Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内
◆フィアット(Fiat)CR.32戦闘機
写真(上)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機の正面
;1933年4月28日初飛行、1933年より部隊配備。イタリア航空省の1938年刊行、フィアットCR.32公式マニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。


図(上)イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍第369飛行小隊フィアット(Fiat)CR.42ファルコ(Falco)戦闘機
(部隊番号:360-3):ファシスト独裁イタリアの国籍マークは、胴体側面のファッシ(束ねた武器)、主翼上下の黒縁白円の三本ファッシ、垂直尾翼のイタリア軍の国籍マークは、イタリア三色旗トルコローレ緑・白・赤の縦縞(中央の白にサヴォイア王家紋章入り)となった。
Fiat CR.32 Unit: 360 Squadriglia Serial: 360-3
写真は, WINGS PALETTE Interwar/Fighters/Fiat CR.32/Italy (fascists)引用。



1.フィアット(Fiat)CR.20複葉戦闘機

写真(右)1927年5月,イタリア、イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.20複葉戦闘機 :ファシスト独裁国家イタリア王国の国籍マークは、イタリア国旗トルコローレを模して、緑・白・赤の縦縞三色旗が垂直尾翼に描かれている。
The Fiat C.R. 20 has an all metal frame covered with fireproof fabric, except for the area near the engines, which is covered in duraluminum. It is armed with 4 machine guns and is capable of 280 KPH. Document ID 19930090620 Date Acquired September 6, 2013 Publication Date May 1, 1927 Report/Patent Number NACA-AC-43 Distribution Limits Public Copyright Work of the US Gov. Public Use Permitted.
写真は、Aircraft Circular No.43Fiat C.R. 20 pursuit airplaneおよびWikimedia Commons、Category:Fiat CR.20 File:Fiat CR.20 photo NACA Aircraft Circular No.43.jpg引用。


イタリア空軍の試験飛行・審査を通り制式されたCR.20複葉戦闘機は、1927年から部隊配備された。生産機数は、CR.20戦闘機 250機、双フロートを装着したCR.20 Idro水上機 46機、降着装置を改良したCR.20bis戦闘機 235機、イゾッタフラスキーニ(Isotta Fraschini)Asso Caccia液冷V型12気筒エンジン 336 kW (450 hp)に換装した CR.20 Asso戦闘機 204機である。

写真(右)1927年5月,イタリア、イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.20複葉戦闘機:城家主翼、尾翼、胴体中央部の羽布を撤去して内部構造を見せている。
The Fiat C.R. 20 has an all metal frame covered with fireproof fabric, except for the area near the engines, which is covered in duraluminum. It is armed with 4 machine guns and is capable of 280 KPH. Document ID 19930090620 Date Acquired September 6, 2013 Publication Date May 1, 1927 Report/Patent Number NACA-AC-43 Distribution Limits Public Copyright Work of the US Gov. Public Use Permitted.
写真は、Aircraft Circular No.43Fiat C.R. 20 pursuit airplaneおよびWikimedia Commons、Category:Fiat CR.20 File:Fiat CR.20 structure photo NACA Aircraft Circular No.43.jpg引用。


フィアット(Fiat)CR.30の原型は、単座複葉固定脚の戦闘機でフィアット(Fiat) CR.20で、1926年6月19日に初飛行している。そのCR.30のエンジンを高出力のフィアット(Fiat)A.30 R.A. 液冷V型12気筒エンジン600馬力に換装し、設計し直したのは、前作と同じくチェレスティーノ・ロザテッリ技師である。ただし、フィアットCR.30とCR.32は、構造も形状も性能も類似しているが、フィアットCR.20は、第一次大戦の戦闘機のように軽量なもろい外観なので、識別は容易である。

フィアット(Fiat)C.R.20bis複葉戦闘機の諸元
全長Lunghezza 6,71 m
全幅 Apertura alare 9,80 m
全高Altezza 2,79 m
主翼面積 Superficie alare 25,50 m²
空虚重量 Peso a vuoto 970 kg
最大離昇重量 Peso max al decollo 1 390 kg
搭載量 Capacità combustibile 200 kg
発動機Motore フィアット(Fiat)A.20液令V12気筒エンジン(排気量18.7 L)
出力 Potenza 410馬力(CV)
最高速力 Velocità max 239 km/h (a bassa quota)
240 km/h (a 4.000 m di quota)
離陸滑走距離Corsa di decollo 180 m
着陸滑走距離Atterraggio 200 m
航続時間Autonomia 2 h 30 min
上昇限度Tangenza 8 500 m
兵装 Armamento
ビッカース(Vickers)7.7 mm機関銃2丁

⇒写真集Album:フィアット(Fiat)CR.20複葉戦闘機を見る。


写真(右)1932年以前,イタリア空軍フィアット(Fiat)C.R. 20 Bis A.Q.- idrovolante -複葉水上戦闘機
;イタリア航空省1931年刊行、フィアットC.R. 20 Bis A.Q.公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
Fiat C.R. 20 Bis A.Q. idrovolante - a cura di Fabrizio CATALANO e Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio  写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA IDOROVOLANTE C.R.20 BIS A.Q.(Motora Fiat A-20 A.Q.)ISTRUZION TORINO EDIZIONE 1931引用。


フィアット(Fiat)C.R. 20戦闘機の搭載したフィアットA.20液令V-12気筒エンジン331 kW (444 hp)を圧縮比を高め高空性能を向上させたフィアット(Fiat)A.20 A.Q.に換装したのが、発展型フィアット(Fiat)CR.20bisAQ 戦闘機である。そして、それを水上機仕様としたのが、フィアット(Fiat)C.R. 20 Bis A.Q.- idrovolante -、すなわちCR.20Idro複葉水上戦闘機である。生産機数は、マッキ(Macchi)で23機、CMASACostruzioni Meccaniche Aeronautiche Società Anonima)で23機の合計46機である。

1935-1936年、イタリアのエチオピア(Abyssinia)侵攻に、イタリア空軍はフィアット(Fiat)CR.20フレッチャ(Freccia)複葉戦闘機、その水上機仕様であるフィアットC.R. 20 Bis A.Q.- idrovolante -複葉水上戦闘機を投入した。

⇒写真集Album:フィアット(Fiat)CR.20 Idro複葉水上戦闘機を見る。


2.フィアット(Fiat)CR.30複葉戦闘機

写真(右)1933年11月,フランス、パリ航空祭、イタリアから出品された最新鋭のフィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機:1933年パリ航空祭に出品された単葉機は、ドイツのフィーゼラー(Fieseler)F2 タイガー(Tiger)複葉機、イタリアのカンプロ二(Caproni)Ca.125複葉機などほとんどが複葉機だった。
English: Fiat CR 30 photo L'Aerophile November 1933 Date 1 November 1933 Source https://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k65535577?rk=257512;0 Author L'Aerophile Salon 1933
写真はWikimedia Commons、Category:Fiat CR.30 File:Fiat CR 30 L'Aerophile November 1933.jpg,およびGallica、 L'Aérophile (Paris) November 1933引用。


国家ファシスト党(Partito Nazionale Fascista:PNF)統領ベニート・ムッソリーニがイタリア国王Vittorio ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世Vittorio Emanuele III)に首相に任命されファシスト政権がスタートしたのは、ローマ進軍後の1922年10月31日で、その後、1924年4月には、他党を圧殺してファシスト党独裁政権を樹立した。

他方、国家社会主義同一労働者党(ナチ党)総統アドルフ・ヒトラーがドイツ大統領フォン・ヒンデンブルクによりドイツ首相に任命されたのは1933年1月30日、他党を廃止してのナチ党独裁政権を樹立したのは、ドイツ国会議事堂炎上事件後の、1933年3月24日の全権委任法「民族および国家の危難を除去するための法律」の成立後だった。全権委任法によって、ワイマール憲法も国会の法律制定権にも制限されず、政府によって法律を制定することができる、という三権分立を否定し、独裁政治を公認した。

つまり、イタリアのファシスト政権の樹立は、ドイツより10年早かった。また、イタリアは、第一次世界大戦の占領国であり、ドイツのようにベルサイユ条約による賠償金支払い、航空機開発制限、軍備制限の頚城のもとにあったわけではない。

単座複葉固定脚の戦闘機フィアット(Fiat) CR.20は、1926年6月19日に初飛行している。CR.20は、1925年にイタリア空軍の時期新型戦闘機の要望に応え、フィアットが開発した新型のフィアット(Fiat)A20 R.A. 液冷V型12気筒エンジン331 kW (444 hp)を搭載することとし、チェレスティーノ・​ロザテッリ(Celestino Rosatelli)技師が設計し、CRを冠された。CR.20試作機は、金属鋼管フレームに羽布あるいは軽金属外板張りで、下方の主翼が上方より大きい複葉機だった。CR.20試作1号機の初飛行は1926年6月19日で、トリノのフィアット社飛行場で実施された。

写真(右)1935年10月12-28日,イタリア、ミラノ・航空展示会、イタリア機セクション、フィアット(Fiat)CR.30複葉戦闘機(手前左)、IMAM Ro.41複葉戦闘機(手前右)、 イタリア航空サヴォイア・マルケッティ(Savoia Marchetti)SM 73三発輸送機(I-ENNA)(右端の機首)、サヴォイア・マルケッティSM 81三発雷撃機(奥:後ろ向き):SM 81は、胴体下面に航空魚雷2本を搭載している。
Fiera di Milano - Salone internazionale aeronautico 1935 - Sezione italiana
Autore: Non identificato (prima metà sec. XX), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 12/10/1935 - 28/10/1935 Materia/tecnica: gelatina bromuro d'argento/carta Misure: 13 x 18
Note: Veduta parziale della sezione italiana del Salone. Sulla destra parte dell'aereo Savoia Marchetti SM 73 (Società idrovolanti Alta Italia-SIAI) delle linee Ala Littoria Collocazione: Milano (MI), Archivio Storico Fondazione Fiera Milano, fondo Fondo Fiera campionaria, PAL_1935_SA_93
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Archivio Storico Fondazione Fiera Milano, fondo Fondo Fiera campionaria, PAL_1935_SA_93引用。


フィアット(Fiat)CR.30の諸元

乗員Crew: one
全長Length: 7.88 m (25 ft 7.25 in)
全幅Wingspan: 10.50 m (34 ft 5.5 in)
全高Height: 2.78 m (9 ft 1.5 in)
翼面積Wing area: 27.05 m2 (291.17 sq ft)
空虚重量Empty weight: 1,345 kg (2,965 lb)
総重量Gross weight: 1,895 kg (4,178 lb)
発動機Powerplant: 1 × Fiat A.30 R.A. 12-cylinder Vee piston engine , 447 kW (600 hp)
フィアット(Fiat)CR.30の性能Performance
最高速力Maximum speed: 351 km/h (218 mph, 189 kn)
航続距離Range: 850 km (528 mi, 459 nmi)
実用上昇限度Service ceiling: 8,350 m (27,845 ft)
ブレダ(Breda)-SAFAT 7.7 mm (0.303 in) 機関銃2丁

フィアット(Fiat) CR.30複葉戦闘機は、フィアット A.30 R.A.V型12気筒液冷エンジン447 kW (599 hp)を搭載、最高速力350km/h(高度3000m)、実用上昇限度8,350m、航続距離850km、7.7ミリブレダSAFAT機関銃2丁。

写真(右)1937年10月2-17日,イタリア、ミラノ・航空展示会、イタリア機セクション、IMAM Ro.51戦闘機(手前左)、 IMAM Ro.41 複葉戦闘機(右奥):IMAM Ro.41 複葉戦闘機は、ピアッジオ(Piaggio Stella)P.VII R.C.35空冷星形7気筒エンジン335 kW (449 hp)搭載、最高速力320 km/h (200 mph, 170 kn) /4,000 m、航続距離320 km (200 mi, 170 nmi)で、1934年6月初飛行、1935年から743機生産。
Fiera di Milano - Salone internazionale aeronautico 1937 - Settore italiano - Stand della IMAM - Industrie meccaniche e aeronautiche meridionali (gruppo Breda)Stabilimento Fotografico Crimella
Autore: Stabilimento Fotografico Crimella (1925/ 1975 ca.), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 02/10/1937 - 17/10/1937Materia/tecnica: gelatina bromuro d'argento/carta Misure: 13 x 18
Note: Sulla sinistra l'aereo IMAM da caccia RO 51; sulla destra l'aereo IMAM da caccia e allenamento acrobatico RO 41
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Archivio Storico Fondazione Fiera Milano, fondo Fondo Fiera campionaria, PAL_1937_SA_239引用。


イタリア空軍IMAM Ro.41 複葉戦闘機は、ピアッジオ(Piaggio Stella)P.VII R.C.35空冷星形7気筒エンジン335 kW (449 hp)搭載、最高速力320 km/h (200 mph, 170 kn) /4,000 m、航続距離320 km (200 mi, 170 nmi)で、1934年6月初飛行、1935年から743機生産。 第二次世界大戦開戦前のイタリア空軍主力戦闘機だった。

写真(右)1937年10月2-17日,イタリア、ミラノ・航空展示会、イタリア機セクション、IMAM Ro.51戦闘機(手前左)、 IMAM Ro.41 複葉戦闘機(右奥):IMAM Ro.41 複葉戦闘機は、ピアッジオ(Piaggio Stella)P.VII R.C.35空冷星形7気筒エンジン335 kW (449 hp)搭載、最高速力320 km/h (200 mph, 170 kn) /4,000 m、航続距離320 km (200 mi, 170 nmi)で、1934年6月初飛行、1935年から743機生産。
Fiera di Milano - Salone internazionale aeronautico 1937 - Settore italiano - Stand della IMAM - Industrie meccaniche e aeronautiche meridionali (gruppo Breda)Stabilimento Fotografico Crimella
Autore: Stabilimento Fotografico Crimella (1925/ 1975 ca.), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 02/10/1937 - 17/10/1937 Materia/tecnica: gelatina bromuro d'argento/carta Misure: 18 x 24
Note: Sulla sinistra l'aereo IMAM da caccia RO 51; sulla detsra l'aereo IMAM da caccia e allenamento acrobatico RO 41
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Archivio Storico Fondazione Fiera Milano, fondo Fondo Fiera campionaria, PAL_1937_SA_220 引用。


イタリア空軍IMAM Ro.51戦闘機は、単葉低翼固定脚、フィアット A.74 R.C.38空冷星形エンジン出力840 hpを装備し1937年に試作された。最高速力489 km/h/4,500 m (264 knots, 304 mph)、巡航速力444 km/h (240 knots, 276 mph)、実用上昇限度8,200 m (26,900 ft)、航続距離1,200 km (648 nm, 745 mi)、上昇時間6,000 m/7分、武装12.7ミリブレダSAFAT機関銃2丁。1930年代後半の有力な戦闘機だったが、生産数は2機のみ。


3.フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機

写真(右)1935年10月12-28日,イタリア、ミラノ・航空展示会、イタリア機セクション、フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機(手前左)、IMAM Ro.41複葉戦闘機の左主翼(右中段)、 サヴォイア・マルケッティSM 81三発雷撃機の水平尾翼(右端:中段):SM 81は、胴体下面に航空魚雷2本を搭載している。フィアットCR.32は、正面ガラス風防付きの開放式コックピットで固定脚の戦闘機であるが、1935年ではそれは世界標準の戦闘機だった。
Fiera di Milano - Salone internazionale aeronautico 1935 Stabilimento Fotografico Crimella
Autore: Stabilimento Fotografico Crimella (1925/ 1975 ca.), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 12/10/1935 - 28/10/1935 Materia/tecnica: gelatina bromuro d'argento/carta Misure: 18 x 24
Note: Veduta parziale del Salone con numerosi visitatori
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Archivio Storico Fondazione Fiera Milano, fondo Fondo Fiera campionaria, P_1935_SA_178 引用。


フィアット(Fiat) CR.32複葉戦闘機は、1933年4月28日の初飛行で、前作のフィアット(Fiat)CR.30複葉戦闘機の発展型で、当時はすでに単葉機も出現していたが、戦闘機では複葉機が主流だった。その理由は、格闘戦闘で旋回や宙返りなどのアクロバット的な飛行をするには、翼面荷重(主翼面積当たりの総重量)が軽いこと、回転・ロールしやすいように全幅が短いことが求められたためである。

翼面荷重を軽減するには、主翼面積を大きくすればよいが、全幅を拡張すると、ロール率が低下する。しかそこで、、胴体上下に二枚の主翼を付ける複葉機が生まれた。第一次大戦における空中戦では、格闘性能が重視されたが、戦後もそれが引き継がれ、輸送機や爆撃機では、多数の単葉機が開発されたものの、運動性を重視する戦闘機では、複葉機が主流であり続けた。

 同じ出力・馬力のエンジンを搭載し、同じ重量であっても、複葉戦闘機は、単葉戦闘機に比して、最高速力は遅くなるが、旋回・ロール・急上昇を伴う格闘性能は、有利だった。

 1936年に勃発したスペイン内乱では、共和国政府軍とファシスト反乱軍が戦ったが、前者をソ連軍が、後者をイタリア軍・ドイツ軍が軍事支援した。航空戦についても、ソ連はポリカルポフI-15複葉戦闘機、ポリカルポフI-16単葉戦闘機を、イタリアはフィアットCR.20、フィアット(Fiat) CR.32複葉戦闘機を、ドイツはハインケルHe-51複葉戦闘機を派遣した。これらは、各国の主力戦闘機だったから、スペイン内戦では各国空軍の力量が実戦で試されたことになる。

ファシスト反乱軍の側で戦ったイタリアのフィアット(Fiat) CR.32複葉戦闘機は、共和国政府軍側で戦ったソ連のポリカルポフ(Polikarpov)I-15複葉戦闘機、ポリカルポフI-16単葉戦闘機と空中戦を行い、数的優位もあって、有利に戦いを進めることができた。そこで、イタリア空軍は、自国のCR.32複葉戦闘機の優秀性が証明されたと考え、速度を重視する低翼単葉の戦闘機が世界各国に登場するようになってからも、イアリアはポリカルポフI-16複葉戦闘機を主力戦闘機として採用したのである。

写真(右)1935年10月12-28日,イタリア、ミラノ・航空展示会、イタリア機セクションの準備、フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機(右奥:垂直尾翼イタリア三色旗)、IMAM Ro.41 複葉戦闘機(右端奥:空冷星形エンジン)、イタリア航空(アラリットリオ:Ala Littoria)サヴォイア・マルケッティ(Savoia Marchetti)SM 73三発輸送機(奥・登録コード:I-ENNA)は尾翼部が欠けたままである。これは入り口から展示会場に運び込むときに、垂直尾翼が高いために、ゲート入り口で使えてしまうためであろう。
Fiera di Milano - Salone internazionale aeronautico 1935 - Sezione italiana Non identificato
Autore: Non identificato (prima metà sec. XX), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 12/10/1935 - 28/10/1935 Materia/tecnica: gelatina bromuro d'argento/carta Misure: 13 x 18
Note: Veduta parziale della sezione italiana del Salone. In secondo piano aereo Savoia Marchetti SM 73 (Società idrovolanti Alta Italia-SIAI) delle linee Ala Littoria
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Archivio Storico Fondazione Fiera Milano, fondo Fondo Fiera campionaria, PAL_1935_SA_109引用。


IMAM Ro.41複葉戦闘機は、ピアッジオ(Piaggio)ステラ(Stella)P.VII R.C.35空冷星形7気筒エンジン335 kW (449 hp)を搭載、最高速力32km/h(高度5000m)、実用上昇限度7800m、航続距離600km。両者の機首形状は異なるので識別は容易である。

写真(右)1935-1937年頃、イタリア、イタリア空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機:垂直尾翼に、イタリア三色旗トルコローレの緑白赤の縦縞(中央の白地にはサボイア王家の紋章入)、主翼にファッシ3本のファシストマークを描いて、イタリアの国籍記章とした。
Fiat CR-32 Manufacturer: Fiat Designation: CR-32 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真は,SDASM Archives Catalog #: 00079128引用。


サヴォイア・マルケッティ(Savoia-Marchetti)SM.81は、1934年2月8日初飛行で、1935年から爆撃機/雷撃機として部隊配備された。生産は534機と、1930年代中頃の大型機としては、かなり量産されている。1936年7月に勃発したスペイン内戦には、スペイン・ファシスト反乱軍を援助するために、イタリア空軍SM.81爆撃機、フィアット(Fiat) CR.32複葉戦闘機などが派兵された。

写真(右)1935-1937年頃、イタリア、イタリア空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機(左側面):垂直尾翼に、イタリア三色旗トルコローレの緑白赤の縦縞(中央の白地にはサボイア王家の紋章入)、主翼にファッシ3本のファシストを描いて、イタリアの国籍記章とした。
Fiat CR-32 Manufacturer: Fiat Designation: CR-32 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真は,SDASM Archives Catalog #: 00079129引用。


スペイン内戦に、イタリアから派兵された固定脚の低速機のサヴォイア・マルケッティSM.81爆撃機、フィアット(Fiat) CR.32戦闘機は、制空権の下で一定の活躍ができた。しかし、1939年9月に勃発した第二次大戦の時期には、低速で旧式化していたため、イタリアが1940年6月に参戦したときには、輸送機や練習機として使用されるにとどまった。

写真(右)1935-1937年頃、イタリア、縞模様の塗装を施したイタリア空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機:垂直尾翼に、イタリア三色旗トルコローレの緑白赤の縦縞(中央の白地に王家紋章はない)、主翼にファッシ3本のファシストマークを描いて、イタリアの国籍記章とした。
Fiat CR-32 Manufacturer: Fiat Designation: CR-32 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真は,SDASM Archives Catalog #: 00079124引用。


ファシスト・イタリア王国空軍機の国籍マークは、1940年6月に第二次大戦に参戦する以前までは、垂直尾翼に、イタリア三色旗トルコローレの緑白赤の縦縞を描き、特に中央の白地には、サヴォイア王家の紋章を記入している。さらに、左右主翼の上下面に、黒縁で囲んだファッシ3本のファシスト記章を描いて、ファシスト・イタリアの国籍マークを喧伝している。

写真(右)1937年、イタリア上空を編隊飛行するイタリア空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機:垂直尾翼に、イタリア三色旗トルコローレの緑白赤の縦縞(中央の白地にはサボイア王家の紋章入)、主翼にファッシ3本のファシストマークを描いて、イタリアの国籍記章とした。
Fiat CR-32 Manufacturer: Fiat Designation: CR-32 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真は,SDASM Archives Catalog #: 00079130引用。


スペイン共和国政府に反抗したモラ将軍、フランコ将軍らの反乱軍は、自らをスペイン国民戦線政府と名乗り、イタリアとドイツの軍事援助を受けて、スペイン共和政府と内戦を戦った、この反乱軍側のスペイン軍国籍マークは、垂直尾翼に白地に黒のXを、胴体と主翼に黒丸●に描いている。スペイン内戦に派兵されたイタリア軍(義勇軍)・ドイツ軍(コンドル軍団)の機体も同様の国籍マークを描いている。

写真(右)1937年、スペイン、スペイン内戦に派遣されたイタリア空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の編隊飛行:スペイン国民戦線フランコ将軍率いる反乱軍の国籍マークとして、垂直尾翼に白地に黒のXを、胴体と主翼に黒丸●に描いている。
English: A pair of Fiat C.R.32 of the X Gruppo "Baleari". The foreground aircraft is flown by D'Agostini Date 1937 Source http://www.finn.it/regia
写真はWikimedia Commons,Category:Fiat CR.32 (Aviazione Legionaria) File:Fiat C.R.32-Baleari.jpg引用。


フィアット(Fiat) CR.32複葉戦闘機は、1933年4月28日に初飛行、最高速力360km/hと当時としては優れた飛行性能を発揮したために、すぐにイタリア王国空軍に制式された。そして、1936年2月までにCR.32bis、CR.32tris、CR.32quarterなど改良が続けられ1053機もが量産された。

1936年7月に、スペイン内戦が勃発し、スペイン共和国軍とファシスト反乱軍(国民戦線)の戦いが始まると、イタリアはファシストを軍事援助するためにイタリア軍を「義勇兵」の名目で派兵し、CR.32も実戦投入された。

写真(右)1937年、スペイン、スペイン内戦に派遣されたイタリア空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の編隊飛行:スペイン国民戦線フランコ将軍率いる反乱軍の国籍マークとして、垂直尾翼に白地に黒のXを、胴体と主翼に黒丸●に描いている。
English: A nice line-up of Fiat C.R.32 of the XVI Gruppo "Cucaracha" Date circa 1937 Source http://www.finn.it/regia Author Unknown author
写真はWikimedia Commons,Category:Fiat CR.32 (Aviazione Legionaria) File:Line-up of Fiat C.R.32.jpg引用。


1936年7月に勃発したスペイン内戦には、ソ連がスペイン共和国政府軍を軍事援助したため、そのポリカールポフI-15複葉戦闘機、I-16単葉戦闘機とファシスト反乱軍政府を援助したイタリア空軍フィアット(Fiat) CR.32複葉戦闘機との空戦も行われたであろう。

1936-1939年のスペイン市民戦争において、共和国政府とファシスト国民戦線とが内戦を戦ったが、ソ連は共産党も参加した共和国政府を支援し、黒海のセバストポリを出航したソ連船が1936年10月28日、スパイン南部カルタヘナに到着し、分解されたポリカルポフ(Polikarpov)I-15複葉戦闘機25機、ソ連義勇兵パイロット15名が上陸した。I-15戦闘機の最初の実戦参加は、1936年11月4日、マドリッド空爆に加わったドイツ義勇軍コンドル軍団のユンカースJu52爆撃機12機のうち2機を撃墜した。

写真(右):1936-1937年,スペイン、スペイン内戦に派遣されたソ連空軍ポリカルポフ(Polikarpov)I-15複葉戦闘機の右側面:上翼は胴体に直接接続し、操縦席前方で主翼はガル式になっている。
Ray Wagner Collection Image PictionID: 45938985 - Title: Polikarpov I-15 in Spain - Filename: 16_007247.TIF - Image from the Ray Wagner collection. Ray Wagner was Archivist at the San Diego Air and Space Museum for several years and is an author of several books on aviation
写真はSDASM Archives - Catalog:16_007247 引用。


1936-1939年のスペイン市民戦争において、ソ連が共和国政府に派遣したポリカルポフ(Polikarpov)I-15複葉戦闘機は、131機で、1936-1937年の戦争初期に116機がマドリッドなどスペイン中部と1936年11月に15機がスペイン北部に派遣された。これらスペイン派遣ポリカルポフ(Polikarpov)I-15複葉戦闘機は全てライト R-1820 サイクロンあるいはシュベツォフ(Shvetsov)M-25空冷星形9気筒エンジン装備機と思われる。

さらに、スペインでは1938年末までに213機のポリカルポフ(Polikarpov)I-15複葉戦闘機が組立てられ、1939年1月までにさらに24機が供給されている。したがって、スペイン製ポリカルポフ(Polikarpov)I-15複葉戦闘機は237機ということになる。このほか、1938年11月から1939年1月までに、未完成のポリカルポフ(Polikarpov)I-15が96機があるようだ。したがって、ソ連からスペインに派遣さらたりスペインで生産されたポリカルポフ(Polikarpov)I-15複葉戦闘機は、271機から368機あると推測できる。

1939年1月1日の時点で、スペイン共和国政府は、ポリカルポフ(Polikarpov)I-15複葉戦闘機を合計197機失ったという。内訳は、空対空戦闘で88機喪失、飛行場空爆で27機喪失、事故や墜落で67機喪失、対空砲火で9機撃墜、敵地への不時着・投降で6機喪失である。

他方、敵のドイツ、イタリア、ファシスト国民戦線の側では、合計500機のポリカルポフ(Polikarpov)I-15複葉戦闘機を撃墜したと主張している。I-15のライバル戦闘機イタリアのフィアットCR.32複葉戦闘機は、ファシスト国民戦線に376機が供与され、合計175機の喪失を記録している。内訳は、国民戦線43機、イタリア132機で、その損失の99%が空対空戦闘である。つまり、空戦で撃墜されたフィアットCr.32戦闘機は、国民戦線26機、イタリア73機に達している。

1938年にスペインは、フィアットCR.32複葉戦闘のライセンス生産をはじめ、少なくとも100機が生産されている。さらにオーストリア空軍、中国空軍、ハンガリー空軍がフィアットCR.32複葉戦闘を採用したほか、パラグアイ、ベネズエラもフィアットCR.32複葉戦闘を各々5機、9機購入している。

写真(右)1937年、イタリア、縞迷彩塗装を施したイタリア空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機:垂直尾翼に、イタリア三色旗トルコローレの緑白赤の縦縞(中央の白地に王家紋章はない)、主翼にファッシ3本のファシストマークを描いて、イタリアの国籍記章とした。
Fiat CR-32 Manufacturer: Fiat Designation: CR-32 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真は,SDASM Archives Catalog #: 00079126引用。


ファシスト・イタリア王国空軍機の国籍マークは、垂直尾翼に、イタリア三色旗トルコローレの緑白赤の縦縞を描き、左右主翼の上下面に、黒縁で囲んだファッシ3本のファシスト記章を描いて、イタリアの国籍マークとしていた。しかし、1940年6月にイタリアが第二次世界大戦に参戦したとき、垂直尾翼の三色旗を改め、白十字を描いて国籍記章とした。三色旗は華麗だったため、敵に目立ちやすく発見されやすいとして改められたのであろう。

1939年9月に第二次世界大戦が勃発し、イタリアは1940年6月のフランス降伏直前に参戦した。その時、旧式化してはいたが、まだイタリア空軍フィアット(Fiat) CR.32複葉戦闘機は部隊配備されており、北アフリカ戦線に派遣された。そして、100キロ爆弾1発あるいは50キロ爆弾2発を搭載して、地上襲撃機としても使用された。

写真(右)2017年1月,イタリア、ローマ県ブラッチャーノ(Bracciano)、ヴィーニャ・ディ・ヴァッレ空軍歴史博物館(イタリア空軍博物館)に本されている、スペイン内戦に派遣されたイタリア空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機:スペイン国民戦線フランコ将軍率いる反乱軍の国籍マークとして、垂直尾翼に白地に黒のXを、胴体と主翼に黒丸●に描いている。
Deutsch: Fiat CR.32 im Luftwaffenmuseum Vigna di Valle Date 13 January 2017, 10:39:41 Source Own work Author Smolik
写真はWikimedia Commons,Category:Fiat CR.32 File:Fiat CR.32 Vigna di Valle DSCN0631 (2).jpg引用。


写真(右)1937年4月12-27日,イタリア、ミラノ祭、パビリオン入り口、サボイア王家のイタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世(Vittorio Emanuele III)を案内するフィエラ会長ピエロ・プリチェッリ
Fiera di Milano - Campionaria 1937 - Visita del Re Vittorio Emanuele III
Autore: Non identificato (prima metà sec. XX), fotografo principale Luogo e data della ripresa: Milano (MI), Italia, 12/04/1937 - 27/04/1937 Materia/tecnica: gelatina bromuro d'argento/carta Misure: 13 x 18
Note: Il Re Vittorio Emanuele III, accompagnato dal presidente della Fiera Piero Puricelli e da altre personalità, si dirige all'entrata di un padiglione
写真は,LombardiaBeniCulturali Collocazione: Milano (MI), Archivio Storico Fondazione Fiera Milano, fondo Fondo Fiera campionaria, PAL_1937_20 引用。


イタリア国王Vittorio ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世Vittorio Emanuele III)は、イタリアの陸海空軍の統帥権wぽ保持する大元帥であり、昭和天皇と同じく、軍の最高指揮官として、「大元帥」を名乗った。独裁者ベニート・ムッソリーニも、国王から政治と統帥権を移譲されているだけであり、ファシスト・イタリア空軍といっても、正規軍はイタリア王室空軍であり、ファシストはあくまで、国王の下で行政、軍事を担っていたにすぎない。

写真(右)1937年、ハンガリー、イタリアから購入したハンガリー王国空軍(Magyar Királyi Honvéd Légierő)フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機(右側面):後方には格納庫が整備されているが、駐機しているのは無舗装滑走路の草地の上である。
Magyar: A budaörsi repülőtér megnyitására érkezett osztrákok, Fiat Cz 32 vadászgéppel. Leltári jelzet: 1172 Date 1937 Author FOTO:Fortepan — ID 52959: Home page PictureInformation page Adományozó/Donor: Vargha Zsuzsa. archive copy
写真はWikimedia Commons, Category:Fiat CR 32 in Hungarian service File:Fiat Cz 32 fortepan 132575.jpg引用。


写真(右)1937年、ハンガリー、イタリアから購入したハンガリー王国空軍(Magyar Királyi Honvéd Légierő)フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の正面に立つ操縦士:格納庫内で撮影したようだ。
Magyar: Fiat CR-32 Falco vadászrepülőgép.
Tags: pilot, Royal Hungarian Air Force, airplane, Fiat-brand, Italian brand, military, fighter plane
Title: Fiat CR-32 Falco vadászrepülőgép.
Date 1937
Author Adományozó/Donor: Vargha Zsuzsa.
写真はWikimedia Commons, Category:Fiat CR 32 in Hungarian service File:Fiat CR-32 Falco vadászrepülőgép. Fortepan 32038.jpg引用。


イタリアで1933年4月28日初飛行したフィアット(Fiat) CR.32複葉戦闘機は、1935年から1936年にハンガリー王国空軍(Royal Hungarian Air Force :MKHL)に合計76機が輸出された。このハンガリー王国空軍(Magyar Királyi Honvéd Légierő)フィアットCR.32複葉戦闘機は、イタリア三色旗の赤白緑の国籍マークを付けている。

ハンガリー王国空軍(Royal Hungarian Air Force :MKHL)フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機は、1939年、隣国スロバキア(Slovakia)と戦闘になったとき、初めて砲火の洗礼を受けた。

敵対したスロバキア空軍は、チェコスロバキア製1933年初飛行のアビア(Avia)B.534複葉戦闘機、チェコスロバキア製1929年初飛行のレトフ(Letov)S-328複葉偵察機を中核に少数配備していただけだったので、ハンガリー空軍のフィアットCR.32は、有利に戦いを進めることができた。

ハンガリー王国空軍(Royal Hungarian Air Force :MKHL) フィアット(Fiat) CR.32複葉戦闘機が、第二次大戦勃直後に直面した次の戦いは、ユーゴスラビアとの1941年4月の戦いである。当時、ヒトラーは、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、ユーゴスラビアに圧力をかけて、日独伊三国軍事同盟に加盟することを求めており、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、は、当方のソ連の緩衝やボリシェビキの蠢動を不安に感じて、ドイツとの同盟を強化した。

 チェコスロバキア空軍のアビア(Avia)B.534複葉戦闘機は、1933年初飛行、開放式コックピットだったが、1937年に密閉式コックピットとしたアビアB-534-4が開発され、1937年春から1938年夏にかけて272機が生産された。このアビアB-534-4の最高速力は380km/hで、1937年7月23日から8月1日開催のチューリヒ・デューベンドルフ国際エアレース(International Air Races Zurich-Dübendorf)に改造型が出場し、メッサーシュミット(Messerschmitt)Bf 109 V7 (W.Nr. 881)に次いで第2位で準優勝した。

  写真(右)1938年、ハンガリー、イタリアから購入したハンガリー王国空軍(Magyar Királyi Honvéd Légierő)フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機(V.122)のパイロット(左側面):開放式コックピットに革製飛行服を着用している。胴体後方側面には白十字のハンガリーの国籍記章は描かれていない。
Magyar: Bánhidi Antal gépészmérnök, repülőgép tervező, tartalékos hadnagy Fiat CR-32 vadászrepülőgépen. Tags: Royal Hungarian Air Force, Fiat-brand, airplane, Italian brand, fighter;plane, second World War, military, Antal Bánhidi design Title: Bánhidi Antal gépészmérnök, repülőgép tervező, tartalékos hadnagy Fiat CR-32 vadászrepülőgépen. Date 1938 Author FOTO:Fortepan ID 9225: Adományozó/Donor: Erky-Nagy Tibor.
写真はWikimedia Commons, Category:Fiat CR 32 in Hungarian service File:Bánhidi Antal gépészmérnök, repülőgép tervező, tartalékos hadnagy Fiat CR-32 vadászrepülőgépen. Fortepan 9225.jpg引用。


写真(右)1942年、ハンガリーあるいは東部戦線、イタリア・ドイツ同盟国ハンガリー王国空軍(Magyar Királyi Honvéd Légierő)のフィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機のパイロット(右側面):開放式コックピットに革製飛行帽・ゴーグルをつけている。胴体後方側面、上主翼上下面に白十字のハンガリーの国籍記章とした。
Magyar: A Magyar Királyi Honvéd Légierő Fiat Cr-32 típusú vadászgépe. Romania Tags: Royal Hungarian Air Force, airplane, pilot, Fiat-brand, fighter plane, Italian brand, second World War Title: A Magyar Királyi Honvéd Légierő Fiat Cr-32 típusú vadászgépe. Date 1942 Author FOTO:Fortepan — ID 32077: Home pagePictureInformation page Adományozó/Donor: Vargha Zsuzsa. archive copy
写真はWikimedia Commons, Category:Fiat CR 32 in Hungarian service File:A Magyar Királyi Honvéd Légierő Fiat Cr-32 típusú vadászgépe. Fortepan 32077.jpg引用。


しかし、ロシアと同じスラブ系要素の強いユーゴスラビアは、ソ連よりも周辺国のハンガリー、イタリア、ドイツの干渉を脅威と感じていたために、容易には日独伊三国軍事同盟に加わらなかったが、ユーゴスラビアの摂政パヴレ・カラジョルジェヴィチは、イタリアとの友好関係維持もあって、1941年3月25日に三国同盟に加わった。

写真(右)1943年、ハンガリーあるいは東部戦線、イタリア・ドイツ同盟国ハンガリー王国空軍(Magyar Királyi Honvéd Légierő)のフィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機と飛行兵(右側面):胴体後方側面、上主翼上下面に白十字のハンガリーの国籍記章とした。
Magyar: Fiat CR-32 Falco vadászrepülőgép. Tags: Royal Hungarian Air Force, airplane, military, pilot, Fiat-brand, Italian brand Title: Fiat CR-32 Falco vadászrepülőgép. Date 1943 Author FOTO:Fortepan — ID 52959: Home pagePictureInformation page Adományozó/Donor: Vargha Zsuzsa. archive copy
写真はWikimedia Commons, Category:Fiat CR 32 in Hungarian service File:A Magyar Királyi Honvéd Légierő Fiat Cr-32 típusú vadászgépe. Fortepan 52951.jpg引用。


写真(右)1943年、ハンガリーあるいは東部戦線、イタリア・ドイツ同盟国ハンガリー王国空軍(Magyar Királyi Honvéd Légierő)のフィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機と飛行兵(右側面):胴体後方側面、上主翼上下面に白十字のハンガリーの国籍記章とした。
Magyar: A Magyar Királyi Honvéd Légierő Fiat Cr-32 típusú vadászgépe. Tags: Royal Hungarian Air Force, airplane, pilot, military, Fiat-brand, Italian brand, overall Title: A Magyar Királyi Honvéd Légierő Fiat Cr-32 típusú vadászgépe Date 1943 Author FOTO:Fortepan — ID 52919: Home pagePictureInformation page Adományozó/Donor: Vargha Zsuzsa. archive copy
写真はWikimedia Commons, Category:Fiat CR 32 in Hungarian service File:A Magyar Királyi Honvéd Légierő Fiat Cr-32 típusú vadászgépe. Fortepan 52919.jpg引用。


ユーゴスラビア摂政パヴレ・カラジョルジェヴィチは、1941年3月25日に日独伊三国同盟に参加し、反ソ連ボリシェビキの立場を示したが、ユーゴスラビアの反ドイツ派、特に親ロシアのセルビア人陸軍指導部は、1941年3月27日、クーデターデで親ドイツ枢軸派を放逐した。そして、摂政パヴレは失脚し国王ペータル2世による親ロシア的な政府が樹立された。

1941年3月27日、親ドイツ枢軸派を放逐するユーゴスラビアの軍事クーデターデによって、三国同盟を締結したばかりの摂政パヴレは失脚させられ、国王ペータル2世の親政の名の下に、親ロシア的な政府が樹立されたことにメンツを潰され、激怒したアドルフ・ヒトラーは、即座にドイツ国防軍にユーゴスラビアを粉砕することを命じた。

1941年4月6日、ドイツは、枢軸同盟国のハンガリーにも説いて、ユーゴスラビアに侵攻した。この時、ドイツ空軍は、ベオグラードに対する都市無差別爆撃を実施した。また、ハンガリー空軍のフィアット(Fiat) CR.32も、ユーゴ侵攻に参加した。この作戦で、フィアットCR.32戦闘機3機が失われたが、1941年5月6日時点で、ハンガリー空軍には69機のフィアット(Fiat) CR.32が配属されていた。

写真(右)1943年、ハンガリーあるいは東部戦線、イタリア・ドイツ同盟国ハンガリー王国空軍(Magyar Királyi Honvéd Légierő)フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機と飛行兵(右側面):胴体後方側面、上主翼上下面に白十字のハンガリーの国籍記章とした。
Magyar: Fiat CR-32 Falco vadászrepülőgép. Tags: Royal Hungarian Air Force, airplane, military, pilot, Fiat-brand, Italian brand Title: Fiat CR-32 Falco vadászrepülőgép. Date 1943 Author FOTO:Fortepan — ID 52959: Home pagePictureInformation page Adományozó/Donor: Vargha Zsuzsa. archive copy
写真はWikimedia Commons, Category:Fiat CR 32 in Hungarian service File:Fiat CR-32 Falco vadászrepülőgép. Fortepan 52959.jpg引用。


写真(右)1943年、ハンガリーあるいは東部戦線、イタリア・ドイツ同盟国ハンガリー空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機と飛行兵(右側面):胴体後方側面、上主翼上下面に白十字のハンガリーの国籍記章とした。
Magyar: Fiat CR-32 Falco vadászrepülőgép. Tags: Royal Hungarian Air Force, airplane, military, pilot, Fiat-brand, Italian brand Title: Fiat CR-32 Falco vadászrepülőgép. Date 1943 Author FOTO:Fortepan — ID 52960: PictureInformation page Adományozó/Donor: Vargha Zsuzsa.
写真はWikimedia Commons, Category:Fiat CR 32 in Hungarian service File:Fiat CR-32 Falco vadászrepülőgép. Fortepan 52960.jpg引用。


1941年6月22日、ドイツがソ連侵攻バルバロッサ作戦に従って、東部戦線を開いたときに、ハンガリー軍も同盟軍として参戦し、空軍も第1戦闘航空団第1飛行隊第1飛行中隊(1./I Group、1st Fighter Wing), 第2戦闘航空団第1飛行隊第2飛行中隊(2./I Group, 2nd Fighter Wing)が派遣された。

ソ連ツポレフSB2Mカチューシャ 1941年6月22日、ドイツのソ連侵攻バルバロッサ作戦に加わった同盟国ハンガリーは、6月29日、ハンガリー東端・ウクライナのチョープ(Cop:Чоп)の鉄道駅をソ連空軍ツポレフ(Tupolev)SB-2双発爆撃機7機に空襲された。

1941年6月29日、ハンガリー空軍第3戦闘機中隊フィアット(Fiat) CR.32は、飛来したソ連空軍ツポレフSB-2爆撃機を迎撃した。そして、自らは1機も失うことなく、ソ連のツポレフ(Tupolev)SB-2双発爆撃機3機を撃墜した。

ソ連空軍ツポレフ(Tupolev)SB-2双発爆撃機は、1934年10月7日初飛行で、19396年のスペイン内戦、1937年の日中戦争、1939年のノモンハン事件、フィンランド冬戦争に実戦参加しており、1941年末までに6400機も量産されている。

ソ連ツポレフSB2Mカチューシャ ソ連空軍ツポレフ(Tupolev)SB-2の諸元
初飛行:1934年10月7日
量産期間:1936年 - 1941年
生産数:6,945機
乗員: 3人
全長: 12.57 m
全高: 3.60 m
全幅: 20.33 m
主翼面積: 56.7 m2
空虚重量: 4,768 kg
運用時重量: 6,308 kg
最大離昇重量: 7,880 kg
発動機: クリーモフ(Klimov) M-103 液冷V12型エンジン960hp(716kW)2基
最高速力:450 km/h 高度4,100m
航続距離: 2,300 km
実用上昇限度: 9,300 m

武装
火器: 7.62 mm ShKAS機関銃 ;機首2丁、後部1丁、下方1丁、合計4丁
爆弾: 爆弾倉;100キロ爆弾あるいは50キロ爆弾 6発、左右主翼下面爆弾懸架;250キロ爆弾2発

写真(右)1939年、イタリア、イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機と飛行兵(左側面):胴体後方側面、上主翼上面とした主翼下面に黒縁白丸黒3本ファッシのファシスト・イタリアの国籍マークを、垂直尾翼にイタリア三色旗トルコローレ緑白赤・サボイア王家紋章入りの国籍マークを描いている。
Magyar: Az Olasz Légierő FIAT CR-32 típusú vadászrepülőgépe. Tags: airport, transport, military, Fiat-brand, Italian brand, airplane, fighter plane, biplane Title: Az Olasz Légierő FIAT CR-32 típusú vadászrepülőgépe. Date 1939 Author FOTO:Fortepan — ID 26473: PictureInformation page Adományozó/Donor: Hídvégi Zoltán.
写真はWikimedia Commons, Category:Fiat CR 32 File:Az Olasz Légierő FIAT CR-32 típusú vadászrepülőgépe. Fortepan 26473.jpg引用。


写真(右)1941年1月-1941年4月5日、イタリア領リビア植民地北岸ベンガジ(Benghazi)、オールトラリア空軍兵士に鹵獲され記念撮影されたイタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機(左側面):胴体後方側面、上主翼上面とした主翼下面に黒縁白丸黒3本ファッシのファシスト・イタリアの国籍マークを、垂直尾翼にイタリア三色旗トルコローレ緑白赤・サボイア王家紋章入りの国籍マークを描いている。
English: Outdoor portrait of RAAF officers in front of an Italian CR.32 fighter plane at Benghazi, Libya. From left : 260652 (later Squadron Leader 2 Operational Training Unit) Thomas Hamilton Trimble. 386 Alan Charles Rawlinson (later Wing Commander, DFC, 78 Wing Headquarters). 456 Flight Lieutenant Lindsay Eric Shaw Knowles, (later No. 3 Squadron), killed during operations on 22 November 1941, aged 24. 481 Peter St George Bruce Turnbull (later DFC, Squadron Leader, 76 Squadron). 134 Duncan Campbell (later Squadron Leader, No. 3 Squadron) killed during operations on 5 April 1941, aged 26. Date between 1 January 1941 and 5 April 1941 Australian War Memorial under the ID Number: P09317.001
写真はWikimedia Commons, Category:Fiat CR 32 File:Fiat CR32 with RAAF officers at Benghazi 1941.jpg引用。


写真(右)1940年6月-1942年、イタリア領リビア植民地北岸ベンガジ(Benghazi)、ファシスト・イタリア王国空軍の兵士ニコラ・アンドレア (Andrea Nicola)他と記念撮影されたフィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機:胴体後方側面、上主翼上面とした主翼下面に黒縁白丸黒3本ファッシのファシスト・イタリアの国籍マークを、垂直尾翼にイタリア三色旗の中央の白十字(サヴォイア王家紋章入)国籍マークを描いている。左遠方には、ドイツ空軍のユンカースJu-87急降下爆撃機が駐機している。
Fotografia di Andrea Nicola, mio padre, fotografo della Regia Aeronautica nel periodo 1940/1942. Ritrae il FIAT CR32 e sullo sfondo uno Stuka in dotazione alla Regia. Riccardo Nicola. --Elwood
写真はWikimedia Commons, Category:Fiat CR 32 File:Fiat CR32 with RAAF officers at Benghazi 1941.jpg引用。


1939年9月に第二次背世界大戦が勃発してもイタリアはドイツ同盟国ではあったが、非参戦国だった。その時期は、イタリア空軍機は、垂直尾翼にイタリア三色旗トルコローレ緑白赤・サボイア王家紋章入りの国籍マークを描いている。しかし、1940年6月のフランス降伏直前に参戦したイタリアでは、この国籍マークを改めて、中央の白だけの十字としサボイア王家紋章入りの国籍マークを描いている。


図(上)イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍第52飛行隊第22飛行中隊第358飛行小隊フィアット(Fiat)CR.42ファルコ(Falco)戦闘機
(部隊番号:358-1):ファシスト独裁イタリアの国籍マークは、胴体側面のファッシ(束ねた武器)、主翼上下の黒縁白円の三本ファッシ、垂直尾翼のイタリア軍の国籍マークは、イタリア三色旗トルコローレ緑・白・赤の縦縞(中央の白にサヴォイア王家紋章入り)となった。
Unit: 358 Squadriglia, 22 Gruppo, 52 Stormo Caccia Assalto Serial: 358-1
写真は, WINGS PALETTE Interwar/Fighters/Fiat CR.32/Italy (fascists)引用。



図(上)イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍第52飛行隊第22飛行中隊第358飛行小隊フィアット(Fiat)CR.42ファルコ(Falco)戦闘機
(部隊番号:160-10):ファシスト独裁イタリアの国籍マークは、胴体側面のファッシ(束ねた武器)、主翼上下の黒縁白円の三本ファッシ、垂直尾翼のイタリア軍の国籍マークは、イタリア三色旗トルコローレ緑・白・赤の縦縞(中央の白にサヴォイア王家紋章入り)となった。しかし、1940年6月の第二次大戦イタリア参戦後、垂直尾翼の国籍マークは、三色旗の中央の白の十字架(サヴォイア王家紋章入り)に変更になった。
Unit: 358 Squadriglia, 22 Gruppo, 52 Stormo Caccia Assalto Serial: 358-1
写真は, WINGS PALETTE Interwar/Fighters/Fiat CR.32/Italy (fascists)引用。


写真(右)1937年、イタリア上空を編隊飛行するイタリア空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の三面図
English: FIAT CR-32 Date 12 February 2016 Source Own work Author Kaboldy
写真はWikimedia Commons,Category:Fiat CR.32 File:FIAT CR-32.svg引用。


フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の諸元

乗員Crew: one
全長Length: 7.88 m (25 ft 7.25 in)
全幅Wingspan: 9.5 m (31 ft 2 in)
全高Height: 2.78 m (9 ft 1.5 in)
翼面積Wing area: 22.1 m2 (238 sq ft)
空虚重量Empty weight: 1,455 kg (3,208 lb)
総重量Gross weight: 1,975 kg (4,354 lb)
発動機Powerplant: 1 × Fiat A.30 R.A. 12-cylinder Vee piston engine , 447 kW (600 hp)
最高速力Maximum speed: 360 km/h (220 mph, 190 kn)
航続距離Range: 781 km (485 mi, 422 nmi)
実用上昇限度Service ceiling:8,800 m (28,900 ft)
兵装Armament:2 ×7.7 mmあるいは12.7 mmブレダ(Breda)-SAFAT機関銃
爆弾Bombs: 100 kg (220 lb)


4.フィアット(Fiat)CR.32公式ガイドライン(Istruzioni)


写真(右)1934年10月以前,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機の側面
;1933年4月28日初飛行、1933年より部隊配備。イタリア航空省1934年(ファシスト暦12年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis)Istruzioni ROMA 1934-ANNO XII 引用。


「ファシスト暦」とは、ファシスト党・ムッソリーニ率いるローマ進軍の勢いに感銘を受けたイタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世(Vittorio Emanuele III)が、1922年10月29日、統領(ドゥーチェ)ベニート・ムッソリーニを首相に任命した期日を紀元、すなわちファシスト暦元年(ANNO I)としている。

ただし、ファシスト暦が採用されたのは、ファシスト独裁政権が盤石になった1927年10月29日がファシスト暦5年(Anno V)元旦と定められた。したがって、西暦と異なり、1月1日に新年になるのではない。つまり、ファシスト暦の元旦は、1922年10月29日で、ファシスト暦12年は、1933年10月28日から1934年10月27日となる。

ガイドライン(guideline)は、ガイド(guide)の名詞形で指導・案内の意味だが、それにライン(line)を付けて、指南書・指導要綱の意味になる。

つまり、利用者・購入者の仕様書案内のように、取り扱いの基準と指針を示したマニュアル(操作案内)として作成される。この点で、カタログと同程度の有効性があると考えられる。

イタリア航空省1935年(ファシスト暦14年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
Fiat C.R. 32 a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA
AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1935-ANNO XIV引用。

ガイドラインは、法律や命令ではなく、その基準を示すものであるから、絶対服従という要件はないが、法律・命令に準じる強い基準として認識・理解されることもある。

特に、航空機のガイドラインの場合、その誤った取り扱いや操作が、重大な事故や飛行機の破壊につながることもあり、ガイドラインといっても、順守手べきものとして理解されてしかるべきである。つまり、飛行機のガイドラインは、守ることを義務付けるべき強いものなはずである。

しかし、イタリア軍用機の公式ガイドライン・公式マニュアル・公式カタログを見ると、名称・形式の異なる飛行機のはずが、ガイドライン・マニュアル・カタログによっては、同じ図解や写真を流用している。

イタリア航空省のこのような厳格さを欠く公式ガイドライン・公式マニュアル・公式カタログの作成姿勢は、写真や図を新規掲載しなくとも実害がないと判断によるのであろうが、厳格な内指示・説明が求められるガイドラインが、旧来の機体をそのまま掲載しているのは、厳格さに欠けており、真剣さが足りないように感じられじられる。


写真(上)1935年,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機の側面
;1933年4月28日初飛行、1933年より部隊配備。イタリア航空省1934年(ファシスト暦12年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis)Istruzioni ROMA 1934-ANNO XII 引用。

ファシスト独裁イタリアの国籍マークは、左右主翼上面・下面のファッシ(束ねた武器)と垂直尾翼のサヴォイア高家紋章付きのイタリア三色旗トルコローレの緑白赤の縦縞だった。しかし、1940年6月の第二次大戦参戦後、垂直部翼の三色旗の華麗な国籍マークは、サボイア王家紋章付きの白十字に変更された。ムッソリーニ首相罷免後に樹立されたピエトロ・バドリオ政権は、1943年9月18日連合国に降伏し、1943年10月18日、ドイツに宣戦布告した。この時のイタリア王国空軍の国籍マークは、イタリア三色旗トルコローレの緑白赤の同心円である。


図(上)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機の側面
;1933年4月28日初飛行、1933年より部隊配備。イタリア航空省1934年(ファシスト暦12年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis)Istruzioni ROMA 1934-ANNO XII 引用。


図(上)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機の側面
;1933年4月28日初飛行、1933年より部隊配備。イタリア航空省1935年(ファシスト暦14年)刊行刊行、フィアットCR.32公式マニュアル(Manuale)掲載。
Fiat C.R. 32 a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1935-ANNO XIV引用。


図(上)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機の上面寸法図
;イタリア航空省1934年(ファシスト暦12年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis)Istruzioni ROMA 1934-ANNO XII 引用。


図(上)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機の正面寸法図
;イタリア航空省1934年(ファシスト暦12年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis)Istruzioni ROMA 1934-ANNO XII 引用。


図(上)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機の胴体の鋼管骨組みフレームワーク
;イタリア航空省1934年(ファシスト暦12年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis)Istruzioni ROMA 1934-ANNO XII 引用。

坂上茂樹(2017)「枠組構造を有する飛行機機体の技術史ーネジないしリベット締結とガス溶接の適用事例」によれば、飛行機の機体の製造にあたって、胴体枠に鋼製部材を使用するようになったが、その方法は、
1)溶接組立構造、
2)管材組立構造、とに分類できる。

飛行機の鋼製部材は、それまでの木製枠組構造の一部を鋼管に置換える形で発達した。また、木製枠組構造とは異なり、枠組みを接合するために、接合金具を用い、さらにガス溶接,主として酸素アセチレン溶接を用いる鋼管溶接組立工法が採用された。


写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機の胴体鋼管骨格フレームワークのコックピット附近
;イタリア航空省1934年(ファシスト暦12年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis)Istruzioni ROMA 1934-ANNO XII 引用。

飛行機機体の木製枠組構造と同じく、鋼材の溶接と可逆組立には,四角形に組まれた中枠(框かまち)の四隅を縦通材で繋ぎ,要所に斜め材や十字張線を配して強度を維持した立体骨組みを作る。そして、骨格の接合部を溶接組立するのが、鋼管溶接構造である。


写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機の機首エンジンカウリング右側面
;イタリア航空省1934年(ファシスト暦12年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis)Istruzioni ROMA 1934-ANNO XII 引用。

フィアット(Fiat) CR.32戦闘機のイタリア空軍後継機のフィアット(Fiat)CR.42ファルコ(Falco)戦闘機とマッキ(Macchi)MC.200サエッタ"Saetta"戦闘機は、同じフィアット(Fiat)A.74 R.C.38 空冷星型14気筒エンジン650 kW (870 hp)1基を装備している。イタリアでは、液冷エンジンは日本同様に例外的で、空冷星形エンジンが主流だった。


写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機の機首エンジンカウリング右後方側面
;イタリア航空省1934年(ファシスト暦12年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis)Istruzioni ROMA 1934-ANNO XII 引用。

鋼管溶接構造の利点は、
1)工作容易で保守が容易である、
2)架構の剛性が管材組立構造より高い,
3)衝撃損傷時に破 断ではなく屈曲するので衝撃が緩和され事故の際の搭乗者に対する安全性が高い,
4)鋼管の軽度の損傷・屈曲なら修理や交換が可能である,
という4点である。(坂上茂樹(2017)「枠組構造を有する飛行機機体の技術史ーネジないしリベット締結とガス溶接の適用事例」参照)


写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機コックピット操縦席左側面
(図41);イタリア航空省1934年(ファシスト暦12年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis)Istruzioni ROMA 1934-ANNO XII 引用。

この後、複葉機戦闘機フィアット(Fiat)CR.32の後継機は、フィアット(Fiat)CR.42ファルコ(Falco)複葉戦闘機であるが、この時には、マッキ(Macchi)MC.200サエッタ"Saetta"戦闘機は、単葉低翼、引込み式主輪を採用しており、複葉機の固定脚とは全く異なる形状となった。また、胴体構造は、鋼管フレームワーク(骨格枠組み構造)が引き継がれているが、形状は箱形から筒型に変化し異なっている。


写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機コックピット操縦席右側面
(図42);左下には座席のパイロットの座席の端が、右下には高空で操縦士が呼吸に使用する酸素瓶が見えている。イタリア航空省1934年(ファシスト暦12年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis)Istruzioni ROMA 1934-ANNO XII 引用。


写真(上)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機の開放式コックピット操縦席の正面と上面
(図43);正面のガラス風防の手前には、環状小照準器が、床面からは操縦桿が立っている。コックピットの縁には、操縦士がぶつかったときの衝撃を和らげるマットがついている。イタリア航空省1934年(ファシスト暦12年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis)Istruzioni ROMA 1934-ANNO XII 引用。


写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機の胴体コックピットと主翼中央部後面
;イタリア航空省1934年(ファシスト暦12年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis)Istruzioni ROMA 1934-ANNO XII 引用。

イタリア王国空軍フィアット(Fiat) CR.42ファルコ(Falco)戦闘機は、フィアット G.50 フレッチア(Freccia)戦闘機、マッキ(Macchi)MC.200サエッタ(Saetta)戦闘機と同一の発動機フィアットA74AC38空冷星形14気筒エンジンで800馬力級1基を搭載している。この程度の出力で、最高速力500km/hを達成するのは、技術的に難しかったため、機体を小型軽量化し、空気抵抗を減少させるために胴体を絞って細くし、エンジン直径も最小化できるようにカウリングを工夫した。しかし、同時にパイロットの視界が良好であることが求められたため、胴体の上部に突出したガラス風防を設け、完全は密閉式ではなく、開放式あるいは半開放式のガラス風防を設けた。


写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機の機首正面
;1933年4月28日初飛行、1933年より部隊配備。イタリア航空省1934年(ファシスト暦12年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis)Istruzioni ROMA 1934-ANNO XII 引用。

航空機用発動機は、構造・機構の上では、冷却器と冷却液が不要で、簡易化でき軽量な空冷星形エンジンが世界の航空機発動機の主流となった。しかし、イギリスのス―パーマリーン、ドイツのダイムラーベンツ。ユンカースでは高度の技術を駆使して高性能の航空機用液冷エンジンを開発した。

航空機用空冷星型エンジンは、シリンダー(気筒)を放射状星形に配置したレシプロのガソリン・エンジンである。このように星形にシリンダーを配置した理由は、飛行するときに正面から流れてくる空気によって、燃料爆発・過熱したシリンダーを冷却するためである。シリンダー配置が星形であれば、エンジンによる正面積が大きくなり空気抵抗が大きくなる半面、シリンダーに直接高速で航空の冷気が流れ込むので、冷却効率が良い。


写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機の機首正面と右主翼正面
;イタリア航空省1934年(ファシスト暦12年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis)Istruzioni ROMA 1934-ANNO XII 引用。

航空機用空冷エンジンは、シリンダーを冷却するのに航空の気流を取り入れて使う。そこで、エンジン正面に空気取り入れ口を設けているが、潤滑油の小型冷却器以外、大きな冷却器を必要としない。他方、航空機用液冷エンジンは、シリンダーを冷却するのに不凍液を混ぜた水を使うが、この冷却液は、航空の冷たい空気を使って冷却するしかない。そこで、エンジンとは別に、冷却液と冷却器が必要となるので、重量が重くなる。液冷エンジンのシリンダー配置は、直列させてエンジン正面面積を縮小することができるため、その空気抵抗は小さくなる。冷却液を冷やす冷却器を設けているので、その部分の空気抵抗は大きくなる。


写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機の胴体左の左主翼取り付け部分
;丸い肉抜き穴は、金属桁の重量軽減・強度維持のための構造である。イタリア航空省1934年(ファシスト暦12年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis)Istruzioni ROMA 1934-ANNO XII 引用。


写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機の胴体左の左下主翼取り付け部分
(図7);上翼より小型の下翼の断面で、そこに下翼をボルトで取り付ける。金属桁の重量軽減・強度維持のための構造である。イタリア航空省1934年(ファシスト暦12年)刊行、フィアットCR.32公式ガイドライン(Istruzioni)掲載。
a cura di Saverio RADOGNA selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis)Istruzioni ROMA 1934-ANNO XII 引用。

1940年6月の第二次大戦参戦後のイタリア王国空軍の国籍記章は、機体側面のファッシ(束ねた武器)、左右主翼上面・下面の3本ファッシ、垂直尾翼のサボイア王家の紋章入り白十字だった。1943年7月25日、ムッソリーニ首相罷免後のバドリオ政権は9月初めに連合国に降伏し、その後、ドイツに宣戦布告した。この時のイタリア王国空軍の国籍マークは、イタリア三色旗トルコローレの緑白赤の同心円である。

1940年6月の第二次大戦参戦後のイタリア王国空軍の国籍記章は、機体側面のファッシ(束ねた武器)、左右主翼上面・下面の3本ファッシ、垂直尾翼のサボイア王家の紋章入り白十字だった。しかし、統領ムッソリーニ罷免後のバドリオ政権は連合国に降伏し、その後、ドイツに宣戦布告した。この時のイタリア王国空軍の国籍マークは、イタリア三色旗トルコローレの緑白赤の同心円に変更され、現在に至っている。


5.フィアット(Fiat)CR.32 公式カタログ(CATALOGO)


写真(右)1935-1936年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32公式カタログ(CATALOGO)のカバー
;イタリア航空省刊行フィアットCR.32公式カタログ(CATALOGO)掲載。
Fiat C.R. 32 a cura di Natale LAPEDOTA e Saverio RADOGNA selezione tratta dal Catalogo Nomenclatore
写真は,AERONAUTICA D'ITALIAVELIVOLO DA CACCIA C.R.32 CATALOGO NOMENCLATORE 引用。



写真(右)1935-1936年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の機首・エンジン部分
(右側面);イタリア航空省刊行フィアットCR.32公式カタログ(CATALOGO)掲載。
Fiat C.R. 32 a cura di Natale LAPEDOTA e Saverio RADOGNA selezione tratta dal Catalogo Nomenclatore
写真は,AERONAUTICA D'ITALIAVELIVOLO DA CACCIA C.R.32 CATALOGO NOMENCLATORE 引用。


イタリア王国空軍フィアット(Fiat) CR.32複葉戦闘機,フィアット(Fiat)CR.42ファルコ(Falco)戦闘機は、フィアット G.50 フレッチア(Freccia)戦闘機、マッキ(Macchi)MC.200サエッタ(Saetta)戦闘機と同一の発動機フィアットA74AC38空冷星形14気筒エンジンで800馬力級1基を搭載している。


写真(右)1935-1936年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の機首・右主翼
(正面);イタリア航空省刊行フィアットCR.32公式カタログ(CATALOGO)掲載。
Fiat C.R. 32 a cura di Natale LAPEDOTA e Saverio RADOGNA selezione tratta dal Catalogo Nomenclatore
写真は,AERONAUTICA D'ITALIAVELIVOLO DA CACCIA C.R.32 CATALOGO NOMENCLATORE 引用。



写真(右)1935-1936年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の機首・右主翼
(正面);イタリア航空省刊行フィアットCR.32公式カタログ(CATALOGO)掲載。
Fiat C.R. 32 a cura di Natale LAPEDOTA e Saverio RADOGNA selezione tratta dal Catalogo Nomenclatore
写真は,AERONAUTICA D'ITALIAVELIVOLO DA CACCIA C.R.32 CATALOGO NOMENCLATORE 引用。


フィアット(Fiat) CR.32複葉戦闘機機首上面に搭載された7.7mmビッカース機関銃2丁は、回転する2翅プロペラ越しに射撃するので、プロペラに弾丸が当たらないように同調させる必要があった。プロペラの回転と機関銃の射撃時間を調整して、プロペラを撃たないように工夫したのが、プロペラ同調装置である。


写真(上)1935-1936年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の胴体の鋼管骨組みフレームワーク構造図
(左側面);イタリア航空省刊行フィアットCR.32公式カタログ(CATALOGO)掲載。
Fiat C.R. 32 a cura di Natale LAPEDOTA e Saverio RADOGNA selezione tratta dal Catalogo Nomenclatore
写真は,AERONAUTICA D'ITALIAVELIVOLO DA CACCIA C.R.32 CATALOGO NOMENCLATORE 引用。


フィアット(Fiat) CR.32複葉戦闘機の発動機は、フィアット A30 RA-bis液令V12気筒エンジン600 hpで、この程度の出力で、最高速力360 km/hを達成できたのは、空力学的に洗練されていたからである。機体を小型軽量化し、空気抵抗を減少させるために胴体を絞って細くし、エンジン直径も最小化できるようにカウリングを工夫した。


写真(右)1935-1936年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の右の上主翼の構造図
(上面);イタリア航空省刊行フィアットCR.32公式カタログ(CATALOGO)掲載。
Fiat C.R. 32 a cura di Natale LAPEDOTA e Saverio RADOGNA selezione tratta dal Catalogo Nomenclatore
写真は,AERONAUTICA D'ITALIAVELIVOLO DA CACCIA C.R.32 CATALOGO NOMENCLATORE 引用。


フィアット(Fiat) CR.32複葉戦闘機は、パイロットの視界が良好であることが求められたため、胴体の上部に突出した正面ガラス風防を設け、開放式コックピットとして視界を確保している。


写真(右)1935-1936年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の左の上主翼の構造図
(上面);イタリア航空省刊行フィアットCR.32公式カタログ(CATALOGO)掲載。
Fiat C.R. 32 a cura di Natale LAPEDOTA e Saverio RADOGNA selezione tratta dal Catalogo Nomenclatore
写真は,AERONAUTICA D'ITALIAVELIVOLO DA CACCIA C.R.32 CATALOGO NOMENCLATORE 引用。



写真(右)1935-1936年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の右の下主翼の構造図
(上面:900);イタリア航空省刊行フィアットCR.32公式カタログ(CATALOGO)掲載。
Fiat C.R. 32 a cura di Natale LAPEDOTA e Saverio RADOGNA selezione tratta dal Catalogo Nomenclatore
写真は,AERONAUTICA D'ITALIAVELIVOLO DA CACCIA C.R.32 CATALOGO NOMENCLATORE 引用。



写真(右)1935-1936年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の左の下主翼の構造図
(上面:760);イタリア航空省刊行フィアットCR.32公式カタログ(CATALOGO)掲載。
Fiat C.R. 32 a cura di Natale LAPEDOTA e Saverio RADOGNA selezione tratta dal Catalogo Nomenclatore
写真は,AERONAUTICA D'ITALIAVELIVOLO DA CACCIA C.R.32 CATALOGO NOMENCLATORE 引用。



写真(上)1935-1936年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の水平尾翼の構造図
(上面:1206);イタリア航空省刊行フィアットCR.32公式カタログ(CATALOGO)掲載。
Fiat C.R. 32 a cura di Natale LAPEDOTA e Saverio RADOGNA selezione tratta dal Catalogo Nomenclatore
写真は,AERONAUTICA D'ITALIAVELIVOLO DA CACCIA C.R.32 CATALOGO NOMENCLATORE 引用。



写真(上)1935-1936年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の水平尾翼後縁の昇降舵の構造図
(上面);イタリア航空省刊行フィアットCR.32公式カタログ(CATALOGO)掲載。
Fiat C.R. 32 a cura di Natale LAPEDOTA e Saverio RADOGNA selezione tratta dal Catalogo Nomenclatore
写真は,AERONAUTICA D'ITALIAVELIVOLO DA CACCIA C.R.32 CATALOGO NOMENCLATORE 引用。



写真(右)1935-1936年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の上右主翼後縁の補助翼の構造図
(上面:1235);イタリア航空省刊行フィアットCR.32公式カタログ(CATALOGO)掲載。
Fiat C.R. 32 a cura di Natale LAPEDOTA e Saverio RADOGNA selezione tratta dal Catalogo Nomenclatore
写真は,AERONAUTICA D'ITALIAVELIVOLO DA CACCIA C.R.32 CATALOGO NOMENCLATORE 引用。



写真(右)1935-1936年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の上左主翼後縁の補助翼の構造図
(上面:1185);イタリア航空省刊行フィアットCR.32公式カタログ(CATALOGO)掲載。
Fiat C.R. 32 a cura di Natale LAPEDOTA e Saverio RADOGNA selezione tratta dal Catalogo Nomenclatore
写真は,AERONAUTICA D'ITALIAVELIVOLO DA CACCIA C.R.32 CATALOGO NOMENCLATORE 引用。



写真(上)1935-1936年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の胴体の鋼管骨組みフレームワークとエンジン懸架(左)の構造図
(左側面);イタリア航空省刊行フィアットCR.32公式カタログ(CATALOGO)掲載。
Fiat C.R. 32 a cura di Natale LAPEDOTA e Saverio RADOGNA selezione tratta dal Catalogo Nomenclatore
写真は,AERONAUTICA D'ITALIAVELIVOLO DA CACCIA C.R.32 CATALOGO NOMENCLATORE 引用。



写真(右)1935-1936年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32複葉戦闘機の胴体中央部に設けられた爆弾搭載筒と揚弾用手巻き滑車
;イタリア航空省刊行フィアットCR.32公式カタログ(CATALOGO)掲載。
Fiat C.R. 32 a cura di Natale LAPEDOTA e Saverio RADOGNA selezione tratta dal Catalogo Nomenclatore
写真は,AERONAUTICA D'ITALIAVELIVOLO DA CACCIA C.R.32 CATALOGO NOMENCLATORE 引用。



6.フィアット(Fiat)CR.32 Quater 公式マニュアル


写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32 Quater 4型公式マニュアルのカバー
;フィアット(Fiat)A.30 R.A.bisイタリア航空省の1938年刊行、CR.32 Quater 公式マニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。


マニュアル(manual)とは、
1) 飛行機・機械から道具・アプリケーションまでの使用説明書であり、取扱や手引きとして用いられる。
2) 操作・生産工程など作業手順を説明するが、写真・図解などを多用して、理解を円滑に進める。
という二つの目的がある。

他方、カタログは、取引相手・購入者などに対する飛行機・機械から道具・アプリケーションまで、機能を説明し、商品の性能を誇示する説明書で、顧客に対して商品説明にも使用される。例えば、航空機メーカーが、軍用機や民間機を自国空軍や航空会社、あるいは外国空軍や航空運送会社に売り込みをするのに、写真や図解の入ったカタログを提供するのである。

しかし、マニュアルとカタログを厳格に区別することはできない。マニュアルがカタログの役割を担い、マニュアルがカタログの役割を担うことがあるからである。


写真(上)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型の左側面
;イタリア航空省の1938年刊行、CR.32 Quater 公式マニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。



写真(上)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型の正面
;CR.32戦闘機4型のカタログに掲載された写真だが、実際はCR.32戦闘機カタログに掲載した写真と同じものをそのまま使用している。正面から見ても商社の外見上の違いがないので実害がない、手間を省くために写真を張り替えずに流用したのか。イタリア航空省の1938年刊行、CR.32 Quater 公式マニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。


図(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型の胴体左側面全体の構造図
;イタリア航空省の1938年刊行、フィアットCR.32Quater公式マニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
図は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。


図(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機(Quater)4型の胴体前半左側面の構造図
(図7);イタリア航空省の1938年刊行、CR.32 Quater 公式マニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
図は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。

フィアット(Fiat) CR.32複葉戦闘機4型は、機首上面に7.7mmビッカース(Breda)機関銃2丁を搭載、後継機のフィアット(Fiat)CR.42複葉戦闘機は機首上面に7.7mmブレダ(Breda)-SAFAT機関銃2丁を搭載した。したがって、武装強化・火力の向上はなされていない。


図(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型の上面構造図
(図72);イタリア航空省の1938年刊行、フィアットCR.32 Quater 公式マニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
図は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。


図(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型の側面寸法図
;イタリア航空省の1938年刊行、フィアットCR.32Quaterマニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
図は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。

1939年、第二次世界大戦が勃発した年に、イタリア空軍はマッキMC-200サエッタ戦闘機を配備した3つの航空団(ストロモ:Stormo)を編成した。

1個飛行中隊(スコードロン:Squadriglie)は9機で、2-3個の飛行中隊合計18-27機で1個の飛行戦隊/飛行団(グルッポ:Gruppo)、3個飛行戦隊合計54-81機で1個の航空団(ストロモ:Stormo)となる。


図(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型の正面寸法図
;イタリア航空省の1938年刊行、フィアットCR.32 Quater 公式マニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
図は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。



写真(上)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型の胴体鋼管骨格フレームワーク
;左端はフィアット(Fiat)A20 R.A. 液冷V型12気筒エンジン331 kW (444 hp)を搭載するエンジン懸架。イタリア航空省の1938年刊行、フィアットCR.32 Quater 公式マニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。



写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型のフィアット(Fiat)A20 R.A. 液冷V型12気筒エンジン331 kW (444 hp)を搭載するエンジン懸架。と胴体鋼管骨格フレームワーク前部
(図4);イタリア航空省の1938年刊行、フィアットCR.32 Quater 公式マニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。



写真(上)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型の上主翼の構造図
;イタリア航空省の1938年刊行、フィアットCR.32Quaterマニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。


空気には形状に沿って流れるが、主翼の後縁が下方に傾斜していると、その空気の流れが下向きに曲げられる。主翼で空気を下方に向けられた。この作用で押し下げられた空気の反作用で、揚力が発生する。つまり、揚力は、主翼上面の空気の流れが下向きに曲げらた反作用で発生しますたのである。空気は力の作用がなければ直進すすが、主翼で空気が下方で流れたからには、どこからか力が働いたといえる。空気の流れが曲げられると曲がった流線の内側と外側に圧力差が発生し、向心力が働くのである。


写真(上)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型の上主翼後縁の補助翼(エルロン)の構造図
;イタリア航空省の1938年刊行、フィアットCR.32Quaterマニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。


主翼上面の曲がっているところを流れる気流の流線の内側は低圧となる。他方、翼下面では、気流は直進するので、圧力が上昇し高圧となる。空気の流れが下向きに曲げられた翼上面では圧力が低下し、空気が直進する翼下面では圧力が上昇する。このように空気の流れを曲げた反作用は翼上面・下面の圧力差として翼に揚力として働くのである。複葉機は、単葉機よりも主翼面積が大きく揚力も大きいために、旋回性能や上昇性能が際立っている。


写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型の下主翼の構造図
;イタリア航空省の1938年刊行、フィアットCR.32Quaterマニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。


飛行機は揚力を得るために、主翼の上面と下面では形状が異なる。上面の空気が下面より早く流れれば、気圧の差から揚力が働き、機体は上に持ち上げられる。しかし、主翼は付け根から先端まで捩じりがあったり、形状が異なったりと複雑で、それを支える桁も最新の注意が必要である。


図(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型の尾翼:垂直尾翼と水平尾翼(片側)の構造図
(図21と図16);イタリア航空省の1938年刊行、フィアットCR.32Quaterマニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
図は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。


方向舵(ラダー:rudder)とは、機首を左右にふり、方向の姿勢を制御する操縦翼で、垂直尾翼の後縁に取り付けられている。方向舵の操作は,コックピット操縦席の方向ペダル(ラダー・ペダル)を踏むことで制御する。右ラダー・ペダルを踏みこむと、方向舵は左に操作され、右向き揚力が発生するので、重心を中心に、機首を左にふるモーメントが生まれ,飛行機は左に旋回する。


写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型の主翼下の固定式降着装置主翼の構造図
(図20);イタリア航空省の1938年刊行、フィアットCR.32Quaterマニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。



写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型の右主翼下の固定式ゴム主輪降着装置と緩衝招致付きの固定式尾輪降着装置
(図21と図11);イタリア航空省の1938年刊行、フィアットCR.32Quaterマニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。



写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型の正面から見た胴体と主翼下の固定式降着装置主翼の構造図
(図54);イタリア航空省の1938年刊行、フィアットCR.32Quaterマニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。


フィアット(Fiat) CR.32戦闘機が降着に使用する主輪はゴム車輪で、支柱は外側1本で、着地するときの緩衝装置が支柱に組み込まれている。固定脚であり、この方式は、発展型のフィアット(Fiat)CR.42ファルコ戦闘機にも引き継がれている。しかし、同時期に開発されたフィアット G.50 フレッチア(Freccia)戦闘機は、低翼単葉、引込み式降着装置を採用しておた。ライバル社のマッキ(Macchi)MC.200サエッタ(Saetta)戦闘機も低翼単葉、引込み式の降着装置を採用している。


写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型コックピット左後方と上主翼中央部
(図50);正面ガラス風防だけであとは開放された操縦席。イタリア航空省の1938年刊行、フィアットCR.32 Quater 公式マニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。



写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型コックピット前方・機首上面の機関銃同調装置
(図48);7.7mmビッカース機関銃2丁を射撃した場合、プロペラ同調装置が稼働するので、プロペラが正面に来た時には射撃されないので銃弾はプロペラにあたることはない。イタリア航空省の1938年刊行、フィアットCR.32 Quater 公式マニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。


フィアット(Fiat) CR.32機首に装備した機関銃は、回転する2翅プロペラ越しに射撃するので、プロペラに弾丸が当たらないように同調させる必要があった。プロペラの回転と機関銃の射撃時間を調整して、プロペラを撃たないように工夫したのが、プロペラ同調装置である。

プロペラ同調装置は、第一次世界大戦中の戦闘機に装着されて以来、広く普及したが、プロパラ回転の圏外から機関銃を射撃するのであれば、プロペラ同調装置は不要であり、その整備もいらずに、稼働率の向上が期待できる。また、機関銃の発射速度も射撃を停止しない分だけ高めることができ、有利である。そこで、アメリカ海軍戦闘機、アメリカ陸軍戦闘機の多くは、左右の主翼に12.7mmブローニング「エクスカリバー」機関銃を各々2丁、のちに各々3丁か4丁、合計6丁か8丁も装備して対戦闘機戦闘を有利に展開した。


写真(右)1937-1938年頃,イタリア、ファシスト・イタリア王国空軍フィアット(Fiat)CR.32戦闘機4型機首上面の7.7mmビッカース機関銃2丁とプロペラ同調装置
(図48);ガラス風防だけであとは開放された操縦席。イタリア航空省の1938年刊行、フィアットCR.32 Quater 公式マニュアル掲載。
Fiat C.R. 32 Quater a cura di Marco OCULISTI (un Amico che, purtroppo, ci ha prematuramente lasciati) n.d.r. selezione tratta dal Manuale per il montaggio
写真は,MINISTERO DELL' AERONAUTICA AEROPLANO C.R.32 (Motore Fiat A.30 R.A.bis) ROMA 1938-ANNO XVI引用。


フィアット(Fiat) CR.32戦闘機4型の機首上面に搭載された7.7mmビッカース機関銃2丁には、プロペラ同調装置がついているので、プロペラが銃口正面に来た時には射撃が停止する。つまり、プロペラ同調装置があるために、銃弾はプロペラにあたることなく、射撃し続けることができる。


7.フィアット(Fiat)CR.42ファルコ(Falco)戦闘機

写真(右)1940年6月のイタリア参戦以降,編隊飛行するイタリア空軍フィアット(Fiat)CR.42ファルコ(Falco)戦闘機;1938年5月23日初飛行、1939年8月より部隊配備。鋼管骨組みフレームワークに羽布を張った胴体なので、骨組みが際立っている。
Fiat CR-42 Manufacturer: Fiat Designation: CR-42 Repository: San Diego Air and Space Museum Archive
写真はSmugMug+Flickr.,San Diego Air and Space Museum Archive Catalog #: 00079136 引用。

イタリア空軍1938年5月23日初飛行フィアット(Fiat)CR.42と同じエンジンを装備したマッキ(Macchi)MC200サエッタ(Saetta)戦闘機の試作機は、第二次大戦勃発2年前の1937年12月24日に初飛行し、1939年8月より部隊配備された運動性のいい軽戦闘機である。

イタリア空軍フィアット イタリア王国空軍1938年5月23日初飛行のフィアット(Fiat)CR.42ファルコ(Falco)戦闘機の発動機は、半年前の1937年12月24日初飛行の低翼単葉マッキ(Macchi)MC.200サエッタ"Saetta"戦闘機と同じフィアット A74RC38空冷星型14気筒エンジン870hpである。

フィアットA74 RC 38空冷星型14気筒エンジンの諸元
気筒ボアBore: 140 mm (5.512 in)
気筒ストロークStroke: 145 mm (5.709 in)
排気量Displacement: 31.25 L (1,906.9 cu in)
全長Length: 1,044mm (41.13 in)
直径Diameter: 1,195 mm (47.05 in)
乾燥重量Dry weight: 590 kg (1,246 lb)
離昇出力Power output: 870 馬力 (858 hp, 640 kW)/毎分 2,520回転
緊急出力960 馬力(947 hp, 706 kW)/毎分 2520 回転/高度3,000 m
圧縮比Compression ratio: 6.7:1
出力重量比Power-to-weight ratio: 1.2 kW/kg (0.73 hp/lb)

12.7mmブレダSAFAT機関銃の諸元
開発時期 1935年
重量 29kg
弾丸 12.7x81mmSR弾(34.2g)
口径 12.7mm(0.50in)
発射速度 700発/分
575発/分(戦闘機機首のプロペラ同調機銃の場合)
初速 765m/s(12.7mm)

12.7mmブレダ(Breda-SAFAT)機関銃の原型は、アメリカのブローニングM2重機関銃であるが、日本陸軍の12.7ミリホ103航空機関銃と同じく、実包は、ブローニングM1919重機関銃7.62x63mmは、7.7x56mmR(.303ブリティッシュ弾)にランクダウンされ、ブローニングM2重機関銃12.7x99mmは12.7x81mmSR(.50ブリティッシュ弾)にやはりランクダウンされ、軽量化されたものの、射程、弾道安定性、破壊力は原型に劣っている。

⇒写真集Album:フィアット(Fiat)CR.42ファルコ(Falco)複葉戦闘機を見る。


8.ハインケル(Heinkel)He-51複葉戦闘機

写真(右)1935年8月3日、ドイツ、未舗装飛行場、ドイツ空軍第132戦闘航空団「リヒトホーフェン」所属のハインケル(Heinkel)He-51複葉戦闘機と整備士たち:手前の整備士は、車輪止めを右手に持っている。
Döberitz, JG Richthofen, Heinkel He 51 3. August 1935. Bestand Bild 102 - Aktuelle-Bilder-Centrale, Georg Pahl Bestandsinformationen in Invenio 3. August 1935 Originaltitel Arbeitsdienstmänner besichtigen zum ersten mal die Jagdstaffel "Richthofen" in Döberitz bei Berlin am 3. August 1935. Die startfertige Jagdstaffel "Richthofen" vorbildlich ausgerichtet in Döberitz Flugplatz Döberitz.- Soldaten der Luftwaffe beim Jagdgeschwader "Richthofen" vor Flugzeugen Heinkel He 51
写真は、BundesArchive・Signatur Bild 102-17043引用。


1935年3月16日のドイツ再軍備宣言から半年以上経過した1935年11月7日、第一次大戦勃発の時1914年生まれの成人男子に徴兵が開始され、それまで10万人だった共和国軍(ライヒスヴェア)は、50万人の国防軍(ヴェアマハト)へ拡張された。ただし、ハインケル(Heinkel)He-51複葉戦闘機は、1933年5月に「スポーツ機・アクロバット機」として初飛行している。

ハインケルHe51B.1複葉戦闘機 ハインケル(Heinkel)He-51複葉戦闘機の搭載した発動機BMW VI液冷V型12気筒エンジンは、前形式のBMW IV6気筒液冷エンジンのシリンダー数を2倍(排気量を2倍)にした出力向上エンジンである。1926年に開発され、前作のBMW VIを踏襲して大量生産に入った。

1936年7月、スペインでは、人民戦線政府に対して、モロッコ植民地に駐留していたフランシスコ・フランコらの反乱軍が蜂起した。このスペイン内乱に際して、ドイツ首相アドルフ・ヒトラーは、即座に支援を命令し、ドイツ・コンドル軍団をスペインに派遣することが決定した。

 ドイツは、形式上は、スペイン市民戦争に不干渉の立場にあると表明しながらも、義勇軍の形式をとったコンドル軍団を編成して、ドイツ正規軍の派兵を実装した。この時、コンドル軍団に配備されたハインケル(Heinkel)He-51戦闘機、He111爆撃機、He70輸送機もスペイン内乱に反乱軍への援軍として実戦投入されている。

ハインケル(Heinkel)He-51複葉戦闘機の諸元
乗員:1名
全高: 3.20 m
全幅: 11.00 m
全長: 8.40 m
自重: 1,460 kg
総重量: 1,900 kg
発動機: BMW VI 73Z 液冷V型12気筒エンジン (750馬力)
プロペラ: 2翅可変ピッチ(variable-pitch)
主翼面積: 27.2 平方メートル
翼面過重: 69.9 kg/m2

最高速力: 330 km/h
巡航速度: 280 km/h
航続距離: 570 km
実用上昇限度: 7,700 m
兵装: 7.92 mm MG 17 機関銃2丁(携行弾数各500発)
爆弾:10キロ爆弾6発

⇒写真集Album:ハインケル(Heinkel)He-51複葉戦闘機を見る。


9.アラド(Arado)Ar 68 複葉戦闘機

写真(右)1936年,ドイツ空軍第134戦闘航空団ホルスト・ヴェッセル(Jagdgeschwader 134 "Horst Wessel")所属のアラド(Arado)Ar 68 E複葉戦闘機:ユンカース・ユモJumo210倒立V型12気筒液冷エンジンを搭載しているので、Ar 68 Eの機首はプロペラスピナまでエンジンナセルが流線型になっている、アラドAr 68 FとハインケルHe-51戦闘機は,同じBMW VI12気筒V型液冷エンジン492 kW (660馬力)を装備しているので、機首の形状が箱型のエンジンナセルで類似している。
Deutsch: Arado Ar 68F des Geschwaders Horst Wessel auf dem Werler Fliegerhorst Date circa 1936 Source Book Werl unterm Hakenkreuz von Helmuth Euler Author Unknown photographer
写真は、Wikimedia Commons, Category:Arado Ar 68 File:Flugzeuge des Horst Wessel Geschwaders in Werl, Heinkel HE 51, durchnumeriert von 1 - 12, Jahr 1936.jpg引用。


アラド(Arado)Ar 68 E複葉戦闘機は、予定していたユンカース・ユモJumo210倒立V型12気筒液冷エンジンを搭載しているので、機首はプロペラスピナまでエンジンナセルが流線型になっている。他方、アラドAr 68 Fは、ユモJumo210エンジンが間に合わないために、急遽、ハインケルHe-51と同じBMW VI12気筒V型液冷エンジン492 kW (660馬力)を搭載し、量産された最初の形式となった。そのため、He51とAr68Fとは機首が箱型のエンジンナセルとなり、同一機種かと間違いやすい。

アラド(Arado)Ar 68E複葉戦闘機は、生産準備のなったユンカース・ユモJumo210倒立V型12気筒液冷エンジン455 kW (610馬力)を搭載したが、これが当初の生産型だったために、F型よりE型のほうが新しい機体となった。ユモJumo210倒立V型12気筒液冷エンジンは、高度3,800 mで、500 kW (671馬力)を発揮することができた。

アラド Arado Ar 68 Eは、ユンカース・ユモJumo210倒立V型12気筒液冷エンジン(610馬力)を装備し、ドイツ空軍の制式戦闘機となった。1936年はスペイン内戦が勃発した年で、アラドAr68戦闘機もスペイン内戦に投入され、国民戦線側のコンドル軍団に配備され、共和国政府人民戦線側のソ連ポリカルポフ(Polikarpov)I-16戦闘機と戦った。

⇒写真集Album:アラド(Arado)Ar 68 複葉戦闘機を見る。


10.マッキ(Macchi)MC.200サエッタ"Saetta"戦闘機

マッキMC200サエッタ 1937年12月に初飛行したマッキMC-200サエッタ戦闘機(Macchi MC-200 Saetta)は、プログラムRの競争試作機の対抗馬、フィアット G.50、フィアットCR.42複葉戦闘機よりも高性能を発揮したため、イタリア空軍は制式して、直ちに量産機を発注した。

マッキMC-200サエッタ戦闘機Macchi MC-200 Saetta)の諸元
乗員:1名
全長:8.19m
全幅:10.57m
全高:3.51m
主翼面積:16.8m2
発動機:フィアット A74RC38空冷星型14気筒エンジン870hp
全備重量:2,208kg
最大速度:503 km/h /4 500 m
航続距離:570 km
実用上昇限度:8900 m 武装:12.7ミリ2 Breda-SAFAT機銃2丁

⇒写真集Album:マッキ(Macchi)MC.200サエッタ戦闘機 を見る。


11.マッキ(Macchi)MC.202フォルゴーレ"Folgore"戦闘機

マッキMC.202 MC200を設計したマリオ・カストルディ技師は、DB601液冷エンジンを搭載するために、マッキMC200サエッタ戦闘機の機首とエンジン懸架を新設計し、重心バランスの前方偏向に対応できるよう胴体を60センチ延長し、小改造によって、新型戦闘機マッキ(Macchi)MC.202戦闘機を開発した。

マッキMC.202(Macchi MC-202)試作1号機(M.M.445)は、DB601A液冷エンジン1,175馬力を搭載、1940年8月に初飛行し、大幅な速度向上が見られた。上昇力時間も6000mまで6分と飛行性能の向上から、すぐに量産に入ることが決まった。

イタリア空軍マッキMC-202フォルゴーレ戦闘機(Macchi MC.202"Folgore")の諸元
乗員:1名
生産数:1 150機
全長:8.85 m
全幅:10.58 m
全高:3.49 m
翼面積:16.82 m²
重量 空虚重量:2,491 kg
最大離陸重量:2,930 kg
発動機 アルファロメオ(Alfa Romeo)RA.1000 R.C.41-I Monsone液冷V-12気筒エンジン1,175 hp
最高速力:595 km/h / 5600 m
航続距離:765 km
実用上昇限度:11,500 m
12.7mmブレダ(Breda)-SAFAT 機関銃2丁(各360発)、7.7mmブレダ(Breda)-SAFAT機関銃2丁(各500発) 160kg爆弾 ×2

⇒写真集Album:マッキ(Macchi)MC-202フォルゴーレ戦闘機 を見る。



ナチ党ヒトラー独裁政権の成立:NSDAP(Nazi);ファシズムの台頭
ナチ党政権によるユダヤ人差別・迫害:Nazis & Racism
ナチスの優生学と人種民族:Nazis & Racism
ナチスT4作戦と障害者安楽死:Nazism & Eugenics
ドイツ国防軍のヒトラー反逆:Ludwig Beck
ゲオルク・エルザーのヒトラー暗殺未遂:Georg Elser
ポーランド侵攻:Invasion of Poland;第二次大戦勃発
ワルシャワ・ゲットー写真解説:Warsaw Ghetto
ウッジ・ゲットー写真解説:Łódź Ghetto
ヴィシー政権・反共フランス義勇兵:Vichy France :フランス降伏
バルカン侵攻:Balkans Campaign;ユーゴスラビア・ギリシャのパルチザン
バルバロッサ作戦:Unternehmen Barbarossa;ソ連侵攻(1)
スターリングラード攻防戦;Battle of Stalingrad :ソ連侵攻(2)
ワルシャワゲットー蜂起:Warsaw Uprising
アンネ・フランクの日記とユダヤ人虐殺:Anne Frank
ホロコースト:Holocaust;ユダヤ人絶滅
アウシュビッツ・ビルケナウ収容所の奴隷労働:KZ Auschwitz
マウトハウゼン強制収容所:KZ Mauthausen
ヒトラー:Hitler
ヒトラー総統の最後:The Last Days of Hitler
ヒトラー暗殺ワルキューレ Valkyrie作戦: Claus von Stauffenberg
アンネの日記とユダヤ人
マッキMC.202与謝野晶子の日露戦争・日中戦争
ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He111爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-188爆撃機/Ju388高高度偵察機
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
ブロームウントフォッスBV138飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇
ドイツ空軍ユンカース(Junkers)Ju-88爆撃機/夜間戦闘機
ドイツ空軍(Luftwaffe)メッサーシュミット戦闘機
ドイツ空軍フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw-190戦闘機
ドイツ空軍総司令官ヘルマン・ゲーリング元帥
マッキ(Macchi)MC.200サエッタ戦闘機
ボーイング(Boeing)247旅客機
ダグラス(Douglas)DC-2輸送機
ダグラス(Douglas)DC-3輸送機
マッキ(Macchi)MC.200サエッタ戦闘機
ボーイング(Boeing)247旅客機
ダグラス(Douglas)DC-2輸送機
ダグラス(Douglas)DC-3輸送機
サボイア・マルケッティ(Savoia Marchetti)SM.73輸送機
カプローニ(Caproni)Ca.135爆撃機
カント(CANT)Z.501飛行艇
カント(CANT)Z.506水上機
カント(CANT)Z.1007爆撃機
フィアット(Fiat)G.18V輸送機
フィアット(Fiat)G.212輸送機
カプローニ(Caproni)Ca.310偵察爆撃機
カプローニ(Caproni)Ca.311軽爆撃機
サボイア・マルケッティ(Savoia Marchetti)SM.79爆撃機
サボイア・マルケッティ(Savoia Marchetti)SM.82輸送機
ピアジオP.108重爆撃機
ムッソリーニ救出作戦
イタリア独裁者ムッソリーニ
独裁者ムッソリーニ処刑



2021年6月30日開設の鳥飼研究室へのご訪問ありがとうございます。データ引用の際は,出所を明記するか,リンクをしてください。
連絡先: torikai007@yahoo.co.jpp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
東海大学HK社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Fax: 0463-50-2078
Flag Counter
Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 9000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.


Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2021/6/30 All Rights Reserved.