Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内

◆サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19 / A.29 クラウド(Cloud)双発飛行艇
写真(上)1930年7月15日以降、イギリス、サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19 クラウド(Cloud)双発飛行艇試作1号機(G-ABCJ)右側面
;1930年7月15日にライト(Wright)J-6 空冷星形エンジン300 hp(224 kW)2基で2翅固定ピッチプロペラ装備で初飛行した。その後、カナダに売却されCF-ARBとして登録され、1934年にサロ社に戻され、340hpネイパー(Napier)レイパー(Rapier)IV液令H型16気筒エンジンに換装しエンジンテストに使用された。
A.19/1Prototype registered G-ABCJ with 300 hp (224 kW) WrightJ-6 radial engines, sold in Canada as CF-ARB, but returned to Saro in 1934for use as an engine test bed. It was fitted with 340 hp Napier Rapier IVengines and an auxiliary aerofoil behind and below the engine nacelles. Itwas loaned to Jersey Airways in 1935 before being withdrawn from use in1936.. , A.19/29 Cloud Доп. информация :引用。



写真(上)1941年11月25日、イギリス、エンジン整備中のイギリス空軍(RAF)サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.29 クラウド(Cloud)双発飛行艇(952)
;アームストロング(Armstrong Siddeley)セルバ(Serval)III空冷星形10気筒エンジン(排気量17.7 L)340 hp2基装備。飛行艇操縦の練習機として16機がイギリス空軍に配備された。
A.29 Cloud Выпуск военных А.29 прекратили в январе 1935 г., гражданских А. 19 - в июле 1933 г. Военные машины все списали осенью 1939 г., последняя гражданская амфибия А. 19 эксплуатировалась до мая 1941 г.
写真はУголок неба. , A.19/29 Cloud Доп. информация :引用。

1.イギリス空軍フィーリックストウ (Felixstowe)F5 双発飛行艇

写真(右)1919年、イギリス、沿岸を2機編隊で低空飛行するイギリス空軍(RAF)フィーリックストウ(Felixstowe)F5 双発飛行艇(N4407);シェトランド諸島にあるキャットファース水上機地は、第一次世界大戦の水上飛行場で、当初はイギリス海軍航空隊、後にイギリス空軍の管轄となった。
Photograph of Felixstowe F5 flying boats in flight Date circa 1919 Source Original publication: Unknown Immediate source: rafmuseum Author Unknown
写真はWikimedia Commons, Category:Felixstowe F5L >File:Felixstowe F5s in flight.jpg引用。


フィーリックストウ (Felixstowe) F.5飛行艇は、第一次世界大戦後になって就役し、初期のフィーリックストウ (Felixstowe)F.2A やカーチス(Curtiss)H-12双発飛行艇に取って代わった。しかし、フィーリックストウ (Felixstowe)双発飛行艇は、1925年に後継機のスーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton) 双発飛行艇に活躍の場を譲っている。

⇒写真集Album:フィリックストウ (Felixstowe)F.2/F.3/F.5 双発飛行艇を見る。


2.スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)双発飛行艇


写真(上)1933年頃、イギリス、飛翔中のイギリス空軍(RAF: Royal Air Force)スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)複葉双発飛行艇
;機首コックピットは開放式縦列3座席。ネイピア(Napier) ライオン(Lion)液令W型12気筒エンジン 500 hp (370 kW)2基を搭載。
Supermarine, Southampton Manufacturer: Supermarine Official Nickname: Southampton Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真は, San Diego Air and Space Museum >Catalog #: 01_00088638引用。


1925年3月10日初飛行のスーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)複葉双発飛行艇は、Mk IとMk IIが主生産型でネイピア(Napier) ライオン(Lion)液令W型12気筒エンジン 500 hp (370 kW)2基を搭載し、1925年から部隊配備されている。 各型合計で1924-1934年に83機が量産された。

イギリス空軍飛行艇の命名には、都市名称にちなむ一連のシリーズがあるが、これにはフィーリックストウ(Felixstowe)、サザンプトン(Southampton)、ロンドン(London)、ストランラー(Stranraer)のようなイギリス本土以外にも、シドニー(Sydney)のようなイギリス連邦自治領諸国(ドミニオン)、ラングーン(Rangoon)シンガポール(Singapore)のようなイギリス領植民地の都市名に因む飛行艇も含まれる。

このスーパーマリン(Supermarine)が開発し1934年6月15日に初飛行したストランラー(Stranraer)飛行艇も、イギリス北西海岸、スコットランドの都市名ストランラーStranraer)に因んだ飛行艇シリーズの一種である。

写真(右)1926年、イギリス、イギリス空軍(RAF: Royal Air Force)スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)複葉双発飛行艇の三面縮尺図;機首コックピットは縦列式で機首に1か所、胴体後方に2か所の円形開放式銃座が描かれている。
Supermarine Southampton 3-view drawing from NACA Aircraft Circular No.25 Date 1 December 1926 Author NATIONAL ADVISORY COMMITTEE FOR AERONAUTICS
写真はWikimedia Commons, Category: Supermarine Southampton >File:Supermarine Southampton 3-view NACA Aircraft Circular No.25.jpg引用。


スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)複葉双発飛行艇は、全幅20.29m、全長15.15m、総重量6,500kg、最高速力174km/hで、イギリス空軍(RAF)に就役したほか、日本海軍、アルゼンチン海軍航空隊、デンマーク海軍も購入、使用した。インペリアル・エアウェイズ、日本航空輸送など民間航空も輸送機としても採用されている。

スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)複葉双発飛行艇の諸元
全長Length: 15.151 m
全幅Wingspan: 22.86 m
全高Height: 6.22 m
主翼面積Wing area: 134.5 m2
空虚重量Empty weight: 9,697 lb (4,398 kg)
総重量Gross weight: 15,200 lb (6,895 kg)
最大離昇重量Max takeoff weight: 18,000 lb (8,165 kg)
発動機Powerplant:ネイピア(Napier)ライオン(Lion)W型12気筒水冷エンジン500 hp (370 kW)2基
最高速力Maximum speed: 95 mph (153 km/h, 83 kn)/海面上
航続距離Range: 544 mi (875 km, 473 nmi) /速力86 mph (75 kn; 138 km/h)/高度 2,000 ft (610 m)
航続時間Endurance: 6.3時間
実用上昇限度Service ceiling: 5,950 ft (1,810 m)
最高上昇限度Absolute ceiling: 8,100 ft (2,500 m)
上昇時間Time to altitude: 6,000 ft (1,800 m)/29分42秒
口径.303インチ(7.7 mm)ルイス(Lewis)機関銃3挺
爆弾搭載量Bombs: 1,100 lb 主翼下面に懸架

⇒写真集Album:スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)双発飛行艇を見る。


3.サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.17 カティーサーク(Cutty Sark)双発飛行艇


写真(上)192304月4日、イギリス空軍(RAF)サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.17カティーサーク(Cutty Sark)双発飛行艇(VH-UNV)
;1929年7月4日初飛行。ゴム主輪は、胴体脇に引き上げられている。これは、飛行中と水上滑走・停泊中は、主輪で空気抵抗・水抵抗が大きくなるのを防ぐためである。ただし、後のウォーラス飛行艇、シーオッター飛行艇のように、降着装置を下主翼下面の格納することはできない。
English: Saro Cutty Sark Date 1930 Source Flight, April 4, 1930 Author Unknown author
写真はWikimedia Commons, Category:Saunders-Roe_Cloud >File:Saro cloud 001.jpg引用。



写真(上)1929年11月以前、イギリス空軍(RAF)サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.17カティーサーク(Cutty Sark)双発飛行艇(VH-UNV)
;1929年7月4日初飛行、生産機数12機の機体だが、1929年11月に要覧が作成され限定で配布された。The Saunders "Cutty Sark" commercial seaplane (British) : a high-wing monoplane flying boat1929年11月発行、に掲載された写真。 Document ID 19930090386 Document Type Other Date Acquired September 6, 2013 Publication Date November 1, 1929 Report/Patent Number NACA-AC-105 Distribution Limits Public Copyright Work of the US Gov. Public Use Permitted.
English: Saro Cutty Sark photo from NACA Aircraft Circular No.105 Date 1 November 1929 Source https://ntrs.nasa.gov/archive/nasa/casi.ntrs.nasa.gov/19930090386.pdf Author NACA Aircraft Circular
写真はWikimedia Commons, Category:Saunders-Roe_Cloud >File:Saro cloud 001.jpg引用。



写真(右)1933年7月以降、水上滑走しているイギリス空軍サンダース・ロー(Saunders-Roe)サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.17カティーサーク(Cutty Sark)
;陸上用のゴム主輪は、水上では波と水中での抵抗を受けないように上に引き上げられている。2翅プロペラ装備。
Ben Cloud Collection Photo(in-correct)< PictionID:6509692 Title:Saunders-Roe, A.19, Cloud - Filename: 01_00087152.TIF - Image from the Ben Cloud Special Collection---Captain Benjamin Cloud was a U.S. Navy pilot who worked in reconnaissance at various stages of his long career, including on the cusp of the Vietnam War. Eventually he would be assigned command of that unit making him one of the first African-American officers to command a squadron. ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はFlickers.San Diego Air and Space Museum Archive- Catalog:01_00087152 - 引用。


飛行艇は、
1)海面上で離着水して運用される水密性堅牢性
2)波のある洋上離着水時の水圧、特に波浪や離着水時の高速水上滑走でも飛行艇の船体が破損・変形しないような堅牢性
3)海水による機体の金属腐食防止
が重視される。


写真(上)1933年7月以降、陸上未舗装飛行場で待機しているイギリス空軍サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.17カティーサーク(Cutty Sark)双発飛行艇の正面
;1929年7月4日初飛行、1930年に就役した。生産機数は12機。2翅プロペラ装備。
Visitor from I. of Wight G-AAIP Saunders-Roe ( Saro) A.17 Cutty Sark Collection: Edwin Newman Collection Album #: AL38 Page #: 18 Picture on Page: 7 Description : Visitor from I. of Wight Repository: San Diego Air and Space Museum Archivebr>写真はFlickers.San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: Iraq_01053 引用。



写真(右)1933年7月以降、陸上未舗装飛行場で待機しているイギリス空軍サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.17カティーサーク(Cutty Sark)双発飛行艇の正面
;2翅プロペラ装備。
Saro-Cloud Amphibian(in-correct) Catalog #: Iraq_01050 Collection: Edwin Newman Collection Album #: AL38 Page #: 18 Picture on Page: 4 Description : Saro-Cloud Amphibian Repository: San Diego Air and Space Museum Archivebr>写真はFlickers.San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: Iraq_01050 引用。


写真(右)2008年9月、アームストロング(Armstrong Siddeley)ジェネット(Genet:ヤマネコ)・メジャー(Major)I空冷星形5気筒エンジン(排気量 4.1 L)65 hp ;このアームストロング・ジェネット(Armstrong Siddeley Genet)I空冷星形5気筒エンジンは、イギリスのサロA.19クラウド(Cloud)双発水陸両用飛行艇、サザン(Southern)マートレット(Martlet)スポーツ機、ドイツのユンカース(Junkers)A50 ユニオール(Junior)スポーツ機などが装備した発動機で1926年に初稼働した。出力は初期型65 hpから後期型80 hpまで向上している。
English: Armstrong Siddeley Genet aero engine Date 21 September 2008 Source Own work Author Nimbus227 .
写真はWikimedia Commons, Category:Armstrong Siddeley Genet >File:ASGenet.JPG引用。


アームストロング(Armstrong Siddeley)ジェネット(Genet)空冷星形7気筒エンジン65 hp (123 kW) の諸元
ボアBore: 4 in (101.6 mm)
ストロークStroke: 4 in (101.6 mm)
排気量Displacement: 251.43 cu in (4.1 L)
全長Length: 28.5 in (724 mm)
直径Diameter: 34 in (863.6 mm)
乾燥重量Dry weight: 168 lb (76 kg)
性能Performance
出力Power output: 65 hp / 1,800 rpm
圧縮比Compression ratio: 5.2:1
出力重量比Power-to-weight ratio: 0.38 hp/lb

図(右)2017年3月、サザン・マートレット(Southern Martlet)スポーツ機(G-AAYX)の装備したアームストロング(Armstrong Siddeley)ジェネット(Genet:ヤマネコ)・メジャー(Major)II空冷星形5気筒エンジン80 hp (60 kW);サザン飛行機(Southern Aircraft Company)の開発したマートレットは、曲芸飛行などに用いられた民間機で、1929年初飛行、生産機数6機。全長6.17 m、全幅7.62 m、総重量 1,030ポンド(467 kg)、最高速力181 km/h,航続距離450 km, 発動機は アームストロング・ジェネット(Armstrong Siddeley Genet)II空冷星形5気筒エンジン80 hp (60 kW)
G-AAYX Southern Martlet @ Old Warden 19/03/2017 Date 19 March 2017 Source G-AAYX Author Mike Burdett from CROMER, UK.
写真はWikimedia Commons, Category:Southern Martlet of the Shuttleworth Collection >File:G-AAYX (32762809863).jpg引用。


サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.17カティーサーク(Cutty Sark)双発飛行艇が装備したアームストロング・ジェネット・メジャー(Armstrong Siddeley Genet Major I)空冷星形5気筒エンジン105 hp (78 kW)のシリンダー5気筒から7気筒に増加したもの。
アームストロング(Armstrong Siddeley)ジェネット・シベット(Civet I)空冷星形7気筒エンジン165 hp (123 kW) の諸元
ボアBore: 4.25 in (107.95 mm)
ストロークStroke: 4.5 in (114.3 mm)
排気量Displacement: 452.01 cu in (7.3 L)
全長Length: 38.8 in (985.5 mm)
直径Diameter: 38.15 in (970 mm)
乾燥重量Dry weight: 327 lb (148 kg)
性能Components
燃料形式Fuel type: 77 オクタン(Octane)揮発油
冷却方式Cooling system: 空冷(Air-cooled)
性能Performance
出力Power output: 165 hp (123 kW) / 2,425 rpm /海面上asl.
圧縮比Compression ratio: 5:1
出力重量比Power-to-weight ratio: 0.5 hp/lb


写真(右)1937年、オーストラリア東岸、クイーンズランド(Queensland)州ブリスベーン北、レッドクリフ、遊覧飛行のサンダース・ロー(Saunders-Roe)A.17カティーサーク(Cutty Sark)双発水陸両用飛行艇(VH-UNV)
;1929年4月15日初飛行。ゴム主輪は、胴体脇に引き上げることができる。これは、飛行中と水上滑走・停泊中は、主輪で空気抵抗・水抵抗が大きくなるのを防ぐためである。ただし、後のウォーラス飛行艇、シーオッター飛行艇のように、降着装置を下主翼下面の格納することはできない。
English: Saro Cutty Sark amphibious plane at Redcliffe, 1937 Cutty Sark plane took people for joy rides at Sutton's Beach, Redcliffe, for 10/- ($1.00) a ride. (Description supplied with photograph). Date 1937 Source Item is held by John Oxley Library, State Library of Queensland.
写真はWikimedia Commons, Category:VH-UNV (Saro Cutty Sark) >File:StateLibQld 2 188179 Saro Cutty Sark amphibious plane at Redcliffe, 1937.jpg引用。


カティーサーク」(Cutty Sark)とは、19世紀、イギリスで建造された快速帆船 (clipper)で、インド・極東中国からイギリスまで嗜好品としてブームとなった紅茶を輸送する 快速帆船clipper)の1隻である。大きさは、全長:80-100メートル、全幅10-12メートル、満載時の喫水6-8メートル、総トン数1000トン程度である。

1869年、イギリス、ダンバートンのスコット・アンド・リントン造船所で建造された「カティーサーク」(Cutty Sark)の構造は、木金混合で、船体は鉄フレームにニレ材の外板張り、甲板とデッキハウスはチーク材張り、メイン・フォアのロアーマストとロアーヤードは金属製、その他の円柱構造は松材を使っている。飛行艇は飛行機だが、やはり当時は木製あるいは木金混合構造だった。

快速帆船clipper)というのは、19世紀前半1年半かかっていた遠距離輸送を半年以内に、痛めることなく贅沢品を富裕層・上流階級の手元にいち早く届けるという意味である。優秀なクリッパー(clipper)での航海日数は、上海からロンドンまで、100日から120日であった。

しかし、1869年のスエズ運河の開通で、ヨーロッパから、地中海と紅海を経由してインド洋までの航路が大幅に短縮されると、このスエズ運河を通る交易ルートが主流になった。しかし、スエズ運河は、細長い運河であり、風任せの帆船で通過することは困難だった。そこで、スエズ運河の通航に有利な汽帆船・汽船が紅茶輸送の主役となり、快速帆船clipper)の地位は低下してしまった。汽帆船・汽船など蒸気機関を搭載した船舶が帆船に取って代わっていったのである。

図(右)1929年、サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.17カティーサーク(Cutty Sark)双発水陸両用飛行艇の座席(図2・3)、追加ヒンジ式座席(図5)、胴体側方下面の水中ブレーキ、図4は左主翼下の浮舟フロートの内部構造と機首の貨物ハッチ;発動機はヘルメスエンジン装備。
The Saunders "Cutty Sark" commercial seaplane (British) : a high-wing monoplane flying boat1929年11月発行、に掲載された図解。 Document ID 19930090386 Document Type Other Date Acquired September 6, 2013 Publication Date November 1, 1929 Report/Patent Number NACA-AC-105 Distribution Limits Public Copyright Work of the US Gov. Public Use Permitted.
English: Saro Cutty Sark photo from NACA Aircraft Circular No.105 Date 1 November 1929 Source https://ntrs.nasa.gov/archive/nasa/casi.ntrs.nasa.gov/19930090386.pdf Author NACA Aircraft Circular
English: Saro Cutty Sark 3-view drawing from NACA Aircraft Circular No.105 Date 1 November 1929 Source ntrs.nasa.gov Author NACA Aircraft Circular.
写真はWikimedia Commons, Category:Saro Cutty Sark >File:Saro cutty sark detail drawing NACA Aircraft Circular No.105.jpg引用。


図(右)1929年、サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.17カティーサーク(Cutty Sark)双発水陸両用飛行艇の三面縮尺図;発動機はヘルメスエンジン装備。
The Saunders "Cutty Sark" commercial seaplane (British) : a high-wing monoplane flying boat1929年11月発行、に掲載された図解。 Document ID 19930090386 Document Type Other Date Acquired September 6, 2013 Publication Date November 1, 1929 Report/Patent Number NACA-AC-105 Distribution Limits Public Copyright Work of the US Gov. Public Use Permitted.
English: Saro Cutty Sark photo from NACA Aircraft Circular No.105 Date 1 November 1929 Source ntrs.nasa.gov Author NACA Aircraft Circular
English: Saro Cutty Sark 3-view drawing from NACA Aircraft Circular No.105 Date 1 November 1929 Source ntrs.nasa.gov Author NACA Aircraft Circular.
写真はWikimedia Commons, Category:VH-UNV (Saro Cutty Sark) >File:Saro cutty sark 3-view NACA Aircraft Circular No.105.jpg引用。


サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.17カティーサーク(Cutty Sark)双発水陸両用飛行艇の諸元
乗員Crew: 2名(正副操縦士)
乗客Capacity: 2 pax / 貨物搭載量:510 ポンド (231 kg)
全長Length: 34 ft 4 in (10.46 m)
全幅Wingspan: 45 ft 0 in (13.72 m)
全高Height: 11 ft 2 in (3.40 m)
主翼面積Wing area: 320 sq ft (30 m2)
空虚重量Empty weight: 2,725 lb (1,236 kg)
総重量Gross weight: 3,865 lb (1,753 kg)
燃料容積Fuel capacity: 40 英ガロン (48 US gal; 182 L)/主翼内燃料タンク2個
発動機Powerplant: アームストロング(Armstrong Siddeley)ジェネット(Genet:ヤマネコ)・メジャー(Major)I空冷星形5気筒エンジン105 hp (78 kW)2基
プロペラPropellers: 2-翅固定ピッチ
性能Performance
最高速力Maximum speed: 107 mph (172 km/h, 93 kn)
巡行速力Cruise speed: 93 mph (150 km/h, 81 kn)
航続距離Range: 315 mi (507 km, 274 nmi)
実用上昇限度Service ceiling: 9,000 ft (2,700 m)
上昇率Rate of climb: 500 ft/min (2.5 m/s)


4.サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19/A.29 クラウド(Cloud)双発飛行艇


写真(上)1930年7月、イギリス、サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19/1 クラウド(Cloud)双発飛行艇試作1号機(L4)
:1930年7月に初飛行、登録コードG-ABCJを付与された。その後カナダに売却され、登録コードCF-AREとして、1931年12月から1934年1月まで就航した。
C/n A.19/1 was the prototype and first flew in July 1930, allotted the 'Class B' marking L-4, later it was reregistered G-ABCJ. Originally it had two 300 hp Wright J-6 Whirlwind engines to facilitate maintenance in Canada, where its purchaser, Captain R. Holt, operated it between December 1931 and January 1934, as CF-ARE...
写真は, Уголок неба.  A.19/29 Cloud引用。


イギリスのサンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19/1 クラウド(Cloud)双発飛行艇試作1号機(L4)は、1930年7月15日にライト(Wright)J-6 空冷星形エンジン300 hp(224 kW)2基を搭載して初飛行、登録コードG-ABCJを付与された。その後カナダに売却され、登録コードCF-AREとして、1931年12月から1934年1月まで就航した。このほか、チェコスロバキア航空Czechoslovak State Airline)も1機を購入し就航させている。


写真(右)1930年7月、イギリス、停泊するサンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19/1 クラウド(Cloud)双発飛行艇試作1号機(L4)左側面
;1930年7月に初飛行、登録コードG-ABCJを付与された。その後カナダに売却され、登録コードCF-AREとして、1931年12月から1934年1月まで就航した。ゴム主輪は、胴体脇に引き上げられている。これは、飛行中と水上滑走・停泊中は、主輪で空気抵抗・水抵抗が大きくなるのを防ぐためである。ただし、後のウォーラス飛行艇、シーオッター飛行艇のように、降着装置を下主翼下面の格納することはできない。 C/n A.19/1 was the prototype and first flew in July 1930, allotted the 'Class B' marking L-4, later it was reregistered G-ABCJ. Originally it had two 300 hp Wright J-6 Whirlwind engines to facilitate maintenance in Canada, where its purchaser, Captain R. Holt, operated it between December 1931 and January 1934, as CF-ARE...
Прототип Cloud
写真は写真はУголок неба.A.19/29 Cloud  Доп. информация :引用。


フライング・クラウド」(Flying Cloud)とは、19世紀、アメリカで建造された快速帆船 (clipper)で、1854年にニューヨーク(New York)から南アメリカ最南端フエゴ島ホーン岬(Cape Horn)を回ってサンフランシスコ(San Francisco)までのレースを、89日間8時間で帆走し優勝した。このホーン岬経由のアメリカ横断航路は、第一次世界大戦勃発時の1914年8月にパナマ運河(Panama Canal)が開通し、意味をなさなくなったこともあって、1854年から1989年までの130年間、世界最速移動記録だった。

フライング・クラウド」(Flying Cloud)の大きさは、全長69メートル、全幅12.7メートル、満載時の喫水6.5メートル、総トン数1098トンである。ドナルド・マッケイ(Donald McKay)設計になり、1848年から1855年にかけてアメリカ西部カリフォルニア州のゴールドラッシュ(Gold Rush)の時のアメリカ大陸横断に一役買った。その後にイギリス船籍となって、オーストラリアやニュージーランドとの交易に活躍したが、汽船の普及した1875年に退役している。


写真(上)1930年7月15日以降、イギリス、サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19 クラウド(Cloud)双発飛行艇試作1号機(G-ABHG)右側面
;1930年7月15日に アームストロング(Armstrong Siddeley)リンクス(Lynx) IVC空冷星形7気筒エンジン(排気量12.4 L)215 hp 2基を装備したが、不調だったために、215 hp その後、プラット・アンド・ホイットニー R-1340ワスプ(Wasp)C 空冷星型9気筒エンジン425 hp (317 kW)に換装した。エンジンの周囲に、操縦性を改良するために垂直尾翼フィンと方向舵ラダーを追加している。
A.19/2 Cloud A.19/2Special variant powered by three 215 hp Armstrong Siddeley Lynx IVC engines and registered G-ABHG. Due to problems with theengine installation it was re-engined with two 425 hp (317 kW) Pratt & Whitney Wasp C radials before delivery. It was also fitted with an auxiliaryaerofoil above the engines and twin fins and rudders to improve directionalcontrol. Sold to Imperial Airways in 1940 as a crew trainer but damagedbeyond repair in 1941 and scrapped.
写真はУголок неба.A.19/29 Cloud Доп. информация :引用。


海上で運用される飛行艇の特徴は、
1)海面上で滑走・離着水する際の水密性と堅牢性の確保
2)波のある海上における滑走・離着水する際の水圧、特に波浪や高速水上滑走時の安定性と船体の破損・変形を防ぐ強度の確保
3)海水による機体の金属部品あるいは木製船体の腐食の防止
があげられる。海面上で運用可能な飛行艇は、陸上機と比較して、形状、構造の上で不利であり、その分、飛行性能の低下、運用負荷の追加が伴った。

また、海上や湖水だけではなく、陸上飛行場にも離着陸できる水陸両用飛行艇も開発されたが、これは船体に加えて、陸上用のゴム主輪を2個、尾輪を1個を装備するタイプである。しかし、海上での使用時にこのゴム主輪は水の抵抗を受けて水上安定性の悪化につながる上に、飛行中も車輪がある分だけ空気抵抗が大きくなり、飛行性能が低下する。そこで、陸上用のゴム主輪降着装置を備えた水陸両用飛行艇では、ゴム主輪を引き込むことあるいは折り畳むことができるようになっている。


写真(右)1933年7月以降、湖水に停泊するイギリス製サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19/5クラウド(Cloud)双発飛行艇5号機(G-ACGO)左側面
;A.19 クラウド(Cloud)双発飛行艇は5機生産されたが、このG-AGCO / OK-BAK は1933年に初飛行し、欧州巡回飛行をし、各国への売り込みに使われた。その後、チェコスロバキア航空(Czechoslovak State Airline)が購入し、登録コードOK-BAKを付与して、運航に使用した。
A.19/5 Powered by two Armstrong Siddeley Serval III and registered G-ACGO. First flown in 1933, it went on a sales tour of Europe and was sold to the Czechoslovak State Airline as OK-BAK and re-engined with Walter Pollux radials. The fuselage is preserved at the Kbely Aircraft Museum, Prague
写真はУголок неба.A.19/29 Cloud Доп. информация :引用。


イギリス製サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19/5クラウド(Cloud)双発飛行艇(第5号機:G-AGCO)は5機生産された最終機である。サロ社は、サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19/5クラウド(Cloud)双発飛行艇(第5号機:G-AGCO)は1933年に初飛行した直後、欧州への売込み巡回飛行に使用され、各国の民間航空会社への輸出促進が企図された。

販売キャンペーンの甲斐があって、チェコスロバキア航空Czechoslovak State Airline)は、このサンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19/5クラウド(Cloud)双発飛行艇(第5号機:G-AGCO)を輸入し、就役させた。それに際して、登録コードOK-BAKが付与された。

チェコスロバキア航空のサロ(SaRo)A.19/5クラウド(Cloud)双発飛行艇(OK-BAK)の金属製胴体は、チェコ共和国、プラハ軍事史研究所クベリ航空博物館(Kbely Aviation Museum: Letecké Muzeum Kbely)に保管されている。


写真(上)1934年頃、イギリス空軍(RAF)、飛行中のサンダース・ロー(Saunders-Roe:SARO)A.29 クラウド(Cloud)双発飛行艇(K-2098)
;原型試作1号機は1930年7月15日初飛行。ゴム主輪は、胴体脇に引き上げられている。これは、飛行中と水上滑走・停泊中は、主輪で空気抵抗・水抵抗が大きくなるのを防ぐためである。ただし、後のウォーラス飛行艇、シーオッター飛行艇のように、降着装置を下主翼下面の格納することはできない。
A Saro Cloud of the Royal Air Force Date 1930s Source Thetford, Owen (1957) Aircraft of The Royal Air Force 1918-57, London: Putnam, pp. p.358 Author Air Ministry Photo
写真はWikimedia Commons, Category:Saro Cutty Sark >File:Saro Cutty-Sark.jpg引用。


サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19 クラウド(Cloud)双発飛行艇は、1930年7月15日にライト(Wright)J-6空冷星形エンジン300 hp(224 kW)2基を搭載して初飛行、登録コードG-ABCJを付与された。その後イギリス空軍も発動機をアームストロング(Armstrong Siddeley)セルバ(Serval)IIIあるいはV 10気筒空冷エンジン2基340 hp (250 kW) に換装して、A.29 クラウド(Cloud)双発飛行艇として制式した。A.29 クラウド(Cloud)双発飛行艇は、16機が生産され、主に飛行艇操縦訓練部隊で使用された。


写真(右)1933年頃、イギリス、水上滑走するイギリス空軍(RAF: Royal Air Force)サロ(SARO)クラウド(Cloud)複葉双発飛行艇
;2翅プロペラ装備。
Ben Cloud Collection Photo PictionID:6509687 Title: Saunders-Roe, A.19, Cloud - Filename: 01_00087151.TIF - Image from the Ben Cloud Special Collection---Captain Benjamin Cloud was a U.S. Navy pilot who worked in reconnaissance at various stages of his long career, including on the cusp of the Vietnam War. Eventually he would be assigned command of that unit making him one of the first African-American officers to command a squadron. ---Please Tag these images so that the information can be permanently stored with the digital file.---Repository:
写真はFlickers.San Diego Air and Space Museum - Catalog:01_00087151 - 引用。



写真(右)1934年頃、イギリス、沿岸を低空飛行するイギリス空軍サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.29 クラウド(Cloud)飛行艇試作1号機(K-2894)左側面

A.29 Cloud Военный А.29 отличался увеличенными рулями высоты, ужесточением оперения и мотоустановкой. Опытный образец не строили. Головной серийный "Клауд" для ВВС изготовили в мае 1933 г. Основноеназначение - учебно-тренировочный гидросамолет. Выпуск серии осуществлялся на заводе "Саундерс Роу" в Ист-Коувсе. Всего построен 21 экз., из них 16 военных..
写真はУголок неба.A.19/29 Cloud Доп. информация :引用。


イギリス空軍(RAF)サンダース ロー(Saunders-Roe)A.19 クラウド(Cloud)双発飛行は、飛行艇なので海上で離着水するが、陸上用にゴム主輪も備えた水陸両用飛行艇である。離降着の時に主輪は、胴体脇に降ろされ、滑走路に船体をこすらないようにする。

他方、水陸両用飛行艇は、飛行中あるいは水上滑走・停泊中は、ゴム主輪を降ろしたままだと、空気抵抗あるいは水抵抗が大きいので、胴体の脇に主輪を引き上げる。

つまり、イギリス空軍(RAF)サロ(Roe)A.19 クラウド(Cloud)双発飛行の降着装置は引込み式の一種であるが、後のスーパーマリン・ウォーラス単発飛行艇、シーオッター単発飛行艇のように、離着陸用の降着装置を下主翼下面の格納することはできない。

写真(右)1934年頃、イギリス、イギリス空軍(RAF)サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.29 クラウド(Cloud)双発飛行艇(K3722):A.19クラウド飛行艇試作1号機は1930年7月に初飛行、登録コードG-ABCJを付与された。その後カナダに売却され、登録コードCF-AREとして、1931年12月から1934年1月まで就航した。
Total production of the Cloud was sixteen, the last being delivered in January 1935; their serial numbers were K2894 to K2898, K3722 to K3729 and K4300 to K4302 (c/n A.29/1 to A.29/16)." ...
写真は, Grace's Guide File:Im19321117FL-Iris5.jpg引用。


サンダース・ロー(Saunders-Roe:SARO)A.19 クラウド(Cloud)双発飛行艇は、前作サンダース ロー(Saunders-Roe)A.17カティーサーク(Cutty Sark)双発飛行艇(1929年7月4日初飛行)の搭乗乗客者数を8名に増やした発展型で、1930年7月15日にライト(Wright)J-6空冷星形エンジン300 hp(224 kW)2基を搭載して初飛行した。 そして4機が民間に販売された。

写真(右)1935年頃、イギリス、農地上空を低空飛行するイギリス空軍サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.29 クラウド(Cloud)双発飛行艇
"Клауд" приняли на вооружение британских ВВС в августе 1933 г. С этого времени он эксплуатировался как учебный и транспортный. В феврале 1935 г. этими машинами вооружили одну боевую эскадрильюдля применения амфибий в качестве ближних разведчиков. В июле 1939 г. эти самолеты начали снимать с вооружения, но начало Второй мировой войны вынудило использовать "Кпауд" для патрулированияпобережья и как самолеты ПЛО. Выпуск военных А.29 прекратили в январе 1935 г., гражданских А. 19 - в июле 1933 г. Военные машины все списали осенью 1939 г., последняя гражданская амфибия А. 19 эксплуатировалась до мая 1941 г.
写真はWikimedia Commons, Category:Saunders-Roe_Cloud >File:Saro Cloud (Bulletin Walter, No. 5, 1935).jpg引用。


イギリス空軍(Royal Air Force)の国籍マークは、青白赤の同心円であり、さらに垂直尾翼には赤白青の縦縞四角マーク「フィン・フラッシュ」(Fin Flash)が標準的だった。ただし、 白は目立ちやすかったために、同心円でもフィン・フラッシュでも幅を狭くすることも少なくなかった。赤白青のイギリス空軍の国籍記章は、フランス国旗の青白赤と並びが逆だが、白黒写真では紛らわしく判別困難である。

カナダ空軍(Canadian Air Force :CAF) は第一次世界大戦後の1920年に創設され、陸軍、海軍から独室した空軍である。1924年4月には王立カナダ空軍(Royal Canadian Air Force: RCAF;フランス語:Aviation royale canadienne:ARC)の正式名称を得た。1920-1946年の王立カナダ空軍(Royal Canadian Air Force: RCAF)の国籍マークは、イギリス空軍(Royal Air Force)と同様に、青白赤の同心円であり、さらに垂直尾翼には赤白青の縦縞四角マーク「フィン・フラッシュ」(Fin Flash)が標準的だった。赤白青のイギリス・カナダ空軍の国籍記章は、フランス国旗の青白赤と並びが逆だが、白黒写真では紛らわしく判別困難である。

1946年からの王立カナダ空軍(Royal Canadian Air Force: RCAF)国籍マークは、カナダの国章と同じく赤楓(カエデ)が同心円マークに描かれ、フィン・フラッシュは、中央の白の幅が著しく細くされた。

写真(右)1935年5月15日、カナダ、サンダース・ロー(Saunders-Roe:SARO)A.19 クラウド(Cloud)双発飛行艇(CF-ARB);イギリス製の水陸両用双発旅客飛行艇でカナダでも個人所有の民間輸送機として使用された。降着装置のゴム主輪は、主翼から緩衝装置付きの支柱で支えられているので、水陸両用で使用できる。主輪は、引き上げることはできるが、下主翼下面の格納することはできない。
Čeština: Saro Cloud (Bulletin Walter, No. 5, 1935) Date 15 May 1935 Source Bulletin Walter. Vol. 1934, No. V-1934 (May), p. 8., Publisher: Akciová společnost Walter, továrna na automobily a letecké motory, Praha XVII - Jinonice Author Bulletin Walter (neznámý, unknown)
写真はWikimedia Commons, Category:Saunders-Roe_Cloud >File:Saro Cloud ExCC.jpg引用。


海洋航空実験所では、サンダース・ロー(Saunders-Roe:SARO)A.19 クラウド(Cloud)双発飛行艇の操縦訓練をするとともに、さらに三発以上の大型飛行艇の操縦訓練の前段階としての操縦訓練も実施された。

イギリス空軍仕様サロ(Roe)A.29 クラウド(Cloud)飛行艇はアームストロング(Armstrong Siddeley)セルバ(Serval)III空冷星形10気筒エンジン(排気量17.7 L)340 hp装備、16機生産され、船内のキャビンに余裕があり、複数の航空地図机上台を置くこともできたので、

訓練には便利だった。最終のサロ(SARO)A.19 クラウド(Cloud)双発飛行艇が空軍に納入されたのは、1935年で、それ以降、主に訓練用飛行艇として、1939年7月まで任務に就いている。


写真(右)1933-1934年頃、飛行する民間用サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19 クラウド(Cloud)双発飛行艇(CF-ARB)
;1930年7月15日初飛行のイギリス製の水陸両用双発旅客飛行艇でカナダでも個人所有の民間輸送機として使用された。降着装置のゴム主輪は、主翼から緩衝装置付きの支柱で支えられているので、水陸両用で使用できる。主輪は、引き上げることはできるが、下主翼下面の格納することはできない。
English: Saro Cloud Source Canadian Forces Expired crown copyright. All images made by canadian forces more than 50 years ago.
写真はWikimedia Commons, >File:Saro Cloud ExCC.jpg引用。



図(右)イギリス空軍(RAF)サンダース・ロー(Saunders-Roe:SARO)A.19/5クラウド(Cloud)双発飛行艇(K2895)の右側面
;シガレットカード(Cigarette cards)に描かれた図案。概ね特徴を捉えているが、機首と胴体後上方の銃座は軍事機密で描いていない。
TitleThe Saro 'Cloud'. Names Godfrey Phillips (Firm) (Publisher )Collection Cigarette cards LAir-craft. Dates / OriginPlace: U.K.Library locationsGeorge Arents Collection  Shelf locator: Arents Cigarette Cards Genres Cigarette cards Trade cards Notes Citation/reference: Cartophilic reference books, P50-88Content: Godfrey Phillips Ltd.Type of ResourceStill imageIdentifiersNYPL catalog ID (B-number): b15262620 )
写真はWikimedia Commons, Category:Saunders-Roe_Cloud >File:Saro A.19 Cloud OK-BAK (8254578837).jpg引用。


民間機だったサンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19 クラウド(Cloud)双発飛行艇は、軍用への転換を図るために、イギリス海軍のフェリックストウ基地にある海洋航空実験所(Marine Aircraft Experimental Establishment)に評価審査のために送られた。そして船体に若干の改装をされ、1933年8月にイギリス空軍RAFカルショット(Calshot)にある水上機訓練飛行隊(Seaplane Training Squadron)に配備された。


写真(上)1937年12月、チェコスロバキア、水上滑走中のチェコスロバキア航空サンダース・ロー(Saunders-Roe:SARO)A.19/5クラウド(Cloud)双発飛行艇(DK-BAK)
;発動機をンチェコ製ワルター(Walter)ポルック(Pollux)空冷星形9気筒エンジン(排気量21.9L)240 kW (320 hp)に換装、2翅固定ピッチ・プロペラを装備。ゴム主輪は、胴体脇に引き上げられている。これは、飛行中と水上滑走・停泊中は、主輪で空気抵抗・水抵抗が大きくなるのを防ぐためである。
Čeština: Walter Pollux II-R a Saro Cloud Date 1 December 1937 Source Představení společnosti A.S. Walter (bulletin). I. vyd. Praha XVII - Jinonice: Akciová společnost Walter, továrna na automobily a letecké motory, 1937. 40 s. Author neznámý (unknown)
写真はWikimedia Commons, Category:Saunders-Roe_Cloud >File:Saro cloud 001.jpg引用。


写真(右)1934-1935年、チェコスロバキア、チェコスロバキア航空のサンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19 クラウド(Cloud)双発飛行艇(G-ABCJ)
.A.19/1 Prototyp imatrikulace G-ABCJ poháněný hvězdicovými motory Wright J-6 o výkonu 300 k (224 kW), prodán do Kanady jako CF-ARB, vrácen do firmy Saro v roce 1934 a používán pro testy motorů. Na stroj byly nainstalovány motory Napier Rapier IV a pomocná nosná plocha za motorovými gondolami. Roku 1935 byl stroj pronajat Jersey Airways, vyřazen byl v dalším roce..
写真は, Modelářovo.cz.:・SEZNAMTE SE – SARO A-19 CLOUD引用。


チェコスロバキア航空(Czechoslovak State Airline)は、アームストロング(Armstrong Siddeley)セルバ(Serval)III空冷星形10気筒エンジン(排気量17.7 L)340 hp2基装備のサロ(SaRo)A.19/5 クラウド(Cloud)双発飛行艇双発飛行艇1機を購入した。

チェコスロバキア航空(Czechoslovak State Airline)のサロ(SaRo)A.19/5 クラウド(Cloud)双発飛行艇は、登録コードG-ACGOで1933年に初飛行し,イギリスから欧州大陸各地を巡回する輸出販売キャンペーンを行った。そして、新たな登録コードOK-BAKを付与されチェコ製発動機、ワルター(Walter)ポルック(Pollux)空冷星形9気筒エンジン(排気量21.9L)240 kW (320 hp)に換装した。

サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19 クラウド(Cloud)飛行艇の主翼はパラソル式で、その上にアームストロング(Armstrong Siddeley)セルバ(Serval)I空冷星形10気筒エンジンが装備されている。そのため、プロパラの位置が、水面よりもかなり上になり、波浪や飛沫の影響を受けにくくしている。胴体中部には、陸上の離着陸に使用するゴム主輪が取り付けられているが、水上あるいは空中では、主輪は引き上げられて抵抗を減少するように配慮されている。


写真(右)1935年、アームストロング(Armstrong Siddeley)セルバ(Serval)IIIあるいはV 10気筒空冷エンジン2基340 hp (250 kW)
;サロA.19クラウド(Cloud)双発飛行艇に2基装備された。サロ(SARO)とは、サンダース・ロー(Saunders-Roe)社の略語。
Armstrong Siddeley Serval aircraft engine Source Flightglobal online archive at: www.flightglobal.com Article Armstrong Siddeley Serval Portion used Cropped portion of page Purpose of use To illustrate historic aircraft engine article Other information Original image taken c.1935
写真はWikimedia Commons, Category:Wikipedia non-free historic files >File:Armstrong Siddeley Serval aircraft engine.jpg引用。


アームストロング(Armstrong Siddeley)セルバ(Serval)I空冷星形10気筒エンジンの諸元
ボアBore: 5 in (127 mm)
ストロークStroke: 5.5 in (139.7 mm)
排気量Displacement: 1,080 cu in (17.7 L)
全長Length: 54.25 in (1,378 mm)
直径Diameter: 45.6 in (1,158 mm)
乾燥重量Dry weight: 714 lb (324 kg)
燃料形式 Fuel type: 77 オクタン(Octane)ガソリン
性能Performance
出力Power output: 340 hp/2,000 rpm/海面上 asl.
圧縮比Compression ratio: 5:1
出力重量比Power-to-weight ratio: 0.47 hp/lb


写真(右)2012年10月、チェコ共和国、プラハ軍事史研究所クベリ航空博物館(Kbely Aviation Museum: Letecké Muzeum Kbely)に保管されているチェコスロバキア航空サンダース・ロー(Saunders-Roe:SARO)A.19/5クラウド(Cloud)双発飛行艇(DK-BAK)の金属製胴体右側
;サロ(SARO)とは、サンダース・ロー(Saunders-Roe)社の略語。ガラス窓3枚の並んだ客室キャビン。ゴム主輪は残っていないので、展示用に台車に乗せて水平にしている。
Originally 'G-ACGO' and now a very rare example of a British inter-war flying boat. msn A.19/5. On display in the Post War hangar, Kbely museum, Czech Republic. 07-10-2012 Date 7 October 2012, 10:35 Source Saro A.19 Cloud 'OK-BAK' Author Alan Wilson )
写真はWikimedia Commons, Category:Saunders-Roe_Cloud >File:Saro A.19 Cloud OK-BAK (8254578837).jpg引用。


サンダース ロー A.19 クラウド飛行艇 サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.29 クラウド(Cloud)双発飛行艇の諸元
乗員Crew: 2名(正副操縦士)
乗客Capacity: 4名から8名(訓練生)
全長Length: 50 ft 11.5 in (15.532 m)
全幅Wingspan: 64 ft (20 m)
全高Height: 16 ft 5 in (5.00 m)
主翼面積Wing area: 650 sq ft (60 m2)
空虚重量Empty weight: 6,800 lb (3,084 kg)
総重量Gross weight: 9,500 lb (4,309 kg)
発動機Powerplant: アームストロング(Armstrong Siddeley)セルバ(Serval)IIIあるいはV 10気筒空冷エンジン2基340 hp (250 kW)
プロペラPropellers: 2-翅固定ピッチ(fixed-pitch)
性能Performance
最高速力Maximum speed: 118 mph (190 km/h, 103 kn)
航続距離Range: 380 mi (610 km, 330 nmi)
航続時間Endurance: 4 hours
実用上昇限度Service ceiling: 14,000 ft (4,300 m)
丈量率Rate of climb: 750 ft/min (3.8 m/s)
兵装Armament
Guns: 0.303 in口径(7.7 mm)ルイス(Lewis)機関銃2挺(機首・後上方銃座)
爆弾Bombs: 4 x 50lb (22.7kg) 訓練弾

⇒写真集Album:サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19 クラウド(Cloud)双発飛行艇を見る。


5.サンダース・ロー(Saunders Roe)A.27 ロンドン(London)飛行艇


写真(上)1938年1月26日、オーストラリア、ニューサウスウェールズ州シドニー、イギリス空軍(Royal Air Force)第204飛行隊サンダース・ロー(Saunders Roe)A.27 ロンドン(London)飛行艇
:燃料タンクを胴体背面に増設した長距離仕様で、1937年から1938年にかけて、イギリス空軍第204飛行隊のサンダース・ロー((Saunders Roe)A.27 ロンドン(London)飛行艇は、シドニー植民地設立150周年を記念してイギリスからオーストラリアへの長距離飛行した。
English: A Saro London flying boat of No. 204 Squadron Royal Air Force Date 1930s Source Thetford, Owen (1957) Aircraft of The Royal Air Force 1918-57, London: Putnam, pp. p.360 Author Air Ministry Photo.
写真はWikimedia Commons, Category:Saro London File:Saro London 01.jpg引用。


イギリス航空省は、1930年にイギリス空軍向け長距離哨戒飛行艇の開発を要請し、ブラックバーン(Blackburn)社は、パラソル複翼、双垂直尾翼、発動機試ブリストル ペガサス II(Pegasus II)空冷エンジン2基の双発複葉飛行艇を開発し、試作機を1934年3月に初飛行させた。これがサンダース・ロー(Saunders Roe)A.27 ロンドン(London)双発飛行艇で、1936-1941年に就役、1934–1938年に31機が生産された。

1788年、オーストラリア東岸のシドニーにヨーロッパから初めての移民が入植した。1938年12月、このオーストラリア移民シドニー上陸150年を記念して、イギリスからシドニーに、イギリス空軍(Royal Air Force)のサンダース・ロー(Saunders Roe)A.27 ロンドン(London)飛行艇がオーストラリア移民開拓の記念長距離飛行をした。

写真(右)1938年1月26日、オーストラリア、ニューサウスウェールズ州シドニー、イギリス空軍(RAF)第204飛行隊サンダース・ロー(Saunders Roe)A.27 ロンドン(London)飛行艇
Flying boat on Sydney Harbour, 26 January 1938, taken for the Sun Newspaper, from original negative, State Library of New South Wales, ON 388/Box 072/Item 318 Date 26 January 1938 Source State Library of New South Wales, ON 388/Box 072/Item 318 Author Sun Newspaper .
写真はWikimedia Commons, Category:Saro London File:Flying Boat on Sydney Harbour, 26 January 1938.jpg引用。


1937年から1938年にかけて、イギリス空軍第204飛行隊のサンダース・ロー(Saunders Roe)A.27 ロンドン(London)双発飛行艇は、シドニー植民地設立150周年を記念してイギリスからオーストラリアへの長距離飛行した。この機体は、長距離飛行のために、燃料タンクを胴体背面に増設し航続距離を4180kmに伸ばした長距離特別仕様である。

胴体背部に大型燃料タンク・バルジを増設しているので、オーストラリア飛行の特別仕様サンダース・ロー(Saunders Roe)A.27 ロンドン(London)飛行艇は識別容易である。

写真(右)1938年、イギリス=オーストラリア間、植民地設立、イギリス空軍サンダース・ロー(Saunders Roe)A.27 ロンドン(London)飛行艇:機首密閉式コックピット左操縦席の左ガラス窓が開放されている。胴体背部に大型燃料タンク・バルジを増設している長距離仕様で、イギリス=オールトラリア間のオーストラリア植民150年記念飛行に使用された。
Aircraft of the Royal Air Force 1939-1945- Saro A.27 London. London Mark II, K5910 ‘BN-L’, of No. 240 Squadron RAF based at Sullom Voe, Shetland Islands, in flight over the North Sea. Date between 1939 and 1945 CH 1922 from the collections of the Imperial War Museums. Author Royal Air Force official photographer.
写真はWikimedia Commons, Category:Saro London File:Aircraft of the Royal Air Force 1939-1945- Saro A.27 London. CH1922.jpg引用。


イギリス空軍サンダース・ロー(Saunders Roe)A.27 ロンドン(London)飛行艇の諸元
乗員: 6名
全長: 17.23 m (56 ft 6 in)
全高: 5.72 m (18 ft 9 in)
全幅: 24.39 m(80 ft 0 in)
主翼面積: 132.4 m² (1,425 ft²)
空虚重量: 5,045 kg (11,100 lb)
総重量: 8,364 kg (18,400 lb)
最大離昇重量: 10,000 kg (22,000 lb)
発動機: ブルストル ペガサス X 空冷星型 915馬力 2基
爆弾搭載量: 爆弾、爆雷、機雷など合計902 kg (2000ポンド)

写真(右)1939年末、輸送船団の上空哨戒任務に就いている、イギリス空軍(Royal Air Force)第240飛行隊サンダース・ロー(Saunders Roe)A.27 ロンドン(London)飛行艇:右手前に主翼左右から吊り下げられている浮舟フロートが写っている。
Royal Air Force 1939-1945- Coastal Command A convoy in 'northern waters', seen from a No 240 Squadron Saro London, late 1939. Date between 1939 and 1945 HU 100029 from the collections of the Imperial War Museums. Author Royal Air Force official photographer.
写真はWikimedia Commons, Category:No. 240 Squadron RAF File:Royal Air Force 1939-1945- Coastal Command HU100029.jpg引用。


コンソリデーテッド(Consolidated)PBY イギリス空軍サンダース・ロー(Saunders Roe)A.27 ロンドン(London)飛行艇の性能
最高速力: 250 km/h(135ノット)/高度2,000 m
巡航速度: 206 km/h(111ノット)/高度6,000 m
フェリー飛行時航続距離: 2,800 km(1,510マイル)
航続距離: 1,770 km(956マイル)
実用上昇限度: 6,067 m (19,900 ft)
上昇率: 6.0 m/s (1,180 ft/min)
爆弾搭載量: 902 kg (2000 ポンド)


6.スーパーマリン(Supermarine)スカパ(Scapa)双発飛行艇

写真(右)1933年、イギリス南西海岸、サフォーク(Suffolk)州フィーリックストウ(Felixstowe)、イギリス海軍スーパーマリン(Supermarine)スカパ(Scapa)飛行艇;降着装置のゴム主輪は、主翼が展開されていれば、引き上げて下主翼下面の格納スペースに収めることができる。中央のブリストル(Bristol)ペガサス(Pegasus)VI 空冷9気筒エンジン775hpの後端は、空気抵抗を減少させるように流線形に整形されている。
A Royal Navy Supermarine Scapa at the Marine Aircraft Experimental Establishment, Felixstowe, Suffolk (UK), in 1933. Date 1933 ATP 8462B from the collections of the Imperial War Museums. Flag of the United Kingdom.svg Author British official photographer
写真はWikimedia Commons, Category:Supermarine Scapa >File:Supermarine Scapa.jpg引用。


スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)飛行艇の後継機は、1932年に登場したときサザンプトンIV 飛行艇と命名されていた。しかし、新鋭機として印象付けるために、1933年10月、スカパ(Scapa)飛行艇と改名された。

イギリス空軍の大型飛行艇の命名法は、イギリス本国、イギリス連邦自治国(ドミニオンのオーストラリア・カナダなど)、イギリス領植民地(ビルマ・マライなど)の都市名に因んで飛行艇の名称とした。

イギリスの双発以上の大型飛行艇は、シンガポール、ロンドン、サザンプトン、シドニー、サザンプトン、スカパと続いた。そして、サザンプトンIV飛行艇をストランラー(Stranraer)飛行艇と改名し、新鋭機を印象付け売り込みを図ったのである。両機の外見上の差異は、サザンプトン(Southampton)複葉双発飛行艇の3枚垂直尾翼が双尾翼になり、構造の上では木製胴体を金属製胴体とした。


図(上)1936年、イギリス、スーパーマリン(Supermarine)スカパ(Scapa)飛行艇の内部構造図

Supermarine Scapa detail drawing from NACA-AC-203 Date 1 March 1936 Source NASA:The Vickers-Supermarine "Scapa" (British) : a military flying boat Author NACA Aircraft Circular
写真はWikimedia Commons, Category:Supermarine Scapa >File:Supermarine Scapa detail NACA-AC-203.png引用。


スカパ(Scapa)飛行艇試作機(S1648)は、イギリス航空省の1931年のスペックR20/31で設計された。完成したスーパーマリン(Supermarine)スカパ(Scapa)飛行艇量産型は、1933年のスペックR19/33で開発され、イギリス空軍(RAF)の登録コードK4191からK4200、K7304からK7306を与えられ、1935年末までに配属された。

スーパーマリン(Supermarineスカパ(Scapa)飛行艇は、シュナイダー杯に出場したスーパーマリンS.5、S.6水上機を開発し、後にスピットファイア戦闘機を設計したレジナルド・J・ミッチェルによって設計された。1932年6月8日初飛行、1935年就役、生産機数15機、1939年退役。

1936年、スーパーマリン(Supermarine)スカパ(Scapa)飛行艇の三面図
Supermarine Scapa 3-view drawing from NACA-AC-203 Date 1 March 1936 NASA:The Vickers-Supermarine "Scapa" (British) : a military flying boat Author NACA Aircraft Circular
写真はWikimedia Commons, Category:Supermarine Scapa >File:Supermarine Scapa 3-view NACA-AC-203.png引用。


スーパーマリン(Supermarineスカパ(Scapa)水陸両用飛行艇の諸元
乗員Crew: 5名
全長Length: 53 ft 0 in (16.15 m)
全幅Wingspan: 75 ft 0 in (22.86 m)
全高Height: 21 ft 0 in (6.40 m)
主翼面積Wing area: 1,300 sq ft (120 m2)
空虚重量Empty weight: 10,030 lb (4,550 kg)
総重量Gross weight: 16,080 lb (7,294 kg)
発動機Powerplant: ロールスロイス(Rolls-Royce)ケストレル(Kestrel)IIIMS V-12型液令エンジン 525 hp (391 kW)
プロペラPropellers: 2-翅木製固定ピッチプロペラ
性能Performance
最高速力Maximum speed: 142 mph (229 km/h, 123 kn)/3,280 ft (1,000 m)
巡行速力Cruise speed: 100 mph (160 km/h, 87 kn) / 5,000 ft (1,524 m)
航続距離Range: 1,000 mi (1,600 km, 870 nmi)/2,650 lb (1,202 kg)
実用上昇限度Service ceiling: 15,500 ft (4,700 m)
上昇率Rate of climb: 625 ft/min (3.18 m/s)
上昇時間: 9,840 ft (2,999 m) / 20 分
翼面荷重Wing loading: 12.3 lb/sq ft (60 kg/m2)
出力比率Power/mass: 0.065 hp/lb (0.107 kW/kg)
兵装Armament 0.303 in (7.7 mm)ルイス(Lewis)機関銃の 機首1挺、胴体中央後部2挺
爆弾搭載量: 1,000 lb (454 kg)/主翼下面


7.イギリス空軍スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)双発飛行艇

写真(右)1940-1948年、訓練用帆船上空を飛行するカナダ空軍(RCAF)スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)飛行艇:1920-1946年のカナダ空軍の国籍マークとして、イギリス空軍同様、青白赤の同心円でその外側に黄色太い円を追加している。垂直尾翼の赤白青の縦縞「フィン・フラッシュ」(Fin Flash)は、赤白青の順であり、フランス国旗の青白赤と逆の順序で並んでいる。
Supermarine Stranraer Source Canadian Forces Expired crown copyright. All images made by canadian forces more than 50 years ago.
写真はWikimedia Commons, Category: Supermarine Stranraer of RCAF File:Supermarine Stranraer ExCC.jpg引用。


   スーパーマリン(Supermarine)は、スーパーマリン(Supermarine)スカパ(Scapa)飛行艇の発展型サザンプトンVを企画したが、これがレジナルド・ジョセフ・ミッチェル(Reginald Joseph Mitchell,:1895-1937)設計になるスーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)飛行艇の原型である。

スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)双発飛行艇 スーパーマリン・ストランラー(Stranraer)飛行艇は、総生産機数57機であるが、イギリスの本家スーパーマリン(Supermarine)社では17機生産されただけで、のこり40機はカナダ・ビッカース社(Canadian Vickers )でライセンス生産された。カナダ製スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)飛行艇は、カナダ空軍(Royal Canadian Air Force :RCAF)に配備され、対潜水艦哨戒、沿岸偵察の任務に就いた。その場合、爆雷や爆弾は、1000ポンド(450kg)まで搭載することができた。

ストランラー(Stranraer)はスコットランド南西海岸に面したトゥーンとして知られる歴史的街で、イギリス本土とスコットランドの間にある地峡の北側、ライアン湖のほとりに位置している。この由緒あるスコットランドの町ストランラー(Stranraer)が、レジナルド・ジョセフ・ミッチェルReginald Joseph Mitchell:1895-1937)が設計したスーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)双発飛行艇の名前の由来である。

コンソリデーテッド(Consolidated)PBY スコットランド西岸ストランラー(Stranraer)の水上機基地に、スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)飛行艇が初めて部隊配備された。この初のイギリス空軍に配備された基地名称ストランラー(Stranraer)が、この双発飛行艇の名前の由来になっている。ストランラー(Stranraer)飛行艇は、イギリス空軍(Royal Air Force)第240飛行隊に初めて配備されストランラー(Stranraer)基地で運用された。

1935年3月28日に初飛行したアメリカのコンソリデーテッド(Consolidated)PBYカタリナ(Catalina)双発飛行艇は、アメリカ海軍のほか、イギリス空軍(RAF)、カナダ空軍(Royal Canadian Air Force:RCAF)、オーストラリア空軍(Royal Australian Air Force:RAAF) でも制式され、哨戒、偵察、沿岸警備、船団護衛、海難救助に用いられた。また、PBY-5Aカタリナ飛行艇は、引き込み脚を装備して水陸両用飛行艇となったが、アメリカ陸軍航空隊も引込み式車輪を装備したOA-10Aカタリナ水陸両用飛行艇を制式し、海難救助機として用いている。

名機コンソリデーテッド(Consolidated)PBYカタリナ(Catalina)双発飛行艇は、カナダ・ヴィッカース社、カンナ・ボーイング社でもライセンス生産された。カタリナ(Catalina)双発飛行艇は1936年以来1945年までに3,276機が大量生産され、スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)飛行艇を上回った性能、信頼性を発揮した。つまりスーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)飛行艇を量産する意義は乏しかった。

スーパーマリンSupermarine S.5 スーパーマリン(Supermarine)スカパ(Scapa)飛行艇の発展型ストランラー(Stranraer)Mark I 飛行艇は、レジナルド・ジョセフ・ミッチェルReginald Joseph Mitchell:1895-1937)が設計した。

スーパーマリン(Supermarine)の設計技師レジナルド・ミッチェルReginald Mitchellは、第一次大戦後開催されたシュナイダー・トロフィー・水上機レースThe Schneider Trophy Race:1919-1931)に向けてスーパーマリン(Supermarine) S.5水上機を設計し、1927年シュナイダー杯(Schneider Trophy)で優勝を果たしている。

スーパーマリンSupermarine S.6 その後、レジナルド・ミッチェルReginald Mitchellは、1928年にスーパーマリン社支配人となり、1929年シュナイダー・トロフィーでスーパーマリン(Supermarine) S.6で参戦し優勝し、イギリス航空協会から表彰されていた。

さらにスーパーマリン(Supermarine)社は、1927年に次いで開された1929年シュナイダー杯(Schneider Trophy)にも、スーパーマリン(Supermarine) S.6高速水上機機で再び参加した。これも前作S.5改良型で、 レジナルド・ミッチェルReginald Mitchell)の設計になる。

1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、カナダはイギリス自治領ドミニオンとして即座に参戦した。王立カナダ空軍(Royal Canadian Air Force: RCAF ;フランス語:Aviation royale canadienne:ARC)は、おもにイギリス軍のための訓練部隊を養成するとともに、大西洋からイギリス本土までの防衛、さらに東南アジアのイギリス植民地の防衛にも兵力を割くようになった。実際に、戦時中の王立カナダ空軍(Royal Canadian Air Force: RCAF)司令部は、イギリスのロンドンに置かれていたのである。

ウォーラス(Walrus) レジナルド・ミッチェルReginald Mitchellは、は、高速水上機だけではなく、折り畳み式主翼を持つ単発のウォーラス(Walrus)水陸両用飛行艇を設計し、1933年6月21日に初飛行させている。スーパーマリン(Supermarine)ウォーラス(Walrus)水陸両用飛行艇は、船体と両翼の浮舟フロートを使って、水上で離着水するが、陸上用の降着装置として、ゴム主輪も装備している。このウォーラス(Walrus)水陸両用飛行艇の主脚は、飛行中、水上での運用中には、主脚を引き上げて、主翼下面に半開放式でゴム主輪を格納する。

ウォーラス スーパーマリン(Supermarine)ウォーラス(Walrus)Mark.I は、金属製胴体であるのに対して、ウォーラス(Walrus)Mark.IIは、木製胴体でサロ(Salo)、すなわちサンダース・ローSaunders-Roe)社が製造した。1936–1944年の間に、スーパーマリン(Supermarine)社は、主にMark.Iを288機、サロ(Saunders-Roe:Salo)社は、主にMark.IIを453機生産している。レジナルド・ジョセフ・ミッチェルReginald Joseph Mitchell)設計のスーパーマリン(Supermarine)ウォーラス(Walrus)水陸両用飛行艇は、合計741機が量産されている。

ウォーラス(Walrus)Mark.I 単発飛行艇は、1936-1944年に740機が生産されたが、開発メーカーのスーパーマリン社は少なく、量産メーカーは、サロ(SARO)社、すなわちサンダース・ロー社Saunders-Roe Limited:SARO)で行われた。

スーパーマリン(Supermarine)ウォーラス(Walrus)水陸両用飛行艇は、1944年1月に生産が終了となったが、総生産機数は741機である。このうち65%の453機は、ウォーラス(Walrus)Mark.IIで、サンダース・ロー(Saunders-Roe)社、すなわちこのサロ(Salo)社製である。

シーオッター シーオッター(Sea Otter)複葉飛行艇は、艦載機、海難救助などを目的とした単発飛行艇として、イギリス空軍イギリス海軍艦隊航空隊Fleet Air Arm:FAA)で制式、サンダース・ロー社Saunders-Roe Limited:SARO)で1943年から1946年6月までに292機が生産され、1950年代まで使用された。

スーパーマリン(Supermarine)のストランラー(Stranraer)飛行艇は、1934年7月24日に初飛行し、合計57機が量産され、最終機が就役したのは1939年4月3日と第二次世界大戦前に生産は中止され、新規配備は放棄された。このようにストランラー(Stranraer)飛行艇が早期に生産中止になった背景には、
1)第二次大戦勃発の危機、そして戦争開始によって、第一線機として爆撃機、戦闘機の量産が優先された、
2)1939年後半には、1937年10月16日初飛行のショート (Short)サンダーランド (Sunderland)四発飛行艇、アメリカのコンソリデーテッドPBY カタリナConsolidated PBY Catalina)飛行艇などスーパーマリン・ストランラーSupermarine Stranraer)飛行艇より高性能の代替飛行艇が存在していた、
ことが指摘できる。

スピットファイア さらに1934年、新型戦闘機として、全金属製引き込み脚単葉新鋭戦闘機の競争試作に加わった1936年3月5日、スーパーマリン(Supermarine)K5054スピットファイア(Spitfire)を初飛行させている。

1940年夏のイギリス本土航空決戦バトル・オブ・ブリテンに際してイギリス空軍スーパーマリン・スピットファイア(Spitfire)は、来襲したドイツ空軍爆撃機、戦闘機を撃退することに成功し、イギリスを救った戦闘機として称賛され、第二次世界大戦終戦までに2万3000機が量産された。

スーパーマリン(Supermarine)社の開発したシーオッター(Sea Otter)複葉飛行艇試作1号機の初飛行は、第二次世界大戦勃発前の1938年9月ですでにレジナルド・ミッチェル(Reginald Mitchell)は亡くなっている。

スピットファイア スーパーマリン(Supermarine)ウォーラス(Walrus)水陸両用飛行艇は、スピットファイア(Spitfire)設計者レジナルド・ミッチェル(Reginald Mitchell, 1895-1937.6.11)が開発し、1944年1月までに総生産機数は741機に達した。このうちウォーラス(Walrus)Mark.IIを中心に、453機はサロ(Salo: Saunders-Roe)社が生産している。 つまり、スーパーマリン(Supermarine)ウォーラス(Walrus)水陸両用飛行艇は、スーパーマリン(Supermarine)社の開発だが、スーパーマリン(Supermarine)での生産は半数以下の288機に留まった。これは、スーパーマリンではスピットファイア(Spitfire)戦闘機の量産に資本、資源、労働力を集中していたためである。

小型のスーパーマリン(Supermarine)ウェーラス単発複葉飛行艇やシーオッター単発水陸両用飛行艇は、水陸両用飛行艇であり、引込み式のゴム主輪降着装置を備えていた。しかし、大型のスーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)双発飛行艇では、簡易式で緩衝装置の不十分なゴム主輪降着装置では、離着陸時の大重量を十分に支えることができない。そこで、陸上に引き上げる場合だけ、仮設のゴム主輪、ドリー式ゴム車輪を装着したのである。

スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)飛行艇は、前作サザンプトン飛行艇の3枚垂直尾翼を双尾翼に変更し、胴体を木製から金属製としたが、この改良点は、本作スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)飛行艇にも引き継がれている。

王立カナダ空軍(Royal Canadian Air Force: RCAF)スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)双発飛行艇(920/CF-BXO)機首下側面には、周囲に金属製の手摺が張り巡らされている。この手摺は、海難救助に際して海上に着水した場合、飛行艇に近寄ってくる海面上の漂流者が、手をかけて掴まる手摺である。

スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)双発飛行艇よりも小型で、艦載機としても部隊配備されたスーパーマリン(Supermarine)ウォーラス(Walrus)水陸両用単発飛行艇、その後継機スーパーマリン(Supermarine)シーオッター(Sea Otter:ラッコ)単発飛行艇も、海難救助に多用され、第二次世界大戦終戦後も使用されているが、ストランラー飛行艇と同じように、機首の周囲に救助用の金属製手摺を設置している。

写真(右)2014年5月,イギリス、ロンドン北部、イギリス空軍博物館(RAF Museum London)、カナダ・ビッカース社(Canadian-Vickers)製造のカナダ空軍(RCAF)スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)飛行艇(920/CF-BXO)機首下面;飛行艇は海面上で離着水するために、水密性を保持しなくてはならないが、同時に離着水時の水圧によって船体が変形しないように堅牢性も重視されている。そこで、リベットが多数打ち込まれているが、空気抵抗のない沈頭鋲ではなく、空気抵抗を減らし、密閉性・低級性・堅牢性を重視して低頭鋲が採用されている。
Royal Air Force Museum Hendon Date 15 May 2014, 15:24 Source Royal Air Force Museum Hendon Author Paul Hudson from United Kingdom
写真はWikimedia Commons, Category: Supermarine Stranraer at RAF Museum London File:Royal Air Force Museum Hendon (14008804009).jpg引用。


スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)飛行艇(920/CF-BXO)の金属製胴体にはリベットが多数打ち込まれ、強度を保ちつつ、水密性を維持している。しかし、水上抵抗、造波抵抗、飛行中の空気抵抗の減少にも配慮しなくてはならない。抵抗減少の観点からは、リベットは沈頭鋲が有利であるが、空気抵抗を減らし、密閉性・低級性・堅牢性も両立させるためには、リベットは低頭鋲が有利である。

シーオッター(Sea Otter) スーパーマリン(Supermarineウォーラス(Walrus)水陸両用飛行艇は、スピットファイア(Spitfire)設計者レジナルド・ミッチェル(Reginald Mitchell, 1895-1937.6.11)が開発し、1944年1月に総生産機数は741機で生産が終了した。このうちウォーラス(Walrus)Mark.IIを中心に、453機はサロ(Salo: Saunders-Roe)社が生産している。

つまり、スーパーマリン(Supermarine)ウォーラス(Walrus)水陸両用飛行艇は、スーパーマリン(Supermarine)社の開発だが、スーパーマリンでの生産は半数以下の288機に留まった。これは、スーパーマリン(Supermarine)ではスピットファイア(Spitfire)戦闘機の量産に資本、資源、労働力を集中していたためである。

コンソリデーテッド(Consolidated)PBY イギリスの双発以上の大型飛行艇は、シンガポール、ロンドン、サザンプトン、シドニー、サザンプトン、スカパと続いた。そして、サザンプトンIV飛行艇をストランラー(Stranraer)飛行艇と改名し、新鋭機を印象付け売り込みを図った。サザンプトン(Southampton)飛行艇の3枚垂直尾翼はストランラー(Stranraer)飛行艇では双尾翼になり、木製胴体が金属製胴体に変更された。

1935年3月28日に初飛行したアメリカのコンソリデーテッド(Consolidated)PBYカタリナ(Catalina)双発飛行艇は、アメリカ海軍のほか、イギリス空軍(RAF)、カナダ空軍(Royal Canadian Air Force:RCAF)、オーストラリア空軍(Royal Australian Air Force:RAAF) でも制式され、哨戒、偵察、沿岸警備、船団護衛、海難救助に用いられた。

PBY-5Aカタリナ飛行艇は、引き込み脚を装備して水陸両用飛行艇となったが、アメリカ陸軍航空隊も引込み式車輪を装備したOA-10Aカタリナ水陸両用飛行艇を制式し、海難救助機として用いている。

コンソリデーテッド(Consolidated)PBY 名機コンソリデーテッド(Consolidated)PBY カタリナ(Catalina)双発飛行艇は、カナダ・ヴィッカース社、カナダ・ボーイング社でもライセンス生産された。カタリナ(Catalina)双発飛行艇は、1936年以来1945年までに3,276機が大量生産され、スーパーマリン(Supermarine)A.27 ロンドン(London)飛行艇、ショート(Short)シンガポール(Singapore)III 飛行艇を上回った性能、信頼性を発揮した。

つまり、アメリカから武器貸与法でカタリナ飛行艇が供与されるのであれば、イギリス製双発飛行艇を量産する意義は乏しかったのである。

⇒写真集Album:スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)飛行艇を見る。


8.ショート(Short)S.8/8 ラングーン(Rangoon)三発飛行艇

写真(右)1934年、オーストラリア東岸、クイーンズランド州東部、ブリスベーン市街・ブリスベーン川上空を飛行するイギリス空軍(RAF: Royal Air Force)ショート(Short)S.8/8 ラングーン(Rangoon)複葉飛行艇の3機編隊:
English: Two RAF Short Rangoon flying boats over the Brisbane River, heading for the mooring buoys. They were completing an exhibition fly-over of the city in 1934. Date 1934 Source Item is held by John Oxley Library, State Library of Queensland. Author Contributor(s): The Queensland Pictorial
写真はWikimedia Commons, Category:Short Rangoon File:StateLibQld 1 110576 Airforce seaplanes flying over Brisbane.jpg引用。



1931年初め、3機のイギリス空軍(RAF)ショート(Short)S.8/8 ラングーン(Rangoon)飛行艇が、イギリス東岸、サフォーク州フィーリックストウ(Felixstowe)のイギリス空軍訓練舞台に送られ、1931年4月にイラク、バスラの第203飛行隊に派遣された。目的は、イラク、ペルシャ湾における密貿易の哨戒任務である。のちに、この中東での任務は、後継機ショート(Short)シンガポール(Singapore)飛行艇に引き継がれた。ロンドン東30キロ、ケント州(Kent)ロチェスター(Rochester)、メッドウェイ川河口から初飛行したショート(Short)S.8/8 ラングーン(Rangoon)複葉飛行艇は、1931年に就役し、総生産機数は6機のみだが、中東イラクのバスラのイギリス空軍第203飛行隊にも配備された。

1930年9月24日初飛行のイギリス空軍(RAF)ショート(Short)S.8/8 ラングーン(Rangoon)複葉飛行艇は、1931年に就役し、中東イラク、バスラのイギリス空軍第203飛行隊にも配備された。しかし、総生産機数は6機のみで、1935年には退役している。


9.ショート(Short)シンガポール(Singapore)四発大型飛行艇

写真(右)1930年、イギリス、水上滑走しているイギリス空軍(RAF: Royal Air Force)ショート(Short)シンガポール(Singapore)II 複葉四発飛行艇試作機(N246):エンジンは上下主翼の間に前後に発動機を並べるタンデム串形配置で前方に牽引式2翅プロペラ、後方に推進式2翅プロペラを装備している。
Photograph of the Short Singapore II (N246) prototype flying boat. Author Unknown Source (WP:NFCC#4) Original publication: Unknown Immediate source: http://www.raf-in-combat.com/downloads/march-2014-short-singapore-15-photos/ Date of publication c.1930 Use in article (WP:NFCC#7) Short Singapore Illustrate content about the Singapore II prototype flying boat Other information 'The second Singapore, four-engine N246 seen while taking off early in its career with a single tail as used by N179, and still with an open cockpit and no ailerons on the lower wings.' )
写真はWikimedia Commons, Category:No. 240 Squadron RAF File:Consolidated Catalina Mk II of No. 240 Squadron RAF based at Stranraer in Scotland, March 1941. CH2448.jpg引用。


シンガポール ショート(Short)シンガポール(Singapore)飛行艇は、1934年6月15日に初飛行、当時は最大級の大型飛行艇で、それを串形タンデム配置の発動機2基2組、四発動機で動かした。

シンガポール(Singapore)飛行艇の発動機は、ロールスロイス・ケストレルV型12気筒液冷エンジン730hp4基で、上下複葉の間に置かれ、下主翼に乗った整備士が左右から整備することができる。シンガポール(Singapore)飛行艇エンジン冷却器ラジエイターは、上下複葉を支える中央の2本の支柱に設置されている。垂直尾翼は3枚、水平尾翼は1枚ある。しかし、試作1基のみで運用試験に使われただけで終わった。シンガポール(Singapore)複葉飛行艇は、双発から四発機まで各型合計で1934–1937年の間に37機が量産された。

⇒写真集Album:ショート(Short)シンガポール(Singapore)II 複葉四発飛行艇を見る。


10.イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)パース(Perth)三発飛行艇

写真(右)1932年11月、イギリス、イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)飛行艇:1933-1934年の間に4機が生産された。1934年に就役し、1938年に退役。発動機はアイリスの最終型と同じで、ロールスロイス(Rolls-Royce)(Buzzard)IIMS 排気量2,239.3 in³(36.7 L)V-12型液令エンジン出力825 hp (615 kW)3基装備。ただし、このBuzzard IIMS(H.XIIMS)は、1932-1933年に69機が生産されたに過ぎない。
November 1932. Iris Mk 5. (Flight 1932/11/17). R.B.1D / Iris V This was the final variant. Three Iris Mk IIIs were fitted with 825 hp (615 kW) Rolls-Royce Buzzard IIMS piston engines..
写真は, Grace's Guide File:Im19321117FL-Iris5.jpg引用。


イギリス空軍ブラックバーン(Blackburn)R.B.3A アイリス(Iris)三発飛行艇は、1933年10月11日初飛行で、総生産機数4機、1938年に退役し、後継機のブラックバーン(Blackburn)R.B.3A パース(Perth)飛行艇が替わって就役した。

⇒写真集Album:ブラックバーン(Blackburn)パース(Perth)三発飛行艇を見る。


11.アメリカのシコルスキー(Sikorsky)S-36双発飛行艇

写真(右)1927年10月頃,アメリカ東端、メイン州(Maine:ME)南西部、州都ポートランド(Portland)南10キロ、オールドオーチャード(Old Orchard)海岸に引き返してきた女性事業家フランシス・グレイソン(Frances Grayson)のシコルスキー(Sikorsky)S-36水陸両用飛行艇「曙」"The Dawn" (NX-1282; c/n 3) の稼働する右発動機:ライト (Wright)R-790ワールウィンド(Whirlwind)空冷星形9気筒エンジン 排気量90立方インチ(12.9 L) 200 hp (149 kW)2基装備だが、エンジンカウリングのない発動機(左)にはカバーが掛けられている。ブライス・ゴールドスボロース(Brice Goldsborough),女性事業家フランシス・グレイソン(1892-1927),オスカー・オムダル(Oskar Omdal):
Plane Dawn Lewiston, ME. Creator: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Aviation: Boardman, Earhart & Grayson Date: 1917-1934 (approximate) Publisher: Boston Public Library, Print Department Genre: Glass negative Extent: 4 x 5 in
写真はBoston Public Library , Leslie Jones: The Camera Man BPL Accession: 08_06_002096引用。


1927年初飛行のアメリカ製シコルスキー(Sikorsky)S-36水陸両用飛行艇は、乗客6-8人乗りの下主翼左右に浮舟フロートを装備した飛行艇だが、胴体中央部下左右側面にゴム車輪を装備し、陸上での離着陸も可能な水陸両用飛行艇である。S-36装備した発動機は、ライト (Wright)R-790ワールウィンド(Whirlwind)空冷星形9気筒エンジン 排気量90立方インチ(12.9 L) 200 hp (149 kW)2基で、小型軽量で固定ピッチ2翅プロペラを駆動する。生産機数は6機のみ。

⇒写真集Album:シコルスキー(Sikorsky)S-36水陸両用飛行艇を見る。


12 .シコルスキー(Sikorsky)S-38水陸両用飛行艇

写真(右)1930年代,アメリカ、水上で係留中のシコルスキー(Sikorsky)S-38飛行艇:上主翼の上に2人の男性が乗って、ゴムホースで主翼上面の燃料タンクに給油作業をしている。
AL231 Davis Album Photo_000142 Image from a photo album (AL-231) showing San Diego during the 1930s and the Canal Zone in Panama. Unknown Donor.
写真はflicker, SDASM Archives AL231 Davis Album Photo_000142引用。


シコルスキー(Sikorsky)S-38水陸両用飛行艇は、全長12.3メートル、全幅21.8メートル、発動機はプラット・アンド・ホイットニー (Pratt & Whitney)R-1340 ワスプ(Wasp)空冷星型9気筒420 hp2基搭載、巡航速力は時速165キロ、航続距離960キロで、8-10名の乗客を乗せることができる。

シコルスキー(Sikorsky)S-38水陸両用行艇は、1928年5月25日の初飛行以来10年以上が経過しても、使いやすく、経済的で、信頼性があったために、1940年代になっても現役で使用されていた。100機以上が量産され、21世紀になってもレプリカとして再生産された機体が飛行している。

⇒写真集Album:シコルスキー(Sikorsky)S-38水陸両用飛行艇を見る。


13.ドルニエ(Dornier)Do-18飛行艇


写真(右)1930-1931年頃、ドイツ、ドルニエDo 18 D飛行艇
;1933年ナチ党政権樹立以来、ドイツの国籍標識には、垂直尾翼に赤帯、白丸、黒の鍵十字を描いているが、この民間航空の国籍標識は、1935年のドイツ再軍備宣言、ドイツ空軍創設以降も引き継がれ、1939年9月の第二次世界大戦勃発まで続く。大戦では、この赤白の国籍指標は廃止され、ナチ党逆卍を白縁取りの黒で描いている。エンジンは主翼上面に3翅プロペラの液冷エンジンを2基の串型に配備している。
SDASM Archives Ray Wagner Collection Image PictionID:46170028 - Catalog:16_007459 - Title:Dornier Do 18D Nowarra
Collection - Filename:16_007459.TIF - Image from the Ray Wagner Collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation.
写真はSDASM Archives・PictionID:46170028引用。


ドルニエDo18飛行艇は、戦前からルフトハンザ航空などの民間航路で活躍し、1939年に第二次世界大戦が勃発してからも、信頼性と航続力の高さを活かして、ドイツ空軍で当初は、哨戒偵察機として、後には、後方における連絡用務輸送、海難救助の任務で活躍した。生産機数は100機と飛行艇としては、それなりに量産されている。

⇒写真集Album:ドルニエ(Dornier) Do 18飛行艇を見る。


14.スーパーマリン(Supermarine)ウォーラス(Walrus)水陸両用飛行艇

写真(右)1941年末以降、イギリス南岸、ドーセット(Dorset)、ワームウェル(Warmwell)の飛行場に駐機するイギリス空軍第276あるいは第277飛行隊のスーパーマリン(Supermarine)ウォーラス(Walrus:セイウチ)Mark I水陸両用飛行艇
IWM caption : Walrus Mark I (no serial number visible) of Nos. 276 or 277 Squadrons RAF, on the ground at Warmwell, Dorset. Date World War II CH 18540 from the collections of the Imperial War Museums. Author RAF Warmwell Royal Air Force official photographe 写真はWikimedia Commons, Category:Supermarine Walrus >File:Supermarine Walrus at Warmwell WWII IWM CH 18540.jpg引用。


ウォーラス(Walrus) スーパーマリン(Supermarine)ウォーラス(Walrus)Mark.I 飛行艇は、本来、冒険飛行用にカタパルトから射出可能な水陸両用飛行艇として、スピットファイア(Spitfire)と同じレジナルド・ジョセフ・ミッチェルReginald Joseph Mitchell:1895-1937)技師の設計になり、当初は、シーガル(Seagull)Vと呼ばれていた。

スーパーマリン(Supermarine)シーガル(Seagull)Vの試作機を、イギリス海軍艦隊飛行隊(FAA)第702飛行隊が、40.6cm45口径三連装砲塔3基9門搭載のネルソン(Nelson)級戦艦 (Nelson class Battleship)の艦載機として試験的に使用し、イギリス空軍が1935年8月に制式した。 スーパーマリン(Supermarine)ウォーラス(Walrus)は、ブリストル(Bristol)ペガサス(Pegasus)IIM2 空冷9気筒エンジン620 HP1基搭載の単発飛行艇として、イギリス海軍巡洋艦・戦艦の艦載機としての利用された。しかし、戦局の好転と旧式化のために、1944年2月には中止された。

⇒写真集Album:スーパーマリン(Supermarine)ウォーラス(Walrus)飛行艇を見る。


15.スーパーマリン(Supermarine)シーオッター(Sea Otter:ラッコ)複葉飛行艇

写真(右)1943-1945年頃、イギリス艦隊飛行隊スーパーマリン(Supermarine)シーオッター(Sea Otter)水陸両用飛行艇の正面;降着装置のゴム主輪は、引き上げて下主翼下面の格納スペースに収めることができる。
The Royal Navy during the Second World War An aerodrome study of the Supermarine Sea Otter I. A 27225 from the collections of the Imperial War Museums. Flag of the United Kingdom.svg Author Royal Navy official photographer Associated themes Fleet Air Arm 1939-1945, Royal Navy 1939-1945 Author Daan Noske / Anefo Reconnaissance, naval aviation
写真はWikimedia Commons, Category:Supermarine Sea Otter >File:The Royal Navy during the Second World War A27225.jpg引用。


イギリス海軍艦隊飛行隊(Fleet Air Arm)は、1930年代から1950年代初めまで、当初はスーパーマリン(Supermarine)ウォーラス(Walrus:セイウチ)水陸両用飛行艇を、次いでスーパーマリン(Supermarine)シーオッター(Sea Otter:ラッコ)水陸両用飛行艇を制式し、サンダース・ロー社Saunders-Roe Limited:SARO)で量産して、艦載偵察機、弾着観測機、そして海難救助機として長らく使用していた。ともに折り畳み式複葉、単発、3-4人乗りの艦載可能な小型飛行艇で、左右の下主翼に海上用の固定式浮舟フロートを付けていると同時に、陸上用の引込み式ゴム主輪2輪も装着していた。

シーオッターSea Otter ウォーラス(Walrus:セイウチ)飛行艇も、海で捕食するが、沿岸で生息する水陸両用の哺乳類セイウチ科のウォーラス(Walrus:セイウチ)から命名している。シーオッター(Sea Otter:ラッコ)は、北アメリカ大陸から千島列島の岸に棲息する食肉目イタチ科で、寒冷な海にすむために良質な毛皮で覆われている。イギリス軍の水陸両用飛行艇は、陸上でも海でも行動できる哺乳類である水陸両棲の哺乳類から命名されている。

レジナルド・ジョセフ・ミッチェルReginald Joseph Mitchell:1895-1937)が設計したーパーマリン(Supermarine)ウォーラス(Walrus)複葉飛行艇の後継機が、スーパーマリン(Supermarine)シーオッター(Sea Otter)複葉飛行艇で、1938年9月23日に初飛行したが、生産は1942年から、部隊配備は1943年からに遅れた。

シーオッター スーパーマリン(Supermarine)シーオッター(Sea Otter)飛行艇は、ウォーラス(Walrus)飛行艇後継機として1943年から1946年7月の生産中止までにサンダース・ロー社Saunders-Roe Limited:SARO)で合計293機が生産され、イギリス海軍Royal Navy艦隊航空隊Fleet Air Arm : FAA)、イギリス空軍RAF:Royal Air Force)で制式されている。

スーパーマリン(Supermarine)シーオッター(Sea Otter)複葉飛行艇の生産は、スーパーマリン社ではなく、サンダース・ロー社Saunders-Roe Limited:SARO)で行われ、 592機の発注がなされた。しかし、生産機数は第二次大戦後の1946年7月までに合計292機だった。

⇒写真集Album:スーパーマリン(Supermarine)シーオッター(Sea Otter)単発飛行艇を見る。


2011年7月刊行の『写真・ポスターに見るナチス宣伝術-ワイマール共和国からヒトラー第三帝国へ』青弓社(2000円)では、反ユダヤ主義、再軍備、ナチ党独裁、第二次世界大戦を扱いました。
 ここでは日本初公開のものも含め130点の写真・ポスターを使って、ヒトラーの生い立ち、第一次大戦からナチ党独裁、第二次大戦終了までを詳解しました。
バルカン侵攻、パルチザン掃討戦、東方生存圏、ソ連侵攻も解説しました。

◆毎日新聞「今週の本棚」に『写真・ポスターから学ぶ戦争の百年 二十世紀初頭から現在まで』(2008年8月25日,青弓社,368頁,2100円)が紹介されました。ここでは,第二次大戦,ユダヤ人虐殺・強制労働も分析しました。


ナチ党ヒトラー独裁政権の成立:NSDAP(Nazi);ファシズムの台頭
ナチ党政権によるユダヤ人差別・迫害:Nazis & Racism
ナチスの優生学と人種民族:Nazis & Racism
ナチスの再軍備・人種差別:Nazism & Racism
ナチスT4作戦と障害者安楽死:Nazism & Eugenics
ドイツ国防軍のヒトラー反逆:Ludwig Beck
ゲオルク・エルザーのヒトラー暗殺未遂:Georg Elser
ポーランド侵攻:Invasion of Poland;第二次大戦勃発
ワルシャワ・ゲットー写真解説:Warsaw Ghetto
ウッジ・ゲットー写真解説:Łódź Ghetto
>シーオッターSea Otterヴィシー政権・反共フランス義勇兵:Vichy France :フランス降伏
バルカン侵攻:Balkans Campaign;ユーゴスラビア・ギリシャのパルチザン
バルバロッサ作戦:Unternehmen Barbarossa;ソ連侵攻(1)
スターリングラード攻防戦;Battle of Stalingrad :ソ連侵攻(2)
ワルシャワゲットー蜂起:Warsaw Uprising
アンネ・フランクの日記とユダヤ人虐殺:Anne Frank
ホロコースト:Holocaust;ユダヤ人絶滅
アウシュビッツ・ビルケナウ収容所の奴隷労働:KZ Auschwitz
マウトハウゼン強制収容所:KZ Mauthausen
ヒトラー:Hitler
ヒトラー総統の最後:The Last Days of Hitler
自衛隊幕僚長田母神空将にまつわる戦争論
ハワイ真珠湾奇襲攻撃
ハワイ真珠湾攻撃の写真集
開戦劈頭の「甲標的」特別攻撃隊
サイパン玉砕戦:Battle of Saipan 1944
沖縄玉砕戦と集団自決:Battle of Okinawa 1945
沖縄特攻戦の戦果データ
戦艦「大和」天1号海上特攻 The Yamato 1945
人間爆弾「桜花」Human Bomb 1945
人間魚雷「回天」人間爆弾:Kaiten; manned torpedo
海上特攻艇「震洋」/陸軍特攻マルレ艇
日本陸軍特殊攻撃機キ115「剣」
ドイツ軍装甲車Sd.Kfz.250/251:ハーフトラック
ドイツ軍の八輪偵察重装甲車 Sd.Kfz. 231 8-Rad
ソ連赤軍T-34戦車
VI号ティーガー重戦車
V号パンター戦車
ドイツ陸軍1号戦車・2号戦車
ドイツ陸軍3号戦車・突撃砲
ドイツ陸軍4号戦車・フンメル自走砲
イギリス軍マチルダMatilda/バレンタインValentine歩兵戦車
イギリス陸軍A22 チャーチル歩兵戦車: Churchill Infantry Tank Mk IV
イギリス軍クルーセーダーCrusader/ カヴェナンター/セントー巡航戦車
イギリス陸軍クロムウェル/チャレンジャー/コメット巡航戦車
アメリカ軍M3Aスチュアート軽戦車/M3グラント/リー中戦車
アメリカ陸軍M4シャーマン中戦車Sherman Tank
イギリス軍M4A4シャーマン・ファイアフライ Sherman Firefly戦車
シャーマン・クラブフライル地雷処理戦車 Sherman Crab Flail
英軍M10ウォルブリン/アキリーズ駆逐自走砲GMC

アンネの日記とユダヤ人
与謝野晶子の日露戦争・日中戦争
ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He111爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-188爆撃機/Ju388高高度偵察機
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
ブロームウントフォッスBV138飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機/夜間戦闘機
ドイツ空軍(Luftwaffe)メッサーシュミット戦闘機
ドイツ空軍フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw-190戦闘機
ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥
ハンセン病Leprosy差別

2022年2月14日開設の当サイトへのご訪問ありがとうございます。写真,データなどを引用する際は,URLなど出所を明記してください。
連絡先: torikai007@yahoo.co.jpp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
東海大学HK社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Fax: 0463-50-2078
東海大への行き方|How to go
Flag Counter


Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 10,000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.
Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2022 All Rights Reserved.