Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内

◆NAF H-16民間仕様エアロマリン(Aeromarine)75飛行艇 写真(右)1920年10月、アメリカ東部、ニューヨーク港沖を低空飛行するエアロマリン(Aeromarine)75「サンタ・マリア」(Santa Maria);シェトランド諸島にあるキャットファース(Catfirth)水上機地は、一次世界大戦のイギリス海軍航空隊はイギリス空軍フィリックストウ(Felixstowe)F5 飛行艇のアメリカ仕様の民間旅客輸送型。
The Santa Maria before formal christening of October 1920. The photo dates to the summer of 1920 over NYC harbour.
写真はWikimedia Commons, Category:Felixstowe F.5 >File:Felixstowe F.5 (Gosport Aircraft Company).jpg引用。



写真(上)1920年11月頃、キューバの首都バハマ、停泊中のエアロマリン(Aeromarine)75 飛行艇「サンタマリア」(Santa Maria)双発飛行艇
;左側の木製胴体部分は形を成しているが、主翼は中央部分のみでまだ取り付け前の状態である。
Another, though brighter, view of the Santa Maria in Havana Harbour, again seen against the ramparts of the Fortaleza de la Cabaña.It may well be that both this and the photo immediately above are from Aeromarine's inaugural service of November 1, 1920. The USM (United States Mail) pennant flying in the bow hatch is not known to have been used other than during special occasions during the earliest days of the airline. (Photo taken by Joseph Buck, US Consul to Cuba; courtesy of Chris Edwards)
写真は, The Aeromarine Website Photos of Aeromarine aircraft page 2引用。

1.海軍航空工廠(Naval Aircraft Factory)F.5L /カーチス(Curtiss)H-16飛行艇

写真(右)1918年3月27日、第一次世界大戦終盤、アメリカ東部、ペンシルベニア州(Pennsylvania)フィラデルフィア(Philadelphia)海軍航空工廠(Naval Aircraft Factory:NAF)から引き出された完成したばかりの海軍航空工廠(NAF)H-16 (F-5L)双発飛行艇(A-1049);手前には、飛行艇のあるいは工場の材料となる木材や鋼管が並んでいる。
Title: NAF H-16 Flying Boat Caption: Buno A-1049 (Originally designated Navy Model C-1) leaving the assembly building, Naval Aircraft Factory Philadelphia, Pennsylvania, 27 March 1918. This was the first NAF built plane. Description: Catalog #: NH 60784 Copyright Owner: Naval History and Heritage Command Original Creator: Original Date: Wed, Mar 27, 1918.
写真は, Naval History and Heritage CommandArchive >NH 92079 USS SANDPIPER (AM-51)-引用。


アメリカのカーチス(Curtiss)H-1飛行艇「アメリカ」は、大西洋無着陸横断はじめて成し遂げ、その発展型カーチス(Curtiss)H-12双発飛行艇は、1914年7月23日、第一次世界大戦の勃発直前に初飛行した。 これを原型にしてイギリスが開発したのがフィーリックストウ (Felixstowe)F-2 双発飛行艇で、ロールスロイス(Rolls-Royce)イーグル(Eagle)VIII液冷V-12気筒エンジン345 hp (257 kW)2基を装備し、1917年11月に初飛行し、イギリスのショート社などで50機、日本の海軍工廠などで110機、合計163機が生産された。

写真(右)1918年、第一次世界大戦終盤、アイルランド南岸、コーブ (Cobh)沖、接岸しようとする海軍航空工廠(NAF)H-16 (F-5L)双発飛行艇(A-1076);アイルランドの大西洋に面した主要港コーブ (Cobh)は、1849年にイギリスビクトリア女王の訪問を記念してクイーンズタウンと改名した。ここからは多数のアイルランド人がアメリカに移民として渡り、1912年4月11日、客船タイタニックの最後の寄港地でもあった。1922年のアイルランド自由国の成立でアイルランド風のコーブ (Cobh)に復元された。
Title:H-16 aircraft Description: Naval Aircraft Factory H-16 (BUNO A-1076) at Queenstown, Ireland. This plane was designed by Curtiss and produced by N.A.F., 1918. Catalog #: NH 61148.
写真は, Naval History and Heritage CommandArchive >NH 92079 USS SANDPIPER (AM-51)-引用。


イギリス空軍(Royal Air Force)のフィーリックストウ (Felixstowe)F-5 双発飛行艇は、アメリカ海軍にも採用され、アメリカ東岸、ワシントンDC北50キロ、ペンシルベニア州(Pennsylvania)フィラデルフィア(Philadelphia)の海軍航空工廠で,アメリカ製リバティーエンジンに換装されてF-5ーLとして 227機もが生産された。

イギリス製フィリックストウ(Felixstowe)F5飛行艇のアメリカ版が、海軍航空工廠(NAF) F-5-L飛行艇で、イギリス製ロールスロイスエンジンをアメリカ製リバティー(Liberty)12A液令12気筒エンジン400hp 2基に換装した。そこで、リバティー(Lerty)のLをとって、F-5-L飛行艇と命名したのである。


写真(上)1918年、第一次世界大戦終盤、アイルランド南岸、コーブ (Cobh)、水上機基地の滑走台ランプ(すべり)に引き上げ作業中のフィラデルフィア(Philadelphia)海軍航空工廠(Naval Aircraft Factory:NAF)製造の海軍航空工廠(NAF)H-16 (F-5L)双発飛行艇
; 水上機基地の滑走台ランプ(すべり)に引き上げるために、多数の地上勤務員がロープを引いている。
Title: Title: Naval Air Station, Queenstown, Ireland Caption: Curtiss H-16 flying boat on the ramp, circa 1918. Description: Catalog #: NH 2596 Copyright Owner: Naval History and Heritage Command.
写真は, Naval History and Heritage CommandArchive >NH 2596 Naval Air Station, Queenstown, Ireland引用。


第一次世界大戦期にイギリスで生産されたルイス軽機関銃(Lewis Gun )を原型として、アメリカが開発し採用したのが、1918年型ルイス機関銃、すなわち.30-06口径7.62mmM1918ルイス(Lewis)機関銃Lewis Machine Gun 30-U.S. Government Airplane Model 1918)である。この1918年式ルイス(Lewis)機関銃は、アメリカ軍将校アイザック・ニュートン・ルイスIsaac Newton Lewis)により設計されたが、アメリカでは制式されず、輸出用となった。


写真(右)1918年3月25日、第一次世界大戦終盤、アメリカ東部、ペンシルバニア州、フィラデルフィア(Philadelphia)海軍航空工廠(Naval Aircraft Factory:NAF)、海軍航空工廠(NAF)H-16 (F-5L)双発飛行艇機首の1918年式.30-06口径7.62mmM1918ルイス航空機関銃
;イギリス陸軍が制式し、バーミンガム小火器工廠(BSA:ベサ)でルイス機関銃(Lewis Gun )として生産された。13キロと軽量で有効な小火器だったために、第一次世界大戦では、フランス陸軍、アメリカ陸軍も制式し、後に日本海軍も九二式七粍七機銃(留式7.7ミリ機銃)として制式している。
Title: Naval aircraft factory C-1 flying boat (Curtiss H-16 design) Caption: Lieutenant Arthur E.J. Male, USNRF, in gunner's bow position, with a Lewis aircraft machine gun, at the Naval Aircraft Factory Philadelphia, Pennsylvania, 25 March 1918. Note bomb sight on the plane's side, beside the gunner. Description: Catalog #: NH 43130.
写真はikimedia Commos, Naval History and Heritage CommandArchive >NH 2596 Naval Air Station, Queenstown, Ireland引用。


イギリス陸軍はバーミンガム小火器工廠(BSA:ベサ)でルイス機関銃(Lewis Gun)を生産した。これは13キロと軽量で有効な小火器だったために、第一次世界大戦では、フランス陸軍、アメリカ陸軍も制式し、後に日本海軍も九二式七粍七機銃(留式7.7ミリ機銃)として制式している。アメリカ陸軍は、M1918ルイス(Lewis)機関銃(Lewis Machine Gun 30-U.S. Government Airplane Model 1918)の弾薬をイギリス軍.303ブリティシュ(British) 7.7×56mmR(リムド)からアメリカ軍の.30-06スプリングフィールド(Springfield) 7.62×63mm(リムレス))に変更し.30-06口径7.62mmM1918ルイス(Lewis)機関銃Lewis Machine Gun 30-U.S. Government Airplane Model 1918)、すなわち1918年式ルイス(Lewis)機関銃を制式した。


写真(上)1918-1919年頃、第一次世界大戦終了後、アメリカ東部、ワシントンD.C. アナコスティア(Anacostia)川に待機するアナコスティア海軍基地 (Naval Air Station, Anacostia)のアメリカ海軍航空隊カーチス(Curtiss)H-16 双発飛行艇

Title: CURTISS F-5L FLYING BOAT Caption: In the Anacostia River off the Naval Air Station, Anacostia, D.C. after World War I. The army war college is in the background. The vertical "stripe" effect was used during the early post-war years for better visibility during fleet maneuvers. Description: Catalog #: NH 70988 Copyright Owner: Naval History and Heritage Command.
写真は, Naval History and Heritage CommandArchive >NH 70988 CURTISS F-5L FLYING BOAT-引用。


写真(右)1919-1921年頃、第一次世界大戦終了後、アメリカ東部、アメリカ海軍水上機母艦/掃海艇「サンドパイパー」(USS Sandpiper:イソシギ (AM-51))にデリックで釣り上げられたアメリカ海軍航空隊カーチス(Curtiss)H-16 双発飛行艇(68)
Title: USS SANDPIPER (AM-51) Caption: Lowering an F5L overboard, 1921. Description: Catalog #: NH 92079 Copyright Owner: Naval History and Heritage Command.
写真は, Naval History and Heritage Command Archive >NH 92079 USS SANDPIPER (AM-51)-引用。


写真(右)1921年頃、第一次世界大戦終了後、アメリカ東部、アメリカ水上機母艦/掃海艇「サンドパイパー」(USS SANDPIPER (AM-51))にデリックで釣り上げられているアメリカ海軍航空隊カーチス(Curtiss)H-16 双発飛行艇(37)
Title: USS SANDPIPER (AM-51) Caption: Lowering an F5L overboard, 1921. Description: Catalog #: NH 92079 Copyright Owner: Naval History and Heritage Command.
写真は, Naval History and Heritage CommandArchive >NH 92079 USS SANDPIPER (AM-51)-引用。


アメリカ海軍水上機母艦/掃海艇「サンドパイパー」(USS Sandpiper)の諸元
造船Builder:ペンシルベニア州(Pennsylvania)フィラデルフィア海軍工廠(Philadelphia Navy Yard)
起工Laid down 15 November 1918
進水Launched 28 April 1919
就役Commissioned 9 October 1919, Minesweeper No.51
退役Decommissioned 10 December 1945
艦種変更Reclassified
AM-51, 17 February 1920
AVP-9, 22 January 1936
日本海軍水上機母艦 相良丸 排水量Displacement 840 long tons (853 t)
全長Length 187 ft 10 in (57.25 m)
全幅Beam 35 ft 6 in (10.82 m)
吃水Draft 10 ft 4 in (3.15 m)
最高速力Speed 14 knots (26 km/h; 16 mph)
乗員Complement 78名
兵装Armament
2 × 3 インチ(76 mm) 砲
2 × 機関銃

写真(右)1919年1月14日、第一次世界大戦後期、アメリカ(?)、対潜水艦哨戒任務に就くアメリカ海軍航空隊カーチス(Curtiss)H-16(F-5-L)双発飛行艇の上面;アメリカ軍の国籍マークは、第一次世界大戦中は、青赤白同心円ラウンデルを左右主翼に描き、さらに垂直尾翼方向舵を同じ青赤白「フィン・フラッシュ」(Fin Flash)を描いている。
Caption: H-16 hunting submarines, undated. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives . (2014/05/29). Accession #: 80-G-1044.
写真はikimedia Commos, Naval History and Heritage Command Archive >80-G-1044: H-16 hunting submarines, circa WWI引用。


アメリカ軍の国籍マークは、第一次世界大戦中は、青赤白でイギリス国旗と同じ色彩の同心円ラウンデルを左右主翼に描き、さらに垂直尾翼方向舵を同じ青赤白の縦縞四角マーク「フィン・フラッシュ」(Fin Flash)を描いている。イギリス空軍(Royal Air Force)の国籍マークは、主翼と胴体側面に描かれた青白赤の同心円ラウンデル、さらに垂直尾翼に描かれた赤白青の縦縞四角マーク「フィン・フラッシュ」(Fin Flash)が標準的だった。

写真(右)1919年1月14日、第一次世界大戦終了後、アメリカ(?)、飛行艇用の乾浮きドックに乗せられたアメリカ海軍航空隊カーチス(Curtiss)H-16(F-5-L)双発飛行艇(3512)
Caption: H-16 (Bu# 3512) on seaplane lighter, January 14, 1919. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives . (2014/05/29). Accession #: 80-G-1012Accession #: 80-G-1072.
写真は, Naval History and Heritage Command Archive >80-G-1012: H-16 (Bu# 3512) on seaplane lighter, January 14, 1919引用。


写真(右)1919年4月28日、第一次世界大戦後、アメリカ(?)、砂浜に接岸しているアメリカ海軍航空隊カーチス(Curtiss)H-16(F-5-L)双発飛行艇の右側面(4061)
Caption: H-16 (Bu# 4061), April 28, 1919. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives . (2014/05/29). Accession #: 80-G-1027.
写真は, Naval History and Heritage Command Archive >80-G-1027: H-16 (Bu# 4061), April 28, 1919引用。


アメリカ軍の国籍マークは、第一次大戦参戦後、1918年年から1919年は、垂直尾翼方向舵には青赤白「フィン・フラッシュ」(Fin Flash)を描いている。また、青赤白同心円ラウンデルは主翼左右上下に描いたが、これは1919年から青丸白星赤中心の星形に変更されたが、目立ちすぎるためか、1920年代には描かれないままなことが多かったようだ。

写真(右)1919年10月9日、第一次世界大戦後、アメリカ(?)、アメリカ海軍航空隊カーチス(Curtiss)H-16(F-5-L)双発飛行艇の左側面;アメリカ軍の国籍マークは、青赤白同心円ラウンデルは主翼にないようだが、垂直尾翼方向舵には青赤白「フィン・フラッシュ」(Fin Flash)を描いている。
H-16 shown on October 9, 1919. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives . (2014/05/29). Accession #: 80-G-1050.
写真は, Naval History and Heritage Command Archive >80-G-1050: H-16 shown on October 9, 1919引用。


写真(右)1919年11月24日、第一次世界大戦後、アメリカ(?)、対潜攻撃任務に就いたアメリカ海軍航空隊カーチス(Curtiss)H-16(F-5-L)双発飛行艇(851)の右側面と対潜攻撃艇(Submarine Chaser)SC-1級SC 159;対潜攻撃艇(Submarine Chaser)SC-1級SC 159は、第一次大戦中の1917年9月17日就役、大戦後の1921年から1926年まで、フロリダ州北西端ペンサコーラ基地を拠点に航空監視任務に就いていた。1926年11月16日売却。
H-16 (Bu# 851) alongside submarine chaser USS SC 159, November 24, 1919. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives . (2014/05/29). Accession #: 80-G-1033.
写真は, Naval History and Heritage Command Archive >80-G-1033: H-16 (Bu# 851) alongside submarine chaser USS SC 159, November 24, 1919引用。


写真(右)1921年頃、第一次世界大戦終了後、アメリカ(?)、飛行中のアメリカ海軍航空隊カーチス(Curtiss)H-16 双発飛行艇(845)
Caption H-16 Flying Boat in flight. Photograph received May 7, 1951. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives . (2014/05/29). Accession #: 80-G-1072.
写真は, Naval History and Heritage Command Archive >80-G-1072: H-16 Flying Boat in flight引用。


1920年代のアメリカ軍機の国籍マークは、アメリカ星条旗の三色からとった青赤白同心円ラウンデルは主翼に描くはずだが、目立ちすぎるためか描かれないことが多いようだ。しかし、垂直尾翼方向舵には、縦縞で青赤白「フィン・フラッシュ」(Fin Flash)の国籍マークを描いている。

Glenn Curtiss カーチス Model H-1 / Model 6: 「アメリカ」Americaと命名され、大西洋横断用に開発された。生産機数試作2機
カーチス Model H-2:試作1機のみ
カーチス Model H-4: H-1と同型でニュージーランド空軍(RNAS)仕様で62機生産
カーチス Model H-7: H-1の発展型の「スーパーアメリカ」Super America
カーチス Model H-8: H-4の拡張型で試作1機のみ
カーチス Model H-12: Model 6A: H-8の量産型で、カーチス(Cartiss)V-X-Xエンジン搭載。104機生産
カーチス Model H-12A : Model 6B: ニュージーランド海軍(RNAS)仕様に発動機をロールスロイス(Rolls-Royce)イーグル(Eagle)Iに換装
カーチス Model H-12B : Model 6D: ニュージーランド海軍仕様でロールスロイス(Rolls-Royce)イーグル(Eagle) VIIIに換装
カーチス Model H-12L: アメリカ海軍(USN)仕様でリバティー(Liberty)エンジンに換装
カーチス Model H-16 : Model 6C: H-12の拡張型で、334機がカーチス(Curtiss)とアメリカ海軍飛行機工場(Naval Aircraft Factory)で生産された。

写真(右)1923年頃、アメリカ南西岸、カリフォルニア州サンディエゴ南、ノースアイランド海軍基地 (Naval Air Station North Island)(?)に並んだ、アメリカ海軍航空隊カーチス(Curtiss)H-16/海軍航空工廠(NAF)F.5L 双発飛行艇(A-4012)以下の列機
SDASM ArchivesFollow harry young collection image pictionid 65222452 - title curtiss f a-4012 in line up at hampton roads circa 1923 - filenameyoung0042.tif---Please tag this image so that info can be stored with our metadata. This material may be protected by Copyright Law (Title 17 U.S.C.)--Repository: San Diego Air and Space Museum.
写真は, San Diego Air and Space Museum Archive >catalogyoung0042 -引用。


1918年7月15日初飛行のフェリックストウ(Felixstowe)F5Lは、1918年11月に部隊配備されたが、すぐに第一次世界大戦は終了してしまった。アメリカにおけるNAF F-5-L生産機数は、フィラデルフィア海軍航空工廠 137機、カーチス飛行機 60機、カナダ飛行機 30機の合計227機である。

写真(右)1919-1924年頃、アメリカ西岸、カリフォルニア州、サンディエゴ近郊、アメリカ海軍航空隊カーチス(Curtiss)H-16/海軍航空工廠(NAF)F.5L 双発飛行艇の左下主翼に腰かける搭乗員; 密閉式コックピットだが、後継のフィリックストウ (Felixstowe)F.1 飛行艇は、開放式コックピットを採用した。
AL_1A_Peterson_ (49) From a photo album donated by B.J. Peterson showing Curtiss Repository: San Diego Air and Space Museum Archive From a photo album donated by BJ Peterson showing early aviation in San Diego, Curtiss F5L Seaplanes, and early California History.
写真は, San Diego Air and Space Museum Archive >AL_1A_Peterson_ (49)引用。


アメリカのカーチス(Crutiss)H-1/H-4双発複葉飛行艇を原型に開発されたイギリスのフィーリックストウ (Felixstowe)F5 双発複葉飛行艇だったが、後者をアメリカは逆輸入し、ペンシルベニア州フィラデルフィアの海軍航空工廠(Naval Aircraft Factory)でNAF F-5-L哨戒飛行艇として製造した。第一次世界大戦の終盤だったために、F.5は戦線には投入されていないが、カーチス社でもカーチス(Crutiss)H-16双発飛行艇として生産されている。


写真(右)1921年7月4日、アメリカ東部、ペンシルバニア州、フィラデルフィア(Philadelphia)海軍航空工廠(Naval Aircraft Factory:NAF)、海軍航空工廠(NAF)H-16 (F-5L)双発飛行艇
;陸上で踏み台をかけて機首周りを整備している。
Title: Curtis F5L flying boat Caption: At the United States Naval Air Station, Coco Solo, Panama Canal zone, 4 July 1921. Description: Catalog #: NH 72916 Copyright Owner: Naval History and Heritage Command Original Creator: Original Date: Mon, Jul 04, 1921.
写真は, Naval History and Heritage CommandArchive >NH 72916 Curtis F5L flying boat引用。


原型イギリスのフィリックストウ (Felixstowe)F5 双発複葉飛行艇のロールスロイス(Rolls-Royce)イーグル(Eagle)VIII液冷V-12気筒エンジン345 hpをリバティー(Liverty)に換装したアメリカ製F.5-Lがフィラデルフィア海軍航空工廠(NAF)で生産されたため、NAF F-5-L飛行艇とも呼ばれるが、カーチス社でも生産されカーチス(Curtiss)F.5-L飛行艇あるいはカーチス(Curtiss)H-16飛行艇とも呼称される。

写真(右)1919年4月28日、アメリカ、飛行中のアメリカ海軍航空隊カーチス(Curtiss)H-16飛行艇の右側面(4060); コックピット操縦席の前にガラス風防が設置されているが、天蓋は密閉されtていないままの開放式である。
Title: Curtiss Model H-16 Caption: A larger model of flying boat developed during World War I, the Curtiss H-16 was used for bombing missions against German U-boats. Ferquent mechanical problems limited its effectiveness. Description: In "Stalking the U-Boat" (University Press of Florida, 2010), historian Geoffrey L. Rossano says of the H-16: "It measured 46 feet in length, with a 96-foot wingspan. Two 400 hp Liberty motors provided the power, generating a top speed of 95 mph. With an empty weight of 7,400 pounds and loaded weight of 10,900 pounds, the H-16 carried a crew of four, radio equipment, four or five machine guns, and two 230-pound depth bombs," (170). Catalog #: NH 241632 Copyright Owner: Public Domain Original Location: Swanborough, Gordon; Bowers, Peter M. (1976) United States Navy Aircraft since 1911 (2nd ed.), London: Putnam, pp. p.106.
写真は, Naval History and Heritage Command Archive >80-G-1027: H-16 (Bu# 4061), April 28, 1919引用。


さらにエアロマリーナ航空(Aeromarine West Indies Airways)は、軍用のNAF F.5-L飛行艇を民間旅客輸送仕様にしたエアロマリーナAeromarine 75飛行艇を開発し、商業運航させている。

⇒写真集Album:カーチス(Curtiss)H-16/海軍航空工廠(NAF)F.5L 飛行艇を見る。


2.エアロマリン(Aeromarine)75双発飛行艇(NAF H-16/F.5L民間輸送仕様)


写真(上)1920年11月25日以降、アメリカ東部、ワシントンD.C>南250キロ、バージニア州(VA)東岸、ハンプトン・ローズ(Hampton Rhodes)水上機用滑走台からホースで燃料を補給しているエアロマリン・エアウェイズア(Aeromarine Airways)エアロマリン(Aeromarine)75(NAF F.5L民間旅客仕様)「ニーニャ」(Niña)
;作業をアメリカ海軍水兵たち16名以上が見物している。ハンプトン・ローズ(Hampton Rhodes)は、ワシントンD.C.南300キロ、チェサピーク(Chesapeake)湾の入り口に位置しアメリカ海軍基地、造船所、給炭桟橋など海岸にインフラが整備された港である。
The Niña in Aeromarine West Indies Airways colours being refuelled by US Navy personnel at Hampton Rhodes, VA, in November 1920. (Photo courtesy of Robert Fraser Farnsworth).
写真は, The Aeromarine Website Photos of Aeromarine destinations引用。


エアロマリン・エアウェイズア(Aeromarine Airways)エアロマリン(Aeromarine)75(NAF F.5L民間旅客仕様)The Aeromarine Websiteエアロマリン(Aeromarine)75飛「ニーニャ」(Niña)は、ニュージャージー州キーポート(Keyport)、アエロマリン航空発動機社(Aeromarine Plane and Motor Company)で製造され、1920年11月25日、感謝祭当日キーウェスト(Key West) に到着、翌日に就役し、運航を開始した。1921-1922年にエアロマリン・エアウェイズの経常運航計画に沿って使用された。

写真(右)1921年夏、アメリカ北東部、ミシガン(Michigan)湖上空を飛ぶエアロマリン・エアウェイズア(Aeromarine Airways)エアロマリン(Aeromarine)75(NAF F.5L民間旅客仕様)飛行艇「サンタ・マリア」(Santa Maria)からの眺め;右端には左主翼先端と、下主翼に取り付けられた浮舟フロートが写っている。1938年にシカゴ市公園局(Chicago Park District)は、ミシガン湖に人工島のノースリー島(Northerly Island)を作り37ヘクタールの公園とした。
photographed from an Aeromarine Model 85, Date 1921 Source http://www.timetableimages.com/ttimages/aerommov.htm Author Unknown author
写真はWikimedia Commons, Category:Felixstowe F5L production > >File:Aeromnp1.jpg引用。


エアロマリン航空発動機社(Aeromarine Plane and Motor Company)、は、1908年にアメリカ東部、ニューヨークを対岸に臨むニュージャージー州キーポート(Keyport)にポーランド人イングリス・ウプレック(Inglis M. Upperçu)によって始まり、第一次世界大戦の勃発した1914年、ウプレック(Uppercu)を社長として正式にエアロマリン航空発動機社(Aeromarine Plane and Motor Company)が設立された。

エアロマリン航空発動機社(Aeromarine Plane and Motor Company)は、主に軍用水上飛行機と飛行艇を生産ししたが、その中で最も多数製造されたのは、モデル39とモデル40である。

エアロマリン航空発動機社(Aeromarine Plane and Motor Company)は、子会社のエアロマリン西インド諸島エアウェイズAeromarine West Indies Airways)を設立、最初の民間航空定期便を開拓し、エアロマリン(Aeromarine)75飛行艇を運航することで、富裕層向けのカリブ海バカンスを提供するなど航空業界の観光旅行の先駆だった。

写真(右)1921年夏、アメリカ北東部、ミシガン(Michigan)湖上空を飛ぶエアロマリン・エアウェイズア(Aeromarine Airways)エアロマリン(Aeromarine)75(NAF F.5L民間旅客仕様)飛行艇「サンタ・マリア」(Santa Maria);イギリス海軍フィリックストウ(Felixstowe)F-5 双発飛行艇を原型に、逆輸入するかたちで、アメリカ海軍工廠(NAF)F-5L 飛行艇が開発され、民間にも提供された。
Ex-Aeromarine Navy Cruiser/Aeromarine Aerial Cruiser. Christened on June 22, 1920, at Keyport, N.J. Rechristened on October 23, 1920, at Columbia Yacht Club with Pinta. Inaugurated Key West to Havana service with Pinta on November 1, 1920. Circumnavigated Eastern U.S. in September 1921. Inaugurated Detroit-Cleveland service with Wolverine on July 14, 1922.
English: The Santa Maria over Lake Michigan in the summer of 1921 Date 1921 Source http://www.timetableimages.com/ttimages/aerommov.htm Author Unknown author
写真はWikimedia Commons, Category:Felixstowe F5L production >File:"Highball Express" to Bimini starts LCCN2002711188.tif引用。


イギリス海軍、フィリックストウ(Felixstowe)F-5 双発飛行艇は、アメリカに輸入され、アメリカ海軍航空工廠(NAF)F-5L 飛行艇として制式されたが、アメリカでは民間輸送用飛行艇として、エアロマリン・エアウェイズ(Aeromarine Airways )がエアロマリン(Aeromarine)75飛行艇として採用している。

写真(右)1922年春、キューバの首都バハマ沖、接岸するために水上を低速滑走するエアロマリン(Aeromarine)75 飛行艇「サンタ・マリア」(Santa Maria)と迎える市民たち;機首にはハッチがあり、その付近に3人の乗客らしき人物が見える。胴体右のスポンソン(ポンツーン)には、乗員が足をかけて接岸の準備をしている。エンジン2基は既に停止し、慣性で移動しているように見える。
The Aeromarine Model 75 Santa Maria at anchor in Havana in the spring of 1922. (Photo courtesy of Robert Fraser Farnsworth)
写真は, The Aeromarine Website> >Aeromarine destinations引用。


ハバナ観光案内 エアロマリン西インド諸島エアウェイズ(Aeromarine West Indies Airways)は、アメリカではじめての商業的に国際航路を就航させた航空会社である。これは、アメリカ南部フロリダ州マイアミ、キーウェスト(Key West) から米西戦争Spanish-American War)でアメリカ保護国としたキューバ(Cuba)の首都ハバナHabana)までの航路で、1921年から就航し当初は旅客輸送、航空便輸送で成功を収めた。

1898年の米西戦争Spanish-American War)で勝利したアメリカは、アメリカは、アジア太平洋のフィリピン、グアム島、カリブ海のキューバ、プエルトリコ(Puerto Rico)をスペインに割譲させ、帝国主義の下、本格的な海外侵略を開始したが、この戦争を支えたのはアメリカ海軍力だった。

しかし、1924年には、エアロマリン西インド諸島エアウェイズAeromarine West Indies Airways)は、アメリカ郵便サービスとの提携が凍結されたために、政府を当てに郵便輸送収入が期待できなくなり、運航は停止せざるを得なくなった。

図(右)1921年初め、アメリカ、エアロマリン西インド諸島エアウェイズ(Aeromarine West Indies Airways)のエアロマリン(Aeromarine)飛行艇を描いた乗客荷物用二色刷りラベル・シール;トランクなどの表面に張り付けるなど、実用性ではなくアクセントのあるデザインとして使用した。運航路線のルートとして、中央に「キーウェストとハバナに飛ぼう」、周囲下に「キーウェスト、ハバナ」とある。
Aeromarine West Indies Airways baggage label, probably early 1921.
写真はWikimedia Commons, Category:Aeromarine 75> >Aeromarine baggage labels 引用。


ハバナ観光案内 1921年、エアロマリン西インド諸島エアウェイズ(Aeromarine West Indies Airways)の乗客荷物用ラベルは、楕円形グリーン枠で、中心に飛行中のエアロマリン(Aeromarine)75飛行艇を描き、「キーウェスト、ハバナに飛ぼう」「エアロマリン・エアウェイズ」と描いている。

そして、荷物ラベルの周囲に運航ルートの拠点として、上半分には、キーウェスト、ハバナHabanaアトランティックシティAtlantic City)、ニューポート、ベレルBelleair:フロリダ州タンパ郊外)、セントピーターズバーグSt. Petersburg:フロリダ州タンパ郊外)を記載している。アメリカ東部、南部、カリブ海が運行ルート中核だったことがわかる。

カリブの砦だったキューバの首都ハバナHabanaアーネスト・ヘミングウェイErnest Miller Hemingway:1899―1961)もカリブ海でのカジキ漁の老人の格闘を描いた『老人と海』の着想を得た街で、ハバナ旧市街とその要塞群は、1982年に世界遺産に登録され、観光化が進んだ地区である。

図(右)1921年、アメリカ、エアロマリン・エアウェイズア(Aeromarine Airways)エアロマリン(Aeromarine)75(NAF F.5L民間旅客仕様)飛行艇を描いた乗客荷物用四色刷りラベル・シール;トランクなどの表面に張り付けるなど、実用性ではなくアクセントのあるデザインとして使用した。運航路線のルートとして、中央に「キーウェスト、ハバナに飛ぼう」「エアロマリン・エアウェイズ」、周囲上半分には、キーウェスト、ハバナ、パームビーチ、マイアミ、ビミニ、ナッソウ、タンパ。下半分にはニューヨーク、アトランティックシティ、ニューポート、ベレル(フロリダ州タンパ郊外)、セントピーターズバーグ(St. Petersburg:フロリダ州タンパ郊外)。
English: Scan of an Aeromarine baggage label from the autumn of 1921. Date 1921 Source Original publication: Aeromarine Airways Inc Immediate source: [1] Author Harry Bruno (Life time: 1893 – 1978).
写真はWikimedia Commons, Category:Aeromarine 75> >File:Rc11086 Aeromarine 75 aka Curtiss F5L flying boats 1922 Miami.jpg引用。


飛行機が飛行中に主翼が前に進むと,主翼周囲の空気は翼上下面に沿って流れる。翼断面は,上面を下面より膨らませてあるので、主翼上面の空気流速は,下面を空気流速よりも早く早い。そしして空気加速の傾向は,迎え角が増すと強くなる。

したがって、空気の圧力は,流速が速くなるほど減少し、逆に流速が遅くなるほど増加するので,主翼下面の圧力は上面の圧力より大きくなり,主翼下面から上向きに空気の上昇力が作用する。これが、飛行機が空中に留まることのできる揚力の仕組みである。飛行機は速度が遅くなると、翼力が減少し、失速(stall)、墜落してしまう。

飛行速力が速いほど,揚力は増加する。他方,飛行速力が遅いと大きな揚力係数を主翼で得られないと,揚力が減少し,飛行機は高度を失う。そのため,低速で飛行するときは,主翼の迎え角を大きくし,揚力係数を増加させるか、主翼面積を大きくし揚力を大きくしないと抗力係数が増加し失速(stall)に陥る。

失速(stall)速力は低いほど,離陸速力,着陸速力も低くきるため、離着陸に要する滑走路は短くて済むので、揚力が大きい複葉機は短距離離着陸が可能である。この最大揚力係数を増加させるのが、フラップ,スラットなどの高揚力装置で失速(stall)を遅らせることができる。


写真(上)1921年1-2月、アメリカ南西部、フロリダ半州マイアミ沖、ニューヨーク対岸のキーポートから飛来したエアロマリン航空(Aeromarine West Indies Airways)エアロマリン(Aeromarine)75(NAF F.5L民間旅客仕様)飛行艇「バルボア」(Balboa)双発飛行艇
;後方には、1897年設立、従業員300名以上、450室のマイアミ初の豪華ホテルのロイヤル・パームホテル(Royal Palm Hotel)が写っている。この写真は、1922年の絵葉書にも採用されている。
Postcard from the spring of 1922. (Courtesy of Craig Morris)
Reached Florida in January/February 1921 from Keyport. Flying boat on famous baggage label. Listed in timetable of winter 1921-22 as part of Aeromarine's then current fleet list.Aeromarine West Indies Airways real photo postcard from February 1921, showing the Aeromarine Model 75 Balboa in Miami. (Courtesy of the Keyport Historical Society, Keyport, N.J.)
写真は, The Aeromarine Website Photos of Aeromarine aircraft page 2引用。


フィーリックストウ (Felixstowe) F-5L 双発飛行艇は、エアロマリン航空発動機社(Aeromarine Plane and Motor Company)で1919年に採用された旅客飛行艇で、実際にはアメリカ製F-5L飛行艇と同じだが、自社宣伝のためにエアロマリン(Aeromarine)75と命名された。

カラー絵葉書写真(右)1922年、アメリカ東部、ニューヨーク州沖のサウザンドアイランド上空を飛行するアエロマリン航空(Aeromarine Airways)アエロマリン(Aeromarine)75(NAF F.5L民間旅客仕様)飛行艇「サンタ・マリア」(Santa Maria);軍用仕様NAF F.5L 飛行艇の民間仕様で1920年6月22日、アエロマリーナ(Aeromarine)航空の拠点であるアメリカ東部ニューヨーク対岸にある、ニュージャージー州(NJ)キーポート(Keyport)で「サンタマリア」と命名された。カラー絵葉書の一部を拡大して掲載。
English: Photograph of the Aeromarine 75 'Santa Maria' in the summer of 1922. Date 1922 Source Original publication: Aeromarine Airways Inc. Immediate source: [1] Author Unknown author Permission (Reusing this file) Photo courtesy of Robert Fraser Farnsworth
写真はWikimedia Commons, Category:Aeromarine 75> >File:Aeromarine 75 'Santa Maria'.jpg引用。


エアロマリン(Aeromarine)75旅客飛行艇の乗客は10名で、 エアロマリン航空がキーウェスト(Key West) からキューバのハバナ(Havana)までの航路に就航した。

アエロマリン航空発動機社(Aeromarine Plane and Motor Company)、エアロマリン(Aeromarine Airways)は、バカンス客などフロリダ州マイアミ市パームビーチPalm Beach)やカリブ海観光を楽しむ富裕層に、アメリカ東部からのアエロマリン(Aeromarine)75旅客飛行艇による旅客輸送を始めた商業路線開拓者だった。

絵葉書写真(右)1922年頃、アメリカ東部、ニュージャージー州(NJ)アトランティックシティ(Atlantic City)(?)、舫われて水上に停泊中のエアロマリン航空(Aeromarine Airways)エアロマリン(Aeromarine)75(NAF F.5L民間旅客仕様)飛行艇「サンタ・マリア」(Santa Maria);胴体後方側面には「ニューヨーク=アトランティックシティ 75分」と書かれている。1920年6月22日、エアロマリン(Aeromarine)航空の拠点であるアメリカ東部ニューヨーク州隣のニュージャージー州(NJ)アトランティックシティ(Atlantic City)は、フィラデルフィア南東80キロの大西洋に面した観光リゾート都市でカジノも開かれている。
Aeromarine Airways Flying Boat Seaplane Santa Maria 1922 View 8x12 photo
写真は, eBay Inc. >Photographic Images>Photographs引用。


カーチス(Curtiss)HS-2L 飛行艇7機が、エアロマリン(Aeromarine)75飛行艇に改修され、さらに海軍航空工廠(NAF)F-5L飛行艇2機が、エアロマリン(Aeromarine)75飛行艇に改修され、1923年にまで、乗客12名を乗せてキーウェスト(Key West) =ハバナ(Havana)間の路線に就航していた。しかし、1923年にアメリカ郵便局の航空便運営補助金が停止されると、このカリブ海航路は廃止になった。

図(右)1922年頃、アメリカ東部、ミシガン州デトロイト(Detroit)とオハイオ州クリーブランド(Cleveland)間を90分で結んだエアロマリン・エアウェイズ(Aeromarine Airways)アエロマリン(Aeromarine)75「ウォルブリン」(Wolverine)の乗客荷物用タグ;タグ右には「ひとっ飛び、デトロイト=クリーブランド 90分」と、機体の胴体後方側面にも「デトロイト=クリーブランド 90分」と書かれている。
写真は, The Aeromarine Website Photos of Aeromarine destinations引用。


エアロマリン航空(Aeromarine Airways)のエアロマリン(Aeromarine)75飛行艇は、ミシガン州デトロイト(Detroit)とオハイオ州エリー湖南岸クリーブランド(Cleveland)間の高速旅客路線に就航した。この区間は、エリー湖上を直線飛行すれば120キロの距離で、90分で移動できる。しかし、陸路ではエリー湖を周回して250キロの距離であり、自動車でも6時間かかるであろう。この大都市間高速移動に特化した路線を飛んだエアロマリン(Aeromarine)75旅客飛行艇の胴体後方側面には「デトロイト=クリーブランド 90分」と宣伝文句が書かれている。


写真(上)1922年夏、アメリカ東部、ミシガン州デトロイト上空を飛行するエアロマリン航空(Aeromarine Airways)エアロマリン(Aeromarine)75(NAF F.5L民間旅客仕様)飛行艇「バックアイ」(Buckeye)
;アリゾナ州バックアイは、州都フェニックス(Phoenix)西100キロにある乾燥した「太陽の谷」で、高級リゾート、ナイトクラブなど観光地でもある。
The Buckeye in flight over Detroit, Michigan, in the summer of 1922. (Photo courtesy of the Keyport Historical Society, Keyport, N.J.See Flying with Aeromarine - A passenger narrative for an account of a passenger's experiences of a trip between Detroit and Cleveland in 1922.One of the regular flying boats on the Detroit-Cleveland service, summers 1922 and 1923, also saw service in Florida during winter seasons..
写真は, The Aeromarine Website Photos of Aeromarine destinations引用。


エアロマリン・エアウェイズのNAF F.5L民間旅客仕様飛行艇エアロマリン(Aeromarine)75は、ニューヨーク=ニュージャージー州アトランティックシティAtlantic City)間の75分の高速移動、およびクリーブランド=デトロイト間の90分の高速移動という都市間旅客輸送にも従事した。

写真(右)1923年夏、アメリカ東部、ミシガン州デトロイト上空を飛行するアエロマリン航空(エアロマリン・エアウェイズ)アエロマリン(Aeromarine)75(NAF F.5L民間旅客仕様)飛行艇「バックアイ」(Buckeye):アリゾナ州バックアイは、州都フェニックス(Phoenix)西100キロにある乾燥した「太陽の谷」で、高級リゾート、ナイトクラブなど観光地でもある。胴体後方側面には「シカゴ=クリーブランド 90分」と書かれている。
SDASM ArchivesFollow Aeromarine : 75.0 Catalog #: 00059201 Manufacturer: Aeromarine Designation: 75.0 Official Nickname: Notes: Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSmugMug+Flickr, San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00059201引用。


フィーリックストウ (Felixstowe)F-5 飛行艇の民間仕様エアロマリン(Aeromarine)75 は、アメリカ初の国際航空便輸送を担った機体であり、アメリカ郵国際航空便(US Post office international air mail)として、エアロマリン航空(Aeromarine Airways)の下で、ニューヨーク(New York)からニュージャージー州アトランティックシティAtlantic City)、オハイオ州エリー湖南岸のクリーブランド(Cleveland)あるいはミシガン州エリー湖北岸デトロイト(Detroit)の航路を飛んだ。

写真(右)1923年初期、アメリカ東部、ミシガン州デトロイト=オハイオ州クリーブランド間、エリー湖上空(?)を低空飛行するアエロマリン航空(アエロマリン・エアウェイズ)アエロマリン(Aeromarine)75(NAF F.5L民間旅客仕様)飛行艇の右側面:胴体後方側面には「シカゴ=クリーブランド 90分」と書かれている。
SDASM ArchivesFollow Aeromarine : 75.0 Catalog #: 00059202 Manufacturer: Aeromarine Designation: 75.0 Official Nickname: Notes: Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSmugMug+Flickr, San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00059202引用。


飛行艇 アメリカ海軍工廠NFA F-5 飛行艇は、民間輸送機仕様に改造されエアロマリン(Aeromarine)75 として、乗客10名を乗せる旅客輸送飛行艇となった。これを運航したのは、エアロマリン・エアウェイズ(Aeromarine Airways )で、1920年11月、アメリカ南部フロリダ半島先端のアメリカ本土最南端キーウェスト(Key West)からキューバの首都ハバナHabana)の商業運航路線に使用された。

1920年から1921年にエアロマリン航空発動機社(Aeromarine Plane and Motor Company)は、アメリカ海軍から余剰になった海軍航空工廠(NFA)F.5L飛行艇8機を譲り受けて、子会社のエアロマリン・エアウェイズ(Aeromarine Airways)でエアロマリン(Aeromarine)75飛行艇として、乗客10名の旅客輸送飛行艇に改造し1920年11月から、フロリダ(Florida)州キーウェスト(Key West)とキューバ(Cuba)首都ハバナ(Habana)間でアメリカ海軍用の旅客輸送の任務に就いた。そして、このうち1機は、1920年11月にアメリカ初のアメリカ郵便局(US Post Office)の国際航空便の配達に使用された。

写真(右)1922年、アメリカ南西部、フロリダ州マイアミ、沿岸に停泊している3機のエアロマリン(Aeromarine)75(NAF F.5L民間旅客仕様)飛行艇と小型船;マイアミの浜にはホテルやレストランが並び観光用のボートが多数停泊している。
English: Aeromarine 75 aka Curtiss F5L flying boats 1922 Miami.This image was taken from the Florida Photographic collection where it is image rc11086, so you can referal back to original records there.
写真はWikimedia Commons, Category:Aeromarine 75> >File:Rc11086 Aeromarine 75 aka Curtiss F5L flying boats 1922 Miami.jpg引用。


エアロマリン・エアウェイズ(Aeromarine Airways )は、ピーク時の季節運航とはいえ、マイアミ(Miami)-ビミニ(Bimini)-ナッソウ(Nassau)およびニューヨーク(New York) -アトランティックシティAtlantic City)の航路も開拓した。クリーブランド(Cleveland)-デトロイト(Detroit)の高速便は1922年7月14日(アメリカ独立記念日)が初就航である。これらの路線を担った機体は、「サンタマリア」(Santa Maria)、「ウォルブリン」(Wolverine)、「ピンタ」(Pinta), 「ニーニャ」Niña ,「コロンブス」(Colombus), 「バルボア」(Balboa) ,「ポンテデレオン」(Ponce of Leon) ,「バックアイ」(Buckeye):」(Buckeye)、「メンドーサ」(Mendoza)の固有名詞が付けられている。

1922年5月には、27名の乗客を乗せてニューヨーク上空を飛行したこともある。1923年春、「シロクマ」(The Polar Bear)と命名されたエアロマリン(Aeromarine)75飛行艇が、アエロマリン航空発動機社(Aeromarine Plane and Motor Company)とキャデラック(Cadillac)自動車経営者であるイングリス・ウパーチ(Inglis Moore Uppercu)のために、北極圏でシロクマ狩りのハンティング・ツアーを行っている。

しかし、1923年暮れに, エアロマリン航空は、運航を停止している。

写真(右)1921年初期、アメリカ南西部、フロリダ州マイアミ沖、ビスケーン湾のエアロマリン西インド諸島航空(Aeromarine West Indies Airways)浮桟橋旅客ターミナルと、その近くに停泊するエアロマリン(Aeromarine)75(NAF F.5L民間旅客仕様)飛行艇「コロンブス」;エアロマリン航空(Aeromarine Airways)キューバの首都バハマへの航路に就役した。1923年1月13日、このエアロマリン(Aeromarine)75「コロンブス」はエンジン不調でハバナ沖に不時着水し乗客4名が溺死した。
The Columbus tied up to the Aeromarine Airport pier at Miami on Biscayne Bay, probably early in 1921. (Photo courtesy of Robert Fraser Farnsworth)
写真は, The Aeromarine Website Photos of Aeromarine aircraft page 2引用。


1923年暮れに, エアロマリン航空(Aeromarine Airways)は、3年間の経常飛行運航をした後、資金繰りが苦しくなって、運航を停止している。

エアロマリン西インド諸島航空(Aeromarine West Indies Airways)は、1920年から1924年まで、アメリカ南西部フロリダとカリブ海諸島の間の民間旅客輸送をになっていたアメリカの航空会社である。その後、1921年にエアロマリン西インド諸島航空Aeromarine West Indies Airways)は再編された。2007年に、再度、エアロマリン西インド諸島エアウェイズAeromarine West Indies Airways)が設立されている。

写真(右)1921年8月21日、アメリカ東部、イリノイ州シカゴへのフライト中,機内上映を見るエアロマリン(Aeromarine)75(NAF F.5L民間旅客仕様)飛行艇の乗客紳士たち;アエロマリン航空(Aeromarine Airways)は、1921年7月30日から8月14日にかけて、イリノイ州シカゴへのフライトで初めて飛行中の機内上映がなされた。
English: Photograph of the first in-flight movie, a screening of Howdy Chicago (Rothacker Film Company) as part of the Pageant of Progress Exposition in Chicago July 30 – August 14, 1921. Caption reads as follows: A FLYING THEATRE What is believed to be the first aerial motion picture show was given on board an eleven passenger hydroplane which flew at the Chicago Pageant of Progress. A Rothacker produced film comprised the first picture program, and was presented while the plane was 2,000 feet in the air. The picture was "Howdy Chicago." A. L. Parker, "publicity person" for Rothacker Film Co., staged the stunt. Date 27 August 1921 Source Motion Picture News, August 27, 1921 (page 1070) Author Motion Picture News, Inc.; photograph likely to be from Rothacker Film Company, which staged the screening
写真はWikimedia Commons, Category:Aeromarine 75> >File:"Highball Express" to Bimini starts LCCN2002711188.tif引用。


1920年11月1日、エアロマリン(Aeromarine)75「サンタ・マリア」(Santa Maria)は、僚機「ピンタ」とともにフロリダ半島キーウェスト(Key West) からキューバ(Cuba)首都ハバナHabana)への運航に路線に就航することになったが、1921年9月にはアメリカ東部一周路線を飛んだ。1922年7月14日には、僚機「ウォルブリン」(Wolverine)とともにデトロイト(Detroit)-クリーブランド(Cleveland)路線に就航した。エアロマリン(Aeromarine)75「サンタ・マリア」(Santa Maria)は、エアロマリン航空(Aeromarine Airways)の中で1921-1922年冬の運航計画表に頻繁に登場した機体である。

写真(右)1921年秋、キューバの首都バハマ西端ビミニ(Bimini)諸島上空を低空飛行するエアロマリン(Aeromarine)75(NAF F.5L民間旅客仕様)飛行艇「コロンブス」;エアロマリン航空(Aeromarine Airways)の絵葉書に掲載された写真。2年後の1923年1月13日、このアエロマリン(Aeromarine)75「コロンブス」はエンジン不調でハバナ沖に不時着水し乗客4名が溺死した。
Description English: Title: "Highball Express" to Bimini starts Abstract/medium: 1 photographic print. Date 1921 (The Aeromarine Website's "Other Ephemera" page has an Aeromarine Airways postcard from autumn 1921 with a print of this photo, although Florida Memory's page for the same photo claims 17 January 1922. )
写真はWikimedia Commons, Category:Aeromarine 75> >File:"Highball Express" to Bimini starts LCCN2002711188.tif引用。


1923年1月13日, エアロマリン航空(Aeromarine Airwaysエアロマリン(Aeromarine)75「コロンブス」(Columbus)飛行艇が操縦士1名、機関士1名、乗客7名、合計9名を乗せて、アメリカ南部フロリダ半島先端キーウェスト(Key West) からキューバ(Cuba)首都ハバナHabana)に向かったが、エンジントラブルのために海上に緊急着陸を余儀なくされた。エアロマリン(Aeromarine)75「コロンブス」(Columbus)の遭難場所は、ハバナ北 32 kmの地点で、波高が10から15フィートもあったために、不時着水した「コロンブス」機はすぐに浸水し、4名の乗客は溺死、残り搭乗員2名と乗員3名の合計5名は通りがかったフェリー「フラッガー」(HM Flagler)に救助された。

写真(右)1921年8月、アメリカ、エアロマリン(Aeromarine)75(NAF F.5L民間旅客仕様)飛行艇「サンタ・マリア」(Santa Maria);カリフォルニア州サンタマリア(Santa Maria)近郊は、農業地帯であり、ブドウのワイン生産も盛んで、1930年代にサンタマリア市の南部と西部で油田が発見され、石油開発が始まった。
English: Aeromarine Model 75 Santa Maria in early August 1921. Date 1921 Source http://www.timetableimages.com/ttimages/aerommov.htm Author Unknown author
写真はWikimedia Commons, Category:Aeromarine 75> >File:Aeromarine 75 Santa Maria, Aeromarine Airways, 1922 - LCCN2016886621.tif引用。



写真(上)1922年、キューバの首都バハマ北岸、港湾入り口のモロ城前に停泊するエアロマリン(Aeromarine)75 飛行艇「ポンセ・デ・レオン」(Ponce de León)双発飛行艇
;右上方から撮影。ハドソン川河口。
Ponce de Léon in front of Morro Castle in the harbour of Havana in 1922.
写真は, The Aeromarine Website Photos of Aeromarine aircraft page 2引用。


エアロマリン(Aeromarine)75 「ポンセ・デ・レオン」(Ponce de León)は、プエルトリコ総督フアン・ポンセ・デ・レオンJuan Ponce de León:1474-1521)の名前に由来するエアロマリン・エアウェイズ(Aeromarine Airways)の運用した乗客10名乗りの旅客飛行艇である。


写真(上)1922年春、キューバの首都バハマ旧市街地沖、水上を低速滑走するエアロマリン(Aeromarine)75 飛行艇「ポンセ・デ・レオン」(Ponce de León)
;右上方から撮影。ハドソン川河口。
The Aeromarine Model 75 Ponce de Léon in Havana harbour in the spring of 1922, with parts of Old Havana in the background. (Photo courtesy of Robert Fraser Farnsworth).
写真は, The Aeromarine Website Photos of Aeromarine destinations引用。


フアン・ポンセ・デ・レオンJuan Ponce de León)は、イベリア半島ムーア人拠点グラナダを解放した後、クリストファー・コロンブスによる新世界への2度目の大西洋横断航海にも同行した。

1921年2月末に、ニュー・ジャージー州(NJ)北岸(ニューヨーク対岸)キーポート(Keyport)から到着した新しい機体エアロマリン(Aeromarine)75 「ポンセ・デ・レオン」(Ponce de León)は、エアロマリン・エアウェイズ(Aeromarine Airways)で1921-22年の間就役していた。しかし、1923年早々にキューバ(Cuba)ハバナ(Habana)港港で停泊中に嵐に直面し、波と岩で破損し、修理不能となった。幸い負傷者はなかったが、モロ城前城壁近くに胴体は沈没し、破損した主翼と胴体上面の残骸を晒すことになった。

写真(右)1922年、アメリカ、エアロマリン(Aeromarine)75(NAF F.5L民間旅客仕様)飛行艇;イギリス海軍フィリックストウ(Felixstowe)F-5 双発飛行艇を原型に、逆輸入するかたちで、アメリカ海軍工廠 (Naval Aircraft Factory:NAF)F-5L 飛行艇が開発され、民間にも提供された。
English: Aeromarine 75 flying boat Santa Maria with Aeromarine Airways in 1922. (Note black tail fin, which Aeromarine adopted in 1922.) Date 1922 Library of Congress's Prints and Photographs division under the digital ID hec.31672
写真はWikimedia Commons, Category:Aeromarine 75> >File:Aeromarine 75 Santa Maria, Aeromarine Airways, 1922 - LCCN2016886621.tif引用。


エアロマリン(Aeromarine)75「サンタ・マリア」(Santa Maria)は、1920年6月22日、エアロマリン西インド諸島エアウェイズAeromarine West Indies Airways)の拠点であるアメリカ東部、ニュー・ジャージー州(NJ)北岸(ニューヨーク対岸)キーポート(Keyport)で命名式が行われ「サンタマリア」と呼称されるようになったエアロマリン(Aeromarine)航空の旅客用飛行艇である。1920年10月23日、エアロマリン(Aeromarine)75飛行艇「ピンタ」(Pinta)とともに、イリノイ州シカゴに近いノースレイク湖畔のコロンビアヨットクラブ(Columbia Yacht Club)で再度の命名式が行われた。

写真(右)1922年、アメリカ南部、フロリダ州タンパの海上に待機するエアロマリン(Aeromarine)75 カーチス F.5L 郵便飛行艇
Description: mail service seaplane Aeromarine 75 flying boat- a conversion of a Curtiss/Felixstone F5L, taken in 1922. This image was taken from the Florida Photographic Collection, where it is image RC09508.
写真はWikimedia Commons, Category:Aeromarine 75> >File:Mail service seaplane.jpg引用。


1924年に運航を止めたエアロマリン西インド諸島エアウェイズAeromarine West Indies Airways)は、2007年、83年ぶりに復活し、連邦航空局(Federal Aviation Administration :FAA)に運航認可を申請し、フロリダ州北東岸セント・オーガスティン (St. Augustine)-フロリダ州南東岸マイアミ北パームビーチPalm Beach)、乗継便としてフロリダ州バハマ諸島(Bahamas)西端岸パームビーチ沖250キロフリーポート(Freeport)とフロリダ州マイアミ沖150キロ、ビミニ(Bimini)ビーチ、さらにパームビーチPalm Beach)から南300キロ、アメリカ本土最南端フロリダ州キーウェスト(Key West) の航路を開設した。


写真(上)1923年初期、アメリカ東部、ニューヨークを対岸に臨むニュージャージー州キーポート(Keyport)、エアロマリン航空発動機社(Aeromarine Plane and Motor Company)前のエアロマリン・エアウェイズのエアロマリン(Aeromarine)75「ガバナー・コルドー」 双発飛行艇とバハマ諸島総督(Governor of the Bahamas)ハリー・コルドー
;左側方から陸上移動用台車ドリーに乗せられた「ガバナー・コルドー」と記名された機体の前で、1920-1926年にイギリス領バハマ諸島総督(Governor of the Bahamas)ハリー・コルドー(Harry Cordeaux:1870-1943)がエアロマリン航空発動機社を訪問した記念撮影をした。マイアミ=ビミニからナッソウへの特別飛行をした。
This photo of the Gov. Cordeaux resting in front of the Aeromarine Plane and Motor Company factory at Keyport, N.J., dates to early 1923. The two men are Charles F. Redden and Inglis M. Uppercu, President and Chairman of Aeromarine respectively. (Photo courtesy of Robert Fraser Farnsworth).
写真は, The Aeromarine Website Photos of Aeromarine destinations引用。


1928年、エアロマリン航空発動機社(Aeromarine Plane and Motor Company)は、社名をエアロマリン・クレム社(Aeromarine-Klemm Corporation)と変更し、エアロマリン(Aeromarine)75のような飛行機と発動機を開発、生産しはじめた。合併したクレム軽飛行機社(Klemm Leichtflugzeugbau GmbH)は、ドイツの飛行機メーカーで、クレム(Klemm)Kl 25スポーツ機のような単発軽飛行機を開発生産した企業である。しかし、1930年に世界大恐慌で不景気に落ち込んだため、エアロマリン・クレム社(Aeromarine-Klemm Corporation)は閉鎖を余儀なくされた。

図(右)、アメリカ軍用カーチス(Curtiss)H-16飛行艇の民間輸送機仕様エアロマリン(Aeromarine)75 双発飛行艇の三面図:原型F-5L飛行艇は、対潜水艦哨戒偵察など軍務に就いたが、本機は胴体に客室キャビンを設け、窓ガラスも設置した民間旅客輸送機として活躍した。
Felixstowe F.5 O.Thetford - Aircraft of the Royal Air Force since 1918 /Putnam/
写真はWikimedia Commons, Their Flying Machines >Felixstowe F.5引用。


アメリカ海軍航空工廠(NAF)F-5L 哨戒飛行艇を民間旅客仕様としたのが、エアロマリン・エアウェイズ(Aeromarine Airways )のエアロマリン(Aeromarine)75 旅客飛行艇である。

エアロマリン(Aeromarine)75飛行艇の諸元
搭乗員Crew: 2名
乗客 Capacity: 12-14名
全長Length: 49 ft 4 in (15.04 m)
全幅Wingspan: 103 ft 9 in (31.62 m)
全高 Height: 18 ft 9 in (5.72 m)
主翼面積Wing area: 1,397 sq. ft (129.8 m2)
空虚重量Empty weight: 8,720 lb (3,955 kg)
搭載量 Loaded weight: 14,334 lb (6,508 kg) 発動機 Powerplant: リバティー(Liberty)12A液令12気筒エンジン 400 hp (kW)
航続距離 Range: 830 mi (1335 km)


3.カーチス(Curtiss)H-16「ビッグフィッシュ」(Big Fish)飛行艇


写真(右)1921年、アメリカ南部、フロリダ州マイアミ北、パームビーチ沖、カーチス(Curtiss)H-16飛行艇「ビッグフィッシュ」"Big Fish"
:天蓋のない半開放式のコックピット上にジョージ・ペイジ(Georg A.Page)がかがんで記念撮影している。コクピット操縦席の前方周囲にはガラス風防が取り付けられている。
SDASM Archives Harold Kantner Special Collection Photo [Photo] Title: Harold Kantner Special Collection Photo [Photo] Description: ""Big Fish"" flying boat Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSmugMug+Flickr, Category: Supermarine Southampton Catalog #: Kantner_0405引用。


カーチス(Curtiss)H-16飛行艇「ビッグフィッシュ」"Big Fish"は、アメリカ南東部、フロリダ州マイアミ北のリゾート地パームビーチ(Palm Beach)にあるパームビーチヨットクラブ(Palm Beach Yacht Club)近くの桟橋を利用して、リゾート大ホテルのロイヤルポインシアナホテルHotel Royal Poinciana Hotel)の宿泊客が、カリブ海ツアーをするのに使用された。ロイヤルポインシアナホテル(Hotel Royal Poinciana Hotel)は、20世紀初頭、ら1,700人の従業員、2,000人の宿泊者を収容することのできる世界最大の木造建築物であり、名所となった。しかし、になりました。1928年9月、オキーチョビー・ハリケーンOkeechobee hurricane)で破損し閉鎖され、翌年始まった大恐慌の間に処分されてしまった。


写真(上)1921年、アメリカ南部、フロリダ州マイアミ北、パームビーチ、水上に停泊するカーチス(Curtiss)H-16飛行艇「ビッグフィッシュ」"Big Fish"
:天蓋のない半開放式のコックピット上にジョージ・ペイジ(Georg A.Page)がかがんで記念撮影している。コクピット操縦席の前方周囲にはガラス風防が取り付けられている。
SDASM Archives Harold Kantner Special Collection Photo [Photo] Title: Harold Kantner Special Collection Photo [Photo] Description: ""Big Fish"" flying boat Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSmugMug+Flickr, Category: Supermarine Southampton Catalog #: Kantner_0144引用。


カーチス(Curtiss)H-16複葉双発飛行艇「ビッグフィッシュ」("Big Fish")は、19世紀にはリゾートとして成長してきたマイアミ北のパームビーチPalm Beach)から橋を渡ったウェストパームビーチ(West Palm Beach)の水上機基地を拠点に運航した。

写真(右)1921年、アメリカ南部、フロリダ州マイアミ北、パームビーチ、水上に停泊するカーチス(Curtiss)H-16飛行艇「ビッグフィッシュ」"Big Fish":胴体右側面のポンツーンにかがんで記念撮影している。コクピット操縦席の前方周囲にはガラス風防が取り付けられている。
SDASM Archives Harold Kantner Special Collection Photo [Photo] Title: Harold Kantner Special Collection Photo [Photo] Description: ""Big Fish"" flying boat Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSmugMug+Flickr, San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: Kantner_0145引用。


カーチス(Curtiss)H-16飛行艇「ビッグフィッシュ」"Big Fish"は12人乗りの旅客飛行艇で、パームビーチにあるロイヤルポインシアナホテルHotel Royal Poinciana Hotel)などの宿泊客を乗せ、ハバナ(Habana)への往復飛行を主に行った。高価な飛行とはいえ、有名になったビッグフィッシュによるカリブ海ツアーは、パームビーチPalm Beach)に富裕客を惹きつけた。そして、さらに、アメリカ保護国キューバにまでのフライトも運行されるようになったが、これは世界初の国際大陸間商業路線となった。

写真(右)1921年、アメリカ南部、フロリダ州マイアミ北、パームビーチ、水上に停泊するカーチス(Curtiss)H-16飛行艇「ビッグフィッシュ」"Big Fish":天蓋のない半開放式のコックピット上にジョージ・ペイジ(Georg A.Page)がかがんで記念撮影している。コクピット操縦席の前方周囲にはガラス風防が取り付けられている。
SDASM ArchivesFollow Harold Kantner Special Collection Photo [Photo] Catalog #: Kantner_0287 Title: Harold Kantner Special Collection Photo [Photo] Description: Pilot with flying boat Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSmugMug+Flickr, San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: Kantner_0287引用。


軍用仕様カーチス(Curtiss)H-16飛行艇の諸元
2翅固定ピッチプロペラ 直径2.92m
プロペラ回転数 : 1170 r.p.m.
プロペラ先端回転速力 : 183 m/s
********************************************************************
燃料消費量(fuel consumption) : 112.1 [kg/hr] (152.9 [litre/hr]) / 出力64 %
燃費(distance flown for 1 kg fuel) : 1.12 [km/kg]
燃料搭載量(fuel capacity): 1552 [litre] (1138 [kg])
エンジン乾燥重量 : 816.4 [kg] = 1.48 [kg/KW]
潤滑油113Lタンク重量 : 9.6 [kg]
潤滑油重量(oil tank filled with 4.1 litre oil) : 3.7 [kg]
エンジンオイル 31 L : 27.6 [kg]
冷却器(radiator) : 79.0 [kg]
排気管・燃料配管(weight exhaust pipes & fuel lines) 39.8 [kg]
カウリング(cowling): 11.0 [kg]
木製プロペラ重量 : 82.7 [kg]
推進機総重量(total weight propulsion system) : 1201 [kg](20.4 [%])

写真(右)1921年、アメリカ南部、フロリダ州マイアミ北、パームビーチ、水上に停泊するカーチス(Curtiss)H-16飛行艇「ビッグフィッシュ」"Big Fish":コクピット操縦席に出て右側面のポンツーン上で記念撮影している。2翅木製プロペラにはカバーが掛けられている。
SDASM Archives Catalog #: Kantner_0148 Year: ca. 1921 Title: Harold Kantner Special Collection Photo [Photo] Description: Co-pilot Baldwin with ""Big Fish"" flying boat (1921 or 1922) Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSmugMug+Flickr, San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: Kantner_0148引用。


軍用仕様カーチス(Curtiss)H-16飛行艇の諸元
********************************************************************
胴体骨格(fuselage skeleton): 厚さ10.41 [cm] : 390 [kg]
胴体表面合板(plywood/wood covering hull) (厚さ : 1.2 [cm]): 293.7 [kg]
木製座席(weight seats) : 12.0 [kg]
木製爆弾倉(weight bomb storage) : 29.4 [kg]
主燃料タンク (744 L)2個: 空虚重量 119.0 [kg]
内部燃料タンク・装置・配管: 76 [kg]
胴体総重量(total weight fuselage) : 987 [kg](16.8 [%])

主翼 : 755 [kg]
ケーブル張線(weight cables) (168 [m]) : 88.8 [kg] (= 529 [g]/m)
ケーブル直径(diameter cable) : 9.3 [mm]
垂直尾翼・方向舵(fin & rudder) (9.7 [m2]) : 69.5 [kg]
安定板・昇降舵(stabilizer & elevator) (12.2 [m2]): 85.7 [kg]
主翼総重量(total weight wing surfaces & bracing) : 1181 [kg] (20.1 [%])


写真(上)1921年、アメリカ南部、フロリダ州マイアミ北、パームビーチに到着したカーチス(Curtiss)H-16複葉双発飛行艇「ビッグフィッシュ」"Big Fish"で記念撮影する男女の乗客たち
:胴体左側面のポンツーン(スポンソン)に婦人客が1人、機首のハッチに婦人客が2人、男性客は桟橋上に立っているようだ。
SDASM Archives Catalog #: Kantner_0147 Year: ca. 1921 Title: Harold Kantner Special Collection Photo [Photo] Description: Pilot Page and passengers with ""Big Fish"" flying boat (1921 or 1922) Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSmugMug+Flickr, San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: Kantner_01475引用。


イギリス空軍(RAF) 軍用仕様カーチス(Curtiss)H-16飛行艇の諸元
機関銃 : 65.0 [kg]
旋回銃架(pivot mounting MG) :30.0 [kg]
兵装重量(weight armament) : 95 [kg]
翼下浮舟フロート(tip floats)2基 : 76 [kg] (1.3 [%])
********************************************************************
空虚重量(empty weight) : 3540 [kg](60.1 [%])
潤滑油(oil 10.7 hours flying) : 88.8 [kg]
冷却液(cooling fluids) : 119.2 [kg]
空弾倉(drums empty)20個 : 8.6 [kg]
弾薬(ammunition 1940 rounds) : 61.8 [kg]
信号弾(signal pistol): 3.6 [kg]
護身用自動拳銃(automatic pistol)予備弾倉付(spare magazines) : 1.2 [kg]
********************************************************************
計算上の運用空虚重量(calculated operational weight empty): 3814 [kg] (64.8 [%])
推計運用重量(estimated operational weight empty) : 3700 [kg] (62.8 [%])

搭乗員(crew) : 324 [kg]
燃料2時間相当(fuel for 2.0 hours flying) : 224 [kg]
運用重量(operational weight) : 4362 [kg](74.1 [%])


写真(上)1921年、アメリカ南部、フロリダ州マイアミ北、パームビーチ、水上で飛行準備中のカーチス(Curtiss)H-16飛行艇「ビッグフィッシュ」"Big Fish"
:水上機を陸上に引き上げて整備するために、傾斜滑走路ランプが設けられているが、この場所は、現在、パームビーチヨットクラブ(Palm Beach Yacht Club)のある場所の南側に当たる。
SDASM Archives Harold Kantner Special Collection Photo [Photo] Title: Harold Kantner Special Collection Photo [Photo] Description: ""Big Fish"" flying boat Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSmugMug+Flickr, San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: Kantner_0404引用。

軍用仕様カーチス(Curtiss)H-16飛行艇の諸元
運用重量(operational weight) : 4362 [kg](74.1 [%])
爆弾搭載量(bomb load) : 420 [kg]
爆弾搭載時の運用重量(operational weight bombing mission) : 4782 [kg]
搭載燃料(fuel reserve) : 914 [kg] /8.15 [hours] flying
運用最大重量(operational weight fully loaded) : 5889 [kg] 燃料満タン
最大離上重量(maximum take-off weight) : 5889 [kg] (100.0 [%]) 出力当たり重量(爆弾なし)(power loading) : 7.91 [kg/kW]
総出力(total power) : 551.6 [kW] at 1950 [r.p.m]
飛行時間(design flight time) : 6.26 [hours]
出撃限度回数(design cycles): 152 回(sorties)
活動限度時間(design hours): 950 [hours]

写真(右)1921年、アメリカ、陸上に引き上げられたカーチス(Curtiss)H-16飛行艇「ビッグフィッシュ」"Big Fish"正面:右端には、ドラム缶を積んだ燃料補給自動車が停車している。水上機基地と同じく、傾斜ランプと桟橋があって、飛行艇との行き来をや整備の利便性を高めている。
SDASM Archives Harold Kantner Special Collection Photo [Photo] Title: Harold Kantner Special Collection Photo [Photo] Description: ""Big Fish"" flying boat Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSmugMug+Flickr, San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: Kantner_0200引用。


軍用仕様カーチス(Curtiss)H-16飛行艇の諸元
最低速力(minimum speed): 109 [km/hr] / 1905 [m] (power:46 [%])
巡行速力(cruising speed): 126 [km/hr] op 1905 [m] (power:62 [%])
最高速力(maximum speed) : 140 [km/hr] op 610 [m] (power:90 [%])
離陸距離(take-off distance): 455 [m] 実用上昇限度(max. practical ceiling): 4200 [m] /3885 [kg] 実用上昇限度(practical ceiling): 3700 [m] /4362 [kg] 公証実用上昇限度(published ceiling):3810 [m] 上昇時間: 1500m (爆弾なし) : 6.22 [min] 最高ダイブ速力(max. dive speed) : 329.2 [km/hr]/ 高度1300 [m] 旋回半径(turn radius at 500m): 79 [m] 旋回時間(time needed for 360°turn) 13.9秒 [seconds] /高度 500m

写真(右)1921年、アメリカ、陸上に引き上げられたカーチス(Curtiss)H-16飛行艇「ビッグフィッシュ」"Big Fish"左側面:天蓋のない半開放式のコックピットだが、コクピット操縦席の前方周囲にはガラス風防が取り付けられている。
SDASM Archives Harold Kantner Special Collection Photo [Photo] Title: Harold Kantner Special Collection Photo [Photo] Description: ""Big Fish"" flying boat Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSmugMug+Flickr, San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: Kantner_0146引用。


軍用仕様カーチス(Curtiss)H-16飛行艇の諸元
行動時間(operational endurance) : 10.15 時間[hours] /乗員4名 / 爆弾搭載量 613 [kg] /燃料搭載量 100.0 [%]
公証航続時間(published endurance): 8.95 [hours] /乗員 4名/爆弾搭載量 748 [kg] 燃料搭載量 88.1 [%]
行動半径(action radius): 973 [km] /乗員4名/ 写真機・無線通信機(photo camera/radio transmitter)20[kg]
最大航続距離(max range theoretically with additional fuel tanks)燃料容量 2811L [litre] : 2317 [km]
搭載量(useful load)行動半径(action-radius)250km : 1616 [kg]
1tキロ当たり燃料消費率(oil and fuel consumption per tonkm) : 0.59 [kg]


写真(上)1921年、アメリカ南部、フロリダ州,飛行するカーチス(Curtiss)H-16飛行艇「ビッグフィッシュ」"Big Fish"
:魚の鱗模様が判読できる。
English: Not an Aeromarine 75 based on a war surplus Curtiss F5L, but a similar type conversion on a Curtiss H-16 maritime patrol Flying Boat. This was christenned "The Big Fish, painted accordingly and was flown by American Trans-Oceanic on the Miami to Bimini run until 1921.
Licensing This image was taken from the Florida Photographic collection where it was image rc15190, so you can referal back to original records there.
写真は, San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: Kantner_0404引用。

エアロマリン西インド諸島航空(Aeromarine West Indies Airways)の使用したエアロマリン(Aeromarine)75飛行艇は、ペンシルベニア州(Pennsylvania)フィラデルフィア(Philadelphia)ある海軍航空工廠(NAF)NAF F-5.L飛行艇だったが、飛行艇「ビッグフィッシュ」"Big Fish"は、民間仕様のカーチス社製造になるカーチス(Curtiss)H-16飛行艇である。

写真(右)1921年、アメリカ、水上に停泊するカーチス(Curtiss)H-16複葉双発飛行艇「ビッグフィッシュ」""Big Fish""(?):アメリカ西部、ユタ州にフィッシュレイクがあるが、この場所のことなのか、それとも機体の名称が「ビッグフィッシュ」でそれが湖上にあるのか、""Foish Lake"" の写真の添え書きの意味は不明である。
SDASM Archives L_2_Rowell_00281 (60) Photo from the album of E.G. Rowell and E.G. Rowell, Jr. Rowell senior served in the Army Air Corp in World War One and then became very involved in gliding in the Southern California Area. Rowell jr. served in the Navy during the Second World War. Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSmugMug+Flickr, San Diego Air and Space Museum Archive L_2_Rowell_00281 (60)引用。



図(上)1921年、アメリカ、カーチス(Curtiss)H-16飛行艇「ビッグフィッシュ」"Big Fish"
:魚の鱗模様は青で描かれている。主翼上面にアメリカ国旗の赤青白三色ラウンデルが書かれている。
Curtiss H-16 "Big Fish" profile. Profile has two pages, where I pictured different paint jobs in which this aircraft appears on photos. This post WW1 airliner transported rich adventurers between Palm Beach USA and Cuba in 1921. Painted in vector, using Xara Photo & Graphic Designer 10. IMAGE DETAILS Image size 1920x1355px 546.75 KB Creative Commons Attribution-Noncommercial-No Derivative Works 3.0 License.
写真はDeviantArt, Curtiss H-16 Big Fish profile (B) Maxim-Lysak Catalog #: Kantner_0404引用。



4.フィラデルフィア海軍航空工廠(NAF)/カナダ飛行機(Canadian Aeroplanes)のF.5L飛行艇

写真(右)1918年11月11日、アメリカ東部、ペンシルベニア州(Pennsylvania)フィラデルフィア(Philadelphia)海軍航空工廠(Naval Aircraft Factory:NAF)、製造中のフレックストウ(Felixstowe)F-5-L飛行艇(A-3882)の胴体底部スポンソン(ポンツーン)の木製枠組み;スポンソンは、水上における静的あるいは動的安定性を確保する浮きである。
Title: F-5-L Pontoon under construction Caption: At Curtiss Aero and Motor Corporation. Description: Catalog #: NH 113982 Copyright Owner: Naval History and Heritage Command Original Creator: Original Date: Mon, Nov 11, 1918.
写真は, Naval History and Heritage Command >NH 113982 F-5-L Pontoon under construction引用。


写真(右)1918年6月27日、アメリカ東部、ペンシルベニア州(Pennsylvania)フィラデルフィア(Philadelphia)海軍航空工廠(Naval Aircraft Factory:NAF)、生産中のアメリカ海軍航空工廠(NAF)F-5L 飛行艇の胴体とスポンソン(ポンツーン);スポンソン(ポンツーン)は、水上における静的あるいは動的安定性を確保する浮きである。アメリカ、ワシントンD.C.、スミソニアン博物館(Smithsonian Museum )/国立航空宇宙博物館(National Air and Space Museum)提供の写真。
Author Unknown author or not provided Record creator War Department. 1789-9/18/1947 Title Airplanes - Manufacturing Plants - Manufacturing F-5 flying boats for the U.S. Navy; Canadian Aeroplanes Ltd., Toronto, Canada. Boat nearing completion Description Scope and content: Photographer: Canadian Aeroplanes Ltd. Date 1917 – 1918 Collection National Archives and Records Administration.
写真は, Smithsonian's National Air and Space Museum >File:Airplanes - Manufacturing Plants - Manufacturing F-5 flying boats for the U.S. Navy; Canadian Aeroplanes Ltd., Toronto, Canada. Boat nearing completion - NARA - 17339551.jpg引用。


海軍航空工廠(NAF)F5L 双発飛行艇は木製胴体・主翼なので、材料となる木材は、最上質のものが選択された。そのうえで、強度を維持しながら、空気抵抗・水上抵抗を減少させるように曲面・湾曲の構造を作る熟練技術が求められた。その後、木製胴体に代って、ジュラルミンなど金属製胴体が開発されるようになったが、それでも飛行艇の場合は、海水による浸食、水上時の水漏れなど堅牢性と水密性が要求されたため、工作は容易ではなかった。

写真(右)1918年6月3日、カナダ東部、オンタリオ州(Ontario)トロント(Toronto)、カナダ飛行機工場(Canadian Aeroplanes Ltd.)で生産中のアメリカ海軍航空工廠(NAF)F-5L 飛行艇の胴体:胴体底部スポンソン(ポンツーン)が胴体下面左右に張出していて、水上安定性を向上させている。外板一面に塗料が塗られており金属外板のように見える。 .30-06口径7.62mmルイス(Lewis)機関銃用の機首の開放銃座はまだ設けられていない。
Library and Archives Canada Photo, MIKAN No. 3368780.
Felixstowe F.5 Flying Boat Hull with Liberty Engines in position, Canadian Aeroplanes Ltd., Toronto, Ontario, 1918.
写真は, Military History Books by Harold A. Skaarup >Canadian Warplanes 1: Felixstowe F.3 and F.5 Flying Boats引用。


写真(右)1918年、カナダ東部、オンタリオ州(Ontario)トロント(Toronto)、カナダ飛行機工場(Canadian Aeroplanes Ltd.)で運搬用に梱包されたアメリカ海軍航空工廠(NAF)F-5L 飛行艇の胴体:胴体底部スポンソン(ポンツーン)の都合で、斜めにして底面幅を縮小し、鉄道貨物列車に積載可能なように配慮している。
Library and Archives Canada Photo, MIKAN No. 3368781.
Felixstowe F5 Flying Boat being built by Canadian Aeroplanes Ltd., Toronto, Ontario, 15 July 1918.
写真は, Military History Books by Harold A. Skaarup >Canadian Warplanes 1: Felixstowe F.3 and F.5 Flying Boats引用。


1918年、アメリカ東岸、ペンシルベニア州(Pennsylvania)フィラデルフィア(Philadelphia)、海軍航空工廠(NAF)で製造されたフレックストウ(Felixstowe)F-5-L飛行艇(A-3882)が1920年にスミソニアン協会に譲渡された。その後、1930年にスミソニアン協会は、復元展示するには経費が掛かりすぎるとして、このF-5-L飛行艇をアメリカ海軍に変換しようとした。

写真(右)アメリカあるいはイギリス、アメリカ海軍(U.S. Navy)海軍航空工廠(N.A.F.)1918年製造フレックストウ(Felixstowe)F-5-L飛行艇(A-3882)の胴体中央部の木製枠組み;前方に開放式コックピットと操縦桿が見える。アメリカ、ワシントンD.C.、スミソニアン博物館(Smithsonian Museum )/国立航空宇宙博物館(National Air and Space Museum)提供の写真。
Display Status: This object is not on display at the National Air and Space Museum. It is either on loan or in storage. Inventory Number A19240007000 In the end, the Smithsonian decided to retain the hull, a wing float, one propeller, and a bomb. The Navy disposed of the wings and most of the rest of the aircraft, but salvaged the Liberty engines and other usable small components. No complete Felixstowe flyng boats exist. In addition to the parts of F-5-L serial number A-3882 retained by the Smithsonian in 1930, a nose section of a Felixstowe is on display at the Norfolk and Suffolk Aviation Musuem in Flixton, Suffolk, UK. No other Felixstowe flying boat compopnents survive.
写真は, Smithsonian's National Air and Space Museum >Felixstowe (NAF) F-5-L (hull only)引用。


アメリカ海軍スミソニアン協会は、との協議の結果、胴体・主翼下面フロート、プロペラ1枚だけをスミソニアン協会が保管し、アメリカ海軍が大きな主翼、リバティー(Liberty)エンジンなどフレックストウ(Felixstowe)F-5-L飛行艇のその他の大部分を補完することとなった。そして、スミソニアン協会はF-5-L飛行艇のシリアルナンバープレート(A-3882)を1930年に残した。

写真(右)アメリカあるいはイギリス、アメリカ海軍(U.S. Navy)海軍航空工廠(N.A.F.)1918年製造フレックストウ(Felixstowe)F-5-L飛行艇(A-3882)の胴体後上方銃座と胴体木製枠組み;機関銃は残っていないが、金属製の主導回転式銃座が残っている。アメリカ、ワシントンD.C.、スミソニアン博物館(Smithsonian Museum )/国立航空宇宙博物館(National Air and Space Museum)提供の写真。
Display Status: This object is not on display at the National Air and Space Museum. It is either on loan or in storage. Inventory Number A19240007000 Six to eight F-5-Ls were converted for civilian use by the Aeromarine Plane and Motor Company in 1919. Known as the Aeromarine 75, the converted aircraft were capable of carrying ten passengers, and were operated by Aeromarine Airways and Aeromarine West Indies Airways flying from Key West to Havana (carrying the first-ever U.S. Post Office foreign air mail); New York to Atlantic City; and Cleveland to Detroit..
写真は, Smithsonian's National Air and Space Museum >Felixstowe (NAF) F-5-L (hull only)引用。


フレックストウ(Felixstowe)F-5-L飛行艇(A-3882)機首部分は、イギリスが制式した飛行艇だったために、イギリスに送られ、ロンドン北東120キロ、サフォーク州(Suffolk)フリックストン(Flixton)にあるノーフォーク・サーフォーク航空博物館(Norfolk and Suffolk Aviation Musuem)で展示することとなった。これが現在残っている唯一のフレックストウ(Felixstowe)F-5飛行艇である。

写真(右)アメリカあるいはイギリス、アメリカ海軍(U.S. Navy)海軍航空工廠(N.A.F.)1918年製造フレックストウ(Felixstowe)F-5-L飛行艇(A-3882)の小型ガラス風防付きの開放式コップピット並列操縦席と木製計器盤・転輪式操縦桿;;左側が正操縦士、右が副操縦士の座席である。アメリカ、ワシントンD.C.、スミソニアン博物館(Smithsonian Museum )/国立航空宇宙博物館(National Air and Space Museum)提供の写真。
Display Status: This object is not on display at the National Air and Space Museum. It is either on loan or in storage. Inventory Number A19240007000 Hull of a twin-engine, American-built World War I flying boat used for patrol and reconnaissance missions. Two 400-horsepower Liberty 12A engines. For display purposes, this F-5L was only partially skinned with wood to reveal structure...
写真は, Smithsonian's National Air and Space Museum >Felixstowe (NAF) F-5-L (hull only)引用。


写真(右)アメリカあるいはイギリス、アメリカ海軍(U.S. Navy)海軍航空工廠(N.A.F.)1918年製造フレックストウ(Felixstowe)F-5-L飛行艇(A-3882)の開放式コップピット並列操縦席と転輪式操縦桿(前下方より撮影);写真の右側が正操縦士、左側が副操縦士の座席である。アメリカ、ワシントンD.C.、スミソニアン博物館(Smithsonian Museum )/国立航空宇宙博物館(National Air and Space Museum)提供の写真。
Inventory Number A19240007000 Physical Description Hull of a twin-engine, American-built World War I flying boat used for patrol and reconnaissance missions. Two 400-horsepower Liberty 12A engines. For display purposes, this F-5L was only partially skinned with wood to reveal structure.br>写真は, Smithsonian's National Air and Space Museum >Felixstowe (NAF) F-5-L (hull only)引用。


海軍航空工廠(Naval Aircraft Factory:NAF)F5L 飛行艇
材質Materials 全面木製構造(Overall: Wood)
寸法Dimensions
主翼面積Wingspan: 31.6 m (103 ft 9 in)
全長Length: 15 m (49 ft 4 in)
全高Height: 5.7 m (18 ft 9 in)
空虚重量EmptyWeight: 3,955 kg (8,720 lb)
総重量GrossWeight: 6,169 kg (13,600 lb)
発動機: 400hp リバティー(Liberty)12A液令12気筒エンジン2基

写真(右)1918年6月3日、アメリカあるいはイギリス、アメリカ海軍(U.S. Navy)海軍航空工廠(N.A.F.)1918年製造フレックストウ(Felixstowe)F-5-L飛行艇(A-3882)の胴体中央部の燃料タンク・燃料配管と操縦索;アメリカ、ワシントンD.C.、スミソニアン博物館(Smithsonian Museum )/国立航空宇宙博物館(National Air and Space Museum)提供の写真。
Display Status: This object is not on display at the National Air and Space Museum. It is either on loan or in storage. Inventory Number A19240007000 Hull of a twin-engine, American-built World War I flying boat used for patrol and reconnaissance missions. Two 400-horsepower Liberty 12A engines. For display purposes, this F-5L was only partially skinned with wood to reveal structure...
写真は, Smithsonian's National Air and Space Museum >Felixstowe (NAF) F-5-L (hull only)引用。


リバティ L-12(Liberty 12)液冷V型12気筒の諸元
シリンダー直径: 5 in (127 mm)
ストローク: 7 in (178 mm)
排気量: 1,649.3 in3 (27.03 L)
全長: 67.375 in (1,711 mm)
全幅: 27 in (685.80 mm)
全高: 41.5 in (1,054.10 mm)
重量: 845 lb (383.3 kg)
出力: 449 hp (334.8 kW) / 2,000 rpm (離陸時)

写真(右)アメリカあるいはイギリス、アメリカ海軍(U.S. Navy)海軍航空工廠(N.A.F.)1918年製造フレックストウ(Felixstowe)F-5-L飛行艇(A-3882)の胴体右中央部のスポンソン(ポンツーン)と燃料タンク;アメリカ、ワシントンD.C.、スミソニアン博物館(Smithsonian Museum )/国立航空宇宙博物館(National Air and Space Museum)提供の写真。
Felixstowe (NAF) F-5-L (hull only)Hull of a twin-engine, American-built World War I flying boat used for patrol and reconnaissance missions. Two 400-horsepower Liberty 12A engines. For display purposes, this F-5L was only partially skinned with wood to reveal structure.
写真は, Smithsonian's National Air and Space Museum >Felixstowe (NAF) F-5-L (hull only)引用。


海軍工廠(NAF)F5L 双発飛行艇のリバティ L-12(Liberty L-12)液冷V型12気筒は、1917年7月4日から1919年までに合計2万基が量産され、アメリカのフィリックストウ(Felixstowe)F5飛行艇、カーチス H-16飛行艇、イタリアのカプロニ Ca.60 トランスアエロ大型飛行艇、イギリス陸軍クルセーダー(Crusader)巡航戦車、セントー巡航戦車に搭載されている。

アメリカ海軍フィリックストウ(Felixstowe)F5L 飛行艇は、イギリスのフェリックストウ海軍工廠が開発・生産したフィーリックストウ (Felixstowe)F5双発飛行艇のアメリカ仕様の国産機である。発動機にはアメリカ製リバティ L-12Aエンジン330hp2基を搭載、1918年7月15日初飛行し、1918年11月から運用を開始した。

アメリカでは、フィラデルフィア 海軍航空工廠Naval Aircraft Factory)で137機、カーチス社で60機、またカナダ飛行機で30機の合計227機が量産された。カーチス社で生産されたために、カーチス F5L飛行艇とも呼ばれる。1928年に退役した。

⇒写真集Album:カーチス(Curtiss)F5L 飛行艇の製造工場を見る。


4.スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)双発飛行艇

写真(右)1929年8月29日、イギリス東端、サフォーク州(Suffolk)ローストフト(Lowestoft)沖に停泊するイギリス空軍(RAF: Royal Air Force)スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)Mark I 複葉双発飛行艇(S1059):エンジンは停止している。
A Supermarine Southampton Mark I Flying boat 'S1059' moored at Lowestoft. Date 29 August 1929 Source National Maritime Museum Henley Collection. Reproduction ID: P00046 This version from Flickr : https://www.flickr.com/photos/nationalmaritimemuseum/4792722941 Author Unknown author
写真はWikimedia Commons, Category: Supermarine Southampton >File:Supermarine Southampton at Lowestoft 1929 Flickr 4792722941 4a7d1c7c0d o.jpg引用。


スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)Mk I 双発飛行艇は双発複葉飛行艇で、船体と翼が木造だった。そして、このサウサンプトンMk I 飛行艇は、水密性を確保するために、木製二重底の構造をとったために、重量増加を招いた。スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)Mk I 双発飛行艇は、初飛行が1925年3月10日、イギリス空軍(RAF)への配備は1925年半ばから開始された。

⇒写真集Album:スーパーマリン(Supermarine)サザンプトン(Southampton)双発飛行艇を見る。


5.サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19/5クラウド(Cloud)双発飛行艇


写真(右)1933年7月以降、湖水に停泊するイギリス製サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19/5クラウド(Cloud)双発飛行艇5号機(G-ACGO)左側面
;A.19 クラウド(Cloud)双発飛行艇は5機生産されたが、このG-AGCO / OK-BAK は1933年に初飛行し、欧州巡回飛行をし、各国への売り込みに使われた。その後、チェコスロバキア航空(Czechoslovak State Airline)が購入し、登録コードOK-BAKを付与して、運航に使用した。
A.19/5 Powered by two Armstrong Siddeley Serval III and registered G-ACGO. First flown in 1933, it went on a sales tour of Europe and was sold to the Czechoslovak State Airline as OK-BAK and re-engined with Walter Pollux radials. The fuselage is preserved at the Kbely Aircraft Museum, Prague
写真はУголок неба.A.19/29 Cloud Доп. информация :引用。


サンダース ロー A.19 クラウド飛行艇 イギリス製サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19/5クラウド(Cloud)双発飛行艇試作1号機(L4)は、1930年7月15日にライト(Wright)J-6 空冷星形エンジン300 hp(224 kW)2基を搭載して初飛行した。

チェコスロバキア航空Czechoslovak State Airline)は、サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19/5クラウド(Cloud)双発飛行艇(第5号機:G-AGCO)を輸入し、登録コードOK-BAKが付与し使用した。

⇒写真集Album:サンダース・ロー(Saunders-Roe)A.19/A.29 クラウド(Cloud)飛行艇を見る。


6.スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)双発飛行艇

写真(右)2015年10月、イギリス、ロンドン、イギリス空軍博物館、カナダ・ビッカース社製カナダ空軍スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)飛行艇(920/CF-BXO):1934年7月24日初飛行、1937年部隊配備。この機体は、1945年2月に退役しカナダ航空に払い下げられ、1947年まで使用され、発動機をイギリス製ブリストル(Bristol)ペガサス(Pegasus)X空冷星形9気筒エンジン(排気量1750立方インチ;28.79 L)からアメリカ製ライト(Wright)サイクロン(Cyclone)R 1820空冷星形9気筒エンジン(排気量1820立方インチ;;29.9 L)に換装し1952年までカナダで使用されていた。
Photo ref; Nikon-D80-2015-DSC_0840 (Edited) Date 17 October 2015, 11:21 Source Supermarine Stranraer, Royal Air Force Museum, Hendon. Author Roland Turner from Birmingham, Great Britain
写真はWikimedia Commons, Category:No. 240 Squadron RAF File:Supermarine Stranraer, Royal Air Force Museum, Hendon. (23611914730).jpg引用。


スーパーマリン・ストランラー(Stranraer)飛行艇は、ブリストル(Bristol)ペガサス(Pegasus)IIIM空冷星形9気筒エンジン(排気量28.7 L)920 hp2基を装備、総生産機数57機である。ただし、イギリスの本家スーパーマリン(Supermarine)社では17機生産されただけで、のこり40機はカナダ・ビッカース社(Canadian Vickers )でライセンス生産された。カナダ製スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)飛行艇は、カナダ空軍(Royal Canadian Air Force :RCAF)に配備され、対潜水艦哨戒、沿岸偵察の任務に就いた。その場合、爆雷や爆弾は、1000ポンド(450kg)まで搭載することができた。

⇒写真集Album:スーパーマリン(Supermarine)ストランラー(Stranraer)飛行艇を見る。



2011年7月刊行の『写真・ポスターに見るナチス宣伝術-ワイマール共和国からヒトラー第三帝国へ』青弓社(2000円)では、反ユダヤ主義、再軍備、ナチ党独裁、第二次世界大戦を扱いました。
 ここでは日本初公開のものも含め130点の写真・ポスターを使って、ヒトラーの生い立ち、第一次大戦からナチ党独裁、第二次大戦終了までを詳解しました。
バルカン侵攻、パルチザン掃討戦、東方生存圏、ソ連侵攻も解説しました。

◆毎日新聞「今週の本棚」に『写真・ポスターから学ぶ戦争の百年 二十世紀初頭から現在まで』(2008年8月25日,青弓社,368頁,2100円)が紹介されました。ここでは,第二次大戦,ユダヤ人虐殺・強制労働も分析しました。


ナチ党ヒトラー独裁政権の成立:NSDAP(Nazi);ファシズムの台頭
ナチ党政権によるユダヤ人差別・迫害:Nazis & Racism
ナチスの優生学と人種民族:Nazis & Racism
ナチスの再軍備・人種差別:Nazism & Racism
ナチスT4作戦と障害者安楽死:Nazism & Eugenics
ドイツ国防軍のヒトラー反逆:Ludwig Beck
ゲオルク・エルザーのヒトラー暗殺未遂:Georg Elser
ポーランド侵攻:Invasion of Poland;第二次大戦勃発
ワルシャワ・ゲットー写真解説:Warsaw Ghetto
ウッジ・ゲットー写真解説:Łódź Ghetto
ウォーラスヴィシー政権・反共フランス義勇兵:Vichy France :フランス降伏
バルカン侵攻:Balkans Campaign;ユーゴスラビア・ギリシャのパルチザン
バルバロッサ作戦:Unternehmen Barbarossa;ソ連侵攻(1)
スターリングラード攻防戦;Battle of Stalingrad :ソ連侵攻(2)
ワルシャワゲットー蜂起:Warsaw Uprising
アンネ・フランクの日記とユダヤ人虐殺:Anne Frank
ホロコースト:Holocaust;ユダヤ人絶滅
アウシュビッツ・ビルケナウ収容所の奴隷労働:KZ Auschwitz
マウトハウゼン強制収容所:KZ Mauthausen
ヒトラー:Hitler
ヒトラー総統の最後:The Last Days of Hitler
自衛隊幕僚長田母神空将にまつわる戦争論
ハワイ真珠湾奇襲攻撃
ハワイ真珠湾攻撃の写真集
開戦劈頭の「甲標的」特別攻撃隊
サイパン玉砕戦:Battle of Saipan 1944
沖縄玉砕戦と集団自決:Battle of Okinawa 1945
沖縄特攻戦の戦果データ
戦艦「大和」天1号海上特攻 The Yamato 1945
人間爆弾「桜花」Human Bomb 1945
人間魚雷「回天」人間爆弾:Kaiten; manned torpedo
海上特攻艇「震洋」/陸軍特攻マルレ艇
日本陸軍特殊攻撃機キ115「剣」
ドイツ軍装甲車Sd.Kfz.250/251:ハーフトラック
ドイツ軍の八輪偵察重装甲車 Sd.Kfz. 231 8-Rad
ソ連赤軍T-34戦車
VI号ティーガー重戦車
V号パンター戦車
ドイツ陸軍1号戦車・2号戦車
ドイツ陸軍3号戦車・突撃砲
ドイツ陸軍4号戦車・フンメル自走砲
イギリス軍マチルダMatilda/バレンタインValentine歩兵戦車
イギリス陸軍A22 チャーチル歩兵戦車: Churchill Infantry Tank Mk IV
イギリス軍クルーセーダーCrusader/ カヴェナンター/セントー巡航戦車
イギリス陸軍クロムウェル/チャレンジャー/コメット巡航戦車
アメリカ軍M3Aスチュアート軽戦車/M3グラント/リー中戦車
アメリカ陸軍M4シャーマン中戦車Sherman Tank
イギリス軍M4A4シャーマン・ファイアフライ Sherman Firefly戦車
シャーマン・クラブフライル地雷処理戦車 Sherman Crab Flail
英軍M10ウォルブリン/アキリーズ駆逐自走砲GMC
アンネの日記とユダヤ人
与謝野晶子の日露戦争・日中戦争
ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He111爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-188爆撃機/Ju388高高度偵察機
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
ブロームウントフォッスBV138飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機/夜間戦闘機
ドイツ空軍(Luftwaffe)メッサーシュミット戦闘機
ドイツ空軍フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw-190戦闘機
ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥
ハンセン病Leprosy差別

2022年2月28日開設の当サイトへのご訪問ありがとうございます。写真,データなどを引用する際は,URLなど出所を明記してください。
連絡先: torikai007@yahoo.co.jpp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
東海大学HK社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Fax: 0463-50-2078
東海大への行き方|How to go
Flag Counter


Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 10,000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.
Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2022 All Rights Reserved.