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits
Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00156引用。


大破したアメリア・イアハートの特別仕様ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed 10E Electra Special:NR16020)を修理するのは、現地では困難であり、これからの孤島への飛行は、無線・航法の正確さやプラット・アンド・ホイットニーPratt & Whitney)「ワスプ」空冷星形エンジンの信頼性がなおさら求められる危険な経路であった。そこで、大破したロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード;NR16020)による世界一周赤道飛行はリスクが高いと判断され、計画は一時断念することになった。そしてし、大破した機体を、アメリカ本土にまで船舶輸送し、ロッキード・バーバンク(Lockheed Burbank)工場で、本格的に修理して、出直すことにしたのである。

写真(右)アメリカハワイ諸島オアフ島、アメリカ海軍真珠湾基地、フォード島(Ford Island)ルーク飛行場(Luke Field)の離陸途上、滑走路でグラウンドループ(滑走中のスピン)を起こし降着装置を破損、機体を損傷したアメリア・イアハートのロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード;NR16020)と折れ曲がった金属製2翅プロペラ:エンジン・カウリングは外されていて、エンジンがむき出しになっているが、これからエンジンを取り外し回収するのであろうか。
Earhart , Amelia Catalog #: BIOE00049
Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits
Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00158引用。


アメリア愛機の特別仕様ロッキード・エレクトラ10ELockheed 10E Electra Special:NR16020)は、ハワイ諸島オアフ島ホノルル、ウィーラー飛行場(Wheeler Field)に着陸したが、潤滑油と降着装置の不調から、予定を変更して、真珠湾のアメリカ海軍基地で修理を行った。アメリアとヌーナンが修理したロッキード・エレクトラ(Lockheed L-10 Electra:登録コード;NR16020)は、当初の飛行予定を3日遅れで、ホーランド島(Howland Island)を目指して、オアフ島真珠湾フォード島ルーク飛行場(Luke Field)を滑走し始めた。しかし、ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NR16020)は、ルーク飛行場から離陸する最中に、主輪パンクのためか、グランドループ(滑走中のスピン)に陥ってしまい、降着装置が折れて、プロペラや機体下部が大きく損傷した。

アメリアとヌーナンは、十分な整備がないまま、離島航路を飛ぶ危険を避けるために、特別仕様ロッキード・エレクトラ10ELockheed 10E Electra Special)をアメリカ本土のロッキード工場に船便で送って、完全に修理をしてから、世界一周赤道飛行を出直すことを決断した。


写真(上)1937年3月19日、アメリカハワイ諸島オアフ島、アメリカ海軍真珠湾基地、フォード島(Ford Island)ルーク飛行場(Luke Field)の離陸途上、滑走路でグラウンドループ(滑走中のスピン)を起こし降着装置を破損、機体を損傷したアメリア・イアハートのロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)の燃料抜き取り作業
:エンジン・カウリングもプロペラも外されていた状態で、エンジンナセルから出た降着装置の主輪が、破損したままむき出しになっている。燃料が残っているのか、火事を予防しようと、左側には消火器2本が準備されている。 Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits
Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真は,National Air and Space Museum ArchivesLocal number NASM-9A12156およびflickr、SDASM Archives・Catalog #: BIOE00165引用。


アメリア・イアハートは、世界一周赤道飛行を成し遂げようと、1937年3月17日にロッキード・エレクトラ10E(Lockheed 10E Electra Special:NR16020)に搭乗、カリフォルニア州オークランド(Oakland)飛行場を飛び立って、ハワイ諸島オアフ島ウィーラー飛行場(Wheeler Field)に着地した。ここで、機体が不調になり、修理が必要になったが、ウィーラー飛行場(Wheeler Field)の施設は不十分だったために、アメリカ海軍航空隊の真珠湾内フォード島(Ford Island)ルーク飛行場(Luke Field)で機体を修理することになった。オアフ島真珠湾フォード島ルーク飛行場(Luke Field)で、アメリアやヌーナンが、アメリカ海軍の協力を受けて、ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NR16020)の修理に当たったのである。

損傷したロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード;NR16020)は、飛行予定を3日遅れで、西方海上のホーランド島(Howland Island)を目指して、オアフ島真珠湾フォード島ルーク飛行場(Luke Field)から離陸を滑走を開始した。滑走路での走行中、主輪がパンクしたためか、グランドループ(滑走中のスピン)が発生し、プロペラも機体下部も大破した。グラウンドループ(滑走中のスピン)に入ってしまい、降着装置が折れて破損し、機体もプラット・アンド・ホイットニーPratt & Whitney)「ワスプ」空冷星形エンジンも損傷してしまったのである。

写真(右)1937年、アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス・バーバンク(Burbank)、ロッキード(Lockheed)飛行機工場、ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)を分解点検をしている技術者と話を交わす女性飛行家アメリア・イアハート(Amelia Earhart):主翼を根元から切り離して検査している。機体は、尾部を持ち上げて機体を水平に保ったいる。コックピットは、ガラス風防に囲まれているが、横の窓ガラスは開閉式となっている。ハワイ諸島オアフ島ホノルル、真珠湾内フォード島(Ford Island)ルーク飛行場(Luke Field)で大破した機体は、船でアメリカ本土のロッキード・バーバンク(Lockheed Burbank)工場に運ばれた。
Earhart , Amelia Catalog #: BIOE00041 Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00041引用。


離陸する際に、滑走路で機体がグラウンドループしてしまい、降着装置が折れて、機体、プラット・アンド・ホイットニーPratt & Whitney)R-1340「ワスプ」空冷エンジン周辺が損傷したロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NR16020)は、大規模な修理・整備が必要になったが、もはやハワイの現地では修復は困難であり、これからの孤島への飛行は、無線・航法の正確さが求められる危険なものであった。そこで、損傷したロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード;NR16020)によるリスクを冒しての世界一周飛行を一時断念し、損傷した機体を、船に積んでアメリカ本土に航送、ロッキード・バーバンク(Lockheed Burbank)工場で、本格的に修理する事になった。

写真(右)1937年、アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス・バーバンク(Burbank)、ロッキード(Lockheed)飛行機工場で整備中の愛機ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)のコックピットから乗り出しているアメリア・イアハート(Amelia Earhart):手にしているのは、後方に使用する地図のようだ。エレクトラの機体外板には鋲が打たれているのが明瞭にわかる。尾部を持ち上げて機体を水平に保っている。コックピットは、ガラス風防に囲まれているが、横の窓ガラスは開閉式で、側方上部の展望所の蓋も開くようになっている。アメリアは、1927年のリンドバーク同様、1932年アメリア・イアハートはベガで女性初の大西洋単独横断飛行に成功した。
Earhart , Amelia Catalog #: BIOE00046 Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00046引用。


1932年、ロッキード・ベガ単発機で女性初の大西洋単独横断飛行に成功したアメリア・イアハートは、世界一周赤道飛行をするにあたって、ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed 10E Electra Special:NR16020)を選択したが、これはロッキード社の意向と便宜を受けての事であろう。したがって、初めての世界一周赤道飛行の挑戦で、ハワイで機体を損傷したからといって、ロッキードの名誉にかけて、途中退場は許されない。再挑戦は、当然の帰結だった。

⇒写真集Album:アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)ロッキード 10 エレクトラ(Lockheed Model 10 Electra)による世界一周赤道飛行と太平洋上の失踪事件 を見る。


7.1937年アメリアのロッキード 10-E「エレクトラ」(Electra)の第2回世界一周飛行

ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)は、搭乗員2名、乗客12名、プラット・アンド・ホイットニーPratt & Whitney)「ワスプ」空冷星形エンジン2基を搭載の双発高速旅客機であり、機体の客席部分に燃料タンクを増設し、長距離飛行を可能にしたのが、女性飛行家アメリア・イアハート(Amelia Earhart)の愛機ロッキード・エレクトラ(Lockheed L-10 Electra)(登録コード:NR16020)である。

写真(右)1937年、滑走路脇の未舗装駐機場に置かれた愛機ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NR16020)の正面で両腕を広げて左右の2翅プロペラと手をつないだアメリア・イアハート(Amelia Earhart):機首先端下面には、離着陸に使用する照明灯2個が装着されている。未舗装地でも離着陸時の安定性を確保できるように、主輪のゴムタイヤの幅は大きめである。機体はジェラルミンの輝くままの無塗装のままで、空気抵抗が少ないために、飛行性能は向上する。その一方で、砂塵や潮風による損傷・腐食が進みやすく、手入れを入念にしなければならなくなる。
Earhart , Amelia Catalog #: BIOE00049
Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits
Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00049引用。


1937年4月頃、ニューヨークHerald Tribune記事:1937年、愛機ロッキード・エレクトラ(Lockheed Electra)10E(登録コード:NR16020)の機首の前でポーズをとったアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)を配した第二回目の挑戦となるアメリカ本土カリフォルニア州オークランドからハワイへと西回りの世界一周赤道飛行の予定経路図: プロペラは2翅であるが、その後、エンジン出力が増加し、プロペラ長が長くなると、3翅プロペラが導入されるようになった。
Earhart , Amelia Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00185引用。


アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)のロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NR16020)による1937年3月17日の第1回目の世界一周赤道飛行は、ハワイに到着したところで離陸に失敗、飛行機が大破して中止となった。これは、第二回目の挑戦で、飛行経路は、第一回目と反対にアメリカ本土カリフォルニア州オークランドからフロリダ州マイアミ経由で、中南米、アフリカへと東回りの世界一周赤道飛行の計画である。

写真(右)1937年、滑走路上で、赤道一周旅行のために愛機ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)に荷物を積み込む準備をしている女性飛行家アメリア・イアハート(Amelia Earhart):手にしているのは、工具入れの金属ボックスのようで、手前には四角の缶容器が2個並んでいる。後方に使用する地図のようだ。エレクトラの機体外板には鋲が打たれているのが明瞭にわかる。尾部を持ち上げて機体を水平に保ったいる。コックピットは、ガラス風防に囲まれているが、横の窓ガラスは開閉式で、側方上部の展望所の蓋も開くようになっている。アメリアは、1927年のリンドバーク同様、1932年アメリア・イアハートはベガで女性初の大西洋単独横断飛行に成功した。
Earhart , Amelia Catalog #: BIOE00061 Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00061引用。


1937年5月21日、女性飛行家は、愛機ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NR16020)に搭乗し、航法士フレデリック・ヌーナン(Noonan)とともに、赤道上世界一周飛行に向かって、アメリカ西岸、カリフォルニア州オークランドを飛び立った。ルートは、オークランドからマイアミに飛び、そこから中米、南アメリカを経て、大西洋を越えてアフリカ大陸に渡った。

アフリカから、インド洋を超えて、1937年6月29日、ニューギニア島東北部海岸ラエ(Lae)に到着した。ニューギニア東部は、当時、オーストラリア委任統治領だった。ここまでの飛行距離は、2万2000マイルで、世界一周赤道飛行の完遂まで残すところ7000マイルだった。

写真(右)1937年、愛機ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NR16020)の左エンジンとそのナセルから出ている降着装置・主輪を技師とともに点検する女性飛行家アメリア・イアハート(Amelia Earhart):複座式の操縦席には、正・副パイロット(操縦士)が座るが、長距離海上飛行には、エンジンなど機械の調整、波・気流を観察しての推測航法、地上基地や滝との無線交信の交信・周波数の調整、天候観測・予測など多様な任務をこなさなければならない。これを搭乗員2人でこなすには、大きな困難が伴う。
Earhart , Amelia Catalog #: BIOE00039 Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00039引用。


当時、ニューギニア島はラエLae)のある東部はオールトラリア委任統治領、西部はオランダ領だった。次の目的地は、南太平洋の南洋諸島で、ここは日本の委任統治領だったが、無人島のハウランド島(Howland)だけはアメリカ領だった。そこで、アメリカは、アメリア・イアハートを支援する目的で、無人島のハウランド島にアメリカ沿岸警備隊(U.S. Coast Guard)巡視船「アイタスカ」(Itasca)を派遣している。

 巡視船「アイタスカ」(Itasca)は、1929年11月竣工、1930年7月就役、排水量2,108 t、全長76 m、GE社の3,350馬力(2,500 kW)タービン、巡行速力 14.8ノット、最高速力17.5ノット、乗員 97人、5インチ単装砲1門、爆雷投下装置2条の新鋭艦だった。

写真(右)1937年、愛機ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NR16020)のコックピット(操縦席)のメインの操縦士席(左側)に納まった革製飛行ジャケットを着たアメリア・イアハート(Amelia Earhart):複座式の操縦席は、左が主操縦士・右が副操縦士でともに半円形扇型の操縦桿が見える。
Title: An outstanding picture of 1937 - tragedy Creator(s): Acme Newspictures (New York, N.Y.), Date Created/Published: 1937 Dec. 15 [from a photograph taken earlier] Medium: 1 photographic print : gelatin silver. Summary: Photograph showing Amelia Earhart sitting in the cockpit of an Electra airplane. Reproduction Number: LC-DIG-ppmsca-31771
Call Number: NYWTS - BIOG--Earhart, Amelia--Portraits [item] [P&P] Repository: Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540
写真は, Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540 USA Library of Congress Reproduction Number: LC-DIG-ppmsca-31771引用。


写真(右)1937年、愛機ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NR16020)のコックピット(操縦席)のメインの操縦士席(左側)に納まった女性飛行家アメリア・イアハート(Amelia Earhart):複座式の操縦席は、左が主操縦士・右が副操縦士でともに半円形扇型の操縦桿が見える。正面には、大型ガラス風防があり、その上下にメーター器機が配置されている。大量的に並んだメーターは、双発エンジン2基の貝単数・圧力などを示すもので、1基に2個1対が配置されている。エレクトラは、エンジン2基の大型双発機であり、エンジンや機械の調整、航法、無線、天候観測などを考慮すると、搭乗員2人では少なすぎると思われる。
Earhart , Amelia Catalog #: BIOE00037 Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00037引用。


ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra)は、搭乗員2名、乗客12名の双発高速旅客機であり、この機体の客席部分に燃料タンクを増設し、長距離の飛行を可能にしたのが、女性飛行家アメリア・イアハート(Amelia Earhart)愛機ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra)登録コード:NR16020)である。


写真(上)1937年6月2日、南米ベネズエラ、カリピト(Caripito)飛行場、スタンダード石油の格納庫で給油を受けているアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)が愛機ロッキード 10 エレクトラ(Lockheed Model 10 Electra:登録コード:NR16020)
:マイアミから、南米に飛翔し、ブラジルまで行きそこから大西洋を横断してアフリカ大陸に渡った。愛機の垂直尾翼には、登録コード:NR16020が記入されている。右手前には、双発飛行艇が待機している。
Old Identification Number xi.b.5.kk Purdue Identification Number b11f3i26 Title Amelia Earhart's 'flying laboratory' Description Amelia Earhart’s “flying laboratory” (Lockheed Electra) being pushed into Standard Oil Company’s hangar at Caripito Airport, June 2, 1937 Date of Original 1937-06-02 Subjects Lockheed Electra Caripito (Venezuela) Venezuela Hangars Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : b&w ; 18 x 24 cm. Date Digitized 01/16/2006 Resolution 600 ppi Color Depth 24 bit Color Management Monaco EZcolor using an IT8 target CD Number AECD_175
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections ・Purdue Identification Number b11f4i23 AECD_175 引用。


写真(上)1937年6月初旬、アフリカ西部、フランス植民地セネガル(Senegal)、ダカール(Dakar)、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)が愛機ロッキード 10 エレクトラ(Lockheed Model 10 Electra:登録コード:NR16020)で紳士と握手している。
:飛行場を訪問した現地フランス植民地政府の人物の表敬訪問をうけたのかもしれない。愛機の主翼下面には、登録コード:NR16020が大きく記入されている。これは、飛行中に地上から見上げても視認できる大きさである。赤道上の世界一周飛行で、南米から大西洋を横断し、アフリカ大陸に到着した。
Old Identification Number xi.b.6.o Purdue Identification Number b11f3i35 Title Amelia Earhart shaking hands with a French official Description Amelia Earhart shaking hands with a French colonial official next to her Electra plane, Dakar, ca. June 1937 Date of Original 1937-06 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Shaking hands Lockheed Electra Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : b&w ; 18 x 24 cm. Date Digitized 01/10/2006 Color Management Monaco EZcolor using an IT8 target CD Number AECD_176 Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections ・Purdue Identification Number b11f4i23 AECD_176 引用。

写真(右)1937年6月初旬、アフリカ西部、フランス植民地セネガル(Senegal)、ダカール(Dakar)、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)と格納庫の中でエンジン・カウリングを外して整備中の愛機ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020):照明塔を2個も設置したエンジン先端部分がハッチとなり、内部が点検できる構造になっているが、これはドイツのハインケルHe111輸送機と同じである。奥には、セネガルの労働者とがシャツ1枚で立っているのが見える。エンジンからは、集合排気管が1本伸びているのが見える。
Old Identification Number XI.B.6.i Purdue Identification Number b11f3i29 Title Amelia Earhart standing by a propeller of her Electra Description Amelia Earhart standing by a propeller of her Electra plane while it is undergoing maintenance, Dakar, Senegal, ca. 1937 Date of Original 1937 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Dakar (Senegal) Lockheed Electra 06/16/2006 Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : b&w ; 13 x 18 cm . Color Management Monaco EZcolor using an IT8 target CD Number AECD_175 Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections ・Purdue Identification Number b11f4i23 CD Number AECD_181 引用。

写真(右)1937年6月初旬、アフリカ東端、イタリア植民地エリトリア(Eritrea)、マサワ(Massawa)、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)と現地のイタリア軍将兵(短パン)らしい人物が、ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)の前で記念撮影:コックピット上には最新式の方位航法装置ループアンテナがあり、機首には夜間照明2個が設置され、エンジンからは、集合排気管が1本伸びているのが見える。ここからアラビア海を降壇して、インド(パキスタン)のカラチに向かう。
Old Identification Number XI.B.15.f Purdue Identification Number b11f5i81 Title Amelia Earhart standing with five unidentified people Description Amelia Earhart standing with five unidentified people in front of Earhart’s Electra plane, Massawa, Eritrea, ca. June 1937 [small photograph] Date of Original 1937-06 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Lockheed Electra Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : b&w ; 8 x 6 cm. Orientation Portrait Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers Collection Web Site http://www.lib.purdue.edu/aearhart Rights Statement Rights held by Purdue University Libraries Repository Purdue University Libraries, Archives and Special Collections Capture Device Epson Expression 10000XL Photo Scanner Capture Details Silverfast 6.4.1 r8c by Lazersoft Date Digitized 01/10/2006
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections ・AECD_176 Purdue Identification Number b11f5i81 引用。

写真(右)1937年6月初旬、アフリカ東端、イタリア植民地エリトリア(Eritrea)、マサワ(Massawa)、ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)に乗り込むアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)と見送る現地のイタリア軍将兵(短パン)らしい人物:コックピット上には最新式の方位航法装置ループアンテナがあり、機首には夜間照明2個が設置され、エンジンからは、集合排気管が1本伸びているのが見える。ここからアラビア海を降壇して、インド(パキスタン)のカラチに向かう。
Old Identification Number XI.B.15.f Purdue Identification Number Number XI.B.15.g Purdue Identification Number b11f5i82 Title Amelia Earhart entering the cockpit of her plane Description Amelia Earhart entering the cockpit of her plane with four people looking on, Massawa, Eritrea, ca. June 1937 [small photograph] Date of Original 1937-06 Lockheed Electra Extent of Original 1 photograph : b&w ; 8 x 6 cm. Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers Rights Statement Rights held by Purdue University Libraries Repository Purdue University Libraries, Archives and Special Collections Capture Details Silverfast 6.4.1 r8c by Lazersoft Date Digitized 01/10/2006
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections ・AECD_176 Purdue Identification Number b11f5i81 引用。

写真(右)1937年6月16日頃、イギリス植民地インド帝国(パキスタン)、カラチ(Karachi)、格納庫の前で給油運搬車からホースを伸ばして胴体燃料タンクに給油を受けるアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)愛機ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020):作業をしているのは、パキスタンの労働者と防暑帽子を被った現地整備士・搭乗員のようだ。エンジンからは、集合排気管が1本伸びているのが見える。コックピットの側面ガラス風防は、開いている。赤道上の世界一周飛行で、行程の半分を飛翔した。
Old Identification Number Number xi.b.14.n Purdue Identification Number b11f4i24 Title Workers refueling Amelia Earhart’s Lockheed Electra Description Workers refueling Amelia Earhart’s Lockheed Electra plane, Karachi, India, ca. June 1937 Date of Original 1937-06 Subjects Lockheed Electra Karachi (Pakistan) Extent of Original 1 photograph : 1 photograph : b&w ; 10 x 13 cm. Repository Purdue University Libraries, Archives and Special Collections Capture Device Epson Expression 10000XL Photo Scanner Capture Details Silverfast 6.4.1 r8c by Lazersoft Date Digitized 01/29/2006 Orientation Landscape Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections ・Purdue Identification Number b11f4i23 CD Number AECD_181 引用。


写真(上)1937年6月16日頃、イギリス植民地インド帝国(パキスタン)西部、カラチ(Karachi)、格納庫の前で給油運搬車からホースを伸ばして胴体燃料タンクに給油を受けるアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)愛機のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)
:エンジンカウリングを外して、エンジン整備中のようだが、2翅プロペラは装着されたままである。主翼下面に登録コード:NR16020が大きく記入されている。作業をしているのは、パキスタンの労働者と防暑帽子を被った現地整備士・搭乗員のようだ。
Old Identification Number xi.b.14.s Purdue Identification Number b11f4i29 Title Amelia Earhart and Fred Noonan with refueling crew Description Amelia Earhart and Fred Noonan with refueling crew in background, Karachi, India, ca. June 1937 Date of Original 1937-06 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Noonan, Frederick J., d. 1937 Lockheed Electra Karachi (Pakistan) Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : b&w ; 10 x 13 cm. Repository Purdue University Libraries, Archives and Special Collections Date Digitized 01/29/2006 Orientation Landscape Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections ・CD Number AECD_181 引用。


写真(上)1937年6月16日頃、イギリス植民地インド帝国(パキスタン)西部、カラチ(Karachi)、格納庫の前で給油運搬車からホースを伸ばして胴体燃料タンクに給油を受けるアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)愛機のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)
:作業をしているのは、パキスタンの労働者と防暑帽子を被った現地整備士・搭乗員のようだ。エンジンからは、集合排気管が1本伸びているのが見える。コックピットの側面ガラス風防は、開いている。赤道上の世界一周飛行で、行程の半分を飛翔した。
Old Identification Number xi.b.14.o Purdue Identification Number b11f4i25 Title Workers refueling Amelia Earhart’s Lockheed Electra Description Workers refueling Amelia Earhart’s Lockheed Electra plane, Karachi, India, ca. June 1937 Date of Original 1937-06 Subjects Lockheed Electra Karachi (Pakistan) Extent of Original 1 photograph : 1 photograph : b&w ; 10 x 13 cm. Repository Purdue University Libraries, Archives and Special Collections Capture Device Epson Expression 10000XL Photo Scanner Capture Details Silverfast 6.4.1 r8c by Lazersoft Date Digitized 01/29/2006 Orientation Landscape Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections ・CD Number AECD_181 引用。

写真(右)1937年6月16日頃、イギリス植民地インド帝国(パキスタン)西部、カラチ(Karachi)、格納庫の前で給油運搬車からホースを伸ばして胴体燃料タンクに給油を受けるアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)愛機のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020):作業をしているのは、パキスタンの労働者と防暑帽子を被った現地整備士・搭乗員のようだ。エンジンからは、集合排気管が1本伸びているのが見える。コックピットの側面ガラス風防は、開いている。赤道上の世界一周飛行で、行程の半分を飛翔した。
Old Identification Number xi.b.14.m Purdue Identification Number b11f4i23 Title Workers refueling Amelia Earhart’s Lockheed Electra Description Workers refueling Amelia Earhart’s Lockheed Electra plane, Karachi, India, ca. June 1937 Date of Original 1937-06 Subjects Lockheed Electra Karachi (Pakistan) Extent of Original 1 photograph : 1 photograph : b&w ; 10 x 13 cm. Repository Purdue University Libraries, Archives and Special Collections Capture Device Epson Expression 10000XL Photo Scanner Capture Details Silverfast 6.4.1 r8c by Lazersoft Date Digitized 01/29/2006 Orientation Landscape Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections ・Purdue Identification Number b11f4i24 CD Number AECD_181 引用。

1937年5月21日、女性飛行家アメリア・イアハート(Amelia Earhart)は、愛機ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NR16020)に搭乗し、航法士フレデリック・ヌーナン(Frederick J. Noonan )とともに、第二回目の赤道上世界一周飛行に挑戦を始めるために、慣れ親しんだアメリカ西岸カリフォルニア州オークランド(Oakland)を飛び立ち、バーバンク(Burbank)飛行場、アリゾナ州南東ツーソン(Tucson)、ルイジアナ州南岸ニューオーリーンズ(New Orleans)経由して、フロリダ州マイアミ(Miami)飛行場に着いた。ここで、飛行場の民間航空のスタッフの協力を得て、機体整備をした。その整備中、アメリアは、世界一周赤道飛行を再開したことを公表している。

ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NR16020)による世界一周赤道飛行のルートは、カリフォルニア州オークランドから、フロリダ州マイアミに到着時点に大々的に公開され、マイアミからメキシコ湾を超えて、中米、南アメリカを経て、大西洋を越えてアフリカ大陸に渡った。そして、インド洋を超えて、南東に針路をとり、6月29日、ニューギニア島東北部海岸ラエLae)に到着した。当ここまでの飛行距離は、2万2000マイルで、残すところ7000マイルだった。

写真(右)1937年6月22日、オランダ植民地インドシナ(蘭印)、ジャワ島西部、バンドン(Bandung)、モービル石油による給油を受けるアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)愛機のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)。赤道上の世界一周飛行で、行程の半分以上を飛翔した。:胴体には燃料タンクが増設されており、機内にコックピット出入口はなかった。そこで、コックピットの天井に設置された昇降口が出入り口となっており、コックピットには、胴体上部まで主翼を使って上る必要があった。
Old Identification Number Number xi.b.3.q Purdue Identification Number b11f2i17 Title Mobil Oil workers refueling Earhart's Lockheed Electra Description Mobil Oil workers refueling Earhart’s Lockheed Electra plane from steel drums, Bandoeng, Java, June 22, 1937 [side view] Date of Original 1937-06-22 Subjects Lockheed Electra Bandung (Indonesia) Indonesia Extent of Original 1 photograph : b&w ; 10 x 15 cm. Repository Purdue University Libraries, Archives and Special Collections Capture Device Epson Expression 10000XL Photo Scanner Capture Details Silverfast 6.4.1 r8c by Lazersoft Date Digitized 01/19/2006 Orientation Landscape Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections ・CD Number AECD_171 引用。

写真(右)1937年6月22日、オランダ植民地インドシナ(蘭印)、ジャワ島西部、バンドン(Bandung)、インドネシア人労働者を使ってモービル石油から給油を受けるアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)愛機のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020):胴体には燃料タンクが増設されており、機内にコックピット出入口はなかった。そこで、コックピットの天井に設置された昇降口が出入り口となっており、コックピットには、胴体上部まで主翼を使って上る必要があった。
Old Identification Number xi.b.3.u Purdue Identification Number b11f2i21 Title Mobil Oil workers refueling Earhart's Lockheed Electra Description Mobil Oil workers refueling Earhart’s Lockheed Electra plane from steel drums, Bandoeng, Java, June 22, 1937 [side view] Date of Original 1937-06-22 Subjects Lockheed Electra Bandung (Indonesia) Indonesia Extent of Original 1 photograph : b&w ; 10 x 15 cm. Repository Purdue University Libraries, Archives and Special Collections Capture Device Epson Expression 10000XL Photo Scanner Capture Details Silverfast 6.4.1 r8c by Lazersoft Date Digitized 01/19/2006 Orientation Landscape Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections ・CD Number AECD_172 引用。

写真(右)1937年6月22日、オランダ植民地インドシナ(蘭印)、ジャワ島西部、バンドン(Bandung)、インドネシア人労働者がドラム缶からモービル石油社の燃料をアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)愛機ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)に給油している。:胴体には燃料タンクが増設されており、機内にコックピット出入口はなかった。そこで、コックピットの天井に設置された昇降口が出入り口となっており、コックピットには、胴体上部まで主翼を使って上る必要があった。
Old Identification Number xi.b.3.r Purdue Identification Number b11f2i18 Title Mobil Oil workers refueling Earhart's Lockheed Electra Description Mobil Oil workers refueling Earhart’s Lockheed Electra plane from steel drums, Bandoeng, Java, June 22, 1937 [rear view] [original and copy photo] Date of Original 1937-06-22 Subjects Lockheed Electra Bandung (Indonesia) Indonesia Extent of Original 1 photograph : b&w ; 10 x 15 cm. Repository Purdue University Libraries, Archives and Special Collections Capture Device Epson Expression 10000XL Photo Scanner Capture Details Silverfast 6.4.1 r8c by Lazersoft Date Digitized 01/19/2006 Orientation Landscape Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections ・CD Number AECD_171 引用。

1937年7月2日12:30 AM、アメリア・イアハートは、愛機ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NR16020)に1000ガロン(3785L)分の揮発油燃料を給油して、ニューギニア島のラエLae)から2,556 マイル離れたアメリカ領ハウランド島を目指して飛び立った。

写真(右)1937年6月26日、オランダ植民地インドシナ(蘭印)、ジャワ島東部、スラバヤ(Surabaya)、ドラム缶からホースを伸ばして給油を受けるアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)愛機のロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020):作業をしているのは、インドネシアのジャワ人で、右手前には、オランダ植民地に住んでいるオランダ系の少年が物珍しそうに作業を見ている。赤道上の世界一周飛行で、行程の半分以上を飛翔した。
Old Identification Number Number xi.b.3.x Purdue Identification Number b11f2i25 Title Mechanics refueling Earhart's Electra plane Description Mechanics refueling Earhart’s Electra plane from steel drums, Fred Noonan [?] and small boy in foreground, Soerolaya, Java, June 26, 1937 [small photograph] Date of Original 1937-06-26 Subjects Lockheed Electra Surabaya (Indonesia) Indonesia Boys Subjects Lockheed Electra Bandung (Indonesia) Indonesia Extent of Original 1 photograph : b&w ; 10 x 15 cm. Repository Purdue University Libraries, Archives and Special Collections Capture Device Epson Expression 10000XL Photo Scanner Capture Details Silverfast 6.4.1 r8c by Lazersoft Date Digitized 01/19/2006 Orientation Landscape Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections ・CD Number AECD_172 引用。

1937年7月2日7:20 AM, アメリア・イアハートはロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NR16020)がハウランド島南西20マイルにある と無電連絡し、7:42 AM,巡視船「アイタスカ」(Itasca)に入電した。その後、巡視船上空にあるらしいが、目視出来ず、燃料低下、無電受けることできず、高度1000フィート"We must be on you, but we cannot see you. Fuel is running low. Been unable to reach you by radio. We are flying at 1,000 feet." と,843AMの無電を最後に消息を絶った。アメリア・イアハート(Amelia Earhart)と愛機ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NR16020)は、この無線交信の後に行方不明となり、消息を絶ったままとなった。


写真(上)1937年6月2日、オランダ領インドシナ(蘭印)、ジャワ島東部、スラバヤ、赤道上の世界一周飛行中のアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)が愛機ロッキード 10 エレクトラ(Lockheed Model 10 Electra )(登録コード:NR16020)のエンジン整備作業を観察している。

Old Identification Number xi.b.3.y Purdue Identification Number b11f2i22 Title Amelia on a step-ladder Description Amelia on a step-ladder observing engine maintenance on her Electra plane, Soerabaya, Java, ca. June 1937 Date of Original 1937-06 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Lockheed Electra Surabaya (Indonesia) Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : b&w ; 7 x 12 cm. Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers Rights Statement Rights held by Purdue University Libraries Repository Purdue University Libraries, Archives and Special Collections Capture Device Epson Expression 10000XL Photo Scanner Capture Details Silverfast 6.4.1 r8c by Lazersoft Date Digitized 01/19/2006 Resolution 600 ppi Color Depth 24 bit Color Management Monaco EZcolor using an IT8 target
写真はPurdue University Libraries ・CD Number AECD_172引用。



写真(上)1937年6月2日、オーストラリア北部、ノーザンテリトリー州ダーウィン(Darwin)、赤道上の世界一周飛行中のアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)が愛機ロッキード(Lockheed)モデル Model 10-E「エレクトラ」( Electra )輸送機(登録コード:NR16020)
:燃料給油車とエンジン点検台を持ったメカニックが待機している。ジャワ島スラバヤから東に2000kmの距離にある。
Old Identification Number xi.b.7.j Purdue Identification Number b11f4i8 Title Amelia Earhart's Lockheed Electra plane Description Amelia Earhart’s Lockheed Electra plane, called her “flying laboratory,” with fueling truck and mechanics at left, Darwin, Australia, ca. June 1937 Date of Original 1937-06 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Lockheed Electra Darwin (N.T.) Australia Mechanics (Persons) Extent of Original 1 photograph : sepia ; 18 x 23 cm. Orientation Landscape Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers
写真はPurdue University Libraries ・CD Number AECD_178 引用。


アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)は、1937年3月18日に発進した第1回目の世界一周の失敗を挽回するために、逆回りで、1937年5月21日にロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra)第2回目の世界一周飛行に出発した。この日、前回同様、カリフォルニア州オークランドから東進し、マイアミ経由で、南米ベネズエラのカリピト、ブラジル、アフリカから、パキスタンのカラチ、ビルマ、ジャワ島西部のバンドン、ジャワ島東部のスラバヤに到着した。ここから、さらに東進して、ニューギニア東部のラエに飛到着し、1937年7月2日、ラエを離陸し、ハワイ方面に飛行する最中に行方不明になった。


8.現存するロッキード(Lockheed)モデル Model 10「エレクトラ」(Electra)輸送機

写真(右)1986年7月26日、アメリカ、テキサス州デートン飛行場に飛来したカナダ空軍所属のロッキード(Lockheed)モデル Model 10A「エレクトラ」(Electra)輸送機 (登録コード:N241M):アメリア・イヤハートの世界周遊飛行に使用された機体と同一形式の機体。
Description DSC02458 Date 8 October 2009, 11:39 Source DSC02458 Author 111 Emergency from New Zealand .
写真は Wikimedia Commons, Category: Lockheed Model 10 Electra File:Lockheed 10A N241M 7656 Denton TX 26.07.86 edited-3.jpg引用。


 日活映画「あゝひめゆりの塔」1968年9月公開,監督・舛田利雄、主演・吉永小百合は、明治百周年記念芸術祭参加作品だが、そこにアメリカ軍攻撃機として、飛行するロッキード(Lockheed)モデル Model 10「エレクトラ」(Electra)輸送機が1機登場する。最初の場面は、沖縄上陸前に沖縄師範学校の校舎を銃爆撃する。その後、地上戦の縦鼻のために、沖縄師範学校の男子は義勇隊に、女子は看護婦として徴用される。映画中盤では、水くみをしていた看護徴用の女子学徒たちを機銃掃射する。与那嶺和子(吉永小百合)は、看護婦として、患者の切断した足を捨てに行くとき、機銃掃射される。この時は、爆撃され飛ばされた遺体が気に引っかかるのを目にする。

ロッキード(Lockheed)モデル Model 10「エレクトラ」(Electra)は輸送機だが、同型機が爆撃機に転用されており、1967-1968年頃、映画用に実際の双発機を飛行させて、爆撃・機銃掃射の場面を撮影した。首里を撤退する際、野戦病院壕にいた動けない負傷者は、輸送隊がトラックで運搬するといわれていた。しかし、豪雨をついて避難した女子学徒たちは、おいてきた先輩を運んでくるトラックの音を聞く。これは空耳だった。

後退してきた引率教官が兵士に尋ねると、壕に置いてきた負傷した兵士も女子学徒(とみ)に、青酸カリ入りの牛乳を配られて、処置されていた。壕の中で、日本海軍が置いたままにした木箱を見つけ、食料と錯覚して開封すると手榴弾(てりゅうだん)だった。

写真(右)2013年5月21日、ロッキード(Lockheed)モデル Model 10「エレクトラ」(Electra)輸送機 :アメリア・イヤハートの世界周遊飛行に使用された機体と同一形式の機体。
The Lockheed Model 10 Electra was a twin-engine, all-metal monoplane airliner developed by the Lockheed Aircraft Corporation in the 1930s to compete with the Boeing 247 and Douglas DC-2. The aircraft gained considerable fame as it was flown by Amelia Earhart on her ill-fated around-the-world expedition in 1937. Date 21 May 2013, 14:12 Source Lockheed Model 10 Electra Author Bernard Spragg. NZ from Christchurch, New Zealand .
写真は Wikimedia Commons, Category: Lockheed Model 10 Electra File:Lockheed Model 10 Electra (14842213859).jpg引用。


しかし、5月27日の海軍記念日に大反攻があると噂が飛び交い、その日の朝は静かだった。女子学徒たちは、池を見つけ、久しぶりに水浴びをし、歌って踊って楽しんだ。それまで、日本機が飛ばなかったのは、日本軍の逆上陸に備えていたと考え、やってきた単発機を友軍機と早合点し、喜んで手を振るが、これはアメリカ艦上戦闘機グラマンだった。女学生たちは、機銃掃射され死傷者を出してしまう。(日活映画「あゝひめゆりの塔」引用)

この時期、校長先生がやってきて、男子部の鉄血勤皇隊が解散され、沖縄本島北部に結集せよとの目入れが伝達された。男子学生は、これは負けだ、死んだ友達は無駄死にだと落胆する。校長は、女子部の看護隊とも解散する命令を伝達に真壁に行くというが、男子学生西里順一郎(浜田光夫)1人が護衛に志願した。校長は、途上で銃撃を受けて殺されるが、男子学生は海岸の洞窟にいた女子部の学生に伝言を伝えた。しかし、校長の遺体をそのままにはできないと、校長の遺体回収に看護隊女子学徒5人が出かけようとする。男子学生も案内に発った。この時、再びロッキード(Lockheed)モデル Model 10「エレクトラ」(Electra)の重爆撃が行われた。隠れているときに、男子学生から与那嶺和子の弟が戦死していたことが伝えられる。「苦しんで死にましたか」と尋ねると「頭を撃ち抜かれて即死です」と。与那嶺和子は「よかった。苦しまずに死んで。」(日活映画「あゝひめゆりの塔」引用)


写真(右)2009年10月8日、ニュージーランド、オークランド、航空輸送博物館(Aircraft at the Museum of Transport and Technology:AMTT)所蔵のトランス・アイランド航空(Trans Island Airways)のロッキード(Lockheed)モデル Model 10 E「エレクトラ」(Electra)輸送機 :アメリア・イヤハートの世界周遊飛行に使用された機体と同一形式モデル10-E型で機首に2個の探照灯がついている。これは、夜間の離着陸に使用したと思われる。
Description DSC02458 Date 8 October 2009, 11:39 Source DSC02458 Author 111 Emergency from New Zealand .
写真は Wikimedia Commons, Category: Lockheed Model 10 Electra File:Lockheed Model 10 Electra 458.jpg引用。


校長の隊解散命令が伝えられたが、看護隊はこのまま任務を続けるとの声が上がった。しかし、北部への撤収という生きる道が示され、引率教員の説得があって、3班に分散して夜間撤収することが決まった。身ぎれいにし、小さなおにぎりを作り、制服に着替えて「お別れ会」を開いた。「わかれの水杯だ」「そうじゃない。門出の酒盛りだ。」「酔うて候」と一言発した与那嶺和子(吉永小百合)が舞を舞う。

いよいよ脱出となったが、そのときに洞窟はアメリカ兵の攻撃を受け、女子学生たちは散りじりになってしまう。手榴弾で自決した女子学生の組もあった。攻撃を受けた洞窟で生き残った与那嶺和子と後輩は、「日本の皆さん、戦争はおわった」「たべものをあげます」という宣撫放送を聞くが、嘘であると信じない。二入は、摩文仁断崖に立ち、手榴弾を発火させ、自爆する。(日活映画「あゝひめゆりの塔」1968引用終わり)

写真(右)2010年9月26日、アメリカ、カリフォルニア州オークランド飛行場、ロッキード(Lockheed)モデル Model 10E「エレクトラ」(Electra)輸送機 :アメリア・イヤハートの世界周遊飛行に使用された機体と同一形式の機体でで機首に2個の探照灯がついている。これは、夜間の離着陸に使用したと思われる。
Description Lock10 Efinchfront Date 26 September 2010, 21:21 Source Lock10Efinchfront Author Bill Larkins .
写真は Wikimedia Commons, Category: Lockheed Model 10 Electra File:Lock10Efinchfront (5028200501).jpg引用。


日活の作成した白黒映画「あゝひめゆりの塔」1968年は、沖縄地上戦に巻き込まれる女子学徒の物語なので、飛行機の登場は限られているが、実写フィルムを挿入するだけでなく、実機を使って撮影したのは、制空権を失っているという状況を示さないと、学徒たちの苦戦・苦労が認識できないからであろう。あの時代あの戦争の当事者たちを表現するのは戦争否定であった。学徒1503名が亡くなったことがエンドロールで示される。

写真(右)2016年7月30日、アメリカ、カリフォルニア州オークランド飛行場、ロッキード(Lockheed)モデル Model 10 E「エレクトラ」(Electra)輸送機(登録コード:NR 16020、製造番号c/n 1042 ) :アメリア・イヤハートの世界周遊飛行に使用された機体と同一形式の機体。
Description English: NR 16020 in Arcachon Date 30 July 2016, 10:55 Source Own work Author Arcashot .
写真は Wikimedia Commons, Category: Lockheed Model 10 Electra File:NR 16020 AR.jpg引用。


1945年3月、沖縄へのアメリカ軍上陸を目前に、沖縄師範学校女子部(沖縄の小学校教師養成学校)と、沖縄県立第一高等女学校の合計240名(生徒222名、教師18名)は、看護婦として動員され、ひめゆり学徒隊に編成された。これが日本陸軍の隷下であれば、「従軍看護婦」として軍の一員だが、手当の支給もないままで、形式的には民間の篤志看護隊といえる。女子学生の看護隊を「ひめゆり」部隊というのは、沖縄県立第一高等女学校の学校誌「乙姫」と沖縄師範学校女子部の学校誌「白百合」とを組み合わせたものである。現在、沖縄師範学校には、弾痕の残る門柱が現存している。

写真(右)2018年9月8日、フランス、パリ航空ショーに登場した飛行中のロッキード(Lockheed)モデル Model 10「エレクトラ」(Electra)輸送機 :主翼下面に登録コードNR16020 が記入されている。
Description NR16020 ELECTRA PARISAIRLEGEND 2018 Date 8 September 2018, 16:19 Source NR16020 ELECTRA PARISAIRLEGEND 2018 Author ERIC SALARD from PARIS, FRANCE .
写真は Wikimedia Commons, Category: Lockheed Model 10 Electra File:NR16020 ELECTRA PARISAIRLEGEND 2018 (43198610720).jpg引用。


ニュージーランド、オークランド、航空輸送博物館(Aircraft at the Museum of Transport and Technology:AMTT)には、第二次世界大戦で活躍したロッキード(Lockheed)エレクトラ輸送機の発展軍用仕様ロッキード モデル18ロードスター(Lodestar)爆撃機(1941年製造)、アブロ・ランカスター(Avro Lancaster)重爆撃機、デハビラント・モスキート(de Havilland Mosquito)高速双発爆撃機、ショート・サンダーランド(Sunderland)MR Mk5四発飛行艇、ビーチクラフト(Beechcraft)AT-11 Kansan練習機(1942年製造)なども展示されている。


9.1938年ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)のロッキード・スーパーエレクトラ14N世界一周

アメリアは、1932年、ロッキード・ベガを単身操縦士の大西洋無着陸横断飛行を成功させたが、大統領夫人エレノア・ルーズベルトの後押しを受けて、赤道を回る世界一周旅行を計画した。1937年にアメリアが世界一周に使用した愛機ロッキード・エレクトラ10E の改良型ロッキード・エレクトラ14N(Lockheed Model 14-N Super Electra)は、翌1938年7月にアメリカの大富豪ハワード・ヒューズHoward Hughes:1905-1976)の愛機として世界一周に成功している。

写真(右)1938年7月以降、アメリカ、ニューヨーク、飛行場に飛来した大富豪ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)の愛機ロッキード・スーパーエレクトラ14N(Lockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コード NX18973)と出迎える人々:1938年7月10-14日、アメリカの大富豪ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)は愛機ロッキード・エレクトラ14(登録コード:NX18973)で世界一周早回りの記録を達成した。
Three-quarter right front view of Howard Hughes' Lockheed Model 14, presumably after his around the world flight July 10-14, 1938, at Floyd Bennett Field, New York, where the flight began and ended. Crowds surround the aircraft. [A/C number NX18973]Last Name: Earhart First Name: Amelia Date 7/14/1938
写真は,National Air and Space Museum Archives・Local number NASM-163076引用。


大富豪ハワード・ヒューズHoward Hughes)は、1932年、20代にして、ヒューズ・エアクラフト社を創立し、ボーイング(Boeing)P-12B複葉戦闘機を改良し1933年、ロサンゼルスで時速212マイルの直線飛行記録を更新した。そして、世界一周飛行記録を出そうと、長距離飛行可能なシコルスキー(Sikorsky)大型飛行艇、1933年7月初飛行のダグラス(Douglas DC-1)双発輸送機(乗客12人・巡航速度180マイル (289 km/h) )を購入したが、航続距離は問題なく共、巡航速度が遅くなり、飛行時間記録を大きく書き換えることができなくなるリスクがあったため、より高速のロッキード・エレクトラ14N(Lockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コード NX18973)を購入した。

1937年7月10日から14日、信頼できる4人の搭乗員(クルー)の操縦運行する特別仕様のロッキード・エレクトラ14NLockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コードNX18973) を使って、ニューヨーク州フロイド・ベネット飛行場(Floyd Bennett Field)から、パリ、モスクワ、シベリヤのオムスク(Omsk)、ヤクーツク(Yakutsk)、アメリカのアラスカのフェアバンクスを経由して、2万3,612キロを3日19時間14分で世界一周飛行(Round-the-World Flights)した。

写真(右)1938年7月ごろ、アメリカ、ニューヨーク、飛行場に飛来した大富豪ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)の愛機ロッキード・スーパーエレクトラ14N(Lockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コード NX18973):1938年7月10-14日、アメリカの大富豪ハワード・ヒューズ(Howard Hughes)は愛機ロッキード・エレクトラ14(登録コード:NX18973)で世界一周早回りの記録を達成した。
Three-quarter right front view of Howard Hughes' Lockheed Model 14, presumably after his around the world flight July 10-14, 1938, at Floyd Bennett Field, New York, where the flight began and ended. Crowds surround the aircraft. [A/C number NX18973]Last Name: Earhart First Name: Amelia Date 7/14/1938
写真は,National Air and Space Museum Archives・Local number NASM-163076引用。


ハワード・ヒューズがロッキード・エレクトラ14N(Lockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コード NX18973)で高速世界一周をし、着陸した時に、実際の距離にはあと125マイル不足している可能性があった。そこで、急遽の再離陸で、公式記録は3日間23時間35分ともされるが、ハワード・ヒューズが世界一周早回り飛行記録(Round-the-World Flights)を更新したことに違いはない。それ以前の世界記録は、1931年にウィリー・ポストによる8日間の世界一周だったので、その二分の一の早さだったが、これは飛行家の熟練技術ではなく、飛行機ロッキード・エレクトラ14N(Lockheed Model 14-N2 Super Electra:登録コード NX18973)の性能が向上していたためである。


10.ロッキード(Lockheed)モデル Model 14「スーパー・エレクトラ」輸送機

写真(右)1939年5月、アメリカ、カリフォルニア州オークランド飛行場、アメリカ海軍次官専用機となったロッキード(Lockheed)14「ロードスター」(Lodestar)輸送機 (登録コード:XR4O-1 ):星条旗を模した国籍記章は、青地の丸に白星、星中央に赤丸の1942年初頭まで使用されて形式である。太平洋戦争勃発後に、このアメリカの国籍記章は、青地の丸に白星となり、星中央の赤丸は廃止されている。
Description NRAB Oakland May 1939. The one only Lockheed 14 transport used for VIP flights and the Assistant Secretary of the Navy for Air. Date 5 August 2010, 15:04 Source Lockheed XR4O-1 (1441) Author Bill Larkins
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 Lodestar File:Lockheed XR4O-1 (1441) (4864540434).jpg引用。


アメリカのロッキード(Lockheed)社は、それまでオリオン(Orion)のような木製の飛行機を生産していたので、ロイド・シャーマン(Lloyd Stearman)とホール・ハイバード(Hall Hibbard)の設計になるロッキードLockheed)モデル Model 10「エレクトラ」輸送機は、ロッキード初の全金属製飛行機となった。 命名のエレクトラとは、夜空のプレアデス星団(Pleiades)の恒星からの命名である。試作機は、1934年2月23日に初飛行した。

写真(右)1938年、カナダ、ブリティッシュ コロンビア州(British Columbia)バンクーバー空港(Vancouver)、トランス・カナダ航空(Trans Canada Airlines)所属のロッキード(Lockheed) 14H2「スーパー・エレクトラ」(Super Electra)輸送機(登録コード:CF-TCE)
Description English: Lockheed Super Electra CF-TCE of Trans Canada Airlines Date 1938 Source This image is available from the City of Vancouver Archives under the reference number CVA 260-904 This tag does not indicate the copyright status of the attached work. A normal copyright tag is still required. See Commons:Licensing. Flag of Vancouver (Canada).svg Author Steffens-Colmer Studios Ltd. and Don Coltman Company Photographs
写真はWikimedia Commons, Category:Lockheed Model 14 Super Electra of Trans Canada Airlines File:Lockheed Super Electra CF-TCE.jpg引用。


写真(右)1938年、イギリス、トランス・カナダ航空(Trans Canada Airlines)所属のロッキード(Lockheed) 14H2「スーパー・エレクトラ」(Super Electra)輸送機(登録コード:CF-TCJ )
Description English: Trans Canada Airlines Lockheed 14H2 c. 1938 (CF-TCJ). created image with Photoshop using a photograph originally posted on:[1] covered by Date circa 1938 Source Transferred from en.wikipedia to Commons. Author Bzuk at English Wikipedia
写真はWikimedia Commons, Category:CF-TCJ (aircraft) File:Lockheed 14.jpg引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 10A「エレクトラ」(Electra)は、民間輸送機として、アメリカ以外では、オーストラリア(Australia)、ブラジル(Brazil)、カナダ(Canada)、チリ(Chile)、キューバ(Cuba)、チェコ(Czech) 、メキシコ(Mexico)、オランダ(Netherland)、ニュージーランド(New Zealand)、パナマ(Panama)、ポーランド(Poland)、ルーマニア(Romania)、イギリス(United Kingdom)、ユーゴスラビア(Yugoslavia)で使用された。

写真(右)1939年、カナダ、オンタリオ州トロント・ピアソン空港(Malton Airport)、トランス・カナダ航空(Trans Canada Airlines)所属のロッキード(Lockheed) 14H2「スーパー・エレクトラ」(Super Electra)輸送機(登録コード:CF-TCJ )
Description English: TCA (Trans-Canada Airlines) Lockheed Electra 14H2s at Malton Airport C 1939 Date circa 1939 Source: www.flickr.com Author Trans Canada Airlines
写真はWikimedia Commons, Category:CF-TCJ (aircraft) File:Malton Airport 1939 - TCA Lockheed Electra 14H2s (14Hs).jpg引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 10A「エレクトラ」(Electra)は、軍用機として、アメリカ軍以外では、アルゼンチン空軍(Argentine Air Force)、ブラジル空軍(Brazilian Air Force)、カナダ空軍(Royal Canadian Air Force)、ホンジュラス空軍(Honduran Air Force)、ニカラグア空軍(Nicaragua Air Force)、スペイン空軍(Spanish Republican Air Force)、日本軍、イギリス空軍(Royal Air Force)、ベネスエラ軍(Venezuela)で採用されている。

写真(右)1940年、カナダ、ブリティッシュ コロンビア州(British Columbia)バンクーバー空港(Vancouver)、トランス・カナダ航空(Trans Canada Airlines)所属のロッキード(Lockheed) 14H2「スーパー・エレクトラ」(Super Electra)輸送機(登録コード:CF-TCJ )
Description English: Lockheed Super Electra CF-TCM of Trans-Canada Air Lines at Vancouver. Date 1940 Source This image is available from the City of Vancouver Archives under the reference number CVA 586-169 This tag does not indicate the copyright status of the attached work. A normal copyright tag is still required. See Commons:Licensing. Flag of Vancouver (Canada).svg Author Steffens-Colmer Studios Ltd. and Don Coltman Company Photographs
写真はWikimedia Commons, Category:Lockheed Model 14 Super Electra of Trans Canada Airlines File:CF-TCM Lockheed Super Electra.jpg引用。


ロッキード(Lockheed)モデル Model 10「エレクトラ」(Electra)輸送機は、双発・単葉の全金属製引込み脚の高速輸送機で、同じく1930年代のアメリカで生産されたボーイング(Boeing)247双発輸送機、ダグラス(Douglas)DC-2双発輸送機と並んで、アメリカの航空技術の優秀さを世界に誇示することができた。

⇒写真集Album:ロッキード(Lockheed Model 14)「スーパー・エレクトラ」輸送機を見る。


11.ロッキード・ハドソン(Lockheed Hudson)爆撃機

ロッキード 10 エレクトラ(Lockheed Model 10 Electra )の発展型がロッキード 14 スパー・エレクトラ(Lockheed Model 14)で、発動機を強化し、乗客収容能力も向上させた。しかし、民間航空の需要は、ライバルのダグラスDC-3、ボーイングとの競争もあり、商業的には十分な成功を得ることはできなかった。

写真(右)1939-1945年、イギリス、ロッキード・ハドソン爆撃機Mark IV(Lockheed Hudson Mark IV)(登録コード: AE610)
American Aircraft in Royal Air Force Service 1939-1945- Lockheed L-214 and L-414 Hudson. Hudson Mark IV, AE610, on the ground at the Aeroplane and Armament Experimental Establishment at Boscombe Down, Wiltshire. After undergoing flight evaluation at the A&AEE and the Royal Aircraft Establishment, AE610 served as a test aircraft with the Telecommunications Flying Unit and the Coastal Command Development Unit Date between 1939 and 1945 IWM (E(MOS) 263)
写真は,IWM ・Catalogue number E(MOS) 263引用。


ロッキード 14 スパー・エレクトラ(Lockheed Model 14)を軍用仕様にしたのが、ロッキード・ハドソン哨戒爆撃機である。当時、イギリスは、ドイツとの抗争中であり、自国の航空機生産だけでは、戦力増強が困難だった。そこで、アメリカに支援を要請したのであるが、アメリカ軍も爆撃機を必要としており、供給能力に余裕はなかった。そこで、民間商業機のロッキード 14 スパー・エレクトラ(Lockheed Model 14)を軍用に使用するために回収することとした。

⇒写真集Album:ロッキード・ハドソン(Lockheed Hudson)を見る。


12.ロッキード(Lockheed)18 ロードスター(Lodestar)輸送機

1937年初飛行のロッキード 14 スーパーエレクトラ輸送機は、高性能を追求したために、高価格となり、経済性がダグラスDC-3より劣ったために、販売実績は思わしくなかった。そこで、ロッキード 14 スーパーエレクトラ輸送機の経済性を改善するために、乗客を増やすこととし、そのために胴体後部を長して座席数を増設したのが、ロッキード 18 ロードスター輸送機である。ロッキード 18 ロードスター輸送機の試作1号機の初飛行は、1939年9月21日で、生産機は1940年2月2日に初飛行した。ロッキード 18 ロードスター輸送機の生産機数は、625機である。

写真(右)1941年8月4日、アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコ(San Francisco)、アメリカ海軍長官専用機となったロッキード(Lockheed)R5O-1「ロードスター」(Lodestar)輸送機 (製造番号:4250):星条旗を模した国籍記章は、青地の丸に白星、星中央に赤丸の1942年初頭まで使用された形式である。太平洋戦争勃発後に、このアメリカの国籍記章は、青地の丸に白星となり、星中央の赤丸は廃止されている。
Description Description Lockheed R5O-1 (4250) staff transport for the Secretary of the Navy. At San Francisco on August 4, 1941. Date 24 March 2010, 21:21 Source Lockheed R5O-1 Author Bill Larkins .
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 Lodestar File:Lockheed C-60A Lodestar ‘AM711 - AM’ (N3779G) (26703464486).jpg引用。


アメリカ軍機の国籍マークは、国旗の星条旗を模した国籍記章で、青地の丸に白星、星中央に赤丸を描いたものだった。しかし、太平洋戦争が勃発した後、1942年初頭になると、国籍記章は、青地の丸に白星だけとなり、星中央にあった赤丸は廃止されている。

写真(右)1943年1月、アフリカ、スーダン、ジャバ、給油作業中のイギリス空軍のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機(ambulance):イギリス空軍の軍用輸送機は、オリーブドラブの迷彩塗装を施している。
THE BRITISH COMMONWEALTH JOINT AIR TRAINING PLAN.
Object description A Lockheed Lodestar aircraft being refuelled at Juba in Sudan, January 1943..
Creator Bridge B (Fg Off) Royal Air Force official photographer
Part of MINISTRY OF INFORMATION SECOND WORLD WAR COLOUR TRANSPARENCY COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (TR 1271))引用。


写真(右)1943年頃、エジプト、カイロ上空を低空飛行するイギリス空軍のロッキード(Lockheed)R5O-1「ロードスター」(Lodestar)輸送機"Lake Marut"(登録コード:G-AGCM , 製造番号:1371)
ROYAL AIR FORCE: ITALY, THE BALKANS AND SOUTH-EAST EUROPE, 1942-1945.
Object description Lockheed Lodestar, G-AGCM "Lake Marut", of BOAC, flying over Cairo before landing at Heliopolis.
Creator Clark N S (F/O) Royal Air Force official photographer
Part of WAR OFFICE SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (CNA 1110)引用。


写真(右)1943年頃、エジプト、カイロ上空を低空飛行する南アフリカ空軍(SAAF)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)患者輸送機(ambulance)"Lake Marut"(登録コード:G-AGCM , 製造番号:1371)
ROYAL AIR FORCE OPERATIONS IN THE MIDDLE EAST AND NORTH AFRICA, 1939-1943.
Object description Lockheed Lodestar, 1371, of a SAAF air ambulance unit, waits to evacuate casualties at a landing ground in the Western Desert.
Creator Clark N S (F/O) Royal Air Force official photographer
Part of WAR OFFICE SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (CM 2808)引用。


写真(右)1943年7月以降、イタリア、シシリー島、傷病兵を運搬する南アフリカ空軍(SAAF)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)患者輸送機(ambulance)"Lake Marut"(登録コード:G-AGCM , 製造番号:1371):胴体側面、国籍記章の脇の赤十字があるが、胴体上面・コックピット上部に巨大な赤十字記章が描かれている。西側連合軍は、1943年7月10日、ハスキー作戦(Operation Husky)にのっとって、イタリアのシチリア島西海岸に上陸した。ムッソリーニが失脚した後の1943年9月8日、イタリア王国は降伏した。しかし、その直後、ドイツ軍によってイタリア本土が占領され、イタリア国内での戦闘は、1945年春まで続いた。
ROYAL AIR FORCE: ITALY, THE BALKANS AND SOUTH-EAST EUROPE, 1942-1945.
Object description Army casualties on stretchers wait to be loaded into Lockheed Lodestar, 1371, an ambulance aircraft of the SAAF, at Catania, Sicily, for evacuation to hospitals in North Africa.
Creator Bridge B (Fg Off) Royal Air Force official photographer
Part of MINISTRY OF INFORMATION SECOND WORLD WAR COLOUR TRANSPARENCY COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (CH 14015)引用。


カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ連邦は、大英帝国の自治領ドミニオンDominion)として、1939年9月3日、イギリスとともにポーランドを侵略したドイツに対してすぐに宣戦布告している。

写真(右)1943年、南アフリカ空軍第234飛行中隊(234 Squadron SAAF)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機の前に立つ南アフリカ連邦首相ヤン・クリスティアン・スマッツ(Jan Christian Smuts)元帥:この輸送機は、元南アフリカ航空(South African Airways)の所属だった。南アフリカ連邦は、大英帝国のドミニオン(自治領)として、1939年9月3日、イギリスとともにポーランドを侵略したドイツに対してすぐに宣戦布告している。 軍用輸送機は、オリーブドラブの迷彩塗装を施されることが多かった。トルコは、第二次世界大戦には参戦していないので、カイロとの運航には軍用機ではなく民間機を使用した。
FIELD MARSHAL JAN SMUTS, PREMIER OF SOUTH AFRICA AND SUPREME COMMANDER OF THE UNION DEFENCES.
Object description Field Marshal Smuts standing in front of the aircraft in which he made his flying visits. It was an ex-South African Airways Lockheed Lodestar, which retained its natural metal finish when it became No 234 of the South African Air Force..
Creator Royal Air Force official photographer
Part of MINISTRY OF INFORMATION SECOND WORLD WAR COLOUR TRANSPARENCY COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (TR 30)引用。


イギリス連邦コモンウェルス(British Commonwealth)、1939年以前の自治領ドミニオンDominion)である南アフリカ連邦は、1939年9月3日、イギリスとともにポーランドを侵略したドイツに対して宣戦布告した。ヤン・クリスティアン・スマッツJan Christian Smuts)は、1870年イギリス領ケープ植民地マームズベリー、アフリカーナーの大農園主の息子として生まれ、1899年ボーア戦争ではイギリス軍と戦った。1910年、南アフリカ連邦が樹立されると、スマッツは内務大臣兼国防大臣の要職に就いた。

ヤン・スマッツJan Smuts)は、1914年から1918年の第一次世界大戦では、南アフリカ連邦軍を指揮して、南西アフリカのドイツ軍を制圧し、東アフリカでは、イギリス軍を率いてドイツ軍と戦っている。第一次大戦中の1917年から1919年までイギリス戦時内閣に加わり、1919年から1924年、1939年から1948年には南アフリカ連邦首相に就任している。ヤン・スマッツJan Smuts)は、1941年にイギリス陸軍元帥(Field Marshal)に昇進、ウィンストン・チャーチルの下、戦時内閣にも入閣した。1950年死去。

写真(右)1943年、スーダン、ジャバ、給油作業中のイギリス空軍のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機:軍用輸送機は、オリーブドラブの迷彩塗装を施されることが多かった。トルコは、第二次世界大戦には参戦していないので、カイロとの運航には軍用機ではなく民間機を使用した。
WINSTON CHURCHILL DURING THE SECOND WORLD WAR IN THE MIDDLE EAST.
Object description A Lockheed Lodestar aircraft being refuelled at Juba in Sudan, January 1943.
Creator Royal Air Force official photographer
Part of WAR OFFICE SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (ME(RAF) 5060)引用。


写真(右)1943年頃、エチオピア(アビシニア:Abyssinia)、アジスアベバ(Addis Ababa)、イギリス海外航空(British Overseas Airways Corporation :BOAC)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機(登録コード:G-AGIL): イギリス海外航空は、国営航空会社として、1939年11月24日, イギリス ロンドンに設立された。当時、カイロ=アンカラ間を、1週間に3便を運航していた。トルコは、第二次世界大戦には参戦していないので、カイロとの運航には軍用機ではなく民間機を使用した。
BRITISH OVERSEAS AIRWAYS CORPORATION AND QANTAS, 1940-1945.
Object description Lockheed Lodestar, G-AGIL of BOAC, parked at Addis Ababa, Abyssinia.
Creator Royal Air Force official photographer
Part of WAR OFFICE SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums IWM (CH 15026)引用。


写真(右)1943年頃、トルコ、アンカラ、イギリス海外航空(British Overseas Airways Corporation :BOAC)のロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機(登録コード:G-AGIL): イギリス海外航空は、国営航空会社として、1939年11月24日, イギリス ロンドンに設立された。当時、カイロ=アンカラ間を、1週間に3便を運航していた。トルコは、第二次世界大戦には参戦していないので、カイロとの運航には軍用機ではなく民間機を使用した。
BRITISH OVERSEAS AIRWAYS CORPORATION AND QANTAS, 1940-1945.
Object description Lockheed 18 Lodestar, G-AGIL"Lake Nyasa", of BOAC taxying at Ankara, Turkey, before taking off on the thrice-weekly service to Cairo...
Creator Royal Air Force official photographer
Part of WAR OFFICE SECOND WORLD WAR OFFICIAL COLLECTION
写真は,Imperial War Museums  IWM (CNA 3627)引用。


写真(右)1947年4月、アメリカ合衆国、マサチューセッツ州コンコ―ド(Concord)飛行場、アメリカ陸軍航空隊所属のロッキード(Lockheed)C-60「ロードスター」(Lodestar)輸送機 :国籍記章もない無塗装でジュラルミンが銀色に光っている。
This is an example of what drives enthusiast / photographers crazy. The C-60 has been stripped of all paint and markings and there is no identity left. It was taken in April 1947 at Concord and probably became the Dollar Industries 18. Maybe....
Date 15 May 2011, 22:07 Source Lockheed18 Unknown Author Bill Larkins.
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 Lodestar File:Lockheed18 Unknown (5724945257).jpg引用。


ロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機は、すでに戦時大戦に入っていたために、民間需要は低迷した。そのため、アメリカ市場では民間機として31機の販売にとどまった。また、輸出用には、オランダが東インド植民地で使用するために、29機を発注したほか、南アフリカ航空21機、ニュージーランド国営航空13機、トランス・カナダ航空12機、ブリティシュ・エアウェーズ9機などの受注を受けた。


写真(上)1947年8月、アメリカ合衆国、マサチューセッツ州コンコ―ド(Concord)飛行場に着陸するフラップを大きく下げたアメリカ陸軍航空隊所属のロッキード(Lockheed)C-60「ロードスター」(Lodestar)輸送機
:右主翼下面に登録コードNC-25635が大きく記入されている。国籍記章もない無塗装でジュラルミンが銀色に光っている。
Description Landing at Concord in August 1947. Date 15 May 2011, 22:07 Source Lockheed 18 N25635 Author Bill Larkins .
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 Lodestar File:Lockheed18 N25635 (5725501918).jpg引用。


民間需要は振るわなかったロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機だったが、1939年9月に第二次大戦が勃発すると、中立国アメリカでも戦時体制強化のために、アメリカ軍からの需要が増えた。軍用輸送機として ロッキード(Lockheed)C-56「ロードスター」(Lodestar)としてライト R-1820空冷星形9気筒エンジン1,200hp2基を装備、ロッキード(Lockheed)C-57「ロードスター」(Lodestar)としてプラット・アンド・ホイットニー R-1830空冷星形14気筒エンジン力1,200hp2基を装備した輸送機が制式されたのである。特に、空挺部隊用の ロッキード(Lockheed)C-60「ロードスター」(Lodestar)輸送機は、325機が製造されている。また、アメリカ民間航空所有機も含めて、アメリカ陸軍航空隊が徴用した機体も多かった。

ロッキード(Lockheed)C-60A 「ロードスター」(Lodestar)輸送機の諸元
搭乗員:3名、乗客:18名
全長:15.19 m (49 ft 10 in) 全幅:19.96 m (65 ft 6 in) 全高:3.6 m (11 ft 10 in)
翼面積:51.2平方メートル(551 平方フィート)
空虚重量:5,670 kg (12,500 ポンド)、全備重量:7,938 kg (17,500 ポンド)
最大離陸重量:9,825 kg (21,000 ポンド)
発動機:ライト(Wright)R-1820-87空冷星形9気筒エンジン 1200馬力 (895 kW)
最高速力:428 km/h (266 mph)、巡航速力:322 km/h (200 mph)
実用上昇限度:7,740 m (25,400 ft)
航続距離:4,025 km (2,500 mi)
上昇時間 10,000 ft (3,050 m)まで 6.6分

写真(右)アメリカ、オハイオ州デイトン真東、ライト・パターソン空軍基地、国立アメリカ空軍博物館(National Museum of the United States Air Force)で保管されているアメリカ陸軍航空隊の使用したロッキード(Lockheed)C-60A-5 「ロードスター」(Lodestar)輸送機 (s/n 43-16445, c/n 2605) :国立アメリカ空軍博物館では、飛行機やミサイルを400機以上を展示、保管し、無料観覧させている。
Description A U.S. Army Air Force Lockheed C-60A-5-LO Lodestar (s/n 43-16445, c/n 2605) at the National Museum of the United States Air Force in Dayton, Ohio (USA). After its USAAF service it was sold to Aero Africaine (F-BAMA), later to G. L. Waggoner (N94549). It was acquired by the USAF Museum in 1981. Date Unknown date Source National Museum of the U.S. Air Force photo Author USAF .
写真は Wikimedia Commons, Category:Lockheed Model 18 museum aircraft File:Lockheed C-60A Lodestar USAF.jpg引用。


ロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機は、 アメリカ陸軍航空隊では ロッキードC-56/C-57/C-60輸送機、アメリカ海軍航空隊・アメリカ海兵隊・アメリカ沿岸警備隊では、ロッキードR5O輸送機の形式名称で制式された。

⇒写真集Album:ロッキード(Lockheed)18「ロードスター」(Lodestar)輸送機を見る。


13.ロッキード・ベンチュラ(Lockheed Ventura)PV-1哨戒爆撃機

イギリスでは、ロッキード輸送機をベースとしたハドソン哨戒爆撃機を採用したが、そのハドソンの後継機が、同じロッキードのベランチュラ哨戒爆撃機である。1940年にイギリスは、中立国だが事実上の同盟国のアメリカのロッキード社に対して、ハドソンの後継機として、ロッキード モデル18「ロードスター」を原型とする哨戒爆撃機を発注した。

写真(右)1941年以降、増加燃料タンクを主翼下面に懸架したアメリカ海軍航空隊所属のロッキード・ベガ・ベンチュラ哨戒爆撃機PV-1(Lockheed, PV-1, Vega Ventura):胴体後下方に7.62ミリ連装機関銃の銃座が設けられている。舗装された航空基地に駐機している。
Lockheed : PV-1 : Ventura Manufacturer: Lockheed Designation: PV-1 Official Nickname: Ventura
写真は SmugMug+Flickr,San Diego Air and Space Museum Catalog #: 00006418引用。


ロッキード・ベンチュラ(Ventura)PV-1の諸元
搭乗員:5名
全長:15.77 m
全幅:19.96 m
全高:3.63 m
翼面積:51.9 平方メートル
自重:9,160 kg 全備重量:14,096 kg
発動機:プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)R-2800空冷星型18気筒エンジン離昇出力2,000馬力2基
最高速力:518 km/h/高度4,025 m) 巡航速度:274 km/h
着陸速度:134 km/h
上昇率:680 m/分
実用上限高度:8,015 m
航続距離:2,670 km
爆弾搭載量: 3,000ポンド(1,363Kg)またはMk13航空魚雷1本、 翼下に5インチロケット弾(HVAR)8発
兵装:機首:前方固定12.7ミリ機関銃2丁、機首下面ガンパック:前方固定12.7ミリ機銃3丁、 胴体後上方:12.7ミリ連装機銃1基、胴体後下方:7.62ミリ連装機銃

⇒写真集Album:ロッキード・ベンチュラ(Ventura)PV-1哨戒機を見る。


2011年7月刊行の『写真・ポスターに見るナチス宣伝術-ワイマール共和国からヒトラー第三帝国へ』青弓社(2000円)では、反ユダヤ主義、再軍備、ナチ党独裁、第二次世界大戦を扱いました。
 ここでは日本初公開のものも含め130点の写真・ポスターを使って、ヒトラーの生い立ち、第一次大戦からナチ党独裁、第二次大戦終了までを詳解しました。
バルカン侵攻、パルチザン掃討戦、東方生存圏、ソ連侵攻も解説しました。

⇒写真集Album:ライト・ベランカ (Wright-Bellanca WB-2)「コロンビア」の大西洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(Junkers)W.33「ブレーメン」Bremenの大西洋横断飛行見る。
⇒写真集Album:ベランカCH-400「スカイロケット」の太平洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(Junker)A-50「報知日米親善号」の太平洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(Junker)W33「報知日米親善号」の太平洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(Junker)G-24輸送機を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(junkers)Ju 52 輸送機を見る。
ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He111爆撃機
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
ブロームウントフォッスBV138飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇


2020年3月3日公開の鳥飼研究室へのご訪問ありがとうございます。データ引用の際は,出所を明記するか,リンクをしてください。
連絡先: torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Fax: 0463-50-2078
Flag Counter
Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 8,000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.


Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2020 All Rights Reserved.