Search the TORIKAI LAB Network

Googleサイト内

◆女流パイロット アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)の大西洋横断単独飛行
写真(上)大西洋横断を成し遂げたアメリカ女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)搭乗機のロッキード・ベガ(Lockheed Vega)"Little Red Bus".(Lockheed L-10 Electra)(登録コード:NR16020)
:アメリアは、1932年5月21日、カナダ東端ニューファウンドランドからイギリス、北アイルランドまで女性として初めて大西洋を単独横断飛行した。
Amelia Earhart's Lockheed Vega 5B Amelia Earhart set two of her many aviation records in this bright red Lockheed 5B Vega. In 1932 she flew it alone across the Atlantic Ocean, then flew it nonstop across the United States-both firsts for a woman. Highlighted in this image are the engine and propeller of the Lockheed 5B Vega. Created: 12/28/2016 2:44 Photographer: Eric Long
写真はSmithsonian Institution ,Smithsonian's National Air and Space Museum ID #: A19670093000-NASM2018-10363引用。



写真(上)1932年5月21日、北アイルランド北部沿岸のロンドンデリーのアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(amelia earhart)と搭乗機のロッキード・ベガ(Lockheed Vega)"Little Red Bus".(Lockheed L-10 Electra)(登録コード:NR16020)
:アメリアは、1927年のリンドバーク同様、1932年アメリア・イアハートはベガで女性初の大西洋単独横断飛行に成功した。
On Saturday, 21 May 1932, Amelia Earhart was on her second Atlantic crossing when she was forced to land in a field near Derry (Londonderry) in her "Little Red Bus". Ireland of the Welcomes was to the fore in the Irish Independent account on Monday, 23 May 1932: "... the hospitality she had received after making her forced descent, for two minutes later she was in the cottage of Mr and Mrs Peter McCallion, who put their home at her disposal. Almost at the same time Mr Gallagher arrived and persuaded Miss Earhart to accompany him to his home, where Mrs Gallagher had tea already prepared." There was no account of how the McCallions took to having the Gallaghers scoop them in what must have been the tea party of their lives! Amelia Earhart's Lockheed Vega 5B is now preserved at the National Air and Space Museum in Washington DC. Date 21 May 1932 Source Amelia Earhart at Derry Author National Library of Ireland on The Commons
写真はWikimedia Commons,National Library of Ireland ・NLI Ref.: INDH2848 File:Amelia Earhart at Derry.jpg引用。



写真(上)1933年7月、大西洋横断を成し遂げたアメリカ女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)とハドソン社からプレゼントされた1933年型クーペ・テラプレーン
:アメリアは、1933年5月、大西洋を単独横断飛行した飛行機パイロットだったので、もちろん自動車運転もできた。ハドソン社の広告塔として乗用車を贈答された。
Amelia Earhart with 1933 Hudson Terraplane Hudson introduced the inexpensive Terraplane in 1932, hoping to reverse sales declines caused by the Depression. For a car with an aviation-inspired name, there was no better endorsement than that of Amelia Earhart. The famed pilot christened the first Terraplane with a bottle of gasoline in a ceremony on July 22, 1932. Hudson gave Earhart a Terraplane coupe in appreciation. Dimensions Height: 8 in Width: 10 in
写真はThe Henry Ford, Benson Ford Research Center THF255743引用。

アメリア・イアハート(Amelia Earhart)三部作
(1)1928:フォッカー(Fokker)F.VII三発水上機による女性初の大西洋横断飛行
(2)1932:ロッキード・ベガ(Lockheed Vega 5)による女性初の大西洋横断単独飛行とオートジャイロ
(3)1937:ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Electra)による世界一周赤道飛行


1.アメリア・イアハート(Amelia Earhart)の生い立ち

写真(右)1906年、アメリカ女性アメリア・イヤハート(Amelia Earhart):有名になってから新聞に掲載されたアメリアの紹介記事。
Amelia Earhart (1897-1937) took her first airplane ride in December 1920 and, from then on, devoted her life to aviation. She worked odd jobs to pay for flying lessons and earned her pilot's license in 1923 -- only the 16th woman to do so. Earhart set records, made headlines and became one of the world's most famous pilots, female or male. Artifact
Clipping (Information artifact) Subject Date circa 1906.
Material Paper (Fiber product) Technique Printing (Process)
Color Black-and-white (Colors) Dimensions Height: 4.5 in Width: 2.5 in Credit From the Collections of The Henry Ford.
写真はThe Henry Ford, Benson Ford Research Center THF256006 引用。


アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)は、1897年7月24日、アメリカ合衆国カンザス州アッチソン (Atchison) で、富裕な一族の家庭に生まれ、コロンビア大学医学部に入学した。しかし、1年で中退し、1918年第一次世界大戦末期に、カナダ東部でボランティアの看護助手となった。 医学に進まなかったにも拘わらず、看護婦としてのボランティアの道を選択したのは、彼女が生活資金を工面する必要がなく、やりたい仕事や将来の進路について、自問自答していたからであろう。自己発見、自己実現を求めた彼女は、当時の女性と比較することができないくらい恵まれた地位にあった。

アメリア・イアハートAmelia M. Earhart)は、1897年7月24日、アメリカ合衆国カンザス州アッチソン (Atchison) の裕福な一族の家系で、高校卒業後はコロンビア大学(Columbia University)で医学を学んだが、1年で退学して、第一次世界大戦中、カナダに設けられたアメリカ陸軍病院の看護助手となった。その後、1920年にカリフォルニア州ロサンゼルスのロングビーチで父と主に初めて10分間程度の遊覧飛行をしたが、この時、自ら空を飛ぶことが夢になった。

写真(右)1921年, アメリカ西部、カリフォルニア州ロサンゼルス、ロングビーチ、キナー・フィールド(Kinner Airster)で女性飛行教官ネタ・サヌーク(Neta Snook:1896–1991)から飛行訓練を受けるアメリカ女性アメリア・イヤハート(Amelia Earhart):アメリアは、ニューヨークのコロンビア大学医学部予備門にいた才媛だったが、1920年にコロンビア大学を1年間で退学し、ロサンゼルスで飛行操縦を学ぶことを選んだ。
Neta Snook and Amelia Earhart Unidentified photographer Gelatin silver print, 1921
Earhart went to high school in Chicago, attended a women’s finishing school outside of Philadelphia, and enrolled for a year in pre-med classes at Columbia University in New York City. She left school in 1920 in order to be with her reunited parents, who had moved to Los Angeles. There her interest in aviation was born. After attending several local air shows, an increasingly popular entertainment during this period, she became infatuated with flying. This photograph shows Earhart standing with her first flight instructor, Neta Snook (1896–1991), in front of the secondhand Kinner Airster that she bought in the summer of 1921 with money borrowed from her mother. In order to pay for her piloting lessons, Earhart worked as a mail clerk for a telephone company. She found this job tedious, but it convinced her parents of her commitment to learn how to fly. , but it convinced her parents of her commitment to learn how to fly.
写真はSmithsonian,National Portrait Gallery ONE LIFE: Amelia Earhart引用。


父と飛行機に乗ったことが契機になって、自ら飛行機を操縦したいと1921年にカリフォルニア州ロサンゼルスで、女流飛行家ネタ・スヌークに飛行機操縦を習った。そして、父の資産を使って、初めて自家飛行機を購入し、これを使って飛行機教習料金を浮かせて、訓練に励み、1923年5月16日に飛行機操縦資格を得た。

アメリア・イアハートは、1921年1月から、ロサンゼルスのロングビーチにあったキナー・フィールド(Kinner Field)で アメリカ人女性飛行士の先駆者"ネタ"・スヌーク・サザーンMary Anita "Neta" Snook Southern :1896-1991)から飛行機の操縦訓練を受けた。"ネタ"・スヌーク"Neta" Snook)は、1921年2月、ロサンゼルス・スピードウェー(Los Angeles Speedway)のエアレースに初めて参加した女性飛行士となった。

写真(右)1923年5月16日発行のアメリカ女性アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)の飛行機操縦ライセンス
Amelia Earhart’s pilot’s license Leather and paper Issued May 16, 1923
This is Amelia Earhart’s first pilot’s license. She was only the sixteenth woman to receive a pilot’s license from the Fédération Aéronautique Internationale, the governing body of sports aviation.
National Portrait Gallery, Smithsonian Institution; gift of George R. Rinhart, in memory of Joan Rinhart
写真はSmithsonian,National Portrait Gallery ONE LIFE: Amelia Earhart引用。


1923年5月16日、アメリカ女性アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)がアメリカで飛行機操縦ライセンスを取得した時、1905年設立の国際航空連盟(Fédération Aéronautique Internationale)が公認していた女性飛行士は16人しか登録されていなかった。

しかし、その後、妹の結婚解消など家族問題が浮上し、1924年には愛機を売却し、ボランティアのソーシャルワーカーとなった。彼女は、才能に恵まれていただけでなく、資産家の一族だったために、生活に困窮したことはなく、自分のしたいことをできる立場にあったのである。

写真(右)1932年6月4日、アメリカ、ボストン、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937):3年後に結婚相手になるジョージ・パットナム(George Palmer Putnam)がフォッカーF.VIIb3m三発水上輸送機「フレンドシップ」によるカナダのニューファウンドランド島から、大西洋横断を超えてイギリスへの飛行に、彼女を誘った。出版社を経営していたジョージ・パットナム(George Putnam)は、グリーンランド探検をしたこともある活動的な人物で、女性で飛行操縦資格のあるアメリアを同乗させることで大西洋横断飛行した初の女性をプロモーションできると考えたのである。この場所では、飛行帽を被ったり、コートの前を開けたり、いくつかのポーズをとらせた写真が残っている。
Amelia Earhart Portrait with Press Release, "Boston Girl Seeks Fame in Air Dash to England," June 4, 1928 Amelia Earhart's successful flight across the Atlantic Ocean in 1928 brought instant fame. Her publicist (and eventual husband) George Putnam worked with Earhart to nurture that fame. Payments that Earhart received for speeches and product endorsements helped to fund further aviation endeavors. Her 1937 disappearance only added to Earhart's mystique. Arguably, she remains America's best-known female pilot even today. .
Amelia Earhart became the first woman to fly across the Atlantic Ocean in 1928, but only as a passenger. Wilmer Stultz and Louis Gordon did the actual piloting. The trio made their crossing in a Fokker F.VII Tri-Motor named Friendship. Their successful flight took them from Trepassey Harbour, Newfoundland, to Burry Port, South Wales, in 20 hours and 40 minutes.
Clipping (Information artifact) Subject Date 04 June 1928.
Height:8 in Width: 6 in Credit From the Collections of The Henry Ford.
写真はThe Henry Ford,Benson Ford Research Center THF255952引用。


1928年6月17-18日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に乗客として搭乗、カナダから北アイルランドまで大西洋を無着陸横断を女性として初めて達成した。これはリンドバーグの大西洋単独横断初飛行の快挙に次ぐものとされ、第30代アメリカ大統領カルビン・クーリッジは、面会し彼女を称賛した。アメリアは、このときフォッカー三発水上輸送機に同乗者として、事実上、乗客として大西洋横断飛行をしたが、女性にとって初めての快挙、アメリカ女性の勇気ある行動として称賛・喧伝された。これはリンドバーグの大西洋単独横断初飛行の快挙に次ぐものとされ、1928年7月19日のNEW YORK TIMES のトップ記事「AMELIA EARHART FLIES ATLANTIC, FIRST WOMAN 」にも彼女の写真が大きく掲載された。

1928年6月17-18日、アメリア・イアハートはフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に乗客として搭乗、カナダから北アイルランドまで大西洋を女性として無着陸横断した。

1928年11月、北アイルランドから大西洋を横断しカナダに飛行したアメリアは、第30代アメリカ大統領カルビン・クーリッジに呼ばれ称賛された。アメリカのヒロインの誕生である。

写真(右)1935年、搭乗機のロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C(登録コード:NR-965-Y)の前のアメリア・イアハート(Amelia Earhart):1932年5月に大西洋を無着陸横断単独飛行した初めての女性となり、その機体を売却後、中古機ではあるがロッキード・ベガの新型を購入した。
Old Identification Number V.D.1.e Purdue Identification Number b10f5i5 Title Amelia posing with her Lockheed Vega Description Amelia Earhart posing with her Lockheed Vega, ca. 1935 Date of Original 1935 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Airplanes Lockheed Vega Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : b&w ; 19 x 12 cm. Orientation Portrait Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers .
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections CD Number AECD_95 引用。


アメリア・イアハートAmelia Earhart)は、チャールズ・リンドバーグのパリへの単独飛行を女性として再現しようと、1932年5月20日、カナダのニューファンドランド島グレース湾からロッキード ベガで出発し、アイルランドのロンドンデリー近郊の牧場に不時着した。これで、大西洋単独横断をした初の女性飛行士となったアメリアは、ハーバート・フーヴァー大統領からのアメリカ地理学ドメダルを授与された。 1932年8月24日には、アメリカ東岸のニュージャージー州ニューアークから19時間かけてカリフォルニア州ロスアンゼルスにまで飛行し、女性で初のアメリカ大陸単独横断無着陸飛行を成功させた。

アメリア・イヤハートAmelia Earhart:1897-1937)は、1932年に女性初の単独無着陸大西洋横断飛行を達成したアメリカ人飛行家である。1927年6月14日から6月15日に、アメリカ人飛行家チャールズ・リンドバーグCharles Lindbergh)は、ライアン(Ryan)NYP単発肩翼機 「スピリット・オブ・セントルイス」The Spirit of St. Louis:登録コード N-X-211)ニューヨーク−パリ間の大西洋単独飛行を飛行時間33時間半でに成功させ、世界中で称賛され。アメリアは、女性飛行士として、ロッキード・ベガで1932年5月20日から5月21日、リンドバークのライアン(Ryan)NYPと同じ航路で女性初の大西洋単独横断飛行を再考させようとした。そして、実際の飛行では、カナダから出発し、パリ手前の北アイルランド、ロンドンデリー郊外までの飛行に成功した。

写真(右)1935年、アメリカ、愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C(登録コード:NR-965-Y)の操縦席上でポーズをとるアメリア・イアハート(Amelia Earhart):1932年5月に大西洋を無着陸横断単独飛行した初めての女性となり、その機体を売却後、中古機ではあるがロッキード・ベガの新型を購入し、ハワイ=アメリカ本土間の東太平洋無着陸横断飛行に成功した。
Old Identification Number V.D.1.l Purdue Identification Number b10f5i12 Title Amelia reclining against the wing of her plane Description Amelia Earhart reclining against the wing of her Lockheed Vega, ca. 1935 Date of Original 1935 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Airplanes Lockheed Vega Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : sepia ; 21 x 17 cm. Orientation Portrait Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers .
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections CD Number AECD_95 引用。


ジェンダー不平等Gender Inequality)、すなわち男性に比較して女性が、家庭・教育・経済・職場・政治などの分野で不利な状況に置かれているという女性差別が当たり前で、体力的・精神的に女性は男性にはるかに劣る、女性は感情的なので機械の扱いや論理的思考はできない、とされた20世紀初め、空への憧れたアメリアは、女性であっても、飛行士として自由に飛び回れること、男女にかかわりなく自分の夢を叶えたいという強い意志と弛まぬ努力が大きな成果・業績を生み出すことを、世界に実証した。女性にも知性、勇気、行動力、論理性、沈着さがあることを示し、強固な意志があれば、男性と同等に立ち振る舞うことができることを証明した。


2.1928年アメリア・イアハートのフォッカー F.VII「フレンドシップ」大西洋横断

1928年6月17日に、アメリカ女性アメリア・イアハートAmelia Mary Earhart:1897-1939)が同乗したフォッカー (Fokker)F.VIIb-3m三発水上旅客輸送機「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上旅客機は、カナダ東端、ニューファンドランド州、ニューファンドランド島トレパシー湾を離水した。1928年6月17日、大西洋を横断して、飛行時間21時間で、イギリスのにウェールズ、バリー・ポート沖に着水した。これが、女性による初の大西洋無着陸横断の記録である。この後、アメリアは飛行士として有名になるが、この大西洋横断はアメリカ女性アメリア・イアハートAmelia Mary Earhart)は、乗客として同乗したのであって、操縦士・航法士・機関士として搭乗していたわけではない。

写真(右)1928年4月、大西洋横断のために、主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を双フロートの水上機仕様に改造作業中のフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship" 三発輸送機:尾翼に黒字で登録コードNX-4204が確認できる。:大西洋を横断のために、主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を、双フロートの水上機仕様に改造作業中の撮影と思われる。1927年にアメリカ人チャールズ・リンドバーグが飛行機で大西洋無着陸横断飛行に成功、それに続く女性の大西洋横断飛行一番乗りは、1928年6月17日フォッカー F.VII(F.VIIb/3m)「フレンドシップ」に同乗したアメリカ人アメリア・イアハートだった。アメリアを乗せて大西洋を横断したフォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"の操縦士は、ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)、副操縦士はルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)だった。
SDASM Archives Historic Flight Trans Atlantic Catalog #: 10_0015321 Title: Historic Flight Trans Atlantic Date: 1928 Additional Information: Fokker ""Friendship"" Tags: Historic Flight Trans Atlantic, Fokker ""Friendship"", 1928 .
写真はflickr,SDASM Archives(Aircraft Races, Air Shows and Historic Flights):Catalog #: 10_0015321引用。


1924年4月11日、オランダで初飛行し、1928年にアメリア・イアハートAmelia M. Earhart)を大西洋横断飛行をした初の女性としたフォッカー F.VII(F.VIIb/3m)の諸元
搭乗員: 2名、乗客: 8名
全長: 14.60 m、全幅: 21.70 m、全高: 3.90 m
主翼面積:58.5平方メートル
空虚重量: 6,725 kg kg
総重量: 11,570 kg
エンジン: ライト(Wright)J-5 ヴィールウィンド(Whirlwind)空冷星型9気筒エンジン 164 kW (220 hp)3基
巡航速度:170 km/h
最高速力:185 km/h /1980 m
航続距離:1160 km
実用上昇限度:2600 m
生産期間:1925-1932年 283機

写真(右)1928年5月、アメリカ、ボストン飛行場、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937)の乗機となるフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発輸送機トライモーター(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)は、車輪をフロートに変換し水上機化された。:1928年6月17-18日、アメリアは、乗客としてカナダから北アイルランドまで大西洋を無着陸横断したが、アメリカ人飛行家・海軍軍人リチャード・バード(Richard Byrd)による南極点飛行にも同様のフォッカー設計・アメリカ・フォード製造の機体が使用された。
Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-05 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Airplanes Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真は,Boston Public Library  File name: 08_06_002177引用。


アメリアの搭乗したフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発輸送機は、大西洋を横断のために、主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を、双フロートの水上機仕様に改造した。1927年にアメリカ人チャールズ・リンドバーグが飛行機で大西洋無着陸横断飛行に成功、それに続く女性の大西洋横断飛行一番乗りは、1928年6月17日フォッカー F.VII(F.VIIb/3m)「フレンドシップ」水上機に同乗したアメリカ人アメリア・イアハートAmelia M. Earhart)だった。

写真(右)1928年6月17-18日、カナダ東端、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を横断、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に無事着水したフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028):大西洋を横断のために、主輪・尾輪式の陸上機仕様の降着装置を、双フロート(ポンツーン)の水上機仕様に改造し、試験飛行中の撮影と思われる。
SDASM Archives Historic Flight Trans Atlantic Catalog #: 10_0015321 Title: Historic Flight Trans Atlantic Date: 1928 Additional Information: Fokker ""Friendship"" Tags: Historic Flight Trans Atlantic, Fokker ""Friendship"", 1928 .
写真は,SDASM Archives(Aircraft Races, Air Shows and Historic Flights):Catalog #: 10_0015314引用。


1928年4月、飛行操縦のできたアメリア・イアハートAmelia Earhart)は、評論家で富豪のジョージ・パットナムの誘いを受け、大西洋横断飛行に同乗することとなった。これは、操縦士としてではなく乗客としてだったが、飛行訓練を受けた女性は緊急時に役に立つ上に、大西洋横断飛行をした初めての女性をアメリカ人とすることで、アメリカの国威発揚にも繋がると考えられたからである。ジョージ・パットナムが資金提供者パトロンとなって、フォッカー F.VII「フレンドシップ」三発水上輸送機によって、カナダのニューファンドランド島のトレパシー湾を離水、大西洋上を陸奥悪陸で横断し、21時間後にイギリスのウェールズ、バリー・ポートに着水した。この時の搭乗員は、主操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz: 1900-1929)、副操縦士兼機関士(エンジニア)ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon: 1901-1964)で、アメリアは事実上乗客だった。



写真(右)1928年6月4日、アメリカ、マサチューセッツ州(Massachusetts)ボストン(Boston)、大西洋を横断飛行する直前のアメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937):1928年6月17日、北アイルランドからカナダへの大西洋横断飛行を前にし緊張しているアメリカ人女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937):1928年6月17-18日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に乗客として搭乗、カナダから北アイルランドまで大西洋を女性として無着陸横断した。1928年6月17日、北アイルランドから大西洋を横断しカナダに飛行したアメリアは、第30代アメリカ大統領カルビン・クーリッジに呼ばれ称賛された。アメリカのヒロインの誕生である。
大西洋を無着陸横断を女性として初めて達成した。これはリンドバーグの大西洋単独横断初飛行の快挙に次ぐものとされ、第30代アメリカ大統領カルビン・クーリッジは、面会し彼女を称賛した。この場所では、飛行帽を被ったり、コートの前を開けたり、いくつかのポーズをとらせた写真が残っている。アメリアは、このときフォッカー三発水上輸送機に同乗者として、事実上、乗客として大西洋横断飛行をしたが、女性にとって初めての快挙、アメリカ女性の勇気ある行動として称賛・喧伝された。これと違った飛行帽なしの姿の写真が、1928年7月19日のNEW YORK TIMES のトップ記事「AMELIA EARHART FLIES ATLANTIC, FIRST WOMAN 」に掲載された。
Amelia Earhart Title: Amelia Earhart Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-06 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Earhart, Amelia, 1897-1937; Air pilots Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真は,Boston Public Library  Leslie Jones Collection引用。


フォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"の操縦士はウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)、副操縦士はルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)で、アメリア・イアハートは飛行記録をつけていた。フォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」は、1928年6月17日、カナダ西端、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を無着水で横断し、1928年6月18日、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に着水、バリー・ポート(Burry Port)に上陸した。しかし、ここは寒村であり、最終目的地は130マイル離れたイングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)だった。ウェールズのバリー・ポートで一泊した一行は、翌19日、そこで、フォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"で、イングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)まで飛行し、そこに上陸し歓迎を受けた。これによって、アメリアは、大西洋横断飛行を成功させた初めての女性の栄誉を得ることができた。

写真(右)1928年6月4日、アメリカ、マサチューセッツ州(Massachusetts)ボストン(Boston)、大西洋を横断飛行する直前のアメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937):1928年6月17-18日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に乗客として搭乗、カナダから北アイルランドまで大西洋を無着陸横断を女性として初めて達成した。これはリンドバーグの大西洋単独横断初飛行の快挙に次ぐものとされ、第30代アメリカ大統領カルビン・クーリッジは、面会し彼女を称賛した。この場所では、飛行帽を被ったり、コートの前を開けたり、いくつかのポーズをとらせた写真が残っている。アメリアは、このときフォッカー三発水上輸送機に同乗者として、事実上、乗客として大西洋横断飛行をしたが、女性にとって初めての快挙、アメリカ女性の勇気ある行動として称賛・喧伝された。これと違った飛行帽なしの姿の写真が、1928年7月19日のNEW YORK TIMES のトップ記事「AMELIA EARHART FLIES ATLANTIC, FIRST WOMAN 」に掲載された。
Title: Amelia Earhart Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-06 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Earhart, Amelia, 1897-1937; Air pilots Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真は,Boston Public Library  Leslie Jones Collection引用。


1928年6月18日、イギリス、ウェールズ南西海岸バリー・ポート沖合にもやってたフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m"Friendship" 三発水上輸送機のフロートに降りたアメリアたち搭乗員3人は、現地の手漕ぎボートにフロートに寄せてもらい、小舟でバリー・ポート(Burry Port)の突堤に上陸した。そこには、地元民が多数出迎えに来ていた。1928年6月17日、イギリス、ウェールズ南西海岸バリー・ポート(Burry Port)に到着したアメリア一行は、そこで1泊して、翌6月19日に、イングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に向けて飛び立った。

写真(右)1928年6月4日、アメリカ、マサチューセッツ州(Massachusetts)ボストン(Boston)、大西洋を横断飛行する直前の大西洋横断飛行を前にし緊張しているアメリカ人女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937):1928年6月17-18日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に乗客として搭乗、カナダから北アイルランドまで大西洋を無着陸横断を女性として初めて達成した。これはリンドバーグの大西洋単独横断初飛行の快挙に次ぐものとされ、第30代アメリカ大統領カルビン・クーリッジは、面会し彼女を称賛した。この場所では、飛行帽を被ったり、コートの前を開けたり、いくつかのポーズをとらせた写真が残っている。アメリアは、このときフォッカー三発水上輸送機に同乗者として、事実上、乗客として大西洋横断飛行をしたが、女性にとって初めての快挙、アメリカ女性の勇気ある行動として称賛・喧伝された。これと同じ写真が、1928年7月19日のNEW YORK TIMES のトップ記事「AMELIA EARHART FLIES ATLANTIC, FIRST WOMAN 」に掲載された。
Amelia Earhart Title: Amelia Earhart Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-06 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Earhart, Amelia, 1897-1937; Air pilots Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真は,Boston Public Library  Leslie Jones Collection引用。


フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)は、ボストンから、カナダ東端のニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)に飛行した。これは、ボストンより東にあり、ヨーロッパに向かう最短距離になる当たる地点であり、ここで、燃料を満タンにしたのである。1928年6月17日、カナダ東端ニューファウンドランド島トレパシー港を離水したフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)は、大西洋を無着水で横断し、翌1928年6月18日、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に緊急着水し、大西洋横断飛行を女性として初めて成功させ、バリー・ポート(Burry Port)に上陸し住民の歓迎を受けた。そして、翌日140マイル離れたイングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)まで飛行し、そこでサウサンプトン市長夫妻などの大歓迎を受け、陸路ロンドンに向かった。

アメリア・イヤハートは、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機トライモーター(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に同乗、1928年6月17日、カナダ、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を横断、翌日18日にイギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に着水、そこから2キロ東のバリー・ポート(Burry Port)に到着、上陸した。アメリアは、アメリカ大陸から大西洋を飛行機で横断し、イギリスに到着したことで、大西洋無着陸横断飛行をした初めての女性として、称賛された。アメリアは、機内では飛行記録をつけていただけだったようだ。フォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"三発水上輸送機の操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)、副操縦士ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)もアメリアを同乗させたことで、彼女を無着陸大西洋横断飛行をした初めての女性にした栄誉を得た。


写真(上)1928年6月19日、イギリス、イングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に到着し市長夫妻の出迎えを受け花束を手渡されるアメリカ女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)
:後方のフォッカーF.VIIb3m三発水上輸送機「フレンドシップ」でカナダのニューファウンドランド島から、大西洋横断を超えて、飛行時間22時間未満でウェールズに着水した。翌日、イングランドのサザンプトンに飛んだ。
Amelia Earhart Receives a Floral Tribute at Southampton, June 19, 1928 When Amelia Earhart, Wilmer Stultz and Louis Gordon left Newfoundland on their transatlantic flight, their intended destination was Southampton, England. Instead they landed at Burry Port, Wales, some 134 miles away. It didn't matter. After a night's rest, the three flew on to Southampton for the pre-arranged ceremonies. They were greeted by cheering crowds, proud dignitaries and inquisitive reporters. .
Subject Date 19 June 1928br>Height:8 in Width: 10.125 in Credit From the Collections of The Henry Ford.
写真はThe Henry Ford,Benson Ford Research Center THF255848引用。


1928年6月19日、イングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に到着したフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)の搭乗員は、フロートに降りて、迎えに来た小型船に乗り移って、大きな桟橋まで移動し、上陸した。そこでは、サウサンプトン(Southampton)市長夫妻が出迎えをしている。

20世紀前半、ジェンダー不平等Gender Inequality )、すなわち社会的・文化的役割として女性差別が当然だった時代、アメリアの成し遂げた大西洋横断飛行にはインパクトがあった。


写真(上)1928年6月19日、イングランドのハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に大西洋を横断、着水したフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)[後方] と上陸したアメリカ人女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937)31歳を歓迎するイギリス市民

Amelia Earhart and the "Friendship" Greeted by Crowds at Southampton, June 19, 1928Height:88 in Width: 10.125 in Credit From the Collections of The Henry Ford.
写真はThe Henry Ford,Benson Ford Research Center THF255844 引用。


フォッカーF.VIIb-3m三発輸送機トライモーター「フレンドシップ」"Friendship"は、ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)を正操縦士、ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon)を副操縦士・機関士として、アメリア・イアハート(Amelia Earhart)が同乗して、カナダ西端、ニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を横断、イギリス、ウェールズ南西海岸プル(Pwll)に無事着水した。これは、女性の初めての無着陸大西洋横断飛行だった。一行は、ここで一泊し、翌19日、フォッカーF.VIIb-3m三発輸送機「フレンドシップ」"Friendship"で150マイルだけ飛行して、最終目的地のハンプシャー州サウサンプトン(Southampton)に着水、イギリス本土に上陸した。この大西洋横断飛行は、アメリカ人・女性の双方にとって大変な名誉だった。

アメリアが1928年に大西洋横断飛行に使用したのは、フォッカー(Fokker)F.VIIb3m三発水上輸送機「フレンドシップ」(登録コード:NX-4204)であるが、彼女たちは空路、帰国したのではない。イギリスから客船「ルーズベルト大統領」でアメリカ本土、ニューヨーク港に渡り、そこから指し迎えの(往路に使ってのとは異なる)フォッカー(Fokker)F.VIIb3m三発陸上輸送機に乗り換えて、東ボストン飛行場に帰国した。これは、往復空路を使用したかのようなイメージを演出するための細工であり、往路の大西洋横断のフォッカー(Fokker)は水上機、復路のカナダ=アメリカ移動のフォッカーは陸上輸送機だった。空路でアメリカ東ボストン飛行場に帰国する演出は、大々的なイベントであり、飛行場には地元の知事・市長が出迎え、多数のメディアも押し寄せていた。

写真(右)1928年7月9日、アメリカ東部、マサチューセッツ州(Massachusetts)、東ボストン飛行場から出迎えの乗用車でボストン市内に向かう帰郷したアメリア・イアハート(花束)、左端は出迎えた燕尾服のメッドフォード市長エドワード・ラーキン(Edward Larkin)、フォッカーF.VIIb-3m「フレンドシップ」"Friendship"操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz)、右端は副操縦士副操縦士ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon):自動車の後部座席に立って、歓迎に集まった市民に応えているが、少し疲労しているような表情が窺われる。
The Friendship fliers are guests of Mayor Larkin of Medford Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1928-07-09 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Earhart, Amelia, 1897-1937; Stultz, Wilmer L., 1899-1929; Gordon, Louis E.; Air pilots; Parades & processions Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真はflickr,Boston Public Library(Aviation: Boardman, Earhart & Grayson):File name: 08_06_001694引用。


1928年6月17−18日フォッカー F.VII(F.VIIb/3m)「フレンドシップ」に同乗したアメリカ人アメリア・イアハートAmelia Earhart:1897-1937)は、カナダのニューファウンドランド島からイギリスのウェールズまで、大西洋横断無着陸飛行した初めての女性となったが、これはアメリカ人男性リンドバーグの大西洋単独無着陸飛行に続く世界史上に残るアメリカの快挙だった。フォッカー F.VII「フレンドシップ」の操縦士は、ウィルマー・スタールズ(Wilmer Stultz)、副操縦士はルイス・ゴードン(Lewis Gordon)だったが、アメリアは女性で初めて大西洋横断飛行したとして大歓迎を受けた。そして、ロンドンで宿泊・休息してから、豪華客船「ルーズベルト大統領」に乗船し、ニューヨークに帰国した。アメリアたち一行は、ニューヨークでも大歓迎を受けた。宿泊後、フォッカー三発陸上機でマサチューセッツ州(Massachusetts)ボストンに飛び、州庁舎で大歓迎を受け、その後に、一行3人は、アメリアの故郷マサチューセッツ州メッドフォード(Medford)に向かい、そこでも大歓迎を受けた。

1928年11月、第30代アメリカ大統領カルビン・クーリッジCalvin Coolidge)も、アメリカ人女性がその名誉を得たことを誇りに思ってか、アメリアに直接会って、賛辞を述べた。

⇒写真集Album:アメリア・イアハートによる女性初の大西洋横断飛行を見る。


3.1929-1931年女性パイロットのエアレース

1927年にアメリカの若者チャールズ・オーガスタス・リンドバーグCharles Augustus Lindbergh: 1902-1974)による初のニューヨーク=パリ間の大西洋単独無着陸横断飛行が成し遂げられた後、アメリア・イアハートAmelia Mary Earhart)は、1928年6月17-18日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)水上機に搭乗して、カナダのニューファウンドランド(Newfoundland)島トレパシー港(Trepassy Harbour)から大西洋を横断してイギリス、ウェールズのプル(Pwll)のバリー・ポート(Burry Port )まで飛行した。翌19日にイングランドのに飛行して上陸したアメリアは、女性として初の大西洋横断飛行をしたことで世界のメディアに注目された。

写真(右)1929年8月18日頃、アメリカ西岸、カリフォルニア州南部、サンタモニカ(Santa Monica )、クローバーフィールド(Clover Field:現在のサンタモニカ空港)、第1回女性エアダービー(Women's Air Derby)に参加した女性アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)と女流飛行家たち
The inaugural Women's Air Derby of 1929 was the first all-female air race in the United States. Most of the 20 competitors suffered some misfortune during the race from Santa Monica to Cleveland, but none was worse than the accident that claimed Marvel Crosson's life. Louise Thaden won the event with a time of 20 hours, 19 minutes and 4 seconds.
Subject Date August 1929.
Object ID 70.12.3.1 Credit From the Collections of The Henry Ford.
Dimensions Height: 8.25 in Width: 10 in
写真はThe Henry Ford, Benson Ford Research Center THF256006 / Portrait of Amelia Earhart, circa 1906引用。


1928年の人アメリア・イアハートAmelia Earhart:1897-1937)の大西洋横断飛行は、事実上の危険な大西洋横断飛行した飛行機乗客としての業績であり、リスクを冒して挑戦した女性としての評価だった。女性ができるのは、男性が操縦し、大西洋を横断する飛行機に勇気を出して搭乗する程度であるとのジェンダー不平等Gender Inequality )でもあった。これに対して、アメリアは、自ら飛行機を操縦して、大西洋を横断する、その証として、単独飛行することを決断したのである。

カリフォルニア州南部、サンタモニカ(Santa Monica )に1923年に開設されたクローバーフィールド(Clover Field)は、現在のサンタモニカ空港で、ここでw、1929年8月、世界初の女性エアレースとなる女性エアダービー(Women's Air Derby)が開催された。これは、別名パワー・パフ・ダービー "Powder Puff Derby"と呼ばれた女性の強さの祭典で,ジェンダー不平等Gender Inequality )への挑戦だった。 1929年8月18日、オープニングでは、フォックス・ニュース(Fox Movietone News)による参加女流飛行家たちの紹介ビデオも撮影されている。まず主催者(パトロン)フランク・コープランド(Frank T. Copeland:1895 - 1967)が紹介されだが、女流飛行家は一番目がペンシルベニア出身ルイーズ・サーデン(Louise Thaden)、二番目が大西洋横断飛行家・コンチネンタル航空会社顧問人アメリア・イアハートAmelia Earhart:1897-1937)、三番目がルース・エルダー(Ruth Elder:1902-1977)と続いた。

20世紀初頭、第一次世界大戦後に女性参政権が認められた。しかし、当時、女性の体力・精神の双方の能力は、男性に比すべくもなく劣っている、女性は論理的思考が苦手でパニックになりやすいために飛行機のような高度な先端技術を扱うことはできない、といったように,ジェンダー不平等Gender Inequality )・女性差別が当たり前だった。しかし、アメリア・イアハートAmelia Earhart:1897-1937)など女性飛行家は、20世紀初め、空への憧れた太志ある女性であれば、努力すれば自由に飛行機で空を飛び回ることができること、男女にかかわりなく自分実現を図るには、女性か男性かではなく、強固な意志と忍耐力をもって、労苦に打ち勝つことが重要であることを実証した。女性にも知性、勇気、行動力、論理性、沈着さが重視されるようなジェンダー平等、男性と同等に立ち振る必要性を証明した。


写真(右)1931年、アメリカ人の空の女王(女性飛行家)ルース・ニコラス(Ruth Nichols)と愛機のロッキード・ベガ(Lockheed Vega)
:ルース・ニコラス(Ruth Nichols)は、1931-1932年の間、女性の世界最高速力記録保持者、最高高度上昇記録保持者、長距離飛行記録保持者だった。他方、有名なアメリアは、このような飛行記録はもっていない。
Ruth Nichols with her Crosley Radio Corporation–owned Lockheed Vega, which was equipped with the controllable pitch propeller displayed here. Flying this Vega, Nichols in 1931–32 became the only woman to hold at once the women’s world speed, altitude, and distance records. In 1931-32, Ruth Nichols became the only woman to hold at once the women's world speed, altitude, and distance records.Credit: National Air and Space Museum, Smithsonian Institution
写真は,National Air and Space Museum Photo Number: SI 79-3164 引用。


ルース・ニコラス(Ruth Nichols)は、速度・高度・滞空時間の滞空記録保持者。航続距離の記録保持者、ルイーズ・サーデン(Louise Thaden)は速度、高度、単独滞空時間の飛行記録保持者であるが、アメリア・イアハートAmelia Earhart)は、1928年6月17-18日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に乗客として搭乗、カナダから北アイルランドまで大西洋を無着陸横断した。これは女性初の大西洋横断飛行達成であり、リンドバーグによるニューヨーク=パリ間の大西洋単独横断初飛行に次ぐアメリカ人の二度目の快挙とされた。その後、大西洋を横断飛行した初めての女性飛行士とはなったアメリア・イアハートAmelia Earhart)だが、ルース・ニコラス(Ruth Nichols),ルイーズ・サーデン(Louise Thaden)のような公式飛行記録はもっていない。アメリアが、1932年にリンドバークと同じ飛行経路で、女性初の大西洋横断飛行を再度「単独操縦飛行」で企図したのにも、このような背景があった。


4.1931年アメリアとジョージ・パットナム(George Putnam)の結婚

写真(右)1932年6月4日、アメリカ、ボストン、大西洋横断についてアメリカ女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)とジョージ・パットナム(George Palmer Putnam)が書類を手にして打ち合わせている演出写真:資産家のプットマンは、フォッカーF.VIIb3m三発水上輸送機「フレンドシップ」によるカナダのニューファウンドランド島から、大西洋横断を超えてイギリスへの飛行に、女性で飛行操縦資格のあるアメリアを同乗させることを考えたが、これは女性初の大西洋横断飛行の栄冠を得るためであった。
Amelia Earhart and George Putnam Reviewing Plans for the Transatlantic Flight, June 1928 When publisher-publicist George Putnam searched for a female pilot eager to be the first to fly the Atlantic in 1928, he discovered Amelia Earhart. The two developed a close working relationship. Palmer promoted Earhart at every chance, and Earhart used her promotional earnings to finance further flights. In time, their professional relationship became romantic and the two married in 1931.
Amelia Earhart became the first woman to fly across the Atlantic Ocean in 1928, but only as a passenger. Wilmer Stultz and Louis Gordon did the actual piloting. The trio made their crossing in a Fokker F.VII Tri-Motor named Friendship. Their successful flight took them from Trepassey Harbour, Newfoundland, to Burry Port, South Wales, in 20 hours and 40 minutes.
Clipping (Information artifact) Subject Date June 1928.
Height:8 in Width: 10.125 in Credit From the Collections of The Henry Ford.
写真はThe Henry Ford, Benson Ford Research Center THF255934引用。


1928年、アメリカの出版実業家・富豪ジョージ・パットナムGeorge Palmer Putnam :1887-1950)は、当時としては巨人機といえるフォッカーF.VIIb3m三発水上輸送機「フレンドシップ」を使って、カナダ東端のニューファウンドランド島から、イギリスまで、大西洋を無着陸横断飛行する冒険飛行に、アメリカ女性で飛行操縦資格を所持するアメリア・イアハートAmelia Earhart:1897-1937)を同乗させ、女性の大西洋初横断飛行を成功させ、名声を得ようと考えた。ジョージ・パットナムGeorge Putnam)は、電話でアメリアに連絡し、大西洋横断に加わらないかと誘いをかけた。そして、これが契機で、二人は1931年に結婚することになるが、当時、プットマンには妻があったし、アメリアに婚約者サムがいた。

ジョージ・パットナムGeorge Putnam)は身長6フィート、180センチ以上でグリーンランド探検にも参加したことがある活動的なビジネスマンの資産家であり、アメリア・イアハートAmelia Earhart)も180センチ近くある長身で、自分の飛行機を保有できるほどの財産があった。お似合いの二人の男女の親密さは、周囲でも噂になっていた。

写真(右)1928年6月8日、アメリカ、マサチューセッツ州(Massachusetts)ボストン(Boston)、大西洋横断飛行直前のフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)乗り込んだアメリカ女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)と正操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer Stultz)が、フロート上のパトロンのジョージ・パットナム(George Palmer Putnam)から見送りを受けている。
Amelia Earhart and Wilmer Stultz in the "Friendship" with George Putnam, before the Transatlantic Flight, June 8, 1928/ Amelia Earhart became the first woman to fly across the Atlantic Ocean in 1928, but only as a passenger. Wilmer Stultz and Louis Gordon did the actual piloting. The trio made their crossing in a Fokker F.VII Tri-Motor named Friendship. Their successful flight took them from Trepassey Harbour, Newfoundland, to Burry Port, South Wales, in 20 hours and 40 minutes. Subject Date 08 June 1928 .Dimensions Height: 8 in Width: 10 in
写真はCollections of The Henry Ford THF255793 引用。


1932年6月8日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に搭乗するアメリア・イヤハート、主操縦士ウィルマー・スタールズ(Wilmer A. Stultz: 1900-1929)、副操縦士兼機関士(エンジニア)ルイス・ゴードン(Lewis Edward Gordon: 1901-1964)は、パトロンで出版業を営むジョージ・パットナム(George Palmer Putnam)の最後の見送りを受けた。

1928年、出版業を営む富豪ジョージ・パットナム(George Palmer Putnam)は、フォッカーF.VIIb3m三発水上輸送機「フレンドシップ」によるカナダのニューファウンドランド島から、大西洋横断を超えてイギリスへの飛行に同乗するように、アメリア・イアハートAmelia Earhart)を誘った。ジョージ・パットナム(George Putnam)は、グリーンランド探検をしたこともある活動的な人物で、女性で飛行操縦資格のあるアメリアを同乗させることで大西洋横断飛行した初の女性をプロモーションできると考えたのである。3年後の1931年に、アメリアとジョージ・パットナム(George Putnam)は、各々の過去を清算して、正式に結婚する。

写真(右)1928年7-8月頃、ニューヨーク州、 ロング・アイランド湾に面したライの砂浜海岸で海水浴に興じるジョージ・パットナム(George Palmer Putnam:1887-1950)の長男デイビッド・パットナム(David Binney Putnam:1913–1992)15歳, 女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937)31歳、 ジョージ夫人ドロシー・パットナム(Dorothy Binney Putnam:1888–1982)40歳:19世紀から20世紀初めにかけて、ニューヨーク州、 ロング・アイランド湾に面したライは、風光明媚な砂浜海岸があり、近場ということで、富裕なマンハッタン住民(Manhattanites)にとって手ごろなレジャーの場となっていた。
Amelia Earhart (1897-1937) took her first airplane ride in December 1920 and, from then on, devoted her life to aviation. She worked odd jobs to pay for flying lessons and earned her pilot's license in 1923 -- only the 16th woman to do so. Earhart set records, made headlines and became one of the world's most famous pilots, female or male. / David Binney Putnam, Amelia Earhart and Dorothy Binney Putnam, Rye, New York, 1928.
Clipping (Information artifact) Subject Date 1928.
Height:8 in Width: 10 in Credit From the Collections of The Henry Ford.
写真はThe Henry Ford,Benson Ford Research Center THF255992 引用。


1927年のチャールズ・リンドバーグの大西洋横断単独飛行成功に次ぎ、1928年6月に女性の大西洋横断飛行を成功させたアメリア・イアハートAmelia Earhart)は、「ミス・リンディ」として有名になり、アメリカの威信を世界に誇示し、大歓迎された。この快挙が世界的な話題になったり理由は、アメリアが若くスタイルが良くインテリだったこともあるが、同時に彼女の大西洋横断飛行のパトロンとなった出版実業家で、1931年に制式に夫となる富豪ジョージ・パットナムの後押しによるところも大きかった。独身だったアメリア・イヤハートは婚約者はいたものの、ジョージ・パットナムと彼の家族と親しい付き合いをしており、個人的にも好感を抱かれていたのである。

写真(右)1929年、ピッツバーグの飛行クラブを辞去するアメリカ女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)と事実上の夫で出版実業家の富豪ジョージ・パットナム(George Palmer Putnam):33歳になっていたアメリアは独身(ミス)だったが、久しく婚約者がいた。二人は過去の自らの関係を清算して、1931年に正式に結婚した。
Amelia Earhart and George Putnam Leaving the Aero Club of Pittsburgh, 1929.
In 1928, publisher and publicist George Palmer Putnam began to heavily promote aviatrix Amelia Earhart through a book, lecture tours, and product endorsements. These activities not only provided Earhart's chief source of income, but also enhanced her fame. Putman and Earhart's partnership flourished, both professionally and personally--in February 1931, they married.
Clipping (Information artifact) Subject Date 1929.
Height:9.875 in Width: 8 in Credit From the Collections of The Henry Ford.
写真はThe Henry Ford, Benson Ford Research Center THF121572引用。


1928年6月、大西洋横断飛行をした初の女性アメリア・イアハートAmelia Earhart:1897-1937)は、当時、31歳独身(ミス)だったが、久しく婚約者がいた。アメリアを大西洋横断飛行に誘った実業家ジョージ・パットナム(George Putnam:1887-1950)は41歳で妻ドロシー(40歳)との間に、2人の息子がいた。しかし、アメリアとパットナムの二人は、1928年の段階で惹かれあっており、1929年末にはカップルとなっていたようだ。

写真(右)1932年6月22日、乗客として大西洋横断飛行したアメリカ女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Mary Earhart:1897-1937)と1931年に結婚したジョージ・パットナム(George Palmer Putnam:1887-1950)
Earhart and George Palmer Putnam
Exhibition Label Amelia Earhart and George PutnamEarhart first met George Putnam (1887–1950death.
Description Photo of Amelia Earhart and her husband, George Putnam. Date April 2, 1931-copyright stamp on back Source eBay front back Author International News Photos .
写真は Wikimedia Commons,National Portrait Gallery, Smithsonian Institution  File:Amelia Earhart and husband George Putnam 1931.jpg引用。


女流飛行家アメリア・イアハートAmelia Earhart:1897-1937)とジョージ・パットナム(George Putnam)は、1928年の大西洋横断飛行の計画を共に進める中で、急速に仲が進展し、大西洋横断成功後も、二人の親密な県警は続いた。アメリアとの結婚を決意したのか、実業家ジョージ・パットナム(George Putnam)は1929年に妻ドロシーと離婚し、過去を清算し、アメリアと事実上の夫婦となった。そして、1931年には、アメリアと正式に結婚したのである。

写真(右)1932年6月22日、乗客として大西洋横断飛行したアメリカ女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Mary Earhart:1897-1937)と1931年に結婚したジョージ・パットナム(George Palmer Putnam:1887-1950)
Earhart and George Palmer Putnam
ArtistUnderwood & Underwood, active 1880 - c. 1950 Sitter、Amelia Mary Earhart, 24 Jul 1897 - c. 2 Jul 1937、George Palmer Putnam, 1887 - 1950
Date:Jun 22, 1932 Medium Gelatin silver print
DimensionsImage: 23.8 x 18.6 cm (9 3/8 x 7 5/16")Sheet: 24.9 x 19.5 cm (9 13/16 x 7 11/16")Mat: 45.7 x 35.6 cm (18 x 14")
Credit Line National Portrait Gallery, Smithsonian Institution; gift of George R. Rinhart, in memory of Joan Rinhart
Exhibition Label Amelia Earhart and George PutnamEarhart first met George Putnam (1887–1950) in 1928, prior to her transatlantic flight. Born into a prominent New York publishing family, Putnam made a name for himself as an Arctic explorer before returning to the publishing industry. He later recalled his first meeting with Earhart: "When she appeared at my office I was busy, so she had to cool her heels—and didn’t like it much." Invited by wealthy American expatriate Amy Guest to publicize the 1928 flight, Putnam helped to orchestrate it and the lecture tour that followed. The following year he divorced his wife and began a relationship with Earhart, who was ten years younger. Although she refused his marriage proposal on six different occasions, she ultimately agreed, and the two married in 1931. Putnam remained her chief publicist until her death.
Data Source National Portrait Gallery See more items inNational Portrait Gallery Collection Place United States District of Columbia Washington.
写真は,National Portrait Gallery, Smithsonian Institution  Object number NPG.2011.77.4引用。


ジョージ・パットナム(George Palmer Putnam:1887-1950)は、ニューヨークの出版実業家の名家に生まれ、極地探検にも自ら参加した富豪である。1928年、アメリア・イヤハート(Amelia Mary Earhart)と大西洋横断飛行計画の件で話し合ったが、これが初対面だった。

写真(右)1932年、乗客として大西洋横断飛行したアメリカ女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937)と1931年に結婚した出版実業家で富豪のジョージ・パットナム(George Palmer Putnam:1887-1950):34歳のアメリアは、10歳年上の44歳のパットナムと1931年に正式に結婚した。
Earhart and George Palmer Putnam
Amelia Earhart and George Palmer Putnam. After Earhart’s transatlantic passenger flight, publisher and public relations wizard Putnam became her manager. In 1931 she married him—hesitantly—on the condition that they would separate in a year if unhappy. Though some called it a marriage of convenience, they remained together.
Credit: National Air and Space Museum, Smithsonian Institution.
写真は, National Air and Space Museum, Smithsonian Institution Photo Number: SI 82-8669 引用。


大西洋横断飛行の計画は、出版実業家ジョージ・パットナム(George Palmer Putnam)の用意した飛行機に、女性を搭乗させ、
1)世界史上初の女性の大西洋横断飛行をアメリカ人にさせること、
2)女性の大西洋横断飛行を大々的にメディアに報じて、自らの出版事業を興隆させること、
が企図されていた。しかし、ジョージ・パットナム(George Palmer Putnam)は、アメリア・イアハートAmelia Earhart:1897-1937)の冒険への熱情や飛行機操縦の体験を知り、大西洋横断飛行を通じて、彼女に深い共感を得る。そして、大西洋横断飛行後に有名になったアメリアの講演旅行やメディア登場を企画する中で、10歳若い彼女にほれ込んだようだ。アメリアは、当初、パットナムのプロポーズを断ったが、6回目の求婚に根負けして、1931年に結婚した。


5.1931年アメリアのオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2

写真(右)1931-1932年、アメリカ、滞空時間飛行のためにハロルド・フレデリック・ピトケアン設計になるオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2(登録コード:X760W)に乗り込もうとするアメリア・イアハート(Amelia Earhart):スペイン人フアン・デ・ラ・シエルバは、世界初のオートジャイロ(Autogiro)C.1を1920年に開発した。
Amelia Earhart in Front of her Autogiro.
Amelia Earhart was the first woman to fly an autogiro, which featured rotating blades to increase lift and allow short field landings.
Source: Purdue University Libraries, Karnes Archives and Special Collections
写真は,Purdue University Libraries ID #: b12f6i5引用。


ヘリコプターは、4枚の回転翼が動力で高速回転するが、オートジャイロ(Autogiro)は機首に装備した2翅プロペラを回転させ、回転翼は自然回転させているだけである。このオートジャイロは、スペイン人フアン・デ・ラ・シエルバが1920年に開発したオートジャイロC.1が世界史上初である。そして、1920年代は、ライト(Wright)「ヴィールウィンド」(Whirlwind)J-5空冷エンジン220馬力エンジン1基を装備した二人乗りのCierva C.8W (C.8L Mk. IV)を完成させている。シルヴァC8オートジャイロは、僅か100フィート(30メートル)で離陸することができた。これに着目したのが、ハロルド・フレデリック・ピトケアンで、1928年に試験的に1機のシルヴァ(Cierva)C.8sオートジャイロを購入した。

写真(右)1931年、アメリカ、ハロルド・フレデリック・ピトケアン設計になるオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2 (Beech-Nut 製造番号r/n: NC-10780)に乗り込んだアメリア・イアハート(Amelia Earhart)
Pitcairn PCA-2 Autogiro; Earhart, Amelia Mary, 1930s.
Amelia Earhart poses sitting on rear cockpit cowling of Pitcairn PCA-2 Autogiro (r/n NC-10780) operated for Beech-Nut Gum; Glendale, California, circa 1931..
Data Source: National Air and Space Museum Archives
Date: Circa 1931
写真はSmithsonian Institution, ,National Air and Space Museum Local number NASM-A-4798-B引用。


アメリカ人ハロルド・フレデリック・ピトケアン(Harold Frederick Pitcairn: 1897-1960)は、飛行機開発を進めるために、飛行機と合わせて、航空郵便や旅客・貨物輸送のための航空会社を興そうとした。

ハロルド・ピトケアンは、オートジャイロの設計・開発にも力を注ぎ、1928年、スペイン人フアン・デ・ラ・シエルバの発明したオートジャイロ C.8W (C.8 Mk.IV)を輸入し、その特許使用権を購入し、それをベースに新たなオートジャイロを開発した。

写真(右)1932年、ハロルド・フレデリック・ピトケアン設計になるオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2とアメリカ女性飛行家アメリア・イアハート(Amelia Earhart)
Earhart , Amelia Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits.
写真はflickr,SDASM Archives :Catalog #: BIOE00028引用。


アメリア・イアハートAmelia Earhart:1897-1937)は、1931年にオートジャイロ(Autogiro)で最高高度記録1万8,415 フィート(5613m)を達成。1932年5月、大西洋横断無着単独飛行に成功(史上初の女性・2番目の単独飛行・大西洋を2回横断飛行した初の人物)。同じ1932年8月、アメリカ大陸を始めて無着陸横断に成功。

1932年8月24日、アメリア・イアハートAmelia Earhart:1897-1937)は、アメリカ東岸ニュージャージー州ニューアークから、飛行19時間で、8月25日、西岸カリフォルニア州ロスアンゼルスに到着し、アメリカ大陸無着陸横断飛行に成功した。1935年1月11日、太平洋上のハワイからカリフォルニア州まで東太平洋の単独横断飛行に成功した。

アメリカは、ライト兄弟による飛行機の発明の栄誉を得たが、第一次大戦中にヨーロッパの航空技術は躍進したため、第一次大戦後は、飛行機の設計・開発をヨーロッパに依存していた。しかし、ハロルド・フレデリック・ピトケアンは、飛行機オートジャイロの新技術の開発に注目し、オートジャイロの国産化を企図し、スペイン人フアン・デ・ラ・シエルバの発明したオートジャイロの特許使用権を購入した。そして、それをベースに1931年にオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2を開発した。


写真(上)1931年4月22日、アメリカ、ワシントンDC、ホワイトハウスから離陸するハロルド・フレデリック・ピトケアン設計になるオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2 (製造番号r/n NC 10761; c/n B-7)
: 1931年4月、当時のアメリカ大統領フーヴァーは、ホワイトハウスにハロルド・ピトケアンを招待し功をねぎらった。この時に,ピトケアンPCA-2(がホワイトハウスに着陸するというパーフォーマンスが披露された。
PCA-2 Autogiro at White House
One-half left front view from slightly below of Pitcairn PCA-2 Autogiro (r/n NC 10761; c/n B-7) taking off from the South Lawn of the White House in Washington, D.C..
Data Source: National Air and Space Museum Archives
Created: 04/22/1931
写真はSmithsonian Institution,National Air and Space Museum Local number NASM-A-4798-B引用。


写真(右)1932年、アメリカ、ハロルド・フレデリック・ピトケアン設計になるオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2に乗り込こんだアメリア・イアハート(Amelia Earhart):アメリア・イアハート(Amelia Earhart)は、スポンサーのビーチナッツ(Beech-Nut) ガムの広告宣伝を兼ねて、オートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2を使って全米ツアーに出かけた。オートジャイロ胴体側面には、は大きく"Beech Nut Gum"とCMが記入されている。
Earhart , Amelia Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits.
写真はflickr,SDASM Archives :Catalog #: BIOE00178引用。


写真(右)1932年、アメリカ、カリフォルニア州ロスアンゼルス郊外、グランドセントラルターミナル(Grand Central Air Terminal :GCAT)、オートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2の前に立ったアメリア・イアハート(Amelia Earhart):グランドセントラルターミナル(Grand Central Air Terminal :GCAT)は、1928年に設置され、現在でも、ウォルト・ディズニー社が保有しこの建物が残っているほか、滑走路は車道として利用されている。
AL-84 Vanowsky Album Image Amelia Earhart - Catalog:Array - Title:Array - Filename:AL-84 Album Image _00002.TIF - Images from an Album donated to the Museum by aviation artist John Vanowsky .
写真はAmazon/com,Home & Kitchen› Wall Art > The McMahan Photo Archive  Amelia Earhart and PCA-2 Autogiro 16x20 Silver Halide Photo Print 引用。


写真(右)1932年、アメリカ、カリフォルニア州ロスアンゼルス郊外、グランドセントラルターミナル(Grand Central Air Terminal :GCAT)(?)、オートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2に乗り込込もうとするアメリア・イアハート(Amelia Earhart):後方の建物は、グランドセントラルターミナル(Grand Central Air Terminal :GCAT)の管制塔のように見える。アメリアは、1931年、オートジャイロで飛行した最初の女性となり、同1931年中にオートジャイロの上昇限度記録を1万8,415フィート(5613m)に塗り替えた。
AL-84 Vanowsky Album Image Amelia Earhart - Catalog:Array - Title:Array - Filename:AL-84 Album Image _00002.TIF - Images from an Album donated to the Museum by aviation artist John Vanowsky .
写真はflickr,SDASM Archives PictionID:38068989 引用。


1931年、アメリア・イアハートAmelia Earhart:1897-1937)は、世界史上で初めてオートジャイロを飛行させた女性となり、同1931年中にオートジャイロの上昇限度記録を1万8,415フィート(5613m)に塗り替えた。

写真(右)1932年、アメリカ、ワイオミング州(Wyoming)、パルコ(Parco)、アメリア・イアハート(Amelia Earhart)は、胴体に大きく"Beech Nut Gum"と描いたオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2を使って全米ツアーに出かけた。:オートジャイロ・ツアーは、スポンサーのビーチナッツ(Beech-Nut) ガムの広告宣伝を兼ねていた。
Earhart , Amelia Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits .
写真は,SDASM Archives(Aircraft Races, Air Shows and Historic Flights):Catalog #: BIOE00033引用。


1931年4月、アメリカ大統領フーヴァーは、ハロルド・ピトケアンをホワイトハウスに招待し功をねぎらったが、その時に,ピトケアンPCA-2 (製造番号r/n NC 10761; c/n B-7)が、ホワイトハウスに着陸、離陸するという派手なパーフォーマンスを披露している。



スペイン人フアン・デ・ラ・シエルバJuan de la Cierva)の開発したオートジャイロは、一部が試験的に使用されただけで、第二次世界大戦の時まで、多数が実用化されることはなかった。ヘリコプターは、1940年前半になって試作機が登場し、第二次世界大戦後になって実用化された。

写真(右)1932年、アメリカ、ワイオミング州(Wyoming)、パルコ(Parco)、ハロルド・フレデリック・ピトケアン設計になるオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2に乗り込もうとするアメリア・イアハート(Amelia Earhart):1932年、アメリア・イアハート(Amelia Earhart)は、オートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2を使って全米ツアーに出かけた。:オートジャイロ・ツアーは、スポンサーのビーチナッツ(Beech-Nut) ガムの広告宣伝を兼ねていたので、機体には大きく"Beech Nut Gum"と描かれている。
Earhart , Amelia Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits .
写真はflickr,SDASM Archives(Aircraft Races, Air Shows and Historic Flights):Catalog #: BIOE00035引用。


ハロルド・フレデリック・ピトケアン設計になるオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2の諸元
搭乗員: 1人、同乗者: 2 人
全長: 23 ft 1 in (7.04 m)
全幅: 30 ft 0 in (9.14 m)
空虚重量: 2,233 lb (1,013 kg)
総重量: 3,000 lb (1,361 kg)
発動機(Powerplant):ライト(Wright) R-975 (J6-9)空冷星形9気筒エンジン 330 hp (250 kW)
回転翼ローター直径(rotor diameter): 45 ft 0 in (13.72 m)
回転面積(rotor area): 1,580 sq ft (147 m2) 回転翼数: 4翅ワーヤー制御ローター
エンジン用プロペラ: 2翅固定ピッチ木製プロペラ
最高速力: 120 mph (190 km/h, 100 kn)
航続距離: 290 mi (470 km, 250 nmi)
実用上昇限度: 15,010 ft (4,575 m)
滑空比率(Maximum glide ratio): 4.8

写真(右)1932年、アメリカ、ワイオミング州(Wyoming)、パルコ(Parco)、胴体に大きく"Beech Nut Gum"と描いたオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2の飛行に臨むアメリア・イアハート(Amelia Earhart):アメリア・イアハートは、1931年にオートジャイロ(Autogiro)で最高高度記録1万8,415 フィート(5613m)を達成。この飛行記録のパトロンは、幼児食メーカーの「ビーチ ナッツBeech Nut)」だったようだ。
Earhart , Amelia Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits.
写真はflickr,SDASM Archives(Aircraft Races, Air Shows and Historic Flights):Catalog #: BIOE00032引用。


1932年、アメリア・イアハートAmelia Earhart:1897-1937)は、オートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2のを使って全米ツアーに出かけた。機体に描かれた「ビーチ ナッツBeech Nut)」とは本来はベビーフードメーカで、その宣伝のためにオートジャイロに資金を投じ、飛行を手助けする条件で、機体側面に会社名を大きく描かせて空飛ぶ広告塔とした。

写真(右)1932年、ハロルド・フレデリック・ピトケアン設計になるオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2に乗り込こんだアメリア・イアハート(Amelia Earhart):1932年、アメリア・イアハート(Amelia Earhart)は、胴体に大きく"Beech Nut Gum"とCMを描いたオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2オートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2を使って全米ツアーに出かけた。
Earhart , Amelia Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits.
写真はflickr,SDASM Archives :Catalog #: BIOE00162引用。


ピトケアン(Pitcairn)PCA-2は、フアン・デ・ラ・シエルバJuan de la Cierva)からパテントを購入したとはいえ、アメリカではじめて製造されたオートジャイロで.機首は溶接金属鋼管でできていて、そこに羽布とアルミ二ウムの外板を張った構造である。全長は23フィート1インチ(7.036 meters)、低翼式の翼幅は30フィート(9.144 meters)、全高 11フィート(3.353 meters)、ローターを含んだ全高は13フィート7インチ(4.140 meters)である。空虚重量(empty weight)は2,233ポンド (1,013 kg)、総重量(gross weight)3,000ポンド(1,361 kg)である。

Amelia Mary Earhart)は、1931年、オートジャイロautogyro / autogiro)で飛行した最初の女性となり、で高度記録を作り、1932年にオートジャイロ初のアメリカ横断を達成した。これは、胴体に大きく"Beech Nut Gum"とCMを描いたオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2オートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2を使って商品宣伝CMを兼ねたものだったが、パトロン"Beech Nut"社の資金支援を得ていたためで、全米宣伝ツアーを兼ねていた。

写真(右)1932年、滞空時間飛行のためにハロルド・フレデリック・ピトケアン設計になるオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2に乗り込こんだアメリア・イアハート(Amelia Earhart)が地上スタッフと飛行の打ち合わせをしている。:アメリアは、革製の飛行帽子に風よけゴーグルをかけている。
Earhart , Amelia Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits.
写真はflickr,SDASM Archives :Catalog #: BIOE00161引用。


フーバート・パシュモア(Hubert M. Pasmore)は、第一次大戦中にイギリス空軍将兵としてカナダのオンタリオ州とアメリカのテキサス州で飛行訓練を受けていた。パシュモアは、カナダで最も腕のたつパイロットとなり、航空便輸送パイロットとして働き、1927年10月27日、ケベック州リムースキ(Rimouski)からオンタリオ州オタワ(Ottawa)への郵便飛行を始めて成功させた。

フーバート・パシュモア(Hubert Pasmore)のピトケアン(Pitcairn)PCA-2(CF-ARO;B-15)オートジャイロは、アメリカ商務省(United States Department of Commerce)飛行局(Aeronautics Branch)にNC10786で登録された。

オートジャイロautogyro / autogiro)は、回転翼を備えているのでヘリコプターのように見えるが、これは動力で高速回転するわけではなく、自由回転するだけ揚力を得ている。そこで、垂直離陸や空中一時停止(ホバリング)はできない。動力は、機首に備えた発動機でプロペラを回転させるもので、これはレシプロ機と同じである。1923年1月17日、スペイン人のフアン・デ・ラ・シエルバが開発した最初のオートジャイロが初飛行に成功した。

写真(右)1932年、不時着して破損したオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2:機体に描かれた「ビーチ ナッツ(Beech Nut)」とは本来はベビーフードメーカで、その宣伝のためにオートジャイロに資金を投じ、飛行を手助けする条件で、機体側面に会社名を大きく描かせて空飛ぶ広告塔とした。
Earhart , Amelia Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits.
写真はflickr,SDASM Archives :Catalog #: BIOE00154引用。


アメリア・イアハートAmelia Earhart:1897-1937)は、1931年,オートジャイロで飛行した最初の女性となり、同1931年中にオートジャイロの上昇限度記録を1万8,415フィート(5613m)に塗り替えた。しかし、残された写真を見ると、事故を起こして破損したオートジャイロが残っており、オートジャイロの操縦には彼女も困難を感じたようだ。

写真(右)1932年、アメリカ、不時着して破損したオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2ハロルド・フレデリック・ピトケアン設計のオートジャイロ・ピトケアン(Pitcairn)PCA-2:アメリア・イアハート(Amelia Earhart)は、1931年、オートジャイロで飛行した最初の女性となり、同1931年中にオートジャイロの上昇限度記録を1万8,415フィート(5613m)に塗り替えた。
Earhart , Amelia Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits .
写真はflickr,SDASM Archives Catalog #: BIOE00054引用。


航空郵便や旅客・貨物輸送のための航空会社を興そうとしたハロルド・ピトケアンは、オートジャイロの設計・開発に力を注ぎ,スペイン人フアン・デ・ラ・シエルバJuan de la Cierva:1895-1936/12)の発明したオートジャイロの特許使用権を購入し、それをベースに類似のオートジャイロを開発した。しかし、操縦が難しかったのか、構造的に信頼性が低かったのか、広く使用されることなく終わってしまった。


6.1932年アメリア・イアハートのロッキード・ベガ(Lockheed Vega)"Little Red Bus"太平洋横断

写真(右)1929年、アメリカ、カリフォルニア州サンジエゴ、チャールズ・リンドバーグの愛機となったロッキード・ベガ(Lockheed Vega)旅客輸送機。女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)が愛機とする前に、女性の世界飛行記録保持者ルース・ニコラス(Ruth Nichols)、チャールズ・リンドバーグがロッキード・ベガ(Lockheed Vega)旅客輸送機を愛機としていた。:1927年のリンドバークの大西洋単独横断初飛行のあと、1932年アメリア・イアハートはこのベガ同型機で女性初の大西洋単独横断飛行に成功している。
SDASM Archives Morrow_0538 Charles Lindbergh landing his Lockheed Vega at San Diego 1929 ----Image from the H. Edwin Morrow Collection. Note: This material may be protected by Copyright Law (Title 17 U.S.C.)--Repository: San Diego Air and Space Museum
写真はflickr,SDASM Archives・BIOE00068引用。


アメリア・イアハートAmelia Mary Earhart)は、1931年にオートジャイロ(Autogiro)で最高高度記録1万8,415 フィート(5613m)を達成し、1932年5月、大西洋横断無着単独飛行に成功(史上初の女性・2番目の単独飛行・大西洋を2回横断した初の人物)。同じ1932年8月、アメリカ大陸を始めて無着陸横断に成功。1932年8月24日、アメリカ東岸ニュージャージー州ニューアークから、飛行19時間で、8月25日、西岸カリフォルニア州ロスアンゼルスに到着し、アメリカ大陸無着陸横断飛行に成功した。1935年1月11日、アメリア・イアハートAmelia Mary Earhart)は太平洋上のハワイからカリフォルニア州まで東太平洋の単独横断飛行に成功した。

写真(右)1932年頃、アメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)がロッキード・ベガ(Lockheed Vega)旅客輸送機前で、歓迎の花籠をプレゼントされたときの記念撮影:乗機となるベガを購入した時の贈呈式のような記念写真。プロペラは2翅。固定脚の主輪は、むき出しのままで、流線型の車輪カバーで覆われていないが、機体は濃い色で塗装され、矢印のラインが描かれている。
SDASM Archives Earhart , Amelia
Last Name: Earhart First Name: Amelia
Notes: Alone, w/ Planes and Portraits
写真はflickr,SDASM Archives・BIOE00192引用。


アメリア・イアハートAmelia Earhart:1897-1937)愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)"Little Red Bus"の降着装置は、固定脚で、主輪には流線型の車輪カバーを装着している、尾輪は車輪式ではなく、小型の橇(ソリ)で尾翼を支えるようになっている。機体が軽い初期の飛行機では、1930年代末まで、戦闘機のような軽量の軍用機でも、橇式の尾輪が主流だった。他方、重量が嵩むと、尾輪が文字通りゴムの車にとって代わる。


写真(右)1932年頃、スカート姿のアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)と旅客用のロッキード・ベガ(Lockheed Vega)
:ベガの尾輪には車輪はついておらず、小型の橇(ソリ)で支えるようになっている。これは、機体が軽い初期の飛行機の特徴である。尾輪をゴム輪にすると重量が嵩み、機体の重心バランスが悪化する、ゴム輪のために空気抵抗が増える、という欠点があるためである。アメリアは、1927年のリンドバーク同様、1932年アメリア・イアハートはベガで女性初の大西洋単独横断飛行に成功した。
SDASM Archives Earhart , Amelia
Last Name: Earhart First Name: Amelia
Notes: Alone, w/ Planes and Portraits
写真はflickr,SDASM Archives・BIOE00068引用。


飛行機の車輪式尾輪は、
(1)橇式よりも重量が増加する、
(2)尾部の重量増加のために、機体の重心バランスが悪化する、
(3)橇式より固定ゴム尾輪のほうが空気抵抗が増え飛行性能が低下する、
という欠点がある。

写真(右)1932年頃、アメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(amelia earhart)と搭乗機のロッキード・ベガロッキード・ベガ5B (Lockheed Model 5B Vega :登録コードr/n NR7952)"Little Red Bus". :ロッキード・ベガの機体の塗装は、エンジン・カウリングに環状の細い黒縁金色ライン、胴体側面に直線の太い黒縁金色ラインが描かれている。機体の降着装置は、主輪がむき出しでカバーが掛けられていない状態である。この後、空気抵抗を減少させるために、流線型の主輪カバーを装着したようだ。しかし、このようなの主輪カバーは、主輪の点検・整備に不便であり、カバーと車輪の間に滑走中に泥など異物が詰まると事故に繋がるリスクがあった。
SDASM Archives Earhart , Amelia
Last Name: Earhart First Name: Amelia Notes: Alone, w/ Planes and Portraits
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00024引用。


ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)は、当初、固定脚の主輪はむき出しのままだったが、大西洋横断飛行の直前に、飛行中の空気抵抗を減少させるために、流線型の大型主輪カバーを左右に取付けて、車輪の周囲を覆った。改造後は、着地する地面との間に僅かに車輪のゴムの一部が見えるだけになる。

写真(右)1929-1931年頃、アメリカ、ロッキード航空機工場、女性飛行士ルース・ニコラス(Ruth Nichols)、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)、チャールズ・リンドバーグが愛機としたロキード・ベガ(Lockheed Vega)の生産ライン:胴体後方の尾翼取付部分の円筒構造が明瞭にわかる。1927年のリンドバークの大西洋単独横断初飛行のあと、1932年アメリア・イアハートはこのベガ同型機で女性初の大西洋単独横断飛行に成功した。
SDASM Archives - Title:Lockheed Vega production line [Lockheed AM 3744 via RJF] - Catalog:17_000293 - Filename:17_000293.tif - ---------Image from the René Francillon Photo Archive. Having had his interest in aviation sparked by being at the receiving end of B-24s bombing occupied France when he was 7-yr old, René Francillon turned aviation into both his vocation and avocation. Most of his professional career was in the United States, working for major aircraft manufacturers and airport planning/design companies. All along, he kept developing a second career as an aviation historian, an activity that led him to author more than 50 books and 400 articles published in the United States, the United Kingdom, France, and elsewhere. Far from “hanging on his spurs,” he plans to remain active as an author well into his eighties.
写真はflickr,SDASM Archives・PictionID:43264903引用。


アメリア・イアハートAmelia Earhart:1897-1937)愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)"Little Red Bus"の降着装置は、固定脚で、主輪には流線型の車輪カバーを装着している、尾輪は車輪式ではなく、小型の橇(ソリ)で尾翼を支えるようになっている。機体が軽い初期の飛行機では、1930年代末まで、戦闘機のような軽量の軍用機でも、橇式の尾輪が主流だった。他方、重量が嵩むと、尾輪が文字通りゴムの車にとって代わる。

飛行機が固定脚だった時代、機体下面の降着装置は、ゴムの外輪を付けた主輪がむき出しになっていた。しかし、飛行性能を向上して高速を得るには、空気抵抗を減少させるような空力学的配慮が必要で、これが引込み式車輪の採用に繋がる。しかし、これは重量も嵩む上に寄稿も複雑化してしまう。そこで、飛行機の車輪引込み方式が発明される以前に、空気抵抗を減らす簡便な方法としては、主輪を車輪カバーで覆うことが流行した。

写真(右)1929-1931年頃、アメリカ、ロッキード航空機工場、女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)やリンドバーグが愛機としたロキード・ベガ(Lockheed Vega)の生産ライン:機首のエンジン取り付け部分、肩翼式の主翼を正面から見ている。工員は、コックピットの前方窓(ガラスなし)から身を乗り出してコックピット左外側を見ている。エンジン取り付け部の奥には、客室の左右の四角ガラス窓が開いてるのが確認できる。降着装置を支える支柱が、三角錐の形状になっている。
SDASM Archives - Title:Lockheed Vega production line [Lockheed AM 3744 via RJF] - Catalog:17_000293 - Filename:17_000293.tif - ---------Image from the René Francillon Photo Archive. ------PLEASE TAG this image with any information you know about it, so that we can permanently store this data with the original image file in our Digital Asset Management System
写真はflickr,SDASM Archives・PictionID:43264890引用。


ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)は、当初、固定脚の主輪はむき出しのままだったが、大西洋横断飛行の直前に、飛行中の空気抵抗を減少させるために、流線型の大型主輪カバーを左右に取付けて、車輪の周囲を覆った。改造後は、着地する地面との間に僅かに車輪のゴムの一部が見えるだけになる。

アメリカのロッキード ベガ(Lockheed Vega)は、ジョン・ノースロップ(John Knudsen Northrop)の設計になる単発肩翼・木金混交構造の6人乗り旅客輸送機である。 1927年7月4日に初飛行し、直ぐに最高速力持続135 マイル (217 km/h)を達成した。しかし、客室は商用には4席で運用するだけのスペースしかなく、ユンカースF.13輸送機と比較して、経済性に乏しかったために、民間旅客輸送機としての運航は制限された。

しかし、ロッキード ベガ(Lockheed Vega)の飛行性能は良かったために、同型機は、女性飛行士アメリア・イアハートAmelia Earhart)による女性初の大西洋横断飛行、ウィリー・ポストによる世界一周飛行など、記録飛行用に多数が使用された。また、資産家や有名人の専用機として使用されることも多かった。

ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C (登録コードr/n NR-965Y)の諸元
空虚重量:2595ポンド(1177?)
総重量MTOW: 4,500ポンド(2041?)-4,750 ポンド
航続距離Range: 620 miles
最高速力180 mph、巡航速力155 mph
実用上昇限度:1500フィート(4570m)
航続距離(通常仕様):725マイル(1167km)
全長Length: 27 ft., 6 in. (8.38m)
全幅Wingspan: 41 ft.(12.5m)
全高Height:8 ft., 6 in. (2.49m)
発動機Engines: プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)空冷星形9気筒エンジン「ワスプC」(Wasp C) R-1340(排気量22L): 420-450 hp
就役数No. flown by DL: 2 機(Bowen Air Lines)
就役航路Routes Flown:テキサス州フォートワース(Ft. Worth, Texas)=カリフォルニア州チャールストン(Charleston, South Carolina ):航空便ルーツ24(Air Mail Route 24)
就役時期First Delivery: 1935年初頭
初運航First Scheduled Service: 1935
使用目的Reason Aquired:郵便輸送が主でデルタ(Delta)航空では旅客輸送には使用されなかった。
退役Last Retirement: 1937年


写真(右)1932年、アメリカ、ロッキード・ベガの操縦席のアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)と補助するアメリカ女性飛行家ロスコープ・ターナー(Roscoe Turner)
:アメリアは、1932年5月20日に女性飛行士として初めてロッキード・ベガに単身搭乗、自ら全行程を操縦して大西洋単独横断飛行(Solo Flight Across Atlantic)をした。これは女性初の快挙だった。ロスコープ・ターナーも、北アメリカから南アメリカに飛行した初の女性パイロットであり、ニューヨークからバーバンクまで123時間半の最速飛行記録を持っている。
Amelia Earhart with Roscoe Turner and Laura Ingalls, Circa 1932
Amelia Earhart sits in the cockpit as Laura Ingalls and Roscoe Turner look on. Ingalls (no relation to the author Laura Ingalls Wilder) who played a significant role in early women's aviation, was the first female pilot to fly solo from North to South America. Turner was also an accomplished pilot, holding for a time the transcontinental airspeed record (flying from New York to Burbank in just over 12 1/2 hours).
写真は,Glendale (CA) Public Library Special Collections Reproduction Number: LC-DIG-hec-36878 引用。


写真(右)1932年、ロッキード格納庫の前で、アメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(amelia earhart)が愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)"Little Red Bus"の前で大西洋横断飛行の資金援助者・パトロンとみられる紳士と会話をしているといった宣伝用記念写真:会話するというより、飛行機をバックに三人の紳士が横並びになって、全員の顔がよく映るように配置を決めている。実際には、アメリアと3人の間がこれほど離れていては、野外の格納庫の前では声が届きにくいであろう。降着装置の主輪にカバーが装着されている。エンジンカウリングも先端部分の色合いは、後半の色合いと違って見える。
SDASM Archives Historic Flight Trans Atlantic
Catalog #: 10_0015299 Title: Historic Flight Trans Atlantic
Date: 1932 Additional Information: Amelia Earhart Lockheed Vega
Tags: Historic Flight Trans Atlantic, Amelia Earhart Lockheed Vega , 1932
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: 10_0015299引用。


写真(右)1932年頃、アメリカ、特別仕様愛機ロッキード・ベガロッキード・ベガ5B (Lockheed Model 5B Vega :登録コードr/n NR7952)のコックピットから身を乗り出してコックピット前方のガラス窓を拭いている飛行服姿のアメリア・イヤハート(amelia earhart):肩翼式の主翼は、コックピット側方で機体に金属溶接されている。
Earhart , Amelia
Catalog #: BIOE00043
Last Name: Earhart
First Name: Amelia
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00043引用。


アメリア・イアハートAmelia Earhart)の操縦するロッキード・ベガ5B(Lockheed Vega 5B)は「リトル・レッドバス」"Little Red Bus"の愛称、登録コードNR-7852を与えられ、目立つように深紅の塗装を施された。

アメリカの女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)が、1932年5月20-21日に大西洋横断飛行に使用したロッキード・ベガ(Lockheed Vega)は、Vega 5型Bであり、発動機は強力な空冷星形9気筒エンジン「ワスプ」(Wasp)450 hp (336 kW) を装備し、機体後方の客室を改造して燃料タンクを増設して、航続距離を延長している。この改造に伴って、胴体側面の客室ガラス窓は撤去されて、平滑化され、空気抵抗を減じている。

写真(右)1932年頃、アメリカ、特別仕様愛機ロッキード・ベガロッキード・ベガ5B (Lockheed Model 5B Vega :登録コードr/n NR7952)のコックピットから身を乗り出している飛行服姿のアメリア・イヤハート(Amelia Earhart):肩翼式の主翼は、コックピット側方で機体に金属溶接されている。
Earhart , Amelia
Catalog #: BIOE00050
Noted American aviation pioneer and author, first woman to receive the Distinguished Flying Cross, awarded for becoming the first aviatrix to fly solo across the Atlantic Ocean, member of the Ninety-Nines.
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00050用。


アメリカのロッキード ベガ(Lockheed Vega)は、ジョン・ノースロップ(John Knudsen Northrop)の設計になる単発肩翼・木金混交構造の6人乗り旅客輸送機である。 1927年7月4日に初飛行し、直ぐに最高速力持続135 マイル (217 km/h)を達成した。しかし、客室は商用には4席で運用するだけのスペースしかなく、ユンカースF.13輸送機と比較して、経済性に乏しかったために、民間旅客輸送機としての運航は制限された。

しかし、ロッキード ベガ(Lockheed Vega)の飛行性能は良かったために、同型機は、女性飛行士アメリア・イアハートAmelia Earhart)による女性初の大西洋横断飛行、ウィリー・ポストによる世界一周飛行など、記録飛行用に多数が使用された。また、資産家や有名人の専用機として使用されることも多かった。

写真(右)1932年5月20日、カナダ、ニューファウンドランド州(Newfoundland)ハーバーグレース(Harbour Grace)の飛行場から大西洋横断飛行に出発する直前のアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(amelia earhart)と赤塗りの愛機ロッキード・ベガ5B (Lockheed Model 5B Vega :登録コードr/n NR7952):エンジンカウリングも先端部分の色合いは、後半の色合いと違って見える。ハーバーグレース(Harbour Grace)飛行場は、1928年メイベル・ボル(Mabel Boll)のライト・ベランカ WB-2「コロンビア」の大西洋横断の時に整備された新しい飛行場で、閑散とした場所にある。
Earhart, Amelia Mary; Lockheed Model 5B Vega, Earhart Aircraft, NR7952. photograph
5/20/1932
Three-quarter length view of Amelia Earhart, wearing long leather flying jacket, standing beside left side of nose (behind propeller) of her Lockheed 5B Vega (r/n NR-7952) just prior to her departure from Harbour Grace, Newfoundland, for Londonderry, Ireland, on her solo transatlantic flight May 20, 1932. [A19670093000]
photographerUnited States Navy
写真は,National Air and Space Museum・NASM-80-11038引用。


写真(右)1932年6月、アメリカ人飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937):1932年6月、ロッキード・ベガを単身操縦して大西洋を無着陸横断飛行した初の女性となった。1928年のフォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に乗客として搭乗、カナダから北アイルランドまで大西洋を女性として無着陸横断したが、これは乗客として飛行機に乗っていただげだった。アメリアは、アメリカの本当のヒロインとなった。
Amelia Earhart Title: Amelia Earhart Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1932-06 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Earhart, Amelia, 1897-1937; Air pilots Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真は,Boston Public Library  Leslie Jones Collection 08_06_002063引用。


1932年5月20日、ロッキード・ベガ5B(Lockheed Vega 5B)「リトル・レッドバス」"Little Red Bus"は、アメリア・イアハートAmelia Earhart)の操縦で、カナダのニューファウンドランド(Newfoundland)、ハーバーグレース(Harbor Grace)の飛行場を離陸し、イギリス連合王国、北アイルランド北岸のロンドンデリー州(Londonderry) ロンドンデリー(現在はデリーとも)郊外カルモア (Culmore)の牧場に不時着した。飛行時間は15時間、飛行距離2,026マイルで、大西洋を単独無着陸横断に成功したが、女性飛行士初の快挙である。

写真(右)1932年5月21日(?)、イギリス、北アイルランド北部、ロンドンデリー郊外に大西洋を越えて不時着した特別仕様愛機ロッキード・ベガ5B (Lockheed Model 5B Vega :登録コードr/n NR7952)、ポーズをとった革製オーバーオール(繋ぎ)飛行服に身を包んだアメリア・イヤハート(Amelia Earhart):機首下方左側面には、金属製足掛けが設けられて、ここからコックピットに上る。写真にはプレゼント用なのか、彼女の署名が入っている。
Earhart , Amelia
Catalog #: BIOE00045
Noted American aviation pioneer and author, first woman to receive the Distinguished Flying Cross, awarded for becoming the first aviatrix to fly solo across the Atlantic Ocean, member of the Ninety-Nines.
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00045用。


アメリアが大西洋横断飛行に使用した初代ロッキード・ベガ5型B(Lockheed Vega 5B)「リトル・レッドバス」"Little Red Bus"(登録コード:NR-7852)の肩翼式の主翼は、コックピット側方で機体に繋がっており、コックピットに入るには、コックピットの天井の扉から入る。つまり、操縦席にはいったんは主翼より上に登らないと出入りができないという不便なつくりだった。「リトル・レッドバス」"Little Red Bus"(登録コード:NR-7852)の機首左側下方には、金属製足掛けが設けられているが、これはコックピットに入るために主翼上に上るための足掛けで、機首右側にはついていない。本来は、コックピットには胴体中ほどのドアから入り、前方の操縦席に向かえばよかったのであるが、その通路に燃料タンクを増設したために不便な構造になった。


写真(上)1932年5月21日、イギリス連合王国、北アイルランド北岸のロンドンデリー州(Londonderry) ロンドンデリー(現在はデリーとも)郊外カルモア (Culmore)の牧場に不時着したアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(amelia earhart)と愛機ロッキード・ベガ5B (Lockheed Model 5B Vega :登録コードr/n NR7952)
:エンジンカウリングも先端部分の色合いは、後半の色合いと違って見える。
Amelia Earhart, wearing a long leather flying jacket, poses on the left side of the nose (behind propeller) of her Lockheed 5B Vega (r/n NR-7952) [A19670093000] just after her arrival in Londonderry, Ireland, upon completing her solo transatlantic flight May 21, 1932. May 21, 1932  Possibly "Luce - Roma" (Luce from Rome)
写真は,National Air and Space Museum・NASM-NASM-9A12024引用。


写真(右)1932年5月21日、イギリス連合王国、北アイルランド北岸のロンドンデリー州(Londonderry) ロンドンデリー(現在はデリーとも)郊外カルモア (Culmore)の牧場に不時着したアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(amelia earhart)と愛機ロッキード・ベガ5B (Lockheed Model 5B Vega :登録コードr/n NR7952) 胴体に燃料タンクを増設したため、コックピットへは機首左側に付けられた足掛けでコックピット上部に登り、天蓋の蓋を開けて乗り込む不便な構造となった。
Amelia Earhart Arrives In Ireland
Amelia Earhart, dressed in flying suit, standing on steps on left side of nose of her Lockheed 5B Vega amidst a crowd of people at Culmore, North Ireland after her historic solo flight across the Atlantic from Harbour Grace, Newfoundland, c. May 21, 1932. .
Copyright/Owner: Smithsonian Institution .
写真はSmithsonian Institution.Smithsonian's National Air and Space Museum ID #:86-10744引用。


アメリア・イアハート(Amelia Earhart)操縦のロッキード・ベガ5B (Lockheed Model 5B Vega :登録コードr/n NR7952)は、1927年のリンドバーク同様の単独大西洋横断を目指して、1932年5月21日、カナダ、ニューファウンドランド州(Newfoundland)ハーバーグレース(Harbour Grace)の飛行場を1932年5月20日に離陸した。この飛行場は、1928年にメイベル・ボル(Mabel Boll)のライト・ベランカ WB-2「コロンビア」で大西洋横断を企てた時に整備された新しい飛行場で、閑散とした場所だった。離陸後、大西洋を単独横断飛行したアメリアは、フランスのパリに向かったが、途中で機体不調でイギリス連合王国、北アイルランド北岸のロンドンデリー州(Londonderry) ロンドンデリー(現在はデリーとも)郊外カルモア (Culmore)の牧場に不時着した。本人も愛機のベガ5C も無事で、女性初の大西洋単独横断飛行に成し遂げ、突然の空からの訪問者として、地元でも大歓迎され、メディアの取材もすぐにやってきた。


写真(上)1932年5月21日、イギリス連合王国、北アイルランド北岸のロンドンデリー州(Londonderry) ロンドンデリー(現在はデリーとも)郊外カルモア (Culmore)、アメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(amelia earhart)が特別仕様ロッキード・ベガ5B (Lockheed Model 5B Vega :登録コードr/n NR7952) のコックピットから身を乗り出して出迎えの人々に応えている。
:ニューファウンドランド州(Newfoundland)ハーバーグレース(Harbour Grace)からパリまでの長距離飛行のために、客室部分を改造して燃料タンクを増設し、空気抵抗減少のために、大きな車輪カバーを装着、機体も客室ガラス窓を廃止し平滑にしている。塗装も高速をイメージした斬新なデザインで真っ赤に塗られている。
SummaryLong view of Amelia Earhart, dressed in flying suit, posing on fuselage of her Lockheed Model 5B Vega (r/n NR7952) amidst a crowd of people at Culmore, North Ireland after her historic solo flight across the Atlantic from Harbour Grace, Newfoundland, May 21, 1932. One-quarter left front view of aircraft.
Repository Loc.National Air and Space Museum, Archives Division, MRC 322, Washington, DC, 205605/21/1932
Earhart , Amelia
Catalog #: BIOE00067 Last Name: Earhart First Name: Amelia
写真は,National Air and Space Museum・Local numberNASM-00158018、およびflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00067引用。


アメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(amelia earhart)が特別仕様ロッキード・ベガ5B (Lockheed Model 5B Vega :登録コードr/n NR7952)は、1928年にメイベル・ボル(Mabel Boll)のライト・ベランカ WB-2「コロンビア」の大西洋横断時に整備されたカナダ、ニューファウンドランド州(Newfoundland)ハーバーグレース(Harbour Grace)の飛行場を1932年5月20日に離陸した。そして、大西洋上を単身操縦し、単独横断飛行してフランスのパリを目指したが、機体不調のために、途中、イギリス連合王国、北アイルランド北岸のロンドンデリー州(Londonderry) ロンドンデリー(現在はデリーとも)カルモア (Culmore)の牧場に無事に不時着した。

写真(右)1932年5月21日、イギリス連合王国、北アイルランド北岸のロンドンデリー州(Londonderry) ロンドンデリー(現在はデリーとも)郊外カルモア (Culmore)大西洋を横断し不時着したアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(amelia earhart):不時着現場のロンドンデリー郊外の牧場で、ボストン・ヘラルド‐トラベラーズのインタビューを受けているようだ。これがアメリカへのアメリカメディアによる横断成功の第一報となったのであろうか。アメリアは無事で、地元の住民の歓迎に囲まれている。
Title: Amelia Earhart Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1932-07 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Earhart, Amelia, 1897-1937; Air pilots; Press Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve.
Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真はflickr,Boston Public Library・File name: 08_06_002065引用。


実は、1919年6月14-15日、イギリス人飛行家ジョン・ウィリアム・オールコック(John William Alcock:1892-1919)とアーサー・ブラウン(Arthur Whitten Brown:1886-1948)は、カナダのニューファンドランド島からアイルランドへ大西洋無着陸飛行を成功させた。これが、リンドバーグのニューヨーク=パリ間の大西洋横断より早く、史上初の大西洋横断無着陸飛行だった。アメリアの1932年5月の大西洋横断飛行のルートは、アメリカの先駆者チャールズ・リンドバーグの1927年5月の=パリ間ではなく、1919年のイギリス人の史上初の大西洋横断飛行家であるジョン・ウィリアム・オールコック(John William Alcock)とアーサー・ブラウン(Arthur Whitten Brown)と類似した飛行経路だった。アメリアは、アメリアの1932年5月の大西洋横断飛行後にロンドンに飛ぶのであれば、飛行方位が北に偏向していた。その結果、飛行距離が長くなり、ロンドンにもパリにも無着陸で一気に飛ぶことはできず、北アイルランドに不時着したのである。

写真(右)1932年5月21日、イギリス連合王国、北アイルランド北岸のロンドンデリー州(Londonderry) ロンドンデリー(現在はデリーとも)郊外カルモア (Culmore)、アメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)が特別仕様ロッキード・ベガ5B (Lockheed Model 5B Vega :登録コードr/n NR7952)で大西洋単独飛行を決行、カナダ、ニューファウンドランド州(Newfoundland)ハーバーグレース(Harbour Grace)の飛行場を離陸し、イギリス連合王国、北アイルランド北岸のロンドンデリー州(Londonderry) ロンドンデリー(現在はデリーとも)郊外カルモア (Culmore)に不時着した。アメリアは無事で、地元の住民の歓迎に囲まれている。
Tekniska museet Amelia Earhart C15013 Amelia Earhart, efter landningen i Londonderry på Irland. Hon var första kvinnan att flyga över Atlanten. Amelia Earhart, just after the landing in Londonderry, Irland. Earhart was the first female to fly cross the Atlantic. Photo: Okänd/ Unknown
Date: 1932 Additional Information: Amelia Earhart Lockheed Vega
Tags: Historic Flight Trans Atlantic, Amelia Earhart Lockheed Vega , 1932
写真はflickr,Tekniska museet・Amelia Earhart C15013引用。


写真(右)1932年7月2日、イギリス、北アイルランド、ロンドンデリー、ロッキード・ベガ5Bで大西洋を横断して北アイルランドに到着したアメリア・イアハート(Amelia Earhart)が突然の空からの訪問者として、現地住民を訪問して握手している、という演出写真:1928年、大西洋を愛機ロッキード・ベガ5B (Lockheed Model 5B Vega :登録コードr/n NR7952) を単独操縦して無着陸横断飛行したアメリアは、世界で初めて大西洋横断飛行を成功させた女性として称賛された。1928年には、フォッカー三発水上旅客機に搭乗して、カナダからイギリスまで飛行したが、このときは彼女は操縦したわけでも、航法を担ったわけではない。しかし、1932年には、単身操縦して、単独無着陸で大西洋の横断飛行を成功させた。アメリカに帰国後、大統領に呼ばれたり、歓迎会に招待されたりして、大いにもてはやされるヒロインとなった。
ArtistUnderwood & Underwood, active 1880 - c. 1950SitterAmelia Mary Earhart, 24 Jul 1897 - c. 2 Jul 1937 Unidentified Man Date 1932 Medium Gelatin silver print DimensionsImage/Sheet: 22.7 x 17.5 cm (8 15/16 x 6 7/8") Mat: 45.7 x 35.6 cm (18 x 14") Credit Line National Portrait Gallery, Smithsonian Institution; gift of George R. Rinhart, in memory of Joan Rinhart  Exhibition LabelAmelia Earhart crosses the Atlantic flying soloOn May 21, 1932—exactly five years to the day after Charles Lindbergh’s historic transatlantic flight—Earhart became the first woman to fly solo across the Atlantic. This photograph shows her shaking hands with Dan McCallon, the Irish farmer who was the only eyewitness to her landing. Throughout her flying career, Earhart demonstrated an interest in breaking aviation records. She had long felt that the publicity she received after the 1928 flight outweighed her actual achievement, and she saw this solo flight as the opportunity to prove her flying ability and her mettle. Setting out from Newfoundland in a Lockheed Vega, she encountered strong winds and icy conditions. Her goal was to match Lindbergh’s feat and land in Paris, but after a fifteen-hour flight beset with mechanical problems, she decided to touch down when she encountered terra firma, landing safely in northwestern Ireland. Upon greeting her, McCallon asked, "Have you flown far?" Earhart answered, "From America." Place United Kingdom Northern Ireland Derry City Londonderry.
写真は,National Portrait Gallery Collection Object number NPG.2011.77.5引用。


写真(右)1932年7月10日、アメリカ東部、マサチューセッツ州、自動車に乗ってボストン市内凱旋パレードを行うロッキード・ベガでの大西洋単独横断初女性飛行士アメリア・イアハート:アメリアは、マサチューセッツ州東ボストン飛行場に、フォード三発輸送機トライモーターで飛来し、ボストン市内パレードに臨んだ。彼女の故郷は、北200キロのマサチューセッツ州メッドフォードである。
Amelia Earhart, Boston Title: Amelia Earhart, Boston Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1932-07 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Earhart, Amelia, 1897-1937; Stultz, Wilmer L., 1899-1929; Gordon, Louis E.; Air pilots; Parades & processions Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection. .
写真はflickr,Boston Public Library(Aviation: Boardman, Earhart & Grayson):File name: 08_06_002108引用。



写真(右)1932年7月10日、アメリカ東部、マサチューセッツ州、ボストン市内、大西洋単独横断飛行を成功させた史上初の女性として称賛されるアメリカ人女性飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937)
:ロッキード・ベガで、カナダからアイルランドまでの大西洋単独横断を成功させた後、アメリア・イアハート:アメリアは、マサチューセッツ州東ボストン飛行場に、フォード三発輸送機トライモーターで飛来し、市内パレードに臨んだようだ。
Amelia Earhart Title: Amelia Earhart Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1932-07 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Earhart, Amelia, 1897-1937; Air pilots Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真は,Boston Public Library  08_06_002103引用。



写真(右)1932年7月10日、アメリカ東部、マサチューセッツ州、ボストン市内、大西洋単独横断飛行を成功させた史上初の女性として称賛されるアメリカ人女性飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937)
:ロッキード・ベガで、カナダからアイルランドまでの大西洋単独横断を成功させた後、アメリア・イアハート:アメリアは、マサチューセッツ州東ボストン飛行場に、フォード三発輸送機トライモーターで飛来し、市内パレードに臨んだようだ。
Amelia Earhart Title: Amelia Earhart Creator/Contributor: Jones, Leslie, 1886-1967 (photographer) Date created: 1932-07 Physical description: 1 negative : glass, black & white ; 4 x 5 in. Genre: Glass negatives Subjects: Earhart, Amelia, 1897-1937; Air pilots Notes: Title and date from information provided by Leslie Jones or the Boston Public Library on the negative or negative sleeve. Collection: Leslie Jones Collection Location: Boston Public Library, Print Department Rights: Copyright © Leslie Jones. Preferred citation: Courtesy of the Boston Public Library, Leslie Jones Collection.
写真は,Boston Public Library  08_06_002107引用。


写真(右)1932年6月20日、アメリカ、ニューヨーク市庁舎前、凱旋帰国し、赤いバラの花束を受けた大西洋横断女流飛行家アメリア・イアハート(Amelia Earhart):ニューヨーク市長ジェームズ・ウォーカー(James Walker :1881‐1946)らの大歓迎を受けた。数か月後、アメリカ議会から殊勲飛行十字章を、フーヴァー大統領からアメリカ地理学会金メダルを授与された。
Amelia Earhart returns to America Unidentified photographer for Acme Newspictures, Inc. Gelatin silver print, 1932. Thousands waited to see her. Mayor James Walker greeted her with a large bouquet of red roses and rode with her up Broadway amid confetti and tickertape to City Hall. There, after several speeches, she was presented with a gold medal.
Ever modest in public, she described the reception as “overwhelming. It’s much too much for my exploit.” Asked by reporters about the significance of her flight, she explained, “I hope you understand that my flight added nothing to aviation. It was just a personal gesture on my part. . . . Of course, if it means something to women in aviation, that’s fine.”
In the months that followed, Earhart continued to be honored: Congress awarded her the Distinguished Flying Cross and President Herbert Hoover honored her with the Gold Medal of the National Geographic Society..
写真はSmithsonian Institution.National Portrait Gallery, ONE LIFE: Amelia Earhart 引用。


写真(右)1932年6月20日頃、アメリカ東岸、ニューヨーク市、ニューヨーク市長ジェームズ・ウォーカー(James Walker :1881‐1946)から初の大西洋単独横断女性飛行士の名誉を讃えられたアメリア・イヤハート(Amelia Earhart):ジェームズ・ジョン・ウォーカーは、1910年から1914年までニューヨーク州下院議員、1914年から1925年までニューヨーク州上院議員、1926年1月1日から1932年9月1日まで、第97代ニューヨーク市長を務めた。1932年、市長時代にウォーカーは、収賄容疑で起訴されたが、第44代ニューヨーク州知事フランクリン・デラノ・ルーズベルト(Franklin Delano Roosevelt :在職1929年1月1日 – 1932年12月31日)のとりなしで1932年9月1日に市長を辞職、ヨーロッパに逃避。
アメリアは、1928年6月17-18日に、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に乗客として搭乗し、カナダからアイルランドまで大西洋を無着陸横断した。次いで1932年5月20日に女性飛行士として初めてロッキード・ベガに単身搭乗、自ら全行程を操縦して大西洋を横断した。これは女性初の快挙だった。
Title: [Amelia Earhart, 1898-1937, half-length portrait, standing with Mayor James Walker of New York] Date Created/Published: c1932. Medium: 1 photographic print. Reproduction Number: LC-USZ62-41713 (b&w film copy neg.) Rights Advisory: No known restrictions on publication. No renewal in Copyright Office (verified 1998).
Call Number: BIOG FILE [item] [P&P] Medium: 1 negative : glass ; 4 x 5 in. or smaller
写真は, Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540 USA Library of Congress Reproduction Number: LC-USZ62-41713 (b&w film copy neg.) 引用。


1932年8月24日、アメリカ人女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)はアメリカ大陸女性単独横断無着陸飛行のために、東岸ニュージャージー州ニューアークを飛び立って、飛行時間19時で、翌8月25日、カリフォルニア州ロスアンゼルスに到着した。その後、1935年1月11日、ハワイからカリフォルニア州までの単独東太平洋飛行も行っている。このとき西から東に向けて西太平洋を横断飛行したのは、偏西風が順風・追い風となって、飛行機の推進力となるため有利である。逆に、東から西への太平洋横断・大西洋横断は、偏西風が逆風・向かい風になるために、飛行が難しく、航続距離が短縮してしまう。

  写真(右)1932年11月頃、アメリカ、ワシントンDCホワイトハウス、第31代ハーバート・クラーク・フーヴァー(Herbert Clark Hoover:1874‐1964)からアメリカ地理学会金メダル(Gold Medal of the National Geographic Society)を授与され、初の大西洋単独横断飛行士の名誉を讃えられた時のアメリア・イヤハート(Amelia Earhart):左端の地理学会長ギルバート・グローヴナー(Gilbert Grosvenor:1899–1954)博士は、雑誌『ナショナルジオグラフィック』の初編集長となった。1928年6月17-18日に、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に乗客として搭乗し、カナダからアイルランドまで大西洋を無着陸横断した。次いで1932年5月20日に女性飛行士として初めてロッキード・ベガに単身搭乗、大西洋単独横断飛行(Solo Flight Across Atlantic)を成功させた。これは女性初の快挙だった。
Title: [Herbert Hoover presenting the National Geographic Society medal to Amelia Earhart; with Dr. Gilbert Grosvenor, at left. White House, Washington, D.C.] Creator(s): Harris & Ewing, photographer Date Created/Published: [1932 June 21] Medium: 1 negative : glass ; 4 x 5 in. or smaller Reproduction Number: LC-DIG-hec-36879 (digital file from original negative) Rights Advisory: No known restrictions on publication. For more information, see Harris & Ewing Photographs - Rights and Restrictions Information
Call Number: LC-H2- B-5256 [P&P] Medium: 1 negative : glass ; 4 x 5 in. or smaller
写真は, Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540 USA Library of Congress Reproduction Number: LC-DIG-hec-36879 引用。


写真(右)1932年11月頃、アメリカ、ワシントンDCホワイトハウス、第31代アメリカ大統領ハーバート・クラーク・フーヴァー(Herbert Clark Hoover:1874‐1964)からアメリカ地理学会金メダル(Gold Medal of the National Geographic Society)を授与され、初の大西洋単独横断飛行士の名誉を讃えられたアメリア・イヤハート(Amelia Earhart):1928年6月17-18日に、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に乗客として搭乗し、カナダからアイルランドまで大西洋を無着陸横断した。次いで1932年5月20日に女性飛行士として初めてロッキード・ベガに単身搭乗、自ら全行程を操縦して大西洋を横断した。これは女性初の快挙だった。
Title: [Amelia Earhart, center] Creator(s): Harris & Ewing, photographer Date Created/Published: [1932] Reproduction Number: LC-DIG-hec-36880 (digital file from original negative) Rights Advisory: No known restrictions on publication. For more information, see Harris & Ewing Photographs - Rights and Restrictions Information
Call Number: LC-H2- B-5257 [P&P] Repository: Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540
Reproduction Number: LC-DIG-hec-36880 (digital file from original negative) Call Number: LC-H2- B-5257 [P&P] Medium: 1 negative : glass ; 4 x 5
写真は, Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540 USA Library of Congress Reproduction Number: LC-DIG-hec-36878 引用。


アメリカ人女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)は、1932年5月20日、先達のチャールズ・リンドバーグの大西洋横断と同じく単独飛行で、ニューファンドランド島グレース湾からロッキード・ベガで大西洋を横断しパリを目指した。しかし、悪天候と機体の不調のために、パリの手前、北アイルランド、ロンドンデリー郊外の牧場に不時着し、機体は破損してしまった。そこで、パリへの飛行は不可能になったが、大西洋無着陸単独横断の栄誉を称えられ、イアハートには、アメリカ連邦議会からの空軍殊勲十字章、フランスからのレジオン・ド・ヌール勲章、第31代アメリカ大統領ハーバート・フーバー大統領から、アメリカ地理学会金メダル(Gold Medal of the National Geographic Society)を授与される栄誉を得た。


写真(右)1932年11月頃、アメリカ、ロッキード・ベガを背景に第31代アメリカ大統領ハーバート・クラーク・フーヴァー(Herbert Hoover)、アメリカ地理学会長ギルバート・グローヴナー(Gilbert Grosvenor)博士(?)ら要人と会った、初の大西洋単独横断飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)
:1932年5月20日に女性飛行士として初めてロッキード・ベガに単身搭乗、自ら全行程を操縦して大西洋単独横断飛行(Solo Flight Across Atlantic)をした。これは女性初の快挙だった。
Title: [Herbert Hoover and Amelia Earhart, at White House, Washington, D.C.] Creator(s): Harris & Ewing, photographer Date Created/Published: [1932] Medium: 1 negative : glass ; 4 x 5 in. or smaller Reproduction Number: LC-DIG-hec-36878 (digital file from original negative)
Call Number: LC-H2- B-5255 [P&P] Medium: 1 negative : glass ; 4 x 5 in. or smaller
写真は, Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540 USA Library of Congress Reproduction Number: LC-DIG-hec-36878 引用。


写真(右)1932年11月頃、アメリカ、ロッキード・ベガを背景にアメリカ地理学会長ギルバート・グローヴナー(Gilbert Grosvenor)博士(?)と会ったアメリア・イヤハート(Amelia Earhart):アメリアは、1928年6月17-18日に、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に乗客として搭乗し、カナダからアイルランドまで大西洋横断飛行(Flight Across Atlantic)した。次いで1932年5月20日に女性飛行士として初めてロッキード・ベガに単身搭乗、自ら全行程を操縦し大西洋単独横断飛行(Solo Flight Across Atlantic)を女性として初めて成功させた。
Title: [Amelia Earhart, left] Creator(s): Harris & Ewing, photographer Date Created/Published: [1932]
Medium: 1 negative : glass ; 4 x 5 in. or smaller Reproduction Number: LC-DIG-hec-36876 (digital file from original negative)
Rights Advisory: No known restrictions on publication. For more information, see Harris & Ewing Photographs - Rights and Restrictions Information(http://www.loc.gov/rr/print/res/140_harr.html)
Call Number: LC-H2- B-5252 [item] [P&P] Medium: 1 negative : glass ; 4 x 5 in. or smaller
写真は, Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540 USA Library of Congress Reproduction Number: LC-DIG-hec-36876 引用。


1904年12月、ペンシルベニア州フィラデルフィアで創立されたアメリカ地理学会Association of American Geographers:AAAG)は、地理学研究・普及の促進を図る学術団体で、本部はワシントンD.C.に置かれている。1920-1930年代に、南北極地探検、大西洋・太平洋横断飛行など、地理上の探検や冒険が試みられる中で、地理学への学術的な関心が高まることが期待された。

写真(右)1932年11月頃、アメリカ東岸、ニューヨーク州ニューヨーク市(?)、講堂でスピーチ後にアメリカ地理学会長ギルバート・グローヴナー(Gilbert Grosvenor)博士(?)と会った、初の大西洋単独横断飛行(Solo Flight Across Atlantic)をしたアメリア・イヤハート(Amelia Earhart):1932年5月20日に女性飛行士として初めてロッキード・ベガに単身搭乗、自ら全行程を操縦して大西洋を横断した。これは女性初の快挙だった。アメリカ議会図書館のこれらの写真に特に説明はない。しかし、まず、ワシントンDCのホワイトハウスで、国立地理学会メダルを授与されてから、ロッキード・ベガの乗客として、ニューヨーク州(あるいはニュージャージー州ニューアーク)に飛び、そこからニューヨーク市で、ニューヨーク市長と懇談し、講演会・祝賀会に参加したと想像できる。
Title: [Amelia Earhart, left] Creator(s): Harris & Ewing, photographer Date Created/Published: [1935] Medium: 1 negative : glass ; 4 x 5 in. or smaller Reproduction Number: LC-DIG-hec-38576
Call Number: LC-H2- B-7298 [P&P] Repository: Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540
写真は, Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540 USA Library of Congress Reproduction Number: LC-DIG-hec-38576 引用。


写真(右)1932-1936年頃、アメリカ東岸、ニューヨーク州ニューヨーク市(?)、ニューヨーク州選出上院議員ロイヤル・S・コープランド(Royal S. Copeland :1868-1938)と懇談する、初の大西洋単独横断飛行(Solo Flight Across Atlantic)を成し遂げたアメリア・イヤハート(Amelia Earhart):自己の優位を見せようとしてか、政治家が相手に手を出して道を促す行為は良く見かける。ロイヤル・S・コープランド(Royal S. Copeland :1868-1938)は、ミシガン大学で医学を学び、1895年から1908年にミシガン医学校教授、1923年から1938年6月まで、ニューヨーク州選出アメリカ上院議員(United States Senator from New York)を務めたベテラン政治家だった。1932年5月20日に女性飛行士として初めてロッキード・ベガに単身搭乗、自ら全行程を操縦して大西洋を横断した。アメリカ議会図書館が記す1936年の西暦は、一連の写真の流れから見て、寄贈された時期か何かで撮影の時期ではないようだ。
Title: [Royal S. Copeland and Amelia Earhart] Creator(s): Harris & Ewing, photographer Date Created/Published: [1936] Medium: 1 negative : glass ; 4 x 5 in. or smaller Reproduction Number: LC-DIG-hec-40744
Call Number: LC-H2- B-10060 [P&P] Repository: Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540
写真は, Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540 USA Library of Congress Reproduction Number: LC-DIG-hec-40744 引用。


写真(右)1932-1936年頃、アメリカ東岸、ニューヨーク州ニューヨーク市(?)、ニューヨーク州選出の上院議員ロイヤル・S・コープランド(Royal S. Copeland)と懇談する、初の大西洋単独横断飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart):ロイヤル・S・コープランド(Royal S. Copeland :1868-1938)は、ミシガン大学で医学を学び、1895年から1908年にミシガン医学校教授、1923年から1938年6月まで、ニューヨーク州選出アメリカ上院議員(United States Senator from New York)を務めたベテラン政治家だった。1932年5月20日に女性飛行士として初めてロッキード・ベガに単身搭乗、自ら全行程を操縦して大西洋を横断した。
Title: [Royal S. Copeland, left; Amelia Earhart, right] Creator(s): Harris & Ewing, photographer Date Created/Published: [1936] Medium: 1 negative : glass ; 4 x 5 in. or smaller Reproduction Number: LC-DIG-hec-40746
Call Number: LC-H2- B-10060 [P&P] Repository: Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540
写真は, Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540 USA Library of Congress Reproduction Number: LC-DIG-hec-40746引用。


1932年5月21日、アメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)は、突然の空からの訪問者として、緊急にイギリス連合王国、北アイルランド北岸のロンドンデリー州(Londonderry) ロンドンデリー(現在はデリーとも)郊外カルモア (Culmore)に不時着した。有名人だったアメリアの大西洋単独横断を成し遂げた女性として、地元住民は大歓迎した。地元イギリスの警察も丁寧に突然の来訪者を処遇しており、密入国者を疑うそぶりは全くなかった。後方は愛機のロッキード・ベガ(Lockheed Vega)で、カナダ、ニューファウンドランド州(Newfoundland)ハーバーグレース(Harbour Grace)の飛行場から出発、北アイルランドにまで到着し、世界初の女性大西洋横断単独飛行を成功させたことで、リンドバーグに次いで、世界にアメリカの強さを見せつけた大成果となった。1932年、アメリカ連邦議会がアメリアに殊勲飛行十字章Distinguished Flying Cross)を授与したのも当然である。

写真(右)1932年、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ、シカゴ空港、ジミー・マッターンのロッキード・ベガ(Lockheed Vega)の前でポーズをとるアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart):アメリカ人飛行士ジミー・マッターンは、1932年と1933年の2回、世界一周飛行に挑戦した。また、ロッキード社のテストパイロットを務めた。イヤハートのロッキード・ベガは、長距離特別仕様で、客室部分を改造して燃料タンクを増設し、胴体後方の客室ガラス窓を廃止し平滑にしているているので、外観は異なる。しかし、ともに大きな車輪カバーを装着、高速をイメージした派手なデザインで塗装されている。
SDASM Archives Chicago Municipal Airport - Amelia Earhart - Lockheed Vega (1932) (NR869E) Amelia Earhart poses with Jimmy Mattern's Lockheed Vega.
写真はflickr,Midway Airport (Pat B.) ・NR869E引用。


アメリカの国威発揚のため、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)には、直ぐに帰国のための船便が手配され、アメリカ帰国後は、ワシントンDCホワイトハウスで、第31代ハーバート・クラーク・フーヴァー(Herbert Clark Hoover:1874‐1964)から、アメリカ地理学会メダルを授与され、初の大西洋単独横断飛行士の名誉を讃えられた。その後、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)はニューヨーク市でニューヨーク市長ジェームズ・ウォーカーJames John Walker:1881‐1946)、ニューヨーク州選出の上院議員ロイヤル・S・コープランド(Royal S. Copeland :1868-1938)らから祝福され、初の大西洋単独横断飛行(Solo Flight Across Atlantic)を成し遂げた名誉を讃えられている。

写真(右)1932年11月頃、アメリカ、ワシントンDC(?)、ロッキード・ベガ5Bを駆って大西洋横断単独無着陸飛行を成功させたアメリア・イアハートは、女性パイロットの相互扶助組織の99委員会の代表として殊勲飛行十字章(Distinguished Flying Cross)を授与された。
SDASM Archives AC.Earh.A.003 Amelia Earhart Noted American aviation pioneer and author, first woman to receive the Distinguished Flying Cross, awarded for becoming the first aviatrix to fly solo across the Atlantic Ocean, member of the Ninety-Nines. .
写真はflickr,SDASM Archives :AC.Earh.A.003 Amelia Earhart引用。


1927年にアメリカ人チャールズ・リンドバーグが飛行機で大西洋横断無着陸単独飛行に成功、それに続く女性の大西洋横断無着陸単独飛行を1932年に成功させたのも、同じアメリカ人アメリア・イアハートだった。アメリカの国家的威信を誇示してくれた彼女に、1932年に殊勲飛行十字章Distinguished Flying Cross)が授与された。

99委員会 Ninety-Nines:The 99s)とは、女性飛行士の国際組織で1929年11月2日、カーチス飛行場で、26人の飛行資格のある女性によって、相互支援を図る目的で設立された。アメリアは、ルース・ニコラス(Ruth Nichols:1901-1960)、ルイーズ・サーデン(Louise Thaden:1905-1979)らとともに創設メンバーに加わっている。ルース・ニコラス(Ruth Nichols)は、速度・高度・滞空時間の滞空記録保持者。航続距離の記録保持者、ルイーズ・サーデン(Louise Thaden)は速度、高度、単独滞空時間の飛行記録保持者である。1929年の第1回となる女性エアダービーに呼ばれたが、その時点で、99委員会99委員会(Ninety-Nines)には、117人の女性パイロットが参加していた。

絵葉書写真(右)1932年以降、アメリカ、フランクリン研究所に保管展示された大西洋横断飛行に成功したアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)の赤塗りのロッキード・ベガ5B (Lockheed Model 5B Vega :登録コードr/n NR7952):現在は、スミソニアン博物館に移管、保管・展示されている機体の原型である。
Post card showing Amelia Earhart's Lockheed Model 5B Vega (A/C No. NR7952) on display at the Franklin Institute, Philadelphia, Pennsylvania, circa 1930s. Aircraft is seen in left side view, from slightly below.
Photographer Ruth Murray Miller See more items in Vornado Plane Material [Ralph K. Odor] Date Circa 1930s
写真は,National Air and Space Museum・NASM-80-11038引用。


1932年8月24-25日, アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)は、ロッキード・ベガ5B(Lockheed Vega 5B)は「リトル・レッドバス」"Little Red Bus"(登録コード:NR-7852)に単身搭乗して、アメリカ大陸横断無着陸飛行に挑戦し、アメリカ西岸カリフォルニア州ロスアンゼルス(Los Angeles)から東岸ニュージャージー(New Jersey)州ニューアーク(Newark)まで、飛行距離 2,447 マイルを飛行時間19時間で飛行した。1932年にアメリアは、殊勲飛行十字章Distinguished Flying Cross)をアメリカ連邦議会から受賞した。

写真(右)2005年12月、アメリカ、ワシントンDC、スミソニアン国立航空宇宙博物館、バロン・ヒルトン飛行パイオニアギャラリー(Barron Hilton Pioneers of Flight Gallery)に展示されている、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)が大西洋横断飛行を成功させた愛機初代ロッキード・ベガ5型B(Lockheed Vega 5B)「リトル・レッドバス」"Little Red Bus"(登録コード:NR-7852)のレプリカ
実機は、アメリアが使った2代目のロッキード・ベガ5型Cはフランクリン研究所に売却されたが、それが1966年にスミソニアン博物館に寄贈された。解説には「NR7952. High-speed cabin monoplane with cantilever wings and streamlined design. On May 20-21, 1932, Amelia Earhart flew this Vega across the Atlantic Ocean becoming the first woman to fly, and only the second person to solo, the Atlantic. Vegas were highly prized as racing and record-setting aircraft, and as seven-place airliners.」と初代ロッキード・ベガ5型Bの経歴が記述されている。
Description This red en:Lockheed Vega 5b was flown by en:Amelia Earhart. On display at the en:National Air and Space Museum in en:Washington, DC. This image has been released under GFDL with authors permission. Date 28 December 2005 (original upload date) Author Sergio Caltagirone
写真はWikimedia Commons,Lockheed Vega 5B at National Air and Space Museum・Amelia Earhart's Lockheed Vega 5B引用。


この航空史・女性史上記念すべきロッキード・ベガ5B(Lockheed Vega 5B)「リトル・レッドバス」"Little Red Bus"(登録コード:NR-7852)は、1933年にアメリカのペンシルベニア州フェラデルフィア(Philadelphia)にあるフランクリン研究所(Franklin Institute)に売却され、彼女は新しい飛行機ロッキード・ベガ5型C(Lockheed 5C Vega)を購入した。


写真(上)アメリカ東部、ワシントンDC、スミソニアン国立航空宇宙博物館、バロン・ヒルトン飛行パイオニアギャラリー(Barron Hilton Pioneers of Flight Gallery)に展示されている、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)が大西洋横断飛行を成功させた愛機初代ロッキード・ベガ5型B(Lockheed Vega 5B)「リトル・レッドバス」"Little Red Bus"(登録コード:NR-7852)のレプリカ

実機は、アメリアが使った2代目のロッキード・ベガ5型Cはフランクリン研究所に売却されたが、それが1966年にスミソニアン博物館に寄贈された。解説には「NR7952. High-speed cabin monoplane with cantilever wings and streamlined design. On May 20-21, 1932, Amelia Earhart flew this Vega across the Atlantic Ocean becoming the first woman to fly, and only the second person to solo, the Atlantic. Vegas were highly prized as racing and record-setting aircraft, and as seven-place airliners.」と初代ロッキード・ベガ5型Bの経歴が記述されている。 全幅Wingspan: 12.49 m (41ft.) 全長Length: 8.38 m (27ft. 6in.) 全高Height: 2.49 m (8ft. 2in.) 空虚重量Weight: Empty 748kg. (1,650lbs.) 総重量Gross: 1,315-1,450kg. (2,900-3,200lbs.)
Amelia Earhart's Lockheed Vega 5B: This object is not on display at the National Air and Space Museum. It is either on loan or in storage.
Amelia Earhart's Records 1922-Feminine altitude record of 14,000 feet. 1928-First woman to fly across the Atlantic as a passenger in the Fokker F.VII Friendship. 1929-Feminine speed record. 1930-Feminine speed record. 1931-First woman to fly an autogiro. 1931-Autogiro altitude record of 18,415 feet. 1932-First woman (and only the second person) to fly solo and nonstop across the Atlantic. Also first person to cross the Atlantic twice by air. 1932-First woman to fly solo and nonstop across the United States. 1933-Reset her transcontinental record. 1935-First person to fly solo from Honolulu, Hawaii, to the U.S. mainland (Oakland, California). 1935-Speed record between Mexico City and Washington, D.C. 1935-First person to fly solo from Mexico City to Newark, New Jersey.
写真は,National Air and Space Museum - Smithsonian Institution・Amelia Earhart's Lockheed Vega 5B用。


スミソニアン博物館は、アメリカの国威発揚と入場者増加を目的にした企画もあり、航空史・アメリアの活動について正確な理解の妨げになる恐れも無きにしも非ずだが、もっとも、日本の知覧でも、唯一原型を保っている三式戦闘機I型の塗装を、実際の機体の戦歴・操縦士(搭乗員)に頓着せず、塗装を実機の姿に復元せずに、有名な小林戦隊長の派手な塗装に変更している。日本の国威発揚と入場者増加を企図しているようでもあり、歴史・個人史の軽視の傾向が垣間見れる。


7.1932-1934年アメリア・イアハートのファッション・ブランド

写真(右)1932-1933年、アメリカ、大西洋横断女流飛行家アメリア・イアハート(Amelia Earhart)と彼女がデザインしたコート、軽量旅行用トランクなどのプロモーション服装のデザインも凝っていて、パラシュート用のシルクを使用したり、ナットを利用したボタン、ボールベアグを使ったベルトのバックルなども開発した。
Amelia Earhart Models Fashion Line
Amelia Earhart launched her our fashion line called "Amelia Fashions," designed for active women. Earhart initially used her own sewing machine, dress form, and seamstress to create her clothing. She even modeled her own designs for promotional spreads like this one. .
Copyright/Owner: Smithsonian Institution .
写真はSmithsonian Institution.Smithsonian's National Air and Space Museum ID #: SI-A-44451引用。


ジェンダー不平等・女性差別が当たり前で、体力的・精神的に女性は男性にはるかに劣る、女性は感情的なので機械の扱いや論理的思考はできない、とされた20世紀初め、空への憧れたアメリアは、女性であっても、飛行士として自由に飛び回れること、男女にかかわりなく自分の夢を叶えたいという強い意志と弛まぬ努力が大きな成果・業績を生み出すことを、世界に実証した。女性にも知性、勇気、行動力、論理性、沈着さがあることを示し、強固な意志があれば、男性と同等に立ち振る舞うことができることを証明した。

写真(右)1932-1933年、アメリカ、大西洋横断女流飛行家アメリア・イアハート(Amelia Earhart)と彼女がデザインしたコート、軽量旅行用トランクなどのプロモーション服装のデザインも凝っていて、パラシュート用のシルクを使用したり、ナットを利用したボタン、ボールベアグを使ったベルトのバックルなども開発した。
Amelia Earhart luggage Unidentified photographer Gelatin silver print, c. 1932–33
Earhart demonstrated an entrepreneurial streak throughout her life, in part because she recognized that financial resources were necessary to maintain her flying career. Capitalizing on her popularity, Earhart began designing sportswear and lightweight luggage for women in the early 1930s. This product line was aimed at active women and featured shirts made of parachute silk.
Having made her own clothes prior to her fame, she enjoyed this venture. As she said at the time, she “had a grand time adapting a lot of airplane gadgets to my clothes,” including buttons made of wing nuts and belt buckles made of ball bearings.
When her clothing debuted in 1934, Earhart told reporters that it was designed in part with the tall woman in mind, since she had difficulty finding clothing that fit her: “You know, I’m taller than everyone except Mrs. Roosevelt.” ..
写真はSmithsonian Institution.National Portrait Gallery, ONE LIFE: Amelia Earhart 引用。


大西洋横断女流飛行家アメリア・イアハート(Amelia Earhart)は、飛行機を維持するために、知名度を利用してスポーツウェア、軽量旅行トランクなどをデザインし、活動的な女性たちに人気ブランド商品を生み出した。服装のデザインは、機能性を重視しつつ、飛行機やメカニックへのこだわりもあって、凝っていいる。パラシュート用のシルクを使用し、ナットを利用したボタン、ボールベアグを使ったベルトのバックルなども開発したのである。

アメリアは身長180センチ近くある背の高いモデルのような女性だったので、アメリカ女性飛行士の中でも特にもてはやされた。1932年5月20日に女性飛行士として初めてロッキード・ベガに単身搭乗、自ら全行程を操縦して大西洋を横断したことは、男性のチャールズ・リンドバークに匹敵するとされ、ヒロインとして喧伝された。こうした中で、「大西洋・太平洋飛行制覇」(大西洋・太平洋横断世界一周飛行)の企画が立ち上がり、アメリカ地理学会の企画も含め官学民の三社が共同でアメリアの世界一周飛行を支援することになる。



写真(右)1932-1933年、アメリカ、ワシントンDC、ホワイトハウス、初の大西洋単独横断飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)と集まったアメリカ要人の夫人たち:アメリアは身長180センチ近くある背の高い女性だった。1932年5月20日に女性飛行士として初めてロッキード・ベガに単身搭乗、自ら全行程を操縦して大西洋を横断した。 その後、「大西洋・太平洋飛行制覇」(大西洋・太平洋横断世界一周飛行)の企画が立ち上がり、アメリカ地理学会の企画を官民学で支援することになった。
Title: [Amelia Earhart, center. White House, Washington, D.C.] Creator(s): Harris & Ewing, photographer Date Created/Published: [1932 or 1933]
Medium: 1 negative : glass ; 4 x 5 in. or smaller Reproduction Number: LC-DIG-hec-36968
Call Number: LC-H2- B-5381 [P&P]
Repository: Library of Congress Prints and Photographs Division Washington, D.C. 20540
写真は,Library of Congress Reproduction Number: LC-DIG-hec-36968引用。


写真(右)1932-1935年頃、アメリカ、ロッキード・ベガで大西洋初の女性横断者の名誉を讃えられた時期のアメリア・イヤハート(Amelia Earhart:1897-1937):1928年6月17-18日、フォッカー(Fokker)F.VIIb-3m「フレンドシップ」 "Friendship" 三発水上輸送機(登録コード:NX-4204, 製造番号:c/n 5028)に乗客として搭乗、カナダから北アイルランドまで大西洋を無着陸横断した。これは女性初の大西洋横断飛行達成であり、リンドバーグによるニューヨーク=パリ間の大西洋単独横断初飛行に次ぐアメリカ人の二度目の快挙とされた。
Amelia Earhart Famous Women by her Lockheed "Vega" Picture on Mouse Pad mousepad Computer Desktop Supplies Amelia Earhart Available from these sellers. • Women in Aviation • Amelia Earhart • Fly around the World • Lockheed Aircraft flown by Amelia Earhart • Woman Adventurer .Product description This is a 9.25" x 7.75" Mouse Pad with cloth top and rubber non-skid bottom. Lifetime guarantee on image.
写真は,Amazon 引用。


写真(右)1932-1935年頃、アメリカ、ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C(登録コード:NR-965-Y)のエンジン・2翅プロペラ前でポーズをとったているアメリア・イアハート(Amelia Earhart):発動機は、プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)空冷星形9気筒エンジン「ワスプC」(Wasp C) R-1340(排気量22L): 420-450 hpで信頼性が高かった。初期の低馬力エンジンでは2翅プロペラが普通だったが、出力向上に伴って3翅プロパラが普及し、第二次世界大戦末期には4翅プロペラが実用化された。
Amelia Earhart sitting outside the cockpit of her Vega Old Identification XV.C.5.e Purdue Identification Number b12f9i28 Title Amelia Earhart sitting outside the cockpit of her Vega Description Amelia Earhart sitting outside the cockpit of her Lockheed Vega airplane, ca. 1930s Date of Original 1930; 1931; 1932; 1933; 1934; 1935; 1936; 1937 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Lockheed Vega Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : sepia ; 20 x 25 cm. . Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections CD Number AECD_95 引用。



8.1935年アメリア・イアハートのロッキード・ベガ5Cによるハワイ=本土の東太平洋横断

写真(右)1935年、アメリカ、愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C(登録コード:NR-965-Y)のエンジン・2翅プロペラ前でポーズをとったているアメリア・イアハート(Amelia Earhart):発動機は、プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)空冷星形9気筒エンジン「ワスプC」(Wasp C) R-1340(排気量22L): 420-450 hpで信頼性が高かった。初期の低馬力エンジンでは2翅プロペラが普通だったが、出力向上に伴って3翅プロパラが普及し、第二次世界大戦末期には4翅プロペラが実用化された。
Old Identification Number V.D.1.j Purdue Identification Number V.d.2.A Purdue Identification Number b10f5i15 Title Amelia Earhart in front of the propellers Description Amelia Earhart smiling in front of the propellers on her Lockheed Vega, ca. 1935 Date of Original 1935 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Lockheed Vega Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : b&w ; 20 x 25 cm. Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers .
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections CD Number AECD_95 引用。


写真(右)1935年、アメリカ、搭乗機のロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C(登録コード:NR-965-Y)の橇式尾輪にロープをかけ回天移動しようとしているアメリア・イアハート(Amelia Earhart):1932年5月に大西洋を無着陸横断単独飛行した初めての女性となり、その機体を売却後、中古機ではあるがロッキード・ベガの新型を購入した。
Old Identification Number V.D.1.j Purdue Identification Number b10f5i10 Title Amelia tinkering with her Lockheed Vega Description Amelia Earhart tinkering with her Lockheed Vega plane, ca. 1935 Date of Original 1935 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Airplanes Lockheed Vega Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : sepia ; 24 x 19 cm. Orientation Portrait Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers .
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections CD Number AECD_95 引用。


ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5Cの降着装置は、主輪は固定脚のゴム輪だったが、尾輪は車輪式ではなく橇式だった。尾輪が橇式な理由は、
(1)橇式よりも重量が増加する、
(2)尾部の重量増加のために、機体の重心バランスが悪化する、
(3)橇式より固定ゴム尾輪のほうが空気抵抗が増え飛行性能が低下する、
という欠点があるためである。

アメリアの2代目の愛機ロッキード・ベガ5型Cは、アメリアが大西洋横断をした機体ではなく、この第二代ベガ5型の本来の塗装は初代ベガとは別の塗装だった。このロッキード・ベガ5C(Lockheed Model 5C Vega)は製造番号(serial number)17で、1931年3月製造、当初の塗装は、機体は赤で、主翼後端のトリム(trim)は銀色で、登録コードはNX965Yを与えられた。発注者は、ジョン・メアーズ(John Henry Mears)だったが、彼は実機を受け取る前に、エリノール・スミス(Elinor Smith)にベガを売却してしまい、さらにその機体が、1934年12月にアメリア・エアハート(Amelia Earhart)に転売された。スミソニアンは、これとは別記のロッキード・ベガ5C(Lockheed Model 5C Vega)を保有しているため、アメリアの第2代ロッキード・ベガ5型C(登録コード:NX965Y)に注目せず、アメリアの初代ロッキード・ベガ5B(登録コード:NR-7852)のみにスッポトライトをあてている。

写真(右)1935年、アメリカ、愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C(登録コード:NR-965-Y)の操縦席上でポーズをとるアメリア・イアハート(Amelia Earhart):1932年5月に大西洋を無着陸横断単独飛行した初めての女性となり、その機体を売却後、中古機ではあるがロッキード・ベガの新型を購入した。
Old Identification Number V.D.1.n Purdue Identification Number b10f5i14 Title Amelia on her Lockheed Vega Description Amelia Earhart on her Lockheed Vega plane, taken from the rear, ca. 1935 Date of Original 1935 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Airplanes Lockheed Vega Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : b&w ; 23 x 19 cm. Orientation Portrait Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers .
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections CD Number AECD_95 引用。


ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C の諸元
空虚重量:2595ポンド(1177?)
総重量MTOW: 4,500ポンド(2041?)-4,750 ポンド
航続距離Range: 620 miles
最高速力180 mph、巡航速力155 mph
実用上昇限度:1500フィート(4570m)
航続距離(通常仕様):725マイル(1167km)
全長Length: 27 ft., 6 in. (8.38m)
全幅Wingspan: 41 ft.(12.5m)
全高Height:8 ft., 6 in. (2.49m)
発動機Engines: プラット&ホイットニー(Pratt & Whitney)空冷星形9気筒エンジン「ワスプC」(Wasp C) R-1340(排気量22L): 420-450 hp

写真(右)1935年、アメリカ、愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C(登録コード:NR-965-Y)の操縦席上でポーズをとるアメリア・イアハート(Amelia Earhart)
Old Identification Number V.D.1.g Purdue Identification Number b10f5i7 Title Amelia sitting on top of her plane Description Amelia Earhart sitting on top of her Lockheed Vega, ca. 1935 Date of Original 1935 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Airplanes Lockheed Vega Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : sepia ; 24 x 20 cm. Orientation Portrait Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers .
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections CD Number AECD_95 引用。


ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C
就役数No. flown by DL: 2 機(Bowen Air Lines)
就役航路Routes Flown:テキサス州フォートワース(Ft. Worth, Texas)=カリフォルニア州チャールストン(Charleston, South Carolina ):航空便ルーツ24(Air Mail Route 24)
就役時期First Delivery: 1935年初頭
初運航First Scheduled Service: 1935
使用目的Reason Aquired:郵便輸送が主でデルタ(Delta)航空では旅客輸送には使用されなかった。
退役Last Retirement: 1937年

写真(右)1935年、アメリカ、愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C(登録コード:NR-965-Y)の胴体左側の出入り口の扉を開けてポーズをとるアメリア・イアハート(Amelia Earhart)
Old Identification Number V.D.1.d Purdue Identification Number b10f5i4 Title Amelia standing next to open door of her plane Description Amelia Earhart standing next to the open door of her Lockheed Vega plane, ca. 1935 Date of Original 1935 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Airplanes Lockheed Vega Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : sepia ; 19 x 23 cm. Capture Details Silverfast 6.4.1 r8c by Lazersoft Date Digitized 02/01/2003 Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers .
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections CD Number AECD_95 引用。



写真(上)1935年、アメリカ、搭乗機のロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C(登録コード:NR-965-Y)の暖気運転終了後、アメリア・イアハート(Amelia Earhart)に席を譲るために降機するポール・マンツ(Paul Mantz)

Old Identification Number V.D.9.d Purdue Identification Number b10f5i35 Title Amelia climbing into the Lockheed Vega Description Amelia Earhart climbing into the Lockheed Vega as Paul Mantz steps down from the plane after warming it up for takeoff, 1935 Date of Original 1935 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Mantz, Paul Lockheed Vega Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : b&w ; 18 x 23 cm. Orientation Landscape Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers .
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections CD Number AECD_97 引用。


写真(右)1935年1月、アメリカ、カリフォルニア州ウィルミントン(Wilmington)、デリックに吊下げられて運搬用艀に積み込まれるアメリア・イアハート(Amelia Earhart)の愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C(登録コード:NR-965-Y):1882年設立のマトソン社(Matson, Inc.)の貨客船「ルーライン」(SS Lurline)まで艀で運ばれる。
Old Identification Number Number V.D.3.c Purdue Identification Number b10f5i19 Title Loading Amelia's plane onto the Line Lurline Description The loading of Amelia Earhart’s plane, a red Lockheed Vega, onto the Line Lurline at Wilmington, California before departure to the Hawaiian Islands, ca. 1935 Date of Original 1935 Subjects Airplanes Lockheed Vega Lurline (Ship) Wilmington (Los Angeles, Calif.) California Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : sepia ; 19 x 24 cm. Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers .
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections CD Number AECD_96 引用。


写真(右)1935年1月、アメリカ、カリフォルニア州ウィルミントン(Wilmington)、デリックに吊下げられてマトソン社(Matson, Inc.)の貨客船「ルーライン」(SS Lurline)に積み込まれるアメリア・イアハート(Amelia Earhart)の愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C(登録コード:NR-965-Y):ハワイからアメリカ本土に東太平洋を横断飛行する計画で、ハワイのホノルルにまで運ばれる。1882年設立のマトソン・ラインは、アメリカ本土西岸・太平洋、特にハワイ行きの貨客船を運航していた。海上輸送に携わる会社で、今日のハワイ観光旅行の先駆者である。
Old Identification Number Number V.D.3.b Purdue Identification Number b10f5i18 Title Loading Amelia's plane onto the Line Lurline Description The loading of Amelia Earhart’s plane, a red Lockheed Vega, onto the Line Lurline at Wilmington, California before departure to the Hawaiian Islands, ca. 1935 Date of Original 1935 Subjects Airplanes Lockheed Vega Wilmington (Los Angeles, Calif.) California Lurline (Ship) Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : sepia ; 19 x 24 cm. Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers .
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections CD Number AECD_96 引用。


写真(右)1935年1月、アメリカ、カリフォルニア州ウィルミントン(Wilmington)、デリックに吊下げられてマトソン社(Matson, Inc.)の貨客船「ルーライン」(SS Lurline)に積み込まれるアメリア・イアハート(Amelia Earhart)の愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C(登録コード:NR-965-Y):ハワイからアメリカ本土に東太平洋を横断飛行する計画で、ハワイのホノルルにまで運ばれる。1882年設立のマトソン・ラインは、アメリカ本土西岸・太平洋、特にハワイ行きの貨客船を運航していた。海上輸送に携わる会社で、今日のハワイ観光旅行の先駆者である。
Old Identification Number Number V.D.3.a Purdue Identification Number b10f5i17 Title Loading Amelia's plane onto the Line Lurline Description The loading of Amelia Earhart’s plane, a red Lockheed Vega, onto the Line Lurline at Wilmington, California before departure to the Hawaiian Islands, ca. 1935 Date of Original 1935 Subjects Airplanes Wilmington (Los Angeles, Calif.) California Lurline (Ship) Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : sepia ; 23 x 18 cm. Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers .
写真はPurdue University Libraries, Archives and Special Collections CD Number AECD_96 引用。


アメリア・イアハート(Amelia Earhart)愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C(登録コード:NR-965-Y)は、1935年初頭、カリフォルニア州ウィルミントン(Wilmington)港で、大型貨客船(総トン数1万8,163トン)「ルーライン」(SS Lurline)に積み込まれ、ハワイ諸島オアフ島ホノルルまで海上輸送されたた。この大型船「ルーライン」(SS Lurline)は、1882年設立のマトソン・ラインの運営する大型貨客船で、総トン数1万8,163トン、全長632 ft (193 m)、全幅 79 ft (24 m)、巡航速力 19 、姉妹船は3隻ある。

アメリアは、1935年1月に、ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C(登録コード:NR-965-Y)を操縦して、ハワイ諸島オアフ島ホノルルから、アメリカ本土西岸カリフォルニア州まで、東太平洋横断飛行を成功させた。

写真(右)1935年1月、アメリカ、ハワイ、アメリカ女流飛行家アメリア・イヤハート(Amelia Mary Earhart:1897-1937)と見送りに来た夫のジョージ・パットナム(George Palmer Putnam:1887-1950):後方の機体は、アメリア乗機のロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C(登録コード:NR-965-Y)で、これを操縦してアメリカ本土カリフォルニア州オークランド飛行場に向かう。
George Palmer Putnam and Amelia Earhart
Artist Underwood & Underwood, active 1880 - c. 1950 Sitter、Amelia Mary Earhart, 24 Jul 1897 - c. 2 Jul 1937、George Palmer Putnam, 1887 - 1950
Date:Jun 22, 1932 Medium Gelatin silver print
Old Identification Number V.D.15 Title George Palmer Putnam and Amelia Earhart Description Photograph of George Palmer Putnam and Amelia Earhart, covered in leis, ca. 1935 Date of Original 1935 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Putnam, George Palmer, 1887-1950--Photographs Leis Genre (TGM) Photographic prints
Rights Statement Rights held by Purdue University Libraries Capture Device Epson Expression 10000XL Photo Scanner Capture Details Silverfast 6.4.1 r8c by Lazersoft Date Digitized 12/05/2002
写真は, Purdue University Libraries, Archives and Special Collections Purdue Identification Number b10f5i48引用。


1932年8月24日、アメリカ人女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)はアメリカ大陸女性単独横断無着陸飛行のために、東岸ニュージャージー州ニューアークを飛び立って、飛行時間19時で、翌8月25日、カリフォルニア州ロスアンゼルスに到着した。その後、1935年1月11日、ハワイからカリフォルニア州までの単独東太平洋飛行も行っている。このとき西から東に向けて西太平洋を横断飛行したのは、偏西風が順風・追い風となって、飛行機の推進力となるため有利である。逆に、東から西への太平洋横断・大西洋横断は、偏西風が逆風・向かい風になるために、飛行が難しく、航続距離が短縮してしまう。

写真(右)1935年、アメリカ、二代目愛機ロッキード・ベガ5C (Lockheed Vega 5C:登録コード; NR965Y)のコックピットから身を乗り出している飛行服姿のアメリア・イヤハート(Amelia Earhart):肩翼式の主翼は、コックピット側方で機体に金属溶接されている。機首右側には、コックピットにまで登るための金属製足掛けはついていない。機首左側だけに足掛けがある。初代愛機ロッキード・ベガロッキード・ベガ5B (Lockheed Model 5B Vega :登録コードr/n NR7952)の機体のライン塗装と異なって分岐の矢印がないので、二代目愛機5Cと思われる。
Earhart , Amelia
Catalog #: BIOE00030
Last Name: Earhart
First Name: Amelia
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: BIOE00030用。


アメリアの2代目の愛機ロッキード・ベガ5型Cは、アメリアが大西洋横断をした機体ではなく、この第二代ベガ5型の本来の塗装は初代ベガとは別の塗装だった。このロッキード・ベガ5C(Lockheed Model 5C Vega)は製造番号(serial number)17で、1931年3月製造、当初の塗装は、機体は赤で、主翼後端のトリム(trim)は銀色で、登録コードはNX965Yを与えられた。発注者は、ジョン・メアーズ(John Henry Mears)だったが、彼は期待を受け取る前に、エリノール・スミス(Elinor Smith)に売却してしまい、さらにその機体が、1934年12月にアメリア・エアハート(Amelia Earhart)に転売された。スミソニアンは、これとは別記のロッキード・ベガ5C(Lockheed Model 5C Vega)を保有しているため、アメリアの第2代ロッキード・ベガ5型C(登録コード:NX965Y)に注目せず、アメリアの初代ロッキード・ベガ5B(登録コード:NR-7852)のみにスッポトライトをあてている。

写真(右)1935年、アメリカ、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)が中古購入したばかりの二代目愛機ロッキード・ベガ5C (Lockheed Vega 5C:登録コード; NR965Y)コックピットから身を乗り出している。:機首側には、コックピットにまで登るための足掛け用金属金具が装着されているが、これは機首左側だけである。写真真には、Amelia Earhartの自著があるので、記念に誰かにプレゼントしたのであろう。肩翼式の主翼は、コックピット側方から出ている。初代愛機ロッキード・ベガロッキード・ベガ5B (Lockheed Model 5B Vega :登録コードr/n NR7952)の機体のライン塗装と異なって分岐の矢印がないので、二代目愛機5Cと思われる。
SDASM Archives
AC.Earh.A.002 Amelia Earhart Noted American aviation pioneer and author, first woman to receive the Distinguished Flying Cross, awarded for becoming the first aviatrix to fly solo across the Atlantic Ocean, member of the Ninety-Nines.
写真はflickr,SDASM Archives・AC.Earh.A.002 Amelia Earhart用。


ロッキード・ベガ5C (Lockheed Vega 5C)の発動機は、アメリカのプラット・アンド・ホイットニー社が1925年に開発したワスプ(Wasp)C1(後のR-1340)空冷星形9気筒エンジン 420馬力 (313 キロワット)である。このワスプ(R-1340)は、プラット&ホイットニー開発になる初のベストセラー航空機用空冷エンジンであり、3万5000台が生産されることになる信頼性の高いエンジンだった。

写真(右)1935年1月11日、アメリカ、ハワイ諸島オアフ島ウィーラー飛行場(Wheeler Field)、世界一周赤道旅行に挑戦前、皮ジャケット姿のアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)と中古購入したばかりの二代目愛機ロッキード・ベガ5C (Lockheed Vega 5C:登録コード; NR965Y):二代目ロッキード・ベガ5C は、1935年1月に中古機を購入したばかりなので、機体の塗装は、前の所有者のままで、真っ赤に塗装され、ラインが引かれている。プロペラは2翅。固定脚の主輪は、むき出しのままで、流線型の車輪カバーで覆われていない。横断飛行成功後に流線型の車輪カバーを付けずに、未整備な滑走路や僻地での運用を便利にしたのかもしれない。カバーで覆われていると、車輪の点検に手間がかかる上に、車輪の交換に時間がかかる。さらにカバーと車輪の間に草や泥が詰まって、降着時の障害になる事がある。
SDASM Archives Earhart , Amelia
Last Name: Earhart First Name: Amelia
Notes: Alone, w/ Planes and Portraits
写真はflickr,SDASM Archives・BIOE00034引用。


アメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)は、1932年の大西洋横断に使用した初代ロッキード・ベガ5Bをフランクリン博物館に譲渡した後、1935年1月に二代目愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C の中古機を購入した。1935年1月撮影の購入したばかりの機体の塗装は、前の所有者の赤色と銀色ラインのままである。プロペラは2翅、固定脚の主輪は、むき出しのままで、流線型の車輪カバーで覆われていない。これより前の初代愛機による大西洋横断単独飛行の時には、流線型の車輪カバーを付けていたが、ハワイからアメリカ本土への東太平洋横断飛行では、日常の運用を便利にするためか、車輪カバーをつけなかったようだ。車輪カバーで覆われていると、車輪の点検に手間がかかる上に、車輪の交換に時間を擁してしまう。さらにカバーと車輪の間に草や泥が詰まって、降着時の障害になる事がある。

アメリア・イアハートAmelia Earhart)の愛機のロッキード・ベガも、空気抵抗を減少させるために、大型の流線型の主輪カバーを装着している。しかし、このようなの車輪カバーは、車輪の点検・整備に不便であり、カバーと車輪の間に滑走中に泥など異物が詰まるリスクがあった。そこで、実用性重視で、若干の空気抵抗減少よりも、整備性・稼働率向上を優先して、固定脚の車輪カバーを装着しないことも多かったのである。

写真(右)1935年1月11-12日、アメリカ合衆国ハワイ諸島オアフ島ホノルルからカリフォルニア州オークランドまで東太平洋を横断飛行したアメリア・イヤハートの二代目愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C (登録コードr/n NR-965Y)を歓迎する市民たち:アメリカ人飛行士ジミー・マッターンは、1932年と1933年の2回、世界一周飛行に挑戦した。また、ロッキード社のテストパイロットを務めた。イヤハートのロッキード・ベガは、長距離特別仕様で、客室部分を改造して燃料タンクを増設しているはずだが、胴体後方の客室ガラス窓は残されている部分もあるので、初代のベガと外観は異なっている。降着装置の車輪カバーを装着されていない。塗装も赤ではなく白色系の薄い色で塗装されている。
Earhart, Amelia; Lockheed Model 5C Vega Special (6th Earhart Aircraft, NR-965Y). [photograph]
One-half left rear view from above of Amelia Earhart's Lockheed Vega 5C (r/n NR-965Y), in the midst of a large crowd, after completing her nonstop solo Hawaii to Oakland, California, flight on January 11-12, 1935. Earhart can be seen standing in the cockpit.
Data Source National Air and Space Museum Archives See more items in Videodisc Imagery Collection
Repository Loc. National Air and Space Museum, Archives Division, MRC 322, Washington, DC, 20560
写真はSmithsonian ・Local number NASM-00157923引用。


1935年1月11日―12日には、アメリア・イヤハートAmelia Earhart)は二代目愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C (登録コードr/n NR-965Y)を単身操縦士、ハワイ諸島オアフ島(Oahu)ホノルルのウィーラー飛行場(Wheeler Field)から、アメリカ本土カリファルニア州オークランドまで東太平洋を越える単独横断飛行に成功した。アメリアのロッキード・ベガ5C(Lockheed Model 5C Vega:登録コードNX965Y)は、現地時間で1935年1月11日16時40分、ハワイ諸島オアフ島ホノルルのウィーラー飛行場(Wheeler Field)を発進、飛行時間18時間15分で、翌12日13時31分にカリフォルニア州オークランド(Oakland)に無事着陸した。これは、男女かかわらず、世界初のハワイ=アメリカ本土間の単独横断飛行だった。

写真(右)1935年1月11-12日、アメリカ合衆国ハワイからカリフォルニア州オークランドまで東太平洋を横断したアメリア・イヤハートと二代目愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C (登録コードr/n NR-965Y)。主翼上部には、ゴムホースと箱型容器を使って、翼内燃料タンクに給油する整備士2人が見える。イヤハートのロッキード・ベガは、長距離特別仕様で、客室部分を改造して燃料タンクを増設しているはずだが、胴体後方の客室ガラス窓は残されている部分もあるので、初代のベガと外観は異なっている。降着装置の車輪カバーは装備していない上に、赤色塗装ではなく白色系の薄い色で塗装されている。
Earhart, Amelia; Lockheed Model 5C Vega Special (6th Earhart Aircraft, NR-965Y). [photograph].
Full-length view of Amelia Earhart posed standing informally beside Lockheed Vega which is being fueled by two mechanics on the top of the wing; this is probably her Lockheed Vega 5C (r/n NR-965Y, the aircraft in which she made her Hawaii to Oakland solo flight January 11-12, 1935), seen on the ground at Hickham Field, Hawaii. One-half left rear view, close up, of aircraft.
Repository Loc. National Air and Space Museum, Archives Division, MRC 322, Washington, DC, 20560
写真はSmithsonian ・Local number NASM-00158029引用。


 アメリア・イヤハートAmelia Earhart)は、1935年1月に、二代目愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C (登録コードr/n NR-965Y)を単身操縦して、ハワイ諸島オアフ島からアメリカ本土カリフォルニア州オークランドまで、初の東太平洋横断単独飛行を成功させた。そして、1937年中に、世界一周赤道飛行に飛び立って、行け不明になった。

写真(右)1935年9月、スカート姿のアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)と二代目愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C(登録コード :NR965Y ):写真の下に「アメリア・イアハート、[機体後方の人物]エルニー、クリーブランド航空基地、1935年9月」とある。アメリア・イアハートはベガで女性初の大西洋単独横断飛行に成功したのは1932年5月21日であるから、この写真は1935年1月のハワイからアメリカ本土への東太平洋横断飛行の半年以上たっての撮影であろう。写真の降着装置は、主輪がむき出しでカバーが掛けられていない状態だが、これは飛行の跡に撤去したのであろうか。それとも東太平洋横断飛行のときに車輪カバーがあった形跡はない。
SDASM Archives Earhart , Amelia
Last Name: Earhart First Name: Amelia
Notes: Alone, w/ Planes and Portraits
写真はflickr,SDASM Archives・BIOE00066引用。


アメリアの2代目のロッキード・ベガである5C型(Lockheed Vega 5C)は、破棄されてしまったようで、フランクリン研究所の保管していたアメリアの初代ロッキード・ベガ5型Bが、1966年にスミソニアン博物館に移譲され、修復されて展示されるようになった。したがって、スミソニアン博物館が展示しているロッキード・ベガ(Lockheed Vega)は、ベガ5型Cでなく、アメリアが大西洋横断に使用したベガ5型B「リトル・レッドバス」"Little Red Bus"(登録コード:NR-7852)である。しかし、外見上は両者はほとんど変わるところがないので、スミソニアン博物館が、別のロッキード・ベガ5C(Lockheed Vega 5C)の機体を保管していて、それを有名なロッキード・ベガ5B(Lockheed Vega 5B)「リトル・レッドバス」"Little Red Bus"(登録コード:NR-7852)を白色の塗装で展示していても、アメリアの赤塗りの初代ベガほどは人気がないようだ。

写真(右)1935年、アメリカ、アメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(amelia earhart)と梯子を掛けて、主翼を点検中の搭乗機の二代目愛機ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5Cで垂直尾翼には明瞭に登録コードのNRr-965-Yが視認できる。アメリアの周りには、トランク2個と段ボール箱1個が置いてあるので、これから機内に運び込むのであろうか。
SDASM Archives Historic Flight Trans Atlantic
Title: Historic Flight Trans Atlantic
Date: 1932[1935] Additional Information: Amelia Earhart Lockheed Vega
Tags: Historic Flight Trans Atlantic, Amelia Earhart Lockheed Vega , 1932[1935]
写真はflickr,SDASM Archives・Catalog #: 10_0015302引用。


ロッキード・ベガ(Lockheed Vega)5C(登録コードr/n NR-965Y)が技術的に優れていたのは、機体骨格構造,内部構造、主翼デザインが高速発揮に向いていたことだった。ただし、肩翼式で大きなガラス窓があったので、下方視界は良かったようだ。性能が良かった半面、経済性に乏しかったと考えられる。他方、胴体は細く、容積不足だったために、乗客のための客室キャビンは快適とは言い難かった。

 ジェット機では、コックピットやキャビン(客室)内の気圧は、高度が上が手も低下しない。それは、機内が密閉され、室内に空気が注ぎ込まれているからで、これはジェットエンジンのコンプレッサー(圧力器)を駆動した送風である。しかし、ピストンエンジンのプロペラ機では、ジェットエンジンと異なりコンプレッサー(圧力器)を駆動するために別途動力を搭載するのが一般的だった。ドイツでは、第二次大戦中に与圧室を実現したものの、本格的に長時間高高度を飛行する偵察機・爆撃機の与圧室は、最後まで実用化が困難だった。コンプレッサー用のエンジンを別途装備すればよいが、これでは重量増加、飛行性能が低下してしまう。

また、高空になるほど室内と外気との気圧差が大きくなるため、密閉するとしても、圧力差に耐えられるだけの耐久性・堅牢性が必要となる。室内構造を頑丈にすれば、重量が嵩んでしまうので、簡単に与圧室を実用化することはできなかった。

8.1937年アメリア・イアハートのロッキード・エレクトラ(Lockheed Electra)世界一周飛行

1932年5月20日に女性飛行士としてアメリア・イヤハート(Amelia Earhart)初めてロッキード・ベガに単身搭乗、自ら全行程を操縦して大西洋を横断したが、1935年に「大西洋・太平洋飛行制覇」(大西洋・太平洋横断世界一周飛行)の企画が立ち上がり、アメリカ地理学会の企画を官民学で支援することになった。これは、赤道付近で世界一周飛行を目指すもので、無着陸では不可能だったが、大陸・島嶼を経由し、十分な補給・支援を併用すれば、アメリアにも十分に成算ある計画だった。民主党フランクリン・ルーズベルト大統領婦人ファーストレディのエレノア・ルーズベルトEleanor Roosevelt:1884‐1962)もリベラルで女性の社会進出を促す必要性を痛感しており、アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)のようなジェンダーフリーの活動を高く評価していた。そこで、二人は、本格的に「大西洋・太平洋飛行制覇」(大西洋・太平洋横断世界一周飛行)の実現に向けて動き出した。


写真(右)1937年6月2日、オランダ領インドシナ(蘭印)、ジャワ島東部、スラバヤ、赤道上の世界一周飛行中のアメリカ女性飛行士アメリア・イヤハート(Amelia Earhart)が愛機ロッキード 10 エレクトラ(Lockheed Model 10 Electra )(登録コード:NR16020)のエンジン整備作業を観察している。

Old Identification Number xi.b.3.y Purdue Identification Number b11f2i22 Title Amelia on a step-ladder Description Amelia on a step-ladder observing engine maintenance on her Electra plane, Soerabaya, Java, ca. June 1937 Date of Original 1937-06 Subjects Earhart, Amelia, 1897-1937--Photographs Lockheed Electra Surabaya (Indonesia) Genre (TGM) Photographic prints Type image Format JP2 Extent of Original 1 photograph : b&w ; 7 x 12 cm. Collection George Palmer Putnam Collection of Amelia Earhart Papers Rights Statement Rights held by Purdue University Libraries Repository Purdue University Libraries, Archives and Special Collections Capture Device Epson Expression 10000XL Photo Scanner Capture Details Silverfast 6.4.1 r8c by Lazersoft Date Digitized 01/19/2006 Resolution 600 ppi Color Depth 24 bit Color Management Monaco EZcolor using an IT8 target
写真はPurdue University Libraries ・CD Number AECD_172引用。


1937年3月17日、アメリア・イアハートと航法士・副操縦士フレデリック・フレッド・ヌーナン(Frederick Joseph "Fred" Noonan)らの搭乗したロッキード・エレクトラ(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード;NR16020)は、ハワイのホノルルに着陸した。機体不調による整備のために、予定より遅れて1937年3月19日、離陸しようとしたが、滑走路で、愛機ロッキード・エレクトラ10ELockheed 10E Electra Special)登録コードNR16020は、グラウンドループ(滑走中のスピン)を起こし、機体・降着装置を大きく破損した。

大破したロッキード・エレクトラ(Lockheed L-10 Electra)による世界一周赤道飛行はリスクが高いと判断され、計画は一時断念することになった。そしてし、大破した機体を、アメリカ本土にまで船舶輸送し、ロッキード・バーバンク(Lockheed Burbank)工場で、本格的に修理して、出直すことにしたのである。しかし、第二回目の世界一周赤道飛行の最終段階、1937年7月2日、アメリア・イアハート(Amelia Earhart)と愛機ロッキード・エレクトラ10E(Lockheed Model 10-E Electra:登録コード NR16020)は、行方不明となった。

⇒写真集Album:アメリア・イアハートのロッキード・エレクトラ世界一周飛行を見る。



2011年7月刊行の『写真・ポスターに見るナチス宣伝術-ワイマール共和国からヒトラー第三帝国へ』青弓社(2000円)では、反ユダヤ主義、再軍備、ナチ党独裁、第二次世界大戦を扱いました。
 ここでは日本初公開のものも含め130点の写真・ポスターを使って、ヒトラーの生い立ち、第一次大戦からナチ党独裁、第二次大戦終了までを詳解しました。
バルカン侵攻、パルチザン掃討戦、東方生存圏、ソ連侵攻も解説しました。


◆毎日新聞「今週の本棚」に『写真・ポスターから学ぶ戦争の百年 二十世紀初頭から現在まで』(2008年8月25日,青弓社,368頁,2100円)が紹介されました。ここでは,第二次大戦,ユダヤ人虐殺・強制労働も分析しました。

⇒写真集Album:ライト・ベランカ (Wright-Bellanca WB-2)「コロンビア」の大西洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(Junkers)W.33「ブレーメン」Bremenの大西洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ベランカCH-400「スカイロケット」の太平洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(Junker)A-50「報知日米親善号」の太平洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(Junker)W33「報知日米親善号」の太平洋横断飛行を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(Junker)G-24輸送機を見る。
⇒写真集Album:ユンカース(junkers)Ju 52 輸送機を見る。
ドルニエ(Dornier)Do-X 飛行艇
ルフトハンザ航空ユンカース(Junkers)Ju90輸送機
ドイツ空軍ハインケル(Heinkel)He111爆撃機
ルフトハンザ航空フォッケウルフ(Focke-Wulf)Fw200コンドル輸送機
ドルニエ(Dornier)Do18飛行艇
ドルニエ(Dornier)Do24飛行艇
アラド(Arado)Ar-196艦載水上偵察機
ブロームウントフォッスBV138飛行艇
ブロームウントフォッスBV222飛行艇


2019年11月22日公開の鳥飼研究室へのご訪問ありがとうございます。データ引用の際は,出所を明記するか,リンクをしてください。
連絡先: torikai@tokai-u.jp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程 鳥飼 行博
TORIKAI Yukihiro, HK,Toka University,4-1-1 Kitakaname,Hiratuka,Kanagawa,Japan259-1292
Fax: 0463-50-2078
Flag Counter
Thank you for visiting our web site. The online information includes research papers, over 7000 photos and posters published by government agencies and other organizations. The users, who transcribed thses materials from TORIKAI LAB, are requested to credit the owning instutution or to cite the URL of this site. This project is being carried out entirely by Torikai Yukihiro, who is web archive maintainer.


Copyright © Torikai Yukihiro, Japan. 2019 All Rights Reserved.